【艦これ】提督「風邪をひいた日」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:38:31.78 ID:gLTdpLwFo

提督「頭が痛いし体に力が入らない……ごほっごほっ」

提督「しかし……これしきのことで軍務を滞らせるわけにはいかない……」むくり

――コンコン。

阿武隈「ていとくーっ! おはようございます!」

提督「……ああ、阿武隈。すまない……すぐ行くから」

阿武隈「……? 提督、声がかすんでますけど……入りますよ?」

ガチャ

提督「やあ、阿武隈……おはよう」

阿武隈「おはようございます……って提督! 顔真っ赤じゃないですか!」

提督「なに、気にすることはないさ。それより今すぐ行くから先に行ってくれ」

阿武隈「なに言ってるんですか! そんな高熱で仕事するつもりなんですか!」

提督「いやいや、そんな大げさなものではない、これくらいで休むわけには――」

阿武隈「ダメです」

提督「いやだから大したことは――」

阿武隈「ダメです、まずお医者さんに診てもらってください」

提督「……分かった」

阿武隈「じゃあ着替えたらさっそく医務室に行きましょう! 肩貸してあげますから!」

提督「いやそこまでしてもらわなくても良いんだが……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507217911
2 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:39:30.05 ID:gLTdpLwFo

――しばらくして。

阿武隈「38.7度……今日はお休みしてください」

電「幸いインフルエンザではないとお医者さんが言ってくれたので、数日安静にしていれば大丈夫なのです」

提督「それなら仕事しても――」

阿武隈「ていとく?」

提督「ごほっ……そうだな、あまり心配かけても悪いし、阿武隈達にうつしても申し訳ないか」

阿武隈「そういうことじゃなくて、もっと自分をいたわってください」

電「大規模作戦の後処理も完了しているので、電達だけでもなんとかなるのです!」

阿武隈「そうですよ! 今の提督の仕事は休むことです! ね、電ちゃん」

電「なのです! 今日は電達に任せて欲しいのです!」

提督「……ありがとう、阿武隈。電」

阿武隈「ふふっ、任せて任せて!」

電「なのです! 阿武隈さんがいれば電達も大丈夫なのです!」

提督「……そうだな、阿武隈がいれば大丈夫だな」

阿武隈「って、二人ともなんでそこまであたしの名前を出すんですか」

電「阿武隈さんだからなのです!」

提督「阿武隈だからだよ」

阿武隈「なんなんですかそれぇ!?」
3 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:40:02.88 ID:gLTdpLwFo

蒼龍「そうそう、私達に任せておけば安心だからさ」

熊野「そうですわね。私達がお互いにサポートしますから、数日くらい提督がいなくても問題ありませんわ」

阿武隈「二人ともいつの間にここに!?」

蒼龍「提督が風邪だと聞いたの。阿武隈の手伝いも兼ねてねっ」

熊野「私はカモミールティーを作ってきましたわ。体を温める効果もありますし、水分補給は大切でしてよ」

提督「……すまない、ありがたく頂くよ」

阿武隈「提督、食欲はありますか?」

提督「……なんとか食べられそうだな」

阿武隈「じゃあ、あたしは消化に良いものを作ってきますね」

提督「……なにからなにまでありがとうな」

阿武隈「気にしないでください。困ったときはお互い様です!」

蒼龍「阿武隈、私の分もよろしくね!」

電「なんで蒼龍さんの分を作る必要があるのです……?」

蒼龍「えー? だって阿武隈のごはんおいしいし」

阿武隈「はいはい、分かりましたよ」

蒼龍「やった! 阿武隈あいしてるぅ!」

熊野「はあ……蒼龍は調子良いですわね」
4 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:40:34.39 ID:gLTdpLwFo

蒼龍「気にしない、気にしない。それで提督。私からは、はいこれ」

提督「……なんだこれ?」

蒼龍「あ、今じゃなくて後で開けてね」

提督「今じゃダメなのか?」

蒼龍「だーめ、後で」

提督「……よく分からんが、分かった」

電「司令官、電はそろそろ執務室に行かないといけないのです」

提督「ああ、すまないな引き留めてしまって」

電「気にしなくても大丈夫なのです! なにかあったらすぐに電を呼んでください、なのです!」

提督「ああ、分かった。電もあまり根を詰めないようにね」

電「ありがとうなのです、それじゃ行ってきます」

蒼龍「電ちゃん、おみやげよろしくねー」

電「なんで執務室からおみやげを持ってこなくちゃいけないのです……?」

熊野「蒼龍、あなたは行かなくて良いんですの?」

蒼龍「んー? 私は提督の看病というお仕事があるし」

赤城「ダメです」

蒼龍「って赤城さん!? どうしてここに!?」
5 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:41:06.18 ID:gLTdpLwFo

赤城「阿武隈さんから提督が風邪をひいたと聞きまして、様子を見に来たんです」

提督「ごほっ……わざわざすまない」

赤城「いえ、お気になさらないでください」

赤城「蒼龍さん。提督が心配な気持ちは分かりますが、騒がしくては提督も休めませんよ」

蒼龍「んー、それもそっか。艦載機の整備とかもしなくちゃなんないし」

熊野「私も、瑞鶴と空母としての訓練があるんでしたわ」

提督「私は心配いらないさ。少し休めばなんとかなる」

蒼龍「そう? やっぱ心配だなあ」

赤城「心配し過ぎも良くありませんよ。周りが沈んだ気持ちでいると、病人にも悪い影響を与えますからね」

蒼龍「分かりました。それじゃあ、提督! お大事にね」

熊野「それでは、私もこれで失礼致しますわ。提督、ご自愛なさってくださいな」

提督「ああ、ありがとう。養生するよ」
6 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:42:02.75 ID:gLTdpLwFo

赤城「すみません、騒がしくしてしまって」

提督「……なに、ちょっとくらい賑やかな位がちょうど良い。むしろ元気を分けてもらったよ」

赤城「ふふっ、そうですか。それは良かったです」

提督「ああ、良かったよ……ごほっ」

赤城「大丈夫ですか?」

提督「なに、これくらい……赤城、君にもうつると良くない、私は大丈夫だから」

赤城「阿武隈さんが来るまでここにいますよ。心配いりません、そう柔な鍛え方はしてませんよ」

提督「……強情だなあ」

赤城「それはお互い様です。提督、私は静かにしてますから少し眠ってはどうですか?」

提督「……いや、起きたばかりですぐには寝られそうにないな。とりあえず阿武隈を待つよ」

赤城「分かりました。それまではここにいますから、なんなりと仰ってください」

提督「ありがとう……そういえば、さっき蒼龍が言ってたこれはなんなんだろう」

赤城「開けてみます?」

提督「そうだな……すまない、頼む」

赤城「では……あら?」

提督「どうした?」
7 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:42:55.32 ID:gLTdpLwFo

赤城「写真……ですね。去年のクリスマスパーティーで阿武隈さんがサンタ姿で、駆逐艦の子達にプレゼントを配ってます」

提督「へえ……電達、良い笑顔してるな」

赤城「ええ、本当に……それで、これは新年の晴れ着姿ですね。阿武隈さんと神通さんのツーショットです」

提督「相変わらず仲良いな、二人とも……いいことだ」

赤城「お次は……これは結構前の親善艦参加観艦式ですね。阿武隈さん、凜々しいですね」

提督「ああ、本当に惚れ惚れするな」

赤城「まあこの後、響ちゃん達にじゃれつかれて阿武隈さんは大慌て。それを見たザラさんは、呆気に取られてましたが」

提督「ははっ……そんなこともあったなあ。ついこの間のことだと思ってたのに、あれから随分経ったなあ」

提督「ザラもここに馴染めたようで良かった」

赤城「……ポーラさんの監督でそれどころではないのでは?」

提督「……いや、それは……」

赤城「ふふっ、冗談です。他の皆さんもフォローしてくださってます。大丈夫ですよ」

提督「……そうだな」
8 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:43:29.14 ID:gLTdpLwFo

赤城「……これはこの前の海水浴のときの写真ですね。阿武隈さんが長良さん、五十鈴さんと一緒に写ってます。相変わらず駆逐の子達に引っ付かれてますね」

提督「阿武隈お姉ちゃんも大変だな」

赤城「でも楽しそうですよ、この子達。阿武隈さんのおかげですね」

提督「……さっきから阿武隈ばかりじゃないか?」

赤城「……それもそうですね。えっと……」

赤城「阿武隈さんが若葉さんとお昼寝しているときの寝顔、これは白露さんと時雨さんに指導してて、次も春雨さんに勉強を教えてて――」

提督「これは熊野や翔鶴達とお茶会……まさか全部の写真に阿武隈がいるのか?」

赤城「ですね――あら?」

提督「ごほっごほっ、どうした?」

赤城「提督、これを」

提督「ん? なになに」

『提督がとっても元気出る差し入れ。 鎮守府の皆にはナイショだよ! そーりゅーより』

提督「……おい」

赤城「元気出ましたか?」

提督「熱が上がった気がする」

赤城「それは大変ですね」
9 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:44:01.68 ID:gLTdpLwFo

――コンコン

阿武隈「てーとく、お待たせしました。入りますね?」

赤城「阿武隈さん、どうぞ入ってください」

阿武隈「赤城さん? あ、入りますね」

ガチャ

阿武隈「お待たせしました! てーとく、雑炊作ってきましたけど……食べられそう?」

提督「すまないな……ああ、大丈夫だ」

赤城「それでは二人とも、私もそろそろ失礼しますね」

提督「赤城、ありがとう」

阿武隈「赤城さん、ありがとうございます」

赤城「いえ、私はなにもしてませんから。提督、お大事にしてください」

提督「ああ、ゆっくり休んで早く治すよ」

赤城「……ちゃんと治してから復帰してくださいね?」

阿武隈「そーですよ提督」

提督「信頼無いなあ」

赤城「いえ、信頼してますよ。阿武隈さんからの信頼には及びませんが」

阿武隈「ふえ!? あ、赤城さん!」

赤城「ふふっ、それではまた後で」
10 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:44:57.80 ID:gLTdpLwFo

阿武隈「それじゃあ提督。お口に合うか分かりませんけど」

提督「大丈夫だ。阿武隈の料理に関しては全面的に信頼してるよ」

阿武隈「それなら良かったです……起きられますか?」

提督「ああ、それぐらい平気だよ」

阿武隈「……やっぱりちょっと辛そうです」

提督「たいしたことないよ、心配いらない」

阿武隈「食べられるだけで後は残して良いですから、栄養つけてくださいね」

提督「ああ、ありがとう……卵とネギが入った雑炊か。おいしそうだな」

阿武隈「体に良くて温まるかなって。ふー……ふー……。はい、あーん」

提督「え?」

阿武隈「ほら、てーとく。お口開けてください。あーん」ニコニコ

提督「あ、あーん……もぐ」

提督(はっ!? 笑顔と癒やしボイスの魔力に負けてつい!)

阿武隈「てーとく、熱くないですか?」

提督「阿武隈が冷ましてくれてるから、ちょうど良いよ」

阿武隈「それなら良かったです。ふー……はい、あーん」

提督「……もぐ」

阿武隈「えへへ、ちゃんと食べられるみたいで良かったです。これならきっと早く治りますね」ニコニコ

提督「ああ、阿武隈がここまでしてくれるんだから、早く治さないとね」

阿武隈「気にしないでください。あたしが勝手にやってることなんですから」

阿武隈「ふーふー……あーん」

提督「……もぐ」

阿武隈「味も提督に合ってるみたいで良かった。あーん」

提督(恥ずかしさと幸せ過ぎて死にそう)
11 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:45:32.81 ID:gLTdpLwFo

提督「ごちそうさま……ありがとう、おいしかったよ」

提督(風邪で弱った体が、援軍の到着で喜んでいるみたいだ。相変わらず体は辛いが、さっきよりずっと良い)

阿武隈「はい、お粗末さまでした」

提督「ありがとう、ここまでしてもらってすまないな」

阿武隈「それは言わない約束でしょ、おとっつぁん」

提督「ワシが病弱なばかりにおまえには……って順番逆だなこれ」

阿武隈「ですねぇ、でも楽しければそれでOKです」

提督「阿武隈も忙しいだろう? 私は大丈夫だから――」

阿武隈「本当に大丈夫?」

提督「ああ、栄養もつけたことだし、少し眠るとするよ」

阿武隈「そうですね……ずっといても提督のお休みの邪魔になりますし。水分も適度に取ってくださいね?」

提督「熊野が水筒置いてってくれたから大丈夫だよ」

阿武隈「分かりました。なにかあったら呼んでくださいね」

提督「ああ、そうさせてもらうよ」

阿武隈「また様子見に来ますから、それじゃ提督。ゆっくり休んでください」

提督「色々とありがとうな」

阿武隈「はい! 提督、またね!」

――ガチャ。
12 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:46:13.17 ID:gLTdpLwFo

提督「ふう……少し寝るとするか」

提督「こんな時間に寝るなんていつ以来だろうな……」

提督「電はもう、秘書艦としてとっくに仕事を始めてるだろうか」

提督「阿武隈はこれから駆逐艦の子達をまとめて訓練か……あの子達をまとめるのは大変そうだ」

提督「蒼龍は……ああ見えて人一倍努力する子だからな。一生懸命訓練に励んでいるだろう」

提督「明石や秋津洲、鎮守府に勤める人達もいつも真剣に務めてくれている……」

提督「私がこうして風邪をひいても安心して休んでいられる……本当に私は恵まれているな……」

提督「親父やお袋……元気にしているだろうか……」

提督「今度……また、あ……といっしょに……」
13 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:47:13.91 ID:gLTdpLwFo

――し……い

――司令。

提督「……ん?」

磯風「司令! 起きろ!」

提督「……どうしたんだ磯風?」

磯風「やっと起きたか。どうしたじゃない。もうすぐ修行の時間だ」

提督「……修行?」

磯風「その通りだ……さあ、行くぞ道場へ!」

提督「道場? なんだそれは?」

磯風「決まっている! 一水戦道場だ!」

提督「一水戦道場!?」

磯風「ああ、そうだ!」

霞「その通りよクズ司令官! ボサッとしていると地獄行きよ!」

提督「地獄行きだと!?」

磯風「いやさすがに地獄行きはないが」

提督「そ、そうか……びっくりした」

磯風「だが、気を抜いていると四国行きだぞ」

提督「なぜ四国」

初霜「えー。こほん」

初霜「いよいよ始まった一水戦道場。別名、水雷戦隊の宴」

提督「なんでいきなりナレーションを始めるんだ!?」
14 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:48:19.70 ID:gLTdpLwFo

初霜「あまたの苦しい修行を乗り越え、漢を上げましょう提督!」

磯風「いよいよだな……心が高ぶってきたぞ」

霞「ようやくね……待ちくたびれたわよ」

初霜「そうね……このときをどれだけ待ち望んでいたことか」

提督「君達心待ちにしてたの!?」

初春「待たせたな」

磯風「あなたは……初春師範!」

初春「うむ。これより修行を始める」

霞「まさか真っ先に初春師範が姿を現すなんて……」

初霜「早くも修行の厳しさが想像できるわ」

提督「え、そうなのか?」

磯風「やはり休日は道場修行に限るな」

初霜「ええ、本当に」

霞「霞は今年に入ってから、休日は毎日ここよ」

提督「どれだけハマってるんだよ!? それにさっきはようやくか、みたいな事を言ってなかったか!?」

初春「第一の修行! 駆逐艦二十人組み手じゃ!」

電「なのです!」

雷「いっきまっすよー!」

子日「子日、張り切っていきまーす!」

響「響だよ。ypaaa(ウラー)!」

若葉「駆逐艦、若葉だ」

暁「暁の出番ね! 見てなさい!」
15 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:48:49.02 ID:gLTdpLwFo

白露「いっちばーん!」

時雨「にーばーん」

村雨「さんばーん!」

夕立「てーとくったら、結構頑張ったっぽい? 夕立さん、褒めて褒めてー!」

提督「逆になってるぅ!? それだと私が変な人みたいじゃないか!?」

春雨「ごーばーん! あ、お姉様に春雨スープ渡すの忘れてました……一度帰らないと」

提督「帰るのか!?」

五月雨「ろくばーん! 春雨、大丈夫です! こんなこともあろうかと既に阿武隈さんに渡しておきました!」

提督「しっかりしてるぅ!?」

海風「白露にいっちばーん! は譲れません!」ドンッ!

海風「……ななばーん!」

提督「律儀な子だ」
16 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:49:21.40 ID:gLTdpLwFo

山風「おとーさん。おかーさんはどこ……?」

提督「そして山風はマイペースな子だなぁ」ナデナデ

山風「んー」

江風「……ぐー」

提督「寝てるのか!? 流石にそれは予想外だ!」

涼風「じゅーばーん! 涼風の本気、見せたげるっ!」

提督「まともで逆に不意を突かれた気分だよ……」

若葉「よし、皆突撃だ!」

暁「突撃するんだから!」

「「「おー!」」」

ドドドドドド――!

提督「って……おいちょっと待て!」

初春「まずは小手調べじゃ。歴戦の熱き駆逐艦二十人に揉まれよ!」

若葉「これが一水戦道場名物の一。なのです駆逐祭りだ」

電「なのです!」

夕立「なのです!」

村雨「なのです!」

時雨「なのですは譲れない」
17 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:49:54.78 ID:gLTdpLwFo

提督「仮に軍人とは言え、駆逐艦二十人の相手が務まるわけないだろ! 一人だって無理だ!」

提督「ここは逃げるしか――」

初霜「ほんと、ツメが甘いのね」ガシッ

提督「なにぃ!? なぜ初霜が私を捕まえるんだ!?」

磯風「いつから磯風達が、修行を受ける側だと錯覚していた?」

霞「霞達も道場で教える側よ」

提督「なん……だと?」

初霜「初春が言っていたでしょう? 二十人だって。初春を抜いて私達を入れたらちょうど二十人よ」

提督「くっ、なんてことだ!」

不知火「ここで二十人しかいないと油断しましたね? 不知火もいます」ひょこ

提督「二十人も二十一人も大して変わらないぞ!? 私が手も足も出ないという意味でね!」
18 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:50:27.93 ID:gLTdpLwFo

――ドドドドド!

初霜「なのです!」

若葉「なのです」

村雨「なのですフェスティバル〜」

春雨「なのですカーニバル〜」

響「なのです」

時雨「なのです」

五月雨「なのですっ」

白露「いっちばーんなのです!」

暁「どう考えても、暁がなのですってことよね!」

子日「無駄無駄無駄っ! なのですっ!」

電「なのですなのですすーぱーなのです!」

霞「あーもうなのですばっかり! なのですあるのみよ! やるわ!」

提督「やめ、やめろ……うわああああああ!」
19 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:51:27.83 ID:gLTdpLwFo

提督「なのです禁止……はっ、ドリームか!? ごほっごほっ……なんていう夢を見ているんだ私は」

提督「ん……なんか重いぞ?」

若葉「ぐー」

響「すー」

山風「むにゃ……」

提督「……なんで駆逐艦の子達が三人も、私のベットに潜り込んでいるんだ」

提督「もしかしてあんな夢を見たのは、この子達に乗っかられたりしたからかもしれないな……」

提督「おーい……みんな起きろ……」ゆさゆさ

響「う……ん?」

若葉「提督……?」

山風「おとーさん……? おはよう……」

提督「なんで三人ともここで寝ているんだ……?」

響「風邪のときは、温めたほうが良いって聞いたからだよ」

若葉「若葉達が湯たんぽになっていたんだ」

提督「風邪がうつるからやめなさい……」

山風「おかーさんに頼もうと思ったけど、忙しそうだったから……」

提督「それはもっとやめなさい、いろいろとまずい」
20 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:52:16.31 ID:gLTdpLwFo

提督「それに三人もいたらベットが狭かっただろう? 大丈夫なのかい?」

響「大丈夫だよ、不死鳥の名は伊達じゃない」

提督「不死鳥関係あるのか……?」

響「温まると思うよ」

若葉「燃えると思うぞ」

山風「おとーさん、燃えちゃやだ」

響「ごめん、私は実は燃えたりしないから」

山風「そうなの……? 響、嘘ついちゃだめ」

響「……ごめんなさい」

提督(おお、山風に響がタジタジになってる。なんか新鮮だ)
21 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:53:12.59 ID:gLTdpLwFo

――コンコン。

鳥海「司令官さん、鳥海です。入っても良いですか?」

響「鳥海さんかい? 良いよ、入っても」

提督「なぜ響が答える……まあ良いけど」

――ガチャ。

鳥海「失礼します……あら? 響さんに若葉さん、山風さん。どうしました?」

若葉「提督の湯たんぽになってたんだ」

鳥海「まあ、それは楽しそうですね。司令官さん、慕われてますね」

提督「……そうかなあ?」

阿武隈「もー、提督のお休みの邪魔しちゃダメでしょ。それに風邪がうつっちゃうかもしれないじゃない」

響「大丈夫だよ。そんな柔な鍛え方してないさ」

若葉「光合成すれば大丈夫」

山風「若葉……葉緑体持ってるの?」

阿武隈「風邪と光合成がどう関係してるんですか」

響「阿武隈さんエネルギーを小まめに補給すれば、風邪なんて吹き飛ぶよ」よじよじ

阿武隈「こーら、あたしによじ登ろうとしないの。休んでいる提督が近くにいるんだから」

山風「じゃあ後で肩車して、おかーさん」

阿武隈「もう、しょうがないですねえ。分かったよ」ナデナデ

山風「んー」

響「じゃあ私も」

若葉「若葉もだ」

阿武隈「えへへ、分かったよ。でもまた後でね」

鳥海「阿武隈さん、すっかりお姉さんですね。ほほえましいです」

阿武隈「そんな大したものじゃないですよ」
22 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:53:58.84 ID:gLTdpLwFo

鳥海「あ、司令官さん。午前中の執務は滞りなく終わりました。電さんからの伝言です」

提督「了解した。わざわざ済まないな」

鳥海「いえ、通り道ですから」

響「はらしょー、このおにぎりは最高だ」もぐもぐ

山風「響、なに食べてるの?」

若葉「それ阿武隈さんが作ったおにぎりじゃないか?」

阿武隈「ってもう。お行儀の悪いことしないの」

響「お腹が空いたからつい……」

阿武隈「ほら、ちゃんと食堂に行って食べないとダメだよ、ねっ?」

響「了解。響、出撃する」

若葉「目標、鎮守府食堂の戦闘糧食」

山風「阿武隈さんの鮭おにぎりー、わーい」

響「それじゃあ司令官、お大事に」

若葉「なにかあったら響に言ってくれ」

山風「自分じゃないんだ……まあ良いけど」

響「なんで私に振るんだい? まあ良いけど」

若葉「別に若葉に言ってくれても良いぞ。 まあ良いけど」

鳥海「若葉さん、そこで『まあ良いけど』はおかしいです」

若葉「そうか……? まあ良いけど」

山風「きりがない……」

響「ほら、もう行こう。司令官をゆっくり休ませてあげないと」

山風「鳥海、おとーさん、おかーさん……またね」

トテトテトテ――
23 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:54:25.50 ID:gLTdpLwFo

鳥海「ふふっ、かわいいですねえ」

阿武隈「そうですよね。振り回されて大変でもありますけど」

鳥海「なにかあれば言ってくださいね。微力ですが、なにか手伝えると思います」

阿武隈「はい、ありがとうございます」

鳥海「それでは、タオルはここに置いておきますね」

阿武隈「あ、はい」

鳥海「それでは司令官さん。お大事にしてください」

提督「ああ、鳥海ありがとう」

鳥海「いえ、なにかあれば言ってくださいね、阿武隈さんに」

阿武隈「鳥海さんまでそのネタ引っ張るの!?」

鳥海「ふふっ、冗談ですよ。私にもなんでも仰ってくださいね。それでは」
24 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:54:54.23 ID:gLTdpLwFo

阿武隈「てーとく、調子はどう?」

提督「……ああ、少し食べて休んだら幾分良くなったよ。まだまだ本調子とはほど遠いけど」

阿武隈「それなら良かったです。提督、結構汗かいてますか?」

提督「……まあ、響達が引っ付いてたみたいだしね。おかげで体が冷えることはなかったよ」

阿武隈「子供は体温高いですからね。ちょっと着替えた方が良いと思ったので、提督の着替え持ってきましたけど」

提督「すまない、ありがとう」

阿武隈「もう、提督。ありがとうだけで十分ですよ。それで、着替えられそうですか?」

提督「ああ、それくらい一人で大丈夫だ」

阿武隈「でも、ずいぶん汗かいてますから、体拭いた方が良いかもしれないですね。あたし蒸しタオル持ってきました」

提督「タオルまで持ってきてくれたのか。何から何までありがとう」

阿武隈「えっと……でも自分じゃ拭きにくいですよね。あたし、拭きますね」

提督「え? いやいやいや、それはいくらなんでも――」

阿武隈「もう、あんまり無理しないでください……その、これは看病なんですから」

提督「いや、だが――」

阿武隈「ほら、遠慮しないでください。ボタン外しますね」

提督「む……なんだが恥ずかしいな」

阿武隈「そ、そういうこと言わないでくださいよぉ。あたしまで意識しちゃうじゃないですか」
25 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:55:40.88 ID:gLTdpLwFo

阿武隈「うわ、やっぱり汗かいてますねえ。これはやっぱり拭いた方が良さそうです」

提督「そ、そうか」

阿武隈「それじゃまず手足から拭いてきますね」

提督「あ、ああ」

阿武隈「よいしょ……提督、冷たくない?」

提督「いや、大丈夫だ。ほどよく温かくて気持ちいいよ……」

阿武隈「えへへ、それなら良かったです。ポンポンっと――はい、腕はこれでOKです」

阿武隈「ズボンめくりますね」

提督「いや足は自分で――」

阿武隈「こう見えて、電ちゃんとか風邪がひいたときに体拭いてあげたりして、慣れてますから。任せて任せてっ」

提督「そういう問題じゃ……」

阿武隈「っと……提督、寒くないですか?」

提督「大丈夫、むしろ暑いかもしれない」

阿武隈「うーん、やっぱりまだ体温高いですね」
26 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:56:07.78 ID:gLTdpLwFo

阿武隈「はい、足も拭き終わりました。次はシャツ脱がしますね。手早く済ませますから。てーとく、バンザーイして」

提督「こ、こうか?」

阿武隈「はい、バンザーイ。わ……てーとく、体ガッチリしてますね」

提督「そうか? そう言ってもらえると嬉しいが……」

阿武隈「って、すみません! 早く体拭かないと! えっと、失礼しますね」

提督「あ、ああ。よろしく頼むよ……」

提督(うう……一生懸命に体を拭いてくれている阿武隈を見ると……嬉しい反面、非常に気恥ずかしい)

阿武隈「てーとく、わきのところも拭きますね」

提督「……ああ。ありがとう」

阿武隈「こういうところは汗かきやすいですからね。はい、それじゃもう片方も」

阿武隈「うん、これでOKです。じゃあ背中拭きますね」

提督「頼む……っ!?」

阿武隈「手、後ろに回しますね」
27 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:56:38.73 ID:gLTdpLwFo

阿武隈「汗凄いですねえ。やっぱり拭かないと体冷やしちゃいそうでしたね」

提督(阿武隈の顔が近い……いいにおいがして、ただでさえぼーっとしている頭がくらくらする……)

阿武隈「よいしょっと……あともうちょっとですからね」

提督(阿武隈の体温と声、背中をふく手つき……心地よくて安心する)

阿武隈「はい終わりましたよ、てーとく」

提督「……」

提督「てーとく? 冷えちゃいました? 乾いたタオルでさっと拭いて、すぐに換えのシャツを――」

提督「阿武隈……」ぎゅっ

阿武隈「ふえ? ……てーとく?」

提督「……!? す、すまないっ、すぐに離すから――」

阿武隈「大丈夫ですよ、てーとく」ぎゅっ

提督「阿武隈……?」

阿武隈「風邪のときは、心細くなりますよね。あたしも経験あるから分かります」

提督「……そう、だな」

阿武隈「はい。てーとくが安心するまで、こうしてますから」

提督「でもなんだか……これじゃあ子供みたいだな」

阿武隈「そうですか? てーとくがこうして甘えてくれるのって、あたし的には嬉しいです」

提督「そうなのか? ……ああ、たしかに阿武隈が甘えてくれると私も嬉しいな」

阿武隈「えへへ、ですからお相子です」

提督「ああ……」
28 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:57:22.22 ID:gLTdpLwFo

阿武隈「でも、まずシャツ着て、ズボンと下着も替えないと体冷やしちゃいますね」

提督「……そう、だな」

阿武隈「それに体起こしたままだと、辛いですもんね。えと……横になったらまた抱きしめてあげますね」

提督「いやさすがにそれは……非常に魅力的な提案だけど」

阿武隈「うーん。たしかに、あたしもずっといるわけにもいかないですもんね……それじゃあ、また後で」

提督「……いや、だから」

提督(頭がぼーっとしてきた。体拭いてもらって、不快感が取れてまた眠気が出てきたかな……)

提督「……それじゃあ、楽しみにしてるよ」

阿武隈「はいっ、では早く着替えましょう! えっと、あたし後ろ向いてますから」

提督「あ、ああ。手早く着替えるよ」

提督(なんというか気恥ずかしいなこれ……しかし、体が重くて上手く動かない)

提督(なんとかズボン脱げたし、つぎは替えの下着を……)
29 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:58:11.61 ID:gLTdpLwFo

提督(……そう言えば、阿武隈も忙しいはずだ。いつまでも私についてもらうわけには行かないよな)

提督(体も拭いてもらったんだし、もう外に行ってもらった方が……)ぼー

提督「阿武隈、もう良いよ」

阿武隈「あ、着替え終わりました?」くるっ

提督「いつまでもついてもらうわけにもいかないし、阿武隈は自分の……?」

阿武隈「……え? ふえ? きゃあ!?」くるっ!

阿武隈「てててて、てーとくなんでズボン履いてないんですかぁ!?」

提督「す、すまん阿武隈、つい頭がぼーっとして!」

阿武隈「あ、す、すみません……提督が風邪なのに、つい」

提督「ごほっごほっ……いや、今のは私が全面的に悪い」

阿武隈「そ、それじゃお互い様ということにしましょう、ええ」

提督「そうだな……」

阿武隈「ところで、てーとく、その、えっと……あの……それ、辛いですか?」

提督「いやいやいや、あのですね。これは好きな女性に密着されて起きた致し方ない現象であり、決して邪な考えを抱いていたわけではなく……」

阿武隈「……べ、別に、あたし的にはOKです……よ?」

提督「理解を示されても、それはそれで恥ずかしいんですけどぉ!? ぐっ、ごほっごほっ!」

阿武隈「ふええ!? てーとく、しっかりしてくださいっ!?」
30 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:59:01.37 ID:gLTdpLwFo

――数時間後、夕方。

提督「ああ、まだ恥ずかしい……」

提督「そろそろ電達も仕事を終えるころかな……だいぶ体も楽になった」

――コンコン。

電「司令官、入っても良いですか?」

提督「電かい? ああ、入っておいで」

――ガチャ。

電「失礼するのです」

暁「司令官、調子はどう?」

提督「ああ、ずいぶん良くなったよ。ありがとう、雷、電」

電「それは何よりなのです」

暁「でもまだまだ休んでなきゃだめよ、司令官。えっと……まだ熱もあるのよね?」

提督「だけど、37度台まで下がってるよ」

暁「だからって油断しちゃダメじゃない! ちょっとしたことで、悪化しないとも限らないんだから」

提督「あはは、そうだな。暁の言うとおり、ゆっくり養生するとしよう」

電「司令官、今日のお仕事は滞りなく終わったのです。司令官さんの印鑑が必要なものだけ別にしてありますけど、それも急ぎのものはないのです」

提督「ありがとう。電がいてくれて本当に良かったよ」

電「電は別に大したことはしてないのです。皆さんが手伝ってくれたから、司令官がいなくてもなんとかできただけなのです」

電「電は司令官や暁ちゃん、阿武隈さんや皆さんがいないとまだまだなのです」

暁「もう、何言ってるの。電はここの秘書艦なんだから、もっと胸を張らないとダメじゃない」

提督「そうだぞ。電を、私も皆もとても頼りにしているんだからな」

電「ありがとう……なのです」
31 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 00:59:35.37 ID:gLTdpLwFo

磯風「司令、失礼するぞ」

電「あっ、磯風ちゃん。こんばんはなのです」

阿武隈「提督、具合はどうですか?」

提督「ああ、かなり良いよ。皆のおかげでゆっくり休めたからね」

磯風「それは良かった。やはり司令あってこその我が鎮守府だからな。なにかあったら大変だ」

提督「あはは、それは大げさだよ。でもそこまで言われたからには早く治さないとね」

暁「だけど無理しちゃだめなんだからね、司令官」

磯風「暁にも手伝ってもらって、消化に良さそうな食事を作ってきたぞ」

提督「本当、今日はなにからなにまでしてもらって申し訳ないな」

磯風「何を言う。普段から司令にはこの鎮守府を支えてもらっているんだ。風邪の時くらい周りに頼れ」

暁「司令官、食べられそう?」

提督「せっかく暁達が作ってくれたんだろう? 喜んで頂くよ」

暁「本当!? 良かったあ!」ぱあっ

磯風「そう言ってもらえると、作った甲斐があるな」
32 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:00:25.81 ID:gLTdpLwFo

提督「それじゃあ頂きます……うん、おいしいな」

暁「やったあ! ……はっ!? い、一人前のレディーの暁が作ったんだから、当然よね!」えっへん!

磯風「こうして誰かに食べてもらえるなら、師匠(阿武隈)に料理を教わって良かったと思えるな。それが病人の司令の役に立てたのなら、なおさらだ」

阿武隈「えへへ、暁ちゃんも磯風ちゃんも頑張って作ってくれたんですよ」

提督「ありがとう、暁、磯風」

暁「こ、これくらい大したことじゃないわよ」

磯風「なに、この程度改まって礼を言われるほどのことじゃない」

阿武隈「暁ちゃん、えらいえらい。ありがとうね」ナデナデ

暁「ふえ? ……えへへ、阿武隈さんってばくすぐったいわ、もう」

阿武隈「そう? でも暁ちゃん頑張ったもんね」

暁「うん! でも阿武隈さんがちゃんと教えてくれたからよ」

阿武隈「でも上手にできたのは、磯風ちゃんと暁ちゃんが頑張ったからです!」

暁「そうかしら? ……ありがとう。ねえ、阿武隈さん、暁にまたお料理教えて!」

阿武隈「もっちろん!」

磯風「暁、この磯風も微力ながら力になるぞ」

暁「いいの? 磯風、ありがとう!」
33 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:01:54.96 ID:gLTdpLwFo

暁「それで、どう司令官? 一人前のレディーの暁が作った料理だから、栄養や食べやすさもしっかり考えてるのよ!」えっへん!

提督「あはは、そうだな。元気出てきたよ。ごちそうさま」

電「やっぱりお姉ちゃんは凄いのです!」

暁「これくらい当然よ!」

提督「ありがとうな暁」ナデナデ

暁「ふわ……えへへ……はっ!? だから、頭をナデナデしないでってば! 暁はもう子供じゃないって言ってるじゃない!」

暁「阿武隈さんも司令官も、なんですぐに暁の頭をなでるの? もう!」ぷんすか!

電「暁ちゃんがいい子だからなのです!」

暁「むー……」

磯風「……師匠、磯風の頭も撫でてくれないだろうか」

阿武隈「はい、磯風ちゃんもいい子です!」ナデナデ

磯風「……なるほど、悪くないな」

阿武隈「電ちゃんもありがとね。電ちゃんがいてくれたから、提督がいなくても鎮守府の皆が安心できました」ナデナデ

電「はわー……ありがとうなのです!」

暁「……むー」

提督「あはは。暁、もっと阿武隈に素直に甘えても良いんだぞ」

暁「もー、司令官ってば!」
34 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:02:53.98 ID:gLTdpLwFo

瑞鶴「おーい、みんな! お風呂沸いてるわよーっ!」

電「あ、瑞鶴さん。ありがとうなのです」

阿武隈「提督、お風呂はどうしますか?」

提督「そうだな……だいぶ良くなったし、入ろうかな」

磯風「風邪のときに風呂か? あまり良くないと聞いたが」

阿武隈「そこまで熱が高く無ければ、入り方を間違えければ良いみたいです」

磯風「そうなんですか? 師匠は何でも知ってますね」

阿武隈「いえいえ、以前電ちゃんが風邪引いたときに調べただけですから」

電「あの時はありがとうなのです」

暁「磯風の口調が丁寧だと、すっごく違和感あるわね……」

暁「でも司令官。本当に大丈夫? お風呂場で倒れたりしないわよね?」

提督「平気だよ。心配しなくても大丈夫だ」

暁「そうだ! 暁が司令官の背中を流してあげるわ!」

提督「いやいや、そんなことしなくていい」

瑞鶴「提督さん……まさかいつも駆逐艦の子達に背中を流させてるんじゃ」

提督「そんなわけないだろう」

瑞鶴「ふふっ、分かってるわよ。ジョーダンだって、ジョーダン」
35 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:03:42.06 ID:gLTdpLwFo

暁「もう、司令官ってば暁じゃ頼りにならないっていうの? 良いじゃない、暁が一人前のレディーだってこと証明して見せるんだから!」

提督「あー、あのな暁」

阿武隈「提督は大丈夫だから、ねっ?」

提督「阿武隈の言うとおりだ。気持ちはありがたいが、暁が心配しなくても私は大丈夫だよ」

暁「……そう?」

瑞鶴「提督さんがこう言ってるんだから、大丈夫よ。だから、提督さんの代わりに阿武隈の背中を流してあげてね」

阿武隈「なんであたし?」

暁「分かったわ! 暁が阿武隈さんの背中を流してあげるんだから!」キラキラ

阿武隈「なんでそんなにノリノリなの!?」

電「電も阿武隈さんの背中を流すのです! 電の本気を見るのです!」

阿武隈「電ちゃんまで!?」

雷「二人ともずっるーい! 雷も入れてもらうわよ!」

響「響だよ」

若葉「若葉だ」

初霜「初霜です!」

子日「子日だよっ! ねのひー! ね・の・ひーっ!」

島風「島風です! おねーちゃん、ほら早く早くーっ!」

白露「いっちばーん!」

時雨「いっちばーん」

春雨「春雨もお供します!」

霞「霞出るわ! 見てらんないったら!」

山風「おかーさん、一緒にお風呂行こ……」

瑞鶴「例によってどっから出てきたのよアンタら!?」
36 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:04:17.14 ID:gLTdpLwFo

村雨「ほらほら、早く行きましょ! 入浴剤もおニューのシャンプーもあるんだよ!」

阿武隈「えっと、それじゃあ提督、失礼しますね」

提督「ああ、ゆっくりしておいで」

瑞鶴「阿武隈一人じゃあの子達全員見るの大変そうだから、私も行ってくるわね。翔鶴姉も呼ぼうかしら」

提督「ああ、すまないが頼んだ」

瑞鶴「はーい、提督さんも湯冷めとかしないようにね」

提督「ああ、ありがとう……さて、私も行くとしようか」

――神通行きます!

――なんで神通まで!?

提督「……なんか聞こえたようが気がするが、気にしないでおこう」
37 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:04:58.73 ID:gLTdpLwFo

妖精さん「ていとくさん、ていとくさん」

提督「妖精さん、どうしたんだい?」

妖精さん「わたしたちがつきそってあげるです」

提督「良いのかい? 私をそこまで気に掛けてもらわなくても大丈夫だよ?」

妖精さん「ていとくさんには、いつもおせわになってるので」

妖精さん「んだんだ」

妖精さん「てーとくさんいないと、このちんじゅふなりたたぬ」

妖精さん「それに、あぶくまさんもかなしむのです」

提督「そうか、それじゃあお願いしようかな」

妖精さん「おまかせあれ」

妖精さん「どろぶねにのったきぶんでおーけーです」

提督「あはは、それを言うなら大船だよ」

妖精さん「きゃはー」

妖精さん「まちがえたー」
38 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:05:44.22 ID:gLTdpLwFo

提督「にしても、妖精さんは阿武隈になにかあるのか?」

妖精さん「おかしくれるです」

妖精さん「このまえあたまなでてくれた」

妖精さん「んーと、んーと」

妖精さん「よじよじ」

妖精さん「やめてー! ひびきちゃんいきなりのぼってこないでー!」

妖精さん「なのです! なのです!」

妖精さん「いっちばーん!」

妖精さん「かすみね、ほんとはあぶくまさんだーいすき!」

妖精さん「ふええええ! みんなおもいー!」

提督「なにやってるんだ?」

妖精さん「あぶくまさんごっこ」

妖精さん「さいきんぶーむ?」

提督「妖精さんにまで、そんな認識されてるのか阿武隈……それと霞」
39 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:06:43.83 ID:gLTdpLwFo

――その後。

提督「ふう……やはり風呂は良い」

提督「しかしノドが乾いたな……熊野の水筒は飲みきってしまったし」

提督「たしか常備してあった飲料水があったはず……」

――コンコン。

阿武隈「提督、すみません……まだ起きてますか?」

提督「ああ、大丈夫だよ」

――ガチャ。

阿武隈「失礼しますね。夜中にノドが乾いたときに困るかなって思って、水筒持ってきたんですけど」

提督「それはありがたい。ちょうどノドが乾いていたんだ」

阿武隈「ふふっ、それは良かったです。もしかしたらもうお休みになってて、起こしちゃうかなってちょっと心配してたんです」

提督「いや、本当にありがたいよ。さっそく少し頂いてもいいかな?」

阿武隈「もちろんです! はい、どうぞ」

提督「……はあっ、染み渡る。ありがとう、阿武隈」

阿武隈「いえいえ、それじゃあ提督、ゆっくり休んでくださいね」

提督「あ……」

阿武隈「ふえ? 提督、どうかしました?」

提督「い、いやなんでもない。おやすみ、阿武隈」

阿武隈「……そう言えば、昼間に約束してましたね」

提督「約束……って」

阿武隈「はい、約束を破るわけにはいきませんから」
40 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:07:25.13 ID:gLTdpLwFo

――数分後。

阿武隈「そ、それじゃ失礼しますね……」

提督「あ、ああ。いらっしゃい」

阿武隈「こうやって一緒のお布団にいるって、恥ずかしいです」

提督「それは私もだよ」

阿武隈「でも、とても心がポカポカしてきますね」

提督「それも同じだ」

阿武隈「えへへ……」ぎゅー

阿武隈「てーとく……どうかな?」

提督「とても安心する……」

阿武隈「それなら嬉しいです。あたしも……とっても幸せな気分です」

提督「本当に今日は、阿武隈にお世話になりっぱなしだな」

阿武隈「普段はあたしが提督のお世話になってますから、お返しです」

提督「私は大したことしてないと思うが」

阿武隈「ううん、あたしがここに着任してから、ずっと信頼して、励ましてきてくれたじゃないですか」

提督「それは、提督として当たり前のことだろう」

阿武隈「それでも、あたしにとってはとても嬉しかったんです」

阿武隈「提督の期待に応えようって思って、だからずっと頑張って来られたんですよ」

提督「そうか……なら、ずっと私を信じて来てくれて、こちらこそありがとう、だな」

阿武隈「それなら、お互い様ですね。ありがとう、提督」

提督「そうだな……」ぎゅっ

阿武隈「ふふっ、てーとく温かいです」

提督「そりゃ熱があるからな」

阿武隈「もー、てーとくのバカ……」
41 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:08:07.81 ID:gLTdpLwFo

阿武隈「提督、病人なんですから早く寝てくださいね」

提督「ああ、とても心地良いからすぐ寝られそうだよ……」

阿武隈「はい。早く元気になってくれると、みんなもあたしも嬉しいです」

提督「そうだな……早く、治さないとね……」

阿武隈「はい……おやすみなさい、てーとく」
42 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:09:19.10 ID:gLTdpLwFo

――翌朝。

春雨「お姉様(阿武隈)、どこに行ったのでしょう? いつも司令官を起こすのは阿武隈さんですけど……」

――コンコン。

春雨「司令官、春雨です。お体の方は大丈夫ですか?」

春雨「……司令官?」

春雨「はっ!? まさか司令官、夜中に急に風邪をこじらせて!?」

春雨「お姉様と結婚(ガチ)する約束も果たせず、遙か空の国へ旅立ってしまったりしたのでは!?」

春雨「そして早朝、司令官の姿を見たお姉様は後を――そんな!?」

ガチャ!

春雨「ダメですお姉様早まって……あれ?」

阿武隈「すーすー」

提督「……すー」

春雨「……やだ春雨ってば、恥ずかしいです」

春雨「それにしても、どうしてお姉様が司令官のお布団に?」きょとん

阿武隈「えへへ、てーとく……」ぎゅー

春雨「それにしても、お二人とも幸せそう……」

春雨「……」モゾモゾ

春雨「えへへ、お姉様と司令官と川の字です」

春雨「あったかーい……」

春雨「……すー」
43 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:10:18.73 ID:gLTdpLwFo

――十数分後。

――コンコン。

電「司令官、電なのです。ちょっと早いですけど、心配で見に来たのです」

電「……司令官、失礼するのです」

――ガチャ。

春雨「くー」

時雨「すー」

白露「ぐー」

島風「にひひー……すー」

暁「すやすや……」

電「これはいったいどういうことなのです!?」

阿武隈「あ、電ちゃんおはよう」

提督「ああ、電。おはよう……まあ驚くのも無理はない」

電「なんで司令官が起きてて、阿武隈さんも一緒で、司令官の部屋のベットで暁ちゃん達が寝てるのです?」

阿武隈「春雨ちゃんが最初にベットに潜り込んできて、それから次から次へと……ついさっきなんとか抜け出したところです」

提督「本調子だったら少しくらい好きにさせても良かったけど……さすがに今は辛い」

阿武隈「提督、取りあえず水分補給してください。はい、これ」

提督「ああ、助かる」

電「……大変だったのです」
44 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:10:55.84 ID:gLTdpLwFo

電「司令官、体調はどうですか?」

提督「ああ、だいぶ良くなったよ。今日はなんとかなりそうだ」

電「良かったのです。でも、今日はまだ休んだ方が良いのです」

阿武隈「昨日はちょっとしか食べてないから、体力回復してないんじゃないですか?」

提督「それは大丈夫だが、皆にうつるのが心配だな……暁達大丈夫なのだろうか?」

電「……たぶん平気だと思うのです。電達は普通の人達より丈夫なのです」

――ガチャ。

響「……うらー」

阿武隈「あ、響ちゃんおはよう……あれ?」

響「……阿武隈さん、おはよう」

電「響ちゃん顔が真っ赤なのです!?」

阿武隈「ええっ!? やっぱり風邪がうつったんじゃない!」

響「これくらい……だいじょう……ぶ」くらくら

電「全然大丈夫そうじゃないのです!?」
45 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:12:27.56 ID:gLTdpLwFo

――数十分後。

阿武隈「響ちゃん、おかゆできたよ」

瑞鶴「提督さんの次は響か、鎮守府に風邪が蔓延(まんえん)しないといいんだけど」

響「……あーん」

阿武隈「もう、しょうがないですねえ。はい、あーん」

響「もぐもぐ……すぱしーば……」

瑞鶴「甲斐甲斐しいわねえ、阿武隈は」

暁「もう! なにが不死鳥の名は伊達じゃない、よ! 完全に司令官の風邪がうつってるじゃない!」

阿武隈「暁ちゃん、響ちゃんは風邪なんだから、あんまり騒いじゃダメだよ」

暁「あ、ごめんなさい……響、ごめんね。暁だって司令官のベットで寝てたりしたのに」

響「……私こそ、ごめん」

阿武隈「うん、暁ちゃん偉いです」

暁「もう、暁は一人前のレディーなんだから、素直に反省して当然じゃない」

提督「私も風邪をうつしてすまないな、響」

響「いいさ、これは自業自得だよ……私が全面的に悪いさ」

電「響ちゃん……」

雷「響……」

響「阿武隈さん、ぎゅーってして欲しい」

瑞鶴「甘えん坊か!?」

阿武隈「えへへ、ぎゅー」

響「はらしょー」

瑞鶴「まったく、辛そうなのに安心しきった顔しちゃって……」

瑞鶴「提督さんにとっても、響にとっても阿武隈が一番の特効薬のようね」
46 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/06(金) 01:12:56.62 ID:gLTdpLwFo

これで終わりです。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
季節の変わり目です、皆様体調には気をつけてください。

SS書いてて、秋刀魚を全然集めてないです(汗)
47 : ◆dbGyYYDw8A [sage]:2017/10/06(金) 01:40:08.00 ID:gLTdpLwF0
>>30

誤り
提督「ああ、ずいぶん良くなったよ。ありがとう、雷、電」


提督「ああ、ずいぶん良くなったよ。ありがとう、暁、電」

失礼しました。
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 02:02:24.32 ID:YUHu2OuA0
乙乙
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 10:26:37.28 ID:9qvillUno
組み手したいなあ
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 11:43:07.30 ID:h3Y+7XDAO
なのですなのですすーぱー乙なのです
駆逐艦娘達とくんずほg、組み手したい
51 : ◆dbGyYYDw8A [saga]:2017/10/07(土) 23:10:17.81 ID:o8A+AcSQo
皆様、乙とコメントありがとうございます。

>>50さん
阿武隈「乙ありがとうございます、ところでちょっとこっちに」
神通「はい、少しお話するだけですから」
46.86 KB Speed:3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)