リーネ(cv.大泉洋)「当然さ。」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/08(日) 21:08:25.79 ID:XzqXEx1X0
ストライクウィッチーズ×レイトン教授

途中出てくるナゾは完全オリジナルなので、意味不明でも突っ込まないでください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507464505
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/08(日) 21:22:51.14 ID:XzqXEx1X0
リーネ(cv.大泉洋)「英国淑女としてはね。」

宮藤「うわぁ!すごぉい!今日のリーネちゃんはなんかかっこいいね!帽子も似合ってるよ!」

リーネ(cv.大泉洋)「ロンドンで考古学を教えています、リネット?リネトンという者です」キリッ

宮藤「すごいすごーい!かっこいいー!」ピョンピョン

リネトン「ふふっ ありがとう芳佳ちゃん」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/08(日) 21:37:21.46 ID:XzqXEx1X0

第1章 『手紙』


リネトン「さっそくだが芳佳ちゃん」

宮藤「はい!リネトン先生!」

リネトン「これを見てくれ」ピラッ

宮藤「これは...手紙ですか?」

リネトン「あぁ。今朝、郵便受けに入っていた。だが、これがちょっと変なんだ。少し湿っていないかい?」

宮藤「ほんとだ...書いてあることも、意味が分かりません...」

宮藤「先生!これってもしかして、ナゾなんじゃないですか!?」

リネトン「どうやらそのようだね。芳佳ちゃん、君に解けるかな?」



ナゾNo.1 変な手紙 10ピカラット

変わった手紙が届いた。書いてある内容は次の通り

「日が落ち、空のてっぺんに『上弦の月』がかかる。
『右』に目をやると、『人が逆立ち』している。」

これを読めば、今から何をすればよいか分かるという。
君に分かるかな?

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/08(日) 22:30:10.94 ID:XzqXEx1X0

ピ-ン ピ-ン ピ-ン テレレレ-ン♪

ナゾ解明!

正解は「DRY」、つまり「乾かす」だ。

『』の中から連想されるアルファベットを並べればよかったんだね。

上弦の月...形がD
右...R
「人」が逆立ち...Y


宮藤「解けましたよ!先生!」

リネトン「いいぞ芳佳ちゃん」

リネトン「さっそく、手紙を乾かしてみよう」




『私 を見つ け出 し 私と 勝 負しろ
さもな くば 宮藤芳佳 を連れ去 る』


リネトン「こ、これは...!」

宮藤「なんて書いてあったんですか?」ヒョイッ

リネトン「あっ...ちょっと待ちなさい芳佳ちゃん!」

宮藤「...」

宮藤「...え...」

リネトン「...」

リネトン「...芳佳ちゃん...これは少し危険かもしれない...このナゾは私が解明するから、君は...」

宮藤「私も一緒に行きます!」

リネトン「しかし...」

宮藤「私だって、先生の一番弟子ですからね!」

リネトン「...」

リネトン「はぁ...」

リネトン「...芳佳ちゃん、調査のときは私から離れないこと。分かったね?」

宮藤「!」パァア

宮藤「はい!」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/08(日) 23:18:39.77 ID:XzqXEx1X0

一方その頃

坂本「ふんっ! ふんっ!」ブンッ ブンッ

ガサ...

坂本「ん?」

坂本「...」

坂本「気のせいか...」

坂本「ふんっ!」ブンッ

???「...」ソロソロ...

???「オラァ!!」ドガッ

坂本「ぐぉっ!?!」グラッ

坂本「うぅぅ...」バタッ

坂本「」

???「...」

???「...」ズルズル...




6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/08(日) 23:56:41.20 ID:XzqXEx1X0

第2章 消えた坂本


ペリーヌ「宮藤さん、リーネさん」コンコン ガチヤ

宮藤「あっ ペリーヌさん。おはようございます」

ペリーヌ「ミーナ中佐がブリーフィングルームに集合、とのことですわ」

リネトン「ふむ...何かあったのだろうか...行こう芳佳ちゃん」

宮藤「はい!」

ペリーヌ「」

ペリーヌ「...え? リ、リーネさん?」

リネトン「? どうしたんだいペリーヌさん」

ペリーヌ「...え...?え!?(へんてこな帽子を被ったリーネさんが『どうしたんだい』とか言いましたわ...あのリーネさんが...!)」

ペリーヌ「...」

宮藤リーネ「「?」」

ペリーヌ(二人ともキョトンとしてますわ...宮藤さんはリーネさんがおかしいのに気づかないのかしら...それともわたくしがおかしいんですの...?)

宮藤「どうしたの?ペリーヌさん、早く行こう?」

ペリーヌ「え、ええそうですわね...なんだか頭が痛くなってきましたわ...」

宮藤「変なペリーヌさん」

リネトン「芳佳ちゃん、人にそんなことを言うものではないよ。英国淑女としてはね。」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 00:37:34.09 ID:3Siwjw310

ペリーヌ「...」テクテク

リネトン「...」テクテク

宮藤「〜♪」テクテク

ペリーヌ(リーネさんの隣で、宮藤さんはなんだか誇らしげですわ...よくわかりませんが)





シャーリー「ん〜ここにもいないか〜」

リネトン「ん?あそこにいるのは...」

宮藤「お○ぱいだ!!」(シャーリーさんだ!)

ペリーヌ「その本音と建て前が入れ変わっちゃうの、素でやってるならかなりヤバいと思いますわ」

リネトン「芳佳ちゃん、お○ぱいをシャーリーさん呼ばわりするものではないよ。英国淑女としてはね。」

ペリーヌ「」

宮藤「おーい!シャーリーさーん!」

シャーリー「ん?」

シャーリー「おう!いつもの3人じゃないk...ん!?」

ペリーヌ「! 」(シャーリーさんが異変に気付きましたわ!やっぱりトチ狂ってたのはわたくしじゃなくてリーネさんだったんですわ!)

リネトン「おはようございます、シャーリーさん」

シャーリー「お、おう、おはよう」

シャーリー「...」

リネトン「...」

シャーリー「今日は...その...キマってるな!」

リネトン「身だしなみを整えるのは当然のことです。英国淑女としてはね。」フフン

シャーリー「お、おう、そうか...」

シャーリー「...」チラッ

宮藤「...」ドヤァ...

シャーリー(すごいドヤ顔だな...)

ペリーヌ「朝からずっとこの調子ですわ...」ヒソヒソ

シャーリー「マジかよ...」ヒソヒソ


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/10/09(月) 01:26:11.40 ID:3Siwjw310

宮藤「シャーリーさんも早くブリーフィングルームに行きましょう?ミーナ中佐に怒られちゃいますよ?」

シャーリー「分かってるさ。でも、ルッキーニが見つからないんだ。一緒に行こうと思って、あいつの寝てそうなとこいろいろ見て回ったんだけど、どこにもいないんだ」

宮藤「ルッキーニちゃんが?」

宮藤「! 先生!これもナゾですよ!」

リネトン「そのようだね」

ペリーヌ「ナゾ...?」

宮藤「リネトン先生はナゾ解きが得意なんですよ!」

リネトン「一見ランダムな彼女の寝床の場所にも、実は規則があるのかもしれない。何より、私に解けないナゾはない!」

シャーリー「ほう...ルッキーニの居場所が分かるのか?それじゃ、頼んでみようかな」



ナゾNo.2 ルッキーニちゃんの寝床 20ピカラット

ルッキーニちゃんの寝床は、
1.木の上
2.ハンガー
3.シャーリーの胸の間
の3種類である。 ルッキーニちゃんは、その日寝た場所で次の日寝ることはない。寝床の決め方は、サイコロを振り、出た目が奇数か偶数かで2つの寝床を一つに絞るというもの。シャーリーは「おととい、朝起きたらルッキーニが私の胸の間で寝てたんだ!あのときはびっくりしたなぁ」と言っている。これらから、ルッキーニちゃんが今いる確率が最も高い場所を教えてほしい。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 01:57:23.05 ID:IKaWVnsOO
3かな?
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 07:25:43.27 ID:qyF705rro
3だな

昨日1か2のどっちで寝たか分からないけど、3には確実に寝てない
つまり100%の確率で今日の寝床の選択肢に含まれてる
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/13(金) 12:53:51.26 ID:n/2Sra/10
ピ-ン ピ-ン ピ-ン テレレレ-ン♪

ナゾ解明!!


正解は3だ。

解説はめんどくさいから省略するよ。英国淑女としてはね。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/13(金) 13:00:39.90 ID:n/2Sra/10

シャーリー「ルッキーニ!こんなところにいたのか!」

ルッキーニ「ウジュ...」

シャーリー「今日は集まりがあるみたいなんだ。一緒に行くぞ。」

ルッキーニ「ウジュ...」目ゴシゴシ

リネトン「灯台下暗しだね。」

宮藤「さすがです!先生!」

ペリーヌ「さ、早く行きますわよ」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/13(金) 13:15:49.74 ID:n/2Sra/10

〜ブリーフィングルーム


ハルトマン「ね〜む〜い〜!あと40分〜!」ジタバタ

バルクホルン「よし、これで全員揃ったな。始めてくれ、ミーナ」ズルズル

エイラ「全員...?」

サーニャ「? あ...」

宮藤「あれ?坂本さんがいませんよ?」

リネトン「...」

ペリーヌ「わたくしはここに来た瞬間気付きましたわ」フフン
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/13(金) 13:23:24.27 ID:n/2Sra/10

ミーナ「ええ、今日みんなに集まってもらったのは、そのことなの」

ルッキーニ「ウジュ?」

リネトン「...」

ペリーヌ「!?!? さ、坂本少佐に何か...!?」

エイラ「ププッ 見ろよリーネのやつ、なに被ってンダ?」

サーニャ「エイラ、話を聞かないと...」

バルクホルン(なんだあの帽子は...妹にしたいな...)

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/13(金) 13:40:01.72 ID:n/2Sra/10

ミーナ「美緒が...失踪しました。」

ペリーヌ「」ブクブク

エイラ「あ、ツンツンメガネが倒れタ」

宮藤「え!?」

シャーリー「しょ、少佐が...!?」

バルクホルン「なぜだ?なぜ失踪したと言い切れる?」

ミーナ「今朝、美緒に用があったの...でも、探してもどこにもいなくて...」

ミーナ「なんだか胸騒ぎがして...基地の整備班全員に、探させたの」

ハルトマン「そしたらほんとにいなくなってたと」

ミーナ「ええ...」
9.90 KB Speed:1.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)