野崎「マミコの彼氏は吹雪士郎、サッカー少年だ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:51:28.07 ID:sywGah6u0
吹雪『この試合……君の為に必ず勝つよ』

マミコ『鈴木くん……///』










野崎「中学生と高校生の恋愛にしようと思うんだが……」

佐倉「うん!! いいと思うよ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507470687
2 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:52:16.33 ID:sywGah6u0
野崎「そしてその吹雪はどれぐらいサッカーが上手いかというと……」











吹雪『アイスグランド!!』

染岡『』カチーン









野崎「必殺技が使えるんだ」

佐倉「!!!?」
3 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:53:06.08 ID:sywGah6u0
佐倉「ちょ、ちょっと待って野崎くん!! 必殺技って何!?」

佐倉「いや、なくなはない……かもしれないけど……」

佐倉「だとしても人を凍らせるなんて普通は無理だよ!! 非常識だよ!!」

野崎「非常識じゃない、超次元だ」

佐倉「超次元!!?」
4 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:53:40.53 ID:sywGah6u0
マミコ『あ、あれは……吹雪くんのアイスグランド!!』

マミコ『でもその先にはディフェンダーのザ・タワーとザ・ウォールが待ち構えているわ!!』










野崎「マミコも超次元サッカーに精通している」

佐倉「……これって恋愛漫画だよね?」
5 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:54:14.10 ID:sywGah6u0
野崎「しかしそこで、もう一つの人格が目覚め始める……」

佐倉「も、もう一つの人格か?」









アツヤ『それじゃあ一発かましてやるぜ!!』










野崎「弟のアツヤの人格だ、熊殺しの異名を持つ」

佐倉「中学生で熊殺し!!?」
6 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:54:41.39 ID:sywGah6u0
アツヤ『エターナルブリザードォ!!』













野崎「士郎は幼き時、雪崩で両親とアツヤを亡くした」

野崎「父は亡くなる前に『士郎とアツヤ、二人で完璧』という言葉を残していた」

野崎「完璧に拘っていた士郎は自分の中でアツヤの人格を作ったんだ」

佐倉「……」
7 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:55:09.35 ID:sywGah6u0
マミコ『吹雪くん……完璧じゃなくていいんだよ!』

吹雪『マミコ……』

マミコ『私は……人格を作ってまで完璧にはなって欲しくないよ』

マミコ『私が好きなのは……吹雪士郎くんなんだよ』

吹雪『……』










野崎「こうしてアツヤの人格は消えていき……」
8 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:55:48.29 ID:sywGah6u0
吹雪『僕、やっと分かったんだ』

吹雪『強くなる為には……仲間が必要だって!!』

吹雪『だから行こう……マミコ!!』

マミコ『ええ……鈴木くん!!』

吹雪・マミコ『クロスファイア!!』










野崎「こうして二人は合体技を完成させ……」

佐倉「ちょっと待って!!!」
9 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:56:27.23 ID:sywGah6u0
佐倉「なんで!? なんでマミコもサッカーやってるの!?」

野崎「超次元サッカーは男女関係ないんだ」

佐倉「これサッカー漫画だよね!? 恋愛漫画じゃないよね!?」

佐倉「絶対剣さんに怒られるよ!!」

野崎「そ、そうか……」

野崎「やむを得ない……ここは違う路線で行くか」

佐倉「うん!! 私も絶対それがいいと思うって!!」

野崎「……じゃあ鈴木三郎で」

佐倉「うん!! そうしよう!!!」
10 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:57:02.81 ID:sywGah6u0
別の日

佐倉(ふう……危うく違う漫画になるところだったよ)

佐倉(それにしても超次元サッカーなんて……野崎くん、たまにめちゃくちゃなこと考えるよなぁ)

鹿島「千代ちゃんおはよー!!」

佐倉「鹿島くん!! おはよー!!」

鹿島「それより聞いてよ!! 昨日堀ちゃん先輩がさぁ……」

佐倉「うんうん……」
11 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:57:35.69 ID:sywGah6u0
鹿島「あ、御子柴と野崎だ」

佐倉「え!? どこどこ!?」










御子柴「そしたらよ、そのまんまバッドエンド直行でよー……」

野崎「それは大変だったな」

ゴオオ……

野崎「ん?」

御子柴「危ねえ野崎!! サッカーボールが直撃するぞ!!!」

野崎「……フルパワーシールド!!!」カキイン

一同「!!!!?」
12 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/10/08(日) 22:58:02.87 ID:sywGah6u0
野崎「……ふう、危なかった」

野崎「怪我はないか、御子柴」

御子柴「お、おう」

サッカー部員「すいませーん、ボールそっちに飛んじゃいましたー」

野崎「ああ、次からは気をつけてくれ」










鹿島「な、何今の野崎の技……なんかの超能力?」

佐倉「……」

鹿島(千代ちゃんも呆然としてる……)

佐倉「みこりん、野崎くんに守られてずるい……!!」

鹿島「そこ!!?」

〜終わり〜
5.19 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)