森久保乃々「なんでPさんが机の下にいるんですか…?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 22:30:54.45 ID:SCr2cmT90
5作目

前作↓
1作目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504698271/
2作目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504873907/
3作目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506605905/
4作目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506861744/

別に読まなくても大丈夫かと思います。

キャラ崩壊、話し方違いあるかもしれません。
安定の見切り発車で行きます、

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507555854
2 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 22:39:58.54 ID:SCr2cmT90
通勤中

P「金木犀の匂いがだいぶ強くなってきて、秋っぽくなってきたなあ」

P「金木犀ってすごい好きなんだけど、ずっと嗅いでると頭痛くなるんだよね」

P「こんにちは ありがとう さよなら また逢いましょう〜♪」

P「っと今日も1日頑張りますか」ガチャガチャ

P「おはようございまーす。ってもまだ誰も来てないから返事は返ってこないんだけどね」

P「ちひろさん来る前に少しでも勧めておこう」カタカタ



---------------------


P「っと…とりあえずこんなもんか。今何時だ?」

P「8時30分か。もう少しでくるかな」

P「今日はっと…千枝、桃華、藍子は休みか。森久保が午前レッスンで比奈がお昼前から雑誌の撮影とインタビューか」

P「俺ももう少しアイドルを宣伝していかないとな」

ガチャガチャ

P「っとちひろさんかな。」

ちひろ「おはようございます」

P「ちひろさんおはようございます」

ちひろ「Pさんおはようございます。はやいですねぇ」
3 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 22:45:45.87 ID:SCr2cmT90
P「俺夜遅く起きられないんですよ…眠くなっちゃって…」アハハ

ちひろ「子供ですか!」

P「しかたないじゃないですか…その代わり朝は強いんですよ!」ドヤッ

ちひろ「朝弱いよりはいいのかな…」

ちひろ「あ、Pさんなんか飲みます?入れますよ」

P「じゃあコーヒーをブラックで」

ちひろ「わかりました」

コポコポ…

ちひろ「はいどうぞ」

P「ありがとうございます。」

ちひろ「じゃあ今日も頑張っていきましょうね!」

P「よろしくお願いします」ペコッ


---------------------



ガチャガチャ

乃々「おはようございます…」

ちひろ「乃々ちゃんおはようございます」カタカタ
P「おー森久保おはよう」カタカタ

乃々「おはようございます…」イソイソ

ちひろ「流れるようにPさんの机の下に潜り込んで行きましたね」

P「本当ですね。入ったのはいいけど、すぐにレッスンだよ?」


4 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 22:58:49.93 ID:SCr2cmT90
乃々「ヒッ…来てすぐにレッスン行くとかむりなんですけど…」

P「仕方ないでしょ。もうそろそろ迎え来ちゃうぞ」

乃々「むぅーりぃー…」

P「わがまま言わないの。ほら準備して!」グイグイ

乃々「あぅぅぅ…」ズルズル

-----------------


乃々「じゃあPさん、ちひろさん行ってきます…」

P「おー行ってらっしゃい。後輩Pくんによろしく言っておいてくれい」
ちひろ「乃々ちゃん行ってらっしゃい」

乃々「はい…」

ガチャ

ちひろ「行きましたね」

P「ですね」

ちひろ「最初に比べたらすんなり行くようになりましたね」

P「そうですねえ…最初の頃は…大変だったなあ…」

ちひろ「だいぶ慣れてきてくれましたよね」

P「そうだといいんですが…。それに今日は美玲ちゃんと輝子ちゃんと一緒にレッスンですからね」

ちひろ「あ、そうなんですね。」

ちひろ「私たちも再開しましょっか」カタカタ

P「そうですね」カタカタ
5 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 23:04:05.13 ID:SCr2cmT90
P「時にちひろさん」

ちひろ「なんでしょう?」

P「森久保って可愛いですよね」

ちひろ「唐突になんですか」

P「いや、ふと思いまして。担当してる子みんな可愛いですがね」

ちひろ「そうでなきゃ困りますよ。でも乃々ちゃん可愛いですよね」

P「ですよね。なので森久保の気持ちになるために机の下に入ろうと思うんですが」

ちひろ「全く話しの流れが読めずに困惑してるんですけど。」

P「森久保可愛い。机の下に入りたい。これでもですか?」

ちひろ「え、えぇ…全く」

P「はぁ…」

ちひろ「そんなさもわかるでしょ。みたいな目で見られても…」

P「というわけで、机の下にはいろうと思います」

ちひろ「え、仕事は…」

P「そんなのあらかた片付いたに決まってるでしょ。何のために朝早くから来てると思ってるんですか」

ちひろ「早すぎません?」

P「担当が今のところ少ないのでね」

ちひろ「なら私の分もやっておいてくださいよ…私今日比奈ちゃんに付き添うんですよね?」

6 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 23:10:51.99 ID:SCr2cmT90
P「そういやそうだった。分かりました進めておきましょう」

P「机の下に入るのは確実ですけど。ほら貸してください」

ちひろ「なんか釈然としませんが…じゃあよろしくお願いします」トサッ

P「このくらいならそんなにかからないな。じゃあちょっと集中するので」

ちひろ「は、はぁ…わかりました」

P「スゥ…」カッ(目を見開く音)

P「…」カタカタカタカタカタカタ

ちひろ「うわ、何この人別人なんですけど…」


--------------------------

ガチャ

比奈「おはようございまス」

ちひろ「あ、比奈ちゃんおはようございます」

比奈「ちひろさんおはようっス」

比奈「プロデューサーは何してるんスか?」

ちひろ「なんでも乃々ちゃんの気持ちになるとか言って机の下に入るために頑張ってるんですよ」

比奈「相変わらずよくわからんスね…」

ちひろ「そうですねえ…普通にやってくれればこんなに詰めなくてもいいのに…」

ちひろ「比奈ちゃん今日は私が付き添いで行くからね。もう少ししたら出るから準備しておいてね」

比奈「はいっス。よろしくっス」
7 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 23:18:42.23 ID:SCr2cmT90
P「」カタカタカタカタカタカタカタ

P「ふぅ・・・成し遂げたぜ」

ちひろ「本当に終わらせたよこの人…」

P「もう俺のHPは0よ…」

比奈「Pさんお疲れ様っス。」

P「お、ありがとう…ってか比奈いつの間に…」

ちひろ「Pさんが鬼の形相でやってる時にきましたよ」クスクス

P「あ、そうだったのか。今日は撮影とインタビューだな。頑張って来てね」

比奈「ありがとっス。できる限りの事はしてくるっスよ」ドヤッ

P「楽しみにしておくよ。じゃあすみませんちひろさん、よろしくお願いします」

ちひろ「わかりましたよ。車使いますね。じゃあ比奈ちゃん行きましょう」

P「わかりました」

比奈「はいっス。じゃあPさん行ってくるっス」

P「はーい。行ってらっしゃい」

ガチャ


P「さてとあらかた終わってしまったわけだが、森久保が来るまでもう少しあるはずだ」

P「とりあえず…飯はカップ麺でいっか。お湯沸かそ」

アットイウマニスグニワク。ティファール♪

P「やっぱり早いな。」

コポコポ…ピッ…

P「後は少し待つだけ」
アイドルマスターシンデレラガールズ、スターライトステージ!

P「ちょっとスタミナだけ消化するために1曲…」


8 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/09(月) 23:51:53.60 ID:SCr2cmT90
ピピピピピ

P「お、できたかな。」

P「いただきます!ズルズル…んー上手い」

P「ズルズル…ふぅ…ごちそうさま!」

P「さて、机の下で森久保を待機しよう」

ノソノソ…

P「うーん…なにしてようか…」

P「ってかここ狭いな。森久保よくこんなのところにずっといられるな」

P「飯食った後だから眠くなってきた…まあこの前の二の舞にはならんでしょ」

P「まあ寝る前に来るでしょ」スマホポチー

ガチャ

乃々「ただいまですぅ…あれ?誰もいない?」

乃々「どこに行っちゃったんですか…」イソイソ

P「森久保おかえり」

乃々「ヒャアアアアアア!!」ゴンッ

P「ど、どうした森久保ォ!大丈夫か!!」アセアセ

乃々「痛い…」サスサス

乃々「そ、それにしても、なんでPさんが机の下にいるんですか…?」

P「いやな、森久保が可愛いから俺も机の下にはいろうかと思って」

乃々「か、可愛いって…うぅ…なんですか、いぢめですか…?」テレテレ


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 08:41:02.37 ID:O0bij5Ul0
まんざらでもない様子の森久保
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 09:42:08.48 ID:Rh2n4cvqO
デレ久保ですけど
11 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/10(火) 22:43:49.45 ID:Nj5ueF0K0
P「いじめるわけないでしょ。なんで俺が乃々をいじめなきゃならないの」

乃々「だって…こうやってもりくぼの居場所とってますし…あれ?」

P「それは、さっきも言ったとおり乃々が可愛いからだよ」

乃々「だからそれはもういいですからぁ…あと、なんで"森久保"って呼んでないんですか?」

P「いや、単に呼びたかったから。だめだったかな?」

乃々「ダメ…じゃないですけど…急に呼ばれたからびっくりしただけですけど…」

P「じゃあいいじゃん。ほらいつまでそこに立ってるの?入ってくればいいのに」

乃々「だって2人で入るには狭いですし…その…」

P「そうか…俺とは嫌だったか…」

乃々「そ、そういうわけじゃないんですけど…むしろ…」

P「むしろ?」

乃々「なんでもないです…Pさんが出るまでとにかくそこには入りませんから…」

P「そうか…」シュン

P「それなら俺の椅子座ってもいいぞ。いつもと逆になるな」ハハハ

乃々「そうします…」

乃々「うぅ…外は落ち着かないんですけど…」
12 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/10(火) 23:28:12.87 ID:Nj5ueF0K0
P「なあ乃々、1ついいか?」

乃々「なんですか…?」

P「そこ座るのはいいけど、俺から見たら、その、パンツ見えそうになってるけどいいの?」

乃々「どこみてるんですか!!うぅ…Pさんに汚されました…」

乃々「けがされくぼになっちゃいました…」

乃々「もりくぼもおとなしくそこに行きます…」イソイソ

P「おいでおいで。やっぱり2人だとちょっと狭いね」ハハハ

乃々「恥ずかしいんですけど…Pさんいつまでここにいるつもりなんですか…?」

P「え?乃々が帰るまでだけど。」

乃々「じゃあもうすぐにでも帰るんですけど…」

P「え、ダメですけど…」

乃々「なんでダメなんですか…」

P「俺が乃々とここにいたいからなんですけど…」

乃々「えぇ…というか、真似しないんで欲しいんですけど…」

P「いいじゃないですか…」

乃々「まあ今日だけは許してあげます。」

P「乃々は優しいなあ」ナデナデ

乃々「レッスン終わった後だからあんまり触らないでくださいぃ…」




13 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/10(火) 23:33:44.64 ID:Nj5ueF0K0
P「え、いいじゃん」ワシャワシャ

乃々「あうぅ…なんでこんなことするんですか…?いぢめですか?」

P「だからさっき言ったじゃんかわいいかr」

乃々「恥ずかしいからのー!のー!ですけど!」

P「だって乃々が聞いたから」ナデナデ

乃々「もういいです…」テレテレ

P「ふんふんふーん♪」ナデナデ

乃々「なんでそんなに楽しそうなんですか…」

乃々「そういやPさんお仕事はいいんですか?終わってないならやらないと」

P「このために終わらせた」

乃々「そ、そうでしたか…」

P「そうだよ」ナデナデ

乃々「あの、いつまで撫でてるんですか…?」

P「うーん…飽きるまで?」

乃々「飽きるまでですか…」

P「うん。そういや乃々は最近はどうだ?」

乃々「いつでも帰りたいって思ってるんですけど…」

P「そうか…アイドルやってて辛かったりしないか?」
14 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/10(火) 23:43:58.08 ID:Nj5ueF0K0
乃々「辛くないって言ったら嘘になりますけど…」

乃々「でもキノコさんとか美玲さんとかといるのは楽しいから…」

乃々「その点は楽しいって思えます…でも、1人だとやっぱり恥ずかしいです…」

P「そうか。でも楽しいって思えてくれててよかったよ」ナデナデ

乃々「あんまり可愛すぎる衣装はやめてくれると嬉しいですけど…」

P「まあそのへんは考慮してみるよ。」

乃々「お願いします…」

P「任されt…」ナデナデ…

乃々「ん、あれ手が止まりましたけど…」

乃々「Pさん?Pさん?」

P「…スゥー…スゥー…」

乃々「ね、寝ちゃってるんですけど・・・」(小声)

乃々「Pさん。Pさーん」チョイチョイ

P「んん…スゥー…」

乃々「Pさんいつもありがとうございます…」

乃々「恥ずかしいからあんまり言えないですけど…」

乃々「そ、その体制じゃ首が大変なので肩貸してあげてもいいですよね…?」カタカシー

乃々「これで少しは楽になったですかね」ヘヘヘ
15 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/10(火) 23:50:12.19 ID:Nj5ueF0K0
-------------------------




ちひろ「Pさんただいま帰りましたー」

比奈「ただいま帰ったっス」

ちひろ「あれ、Pさんいないですね?乃々ちゃんももう事務所にいるはずですが」

ちひろ「一体どこに・・・って」クスクス

比奈「Pさん達どこ行っちゃったんでスかね?」

比奈「あれ、ちひろさん何笑ってるんでス?」

ちひろ「比奈ちゃんここ見てみて」クスクス

比奈「あー。二人共気持ちよさそうに寝ちゃってまスね」クスクス

ちひろ「もう少しこのままにしておいてあげましょうか」

比奈「そうっスね。私はもう帰りますね。Pさんに起きたら伝えておいてください」

ちひろ「わかりました。比奈ちゃんお疲れ様」ニコッ

比奈「お疲れっす」

パタン

ちひろ「さて、もう少しだけやりましょうかね」





P「スゥー…スゥー…」
乃々「スゥー…」


16 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/10(火) 23:56:14.10 ID:Nj5ueF0K0
おしまいです




ほんの少しおまけ



ちひろ「Pさんいつまで寝てるんですかー」ポンポン

P「んぅ…あ、ちひろさんおひゃようございます」

ちひろ「おはようございますってもう夕方ですよ」

P「ありゃ本当だ。森久保送って行かないとだ」

P「森久保は?」

ちひろ「隣で寝てますよ」クスクス

P「あ、本当だ。森久保そろそろ帰るぞー」トントン

乃々「森久保の事は乃々って呼んでくれないと嫌なんですけど…ムニャムニャ」

P「乃々ォ!!!起きろォ!!」

乃々「ヒャアアアアア!」ドンッ

乃々「痛い…またぶつけたんですけど…」サスサス

P「大丈夫?」

ちひろ「乃々ちゃん大丈夫?」

乃々「痛いけど大丈夫ですけど…」

ちひろ「それなら良かった。」ホッ
17 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/11(水) 00:01:41.40 ID:wfDDRkh80
ちひろ「それにしてもさっき乃々ちゃん寝言言ってましたよ?」

乃々「え、変なこといってませんでしたよね…?」

ちひろ「うーん。変なことではないかな?ね、Pさん?」

P「うん。変なことじゃなかったよ。」

乃々「ちなみになんて言ってたんですか…?」

P「え、"森久保の事は乃々って呼んでくれないと嫌なんですけど"って言ってた」

乃々「え…ほ、本当ですか…?」

ちひろ「そう言ってましたよ?」
P「本当だよ」

乃々「わ、忘れてください…恥ずかしすぎます…」

ちひろ「このことは内緒にしておきますね」ウインク

P「俺も内緒にしておくよ。忘れはしないけど」

乃々「え、忘れて欲しいんですけど…」

P「嫌だね」ケタケタ

乃々「む・・・むぅーりぃー」







本当におわり

18 : ◆xyCtqBd8Ao [saga]:2017/10/11(水) 00:04:25.97 ID:wfDDRkh80
というわけで終わりです。

このあとに自分の机の下に潜り込んで森久保の気持ちになるですよー!
ってしたんですけど、ただ虚しいだけでした。



html化依頼してきます
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 00:10:32.31 ID:JHfVT18fo
君の書く比奈はわかり易いね
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 03:11:37.84 ID:DF2fbMQq0
けがされくぼの語呂の悪さに萌えたぜ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 09:38:47.84 ID:HFH8MHCe0
乙なんですけど
15.62 KB Speed:1.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)