ほむら「チンピラまどかと賢いさやかと愛でたい杏子に超強メンタルマミさん」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:16:30.43 ID:1EfqkgI9O
ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「……」ダラダラ

まどか「……いや、お前さっき私にガン付けてたよな……?ん?」

ほむら「……いえ、その……そういう訳じゃ……」

さやか「やめたまえまどか君、そうやって何でもかんでも喧嘩を売られたと勘違いするのは君の悪い癖だよ」

杏子「……怖いよぉ……」

マミ「やめなさいよ鹿目さん」

まどか「あん?ぼっち先輩が私に喧嘩売ってんじゃねーよ」

マミ「ぼっちで結構、私は自ら一人になったのよ、魔法少女としての使命があればそれで十分」

まどか「ちっ」

ほむら「……あわわわわ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507598190
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:20:28.81 ID:1EfqkgI9O
まどか「んで?何だって?もう一度言ってみろオラ」

ほむら「いえ……だからその……魔法少女になるのは辞めてもらえないかなー……て」

まどか「なああああああああああんで私が昨日来たばっかのどこの馬ともしれないやつに指図されなきゃいけねーんだよオラァ!!」

ほむら「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」

さやか「私も気になるね、ほむらさんの口ぶりから察するにどうも君とまどかさんは初対面とは思えない」

さやか「いいや、むしろ「君だけが知っている」と捉えるべきか」

さやか「君だけが知っているのは、まどかさんだけについてかい?」

杏子「……」モグモグ

マミ「……え?twitterで昨日のクラス会の写真が上がってる……?へぇ……」

QB「何これ?」

ほむら「私にも分からないわ……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:23:11.38 ID:1EfqkgI9O
ほむら「ちょ、ちょっと外に出てきてもいいかしら?」

まどか「逃げんじゃねーぞ!」

ほむら「はいぃ!」




QB「それで、何があったんだい?」

ほむら「まさかあなたとお話がしたいと思うような時が来るなんてね」

QB「うん、クールキャラはもう無理じゃないかな」

ほむら「というより、あなたがあの状況に違和感を感じるのはおかしいわ」

QB「僕はイレギュラーな魔法少女を追いかけてここに来ただけだよ、そしたら何故かこの街の魔法少女二人と素質のある少女二人に取り囲まれているイレギュラー、どう考えても色々不自然だよね」

ほむら「一理あるわね」

QB「だろう?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:27:25.69 ID:1EfqkgI9O
ほむら「ねぇ、もうあなたに出会ってしまったから言ってしまうけれど、一つお願いがあるの」

QB「なんだい?」

ほむら「鹿目まどかと契約をしないでもらえるかしら」

QB「一応聞くよ、彼女の願いを君は否定する気かい?第三者が口を出していいものじゃないと思うんだけど」

ほむら「……」

QB「なるほど、君は知っているんだね」

QB「まぁそうではなくても、あれほどまでに感情の昂りが激しい彼女を好んで契約しようとは思わない、いくら素質があるとは言ってもね」

QB「僕にとってはよくわからない感覚だけれど、君たちは僕の行為で嫌を損ねてしまうんだろう?」

QB「彼女と契約してしまったらどんな願いをするか分からない、自暴自棄になって僕らの存在を抹消されたら意味がない」

ほむら「……」

QB「信用していないようだね」

ほむら「そうね、出来るわけがない」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:32:25.42 ID:1EfqkgI9O
ほむら「……」

ほむら(……そもそも何でこんなことになったんだっけ)

ほむら(……たしか私が、まどかを見たらまどかが逆上して、それを止めるためにさやかが付いてきて)

ほむら(怖くなってマミの家に逃げ込んだら杏子が居て、そしたらマミとさやかが顔見知りで……)

ほむら「……」

QB「整理できたかい?」

ほむら「大体はね……」

ほむら「言っておくわよ、鹿目まどかと契約したら許さない、その時には魔法少女の真実を伝えてお前達にとって不利な状況にしてやるわ」

ほむら「あれほどの素質、たとえどれほど無茶な願いでも叶えるのに不可能はない、そうでしょ?」

QB「だね」

ほむら「暫くはいい関係で居ましょう」

QB「具体的に言うと?」

ほむら「私がストレスに耐えきれなくなったらお前を呼んで話し相手になってもらうわ」

QB「なるほど」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:35:13.26 ID:1EfqkgI9O
ガチャ

まどか「ロオオオオオオオオン!!!!」

さやか「君はそれを河に捨ててたよね、チョンボ」

まどか「抜け目ねーな!お前が勝ちすぎるから狙い撃ちするしかねーじゃねーか!」

さやか「麻雀は運7割、技術3割だよ、3割も私たちが介入できる余地があるなら負けはないさ」

杏子「……」モグモグ

マミ「……残り5百点……リーチもかけられない……でも、だからこそ燃える!!!」

ほむら「QB」

QB「早くない?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:39:54.61 ID:1EfqkgI9O




ほむら(結局どうしようも無く一日が終わってしまったわ)

ほむら(それにしても、今回は随分と好条件のようね)

ほむら(これならまどかとの契約を阻止できる、あとはワルプルギスの夜を超えるだけ)

ほむら(……)

さやか「なにか思い詰めてるようだね」

ほむら「ひえっ」

さやか「彼女たちの相手をしている間ずっと気になっていた、君は何を隠しているんだい?」

ほむら「あなたにいう必要は無いわ、私に関わらないで」

さやか「ふむ、君が必要以上に人を遠ざけるのには訳がある、そうだよね?」

ほむら「……」

さやか「できれば私にも話して欲しい、君の視線から察するにそれはまどかさんに関わることなんだろう?」

ほむら「……」

ほむら「どうして……」

さやか「どうして、その問に答えるまでもない」

さやか「彼女と私は親友なんだよ、彼女は私のことを腐れ縁と呼ぶだろうけれど」

さやか「親友のために出来る限りのことをしてあげたい、これは間違っているかい?」

ほむら「……いいえ、何一つ間違っていないわ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 10:44:39.03 ID:1EfqkgI9O
ほむら「それでもあなたに何かを話すつもりは無い」

さやか「……」

ほむら「一つ言っておくわ、私に関わるとろくなことにならない、あなたが今幸せかどうかは知らないけれど、確実に今より不幸になるわ」

さやか「私にとっての不幸は、誰かが死ぬということだ、それ以外なら不幸だとは思わない」

ほむら「……」

さやか「……誰かが死ぬ、という訳か」

ほむら「……あなたは、どうしてそこまで察することが出来て、それでもなお私に関わろうとするの?」

さやか「辛い顔をしている人を見たくない、それ以外に理由がいるかい?」

ほむら「……!」

さやか「共に言葉を交わした、共に卓を囲んだ、ほんの少しの間でも共に生きた、だとしたらもう、私と君は切っても切れない関係になったわけだ」

ほむら「……」

さやか「話して欲しい、友よ」

ほむら「……随分と、遠回しに言うのね……!」ポロポロ

さやか「私の悪い癖だ、気分を害したなら謝るよ」ニコッ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 12:16:23.43 ID:cM4F2FzeO
誰だよこのイケメン
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 12:53:23.00 ID:/U3edry90
これは新しいな、期待
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 15:37:36.30 ID:NkNgR27nO
ヤンキーまどかならソッコー契約出来そうだな
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 19:10:04.99 ID:LWBZVDlao
さやか「落ち着いたかい?」

ほむら「……」

さやか「母さん、ああ、要らないよ、今から友達と食べに行くから」

さやか「え?そんなんじゃないよ、女の子さ……え?もっと?」

さやか「……うん、まぁ分かったから……」ブツッ

ほむら「……結構律儀なのね」

さやか「親がうるさいからね、さぁご飯でも食べに行こう」






ほむら「……」

さやか「……」

杏子「……」モグモグ

ほむら「…成り行きで座ってしまったわ……」

ほむら「どうしているのかしら?」

杏子「……美味しい」モグモグ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 19:13:50.52 ID:LWBZVDlao
ほむら「……まぁいいわ、あなたにも関係ない話ではないしね」

さやか「それにしてもその小さい体のどこに入っていくんだい?本当に君一人で全部食べたのかい?食べたのだとしたらそれは質量に対する叛ぎ……」

杏子「あ……」

マミ「はい、一人ですよ?待ちきれないのでもう注文しててもいいですか?えーとハンバーグ定食と若鶏南蛮と……え?席についてから?」

ほむら(つよい)

ほむら「あ、あの……マミ……マミ……!」

マミ「あら、暁美さん……だったかしら?」

ほむら「よかったら一緒に食べないかしら?……ちょうど話したいこともあるし」

マミ「そこまで言うのなら仕方ないわね、別に一人でも良かったんだけれどいいわ」

マミ「よろしくお願いするわね」ニコニコ

ほむら「……」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 19:18:10.16 ID:LWBZVDlao
さやか「じゃあ、話してもらえるかい?」

ほむら「……その前に」

ほむら「さやか、あなたには命を懸けてでも叶えたい願い事とかはあるかしら?」

さやか「無いよ」

ほむら「それは本当にあなたの命に見合った……え?」

ほむら「……」

ほむら「何て?」

さやか「命より大事な願いなんて、無いよ」

ほむら「……あっ……えっ?ちょ……」

プルルルルル

さやか「あ、失礼」

さやか「はい、もしもし、あぁ恭介君?………………だから、無理する必要なんてないと言ったじゃないか」

さやか「バイオリンが弾けなくなったら君には価値がなくなるのかい?バイオリン一筋だった君には酷な話かもしれないけれど、僕にとってはそんなもの付加価値でしかないよ」

さやか「君はバイオリンよりも素晴らしいものを持っていたじゃないか、それは私が絶対に保証するよ」

さやか「バイオリンが弾けることで君の価値は上がったかもしれないけれど、弾けないからと言って君の価値が下がるはずもない」

さやか「……うん、うん……大丈夫、君ならやれる」ピッ

さやか「あぁ、ごめん、それで?」

ほむら(問答無用で慰められてる……)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 20:56:09.30 ID:pqk2e1QBO
なにこのさやかかっこいい抱いて
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 21:26:23.23 ID:0SLtee22O
これぜったいさやかじゃないわ
少女マンガの王子様キャラか何かだ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 22:18:21.03 ID:b5jE5MdnO
もはやダンディズムの域
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 23:36:49.82 ID:8BYY/4U00
往年のスーパーシンジのようだ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:07:43.93 ID:JGHo1rp3o
ほむら「……」

ほむら「……その……私たちは魔法少女なの……」

さやか「……あぁ、マミさんから話は少し聞いていた、勧誘はされなかったけれど」

マミ「だって命を懸けて戦うのよ、仲間が欲しいって理由で無理に誘えるわけないじゃない」

さやか「誘われてもお断りしていたけれどね」

ほむら「……魔法少女は、奇跡を対価に魔女を倒す使命を得る」

さやか「私は手を出さないけれど、ある種の人にとっては実に嬉しい話ではないかと思うけれどね」

さやか「不幸の渦中にいる人間にとってはこれとない幸運だ、なにせその不幸を解消することが出来るんだから」

さやか「幸いにも私は幸せだったけれどね」

ほむら「……いいえ」

ほむら「……魔法少女になるって言うことは、幸せになることじゃない」

マミ「……」

杏子「……」モグモグ

ほむら「私の話、聞いてくれる?」

マミ「元よりそのつもりよ」

さやか「話してくれるなら、是非」

ほむら「……私は……────」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:12:20.64 ID:JGHo1rp3o
さやか「……」

マミ「……そんな、事が……」

ほむら(魔女については伏せたけど、大丈夫、不自然ではないわよね)

ほむら「……そう、だから私は、まどかを救いに戻ってきたの」

ほむら「……どの世界でも、魔法少女として戦って死んでしまうまどかをね」

さやか「……うーん」

ほむら「……どうしたの?」

さやか「その話おかしくないかい?まどかさんにとてつもない素質があるなら死なない様に君たちがサポートしてあければいいじゃないか」

さやか「君のいうことが本当ならば、この見滝原にワルプルギスの夜とやらが来るのは避けられないことなんだろう?」

さやか「だったら……」

ほむら「……だったら……?」

ほむら「……彼女に戦う使命を背負わせる?」

ほむら「……人間の人生を捨てさせてまで……!?」

さやか「……」

さやか「すまない、どうも私は合理的すぎるところがあるようでね」

さやか「……うん、確かにその通りだ」

ほむら「……いえ……ごめんなさい」

ほむら(……そう、魔女化について知っていようが知っていまいが関係ない、私はまどかに人間としての人生を歩ませたいだけなのだから)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 00:18:06.95 ID:Wef2uk2L0
さやかにだけは言ってもいんじゃね?
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:20:47.50 ID:JGHo1rp3o
マミ「ワルプルギスの夜……誰も倒したことがないと聞いたけれど」

ほむら「……そうね、事実(私は)一度も倒すことが出来なかった」

杏子「……」モグモグ

杏子「……他人のために願うなんて……馬鹿ね」

ほむら「……」

杏子「魔法少女はどーせ1人きり……気にせず自分のために使えばいいのに……」

さやか「いや、それはどうだろうね、彼女にとってまどかさんの無事というのは、自分のためになる願いだったということだろう?」

杏子「……好きなものができるから辛い、捨てちゃえばなんてことないのに」

マミ「あら?毎日のように家に来るくせに私のことは好きじゃないのかしら」

杏子「……さぁ」モグモグ

ほむら「……」

さやか「まぁ事情は分かったよ、要するに君はまどかさんを契約させたくないわけだ」

さやか「だとしたらもちろん私は協力するよ」

ほむら「……ほ、ほんと……!?」

さやか「ワルプルギスの夜のことは君たちに任せるよ、まどかさんにこれまでと変わらない日常を、というささやかな君の願いは叶えたい」

さやか「いいや、それは叶うべきなんだ、絶対にね」

ほむら「……ありがとう……」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 00:23:54.17 ID:hiveFryao
メンタル強いんならマミにも言って大丈夫だと思うけど
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:30:27.89 ID:JGHo1rp3o
さやか「それで、それを何故まどかさんに伝えない?」

ほむら「……」

さやか「君の気持ちはわかる、彼女に契約のこと自体知らせなければ契約することは無い、当然だよね、知らないものは実行しようがないからね」

ほむら「……」

ほむら「……彼女は……優しいわ……自分の運命を知っていたとしても、躊躇わずに契約するほどに」

さやか「……優しい、ね」

マミ「……かしら?」

杏子「……」ブンブン!

さやか「……いいや、彼女は優しいよ」

さやか「少し照れ屋なところもあってあんな形で隠してしまっているけれどね」

さやか「……彼女は優しさというものを知っている、そして力のない自分がそれを行うことは自己満足に過ぎないということも」

ほむら「……」

さやか「だからこそ、彼女には誰よりも強い素質がある、私はそう思うよ」

ほむら「……えぇ……そう、かもね……」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:35:16.38 ID:JGHo1rp3o




ほむら(……良かったわ……みんな協力してくれる……)

ほむら(……これならまどかを救うことができるかもしれない)

ほむら(……まどか……今度こそ……今度こそあなたを……)

ガシャアアアアン!!

「……か……!……まどか!……落ち着いて……!」

「うあああああああっ!!!」

ほむら「……!?」

ほむら(……QBが居ないか見に来たけれど……これは……)

ほむら(……こんな怒号聞いたことがない……!何が……!)

ガシャアアアアン!!

ほむら「ま、まどか……!!!」

ドンドンドンドン!!!

「……はい?」

ほむら(……まどかの……お父さん……!?)

ほむら「……いえ、その、すいません……ものすごい音がしたものですから……」

知久「……その制服……君はまどかのお友達かい?」

ほむら「……そうです」

知久「……そっか」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:37:32.07 ID:JGHo1rp3o
知久「……上がって……とは言えないか、部屋があんな状態じゃあね」

ほむら「……あの、まどかさんに一体何が……?」

知久「……」

ほむら「……出すぎた行為だとしたら……謝ります……でも……私は彼女のことを知りたいんです……!」

知久「……なんてことは無いよ、夢に魘されてるみたいなものさ」

ほむら「……夢……?」

知久「ちょっと待っててね……」

ほむら「……?」

知久「……っと……はい、コーヒー」

知久「外は冷えるからね、どうぞ」

ほむら「……ありがとう、ございます」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:43:24.22 ID:JGHo1rp3o
ほむら「……」ズズッ

ほむら「……それで……」

知久「……君に両親は居るかい?」

ほむら「……居ます、いまは遠いところにいますけれど」

知久「……まどかはね、母親を失ってるんだ」

ほむら「……え……!?」

知久「優しくて強い人だった、恐らくだけれど通り魔に襲われたんだろうね、それでもあの子を守ってくれた」

知久「まどかの体には傷一つなかった、でも彼女の心には大きな傷ができた」

知久「近しい人がなくなってしまった時、その時の痛みは身をもがれるに等しいとはよく言うけれど、まさにそうだった」

知久「まどかは、あの日から一歩も進めないでいる」

ほむら「……」

知久「……幼い彼女がどうして母親の死を受け入れられたと思う?」

知久「受け入れるしかなかったからさ……!「あれ」を見て、生きていると思う方がどうかしてる……!」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:49:19.80 ID:JGHo1rp3o
知久「まどかはあの日のことをよく覚えてはいない、覚えているのは母親の死と、恐怖だけだ」

ほむら「……」

知久「……幼い子が頭のない死体を引きずる事なんてそうは無い」

知久「……助かったまどかは酷い状態だったよ、うわ言のようにお母さんと呟き続けていた」

ほむら「……」

知久「……何をされたのかは知らない、けれど、あんな風に死体を弄ぶ奴だ……」

ほむら「……弄ぶ……?」

知久「……死んだ母親の首に、訳の分からない刺青をしてたのさ」

知久「殺した証だかなんだか知らないけれど……!あんなのあんまりだ……!」

ほむら「……刺……青……?」

ほむら(……刺青……!?それって……!?)

知久「……ずっと探している、でも頭部だけは未だに見つからない」

ほむら(……違う……!違う……!!!それは……!)

知久「……フラッシュバックだよ、彼女は当時の恐怖から抜け出せずに未だに苦しんでいる」

知久「学校でも何度もあったようでね、気が付けば彼女の周りから人は居なくなってしまった」

知久「……ふふ、「それ」と彼女の悪態が直接的に関わっているとは断言できないけれどね」

ほむら(……母親を殺したのは……!魔女だ……!!!)
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:52:57.24 ID:JGHo1rp3o
ほむら(……しまった……まずい……!)

ほむら(彼女には、人の為にじゃなく、もっとわかりやすい契約の理由が存在した……!)

ほむら(……残酷でも、知られる訳にはいかない……!彼女に契約を知られるわけには……!)

知久「……君は、まどかのそばに居てあげてくれるのかな?」

ほむら「……居ます……!例えまどかさんがいやだと言っても……!絶対にそばに居ますから……!」

知久「……」

知久「……まどかはとてもいい友人を持ったね、さやかちゃんにも宜しく」

ほむら「……はい……!」





ほむら「……まずった……!」

ほむら「……やっぱり関わらせるべきではなかった……!さやかもマミも……杏子も私も……!」

ほむら(……どうあれ……彼女たちに関わってしまったら、契約の糸口を掴まれることになる……!)

ほむら(そうなってしまえば……!彼女は……!っ……!)
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 00:53:18.83 ID:69EW+nOGo
変に設定生やしまくるとその辺の因幡や京太郎と何も変わんないんだよなぁ・・・
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:55:07.13 ID:JGHo1rp3o
学校



まどか「……」

さやか「まどかさん、机の上に足を乗っけない方がいいよ、馬鹿がより一層馬鹿に見える」

まどか「殺すぞ」

まどか「……ん?」

ほむら「……まどか……」

まどか「なんだよ?オメーも文句でも……」

ほむら「少し頭が痛いの、連れて行ってもらえる?保健室」

まどか「……」





ほむら「……」

まどか「おいおい、まさかマジで保健室に行こうって訳じゃねーんだろ?」

まどか「なんだよお前、不気味だぞ」

ほむら「……」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 00:58:33.45 ID:JGHo1rp3o
ほむら(……結局、言ってしまうことになるのね)

ほむら(……最初に、戻ってしまうのね)

ほむら「……鹿目まどか、あなたは命を捨ててでも叶えたい願い事がある?」

まどか「……は?」

ほむら「……あなたは、変わるべきではない」

まどか「おいおい……そりゃ私のこと知ってて聞いてんのかよ?」

まどか「あぁ!あるね!!!」

ほむら「っ……」

まどか「むかつく奴全部全部ぶっ殺したい!私を馬鹿にする奴らも!私のお母さんを殺したやつも!みんなみんな!」

まどか「私の命でそれが叶うって言うんなら、私は差し出すね!」

ほむら「……」

ほむら「……それでも、あなたは望むべきじゃないわ」

まどか「……はぁ……?」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 01:02:59.28 ID:JGHo1rp3o
まどか「……お前何えらそうに言ってんだよ?」

まどか「私の事なんにも知らないくせにさ」

ほむら「……あなたを思っての事よ」

まどか「……じゃあ何か……?私のためならあんたが殺してくれるって言うのかよ?お母さんを殺したやつを……えぇ?」

ほむら「……それは……」

まどか「私の事を知らねーくせに、分かりきったこと言うんじゃねえよ!」

ほむら「……知ってるわよ!」

ほむら「あなたの事も……!大切な人が死んだ時の悲しみも全部知ってる……!それでも……!」

まどか「それでも死んだやつが望んでないからやめとけって?テンプレだな、私が望んでんだよ」

ほむら「……っ」

まどか「って、何を例え話にこんなに熱くなってんだか」

まどか「お前さ、何があったかしらねーけど、もう私に関わるな」

まどか「少なくとも、私のことを知ってるなんて軽い口を叩く奴と私は一緒に居たくねえ、いいか?」

ほむら「……っ……!!」

ほむら「……うぅ……うううううぅ……!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/11(水) 01:07:35.20 ID:JGHo1rp3o
ほむら「……」

ほむら「……」

ほむら(……ダメだった……今回のまどかには脅しさえもきっと通用しない)

ほむら(……契約について知ってしまったら、まどかは必ず……)

ほむら(……それが復讐か、再生か、それは分からない……そんなことを考える必要が無い)

ほむら(……問題は……彼女には絶対に契約するという意志があること)

ほむら(……)

ほむら「……」

ほむら「いいえ、何を今更」

ほむら「もう助けるって決めたんじゃない、それがエゴだって分かっていても、誰の何の思いを犠牲にしても貫くって決めたんじゃない」

ほむら「絶対に阻止する、鹿目まどかは契約させない」

ほむら「お前もどこかで聞いているんでしょう?分かったわね」

ほむら「これまで通り停戦と行きましょう、無駄はお互いに省きたいものね」

ほむら(……まどか……)

ほむら(あなたの思いを踏みにじっても、私はあなたの契約を阻止する)
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 06:46:48.03 ID:FWnNeqGUO
コメディかと思いきやめっちゃ重かった
おつ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 19:14:16.39 ID:hH3RqBwBo
>>2
ツイッタでワロタ
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 22:59:54.10 ID:6NyeyafRO
さやかがHACHIMANみたいで気持ち悪すぎる
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 21:46:46.87 ID:1fXLZInN0
魔女の口づけって一般人にも見えるもんなのかね
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 01:49:23.72 ID:w3aPJloko
はよはよ
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/03(金) 14:04:52.26 ID:/NRVvqSy0
続きはまだですか・・・?
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 15:58:08.15 ID:3a0YH8WpO
このまどかとさやかがどうしても男姿で再生される
むしろ愛でたいの杏子よりこのほむら…

詢子さんいないってのは初めてみる設定だ
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/03(金) 18:59:27.66 ID:SK5pw311O
版権キャラ殺して悦に浸る野郎なんだからどーせもう来ないよ
24.81 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)