レッド「人見知りを克服しなくては…」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/11(日) 00:43:22.18 ID:SRs5zfiz0
ミュウ「そんな小さな悩みをミューたちが解決してあげよう」

レッド「できんのかよ?」

ミュウ「できるね!」

レッド「……」

レッド「じゃあやってくれ」

ミュウ「くすくす、それじゃーやるよー」

ミュウ「すー…」

ミュウ「!」キッ

グリーン「お、おい…なんか眼が光ってんぞ、何が起こるんだ?」

レッド「知らん…」

ゴゴゴゴゴゴ

ミュウ「無窮の時…」

ミュウ「その始源に秘められし白い力よ」

ミュウ「鳴り交わす魂の響きに震う羽を広げ、蒼の深淵より出でよ!」

ジラーチ「呼ばれて飛び出てパンプリリン」
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/11(日) 00:44:12.29 ID:SRs5zfiz0
ミュウ「くすくす、来たねニシキノ」

ジラーチ「うん、ちょうど暇だったからね」

ジラーチ「やあ、前会って以来だねワインレッド」

レッド「ワインいらない」

ジラーチ「そーだっけ?」

ジラーチ「まあいいや」

ジラーチ「何かあったのギアナ?」

ミュウ「くすくす、えっとね」

ミュウ「……」ひそひそ

ジラーチ「ふむふむ、なるほど」

レッド「なんで耳打ちしてんだよ」
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/11(日) 00:45:37.96 ID:SRs5zfiz0
ジラーチ「いくぞレッドブル!」

レッド「ブルいらねえよ」

ジラーチ「ピピルマピピルマプリリンパパパレホパパレホドリミンパアダルトタッチで人見知り治れ!」

ピカッ

レッド「!?」

シュウウゥゥ

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「?」
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/11(日) 00:46:11.88 ID:SRs5zfiz0
レッド「な、何が起こったんだ…?」

ミュウ「くすくす」

レッド「笑ってないで教えろよ」

グリーン「…見た目は何も変わってないな」

レッド「本当か…じゃあ何なんだ?」

ジラーチ「だから言ったじゃないか、人見知り治れって」

レッド「えっじゃあ…人見知りが…?」

ミュウ「くすくす」

グリーン(…大丈夫なのか?)
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 02:44:01.46 ID:OnTbiv5WO
えぇ…(困惑)
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 05:21:43.67 ID:BRUaL5zso
プラセボ
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:32:30.02 ID:KqjfnK9A0
ジラーチ「疑問に思う前に試してみることだな」

ジラーチ「ばか」

レッド「む…」

レッド「なんでバカって言われたかわからんけど…」

レッド「試すって誰かちょうどいい人がいるのか」キョロキョロ

ジラーチ「おい、そこのイケメン、話してみろ」

グリーン「ん?俺か」
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:33:32.85 ID:KqjfnK9A0
レッド「どうも、こんにちは」

グリーン「どうも」

レッド「えっと俺の名前はレッドです、あなたの名前は何ですか?」

グリーン「グリーンです」

レッド「好きな食べ物は何ですか?」

グリーン「妻の手料理です」

レッド「それはおいしそうですね、俺も食べてみたいです」

グリーン「だめです」
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:34:14.53 ID:KqjfnK9A0
ジラーチ「グーッド!」

ジラーチ「自然に話せてるよ、かんぺき〜!」

レッド「たしかに普通に話せたような…」

グリーン「っておい!なんでだよ!」

レッド「どうした急に」

グリーン「どうしたじゃねえよ、俺とは元々話せてただろ」

グリーン「むしろぎこちないし」

グリーン「会話も外国語の教科書かよ」

レッド「……」

レッド「!」

グリーン「今気づいたのか…」
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:34:44.67 ID:KqjfnK9A0
レッド「こいつとは元々普通に話せるんだよ」

ジラーチ「そーなの?それ先に言ってよ」

ミュウ「これはレッドが悪いよ」

レッド「なんで?」

ジラーチ「それじゃあボクたちがそこら辺で2、3人ラチってくるから待ってて」

レッド「ラチるな」

ミュウ「じゃあどうするのさ?確認しないの?」

レッド「確認はしたいけど…」
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:38:00.02 ID:KqjfnK9A0
プルルルルル

グリーン「はい、もしもし?」

グリーン「うん…うん…わかった、じゃっ」

グリーン「悪いレッド、急用ができた」

グリーン「どっちにしろ今日の予定は終わったし、いいだろ?」

レッド「ああ…別にいいけど」

グリーン「よし、んじゃまた明日な」
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:40:20.04 ID:KqjfnK9A0
レッド「んー…とりあえず俺も帰るか」

ミュウ「くすくす、誰かと話してみないの?」

レッド「……」

レッド「やだよ」

ジラーチ「ええ〜つまんない〜」

レッド「つまんないってなんだよ、話したらおもしろいことになるのか?」

ミュウ「やってみてのお楽しみだね」

レッド「…なんか嫌だよ」
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:41:57.35 ID:KqjfnK9A0
ナツメの家

レッド「ただいまー」

ジラーチ「ほうほう、ニートのくせになかなかいい家に住んでるな」

レッド「俺の家じゃなくてナツメの家なんだけどな」

ジラーチ「なんだ、ただのごくつぶしか」

レッド「そ、そんな言い方はないだろ…」

レッド「一応家事はほとんど俺がやるし…」

ミュウ「金ない、話さない、働かないの三つそろってるんだよ、すごいよね」

レッド「む…昔は全部あったし…」

ミュウ「過去の栄光にすがるな」
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:42:54.24 ID:KqjfnK9A0
ジラーチ「よし、まずは探索だ」すぃ〜

パカッ

ジラーチ「うーむ、お菓子はないのか?」

レッド「勝手に冷蔵庫を開けるな」

ジラーチ「むむっおいしそうなケーキがあるじゃないか」

レッド「おい、それは俺の」

シュン

ジラーチ「遅いぞナッパ」

レッド「…誰がナッパだ」
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/18(日) 01:44:30.73 ID:KqjfnK9A0
ジラーチ「うまいうまい」むしゃむしゃ

レッド「結局食いやがって…」

ジラーチ「あ、もう一つある」

レッド「そっちはだめ!」

ミュウ「安心しなよ、ニシキノはああ見えて意外と大食いなんだよ」

ジラーチ「うん、ちゃんと残さず食べるからさ」

レッド「誰がそんな心配するかよ」

レッド「そっちは俺のじゃなくてナツメのだからだめだって言ってんの」
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:19:51.30 ID:Mfqo0emo0
レッド「もう少しで晩御飯だから我慢しろ」

ジラーチ「ばんごはんって何?寿司?ステーキ?ト●コのフルコース?」

ミュウ「ナツメがめちゃくちゃお金もってるとはいえレッドは一円も稼いでないから食事でそんなにたくさん作れないよ」

ミュウ「お金の管理もナツメだし」

ジラーチ「なんだよこいつ、何もできないな」

ミュウ「そうなんだよ」

ミュウ「ミューも初めて会ったときからがんばっていいところ探してるんだけど6つぐらいしか見つからないんだよ」

ジラーチ「す、すごい…!6つも見つけるなんて!」

レッド「お前ら飯抜きにしてやろうか」
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:20:25.99 ID:Mfqo0emo0
―――――――――――

ナツメ「ただいまー」

ミュウ「うーん…」

ジラーチ「むむむ…」

レッド「おかえり、もうちょっとでできるから待ってて」

ナツメ「…なんか増えてるけど」

レッド「ああ、気にしないで」

ナツメ「…普通に気になるんだけど」
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:20:55.17 ID:Mfqo0emo0
メロエッタ「アンタたち、ここはワタクシの家よ、何わけのわからないことをしてるの」

セレビィ「ナツメの家だけどね…」

ジラーチ「レッドのいいところを20個見つけないとごはんなしって言うんだよ、イジワルすぎない?」

ミュウ「ミューが見つけてた6つも全部だめって言うんだよ、ひどいよね」

メロエッタ「その6つってのは何?」

ミュウ「えっと、一つ目が髪の毛が生えてるで」

セレビィ「一つ目がそれ!?」

ミュウ「だってミューの200年ぐらい前のパートナーは生えてなかったもん」

ミュウ「生えてたことは生えてたけど、正面から見ると見えないし」
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:21:34.22 ID:Mfqo0emo0
セレビィ「キミたち二人は私たちの中でも特に褒めるってことが下手だからね」

ミュウ「そんなこと言うならタマネギはいいところ言えるの?」

セレビィ「それはまぁ…言えるだろうけど」

ジラーチ「なになに?教えてよ」

セレビィ「言ってもいいけど、私は今すぐ20個も言えないよ」

メロエッタ「あんたたち自分で考えるのが嫌ならタマネギじゃなくてナツメに聞けばいいのに」

ジラーチ「おお、そうか!」

ミュウ「さっそく行くぞ!」

セレビィ「あっナツメは今お風呂…」

メロエッタ「別にあいつらに見られてもなんともないでしょ」
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:22:11.23 ID:Mfqo0emo0
ガラガラガラ

ナツメ「えっ!?」

ミュウ「ねえねえナツメー」

ナツメ「な、何よ…びっくりした…」

ジラーチ「ちょっと聞きたいことがあってネ」

ナツメ「…変なことじゃなかったら答えるけど」

ジラーチ「あれ、なんだっけ?」

ミュウ「部屋移動したら忘れるって記憶力なさすぎるよ」

ミュウ「レッドの悪いところだよ」
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:22:52.22 ID:Mfqo0emo0
ナツメ「レッドの悪いところ…?」

ミュウ「ないの?」

ナツメ「ううん、いっぱいある」

ジラーチ「へえ、例えば?」

ナツメ「そうね、肝心なことを言ってくれないとことか、人付き合いが苦手なところ」

ナツメ「あとけっこう鈍いでしょ、それに…」

――――――――

ナツメ「けっこう細かいところもあるわね」

ジラーチ「ねえねえ、何言ったか覚えてる?」

ミュウ「うーん、とにかくいっぱいあった」

ジラーチ「そだねー」
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:23:23.47 ID:Mfqo0emo0
ナツメ「…聞いてるの?」

ミュウ「うん、聞いてるよ」

ナツメ「じゃあ何言ってたか覚えてる?」

ジラーチ「たくさんあったー」

ナツメ「…うん」

ミュウ「でもあんなにたくさん悪口言えるなんて、実はレッドのこと嫌いだったんだね」

ナツメ「そんなわけないでしょ、悪口じゃないし」

ナツメ「レッドのことは大好きに決まってるでしょ」

ナツメ「…って何言わせんのよ」

ジラーチ「自分から勝手に言ってんじゃん」
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:24:08.42 ID:Mfqo0emo0
ナツメ「…とにかく、レッドの悪いところはいっぱい言えるけど、良いところはもっといっぱい言えるってだけのことよ」

ジラーチ「へぇ〜」

レッド「おい、お前ら何やってんだ」

ミュウ「レッドこそ何しに来たのさ」

レッド「お前らが風呂場行ったとか聞いたから、何しに行ったかと思ってな」

レッド「あっ…」

ナツメ「……」

レッド「……」

ナツメ「い、いつまで見てるの…」

レッド「ごめんなさいっ」
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:25:37.69 ID:Mfqo0emo0
レッド「それで、俺のいいところ見つかった?」

ジラーチ「?」

ジラーチ「なんのこと?」

ミュウ「そーいえば、何かレッドが言ってたような…」

レッド「おまえらな…」

ジラーチ「そんなことどうでもいいからさ、ボクお腹すいたよ」

ミュウ「ミューも」

レッド「…はー…もういいわ」
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:26:21.93 ID:Mfqo0emo0
―――――――――

ナツメ「うん、やっぱりレッドの料理はおいしいわね」

ナツメ「もう私より上手かも」

レッド「……」じーっ

ナツメ「ん、どうかした?」

レッド「い、いや…なにも…」

ナツメ「気になるじゃない、何かあるなら言ってよ」

ナツメ「怒ったりしないからさ」

レッド「うん…じゃあ…」

レッド「さっきお風呂で見たとき思ったんだけど…」

レッド「少し太った…?」
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:27:24.97 ID:Mfqo0emo0
ナツメ「……」

レッド「……」

ナツメ「……」

レッド「そ…その…俺の見間違いかもしれないし…」

レッド「うん、今のは聞かなかったことにして、気にしないで」

ナツメ「…あなたはそう思う?」

レッド「うーん…」

メロエッタ「女性に対して太ったなんて失礼なこと言ったくせに言葉を濁すってどういうこと」

レッド「すいません…」
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/31(土) 01:27:52.54 ID:Mfqo0emo0
メロエッタ「ワタクシに言わずナツメに言うべきでしょ」

レッド「はい…」

レッド「ナツメ…」

ナツメ「私は全然気にしてないよ」

ナツメ「今までは本当に考えてることを言ってくれなかったから、言ってもらえるようになってちょっとは信用してくれるようになったのかな」

レッド「え?そんなナツメに対して隠してたってようなことあった?」

ナツメ「うん、何も言わず何年も姿消しちゃったこととか」

レッド「な、何年前の話だよ…」
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/01(日) 00:54:40.21 ID:e4v2iP0W0
深夜

レッド「すやすや…」

ナツメ「……」むくっ

ナツメ「……」

ナツメ「……」そーっ

ガチャ パタン
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/01(日) 00:55:19.92 ID:e4v2iP0W0
ナツメ「……」

ナツメ「……」そーっ

ギシッ

ナツメ「!」

ナツメ「た…体重増えてる…」ガーン

ナツメ「レッドの言う通りだった…」

セレビィ「2sだけじゃない、そんなもんだよ」

ナツメ「でも…って」

ナツメ「わっ!?」

セレビィ「しーっ、大きな声出さないの、みんな寝てるんだよ」
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/01(日) 00:55:59.39 ID:e4v2iP0W0
ナツメ「びっくりした…驚かせないでよ」

セレビィ「ただ声かけただけなのに」

ナツメ「それがびっくりしたって言ってるの」

セレビィ「キミが珍しくコソコソしてておもしろかったから」

ナツメ「これは音をたててみんなを起こさないようにしてただけ」

セレビィ「ふーん」

ナツメ「それよりあなたはどうしてここに?」

ナツメ「眠れないの?」

セレビィ「ふふふ、じゃあそういうことでいいよ」

ナツメ「そういうことでって…何を企んでるの」
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/01(日) 00:56:46.44 ID:e4v2iP0W0
セレビィ「なーんにも企んでなんかないよ」

セレビィ「ただちょっといいこと教えてあげようかなって」

ナツメ「…なに?」

セレビィ「もうすでにちょっとずつ変化があるから気がついてるかもしれないけど〜」

セレビィ「なんで太ったか気になるでしょ?」

ナツメ「う、うん…」

セレビィ「わたしがどうしてキミたちの前に現れたか覚えてる?」

ナツメ「…!」

ナツメ「じゃ、じゃあまさか…」

セレビィ「うん、食べすぎだ」

ナツメ「……」カチン
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/01(日) 00:57:21.48 ID:e4v2iP0W0
ナツメ「はぁ…まぁいいわ」

ナツメ「今日のところはもう寝る」

セレビィ「なに?もしかして期待した?」

ナツメ「……」

セレビィ「ふふっ」

ナツメ「おやすみ、明日も早いからね」

セレビィ「はーい」
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 22:24:58.38 ID:Eyty2v7i0
保守!!
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:10:47.15 ID:PiZmpmZ/0
一週間後

レッド「やっぱりあの仕事じゃだめだ」

グリーン「……」

レッド「もっといい仕事はないのか」

レッド「今まで通りじゃ駄目なんだ」

グリーン「結局他のかよ…」

グリーン「断るの俺なんだぞ」

レッド「ああ、それは悪いと思ってる」

グリーン「あ、そう…悪いと思ったらもうちょっと俺のことも考えてくれよ」
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:11:29.28 ID:PiZmpmZ/0
グリーン「お前に合った仕事ってのもな…」

グリーン「100万回言ってるけどせめて普通の人見知り程度にしないとな」

グリーン「あっそういや、この前ジラーチに何かされてたじゃねえか」

グリーン「結局あれはどうだったんだ?」

レッド「…試してない」

グリーン「一週間何やってたんだよ」

レッド「いきなり知らない人に話かけるなんてできねえよ」

グリーン「そんなこと言ってる時点で治ってねえよ」
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:12:57.99 ID:PiZmpmZ/0
グリーン「これは?」

レッド「うーん、違う」

グリーン「じゃあこっち」

レッド「むー…」

グリーン「あれもダメこれもダメ…」

グリーン「一体どういう仕事やりたいんだ?」

レッド「ナツメと…」

レッド「…や、ナツメを安心させられる仕事」

グリーン「自宅警備員か」

レッド「それは仕事じゃねえ」
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:14:11.10 ID:PiZmpmZ/0
タマムシジム

エリカ「親戚においしい紅茶をいただいたんです、今いれますね」

ナツメ「あっ、わ、私はいい」

エリカ「あら?ナツメさん紅茶嫌いでしたか?」

ナツメ「そういうわけじゃないけど」

ナツメ「えっと、お互いジムがあるし、そんなに長居するつもりはないのよ」

エリカ「そうですか?わかりました」
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:15:38.08 ID:PiZmpmZ/0
ナツメ「今日はエリカにお願いがあって来たの」

エリカ「はい、なんでしょうか」

ナツメ「エリカからグリーンにレッドに仕事を紹介しないよう頼んでほしいの」

エリカ「えっどうしてですか?」

ナツメ「レッドがはりきってくれてるのはうれしいのだけど…」

ナツメ「何て言うか、彼人見知りだし…上手く他人と話せないし…」

ナツメ「それで傷ついたりしたら…」

エリカ「過保護すぎですよ」
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:16:48.24 ID:PiZmpmZ/0
エリカ「それに前からレッドさんは仕事を探してたじゃないですか」

ナツメ「うん…」

ナツメ「前までならまあ…よかったと言えばよかったんだけど…」

ナツメ「今は前と違ってすごいことをやろうとしてるの」

エリカ「すごいこと…ですか?」

ナツメ「そうなの、そんなことしたら返ってくるダメージも大きいじゃない」

ナツメ「レッドかなり繊細だし」

ナツメ「だからせめてすごいことじゃなくて普通のことを…」

ナツメ「状況が変わっても今まで通りのあの人でいてほしいの」
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:17:31.52 ID:PiZmpmZ/0
エリカ「なるほど…」

エリカ「私の方からグリーンさんに伝えることは問題なくできますが、それでレッドさんがあきらめますかね」

ナツメ「それは…」

エリカ「状況が変わったということでレッドさんは張り切ってるんですよね」

エリカ「その状況をなくせば、レッドさんもあきらめるのではないでしょうか」

ナツメ「それはダメ!!」

エリカ「…!」びくっ

ナツメ「あ、ごめん…」
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/04(水) 02:18:54.84 ID:PiZmpmZ/0
ナツメ「でもエリカの言うことも確かなのよね…」

ナツメ「こういうときほど、あきらめないというか、頑張るからね…」

エリカ「ちなみに状況が変わったというのは何があったのですか?」

ナツメ「状況が変わったというか、その…なんていうか…」

ナツメ「うーん…どう言えばいいのかな」

ナツメ「そうね、まあ…簡単に言うと…簡単に言っていいのかな…」

エリカ「ナツメさん?」

ナツメ「…できちゃった…かな」
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 00:51:51.69 ID:DmZL2fmN0
5年後

女の子「りじゃーどん!ぶらすとば〜ん!!」

リザードン「ウ、ウーン…」ポリポリ

男の子「ぽっぽ!つつくだ!」

ポッポ「テヤアア」つんつんっ

リザードン「ドウシタライイノカナ…」

女の子「りじゃーどん!火っ!ぼぉーってやってよ!」

リザードン「ウーム…」
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 00:53:07.62 ID:DmZL2fmN0
先生「こらーっ!」

男の子「あっ先生だ!」

先生「だめじゃないか、またお父さんのポケモン持ってきたのかい」

先生「幼稚園にポケモンを持ってきてはダメだと言ったじゃないか」

女の子「だって〜」

先生「だってじゃない、決まりだからね、ちゃんと守らないと」

女の子「……」

女の子「あっ!せんせー、なにあれ?」

先生「ん?」

女の子「とりゃっ」ぴょーん すたっ

リザードン「!?」

女の子「りじゃーどん!おそらのおさんぽ!」

先生「あ、こら降りなさい!」
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 00:54:01.49 ID:DmZL2fmN0
女の子「りじゃーどん、とんで!とんで!」ぺしぺし

先生「降りなさいって」ぐいっ

女の子「やだー、とんでとんで!」がしっ

リザードン「クビシマルッ」

レッド「戻れ、リザードン」

女の子「ふぇ?」

先生「おっと危ない」
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 00:55:59.73 ID:DmZL2fmN0
レッド「はぁ…まったく…勝手にボール持ち出して」

レッド「リーフ、何度もダメだって言ってるだろ」

リーフ「おとーしゃん!」がしっ

レッド「おっと…」

先生「お父さんもっと気をつけてくださいよ、リーフちゃんがポケモン持ってくるの1度や2度じゃないですからね」

レッド「……」ぺこ

リーフ「おとーしゃんかえろっ」

レッド「うん」

リーフ「せんせー、さよーなら!」

先生「はい、さようなら、もう持ってきちゃだめだよ」
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 00:56:38.68 ID:DmZL2fmN0
レッド「ただいま」

リーフ「ただいまー!」

ナツメ「おかえりなさい」

セレビィ「おっかえりー」

リーフ「せれびー!みゅー!じらーち!あそぼあそぼ!」

ナツメ「あっ先に手洗いうがいをしなさいよ」

リーフ「はーい」
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 00:58:31.48 ID:DmZL2fmN0
レッド「またリーフが俺のポケモン持って行っちゃってたみたい…」

ナツメ「そう…また…」

レッド「どうしたらいいのかな?」

ナツメ「お父さんがもう少ししっかりしたらいいと思う」

レッド「うん…まあそうなんだけど…」

メロエッタ「親としての自覚が足りない」

ミュウ「まるで成長していない」

ジラーチ「大きな子ども」

セレビィ「努力はしてると思うんだけどね〜」

リーフ「おとーしゃん、もっとがんばって!」

レッド「……」
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 01:00:11.38 ID:DmZL2fmN0
ナツメ「そこまで言わないの」

ナツメ「そもそもリーフが勝手に持っていったことが問題なんだから」

ナツメ「いつも言ってるでしょ、誰かに迷惑をかけるようなことはしないって」

リーフ「……」

ナツメ「もうお父さんのボールを勝手に持って行ったらダメだからね」

ナツメ「リーフももうちょっとでお姉ちゃんになるんだから、わかるよね?」

リーフ「うん」

リーフ「次からはおかーしゃんのにする」

ナツメ「それもダメ…」
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 01:01:04.15 ID:DmZL2fmN0

雑になってしまいましたが、これで終わりです
またどこかで
ばいばーい
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 10:52:11.42 ID:rdd2cJYro
ロリーフ…いいですね…
250.10 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)