誹謗中傷禁止だにょ! 作者が活躍する学園モノ冒険譚です ハーレム 異世界 い能力

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/13(金) 04:04:11.55 ID:4Z0gQ1Yv0
「誰にも干渉されたくはない,だけど触れたい.

誰にも見られたくない,だけど献身的でありたい.

起源としての君は明らかに自分勝手で,矛盾している.だから,これからも傷つく未来しかない」

両親が連れてきた医者は,まるで俺の姿を見えているかのように断言した.

天井に設置された古ぼけて赤茶色の明かりを放つ白熱電球は,彼女に魔性の雰囲気をまとわせる.

それに圧倒された俺は,『透明化』が自身にかかっていることを確認した.

軍事に用いられる光学迷彩より完璧な存在の消失.

光を透過し,熱は周りから伝導されて調和される.

ただ両親と両手で繫がる触覚だけが,俺の存在を確かに示している.

妖術とも呪いともいえる,この透明化をあっさりと受け入れたこの医者は何者だろうか.

俺は恐怖と一抹の期待をこの医者に抱いた.

一方で父親は痛いほどに,自分の手を握った.

「その未来を,変える術はあるのでしょうか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507835051
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/13(金) 04:06:06.88 ID:4Z0gQ1Yv0
医者は,その肉感豊かな足を組み替えて,白衣の胸ポケット煙草を取り出した.

「未来を変える術なら,いくらでもあるさ.それでも,人の性質というのは変わらない.君の幾千幾万の未来は,いずれも深い痛みを伴うものだ.あるいは,そう感じるもの.他人から見ればいささか神経質で,人を気にしすぎるくらいだろう」

母親は,意を決したように言った.

「...それでも,その痛みを軽減してあげたい.それはこの子の母親としての意思です」

その願いを聞いて,医者はたっぷりと一服してから,鷹の眼光で俺を見据えた.

「わたくしとしては,いい加減,君自身のの意見を聞きたいものだ.それとも君の口は,愛想笑いを浮かべるためのものか」

「ミエテル,ノ?」驚きのあまり実に一週間ぶりに,両親以外と会話した.案外,苦痛ではなかった.

「ああ,君が血だらけになっても笑って見せる未来が見えているよ」

彼女が大真面目に言うものだから,自分を揶揄しているのだと気づくのに遅れた.

「バカにスルなっ」

「バカにしてないさ.そういう不器用な生き方をしていたやつなら,幾人も知っている」

「このっ...」

言葉を発しようと空気を吸い込むが,歯の隙間からすーすーと漏れ出るばかりで何も出てこなかった.

医者は白い煙を,ゆっくりと吐いた.

「今はもう全員,焼かれてしまったがね.君を見ていると,彼らを思い出すんだ」

「今の俺は誰にもミエテないっ!もう二度と見せないっ!」

「そうして,心に秘めたものを信じ疑わない姿勢は,まさしく起源を発症させたもののソレだ.だから,自分の肉体と精神に過剰な負荷をかけてしまう」

医者は,胸ポケットから,一枚の名刺を取り出した.
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/13(金) 04:07:15.18 ID:4Z0gQ1Yv0
そこには,聞いたこともない施設の名前と連絡先が記されていた.

「ここなら,君の未来をすこしは延長させられる.君が壊れる前にさっさと来るがいい」

医者は立ち上がって,ハイヒールをコツコツ鳴らして玄関へ向かった.

母親は慌てて立ち上がり叫んだ.それに引きずられて,俺も飛び上がる.

「待ってください!この子の摂食障害はいったいどうすれば...」

医者は煙草を捨て,それを踏みつぶす.

「大方,食べることが貴方たちの負担になるとでも感じたのでしょう.

それなら,とりわけ裕福でもない貴方たちが私に払った代金を教えてやればいい.それが,食べなかったことへの代償だ」

医者は最後に,酷薄そうな笑みを浮かべた.

「君のような親不孝は,初めて見た」

俺は,足元が崩れていくような錯覚に陥った.
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 04:07:19.55 ID:RcjZZWbP0
くっさ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 04:14:34.92 ID:4Z0gQ1Yv0
Dies irae すこ...自分も十行くらいたっぷり詠唱してから毎日ねるんだ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 08:20:34.04 ID:39fOjI/PO
「、」や「。」じゃなくて「,」と「.」を使ってるあたりがくさい
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/13(金) 09:42:37.23 ID:2pxf91WFO
誹謗中傷禁止だにょ! 作者が活躍する学園モノ冒険譚です ハーレム 異世界 い能力


なんてタイトル付けられたら全力で荒らすよね
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/13(金) 12:35:27.95 ID:4Z0gQ1Yv0
幕間

医者が去ったあと,献身とは自意識の消失を意味するのではない.自分の役立てる最高の部分を,相手に捧げることだと,お父さんは俺を諭した.

でも,俺の中に両親のためになるようなものは,ない.今までも勉強ができるわけでも,運動ができるわけでもなかった.思いつくものすべてが並み以下で,

最低のものがほとんどだった.それでも何かしら期待してくれた両親の優しさが胸の奥に刺さった.

今両親は,俺をあの施設へ送る話をしている.

ついに捨てられたのだという悲しみが溢れる一方で,どこか安堵している自分を疎ましく思った.
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 12:46:10.66 ID:4Z0gQ1Yv0
楽しく書いているのにどうしてじゃまするんですか
物語の中でも自分より幸福な人間をみるのがつらいんですか
僕と一緒ですね
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 13:58:39.96 ID:ObzOZYg60
構うなよ、もっと激化するだけだぞ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 14:12:16.17 ID:uTFBAVIA0
頭打ったのか?
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 14:59:17.25 ID:5f75gh6A0
ハーメルンかアルカディアをオススメする
またはピクシブ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 17:05:12.94 ID:Oux+s57wO
チラシの裏が1番いいぞ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 17:10:51.90 ID:RSJhTI2SO
いやいや、葉っぱ天国が一番合ってるよ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 17:32:18.68 ID:trmOLBk6o
ああああああああああああ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 02:01:51.07 ID:hm8oOZbA0
公開自爆ショー終わっちゃったの?
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/14(土) 03:13:52.86 ID:YEkxu3Jn0
両親の話に吐き気を催した俺は,自分の部屋の扉に掛けられた木片を『不在』を表にしたまま,扉を閉めた.

窓もなく,寝るためだけの部屋.小学校にはじめて入学した際に特別に与えられたそれは,身体が大きくなるたびに窮屈になった.

今となっては俺一人がいるだけで,空間の大半を満たしてしまう.

だけど,ここは俺にとっての聖地だった.

かつて透明化は.ここに一人でいるときは解けていた.だけど,あるとき母親がノックをせず,覗いていることに気づいたとき,透明化は解けなくなった.

そのときの母親は,俺の姿を見たかったらしい.それを責める気は微塵もなくて,むしろそんなことをさせてしまった自分がいやになる.

想いとは裏腹に,透明化はどんどん強まっている.

透明化になっている期間は今日で一週間を超えた.

透明化の範囲にしても,最初は自分の頭,次に身体全体と着々と広げ,今では着ている服,靴にも作用するようになった.

透明化が強力になるたびに自分の存在が,希薄になっていくのを感じる.どんどん忘れられていく.

学校には当然行っていないし,外出するのも親は良い顔はしない.

透明化の弊害として,どんな危険が待っているか分からないからだと言う.

でも,今考えるとそれは違うかもしれない.

息子が透明人間という化け物になった.例え現実離れしていようと,悪い噂が立つ可能性のある火種を両親は揉みつぶそうとしたのではないか.

不安と疑惑の螺旋は,永遠に続くようだった.俺は,それを打ち払うように髪をかきむしった.

「親は悪くない.悪いのは俺.なにかと理由をつけて,今の状況を親のせいにしている俺だ」

復唱し,慟哭し,あるはずの腕で床を殴りつける.

床にじんわりと血が浮かんできた.とても自分から出たものだとは思えなかった.

消したい.

消したい.

けがらわしい,生きた証のすべてを消したい.
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/14(土) 03:19:20.87 ID:YEkxu3Jn0
そのとき,俺は天啓を得た.

家を出よう.そして,誰にも見つからず,ひっそりと暮らして,それとなく他人を助けて,無関係に死ぬ.それが,自分なのだ.あの医者は起源だの,未来だの賜っていたがそんなのくそくらえだ.

俺は,何枚かの上着と下着を生徒鞄に詰め込むと部屋を出た.

両親には一筆したためようと思ったが,感謝の言葉を今更つらつら並べたところで,意味のないように思われた.だから,率直な気持ちを伝えた..

『生まれてきて,ごめんなさい』

我ながら自分勝手だと思った.だけど,本心からだった.『でも,お父さんとお母さんのおかげで,楽しかったです.お父さんと,お母さんは楽しかったですか?

自分は,そうは思えませんでした.せっかくお金を貯めて学校に入れてくれたのに,俺は途中退学しました.それまでの,二人のあらゆる期待を裏切りました.

それなのに,楽しいと答えてくれることを期待している自分を消し去りたいのです.

さようなら.どうか,俺のことは忘れて下さい.そして,今まで不幸だった分を取り戻してください』

なんて,女々しい.だけど,これが曝け出した自分なのだと,自信が持てた.

くしゃくしゃの手紙を,部屋に放り込んだ.

木片を不在にしておけば,いくらか時間稼ぎになるだろう.

予想される未来に反して,久しぶりに清々とした晴れやかな気分になった.

これは自暴自棄というやつだと理性的な部分が囁いたが,やれ悲しいかな.俺は絶望などしていなかった.
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/14(土) 08:38:44.93 ID:/xwx7uSSO
機種依存文字でスレタイもよくわからない
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 13:05:13.21 ID:PXJCWWzgo
良いな
このイタさが胸に刺さる
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 14:29:57.24 ID:I1yXoGrZ0
ドMかな?
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 02:20:52.91 ID:02AXfqHz0
塵で煙った,灰色の空が俺を迎えた.

ここが雨の日が多い地域だとはいえ,運がないと苦々しく思った.

透明化は,自分に付着した雨粒にさえ,作用する.もし,雨が降ってもなお,路上を歩こうものなら,俺のいる空間だけ不気味な空白が生まれるだろう.

俺は人通りを避けつつ,急ぎ足で駅へ向かった.

ここには,もう,二度と戻るまい.

この陰気な町に対する,愛情は欠片もなかった.

せいぜいこれから住む町は,雨が降らない地域にしようと,遠足気分でさえある.

自分でも驚くのだが,今の俺は楽しくてしかたがなかった.

そんな調子で裏路地から,駅に出ようとすると,後ろから声が聞こえた.

「そこのナメクジ男,どこへ行くつもり?そっちは家と反対方向よ」

高圧的な口調に,思わず振り返ると,見知らぬ制服姿の女生徒がいた.

肩までかかった髪は茶色に染められていて,いかにも不良といった様子.

そして白磁色の瞳はめらめらと怒りに燃えていて,目線だけで殺せるなら殺したいという気迫が伝わってくる.

「起源を制御できないくせに,人混みに向かっていくなんて信じられないわ!

アンタのは内変型がベースだけど,外にも影響が出始めてる.さっさと家に戻りなさい」

彼女はそこでようやく俺から視線を切り,俯いた.

そこで気づいた.人の足跡が,俺から伸びていることに.

とてつもない重量の人間が歩んだように,足跡が凹んで見える.それが今まで通ってきた道路にずっとつづいていた.
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 02:26:31.14 ID:nE4OVkTK0
すげえな……ここまで引き込まれない文章はそうそうあるもんじゃねぇぞ。つまらないって言葉すら形容に値しない。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 02:33:41.12 ID:02AXfqHz0
それを彼女はたどってきたのだろう.迂闊なことをしてしまった.

そして俺にとって不幸なことに,彼女はその原因に心当たりがあるようだ.

「おまえ,さっきの藪医者の仲間かよ?」

「口の利き方もなってない.ああ,むかつく.

私の名前は,ドロシー.そして,うすのろナメクジも学校に来るなら,あの方をブリジット先生と呼びなさい.あ,ニックネームで呼ぶとキレるから,絶対に

呼ばないこと.私はブリジット先生に頼まれて,うすのろナメクジの監視をしていたの」

「…その,うすのろナメクジっていうのは,もしかしなくても…」

「そうアンタよ.ずるずると足跡を残していくんですもの.そのあだ名がいやなら,家へ戻りなさい.そうすれば,名前で呼んであげるわ.そして,どこかの

誰かが家の玄関に吊るされる不幸なことだってなくなる」

彼女は口角をひきつらせながら,白い手袋をを付けた右手を差し出した.

お粗末な懐柔策,否.どちらかといえば丁寧な脅迫だった.

もちろん俺は駅のほうをちらりと見る.今の時間帯は.仕事帰りの人々でごったがえしている.

いつもならうんざりすることも,今回ばかりは天が俺に味方している.

俺は,黙って背をむけて走り出す.

足跡が伸びていく様子を見て,女生徒は舌打ちをした.
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 02:40:49.40 ID:02AXfqHz0
>>23
ここまでわざわざ読んでくれるなんて嬉しいですきっとそんな暇な方は貴方しかいません
どんどん突っ込んでください
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 02:50:50.94 ID:nE4OVkTK0
読みにくいんだよな。読ませるつもりがないというか。
まぁ投稿するぐらいだから自分が最高に面白い作品だと思っているのだろうけど、こちらとしてはオ○ニーしてる猿を見てる感じにしかならないんだよね。
まずオナ○ー作品の自覚から始めた方がいいよ?面白い作品にしたいならね。
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 03:02:22.29 ID:02AXfqHz0
さっきのは暇人が文句をたれるならもう二度と読むなという皮肉のつもりだったのです…
そしてスレタイに[田島「チ○コ破裂するっ!」]だって書いてあるのに突っ込んでくれました

もっと具体的に突っ込んでください特に読みにくい箇所など
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 03:13:26.04 ID:02AXfqHz0
なんだかこのssの中ではいまのやりとりが一番面白い気がしますね
読者がいてくれると素直にうれしいです
これは皮肉じゃないですよ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 03:39:22.57 ID:nE4OVkTK0
それじゃ書くね。
まず透明人間のとこがよくわかんない。なんで冒頭に持ってきたの?短い間に登場人物の苦悩っぽいのが書かれてるけど、いきなり出てきて御涙頂戴って、これじゃ感情移入できないよね。しかもなんか中二病みたいな表現入ってるし。この時点でもう読む気失せたし実際飛ばした。
そもそも○ナニーって自覚してたならなんで投稿したの?恥ずかしくないの?ド変態なの?こんなの投稿したらこういうレスが来るって普通わかるよね。詰り誹りを受けて快感を覚えるマゾヒストにしか見えないんだけど?
面白い作品を作りたいなら応援するけど、ただ単にオナニ○するためなら邪魔だから消えてくれる?
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 03:47:26.88 ID:nE4OVkTK0
きっと反応して欲しいだけの構ってちゃんなんだろうけどさ。それでも俺はつまらない作品が減って欲しいんだよ。
これ以上は>>1 の思惑通りになるからもう寝る。無駄な時間を過ごした
31 :作者 [sage]:2017/10/15(日) 04:03:59.49 ID:TMwUMI/3O
指摘された点参考になります修正しておきたいと思いました
ですが一つ思い違いをしているようですこのスレタイは事実ですそしてこれに嫌悪する人は多いと思いますだから普通の人は避ける筈ですそれで私の目標は達成されました
同時にそれを嘲笑う人種が集まってきたのは知ったことではありませんまた面白い作品を作ろうとしていますし暴言をはかない方には低く出たつもりです
もう読まれないかもしれませんが書いておきます
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 04:07:19.65 ID:TT25lbFb0
>>1
キモいなぁホント死んだほうがいいよマジで
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 04:15:38.90 ID:TMwUMI/3O
人の趣味なんてせんさまんべつそれをバカにしようと集まってきた人
そんな人に死んだ方が好いなんて言われるとは心外です
二度とかきこまないでください
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 05:00:42.01 ID:TMwUMI/3O
どんな意見もこのスレで済めば何でもないです
一番の阿呆は葉っぱ天国に転載したやつです
晒すだけ晒して飽きたら放置なのでしょう
向こうの方本当にすみません
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 05:25:49.98 ID:TT25lbFb0
せんさ「ま」んべつとかwwwガキかwww
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 10:26:17.85 ID:+kfp7z4y0
(もしかしてそういうネタだって分からないのか?)
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 10:33:51.00 ID:juGO1dNA0
加速中より痛い奴はじめてみた
あっちは内容がアホでも文章は読めた、こっちはそもそも読めない
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 16:13:06.10 ID:TT25lbFb0
まんべつでも間違ってはいないみたいねー一つ賢くなったわー
>>37
流石にあのキチガイよりはマシだろwwwまあアレと比較される時点で終わってるがなwww
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 22:10:50.11 ID:TMwUMI/3O
改札への道のりは、登竜門に匹敵する険しさだった。

なにせ向こうは此方を見えてないので、無意識下で行われている譲り合いが一切発生しないのだ。

自分にむかって無限に降り注ぐ雨を避けるような、難行苦行である。

当然避けきれずぶつかり、相手が驚いて辺りを見回すことが何度もあった。

それでも、あの女生徒に捕まらないように、這々の体で駅のホームまで逃げる。

今までの女生徒は、不気味なまでに、大人しかった。

あくまで一定の距離を保ちつつ、こちらの足跡を追ってくる。

偶然、足跡が滅茶苦茶に重なり欺瞞的行動のようになっても、当意即妙の判断で再捕捉する。

いわば、彼女は優秀な猟犬だった。確実に捕
まえられる場所まで、俺はすでに誘導されている。

その電車という絶好の檻は、もう数分後に到着する。果たして俺は、のるべきだろうか。
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/16(月) 02:43:04.11 ID:7nmTj2kiO
ホームと線路に立つ俺を、女生徒は見据える。

そして、およそ十歩といったところで彼女は立ち止まった。

気づけば白い手袋をはずし、その両手は何者かの首を絞めるように開いては閉じる。

こわい女。

あの心をえぐってきた医者の教え子というだけは、る。

医者が鷹で、女生徒は犬。

なめくじでは、正面切って戦えそうもない。

対抗するなら、命を懸けた賭けにでる必要がありそうだ。

当然そこまでする必要があるのかという疑問が浮かび上がる。

試しに両親のもとにノコノコと戻る姿を想像する。

勿論両親は喜ぶ素振りをみせるが、本心は暗く沈んでいる。

せっかく一度は消えたのに、なぜ連れ戻したのか。

俺は大切な人の迷惑になんかなりたくない。それはずっと思ってきたことで、もっと役に立ちたいと願ってきた。

ホームに電車がまもなく到着することを知らせるベルがけたたましく鳴り響く。

現実に引き戻された俺は、ある種の覚悟を決めた。

電車が視界の端に映る。

幸運なことにホームは人々のざわめきと、ベルの音で満たされている。

俺はホームから静かに飛び降りた。
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 03:02:09.48 ID:7nmTj2kiO
>>40
一行目 ホームと線路の境界に立つ
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 14:32:57.71 ID:GnIh/VqJO
読みづら過ぎて読む気がどんどん失せてくる
漢字に出来るとこはちゃんと変換してくれ
批評とか以前の問題、論外
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 02:54:10.00 ID:UFqsgMkuO
俺は地面に着地するやいなや,ホームの下部へと飛びのいた.

思った通り,そこに退避スペースがあった.大人には狭いが,自分ならばどうだ,

車輪の甲高い悲鳴が,耳をつんざく.考えている暇など,ありはしない.

壁に体をぴったりと押し付けた.そして震える足を折り曲げて,来たるべき衝撃に身を縮める.

巨大な車輪が全身を引き裂くか,無傷で済むか.

それは,プラットホームの設計者の腕にかかっていた.
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 15:30:55.69 ID:Sey45/xio
あーインスピレーション湧いてきたわ
続き書いていい?
結構有名な書き手なんだが
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 18:17:33.10 ID:+RH/G9lSO
あーインスパイアザネクスト日立
次の時代に新しい風送り込んでいい?
結構有名な製作所なんだが
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/19(木) 04:03:06.30 ID:5eUVjhP/0
目の前で電車の輪軸が停止するのを見届けた俺は,その設計者を神と崇めることにした.

つま先から,ハガキ一枚分もない距離を車輪が掠めていったときは,さすがに生きた心地はしなかった.これがコストの節約と安全確保の華麗な両立というも

のなのだろう.

神よくそくらえ.

頭上で,圧縮された空気がぷしゅうと抜ける音がした.同時に,無数の足音が降り注ぐ.

この中に,あの女生徒のものが混じっているのは違いない.

そして,彼女はホームを最後に,俺の足跡がぷっつり途絶えていることに当惑していることだろう.

俺が今まで電車に乗ろうと行動してきたことは間違いないので,彼女は隈なく電車内を探索するに違いない.そのまま,電車が出発してくれれば,勝ち.

彼女が用心深くホーム周辺に留まれば,自分はこの場から動くことはできないし.さらには線路の足跡を発見されたら,居場所を勘付かれるだろう.

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/21(土) 05:10:10.28 ID:97GnW1hZO
幕間 とある少女の手記

ブリジット先生から診察の同行を頼まれたとき、私は仄かな期待をその患者に寄せた。

珍しく、私よりも年下だったからだ。

クラスメートの殆どは年上で小娘扱いするのには、辟易していた。

だから今度は私が彼に先輩風を吹かせてやろう。

そうとなれば、自己紹介が必要よね。

ここで目の前の鏡台向かって練習しておくわ。

私の名前は、ドロシー。

趣味は人の写真を撮ること。友達から両親、クラスメート全員分だって撮ってあるわ。
勿論、アナタの分も撮ってあげる。そういうのって後から見れば、きっと良い思い出になると思う。

お勧めはブリジット先生の実験室で撮ることね。

運が良ければ幽霊とツーショットが撮れるわ、最高にクールよね。幽霊だけに。

これで明日の自己紹介は完璧ね。


追記
自己紹介で自分の起源については、話さないことにした。

余計な気遣いはいらないもの。他のクラスメートにも転校生には漏らさないよう伝えておこう。



48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/23(月) 03:27:09.97 ID:t2udWNajO
心の準備を済ませてから待避スペースから恐る恐る出る。

電車が来ないことを確認して、ホームの上へ目線を上げると、例の女生徒がどこか辛そうに見えるくらい渋い表情でこちらを見つめていた。

彼女は騙されてなどいない。ずっと俺が出てくるのを待っていた。

背筋に悪寒が走ったが、奇妙なことに彼女はその場から微動だにしなかった。

代わりに、呟いた。

「こんな杜撰な策、自分の命を危険に曝しただけだ。二度としないで」

その窘めるような口調が、俺を苛立たせる。

「お前が追ってこなきゃ、こんなことをしないですんだんだ」

「そう、なめくじが無茶しないように追いかけたつもりだけど失敗だった」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 04:23:02.37 ID:jeeWUVJa0
「いつも思うけれど,失敗した時の私って性格が悪いのよ.ふつうの人は,その原因を取り除こうと努力したり,忘れようとするもの」

彼女はポケットから,ポラロイドカメラを取り出した.

そして,俺がいる辺りに焦点を合わせて,シャッターを切った.

「私は,失敗したときそれを形にするの.そうしたら後から見たとき,頑張れるから.そしてナメクジ,あんたも失敗した過去の一部だわ」

ポラロイドカメラから,一枚の写真が現像される.

彼女は白い手袋を嵌めてから,それを持ち上げて,眇めてみつめる.

とうとう,頭のネジがどこかへ飛んでしまったのだろうか.

「わけがわからないことを言ってんじゃねえよっ」

恐怖すら覚えて,吠える俺.一方で彼女は曖昧に微笑んでから,自分に言い聞かせるように呟いた.

「『今の私は過去にすがりついて生きている.現在は刹那に過ぎて,幸せをかみしめることもできない.されど未来を信じる強さもない.

皆が過去の住人であったなら,それはどれほどの至福の時だろうか?』

内変型起源『秘密の時間旅行』」

彼女が持つ写真が輝きだす.その光はフラッシュをたいたときよりも鮮烈で,目をつむるよりほかなかった.
23.99 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)