黒奈「お命……頂戴する」 ガヴ「!!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:51:30.00 ID:lZYFIYeO0

-ガヴリール宅-


ガヴ「……」カタカタ


ガヴ「……」カチッ


ガヴ「……おっ、よっしゃ」


ガヴ「……」カタカタ


ガヴ「……」カタカタ





<ピンポーン



ガヴ「ん?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509101489
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:52:11.24 ID:lZYFIYeO0


<………



ガヴ「……」





ガヴ「……」カタカタ


ガヴ「……」カタカタ





<ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポピンポピンポピンポピピピピピピピ


ガヴ「だぁあああああ!! うっさい!! 出る! 出るから待ってろ!」ガタンッ

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:52:44.52 ID:lZYFIYeO0

<……



ガヴ「はぁ……」パタン




ガヴ「ったく、誰だよこんな(ネトゲに)忙しいときに……」ブツブツ


ガヴ「ヴィーネ……いや、サターニャか?」


ガヴ「どっちにしろ、ドア開けたら文句言って……」



ガチャッ



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:53:19.37 ID:lZYFIYeO0




黒奈「……」ズォォオオオ

ガヴ「……」




ガヴ「……」



ガヴ(え、誰?)



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:53:54.68 ID:lZYFIYeO0



黒奈「……」

ガヴ「……」

黒奈「……」

ガヴ「……あの」

黒奈「……」

ガヴ「どっかで会ったことあったっけ?」

黒奈「……」

ガヴ「えっと……」

黒奈「……」

ガヴ「……」



ガヴ(いや、何か言えよ!! 怖いんだけど!!)


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:54:26.77 ID:lZYFIYeO0

ガヴ「……」

黒奈「……」



ガヴ(マジで誰なんだこいつ……黒いフードとか被ってて、見るからに不審者なんだけど)

ガヴ(なんかどす黒いオーラみたいなのも見えるし……)

ガヴ(まさか、通り魔とかじゃないだろうな)



黒奈「……」

ガヴ「……ん?」



ガヴ(……あれ? というかこいつもしかして……)


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:55:02.22 ID:lZYFIYeO0

黒奈「あなたが……天真先輩?」

ガヴ「えっ?」

黒奈「……」ジッ

ガヴ「ああ、うん。天真は私だけど……」

黒奈「そう……」

ガヴ「……」





黒奈「それじゃあ……お命……頂戴する」ジャキンッ

ガヴ「なんで!!?」




8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:55:33.28 ID:lZYFIYeO0

黒奈「油断はしない……一撃で決める……」ゴゴゴゴゴ…

ガヴ「ちょっ、待て待て待て!! ストップ!! ストーップ!!」

黒奈「……なに?」

ガヴ「いや、『なに?』じゃないだろ! なにいきなり物騒なことしようとしてんだ!」

黒奈「ダメ?」

ガヴ「ダメだよ! むしろなんで良いと思ったんだよ!」

黒奈「……あ」



黒奈「お命……頂戴……します?」

ガヴ「いや、敬語の問題じゃなくて!」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:56:05.69 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……」

ガヴ「とりあえずその槍しまえ! 危ないから!」

黒奈「……そうやって油断させたところで……私を倒すつもり……」

ガヴ「しないから! しないからさっさとしまえ!」

黒奈「……」



黒奈「……」スッ

ガヴ「はあ……何なんだよまったく」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:56:34.77 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……」

ガヴ「……」

黒奈「……」

ガヴ「……えーっと……」

黒奈「……」

ガヴ「……とりあえず、ここで騒がれるのもあれだし、中に入れ」

黒奈「……お邪魔します」ペコリ





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:57:09.32 ID:lZYFIYeO0




ガヴ「……それで、お前は誰なんだ?」

黒奈「……」

ガヴ「私はお前のこと知らないし、恨まれる覚えもないんだけど……」

黒奈「私は……舞天高校一年の黒奈……」

ガヴ「黒奈……ってうちの生徒だったのか」

黒奈「……」コクリ

ガヴ(確かによく見たらうちの制服を着てるな……)

ガヴ「で? なんであんな事しようとしたんだよ」

黒奈「千咲に……認めて貰うため……」

ガヴ「千咲? お前タプリスの知り合いなの?」

黒奈「……違う」

ガヴ「違うのかよ。じゃあなん……」

黒奈「……」ズイッ

ガヴ「でっ……!?」ビクッ

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:57:39.89 ID:lZYFIYeO0




黒奈「千咲と私は友達……知り合いじゃない……間違えないで」ゴゴゴゴゴ…

ガヴ「ちょ、分かった! 分かったから落ち着け!」



黒奈「……そう。分かったならいい」

ガヴ「お、おう」

ガヴ(あーもー! なんだこいつ扱いずらい!)



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:58:26.90 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……」

ガヴ「……で、そのタプリスの友達が、私に何の用だ?」

黒奈「あなたを倒して……千咲に認めて貰う……」

ガヴ(話が全く見えん……)

ガヴ「なんで私を倒す事がタプリスに認めて貰うことになるんだよ」

黒奈「……そう……聞いたから」

ガヴ「聞いた? 誰に?」

黒奈「銀色の……親切な天使……」

ガヴ「銀……」



ガヴ(ってラフィエルかよ!!!)

黒奈「その人に……千咲に認めて貰いたいなら……天真先輩を倒せばいいって……」

ガヴ「待て」

黒奈「え?」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:59:02.18 ID:lZYFIYeO0

ガヴ「そいつの話は信じるな」

黒奈「……どうして?」

ガヴ「その天使の話は嘘だからだ」

黒奈「嘘……? でも……嘘を付いてるようには見えなかった……」

ガヴ「騙されるな。そいつは外面だけは良いが、他人を弄るのが大好きなとんでもない天使だぞ」

黒奈「……」

ガヴ「よく考えろ。タプリスの先輩である私と、よく知らない胡散臭い天使、どっちを信じる?」

黒奈「……でも……あなたは何だかボサボサで天使らしくないし……信用出来ない……」

ガヴ「うぐっ」

黒奈「部屋も汚れてるし……」チラッ

ガヴ「そ、それは今関係ないじゃん!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 19:59:44.12 ID:lZYFIYeO0

黒奈「それに……あなただけじゃなくて……あの銀色の天使も……千咲の先輩なんじゃ……?」

ガヴ「ぐぬぬ……」



ガヴ(くっ……こいつ、サターニャよりは頭が良いみたいだな……)



黒奈「……そもそも……あなたは私が倒すべき敵……」ジャキンッ

ガヴ「いっ!?」ビクッ

黒奈「敵の言葉には……惑わされない」ゴゴゴゴゴ…

ガヴ「だから槍は危ないからやめろって!!」



ガヴ(くそっ、このままじゃ私の部屋がまた壊される! 何とかして話を逸らさないと……)


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:00:19.34 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……」ゴゴゴゴゴ…

ガヴ「そ、そもそも、なんでお前はタプリスに認めて貰いたいんだ?」

黒奈「……」

ガヴ「お前、悪魔だろ? 天使に認めて貰いたいなんて、よっぽどの理由があるんじゃ……」

黒奈「……知りたい?」

ガヴ「ああ。というか理由も分からずぶっ飛ばされてたまるか」

黒奈「分かった……少し長くなるけど……」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:00:51.41 ID:lZYFIYeO0






黒奈『……』テクテク


黒奈(1ヶ月と13日前の朝……私はいつものように……1人で通学路を歩いていた……)



ヒラッ…



黒奈『……』テクテク


黒奈(フードを被って少し俯き気味に歩いていた私は……ポケットから落ちたハンカチに……気づかなかった……)

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:01:43.33 ID:lZYFIYeO0


黒奈『……』テクテク


『あ、あのっ』


黒奈(そのまま歩いて行こうとした私に……後ろから……声がかけられた)


黒奈『……』ピタッ


黒奈(誰かに話しかけられるなんて久しぶりだったから……びっくりしながら私は振り向いた……)


黒奈『……』クルッ


黒奈(するとそこには……)




タプリス『ハンカチ落としましたよ』


黒奈(私の黒いハンカチを拾って……控えめに差し出す1人の天使……千咲が居た……)


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:02:17.31 ID:lZYFIYeO0

黒奈『……』

タプリス『ど、どうぞ』ギュッ


黒奈(千咲は驚きで固まる私の手のひらを……包み込むように優しくハンカチを手渡してくれた……)


黒奈『……』

タプリス『それではですっ』ペコリ



タタタ…



黒奈(私は千咲にお礼を言おうとしたけど……千咲は軽くお辞儀をすると……すぐに走り去って行ってしまった……)

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:02:50.41 ID:lZYFIYeO0

黒奈『……』


黒奈(私は千咲が見えなくなると……手のひらの上のハンカチを……じっと見つめた)

黒奈(千咲が拾ってくれた黒いハンカチには……まだ千咲の温もりが残っている気がして……)







ガヴ「ストップ」

黒奈「……なに? ここから良い所なのに……」

ガヴ「この話あとどれくらいかかる?」

黒奈「これはまだプロローグ……これから第1章お礼とお昼ご飯編が始まる……」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:03:26.89 ID:lZYFIYeO0

黒奈「全部話すと……だいたい5時間くらいかかると思う……」

ガヴ「長すぎるだろ! 日が暮れるわ!」

黒奈「でも……私と千咲の全てを話すには……それでも全然足りない……」

ガヴ「いや、そんなに語らなくていいから。要点だけ簡潔に話せよ」

黒奈「……ぶー」プク

ガヴ「そんな顔してもダメだ」

黒奈「……」

ガヴ「私だって(ネトゲで)暇じゃないんだよ。何時間も付き合ってられるか」

黒奈「……仕方ない……断腸の思いで……要点だけ話す……」

ガヴ「はいはい。さっさとしろ」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:03:56.87 ID:lZYFIYeO0







黒奈『千咲の……先輩?』

タプリス『はい! 天真先輩と言って、私の憧れの先輩なんです』


黒奈(3日前のお昼休み……私は千咲の……天界時代の話を聞いていた)

黒奈(初めは天使学校の話とか家族の話をしていたけど……そのうち……千咲の先輩の話になった……)

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:04:29.08 ID:lZYFIYeO0

タプリス『天使学校を首席で卒業するくらい優秀な天使で、それにすごく優しいんです! 天真先輩は天界に居た頃、雨の日に傘を忘れた私を傘に入れてくれた事があって……』

黒奈『……』


黒奈(「天真先輩」との思い出を話す千咲の表情は……今までで一番明るくて……楽しそうだった……)

黒奈(普段の私には絶対に見せない顔……そう思うと少しだけ……胸が苦しくなった)


タプリス『……ただ、最近の天真先輩は悪魔に誑かされたせいで、駄天してしまっているんです。引きこもりのような生活を送っていて、以前の素敵な姿は見る影もありません』

黒奈『……』


黒奈(千咲はそう言うと……視線を足元に落として……寂しげな顔をした……)

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:04:57.95 ID:lZYFIYeO0

タプリス『……あ、でも! 私が天真先輩のお部屋でうっかり寝てしまったとき、先輩は私に布団を掛けてくれたんです! そういう優しい所はやっぱり昔と変わっていなくて、だからいつか、元の天真先輩に……』

黒奈『……』


黒奈(それからも……コロコロと表情を変えて「天真先輩」の話をする千咲を眺めながら……チャイムが鳴るまで……私はお弁当を食べていた……)


黒奈『……』


黒奈(いつもは美味しいはずのお弁当も……その日だけは……味が全く分からなかった……)



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:05:39.27 ID:lZYFIYeO0









ガヴ「……」

黒奈「私は……千咲のあんな楽しそうな顔も……悲しそうな顔も……見たことがなかった……」

黒奈「千咲にそんな顔をさせるあなたが……私は羨ましくて……許せなかった」

黒奈「だから私は……あなたに勝って……私なら千咲をもっと……ずっと笑顔にさせられるって……そう認めて貰いたかった……」

ガヴ「……そうか」

黒奈「千咲を……あんなに良い子を悲しませるなんて……あなたは駄目な先輩……あなたに千咲は任せられない……」

ガヴ「いや、別に任せられた覚えはないんだけど……」

黒奈「つべこべ言わない……」グサッ

ガヴ「うおっ!」ビクッ

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:06:20.59 ID:lZYFIYeO0


黒奈「……」

ガヴ「お前なー……槍は危ないからやめろって何回言えば分かるんだよ」

黒奈「……」

ガヴ「大体、私を力づくで倒した所でタプリスが喜ぶとは限らんぞ」

黒奈「分かってる……本当は言葉で……あなたを……説得するべきだって」グサ

ガヴ「だったら……」

黒奈「でも……私は喋るのが得意じゃないから……だから……行動で示すしか……」グサグサ

ガヴ「……」



黒奈「私があなたを倒して……千咲に認めて貰うしかない……」グサグサグサ

ガヴ「あの、分かったから話しながら床に槍刺すの止めてくれない?」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:06:53.54 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……」

ガヴ「このままだと私の部屋が穴だらけになるんだけど」

黒奈「……じゃあ……勝負してくれる……?」

ガヴ「いや、だからそれは……」

黒奈「……」ジーッ

ガヴ「……」



ガヴ(……どうする? このまま追い返すのは……流石にマズいだろうな。なんか色々勘違いしてるし)

ガヴ(でも、かと言って馬鹿正直に相手したら私の部屋が消滅する……)

ガヴ(あー、くそ……めんどくせぇ。何だって私がこんなこと……)

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:07:29.69 ID:lZYFIYeO0


黒奈「……」ジィィィッ…

ガヴ「……」ダラダラ



ガヴ(あー、やばい……めっちゃこっち見てる……)

ガヴ(何か……何かないか? こいつが納得するような方法は……)



ガヴ「……あ」

黒奈「……?」



ガヴ(そうだ。これなら……)


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:08:05.76 ID:lZYFIYeO0

ガヴ「なあ黒奈」

黒奈「……何?」

ガヴ「私を倒すって、要は私と勝負出来れば良いんだよな?」

黒奈「……」コクリ

ガヴ「そうか。それなら……」

黒奈「……何か考えがあるの?」

ガヴ「ああ」





ガヴ「私に良い考えがある」ニヤリ




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:08:43.31 ID:lZYFIYeO0


-ガヴリールの家の前-



タプリス「……」



タプリス(白羽先輩に言われて来たは良いものの……天真先輩の家に一体何があるんでしょう?)


タプリス(確か白羽先輩は「面白いものが見れる」と言っていましたが……)



『……!』

『……』



タプリス「……あれ? 中から話し声が……誰か居るんでしょうか」



『……』

『……』



タプリス「……って、この声はまさか!?」ガチャッ


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:09:32.81 ID:lZYFIYeO0





ガヴ「くっ、お前中々やるじゃないか……」カチャカチャ

黒奈「当然……私は人形遣い……『操作』はお手の物……」カチャカチャ

ガヴ「何だよ人形遣いって……」カチャカチャ



タプリス「黒奈さん!! なんで天真先輩の家に居るんですか!?」バンッ



ガヴ「って、うわっ!? タプリス!?」ビクッ

黒奈「……スキあり」ガガガッ

ガヴ「ちょっ、待っ!」\ドゴォォオオオン/





TV『ゲームセット!』



ガヴ「……」

黒奈「……ぶい」ピッ

タプリス「……え? 格闘ゲーム?」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:10:12.30 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……」

タプリス「えっと、何故お2人はゲームを……」

ガヴ「タ〜プ〜リ〜ス〜……」ギロッ

タプリス「ひっ!?」



ガヴ「真剣勝負に水を差すとはいい度胸だなぁ……?」ゴゴゴゴゴ…

タプリス「あ、あわわわわ……何かは知りませんが申し訳ありませ……!」ガタガタ

黒奈「……」シュバッ

ガヴ「むっ」

タプリス「え、く、黒奈さん!?」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:10:48.22 ID:lZYFIYeO0

黒奈「私は勝った……約束通り……千咲にはもう近付かないで……」

ガヴ「いや、流石に今のはノーカンだろ! あそこでタプリスが来てなければ私が勝ってたし!」

黒奈「往生際の悪い……運も実力の内……潔く負けを認めるべき……」

タプリス「約束? あの、それってどういう……」

ガヴ「そんなの認められるか! 格闘ゲームは自力で勝ってこそだろ!」

黒奈「何を言おうと……千咲が私に勝利を運んで来てくれた……その事実は変わらない」

タプリス「あ、あの。お2人とも、これは何の……」

ガヴ「じゃあ3回勝負だ! 3回勝負! それで決着を付けるぞ!」

黒奈「意地汚い……あなた本当に千咲の先輩なの……?」

ガヴ「うっさい! このまま引き下がれるか!」

タプリス「あの、説明を……」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:11:24.56 ID:lZYFIYeO0

黒奈「何回やろうと結果は同じ……素直に諦めるべき」

ガヴ「マグレ勝ちがそう何度も続くと思うなよ!」



ガヴ&黒奈「ギャーギャー」



タプリス「……」






タプリス「……い」プルプル







タプリス「いい加減にしてくださーーーーい!!!」ドカァァアアアン





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:12:06.32 ID:lZYFIYeO0




ガヴ「……」

黒奈「……」

タプリス「……なるほど。話は分かりました」

ガヴ「……」

黒奈「……」

タプリス「黒奈さんがここに来ていた理由も、お2人が勝負していた理由も」

ガヴ「……」

黒奈「……」

タプリス「その上で、お2人に言いたいことがあります」





タプリス「バカなんですか!!?」ダァンッ

ガヴ&黒奈「」ビクッ




36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:12:50.06 ID:lZYFIYeO0

タプリス「まず黒奈さん!」

黒奈「……はい」

タプリス「あなたは1人で色々と突っ走り過ぎです! 何ですか私の為に天真先輩を倒すって! 何をどうしたらそんな話になるんですか!」

黒奈「わ……私は……千咲の笑顔が見たくて……」

タプリス「言い訳無用です! 私が一度でもこんなことして欲しいと言いましたか!?」

黒奈「……」

タプリス「大体あなたは初めて会った時から紛らわしい行動ばかりして……!」ガミガミ

黒奈「……っ」プルプル

ガヴ「お、おいタプリス。もうその辺に……」

タプリス「天真先輩もです!!」ダンッ

ガヴ「」ビクッ


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:13:24.75 ID:lZYFIYeO0

タプリス「なんで勝負を受けちゃったんですか!? しかも負けたら私に近付かないって……もっと後先をよく考えてください!」

ガヴ「いや、でも、そうでもしないと納得しそうになかったから……」

タプリス「だとしても! せめて私を呼んでからにしてください!」

ガヴ「……」

タプリス「大体、知らない悪魔を家に上げるなんて無用心にも程があります! いいですか? そもそも天真先輩は悪魔に誑かされたから……!」ガミガミ

ガヴ&黒奈「……」












38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:13:58.04 ID:lZYFIYeO0



タプリス「はぁ……はぁ……お2人とも、反省しましたか?」



黒奈「……ハイ……ゴメンナサイ」グッタリ

ガヴ「ハンセイシマシタ……」グッタリ



タプリス「まったく……もうこんなことはしないでくださいね!」

ガヴ&黒奈「ハイ……」

タプリス「本当にもう……!」プンスカ

黒奈「……」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:14:34.37 ID:lZYFIYeO0




黒奈「……千咲」

タプリス「何ですか黒奈さん」

黒奈「私じゃ……ダメ?」

タプリス「え?」

黒奈「私じゃ……天真先輩の代わりには……なれない……?」

タプリス「……はあ」





タプリス「あのですね……そんなの当たり前じゃないですか」

黒奈「……っ」グサッ



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:15:03.67 ID:lZYFIYeO0

タプリス「黒奈さんは悪魔です。悪魔なんかが天使の代わりになれるはずありませんし、黒奈さんは黒奈さんでしかありませんよ」

黒奈「……」

タプリス「それに、天真先輩は優秀で、優しくて、とても素敵な天使なんです! そんな先輩の代わりになれる人なんて、悪魔はおろか天使ですら存在しません!」フンス

黒奈「……」

タプリス「……そもそも! あなたと天真先輩では一緒に過ごしてきた時間も全然違います!」

黒奈「……」ピクッ


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:15:51.07 ID:lZYFIYeO0

タプリス「片や天使学校の頃からの先輩、片やこの前知り合ったばかりの友達ですよ? そんなの、比ぶべくもないじゃないですか」

黒奈「……」

タプリス「だいたい私はまだあなたのことをよく知りませんし、今回のように思い込みで暴走する前にもっとお互いのことを……いえ、悪魔と馴れ合うつもりはありませんが……」

黒奈「それなら……もっと……」

タプリス「それでも……え?」

黒奈「もっと……いっぱい時間をかければ……天真先輩と同じくらい……ううん……それ以上に……千咲と仲良く……なれる?」

タプリス「……それは」


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:16:23.74 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……」

タプリス「……」

黒奈「……千咲?」

タプリス「えっと、その……」

黒奈「……」ジーッ

タプリス「……」



タプリス「……な」



タプリス「なれませんよ! 私は、悪魔とは必要以上に仲良くする気はありません!」

黒奈「……」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:16:53.71 ID:lZYFIYeO0

タプリス「悪魔は天使の倒すべき敵です! それだけは、いくら時間をかけようとも変わりません!」

黒奈「……そう」シュン

タプリス「……」

黒奈「……」





タプリス「……と、言いたいところですが!」

黒奈「え?」



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:17:27.80 ID:lZYFIYeO0

タプリス「あいにくと、私には未来は分かりません!」

黒奈「……」

タプリス「ですから、未来のことはそのときになるまで、何も確かな事は言えないんです!」

黒奈「……つまり?」

タプリス「……つ、つまり! えっと、だからその……」

黒奈「……」



タプリス「可能性は……0%じゃないということです。あなたの言ってることは」

黒奈「……!」



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:18:10.79 ID:lZYFIYeO0

タプリス「た、ただし! 言っておきますが限りなく0%に近いですからね! 普通に考えたらありえないんですから!」

黒奈「千咲……」

タプリス「私が言っているのは、万が一ということです! ……いえ、万ではありません! 億が一、兆が一です!」

黒奈「……」

タプリス「ほんとに、本当〜〜〜にちょっとだけの確率なんです! ほとんど0なんですからね!」

黒奈「……ふふっ」

タプリス「なっ、何を笑ってるんですか!」

黒奈「いい……今は……それで十分」

タプリス「え?」

黒奈「0じゃないなら……望みがある……」

タプリス「……」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:19:06.83 ID:lZYFIYeO0

黒奈「今はダメでも……いつか……きっと……」

タプリス「……ありえませんよ。そんなの」

黒奈「ううん……ありえる……絶対はないから……」

タプリス「……」

黒奈「だから……これからも……よろしくね? 千咲」

タプリス「っ……勝手にしてください! もう知りません!」プイッ

黒奈「……うん……頑張る」

タプリス「……」カァァ

黒奈「……」








ガヴ「あのー……」



タプリス「はっ! て、天真先輩!?」

黒奈「む……」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:19:48.89 ID:lZYFIYeO0

ガヴ「えっと、話終わった?」

タプリス「は、はい! 終わりました!」

ガヴ「そ。ならいいけど」

黒奈「終わってない……千咲との話は……まだこれから……」

タプリス「ダメです! 今は天真先輩が優先です!」

黒奈「……」ムスッ

タプリス「な、なんですかその顔は!」

ガヴ「あー仲良いのはいいんだけどさ、そういうのは出来れば余所でやって……」

タプリス「ち、違います! 仲良くなんてありません!!」

黒奈「違わない……私と千咲は……仲良し……」

ガヴ「はいはい」


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:20:19.65 ID:lZYFIYeO0

ガヴ「とりあえず、ほれ」ポイッ

タプリス「わっ!?」ビクッ

黒奈「……」パシッ

タプリス「っとと……コントローラー?」パシッ

ガヴ「うむ」

黒奈「……なに……まだやる気?」

ガヴ「あー違う違う。もう『勝負』は関係ないから」

ガヴ「普通にプレイしよう。3人で」

タプリス「え?」

黒奈「……」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:21:02.67 ID:lZYFIYeO0

ガヴ「これ4人までプレイ出来るし、タプリスも居るから丁度いいだろ?」

タプリス「えっと、それは構いませんが……私、こういうゲームはやったことがなくて……」

ガヴ「大丈夫大丈夫。やり方なんてやってる内に覚えるでしょ」

タプリス「そうでしょうか……?」



ガヴ「まーどうしても不安なら、黒奈にやり方を教えてもらいなよ」

タプリス「えっ?」

ガヴ「こいつ結構上手いし」

黒奈「……」

タプリス「……えーっと」チラッ

黒奈「……千咲」

タプリス「な、何ですか?」ビクッ

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:21:34.25 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……かもん」スッ

タプリス「なんで両腕を広げてるんですか!?」

ガヴ「じゃあ私はネトゲしてるから、覚え終わったら呼んでくれ」スチャッ

タプリス「あっ、て、天真先輩!?」



ガヴ「……」カタカタ

タプリス「せ、先輩……」

黒奈「安心して……優しく教えてあげるから……」

タプリス「うっ……結構です! この程度、悪魔の手を借りるまでもありません!」

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:22:16.94 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……本当?」

タプリス「はい! ほら、このスティックを倒せば右に……あ、あれ? なんで左に……」カチャカチャ

黒奈「それ……持ち方逆……」

タプリス「あっ」

黒奈「……」

タプリス「……だ、大丈夫です。まだ持ち方を間違えたくらいで、これくらい……」

黒奈「……」

タプリス「ジャンプはこれでしょうか? ……あれ? 変な構えをして……」ポチポチ

黒奈「それはガード……ジャンプは……ここ」

タプリス「え? あ、なるほど……」ポチ

黒奈「……」

タプリス「……」


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:22:57.09 ID:lZYFIYeO0

黒奈「……千咲」

タプリス「……な、何ですか?」

黒奈「私に教わるのは……嫌?」

タプリス「うっ……」

黒奈「……」

タプリス「い、嫌という訳ではありませんが……その」

黒奈「……その?」

タプリス「天使が悪魔に借りを作るのは……」

黒奈「気にしないでいい……千咲と私は……友達だから……」

タプリス「……」

53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:23:40.45 ID:lZYFIYeO0

黒奈「私は千咲に教えてあげたい……それじゃ……ダメ?」

タプリス「……えっと」

黒奈「……」

タプリス「……」



タプリス「……し、仕方ないですね! 今回だけは、あなたの力を借りてあげます!」

黒奈「!」



54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:24:19.25 ID:lZYFIYeO0

タプリス「その代わり、ちゃんと教えてください! 悪魔だからって手を抜いたら許しませんよ!」

黒奈「うん……任せて」

タプリス「そ、それで! 攻撃するときはどのボタンを押せばいいんですか?」

黒奈「弱攻撃はここ……強攻撃はこれ……あと空中攻撃したいときは……」

タプリス「じゃ、弱攻撃、強……? あの、もう少し分かりやすく……」

黒奈「ごめん……急ぎすぎた……」

タプリス「い、いえ。大丈夫です!」

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/27(金) 20:25:01.09 ID:lZYFIYeO0

黒奈「まずは……弱攻撃から教える……ここのボタンを押して」

タプリス「はい。弱攻撃ですね……出来ました!」ポチ

黒奈「うん……これは威力が低いけど……隙の小さい技で……」




ワイワイ……









ガヴ「……」



ガヴ「……はあ」



ガヴ「私はキューピッドじゃなくて、エンジェルなんだけどな」



-おしまい-

56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 20:26:34.74 ID:lZYFIYeO0
黒奈と2年組の絡みを見たいなーと思う今日この頃。

HTML化依頼出してきます。
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 20:40:16.95 ID:/2FmzJ140

タプリス大好きな黒奈ちゃん良かった
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/27(金) 21:33:21.71 ID:RkYNFdvc0
乙乙
もっと原作でこの二人出してほしい
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 01:01:16.73 ID:va1BvqRL0

良かった
31.51 KB Speed:2.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)