武内P「アイドル達に慕われて困っている?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 22:38:52.74 ID:KK4NU1gho
武内P「常務、それの何が問題なのでしょうか?」

専務「専務の美城だ。今後、間違えることのないように」

武内P「……」

専務「まあ良い。私も、何が原因でこうなったのかわからない」

専務「しかし、実際に見れば何が問題なのかがわかる」

武内P「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509802732
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 22:41:47.99 ID:KK4NU1gho
武内P「アイドルに慕われて問題があるとは、私には思えないのですが……」

専務「見ればわかると言っただろう」


……┣¨┣¨┣¨┣¨ドド!


武内P「? この足音は――」


ガチャッ!


茜「ボンバー!!」

茜「……」ペコリ


バタンッ!


武内P「……日野、茜さんですね」

専務「……わかったかね、問題が」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 22:44:56.81 ID:KK4NU1gho
武内P「問題……入室前にノックをしなかった事でしょうか?」

専務「そんな細かい事を言っているのではない」

武内P「失礼しました。常務は、そういうマナーに厳しい方かと……」

専務「……それ以前の問題があるだろう」

武内P「……?」

武内P「私には、日野さんらしさが溢れている、とても良い笑顔の挨拶に見えました」

専務「……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 22:49:37.62 ID:KK4NU1gho
専務「それが君の言う個性なのなら、私には理解出来ないな」

専務「それと、私は専務だ」

武内P「確かに、いきなり『ボンバー』は驚きます」

武内P「……ですが、常務がそれを問題とするのなら、注意すれば良いのではないかと」

専務「無論、私も日野茜には注意をした」

武内P「……」

専務「そうしたら、大声で泣かれてな。許可せざるを得なかった」

武内P「……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 22:54:22.43 ID:KK4NU1gho
武内P「……まさか、他にも同じような事が?」

専務「……そろそろ来るだろう」

武内P「……」


ガチャッ


フレデリカ「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」

フレデリカ「ミッシーおっはー♪ うわお、CPのプロデューサーもおっはー♪」


武内P「おはようございます、宮本さん」

専務「おはよう、宮本。それと、ミッシーはやめたまえ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 22:59:39.60 ID:KK4NU1gho
フレデリカ「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」

武内P「別段、変わった所は無い様に思いますが」

専務「見ていればわかる」


フレデリカ「今日の髪型はー、三つ編みにしようかな? それともお団子?」


武内P「……なるほど」

専務「毎朝、彼女はここに来て私の髪型をいじっていく」


フレデリカ「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」


武内P「宮本さんの自由奔放さが感じられる、とてもいい笑顔です」

専務「……」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:02:59.77 ID:KK4NU1gho
専務「自由には犠牲がつきものだ。そして、それが今の私だ」

武内P「彼女達アイドルを輝かせる犠牲になら、私はなってもいいと考えます」

専務「ならば、今すぐに変わり給え」

武内P「いえ、それはお断りします」


フレデリカ「かんせーい♪ ミッシーばいばーい♪」


……バタンッ


武内P「見事な編み込みですね。とても、よく似合っていると思います」

専務「……」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:06:55.62 ID:KK4NU1gho
武内P「常務、クローネのメンバーである宮本さんには、やはりとても慕われていますね」

専務「専務だ。慕われていると言っても、程度があるだろう」

武内P「……念のためお聞きましますが、注意は?」

専務「したとも。目を見開いて大粒の涙を零され、許可せざるを得なかった」

武内P「……」

専務「許可せざるを得んだろう」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:10:51.19 ID:KK4NU1gho
武内P「……それで、他にもまだ?」

専務「君、無表情の中に呆れを混ぜるのはやめたまえ」

武内P「……」

専務「あとは……そうだな」


ガチャッ

文香「……おはよう……ございます」


武内P「おはようございます、鷺沢さん」

専務「……おはよう、鷺沢」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:14:34.38 ID:KK4NU1gho
文香「……今日は、昨日の続きを……持ってきました」

専務「そうか、昨日の分はデスクに置いてある」

文香「もう……全部読まれたんですね……」

専務「私はあまり気が長い方ではない。良い作品は、続きが気になるものだ」

文香「……では……今度からは、三冊ずつ持ってきます……」

専務「……世話をかけるな。感想は、全て読み終わってからにしよう」

文香「はい……楽しみに、しています……」

文香「それでは……失礼します」


……バタンッ


武内P「……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:18:24.03 ID:lwhrCCEw0
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:18:30.90 ID:KK4NU1gho
武内P「あの……確か鷺沢さんは本好きで、とても、仲が良さそうに見えたのですが」

専務「そうだな、確かにそう見えただろう」

武内P「今の何が問題があったのかが、私にはわかりかねます」

専務「最初の内は良かった、一冊ずつだったからな」

武内P「……」

専務「一度、本の感想を言ったら次の日から二冊に増えて、遂に今日は三冊になった」

専務「断ろうとしたら、この世の終わりの様な顔をされたのだ……この意味がわかるか?」

武内P「……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:18:49.59 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:19:24.09 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:19:50.45 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:20:12.10 ID:o/5aBdbpo
荒らしは気にするな
見てるぞ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:21:00.66 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:21:19.08 ID:lwhrCCEw0
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:21:37.03 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:22:04.85 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:22:50.79 ID:KK4NU1gho
武内P「……無礼を承知で申し上げます」

専務「何だ、言ってみたまえ」

武内P「全て、貴女の自業自得かと」

専務「……だからこそ、君に頼みがある」

専務「私よりも、君はアイドル達の気持ちがわかるようだからな」

武内P「常務、その話、お受け出来ません」

専務「もしも断るなら、そうだな……私の権限で、CPの二期生に個性的なアイドルをねじ込もう」

武内P「!?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:27:14.53 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:27:41.34 ID:KK4NU1gho
武内P「待ってください! それは、あまりに強引すぎます!」

専務「君は、困っている上司を見捨てるのかね? それと、私は専務だ」

武内P「しかし!」

専務「そうだな、まずは世界レベルのアイドルを」

武内P「わかりました。力の限り、今回の件に取り組んでいきます」

専務「そうか、助かる。礼を言っておこう」

武内P「その必要はありません。貴女の後ろから見える虹色の光に魅せられただけですから」

専務「……」

専務「君、今の言葉は七光という意味かね?」

武内P「滅相もありません」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:27:42.23 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:28:13.05 ID:MCNH+hVsO
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。
特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。
全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。
連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:32:34.80 ID:KK4NU1gho
  ・  ・  ・

武内P「まずは日野さん、ですね」

専務「彼女を傷つける事なく、あの挨拶が止むように頼む」

武内P「……少し、耳を塞いでいてください」

専務「? 何をする気だ」


┣¨┣¨┣¨┣¨ドド!


茜「ボンb」


武内P「ボンバアアアアアアア!!!!」


茜「!?」


専務「!?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:37:12.46 ID:KK4NU1gho
茜「……ぼ、ボンb」


武内P「ボンバアアアアアイヤアアアアアアア!!!!」


茜「!!?」

茜「……ボ」


武内P「ギガボンバアアアアアアァァァァァァ!!!!」


茜「!!!?」

茜「……」ペコリ


……バタンッ!


武内P「……これで、当分の間は平気だと思います」

専務「……!?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:42:01.24 ID:KK4NU1gho
専務「今のが……解決策だと言うのか!?」

武内P「日野さんの挨拶を遮るような形で、大変心苦しかったですが……はい」

専務「……私には、理解出来ないな」

武内P「しかし、彼女はきっと成長して戻ってくるでしょう」

専務「!?」

武内P「それがいつになるかはわかりませんが、彼女の目からは力失われていませんでしたから」

専務「……」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:47:09.10 ID:KK4NU1gho
専務「君、今の言い方だと、日野茜が次に来る時は、もっと大声になっていると言う事か?」

武内P「はい、きっと、今までよりもいい笑顔を見せてくれると思います」

専務「!?」

武内P「常務、そろそろ宮本さんが来るはずです」

専務「私は専務だ! 話を聞き給え!」


ガチャッ

フレデリカ「ミッシーおっはー♪ わお、CPのプロデューサーは今日も居るんだねぇ♪」


武内P「おはようございます、宮本さん」

専務「お、おはよう、宮本」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 23:52:45.85 ID:KK4NU1gho
フレデリカ「フンフンフフーンフンフ」


武内P「プンプンププーンプンププー、プロデューサー♪」


フレデリカ「!?」

専務「!? お、おい、何をする気だ!?」


武内P「今日は、シャンプーとトリートメントを。おや、少し髪が傷んでいますね」


専務「何を……っ!? ほ、本当にシャンプしていないか!?」

武内P「プンプンププーンプンププー、プロデューサー♪」

専務「……!?」


フレデリカ「……」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 00:00:21.59 ID:KvbaS87so
フレデリカ「なんだか忙しそうだねぇ、ってことで、ばいばーい♪」

ガチャッ……バタンッ


武内P「プンプンププ……行ったようですね」

専務「……この後はどうするつもりだね?」

武内P「宮本さんの目から、髪型を変える以外の挑戦する意思を感じました」

武内P「……きっと、今度はカラーリングまで含めた本格的なヘアケアーをする事でしょう」

専務「……」

武内P「それと、ご安心ください。使用したのはただの水です」

専務「……そうか」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 00:07:53.85 ID:KvbaS87so
武内P「最後に、鷺沢さんですね」

専務「あえて一時的な解決を望み、今後事態が悪化するように仕向けてはいないか?」

武内P「待ってください! まさか、本当にそう思っているのですか!?」

専務「しかし、君のやり方ではその場の結果は出ても今後に支障が出る!」

武内P「専務は気が長い方ではないと言っていたので……」

専務「……確かにそう言ったが、しかし」


ガチャッ

文香「おはよう……ございます」


武内P「おはようございます、鷺沢さん」

専務「……おはよう」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 00:14:45.58 ID:KvbaS87so
文香「今日も……お約束通り、三冊持ってきました」

武内P「鷺沢さん。少し、お話があります」

文香「? はい……?」

武内P「実は、専務は昨日渡された分の本を読む時間が無かったのです」

文香「……!?……!!?」


武内P「――このノートを取ってくるのに、時間を費やしてしまったので」


スッ……


文香「あの……これは……?」

武内P「表紙を見ての通りです。プロジェクトルームに戻ってから確認してみてください」

文香「……わかり、ました。それでは……失礼します……」

武内P「感想、お待ちしています」


ガチャッ……バタンッ


専務「……やけに素直だな」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 00:20:45.17 ID:KvbaS87so
専務「一体、何を渡した? まさか、あれほど簡単に……」

武内P「専務が小学校時代から書き溜めていた詩集です」

専務「!?」

武内P「今西部長に協力してもらい、ご実家と連絡にし、取り寄せて貰いました」

武内P「これで、鷺沢さんも感想を考える時間が出来、しばらくは大丈夫でしょう」

武内P「その……失礼ですが、感想に困るものだったので」

専務「!?」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 00:29:44.69 ID:KvbaS87so
武内P「きっと、彼女なら感想を携えて来る事でしょう。微妙な笑顔かもしれませんが」

武内P「専務。アイドルに慕われるというのは、時に困難な事態に陥るかもしれません」

武内P「ですが、その時は私にご相談ください」

武内P「……それでは、失礼します」ペコリ


ガチャッ……バタン


専務「……優秀すぎるのも困りものだな」

専務「……」

専務「……ああ、もしもし、私だ」

専務「シンデレラプロジェクトを白紙に戻す。これは決定事項だ」



おわり
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 00:32:38.66 ID:KvbaS87so
HTML化依頼だしておきます

慣らしで色々書いているのでゴミも量産すると思いますが、ご了承ください
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 01:02:42.78 ID:9f+/267k0
なんだこの安定感は
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 01:15:08.34 ID:CmlcQBtAo
こういうの好き
面白かった
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 01:52:02.96 ID:jwt66MCaO
好き
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 03:28:29.55 ID:yJTzDb30o
いいじゃないか。しかし別にダンサブルなssでも良かったのだぞ?
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 09:53:35.45 ID:scic/bgVo
乙です。
武内Pでもヘ○ンのプロデュースは嫌なのかww
26.57 KB Speed:2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)