ダクネス「私がMの理由?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 01:10:45.03 ID:Gd9bkNQm0
アクア「セイクリッド・エクソシズム!!」ボオオッ!

モンスター「オ゛オ゛オ゛ッ!」

カズマ「うっそだろ…まだ耐えるってのか!?」

めぐみん「でも様子が変です…ふらついてる!」

めぐみん「後一押しですカズマ!」

カズマ「っしゃ!出番だダクネス!!」

ダクネス「任せろ!」グッ

ダダダ…

ダクネス「うおおおおっ!」ブンッ
カズマ「うおおお……お?」ヒュゥゥ…

ザクッ

ダクネス「あ、すまん。つい手が」

カズマ「どう手を滑らせたら前方に剣投げれんじゃぁ!!」

ダクネス「い、いや故意的にではなくその…」

カズマ「その言い訳ちょっと飽きたよ!?」

アクア「…ね、ねぇあの、カズマさん?」チョンチョン

カズマ「ん、何だよアk
モンスター「オ゛オ゛…ッ」ゴゴゴ…

カズマ「……あれ?もしかしてアイツ自爆」 ピ カ ッ …


…ゴォォォォ………



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509811844
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 01:29:29.96 ID:Gd9bkNQm0
<カァ-カァ-

めぐみん「…また、負けちゃいましたね」スタスタ…

カズマ「クソ〜折角の大物が〜…」ガクッ

アクア「ご飯が〜…」ボロッ

ダクネス「まぁそう気を落とすものではないぞ。コレを糧にまた次に挑戦すればいい」

カズマ アクア「「誰のせいだよ!!!」」

ダクネス「え……わ、私か?」

めぐみん「ここ最近ダクネスは暴走し過ぎですよ…」

めぐみん「ダクネスが最後攻撃をしくじった後倒されたってオチはもう今月だけで2桁は下りません」

めぐみん「私達自身も(一応)貴女の事を理解しているつもりですし、触手責めされようともスライム責めされようともそれは貴方の勝手ですけどね…」

めぐみん「自爆狙いでパーティメンバーまで巻き添えにするような事は控えてくださいよ…」

ダクネス「む…以後気をつけよう」

アクア(気をつけた試しが無い)

カズマ「そんなに爆発受けるのが気持ちいいんですかね…」

ダクネス「ああ!爆発というのは大きければ大きいほど受ける側にとっての価値を引き出す!身につけている衣服は全部灰と化し、全身を余す事無く焼き焦がす!身体中に駆け巡る火傷の痛みに苦しみ悶えながらも空高く舞い上がり地上にいる男共に全裸の姿を無条件に晒し出してしまうのだ!ああ…想像しただけで身体が震える…」9

ダクネス「爆破とは真理!精神的苦痛と身体的苦痛を同時に味わえる特殊なh
カズマ「あ、もういいです」

ダクネス「?そうか」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 01:44:20.60 ID:Gd9bkNQm0
〜帰宅後〜

シャワ-…

めぐみん「え、ダクネスがマゾに目覚めた理由…ですか?」

アクア「毎度毎度思うのよ…私が言うのもアレなんだけど、側から見ればそこらの女よりかは遥か可憐な娘でしかないのに」

アクア「ルックスと中身が一致しないじゃない!可愛らしいお姫様がどうやったらあんな獣になる訳!?」

めぐみん「いやそろそろ慣れてきて驚きもしなくなりましたけど」

アクア「軽く感覚麻痺ってるわよそれ」

めぐみん「でも確かに腑に落ちませんよね。一生引きこもっても然程問題も無いくらいの財産は有する大貴族でありながら…」ゴシゴシ

めぐみん「何故クルセイダーになったんでしょうか…」

アクア「ダクネスの事だから刺激を求めて〜とかじゃないの?」ゴシゴシ…

めぐみん「え…でも冒険中にMに目覚めたって可能性も無くないですよね?」

アクア「そんな事言ったら尚更ややこしくなるわよ!」

めぐみん「……さっきはダクネスの事理解してるっ…て言いましたけど」

めぐみん「私達、ほとんどダクネスの事知りませんね…」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 02:30:12.95 ID:Gd9bkNQm0
カズマ「あ〜ちくそー今日も利益無しかよ…」ジャブジャブ…

カズマ「早いとこどデカイ依頼こなして報酬がっぽがっぽ貰わにゃいずれ餓死するぞ…」ゴシゴシ…

カズマ「そうだな…明日はあそこの市場の野菜が安く出るから…」フキフキ

ガチャ…

カズマ「お?」クルッ

ダクネス「ん…洗い物中だったか。カズマ」binbin

カズマ「……///」

ダクネス「ん、どうした?」

カズマ「ナンデモネーヨ」

カズマ(クッソ…中身がアレだと分かってはいるものの、いざ寝間着姿見たらエロすぎだっての!)

カズマ(ああ…外見だけなら阿呆三人衆の中で一番いい線行ったわのになぁ…」

ダクネス「…そっか。風呂上がりに少しリビングで休もうと思ってな」

ダクネス「何か喉を潤す物でも無いか…」スタスタ…

カズマ「あーいいよいいよ。もう食器洗いも終わるからコーヒー位淹れるぞ?」

ダクネス「ん、そうか…悪いな」

カズマ(こいつ洗い物してるって事分かっててティーカップ使おうとしたんですかねぇ…)フキフキ…
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 02:53:32.42 ID:Gd9bkNQm0
カズマ「はい豆茶」コトッ
ダクネス「猛烈に指入ってる!?」

カズマ(自分で言うのも何だけど既視感ある光景だな…)

ダクネス「さりげなく日常的に私を虐めにかかって来てるなカズマ…」

ダクネス「ふ…ふはは…段々私を理解してきたじゃないか?」ビクンビクン

カズマ(そして興奮するのな…)ズズッ…

ゴクッ

ダクネス「…ふぅ。落ち着く味だ」

カズマ「そうだな」

ダクネス「…」ズズ…

カズマ「…」

カズマ(…今2人だけだからかもしれないけどさ)

カズマ(こいつって普通に可愛いよな。性癖がアレなだけで)

カズマ(この間のララティーナの事もあってか最低でもただのマゾ女には見えなくなってきた)

カズマ(つーかそうなんだよなぁ…前から不思議に思ってたけどこいつがその超の着くお嬢様キャラならどうしてMなんかに目覚めたんだ?)

カズマ(てかまずそうなるような要素無くね?え、アレか?貴族故の人身売買とか危ない系も携わってたりとかそんなんじゃ…)

カズマ(今までタブーだから言うまいと黙ってはいたけど、今なら俺しかいないから最悪黙秘できるし…)

キョロキョロ…

カズマ(…気になるなぁ……)

ダクネス「…どうしたのだ?カズマ。さっきから周りキョロキョロして…」

カズマ「………なぁダクネス」



カズマ「お前のその…痛みに敏感になったのはいつからなんだ?」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 03:22:47.48 ID:yJTzDb30o
領主という身分制度があるなら、引き篭もったら容赦なく首切られるんだろうか。
物理的に
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 04:07:10.37 ID:Gd9bkNQm0
ダクネス「?」

ダクネス「…………!」

ダクネス「つまり、私何故Mなのか…という事か?」

カズマ「まぁ究極的に言っちゃうと…」

カズマ「…あーっと、でも言いたくないなら無理しなくても…な?」

ダクネス「……別に構わんが、大したものではないぞ?」

カズマ「え?マジで?聞かせてくれんの?」

ダクネス「まぁ、いつかは話そうかとも思っていたしな、丁度いい」

ダクネス<ああでももう一口だけ飲ませて(ズズッ

カズマ(ただでさえ生まれがトンデモなダクネスの性に目覚めた経緯…)

カズマ(貴重な回想シーンだぞ…やべぇ滅茶滅茶楽しみなんだけど)ドキドキ

カズマ(まぁでも本人も大した事ねーって言ってたし案外モンスターに襲われたからって安直な理由かも知れねーけど)

カズマ(何にせよからかうネタが1つ増える事に違いない!)ニヤニヤ…

ダクネス「…そうだな。アレは10年以上前…」

ダクネス「私がまだ家柄にきつく縛られていない時の話か…」



ダクネス「あ、卑猥な意味は含んでないからな」
カズマ「早よ進めろ」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 09:19:22.19 ID:qxXZNgEO0
期待
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 12:42:47.11 ID:Cg55GKcgO
wkwk
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 13:45:54.65 ID:Gd9bkNQm0
ダクネス「昔は邸の近所に住んでいた子供と混じってよく遊んでいてな…地位の上下関係云々無しで普通に接し会っていた」

ダクネス「たまに彼らの両親から良くない噂も流れてきたりしていたが当時の私にとっては些細な事でしか無かった」

ダクネス「しかし時が経つにつれ、皆が皆成長すると共にある程度の認識が出来てくると、以前まで仲良くしていた友人とも溝ができていってしまってな」

ダクネス「徐々に周りとの人間関係が悪化していって…周囲の人間から嫌がらせを受けるようになった」

ダクネス「最初は私に対する陰口程度で済んでいたのだが段々エスカレートしていって…」

ダクネス「邸の窓に皿やら何やらを放り投げられたり…若気の至りというやつか。邸にいる父や執事に何度もこっ酷く叱られたものだがそれでも懲りずにやり続けて…」

カズマ「ガキの時にかなりハードな虐め受けてんだなオイ」

ダクネス「あー…確かにあの頃は精神的に割とくるものがあったな。何せ面会やお茶会に何度も出席したから、否が応でも外出して周りの奴らの愚痴を耳にせねばならなかったし…」

カズマ(…このド変態が辛いっつってるってどれだけハードだったんだよ…)

カズマ(あ、その時はまだ清かっただけか)


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 14:15:07.08 ID:Gd9bkNQm0
ダクネス「だが数ヶ月過ぎると邸での騒動も悪い噂も突然途絶えてしまってな」

ダクネス「気になってある日窓から外を覗き込んでみたのだ」

ダクネス「すると嫌がらせをしていた連中の前に私と同い年位の少年が立ちはだかっていて…」

ダクネス「『別に自分達に悪い事した訳じゃないだろ!』とか」

ダクネス「『気に食わないとか憂さ晴らしで行っていい範囲では無い』とか『度が過ぎる』とか喝を入れていてな…」

ダクネス「どうやら彼1人の手で一連の嫌がらせを抑え込んでくれたらしい。恐ろしい奴だったよ…」

カズマ「……」

カズマ(…ん?コレは…)

ダクネス「…でそれについてお礼にと一緒に茶を楽しんだのをきっかけに頻繁に彼と話すようになって」

ダクネス「日課のように毎朝私の部屋の窓にやって来て…ある時には私の愚痴を聞いてくれたり、ある時は私の相談に乗ってくれたり…」

ダクネス「…ホント…その……気楽になれる相手だったな、そいつとは」

カズマ(どっかの漫画で見た事あるような背景ですねぇ…)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 15:06:15.78 ID:Gd9bkNQm0
ダクネス「それから何年かした後に奴から別れの挨拶を切り出された」

ダクネス「彼は若きながらの魔王討伐軍のルーキーとして名を上げていて、本格的に魔王軍を討伐する為、勇者として苦戦している前線パーティに加勢する事になったらしい」

ダクネス「長旅になるからしばらく会えないって…」

ダクネス「『しばらく相手できないけど寂しくない?』とか『何かあったらすぐに手紙で伝えろよ?』だとか…」

ダクネス「最後の最後まで私の事ばかり優先してな…」

カズマ「…」

ダクネス「それからというもの、修行や今でも度々起きる陰口…辛い事があった時にはいつも彼の事を思い出して…夜夢の中で慰めてもらって…」

ダクネス「何時しか大事な人がいつでもどこでも…隣にいるように…そう感じるようになってって…段々それが嬉しく…なってきて…」

カズマ「要するに逆にその痛みに快感を感じてそっち系に走ってしまったんですね分かります」

ダクネス「…ま、まぁ大体合っている」

カズマ「何だよ〜拍子抜けだぜ。途中まではイイハナシダナ-感満載だったってのに…」

カズマ「一瞬でお前の初恋終わったな」

ダクネス「は、初恋と言うのか?コレは…」

カズマ「完全に夢見るヒロインと化していたぞお前」

カズマ「大体この間お前そーいう男は生理的に受け付けないとか言ってなかったか?そこら辺どうなんだよ」

ダクネス「あ…うん……今はあまり興味ないかな」

カズマ「勇者様可哀想っ!?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/05(日) 15:23:52.52 ID:Gd9bkNQm0
ダクネス「けれど…痛みを感じる度に今も時々頭の中にそいつの声が過ってくるんだ」

ダクネス「『大丈夫か?』とか『痛くないか?』とか…」

ダクネス「優しい声でいつも私を癒してくれていた…今でもはっきりと覚えている」

カズマ「……へー」

カズマ「で、その勇者とやらは今どうしてんの?」

ダクネス「死んだ」

カズマ「え」

ダクネス「死んじゃった」

カズマ「あっさり言うなぁ…」

ダクネス「まぁ彼が旅を始めてから3年以上経った後で何も音沙汰が無かったからあまりに期待は抱いてなかったけどな」

ダクネス「告げられた時はかなり落ち込んだぞ?私にとっての生き甲斐が一瞬にして粉々にされたのだからな…」

ダクネス「まぁ何年も会ってなかったから今頃死んでも居ないのと然程変わりはしないし…」

ダクネス「それからだったかな…クルセイダーを目指したのは…」

カズマ「」ポタポタポタポタ

ダクネス「……な、なぁカズマ…何故お前が泣いているんだ?」

カズマ「いや…お、俺も恋愛絡みで嫌な事あってな…うん…お前の気持ちすっげ分かる…!(多分)」

カズマ「お互い、頑張ろうな」ガシッ

ダクネス「あ、ああ…」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 17:11:49.38 ID:Gd9bkNQm0
〜翌日〜


ズバッ

ダクネス「ふぁあああ!」

めぐみん「ああっ!ダクネスが魔獣の爪に…!」

カズマ「野郎…クリエイト・ウォーター!」ジョババ

モンスター「クゥン…」ダダダ…

アクア「水が弱点だったのかしら…一目散に逃げてった」

めぐみん「大丈夫ですか、ダクネス!」

ダクネス「あ…ああ。ただのかすり傷だ。問題ない」

ダクネス「胸部の脂肪に深くえぐりこむ鋭爪…むぅ…たまらんっ…」ビクンビクン

めぐみん「心配した私が馬鹿でしたよこの野郎」

カズマ「かすり傷…?ちょっと見せてみろ」スッ…

ダクネス「なっ…貴様!さ、さりげなく私を凌辱する気か獣!!」

カズマ「んな事しねーよ!念の為診んだよバーロー!」

ダクネス「大した事ないと言っただろう…」

カズマ「甲冑一撃で壊す攻撃モロに食らって大した事ないはおかしいだろ…」

アクア「そんな事しなくても私がヒールで回復させるのに…」

ダクネス「それは駄目だな。次受ける攻撃のダメージ量が軽減してしまう(キリッ」

アクア「なんで受ける前提なんですかねぇ…」

カズマ「…ま、それもそうだな」ゴソゴソ…

カズマ「包帯で軽く巻いときゃ死にゃしねーだろ」グルグルッ

アクア「」
めぐみん「」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 18:13:25.28 ID:HAenH3rN0
あのカズマが優しいだと?
明日はパンツの雨が降るな
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/05(日) 20:09:48.45 ID:odszxdfjO
ダクネス「カズマはそこまで潔癖症ではなかった気がするが…」

カズマ「潔癖症だとかそういう問題じゃねぇよ…」

カズマ「…ま、万が一バイ菌入って死んだら責任取られんの俺だし」

アクア「カスマさんがマトモな事を…」

めぐみん「明日は天変地異が起こりますね」

カズマ「てめー等に言われたか無いわ!!」ギュッ

カズマ(昨日あんな話された後じゃ放置するにもし切れねぇよ畜生…)

カズマ(若干理由がリアリティあってサイコパスな感じだから尚更さぁ!)

カズマ「ほら、行くぞダクネス」

ダクネス「…っ…」

カズマ「どうした複雑そうな顔して…まだ痛むか?」

ダクネス「い、いや?寧ろ心地よいが…」

カズマ「…念の為ヒール使っとくk
ダクネス「いやいや構わん早く行こ!?」

アクア「……何なのこいつら…今日様子おかしくない?」

めぐみん「さぁ…?」







17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/06(月) 02:44:32.16 ID:PrnGvnRJO
スタスタ…


めぐみん「結局今日も収穫ゼロですね…」

アクア「今回はやたら強いモンスターも沢山出てきたし仕方ないわよ…また出直しましょ…」

カズマ「誰かさんのせいで貴重な医療道具ごっそり持ってかれたしなぁ」

ダクネス「なっ…!私のせいだと言うのか!?」

カズマ「んー?俺は別に誰とも言ってないが?」

ダクネス「白々しいわ!さっきから妙な真似ばかりしおって!何だ!?縛りプレイのつもりか!?」

カズマ「何でもかんでも性的思考につなげるんじゃねぇぇ!!」

<ギャ-ギャ-!

アクア「…何か今日仲良くない?あの2人」コソコソ

めぐみん「……」スタスタ…

アクア「?めぐみん?おーい、聞こえますかー?」

めぐみん「…」<ゲンキデスカ-?





めぐみん「煩わしい」ボソッ

アクア「え…め、めぐみん?今なんて…」

めぐみん「……あ、いいいえ!何でもありません!お、お腹減ったなぁって…」

アクア「あ、ああ!そうね!今日の夕ご飯何かしら…」

アクア「楽しみ♪」

めぐみん「……」

めぐみん「はぁ…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 05:33:13.65 ID:KqoCYZaJo
文章が上手いな
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/06(月) 17:34:48.16 ID:CE8NC3JLO
めぐみん「ふふふ…コレは我が力を解放する刻ですね!」

めぐみん「くらえ!革命!」バンッ

カズマ「ヴァーカ!そう来ると思って用意していたわ革命返しぃっっ!」バンッ!

アクア「革命返し返し」スッ

カズマ「(・∀・)」

めぐみん「ナイスですアクア!」

カズマ「この野郎…貧乏神の癖して生意気な…!」

めぐみん「っという訳で3で上がりです!!」

アクア「私もジョーカーで上がりよ!」

カズマ めぐみん ダクネス「「「………」」」

アクア「え、何…?革命しても最強はジョーカー、よね?ね?」

カズマ(つくづく救えん女だ…)

めぐみん「ま、まぁいいや…順位も決まりましたし次行きましょ次」

カズマ「にしてもすげぇなダクネス。こんなに大富豪強かったっけか」

カズマ「3回連続で1番上がりだぞ?」

ダクネス「何、大した事は無い。少し運が良かっただけだ」スタッ

アクア「…ん?ダクネスもう止めんの?まだ日も過ぎてないわよ?」

ダクネス「いや…今日は疲れたし早めに寝ようと思う」スタスタ…

ダクネス「おやすみ、皆」ガチャ

バタン…



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/06(月) 17:50:56.22 ID:CE8NC3JLO
アクア「…あの娘の口から『疲れた』なんて言葉が出てくるなんて…」

アクア「夢にも見なかったわ」

めぐみん「珍しい事もあるもんですね〜」シャッフルフル…

アクア「今回は珍しいの目白押しだったけどね」

カズマ「何故こちらに視線を向ける…」

めぐみん「明日は天変地異ところじゃ済まなそうですねぇ。これじゃ」<ハイカ-ド

カズマ「そんなに今日俺変だったのか…?」<シャンクス

アクア「まぁ触れないでおいてやるわよ。ちゃんとめぐみんに1枚渡すのよ?」

アクア「良かったわね〜大貧民から貧民に上がれて」

カズマ「何言ってんの?俺平民だよ?」

アクア「え?だ、だってさっきのゲーム4位はカズマよねっ!?ねぇめぐみん!?」

めぐみん「早くカードくださいアクア。もう整理し終わりました」

アクア「なんでぇぇ〜!?(´???ρ???`)」
21 :顔文字を乱用した挙句意味不奴ww [saga]:2017/11/06(月) 18:00:46.55 ID:CE8NC3JLO
…バタン…


ダクネス「……」スリスリ


ダクネス「…怪我…」


『念の為診んだよバーロー!』

『…ま、万が一バイ菌入って死んだら責任取られんの俺だし』

『どうした複雑そうな顔して…』


ダクネス「…」ムズムズ


カズマ「まだ痛むか?」
ダクネス「っ!」ハッ

クルッ


ダクネス「…居ない…か。お、驚かせおって」

ガバッ…

ダクネス「……カズマ………」








ダクネス「ふへへ…///」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 18:30:23.48 ID:SNWWGarUO
可愛い
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 19:05:10.45 ID:PsSaKKlrO
これは可愛いな
いやダクネスは元から可愛いか
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 01:13:56.86 ID:dSdYc49Do
これはいいダクネスレ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 03:31:43.73 ID:mQKCPyWso
まじで捨てキャラいねーなこのすば
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 16:37:42.98 ID:BRzG9PB5O
まだかな
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/10(金) 10:51:00.01 ID:oMT6XAI9O
カズマ「行けーダクネス!」

ダクネス「うおおおっ!!」ダダダッ

モンスター「オ゛オ゛ーッ ズバッ

ダクネス「ギャァァア!」

カズマ「ダクネス!大丈夫か!?」ゴロゴロ…

ダクネス「ああ…また鎧が…」

ダクネス「しかもコレではボディラインが丸見えだ」

ダクネス「くっこいつ中々やるな///」

カズマ「御託はいいから早よ傷見せろ!!」

ダクネス「…」ペタッグルグル…

カズマ「はいオペ完了次々ィ!」ゲシッ!!
ダクネス「そんな乱暴なカズマもしゅきいいいい

モンスター「オ゛」ドゴッ
ダクネス「ぃぃいやああああっ!!」

カズマ「再参戦早々やられんなぁ!!」ゴロゴロ…

ダクネス「ああ…この顔が歪む感じ…イイ///」

カズマ「頼むから責めに走るんじゃなくて攻めに行ってくれぇぇあ!!」ペタッ

めぐみん「あ、あの…カズマ?良ければわt
カズマ「ああこっちはダクネスで手一杯だ!おいアクア!超一流の医術でパッと治せ!」

アクア「っ…しょ、しょうがないわね…そこまで言うならこの私がヒールで回復させてやろうじゃない!」

アクア「さぁめぐみんこっちにいらっs
めぐみん「」ギロッ



トコトコ…


アクア「めぐみんが睨みつけてきた…こわいよぉぉ…」プルプル

カズマ「だから何故俺にしがみつく!?」

ダクネス「あべし!///」ゴロゴロ…

カズマ「いい加減真面目に闘れ!!」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/10(金) 11:31:42.78 ID:oMT6XAI9O
〜又々帰宅?後〜

ドサッ

めぐみん「し、死ぬ…精神的にも肉体的にも死ぬ…!」

アクア「頑なに回復断るダクネスを無理矢理治療して前線復帰させ始めみたはものの…」

アクア「結局減るどころかカズマが手当てに気を取られて戦闘に参加できないから負担が増えちゃってるしね…」

アクア「何よりダクネスの負傷数が半端じゃないから医療費でお金もごっそり持ってかれるし…」

アクア「大体湿布貼ったりとか包帯巻くとかよりもどう考えてもヒールの方が楽だし効率いいでしょー!?なんで私が駄目でカズマならいいのよぉ!」プンプン

めぐみん「……」


めぐみん(カズマならいい…かぁ…)

めぐみん「?」スタスタ…

アクア「あ、ダクネスどうしたの?」

ダクネス「いや…ちょっとクッキーを取りに来ただけだ」

アクア「クッキー!?この間買ったやつでしょ!?食べる食べるー!」

ダクネス「ちょっ…あげる気は無いからな!」

アクア「なんでよドケチー!」ポコポコポコポコ

ダクネス「この間ちょっとって言って半分以上食べただろう!?」

めぐみん「…」<コンドコソチョットダケダカラ-!

ダクネス「………///」チラッ

めぐみん(……傷……?)

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 14:42:03.59 ID:7gk5rr7vO
傷を残してカズマを感じるとか
ダクネスがわりと正しいMに矯正されてきてる気がする
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 20:57:55.40 ID:uDFoCOh5O
どこかのssでヤンデレに振り切っためぐみんが自分の血練り込んだクッキーをカズマにあげててそれがアクアにばれて…みたいなのあったな
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/11(土) 00:16:09.78 ID:8RXgr34J0
ハーメルンで連載されてたあれですね。
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:07:47.16 ID:WAND2lHiO
まだか
22.97 KB Speed:2.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)