GT悟空が幻想入り

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 21:47:03.30 ID:14wT0cCt0


GT悟空が幻想入り 第一話



悟空「ぐっ…あぐっ…」バタッ

ベビーベジータ「くっくっくっ!これで終わりにしてやろう!」ボボボッ

悟空「ま、まずい…このまま…じゃ…」ググッ

ベビーベジータ「消えろ…!リベンジデスボールっ!」ドンッ

悟空「くっ…くそっ…!うっ、ああああっ!」

キビト神「悟空さんっ!…カイカイっ!」シュン

悟空「…か、界王神さま…?」シュン



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510058822
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/07(火) 21:50:00.54 ID:q5ltGkae0
ゴッドとブルーになれるのか?
3 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 21:55:44.04 ID:14wT0cCt0


キビト神「くっ…技の直撃こそ避けましたが…時空を超えてここまでの衝撃を与えてくるとは…!!」ゴゴゴゴッ

ドゴオォォォォォ

キビト神「くっ…あっ!?ご、悟空さんっ!!」スルッ

悟空「…っ!!お、落ちてんのかっ!う、うわぁぁぁぁっ!!」ヒュゥゥン

キビト神「悟空さんっ!!…まずいっ!あの時空はっ…!」
4 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 21:58:21.16 ID:14wT0cCt0



??? どこかの森



悟空「…いちちっ…こ、ここは…?」キョロキョロ

悟空「見たことねえ場所だなぁ…それにベビーの気も感じられねえ…それどころかみんなの気も…!?いってえ、ここはどこなんだ?」

悟空「見たところ、どっかの森みてえだけどよぉ…ん…?なんか、近くに気を感じんぞ。そんなに大きくねえ気だな…」ガサガサッ

ルーミア「…ガブッ!」スッ

悟空「うわっ!?あぶねえな!何すんだ!!」シュン

ルーミア「おいしそうな人間だったから、つい!」

悟空「オラ、食べてもうまくねえとおもうぞ?」
5 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 21:59:28.67 ID:14wT0cCt0

ルーミア「そう?とってもおいしそう!…それに私、ちょっとイライラしてるんだぁ…だから、食べられてよ!!」ボッ

悟空「っ!?たあっ!」ハジク

ルーミア「まだまだっ!!」ドドドッ

悟空「ちょっと懲らしめる必要があるみてえだなっ!!」タッタッタッ

ルーミア「は、早いっ!?」ギョ

悟空「背中ががら空きだぞっ!」トンッ

ルーミア「はうっ!」バタッ

悟空「ふうっ…こんなもんか…こいつはこの辺に置いといて…」ストッ

悟空「それにしても、どうなってんだ?こんな小せえ奴がオラを食べようとするなんて…おまけにそこそこ強かったしよ」

悟空「界王神さまの手違いで別の星に飛ばされたとかか?ま、なんにしてもそのうち界王神さまの迎えが来るはずだな!」

悟空「それまでちょっと冒険してみっかぁ!」タッタッタッ
6 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:00:40.28 ID:14wT0cCt0



霧の湖 ほとり



悟空「…?こっちの方で大きな気が二つあるみてえだ。いってみっかっ!」ヒュウ

魔理沙「こいつで最後だ!スターダストレヴァリエ!」キラキラッ

チルノ「ひぎゃあっ!おっ、覚えてろぉ〜!!」ヒュゥゥン

魔理沙「ふうっ…こんなもんかな」

悟空「おめえ、今のどうやったんだぁ?すっげえなぁ!」

魔理沙「っ!増援かっ!?(こいつ…気配がまったく感じなかったぞ…)」

魔理沙「動くと撃つ!間違えた。撃つと動くだ。今すぐ動く!!」シュン

悟空「早え!ちょっ、ちょっと話を聞けって…!」スッ
7 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:01:33.04 ID:14wT0cCt0

魔理沙「問答無用!だだだだだっ!!」ビュゥン

悟空「くっ!よけっきれねえっ!!」ボンッ ボンッ

悟空「仕方ねえ!はあぁっ!!」ボッ

魔理沙「っ!?金色の…輝き?」

悟空(超サイヤ人)「てやぁっ!!」バババッ

魔理沙「わ、私のマジックミサイルを気合いだけでっ!?な、なら!レーザーでっ!!」ドゴォォ

悟空(超サイヤ人)「かめはめ波っ!!」ドゴォォ

魔理沙「簡単に返しやがって…少しへこむぜ…!」

悟空(超サイヤ人)「今度はこっちからいくぞっ!」シュン
8 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:02:20.62 ID:14wT0cCt0

魔理沙「わっ、たっ、たっ!何かの武術の使い手かっ!なかなかやるなっ!!」ビシッ バシッ

悟空(超サイヤ人)「おめえこそ、結構やるじゃねえか!超サイヤ人についてこれるなんてよ!」ダダダッ

魔理沙「ぐっ…!うぐっ…!ちょ、ちょっと分が悪いか…?こういう時は…!」ポイッ

悟空「っ!?」ボォン

魔理沙「逃げるが勝ちだぜっ!!じゃあな!」ビュゥン

悟空「ごほっ!げほっ!ま、待てよっ!!」ビュゥン

9 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:03:32.08 ID:14wT0cCt0



霧の湖 上空



魔理沙「いてて…あいつ、結構やりやがるな…まさか、ここまでやられるなんて…」

魔理沙「しかも…まだあいつまだ余裕があったように見えるぜ…!あんな奴がいるとはなぁ」

悟空「お〜いっ!待てよぉっ!」ビュゥン

魔理沙「げっ、追ってきてやがる…!このまま逃げ切る…ん?あの館は…?」

悟空「なんだ、急に止まったな…今の内に追いつくぞっ!」ビュウン

魔理沙「…異変のもとを見つけたぜ…!今回は私の方が早かったか?霊夢…」

魔理沙「とは言っても…この館から漂う魔力…尋常じゃないな…私、一人で解決できるか…?」ビュウン

悟空「おいっ!おめえっ!やっと追いついたぞ!!」ビュン

魔理沙「…」ニヤッ
10 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:05:02.88 ID:14wT0cCt0

悟空「何だよ?急に笑い出して…気持ち悪いやつだなぁ・・・オラの顔になんかついてんのかぁ?」

魔理沙「なあお前、外の世界からきたんだろ?」

悟空「外の世界?ああ、多分ここの人間じゃねえなぁ」

魔理沙「お前のもといた世界に帰りたいか?」

悟空「まあ、そうだなぁ…まだやり残したこともあるしよ…」

魔理沙「元の世界に戻る方法を私は知っている。教えてやってもいいぜ!」

悟空「っ!教えてくれんのか?おめえ、いいやつだな!」

魔理沙「そのかわり、少し手伝ってほしいことがあるんだ」
11 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:06:14.02 ID:14wT0cCt0

悟空「手伝ってほしいこと?」

魔理沙「感じるか?あの館から感じるいやな気配」スッ

悟空「…ああ、よくねえ気があの中から感じんな」

魔理沙「最近、幻想郷…この世界のことな。幻想郷が紅い霧で覆われたんだ。それで、その霧は私たち人間にはあまり良くないわけ」

魔理沙「そこで、霊夢の仕事を奪うべく…っと違うな。この異変を解決すべく、私はこうして動いてるわけなんだ!」

悟空「…おめえ、すげえいいやつじゃねえか!」

魔理沙「ああ、ありがとよ!ここまできたら言いたいことわかるよな?」
12 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:06:57.86 ID:14wT0cCt0

悟空「つまり、オラにその異変ちゅうやつを解決すんのを手伝ってほしいんだな!そういうことなら全然オッケーだぞ!」

魔理沙「助かるぜ!私の名前は霧雨魔理沙、魔法使いだ。よろしく!」

悟空「オラは孫悟空、地球育ちのサイヤ人だぞ。よろしくな!」

魔理沙「サイヤ人?」

悟空「その辺は話すと長くなるんだけどよ…っ!?」

魔理沙「ん、どうした?」

悟空「あの館の門の前に二つ大きな気があるみてえだ」

魔理沙「便利な能力だなぁ…どれどれ、ちょっと様子見に行くか」ビュン

13 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:07:50.50 ID:14wT0cCt0



紅魔館 門前



悟空「さっき感じたのは、あの中華服着てるやつと赤と白の服着た変な奴の気だな」スタッ

魔理沙「げっ、霊夢がいるじゃないか…先を越されてたみたいだな…」スタッ

悟空「何だ、知り合いか?」

魔理沙「ああ、腐れ縁ってやつかな。…さて、どうやってあの館に侵入するかな…門の前にはあいつらがいるしな…」

悟空「正面から行くんはダメなんか?」

魔理沙「まあ、それしかないか…悟空、私の後ろに乗れ!」

悟空「…?乗ったぞ!」ズッ

魔理沙「いくぜっ!しっかりつかまってろ!!」ビュゥン

悟空「うわっ!わぁぁぁっ!!」ビュゥン
14 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:08:52.66 ID:14wT0cCt0



紅魔館 門



美鈴「…」スッ

霊夢(…隙がない…なかなかできるわね)スッ

美鈴「どうかした?こないのならこちらからいくわよ!」グッ

霊夢「やれやれ…肉弾戦は得意じゃないのだけど…っ!?「どけどけぇっ!!」」スッ

美鈴「っ!?ぐっ!!」ドゴォォ

霊夢「ま、魔理沙!?突っ込んでくるなんて危ないじゃないのよ!!」ストッ

魔理沙「どけって言ったぜ?避けれたんだからいいじゃないか」ヒュゥン

悟空「魔理沙、気を抜くなっ!あいつ、全然気が減ってねえぞ!」タッ
15 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:10:10.10 ID:14wT0cCt0

美鈴「…いきなり吹っ飛んでくるなんてね。面白くなってきたわ」ガラッ

霊夢「ねえ魔理沙、いろいろとツッコミたいんだけど…あの子供は?」

魔理沙「お前の質問はあとでまとめて聞いてやるよ。今は…」チラッ

美鈴「…3対1か…久しぶりに、楽しめそうねっ!!」ボォ

悟空「…!魔理沙、それとそこの赤いやつ!ここはオラにやらせてくれねえか?」

魔理沙「ん?別にいいけど…」

霊夢「赤いやつって何よ!…勝手にすれば。妖怪相手に戦いを挑むなんてどうなっても知らないけどね」

悟空「サンキュー!よっしぁっ!オラが相手だ!」ストッ
16 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:11:17.25 ID:14wT0cCt0

美鈴「…私もずいぶんと舐められたものね。どうなっても、知らないわよ!」タッタッタッ

悟空「ぐっ!」グッ

美鈴「甘いっ!たあっ!」ケリ

悟空「うぐっ!…おぉ〜いちちっ…!」ドンッ

美鈴「まだまだっ!」ダダダッ

悟空「とっ、とっ!足元がお留守だぞっ!」ストッ

美鈴「っ!?この子供っ!」ステンッ

悟空「今度はこっちの番だ!」ダダダッ


霊夢「あの子…なかなか、やるわね。外見で判断してはいけないっていうのはこのことかしら」

魔理沙「ああ、私も驚いた。私は実際に悟空と戦ったからなぁ。ついでに悟空はまだ、全然本気じゃないぜ」
17 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:12:20.20 ID:14wT0cCt0

悟空「こいよ。本気で!」ヒョイヒョイ

美鈴「…私は、紅魔館の門を守る門番、紅美鈴。あなたは?」

悟空「オラは孫悟空だ」

美鈴「孫悟空、あなたにも能力があるように私にも一つ、能力がある」

悟空「能力?」

美鈴「そう、普段の戦いで使うのはあまりにも危険な能力。だから、これまでは抑えて戦ってきた」ゴゴゴッ

悟空(…気が高まってる?いよいよ、本気ってやつか…)

美鈴「あなたには加減の必要はないみたい。気を開放するわっ!!」ボッ

霊夢「…!おびただしいほどのオーラね。あれがあいつの能力…!」

魔理沙「気を使う程度の能力、か…」
18 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:13:15.71 ID:14wT0cCt0

悟空「それがおめえの全力か。こいっ!」グッ

美鈴「…こうなってしまったからにはあなたとは」シュン

悟空(早え!)クルッ

美鈴「力の差がありすぎる!」ドンッ

悟空「ぐあっ!!」ドゴォ


霊夢「かなりのスピードよ!あれは大丈夫なの?あの子、このままじゃ…」

魔理沙「ああ〜…悟空の性格がわかってきたぜ…あいつ、楽しんでやがるな」

霊夢「えっ?」

魔理沙「まあ見てろ。悟空の戦いをな」
19 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:14:14.60 ID:14wT0cCt0

美鈴「…!」ダダダッ

悟空「…」ドサッ

美鈴(…手ごたえがなさすぎる。攻撃は確実に当たっているはずなのに…)

美鈴「…はあっ!なっ!受け止められた!?」グッ

悟空「にっ…おめえの強さはよくわかった。おめえじゃオラには勝てねえ」

美鈴「図に乗るな!!」ダダダッ

悟空「おめえの動きはすべて見切ったぞ!」スッ スッ

美鈴「くっ!なぜっ!」

悟空「気を使うことはおめえだけができることじゃねえっ!おりゃあっっ!!」バッ

美鈴「っ!?ぐはっ!!」ドサッ
20 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:15:05.87 ID:14wT0cCt0

美鈴「…ふっ、ふふっ!なるほど、同じ能力ということね…!はあっ!!」ゴゴゴッ

魔理沙「体を覆っていたオーラが手に集まっている!」

美鈴「この一撃で決める!極彩颱風!!」ボォォォ

悟空(超サイヤ人)「…はあっ!!」ボッ


魔理沙「きた!あの黄金の輝き…!」

霊夢「っ!なんてでたらめなパワーアップなの!?」


悟空(超サイヤ人)「かめはめ波っ!!」ゴォォォ
21 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:16:17.62 ID:14wT0cCt0

美鈴「っ!?ま、まさか…相殺されるなんて…!」

悟空(超サイヤ人)「最後の攻撃はなかなかだったな!」シュウゥ

美鈴「まさか、そんなものを隠してたなんて…私の、負けね…」シュゥン

悟空「こんなわくわくした戦いは久しぶりだったぞ!今度また戦おうな!」スッ

美鈴「ふっ、ふふっ…そうね…!」バタッ

魔理沙「いやぁ、いい戦いだったぜ!じゃあ、先にいこうか」

霊夢「い、いやっ!ちょっと待ってよ!まず、ツッコませて!」

霊夢「まずこの子は何なの!?」
22 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:18:48.56 ID:14wT0cCt0

魔理沙「ん?こいつは孫悟空、外来人だ。あっ、外来人っていうのはお前みたいに外から来た人間な」

霊夢「外来人…まあ、そうとは思ったけど…次!魔理沙、あんたは何でここにいるのよ!」

悟空「魔理沙は里の人間が苦しんでんのを見て、助けようと思ったんだろ?」

魔理沙「えっ?…ああ、そうだぜ!決して、お前の仕事を奪ってやろうとか考えていたわけじゃあないぜ!!」

霊夢「はあっ…まあ、いいけど…この異変は異変解決のスペシャリスト。この博麗霊夢が解決するわ!いいっ?くれぐれも邪魔だけはしないでよね!」ビシッ

魔理沙「へえへえ…んじゃ、いくとするかっ!」

悟空「おうっ!へへっ、オラ、わくわくしてきたぞ!」

23 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:20:10.60 ID:14wT0cCt0

GT悟空が幻想入り 第二話



紅魔館 ロビー



霊夢「…中は結構広いわね…しかも暗いし」キョロキョロ

悟空「この中じゃ気も感じられねえな…」

霊夢「異変を起こした奴の本拠地だし、何か結界でも貼られているのかもね」

魔理沙「こりゃあ探索するのも一苦労だなぁ…ほれっ灯りだ」ボッ ヒュン

悟空「何だ?今の音は…?」

霊夢「っ!?みんなっ!散って!!」スタッ

魔理沙「っ!ナイフが飛んでくる!!」タッタッタッ
24 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:21:11.70 ID:14wT0cCt0

悟空「くっ!どこからだっ!?」キョロキョロ

魔理沙「うわっ!!落とし穴・・・!」ヒュゥゥ

霊夢「魔理沙!?罠か…!戦力が分断されたわね!」

悟空「・・・そこかっ!!」ボンッ

???「いえ…ここよ」スッ

霊夢「孫くん!後ろっ!!」

悟空「っ!いつの間に…!!」クルッ

???「遅い。まず一人!」ブゥン

霊夢「…とは、いかないわよ!」カキンッ

悟空「た、助かったぞ。霊夢、サンキュー!」
25 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:22:06.80 ID:14wT0cCt0

???「結界…?そう、あなたが博麗の巫女ね」

霊夢「あんたは…見たところメイド?みたいだけど…」

咲夜「私は十六夜咲夜、メイド長の咲夜よ」ヒュン

霊夢「ふん、ここら辺一帯に霧を出しているのあんたたちでしょ?迷惑なのよ、何が目的?」カキンッ

咲夜「ここのお嬢様は日の光が苦手なの。それが理由ね」

悟空「ずいぶんと変わったやつだなぁ、太陽の光が苦手だなんてよ」

霊夢「私達には関係ないわ。霧出すの、止めてくれる?」
26 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:24:24.28 ID:14wT0cCt0

咲夜「ふっ、それはお嬢様に言ってもらえるかしら。まあ、もっともそれは不可能だけどね」

悟空「なんでだ?」

咲夜「死人に口なし、よ!」バババッ

悟空「別に死んでても口はあるけどなぁ?オラ、あったし」

霊夢「えっ、そうなの?まるで経験したかのような口振りね・・・じゃなくて、そんなことはどうでもいいわ!くるわよ!!」

咲夜「あなたたちの時間は私のもの…あなたたちじゃ私に勝ち目はない」スッ スパパパッ

悟空「あのナイフ、いつの間に置いたんだ?オラ、見えなかったぞ!」カキンッ

霊夢「孫くんも?…私も見えなかった。それにあいつの動きも変よ」カンッ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/07(火) 22:24:33.31 ID:q5ltGkae0
もう超サイヤ人出しちゃうのか
28 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:25:48.34 ID:14wT0cCt0

霊夢「消えたり出てきたり・・・これがあいつの能力なのかもしれないわ…!試してみましょう!」スッ

咲夜「向かってくるなんてね…串刺しにしてあげるわ」クスッ ザザザザッ

悟空「霊夢にすげえ数のナイフがっ!あぶねえっ!!」

霊夢「二重結界!」ガガガガッ

咲夜「防いだ…!?くっ!」

霊夢「そこよっ!」ケリ

咲夜「ふっ、遅いわね」

霊夢「まだまだ!」ダッ ダッ

咲夜「ふふっ…あなたの、動きなんて止まっているみたいに見えるわ」スッ

霊夢(すべて軽くいなされている…!でも…)
29 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:27:26.34 ID:14wT0cCt0

悟空「これならどうだっ!はぁっ!!」ボンッ

咲夜「っ!?」

霊夢「死角からの攻撃…これなら…があっ!?」ドンッ

悟空「霊夢!?いつの間に霊夢の後ろに…!」クルッ

咲夜「残念、あなたたちの動きなんてすべてお見通しなのよ」ナイフナゲ

霊夢「っ!」サクッ

霊夢(今の攻撃を避けたのはおそらく奴の能力…死角からの攻撃をいとも簡単にかわしたうえで私の背後に回り込み、攻撃するなんて…)グググッ

悟空(超サイヤ人)「はあっ!」ボッ

咲夜「それはさっき美鈴との戦いでしたパワーアップね。それでも私には敵わない…」ニヤッ

悟空(超サイヤ人)「やってみなきゃ、わかんねえぞ!!」ダッ
30 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:28:32.21 ID:14wT0cCt0

霊夢(…奴は能力に絶対の自信を持っている。それは何故?)ポタッ

悟空(超サイヤ人)「だだだだっ、だりゃっ!!」ドドドッ

咲夜「結構なスピードね…でも…」

悟空(超サイヤ人)「あ、当たらねえ!どうなってるんだ!!くっ、ナイフがっ!」ガガガッ

霊夢(あの孫くんの攻撃ですら当たらない…すべてを綺麗にかわしている…!)ポタッ

霊夢(それにあの移動方法…途中まではとらえられるのに、いつの間にか別の場所へ一瞬で移動してる…)ポタッ

霊夢「…」チラッ 
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:29:28.03 ID:UmD0kttQO
超サイヤ人になったり戻ったり忙しいなw
32 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:29:45.86 ID:14wT0cCt0

咲夜「ふっ、遅いわね」シュン

悟空(超サイヤ人)「ぐっ…!どこだっ…うわっ!?」ドサッ

咲夜「ここよ。力の差がわかったかしら?」スッ

霊夢「ええ、わかったわよ。あんたの倒し方がね!」

悟空(超サイヤ人)「ほんとか!?霊夢!」

咲夜「へえ、面白いわね…どう倒してくれるのかしら!」チャキ

霊夢(…あいつは戦う前にこんなことを言ってたわね。あなたの時間は私のものって…)

霊夢(あの移動も攻撃方法も回避も、すべてがあいつの言葉通りのことだとしたら?)

霊夢「…そのナイフ、私の血がついてるわね」
33 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:31:19.04 ID:14wT0cCt0

咲夜「…?そうね、それがどうかしたかしら」

霊夢「ナイフはすべて回収してるのね。あんたのその「時を止める能力」で!」

悟空(超サイヤ人)「時を…止める!?」

咲夜「…よくわかったわね…」

霊夢「移動方法もむちゃくちゃだし、この孫くんの攻撃をきれいにかわすから、あんたの能力に謎があると思ったのよ」

霊夢「それで私に投げたナイフにわざと血をつけて、そのナイフをずっと見てた」

咲夜「なるほど、それを私が回収したから、時を止める能力と断定したのね。お見事よ」

咲夜「…ふふっ、だけどね…わかったところでどうにかなるのかしら?この能力に弱点はないわ!」
34 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:32:29.65 ID:14wT0cCt0

悟空(超サイヤ人)「また消えたっ!どこだっ!?」キョロキョロ

霊夢「ネタがわかればこっちのものよ!孫くん、私のそばから離れないで!」

霊夢「封魔陣!!」ゴゴゴッ

咲夜(何をしようと時を止めて…)ゴォォォ

咲夜「なっ!…逃げ道が…ないっ!?くっ…!」

霊夢「そう、たとえ、時を止めたとしても動ける場所を封じられていれば何もできないし、どこにも行けないわ」

悟空「す、すげえっ!」スッ

霊夢「そして、このまま結界に封じる!!」カシャン

咲夜「っ!」カシャン
35 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:33:24.39 ID:14wT0cCt0

悟空「おめえ、やるなぁ!」

咲夜(…私が敗れるなんて…でも、お嬢様ならあるいは…)

霊夢「ふふっ!これが博麗の巫女の実力よ。それにしても、魔理沙が心配ね」

悟空「魔理沙はきっと大丈夫さ!あいつも結構やるじゃねえか」

霊夢「…そう、ね、まあ、しばらくしたら合流するか」

悟空「そうそう。じゃ、先に…っ!?」ボンッ

霊夢「孫くんっ!?」

???「美鈴を破り、咲夜まで退けるか…正直、お前たちを舐めていたわ」ゴゴゴッ

霊夢(このおぞましい威圧感…こいつが…)キッ
36 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:34:44.09 ID:14wT0cCt0

霊夢「あんたが異変を起こした張本人ね。迷惑だから、霧を止めなさい」

レミリア「この誇り高き吸血鬼のレミリアが、人間の言うことに従うとでも?」

悟空「おめえ、なんかベジータみてえなやつだな…いちち…」ガラガラ

霊夢「よかった…大丈夫?孫くん」

レミリア「まだ、息があったの。人間はもろいと思っていたけど、なかなかしぶといわね」クスッ

悟空「おめえ、ちいせえ体なのにすげえパワーだな!さっきの攻撃、なかなか効いたぞぉ!」

レミリア「小さいは余計よ。ふっ、やっぱり人間は楽しいわね…それともあなたは人間じゃないのかしら?」

悟空「オラは宇宙人だけんど、地球育ちのサイヤ人だっ!」
37 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:35:27.50 ID:14wT0cCt0

霊夢「そんなことはどうだっていいのよ!霧を止めないっていうなら力づくでも止めにかかるわよ!!」

レミリア「力づく?…人間がこのレミリアに敵うと思っているの…?」ゴゴゴッ

悟空(超サイヤ人)「すげえ力感じんぞ…!今までのやつとは格が違うみてえだ!」ボッ

霊夢(孫くんがいきなりその姿でいくなんて…)

霊夢「ふふっ、一筋縄じゃいかなそうね」グググッ

レミリア「ああ、こんなにも月が紅いから本気で殺すわよ」ゴゴゴッ

霊夢「こんなにも月が紅いのに…」キッ


「楽しい「永い」夜になりそうね」


38 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:38:09.82 ID:14wT0cCt0



一方そのころ…落とし穴に引っかかった魔理沙は…



紅魔館 大図書館



魔理沙「う〜ん、結構歩き回ってみたが…周りは本、本、本…」

魔理沙「普段なら大歓迎なんだが、状況が状況なだけにな…まあ良さそうな本は借りていくがな」

魔理沙「ん?あれは…地下へ続く階段か?…ちょっと気になるな」

???「そっちは出口じゃないわよ?」

魔理沙「誰だっ!?」ゾクッ
39 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:39:38.82 ID:14wT0cCt0

魔理沙(この尋常じゃない魔力量…こいつ…私とは比べ物にならないほどの高レベルな魔女か…!!)

パチュリー「私はパチュリー、覚えなくてもいいわ。そこは出口じゃないから引き返しなさい」

魔理沙「…お前、霧を起こしてる連中の中の一人だろ?そんな奴の言うこと…聞くと思うか?」

パチュリー「引き返さないと後悔することになるわ。そっちには化け物がいる…引き返しなさい…!」ポォォォ

魔理沙「おお〜怖い怖い。よほどこっちには見られたくない何かがあるってことだな」ニッ

パチュリー「引き返せ…!」ゴォォォ

魔理沙「…ふっ、私のスピードについてこれるか!?」ビュゥン

パチュリー「くっ…まずいことになったわ…早くあの馬鹿を止めないと…!」

40 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:41:03.27 ID:14wT0cCt0



紅魔館 ???



魔理沙(この先に異変に対する手掛かりがあると見たぜ…!)

魔理沙「このまま…っ!うわっ!?」ボンッ

パチュリー「止まりなさい!この先にはいかせないわ!!」ポォォォ

魔理沙「ふう…あいつを倒さねえことには先には進めないか。こいよ、魔女!現代の魔法使いの戦い方を見せてやるぜ!」グッ

パチュリー「ふん、馬鹿ね…燃えなさい!アグニシャイン」シュゥン

魔理沙「おっと、あぶねえ!炎の魔法か…!」シュン

パチュリー「まだよ。プリンセスウンディネ!」ジョワァ
41 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:42:14.62 ID:14wT0cCt0

パチュリー「まだよ。プリンセスウンディネ!」ジョワァ

魔理沙「水の魔法…!ちっ、イリュージョンレーザー!!」ドゴォォ

パチュリー「甘いわ、シルフィホルン!」ブゥゥン

魔理沙「くそっ!なんて速さの詠唱だ…!追いつけねえ!ぐうっ!!」ブゥゥン

パチュリー「ふうっ…レイジィ…トリリトン!」ゴォォン

魔理沙「うぐっ…!避けることで、精一杯だ…!さすがは魔女だぜ」ドサッ

パチュリー「はあ…はあ…メタル、ファティーグ!!」カシャン

魔理沙「マジックミサイル!!…?なんだ、あいつ…様子が…」ドォォン
42 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:44:10.95 ID:14wT0cCt0

パチュリー「…ごほっ…ごほっ!…くっ、まだよ…シルバー、ドラゴン…!」ゴォォォ

魔理沙「スターダストレヴァリエ!!…もしかしたら、あいつ、満足に魔法を詠唱できないんじゃないか?」

パチュリー「ぐうっ…はぁっ…げほっ…!!」ゴフッ

魔理沙「やっぱりそうだ!こんな高度な魔法を連続で唱えまくったんだ。ある程度の負荷がかかるはず…狙うなら、今だ!!」

パチュリー「くっ…エメラルドメガ…」ポォォォ

魔理沙「させねぇっ!くらえっ!!」ドスッ

パチュリー「うっ…!!ぐっ…げほっ!はあ…はあ…」バタッ

魔理沙「お、おい?大丈夫か…?わ、悪い、ここまでやるつもりは…」
43 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:46:33.28 ID:14wT0cCt0

パチュリー「わ、私も…衰えた、ものね…はあ、はあ…こんな、こんな子供に…」

魔理沙「…魔法使いとしての実力はお前の方がはるかに上さ。お前の魔女としての力が全盛期のものであったら、私は確実にやられてたよ」

パチュリー「…あなたの…名前は…?」

魔理沙「霧雨魔理沙、普通の魔法使いだぜっ!」ニッ

パチュリー「魔理沙…覚えたわ。あなたの…名前…」

魔理沙「ああ、偉大な魔法使いの名前をしっかりと胸に刻んでな」

???「すごい、すご〜いっ!」パチパチパチ

魔理沙「!!??」ゾワッ

パチュリー「こ、この声は…地下室から出ていたの…!?」ハッ
44 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:47:34.50 ID:14wT0cCt0

???「魔理沙、強いね〜!あのパチュリーに勝っちゃうなんて!」

パチュリー「に、逃げて…あの子には…敵わない…ごほっ!」

魔理沙(ああ、私にだって力の差はわかる…あいつは化け物だ…!)

魔理沙「お前は誰だ…?」

フラン「私の名前はフランドール!フランって呼んで〜!」ニコッ

魔理沙「フラン…お前は何者だ…?」ゾクッ

フラン「私?私はね、吸血鬼!」

魔理沙「吸血鬼…ほんとに何でもありだな。16年生きてきたけど、吸血鬼を見るのは初めてだぜ」

フラン「そう?私もこの495年間で生きた人間を見るのは初めて!」
45 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:50:45.24 ID:14wT0cCt0

魔理沙「何だ、年上か…!そうは見えないな…」

フラン「うふふっ…♪私はここでずっと住んでるの!ずっと…」ゴゴゴッ

魔理沙「…っ!」ゾワッ

フラン「暇で暇で仕方なかったんだぁ…だから…」ゴゴゴッ

フラン「遊んで?」ニコッ

魔理沙「つかまれ、パチュリー!逃げるぞ!!」ビュゥン

パチュリー「無駄よ…すぐに追いつかれるわ」

魔理沙「任せろ!スピードには少し自信があるんだぜ?」

フラン「あははっ…鬼ごっこ?楽しいなあ!!」ビュゥン
46 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:51:41.96 ID:14wT0cCt0

GT悟空が幻想入り 第三話



紅魔館 ロビー



レミリア「さあ、私を楽しませなさい!」

悟空(超サイヤ人)「いくぞ、霊夢!」タッ

霊夢「ええ、はあっ!!」ケリ

レミリア「ふっ…」グググッ

霊夢「受け止められた!?うわっ!!」ブゥン

悟空(超サイヤ人)「霊夢!?」

レミリア「他人の心配をしている暇はないわよ?」ポォォォ

悟空(超サイヤ人)「うっ…!?な、なんてでけえエネルギー弾だ…!」グッ
47 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:54:57.61 ID:14wT0cCt0

レミリア「消えなさい!」ドンッ

悟空(超サイヤ人)「ちっ!」シュン

レミリア「…?消えた…?」ドォォン

悟空(超サイヤ人)「瞬間移動だ!はっ!!」ボンッ

レミリア「っ!…今のは少し驚いたわよ」ドンッ

悟空(超サイヤ人)「があっ…!な、なんてやつだ…死角からの攻撃もたいして効いてねえ…」ガラガラ

霊夢「さ、さすがは吸血鬼ね…パワーもスピードも桁違いだわ…」ストッ

レミリア「ふっ、今度は…こちらからいくわよ?」シュン
48 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:56:19.75 ID:14wT0cCt0

悟空(超サイヤ人)「っ!霊夢っ!!後ろだっ!」ハッ

霊夢「っ!がふっ…」ズサァ

レミリア「…スターオブダビデ」スドドッ

霊夢「に、二重結界っ!!」カシャン

レミリア「甘いわね。そんな結界じゃ私の攻撃は防げないわ」ニヤッ

霊夢「結界が破られたっ!?きゃあぁぁっ!!」ドサッ

悟空(超サイヤ人)「霊夢っ!大丈夫か!!」クルッ

霊夢「はあ…はあ…何とか…ね」グググッ

悟空(超サイヤ人)「こりゃあ出し惜しみもしてらんねえな…」グッ
49 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:57:39.34 ID:14wT0cCt0

レミリア「隠してる力があるなら早く出しておくことね。死んでからじゃ遅いわよ?」

悟空(超サイヤ人)「ああ、いかせてもらうぜ…!」シュイン

悟空(超サイヤ人)「はあぁぁぁっ!!」ボッ

霊夢「…!?黄金の輝きが…強く…!」

悟空(超サイヤ人2)「さあ、第二ラウンド、始めようぜ?」バチバチ

レミリア「ふん、それが…どうした!」ビュゥン

悟空(超サイヤ人2)「わからないか?さっきのオラより強いってことだっ!!」タッ

霊夢「はやいっ!?」

レミリア「がはっ…!」ドンッ
50 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 22:58:41.70 ID:14wT0cCt0

霊夢「私でさえ、目で追うのがやっと…!これが、孫くんの力…」

悟空(超サイヤ人2)「久しぶりになったな…超サイヤ人2にも」バチバチ

レミリア「…このレミリアに一撃、食らわせるなんてね」ポタッ

悟空(超サイヤ人2)「一撃なんて言わずに何発でもぶち込んでやるぜ?」スッ

レミリア「ふんっ!図に乗るな。二度目はないっ!!」ビュゥン

悟空(超サイヤ人2)(さっきより気が増してやがる…あいつも本領発揮ってとこか)

悟空(超サイヤ人2)「面白くなってきたぜ!こいっ!!」グッ
51 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:00:26.82 ID:14wT0cCt0
瞬間移動は戦闘中で見える範囲なら子供の孫くんでも使えるという設定にさせてください・・・!何でもしますから・・・
52 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:01:59.72 ID:14wT0cCt0


ドゴゴゴゴッ


霊夢「…?何、この音…地下から?」ゴゴゴッ

悟空(超サイヤ人2)「…!?なんだ、この気は…!?」キョロキョロ

レミリア「よそ見とはいい身分ね!」

悟空(超サイヤ人2)「ま、まて!これは…」ドゴォォ

霊夢「床が!?「うわぁぁぁっ!!」」ドゴォォン

悟空(超サイヤ人2)「こ、この声は…魔理沙!?」

魔理沙「ど、どけどけどけっ!!」ビュゥン

霊夢「な、なんであんたが館の床から出てくんのよ!!しかも、また知らないやつ乗せてるし…!」

魔理沙「れ、霊夢!それに悟空も!た、助かった!!」ビュゥン
53 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:03:31.51 ID:14wT0cCt0

レミリア「パチェ…?そこで何をしているのかしら…」

パチュリー「れ、レミィ…ま、まずいことに、なったわ…あなたの妹が…」ヨロッ

レミリア「フランが・・・?」

フラン「あははっ!みぃつけた!!もっと…遊んでよ?」ビュゥン

「「っ!?」」ゾワッ

霊夢「…これは、手に負えないわね…」

悟空(超サイヤ人2)「あいつはやべえな…!」アセアセ

レミリア「フラン…何をしているのかしら?」

フラン「ん〜?地下に面白そうなものが入り込んでたから〜遊んでたんだ!」ニコッ

レミリア「地下室に戻りなさい。今すぐよ」
54 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:05:12.10 ID:14wT0cCt0

霊夢「何だか、様子が変よ…向こうにとっても予想外の出来事みたいね…」

魔理沙「お前たちはあっちのちっこいのと戦ってたのか?こっちはあいつと戦ってたんだが…」

悟空(超サイヤ人2)「あいつはかなりやばいな…多分こっちのちっこいやつより強いぞ」

フラン「…ふふふっ…あははははっ!!」バタバタッ

レミリア「何が…おかしいのかしら?」

フラン「…ねえ、お姉さま。私はあとどれくらい、地下にいればいいの?」

レミリア「…っ!そ、それは…」

フラン「あと一年?それとも十年?百年?千年?」
55 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:06:22.68 ID:14wT0cCt0

レミリア「私が…私が許すまでよ…」グッ

フラン「許すまでって…お姉さまはいつまで経っても外へ出してはくれないじゃん…!」ゴゴゴッ

フラン「私も外にいきたいよ。お月様が見たい…一度だけでもいいから、外に出してよ!!」ゴォォォ

「「…!」」ゾワッ

レミリア「…フランの力は危険すぎるの。だから、力のコントロールができるまで…「前から思ってたんだ〜」」

フラン「何で、たかだか数年早く生まれただけのお姉さまの言うことを私が聞かなくちゃいけないの?」バンッ

レミリア「っ!?がっ…はあっ…!」ズシャァ
56 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:08:16.85 ID:14wT0cCt0

パチュリー「レミィっ!?」

悟空(超サイヤ人2)「な、何が起こったんだ…!?」

魔理沙「レミリアの右手が…吹き飛んだぞ!?」

パチュリー「あれが…あの子の、能力…!ありとあらゆるものを、破壊する能力よ…!」

霊夢「ありとあらゆるものを…破壊する能力ですって…!?」

魔理沙「それってつまり…この世にあるすべてのものを破壊できるってことじゃないのか!?」

パチュリー「でも、あの子はレミィが言ってたように…力のコントロールができていないの…」

悟空(超サイヤ人2)「ということは…あいつが外に出ていっちまったら…やばいんじゃねえか…?」

霊夢「やばいなんてどころの話じゃないわ…!ここでなんとしても止めないと…」グッ

魔理沙「お、おいっ!あれ…」スッ
57 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:09:13.51 ID:14wT0cCt0

フラン「最初からこうしておけばよかったんだぁ〜ふふっ!」ボンッ

レミリア「うあっ…フラ、ン…」ヨロッ

フラン「消えて?お姉さま…!」ニコッ

「させませんっ!」シュン

フラン「…ん?うっ…!?」ズサッ

「お嬢様、ご無事ですか!?」グッ

レミリア「咲夜…美鈴…」

咲夜「あの巫女にやられた結界が解けて、急いで、駆けつけたのですが…」

美鈴「これはいったい、何が起こってるんですか?」

レミリア「フラン…暴走して…ぐうっ…!」ゴホッ
58 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:10:48.44 ID:14wT0cCt0

咲夜「これは治療が必要ですね…!吸血鬼の再生が追い付いていない…!」

美鈴「妹君の能力のせいですかね…これは…ぐふっ!?」ドゴォォ

咲夜「美鈴!?…はっ…妹、様…」

フラン「咲夜…どいて?お姉さまを、殺せないじゃん」テクテクテク

咲夜「…本気、なんですか?」

フラン「本気だよ?だから、どいてよ」ニコッ

咲夜「だったら…どくわけにはいきませんね!」スッ

フラン「やめといた方がいいと思うけどな〜?私、咲夜は殺したくないよぉ?ご飯も上手だし」

咲夜「お褒め預かり光栄ですね…ですがそれはきけません…!」グッ

フラン「じゃあ…しょうがないね…!」ゴォォォ
59 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:12:05.78 ID:14wT0cCt0

魔理沙「待てよ!」ザッ

フラン「ん?魔理沙…どうしたの?今忙しいんだけど…」ニコッ

魔理沙「勝手に目移りしてるんじゃねえよ。まだ私との遊びが終わってないはずだぜ?」チョイチョイ

フラン「そういえばそうだね〜でも…魔理沙は多分、すぐ死んじゃうよ?」クスクス

魔理沙「…大丈夫だ。今回はこの、怖い巫女さんと、お前といい友達になれそうなやつもいるからよ」

霊夢「誰が怖い巫女よ!」グイッ

悟空(超サイヤ人2)「あいつと友達かぁ…なれんかなぁ…?」ウーン

フラン「ふ〜ん、まあ、お姉さまは後で殺せばいっか…いいよ!遊ぼうっ!!」
60 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:13:52.03 ID:14wT0cCt0

魔理沙(きた…これで、ひとまずは私たちに関心が向くはずだぜ…)

霊夢「それで、何して遊ぶのかしら…?」

フラン「当然、弾幕ごっこっ!」ニコッ ゴゴゴッ

悟空(超サイヤ人2)「いくぞっ!!最初から、全開で飛ばせっ!」ビュゥン

霊夢「ええっ!わかってるわっ」ビュゥン

魔理沙「パチュリー、箒から降りてな。そこにいちゃあ…」

パチュリー「このままでいいわよ。後ろから、援護くらいはしてあげる…」

魔理沙「いいのか?あれはお前んとこの…」

パチュリー「いいのよ。今はあの子を止めることが先決…!」

魔理沙「ああ、そうかい…あ、今のは植物のな…」

パチュリー「どうでもいいわよっ!ごほっ…」

魔理沙「ふっ…じゃあ、いくぜっ!」ビュゥン
61 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:14:45.63 ID:14wT0cCt0


咲夜「い、今のうちに…お嬢様を!」スッ

レミリア「…フラン…」ゴホッ


悟空(超サイヤ人2)「ぜやぁっ!!」ブウン

フラン「おっと…!」スッ

霊夢「はあっ!!」ザッ

フラン「おしいおしいっ」ニコッ

霊夢「くっ…!」マワシゲリ

悟空(超サイヤ人2)「なめんなよっ!!」ドゴォ

フラン「あははっ、楽しくなってきたなっ!」グググッ
62 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:15:49.44 ID:14wT0cCt0

悟空(超サイヤ人2)「簡単に受け止めるか…!「どけっ!」」

魔理沙「スターダストレヴァリエ!」 パチュリー「ラーヴァクロムレク!」

フラン「…レーヴァテイン」ザンッ

魔理沙「なっ…!切り裂かれたのか!?」

フラン「スターボウブレイク」ダダダダッ

霊夢「ま、まずいっ!みんなっ!こっちにっ」シュウン

霊夢「二重結界っ!」ガガガッ

フラン「無駄、無駄!切り裂かれちゃえ!」ダダダッ

霊夢「ぐっ…ぐぐっ!!や、破られるわっ!」グググッ パリンッ
63 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:17:12.56 ID:14wT0cCt0

悟空(超サイヤ人2)「かめはめ波っ!!」ドォォォ

魔理沙「イリュージョンレーザー!」ビュゥン

パチュリー「アグニシャインっ」ボォッ

フラン「すご〜いっ!防いじゃった!」パチパチパチ

フラン「でも、もう飽きてきちゃったな〜もう、殺そうかな?」ニコッ

パチュリー「はあ…はあ…」

魔理沙「くそ、勝てる気がしないってのはこんな時のことをいうんだろうな…」

霊夢「最後まで…あきらめないわよ…私は…!!」グッ

悟空(超サイヤ人2)「…仕方ねえ…この変身だけはできればなりたくなかったけどよ…」バチバチ

魔理沙「っ!?悟空、お前まだ…?」

霊夢「どれだけ力隠してんのよ…!」
64 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:18:40.50 ID:14wT0cCt0

悟空(超サイヤ人2)「これが最後のパワーアップだ。こいつはエネルギー消費が激しすぎる…」

悟空(超サイヤ人2)「だから、短時間でばてちまうんだけど…そうは言ってられねえ」ゴゴゴッ

フラン「…?」

パチュリー「このエネルギー…!?なんて、膨大な…まだ上がるの?」

魔理沙「私にもわかる…これなら…!」

霊夢「す、すごい…!孫くん…!!」

悟空(超サイヤ人2)「はあぁぁぁっ!!」ボォォォ

フラン「このエネルギー…あいつから…!?」
65 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:20:31.87 ID:14wT0cCt0

悟空(超サイヤ人3)「…みんな、下がっててくれ。こいつはオラが倒す」

魔理沙「1人で…!?それは無茶だぜ!私たちも…」

霊夢「いくわよ。魔理沙」

魔理沙「な、なんでだよ!一人じゃ…!」

パチュリー「私たちがいては足手まといになるだけだわ…」

魔理沙「…!?…わかった…悟空、任せたぜ…!」

悟空(超サイヤ人3)「ああ、任せろ!…フランとか言ったな!待たせて悪かったな。さあ、始めようぜ」

フラン「そんな顔になったって全然、怖く…!?」ズンッ

悟空(超サイヤ人3)「悪いな、隙だらけだったもんだからつい攻撃しちまった…!」ドスッ
66 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:21:25.14 ID:14wT0cCt0

フラン「ぐ、は…!?」ゴホッ

悟空(超サイヤ人3)「だりゃあぁっ!!」グルングルン

フラン「っ!わぁぁっ!!」ドォォン

フラン「ま、まさか…こんなことが…!?」ビュン

悟空(超サイヤ人3)「かめはめ…波っ!!」ゴゴゴッ

フラン「っ!スターボウブレイク!…あいつはっ?」ドォォン

悟空(超サイヤ人3)「こっちだぞっ!」シュン

フラン「後ろ!?くっ…!」ガンッ

悟空(超サイヤ人3)「だだだだっ!!」ドドドッ


パチュリー「す、すごい…圧倒している…」

魔理沙「これが悟空の本気か…!いけるぜっ!これなら…」

67 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:23:09.91 ID:14wT0cCt0

フラン「ふ、ふざけるなっ!私は…こんなところで、負けるわけにはいかないんだっ!!」グググッ

霊夢「これは…まずいわ!破壊の能力を使うつもりよ!!」

フラン「遊びは終わり…!これで、砕け散れっ!!」ボンッ

悟空(超サイヤ人3)「…ぐうっ!…これが、破壊の力っちゅうやつか?」ツー

フラン「な、なんで!?なんで破壊できないの!!」

悟空(超サイヤ人3)「お前の破壊する能力にも破壊できねえものがあるみてえだな」

霊夢「孫くんとフランの力が離れすぎているから、破壊の能力が通用しないんだわ!」

魔理沙「これで、やつは切り札をなくした!いけっ、悟空!」
68 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:24:21.70 ID:14wT0cCt0

フラン「こんな、私は外に出る…一度でいいから外に…」

フラン「負けられない…負けられないんだっ!!」ゴゴゴッ

悟空(超サイヤ人3)「…最後の賭けに出るつもりか…!」

パチュリー「フランに力が集まっているわ…!」

霊夢「孫くん…!」

フラン「495年…私はここまで、待った…!お姉さまの言葉を信じて…!」

フラン「でも、何も変わらない…あのままだったら、私は外に出ることは叶わなかった…」

フラン「今、負けるわけにはいかないっ!!うわぁぁぁぁっ!!」ドゴォォ

悟空(超サイヤ人3)「…はぁぁぁっ!!」ゴォォ
69 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:25:40.30 ID:14wT0cCt0


ドォォォォォォン


魔理沙「ど、どうなったんだ…?」

パチュリー「な…そんな…」ガクガクッ

霊夢「そ、孫くん…!?」

フラン「は、あはははっ!!まだ、天は私を見放してなんかいなかったってことだよねっ!!」

悟空「し、しまった…変身が解けちまった…っ…」ヒュゥゥン バタッ

霊夢「孫くん!!」 魔理沙「悟空っ!!」

フラン「危なかったよ…あいつがエネルギー切れしてくれなかったら押し切れなかった!」

パチュリー「どうやら…最悪のゲームになったみたいね…」
70 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:27:00.46 ID:14wT0cCt0

GT悟空が幻想入り 第四話



紅魔館 ロビー



フラン「さあ、あとはあなたたちを殺して、お姉さまも殺す。それで、すべてが…」

霊夢「…そう簡単に殺されないわよ!」

魔理沙「できる限りのことはやってやるぜ…!」グッ

フラン「そう〜?じゃあ、消えて…!」ニコッ

パチュリー「くるわよっ…!」
71 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:28:36.84 ID:14wT0cCt0


門前


悟空「く…ダメだ…力が、はいんねえ…」ゴホッ

美鈴「だ、大丈夫…?」ヨロッ

悟空「お、おめえは門の…え〜と、なんて言ったっけ…」

美鈴「紅美鈴…覚えといてよ…」アハハ

悟空「何だ…おめえもボロボロじゃねえか…」

美鈴「妹君の怪力をもろに食らったから…そんなことより…」ポォォォ

悟空「こ、これは…おめえの気が、オラの体に…」

美鈴「気を操るということはこんなこともできるの。これで、少しは回復したはず…」ペタン

悟空「すまねえ、助かったぞ…!」ヨロッ

美鈴「私の気をあげただけだから…全快には程遠いけど、一発分ぐらいは大丈夫だと思うわ」

悟空「ああ、チャンスは…一発だな…」ジッ


72 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:29:37.52 ID:14wT0cCt0


霊夢「きゃあっ!!」ドサッ

魔理沙「ぐああっ!!」ドンッ

パチュリー「く、さっきの戦いで傷ついてるはずなのに…それでも、勝てない…」バタッ

フラン「当たり前だよ〜!三匹のアリが恐竜には勝てないよね?それと同じ…!」ニコニコ

フラン「そろそろ飽きてきたなぁ…終わらせようっと!…10秒、祈る時間をあげるよ!」

パチュリー「…私たちをもてあそんでいるわね…」グッ

霊夢「…必ず、どこかに勝機があるはず…どこかに…!」ゴホッ

魔理沙「…一つだけ、一つだけあいつに一矢報いる方法があるぜ…!」
73 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:30:33.02 ID:14wT0cCt0

パチュリー「…聞かせなさい…」

魔理沙「以前、霊夢と異変解決しに向かいに行った時だ。お前は覚えてるよな?」

霊夢「…どれ?」

魔理沙「あれだよ、私と一回戦ったやつ…」

霊夢「ああ、あれね。それが今何の関係が…」

魔理沙「その異変起こした奴がすごい魔法撃ってきただろ?あれなら…」

霊夢「ああ!幽香の…確かにあれならいけるかも…!」

パチュリー「じゃあ、そのすごい魔法とやらを早くぶっ放しなさいよ…」

魔理沙「そう思うんだが、あれはかなり高度な魔法で私じゃあ1分ぐらい魔力を溜めないと無理なんだ…」
74 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:31:37.46 ID:14wT0cCt0

パチュリー「いっ、1分ですって…!?」

霊夢「すごく長いじゃないの!…だけど、それしか方法はなさそうね…!」グッ

魔理沙「頼んだぜ。1分、何とか持ちこたえてくれ…!」

霊夢「ええ、頼まれたわよ!」ビュゥン

フラン「お祈りはすんだ?私もあなたたちを殺す方法、考えたよ!」ニコッ

霊夢「ふん、どうやって殺すのよ」

フラン「えっとね〜やっぱり、この…」ゴゴゴッ

霊夢「ちっ…破壊の能力か!」スッ

フラン「あたり!…ドカ〜ンっ!!」バンッ
75 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:32:48.88 ID:14wT0cCt0

霊夢「そう何回も見たら、避け方ぐらい身につくわ!」シュン

フラン「避けちゃった…!すごい、すごいっ!」バンッ バンッ



魔理沙「よし、あれなら1分持ちそうだな!じゃあ、私も…」ポォォォ

魔理沙「そういえば、お前はいかないのか?」

パチュリー「私が行っても、あなたの箒がなければいい的になるだけよ。なら、ここにいる方がいいわ」

魔理沙「ちがいねえか…さあ、いくぜ」ポォォォ



レミリア「咲夜…もう、大丈夫よ…」ヨロッ

咲夜「!?いけません、お嬢様!まだ、傷が…」

レミリア「このくらいの傷…何でもないわよ…!」

咲夜「ですが…!?」バッ

レミリア「私が…フランを止めないと…!」
76 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:33:49.52 ID:14wT0cCt0

霊夢「とりゃあっ!!」ケリ

フラン「ひょいっと」スッ

フラン「ここががら空きだよ?」ポォォォ

霊夢「がはっ…!」ドサッ

霊夢「くっ…まだ…!!」グググッ

フラン「よいしょっと」ドゴォ

霊夢「うっ…があああぁっ…!!」ズサッ

霊夢「ごほっ…封魔、陣っ」ガガガッ

フラン「こんなので、止められると思う?」パリンッ

霊夢「…夢想、封印!!」シュババ

フラン「っ?」ドンドンッ

霊夢「はあ、はあ…くそ、もう限界よ…こ、殺される…」ヨロッ
77 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:34:53.21 ID:14wT0cCt0

フラン「すご〜い!今のは驚いたよ!でも、もう終わりみたいだね!」

フラン「じゃあ、消えて?」ククビツカミ

霊夢「う、ぐうっ...!」グググッ

レミリア「フラン!」ビュゥン

フラン「お姉さま!?うわっ」ズサッ

レミリア「離さないわ…!絶対に…!」ググッ

フラン「は、離してよ…!離せっ!!私を、これ以上…縛るなぁぁっ!!」ゴォォォ

レミリア「ぐっ…!これは私自身の罪…!あなたをずっと縛っていた私自身への…!!」ググッ
78 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:36:08.28 ID:14wT0cCt0


パチュリー「レミィが抑えてる今のうちよ!早く…!」

魔理沙「…わかってる!もうすぐだ…!」ポォォォ

魔理沙「…できたぜっ!!」ゴォォォ


霊夢「…!できたみたいね…だけど、今レミリアが…」クルッ

レミリア「し、白黒の魔法使い!私に気にせず、そいつを放てぇぇぇっ!」ググッ

霊夢「…いいのね…?」

レミリア「…!」コクッ

フラン「…?…魔理沙…!?あ、あれは…は、離せぇぇぇぇっ!!」ハッ

魔理沙「遅いぜ…!くらいなっ!!この魔法の名前は…」
79 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:37:07.98 ID:14wT0cCt0

魔理沙「マスタースパークだぜっ!!!」ドォォォォォォン

フラン「くっ…!?これは…まずい!!」

フラン「うっ…うわぁぁぁっ!!」ドォォォォォ

パチュリー「何て巨大なレーザーなの…!」

霊夢「こ、これなら…!?」フラッ

魔理沙「ま、まだだ!あいつ…ぐっ…!」ドォォォォォォン

フラン「ぐっ…この、程度…!!がああっ!」グググッ

レミリア「フラン…そこ、まで…!!」ググッ

魔理沙「だ、ダメだ…私の魔力じゃ…耐えられちまう…くそっ!!」ドォォォォォォン
80 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:38:19.69 ID:14wT0cCt0

パチュリー「はぁぁぁっ…!!」ポォォォ

魔理沙「ぱ、パチュリー!?お前…!!」ポォォォ

パチュリー「魔力なら、ここにあるわ…!気にせず撃ちなさい!!」ポォォォ

魔理沙「パチュリー、サンキュー!!…いくぜっ!!」ググッ

魔理沙&パチュリー「「マスタースパークっ!!」」

フラン「ぐっ…こんな、こんなぁ…!!」ゴォォォ

レミリア「フラン…!もう止めましょう…!!」ゴォォォ

フラン「うる、さい!…くぁっ!うっ…わぁぁぁぁっ!!」ドォォォォォォン
81 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:40:26.08 ID:14wT0cCt0

霊夢「こ、今度こそ…!!」

フラン「ま、だだぁぁっ!!」ヨロッ

レミリア「…」ズサッ

魔理沙「く、そっ…万事休すか…すまない…みん、な…」バタッ

パチュリー「魔理沙っ!くっ…」

フラン「すべて、すべて…消してやる!…消え…っ!!」グッ

悟空「今だっ!!うりゃあぁぁっ!!」ビュゥン

フラン「っ!?なっ…」ハッ

霊夢「そ、孫くん…!?」

悟空「龍拳だぁっ!!」ゴォォォ

フラン「があっ…!?」ドォォン

悟空「…はあ、はあ…」ヨロッ

フラン「…」ドサッ

魔理沙「や、やったっ…!」ハァハァ

霊夢「やれやれ…ようやく、この異変も解決ね…」ポリポリ

悟空「はあ…疲れたぁ…」バタッ

82 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:42:50.13 ID:14wT0cCt0



レミリア「…フラン」ヨロッ

フラン「…お姉さま」ガタッ

レミリア「私は…」

フラン「わかってる…全部、私のためだったって言うのは…」

フラン「私はまだ力のコントロールができない。今日は満月の日だから、コントロールはたまたまうまくいった」

フラン「だけど、いつ暴走するかはわからない…私のことは一番、私がわかってる!」

フラン「でも、やっぱり、一度でいいから外に出たかった。この騒動に紛れて、本物のお月様が見たかったの!」

レミリア「…」
83 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:45:16.48 ID:14wT0cCt0

咲夜「妹様…お嬢様が地上で何の異変を起こしたかわかりますか?」

レミリア「咲夜…!」キッ

フラン「異変…?わからないよ」

咲夜「それは数日の間、霧で地上のすべてを覆いつくすというものです。霧が出ることで人や妖怪ですら、滅多なことでは外を出歩かなくなる」

咲夜「そうすることで、495年間、地下で幽閉されてきた妹様を外にお連れしようとしたのです」

フラン「お姉さま…それは、本当なの?」

レミリア「…本当よ…この紅霧の目的は幻想郷の日の光を奪うことなんかじゃないわ…」

レミリア「私もあなたを数日の間だけだけど外へ連れ出してあげたかった。だから、この異変を起こしたの…」
84 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:45:56.12 ID:14wT0cCt0

フラン「すべては…私のために…!?」

レミリア「…ごめんなさい。こんなことではあなたを幽閉してきた罪は消せないとわかってる…だけど…」

フラン「…許すよ。私はお姉さまを許す!そして、早くこの力もコントロールして、霧なんていらなくするよ!」

レミリア「フラン…」ダキッ



美鈴「くう〜いい話ですね〜泣けてくるなぁ…」

霊夢「ちょ、ちょっと待ってよ…!じゃあ…この異変は…」

パチュリー「ええ、あと2、3日もしたら、レミィは霧をとくつもりだったみたいよ」
85 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:47:06.19 ID:14wT0cCt0

魔理沙「じゃあ、私たちは骨折り損だったってことかよ〜」

悟空「ははっ…まあ、つええやつにいっぺえ出会えたし、オラは満足してんぞ!」

霊夢「私はちっともよくないわよ!ああ…あと何日か様子見とけばよかったぁ…」

レミリア「孫悟空!」

悟空「何だ?レプリカ?」

レミリア「レミリアよっ!!…決着はまだついていないわ」

悟空「まだやんのか…?お互い、ボロボロだぞ…」

レミリア「私を倒さないことには異変は解決しないわよ?さあ…」ゴォォォ

悟空(超サイヤ人)「そういうことなら…決着つけっかっ!」ボッ

悟空&レミリア「「でやぁぁぁぁっ!!」」ガッ
86 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:48:44.32 ID:14wT0cCt0

悟空「…」シュン

レミリア「…ふっ、ふふっ…見事、ね」バタッ

レミリア「…霧は、といたわ…行きなさい」

悟空「サンキュー…!また、戦おうぜ…!」ヨロッ

フラン「悟空〜霊夢〜魔理沙〜!また、遊びに来てね!」タッタッタッ

魔理沙「ああ!明日くらいにいくかもだぜ〜!」

パチュリー「何しに来るのよ…?」

魔理沙「あの図書館、よさげな本いっぱい置いてるじゃないか…それを少し、盗…借りるだけだぜ」

パチュリー「くるなっ!帰れっ!」

霊夢「…じゃあ、そろそろ行きましょうか。孫くんはこれからどうするの?」

悟空「…そうだ!オラ、元の世界に帰りたくて困ってんだ!魔理沙?」

魔理沙「ああ、そうだったな!なあ、霊夢、こいつをもとの世界に返してやってくれないか?」

霊夢「そう、じゃあ孫くん、私の家に来なさい…もとの世界にあなたを送るわ」

悟空「ああ、じゃあ…いくかっ!」ビュゥン

87 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:50:23.41 ID:14wT0cCt0
こうして霊夢に元のドラゴンワールドへ戻してもらい、無事ベビーを倒すことができましたとさ・・・終わり
88 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:52:58.80 ID:14wT0cCt0
続けようと思えば続けられますが、とりあえずここでひとくぎりです。呼んでくださった皆さん、ありがとうございました!
89 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/07(火) 23:54:55.00 ID:14wT0cCt0
あと最初の質問で、ゴッドやブルーになれるのかというものですが・・・GTではなっている描写がないのでとりあえず今はなしです
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 12:37:44.78 ID:rB1aMh2eO
龍拳あるとなんか嬉しい
gtって酷評されてるけど一番好きだ
おつおつ
91 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/10(金) 18:28:51.19 ID:rRUxHL7r0
少しずつですが、投稿していきます。これは悟空が紅魔館での戦いの後、霊夢によって幻想郷から元の世界に帰ることができましたが、もし帰れなかったら・・・というお話です
92 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/10(金) 19:06:04.56 ID:rRUxHL7r0

GT悟空が幻想入り 第五話



博麗神社 



霊夢「さて、今から元の世界に孫くんを送り返すけど…あんたまでついてこなくていいのよ」チラッ

魔理沙「ああ、お構いなくだぜ」ストン

霊夢「…まったく、それで孫くん。何かやり残したこととかはない?」

悟空「ねえぞ。オラがいた地球でベビーが何をやってるかわかんねえ…はええとこ戻してくれ」

霊夢「まあ、そんなに心配しなくてもいいわよ。向こうでは孫くんが消えてから時間はほとんど経ってないの」
93 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/10(金) 19:06:52.60 ID:rRUxHL7r0

悟空「どういうことだ?」

霊夢「孫くんの世界とここ幻想郷とは時間の流れが違うってこと、幻想郷の一日は孫くんのいた世界の一分よ」

悟空「なるほど〜!精神と時の部屋みてえなとこなんだな!」

魔理沙「精神と時の部屋?」

悟空「気にしねえでくれ。オラを送るっちゅうけど、時間はかかんのか?」

霊夢「いえ、すぐに送り返せるわよ。結界を開いて、放り込むだけだからね」

悟空「何か適当だなぁ〜まあ、言っか!じゃあ、頼むぞっ」

霊夢「任せなさい!じゃあ、結界を開くわ!」バリバリバリ
94 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/10(金) 19:07:34.59 ID:rRUxHL7r0

霊夢「・・・ん?きゃあっ!」バチン

魔理沙「霊夢!?どうした?」タッタッタッ

霊夢「結界が・・・開けない・・・!どうなっているのかしら!」

悟空「ってことは、オラは元の世界に帰れねえってことかぁ!?」

魔理沙「そうなるな・・・霊夢、どうにか出来ないのか?」

霊夢「・・・当てがないことはないけど・・・」ポリポリ

魔理沙「何か不都合なことでもあるのか?」

霊夢「こういうのに詳しい妖怪がいるの。私は会ったことはないけど、幻想郷の賢者と呼ばれてるみたいなのよ」

悟空「そいつに会えば、帰れるかもしれねえってことか・・・そいつはどこにいるんだ?」
95 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/10(金) 19:08:38.99 ID:rRUxHL7r0

霊夢「知らないわ。神出鬼没でどこにでも現れるみたいだけど・・・」

魔理沙「なんだ・・・雲を掴むような話しじゃないか・・・」

悟空「せめて、なんか手がかりでもあればなぁ・・・」

霊夢「すまないわね、力になれなくて」ペタン

魔理沙「本当だぜ。使えない巫女だなぁ」ククク

霊夢「うるさい・・・!」キッ

悟空「えっと、向こうでの一分がこっちの一日だったな。なら、まだまだ時間はあるか・・・」グッ

霊夢「・・・どうするつもり?」

悟空(超サイヤ人)「とりあえずベビーのやつを倒せるように修行をするぞ!まだ向こうではオラが消えてから二分もたってねえみたいだしな!」ボンッ
96 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/10(金) 19:11:44.66 ID:rRUxHL7r0

悟空(超サイヤ人)「それで修行の合間に幻想郷の賢者ちゅうやつを探す!こうすりゃあ万々歳だ!」

魔理沙「そうかそうか、まあ修行ならつき合うぜ!・・・霊夢が」

霊夢「何で私なのよ!私が修行とか疲れることが嫌いなの知ってるでしょ!?」

悟空(超サイヤ人)「へへっ、何ならおめえら二人できても良いぞ?」ニヤッ

霊夢「・・・!それは少し舐めすぎじゃないかしら?よっこらせっと・・・」スッ

魔理沙「こいつは意外と負けず嫌いだからなぁ・・・ま、私もなんだけどなっ」グッ

悟空(超サイヤ人)「決まりだな・・・じゃあ、始めっぞ!」タッタッタッ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 21:35:04.51 ID:Gi1rSrnw0
きてたのか
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 22:52:24.92 ID:YEG7FlHH0
期待
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 22:54:53.02 ID:dlg6vUXOO
熱い展開好き
100 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/11(土) 18:49:41.24 ID:oERU6fJd0

霊夢「その変身でいいのかしら?孫くん!」シュバババ

悟空(超サイヤ人)「まずは様子見だっ!はあっ!」ボンッ

魔理沙「くらいな!マジックミサイルだぜ!」バババッ

悟空(超サイヤ人)「くっ・・・!」シュン

魔理沙「消えたっ!?瞬間移動か!」キョロキョロ

霊夢「ふっ、瞬間移動は私には通用しないわよ!」シュン ドスッ

悟空(超サイヤ人)「うわっ!おめえも瞬間移動が使えるんか・・・!」グッ

霊夢「得意分野よ!てえいっ!」ダダダッ

悟空(超サイヤ人)「肉弾戦も、なかなかやるなぁ!・・・そこだっ!」ドスッ

霊夢「きゃあ!」シュン
101 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/11(土) 18:50:27.96 ID:oERU6fJd0

悟空(超サイヤ人)「逃がさねえぞっ!」シュン

悟空(超サイヤ人)「はあぁぁっ!「悟空!」」クルッ

魔理沙「霊夢だけが相手じゃないんだぜ!魔力の充填は完了だ!」ゴゴゴッ

悟空(超サイヤ人)「うっ!?あ、あれは・・・」

魔理沙「マスタースパーク!!」ドォォォ

悟空(超サイヤ人)「よ、よけきれねえっ!うぐぅ!」グググッ

悟空(超サイヤ人2)「ぐぐっ、くっ!なんて技だっ!・・・はあっ!」ボッ グググッ

霊夢「力が増した!レミリアと戦った時の変身ねっ」

魔理沙「それでも、このマスタースパークは止められないぜっ!」ゴゴゴッ
102 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/11(土) 18:51:24.10 ID:oERU6fJd0

悟空(超サイヤ人2)「・・・か〜め〜は〜め〜・・・波ぁぁぁっ!!」ゴォォォ

魔理沙「き、軌道をそらせやがったか・・・!」

悟空(超サイヤ人)「ふうっ・・・今度はこっちからいくぞ!」シュゥン ビュン

魔理沙「くっ!マジック・・・」ポォォォ

悟空(超サイヤ人)「おせぇっ、だりゃあっ!」ケリアゲ

魔理沙「うっ、さすがに速いな・・・!」ズサー

霊夢「てりゃぁっ!」シュン

悟空(超サイヤ人)「おっと・・・おめえの瞬間移動
も見切ったぞ!」スッ バンッ

霊夢「よけられっ!?くっ!」グッ

魔理沙「霊夢!」

悟空(超サイヤ人)「やっ!」ドンッ
103 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/11(土) 18:52:22.91 ID:oERU6fJd0

霊夢「きゃあっ!」魔理沙「うわっ!」

魔理沙「何だ・・・!今、何を・・・」ズサー

霊夢「気合い・・・気合いだけで吹き飛ばされたのよ!わかってはいたけど・・・強い・・・!」

悟空(超サイヤ人)「どうした?この程度なんか?」

霊夢「ちっ・・・!封魔陣!」カシャン

悟空(超サイヤ人)「おっ?うわっ!か、身体が動かねえっ!」グググッ

霊夢「今よ!夢想封印!」ドンッ ドンッ

魔理沙「ナイス!スターダストレヴァリエ!」バババッ

悟空(超サイヤ人)「っ!」ドォォォン

霊夢「やった!?」シュゥン

悟空(超サイヤ人2)「・・・っ!」ビュゥン

魔理沙「なっ!?ぐふっ!」バタッ

霊夢「っ!がはっ!?」バタッ

悟空「まあ、こんなもんか」シュゥン
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/11(土) 20:06:49.22 ID:SJ0vLnwq0
しかし二人ともフリーザやセルより強いんだな
105 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/11(土) 22:15:48.94 ID:oERU6fJd0

魔理沙「ずるいよなぁ、その変身・・・超サイヤ人って言ったか・・・」ヨロッ

霊夢「私もそんな技があれば楽出来るのに・・・よっこらせっと・・・」ストッ

悟空「そうだなぁ・・・おめえができそうな技ならあるぞ」

霊夢「えっ!?あるの?教えてよ」

魔理沙「おいおい霊夢だけか?私はできないのか?」

悟空「魔理沙は見たところ力の種類が違うだろ?霊夢の力はオラのような力に近いからこの技ができるかもしれねえ」

魔理沙「ちぇっ!まあ、いいさ。私は私のやり方で強くなるぜ」

霊夢「で、その技はどういう技なのよ?」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 01:02:33.91 ID:8Nj89YFSO
はい太陽拳
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 01:19:44.16 ID:HBVBqMcX0
まるで界王拳のバーゲンセールだぜ
108 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/12(日) 20:54:58.65 ID:JgumoWr20

悟空「オラがやって見せてやる・・・界王拳!」ジュイン

霊夢「孫くんの身体が赤色に・・・!感じられる力も倍近くになったわね!」

悟空「これが界王拳だ。うまくいけば使えるパワー、スピードが2倍3倍となっていく」ジュイン

魔理沙「すごい技じゃないか!まだそんな技を隠し持ってたのかよ〜」

悟空「まあな、ひさしぶりに使ったぞ。この技は超サイヤ人になったときからは使ってねえんだ・・・」

魔理沙「何でだ?その超サイヤ人ってやつと界王拳とかいうのを合わせれば最強じゃないか!やらないのか?」

悟空「・・・瞬間的には出来ねえことはねえと思うけんど・・・実戦ではまず使えねえだろうな」

魔理沙「どうしてだ?」

悟空「この界王拳は使う力の量がとんでもねえんだ。ただでさえ超サイヤ人で身体に負担かけてんのに界王拳の重ね掛けなんてしたら、どうなるかわからねえ」

悟空「身体が力に耐えきれず、その場で死んじまうなんてことも考えられる・・・まあ、気のコントロールを極めたそんときには出来るようになるんかもしれねえけどな」

悟空「今のオラには・・・」シュゥン

悟空(超サイヤ人3)「この超サイヤ人3が限界だな」ボォォォォ

霊夢「!?」 魔理沙「おわっ・・・!?」

悟空(超サイヤ人3)「まずはこれを完全にコントロールする。それで、やつを・・・ベビーを倒す!」グッ
109 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/12(日) 20:56:19.72 ID:JgumoWr20


少し離れた場所 


???「何だ!今のエネルギーは・・・!あの少年が放っているのか・・・?」シュン

???「・・・ん様、・・・様に報告しますか?」ピョコン

???「いや、・・・様は今、何をやっても起きないだろう。しかし、あれは幻想郷を揺るがしかねない大きな力だ。少しあの少年をみさせてもらおうか・・・」


そして時は過ぎ・・・


霊夢「界王拳っ!!」ゴゴゴッ

悟空「いきなり全開でいこうとするなっ。少しずつ、少しずつ力を出してけ!」

悟空(筋がいいな。もう界王拳を維持できるようになってきてる・・・こりゃあ面白くなってきたぞぉ!)

霊夢「はあ・・・!」ギュゥン

悟空「いいぞ!その調子だ!そのまま気を抑えろ!」
110 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/12(日) 20:58:02.04 ID:JgumoWr20

霊夢「っ!?へ、へくしゅん!」バシュゥン

悟空「あっ、何やってんだぁ〜?霊夢・・・今のはいい感じだったのによ・・・」

霊夢「仕方ないじゃない・・・まだ雪が降ってんのよっ・・・こんな中で修行してたらこうなるわよ!」

悟空「仕方ねえ。休憩すっか!・・・にしても、もう春頃だっていうのに寒くねえか?ここではこれが普通なのか?」

霊夢「そんなわけないわよ・・・でも、言われてみたら確かに変ね・・・桜が咲いてもおかしくない時期なのに・・・」

悟空「これは前のアレみたいな・・・そうそう異変ちゅうやつじゃねえのか?」

霊夢「・・・さすがにそれは・・・ないとは言えないか・・・少し調べてみましょうか。よっこらせっと」

悟空「オラも行かせてくれ!異変ちゅうやつはレミリアみたいな強いやつといっぺえ戦えるんだろ?」

霊夢「まだ異変だって決めつけるのは早いけどね・・・まあいいわ。私だけでも大丈夫だと思うけど、万が一のことがあってはいけないしね」

悟空「決まりだな!オラ、ワクワクしてきたぞ!いこうぜ!」ビュウン

霊夢「ちょっ、ちょっと!待ちなさいよ!勝手に行くなぁ!!」ビュウン

111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 01:09:06.82 ID:6/+ZiVaQ0
来てた
112 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/13(月) 20:17:33.39 ID:NGJHGHwB0


博霊神社 上空


霊夢「それで・・・何か変な気は感じる?孫くん」

悟空「う〜ん、特別変な気は感じねえな・・・」

霊夢「そう・・・じゃあまずは情報収集ね。ん?あれは・・・」

悟空「あそこで飛んでるの魔理沙じゃねえか?何やってんだ・・・あんなに急いで」

霊夢「・・・先を越されたかもしれないわね。バレないようについて行くわよ!」ビュウン

悟空「お、おい!一緒に行けばいいんじゃねえか?」ビュウン

霊夢「嫌よ。前の異変で手を組んだのは特別、本来は別々で異変を解決していくのよ。まあ、あいつは私に対する嫌がらせがしたいだけだけどね」

悟空「魔理沙のやつはおめえより先に異変を解決して、おめえの鼻をあかすつもりっちゅうことか」
113 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/13(月) 20:28:51.53 ID:NGJHGHwB0

霊夢「そうよ!だから、負けるわけにはいかないわ!異変解決のスペシャリスト!この博霊霊夢がね」

霊夢「さあ、このままついていく・・・っ!向こうから何かが接近してくるわ!」

レティ「人間がこんなところにいるなんて珍しいわね〜遭難者かしら?」フワフワ

悟空「おめえは人間・・・じゃねえみてえだな。この気は妖怪っちゅうやつか」

レティ「正解。頭いいわね〜坊や」

悟空「そうか?オラ、頭がいいなんて初めて言われたぞ!」

霊夢「どうでもいいわよ、そんなこと!そこのあんた!あんたのせいで魔理沙を見失ったじゃない!」

レティ「ええ〜?私のせい?何のことかしら・・・」

霊夢「ふん、まあいい・・・で、あんた・・・何か用なの?」イライラ

レティ「そうね〜特に理由はないわ」ニッコリ

霊夢「・・・殺す!」ビュウン
114 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/13(月) 20:30:25.37 ID:NGJHGHwB0


一方その頃・・・紅魔館では


美鈴「い、妹君〜私、もう疲れましたよ〜!限界です!!」タッタッタッ

フラン「あはは♪ダメ〜!まだまだ遊ぶの〜!くらえ!スターボウ雪玉!」ズドドドドッ

美鈴「う、うわぁぁぁっ!!」ドゴゴゴ


レミリア「ありがとう、パチェ。ロビーに雪を降らせてくれなんて無茶を聞いてくれて」

パチュリー「この程度の魔法ならお茶の子さいさいよ。それにしてもレミィも変わったわね・・・以前までのあなたじゃ考えられないわよ?あの子の為にここまでしてあげるなんて」

レミリア「私も吹っ切れたのよ。前の異変でね・・・姉妹喧嘩なんて生まれて初めてだったわ。でも、思っていることを全部言い合えた」
115 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/13(月) 20:31:33.11 ID:NGJHGHwB0

レミリア「あの子の気持ちもしっかりと伝わった。私はあの子の為を思って幽閉してきたけど、それは間違いだったって気づいたわ」

レミリア「だから、外にはまだ出して上げられないけど・・・決して寂しい思いはさせないようにするって決めたのよ」

パチュリー「レミィ・・・」

レミリア「しんみりとした話は終わりよ。咲夜、紅茶のおかわりを・・・ぶっ!」ズシュア

美鈴「あっ!お、お嬢様、申し訳ございません!」

レミリア「ふん、美鈴。飛ばす方向は考えろ。次はないわよ・・・ぎゃっ!?」ズシュア

フラン「あはは♪お姉さま、面白い〜!それそれっ!」ズダダダダ

パチュリー「れ、レミィ・・・?」チラッ

レミリア「・・・貴様等〜!・・・覚悟は出来てるんでしょうね・・・?」プルプル

フラン&美鈴「!?」ゾワッ
116 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/13(月) 20:32:59.56 ID:NGJHGHwB0

レミリア「皆殺しだぁぁぁっ!!」シュババババ

美鈴「うわっ!うわぁぁっ!そ、そんなに本気にならなくても・・・ぶぎゃっ」ドサッ

フラン「雪玉が雪玉じゃないよぉぉ!あうっ!」ドサッ



咲夜「ふふっ、やれやれ・・・何をやっているのでしょう・・・私の主は・・・」ストッ

パチュリー「でも、楽しそうよ。あんなに楽しそうなレミリアは久しぶりに見たわ」

咲夜「・・・そうですね。微笑ましいことです」フフッ

パチュリー「・・・話は変わるけど、今はもう春よね?」

咲夜「暦の上ではそうですが、それがどうかしましたか?」

パチュリー「いえ、ちょっと気になることがあるのよ。もしかしたらこの寒さは異変なのかもしれないわ」

咲夜「異変ですか・・・少しばかり寒い時期が続いているだけと私は思いますが・・・」

パチュリー「それならいいのだけど・・・誰かが幻想郷が春になるための力って言うのかしらそれを奪っているように思えるのよ」

パチュリー「これはあくまでも推測。だけど、もしホントに春の力・・・春度とでも言いましょうか。春度を集めているのなら・・・」
117 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/13(月) 20:34:18.36 ID:NGJHGHwB0


紅魔館 上空


咲夜「何か、よからぬことが起きるかもしれない、か・・・でも、これは私ではなくてあの巫女たちに任せておいても大丈夫だと思うけどもね・・・」

咲夜「まあ、いいか・・・仕事の息抜きとでも考えておきましょう。ディナーまでには戻りたいものですね」ビュウン



レティ「ぷぎゃあ・・・」バタッ

霊夢「いっちょあがりよ。さ、行きましょ!」

悟空「霊夢、おめえ・・・容赦ねえな・・・」

霊夢「当然、私の邪魔をするなら全てが敵よ。無論、孫くんも私の邪魔をするなら敵になるわ」

悟空「へへ、オラは強いやつと戦えればそれでいいんだけどなぁ〜・・・魔理沙の気はまだそんなに離れてねえ。今ならまだ間に合うぞ」

霊夢「あいつに手柄を横取りされてたまるもんですか!追いかけるわよ!」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 21:34:02.98 ID:6/+ZiVaQ0
来たか
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 23:41:18.09 ID:NHDB00pRO
いいぞー
4になってくれもしくは霊夢と魔翌理沙でフュージョン
120 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/14(火) 20:07:24.97 ID:oRtu51br0

GT悟空が幻想入り 第六話


???


悟空「あれ?おかしいな・・・魔理沙の気が急に感じられなくなったぞ・・・」

霊夢「えっ!魔理沙を見失ったってことじゃない!何やってんのよ、孫くん・・・」

悟空「魔理沙が気を消せるはずねえし・・・これは何かあったんかもしれねえな・・・心配だな」

霊夢「・・・魔理沙なら、放っておいても大丈夫でしょ。それより、私たちがどうするかよ」

悟空「そうだな・・・おっ、あそこに村があっぞ!そういえばオラ腹減っちまったよ〜腹ごしらえでもすっか!」

霊夢「あんた朝ご飯あんなに食べといて何言ってるのよ!」

悟空「あれで腹八分目ってところだな!まだまだオラ、もの足りねえぞ」

霊夢「あんたの胃袋はどうなってんのよっ!孫くんのせいで私の家計は火の車よ!・・・まったく」
121 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/14(火) 20:08:29.95 ID:oRtu51br0

???「・・・あれは、人間・・・?しかも、あの孫悟空とかいうのもいる。どうしてここに?」ジィー

???「まあ、いっか。暇だったからね〜あいつらで遊ぼっと!」

悟空「・・・感じるか?霊夢」

霊夢「ええ、何かが近くにいるわね・・・」

悟空「オラたちをずっと見てるな・・・そこかっ!」ボンッ

???「にゃう〜!?バレた?気配は消してたと思ってたんだけどな〜」

霊夢「猫の妖怪・・・私たちに何か用かしら?」

橙「いんや?用なんてないよ。そもそも、そっちが私の村、このマヨヒガに入ってきたんだよ?」

悟空「そうだったんか〜そりゃあ悪いことしたな!それだったらすぐ出て行くぞ」
122 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/14(火) 20:10:53.69 ID:oRtu51br0

橙「ダメダメ〜出られないよ!ここは迷い込んだら二度と出られない迷い家。もう帰り道も分からないでしょ?」

霊夢「そういえば、風向きも変わってるし、さっきまで降っていた雪もない・・・孫くんが魔理沙の気を感じないのはそれが原因か・・・ちっ、ここからでる方法を教えなさい!」

橙「ええ〜?どうしようかな〜・・・よ〜し、じゃあ私の遊びに付き合ってくれたら教えてあげる!」

悟空「一応聞いとくけんど、遊びってなにすんだ?」

橙「当然、これだよ!!」ボッ

霊夢「はあ・・・めんどくさいわね・・・私が・・・」パシュン

悟空「オラにやらせてくれ!さっき霊夢やっただろ?」
123 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/14(火) 20:12:21.54 ID:oRtu51br0

霊夢「これはゲームじゃないのよ?それにあんた、相手に合わせて戦うから時間がかかりすぎるのよ」

悟空「へへ〜それがオラの癖だかんな!それに実力を出し切れず負けるのは相手も嫌だろうと思ってよぉ」

霊夢「やっぱりここは私が戦うわ!」

悟空「いやオラだ!」

悟空&霊夢「ぐぬぬ・・・」

悟空「よ〜し、わかった!じゃあ決めようぜ!」

霊夢「望むところよ!いくわよ・・・」

悟空「おりゃああっ!」霊夢「でやぁぁっ!」

橙「何やってんの・・・あの二人・・・?」

悟空&霊夢「じゃんけん!!」
124 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/14(火) 21:22:22.38 ID:oRtu51br0



・・・ 



橙「・・・話はまとまった?」フワァ

悟空「おう!おめえと戦うのはオラだ!」

霊夢「ちっ、早く終わらせなさいよ」ペタン

橙「そ、じゃあいくよ!」シュッ

悟空「消えた?どこだ・・・?うわっ!」サクッ

橙「へへ〜ん!あなたじゃこのスピードは捕らえられないでしょ!」シュッ

悟空「ぐっ・・・ううっ!・・・そこか!」ボンッ

橙「外れ!こっちだよ!」シュッ

悟空「うあっ!すんげえスピードだな・・・なら、これならどうだっ!はぁぁぁっ!」ボッ

橙「おわぁっ!ふ、吹っ飛ばされた?」ドサッ

悟空「見つけたぞ!でりゃあ!」ケリ

橙「がふっ!さすが、藍さまが危険視するほどはある・・・」ズサー

橙「まいったっ!こ、降参!」ガッ ガッ

悟空「およ?もう終わりか・・・おめえ、まだ余裕あんじゃねえか?」
125 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/14(火) 21:24:36.58 ID:oRtu51br0

橙「あるけど、この力は私だけじゃ解放できないの!藍さまがいたら、お前なんて・・・」

悟空「藍さま?おめえいってえ誰の話をしてんだ・・・?」

橙「な、何でもないよ!あの道を進んでいけばでられるよ!じゃね!」ピョンピョン

悟空「変なやつ・・・霊夢、終わったぞ〜」

霊夢「ええ・・・あっ、こっちにいくと出られるみたいね。さっさといくわよ!魔理沙に先を越されちゃうわ」

悟空「・・・魔理沙の気も感じられるようになってきた!そんなに離れてねえ!いくぞ!」


一方その頃・・・


魔理沙「ふっふっふっ・・・今回は私の方が早いだろうな・・・霊夢の慌てふためいた顔が目に浮かぶぜ」

魔理沙「さあ、飛ばしてく・・・」

???「こんな殺伐とした夜に何をしているのかしら?野魔法使い」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 20:51:49.56 ID:D421QuK80
幻想郷の住人戦闘力高いな
127 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/15(水) 23:33:32.37 ID:xJLY+X530

魔理沙「あれ、お前・・・ふっ、温室魔法使いのお前こそこの幻想郷で何をやってんだ?」

アリス「都会派魔法使いと言ってもらえる?今夜は最悪の日だわ。魔界から出たのはいいけど、まさかまたあなたに会うことになるなんて」

魔理沙「辺境へようこそ、アリス。さっそくだが通してくれないか?私はこの先に用があるんだ」

アリス「今回の異変も解決しにいくつもり?なら。邪魔させてもらうわよ」スッ

魔理沙「何でそうなるんだよ・・・古い仲じゃないか。ああ、前に縛り付けたことまだ根に持ってんのか?でも、まんざらでもなかったろ?」ニヤッ

アリス「・・・っ///こ、殺す!くらいなさい!」シュババババ

魔理沙「何だ?前のお前は魔法を使ってたと思ったが・・・その年でお人形遊びにハマったか?」

アリス「あんたの相手はこの人形たちでも十分ってことよ!はっ」スッ
128 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/15(水) 23:35:58.62 ID:xJLY+X530

魔理沙「うん?おわっ!人形が、襲いかかってくる・・・!アリスの魔力で動かしているのか・・・」

アリス「ご明察、数で言えば3対1・・・あなたに勝ち目はないわ!あの時の借りを返すときがきたようね!」

魔理沙「そういうセリフは勝ってから言うことだぜ。ミルキーウェイ!」ズババババ

アリス「利かないわね。あなたの魔法なんて私に効くはずないじゃない」ブゥン

魔理沙「ちっ、私の魔法が完全にガードされてやがる・・・あいつ、何か対策してきてんな」

アリス「当然、前の私は油断していたからあなたに敗れたけど、今回は違う。全力で潰す!」ギュイン

魔理沙「うわぁぁっ!?く、くそ・・・どうすれば・・・私の魔法じゃあいつには届かない・・・!」

魔理沙(ん?私の魔法・・・?)
129 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/15(水) 23:45:56.53 ID:xJLY+X530

魔理沙「・・・マスタースパークなら、あいつを倒せるか?」

アリス「さあ、諦めなさい。あなたに勝ち目はないわ」スッ

魔理沙「やってみる価値はあるっ!この速さについてこれるか!?アリス!」ビュゥン

アリス(顔色が変わった・・・?何か企んでるわね・・・けど、魔理沙の魔法は全て対策済み・・・この障壁が防いでくれるわ!)

アリス「逃がさないわよ!上海人形、蓬莱人形!魔理沙を追って!」スッ

魔理沙「へっ、私の箒の方が早いぜ!・・・移動しながら魔力を貯める!」ポォォォ

アリス「・・・?魔力を貯めている?何をしようと無駄よ。魔理沙の魔法はこの障壁が防いでくれるわ!」

魔理沙「私の魔法ならな!けど、これは幽香の技だ!」ポォォォ

アリス「!?まさか・・・!」

魔理沙「気づくのが遅いぜ?人形と一緒に吹っ飛びな!マスタースパーク!」ドォォォォ
130 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 00:27:40.91 ID:eULXhvey0

アリス「・・・!!これは・・・!ぐっ・・・ううっ!ああぁぁっ!!」ズサー

魔理沙「はあ・・・はあ・・・どうだ!」

アリス「あなたが、幽香の魔法を使うなんてね・・・油断したわ・・・」パリンッ

魔理沙「・・・ふっ、油断するのは悪い癖だぜ?都会派魔法使い。そら、膝が笑ってるぞ?」

アリス「あんたこそ・・・今の魔法で魔力が乱れてるわよ?野魔法使い」

魔理沙&アリス「・・・」バタッ

「ぷっ・・・あははははっ!」

アリス「ふっ、気にくわないけどあんたに勝ちを譲ってあげるわ・・・」

魔理沙「くっくっ・・・いちいち、癇に障るヤローだ・・・素直に負けを認めたらどうだ・・・?」
131 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 08:43:45.53 ID:Mu3c13NM0

アリス「・・・一つ忠告してあげる。この先にいくつもりなら気をつけなさい。下手すれば命を落とすわよ」

魔理沙「あん?どういうことだ?」

アリス「あなたは奪われている春の力がどこに行っているかは知ってる?」

魔理沙「いや・・・幽霊を携えた怪しいやつがこっちに向かっていったからそれを辿って行ってるだけだぜ」

アリス「ちょうど私たちのいるここの上空はあの世とこの世を繋ぐ結界がある場所、そしてその中に今回の異変を起こしている者がいる」

魔理沙「なるほど・・・確かに下手すりゃ向こう側の人間になっちまいそうだな。ま、私ならそんなへまはしないさ」ストッ

アリス「いくのね。なら、これを受け取りなさい」スッ

魔理沙「これは・・・ポーションか?しかも3つも・・・いいのか?」

アリス「あんたも今の戦いで消耗したでしょ?私も桜の開花を楽しみにしてるってこと。つべこべ言わずに受け取りなさい」

魔理沙「ごくごくっ・・・ぷはぁっ!魔力が漲る・・・ありがとな、アリス。今度、お花見にでも連れて行ってやるよ!期待しないで待ってな」ビュゥン

アリス「ふん、期待しないで待っておいてやるわよ」プイッ
132 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 21:51:38.48 ID:QkMR/ynp0


幻想郷 上空


悟空「魔理沙の戦いは終わったみてえだぞ。どうやら勝ったみてえだな!」

霊夢「ふうん・・・じゃあ引き続き追いかけるわよ!もう近いんでしょ?」

悟空「ああ、・・・魔理沙のやつ、上に向かってるみてえだ。どんどん上空にいってやがる!」

霊夢「上・・・?そういえば魔理沙に近づくほど上から花びらが落ちてきてるような・・・」スッ

悟空「桜の花か・・・?ともかく、これは異変で間違いなさそうだなぁ!つええやつと戦えそうでワクワクしてきたぞ!」

霊夢「はいはい、その時がきたら頼むわよ。っとあそこに大きな結界があるわ。あの中に魔理沙は入るつもりね!いくわよ。孫くん!」ビュゥン
133 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 21:53:16.06 ID:QkMR/ynp0


雲の上の桜花結界


魔理沙「これがあの世とこの世を繋ぐ桜花結界か・・・この先に異変を起こしたやつがいるんだな」

霊夢「道案内ご苦労様、魔理沙。でも、ここまでで結構よ!」

魔理沙「げっ・・・霊夢、悟空もいるじゃねえか!私の後をつけてやがったのか・・・」

悟空「この先につええやつがいんだな?よ〜し、いくぞっ!」ビュゥン

魔理沙「あっ!おいっ!」

???「やあやあ!あなたたち〜!あなたたちもお屋敷でのお花見に誘われたの〜?」

???「姉さん、早いよ〜!まって!」

???「・・・」

悟空「!?(気配を全く感じなかった・・・今、目の前にいてもこいつらの気を感じねえ・・・)」
134 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 21:54:49.69 ID:QkMR/ynp0

魔理沙「何者だ?お前たち・・・」

リリカ「私たちは騒霊演奏隊〜お呼ばれできたの!」

メルラン「これから、お屋敷でお花見よ!私たちは音楽で盛り上げるの〜♪」

ルナサ「でもあなたたちは演奏できない・・・お呼びじゃない・・・」

霊夢「そのお屋敷でお花見を開こうとしてるやつが黒幕ってことね。なら、押し通らせてもらうわよ!」

ルナサ「舐められたものね・・・後悔するといいわ・・・」


魔理沙「この幻想郷の春を奪って、自分ちだけで花見をするっていうにはおかしいんじゃないか?邪魔をさせてもらうぜ!」

リリカ「さあ、演奏開始よ!やっちゃいな〜!」


悟空「気を感じねえ敵か・・・ちょっとやりずらいけど倒せねえことはねえかな」

メルラン「私たちの力、侮ってもらうと困るよ〜!」
135 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 21:56:29.64 ID:QkMR/ynp0


少し離れた場所


???「・・・」

橙「藍さま・・・!」ピョコン

藍「橙か、先ほどは災難だったな。あいつらに襲われたんだろう?・・・して、どう感じた」

橙「あの孫悟空とかいう人間・・・めちゃくちゃだよ!戦ったからわかるけど、あれは・・・様にも匹敵する・・・」

藍「そうか・・・では、次はどれほどのものかこの目で見させてもらおう」



悟空「だありゃりゃりゃ!」ダダダッ

メルラン「およよ!やるね〜だけど、私も本気でいくよ・・・!」スッ

悟空「・・・!?なんかの楽器か?それでどうするつもりだ!」
136 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 21:59:28.01 ID:QkMR/ynp0

メルラン「楽器は演奏するものだよ?私は手足を使わずに楽器を演奏できるのさ!・・・♪♪♪」

悟空「それがどうした?音鳴らしたくらいじゃオラには・・・うっ!」

悟空「な、何だ・・・頭に響いてくる!オラの気も乱れてんな・・・これじゃ・・・ぐっ、あいつがまともに捉えられねえ・・・もしかして能力っちゅうやつか!」

メルラン「そう!私の能力、それは躁の音を演奏する程度の能力・・・あなたの気分は高ぶっている!そんな状態ではまともに戦えないはず」

悟空「うっ、ぐぐっ!もともと察知できなかったのにこれで完全にあいつを見失っちまった・・・だあっ!」ブンッ

メルラン「そんな攻撃じゃ当たらないね〜そして、この隙に・・・魔法で攻撃させてもらうよ!」ドドドッ

悟空「うわぁぁっ!く、くそ・・・そこだっ!」ボンッ

メルラン「むだむだ、私はあなたの攻撃が当たらないように立ち回って〜そして、適当に攻撃する!」ポォォォ
137 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 22:01:10.77 ID:QkMR/ynp0

悟空(まずいぞ・・・攻撃自体はそんなに痛くねえけんど、そう何回もくらったらさすがに危ねえ!)

メルラン「タフだね、君!けど、これで終わらせてあげる!くらえっ!」ポォォォ

悟空「悪い、天津飯!技借りっぞ・・・!太陽拳!」ピカッ

メルラン「うっ!?ああっ!!め、目が・・・!何なの〜これ!?」フラッ フラッ

悟空「音が止まった!今しかねえ・・・波ぁ!」ポーピー

メルラン「うわぁぁっ!ぐっ・・・はっ!?」シュン

悟空「オラの勝ちだな」スッ

メルラン「ふっ、まだわからないわよ!私が念じさえすれば演奏はできるのよ!・・・♪♪♪」スッ
138 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 22:02:45.04 ID:QkMR/ynp0

悟空「オラに一度した攻撃は効かねえ!・・・すぅ〜ああぁぁぁぁぁっ!!」ゴォォッ

メルラン「!?声で私の音をかき消したの〜!?な、なんて子・・・」ミミフサギ

悟空「ふうっ・・・そういうことだ。まだやるか?」

メルラン「うふふ〜負けを認めるわ!やるわね〜君!」

悟空「ああ、オラも楽しかったぜ!じゃあな!」シュン



魔理沙「おそいぜ?悟空」

霊夢「さてはまた遊んでたわね!」

悟空「今回はちょっとやりづらい敵だったぞ〜!オラは相手の気を読みながら戦うんだけんど、あいつはなぜか気が読めなかったからな」
139 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/16(木) 22:09:25.27 ID:QkMR/ynp0

霊夢「多分、あいつらが幽霊で気配を感じることが出来なかったのね」

魔理沙「ま、何でもいいさ。あいつらの口ぶりからするにお花見はまだ始まってない。今のうちに奪われた春度を奪い返しにいくぜ」

霊夢「ここから先は死者の世界。油断すると二度とこっちの世界には戻ってこれないわよ」

悟空「大丈夫だ!オラ、向こうでは何回もいったりきたりしてるしな」

魔理沙「その話、詳しく聞いてみたいぜ・・・後で聞かせてくれよな!」

霊夢「さあ、いくわよ!」スッ


少し離れた場所


藍「・・・なるほど、感じられる力自体はメルランの方が上回っていた。だが、戦闘経験、能力の順応力、強者故の余裕もあり圧倒したということか」

橙「あいつの力はこんなものじゃないよ!あの時、博霊神社であいつが放った力は・・・」

藍「・・・ならば、私自身が孫悟空と戦い、幻想郷にとって善か悪か見極めさせてもらおう」

橙「藍さまがあいつと!?」

藍「孫悟空の力が幻想郷に仇なすものだとするならば・・・我が全力をもってあの者を始末する。橙、お前はこの戦いを見届けてくれ」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/17(金) 17:36:59.81 ID:KAY0MLZ/0
141 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/17(金) 22:52:55.84 ID:7chMi8C90
GT悟空が幻想入り 第七話


白玉楼階段


魔理沙「ついた。ここが・・・あの世ってやつか・・・ずいぶんと殺風景なところだぜ」

霊夢「・・・この階段の先に異変を起こした張本人がいるのね。奪われた春をぶんどるついでに懲らしめる必要があるわ」

魔理沙「おいおい、何お前が倒す話になってんだ?ここは最初にしっぽを掴んだ私がだな・・・あれ?」チラッ

霊夢「孫くんが何も言わないってことは私に譲ってくれてるのよ!ねっ?孫くん・・・ん?」クルッ

「・・・」

霊夢「孫くんがいない・・・!」

魔理沙「ここまで一本道だったはずだぞ!はぐれるはずはない・・・いつの間にかいなくなってやがる・・・!」

霊夢「これはおそらく、異変を起こした奴の仕業ね・・・私たちはもう気づかれたってことよ!」

魔理沙「あいつなら放っておいても全然大丈夫さと思うが・・・ここはあの世だ。何があるかわからない」

霊夢「早く行って孫くんの場所を吐かせるわよ!」タッタッタッ
142 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/17(金) 22:55:27.85 ID:7chMi8C90


???


悟空「いて!・・・こ、ここどこだ?」キョロキョロ

悟空「オラ、霊夢と魔理沙についていったら突然、誰かに手掴まれてどっか違う場所につれてかれた・・・!」

悟空「霊夢〜!魔理沙〜!どこだ〜!?」タッタッタッ

???「突然のことで驚いたと思う。けど、これも幻想郷のため。悪く思わないでくれ」

悟空「誰だ・・・!その耳にその尻尾・・・狐みてえなやつだな(すごいプレッシャーだな・・・少しでも気抜いたら押しつぶされちまいそうだ!)」

藍「私の名は八雲藍、九尾の妖怪だ。・・・私は君を見ていた。君の力が幻想郷を揺るがすほどの大きな力だったから」

悟空「そりゃあどうも・・・で、何が言いたいんだ?」ニッ

藍「君の力が幻想郷に仇なすものかどうか。私が試させてもらうよ。君の力が邪悪なものであったとしたなら、全力をもって倒す」ゴゴゴッ

悟空「・・・こりゃあ、早く終わりそうにはねえな。けど、ワクワクしてきたぞ!」

藍「そういえば私の式神である橙も君に倒されたんだったな。その仇もとらせてもらおう・・・私は橙とは桁が違うくてよ?色々と」
143 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/17(金) 22:57:18.54 ID:7chMi8C90

悟空「・・・いくぞっ!かめはめ波!」ボォォォ

藍「ふっ・・・はっ!」カキン

悟空「結界っちゅうやつか・・・弾かれちまった!」クッ

悟空「なら、接近戦はどうだ!」ビュウン ドンッ

藍「甘いな。その程度なのか・・・?」ガッ

悟空「まだまだ!でややややっ!」ダダダッ

藍「見せてみろ。君が出せる力の全てを!」ガガガッ

悟空(超サイヤ人)「はあっ!・・・おりゃあっ!」ボッ ドゴォ

藍「っ!・・・力が増した。変身してのパワーアップというわけか。ならば、今度はこちらからもいくぞ!」グッ

悟空(超サイヤ人)(超サイヤ人での動きも完全についてくるな・・・!しかも、あいつ・・・まだまだ底を見せてねえ)ダッ ドドドッ
144 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/17(金) 23:16:43.62 ID:7chMi8C90

悟空(超サイヤ人2)「これならどうだ!はあっ!」バリバリ

藍「・・・見事。人の身でありながら、そこまでの力。君の力は幻想郷に置いてもトップクラスだ」

悟空(超サイヤ人2)「お前も力出してこいよ。まだまだそんなものじゃないだろ?」バリバリ

藍「いいだろう、見せてやる・・・私の真の力を・・・ぬうん!」ゴゴゴッ

悟空(超サイヤ人2)「オラの想像以上の力だ。ふっ、面白くなってきたぜ」

藍「全力でいかせてもらうぞ!孫悟空・・・」シュン

悟空(超サイヤ2)「消えた?・・・瞬間移動か・・・後ろだ!」ブゥン

藍「違うな、上だ!」ドンッ

悟空(超サイヤ2)「うあっ!くっ、だだだだっ!」グミウチ

藍「我が主人ほどではないが、私も結界術は得意なのだよ。お返しだ」カンカンカン ボッ

悟空(超サイヤ人2)「うぐぐ・・・はあっ!」ググッ バシュン

悟空(超サイヤ2)「やるな・・・これがあいつの本気か。このままじゃ多分、負けちまうな」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/17(金) 23:18:27.91 ID:KAY0MLZ/0
悟空弱くね?
146 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/17(金) 23:22:47.32 ID:7chMi8C90

藍(さあ、あの力を出してみろ・・・!博霊神社で放ったあの力を!)

悟空(超サイヤ2)「ちょっと力入れていくぞ!はぁぁぁっ!!」ゴゴゴッ

藍「なんという気の嵐だ・・・これが人間が秘めている力なのか・・・!」

悟空(超サイヤ3)「さあ、時間がねえんだ。早いとこ片付けさせてもらうぜ?」ビュウン

藍「は、早い・・・!ぐうっ!」ズサー

藍「結界を貼る隙もない・・・これほどまでとは・・・」

悟空(超サイヤ人3)「フルパワーだっ!はぁぁっ!」ポーピー

藍「ぐっ!?おおぉっ!」ドサッ
147 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/17(金) 23:46:44.44 ID:7chMi8C90

悟空(超サイヤ3)「これがオラの全てだ。さて、オラが邪悪かどうかを確かめるんだったな。おめえはどう思った?」

藍「・・・一つ聞かせてくれ。お前はその力を何に使う?世界の為か、大切な人の為か、それとも野望の為か?」

悟空(超サイヤ3)「・・・どれも違うな。オラは強いやつと戦う為、絶対に負けない為に戦うんだ」

藍「・・・そうか。君を一言で表すなら純粋・・・おそらく君はどんな敵が相手でも決して命を断つことにはこだわらない。私はそう感じ取れた」

藍「君は幻想郷に仇なす者ではない。孫悟空、これまでの無礼をお詫びする・・・すまなかった!」ペコッ

悟空「構わねえよ!おめえのような強いやつとも戦えてオラ、楽しかったぞ〜」シュゥン

悟空「でも、オラもいつまでも幻想郷にいるつもりはねえんだ。オラの元いた世界でとんでもなく悪い奴が暴れてる・・・そいつを倒さねえと!」
148 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/17(金) 23:48:17.38 ID:7chMi8C90

藍「・・・?君は博霊霊夢と共に行動しているのであろう?何故、送り返してもらわないんだ」

悟空「いや、元いた世界に戻るために結界を通ろうとしたんだけど、結界を開こうとしたら弾かれちまったんだ」

悟空「それで、今唯一頼れそうな幻想郷の賢者っちゅうやつに話を聞きたいと思ってんだけど・・・見つからなくてよ」

藍「博霊結界に異常が?・・・わかった、結界をなおしてもらえるよう幻想郷の賢者、八雲紫さまにお伝えしておく」

悟空「ああ、頼んだ・・・っておめえどこにいるかわかるんか!?」

藍「ああ、私の主人だが・・・」

悟空「どひゃあ〜!こんなところで元の世界に帰る話が出来るなんて思わなかったぞ〜!」

藍「なるほど、そういうことだったのか。役に立ててよかった」

悟空「そうだ、霊夢と魔理沙のやつ・・・いきなりオラがいなくなってビックリしてんじゃねえか?大丈夫なんかな〜」

藍「あの2人はそのまま進んでいったみたいだ。今頃・・・」
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:07:04.59 ID:Gm+LXrtoO
>>145
確かに物語上仕方ないとはいえかなり弱体化しとるよな
まあ幻想郷だとパワーが30%くらいダウンしてるって思って読んでるわ
150 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/18(土) 18:51:18.87 ID:lmuw778L0


白玉楼階段


???「はっ!」シャキン

霊夢「っ!?くっ・・・」シュン

???「瞬間移動か、今度は髪を切るだけじゃすまさない・・・!」チラッ

魔理沙「マジックミサイルっ」ダダダダッ

???「甘い。この程度の攻撃が効くと思った?」カキンカンカン

魔理沙「ちっ・・・全て刀で切り裂きやがった!あいつが今回の異変を起こしたやつなのか?」

妖夢「当たらずとも遠からず・・・私はこの屋敷に務める従者。魂魄妖夢・・・!春の力を集めて回ったのは、確かに私。けど、私は異変などはどうでもいい」

妖夢「我が主がこの白玉楼にある妖怪桜、西行妖を咲かせるため春の力を求めた、ならば私がすることは一つ。その命に従うまで!」
151 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/18(土) 19:07:50.89 ID:lmuw778L0

霊夢「西行妖・・・?そんなもののために幻想郷の春を奪ったというの!」

妖夢「あと少し、あと少しで妖怪桜は満開となる。それをお前たちに邪魔させるわけにはいかない!」

魔理沙「それと、お前!孫悟空っていう子供をどこかに飛ばしただろ!どこにやったんだ!?」

妖夢「孫悟空・・・?聞き覚えがない・・・侵入者はお前たち2人ではなかったのか・・・!」

霊夢「・・・?どういうこと・・・じゃあ孫くんはどうしていなくなったの?」

魔理沙「ちっ、気になることはあるけどよ・・・まずはあいつを倒さねえと・・・!」

霊夢「そうね。さくっと倒してさくっと異変を解決して、孫くんを探すわよ!」

妖夢「大きくでたな。博霊の巫女。ならば、やってみるがいい・・・!当然、2人がかりでも構わないわ」
152 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/18(土) 19:09:27.03 ID:lmuw778L0

霊夢「魔理沙!手を出さなくていいわ!こいつは私が倒す!!」ビュウン

妖夢「・・・!」チャキ スパァァン

霊夢「うっ・・・!早い・・・抜刀して斬ってくるスピードが尋常じゃない・・・!」タラタラ

魔理沙「どこかの本で読んだことあるぜ・・・居合い、昔から伝わる剣術の一つだとか・・・!」

妖夢「私を越えていきたくば死を覚悟し、くるがいい・・・!」チャキ

魔理沙「ちっ、こんなやつに時間をくってるわけにはいかねえぜ!一気に吹っ飛ばしてやる!」ポォォォ

???「その必要はないわ。時間ならここにたっぷりある」

霊夢「!?」 魔理沙「あんたは・・・!」

妖夢「何者?貴様もこの者たちの仲間か」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/18(土) 19:19:48.53 ID:xli70E/L0
咲夜か
154 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/18(土) 19:36:04.93 ID:lmuw778L0

咲夜「まさか、一緒にされるのはいい迷惑よ。でも、目的は同じだと思うわ」

霊夢「紅魔館のメイド・・・どうしてここに?」

咲夜「異変かもしれないから見てくるように言われたのよ。まさか、本当に異変だったとは・・・」

魔理沙「どうやってわかったんだ?ここに異変を起こした奴がいることを・・・」

咲夜「あなたたちを探したのよ。異変が本当に起こっているなら、二人は異変の解決に動いているはず・・・」

咲夜「さて、相手を待たせては悪いわ。ここは私があの子を抑える。だから、あなたたちは先に進みなさい」

霊夢「抑えるって・・・あんたにあいつが抑えられるの?」

咲夜「私の能力を忘れたのかしら?」シュン

妖夢「・・・?っ後ろか!」スパァァン カキン

咲夜「・・・なかなかの反応速度ね」シュン
155 : ◆37K26PBUng [sage saga]:2017/11/18(土) 19:42:18.64 ID:lmuw778L0

魔理沙「能力で妖夢の後ろに回り込み・・・ナイフを投げ、戻ったのか・・・時を止める能力、恐ろしいな」

咲夜「時間を稼ぐことなんて私の能力からすれば、簡単なこと・・・」

霊夢「・・・わかった。任せるわ!いくわよ、魔理沙!」タッタッタッ

魔理沙「おうよ!・・・頼んだぜ、咲夜!あと明日紅魔館行くからよろしく!」タッタッタッ

妖夢「させるか!・・・ぐっ!」カンッ

咲夜「あなたの相手はこの私・・・さあ、戦いましょう」シュン

妖夢「瞬間移動・・・?いや、違う。あまりにも動作が読めなさすぎる」

咲夜「幻世「ザ・ワールド」」バァァァ
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/18(土) 19:48:18.27 ID:xli70E/L0
ディオじゃねーか!
93.91 KB Speed:13   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)