多田李衣菜「大喜利で強くならなきゃ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/08(水) 23:23:22.26 ID:1oMugAN40
多田李衣菜「大喜利で強くならなきゃ」

李衣菜(再来週行われるタッグ式の大喜利大会“DUO”)

李衣菜(私はその大会で、みくとタッグを組んで出ることになった)

李衣菜(だけど私は、こないだ大喜利を始めたばかりだ。
    対戦の大喜利で勝ったこともない)

李衣菜「……大喜利で、強くならなきゃ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510151001
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/08(水) 23:24:39.94 ID:1oMugAN40
※お久しぶりです、OOGIRIM@STERです。
※このSSは前作『多田李衣菜「大喜利ですか?」』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501946248/)の続きになっています。
初めましての方はそちらをご覧下さい。
※現在、第13節までストックがあります。今回は14節まで投稿するつもりです。
※マターリ進行でお付き合いください。
※よろしくお願いします。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/08(水) 23:27:33.41 ID:1oMugAN40
木村夏樹「あれ、だりー。どうしたんだよ、レッスン終わったのか?」

李衣菜「あ、なつきち! うん、さっき終わったとこ。なつきちは?」

夏樹「アタシもいまレッスン終わったとこだよ。
   身体動かすのは楽しいけど、ダンスって難しいな。
   アイドルも大変だぜ、へへっ」

李衣菜「……ねえ。なつきち」

夏樹「んー?」

李衣菜「どうしたら、大喜利で強くなれるのかな」

夏樹「ははっ、急にどうしたんだよ?」

李衣菜「私、今度みくと大喜利の大会に出るんだ。
    だから、みくのためにも、私のためにも……大喜利で強くならなきゃいけないんだ」

夏樹「えーっと……それなら、みくにアドバイス貰ったら良いんじゃないか?」

李衣菜「それじゃダメだよ! みくはライバルなんだから!」

夏樹「ライバル? ははは。なんだよそれ」

李衣菜「何でもなのーっ!」

夏樹「はいはい」

夏樹「……そっか。とにかく、だりーは……マジになっちまったんだな。大喜利に」

李衣菜「うん。絶対に、絶対に勝ちたい。
    でも、どうしたらもっと上手く大喜利が出来るんだろう……」

夏樹「…………」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/08(水) 23:30:02.78 ID:1oMugAN40
夏樹「だりー、“回答を消す”ことを覚えてみな」

李衣菜「んぇ? ……回答を消す、って、どういうこと?」

夏樹「自分の中に基準を作るんだ。
   “ウケないだろう”っていう回答は、消す。
   出さない。無駄撃ちをしない」

夏樹「競技大喜利の多くは、周りの人間との相対評価だ。
   もちろん、出さなきゃ点数は取れないが、出したことで印象が悪くなることも多い。
   点数には表れない減点が発生するんだ。
   その悪影響は自分の他の回答の印象を下げるし、チーム戦なら、チームの平均値を下げることに繋がる」

夏樹「だから、書き上げた回答を前にしたとき、一瞬立ち止まるんだ。
   出していいのか、消すべきなのか、直すべきなのか……考えるのさ。
   勝つために何より大事なのは、いい回答を出すこと。二番目に大事なのは、失敗しないことだ」

夏樹「もちろん、攻める姿勢は忘れちゃダメだぜ。
   対バンと一緒さ、だりー。燃えないと、勝負の舞台に上がれないからな。
   お題に没頭するんだ。つまり、冷静と情熱を両立するのさ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/08(水) 23:32:20.81 ID:1oMugAN40
李衣菜「それは、凄く……難しいね?」

夏樹「まあ、そうだな。簡単なことじゃあ、ないな」

李衣菜「ねえ、なつきち。……もし、うまくできなかったら、どうするの?」

夏樹「そりゃー、決まってんだろ」

李衣菜「?」

夏樹「笑ってごまかせ!」

李衣菜「えーっ!? 何それーっ!?」

夏樹「ははは。まあ、何にしろ今のは理想論だよ。
   アタシの思い付きで言っただけさ。なーんとなく、そう思っただけ。
   ……それに、本気になったんだろ?
   なら、出来るまでやるしかない。
   それに……そのための機会は、だりーにはあるじゃないか」

李衣菜「そのための、機会?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/08(水) 23:34:34.99 ID:1oMugAN40
?「あの……」

李衣菜「わ!?」

?「えっと、ごめんね。お話し中だったかな?
  多田李衣菜ちゃん、だよね」

李衣菜「えっ? あ、は、はいっ!(起立!)」

夏樹「! ……どもっス」

?「え、あ、いいよいいよ! 普通にしてて!
  同じアイドルだし! ね!」

李衣菜「は、はい……じゃなくて、うん。分かった」

?「えっと……李衣菜ちゃん。大喜利、好き?」

李衣菜「えっ? あー、まあ、最近好き……かなーって」

?「あはは、良かった。
  だって、ほら、こないだの放送で大嫌いって……」

李衣菜「え!? あー、アレ?
    それは、その……。
    雪美ちゃんとこずえちゃんのときは、あんな負け方しちゃったのもあって……。
    ……ほ、本心じゃないよ!」

?「ふふっ、そうだよねっ。安心した」

?「そうじゃなきゃ……倒す意味が、ないから」

李衣菜「えっ?」

?「あ、自己紹介がまだ、だったね」

岡崎泰葉「私は岡崎泰葉。『*(Asterisk)の明日にKICK』の大喜利道場、今度の対戦相手だよ」











第8節 ベイビー、もし私が世界を変えられたなら 了
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 00:08:50.53 ID:YI4d06ZHO
つまんね
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 15:17:21.90 ID:gOHFQ+OYO
期待
シンデレラ大喜利も盛況だし最近来てるね
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 15:58:07.14 ID:gZEE5qaA0
前回途中で投げた作品だよね
10 :岡崎泰葉「大喜利で、手は抜かないから……!」 [saga]:2017/11/09(木) 19:12:20.62 ID:6X4Ojcgt0
岡崎泰葉「大喜利で、手は抜かないから……!」

李衣菜「私も、絶対に負けないよ!」

みく「2人とも、気合い十分だね!
   それじゃあ″多田李衣菜の大喜利道場″、戦ってもらうお題はこちらにゃ!」
11 :岡崎泰葉「大喜利で、手は抜かないから……!」 [saga]:2017/11/09(木) 19:13:55.75 ID:6X4Ojcgt0
〜回想・収録前控え室〜





P「岡崎泰葉は、強いぞ」

李衣菜「うっ、やっぱり……」

みく「みくも聞いたことがあるにゃ。
   岡崎泰葉チャン、子役の頃から大喜利をやっている経験豊富な子で、お題としっかり向き合える正統派中の正統派にゃ。
   ……大丈夫?」

李衣菜「ぜ、ぜぜぜ、全然だし!? 全然大丈夫だし!?」

みく(前途多難にゃあ……)

P「李衣菜、あまり気負い過ぎるな。別に、この試合に負けたからといっつてペナルティーは……」

李衣菜「そ、それは嫌だよ! ……私は、負けたくない。
    せっかくそんな人と戦えるなら……勝って、私の大喜利を証明したい!」

P(……!)

P(この短い期間に、成長したな)

P「そうか、それなら……」

P「……がんばれ」

李衣菜「うん、まーかせて!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/09(木) 19:15:04.44 ID:6X4Ojcgt0
〜現在 スタジオ〜





李衣菜(勝てるかどうかなんて、やってみないと分からない……!)

李衣菜(でも、今は少しでも実績を残して……タッグを組む、みくを安心させたい!)

みく「お題はこちらにゃ!」





【お題】全員アホの結婚式、どんな感じ?





李衣菜(結婚式の、オーソドックスなお題……よし!)

李衣菜(結婚式と言えば、えっと……そう! ケーキ入刀!
    じゃあ、『ケーキが硬すぎてナイフが全然入らない』っと……)



――書き上げた回答を前にしたとき、一瞬立ち止まるんだ。



李衣菜(……ん?)

李衣菜(あれ、なんか……違うような……)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/09(木) 19:17:32.57 ID:6X4Ojcgt0
泰葉「はい」

みく「はい、泰葉チャン!」

泰葉「えっと……『お色直しが終わって出てきたら、半分くらい帰ってる』」

みく「あははははは! アホすぎ! 終わったと思っちゃった! 誰か止めないと! あはは!」

李衣菜(!!)

李衣菜(そ……そっか!)

李衣菜(これはオーソドックスなお題なんかじゃない! 「全員アホの結婚式」なんだ。
    「こんな結婚式は嫌だ」と「アホな人が集まる結婚式」とは違う……!)

李衣菜(よし、じゃあこの回答は消して、と……)

李衣菜(にしても、アホな人しかいない結婚式って、どんな光景だろう……?)

泰葉「えっと……はい」

みく「はい、泰葉チャン!」

泰葉「『ブーケトスを取った人が、もう一回投げてほしそうに持ってくる』」

みく「あはっ! いや、犬みたい! フリスビーと同じ扱いにゃ!」



李衣菜(……できた)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/09(木) 19:19:18.26 ID:6X4Ojcgt0
李衣菜(この回答の価値は分からない。
    でも、この回答がウケなくても……笑って誤魔化せば、それでいい。
    また新しい回答を、考えるだけ!)

李衣菜(よし、これで、やるしかないっ!)

李衣菜「はいっ!」

みく「はい、李衣菜チャン!」

李衣菜「なんか、結婚式はお祝いだから、みんなおめでとーってなって!
    凄い盛り上がって! ワーッてなって!」

みく「にゃ?」

李衣菜「なり過ぎて!」

李衣菜「『最後、茶道になってる』!」

みく「ぷっ」

みく「あはははは! 揺り戻し! テンションの揺り戻しがエグいにゃ!
   急に落ち着いちゃってる! あははははは!」

李衣菜(スタッフさんにもウケてる! やっぱりこの路線で良かったんだ! よし、このまま……押し切る!!)

李衣菜(って、あれ……不思議だな)

李衣菜(結婚式の光景が、幾つも思い浮かぶ……?)

李衣菜(いや、今は……)

李衣菜(それでも、出し続けるだけ!)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/09(木) 19:20:37.19 ID:6X4Ojcgt0
泰葉「はいっ」

みく「はい、泰葉チャン!」

泰葉「『楽しいので2次会を先にやった』」

みく「あははっ、楽しくても絶対ダメにゃ!? 結婚式がグズグズになっちゃう!」

李衣菜「は、はいっ」

みく「はい、李衣菜チャン!」

李衣菜「えっとっ、『カニの食べ放題』!」

みく「みんな夢中になってる! あはは! スライドとかあるのに、誰も見てないやつにゃ、それ!」

泰葉「っ、はい」

みく「はい、泰葉チャン!」

泰葉「『「次は、新郎新婦によるサプライズです」って、離婚した』」

みく「最悪にゃあ!? なんのサプライズなの!? 新郎新婦何考えてるの!? えっと、次で最後にゃ」

李衣菜「はいっ!」

みく「はい、李衣菜チャン!」

李衣菜「はい、『特盛りカレー、入刀』!!」

みく「あははははっ! 絵がバカ過ぎるにゃあ!!
   それ入刀してどうするの!? なんでただ好きなもの用意したのっ!?
   終了、終了〜〜!!」

李衣菜(お……)

李衣菜(終わった……)

李衣菜(なんか、息するのを忘れてたみたいに……くらくらする……。
    って、あれ? スタッフさんも、凄い拍手してくれてるけど……随分長く拍手してるなあ……)

李衣菜(でも、なんだか……これ……)

李衣菜(楽しかったなあ……)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/09(木) 19:21:53.02 ID:6X4Ojcgt0
みく「この試合の結果は……」

李衣菜(ごくり)

泰葉「……」

みく「う〜ん……引き分けにゃ! どっちも面白くて、みくには優劣をつけられなかったにゃ!」

李衣菜「ありゃ、引き分けかあ……」

泰葉「李衣菜ちゃん(スッ)」

李衣菜「え? あ、は、はいっ?」

泰葉「凄く、楽しかったよ! また、一緒に大喜利しようね!」

李衣菜「あ……」

李衣菜「……うん! いつでも!(握手!)」

みく「以上、“多田李衣菜の大喜利道場”のコーナーでしたー!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/09(木) 19:26:25.66 ID:6X4Ojcgt0
〜収録後〜





泰葉「ありがとう、李衣菜ちゃん!」

李衣菜「わ、泰葉ちゃん! ……あはっ、お疲れさま。こちらこそ、ありがと。私も、楽しかったよ」

泰葉「ねえ、ところで李衣菜ちゃんは“DUO”は出るの?」

李衣菜「うん、みくと出るよ。……泰葉ちゃんは?」

泰葉「私も出るつもり。
   まだパートナーの予定を調整してもらってるところだけど……当たるの、楽しみにしてるね!
   あ、プロデューサーさん呼んでるから、またね!」

李衣菜「うん、じゃあ、また!」

李衣菜(岡崎泰葉ちゃん。大喜利に真面目で、一生懸命で、凄い子だったな。また、大喜利したいな……)

みく「李衣菜チャン」

李衣菜「あ、みく」

みく「さっき……凄かったにゃ。びっくりした」

李衣菜「へへん、でしょー! やっぱり私、才能あるのかな!」

みく「まったくもー、褒めるとすぐ調子乗るんだから……」

李衣菜「あはは」

李衣菜「……みく」

みく「ん?」

李衣菜「次は、みくの番だよ」

みく「……」

みく「なーに言ってるにゃ。……さ、行こ」

みく「次は、“DUO”にゃ」





第9節 原子・心・153 了
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 22:45:03.01 ID:GvFeSaMgO
肝心の大喜利もSSとしても凄絶に寒いんですが
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 20:07:10.34 ID:xXMtXHS1O
大喜利続編きてるじゃん
おつおつ
余計なお世話だろうけど批評気にしすぎてエタるほうがよくないからがんばって
20 :安部菜々「皆さぁーん! 大喜利を、愛してますかぁー!!」 [saga]:2017/11/11(土) 00:08:03.94 ID:6AeUwQnI0
安部菜々「皆さぁーん! 大喜利を、愛してますかぁー!!」

観客「「「ウオオオー!」」」

菜々「みんな、ありがとー!
   『ライブ権争奪! アイドル限定大喜利タッグバトル “DUO”』!
   ご来場下さいましてありがとうございます!
   私が、今大会のメインMCを務めさせて頂きまーす!
   ウサミン星からやってきたピッチピチのJK(じぇいけい)アイドル、安部菜々17歳です! キャハッ☆」

観客「「「ウオオオアアァー!」」」

菜々「では、まずはナナの歌で楽しんでって下さいねー!
   聴いて下さい……『メルヘンデビュー!』!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 00:11:13.25 ID:6AeUwQnI0
〜ライブ会場 楽屋〜



李衣菜「す、凄い盛り上がり……! 緊張してきたぁ……!」

みく「普通のライブハウスにしては、熱気がとんでもないにゃ……。
   お客さんもいっぱいだし、出演者もいっぱいいるし……みくもドキドキしてきたかも……」

夏樹「よっ、だりー」

李衣菜「ん゛ぅぇえ!? なつきちぃ!? 何で楽屋にいるの!? 出るの!?」

夏樹「いやいや、出ねーよ……。お前らを応援しにきたんだよ。
   今着いてさ、客席行く前に顔でも見てやろうと思って」

李衣菜「そ、そうだったんだ……。
    な、なんか凄いとこに来ちゃったよぉなつきちぃ……!」

夏樹「ははは、へーきへーき! マイクの扱いさえ落ち着いて気を払えば、あとは普通の大喜利だよ」

李衣菜「そ、そうかなぁ〜?」

夏樹「そうさ、特別なことなんかしなくていい。
   だりーは、いつも通り楽しく大喜利をすりゃあ良いんだ。それがロックさ」

李衣菜「いつも通り……楽しく……」

李衣菜「わ……分かったよなつきち! 私、自分なりに頑張ってみる!」

夏樹「おう、期待してるぜ!」

みく「あの、夏樹チャン。……わざわざありがとね」

夏樹「ん、構わないよ。だりーを引っ張ってやってくれ、みく」

みく「当たり前、にゃ」

李衣菜「……?
    ……ねぇ、みく。なつきちと、なんかあったの?」

みく「にゃ! 何でもないにゃ!」

李衣菜「……??」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 00:14:40.51 ID:6AeUwQnI0
夏樹「ははは、じゃあアタシは客席に行ってるよ。応援してるぜ!」

李衣菜「うん、後でね! ……ん?」服に何か引っかかってる?

佐城雪美「……」

遊佐こずえ「……」

李衣菜「わ! びっくりした!」

雪美「ふふ…………また、一緒に……李衣菜と……大喜利…………できる……」

こずえ「ふわぁ……またこずえと……おおぎりしてくれるのぉー……?」

李衣菜「えっ? あ……そっか。2人ともこの大会に出場してたんだね。
    知らなかったよ。うん、よ、よろしく〜」

雪美「? ……エントリー……貼り出されてる……」

李衣菜「えっ?」

みく「えっ……まさか李衣菜チャンまだエントリー表見てないの?
   ブロック分けも決まってるから、廊下まで見てくると良いにゃ」

李衣菜「そうなの!? う、うん、分かった!」

雪美「…………私も……いく」

こずえ「ふわぁ……もういっかい……みるぅー……」

李衣菜(来るんだ)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 00:19:09.70 ID:6AeUwQnI0
〜廊下〜



李衣菜「えっ、と……エントリー表は……」

雪美「……ここ」

李衣菜「あ、これ? えーっと……」





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ライブ権争奪! アイドル限定大喜利タッグバトル “DUO”
ブロック分け

Aブロック
「NEOTENY」佐城雪美・遊佐こずえ
「アンチエイジャーズ」川島瑞樹・高垣楓
「ユニゾンデュエット」涼宮星花・水本ゆかり

Bブロック
「どすえレベル」ヘレン・小早川紗枝
「爆笑エブリデイ」難波笑美・上田鈴帆
「ドーリードール」岡崎泰葉・桐野アヤ

Cブロック
「あんきら」双葉杏・諸星きらり
「*(Asterisk)」前川みく・多田李衣菜
「ステアウェイ」渋谷凛・森久保乃々

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





李衣菜「えーっと……私たちは、Cブロックか……。
    川島会のみんなも、泰葉ちゃんも出場してるね」何組かすごい名前のユニットいるな……。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 00:21:22.29 ID:6AeUwQnI0
??「各ブロック1位で準決勝進出、ほんで準決勝で1組脱落して生き残った2チームで決勝や。
   せやから、初戦を勝ち進んで貰わんと困るでー」

李衣菜「へ? えっと……ああっ!」

難波笑美「お、なに? ウチのこと知っとるん? うれしーなー!
     まーでも自己紹介や! ウチは難波笑美、あんたの相方の前川みくちゃんのライバルや!」

李衣菜「えっ、ら、ライバル……? あ、私はリーナ! 多田李衣菜!」

笑美「おう、李衣菜ちゃん! よろしゅーな!
   予選で勝ち抜いて貰わないと、準決勝でみくちゃんと当たれんから、しっかり頼むで!」

李衣菜「う、うん! よく分かんないけど何にしろ頑張るよ!」

笑美「いや、よく分かってないんかいっ!
   あ、でもCブロックってあんきらのとこやん! うわー、きっついなー!」

李衣菜「あんきらって……え、そんなに強いの?」

笑美「そら、優勝候補やわ。2人とも、とんでもなく面白いで。
   一度流れに乗ったら、もう手がつけられへん。
   ステアウェイの方は……渋谷凛ちゃんは名前は聞くけど、森久保?っちゅー子は、よー知らんなあ……」

李衣菜「そうなんだ……」

??「笑美しゃーん! ちょっとファスナー! ファスナー下ろしてくれんとねー!?」

笑美「ん、今行くわー! ほな李衣菜ちゃん、気張りやー♪」

李衣菜「あ、うん! 教えてくれてありがと! ……行っちゃった」

雪美「………………びっくり……した」

こずえ「……zzz」

李衣菜「テンション高い子だったなあ」

李衣菜「でも、そっか……あの子が、みくの……」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 00:22:33.00 ID:6AeUwQnI0
雪美「…………そろそろ……Aブロック……」

李衣菜「あ、そっか。そろそろ2人とも、出番だもんね」

雪美「…………私たち……も……」

李衣菜「ん?」

雪美「……また…………李衣菜と……大喜利がしたい……。
   だから……必ず…………勝つ……」

こずえ「こずえはねー……おおぎり、つよいんだよぉー……。
    おおぎりしてるときはねー………ねむくないのぉー……ふわぁ……」

雪美「……見てて……」

雪美「私と……こずえの……輝くところ…………」

雪美「……必ず……会いにいく……から……」

李衣菜「うん……」

李衣菜「……うん! 袖で見てる! ……頑張ってね!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 00:23:40.78 ID:6AeUwQnI0





菜々「ゼーッ! ゼーッ! あ、ありがとぉー!
   ……ちょ、ちょっと待っててねー!
   テンション上げ過ぎちゃった……ゼーッ! ゼーッ!
   よしっ! じゃ、じゃあ、早速始めますよーっ!

   Aブロック、アイドル入場ッ!」





第10節 ペストパーキンママ 了
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 00:31:03.49 ID:6AeUwQnI0
※ぽまいら手荒い歓迎サンキューな! 少しは自重汁www
※失礼しました。何でもありません。
※どんな形でも感想は励みになってます。本当にありがとうございます。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 20:50:54.49 ID:P87IkpD2o
見てるぞ
29 :高垣楓「大喜利大会“DUO”?」 [saga]:2017/11/12(日) 00:46:16.60 ID:Wcv3uAVJ0
高垣楓「大喜利大会“DUO”?」

川島瑞樹「そう、来月の土曜日。
     アイドルが2人1組で出られる大喜利大会なんだけど……楓ちゃん、興味ない?」

楓「私が、ですか?」

瑞樹「そう、一緒に出ない?」

楓「大喜利大会、ですか……」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 00:47:44.71 ID:Wcv3uAVJ0
楓「……いえ、ごめんなさい。
  私って……その、そういう大喜利じゃないので……」

瑞樹「あら、どういうこと? 私、楓ちゃんの大喜利、大好きよ」

楓「ふふっ、ありがとうございます」

楓「でも、そうじゃないんです。
  私の大喜利って……大会に出たりとか、そういう大喜利じゃないんですよ」

瑞樹「そんな事ないわよ。楓ちゃんの大喜利、面白いじゃない」

楓「そうですか? ……そう言ってもらえると、嬉しいですね。
  でも、ええ、そうじゃないんです」

楓「私、大喜利が好きです。
  それは……大喜利がとても楽しくて、同時に、酷く“寛容”だから」

瑞樹「寛容?」

楓「はい、大喜利はとっても寛容です。
  手を挙げて、指名されたら私の時間。その間は、何をしても良いんです。
  歌を歌ったって、絵を描いたって、何をどれだけ語ったって……回答という体裁さえ成していれば、許されてしまう。
  いえ、体裁を成していなくても、“体裁がない”という回答にされてしまうかもしれません。ふふっ……。
  そして、大喜利は、そんな無秩序なことに、みんなが耳を傾けてくれます」

瑞樹「まあ……そうとも言えるわね」

楓「ええ。だから私にとって……大喜利って、みんながダジャレを聞いてくれる、とっても都合のいい場所なんです」

瑞樹「ダジャレを、聞いてくれる場所?」

楓「はいっ、実は私、ダジャレを言うのが好きなんです。ふふっ」

瑞樹(分かるわ)
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 00:48:41.60 ID:Wcv3uAVJ0
楓「回答という形にまとめてしまえば、ダジャレはダジャレ回答になります。
  勿論、それは自己責任ですけれど……。
  でも、私にとって大喜利は、普段の生活で言いにくいダジャレを、自由に言える場所なんです」

瑞樹(“普段の生活で言いにくい”ダジャレ?)

瑞樹「え、えっと……それで、どうして、ごめんなさいになるのかしら?」

楓「ダジャレって、副菜なんです」

瑞樹「……副菜?」

楓「はい。大喜利においてダジャレは回答の一形態ではあるけれど……決して主人公にはなれません。
  票を稼げる訳でも、対戦相手を圧倒できる訳でもありません。
  お題に真摯に向き合っている人には、きっと勝ち目がありません。
  “大喜利の強さ”とは、全く無縁のものです。
  ……だから、私は大会では、川島さんの足を引っ張っちゃうと思います」

楓「だから……川島さんは、他の人を誘って下さい。
  私、川島さんの大喜利が大きい場所で認められるところ、見たいですし」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 00:53:24.85 ID:Wcv3uAVJ0
瑞樹「……て……ょ」

楓「川島さん?」

瑞樹「何言ってんのよ……!」

楓「あ、あら?」

瑞樹「私は楓ちゃんと大会に出たいのー! 何でそんなこと言うのよー! わーん!」

楓「ちょ、ちょっと、川島さん?
  あの、あの、落ち着いてください、ここ、事務所で、小さい子も、見てるので」

瑞樹「わーん! 私は楓ちゃんの大喜利が好きなのー!
   だって楓ちゃん、川島会以外では大喜利やってくれないしー!
   みんなに楓ちゃんのダジャレ回答を見てもらいたいのー!」

楓「え、あの、えっと、はい、出ます、出ますから、ね、だから泣き止んで下さい。
  そうだ、川島さん。今夜飲みましょ、大喜利しながら、今夜、
  だから、″泣いたー″らだめですよ。ですから、ねえ、川島さん」

瑞樹「わーん!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 00:55:43.09 ID:Wcv3uAVJ0
〜現在・ライブハウス〜





楓(……あのときは大変だったな)

菜々「それでは、予選Aブロック、お題はこちらです!」





【お題】「このメルヘン少女、にわかだな?」と思った理由





楓(でも、川島さんが私の大喜利をみんなに見せたいのなら……)

涼宮星花「はい」

菜々「はい、『青』ユニゾンデュエット!」

星花「はいどうぞ、水筒に入れてきましたわ! 『あったか〜いドデカミン』!」

菜々「ええ何それ!?
   せめてスープとかにしてくれませんか!? ドデカミン!?」

楓(私は、自分の出来るダジャレを……)

佐城雪美「はい……」

菜々「はい、『赤』NEOTENY!」

雪美「…………『スキップで』……」

雪美「………………」

雪美「『雀荘に入った』…………」

菜々「ノ゛ウッ!
   メルヘン少女が雀荘はノ゛ウッです! ギルティーですっ!」

楓(思いつく限り出して……)

瑞樹「はぁい!」

菜々「はい! 『黄色』アンチエイジャーズ!」

瑞樹「「あなたはどこから来たの? ここに座ってお話しましょう?」
   「うん、いいよ」
   「わぁ、ありがとう。 よっこいしょういち 」
   『よ っ こ い し ょ う い ち 』」

菜々「あははははっ!
   ナナが小さい頃に流行ってたやつ! メルヘン少女が絶対言わないギャグじゃないですかあ!」

楓(全力の『私の大喜利』をするのみ、です)

楓「はいっ」

菜々「続けて『黄色』アンチエイジャーズ!」





楓「はい、『いっぱいご飯を食べて「お腹タプンツェル」って言ってる』」




34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 00:57:08.80 ID:Wcv3uAVJ0
菜々「終了ですっ!
   さあっ、5人の審査員の票が単独で一番多く入ったチームが出た時点で勝敗は決します!
   それでは、札を上げてください! どうぞ!」

菜々「赤、赤、青、続行、赤!
   赤3票、青1票! 予選Aブロック勝者、『NEOTENY』!」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 00:59:23.74 ID:Wcv3uAVJ0
〜楽屋〜



楓「お疲れ様です」

瑞樹「いやー、負けちゃったわね! 楓ちゃん、ありがとね。一緒に出てくれて」

楓「あ、いえ、やっぱり結果的に私が足を引っ張っちゃいました。川島さん、ウケてたのに……」

瑞樹「あれはちっちゃい子達が凄かったのよ、楓ちゃんのせいじゃないわ」

瑞樹「それに、楓ちゃん。
   本当は、そんなに残念だなんて、思ってないんじゃない?」

楓「えっ、どうしてですか?」

瑞樹「鏡見てご覧なさいよ、ずーっとニヤニヤしてるわよ?」

楓「えっ……私、ニヤけてます?」

瑞樹「それはもう、すっごく。ウケて、嬉しいんでしょ」

楓「私……ニヤニヤ……」

??「あっ、あのっ!」

瑞樹「あら?」

水本ゆかり「あ、あの、すみません。お話中でしたでしょうか。
      ごめんなさい、星花ちゃんがどうしてもって、聞かなくて」

涼宮星花「高垣さん、その、凄く格好良かったです!
     ずっとダジャレを貫き通すなんて、感服いたしました!
     私、私、ファンになってしまいましたわ!
     これからも応援してます! 握手、してください!」

楓「あ……」

楓「え、っと……」

瑞樹「楓ちゃん」

楓「……ふふっ、そうですね」

楓「ありがとうございます」

楓「こんなにエールを貰“えーる”だなんて、私、嬉しいですっ」





第11節 夜想曲はいま響きはじめた 了
36 :桐野アヤ「アタシらの大喜利の出番だ」 [saga]:2017/11/12(日) 20:38:20.91 ID:Wcv3uAVJ0
桐野アヤ「アタシらの大喜利の出番だ」

泰葉「…………」

アヤ「泰葉、Aブロック決まったぞ。NEOTENYだ」

泰葉「ありがとう、やっぱりあそこがきたんだね。どうだった?」

アヤ「いや……悔しいぐらいメチャメチャ面白かった」

泰葉「ふふっ。……じゃあ、私たちも行こう?」

アヤ「……おうっ!」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:39:00.36 ID:Wcv3uAVJ0
〜舞台袖〜



李衣菜「あ、泰葉ちゃん!」

泰葉「李衣菜ちゃん、久しぶり! こないだはありがとね」

李衣菜「こちらこそ! Bブロック、頑張ってね!
    準決勝、必ず行くから!」

泰葉「……!」

泰葉「……うん、先に待ってるね!」

アヤ(泰葉の友達かな……? ……って、わ、なんだあの黄色いの……!?)
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:40:53.82 ID:Wcv3uAVJ0
〜舞台〜



菜々「ではではっ! お待ちかねのBブロックで〜す!
   アイドル入場! まずは『赤』どすえレベル!」

小早川紗枝「よろしおす〜。(手をふりふり)」

ヘレン「(寒風摩擦のポーズ)」

菜々「そして、『黄色』爆笑エブリデイ! ……って、なんだあれはー!?」

難波笑美「やーやー、よろしゅーよろしゅー」

上田鈴帆(カレーメシ)「腹が減ったらカレーメシ! カレーメシ君となった上田鈴帆のお出ましだーっ!」

鈴帆「……って、あ、あれっ!? 椅子に座れない!? ちょっと!! 笑美しゃん!! 椅子座れんったい!!」

笑美「脱いで来ぃやそんなもん!」

鈴帆「うぅ……。(黄色の全身タイツ)」

笑美「いやここで脱ぐんかーい!」

アヤ「(ぽかーん)」

泰葉「アヤちゃん、アヤちゃん! 行こ!」

アヤ「え? あ、お、おう!」

菜々「そして最後は『青』ドーリードール! さあ、この混沌とした戦場を抜け出すのはどのチームなのかー!
   では、お題はこちらですっ!」





【お題】ロボットのコンビニ店員のダメダメエピソード





菜々「では、大喜利スタート!」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:42:51.65 ID:Wcv3uAVJ0
アヤ(ロボットの、コンビニ店員……)

ヘレン(スッ)

菜々「はい! 『赤』どすえレベル!」

ヘレン「ピーーーガガーーーーウィンウィンウィンガーガーガガーーーピーーーポピーーーポーーーーーー。
    『電話回線でネットに接続している』」

菜々「いや懐かしい音! ロボットなんだから、せめてもっとハイテクな繋げ方して下さいよ!」

アヤ(あ、あれを1答目に出せるのか……!?)

アヤ(いや、気にしちゃダメだ、ペンを止めるな……!)

アヤ「は、はいっ!」

菜々「はい、『青』ドーリードール!」

アヤ「えとっ、『「休憩をいただきます」と言って休憩を取る』!」

菜々「あはは、ロボットなのに! あ、でも充電とか必要なのかな? でも、腹立ちますね〜」

アヤ(あ、あんまりウケてない……)

笑美「えー……はい」

菜々「『黄色』爆笑エブリデイ!」

笑美「「イラッシャイマセ。タマゴ1ツ……ア、スミマセン」
   「牛乳1ツ……ア、スミマセン」
   「250円トポイントカード、オ預リシマス……ア、スミマセン」
   『触るものすべて握り潰してしまう』」

菜々「すみませんじゃないですよ!? 握力がぜんぜん実用化できてない! ポイントカード返してくださーい!」

アヤ「……!」

アヤ(う、ウケ方が、空気がまるで違う……)

アヤ(こ、このままじゃ……)

泰葉「はい」

菜々「はい、『青』ドーリードール!」

泰葉「『計算がぜんぜん合わない』」

菜々「嘘でしょ!? そこロボットの一番得意なとこじゃないんですか!? ただの足し算ですよ!?」

アヤ「あ……」

泰葉「大丈夫、落ち着いて。(ぼそっ)」

アヤ(泰葉……)

紗枝「はぁい」

菜々「『赤』どすえレベル!」

紗枝「えー……あなた、いま、この商品を取りはりましたね?
   透視スコープで、ポケットの中に、キャラメルを確認しました。
   既に警察を呼びましたので、裁判で有罪が確定次第、刑が執行されるでしょう。
   いままでの人生、お疲れさまでした。
   『ロボットは初犯でも融通が利かない』」

菜々「犯罪者側の意見! 確かに万引きとかに容赦なさそうですけど!
   人生お疲れさまでしたは、イヤですねえ! さあ、そろそろラストです!」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:44:22.47 ID:Wcv3uAVJ0
アヤ(だ、ダメだ……)

アヤ(頭が真っ白で、ペンが動かない……!)

アヤ(泰葉が、泰葉がせっかく勇気付けてくれたのに……!)

鈴帆「え〜、はいっ!!」

菜々「はい、じゃあラストは『黄色』爆笑エブリデイ!」

鈴帆「はいっ! えー、『おつりが口から出てくる』、
   『遠心分離機で肉まんと紙を分離してくれる』、
   『レジと合体して西の空に飛んでいく』、
   『発射したカラーボールで犯人を貫く』…………」

菜々「いやボケすぎ! ボケすぎ!! 何考えてんですか!? そんなに処理できないですよ!?
   小分けに出して下さいって! 終了、終了でーす!」

アヤ(お……)

アヤ(終わった……)

菜々「いやー、しっちゃかめっちゃかなブロックでしたが、審査に参りましょう!
   それでは、審査員の皆様、面白かった色の札を上げて下さい! それでは一斉に、ジャッジ!」

菜々「黄色、黄色、黄色、黄色、黄色! 黄色満票!
   勝者、『黄色』爆笑エブリデイ!」

笑美「しゃーっ!!」

鈴帆「いぇーい! やったばい!!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:45:00.90 ID:Wcv3uAVJ0
〜廊下・自販機コーナー〜





アヤ「……はあ」

アヤ(泰葉、泣いてたな。泰葉の友達に任せちまったけど……大丈夫かな)

アヤ(いや、それよりも……アタシ、だよな)

アヤ(手も足も、出なかった)

アヤ(みんな凄いなあ。あんな面白いこと思いついて、あんだけ爆笑を取って)

アヤ(アタシだけだ)

アヤ(アタシだけが、置いてかれてる)

アヤ(もう、ずっと……ずっと、そうだ)

アヤ(何回大会に出ても、ちっとも、変わらない……)

アヤ「……大喜利、辞めちまおうかな」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:45:49.40 ID:Wcv3uAVJ0
こずえ「やめちゃうのぉー…………?」

アヤ「えっ、あ……いつからそこに……!?」

こずえ「…………………のせてぇー。(アヤの膝に座る)」

アヤ「わっ。……お、おう」

アヤ(確か、この子は……Aブロックの……)

アヤ(……こんな小さい子がウケてるのに、アタシは……)

こずえ「…………なでてー?」

アヤ「え? う、うん。(撫で)」

こずえ「ふあー…………。(撫でられ)」

アヤ「あー……すごかったな、Aブロック。見てたよ、面白かった」

こずえ「…………ありがとー……」

アヤ「凄いな、お前。アタシには、あんな自由な発想はできないよ」

こずえ「…………じゆーなはっそー?」

アヤ「面白いこと考えるってことだよ」

こずえ「……ふーん…………」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:47:48.88 ID:Wcv3uAVJ0
こずえ「…………こずえねー…………かんがえるのねー……すきだよぉー…………」

こずえ「……たくさんかんがえるとねー……しずかになるのー…………」

アヤ「静か?」

こずえ「……おとがねー……なくなるのー…………」

アヤ「……音が、無くなる」

こずえ「…………かんがえるのー……おもしろいことー…………あとねー……つたえることー…………」

アヤ「伝えること?」

こずえ「…………きょーかんが……だいじって……ゆきみがいってたのー……」

こずえ「……おもしろいことをねー……おもいつくだけじゃねー……だめなのー……。
    …………どーいおーかとかねー……かんがえるんだよー……。
    おもいつきをねー……おもしろくするのー……………」

こずえ「…………ふわぁ」

アヤ「思いつきを……面白く……」

アヤ(……そっか、こいつ)

アヤ(“集中”してるんだ)

アヤ(思いついてるだけじゃねーんだ)

アヤ(頭の中で、回答に使う言葉の取捨選択や、答え方を、ブラッシュアップしてんだ)

アヤ(アタシは……)

アヤ(アタシは、答えに向き合えてたか)

アヤ(ボードの文字の配置、言い回し、ボードを出すタイミングに、自信を持って、余裕を持って、答えられてたか)

アヤ(一答に真剣にならなきゃ、いけなかったんじゃないか)

こずえ「…………かんがえるのねー…………たのしいからねー……」

こずえ「こずえー……もうおにんぎょうじゃないよぉー……」

アヤ「! ……おまえ……」

こずえ「……ふわぁ」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/12(日) 20:49:49.02 ID:Wcv3uAVJ0
アヤ「…………うん」

アヤ「……なあ、こずえ」

こずえ「……なぁにー……?」

アヤ「聞いてくれるか? ……お題、『ロボットのコンビニ店員のダメダメエピソード』」

こずえ「………………いーよぉー……」

アヤ「……『「自分、休憩入りま〜す!」と叫んで、その場にしゃがみ込む』」

こずえ「………………」

こずえ「………あはー……おもしろーい。(にこー)」

こずえ「………………」

こずえ「…………よしよししてあげるぅー…………よしよしー……よしよしー……」





第12節 泣かないでペトルーシュカ 了
45 :多田李衣菜「大喜利やるぞー!」 [saga]:2017/11/13(月) 21:10:12.47 ID:ubuZ4tcv0
多田李衣菜「大喜利やるぞー!」

李衣菜「アスタリスクー、ファイ!」

みく「おー」

李衣菜「ファイ!!」

みく「……おー」

李衣菜「ファイッ!!!」

みく「あーもー、いい加減にするにゃー! 恥ずかしい!」

李衣菜「えー、だってこの方が気合い入りそうじゃん……」

みく「そもそもなにこれ!?
   円陣を2人で組んでるとこなんか見たことないにゃ! 他人からはアマレスにしか見えないから!」

李衣菜「えー」

泰葉「あはははっ。ふたりとも、いつも通りって感じかな?」

みく「もー、なんか李衣菜チャンのせいで緊張感薄れちゃったにゃあ」

泰葉「でも、平常心は大事だからね。落ち着いて、楽しんできてね」

みく「泰葉チャン……。……ん、ありがとね」

泰葉「2人には心配かけちゃったね。大丈夫、私はもう平気だよ」

李衣菜「まあまあ、泰葉ちゃんも円陣組む?」

みく「やらないにゃ!」ばかなの!?
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/13(月) 21:12:22.92 ID:ubuZ4tcv0
??「うぇへへへへー! 円陣だって、おもすぃろーい☆ 杏ちゃんもぉー、やろぉー!」

??「いや、杏はやらないよそんなめんどくさいこと……え、ちょ、肩」

??「じゃあ、いっくよおー! そーれ☆」

??「ぐわああああ! きらり! 肩が! 肩が壊れる! 肩が破壊される!!
   関節キメたまま持ち上げないで、きらりぃー!!」

??「あわわわ、ごめんゅ……。杏ちゃん、だいじょうぶー?」

??「杏はもうダメだ……肩が粉砕されたから、ここで寝てるよ……ガクッ」

??「うきゃー! だぁめぇー! これから出番なのぉー!」

李衣菜「え、その子大丈夫……?」

??「んうぇ? あ、大丈夫だよぉー!
   杏ちゃん、ちょぉーっとおやすみしようとしてるだけにぃ☆」

李衣菜「そ、そうなんだ……」

諸星きらり「あ、きらりは諸星きらりだよぉー! この子は双葉杏ちゃん! よろしくにぃ☆」

双葉杏「……よろしくー」グデー

李衣菜「よろしくね。私、多田李衣菜。で、こっちの猫耳をつけてらっしゃる方が前川みくだよ」

みく「尊敬語で紹介するのやめて? 次の試合は頑張ろうね!」

きらり「いっぱい大喜利しようにぃ☆ にょわ? 杏ちゃん、スタッフの人呼んでるよ。行かなくちゃ! そぉれー☆」

杏「えー、きらりだけで行ってき……ぐわああああ! 引きずらないできらりぃぃぃぃ!」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/13(月) 21:13:20.16 ID:ubuZ4tcv0
李衣菜「……行っちゃった」

泰葉「気をつけてね。あんきらは、本当に強いよ」

みく「泰葉チャン、知ってるのにゃ?」

泰葉「2人とも第一線で戦ってて、何度も優勝経験のあるプレーヤーだよ。
   安定感があって、手数も多いし、回答の平均値も高いし、場を支配する力もある。
   その2人が揃ったときはなおさら」

李衣菜「そ、そんな凄いんだ……」

泰葉「うん、何度か見たことあるけど、本当に凄かった」

泰葉「例えるなら……そうだね」

泰葉「まるで、ブルドーザーがなぎ倒していくみたいだったな」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/13(月) 21:15:17.33 ID:ubuZ4tcv0
〜舞台〜



菜々「さー、お待たせしましたっ! 最終ブロックを制するのは誰なのかー! 緊張の一戦が始まります!」

菜々「Cブロックのアイドルの入場です! まずは『赤』あんきら!」

きらり「にょわー☆ きらりだにぃ! おっすおっすぅ!」

杏「へいへい、やりますかねー」

菜々「次は、『黄色』*(Asterisk)!」

みく「にゃー! よろしくねー!」

李衣菜「ロックにいくよ!」

菜々「そして最後はー……『青』ステアウェイ!」

渋谷凛「…………。(ぺこり)」

森久保乃々「むりくぼですけど……大喜利なんてむちゃくぼなんですけど……!」

菜々「以上3組のうち、1チームだけが抜け出ることができます!」

李衣菜(お客さんがいっぱいいる……やっぱり、歌ったりするのとは、違う緊張感だ……)

李衣菜(泰葉ちゃんが言うには、あんきらがこの試合の最右翼らしいけど……きっと私は、そんなこと気にしてる場合じゃないんだよね)

李衣菜(マイクの使い方、ボードの出し方だけ気をつけて……いつも通りに……)

李衣菜(相手がどんなに強くても、大丈夫)

李衣菜(失敗しても、隣にはみくがいる)

李衣菜(私は、ただ目の前の大喜利を……楽しむ!)

菜々「では答えていただきましょう! お題はこちら!」





【お題】こんなお寺は楽しい





菜々「では、スタートですっ!」

きらり「はーいっ!」

菜々「はい、『赤』あんきら!」

きらり「はい! えー、『お坊さんが「かーつ!」って言いながら、飴ちゃんをくれゆ』!」

菜々「お坊さん優しい! いや飴は嬉しいですけど、なんで喝って言ってるんですか!?」

みく「はいっ!」

菜々「はい、『黄色』*(Asterisk)!」

みく「『水をかけるたびに墓石の色が変わる』」

菜々「お墓詣りがちょっとだけ楽しくなりそう! 何度もお水かけたくなりますね!」

杏「ん」

菜々「はい、『赤』あんきら!」

杏「『バコーン!て本堂が開いて、「10:30」って出てくる』」

菜々「鳩時計みたいになってる! お賽銭入れてるときとかびっくりしそう!」

きらり「はいはーいっ!」

菜々「はい、またも『赤』あんきら!」

きらり「これは嬉しいにぃ☆ 『精進落としでケーキがいーっぱい出たし、法要も3分で終わった☆』」

菜々「嬉しいにぃ☆じゃないですよ!? 構成が身勝手すぎる! ご先祖様怒りますよ3分で法事終わったら!」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/13(月) 21:18:56.55 ID:ubuZ4tcv0
李衣菜(あんきらはやっぱり手数は凄いなあ、しっかりウケてるし)

李衣菜(だけど……)

李衣菜「はいっ!」

菜々「『黄色』*(Asterisk)!」

李衣菜「ゴーン……ワンツースリーフォー!」

李衣菜「プップー! スタタン、ドコドン、プップップー!」

李衣菜「『鐘をゴーンてやると、ジャムセッションが始まる』!」

菜々「ジャズバンドがずっと待機してる! あははははっ! 楽しそう!」あとラッパの音へたっぴ!









李衣菜(き……)

李衣菜(き……!)

李衣菜(気ー持ちいー!! お客さんにウケるって、すごい快感……!
    ゾクゾクする! なにこれ!? こんなに気持ち良くていいの!?)

李衣菜(私の回答で、笑ってくれて、客席が揺れて、まだ余波みたいのが、残って……!)

李衣菜(や、やば……何これ脳内麻薬? 気持ちがふわふわしちゃう……!)

李衣菜(お、落ち着け私〜!)

杏「はい」

菜々「『赤』あんきら!」

杏「あっはっはっ、こんなに〜? うっそ〜? こんなことしていいの〜? 何回でもー? ホントにー?」

杏「『賽銭のつかみ取りがアツい』」

菜々「なんでそんなことさせてんですか!? お金ですよ!?」

みく「はいにゃ!」

菜々「『黄色』*(Asterisk)!」

みく「コロコロコロコロコロコロコロコロ」

みく「『木魚がどこまでも転がっていく』」

菜々「いや慣性の法則! 転がりやすい形してないですよあれ!? ちょっと原理を教えて下さい!」

菜々「さあ、そろそろ時間ですね!」

李衣菜(うう、なんかふわふわして何も思いつかなかった……お寺って要素少ないなあ。
    でも、みくもいいの出してるし、ここはよっぽどおっきいの出ない限りは……)

凛「はい」

菜々「はい、ここで『青』ステアウェイ!」

凛「『入り口のばかでかい金ぴかの大仏が』」

凛「『ダブルバイセップスのポーズしてて』」

凛「『ふーん結構キレてるじゃん、って思ったんだけど』」

凛「『帰るとき見たら、モストマスキュラーのポーズになってた』」

菜々「真顔で何言ってるんですか!? 入り口にでかい金ピカの大仏も謎だし! ボディビルに詳しいのもよくわからないし!
   ふーん結構キレてるじゃんじゃないです! あははっ!」

李衣菜(げっ!? な、なにあの子!? 時間いっぱい使って、メチャクチャなこと言って、凄いウケてる……!)
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/13(月) 21:19:38.79 ID:ubuZ4tcv0
李衣菜(げっ!? な、なにあの子!? 時間いっぱい使って、メチャクチャなこと言って、凄いウケてる……!)

菜々「さあ、もういませんね! 終りょ……って、あら?」

李衣菜(ん、まだ回答者が……)

李衣菜「……えっ?」











第13節 キレイな夢を見たんだ 了
51 :森久保乃々「大喜利なんてむりくぼなんですけど」 [saga]:2017/11/14(火) 14:35:35.03 ID:Ld7mCUcY0
森久保乃々「大喜利なんてむりくぼなんですけど」

乃々「…………」

乃々「そろそろ出番なのに、逃げてきてしまったんですけど……」

乃々「…………」

乃々「もりくぼは、なぜこんなことに……」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:37:06.49 ID:Ld7mCUcY0
〜回想・事務所〜



凛「乃々、“DUO”に出場するから予定空けといてね」

乃々「えっ」


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:37:44.28 ID:Ld7mCUcY0
〜現在・倉庫〜



乃々「…………」

乃々「そこにもりくぼの意志は無かったんですけど……」

乃々「…………」

乃々「……もりくぼいぢめ?」

乃々「……ううー」

乃々「大喜利なんて、む〜りぃ〜……」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:38:36.51 ID:Ld7mCUcY0



乃々(もりくぼは、人前で大喜利をしたことがありません)

乃々(それどころか、ろくに大喜利に触れたことすら、ありません)

乃々(もりくぼは)

乃々(もりくぼは……ただ、一度だけ……(イヤホン装着))


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:41:40.92 ID:Ld7mCUcY0
レコーダーの音「ピッ」

レコーダーの音「えー、R.N.ベース練習中さんには、2ギルティと番組特製一升瓶ストラップを進呈します!
        おめでとうございまーす!」

レコーダーの音「いや〜、わかるわ〜。はい、それでは次の投稿は……あら、この人も初採用ね。
        R.N.森乃こりすさんからの投稿です。

        『【お題】なんだこれ? ラーメンのスープを飲み干したら丼の底に書かれてた言葉、一体なに?』」

レコーダーの音「デデデン!(SE)」

レコーダーの音「『割り飯あります』」

レコーダーの音「……あはははっ! いやいやいや! こっちは飲んじゃった後だから! スープ飲む前に教えて!」

レコーダーの音「初投稿だって、面白わねー」

レコーダーの音「あー、でも良く考えたら、ラーメンに割り飯ってあんまり聞いたことないかも?」

レコーダーの音「確かにつけ麺とかなら聞いたことあるわね。早苗ちゃんは、ラーメン食べるときとか、ご飯頼んだりするの?」

レコーダーの音「そうねえ、お酒飲んだ後とかに、ラーメンに半ライス入れると……やっぱりテンション上がっちゃうわね!」

レコーダーの音「あら野生的! もはや炭水化物のパレードよ、それ。じゃあ早苗ちゃん、ジャッジをお願い!」

レコーダーの音「はい、えー……R.N.森乃こりすさんには1ギルティと特製ストラップの贈呈です!
        面白かったわよ、また投稿してね! おめでとうございまーす!」

レコーダーの音「さあ、次のお便りはピッ」

レコーダーの音「ピッえー……R.N.森乃こりすさんには1ギルティと特製ストラップの贈呈です! 面白かったわよ、また投稿してピッ」

レコーダーの音「ピッ製ストラップの贈呈です! 面白かったわよ、まピッ」

レコーダーの音「ピッ面白かったわよピッ」

乃々「…………」

乃々「…………みじめなんですけどぉ……。(うずくまり)」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:42:40.99 ID:Ld7mCUcY0



乃々(深夜、詩を書いてるときに息抜きにつけたラジオ)

乃々(ほんの出来心で送ったメールが、いきなり採用されて……それが、とても嬉しくて……アーカイブを録音までしてしまって……)

乃々(でも、それからもりくぼは、投稿なんかできませんでした……)

乃々(しようと思っても、お題を前にすると、思考が、手が、言葉が止まってしまって……難しくて、怖くて)

乃々(誰かに、こんなつまらないものをどうして出したんだ、なんて怒られてしまいそうで)

乃々(もりくぼは、どうしてもメールを送れませんでした)

乃々(だけど、それでも)

乃々(人から面白いなんて言ってもらえたのは、あれっきりだから)

乃々(……もりくぼは、それにしがみついてしまいます……)


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:43:25.43 ID:Ld7mCUcY0
凛「乃々」

乃々「あ……凛さん」

凛「探したよ。乃々は、かくれんぼが上手いね?」

乃々「あの、え、と……」

凛「でも、やっぱり乃々は凄いな」

乃々「……はい?」

凛「ここで集中力を高めてたんだね。暗闇で、音を遮断して……」

乃々「ち、ちがいますけど……」

凛「でも、もうそろそろ私たちの出番だよ。頼りにしてるからね、乃々。(手を取る)」

乃々「ちがうんですけど……。(連行)」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:44:46.38 ID:Ld7mCUcY0
〜廊下〜



??「あ、いた! しぶりーん!」

凛「未央、卯月」

島村卯月「間に合いました! まだ出番じゃないですよね!」

凛「うん、もうすぐだけどね」

卯月「お仕事が長引いちゃって……でも、来られて良かったです!」

本田未央「頑張って仕事終わらせてきたんだからね! しぶりんがガツーンと爆笑取るとこ、楽しみにしてるよ!」

卯月「それでは私たちは客席に行くので、応援頑張りますね! 楽しんできてね、凛ちゃん!」

凛「うん、ありがとう」

乃々「…………」

凛「ほら、乃々。行こう?」

乃々「は、はい……」

乃々「…………」

乃々(もりくぼは、あんなきらきらした人達を直視したら、浄化されてしまうんですけど……)

乃々(あの2人は……確か凛さんと同じユニットの人……)

乃々(……お友達はたくさんいるのに、凛さんは、どうしてもりくぼなんかと大会に出ようなんて……)

凛「さ。行くよ、乃々」

乃々「え? あ」



菜々「そして最後はー……『青』ステアウェイ!」



凛(ステージへ出ていく)

乃々「むりくぼですけど……大喜利なんてむちゃくぼなんですけど……!」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:46:38.23 ID:Ld7mCUcY0
〜舞台〜



乃々(言われるがままに舞台に出てきてしまったんですけど……)

乃々(たくさんのお客さんが、もりくぼたちを見てる……。
   ライトでよく見えないけれど、あそこには本田未央さんと島村卯月さんたちも、多分いる……)

乃々(もりくぼは……もりくぼは……)



菜々「では答えていただきましょう! お題はこちら!」



乃々(え、あ、お題……)

乃々(……?)

乃々(こんなお寺は楽しい……?)

菜々「では、スタートですっ!」

乃々「あ……」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:47:45.70 ID:Ld7mCUcY0



■■■「はい! えー、『■坊■んが「かーつ!」■■言■なが■、■ち■■をくれゆ』!」



乃々(…………)

乃々(視界が、ゆらぐ)



■■「『■を■け■■■■墓■■■が変わ■』」

■「『バ■■■!■本■■開い■、「■■■■■」っ■■■くる』」



乃々(頭の中が冷たくて、顔が熱くて、耳が音を拒否して、口の中がからからに渇く)

乃々(会場が、もりくぼを置いて、沸き立ってる)

乃々(お寺ってなんですか。楽しいってなんですか。ホワイトボードが白いのは何でですか)

乃々(凛さんは……?)

凛「…………」

乃々(あんなに沢山、ホワイトボードに書き込んで……消して、また書いて……)

乃々(ああ……)

乃々(ここにいる人たちは、もりくぼのはるか先を、走ってる……)
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:50:05.45 ID:Ld7mCUcY0



■■■「『■■■■■やると、■■■セッ■■■■始■■』!」



乃々(!!)

乃々(会場が、揺れた)

乃々(なんて言ったのかすら、分からないけれど)

乃々(これは、勝負が決まった揺れですよね)

乃々(拍手、笑い声、拍手、拍手、笑い声)

乃々(もりくぼをおいて、大喜利がすすんでいく)

乃々(ああ……)

乃々(ああ……!)

乃々(もりくぼは……!!)



凛「……乃々?」

乃々「ぁ…………ぅ…………」

凛「……乃々、つかまって」

乃々「え……?」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:51:29.32 ID:Ld7mCUcY0
乃々(私の膝の上に、凛さんの左手が)

乃々(凛さんはそのまま、ボードに向き合って、回答を書いて……て……)

乃々(凛さんの手が、震えてる……?)

乃々(私は、この手を……)

乃々(もりくぼは……!)



凛「はい」

菜々「はい、ここで『青』ステアウェイ!」



凛「『入り口のばかでかい金ぴかの大仏が』」

凛「『ダブルバイセップスのポーズしてて』」

凛「『ふーん結構キレてるじゃん、って思ったんだけど』」

凛「『帰るとき見たら、モストマスキュラーのポーズになってた』」



菜々「真顔で何言ってるんですか!?」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:52:34.46 ID:Ld7mCUcY0



乃々「……!」

乃々「ぁ、く、ぁ……」

乃々「……ぅぁ……っ、ぁ!(キュ、キュキュ)」

乃々(つかむ……つかみます……! この凛さんの手から、力をもらいます……!! もらって、書きます……!!)

乃々(もりくぼは、凛さんの力に、なりたいです……!)

菜々「さあ、もういませんね! 終りょ……って、あら?」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:53:52.93 ID:Ld7mCUcY0
乃々「うっ、ううっ、うえっ、えぐっえぐっ、うぇぇぇぇ……!!(挙手)」

菜々「へ!? だ、大丈夫ですかっ? え、ええーっと……では、『青』ステアウェイでラストです!」

乃々「っぐ、うえっ、えっえっえっ、ふぐぅえ、おえっ……!!」

乃々「っ、ぐぇ、えうっえっくっ、う……!!」





乃々「っぐう……『ベイブレードが』ぁぁ……『あそびほうだい』っ……っふぐぅ……!!」




65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:54:29.58 ID:Ld7mCUcY0




















66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:55:34.94 ID:Ld7mCUcY0



「ぎゃははははっ!」「泣きながらベイブレードて!」「あははははっ!」
「いやなんで泣いてんのあの子!?」「楽しいお寺のお題でしょ!?」
「あはははは!」「一体なんなんだよあのチーム!」「号泣しながら大喜利してる人初めて見た!」
「ハッハッハ」「いやいやいやいや!」「なんでお寺にベイブレードあんの!?」
「おもしろいけど、全体的になんでなんだよ!」「きゃははは!」
「面白いけどぉ! いやたしかに面白いけどぉ!」「ワハハ」「情緒やばすぎでしょ!」
「なんでこの時代にベイブレードなんだよ!」「最後の最後に号泣しながら!」
「何なのあの子初めて見たんだけど!」「あっはっはっはっはっ!!」
「わはははは!」「ミラクル過ぎるよ!」「何この一答!」「メチャクチャな大喜利すぎ!」
「号泣しながらベイブレード!」「ひーっ、ひーっ、マジやばい……!」「あはははは……!」


67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:56:09.71 ID:Ld7mCUcY0
乃々「ぅ……ぅえ……?」

凛「……やったね、乃々」

乃々「ぁ、凛、さん」

菜々「はい、終了! 終了です! 終了ーー!」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:57:28.40 ID:Ld7mCUcY0
〜楽屋〜



凛「乃々、お疲れ様」

乃々「あ、あぅ、凛さぁん、あの、もりくぼが、もりくぼがご迷惑ををを……!」

凛「ぜんぜん。すごく、乃々らしい回答だったよ。組んでくれてありがとう、乃々」

乃々「う、うぅ……あの、なんで凛さんは……もりくぼを?」

凛「なんでって?」

乃々「だ、だって、凛さんは、ニュージェネレーションとか、トライアドプリムスとか……。
   いろいろな子と交流があって……もりくぼじゃなくても、良いと思うんですけど……」

凛「え? ああ、そういうこと」

凛「うーん、そうだね」

凛「それは……乃々が一番ウケたがってるように見えたから、かな。(ポケットの中から鍵を取り出す)」

乃々「え?」

乃々「……ああっ!」

乃々「そ、その一升瓶のストラップ……! こ……これ……!(ポケットからストラップの付いたレコーダーを取り出す)」

凛「ふふっ。ウケることができて良かったね」

乃々「え、嘘……そんな……」

凛「あ、そうだ。
  今度、あのラジオやってる川島さんが主催の大喜利会、今度の月曜日にあるらしいから、予定空けといてね。
  楽しみだね、乃々」

乃々「ええっ!?」

乃々「む……む……!!」

乃々「むぅ〜りぃぃ〜〜〜〜!!!」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 14:58:54.07 ID:Ld7mCUcY0





菜々「それでは、Cブロックのジャッジをお願いします! どうぞ!
   ……黄色、青、続行、赤、黄色! 赤青1票、黄色2票!

   勝者、『黄色』*(Asterisk)ー!」








第14節 誰かの夢が始まる日 了
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 15:01:34.20 ID:Ld7mCUcY0
※ひとまず更新はここまでです。お付き合い下さいましてありがとうございました。
※OOGIRIM@STER、続きはまた7〜8話ぶん書き終えたらスレ立てします。
※多分次回更新でDUO編が終わると思います。
※HTML化を頼んできますね。
※コメント等いただけたら、大変励みになります。
※大喜利は楽しいんですよ。
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:23:04.04 ID:qVSzOpISo
見てるぞ
頑張れ
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:51:54.63 ID:v5Xy2zpq0
面白かったよ、凛のネタが一番好きかな、個人的にはフリップ使って欲しかったけど
そうすればウサミンの「ボディビルに詳しいのもよくわからないし! 」が不自然じゃないし
だりーが驚く点も『あんな風にフリップ使ってる』って今までの自分に足りない物を見つけた感に出来るし


凛「『入り口のばかでかい金ぴかの大仏が』」

凛「『ダブルバイセップスのポーズしてて』」

フリップダシー
⊃ https://imgur.com/7Mxmxn3.jpg ⊂



凛「『ふーん結構キレてるじゃん、って思ったから帰るときもう一回見たら、モストマスキュラーのポーズになってた』」

スッ
⊃ https://imgur.com/Fdhn2u8.jpg ⊂


73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 16:41:18.57 ID:lWrpidXA0
ID変えてでも自分自身を誉める作者って・・・
59.58 KB Speed:5.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)