しくじり先生〜八神コウ先生の失敗から人生を学ぶ〜

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 18:28:00.76 ID:weU7jkGc0
〜注意〜

これは「NEW GAME!」の八神コウがもし「しくじり先生」に出演したらを想像したSSになります!

その他の方はほぼ「芸能人」と表記します!

一部省略もありますのでご了承ください!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510219680
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 20:13:48.42 ID:weU7jkGc0
1時限目 失敗から人生を学ぼう

〜苦労と苦悩の日々を耐え抜いた〜
     八神コウ先生

コウ「はじめまして! 八神コウです」


生徒達『はじめまして』

芸能人「マジで、本物の八神コウだよ!」

芸能人「あのフェアリーズストーリーのメインキャラデザイナーだよね?」

芸能人「雑誌で見た時と比べてなんだか雰囲気が違うな」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 21:03:02.61 ID:weU7jkGc0
コウ「改めて・・本日みなさんに「しくじり」の講義をする『八神コウ」といいます。ここから先はページをめくってもらって構わないよ」ペラッ

生徒達『はい』ペラッ


第一章
はじまりは人間関係から


芸能人「出た。入社して最初に悩むこと」


芸能人「コミュニケーション能力高い人ならまだしも逆に良くない人って苦労するよな」


コウ「今と違って入社当時、私は人間関係が苦手で、いつも先輩たちや同僚たちが楽しく会話している中でもずっと一人で仕事に打ち込む日々でした」


芸能人「あるある!」


芸能人「誰かと会話できない人って大抵は自分の世界だよね」


コウ「そんなある日、私にある転機が訪れました。次のページ!」ペラッ


生徒達『なになに?』ペラッ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 21:24:37.61 ID:weU7jkGc0
【フェアリーズストーリーのメインキャラデザイナーに抜擢】


生徒達『おぉっーー!!!』


芸能人「しかも若くしてですよね? 実力はあったんですね!」


芸能人「まぁ、最終的には実力が伴わないとね・・」


コウ「フェアリーズストーリーの企画でメインを決めるキャラコンペがあり、それに参加する為にがむしゃらに描きました。それは来る日も来る日も」


芸能人「何枚も描かないといけないよね、そりゃあ」


コウ「そしてキャラコンペの当日、なんと参加した私のデザインが当時からディレクターをしている葉月しずくさんの目に止まり・・」


芸能人「葉月しずくって、フェアリーズストーリーのディレクターの?」


芸能人「凄い人の目に止まったんだね!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 21:45:28.60 ID:weU7jkGc0
コウ「見事メインキャラデザイナーを勝ち取ることが出来た、という訳です!」


芸能人「でも、いきなりメインに抜擢だと周囲は良く思わないんじゃないですか?」


コウ「もちろん。ここからしくじりになります」ペラッ


【新人にメインを持っていかれて面白くないと思った先輩たちに目を付けられていびられる】


芸能人「やっぱそう来るかぁー!?」


コウ「当時、高卒でイーグルジャンプに入社したばかりの新人であることに加えて実力があったことも要因だと考えています」


芸能人「当時を振り返って・・今、良く思う事ってありますか?」


コウ「あの時は私も生意気だったと思うね」


芸能人「その先輩の気持ちになれば・・・俺だったら後輩に先を越されたら悔しいってなるね!」


芸能人「いびられたとなるとストレスも溜まるし、愚痴も言いたくなるけど・・その辺はどうだったんですか?」


コウ「それも次のページ!」ペラッ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 22:10:44.77 ID:weU7jkGc0
【でも、実は理解者がいたから少しは大丈夫だった】


芸能人「なんとっ!?」


芸能人「うんうん、理解者の存在って結構重要だよ! 俺ら芸能人にもそういうのがいないとやってられないしさ!」


コウ「名前までは明かせませんが、その人は私と同期であり、最大の理解者と言っても過言ではありません。当時、私は毎日毎日その人に愚痴を聞いてもらってました」


芸能人「理解者の方も大変だったんだね」


芸能人「でも、それも良い思い出って感じるし、別に今は大変って訳じゃないだろ!」


コウ「こうして、メインに抜擢されるという転機があった反面、入社から長い事馴染めず人間関係に苦しみ、先輩たちに目を付けられていびられるといったしくじりばかりが続いていた訳です」


芸能人「有名なキャラクターデザイナーもしょっぱなから辛酸をなめていたんですね」


芸能人「むしろ辛酸をなめてなきゃおかしくないだろ? 苦しい時を乗り越えて初めて一人前になるって人もいるし、現に俺達も同じ立場だろ!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 22:18:03.50 ID:weU7jkGc0
コウ「次は私が最もつらかったことをお話ししたいと思います。」ペラッ


第二章
自己嫌悪に陥った自分


芸能人「急に話が暗いっ!?」


芸能人「最もつらいことって八神さんが言ったばかりだろ!」


コウ「これは・・本当に私の口から語る事はおろか思い出すことさえつらい話になります」


芸能人「つらいと言いつつも普通に話そうとする所がすごいですね・・」


コウ「詳しい事は次のページ!」ペラッ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/09(木) 23:28:03.95 ID:weU7jkGc0
【続編のフェアリーズストーリー2にてアートディレクターに任命される】


生徒達『へっ?』


芸能人「これのどこが最もつらい話になるんですか?」


芸能人「そうですよね。むしろ良い話にしか聞こえないようですけど・・」


コウ「では問いますが、私はアートディレクターを立派に務めあげる事が出来たと思いますか?」


芸能人「思いますね。八神さんなら絶対に成し遂げたでしょうね!」


芸能人「同意です!」


コウ「ブッブー! 不正解だよ。」


芸能人「何が不正解なんですかっ?」


コウ「当時はアートディレクターには向いてはいなかったからです!」


芸能人「向いていない?」


コウ「ここからが本当につらい話であり、私のしくじりになります!」ペラッ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 00:38:41.20 ID:lWSoysO40
○しくじり
【周囲に厳しく当たり過ぎてしまい、当時入社して半年近く働いていた後輩を潰してしまった】


生徒達『・・・・・・!?』


コウ「当時、アートディレクターになった私は頑張ろうと一生懸命になりましたが、その反動からか、空回りした上に要職を任されたといった重圧や人間関係が上手くいってなかった事による他者への配慮が足りず、作業が中々捗らないといつも後輩らに厳しく当たっていました・・」


芸能人「要職にもそれなりの苦労はつきものですからね」


コウ「そして・・それが幾度となく続いた末・・・」


【「もうついていけない」と言う社員が増え、結果誰も付いて来れなくなった】


芸能人「うわぁ・・流石にこれはつらい・・・」


芸能人「こんな事があったのなら本来は触れてはいけないタブーになりますね!」


コウ「更に追い打ちを掛けるかのように・・・」


【「辞めさせてほしい」と後輩が退職を願い出る】


芸能人「芸能界並につらすぎる!」


芸能人「どこも一緒だとは思ったけど、ゲーム業界が一番侮れないっ!?」


コウ「後輩が辞めた後、私は目一杯落ち込みました・・。落ち込んだ末に自己嫌悪にも陥りました!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 01:15:36.78 ID:lWSoysO40
コウ「ですが・・・それでも私を必死に励まし、元気付けようとしてくれた人がいました・・」ペラッ


【名前は明かせませんが、同期です】


芸能人「出たー! 八神さん最大の理解者さん、ここで登場だね!!」


芸能人「というか、名前は明かせませんって補足は余計なんじゃ・・」


コウ「その人は私と違って何の問題も抱えていない清廉潔白と呼べるべき人物で、私の事も入社した後から気に掛けていて、一人だった私に声を掛けてくれることがしばしばありました・・」


芸能人「確かに! いい人って大抵は一人か二人はその業界にいるよね!」


コウ「そして、私はその人のおかげで元気を取り戻し・・後輩を辞めさせてしまった責任としてアートディレクターを降りてその人に譲り、私はまだまだ未熟な自分を鍛え上げる為に再びキャラクターデザイナーに就きました!」


芸能人「成る程。では理解者さんは今、アートディレクターという訳ですね!」


コウ「そうなりますね」


コウ「ちなみに補足として聞いて欲しい事があります!」


生徒達『なんでしょうか?』


コウ「私がここまで話せるようになったのは今のアートディレクターだけでなく、私よりも後から入社したもう一人のおかげでもあります」


芸能人「ここで新しい人、登場っ!?」


コウ「と、言っても都合もありまして簡単にまとめて見ましたので、どうぞ!」


【もう一人は気が弱く、本人はコミュ症と語っている】


【でも優しく、私が話し相手の練習をしたいと言うと必ず協力してくれる】


【会話を繰り返すうちに仲良くなり、今は先輩後輩と関係なく仲は良好である】


芸能人「凄いですね。こんな貴重なエピソードがあったとは、驚きです!」


芸能人「コミュ症って事は当時の八神さんとその人は同じ感じだから、意気投合出来たのかもしれない・・」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 01:42:21.63 ID:lWSoysO40
コウ「さて、ここからは私がトラウマというしくじりを乗り越えるきっかけとなった話をしたいと思います。次にページ!」ペラッ


第三章
期待の後輩


生徒達『期待の後輩?」


芸能人「はぁーい! それって、どんな人なんですか?」


コウ「おっちょこちょいだけど、コミュニケーション能力や仕事に対するモチベーションが高く、前向きで、私を含めた上司からも「将来を期待されている」と言っても過言ではない程の後輩だよ」


芸能人「滅茶苦茶褒めますねっ!?」


コウ「ただし、まだ甘い所もあるからまだまだかな!」


芸能人「甘くしないで、厳しいのも流石ですね」


コウ「まぁ、私は仕事に対しては一切妥協を許しませんから。けど、その後輩にはそれ以上に目を掛けてもいますね」


芸能人「なぜ、なんですか?」


コウ「理由はこれです」ペラッ


【私・・八神コウに憧れて入社したから】


芸能人「えっ? 後輩さんが貴方に憧れてるってだけで可愛がっているんですか?」


コウ「いいえ。むしろそうではなく憧れてから、私と同じキャラクターデザイナーを志し、学生の時から一生懸命勉強と努力を重ねてきた彼女を内心で認めているからこそですよ! ただ憧れたってだけで入社したなら、それはただのおっかけになります。だけど、少しでも私を目標に近付こうと頑張る為に入社した事は別です・・そして後輩にはそれが感じられました!」


芸能人「つまりは将来絶対に伸びる存在、または逸材という事ですか?」


コウ「これから先は分かりませんが、可能性はあります!」


芸能人「成る程。でも、その後輩さんが八神さんのしくじりを乗り越えるきっかけにはいつなったんですか?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 02:16:49.55 ID:lWSoysO40
コウ「きっかけはフェアリーズストーリー3が完成した後、私が葉月さんから直々にまたアートディレクターの話を振られた時です・・」


芸能人「トラウマが再来っ!?」


コウ「ですが、私ははっきりとした返事はせず、むしろ嫌がる素振りのままその場を去りました。」


芸能人「その場を去る、なんてどこかの会場にでもいたんですか?」


コウ「一応完成パーティーの会場でしたし、人ごみもまだ苦手だったので・・ひっそりと。ですが、一人になった私の前に後輩が現れました。その後輩は私にサインを求め、サインをしてあげた後は嬉しそうな顔を見せてました。そして・・・昔をふっと思い出して少しだけ落ち込んでいた私に・・こう言ってくれました!」ペラッ


【昔の八神さんがどんな人だったか私は知りません。でも・・・少なくとも・・・少なくとも今の八神さんは私の尊敬できる上司です!だから八神さんがアートディレクターになっても私は付いて行きますから!】


生徒達『おぉっ〜〜〜!!!』


芸能人「八神さん、本当に尊敬されているんですね!」


芸能人「尊敬してくれる後輩がいるからこそ、頑張るぞって気持ちが湧くもんだからね」


コウ「この言葉が私の心に残った嫌な気持ちを・・トラウマを一瞬で取り除いてくれました!!」


コウ「そして、私は少しだけ自信を付いてきました! そこから後輩の気持ちに応える為にまたアートディレクターをやってみよう・・かなとふっと考えるようにもなりました・・」


芸能人「つまりはその後輩さんの言葉に心を動かされたんですね!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 02:23:22.41 ID:lWSoysO40
芸能人「それにしてもまさか、あの八神コウさんにこんなしくじりや良きエピソードがあったんですね!」

芸能人「芸能業界以外での別の業界の話も中々でしたねー!」

コウ「そろそろ時間になりますので、まとめに入りましょう!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 02:49:24.83 ID:lWSoysO40
『苦手があっても少しずつ努力して直していけば良い。
 
 
 自分を追い詰める事はせずに理解者を見つけて頼ってみること。
 
 
 過去は引きずらないで今を考えて前向きに生きる事が大事』by八神コウ





 芸能人「お疲れ様です! やっぱ、苦手は頑張り次第で克服できるものなんだね!」
 
 
 芸能人「頼るのもまた手か!お疲れ様です」
 
 
 芸能人「過去ばっかり考えるのはヤメだー! 大事なのは今だ、今! お疲れ様」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 03:00:14.82 ID:lWSoysO40


――八神コウ先生のしくじり――


『苦手で苦労するのは最初だけ、他の人に頼りつつも自分の努力で直していけば
きっといつかは前向きに乗り越えていけるはず』

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 03:00:52.79 ID:lWSoysO40
おしまい!
13.60 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)