日刊モバマス北海道組-2nd Season-

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/09(木) 21:13:09.86 ID:/2FgYLHlO
モバマス北海道組の日常をゆったり書いていきます


日刊モバマス北海道組
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498230583/
の設定が引き継がれていますが、読んでなくても大丈夫だと思います。

メインで登場する北海道出身アイドル
柳瀬美由紀(14)
双葉杏(17)
黒川千秋(20)
相川千夏(23)
梅木音葉(19)
アナスタシア(15)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510229589
2 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/09(木) 21:15:24.51 ID:/2FgYLHlO
前回とは違ったノリになるかもしれないのでご了承ください
3 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/09(木) 21:16:57.37 ID:/2FgYLHlO
【再開】

モバP「祝!日刊再開!」

杏「祝……? おかしくない?」

モバP「なにが?」

杏「勝手に終わったじゃん」

モバP「確かに」

杏「じゃあ、祝じゃないじゃん!」

モバP「はっはっは、そんなに気にしたらシワ増えるぞー」

杏「増えないよ!?」

モバP「???」

杏「そんな顔しても誤魔化せないからね」

杏「まぁ、再開することは置いといて、タイトルに捻りが無いのはどうかと思うよ」

モバP「例えば?」

杏「『日刊モバマス北海道組-2nd Kiss-』とか」

モバP「〇S版では2nd Seasonだっただろ!!」

杏「いやー、GS2はやっぱりP〇2版だよ」

モバP「わかるけども……」

モバP「というか、そのネタ通じるのか?」

杏「通じるでしょ。だって、あのとき〇モだよ?」

モバP「Girl's Sideだけどな」
4 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/10(金) 20:55:06.26 ID:dnr0p1ErO
【とき○モ】

モバP「しっかし、杏がとき○モやったことあるなんて意外だな」

杏「そう?」

モバP「恋愛シミュレーションするイメージ無いからな」

杏「知り合いに勧められたからね〜。勧められなかったらやってなかったと思うよ」

ガチャ

アーニャ「ただいまです」

モバP「おかえり、アーニャ」

杏「おかえり〜」

アーニャ「楽しそうに話をしてましたけど、なんの話をしてたんですか?」

モバP「ゲームの話だな」

アーニャ「どんなゲームなのですか?」

杏「自分育成ゲームみたいなやつだね」

モバP「ちょっと待て」

杏「なにも間違ってないじゃん?」

モバP「そうだけど、そうじゃない」

アーニャ「そのゲーム、やってみたいです」

モバP「!!?」

杏「今度一緒にやる?」

アーニャ「いいのですか?」

杏「いいよ、美由紀も一緒だけどね」

モバP「待て待て」

杏「今度はなにさ」

モバP「そのメンツならとき○モはやめて」

杏「えー、アーニャちゃんの希望してるゲームだよ?」

モバP「そうだが、せめてパーティーゲームにしてくれ」

杏「どうしよっかなー」

モバP「飴やるから」

杏「もう一声」

モバP「来月休みを少し増やすから!!」

杏「そこまで言うなら仕方ないなー」

杏「アーニャちゃん、別のゲームにしよっか。あのゲームは人が集まってするものでもないし」

アーニャ「そうなのですか?」

杏「うん。だからさ、みんなでワイワイできそうなやつやろっか」

アーニャ「ダー、楽しみです♪」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 22:40:37.95 ID:+oXw6hRA0
おかえり
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 08:44:12.40 ID:O7WREqU5o
乙乙
7 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/11(土) 20:29:51.77 ID:mYnm7UJGO
【ポッキーゲーム?】

美由紀「うーん……」

アーニャ「どうしたのですか?」

美由紀「ポッキーゲームについて考えてたんだー」

アーニャ「ポッキーゲーム……?」

美由紀「えっとね、ポッキーゲームっていうのはね、ポッキーを端と端から食べていくゲームなんだよ」

アーニャ「そういうゲームがあるのですね、知りませんでした」

アーニャ「ですが、それのなにについて考えていたのですか?」

美由紀「ポッキーって上の方がチョコがついてて下の方はチョコがついてないよね」

美由紀「端から食べていくってことは、片方の人がチョコのついてない方から食べて損してるんじゃないかなーって思ったんだ」

アーニャ「ダー……、確かにそうですね」

美由紀「なにか解決策ないかなー?」

アーニャ「別のものを使ったらだめなのですか?」

美由紀「どうなんだろ? ポッキーって言ってるし……」

2人「うーん……」
8 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/11(土) 20:47:13.95 ID:mYnm7UJGO
【ものしり杏】

杏「話は聞かせてもらったよ」ババーン

美由紀「杏ちゃん!?」

杏「悩んでる二人の疑問を解決してあげようじゃないか」

杏「別にポッキーじゃなくてもいいらしいんだよ」

美由紀「え、そうなの?」

杏「明確なルールもないしね。とりあえず棒状の食材を使えば問題ないはずだよ、たぶん」

アーニャ「でも、それだとポッキーゲームじゃないのではないですか?」

杏「細かいことは気にしない気にしない」

杏「それよりも今日は千夏さんの誕生日だけど、準備進んでる?」

2人「あっ」
9 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/11(土) 20:58:25.44 ID:mYnm7UJGO
【準備】

美由紀「どうしよう」アワアワ

杏「美由紀、落ち着いて、千夏さんが帰ってくるにはまだ時間あるから」

美由紀「で、でも……」

アーニャ「大丈夫です、私たちもいますから」

アーニャ「それに音葉もそろそろ戻ってきます」

ガチャ

音葉「ただいま帰りました……」

アーニャ「おかえりなさいです」

音葉「遅くなってすみません……すこし長引いてしまって……」

杏「大丈夫大丈夫、まだ時間あるし」

杏「さて、音葉さんも帰ってきたし、千夏さんが帰ってくるまでに準備終わらすよ」

美由紀「おー」

アーニャ「ダー」

音葉「はい……」

杏「じゃあ、3人とも頑張ってねー」グテー

美由紀「杏ちゃんも手伝ってよー!」
10 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/11(土) 21:10:00.20 ID:mYnm7UJGO
【千夏の誕生日】

杏「千秋さんから連絡があって、そろそろ事務所に着くだってさ」

アーニャ「千夏もですか?」

杏「そうだね」

音葉「では、電気消しますね……」カチッ

…………

……

千夏「電気が消えてるけど、みんな帰ったのかしら?」

千秋「そうかもしれないわね」

千夏「あら、鍵が開いてるわ」

ガチャ

千夏「誰かいるの?」

カチッ

パーンッパーンッパーンッパーンッ

千夏「きゃっ」

4人「誕生日おめでとー(ございます)」

千夏「ちょっと状況がつかめないのだけれど……」

千秋「千夏さん、今日誕生日ですよね?」

千夏「……そうだったわね」

千秋「そういうことです」

美由紀「千夏さん、迷惑だった……?」

千夏「いえ、ちょっと驚いただけよ」

美由紀「よかったー……喜んでくれるか心配だったんだー」

千夏「ふふ、ありがとう。とても嬉しいわ」
11 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/11(土) 21:23:28.66 ID:mYnm7UJGO
【プレゼント】

アーニャ「千夏、これプレゼントです」

千夏「ちょっと大きいわね。開けてもいいかしら?」

アーニャ「はいっ」

千夏「これは……」ガサガサ

『お部屋で天体観測セット』

千夏「ありがとう、すごく嬉しいわ」

美由紀「千夏さん、みゆきと杏ちゃんからのプレゼントだよ!」

千夏「二人で選んだの?」

杏「そうだよ〜」

美由紀「ふたりで一生懸命選んだんだ!」

千夏「それにしても、アーニャちゃんのものより大きいわね……」

杏「持ち運ぶの結構大変だったんだよ?」

千夏「お疲れさま、開けるわよ?」

美由紀「どうぞー!」

千夏「すごく大きいぬいぐるみね。それと……ネックレス?」

千夏「ふふ、ありがとう」ナデナデ

美由紀「えへへ〜」

音葉「では……次は私ですね」

音葉「千夏さん……、どうぞ……」

千夏「これは……本?」

音葉「はい……。しかし……どういった本がいいのかわからなかったのですが……」

千夏「ありがとう、今度読んでみるわ」

音葉「気に入っていただければよいのですが……」

千夏「大丈夫よ、どんな本であっても音葉から貰ったものだもの、気に入るわ」

音葉「そう言っていただけて……よかったです・」

千秋「じゃあ、最後のプレゼントね」

千秋「私からのプレゼントはこれよ」

『ワイン』

千夏「あら、こんなにいいものをくれるの?」

千秋「ワイン好きの人から教えてもらったのよ」

千夏「そうなの? なら、今度一緒に飲みましょうか」

千秋「いいんですか?」

千夏「一緒に飲んだ方が美味しいじゃない」

千夏「みんな、素敵なプレゼントをありがとう。大切にするわ」
12 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/11(土) 21:26:19.18 ID:mYnm7UJGO
ということで、相川千夏さん誕生日おめでとうございます!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 00:12:50.86 ID:5cHbMUcDO
2nd Seasonだやったー
14 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/12(日) 22:17:15.48 ID:s4BSR5/eO
【名前】

千秋「柳瀬さん、ちょっといいかしら?」

美由紀「…………」プイッ

千秋「柳瀬さん?」

美由紀「みゆきはみゆきだよ!」

千秋「えぇ、知ってるわ」

美由紀「そうじゃなくって!」

美由紀「この前は下の名前で呼んでくれたじゃん!」プクー

千秋「あっ……」

千秋「ごめんなさい、美由紀さん」
15 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/12(日) 22:26:12.76 ID:s4BSR5/eO
【表情】

千秋「柳瀬さん」

美由紀「……」シュン

千秋「美由紀さん」

美由紀「……」パァァァ

千秋「柳瀬さん」

美由紀「……」シュン

千秋「美由紀さん」

美由紀「……」パァァァ

杏「何してるの、あれ」

千夏「さぁ?」

千秋「柳瀬さん」←ちょっと楽しくなってきた

美由紀「……」シュン

千秋「美由紀さん」

美由紀「……」パァァァ

千秋(かわいい)
16 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/13(月) 22:38:09.32 ID:PuDPp6ARO
【初雪】

杏「函館で初雪だってさ」

千秋「もうそんな時期なのね」

杏「まぁ今は北海道にいないから関係ないんだけどねー」

千秋「確かにそうだけど、こっちでも降るわよ」

杏「その時はその時だよ」

杏「それに降ってくれたら交通マヒで休めるかもしれないし」

千秋「またそんなこと考えて……」
17 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/14(火) 21:29:29.56 ID:y4EXyP2RO
【柿の種】

音葉「杏さん……なにを食べてるのですか……?」

杏「柿の種だよ」

音葉「柿の種……?」

杏「あれ? もしかして食べたことない?」

音葉「はい……あまりその様な物を食べさせてもらえなかったので……」

杏「あー……音葉さんの家ってこういったお菓子食べさせてくれなさそうだもんね」

杏「食べてみる?」

音葉「いいのですか……?」

杏「いいよー。はい」

音葉「では……」

音葉「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

杏「あっ……もしかして辛かった?」

音葉「〜〜〜〜〜」コクコク
18 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/15(水) 20:39:14.63 ID:kkMjwP/KO
【ため息】

モバP「はぁ…………」

美由紀「最近ため息多いね」

モバP「そうか?」

美由紀「うん。1日に何十回もついてるよ?」

モバP「マジかー……はぁ…………」

美由紀「またついてるよ!」

モバP「完全に無意識についてるかもしれないわ……」
19 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/15(水) 20:40:13.40 ID:kkMjwP/KO
【しあわせ】

モバP「はぁ…………」

美由紀「えいっ」

モバP「何してるんだ?」

美由紀「Pさんから出てきた幸せを捕まえたの!」

モバP「?」

美由紀「ため息つくと幸せが逃げるってお父さんが言ってたの」

モバP「あぁ、なるほど」

美由紀「はい、Pさんの幸せ返すねっ!」

モバP「ありがとな、美由紀」ナデナデ

美由紀「はぁ……っと」

美由紀「Pさん、みゆきの幸せもおすそ分けするねっ!」

モバP「美由紀いいいいいいいいいいい」ワシャワシャ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 21:20:08.14 ID:OXmBcV+OO
かわいい
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:09:53.22 ID:8VWJkMrh0
かわいい
22 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/16(木) 21:23:04.65 ID:sfEt3R6cO
【写真】

モバP「今日も一日お疲れー」

モバP「昨日の写真を見て、頑張ったぞ」

千秋「昨日の写真?」

モバP「ん? これだ」

千秋「どんなものかしら……」

美由紀『みゆきの幸せおすそわけっ!』

https://imgur.com/xAXUJpV.jpg

千秋「かわいい……」

モバP「だろ?」

千秋「でも、どうしてこんな写真を?」

モバP「昨日いろいろあって撮らせてもらった」

千秋「いろいろ……? まさか!」

モバP「やましいことなんてしてないからな!?」
23 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/16(木) 21:26:27.82 ID:sfEt3R6cO
というわけで昨日のやつを絵にしてみました。

今後ももしかしたら自己生産していくかもしれないです。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 12:08:42.98 ID:xOMgrqiP0
かわいい
25 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/17(金) 23:22:29.15 ID:bH+nxr00O
【資格本】

千夏「…………」ペラペラ

アーニャ「千夏、何の本を読んでるのですか?」

千夏「これ? 資格の本よ。アーニャちゃんも読んでみる?」

アーニャ「ぜひ!」

千夏「はい、どうぞ」

アーニャ「スパシーバ♪」

千夏「因みにその資格の本、Pさんのだからね」
26 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/17(金) 23:23:05.56 ID:bH+nxr00O
【不合格】

アーニャ「千夏がなぜプロデューサーの本を持ってるのですか?」

千夏「先週資格試験に落ちたって言ってたのよ」

千夏「それでどんな問題があったのか気になって借りたのよ」

アーニャ「そうだったのですか……」

アーニャ「ですが、プロデューサーはなぜ隅っこで泣いてるのでしょうか?」

モバP「しくしく……」

千夏「明日も受けるそうなのよ」

モバP「勉強したくないよ……勉強したくないよぉ……」
27 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/18(土) 23:44:46.68 ID:yMTL2b3KO
【レッスン】

美由紀「ぜー……はー……」

音葉「はー……はー……」

アーニャ「はー……はー……」

杏「…………」チーン

マストレ「双葉!起きろォ!」

杏「む、無理…………。休憩…………」

マストレ「しょうがない、休憩にしようか」

マストレ「プロデューサー殿もいいですか?」

モバP「ぜー…………ぜー…………」コクコク

マストレ「よし、休憩」

4人「やったぁ…………」

モバP(なんで俺もレッスンに参加してるんだ……?)
28 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/19(日) 21:38:14.19 ID:oQX/e6/KO
【お台場ガン〇ム】

美由紀「すっごーい! 大きいね!」キャッキャ

アーニャ「ダー、大きいですね」キャッキャ

杏「これのすごいところは大きさだけじゃないよ」

〜♪〜♪〜♪

美由紀「何か曲が流れだしたよ?」

アーニャ「何か始まるのでしょうか……?」

杏「まぁ、2人とも見てればわかるよ」

2人「???」

〜♪〜♪〜♪

2人「動いた(きました)!?」
29 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/20(月) 22:49:01.14 ID:9J9QoGv6O
【寒さ】

千秋「寒いわね……」ブルッ

モバP「ほれ、これでも着とけ」

千秋「ありがとう、でもPさんは寒くないの?」

モバP「ん〜、そうでもないなー」

モバP「というか、北海道出身なんだから寒さに慣れてるんじゃないのか?」

千秋「いくら北海道出身だからって寒いものは寒いのよ」

千秋「まったく……」
30 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/20(月) 23:01:30.63 ID:9J9QoGv6O
【いちゃこら?】

モバP「……」ブルッ

千秋「……Pさん、本当に寒くないの?」

モバP「正直言って、寒い」

千秋「まったく……コート返すわ」

モバP「返さなくていいぞ。アイドルに風邪でもひかれたら困るし」

千秋「そうは言っても、Pさんが風邪ひいても困るのよ」

モバP「そう言われてもだな」

千秋「じゃあマフラーを貸すわ」

モバP「いやいいよ、千秋が使えって」

千夏「二人ともちょっといいかしら」

モバP「なんだ?」

千夏「道端でイチャコラしないでくれるかしら?」

モバP・千秋「「してない(わよ)!!」」
31 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/21(火) 23:06:16.93 ID:ebRftGkFO
【牛丼】

音葉「…………」ウロウロ

千夏「音葉ちゃんじゃない」

音葉「あっ……千夏さん」

千夏「さっきから行ったり来たりしてるけどどうしたの?」

音葉「あの……お店に入ろうと思ったのですが……一人じゃ入りにくくて……」

吉野〇

千夏「そういうことね、なら一緒に入る?」

音葉「いいのですか……?」

千夏「いいわよ、ちょうどお昼時だったし」
32 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/21(火) 23:11:26.00 ID:ebRftGkFO
【つい食べてみたくなるもの】

千夏「でも意外だったわ」

音葉「なにがでしょうか……?」

千夏「音葉ちゃんがこういったお店に入ろうと思ってたのがよ」

千夏「全然イメージになかったもの」

音葉「先日……プロデューサーさんが事務所で食べてるのを思い出してしまったので……」

千夏「それで食べてみたくなったということなのね」

音葉「はい……」
33 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/22(水) 23:22:58.01 ID:EJbQuACQO
【満員】

美由紀(うー……ぎゅうぎゅうだよ……)

美由紀(でも、我慢我慢)

アナウンス「次は○○〜○○」

美由紀「えっ?」

美由紀(あっ……乗る方面間違えた!!)

美由紀(またぎゅうぎゅうの電車に乗るのぉ…………)

…………

……

美由紀「おはよございます……」ボロッ

千秋「美由紀さん何があったの!?」
34 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/23(木) 22:03:54.10 ID:spo5xIGIO
【勤労感謝の日】

モバP「今日って勤労感謝の日だってさ」カタカタ

千秋「急にどうしたの?」

モバP「世間一般は今日が休みなのに何で仕事してるんだろうなーっと思ってな」チラ

千秋「職業柄仕方ないと思うのだけれど」

モバP「そうなんだけどさぁ……」チラ

千秋「……さっきからチラチラ見てるけど何かついてる?」

モバP「いや、労いの言葉が欲しいなー……なんて」

千秋「しょうがないわね」

千秋「いつもお仕事お疲れ様、いろんな仕事とってきてくれて感謝してるわ」

千秋「ありがとう」

モバP「ストレートに言われると何か照れるな」
35 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/23(木) 22:20:27.62 ID:spo5xIGIO
【もしも】

モバP「もしうちのアイドルに兄がいたとしよう」

千秋「急にどうしたの?」

モバP「まぁ最後まで聞いてくれ」

モバP「千秋たちに兄がいたとして、どう呼ぶんだろうなと思ったんだよ」

モバP「まぁ美由紀は『お兄ちゃん』で、杏は『兄貴』、それ以外は『兄さん』という結論になったんだけど」

モバP「千秋はどう思う?」

千秋「そうなんじゃないかしら」

モバP「すっごい興味なさそうな返事だな」

千秋「私は男性じゃないからわからないし、興味はないのよ」

モバP「そっかー……」

モバP「じゃあ俺が千秋の兄と思って呼んでみてくれないか?」

千秋「いやよ」

モバP「だよなー」
36 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/23(木) 22:24:39.15 ID:spo5xIGIO
【いい兄さんの日】

モバP「今日って『いい兄さんの日』らしいぞ」

千秋「今度は何よ」

モバP「いや、『いい兄さんの日』だってさ」

千秋「なんで今日がそんな日なのかわからないわ……」

モバP「11月23日、『1(い)1(い)2(にい)3(さん)』っていう語呂合わせらしいぞ」

千秋「そうなのね」

千秋「で、そんな話題を振ったってことは、私に『兄さん』って呼んでほしいのかしら?」

モバP「呼んでくれるのか?」

千秋「いやよ」

モバP「やっぱりダメかー」
37 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/24(金) 22:42:36.31 ID:VC6ZD/LxO
【うわさ】

モバP「最近、千夏のパーソナルスペースが広いといううわさがあるらしいぞ」

千夏「え、そうなの?」

モバP「SNSや事務所内でうわさになってるっぽい」

千夏「どうしてそんなうわさが流れてるのかしら」

千夏「私、初対面の印象ってあまりよくないらしいのよね」

モバP「そうなのか?」

千夏「最初、美由紀ちゃんとかアーニャちゃんには少し警戒された気がするもの」

モバP「あー……たしかに警戒してたな」

モバP「まぁ、今は懐いてるじゃないか」

千夏「ありがたいことだわ」
38 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/25(土) 23:52:35.72 ID:7aX7PY15O
【疑問】

モバP「杏、飴やるからさ」

杏「しょうがないなぁ」

モバP「じゃあ、杏連れていきますね」

ちひろ「はい、いってらしゃい」

千秋「いつも思うのだけれど、杏さんって稼いでるわよね?」

千夏「多分稼いでるわ。でも、それがどうしたのかしら?」

千秋「稼いでるなら、Pさんに飴貰わなくても自分で買えるのでは?」

千夏「確かに」
39 : ◆NtxTVv4ssokL [saga]:2017/11/26(日) 23:22:39.39 ID:8MMM0+a+O
【いい風呂の日】

モバP「今日は『いい風呂の日』らしいぞ」

千秋「アーニャちゃん、近づいちゃだめよ」

アーニャ「……ヘンタイ」

モバP「変な意味じゃないからな!?」

千秋「じゃあどういう意味なのかしら?」

モバP「えっと……」

アーニャ「……」ジー

千秋「……」ジー

モバP「……すみませんでした」
40 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/26(日) 23:35:50.83 ID:8MMM0+a+O
【Хентай】

モバP「そういえばアーニャ、さっき変態って言ってたよな?」

アーニャ「それがどうかしましたか?」

モバP「いや、発音が少し違ったように感じたんだよな」

モバP「あれってロシア語なのか?」

アーニャ「ダー、そうです」

モバP「へぇ〜、他にも日本語とそこまで変わらない発音の単語とかってあるのか?」

アーニャ「他の単語ですか……」

アーニャ「『スシ』や『サクラ』などがありますね」

モバP「勉強になるな、千秋」

千秋「確かに勉強になるわね」

千秋「でも、さっきのことは誤魔化せないわよ?」

モバP「悪かったって!」
41 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/27(月) 21:26:48.82 ID:5A6yAjyFO
【迷子】

美由紀「〜♪〜♪」

音葉「楽しそうですね……」

美由紀「うんっ! 朝の散歩って楽しいもん」

美由紀「音葉ちゃん、ついてきてくれてありがとっ!」

音葉「そんな……感謝されることでは……」

音葉「ただ……心配だったので……」

美由紀「心配?」

音葉「はい……」

音葉「美由紀さん……ここはどこなのでしょうか……?」
42 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/27(月) 21:36:40.18 ID:5A6yAjyFO
【マイペース】

美由紀「どこなんだろうね?」

音葉「やはり……わからないんですね……」

美由紀「でも大丈夫だよ! 太陽が見えるし!」

音葉「そういう問題ではないと思うのですが……」

美由紀「太陽があの位置だから、あっちが北だね! 音葉ちゃん、行こっ!」グイー

音葉「そんなに急がなくても大丈夫ですよ」
43 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/27(月) 21:53:23.03 ID:5A6yAjyFO
【発見】

美由紀「見て見て! あんなところにカフェがあるよー!」

音葉「本当ですね……」

美由紀「千夏さんは知ってるかなー?」

音葉「どうでしょうか……、多分知ってるのではないでしょうか……」

音葉「帰ったら聞いてみてはどうでしょうか……?」

美由紀「そうだね! 聞いてみるね!」

美由紀「千夏さんが知らなかったら大発見だよ!」

音葉「そうですね……♪」
44 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/28(火) 19:47:18.22 ID:9WCjc7iYO
【6周年】

杏「サービス開始から6周年らしいよ」

モバP「らしいな」

杏「6年前はピチピチの高校生だったんだよねー」

モバP「そうだったなー……」

モバP「あの時は確か17歳だったよな」

杏「うんうん」

モバP「で、今の年齢が17歳か」

杏「そうなんだよ、17歳なんだよね」

2人「「ん?」」
45 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/28(火) 19:54:12.36 ID:9WCjc7iYO
【永遠の17歳】

モバP「6年前17歳で今も17歳っておかしくないか?」

杏「確かにそうなんだけどさ、杏は今も17歳には違いないんだよ」

杏「でもプロデューサーの年齢は6つ上がってるよね?」

モバP「そうだな」

モバP「杏、もしかしてお前永遠の17歳なんじゃないか?」

杏「流石にそうじゃないと思うんだけど……」

杏「というか、それは別の人のアイデンティティだよね?」

???「キャハっ!」

2人「「!!?」」バッ

モバP「今、誰かいたよな……?」

杏「き、気のせいだよ」
46 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/29(水) 22:47:26.53 ID:/3isqb/yO
【のど飴】

千秋「あー、あー」

千夏「どうしたの?」

千秋「少しのどの調子が良くないのよね」

千夏「ダメじゃない、ちゃんとケアしないと」

千夏「とりあえずこれ舐めておきなさい」
47 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/29(水) 22:53:29.58 ID:/3isqb/yO
【ケチ?】

千秋「こののど飴美味しいわね」コロコロ

杏「そんなにおいしいの? 杏にも頂戴」ニュッ

千秋「杏さんどこから出てきたの……」

千夏「杏ちゃんは別に喉痛めてないでしょ?」

杏「ケチー」

千夏「なんとでもいいなさい」
48 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/11/30(木) 19:29:04.65 ID:CNMyrgJiO
【あなたの風邪はどこから?】

美由紀「千秋ちゃんの風邪はどこから?」

千秋「えっ、のどからだけど」

アーニャ「では、この銀のベンザブロックをどうぞ」

千秋「あ、ありがとう」

美由紀「じゃあねー」フリフリ

アーニャ「お大事に」フリフリ

千秋「何だったのかしら……?」

音葉「心配してくれてたのでしょう……」

千秋「そうなのかしら」

音葉「因みに……鼻からと答えてたら……私がこの金のベンザブロックを差し上げてました」

千秋「えぇ……」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 03:42:07.39 ID:hfAoFFVH0
あのCMなんか印象に残るよね
実際に使ったことないけど
50 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/01(金) 21:52:27.85 ID:FlWsptiUO
【熱喉鼻にルルが効く】

美由紀「くちゅん! うぅ……」

杏「風邪?」

美由紀「そうかも……くちゅん」

杏「最近事務所内で流行ってるのかな」

杏「とりあえず症状はどんな感じ?」

美由紀「鼻水がでるし喉が痛いかな……あと熱もあるかも」

杏「じゃあルルかな」

杏「熱喉鼻にルルが効くっていうし」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 23:31:06.16 ID:ut+rvG+Y0
杏のルル好き
52 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/02(土) 22:45:40.59 ID:HXjbcyRTO
【物件探し】

モバP「おっ、ココいいな」

千秋「仕事中に何してるのかしら?」

モバP「物件探し」

千秋「いや、仕事しなさいよ」

モバP「休憩だから許して」

千秋「でも、物件探ししてるってことは引っ越そうと思ってるの?」

モバP「いや、別に思ってないぞ」
53 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/02(土) 22:55:10.74 ID:HXjbcyRTO
【物件名】

モバP「ネットで物件探しするの結構楽しいんだよ」

千秋「そうなの? したことがないからわからないのよね」

モバP「部屋の間取りとか見たりさ物件名見たりして時間つぶせるんだよ」

モバP「ほら、この物件名とかさ」

千秋「どれどれ…………『レオネクストアナスタシア』?」

千秋「アナスタシアさんの名前が入ってるわね」

モバP「他にも物件名にアイドルの名前が入ったところもあるぞ」

モバP「うちで言ったら『杏』や『みゆき』があるな」

千秋「へぇ〜、面白いわね」

モバP「あと、『千秋』の入った物件もあるぞ」

千秋「えっ!? そうなの?」

モバP「ほれ」

千秋「本当だわ……」
54 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/03(日) 21:34:37.02 ID:U2R54lBIO
【限定お菓子】

モバP「お菓子買ってきたぞー」ドサッ

美由紀「わーい」

アーニャ「すごくたくさんありますね」

モバP「いやー買いすぎちゃったんだよな」

杏「どれどれ……って、これほとんどお向かいさんのやつじゃん!」
55 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/03(日) 21:40:10.82 ID:U2R54lBIO
【コンプ】

杏「それにしても買いすぎじゃない?」

モバP「色紙揃えたいじゃん?」

杏「わかるけどさ……」

モバP「全部揃うまで買ったらこの量になったんだよ」

モバP「仕方ないだろ?」
56 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/03(日) 21:56:54.07 ID:U2R54lBIO
【カントリーマアム】

モバP「因みにカントリーマアムあまり好きじゃないんだよなぁ」

杏「食べれないのに何で買ったのさ」

モバP「だから色紙のためだぞ」

モバP「それに好きじゃないだけで食べれないとは言ってない!!」

杏「食べずに持ってきてるじゃんか」

モバP「……2人が美味しそうに食べてるからセーフ」

美由紀「おいしいね♪」モグモグ

アーニャ「ダー♪」モグモグ
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 22:31:36.09 ID:XYjV5h8DO
プレイステーション、マウンテンバイク、カントリーマアム
みんな買ってもらえるよ
58 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/04(月) 22:50:24.94 ID:v5NK9vomO
【Do It Y○○】

モバP「DIYって何の略だっけ?」

千秋「いきなりどうしたの?」

モバP「なんか急になんだっけって思ったからさ」

モバP「『Do It』までは思い出せるんだけど……千秋なんだと思う?」

千秋「『Y』から始まるものでしょ……『Yeah』ね」

モバP「は?」

千秋「『Do It Yeah』よ!」
59 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/04(月) 22:51:51.63 ID:v5NK9vomO
【Yeah!】

千秋「Yeah!めっちゃホリディ ウキウキな夏希望」

モバP「千秋……?」

千秋「Yeah!ズバッとサマータイム ノリノリで恋したい」

モバP「千秋が壊れた!!?」

…………

……

モバP「っていう夢見たんだけどどう思う?」

千秋「知らないわよ!?」
60 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/04(月) 22:54:38.44 ID:v5NK9vomO
【フリ】

モバP「いや〜流石に急にめっちゃホリディ歌い始めたからびっくりしたよ」

千秋「実際には歌ってないのだけれど……」

モバP「疲れてんのかな」

千秋「絶対疲れてるわよ」

千秋「今日はゆっくり休んで」

モバP「あぁそうするよ」

モバP「あっ、でもめっちゃホリディ歌うの期待してるからな?」

千秋「歌わないわよ!!」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 13:12:06.85 ID:cDSWIYTpO
由愛セルフ
62 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/05(火) 22:45:42.70 ID:Dc/E3tpWO
【半身浴】

千秋「そんなに疲れがたまってるなら半身浴でもしてみたらどう?」

モバP「半身浴かー……したことないからわからないんだよなぁ」

千秋「温度は40℃前後でお湯の量は鳩尾ぐらいが目安よ」

モバP「ほうほう」

千秋「入浴時間は20〜30分ね」

モバP「よく知ってるな」

千秋「まぁ美肌効果あるからね」
63 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/05(火) 22:51:01.88 ID:Dc/E3tpWO
【想像力】

モバP「んー……」

千秋「どうしたのかしら?」

モバP「いや、半身浴をしてる千秋想像したらエロいなーっと思ってな」

千秋「……セクハラで訴えるわよ?」

モバP「冗談です、これっぽっちも想像しておりません」

千秋「本当は?」

モバP「一緒に入りたいなー」

千秋「……警察の電話番号って110だったよね?」

モバP「本当にすいませんでした!!!!!!!!!!!」
64 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/06(水) 21:56:32.58 ID:r1hwXfQfO
【ヒガシマル】

音葉「うどん食べたいですね……」

杏「どうしたの急に」

音葉「いえ……先ほどから美由紀さんが口ずさんでる歌が頭から離れなくて……」

美由紀「きつね〜♪たぬき〜♪天ぷら〜♪月見〜♪お肉〜♪ヒガシマル〜♪」

美由紀「うどんうどんスープ♪」

杏「あー……あのメロディー残るもんね」

音葉「今晩はうどんにしましょうか……」

杏「いいところ知ってるけど行く?」

音葉「ぜひ……!」
65 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/07(木) 22:33:37.85 ID:5oI9VWWUO
【うどんと言ったら】

杏「うどんと言ったら月見だよね」

音葉「え……?」

杏「え? 違うの?」

音葉「私はきつねだと思いますね……」

杏「あー……わかるけど、やっぱり月見だよ」

音葉「どうしてでしょうか……?」

杏「普通に食べて最後に黄身を吸うのが美味しいんだよね」

音葉「え……?」
66 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/07(木) 22:36:01.36 ID:5oI9VWWUO
【うどんも黄身も吸う】

杏「えっ、吸わないの?」

音葉「吸うものなのですか……?」

杏「うどんも黄身も吸うものでしょ」

杏「それ以外にどう食べるのさ」

音葉「黄身を割って……スープに溶かして食べますね」

杏「割る派だったかー」
67 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/08(金) 23:20:39.42 ID:afZWAPgKO
【チキンラーメン】

杏「月見うどんの黄身を割る派ってことはチキンラーメンの黄身も割るってことだよね?」

音葉「チキンラーメン……?」

杏「あれ、もしかし知らない?」

音葉「知らないですね……」

杏「まぁ確かにチキンラーメンは食べたことなさそうだもんね」

杏「インスタントだし」

音葉「あまりそういったものは食べたことないのですよ……」

杏「今度食べてみる?」

音葉「いいのですか……?」
68 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/09(土) 23:05:20.58 ID:xV2ug7TPO
【夢は肝心なところで目が覚める】

千秋「Pさんって彼女いるのかしら?」

モバP「へ? 急にどうした」

千秋「いえ、少し気になっただけよ」

千秋「ただ、いなかったら……」

モバP「いなかったら?」

千秋「付き…………」

…………

……

モバP「っていうところで目が覚めたんだけどどう思う?」

千秋「知らないわよ……」
69 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/09(土) 23:16:12.32 ID:xV2ug7TPO
【らぶ】

千秋「あなたの夢に頻繁に私が出てきすぎじゃないかしら?」

モバP「確かに」

モバP「ここまで頻繁に出てくるってことはもしかして……俺、千秋のことが好きなのか……?」

千秋「知らないわよ……」

モバP「この胸のドキドキ……らぶですか?」

千秋「違うと思うわ」
70 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/10(日) 20:18:34.44 ID:kfXDfOXXO
【カニクッション】

千夏「美由紀ちゃん、プレゼントをあげるわ」

美由紀「プレゼント? みゆき誕生日じゃないよ?」

千夏「いいのよ、たまたまいいものを見つけたからね」

千夏「今ここで開けても大丈夫よ」

美由紀「わぁ……カニのクッションだー!」

美由紀「千夏さん、ありがとーっ! 大切にするね」
71 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/11(月) 21:21:53.81 ID:F8eg+dWPO
【働きたくない】

モバP「妹が欲しい」

杏「急にどうしたのさ」

モバP「世話焼きの妹欲しくない?」

杏「杏を一生養ってくれる妹なら欲しいね」

モバP「ヒモじゃないか」

杏「出来るなら働きたくないしね」

モバP「わかる」
72 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/11(月) 21:25:54.11 ID:F8eg+dWPO
【サボり失敗】

モバP「このままサボるかー」

杏「いいねー……」

千夏「何言ってるの、レッスン行くわよ」

杏「ちょっ……嫌だ! 行きたくない!」ズルズル

モバP「達者でなー」フリフリ

モバP「さてサボるかな」

ちひろ「プロデューサーさん何言ってるんですか?」ゴゴゴ

モバP「ヒッ」
73 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/12(火) 21:52:45.64 ID:CvpuyZtmO
【ふたご座流星群】

千夏「そんなにソワソワしてどうしたの?」

アーニャ「流星群が観れるのです」

千夏「あら、そうなの」

アーニャ「ダー♪ 3大流星群の一つのふたご座流星群が観れます」

千夏「いつからなのかしら?」

アーニャ「明日の夜です」

アーニャ「ピークは明後日の夕方らしいので、少し残念です……」
74 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/13(水) 21:43:23.37 ID:47US6UojO

【天体観測するときは厚着】

美由紀「わぁ……星がきれいだね!」

アーニャ「ダー♪」

千秋「2人ともちゃんと厚着しないと風邪ひくわよ」

美由紀「大丈夫大丈夫……くちゅんっ」

千秋「くしゃみしてるじゃない」

アーニャ「大丈夫で……くしゅんっ」

千秋「アナスタシアさんも……ほら、こっちきなさい」

美由紀「はーい……」

アーニャ「はい……」
75 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/13(水) 21:47:02.16 ID:47US6UojO
【姉……?母……?】

音葉「今日の千秋さん……お姉さんみたいですね……」

千夏「姉というより母かしら?」

杏「あー……なんとなくわかるかも」

杏「でもさ、2人が無邪気すぎるだけだと思うんだよね」

音葉「2人を見てると……少し心配になります……」

千夏「私からしたらみんな心配だけどね」

杏「流石最年長」
76 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/14(木) 22:36:11.95 ID:L7LB92UCO
【流れ星】

アーニャ「ミユキ、見てくださいミチオール……流れ星ですよ♪」

美由紀「えっ! どこどこ」

アーニャ「もう見えなくなりました……」

美由紀「そっかー……」シュン

アーニャ「大丈夫です、見上げているといつか見えますから」

美由紀「ほんと?」

アーニャ「本当です」

美由紀「がんばって見上げるよ!」

美由紀「…………」ジー

美由紀「あっ、流れ星だー!」
77 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/15(金) 23:46:25.86 ID:Xak0FTn6O
【トークバトル】

モバP「音葉! 次の仕事はトークバトルだ!」

音葉「トークバトル……ですか?」

モバP「あぁ!」

音葉「私で大丈夫なのでしょうか……?」

モバP「自信がないのか?」

音葉「あまりしゃべるのは得意ではないですし……」

モバP「なんだ、そんなことか。大丈夫だって、いつも通りでいいんだ」

音葉「いつも通り……」

モバP「そう、いつも通り事務所のみんなと話してる感じだ」

モバP「自信を持っていこう!」

音葉「が、がんばります……」
78 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/16(土) 22:29:06.62 ID:TxCDtIO4O
【唐揚げ?ザンギ?】

モバP「この唐揚げ美味しいな」

6人「…………」

モバP「ん? どうした」

千夏「これは唐揚げじゃないわ」

5人「…………」ウンウン

千夏「これはザンギよ!」

モバP「へ?」
79 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/16(土) 22:43:52.09 ID:TxCDtIO4O
【呆れ】

モバP「唐揚げじゃないのか?」

千夏「えぇ」

モバP「いやどうみても一緒だろ?」

6人「はぁー……」

モバP「何でこいつなにもわかってないなって顔するの!?」

千秋「唐揚げとザンギで全然違うじゃないの」
80 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/16(土) 22:52:55.33 ID:TxCDtIO4O
【作り方の違い】

千秋「大きな違いは作り方よ」

千秋「まず、ザンギは醤油、砂糖、酒などの調味料を混ぜてもも肉を漬け置く」

千秋「1時間後ぐらいにそのタレに卵、片栗粉、小麦粉を入れてもみこむ」

千秋「それを180℃の油で揚げるのよ」

モバP「なるほど」

千秋「対して唐揚げの作り方は、もも肉に唐揚げ粉をまぶしてに揚げるだけよ」

モバP「唐揚げの作り方の説明雑すぎない!?」
81 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/16(土) 22:57:59.09 ID:TxCDtIO4O
【カラアゲニスト】

モバP「唐揚げも同じように漬けこむタイプあるんじゃないか」

モバP「その場合はザンギになるのか?」

千秋「えぇ」

モバP「オッケー、言いたいことは分かった」

モバP「ここで唐揚げ協会からカラアゲニストに認定された俺が本当の違いを説明してやろう」

6人「!!?」
82 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/16(土) 23:16:22.33 ID:TxCDtIO4O
【ほとんど一緒】

モバP「ぶっちゃけ言うと、唐揚げとザンギには大きな違いはない!」

杏「うそでしょ?」

モバP「本当だぞ」

モバP「ぶっちゃけ、北海道では唐揚げのことをザンギと呼んでるだけだ」

杏「そんな…………」

モバP「まぁ比較したら味付けの濃さが違うんだけどな」

杏「そうなの?」

モバP「あぁ、ザンギの方が少し味が濃いらしい」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 02:15:09.89 ID:QyLQFFaBo
つむつむ呼んでこよ
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 13:48:28.59 ID:on3j114XO
ザンギと唐翌揚げは別物やぞ
見た目でわかるやろ
85 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/17(日) 21:49:43.74 ID:7xLXEHGNO
【消えた日曜日】

杏「おはよー……」

美由紀「おはようって……杏ちゃん、今何時だと思ってる?」

杏「え……?」

-PM4時-

杏「……4時だね」

美由紀「午後の4時だよ!」

杏「杏の日曜日はどこに行ったの!?」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 18:20:47.65 ID:3n+YOBdKo
日本唐翌揚協会の唐翌揚げの定義
http://karaage.ne.jp/whats/2011/01/karaage-teigi.html
「食材に小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして油で揚げたものです。」

つまり竜田揚げもザンギも唐翌揚げには違いは無いのです
そのようなこともわからないとは、あなたは……バカなのですか?
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 18:25:00.36 ID:3n+YOBdKo
なんやいね、このフィルターは、もううち金沢へ帰る
88 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/18(月) 22:33:31.66 ID:ZVvrTU0fO
【仏露】

モバP「今日の仕事終わりー、晩飯行くぞー」

アーニャ「いいのですか……?」

モバP「いいもなにも、俺一人ご飯は寂しいし……」

千夏「そう? じゃあお言葉に甘えて連れて行ってもらおうかしら」

モバP「さすがに高い店は無理だけどな」

モバP「何が食べたい?」

アーニャ「クゥリャーチナ……がいいです」

千夏「私はプーレがいいわ」

モバP「待って、日本語で食べたいもの言って?」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 00:33:05.55 ID:4ZWbxdhhO
そもそもそんな定義初めて知ったわ
だって食感も味も全然違うじゃん
まぁ、同じ鶏肉だから違いは衣の方だけなんだが
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 03:02:47.61 ID:enNPX/op0
多分それはプラセボというやつでは
個人的には違いがわからなかったし違いを出してる店にたまたま当たってるだけなんじゃ
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 03:03:17.04 ID:enNPX/op0
>>90の二行目は「あるいは、〜」ってことね
連投失礼
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 07:22:10.72 ID:4ZWbxdhhO
個人的にはザンギと唐翌揚げを同一視されるのは嫌なんだよね
ザンギはカリカリッとした衣(場合によりガリガリ、ゴリゴリ)とあふれでる肉汁がある
唐翌揚げはもうちょいしっとりしてる感じで分けてる
これ以上の書き込みは控えるけど、それだけは言いたかった
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/19(火) 14:40:09.22 ID:QwJY4qW2o
>>89
そもそも鶏肉である必要すらない。金魚に粉つけて揚げても唐揚げ
94 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/19(火) 21:03:06.87 ID:ZursFN8RO
【衣装】

モバP「次のイベントではこの衣装を着てもらうぞ!」

音葉「えっと……この衣装でしょうか……」

音葉「流石に……この衣装は恥ずかしいですね……」

モバP「絶対似合うって」

音葉「Pさんがそうおっしゃるのなら……」
95 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/19(火) 21:06:19.28 ID:ZursFN8RO
【天使】

音葉「着てみましたけど……どうでしょうか……?」

モバP「天使や……」

音葉「え……」

モバP「天使が降臨しよったで……」

音葉「あの……なぜ関西弁になってるのでしょうか……?」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 21:47:55.65 ID:enNPX/op0
衣装がキワドイのかそれとも

>>93
たこザンギとかも見るからザンギもそうだな
97 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/20(水) 22:19:40.12 ID:gcIxiRR1O
【応援】

モバP「やだ……しごと…………したくない」

音葉「Pさん……がんばってください」

モバP「もっと……もっと、おうえんください」

音葉「えっと……がんばれ、がんばれ」

モバP「もっと……」

音葉「がんばれ、がんばれ……ファイト」ピョンピョン

モバP(跳ねる音葉かわいい)

モバP「元気出てきたかも、ありがとうな音葉」
98 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/21(木) 22:38:48.80 ID:U8zaCjkdO
【経年劣化】

モバP「うーん」

杏「どうしたの?」

モバP「外付けHDDが調子悪くてな」

杏「いや、何持ってきてんのさ」

モバP「個人用じゃないぞ」

モバP「そろそろ寿命かね」

杏「因みに何年使ってたの?」

モバP「6〜7年ぐらいかな」

杏「それだけ使ってたら寿命でしょ」

モバP「だよなー……データ取り出せなくなる前に移行しとくか」
99 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/22(金) 22:02:59.61 ID:DNHvSJDFO
【とことん】

モバP「酒だー!!」

千秋「流石に飲みすぎじゃ……」

モバP「今日はとことん飲むつもりなんだからへーきへーき」

千夏「あなたはそうでも千秋ちゃんがきついわよ」

千秋「そうよ、私はあまり飲めないのよ」

モバP「飲むのに付き合ってくれるだけ嬉しいから問題ないぞ」

千秋「はぁ……」

千夏「酔いつぶれない程度にね、流石に連れて帰れないし」

モバP「わかってるって」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 23:50:27.52 ID:ri4qOPD8o
北海道の酒ってあんまり有名なのないのよね
ということでオススメをば

http://www.kiyosato-shochu.com/shouchu_list.html

北海道の焼酎、じゃがいも焼酎
なかなか美味しかった
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 01:47:03.66 ID:4tKjKw030
北海道……じゃがいも……って聞くと嫌な思い出を思い出す
ポテトキャラメルってのが絶妙にボソボソ感ある食感でしかもめちゃ甘いっていう凄まじい商品だった
コーンキャラメルはまあまあだったのに
102 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/23(土) 22:59:08.91 ID:2RBC7c0kO
【じゃがいも焼酎】

千夏「じゃがいも焼酎って知ってるかしら?」

モバP「知らないな」

千夏「そうなの? なら一度飲んでみて欲しいわ」

千夏「結構美味しいらしいのよ」

モバP「美味しいらしい?」

千夏「両親が飲んでて美味しいと言っていたのよ」

モバP「じゃあ千夏は飲んだことないと」

千夏「えぇ」

モバP「今度北海道行ったときに一緒に飲むか」
103 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/24(日) 14:13:56.39 ID:GqZoZs7EO
【パーティー準備】

美由紀「パーティー楽しみだね♪」

アーニャ「ダー♪」

杏「ルンルンだね」

美由紀「だって楽しみだもんっ」

杏「そっか、準備がんばれー」

アーニャ「アンズも手伝ってください」

美由紀「そうだよ、手伝ってよ!」

杏「杏はちっちゃいから高いところ届かないから戦力として計算できないでしょ」

美由紀「ちっちゃくてもできることあるじゃん」

アーニャ「プロデューサーが準備しないとプレゼント無いと言ってましたよ」

杏「……しょうがない手伝うよ」
104 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/24(日) 20:38:06.91 ID:GqZoZs7EO
【お楽しみ】

千秋「ただいま」

美由紀「おかえりー! 準備できてるよ」

アーニャ「荷物持ちます」

千秋「あら、ありがとう」

千夏「美由紀ちゃん、これ持って行ってくれるかしら」

美由紀「うん、いいけど……これなに?」

千夏「ふふ、後のお楽しみよ」

美由紀・アーニャ「???」
105 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/24(日) 20:46:02.59 ID:GqZoZs7EO
【秘密】

アーニャ「チアキは何か知ってるのですか?」

千秋「知らないわ。私もさっきから聞いてるのだけれど教えてくれないの」

千夏「みんながいるときに教えた方がいいじゃない?」

千秋「そんな大きい箱だと気になるのよ」

千夏「まぁ、Pさんたちが帰ってきてからのお楽しみよ」

アーニャ「早く帰ってきませんでしょうか……」
106 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/24(日) 21:29:56.62 ID:GqZoZs7EO
【帰宅】

音葉「ただいま戻りました」

美由紀「音葉ちゃんおかえりー!」

モバP「俺もいるぞー」

美由紀「荷物持つよー」

音葉「ありがとうございます」

美由紀「準備できてるから早く早く」

モバP「こらこら、そんなに急かすなって」

美由紀「だって楽しみにしてたもん」

音葉「美由紀さんの楽しそうな気持ち……伝わってきますね」

モバP「確かにな」
107 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/24(日) 21:36:15.36 ID:GqZoZs7EO
【準備】

千夏「Pさん帰ってきたのね」

千秋「みたいね」

千夏「それじゃあ準備しようかしら」

アーニャ「さっきの箱ですか?」

千夏「えぇ」

千秋「手伝おうかしら?」

千夏「大丈夫よ、ここでみんなと待っていて」
108 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/24(日) 21:38:37.02 ID:GqZoZs7EO
【ターキー】

千夏「みんなお待たせ」

杏「何準備してたの?」

千夏「フランス直送のターキーを用意したわ」

美由紀「わぁ……すっごくおおきいね!」

千夏「最良の品を選んだから、みんなでいただきましょう」

杏「よくこんなのを用意したね」

千夏「クリスマスパーティーだもの」

千夏「スペシャルなディナーが必要でしょう? そう思って…はい」

千夏「あと、Pさんと千秋ちゃんにはターキーに会うワインも用意したわ」

モバP「ありがたいんだけど、値段が高そうだな……」
109 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/25(月) 22:43:11.61 ID:1xnIzrB+O
【賞与】

ちひろ「プロデューサーさん、どうぞ♪」

モバP「やったあああああああああああ」

杏「びっくりした……急に叫んでどうしたの」

モバP「賞与だよ賞与」

杏「ふーん…………!」

モバP「なんか閃いたって顔してるけど」ピローン

モバP「ん?」

モバP「『プロデューサーがお金貰ったから奢ってくれるって』……は?」

杏「てへっ」

モバP「待って」
110 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/25(月) 22:53:16.22 ID:1xnIzrB+O
【とあるグループ会話】

杏『プロデューサーがお金貰ったから奢って
  くれるって』

美由紀『ほんとっ!?』

千夏『太っ腹ね』

千秋『でも急にどうしてかしら』

アーニャ『確かにそうですよね』

音葉『臨時収入でしょうか?』

杏『賞与らしいよ』

            『待って』モバP

           『奢らんぞ』モバP

美由紀『えー』

杏『えー』

千夏『えー』

        『千夏までのるな』モバP
111 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/26(火) 22:50:57.57 ID:/jyCWd4rO
【トークバトル終了】

モバP「おつかれ、ほれ」

音葉「ありがとうございます……」

モバP「どうだった?」

音葉「すごく楽しかったです……みなさんの楽しいそうな会話や笑い声が今も聞こえてくるようです……」

モバP「そういってもらえるだけでこの仕事とってきてよかったよ」

モバP「改めて、お疲れ様、音葉」
112 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/27(水) 21:49:22.07 ID:8yDKZhW0O
【配置】

モバP「……ふむ」カタカタ

千秋「また物件見てるの?」

モバP「うぉっ……びっくりした」

モバP「いいじゃん物件探し面白いんだし」

千秋「そうなの? どういったところが面白いかわからないわ」

モバP「んー……間取り見て家具をどう置くかとかかな」

モバP「例えばさ、千秋ならこの間取りだったらどう家具置く?」

千秋「えっと、ここにソファーを置いてここにテレビかしら」

モバP「ふむふむ」

千秋「ここにテーブルを置いて……意外と楽しいわね」

モバP「だろ? これをいろんな間取りでするともっと面白いぞ」
113 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/28(木) 23:23:15.31 ID:ttcFTxTyO
【どっち?】

モバP「この部屋ならここにテレビだろ?」

千秋「間取り的にこっちじゃないかしら?」

千夏「二人とも何してるの?」

モバP「部屋のレイアウト考えてる」

千夏「え?」

千秋「千夏さんはこっちにテレビですよね?」

モバP「こっちだろ?」

千夏「どっちでもいいわよ……」
114 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/29(金) 13:43:02.47 ID:zEGCyozzO
【魔性のアイテム】

アーニャ「んん……」

音葉「アーニャさん……そろそろ布団から出てはどうでしょうか……?」

アーニャ「я не хочу」

音葉「えっと……日本語でお願いします……」

アーニャ「いやです……出たくないです」

音葉「もうお昼過ぎましたよ……」

アーニャ「それでもです」

アーニャ「私はこの布団と結婚します」
115 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/30(土) 23:28:28.76 ID:a4TGsfZqO
【大掃除】

杏「美由紀、これどこに片付ければいいの」

美由紀「それはそこにしまっててー」

杏「ういー」

杏「ん? これ懐かしいなー……どれどれ……」

杏「ふむふむ」

…………

……

杏「あっ……やばっ……ついつい読み切っちゃった」

美由紀「杏ちゃん、ちゃんと片付けして!」

杏「ごめんごめん」
116 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/31(日) 15:38:42.97 ID:235ew2KhO
【完売】

モバP「」チーン

千秋「どうしたのあれ……」

杏「欲しかった物が目の前で完売したらしいよ」

杏「慰めてあげたら?」

千秋「そうしようかしら」

千秋「因みに何が買えなかったの?」

杏「同人誌」

千秋「え?」

杏「同人誌だよ」

千秋「慰めなくてもいいかしら……?」
117 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/31(日) 18:53:07.11 ID:235ew2KhO
【フェス限】

モバP「フェス限杏じゃん!!!!!!!!!」

杏「そだよー」

杏「さぁ引くがよい」

モバP「ちひろさん! ジュエルください!」

ちひろ「まいどありー」

モバP「しゃあ! 引くぞー!」
118 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/31(日) 19:00:48.84 ID:235ew2KhO
【ガシャガシャ】

モバP「杏、SSR引いたぞ!」

杏「えっ、ホント?」

モバP「ホントだぞ、しかも10連でだ」

杏「みせてみせて……」

https://imgur.com/a/b5ruo

杏「って、これお向かいさんのガシャじゃん!」

モバP「あっ……ホントだ」

モバP「こっちだったわ」

https://imgur.com/a/6xTl7

杏「杏じゃないじゃん!!」

モバP「杏を引いたとは言っていないぞ、ちゃんと『SSR』を引いたといったじゃないか」

杏「確かにそうだけど、あの流れだったら杏の流れじゃん?」

ちひろ「プロデューサーさん……?」ニコッ

モバP「ひぃぃぃぃぃぃぃ」
119 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/31(日) 22:59:40.52 ID:235ew2KhO
【杏美由紀部屋】

杏「1年長かった気もするけどあっという間だった気もするなー」ヌクヌク

美由紀「だねー」

美由紀「はい、みかんむいたよー」

杏「ありがと」

美由紀「あーん」

杏「うまうま」モグモグ

美由紀「他のみんなはどうしてるかなー」

杏「杏たちと一緒で炬燵でぬくぬくしてるんじゃない?」

美由紀「そっかー」
120 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/31(日) 23:00:48.06 ID:235ew2KhO
【アーニャ音葉部屋】

アーニャ「くしゅんっ」

音葉「大丈夫ですか……?」

アーニャ「大丈夫です……だれかうわさでもしてるのでしょうか」

音葉「どうでしょうか……とりあえず暖房の温度上げておきますね」ピッ

アーニャ「あと1時間ですね……」

音葉「年越しそばどうしましょうか……?」

アーニャ「それなら、これを食べましょう」

\赤いきつね/\緑のたぬき/

音葉「では……お湯を準備してきますね」
121 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2017/12/31(日) 23:03:02.77 ID:235ew2KhO
【千秋部屋】

コンコン

千秋「どうぞー」

千夏「お邪魔するわね」

千夏「いいワイン持ってきたわ」

千秋「ふふ、ワインを飲みながら年越しってことね」

千夏「私たちでしかできないしね」

千秋「確かに他の子たちは未成年よね……」

千秋「Pさんも呼べばよかったかしら?」

千夏「それもいいのだけれど、たまには二人で飲みましょ」

千秋「そうね」
122 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/01(月) 00:00:16.74 ID:eR619soOO
【あけましておめでとうございます】

          『あけおめー』モバP

杏『あけおめー』

美由紀『あけおめだよ!』

アーニャ『あけましておめでとうございま
     す。今年もよろしくお願いしま
     す。』

千夏『あけましておめでとうございます。
   今年もよろしく』

千秋『あけましておめでとうございます』

音葉『あけましておめでとうございます。
   今年もよろしくお願いします。』

杏『今年もよろしくー』

美由紀『みんなー今年もよろしくおねがい
    します!』

  『今年もみんなをガシガシプロ
   デュースしていくからな! 』モバP

千秋『期待してるわ』

杏『えー』

千夏『杏ちゃんそう言わずに』

音葉『Pさんよろしくおねがいします』

アーニャ『がんばります!』
123 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/01(月) 00:24:53.75 ID:eR619soOO
みなさんあけましておめでとうございます。
今年も日刊北海道組をよろしくお願いします。
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 01:12:53.39 ID:mzJj/LDc0
あけおめおつ
125 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/01(月) 18:25:18.50 ID:N9f1g9DrO
【お年玉】

杏「プロデューサー、お年玉ちょーだい」

モバP「お前の方が稼いでるだろ」

杏「ケチー」

モバP「なんとでも言え」

美由紀「Pさん、お年玉くーださい」

モバP「いいぞー、アーニャにもやろう」

美由紀「わーい」

アーニャ「スパシーバ♪」

杏「杏と扱い違わない?」

モバP「気のせいだろ」

杏「杏にはくれなかったじゃん」

モバP「冗談冗談、ほれ」

杏「なんだあるじゃんか、ありがたく貰っておくよ」
126 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/01(月) 18:35:06.33 ID:N9f1g9DrO
【お姉さまたち】

モバP「音葉たちにもやるぞー」

音葉「えっ……いいのですか?」

モバP「うん、あいつらにあげるだけじゃ不公平だしな」

千秋「別にいいのに……」

モバP「まぁ人の厚意は素直に受け取っとけ」

千秋「そう、なら貰っておくわ」

音葉「ありがとうございます……」

千夏「じゃあ私からもあげようかしら」

モバP「え、くれんの?」

千夏「Pさんにじゃなくて千秋ちゃんたちによ」
127 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/02(火) 22:08:28.21 ID:JLd/i8HBO
【おせち】

モバP「おせち食べたいなぁ……」

美由紀「そういうと思って作ってきたよー」

モバP「マジか」

美由紀「うん! 千秋ちゃんたちと一緒に作ったんだよ、ねー」

千秋「そうね」

千秋「Pさん一人暮らしでしょ? 食べたいだろうなと思ってね」

モバP「ありがてぇ……ありがてぇ……」

美由紀「ほら、みんなで一緒に食べよ!」
128 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/03(水) 22:31:17.32 ID:tT48WBSkO
【作りすぎ】

杏「おせちで思い出したんだけどさ、食べきるのに時間かかるよね」

千夏「言われてみればそうね」

杏「でしょ?」

杏「美味しいのは美味しいんだけど、何日もかかるんだよね」

千夏「そうね」

杏「だからやっぱりさ、これ……作りすぎじゃない?」

千夏「……だまって食べなさい」モグモグ
129 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/04(木) 22:06:42.35 ID:s90yjdLZO
【大丈夫じゃない】

モバP「あっぶねええええええええええええ」

杏「うるさいな……急に叫ばないでよ、びっくりするじゃん」

モバP「すまんすまん」

杏「で、なにかあったの?」

モバP「チケットの支払いを忘れてた」

杏「バカじゃん」

モバP「火の玉ストレート!!?」

モバP「因みに当たってたことすら知らなかった」

杏「え?」

モバP「用意されたが用意されませんでしたに見えたんだよ」

杏「……目大丈夫?」

モバP「大丈夫だ!裸眼で両目0.2だ」

杏「見えてない!!!」
130 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/05(金) 21:16:44.72 ID:0MgWsKHMO
【のって増えるものはただ一つ】

千秋「…………」ソロー

千秋「…………!」

千夏「千秋ちゃん?」ツンツン

千秋「ひゃあ!」

千秋「な、何かしら……?」

千夏「すごい形相してたわよ、何かあった?」

千秋「なんでもないわ」

千秋(体重が増えてたなんて言えない……)

千夏「ちょっとぐらい体重が増えたぐらいでそんな顔しないの」

千秋「わかってて聞きましたよね!?」
131 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/06(土) 22:58:38.31 ID:Q9lfrKcZO
【増えない人は増えない】

アーニャ「千秋、少し元気がないですね……」

アーニャ「どうかしましたか?」

千秋「ちょっと体重がね……」

音葉「そういえば……結構食べてましたよね」

千秋「……」

アーニャ「食べすぎたのですか……?」

千秋「そういうことになるわね」

音葉「実際……とても美味しかったですよね……」

アーニャ「ダー、すごく美味しかったです♪」

千秋「二人も結構食べてたけど、増えてないの?」

アーニャ「増えてないですね」

音葉「私もです」

千秋「……うらやましい」
132 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/07(日) 23:55:44.45 ID:doidRbt7O
【一目見たら】

千秋「」ズーン

モバP「おっ、どうした千秋」

千秋「……聞かないで」

モバP「…………」ジー

千秋「な、なによ」

モバP「太った?」

千秋「なんでわかるのよ!?」

モバP「担当アイドルを一目見て体重の変化を見抜けないとダメだからな」

モバP「プロデューサーの必須スキルの一つだぞ」

千秋「プロデューサーってそんなスキル必要なの!?」
133 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/08(月) 13:28:20.36 ID:8L2a+vI9O
【成人】

モバP「千夏ってさ成人式行った?」

千夏「行ったわよ」

モバP「地元?」

千夏「えぇ」

モバP「意外だな」

千夏「そう?」

モバP「だってさ、地元に帰るってなると結構時間かかるだろ?」

千夏「まぁそうだけど、それだけの価値はあったわよ」

千夏「地元の友達と会ったり、一緒にお酒飲んだりしたし」

千夏「二次会でも大学の話で盛り上がったわ」
134 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/08(月) 21:10:29.88 ID:8L2a+vI9O
【二次会で飲みすぎ注意】

千夏「そういうPさんは行ったの?」

モバP「一応行ったぞ」

モバP「ただ、次の日が休みじゃなかったから二次会とかには参加してないけどな」

千夏「もったいないわね」

モバP「そうでもないぞ」

モバP「友人に後から聞いた話なんだがいろんな奴が吐いてたらしい」

千夏「うわ……」

モバP「成人になったからって飲みすぎたらダメだぞ」
135 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/09(火) 22:37:38.11 ID:ccsgSfOcO
【酒に飲まれよ!】

モバP「酒だ酒だー! 祝いの酒だー!」

千秋「ちょっと落ち着いて」

モバP「主役が飲まないのはどういうことだ〜?」

千秋「完全に酔っぱらってるわね」

千夏「昨日飲みすぎるなって言ってたはずなのに……」

モバP「あれは成人になったからであって俺は数年前になったからいいんだよ」

モバP「ほら千秋も飲め飲め」

千秋「え……あ……」

千夏「千秋ちゃんそこまで強くないのだからやめときなさい」

千秋「そ、そうしておくわ」

千夏「あと、ちひろさん呼んでおいてくれないかしら」
136 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/10(水) 23:14:10.04 ID:jUcv1/R1O
【もちもち】

アーニャ「ミユキのほっぺやわらかいですね」プニプニ

杏「でしょー」プニプニ

美由紀「やめへほー」プンプン

杏「いやーやわらかいからやめれないよ」プニプニ

アーニャ「ダー」プニプニ

美由紀「もうっ」プクー

杏「ふくらましたらプニプニできないじゃん」

アーニャ「…………えい」ツン

美由紀「」プスー

美由紀「アーニャちゃん!!」プンプン

アーニャ「すみません、つい……」

杏「……」ポン

アーニャ「どうかしましたか?」

杏「アーニャちゃん、わかるよ」ウンウン
137 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/11(木) 23:06:48.42 ID:9il/NJINO
【寒波】

杏「うわー……九州で雪降ってるよ」

音葉「みたいですね」

千秋「明日は全国的に氷点下になるそうよ」

杏「うそ!?」

千秋「本当よ」

音葉「見てください……鳥取砂丘に雪が積もってますよ」

杏「うへ……ホントだ」

音葉「北海道はどうなってるのでしょうか……」

杏「想像もしたくないよ」
138 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/12(金) 23:52:29.37 ID:HJ1Ae87CO
【雪】

音葉「雪って良いですよね……」

杏「全然よくないよ! 寒いし歩きにくいし」

音葉「たしかにそうですが……いいところもありますよ」

杏「例えば?」

音葉「雑音が少なく……静かです」

千秋「確かにそうね」

杏「なんか理由とかってあるの?」

音葉「雪は音を吸収するので静かに感じるのです」

杏「へー……」
139 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/13(土) 00:02:06.52 ID:EzXUpnoiO
【いいところ】

杏「他には?」

音葉「えっと……千秋さん」

千秋「そうね……一面白銀の世界で綺麗ってところかしら」

杏「うーん……確かに綺麗だけどさ、いいところとはなんか違う気がするなー」

千秋「そう?」

音葉「私はいいところだと思います……」

杏「……あっ」

千秋「どうかしたの?」

杏「杏も雪のいいところ思いついたよ!」

音葉「どんなところですか?」

杏「大雪で交通機関が麻痺して休みになるところ!!!!」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 18:57:08.84 ID:iKnznieRO
無慈悲な補講が杏を襲う
141 : ◆NtxTVv4ssokL [saga sage]:2018/01/13(土) 23:45:28.13 ID:Cqc5XnxAO
【ちからもち】

美由紀「Pさん、これお父さんからだって」

モバP「美由紀のお父さんから? なんだろうな……」

モバP「うおっ……めっちゃカニが詰まってる!?」

美由紀「みんなで食べてだってさ」

モバP「マジか、後でお礼の連絡入れとかないとな」

モバP「……ん? これ美由紀が運んできたんだよな?」

美由紀「そうだよ」

モバP「めっちゃ重たくない?」ググッ

美由紀「そう?」ヒョイ

モバP「うっそだろ!?」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 04:00:13.10 ID:gbXfJviuo
北海道の蟹とれへんらしいな。
143 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/14(日) 23:15:41.82 ID:jxBhWadxO
【Pが弱い?美由紀が強い?】

モバP「腕相撲をしようか」

美由紀「いいよー」

モバP「審判は……っと」

ちひろ「任せてください」サッ

モバP「いつのまに」

ちひろ「まぁそんなことは気にせずに、やりますよ」

モバP「あ、はい」

モバP(流石に負けないよな)

ちひろ「準備はいいですかー」

美由紀「うん!」

ちひろ「レディー…………ゴー」

美由紀「えいっ」ビターン

モバP「え?」

ちひろ「美由紀ちゃんの勝ちー」

美由紀「わーい! 勝った勝ったー」ピョンピョン

モバP「」
144 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/15(月) 22:29:34.79 ID:J+ZGFSZDO
【勝てない】

モバP「もう一回だ!」

美由紀「いいよー」



美由紀「えいっ」ビターン

モバP「も、もう一回」

美由紀「いいよー」



美由紀「えいっ」ビターン

モバP「もう一回!」

ちひろ「プロデューサーさん往生際が悪いですよ」

モバP「次が最後ですから」

ちひろ「はぁ……じゃあいきますよー、レディー…………ゴー」

美由紀「えいっ」ビターン

モバP「か゛て゛な゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛」

ちひろ「うわっ……大人が号泣してる」
145 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/15(月) 22:43:05.20 ID:J+ZGFSZDO
【号泣】

モバP「だ゛っ゛て゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛」

美由紀「Pさん、ごめんね」ヨシヨシ

モバP「あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ」

ガチャ

杏「ただいまー……ってなにこれ」

千夏「どうしたの……ってどういう状況なの……?」

ちひろ「美由紀ちゃんに腕相撲でコテンパンにされて泣いちゃったんですよね」

杏「えぇ……それで今なぐさめてもらってるってこと?」

ちひろ「そうですね」

千夏「一応聞くけど、美由紀ちゃんの方が一回り年下よね」

ちひろ「そうなんですよね……」

3人(この人大丈夫かな……)
146 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/16(火) 22:16:07.71 ID:JwWron2uO
【小さな幸せ】

杏「プロデューサー飴持ってる?」

モバP「ちょい待って……」

モバP「えーっと確かココにあったはず……」ガサガサ

杏「まだー」

モバP「残念なお知らせだ、在庫切れだ」

杏「うそでしょ!!?」

杏「杏からしあわせを奪う気なの!?」

モバP「ちっちぇ幸せだな!!」

杏「飴をなめてる時が杏にとって最高のしあわせなんだよ!!」

モバP「お、おう」
147 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/17(水) 21:35:37.33 ID:hITUmxlUO
【カニ美味しかったです】

アーニャ「カニおいしかったですね」

千秋「本当にね、流石ヤナセ水産直送のカニだわ」

美由紀「でしょー!」

アーニャ「また食べたいですね」

美由紀「ホント? じゃあ、お父さんに聞いてみるね」

千秋「流石に次はちゃんとお金払わないとね」

アーニャ「ダー……そのためにお仕事頑張りましょう♪」
148 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/18(木) 22:02:40.30 ID:lEmPp5srO
【あくび】

モバP「ふわぁ……」

音葉「Pさんが欠伸なんて珍しいですね」

音葉「お疲れなんですか?」

モバP「いや、なんかぐっすり眠れなくてなー」

音葉「そうなのですか……」

モバP「ふわぁ……何回も欠伸してすまんな」

音葉「いえ……気にしなくても大丈夫……ふわぁ……」

モバP「音葉にも欠伸うつっちゃったな」

音葉「す、すみません……」

モバP「かわいい欠伸だったぞ」

音葉「恥ずかしいです……」
149 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/19(金) 22:16:12.38 ID:I3WW30fZO
【膝枕】

モバP「なーなー、膝枕してくれない?」

音葉「えっ……嫌ですけど……」

モバP「えー」

モバP「絶対音葉の膝枕とかよく眠れそうなんだけどな」

音葉「そう言われても……」

千秋(何してるのかしら……?)

モバP「頼むからさー」

音葉「嫌です……」

モバP「ちょっとだけだからさ」

音葉「ちょっとでも嫌です……」

音葉「第一こんな場所では……恥ずかしいです」

千秋(!?)

千秋(どういうこと!?)

モバP「大丈夫大丈夫ちょっとだけだし」

音葉「……ちょっとだけですよ」
150 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/20(土) 03:53:44.92 ID:UnTXxi/DO
【勘違い】

千秋「ちょっと待った!!」

モバP「うおっ……」

音葉「!!」

千秋「あなたたちなにを……ってあれ?」

モバP「ど、どうした?」

千秋「何してるのかしら……?」

モバP「膝枕」

音葉「……///」
151 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/21(日) 22:44:49.46 ID:lNAmtESzO
【からかいすぎ注意】

モバP「千秋は何してと思ってたのかなー?」ニヤニヤ

千秋「う、うるさいわよ!」

モバP「ほらほらー答えてくれよー」

音葉「Pさん……そこまでにしておいた方が……」オロオロ

千秋「……」ピッピッ

モバP「何してるんだ千秋?」

千秋「ちひろさんに連絡しようとしてるのよ」

モバP「待って」

千秋「待たないわ」

モバP「すいませんでした!!」

音葉(きれいな土下座ですね……)
152 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/22(月) 17:30:49.76 ID:33ISTj4OO
【早めに帰ろう】

モバP「交通機関がマヒするし今日のレッスンはここまでだぞー」

杏「さっすがプロデューサー」

モバP「ほれ電車が運休する前に寮に帰った帰った」

杏「ういー」

アーニャ「あの……」

モバP「どうした?」

アーニャ「もう少し練習して行ってもいいでしょうか?」

モバP「帰れなくなるからダメ」

アーニャ「えっと……寮はココの隣なので大丈夫ですよ?」

杏「アーニャちゃん!?」

モバP「……あっ」
153 : ◆NtxTVv4ssokL [sage saga]:2018/01/22(月) 19:07:14.83 ID:33ISTj4OO
【歩いて帰れる距離】

杏「…………」ソロー

モバP「……」ガシッ

杏「……」ダラダラ

モバP「さぁレッスンの続きをしようか」ニコッ

杏「嫌だ! 電車が止まって帰れなくなる!」

モバP「歩いて帰れるんだし大丈夫だろ」

杏「アーニャちゃんも何とか言ってよ」

アーニャ「アンズ、レッスンしましょう!」

杏「アーニャちゃあああああああああああああああん」
154 : ◆NtxTVv4ssokL [saga sage]:2018/01/23(火) 12:18:48.57 ID:p2Rim/hpO
【疑問】

美由紀「ねぇねぇ千秋さん」

千秋「どうしたの?」

美由紀「こっちの人って雪の上歩かないんだね」

千秋「そうなの?」

美由紀「うん、さっきから見てるんだけどあんまり歩いてる人いないんだー」

千秋「本当ね」

美由紀「なんでかなー」

千秋「雪の上を歩いて滑りたくないからじゃないかしら」

千秋「雪用の靴でもないから滑りやすいでしょうし」

美由紀「そっかー」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/23(火) 12:25:04.51 ID:tcvyjMNdO
雪国だと
踏み固められて滑るし、かといってふかふかなとこ行くと雪が靴に入ってくるし
長靴履けばいいんだけどね
156 : ◆NtxTVv4ssokL [saga sage]:2018/01/23(火) 12:34:06.31 ID:HnEBAp2BO
【慣れてたら問題ない】

美由紀「でも、滑らないように歩けばいいんじゃないの?」

千秋「確かにそうね」

千秋「だけど、滑らないように歩くって結構難しいものよ」

美由紀「そうかなー?」

千秋「私たちが難しく感じないのは、慣れてるからよ」

美由紀「確かにそうかも!」
157 : ◆NtxTVv4ssokL [saga sage]:2018/01/23(火) 12:42:35.88 ID:p2Rim/hpO
【代々伝わる秘伝のやつ】

美由紀「なんだかスッキリしたなー!」

千秋「ふふ、それはよかったわ」

美由紀「千秋さん、ありが……わわっ」ツルン

千秋「美由紀さん!?」

美由紀「わっ……とっと……なんの!」シュタ

千秋「大丈夫!?」

美由紀「うん! 転んでないから平気だよ!」

千秋「よくあの体制から転ばなかったわね」

美由紀「えへへ〜」

美由紀「北海道にいた頃よく転んでたんんだけど、お父さんにこの方法教えてもらったんだー」

千秋「すごいわね」

美由紀「なんかね、柳瀬家に代々伝わる秘伝の体重移動法って言ってたよ」

千秋「そんなのが……って、ええ!?」
73.73 KB Speed:2.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)