海未「その言葉の使い方間違えてるわよ?」穂乃果「え?そうなの?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/11(土) 15:24:39.12 ID:jwJk86IkO
穂乃果「でさ、テレビでやってたんだけどね。本当に凄いの」

にこ「へ〜、一度は行ってみたいわね」

穂乃果「でしょ?でも、穂乃果には敷居が高いよ」

にこ「まあ、宇宙No.1アイドルのにこにーならそんな事はないけど」

穂乃果「え?」

にこ「な、なによ…」

穂乃果「海未ちゃんも行ってみたいよね?」

にこ「無視?」

海未「そうですね。行ってみたいですね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510381479
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/11(土) 15:30:20.44 ID:jwJk86IkO
穂乃果「でしょ?でもなぁ…本当にゴージャスで敷居が高い感じなんだよね」

にこ「ふ〜ん」

海未「あの…先程から気になって居たのですが…」

穂乃果「え?なになに?」

海未「敷居が高いと言うのは本来、不義理をして行きづらいと言う意味なので今の様な場合には格式が高いと言うのが正解ですよ?」

穂乃果「…へ〜そうなんだ。さすが海未ちゃん」

海未「いえ…」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/11(土) 15:37:23.61 ID:jwJk86IkO
にこ「あっ、そう言えば穂乃果?」

穂乃果「何?」

にこ「こないだ私のお菓子勝手に食べたでしょ?」

穂乃果「え?……いや、あれは間違えて…」

にこ「嘘つきなさいよ。にこの名前書いてあったでしょ?確信犯ね。全く…」

穂乃果「いや〜…」

海未「あの…」

にこ「なに?」

海未「今、にこが確信犯と言いましたが本来の意味は政治的及び思想的信念に基づいて行われる犯罪及び行為の事であってワザとと言う意味ではないのです。ですので…」

にこ「別によくない?」

海未「え?」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「別によくない?伝わってるんだから」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/11(土) 15:50:53.98 ID:jwJk86IkO
海未「いえ…あの…正しい日本語を…」

にこ「正しい日本語なのは分かったけど。わざわざ会話の流れを止めてまで言う事なの?」

穂乃果「にこちゃん?」

海未「いえ…その…」

にこ「だってそうでしょ?伝わってるだからいいじゃない。空気読みなさいよ」

海未「すいません」

にこ「ったく」

穂乃果「いや、にこちゃん言い過ぎじゃない?」

にこ「え?」

穂乃果「言い過ぎだよ。海未ちゃん落ち込んじゃうよ」

にこ「何よ?にこが間違ってるって言うの?」

穂乃果「もうちょっと言い方があるじゃん」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 17:47:11.77 ID:i9XAdwQSo
期待
確信犯ってそういう意味だったのか
つまり思想的な信念をもってお菓子を食べれば誤用ではない
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 18:42:39.99 ID:V2PasSXp0
スレタイの海未ちゃんが言葉づかい間違えてる
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 18:52:40.33 ID:JHrWB6HSO
糞にこみたいな言葉つかうな海未
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 13:26:15.18 ID:CtXsd1wOO
にこ「言い方?」

穂乃果「そうだよ。仕方ないじゃん。海未ちゃんは日本語のスペシャリストなんだから気になっちゃうんだよ。普段から嘆いてるんだから。ね?」

海未「いや…そこまででは…」

穂乃果「間違った日本語とか大嫌いなんだから」

海未「穂乃果…」

にこ「でも、よくない?大切なのは相手に伝える事でしょ?ただったらよくない?」

穂乃果「よくないよ」

にこ「今のは海未に聞いたのよ」

海未「え?私ですか?」

にこ「そうよ。海未はあんたしかいないでしょ?」

穂乃果「また、そう言う言い方する」

海未「いえ、穂乃果。にこの言う通りかもしれません。私のした行為は楽しい会話に水を差しているだけでした」

穂乃果「で、でもさぁ」

にこ「でしょ?」

海未「穂乃果は私の事を庇ってくれようとしているのですよね?」

穂乃果「いや…まあ、そうだけど…」

海未「ありがとございます」

穂乃果「う、うん」

にこ「まあ…でも、私も…あんまり…言い方が悪くなかったもしれないわね…その…海未…ごめん」

海未「にこ…いいえ。私の方こそごめんなさい」

穂乃果「これはあれだね?雨降って固まる奴だね」

海未「雨降って地固まるですよ」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 13:34:31.78 ID:CtXsd1wOO
穂乃果「あっ、それだ!」

にこ「あんたが一番日本語めちゃくちゃじゃない」

海未「全くです」

穂乃果「いやぁ〜」

あははははは

ガチャ

絵里「ふふっ、仲が良いわね」

穂乃果「絵里ちゃん?」

にこ「あんた…いたの?」

絵里「ごめんなさい。一部始終見せてもらってたわ」

海未「そうだったのですか?」

絵里「ハラショー。まさに雨降って地固まるだったわ」

穂乃果「うん…」

穂乃果(あれ?ハラショーって本当はどういう意味なの?)

海未(使い方あってるのでしょうか?)

にこ(絵里も何となくで使ってるんじゃないの?)

ほのうみにこ(まあ、何となく伝わってはいるけど…)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 14:02:47.38 ID:CtXsd1wOO
「当選」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 14:12:31.25 ID:CtXsd1wOO
絵里「はあ…」

花陽「絵里ちゃん?ため息なんかついてどうしたの?」

絵里「実はね…お気に入りの服が虫に食われちゃって着れなくなっちゃったの」

凛「へ〜それは残念だね」

絵里「そうなのよ。はあ…最悪だわ」

花陽「そんなに気に入ってたの?」

絵里「ええ。お母さんに買ってもらった物なの」

花陽「そうだったんだ…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 21:57:44.43 ID:CtXsd1wOO
凛「残念だね」

絵里「まあ、形あるものはいつか壊れてしまう物だから仕方ないのよね……って花陽?」

花陽「絵里ちゃん…」

絵里「どうして花陽がそんな泣そうな顔してるのよ」

花陽「だって…絵里ちゃんの宝物が…」

凛「かよちん…」

絵里「花陽は優しいのね」

ピロリン

花陽「ん?私のスマホかな?」

『お米一年分が当たりました』

花陽(ええ?嘘?先月応募した奴かな?)

凛「かよちん?どうしたの?」

花陽「え?な、何でもないよ?」

花陽(ああ…絵里ちゃんが悲しい思いをしてるのに…お米当たったの嬉しいよぉ)

絵里「さて、気持ちを切り替えていかなくちゃ」、

凛「絵里ちゃん大丈夫なの?」

絵里「ええ。二人ともありがとう。もう、大丈夫だから」

花陽(絵里ちゃん…。あんな事言ってるけど本当はまだ悲しいはずだよ。それなのに…それなのに私は…まだお米当たって嬉しいって思ってるよぉ。私は最低の人間だよぉ)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:03:18.59 ID:CtXsd1wOO
絵里「さっ、皆んなが来る前に練習の準備でも…花陽?」

花陽「うぅ…うぅぅ」

凛「か、かよちん?泣いてるにゃ」

絵里「花陽?本当にもう大丈夫だから。ね?泣かないで?」

花陽「違うんです」

絵里「え?何が?」

花陽「私は絵里ちゃんが思ってる様な人間じゃないのぉ」

絵里「へ?ど、どういう事?」

花陽「お米が当たったの…」

絵里「お米?」

花陽「先月応募した懸賞が当たったの」

絵里「え、ええ…」

花陽「今、その連絡が来て。絵里ちゃんが悲しんでるのにお米が当たって嬉しいって思っちゃったの。私は大切な友達が悲しんでいる時に懸賞が当たって喜んでいる様な最低な人間なの」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:10:24.83 ID:CtXsd1wOO
絵里「花陽…」

花陽「絵里ちゃん。ごめんなさい…」

絵里「ぷっ…ふふっ…あははは」

花陽「え?」

絵里「そうだったの?」

花陽「う、うん」

絵里「気にする事ないのに。花陽らしいわ」

花陽「え?え?」

絵里「第一、最低人間だったらそんな事気にもしないわよ」

凛「そうだよ。やっぱり、かよちんは優しいにゃ」

絵里「さあ、花陽?これで涙を拭いて?」

花陽「うん」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:19:08.92 ID:CtXsd1wOO
ガチャ

ことり「お疲れ様です」

凛「あっ、ことりちゃん」

ことり「あれ?どうしたの?花陽ちゃん泣いてるの?」

絵里「えっと…実はかくかくしかじかで…」

ことり「あっ、それなら私直せるよ」

絵里「え?本当に?」

ことり「うん。100パーセント元通りって訳にはいかないんだけどね」

絵里「じゃあ、お願いしてもいい?」

ことり「もちろんです」

花陽「絵里ちゃん。良かったね?」

絵里「ええ」

凛「うん。めでたし、めでたしにゃ」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:24:58.77 ID:CtXsd1wOO
ピロリン

花陽「あれ?また私のスマホ?」

『先ほどの懸賞の件ですが。送り先の間違いでした。大変申し訳ありませんでした』

花陽「ええ?」

凛「かよちん?」

花陽「うぅ…うぅぅ」

凛「かよちん?また泣いてるの?」

絵里「え?どうして?だって、もう…」

花陽「間違いでした…」

絵里「え?」

花陽「当選…間違いでした…」

凛「お米?」

花陽「うん…」

絵里「そう…なの……」

ことり「えっと……」

凛「かよちん……」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:29:04.09 ID:CtXsd1wOO
絵里「あの…花陽…ドンマイ…」

花陽「うん…」

ピロリン

絵里「あら?私?」

『おめでとうございます。高級チョコレート一ヶ月分が当選しました』

絵里「え?」

凛「絵里ちゃん?どうしたの?」

絵里「あの…なんか…先月出した懸賞が当たったみたい。チョコレート一ヶ月分が…」

花陽「…」

絵里「あの…なんか…ごめんなさい…」

花陽「絵里ちゃん…おめでとう…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:32:08.36 ID:CtXsd1wOO
「ワシワシ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:39:30.74 ID:CtXsd1wOO
希「あ〜練習もバイト休みの休日って暇やなぁ」

穂乃果「ん〜」

希「あっ、穂乃果ちゃんや。よっしゃ」

穂乃果「ふふ〜ん」

希「ワシワシ〜」ガシッ

穂乃果「キャァァァ」

希「ふふっ、あれ?少し成長したかな?」ワシワシ

穂乃果「の、希ちゃん?」

希「穂乃果ちゃん、何してるの?」ワシワシ

穂乃果「か、買い物だよ〜。わ、ワシワシやめて〜」

希「そうなんや。だったら声かけてくれれば良かったのに」ワシワシ

穂乃果「だ、だって家族で来てるんだもん。は、早くやめてよ」

希「へ〜家族で。へ〜家族?」ワシワシ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:46:36.98 ID:CtXsd1wOO
雪穂「希さん…」

穂乃果ママ「こんにちは…」

希「こんにちは…」

穂乃果「はあ…はあ…やっと終わった…」

希「あの…今日は家族でお買い物?」

穂乃果「そうだよ?さっき言ったじゃん」

希「へ、へえ〜。そんなんだ。私は今日暇でね?ウロウロしてたんだ〜」

穂乃果「そうんなだ。って言うか喋り方変わってない?」

希「そんな事ないよ?……それじゃあ」

穂乃果「え?言っちゃうの?」

希「いや…うん。なんで?」

穂乃果「もう、行っちゃうのかなと思っただけだけど」
11.25 KB Speed:2.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)