鞠莉「なんでウチの彼女連中はおっぱいが好きなのかしら」千歌「ねぇ」梨子「ねぇ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : [saga]:2017/11/11(土) 22:20:20.52 ID:4Ml2rcP10
鞠莉「果南だっておっぱいは大きいのに人のばかり弄ってきて」

千歌「曜ちゃんなんて私と同じ大きさだからね!?」

梨子「よっちゃんは....まあ、うん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510406420
2 : [saga]:2017/11/11(土) 22:30:39.09 ID:4Ml2rcP10
梨子「そういえば、前にも相談してた事だけれど...」

千歌「ああ、それって...」

梨子「うん、おっぱいを吸うたびにママって呼ぶの」

鞠莉「彼女からしたら中々shockingよねー」

千歌「それで、何か進展あったの?」

梨子「それが...」
3 : [saga]:2017/11/11(土) 22:33:46.85 ID:4Ml2rcP10
梨子「最近はおっぱいを吸ってるとき以外も赤ちゃん言葉になってて」

千歌「ええー...」

鞠莉「あちゃー」

梨子「ま、まあ二人だけの時だけだからいいんだけど...」

千歌「でも梨子ちゃんって乙女思考だからねー」
4 : [saga]:2017/11/11(土) 22:38:49.28 ID:4Ml2rcP10
梨子「相手の気持ちを汲んであげるのもカップルだし...」

鞠莉「ダメよ!カップルっていうのなら一方的はダメ!!」

千歌「おおー...さすが先輩」

鞠莉「お互いに気持ちは伝え合わないと絶対にどこかで擦れ違うんだから」

鞠莉「そしたら、好き会ってるのに会えなくなるかもしれないわよ?」

梨子「はい...今日も夜に泊まりに来るので、相談してみます」

千歌「お熱ー!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 22:46:07.24 ID:4Ml2rcP10
鞠莉「それじゃあ、千歌っちの番ね!!」

千歌「へ!?私!?」

梨子「そうだよ、私も恥ずかしい事言ったんだから千歌ちゃんもなんかないの!?」

千歌「うう...まあ、ちょうど悩み?みたいなのはあるけど」

鞠莉「期待するわよ?」

千歌「うう...ハードルあがるなぁ」

梨子鞠莉「ワクワク」

千歌「それじゃあ発表します!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 22:51:13.61 ID:4Ml2rcP10
千歌「曜ちゃんがいつまでたってもオムツ離れしてくれなくて...///」エヘヘ

梨子「え....」ヒキッ

鞠莉「え、えーと」

鞠莉「なかなかmaniacな趣味ねー!」

千歌「やっぱりそうかなー」

梨子(やっぱりとかそういう曖昧な次元じゃないでしょ!?)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 22:56:00.98 ID:4Ml2rcP10
梨子「ね、ねえ千歌ちゃん、いつから曜ちゃんはオムツをしてるの?」

千歌「えーと、中1くらいかな?」

梨子「たしか、二人が付き合いだしたのってここ最近でしたよね」コソコソ

鞠莉「ええ、それに果南によれば中学の間は確実に付き合ってなかったと聞いてるわ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:02:17.64 ID:4Ml2rcP10
千歌「学校でも代えてあげないとボタボタになっちゃうんだー」

梨子「学校でも代えてるんだ...」

鞠莉「いやでも、千歌っちも案外楽しそうにしてるじゃない?何に不満が?」

千歌「それがね」

千歌「このままだと曜ちゃんってずっと千歌ママ離れできないんじゃないのかなって」

鞠莉梨子「はい?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 23:06:53.48 ID:iie+jGqY0
つまんな
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:08:03.67 ID:4Ml2rcP10
千歌「あれ?言ってなかったかな?前に決めた事なんだけど曜ちゃんが成長するたびに」

千歌「千歌ママ→千歌お姉ちゃん→千歌お嫁さんになるって約束してたんだけど」

鞠莉「それは聞いたことないわ」

梨子「」コクコク

千歌「あれ?おっかしいなー?親しい人には言ったつもりだったんだけど」

梨子(そんなカミングアウト誰にできるの!?)

千歌「そうだ!お姉ちゃんとお母さんに達にあまり人に言うなって止められたんだ」

梨子「まさかの身内!?」

鞠莉「oh crazy」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:10:35.28 ID:4Ml2rcP10
千歌「それで、将来子供が出来たときが心配で」

鞠莉「まあ、それは心配よね」

梨子「うん、絶対に早めに直した方が良いよ」

千歌「そうだよね、あまりに可愛いかったから」アハハ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:13:38.88 ID:4Ml2rcP10
千歌「さて、最後は鞠莉ちゃんだからね」

梨子「ここまで言わせられたんですから絶対に言ってもらいますよ」

鞠莉「そうね、後輩二人にだけ良いところは見せられないわね」

千歌「よっ理事長!」

鞠莉「最近、果南にどうにかして母乳を飲ませろって迫られてるの」

梨子「え?」

千歌「は!?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:17:15.31 ID:4Ml2rcP10
千歌「え?果南ちゃんが?」

鞠莉「ええ、あの果南がよ」

千歌「えー...なんか、幻滅というか」

鞠莉「まあ、ほら、果南ってそういうとこあるから」

千歌「あはは...そうかな...私一応幼馴染だけどわかんないなー...」

梨子(千歌ちゃんの中の果南ちゃん像が圧倒的に崩れ去っていくのが分かる)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:23:05.54 ID:4Ml2rcP10
鞠莉「いやでも!それも果南が私を好いていてくれるからこそだし」アセアセ

千歌「どうみてもDV受けてる人の思考回路だよ」

梨子「い、いやでも現実問題どうにかなるわけでも...」

鞠莉「ふっふっふ、実はそうでもないのよ」

梨子「え?」

鞠莉「これが小原家の力を終結させて作った不思議なお薬」

鞠莉「OPDLよ!!」ドン

梨子(どう見てもヤバイ薬だ!?)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:30:07.79 ID:4Ml2rcP10
千歌「それって、大丈夫な薬なの?」

梨子(や、やっぱりそこは気になるよね?)

鞠莉「ええ、ホルモンバランスをアレコレするだけだからちょっとHになるだけよん、私らからしたら逆にluckyよ」

梨子(本当に大丈夫なのだろうか)

千歌「なら、一本ちょうだい」エヘヘ

梨子「あらら」

鞠莉「ねえ、梨子ちょうどもう一本余っているのだけれど」

梨子「そ、それならもらいます、少し怖いけど」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:33:33.09 ID:4Ml2rcP10
鞠莉「まあ、私の個人的な悩みはそんな物ね」

千歌「結構出そろったねー」

梨子「うん、各カップルに一つぐらいは秘密があるんだね」

千歌「でも、私たちが辛いのはこっからなんだけどね」

梨子「うん...」

千歌「あーあ」

三人「最近おっぱいが痛いよー」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:37:26.20 ID:4Ml2rcP10
千歌「なんで人のおっぱいを揉むときってあんなに強くできるんだろうね?」

梨子「ほんとに、自分でやったら痛いって分かるのに」

鞠莉「私なんて、二年前にはおっぱいがふやけちゃったことあるんだから」

千歌梨子「ええー」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 23:39:54.74 ID:731wDtnao
SS速報VIPだから、エロシーンは無いか…ちょっと残念
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/11(土) 23:46:47.49 ID:4Ml2rcP10
千歌「そのことなのですが、この千歌隊員とある物を見つけてきたであります」スッ

梨子「えっと」

鞠莉「東條希が教えるおっぱいをセクハラから守る方法?」

千歌「どうやら、μ’sの希さんもこういう事で悩んでたらしくて」

梨子「すごく大きかったもんね...おっぱい」ゴクリ

千歌「だから、千歌たちもそれに倣えば少しはそういうことも減るかなーって」

鞠莉「nice idea 千歌ッち!!早速見てみましょ♪」
20 :>>1 :2017/11/12(日) 00:10:43.48 ID:Fp0cfeXg0
pc重いから今日は終了
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 16:27:34.16 ID:EGuv+b+no
現役アイドルが教えるちっぱいを守る方法もはよ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 23:33:03.21 ID:4bFCK0CVo
続きまだ?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/16(木) 22:08:24.94 ID:qesYlmSM0
ワシワシされるのが嫌なら自分から!胸の小さい子が相手でもレッツわしわし!

千歌「あー...」

鞠莉「むー....」

梨子「うーん...」

千歌「その....さ」

千歌「おっぱい揉んでる姿を見てるとさ」

梨子「ええ」

鞠莉「私も同じことを考えてたわ」

「「「揉んだり擦りつけたり吸ったりする姿がみっともなくて真似したくない!」」」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/16(木) 22:13:35.91 ID:qesYlmSM0
梨子「流石にその方法はね///」

鞠莉「あの吸っている時の顔はまるでbabyよ確実に高校生のする顔ではないわ」

千歌「あー、他には載ってないね、揉み方ばっかり」

梨子「・・・」

鞠莉「・・・」

千歌「・・・」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/16(木) 22:20:40.90 ID:qesYlmSM0
千歌「で、でも私はおっぱいを吸ってる時の曜ちゃんって嫌いじゃないよ!」

梨子「え?」

千歌「曜ちゃんって周りからカッコイイ系って思われてるからその曜ちゃんが私にだけ見せてくれる顔って感じで」

千歌「その....///そんな曜ちゃんも大好き///」

梨子「千歌ちゃん...」

鞠莉「確かに!!私もあんな果南が好き!!」

梨子「鞠莉さん...」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/16(木) 22:28:35.09 ID:qesYlmSM0
鞠莉「パフパフ大好きH大好きよくおしりぺんぺんをせがんでくる果南が好き!」

梨子「私も...」

梨子「執拗に足を舐めてきたり、露出プレイや痴漢プレイに興味を持ってたりする善子ちゃんが好き!!」

千歌「やっぱりみんな彼女が大好きなんだ///」ヘヘ

梨子「だって、大好きじゃなかったらこんな事しないよ///」

鞠莉「これがloveね!!」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/16(木) 22:34:58.37 ID:qesYlmSM0
梨子「それに、おっぱい吸ってる時の顔って私にしか見せない顔みたいでいいよね!!」

千歌「わかるわかる!!」

鞠莉「そもそも情けなさ過ぎて他の誰にも見せられないってのがあるんだけどね」

千歌「それでも?」

鞠莉「ええ、それでも私も果南のそういう表情が大好き!!」

千歌「愛のなせる業だね!」

梨子「ほんと」

鞠莉「全くよ!」

アハハハハハハハハ

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/11/16(木) 22:51:33.66 ID:qesYlmSM0
鞠莉「愛....ね」

千歌「どうしたの?鞠莉ちゃん」

鞠莉「二人ともに先輩からのアドバイスをと思って」

梨子「アドバイス...何かいい方法があるんですか?」

鞠莉「No 根本的な解決にはなってないわ!でもそうするのがある意味二人の幸せだと私は思うの」

千歌「二人の幸せ」ゴクリ

梨子「それは....」

鞠莉「千歌、梨子あなたたちは」

鞠莉「おっぱいを吸われるときに気持ち良くしてもらいなさい!」

千歌梨子「「へ///?」」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/11/16(木) 23:39:09.39 ID:qesYlmSM0
鞠莉「そもそもお互いの為になる関係がカップルなの」

千歌「で、でもおっぱい吸われてて気持ちよくなったことないし...」

鞠莉「なら、曜と二人で色々試してみて?それが二人の絆になるわ」

千歌「はい!」

鞠莉「梨子は...」

梨子「私は、本当は気持ちよくなることがあって...」

鞠莉「やっぱりね、それは恥ずかしい事じゃないわよ、気持ちいい事があればどんどん善子に言っちゃいなさい!」

梨子「はい!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/11/16(木) 23:54:44.26 ID:qesYlmSM0
千歌「今日は色々話が弾んだねー」

梨子「うん、一番良かったのは私たちだけじゃないってことが分かったことかも」

鞠莉「それじゃあ次はいつn」

ガラッ 

花丸「あれ?なんでこんな遅くに三人もいるずら?」

千歌「少しね」アハハ

梨子「.....」

梨子「そういえば、花丸ちゃんってルビィちゃんと付き合ってるんだよね」

ニヤリ

鞠莉「なにか話題とかないの?おっぱいの話とか」

千歌「」ゴホッ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/11/16(木) 23:57:19.90 ID:qesYlmSM0
千歌「ちょ、ちょっと?」ヒソヒソ

鞠莉「まあまあ、語り合う仲間多ければちかっちも嬉しいでしょ?」ヒソヒソ

花丸「おっぱいの事かー...」

梨子「なんでもいいのよ?ただ気になっただけだから」

花丸「それじゃあ、ルビィちゃんがー...」

梨子「」ウンウン
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/11/16(木) 23:58:59.00 ID:qesYlmSM0
花丸「ルビィちゃんのおっぱいがアイスの味して美味しいんだー!」

梨子「え?」

鞠莉「え?」

千歌「え?そっちが吸うの?」

花丸「?」


終わり
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:14:38.56 ID:cpiI3Ylto
OPDLはよ!
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 15:49:40.06 ID:gweZy1SSo
誰か一人お忘れの方がいるのではございませんの?
12.63 KB Speed:4.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)