【安価/】ロシュオ「SRプロ狂騒記」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:31:40.21 ID:7bMDdBbP0
4
210 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/16(木) 00:59:21.21 ID:PQPrWPPAO
椿「わぁっ、美味しいです!」

元山「ああ、ギョストマとウヴァに感謝しないとな。勿論ルパンとソーサラーさんにも。」

---

ルパン「生焼けだぞ、この下手糞め・・・。」

ソーサラー「ミディアムレアだ、二度と間違えるな、変態め。」

ソーサラー「ちっ、持っていけ!」(クリエイトリング)

ルパン「ふっ、これで変態怪盗の世界が作れるぞ!」

ソーサラー「悪用した場合は全力で貴様を消しに行く。憶えておけ。」

ルパン「まあ、具体的な名称は出せんが、礼変わりだ。」

ルパン「クライシスを追い込める「銀の弾丸」の手掛かりは、新田文博が握っている。」

ソーサラー「何・・・新田文博が!?」

ルパン「精々、聞いてみる事だな。まあ、当人はそれがどれほどの力を持つかもしらない。」

ルパン「色々と奴を観察し、掴むのもいいだろうよ。では、さらばだ。」

ルパン(いかん、川に行かなければ・・・口の中がパサパサすぎる・・・。)

---

紘汰「本当にミッチが居たのか?」

ギョストマ「ああ、俺も見たからな。」

舞「ミッチさん、何故か急に顔が青ざめて、森の中へ走っていってしまったんです!」

ギョストマ「安心しな。俺達が探し出してやっからよ!」

紘汰「しかし、深い森だ。なら、ここは・・・!」

【Orange】【Peach Energy】
【Lock On】【ミックス!!】
【オレンジアームズ、花道オンステージ・・・!!】【ジンバーピーチ、ハハーッ!!】

【BGM:時の華】

鎧武(ジンバーピーチアームズ)「よしっ!」(聴覚を生かし、静かに耳を澄ませる)

舞(ミッチさん・・・!)

【安価】紘汰がミッチの声を聴くか否か ↓1
1.聞こえない(01〜40)
2.ノイズが入りつつ聞こえる(41〜80)
3.鮮明に聞こえる(81〜00)

福山舞 好感度+ ↓2
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:00:12.24 ID:ntXByhEDO
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:01:22.62 ID:/O2Eb/Kt0
探さないであげてよ…
213 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/16(木) 01:32:11.12 ID:zhDnqOttO
福山舞 好感度 260+62=322/300 Complete!!

鎧武(ジンバーピーチアームズ)「ミッチィィィィ!!!」

鎧武(ジンバーピーチアームズ)「どこだ、ミッチ!!」

舞「ミッチさぁぁぁん!!」

鎧武(ジンバーピーチアームズ)「くそっ、舞とギョストマはここに居てくれ!!」

鎧武(ジンバーピーチアームズ)「ミッチぃぃぃ!!」

---

舞「ミッチさん・・・私達からなんで逃げるんでしょうか・・・。」

ギョストマ「さあな・・・だけど、奴はきっと今のチーム鎧武の在り方を見て・・・。」

ギョストマ「そこに責任を感じているんじゃないかな。特に彼は、例のサングラスの人の生存もしらないんだろ?」

ギョストマ「だから、そんな責任感に囚われて・・・君から逃げているんだよ。」

舞「私は、別にミッチさんに責任があるなんて・・・。」

ギョストマ「そう割り切れるほど人ってのは割り切れた物じゃなくてね。」

ギョストマ「図太い奴もいれば、面倒臭いぐらい色々な事を気にしてしまう奴もいる。」

ギョストマ「だから、大事なのは君が彼に対し、呼びかけ続けることだ。」

ギョストマ「もし、君にその気があるのなら・・・俺は君の力になりたいと思う。」

舞「それって、アイドルになるって事ですよね?」

ギョストマ「ああ。でも、イグニオの件は聞いている。これは決して強要じゃない。」

ギョストマ「だから、君の心で今取るべき行動を考え、君が後悔しない道を取ればいい。」

舞「ギョストマさん・・・。なら、私は・・・。」

勧誘計算式:基本10%+好感度の1割+極上の肉ボーナス30%+再勧誘ボーナス 20%
=10%+32%+30%+20%
=92%
【安価】↓1(01〜92:成功)、(93〜00:失敗)
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:34:06.58 ID:ntXByhEDO
215 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/16(木) 01:53:07.31 ID:zhDnqOttO
舞「なら、ギョストマさん・・・私はミッチさんに声を届ける為にもアイドルになります。」

舞「ミッチさんが再び、私達の前に出て来られるまでどんなにかかってでも・・・。」

舞「ミッチさんに私が元気でやっているのだと、示し続けます。」

舞「再び、チーム鎧武の皆で動き出せる様に。」

ギョストマ「ああ、分かった。じゃあ、紘汰の事を待とうか。」

---

---森の中の川付近---

ルパン「ふうっ、上流の水は澄んでいていいな。」プハッ

ルパン「川の下流の水は何故か茶色く濁っていたからな。」

ルパン「ふむぅ、勝負には勝ったが・・・頼子には此度の件を伝えるべきか?」

ルパン「伝えねば、私は再び変態怪盗に立ち戻れるが、どうした物か。」

---

ギャング男「久しぶりだな、元山。そして悪いが、少し2人きりで話したい事がある。」

元山「カポネか。ああ、行こう。」

元山「すぐに戻るよ、椿。」

椿「はい、皆と話しながら待っていますね、惣帥君!」

ギャング男(惣帥君か・・・。元山よぉ、お前は伊吹ちゃんへ向けていたあの思いを、んなあっさりと捨てんのかよ。)

ギャング男(そいつはよぉ、仁義を欠いているぜ・・・。)

【安価】ミッチの出会い ↓1(各25%)
1.√1(ルパン)
2.√2(???)(川に流された場合)
3.√3(???)(そのまま森を彷徨った場合)
4.√4(???)(誰もいない廃屋を見つけ、そこで項垂れる)

【安価】カポネの怒り ↓2
1.穏便に話し合う心づもり(01〜25)
2.内心に激情を燃やしつつも、元山の言い分を聞く気分(26〜50)
3.事と次第によっては、静かに激昂する積り(51〜75)
4.元山の返答次第では、ぶち切れる(76〜00)

【安価】ルパンの判断 ↓3
1.変態行動はやめられん。頼子には話さずにおく。
2.頼子に隠し事をするのは気が引ける。頼子に話しておく。
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 02:05:16.09 ID:ntXByhEDO
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 02:36:02.15 ID:CPdpLSayO
ミスったら済まない
218 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/16(木) 02:42:21.96 ID:zhDnqOttO
今日はここまで
カポネが冷静に話し合う状態になったので、元山側の説明にも耳を傾けます(51以上の場合は経過説明をそのままするとブチ切れていました)
後は、この流れを4、5回成功させれば元山に正真正銘平和な日々が訪れます(魔神峠和解編)
さて、ミッチがルパンに出会うので展開次第ではミッチもロリコンと変態を併発した何かへと変わります。

【安価】ルパンの判断 ↓1
1.変態行動はやめられん。頼子には話さずにおく。
2.頼子に隠し事をするのは気が引ける。頼子に話しておく。

【自由安価】↓2、↓3 元山からカポネにする経過説明(コンマもとある隠しに使用)
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 03:54:08.24 ID:CxvwiNmvO
2
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 09:01:05.39 ID:NtcbVAsBO
乙です
安価は文化祭のくだりからタイラントからの解除までを細かく
伊吹が裏切った?と思って打ちひしがれてたところも忘れずに

正直命をかけたUD カザリ エイキング 高原関係で小室さんにペルセウスゾディアーツは殺意を抱かれてもしょうがないし 権利はあるよね まあ実行に移して達成された場合 彼らを護る方に尽力せねばならないのは色々きついが

TKRとウツボカズラもこれ以降だれか冥界行ってこれを知ったらズノー陣と同じレベルかそれ以上のアンチになるだろうけど


221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 09:38:26.86 ID:/A+LHR1Uo
乙です
安価は、一連の騒動について当時の心情も交えて全部話しながら椿さんとの関係は一時の感情任せじゃないと伝える、でお願いします
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 13:00:29.39 ID:Iph6JpHpO

伊吹以外だと
千奈美さん(高原の犠牲)>>>UD≧カザリ>>>裕美ちゃん>>エイキング≧りーな
くらいな感じで激怒しそうなイメージ エイキングとりーなはまあ加入時期的なあれで カザリと裕美ちゃんとの差は命がかかってたので

しかしせめて高原の記憶を取り戻す方法無いかな
2人の笑顔を取り戻す為に突入したのがこれでは道化にもほどがあるような
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 18:18:19.66 ID:3MoS+Bk8O
乙です
ギョストマ、勧誘成功おめでとう!!!

あの世の元山アンチがなりを潜めたようで一安心ですね
いずれは、ズノー陣が元山にやったことがバレて、あの世でズノー陣アンチが巻き起こるのを…!

アリカポネ、元山がナニかされたようだと気づいてくれないだろうか?
そうすれば、UDやカザリに相談して何とか出来たりしそうだし…
あ、元山は今まで苦労したから、もうこれからは伊吹ちゃんと椿さんの両手に花になっちゃいなYO!

高原の記憶は…ドーパントに記憶を司っているのがいなかったかな?
ソイツと悪夢を司っているので、魔神峠の問題は大体は解決出来そう
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 20:55:06.31 ID:/O2Eb/Kt0
乙です
女の子の前でエロ本を朗読しトラウマを植え付けた変態→他事務所の人望ある社長を殺害した凶悪犯→それでも思ってくれてたか女の子を捨て他の人と交際を宣言した男
こうして元山惣帥の名はSRプロに轟くのであった
経緯はどうあれ 全部事実だ 受け入れろ

たとえ伊吹への誤解が解けようがこれどうしようもないだろ
もう椿さんと付き合い始めたし
果たして魔人峠は話を聴いてくれるかな?
伊吹が舞姫のエリスになるルートしか見えないけど
TKRとウツボカズラは知ったらアンチ確定 モバPも元459の李衣菜が魔人峠いるからアンチかもね
まあ光太郎とかの護ってくれる新しい強いお友達ができたからいいんじゃないの?
元山が抜けるであろう 確か唯ちゃんが入った新生魔人峠 なんとか護らねば

そういやミラーワールド編またあるみたいだが 神崎士郎って結局このスレでどうなったんだっけ


225 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/16(木) 23:50:28.18 ID:Xy5FbUVwO
再開します

>>220
伊吹絡みの事を知ったTKRがアンチかするかは次の殉職が落ちた際に決定します。
ただ、アンチ化した場合は割と毒殺に走るレベルの勢いで元山を嫌悪します(毒を盛られてもバイオライダーがいる限りは大丈夫)

>>222
完璧なチャートです。
高原の記憶を戻すフラグはありますが、導入までに踏むフラグが色々とあります(確かに今のままでは道化もいい所)

>>223
ズノー陣はアンチが生まれようと一向に構わない類の奴なので、アンチが生まれようと元山アンチの中核にいます。
カポネが気付くかは安価次第となります(地味に重要)(隠しが応用されたので、安価結果次第では話が動きます)
ドーパントに適任者がいない事もないですが、使うかは自由としておきます。

>>224
清々しいほどの悪名ですね(アーニャを人質にしてSRプロ人員を殺せと要求していた、というのも入ります)
元山に翻弄される魔神峠の明日がどうなるかは今後の経過次第です。
神崎士郎に関しては、蘭子にオーディンが倒された事で精神崩壊⇒崩れ去るMWと運命を共にしました。
226 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/16(木) 23:52:13.58 ID:Xy5FbUVwO
---森の中の開けた場所---

ギャング男「・・・ここでいいか。」

元山「随分と歩いたけど、話ってなんなんだ?俺に大切な事なのか。」

ギャング男「ああ、非常に大切なことだ。」

ギャング男「元山、お前とは北海道で別行動を取ったことがあったな・・・。」

ギャング男「その時、お前が会いに行っていたのは彼女なのか?」

元山「ああ。俺は彼女、江上椿さんに一度勧誘を断られ、その後伊吹に出会った。」

元山「つまりはSRプロに居た昔の俺を形作ってくれたのが・・・彼女との出会いだ。」

ギャング男「その言い分だと、伊吹ちゃんはお前に取っちゃどうでもいいって風にも聞こえる。」

元山「そんな積りは・・・。いや、どう言おうが事実は変わらない。」

元山「今更、俺も自分を否定した少女の事を、未練がましく思うのは止めにしたいんだ。」

ギャング男「否定した・・・?」ピキッ

元山「ああ、そうだ。だから、まずは俺の今までの経過を話させてくれ。」

元山「それを話せば、俺の取った行動の意味も少しはお前に伝えられる。」

ギャング男「その前に、元山、今日は何月何日だ?」

元山「11月17日だろ?それがどうかしたのか?」

ギャング男(やはり、元山・・・お前は今日が11月17日だという事の意味を理解していないな・・・。)

ギャング男(・・・ここは冷静に話すと決めている。しかし、奴が悉く私の勘に障る答えだけしか返さなかった場合は・・・覚悟して貰う。)

【安価】元山が、11月17日が何の日か覚えているか否か ↓1
1.覚えている(01〜25)
2.言われて完全に何の日か思い出す(26〜50)
3.何かの日だったと思い出す(51〜75)
4.何も思い出さない(76〜00)
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:54:51.96 ID:/O2Eb/Kt0
返答によってはマジで覚悟しろ
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:57:14.40 ID:/A+LHR1Uo
こりゃ覚悟が必要だな
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:57:34.96 ID:XEDAIiRQO
11月17日を調べた…
これはギルティですわ
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:59:06.88 ID:/O2Eb/Kt0
11月17日は彼女にとって特別な日なんだよ…!(伊吹担当P
231 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 00:19:47.06 ID:yuKpGZMrO
カポネの怒りの沸点:96/200
(全4回:選択肢1で等倍減少、2は0.5倍減少、3は0.75倍上昇、4で等倍上昇)

元山「ただの普通の金曜日だろ?それが大事な事なのか??」ポカン

ギャング男「元山、貴様・・・っ!?」(目を見開く)

元山「そんな事よりも、俺の経てきた事を早く話させてくれ。」

ギャング男「そんな事、だと・・・!?」ピキッ!!

元山「何かお前、変だぞ・・・カポネ?」

ギャング男「・・・。取り敢えず、お前の話を聞こう。・・・全てはそれからだ。」ギリッ・・・!!(拳を固く握りしめる)

元山「ああ、ならば・・・俺がクライシスに拉致された時からの話をしようか。」

---

ギャング男「・・・すると、お前はそれからずっとガイナガモスとして生きていたのか?」

元山「ああ。何度も命を断とうと考えたよ・・・。でもさ、俺は伊吹のPとして・・・。」

元山「あんな事を彼女に言われていたとしても、彼女を見守ろうと思っていた。」

ギャング男「・・・あんな事?」

元山「伊吹は言わなかったんだな。なら、俺がクライシスに拉致される前に彼女になんと言われたかを言うよ。」

元山「あの前の日・・・伊吹は、俺に向かって、こう言ったんだよ。」

元山「俺と好きで一緒にいる訳じゃないって・・・、こんなに苦しんでいる俺に対して、愛想を尽かしたって・・・。」ワナワナ

ギャング男「・・・それは本気で言っているのか?」

【安価】元山の返答 ↓1(*ズノー陣の悪夢の厄介な点はリアリティも刷り込む為、自然と整合性が合う様に記憶が改竄される点)
1.本気だよ、それだからなんだったんだよ・・・!伊吹は俺を捨てたんだよぉ!!(01〜25)
2.昔の俺は、その事でずっと泣いていたよ。(26〜50)
3.もうその件について話すのは止そう。もう過去の事だしな(51〜75)
4.でも、俺にはもう椿がいる。伊吹とは違い、俺に寄り添ってくれる彼女が、ね(76〜00)
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:22:31.03 ID:RUiF0qMu0
233 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 00:44:12.43 ID:yuKpGZMrO
カポネの怒りの沸点:93/200
(全4回:選択肢1で等倍減少、2は0.5倍減少、3は0.75倍上昇、4で等倍上昇)

元山「本気だよ・・・、それだからなんだっていうんだよ・・・!」

元山「あの日、伊吹は俺を捨てたんだよぉ・・・!!」

元山「信頼していたのに、俺を代替可能なパーツぐらいにしか彼女は意識していなかった。」

元山「だから、彼女は別のもっと頼れるプロデューサーと一緒に進むといって・・・。」

元山「俺がガイナガモスとして孤独と戦う中、彼女が選んだのは、俺をあんな姿に変えたクライシス所属のゲドリアンだった。」

元山「その事で、俺の心は砕け散った・・・心身共にズタボロだったのさ・・・。」

ギャング男「・・・馬鹿な、伊吹ちゃんに限ってそんな酷い事を言う訳がない!!」

元山「断言できるのかよ?・・・確かに伊吹は皆に優しいさ。」

元山「でもな、人の悪意に触れ続けてきた俺はもう、一度酷く裏切られた人間をそう易々と信じられなくなっているんだ。」

ギャング男「・・・では、それが契機になって・・・?」

元山「ああ。あの時、俺は伊吹を見守る為に大文化祭に顔を出していた。あわよくば彼女と会えればそれでいい、という考えでね。」

元山「まだ、伊吹ならあの言葉を撤回してくれるんじゃないかって・・・そう馬鹿みたいに信じて、さ。」

元山「でも、そこで俺は、もう一つの運命的な再会を果たした。」

ギャング男「・・・江上椿さんか。」

元山「彼女はハロウィンの時に軽く再会しただけだった。でも、それだけでも・・・彼女は俺に会いに魔神峠のクラブハウスにまで来てくれた。」

元山「そして、彼女は俺がガイナガモスの姿でも、俺に寄り添ってくれると言ってくれたんだ。」

元山「伊吹に拒絶され、クライシスにつけ狙われ・・・心の安寧の無かった俺が・・・。」

元山「その言葉にどれだけ救われたか・・・。言うまでもないだろう?」

元山「その時、俺は改めて、彼女に惹かれだしている自分を感じたんだ。」

カポネ「それはどのぐらいの本気度だったのだ?」

【安価】元山⇒椿への最初の好感度(%)↓1
1.伊吹への裏切りを後ろめたく感じている数値(01〜25)
2.自分を認めてくれる対象に対し、仄かな好意を感じている数値(26〜50)
3.北海道の頃から想っていた彼女に対し、向けていた本気の想いが再燃(51〜75)
4.伊吹を忘れ、彼女に依存していたという(76〜00)
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:47:51.99 ID:0tjERaRKO
うーん?
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:51:39.12 ID:RUiF0qMu0
ゾロ目だがどうなる
236 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 01:07:26.67 ID:yuKpGZMrO
カポネの怒りの沸点:192/200【ゾロ目(99)発動:安価範囲が大幅変動】
(全4回:選択肢1で等倍減少、2は0.5倍減少、3は0.75倍上昇、4で等倍上昇)

元山「99%って所かな。俺はその時にはもう、伊吹の事を完全に忘れていたよ。」

ギャング男「・・・正気か、貴様!?」

元山「だって、俺を切り捨てた子だぞ・・・俺が消えた所で伊吹は悲しまない。」

元山「それに北海道遠征の頃から憧れていて・・・一度は俺の事を拒絶した人がさ・・・。」

元山「物凄い悲しみとやるせなさに包まれた俺の側に、夢みたいに寄り添ってくれて、俺を想ってくれるんだよ・・・。」

元山「ならさ、俺の取るべき行動は決まっているだろ?」

元山「あの時の想いをまた彼女に向けるしかないじゃないかよ・・・。」

ギャング男「・・・。」

元山「その後、俺はクライシスのズノー陣やガイナギンガムに襲撃され・・・。」

元山「視界を奪われ、闇に落とされた。・・・それで、X Productionで椿さんの厄介になっていた。」

元山「その頃かな?俺は一応、伊吹に別れのメールを送ったんだ。俺なりのケジメさ。」

ギャング男(・・・なんという事を・・・それが彼女をどれだけ苦しめたと・・・!!)

元山「そこで俺は色々な人の助けを借り、ガイナガモスの呪縛を乗り越えたさ。」

元山「でもさ、俺は俺を追い込んだ組織への恨みから・・・SRプロに対するテロリストの様な物に手を貸す事になった。」

元山「だけど結局は、俺はその組織からも切り捨てられ、消されそうになり・・・絶望に狂う化物と化した。」

元山「それで伊吹に全てを問い質しに向かったのが、今回の一件の顛末さ。」

ギャング男「・・・既に、想っていなかった相手に今更何を聞くつもりだった?」

元山「そうだな、あの時の俺は・・・。」

【安価】↓1(ゾロ目補正込み)
1.どうして、自分を裏切ったのかを聞く積りだった(01〜10)
2.彼女に別れを告げにいく積りだった(11〜20)
3.愛憎混じった狂気に走り、彼女の目の前で彼女のPを殺す気でいた(21〜60)
4.永遠に彼女の中で生きる為に、彼女の目の前で名乗ってから自害する積りだった(61〜00)
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 01:09:56.26 ID:RUiF0qMu0
X
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 01:10:43.50 ID:3hR3GYyDO
うーむ…
239 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 01:40:41.68 ID:yuKpGZMrO
カポネの怒りの沸点:212/200(激昂)

元山「俺を捨てた彼女に対する意趣返しの為に、彼女の前で彼女のプロデューサーを消す気で動いていた。」

ギャング男「・・・なんだと・・・!?」

元山「あの時の俺は愛憎が入り混じり、壊れていた。だから、俺を捨てた彼女が憎かったんだ。」

元山「まあ、それさえ終われば・・・俺は彼女の前で殺される気でいた。」

元山「だけど、結果的に俺は説得され・・・伊吹と会わずに真実の愛に出会えた。・・・その事には感謝してもしきれない。」

元山「だから、俺は・・・!」

ギャング男「・・・ふざけるな、ふざけるなよ!!」バンッ!!(勢いよく元山を殴り飛ばす)

元山「えっ・・・何をするんだよ、カポネ・・・!?」

ギャング男「・・・この腐った、軟弱者が。伊吹ちゃんの現在のプロデューサーはこの私だ。」

ギャング男「お前が今、言った事はな。・・・お前は俺を殺す覚悟でいたという事だ・・・!!」

元山「えっ!?・・・俺は、そんな事は知らなかった・・・!!」

ギャング男「・・・だが、誰かは殺す覚悟でいた訳か。やはりお前はただの殺人者だ!」

ギャング男「お前の事を想い、お前がいなくなってから笑顔を失った少女を全く想っていなかっただと・・・!!」

ギャング男「ふざけるのも大概にしろ、この外道め!!」ドガッ!!(元山を再び殴りつける)

ギャング男「伊吹ちゃんはな、ずっとお前の肩を持っていたんだよ・・・!」

ギャング男「・・・「惣帥が自分の満足のいく「大きな男」になって戻ってくるまで・・・私も頑張らないといけないから」。」

ギャング男「・・そういつも切なげにいって、無理して笑っていた。」

ギャング男「あれだけ好きだった趣味にも時間を取らず・・・夜はずっと自分のスマホの画面でお前と写った思い出の画像を見つめる毎日さ。」

ギャング男「・・・お前を簡単に切り捨てられる子なら、そんな風には壊れない!!」

元山「そんな・・・馬鹿な・・・。」
240 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 01:49:56.02 ID:yuKpGZMrO
ギャング男「・・・なのに、お前はそんな献身をドブに捨てる様に彼女を裏切ったんだよ!」

ギャング男「伊吹ちゃんがお前を貶す様な事を言っただと?言えると思うのか、彼女に!!」(元山の胸倉を掴み、揺さぶる)

ギャング男「・・・妄想と現実を混同している様なら・・・お前には、もう救いはない。」

ギャング男「だけど、俺はお前を信じたい!!、頼む、元山・・・伊吹ちゃんに向き合ってあげてくれ・・・っ。」(男泣き)

ギャング男「・・・たったそれだけで、彼女は救われるんだ・・・!」

ギャング男「・・・顔を見せるだけでもいい。声を聞かせてあげるだけでもいい!」

ギャング男「頼む・・・彼女を愛しているとだけ・・・一言、言ってあげてくれ。」

バッ!!(カポネが離した元山が力なく膝をつきながら、空を見上げる)

元山「・・・伊吹が・・・??・・・そんなのって・・・。」ガタガタ(放心状態)

元山「でも、カポネ・・・無理だよ、もう無理なんだ・・・伊吹が例え、そう思っていてくれても・・・。」

元山「もう、俺は伊吹を、愛せない・・・。愛せないんだよ・・・。」ポロポロッ

元山「・・・俺は心の底から、椿を選んだんだ・・・だから、伊吹の想いには応えられない・・・!!」

ギャング男「・・・馬鹿野郎っ・・・、彼女が待っているのはお前だけなんだ・・・!」

ギャング男「・・・考え直せよ、馬鹿野郎!!」

元山「それはできないんだ。これは一時の感情に任せた逃げじゃない。俺は、もう彼女しか愛せない。」

元山「・・・だから、ごめん。」

ギャング男「・・・謝るなぁ!くそっ、馬鹿野郎、馬鹿野郎ォォ!!」

ギャング男「・・・誰もが羨む、あんないい子との夢の様な日々・・・。」

ギャング男「それをお前は、こんな風に終わらせるのかよ・・・。」

元山「ごめん。」

ギャング男「・・・覚悟は決まっちまった訳か。・・・ならよ、逃げるんじゃねえ。」

元山「・・・!?」ビクッ!!

ギャング男「選ばないにせよ、あの子への仁義は通せよ!!男だろうがぁ!!」

元山「・・・。」(殴られた頬を抑えながら、何粒も涙が静かに地面に落ちていく)

【安価】11月17日の事を想い出すか否か ↓1
1.思いだす(奇数)
2.思い出さない(偶数)
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 01:50:58.58 ID:0tjERaRKO
242 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 02:14:01.96 ID:yuKpGZMrO
【BGM:One World(カブトGSL)】

元山「・・・カポネ、伊吹の事をそこまで想ってくれて有難う。」

元山「だから、カポネの想いも甘んじて受け取る。俺はそれだけ最低な事をしている。」

元山「でも、俺の頭の中で反芻する伊吹の言葉も本物なんだ・・・。」

元山「それだけは、信じてくれ・・・。」

ギャング男「・・・お前のその涙。決して嘘を言っているって面じゃねえ。」

ギャング男「お前の答えを俺は絶対に認めないし、お前と江上椿の門出を俺は祝福しない。」

ギャング男「だけど、お前が伊吹ちゃんとちゃんと向き合い・・・彼女と再び歩みだす・・・。」

ギャング男「そんな日が来ると・・・俺は祈っている。」

ギャング男「じゃあな、元山。・・・俺は先に戻っているからよ。」

ギャング男「・・・それと気が向いたら、連絡だけでもしてやってくれ。」

シュッ!!(元山に携帯を投げる)

ギャング男「・・・押せば、伊吹ちゃんに繋がる。自動ロックは40秒で掛かる。」

ギャング男「・・・それまでに決めるといい。・・・殴って済まなかったな。」

ザッ!!(そのままカポネが去っていく)

---

元山「伊吹へ連絡・・・!?」ドクン、ドクン(鼓動の音が早鐘を鳴らしている)

元山「手の震えが収まらない・・・くそっ、くそぉっ・・・。」

【安価】↓1 本短編ラスト元山安価:電話是非
1.電話する(01〜40)
2.電話しない(41〜00)

【安価】ルパンからミッチへのアドバイス ↓2
1.好きな子の私物を奪う良さを説く(01〜25)
2.いっそ、開き直って変態になればいいと説く(26〜50)
3.自由安価(51〜00)
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:15:10.89 ID:RUiF0qMu0
これ激昂してくれて良かったよね
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:15:45.94 ID:0tjERaRKO
245 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 02:17:21.54 ID:yuKpGZMrO
【自由安価】↓1 ルパンからミッチへのアドバイス
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:25:41.33 ID:OG/H8IqAO
大事な子を護りたいのならその子の近くにいてその子の為に戦える準備をしておくべきだ
ただし闇の力は使うなよ 暴走してその子や大切な物を傷つけるかもしれん
247 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 02:49:53.39 ID:yuKpGZMrO
【ゾロ目(33)発動・・・ミッチ、知能指数低下(野生児に)】

---川の付近---

ルパン「なんだ、その匂い・・・漏らしたのか!?」

光実「うわぁぁぁぁぁぁ!!」(発狂しかかっている)

ルパン「私はその辺りの趣味はなくてね・・・まあ、蝿連中にでも話を通しておこうか?」

ルパン(ここでワンポイントアドバイスをするとしようか!)

光実「あああああああああああああああああああああああっ!」

ルパン「冗談はさておき、壊れかかっているな。」

ルパン「暴れられても面倒だ。」

【Gravity Now】

光実「!?」

ルパン「聞け、少年。例え漏らしたからと言って、この世の終わりではあるまい。」

ルパン「着替えてから・・・多少、クリーニング屋に笑われるぐらいで済む話だ。」

ルパン「それで精神崩壊していては、君の護りたかった少女も守れぬ結果になるぞ?」

光実「舞ちゃん・・・。」

ルパン「一時の間違えでプライドが壊れるなら、私の場合プライドは木っ端微塵だ。」

ルパン「間違えた時ほどふてぶてしく笑え。その方が次への糧となる。」

ルパン「・・・君には大事な子はいる様だな。」

ルパン「なら、漏らした事を考えるよりも、大事な子を守りたいのなら・・・その子の近くにいて、その子の為に戦う準備をしておくべきだ。」

ルパン「ただし、先ほどから使おうとしている「闇の力」は使うなよ?」

ルパン「暴走してその子や大切な物を傷つけるかもしれないからな。」

光実「なら、僕は・・・舞ちゃんを陰から見守ればいいと・・・?」

ルパン「まあ、ストーキングでもなんでもいい。とにかく彼女を守ってやれ。」

ルパン(壊れかけだし、これぐらい過激でもいいだろう。)

光実「ハハッ、ケケケケケーッ!!」(ショックと指針を得た事でパンツ一丁になり、森の中へと消えていく)

ルパン「これで良し。」

頼子「ルパンさーん!どこにいるんですかー?」

ルパン「頼子か。やはり、包み隠さずに言おう。」

【安価】ルパンの処遇(一応、説教とセット)↓1(肉補正と正直な報告で緩和)
1. 頼子からの罰@:買い物に付き合う事(01〜25)
2.頼子からの罰A:夕食を奢る事(26〜50)
3.頼子からの罰B:2日間口を利かない(51〜75)
4.肉焼きと正直さに免じて、罰を落さない(76〜00)
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:51:38.17 ID:3hR3GYyDO
ミッチ…
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:52:13.00 ID:RUiF0qMu0
これが天然のアマゾンさんですか
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:56:01.89 ID:OG/H8IqAO
罰も軽くて良かったな ルパン
自由安価はこれで良かったのかな
251 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 03:11:24.97 ID:yuKpGZMrO
カクカクシカジカ(ルパンが謝るジェスチャーも取り入れつつ、頼子に経過を説明)

頼子「またやってしまったんですね・・・。」

頼子「もう、仕方のない人ですね。」(優しげな表情)

ルパン「あれ、今回は折檻しないの?」

頼子「今日はルパンさんに良い肉も焼いて貰いましたし・・・。」

頼子「いつもとは違い、ルパンさんから正直に言って貰えましたので。」

頼子「誰かに言われた場合は、ルパンさんがより酷い目に遭わない様に私が動かないといけませんから・・・。」

頼子「結構いつも恥ずかしいんですよ?」

ルパン「確かに頼子が来てから、ドクロ少佐に尋問される事とかはなくなったな。」

頼子「あの見かけは怖い常識人の方ですよね?何をしたんですか?」

ルパン「言ったら、軽蔑されるが・・・厳重な警戒網を抜け、女湯に潜入してね。」

頼子「・・・///」カァァァ

頼子「昔から変態さんだったんですね・・・なんかもう、清々しいぐらいです。」

ルパン「軽蔑はしないのか?」

頼子「ルパンさんはそういう行動に走っても、私物以外は狙わない紳士ですからね。」

頼子「それに、それと同じぐらいのいい所がルパンさんにはありますから。」

頼子「だから、今度・・・買い物に付き合って下さい。それで、今回の件は良いです。」

頼子「ただし、盗んだ物はちゃんと戻す様に。それなら、良いですよ?」

ルパン(これは事実上のキャッチ&リリースが解放された形か?)

ルパン(ヒャッホウ!!)

ルパン「それで、何が欲しいのだ?」

頼子「ふふっ、秘密です♪」

ルパン「勿体ぶらずに教えてくれてもいいではないか。」

頼子「なら、ルパンさんの北海道の件を教えてくれたらいいですよ♪」

ルパン「うぐっ・・・。」

---
252 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 03:18:57.97 ID:yuKpGZMrO
元山「やあ、戻ったよ・・・椿。」

椿「惣帥君・・・!?どうしたんですか!、その顔?」

元山「森の中から現れた野生児に殴られてね、はははっ。」

元山(苦しい嘘だったか?)

ウヴァ「それってなんか匂うパンツ一丁の変態だろ?俺も見たぜ。」

元山(えっ、いるの?)

椿「そんな野蛮人もいるんですね。信じられませんね。」プンプン

椿「さっ、早く氷を!!」

元山(今の俺は色々事から目を背けているだけかもしれない。)

元山(でも、例えそうだとしても・・・。俺は今のこの幸せを大事にしたい。)

元山(本当に何かを失い、苦しむその日まで・・・俺はこの世界に浸っていたい。)

元山(・・・今は、ただそうしていたい。)

元山(俺に進みだせる勇気が持てるまでは、ね・・・。)

---

---チーム魔神峠、クラブハウス---

伊吹「皆、有難う・・・。」(顔が嬉しそうではありながら、憔悴している)

伊吹(惣帥・・・今年は、惣帥はいてくれないんだね・・・。)ジワッ

裕美「伊吹ちゃん、お誕生日おめでとう!」パァンッ!!(クラッカーを開ける)

千奈美「ええ、おめでとう!」パァンッ!!(クラッカーを開ける)

唯「はっぴーばーすでー♪」パァンッ!!(クラッカーを開ける)

李衣菜「ウッヒョー、なんかこれ、ロックだね!!」パァンッ!!(クラッカーを開ける)

シュバリアン「さっ、ケーキを切り分けるぞ!」

ウニデーモン(元山が戻った、という話を聞いたが・・・なぜ、顔を出さねえ。)

ウニデーモン(奴と俺らは仲間じゃねえのかよ・・・!!)

カザリ(・・・。)

織田「次のライブに向けて頑張りましょう。」

ショッカー科学者「ええ!」

---Episode 170.7:Happily Ever After…--- fin
253 : ◆jf/Iecmsv6 [saga]:2017/11/17(金) 03:27:59.08 ID:yuKpGZMrO
今日はここまで
元山は椿エンドで確定していますが、伊吹のプロデューサーに戻る流れがあるので対話が大きな問題になります。
カポネが激昂したので、50以下の自由安価で伝えた内容は伊吹に伝わります(言い換えれば、元山が椿を選んだ話をカポネが伊吹へ)
それがどんな地獄へと繋がるかは、今後の短編で拾います(一番多い上限200をカンストするとは、>>1も想定外)(メリットもデメリットも多い√へ)
さて、漸く通常運行へ戻ります。どこへ行くかは自由ですが346ではとある大きな問題が浮上しています(いつ行くかは自由)

研修可能プロ一覧 ↓1
1.346プロ
1.5 ???
2.YSZ Corporation
2.5 ???
3.BOARD Production
4.X Production
5.京都・奈良(勧誘)
6.北海道(勧誘)
7.九州(勧誘)
8.四国(勧誘)
9.貴虎の救出の為のMW戦の準備に入る(プロダクションは後で決定)
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 03:35:41.99 ID:RUiF0qMu0
9
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 03:36:13.38 ID:3hR3GYyDO
9
346も気になるけど今のうちに片付けた方がいいと思う
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 04:07:05.22 ID:RUiF0qMu0
乙です
高原を京都遠征に派遣した伊吹Pとしてぶっちゃけ元山に関してはタイラントから解放以降はどんな死に方しても鼻で笑うレベル
その奴の思考は思ったよりサイコじみてたんね(現Pを目の前で始末の下り)
カポネさんはいい仕事してくれた 確かにせめてちゃんとけじめはつけろよな この状態で祝うのも悲しいが伊吹誕生日おめでとう せめて決着の時はスッキリとした和解と決別になる事を祈ってるよ

最後の描写でカザリが無言なのは色々な事をすでに聴いているのかな?あとエイキングがいないのも気になる

そしてミッチはこれで安心なのか…?
とりあえず思考を舞ちゃんへの守護へ固定 ヨモツヘグリも抑制してくれたのは中々
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/17(金) 07:29:53.38 ID:F5pAfBP/o
元山はなー、今までいろいろやってきたからこその設定だろうけど、コンマの仕組み上減少平均15.36に対して上昇平均64.92だから諦めるしかないね
メリットが無いわけでもないのが救いかな
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 09:27:29.86 ID:SQ+ka6hXo
乙です
伊吹誕生日にトンデモ発言を連発する元山ェ…
せめて早いうちに仲直りしてくれることを願うしかない

プロダクションは何処がいいだろう
346とYSZは論外としてもBOARDとXプロも難易度高そうなアイドルしか残ってないからな

ミッチの野生児化といえば本家アマゾンはまだ海外を彷徨ってるんだろうか
190.22 KB Speed:43.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)