このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【キン肉マン】安価とコンマで超人レスリング

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:34:06.96 ID:aMoRhg9To
巷で人気のキン肉マンブームに乗っかって安価で作った超人をコンマで戦わせます

重視するのはライブ感です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510580046
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 22:45:16.46 ID:aMoRhg9To
第1話 新超人誕生!

昔、正義と悪という概念が生まれるその前から彼らは存在していた!

彼らは人々から超人と呼ばれ、時に神とあがめられ、時に悪魔と恐れられ、確かに存在していた!

彼らは常に戦う運命に置かれ、その命の価値を戦いの中で見出し続けていた

超人がこの世界に生まれてから早数億年――

新たな超人が生まれようとしていた!

この世界に生まれた新たな超人とは

↓1

テンプレ
【超人名】
【こいつはこんなヤツだ!】
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 22:56:57.66 ID:EydMnUgh0
【超人名】 フロストマン
【こいつはこんなヤツだ!】 人々を護ることを信条とする、優しくて努力家。少し天然
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 23:05:05.31 ID:aMoRhg9To
――北海道

それは冷え込む秋の夜のことであった

「おぎゃあ! おぎゃあ!」

おばあさん「なんてこと! こんなところに赤ちゃんが置き去りに!」

おじいさん「なんとかわいそうに」

道端で箱に入れられ、泣いていた赤ん坊

赤ん坊は偶然そこを通りがかった霜田老夫妻によって拾われ、育てられた
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 23:19:38.55 ID:aMoRhg9To
子どもがいなかった老夫妻は彼を「フロスト」と名付け、本当の子供のように愛した

彼も老夫妻に答えるように優しい性格に育っていった

しかし!

彼は普通の子供――いや、人間ではなかった!

それは、霜田老人がフロストを海へと連れて行った時のこと


フロスト「わーいわーい!」

おじいさん「フロストや、あまり遠くへ行ってはダメじゃよ」

フロスト「うん!」

おじいさん「ワシはここでのんびり釣りでもするかの」チャポ…


霜田老人は魚を待ちながら、そこで眠ってしまった

数十分後――

ばしゃあーーーーん

フロスト「うわーーーーッ!」

おじいさん「フロスト!」

老人は大きな水しぶきの音とフロストの悲鳴によって目を覚ます
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 23:32:33.09 ID:aMoRhg9To
フロストは言いつけを守らず、遠くまで遊びに行き海へ落ちてしまったのだ!

霜田老人は最悪の事態を予想した

おじいさん「フロストや〜〜〜〜っ!」

だが、そこにいたのは!

フロスト「うわあ〜〜〜〜ん!」

凍る海!

凍る波の波紋の中央で泣いているフロスト少年!

彼は海に落ちたその瞬間、それを全て凍らせていた!

老人は確信した

彼は――フロストは超人っ!

フロスト「おじいちゃ〜〜〜〜んっ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 23:41:51.87 ID:aMoRhg9To
フロストはその後も度々何かを凍らせてしまうことがあった

老夫妻はその度、彼にこう言った

「フロストや。お前は普通の人間とは違う」

「その力で人を傷つけてしまうことがあってはいけない」

「いいかい、優しいお前なら分かるはずだ。その力は大事な誰かを守る時の為に使いなさい」

「その時が来るまで、この力はあまり使ってはいけないよ」

フロストは理解した

愛するものを守るために自分のこの力が存在しているのだと――
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/13(月) 23:58:36.20 ID:aMoRhg9To
フロストはこの力を誰かのために使う術を探していた

そして中学生になった彼はある結論に達した

フロスト「おじいさん、おばあさん。ぼくは超人レスラーになります」

おじいさん「なんだって!」

おばあさん「まさか!」

超人レスリングとは超人同士の戦いの総称
フロストはまさに今それに自らの命を懸けていこうというのだ

おばあさん「フロスト! でもそれは」

霜田老婦人の言わんとしていることをフロストは理解していた

超人レスリングは超人の誇りをかけた戦い
それ故、その決着はいずれかの死によって終わる場合もあると言うことだ

手塩にかけて育てて来た一人息子をむざむざ死地へと向かわせる親がいるわけがないのだ
止めようとするのは道理

しかしフロストは首を振る

彼の決意は固かった

フロスト「おばあさん、僕はテレビで見たんだ」

フロスト「あのキン肉マンを――」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 00:03:57.15 ID:m24ED3+0o
フロスト「世界が窮地に陥った時、必ず彼は超人の誇りにかけてそれを守って来た」

フロスト「ぼくもそれがしたい!」

フロスト「正義の超人として皆を守るために戦いたいんだ!」

おじいさん「フロスト――」

おばあさん「分かったわ、フロスト。貴方の進みたい道へ進むと良い」

おじいさん「じゃがな、フロスト。忘れないでおくれ。ワシらは常にお前のことを心配し、見守っておることを」

フロスト「おじいさん、おばあさん――」

この日より、彼は超人レスラーとなる為、自主的な特訓を重ねた
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 00:14:56.23 ID:m24ED3+0o
更に中学生となったフロストは進路を決める際、あることを知る

フロスト「高校生超人レスリング!?」

担任「そうだ。国内にいる超人青少年達は、数は少ないながらそれに出場し、注目を集めている」

フロスト「知らなかった……!」

担任「君がなりたいという超人レスラーもこんな風に華々しくデビューを飾っているかもしれない」

担任「それに事務所に目を付けてもらえれば、プロに転向して親孝行ができるかもしれないぞ」

フロスト「そ、そうか!」

フロスト「先生! ぼくはその高校生超人レスリングをやってみたい!」

担任「そうか。道内に高校生超人レスリング部がある高校を探してみよう」

そして――
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 00:46:01.63 ID:m24ED3+0o
――道立成吉思館学園

フロスト「ここがジンギス館学園かあ。超人レスリング部はどこだろう」



シーン

フロスト「部室まで来たけど、静かだな。それに何だか埃っぽいぞ」

?「むッ、君は」

フロスト「あのう、ぼく新入生のフロストです。超人レスリング部の部室はここでいいんですよね」

?「あ、ああ。だが――」

フロスト「だが?」

?「数年前から新しい部員は入っていないんだ。だからほぼ廃部と言ってもいいくらいだね」

フロスト「え、えェ〜〜〜〜っ!?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 01:00:30.66 ID:m24ED3+0o
?「私はこの高校の超人レスリング部顧問『瀬昆田(セコンダ)』だ」

瀬昆田「君はこの高校の超人レスリング部を何と聞いて入学して来た」

フロスト「ええと、4年前全国大会で優勝した高校だと――」

瀬昆田「ああそうだ。しかしな、それは過去の栄光だ」

瀬昆田「4年前!」

瀬昆田「我が校では超人高校生が全国大会へ進み優勝旗を得た」

瀬昆田「しかし、戦いの犠牲は多かった。部員5人のうち4人は死んだ。優勝した1人も心に傷を負い、プロのスカウトを断り、卒業後の消息は分からない」

瀬昆田「呪われた部だと周りから言われている」

フロスト「そうなんですか……」

瀬昆田「諦めたまえ、超人レスリングには死はつきもの。君も命が惜しければ、な」

フロスト「……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 01:17:42.82 ID:m24ED3+0o
フロスト「諦めませんよ、ぼくは」

瀬昆田「なにっ!?」

フロスト「それに、ぼくは死にません」

瀬昆田「どこからその自信が!」

フロスト「それは……」

フロスト「分かりません」

フロスト「なんとなくです!」

瀬昆田「」ズコ

フロスト「でもやりたいんです。やらせてください! 超人レスリングを!」

フロスト「ぼくはこの力を大事なものを守るために使いたいんだ!」

ピシピシッ

瀬昆田「壁が凍って――これが君の力か!」

フロスト「……」

瀬昆田「確かにこの力は超人のもの。分かった、君を部に入れよう。だがやると言った以上、抜け出すことは許されないぞ」

フロスト「……はい!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 02:11:26.21 ID:m24ED3+0o


フロスト「はぁッ!」

瀬昆田「……基本はできているようだな」

瀬昆田「……」

瀬昆田「フロスト、自分の力を試してみたくはないか?」

フロスト「はい!」

瀬昆田「来月、他校に練習試合を申し込む。私はふつうの人間だ。練習相手にはならない」

瀬昆田「超人は超人同士で戦うのがいいだろう」

フロスト「ぼく以外の超人を見るのは初めてだ。頑張ります!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 02:26:08.80 ID:m24ED3+0o
――邪紅舎院高校

顧問「分かりました。では来月」

ガチャリ

顧問「おい! 邪紅舎院超人レスリング部員集まれ!」

顧問「来月、ジンギス館との練習試合が申し込まれた。部員は1人だそうだ」

「1人ィ? くくく、かつての日本一も落ちぶれたものだ」

「数年ぶりの新入部員か。あの呪われた部に入るとはよほどの世間知らずとみた」

顧問「あちらによこすのは1人で構わないらしい」

「1年で構わんだろう。我ら2年生が出る必要もない」

「3年生は受験勉強で忙しいからなヌワハハ」

「では、来月練習試合に行かせる一年生を決めるとしよう」

「再来月の大会に出られぬ程、打ちのめしてやるといい」


次回! フロスト、初の超人レスリング試合!
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 02:27:10.44 ID:m24ED3+0o
おやすみ

↓1 次回でる超人
テンプレ
【超人名】
【こいつはこんなヤツだ!】
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 02:42:30.95 ID:CORa8iF70
キング・バンバー
馬の頭をした怪力超人、引っ張る力だけなら既に一線級超人に迫る
超高速タックルからの技が多彩
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 20:31:45.46 ID:m24ED3+0o
第二話 地獄の練習試合! 馬の面したツヨいヤツ!


一か月、フロストは瀬昆田の作った練習メニューをこなし続けた

瀬昆田「フロスト、なかなかお前は筋が良い! いや、努力に結果が伴っている」

フロスト「そ、そうですか? えへへ」

瀬昆田「努力に結果が伴う。この点については誇りに思って良い」

瀬昆田「何より努力というものは必ずしも結果が伴うものではない。お前の超人としての才能は、その点に長けていたのだ!」

フロスト「はい!」

フロスト「えへへ、でも褒められると嬉しいなーっ」ピキピキピキ

キーーーン

瀬昆田「」

フロスト「瀬昆田先生?」

瀬昆田「」カチコチ

フロスト「キャーッ! 凍ってるゥー!」

瀬昆田「感情が高ぶると周囲を凍らせてしまうのは玉にキズ、だな」カチコチ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:37:16.75 ID:MurZj9pNo
面白い。フロストは好感持てる感じでいい
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:40:53.16 ID:2bvROhc00
アナウンスの中野さんと吉貝アナも出るのかな?
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:46:19.01 ID:CORa8iF70
文の雰囲気が肉っぽいのがいい
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 20:47:44.56 ID:m24ED3+0o


そして練習試合当日

瀬昆田「そろそろ、邪紅舎院高校から生徒が一人来るはずだが」

フロスト「ところで先生、そのジャクシャイン高校ってどんな高校なんですか?」

瀬昆田「現在、道内二位の実力を持つ超人レスリング部を持つ高校だ。選手の数に関しては道内一番!」

瀬昆田「多彩な技を持つテクニカルファイターが多いことでも知られている」

フロスト「そうなのか……! 先生、ぼく、できるでしょうか」

瀬昆田「ああ、お前なら間違いなく戦える。20年もの間、超人レスリング部顧問として選手を見守って来た私が言うのだから間違いない」

瀬昆田「自分を信じて、戦ってみろ。なあに心配はいらないさ」ハハハ

フロスト「瀬昆田先生……!」


「たのモォ〜〜〜〜ッ!」


瀬昆田「なにッ!?」


ドカァーーーーッン


「バンバーッ!(挨拶)」


?「こちらがジンギス館学園超人レスリング部で間違いないな!」

瀬昆田「あ、ああ(ドアを蹴破って……)」

フロスト「フロストです、どうも……」

キング・バンバー「先に名乗られてしまったがまあ良い! 俺こそが! ジャクシャ院高校超人レスリング部から来た一年生キ〜〜ング・バンバーであ〜〜るっ!!」

キング・バンバー「よろしく」アクシュ

フロスト「あ、よろしくお願いします」アクシュ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:49:18.73 ID:SIylk7kM0
万太郎みたいに、ヘラクレス
ファクトリーで修行してるって
わけじゃないのか(@_@)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:53:18.24 ID:CORa8iF70
スグルが現役だしファクトリーなんて設定ない時代じゃ?
こっちの方がスポ根として好き
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:54:27.24 ID:h6/4icbqO
わかるわかる
肉はいまが最高に面白い
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:55:11.00 ID:2bvROhc00
>>24
この世界だとスグルが今までの戦いの記録を破棄しなかった世界かもしれないぞ
過去の映像でキン肉マンの戦いを見たとか。少なくても無印〜二世まで28年あるからね
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:00:35.51 ID:CORa8iF70
まーそのうちわかるでしょ
委員長と大王のエキシビジョンマッチの有無でw
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 21:04:34.94 ID:m24ED3+0o
キング・バンバー「今日は練習試合ということで来たのだが……」

フロスト「……」ゴクリ

キング・バンバー「お前、超人ではあるが、超人を見たのは初めて、と言ったところだな!」

フロスト「は、はい。テレビでは見たことがあるけれど」

キング・バンバー「ンなるほど」

キング・バンバー「では実践ももちろん」

フロスト「はい。これが初めて」

キング・バンバー「ほう……」

キング・バンバー「まあ良い! 誰もが最初は初心者! 俺も初めて超人相手に戦った時、お前のような顔をしていたよ」

フロスト「ぼくの……顔」

瀬昆田(フロストの顔。確かに緊張が表に出ている)

瀬昆田(練習試合とは言え、その不安感が顔に出るのは致命的! いかんぞフロスト!)

キング・バンバー「肩の力を抜け! 高校生超人レスラーとして”命を懸けて”正々堂々戦おうではないか!」

フロスト「……!」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 21:10:25.98 ID:m24ED3+0o
フロスト「がんばります!」

キング・バンバー「ふふ……」

瀬昆田(”命を懸けて”だと! 聞き間違いではないだろうか。これは練習試合だぞ!)

瀬昆田(まさか! 邪紅舎院高校のやつ、フロストを本格的に潰しに!)

瀬昆田(いや……しかしあのキング・バンバーという男、あくまで正々堂々と言っている!)

瀬昆田(恐らくはダーティファイトを嫌う性格! あくまで超人の誇りをかけて常に戦いの世界に身を置きたいのだろう)

瀬昆田(ならば、口出しはするまい)

瀬昆田(それにフロストの奴もたった一か月でこれだけの結果を出してきた)

瀬昆田(……絶対にやれる!)

瀬昆田「よし行けるな、フロスト!」

フロスト「はい!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 21:16:44.69 ID:m24ED3+0o
キング・バンバー「時にフロストくんと言ったか」

フロスト「はい?」

キング・バンバー「お前のそれはリングネームなのか」

フロスト「いえ! 本名です! 霜田フロスト!」

キング・バンバー「ダメだダメだ! 超人レスラーたるものリングネームが無ければいけない!」

キング・バンバー「少し考える時間を与えてやる。その間に――」

フロストマン「じゃあフロストマンで!」

キング・バンバー「えっ!?」

フロストマン「あのキン肉マンさんやテリーマンさん正義の超人はみんな名前の下に”マン”ってついてるでしょう?」

フロストマン「だからフロストマン! かっこいいでしょう」フフン

キング・バンバー「お、お前がそれでいいと言うのならそれでいいだろう」

キング・バンバー「でははじめるぞ!」

カーン!
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 21:29:46.41 ID:m24ED3+0o
瀬昆田「レフェリーはジンギス館高校超人レスリング部顧問瀬昆田が行うっ!」

瀬昆田「ルールは超人レスリングと同じく無制限一本勝負とする」

瀬昆田「決着はKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過によって決められる」

瀬昆田「両者、超人の誇りをもって戦うこと! よろしいかッ!」

フロストマン「はい!」

キング・バンバー「応ッ!」

瀬昆田「よろしい! ではいくぞッ」

瀬昆田「レディ――」


瀬昆田「……ファイっ!」

【直下コンマ下一桁判定】
偶数:フロストマン先行
奇数:キング・バンバー先行
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:30:31.15 ID:CORa8iF70
とう
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 21:36:18.75 ID:m24ED3+0o
キング・バンバー先行!

キング・バンバー「緊張しているなフロストマン!」

フロストマン「ぐっ!」

キング・バンバー「ふはは、これでは試合にならんな」

キング・バンバー「まずは小手調べといくか……」

【コンマ95以下でキング・バンバーの第一の技が唸る!】
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:40:40.78 ID:z8Ub9UpQo
第一の技スタンピード・スピアー!
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:01:39.65 ID:m24ED3+0o
キング・バンバー「さっ!」

瀬昆田「距離を取った!」

キング・バンバー「ブルルルルル……!」

瀬昆田「さらにあれは……! はっ!」

瀬昆田「あれは……馬が威嚇する時にする前掻き!! 警告の合図だ! まずい!」

フロストマン「!」

キング・バンバー「ぬぅん!」

キング・バンバー「バンバーッ! 警告はしたぞフロストマン! 俺の自慢の脚力を避けて見ろとなーっ!」ビュウウーーン

ズブシュッ

瀬昆田「なんて早いタックルだ!」

フロストマン「がはッ!」

キング・バンバー「我が超人脚力は並の超人の倍以上! さらにその真価は地面を蹴るその一瞬に有り!」

キング・バンバー「俺の脚は地面を蹴るコンマ数秒爆発的に膨れ上がり、速さを生み出す!」

キング・バンバー「その速さたるやフォーミュラカーの最高速度に並ぶ! 時速350キロメートルを一瞬にして腹部に叩きこむタックル!」

キング・バンバー「第一の技スタンピード・スピアー!!」


フロストマン「うわああッ〜〜〜!」

フロストマン体力5/6
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:10:45.27 ID:z8Ub9UpQo
スタンピードっつったら家畜の暴走とかだからそれにスピアーをあわせたらプロレスとしては意味としてはいいね
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:11:19.21 ID:m24ED3+0o
キング・バンバー「それだけでは終わらせぬ!」

ガガガガガ!

バキッ!

フロストマン「ぐはッ!」

瀬昆田「フロストマン!」

キング・バンバー「スタンピード・スピアーをただのスピアータックルだと思ってもらっては困る」

キング・バンバー「スピードそのままに支柱にお前の身体を打ち付け、逃がしはしない!」

キング・バンバー「容易いものよ! さながらフロストマン! お前は支柱に刺さる釘! 俺はそれを打ち付けるハンマーと言ったところよ!」

フロストマン「う、動けない……!」

キング・バンバー「ふふふ、苦しかろう。これが高校生超人レスリングの洗礼だァ〜〜〜〜!」

瀬昆田「フロストマン!」

フロストマン「ま、まだまだ!」


フロストのターン!

↓2
1なんとかタックルを振りほどいて攻撃!
2負けじと技を出そう!
3鉄柱を使って攻撃!(残り4本)
4その他
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:12:00.02 ID:z8Ub9UpQo
いま、冷静になってみたら自分でかんがえた技じゃん
酒はこわいこれからROMる
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:13:51.42 ID:eYkAc/KmO
2
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:14:01.48 ID:CORa8iF70
3は論外
1
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:24:50.21 ID:m24ED3+0o
フロストマン「負けてたまるか……!」

キング・バンバー「無駄だ無駄だ。強く掴まれたその身体で何ができるという!」

フロストマン「ぐうう……ぼくにも、バンバーみたいな技があれば……!」

瀬昆田「ダメだフロストマン! お前は超人レスリングの基礎は完璧にマスターしているかもしれないが、その応用法はまだ未熟!」

瀬昆田(これは努力という枠の外! 経験の中で覚えていくものなのだ!)

フロストマン「う……うう……!」

キング・バンバー「なに! 技の一つも編み出していないというのか」

キング・バンバー「ふふふ、話にならんわ! その努力とやら、どうやら無駄なものだったらしいな」

フロストマン「そ、そんな……」

フロストマン「ぼ、ぼくにだって――」

瀬昆田「危険だフロストマン! まだお前は!」

フロストマン「ぐううううううッ!!」

【直下コンマ下二桁:46(基礎値66-スタンピード・スピアー20)以下でフロストマンが覚醒する!?】
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:25:58.58 ID:P8F0fzbp0
まっする!
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:27:15.22 ID:CORa8iF70
なんか変な流れになりそうだから先に確認するけどこれいちいち技とか書かないとダメなの?w

安価用に一応
霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)
触れたものを氷に包み込む
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:28:07.87 ID:CORa8iF70
安価踏んでたが判定だけだったよかった
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:30:15.39 ID:CORa8iF70
上に一人いたw踏んでない
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:31:28.98 ID:m24ED3+0o
>>43
あれば使おうかなーってくらい ノリで書きたい人はどうぞ
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:41:54.68 ID:m24ED3+0o
キング・バンバー「バンバーッ! そうはさせん!」

キング・バンバー「キング・バンバーの技はタックルに終わらず! そこからの技の多彩が見せ場よ!」

キング・バンバー「どァっ!」

ドスゥウッ

フロストマン「ぐふッ!」

キング・バンバー「身動きが取れないがら空きのボディへの一発は辛かろう」


フロストマン 体力4/6
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:51:26.18 ID:CORa8iF70
>>46
了解ー
時々出せるように頑張る
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 22:55:40.10 ID:m24ED3+0o
キング・バンバーのターン!

通常攻撃自動成功!

キング・バンバー「やれると言ったではないか!」

ガッ!

バキッ

ドガッ!

キング・バンバー「さっきの威勢はどこへ行った!」

フロストマン「ぐ、うう」

フロストマン(立っているのがやっとだ……意識が、薄れていく)

瀬昆田「フロストマン!」

フロストマン「ハッ!」

フロストマン「いけない……気を失うところだった」

キング・バンバー「練習であろうとなかろうと油断すればお前の命はいつでも消せる!」

キング・バンバー「我ら邪紅舎院高校は精鋭の集団。一年生の俺とて、死の入部試験を乗り越えてここまで来たのだ!」

キング・バンバー「簡単に挑めるものではなかったのだ! はじめからな!」

フロストマン「ぼくは……ぼくは……!」


フロストマン 体力3/6

フロストマンのターン!

↓2
1ここで負けてたまるか! 攻撃!
2技さえあれば!
3鉄柱を使って攻撃!(残り4本)
4ロープを使って反撃!(残り4対)
5その他
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:58:01.75 ID:h6/4icbqO
とびちーれーキン肉ふみ
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:58:39.38 ID:Z2CWJNXG0
1
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:04:13.02 ID:CORa8iF70
クラッチを切らないとどうにもならんねー
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 23:04:19.85 ID:m24ED3+0o
フロストマン「負けたく……ない!」

キング・バンバー「ほお、まだ立ち上がるか!」

フロストマン「ああ! ぼくはまだ戦える!」

キング・バンバー「……!」

フロストマン「うおおおおおおッ!」

【直下コンマ下二桁51(基本値66-被ダメージ下方修正15)で反撃の狼煙を上げる!】
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:05:54.95 ID:CORa8iF70
こい
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:08:39.32 ID:hl5sJ3dZO
次の主人公にたくそう(提案)
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 23:15:28.07 ID:m24ED3+0o
キング・バンバー「無駄だと言っているのが分からんかーーーーッ!」

フロストマン「うわああああッ!」


瀬昆田「フロストマン……! もういい! もうギブアップをするんだ!」

フロストマン「まだだ、まだ――」

瀬昆田「フロストマン! このままではお前は死んでしまう!」

フロストマン「まだ――」

キング・バンバー「コーチ殿の言う通りだ! 俺はこのままではお前を確実に殺してしまう!」

キング・バンバー「それだと言うに愚かにもお前は未だ俺の足にすがって戦えるとほざく! 何故だ!」

フロストマン「――ぼくはまだ……誰も守れていない!」

フロストマン「ここで――ギブアップなんかするもんか」

フロストマン「するもんかあああああーーーーッ!」


フロストマン 体力2/6
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 23:19:37.42 ID:m24ED3+0o
キング・バンバーのターン!

通常攻撃自動成功!


キング・バンバー「無駄だと言うに聞こえんかったかーーーーーッ!」

ドガドガドガドガドガッ!

フロストマン「ぐああーーッ!」

瀬昆田「フロストマン、お願いだ! 意識があるうちギブアップを!」

フロストマンをその提案に決して首を縦に振ることは無かった


フロストマン 体力1/6

フロストマンのターン!

↓2
1逆転の糸口を掴め! 攻撃!
2技さえあれば!
3鉄柱を使って攻撃!(残り4本)
4ロープを使って反撃!(残り4対)
5その他
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:20:44.39 ID:2JwwEjsTo
ボクシングだとセコンドがタオル投げるけどプロレスってそういうのある?

安価下
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:20:48.56 ID:CORa8iF70
踏み台kskst
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:23:50.78 ID:P8F0fzbp0
4
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:24:52.65 ID:wNXNmlnoO
1
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:28:36.23 ID:6Wlhb2Iy0
悪行超人への誘惑がついに
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:29:30.07 ID:2bvROhc00
よく見ろ、ロープだ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 23:35:10.24 ID:m24ED3+0o
フロストマン(キング・バンバーのタックル。そしてそこからの連続攻撃が強いんだ)

フロストマン(それに対抗するには――)

フロストマン(そうだ!)

フロストマン(ロープに振られて戻る時の反動! あれを利用して正面から挑めば、バンバーに対抗できるかもしれない!)

フロストマン(これしかない!)

フロストマン「行くぞッ!」

ガインッ

フロストマン「バンバー! スピード対決だ! ぼくにも考えがあるぞ!」

キング・バンバー「バンバーッ! 馬鹿め! 俺の瞬発力に挑もうとは!」

キング・バンバー「最期の一撃決めてやる! うおおーーッ!」

フロストマン「うおおおおーーーーッ!」

【直下コンマ下二桁46(基本値66-被ダメージ下方修正20)以下でスピード対決だ!】
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:36:13.66 ID:seKLy8xxO
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:45:04.31 ID:CORa8iF70
>>63
実は俺も残り個数が書いてあるからロープを反則攻撃翌用に切断して使うものだと思ってたw
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 23:59:10.20 ID:m24ED3+0o
――

フロストマン「!」

キング・バンバー「!」


フロストマン 体力0/6


KO!

●フロストマンVSキング・バンバー◯
(スピアータックル)


フロストマン「」ドサッ

キング・バンバー「どうやらこのスピード勝負やはり俺の勝ちのようだな!」

瀬昆田「フロスト!」

フロストマン「せん、せい……」

瀬昆田「……クソッ! キング・バンバー! [ピーーー]なら私をやれ!」

瀬昆田「フロスト……いや、フロストマンはまだ死ぬべきではない! [ピーーー]なら私を!」

キング・バンバー「……」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:02:41.38 ID:a6iwGZ9JO
メ欄にsaga入れよし
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/15(水) 00:10:35.94 ID:bslz/IWgo
キング・バンバー「ふふふ、殺すものか」

キング・バンバー「フロストマンは確かに弱かった。俺に傷一つ付けることすらできなかったからな」

キング・バンバー「しかし! その気迫!」

キング・バンバー「――敬意に値する。残虐を是とする我が邪紅舎院高校とは違った清らかな戦いであった」

キング・バンバー「何より奴は、その”命を懸けて”最後まで戦い抜いたのだ。文句のつけようもあるまい」

キング・バンバー「先輩方からは殺してもかまわない、そう言われていたが――」

瀬昆田「……!」ゴクリ

キング・バンバー「”今は”やめておく」

キング・バンバー「何より奴は経験不足だ。経験を積めば――いや、これは俺が言うことでもあるまい」

キング・バンバー「しかし勝ちは勝ちだ。この戦い部にはしっかりと伝えておく」

キング・バンバー「今の成吉思館恐るるに足らず、とな」

キング・バンバー「顧問殿、夏の大会にフロストマンを出すのはやめておけ。必ず死ぬことになるぞ」

キング・バンバー「では帰る。またどこかで会うこともあろう。さらばだ!!」

キング・バンバー「バンバーッ!(挨拶)」

ガシャアアーーンッ

瀬昆田(あいつ、またドアを壊して出て行った……)
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/15(水) 00:18:27.07 ID:bslz/IWgo
――保健室

フロストマン「――はッ」

瀬昆田「フロスト! 起きたか!」

フロストマン「ええ」

瀬昆田「大丈夫か、身体の方は」

フロストマン「少し痛みますけど……大丈夫です」

瀬昆田「そうか……」

フロストマン「……先生」

瀬昆田「なんだ」

フロストマン「ぼく……負けたんですね」

瀬昆田「……ああ」

フロストマン「……先生」

瀬昆田「……なんだ」

フロストマン「ぼく……悔しいです」

瀬昆田「……ああ」


その日、二人は誰もいない保健室で静かに涙した。


次回! 敗北したフロストに新たな展開が!
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/15(水) 00:20:54.94 ID:bslz/IWgo
おやすみ

次回どうしようか君にきめてもらおう
1特訓回
2練習試合
3その他
↓1
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:21:12.61 ID:3thNauj80
1
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:21:27.93 ID:XVq39aJk0
1
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:21:50.62 ID:+9EHKWR90
1
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/15(水) 00:25:52.78 ID:bslz/IWgo
特訓回ですね
どうしよっかなー
今度こそおやすみ
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:30:58.28 ID:+9EHKWR90
おつ
大雪山篭りとか?
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:32:36.97 ID:3thNauj80
>>76
それ、アニメ版キン肉マンで21回目オリンピックのウォーズマン戦でやっていたな
ブロッケンとテリーマンと共に修行する話。熊と戦ったリ
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:33:10.68 ID:a6iwGZ9JO
おつ
展開によっては原作の超人が出たりするんかな
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:50:11.83 ID:+9EHKWR90
>>77
わかる人がいて嬉しい
スパーリングパートナー欲しいんでメジャーなところ選んでみた
原作超人は荷が重いから何ならバンバーでも
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 08:26:04.41 ID:Ef0FIDJgo


バンバーがめっちゃいいヤツで良かった。他の部員だったら殺されてたかも…
特訓しながら仲間探しもしたいね。一人じゃ特訓にも限度がある
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 12:29:34.99 ID:TRExL5eC0
瀬昆田先生ってゆでがよく描くずんぐりした短躯で後頭部以外禿げてるおじさんなイメージ
ピチピチの白Tシャツと下ジャージに運動靴
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 13:00:58.96 ID:3thNauj80
>>81
ああ、それって与作さん?
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 13:12:28.29 ID:TRExL5eC0
あれはずんぐりの真逆w
名前あるかどうか思い出せないけど4頭身くらいで太ってるモブ
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 21:05:28.31 ID:UTGiXbHA0
今のところすごく面白いけど、めちゃめちゃエタりそうなスレだ
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:14:42.86 ID:vn5qENE6O
更新待ってます
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 09:50:52.30 ID:Dj17Lgi8o
第三話 特訓! 大雪山で技を生み出せ!

――緑岳

ヒュオオオオ…

ザック ザック ザック

フロストマン「瀬昆田先生〜〜〜〜ぼく、いつまであるくんでしょうか?」

瀬昆田「まだだ!」

瀬昆田「大雪山とは旭岳から始まる8つの山を指して言う! これ全て超えることが今回の特訓とする!」

フロストマン「8つの山を越える……! 頑張ります!」

瀬昆田(そうだフロストマン! お前はこの間の練習試合を経て分かったはずだ!)

瀬昆田(お前には超人レスリングの決め手となる技が無い!)

瀬昆田(キング・バンバーに勝てなかったのはそれが原因だ)

瀬昆田(それさえ、それさえ編み出せばお前はこの戦いのスタートラインに立てる!)

瀬昆田(しかし、それをどのようにして編み出せばよいのか――私は敢えてそれをお前に直接は言わない!)

瀬昆田(自分で気付く。これも特訓の一つなのだ)

ザック ザック ザック ザック…
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 10:07:30.34 ID:Dj17Lgi8o
――赤岳

瀬昆田「……」ザックザック

フロストマン(瀬昆田先生、すごいスタミナだ)

瀬昆田「まだ歩けるな、フロスト」

フロストマン「はい!」

フロストマン(瀬昆田先生は口にはしていないが、ぼくにこう言いたいはずだ)

フロストマン(この特訓の中で技を編み出せ! と)

フロストマン(でも――どうすれば良いんだ?)
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 10:40:12.71 ID:Dj17Lgi8o
――温泉街

瀬昆田「ここからが特訓の正念場だ」

瀬昆田「大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ、黒岳五合目まで繋がるこのロープウェイ、ワイヤーを伝って素手で登ってみるんだ!」

フロストマン「え、ええ〜〜っ」

瀬昆田「思い出せ! キング・バンバーの圧倒的なスピードあれをもう一度受け切り、攻撃に転ずる場合は何が必要だ!?」

フロストマン「……そうか、スピードに対応できる腕力!」

瀬昆田「そう。それが必要だ。やってみろ!」

フロストマン「はい!」

ガシッ

フロストマン「やるぞ……!」

ガッシ ガッシ

瀬昆田「そうだ! その意気だ! 私は五合目で待っている! 頑張るんだぞフロストマン!」

フロストマン「はいっ! うおおお〜〜」ガッシガッシガッシガッシ
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 11:26:51.46 ID:Dj17Lgi8o
――上空

フロストマン「だんだん地面が遠くなっていく」

ヒュウウウ

フロストマン「うわっ!」

フロストマン「下を見ちゃダメだ……こわいぞ」

フロストマン「大丈夫、ぼくならやれるはずだ」

ガッシ ガッシ ガッシ

フロストマン「ようし、もうすぐ」

ギゴゴゴゴ

フロストマン「ん?」

ゴゴゴゴ

フロストマン「なんだこの音……あっ!!」

ロープウェイ運転手「そこの人! 止まりなさーい!」

フロストマン「ロープウェイがここまで迫って来る〜〜〜〜!!」

ロープウェイ運転手「止まりなさ〜〜〜〜い!」

フロストマン「そんなこと言われても〜〜〜〜!!」

フロストマン「ゆるして〜〜〜〜!」ガッシガッシガッシ

90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 12:02:37.79 ID:Dj17Lgi8o
――北海岳

フロストマン「はぁ、はぁ」ザックザック

瀬昆田「根を上げるのはまだ早いぞ!」

フロストマン「はい! でもぼく――」

瀬昆田「弱音を言うのにも早い!」

瀬昆田「大丈夫だ。焦ることはない! アイツらだって最初はそうだった」

フロストマン「”アイツら”……?」

瀬昆田「……いや、今のは聞かなかったことにしてくれ」

フロストマン「はい」

フロストマン「……?」

瀬昆田「まだまだ登るぞ!」

フロストマン「はい!」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 13:09:23.04 ID:Dj17Lgi8o
――愛別岳

瀬昆田「愛別岳、ここが大雪山系の中で最も険しい山となっている。いけるな!」

フロストマン「もちろんです!」

瀬昆田「ここを越えれば終わりが見えてくる。行くぞ!」

フロストマン「はい!」

フロストマン(そうか! この特訓は山を登るスタミナ、脚力、腕力、スピード、全てを補う為の特訓だったのか!)

フロストマン(後は――技さえ編み出せれば)

フロストマン(ここまで来てそれが見いだせないぼくは……一体)

フロストマン「うおおおおおお」

瀬昆田「どうしたフロストマン! 今走り出すとあとがきついぞ!」

フロストマン「でもどうしようもなく身体を動かしたくて!」

瀬昆田「……」


瀬昆田(焦り、か)
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 13:21:46.43 ID:Dj17Lgi8o
――白雲山

フロストマン「うおおおお」ダダダダッ

瀬昆田「ひぃ、ひぃ、さすがだフロストマン。十分な体力を持つ者にしかこの山は越えられん!」

瀬昆田「しかし、私も疲れがァ」

フロストマン「ぼくが背負います! さぁ背中にどうぞ!」

瀬昆田「あ、ああ」

瀬昆田(しかし息切れを起こさんか心配だな)

フロストマン「うおおおおお」

フロストマン(技、技、技、技ァ〜〜!)



――北鎮岳

フロストマン「うおおおおお!」

フロストマン(なぜだ! なぜ思いつかない!)

フロストマン(何が足りないんだ!)

瀬昆田「フロストマンよ、少し休んでは」

フロストマン「まだまだァ〜〜〜〜!」

瀬昆田「むむむ、大丈夫かなあ」

フロストマン「楽勝ですこれくらい! うおおお〜〜〜〜!」

93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 13:36:41.91 ID:Dj17Lgi8o
――旭岳

瀬昆田「これが北海道の最高峰、旭岳だ。よし、フロストマン――」

フロストマン「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、は、はいっ」

瀬昆田「大丈夫か?」

フロストマン「ま、まだまだ行けますよ!」

瀬昆田「言わんこっちゃない。フロストマン、焦り過ぎだ。自分を見失ってはいけないぞ」

フロストマン「うう……でもぼくは!」

瀬昆田「気持ちは分かるが……」

フロストマン「……」

瀬昆田「フロスト!」

フロストマン「瀬昆田先生は休んでいてください。ぼくはこの旭岳、登ってきますから!」

瀬昆田「おい! 私の話を聞いておらなんだか!」

フロストマン「行ってきます!」タッ

瀬昆田「フロストマン! ……行ってしまった」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 14:20:39.00 ID:Dj17Lgi8o
――山中

フュオオオオ…

フロストマン「すごい吹雪だ」

フロストマン「……何かが足りていないんだ。何かが……」

フロストマン「この山を越える頃にはぼくも――」

ゴゴ

フロストマン「なんだ?」

ゴゴゴゴ

フロストマン「何か近づいて来るぞ」

ゴゴゴゴゴゴ!

フロストマン「あ、あれは!」

フロストマン「雪崩だァーーーーッ!」

フロストマン「うわーーーーッ!」

95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 14:57:45.71 ID:Dj17Lgi8o


フロストマン(ぼくは……)

フロストマン(何のためにこんなにも――)

フロストマン(ムダだったのか……)

フロストマン(ぼくのこの力は何のためにあるんだ)

フロストマン「ぼくは――」

フロストマン「まだ――」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 15:20:39.97 ID:Dj17Lgi8o


瀬昆田「まったく……困ったやつだ。親御さんになんと申し開きすればよいのか」

瀬昆田「必ず見つけなければ……」

ズズン

瀬昆田「ん?」

瀬昆田「あ、あああぁ……!」

クマ「グオオオ!」

瀬昆田「く、クマァ〜〜〜〜!?」

クマ「グオオオオ!」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 18:53:13.90 ID:Dj17Lgi8o
クマ「グオオオオ!」バキッ

瀬昆田「ひぃい〜〜〜〜! こ、こんなところで〜〜〜〜!」

クマ「グオオオオ!」

瀬昆田「ぐ、グぅ……フロストマ〜〜〜〜ンっ!!」

フロストマ〜〜〜〜ン!

フロストマーーーーン!

フロストマーーン!



フロストマン「!」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 19:53:47.94 ID:Dj17Lgi8o
クマ「グオオオ〜〜ン!」ズアッ

瀬昆田「食べられる〜〜〜〜!」

ガシッ!

クマ「グオ!?」

瀬昆田「……!」

フロストマン「大丈夫ですか!」

瀬昆田「フロストマン!」

フロストマン「クマさん! やめるんだ!」ググッ

瀬昆田(おお、あの大熊とつかみ合いになっても負けないとは……特訓の成果が!)

クマ「グオオオ〜〜ン!」

フロストマン「うおおおおおッ!」

瀬昆田「……が、がんばれ!」

フロストマン「!」

瀬昆田「がんばれ! フロストマン!」

フロストマン「……はい!」

フロストマン「行くぞオオオオっ!」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:56:11.08 ID:jv5uK3WOo
頑張れ!
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 20:01:20.35 ID:lFskFo6R0
フロスト!
フロスト!
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 20:22:14.63 ID:Dj17Lgi8o
パキッ

ピシピシッ

クマ「グオ?」

瀬昆田「あ、あれは! クマが凍ってゆく!」

フロストマン「瀬昆田先生。ぼく、さっき雪崩に巻き込まれたんです!」

瀬昆田「なんと!」

フロストマン「その時、咄嗟に雪崩に向かって手を前に伸ばしていたんです。その時――」

フロストマン「ぼくの手から氷の壁が生まれて……ぼくを守ったんです!」

フロストマン「ぼくの全てを凍らせてしまう力。これを制御するには、この雪山はうってつけの場所でした!」

フロストマン「それに超人レスリングに触れ合う前から何年も付き合ってきた能力です。使いこなすのにそれほど時間はかからなかった!」

フロストマン「特訓の中で体力、持久力、技術全てに向き合うことができました!」

フロストマン「そして今ぼくは! それよりもっと深く! ”自分自身”と向き合った!」

フロストマン「見ていてください瀬昆田先生! これがぼくの最初の技です!」

フロストマン「この手で触れた全ての物を凍らせる力!」


フロストマン「霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)!!」

クマ「グオオ〜〜〜〜!」ピシピシピシピシ
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 20:28:08.90 ID:Dj17Lgi8o
クマ「」ピシ…

瀬昆田「やった……!」

瀬昆田「やったぞフロストマン〜〜〜〜!!」ガシッ

フロストマン「そんな泣かなくても」


瀬昆田(そう。フロストマン、奴に足りなかったもの。それは”1ミリグラムのほんの偶然”だった)

瀬昆田(力が本人にいくらあろうと、必殺技となる力を編み出すのには時として偶然が必要となる)

瀬昆田(ほんの一つのきっかけがあいつに技を与えたのだ!)

瀬昆田(フロストマン、あいつはこの技を使っていつかリングに氷の華を咲かせるだろう……!)


フロストマン「さてと」

パチン

パリンッ!

瀬昆田「な! クマを覆っていた氷が溶けてしまっただと!」

フロストマン「解除もぼくの思いのままです」

瀬昆田「良いのか? あの暴れ熊を解放してしまって……」

フロストマン「もちろん! ほら、おいで。ママがここにいるよ」

瀬昆田「?」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 20:34:09.01 ID:Dj17Lgi8o
子熊「キューン」

瀬昆田「おや!」

フロストマン「雪崩の後で出会ったんです。親熊からはぐれてしまっていたようで」

フロストマン「きみの子供だろう、クマさん」

クマ「グオオ〜〜〜〜ン!」

子熊「キューンキューン」

フロストマン「お腹がすいていたんだね。ぼくのかばんの食糧を食べると良い」

フロストマン「もうはぐれちゃダメだよ」

クマ「グオオ〜〜ン!」

瀬昆田「あの暴れ熊、フロストマンに感謝をしているようだ」

瀬昆田(フム! あの優しさが時に仇に、と思っていたがそれは見当違いのようだ)

瀬昆田(フロストマンのあの優しさこそ強さ! あれが彼の何よりの武器だったのだ!)


かくして特訓が功を奏しフロストマンは技を手に入れた!

次回! 近づく夏の大会! フロストマンは出場するのだろうか!?
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/25(土) 20:43:40.44 ID:Dj17Lgi8o
次回大会前回

また来週とか
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 20:45:03.65 ID:zNfQfzOX0
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 20:47:40.97 ID:9QmkBkN5O
おつ
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 20:54:58.16 ID:lFskFo6R0
おつ
助けを求める声あるとことろに正義超人あり
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 03:52:52.37 ID:uMo6qeHW0
フロストマン超人応募に投稿するべ
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 13:29:16.66 ID:FWOfPrH6o
――職員室

教師「瀬昆田先生、超人レスリング部に手紙が届いてます」

瀬昆田「は、はい」

瀬昆田(つ、ついに――)

瀬昆田(ついに届きおったか……!)

瀬昆田「夏の……高校生超人レスリング大会!!」


第四話 来る夏の大会! フロストマンの決断!
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 13:38:37.49 ID:FWOfPrH6o
瀬昆田(初めての技を覚えて数か月、フロストマンはめきめきと強くなっている)

瀬昆田(しかしだからこそ――)

瀬昆田(だからこそ”あの言葉”が私の心によぎるのだ)


キング・バンバー『顧問殿、夏の大会にフロストマンを出すのはやめておけ。必ず死ぬことになるぞ』


瀬昆田(大会の厳しさは知っている、私の身をもってな)

瀬昆田(だが今のフロストマンに対し、キング・バンバーは同じことを言えるだろうか)

瀬昆田「……部室へ行くか」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 13:42:30.52 ID:FWOfPrH6o
――部室

ガラガラガラ

瀬昆田「フロストマン、夏の大会の参加申し込みが届いた」

フロストマン「本当ですか!」

瀬昆田「しかし――」

フロストマン「はい?」

瀬昆田「フロストマン、実は私は、お前を夏の大会に出すことに対し躊躇を覚えている」

フロストマン「えっ! ええっ! 何ですって瀬昆田先生! そ、それは何故――ぼくはこの練習で十分に――」

瀬昆田「分かっている! 分かっているのだ!」

瀬昆田「だが――」

フロストマン「瀬昆田先生……」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 14:01:04.55 ID:FWOfPrH6o
瀬昆田「前にも言ったと思うがフロストマン、よく聞いてくれ」

瀬昆田「四年前!」

瀬昆田「我が校超人レスリング部は全国大会で優勝した。しかし、優勝した一人を除いてほかの部員は皆、死んでしまった」

瀬昆田「優勝した1人も心に傷を負い、プロのスカウトを断り、卒業後の消息は分からない」

瀬昆田「風邪のうわさで聞く所によると――」

瀬昆田「彼は正義超人から一匹狼の悪行超人になってしまったという」

瀬昆田「全ては私の責任なのだ……」

瀬昆田「全ては……」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 14:28:12.30 ID:FWOfPrH6o
――四年前

アナウンサー「今年の優勝者はロジエマンです! 盛大な拍手を!」

わあああああ〜〜〜っ

ロジエマン「……」

瀬昆田「ロジエマン! ……よくやった」

ロジエマン「……」

瀬昆田「……」

ロジエマン「何がよくやっただ……瀬昆田さん」

瀬昆田「すまない……」

ロジエマン「謝らないでくれ。あんたの指導のせいで奴らが死んだなんて思いたくないんだ」

瀬昆田「しかし」

ロジエマン「瀬昆田さん、俺達3年生組は特に仲が良かったよな」

瀬昆田「ああ……」

ロジエマン「瀬昆田さん、あんたも良い先生だった」

瀬昆田「ありがとう……」

ロジエマン「だが……だがよ、瀬昆田さん。俺の心はもうすっかり枯れちまったようだぜ」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 14:41:51.53 ID:FWOfPrH6o
ロジエマン「戦って死んでいく者達に対して俺は”無情”を感じ取った。戦って何を得るというんだ!」

ロジエマン「正義超人たる俺が正義足る理由、それを三年間の中で見つけられなかった」

ロジエマン「……ただ、俺は……みんなと仲良くいつまでも戦っていたかったんだ……」ボロ…ボロ…

ロジエマン「確かに勝ちたかった……だが、俺が欲しかった勝利は”これ”じゃない! これじゃあないんだッ!」

ロジエマン「なぁ教えてくれ瀬昆田さん!」

ロジエマン「俺は超人に生まれてきて、この道を選んで戦って! それから何が残る!? 仲間を犠牲にして戦って! 次は自己犠牲か! ふざけるな!」

瀬昆田「お前のやって来たことは無駄じゃなかった!」

ロジエマン「でもみんな死んだ! ペンソーもハルコンマンもクォークンもステーキマンもだ!」

瀬昆田「……すまない」

ロジエマン「……」

ロジエマン「悪い。あんたにそんなこと言っても答えられないよな」

ロジエマン「も一度言うが瀬昆田さん。あんたは良い先生だったよ。兄貴の影に苦しむ俺に戦う力を与えてくれて……仲間にも出会わせてくれた……」

ロジエマン「でも、今の俺には何もない……”無情”、それだけだ」

瀬昆田「ロジエマン! 待ってくれロジエマン!」

115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 14:55:04.20 ID:FWOfPrH6o
瀬昆田「あの時、戦いの先に何が残るか問われ、私は何も答えられなかった」

瀬昆田「答えられたらあの後の彼も何かが変わったかと思うと私は……」

フロストマン「先生……」

瀬昆田「……」

瀬昆田「フロストマン、お前にはロジエマンのようになってほしくないんだ。分かってくれるな」

フロストマン「……」

↓1 君の答えでストーリーが変わるぞ!
1フロストマン「それでも戦ってみたいです」
2フロストマン「ぼく、さらに練習を積んで新人戦でその姿を先生に見せます!」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 15:44:28.91 ID:MISyEjO/o
2
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 16:34:47.53 ID:sxEz6oeio
スグルもカメハメにまけたあと厳しい修行ですごいつよくなったもんなあ
修行は大事
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 16:53:23.50 ID:FWOfPrH6o
フロストマン「分かりました」

瀬昆田「……フロストマン!」

フロストマン「ぼく、さらに練習を積んで新人戦でその姿を先生に見せます!」

フロストマン「瀬昆田先生、先生の気持ちはわかりました」

フロストマン「きっと悩むこともたくさんあるはずです。でも、がんばります! 絶対できます!」

瀬昆田「本当か! でも、何故そうそこまで言い切れるのだ!」

フロストマン「なんとなく」

瀬昆田「えっ」

フロストマン「なんとなくです!」

フロストマン「なんとなく、でも確実にだいじょうぶです!」

瀬昆田「……」

瀬昆田「そうか……ああ、そうなのか」

瀬昆田「はは……そうか……はは……」ポロ…ポロ…

瀬昆田(分かった。分かったぞ、フロストマン。お前は運命に導かれて、私のコーチ人生を今一度見直させるために現れてくれたのだな!)

瀬昆田(私は責任をもってお前を育ててみせる。ロジエマンのようにならないように、必ず、必ず……)

フロストマン「先生? な、泣いているんですか!」

瀬昆田「い、いや違う! これは汗だ! 私は汗っかきなもので……」

瀬昆田「よし! そうと決まれば新人戦に向け特訓だ! ビシバシ行くから覚悟するのだぞ!」

フロストマン「はい!」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 17:02:39.44 ID:MISyEjO/o
まだスパーリング相手も見つかってないしね
焦っても仕方ないと思った。前回死にかけてるし
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 17:08:49.69 ID:FWOfPrH6o
――ジャクシャ院高校超人レスリング部部室

ガン! ガン!

ドガーーッ

ズアアアアッ

ドカッ ドカッ

「今日の練習終わりッ!」

「「「「「はいっ!」」」」」

ガラガラッ

「コーチ!」

「コーチの御帰りだ!」

「お帰りなさいコーチ!」

?「練習の方は」

「ハッ! 夏の大会に向けて全員順調に仕上がっております!」

?「そうか……ところで、今年の夏の大会、北海道地区出場校はどうなっている」

「去年と変わりなく! ジンギス館学園には新たな超人が一人、加わったのですが棄権したようです」

?「ほお、ジンギス館に超人、か」

キング・バンバー「その者、フロストマンと言います。私、先日練習試合に行っていました」

?「バンバーか。で、強さは」

キング・バンバー「弱いかと」

?「ふん、やはりな」

キング・バンバー「しかし!」

?「しかし?」

キング・バンバー「その精神性には驚かされました」

?「……」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 17:20:06.64 ID:FWOfPrH6o
キング・バンバー「まさにあれは不屈の闘志と言いますか……何度倒されようと起き上がるその意志の強さ」

キング・バンバー「”正義の無垢なる境地”と俺は見ました」

キング・バンバー「俺の攻撃を受けても臆することなく向かい……」

?「勝ったのか」

キング・バンバー「無論」

?「ならば良い」

?「いいかお前たちっ! よく聞けッ!」

「コーチからのお言葉だ! よく聞けッ!」

?「超人レスリングに精神性などいらぬ!!」

?「戦い、その先に勝てさえすれば良いのだ! いいか、勝ってしまえばこちらのものだ!」

?「太古より続く超人レスリングに何故ラフファイトが追放されぬか知っているか!」

?「聴衆が! 聴衆がそれを望んでいるからだ!」

?「リングは常に血に飢えている……血が流れれば流れるほど! 皆がそれを見、喜ぶのだ!」

?「いいかお前たち、勝て。それだけでいい! 勝つのだ!」

「「「「「はいッ、コーチ!」」」」」

?「分かったな、バンバー。夏の大会、お前は団体戦の副将を任せる。勝てよ」

キング・バンバー「……はい」
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 17:37:05.79 ID:FWOfPrH6o
?「……ホフホフホフ、楽しみにしているぞ」

キング・バンバー(……コーチ)

キング・バンバー(2年前に我が校に現れ、その年に我が校を超人レスリング大会全部門に優勝旗を与えた人物)

キング・バンバー(それ以外俺達は何も知らない)

キング・バンバー(今のジャクシャ院があるのは彼のおかげだ)

キング・バンバー(そして今の残虐な戦いになった原因も彼にある)

キング・バンバー(俺はあまり……彼が好きではない)

キング・バンバー(恐ろしいからだ。彼からは人間味が感じられない)

キング・バンバー(俺達が知る彼の情報はただ一つ……名前だけ)

キング・バンバー(”ヴェルサイ・U”!)

ヴェルサイU「ホフホフ……ホフホフホフホフ!」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 17:46:46.61 ID:FWOfPrH6o
――道立成吉思館学園超人レスリング部部室

瀬昆田「決まったぞ! フロストマン!」

フロストマン「何ですか?」

瀬昆田「夏の特訓旅行だーーッ!」

フロストマン「おお〜〜〜〜っ!」


次回! 特訓旅行! どこへ行くかは未定!
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 17:48:08.21 ID:XJWIJ3nX0
乙?
今回も超人募集してくれなかったか……
一定期間で超人応募とかしてほしいわ……>>1的にはやらないだろうけど……
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 17:53:20.78 ID:FWOfPrH6o
次回特訓旅行編

どこ行くか決めていないから考えても良い
国内なら大阪USJで戦うとか考えてる
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 17:56:50.10 ID:XJWIJ3nX0
フロスマンは氷使いだし、熱さが弱点かもしれないから沖縄とか暖かいところに行ったらどう?
超人はいかなる場所の戦いも想定していないと……
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 18:10:36.99 ID:e0VZVWCo0
ポッと出の新人超人にUSJみたいな煌びやかな会場は使わせて貰えない気が
USJだと思ってウキウキして現地に着いたら惜しい名前のぱちもん遊園地のボロいところでズコーとかありそうw
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 18:13:18.16 ID:865bCgb5o
ありそうww

とにかく仲間が欲しい。1人じゃ寂しい
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 18:19:21.64 ID:FWOfPrH6o
USJ、ぱちもん、猛暑でひらめいた!
次回特訓旅行は大阪!

大阪超人募集する
別に大阪に因まなくても良い

テンプレは>>2参照 締め切りは今日23:59まで一人一キャラ厳守でよろしく
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 18:27:35.59 ID:e0VZVWCo0
超人公募あったら使いやすそうなのを出せるように練っておくくらいしかないねー

それよりバンバーがヤバい
離反しようとしてヴェルサイコーチの必殺技食らって瀬昆田先生が「ゲー!あの技は!!」って驚くところまでフラグ立ったぞ
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/12(火) 18:40:07.29 ID:XJWIJ3nX0
【超人名】
ザ・ガクラン
【こいつはこんなヤツだ!】
名前通りに黒学ランを来た顔が濃い超人。舎弟達もいて、みんな黒学ランを着用(普段は応援団の手伝いをしているようだ)
非常に暑苦しい奴。ただし、根は悪くなく、舎弟たちの面倒を見ている兄貴分的な存在。地元でも評判は良い
大阪の食べ物に精通しており、観光客などに勧める。
特に"広島風"お好み焼きを愛しており、それが原因で些細なことで喧嘩になることもしばしば。
関節技などの地味技より派手な攻撃が多い(例を挙げるとドロップキックやバックドロップなど)
手の甲からお好み焼きのヘラを出してそれで攻撃する技も持っている(ベアークローみたいなもの)

なんか試合の後に仲良くなれそうなキャラを作ってみた
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 18:47:16.87 ID:0cPFZ6ukO
・ブタ肉マン
・ブタ肉星から来た王子と名乗る超人。どこまで本当か不明なことを言い出す
簡単に言えば、キン肉マンのパチモン(見た目は究極タッグトーナメント編でカオスがしたブタ肉マンとそっくり)
好物は、豚丼。必殺技はブタ肉バスターとここまでくるとオマージュである。
性格は、ダメ超人頃のキン肉マンによくにているが、実力はなかなかある。
マスクの下の正体は不明
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 19:00:20.66 ID:moez1gwP0
公募するとも言ってないのに書き始めた自己主張の塊さん流石っす
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 19:11:28.09 ID:XJWIJ3nX0
>>129に今日の23:59まで募集って書いてあるけど……これって俺の見間違いなの?
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 19:43:27.01 ID:sxEz6oeio
【超人名】
ザ・ジャガーマン
【こいつはこんなヤツだ!】
ジャガーの毛皮に筋肉隆々の身体がトレードマークの超人
普段は外国人や他県民のために観光案内などをしている
ごつい見た目通り豪快な性格だが冷静に相手の攻撃を見極める一面もある
名前の由来である一撃で仕留める者(ジャガー)を誇りにしている
また雨乞いをして極地的に雨を操り相手を惑わすこともできる
ちなみにお好み焼きは大阪風派でこれだけは譲れないらしい

大阪なら虎やって?ひねりないからこうしたんや
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 19:48:31.85 ID:865bCgb5o
【超人名】グレート通天閣
【こいつはこんなヤツだ!】
憧れていた兄が試合で死に、結局世の中は力が全てとやさぐれ凶器を使ったダーティな戦い方をする。
だが、良心を捨てさることは出来ず何だかんだ情けをかけたり困っている人を助けたりしてしまう。
根は真面目なのか相手のノリに合わせたりボケたらしっかりツッコミを入れてくれる。
今はダーティだが元々のファイトスタイルはタワーを思わせる空中戦が得意。

フロストも先生も良い人だからちょっと性格悪い枠で
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 19:52:43.79 ID:TgERvSZ00
【超人名】ツーテンカーク
【こいつはこんなヤツだ!】
通天閣の擬人化超人。トペ・スイシーダや
トペ・コン・ヒーロで、相手のふところへ
突き刺さっていくのが得意。トップロープへ登ったり、
宙天高くジャンプするのも得意であり、スカイマンや
キン肉マンマリポーサによく似たルチャドールである
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 20:05:41.12 ID:cA3zqimOO
【超人名】
スプリング・バスタード
【こいつはこんなヤツだ!】
ビルを模した超人で手足もビルになってる
とても傲慢な性格で力もなく伝統や心や友情などにこだわる超人を旧世代の遺物といい超人プロレスに必要なのは力と賢い頭脳だといいはる
見た目が派手な技は最後のトドメをさすときしかつかわず試合中は相手をじわじわとおいつめる確実な戦術をしかける技巧派である


敵っぽいのつくってみたちなみに名前の由来はハルカスの春+カスを英語読みにしたの
大阪のみなさんごめんなさい
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 20:16:31.13 ID:xN5evK8gO
【超人名】
Mr.ケットシー
【こいつはこんなヤツだ!】
二足歩行の猫のような姿をした残虐超人。
パワーはないが小柄な体躯を生かしたトリッキーかつスピーディな動きで相手を翻弄するテクニシャン。
巨漢超人レスラーに果敢に挑み、勝利をもぎ取ってきたテリーマンに秘かに憧れている。
皮肉屋であるが、一度友と認めた相手のためならば命を投げ打つ事もいとわない義侠心も併せ持っている。
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/13(水) 01:51:37.74 ID:gSMAxEyh0
仕事忙しくてやっと戻ったら公募終わってた
一応載せとくか

ボルケノマン

火炎超人

体表面の温度を自由に上昇
熱で上昇気流を作り出し相手を吹き飛ばしてから繰り出すバスター技を必殺技として持ち冷凍超人スロストの前に立ちふさがる
打撃技を駆使しフロストに触れさせないアウトレンジスタイルを取る

が正体は↓

ゼロ・ゼロ・ミステリオ(略称:00M や ミステリオ)

変化超人

ボルケノ・ミステリオ(高温)
ダイナモ・ミステリオ(電気)
マイティ・ミステリオ(パワー)
など様々な姿をもつ
正体は様々な超人がリングで流した汗や涙が結晶化した粒子の集合体
とある正義超人の涙がコアなため正義超人として生きている

本来の超人強度は割と高いが幅広く様々な形態を持つため実際に使えるのは七割程度
注意深い観察眼と優れた状況判断で相手の苦手な攻撃を見抜き形態を選択するセンスが最大の武器

一人称は私 オフはどんな姿でも取れるが大体は細マッチョなイケメン
美女に変化したりもお手の物

器用で冷静なパートナー欲しいなーと思って作ってみた
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 23:35:20.86 ID:tEVdVBv3o
――大阪駅

ガヤガヤガヤガヤ

フロストマン「ここが大阪かァ、賑わってるなぁ〜」

瀬昆田「ふふ、そうだろうそうだろう」

フロストマン「ところで瀬昆田先生、何で特訓旅行の場所を大阪に決めたんですか」

瀬昆田「何を隠そう大阪はプロレスが盛んな地! あのキン肉マンもここで戦ったのだぞ!」

フロストマン「へぇ〜っ知らなかったァ〜」

瀬昆田「それにここには私の知り合いの超人がいる。新しい風をお前に感じてもらいたくてな」

フロストマン「そうなんですね……ありがとうございます!」

瀬昆田「いやいや、ははは……」

フロストマン「それにしても人が多くて歩くのも大変だなァ〜〜道に迷っちゃいそうだよぉー」

瀬昆田「むむ、確かに……しかし大丈夫だ!」

フロストマン「?」

瀬昆田「大阪の知り合いを通して案内役を呼んでもらった! それも超人の!」

フロストマン「超人ですってェ〜!?」

瀬昆田「もうすぐ来るはずだが……」


ドン!

フロストマン「!」

瀬昆田「来たか!」

ドドン!(太鼓の音)

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン…


第五話 夏の特訓旅行のはずが! 超人激突 大阪夏の陣!
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 23:48:33.96 ID:tEVdVBv3o
学ラン男たち「「「「客人じゃア〜〜〜〜ッ! みんなどけどけェ〜〜〜イ」」」」

瀬昆田「なんだなんだものものしい」

学ラン男たち「「「「客人を探せェ〜〜い!」」」」

フロストマン「誰か探してるみたいですね」

瀬昆田「私達を探しているのやもしれん」

学ラン男A「ええと、名前は何だったか」

学ラン男B「番長が言うには――」


学ラン男たち「「「「瀬昆田殿〜〜〜〜ッ、フロストマン殿〜〜〜〜ッ!」」」」

フロストマン「あ、あれは……」

瀬昆田「やはりなあ。し、しかしこれは」

フロストマン「ちょっと恥ずかしいかも……道行く人の注目の的ですよ〜」

瀬昆田「でも出ない訳にイカンだろう。お〜〜〜〜いそれは私たちのことだ〜〜〜〜! こっちこっちィ〜〜」

学ラン男C「おお! こちらにいらしたか! 陣貝吹けッ! 番長に知らせろ!」

フロストマン「先生、陣貝って?」

瀬昆田「陣貝とは戦国時代の合戦で合図する時などに使われたほら貝だ。それをまさか――」


ヴオオヴオオオ〜〜〜〜〜ッ


フロストマン「うわっ」コケッ


学ラン男たち「「「「番長のおなぁりィ〜〜〜〜〜〜!」」」」

?「ガッハッハッハッハッ!!」

フロストマン「あ、あれは!?」
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 00:02:24.99 ID:tCjfAQP2o
学ラン男C「知らないならば教えましょう。我々の元まで歩く彼こそ、この大阪の高校を牛耳る今話題の番長超人”ザ・ガクラン”です!」

フロストマン「あの風貌、飄々とした佇まい……それに存在感……!」

瀬昆田「私も初めて見たが……すごい気迫だ! さぞ威厳のある人物なのだろう」

おばちゃん「あっ、ガクちゃんや!」

おっさん「ほんまや!」

女子高生「ガクちゃ〜〜〜〜ん!」

赤ちゃん「バブ〜〜〜!」

ザ・ガクラン「はァ〜〜い ガクちゃんやでェ〜〜〜」

キャア〜〜〜っ


瀬昆田「」ガクッ

フロストマン「思ってたのとちがう」

学ラン男C「番長の良い所は、こういう人懐っこく優しくて面倒見の良いところです! だから町のみんなからも人気があるんです!」

学ラン男B「こうやって仰々しく観光客や客人を物々しく歓迎するのもショーのようなもの。この”どないや商店街”では人気のイベントなんですよ!」

学ラン男A「ちなみにこの歓迎ショーは公式ホームページから1000円分から予約できます!(オプション付き)」

学ラン男A「ということで瀬昆田殿! ご予約ありがとうございました!」

瀬昆田「しっかりしてるなァ〜いろいろと」チャリン

学ラン男A「おおきに」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 00:18:13.72 ID:tCjfAQP2o
ザ・ガクラン「ジンギス館学園一行よく来てくれた! 俺が今回案内役兼、特訓旅行の相手を務めるザ・ガクランだ」

フロストマン「学ランってことは、あなたも高校生なんですか?」

ザ・ガクラン「ああ! 私立発柴高校の高校生超人2年生だ! どうだ、大阪は良いところだろう?」

フロストマン「え、ええ。少し暑いけど賑やかでとっても楽しい場所ですね!」

ザ・ガクラン「ガッハッハ! そうだろうそうだろう」

瀬昆田「今日から暫くの間、特訓よろしく頼む」

ザ・ガクラン「任せておいてください! フロストマンにはリングの上でみっちり大阪の風を感じてもらいます!」

ぐぅ〜…

フロストマン「あ」

ザ・ガクラン「はは、そうかそうか。確かに北海道から大阪までは長旅だったろう。そうなると思ってうまいお好み焼き屋を予約してある! 発柴高校超人プロレス部の奴らも来るからそこで歓迎会をしよう」

フロストマン「はい!」

瀬昆田「本場のお好み焼きか。楽しみだ」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 00:28:47.04 ID:KW2Tb4Nf0
>瀬昆田「本場のお好み焼きか。楽しみだ」


あっ……(察し)
146 :名前と設定は書いてある通りにするわけではないからよろしく [saga]:2017/12/19(火) 01:03:55.92 ID:tCjfAQP2o
――お好み焼き屋

ザ・ガクラン「今日は俺のおごりだ! 特訓前にいっぱい食べてってくれ!」

フロストマン「はい!」

ザ・ガクラン「――と、その前に発柴高校超人プロレス部の部員を紹介しなくてはな! まずは”ジャガーヤン”」

ジャガーヤン「おう! ワテは豹の超人ジャガーヤン! よろしゅう」

フロストマン「”ヤン”……?」

ジャガーヤン「せや! ま、その名前のことについては後々……」

ザ・ガクラン「それと”ブラザー・ツーテン”」

Bro.ツーテン「はじめまして」

瀬昆田「”ツーテン”だって?」

フロストマン「先生、何か聞き覚えがあるんですか。そのツーテンに」

ジャガーヤン「フロストマンその冗談は笑えへんわ〜。そら”ツーテン”言うたらあの”通天閣”に決まっとるがな」

瀬昆田「ま、まぁそれもそうなんだが。Bro.ツーテンくんのそのマスクと風貌! それに見覚えがあるのだ!」

フロストマン「それって?」

瀬昆田「私の旧友”通天閣マン”にそっくりなのだ、君は! まさか――」


Bro.ツーテン「ええ、僕はその”通天閣マン”の弟です」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 01:14:23.73 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「瀬昆田先生、通天閣マンって誰ですか?」

瀬昆田「私の学生の頃からの友人でな、ブラザー・ツーテンくん君にそっくりだったんだよ」

瀬昆田「私が彼と知り合ったのは20年も前のことになる。学生時代、超人プロレス部のセコンドをしていた私は遠征の時、彼に出会い友情を育んだのだ」

フロストマン「へぇ〜〜!」

瀬昆田「超人プロレスの未来について語り明かしたものだよ。ツーテンくん、お兄さんは元気かね」

Bro.ツーテン「……」

瀬昆田「ツーテンくん?」

Bro.ツーテン「実は……兄は死んだんです」

瀬昆田「な、なんだって!」
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 01:40:48.41 ID:tCjfAQP2o
ザ・ガクラン「それについては俺が説明しよう」

瀬昆田「ザ・ガクラン!」

ザ・ガクラン「実を言うと近頃、ここ大阪含め近畿地方周辺で悪の超人が各地を荒らし回っている」

フロストマン「悪の超人?」

瀬昆田「その名の通り、悪いことを行う超人のことだ。残虐超人、悪魔超人などと呼ばれており、総称としては最近は悪行超人とくくられることもある」

ザ・ガクラン「そう、その悪行超人たちがこの”どないや商店街”にも現れて店を破壊する人間を攻撃するなどの悪事を働いたのだ」

ザ・ガクラン「ここにいる発柴高校超人プロレス部員はその時まだ中学生か小学生、戦う意志はあったが大人に止められてしまった」

ザ・ガクラン「そこに立ちはだかったのが”通天閣マン”だった」

ザ・ガクラン「通天閣マンは町を守るために勇敢に戦った。他の大阪正義超人もな」

ザ・ガクラン「しかし多勢に無勢! 悪行超人の数は大阪超人よりも勝っていた!」

瀬昆田「まさか! キン肉マンのおかげで悪の超人の数は減っているはずそれ程の人数がどこから!?」

ザ・ガクラン「どれだけ弱い超人でも集まれば大きな力になる。実質、通天閣マンの戦いは後半に至っては試合ではなく最早リンチに近い状態となっていた」

ザ・ガクラン「そこにトドメが刺されたのだ。俺達子どもの目の前でな……」

Bro.ツーテン「僕らは三人兄弟、一番上の兄さん”通天閣マン”が殺される様子を二番目の”グレート通天閣”とただ、見ているしかなかった」

149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 01:59:26.05 ID:tCjfAQP2o


?「ホフホフ〜〜〜〜っ! 大勢の前に力負け! 貴様の正義もここまでだ!」

通天閣マン「く……」

?「この町の人間どもの命を差し出せ、通天閣マン! そうすれば貴様の命を助けてやろう」

通天閣マン「ふ、ははは……」

?「気でも狂ったか!」

通天閣マン「違う! そんな馬鹿げた提案聞く気にもならないと笑ってやったのさ」

?「な、何ィ〜〜」

通天閣マン「俺の命を差し出す、だからこの町の、俺の愛した大阪の人たちを殺すな!」

?「ぬ、ぬゥ〜〜〜〜何が貴様をそこまでさせる! 人間などに何故肩入れするか!」

通天閣マン「逆だ! 何故お前は人間を愛せない!?」

?「く……クソ……黙って言わせておけば! ……分かった! 貴様の命一つで今回はこの大阪は滅ぼさん!」


Bro.ツーテン(10才)「あんちゃあ〜〜ん!」

グレート通天閣(12才)「兄さ〜〜ん死んじゃいやだァ〜〜〜!」


通天閣マン「ツーテン、グレート、すまない……でも忘れるな、俺は――」

?「大阪の人間たちよ! 見るがいい! これがこの町を守ろうとしたものの最期だ!」

?「くらえッ! XVIギロチン!」ガバァーーーーーーーーッ

通天閣マン「ぐうわぁ〜〜〜〜〜〜ッ!」

ブシャアーッ…


Bro.ツーテン「あんちゃあ〜〜ん!」

150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 02:25:35.06 ID:tCjfAQP2o


Bro.ツーテン「二番目の兄グレート通天閣はそれ以来変わりました。その日から超人プロレスに関わらないよう生き始め、学校にもロクに通わない不良に……」

瀬昆田「そうだったのか……」

フロストマン「……」

ザ・ガクラン「通天閣マンの犠牲のおかげで今はこうして平和に好きな超人プロレスに打ち込める。良いことだ」

ザ・ガクラン「さ、しんみりしていても仕方がねぇ。全員の自己紹介も終わったことだし、お好み焼きを食うとしようじゃないか」

瀬昆田(しまった私のせいで嫌な空気になってしまった! ここは私も――)

瀬昆田「私も早く食べたいなぁ〜〜お好み焼きっ!」

ザ・ガクラン「ガハハ! そうでしょうそうでしょう! じゃあ早速頼むとしよう」

ジャガーヤン「待ってました!」

瀬昆田(ホッ)

ザ・ガクラン「おばちゃん! みんなに”肉玉そば”ね!」

おばちゃん「はいよ」

瀬昆田「……?」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 02:38:19.21 ID:tCjfAQP2o
瀬昆田「それでなんだが、ザ・ガクラン」

ザ・ガクラン「おう!」

瀬昆田「私達の鉄板に置かれているこれは――」

ザ・ガクラン「”肉玉そば”だ!」

瀬昆田「”広島風お好み焼き”ではないかっ!」

ジャガーヤン「ええかげんにせえこのナスッ!」

ザ・ガクラン「ガハハ、俺は大阪人だがお好み焼きはこれに限る! うまいうまい! ズルズルっ」

フロストマン「あのお」

Bro.ツーテン「番長は広島風お好み焼きが大好きなんです……だからこうなるとジャガーヤンのヤツと――」

ザ・ガクラン「ジャガーヤンは分かっとらん! このソバのもちもち感と表面の焦げ目がキャベツとマッチしていてうまいんだ!」

ジャガーヤン「こんアホォ! 大阪人ならスタンダードは大阪風に決まっとるやろ! キャベツとそば食いたきゃ焼きそば食うとけ!」

ザ・ガクラン「馬鹿め! 焼きそばと肉玉そばは違う!」

ジャガーヤン「これはやっぱし命かけてやりあわな分かり合えんやっちゃ思うで!!」

ザ・ガクラン「俺に勝てるとでも思うかっ!」


Bro.ツーテン「――こんなふうに喧嘩をはじめてしまうんです、はは……」

フロストマン「た、大変ですね……でも、にぎやかでいいなあこういうの」

瀬昆田「フロストマン……」

瀬昆田「フロストマン! 来年はたくさん新入部員が来てもらえるよう頑張ろうな!」

フロストマン「はい!」


ジャガーヤン「このカラス頭ァ! このくっさい一張羅洗うてこいやくっさいんじゃ!」

ザ・ガクラン「その顔ちぎってシャツにプリントアウトしてやるわい! ドラ猫めが!」

152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 03:10:41.29 ID:tCjfAQP2o
――発柴高校超人プロレス部 部室

ザ・ガクラン「なるほど……フロストマンは実戦経験が足りないようだな」

フロストマン「はい。だからスパーリングも経験が全くなくて」

ザ・ガクラン「ここは超人がいる! 手加減なく相手ができるぞ! どうだ、俺と一戦」

フロストマン「お願いします!」



ジャガーヤン「練習終わりやで〜」

フロストマン「ふぅ、ふぅ……疲れたァ〜っ」

ザ・ガクラン「うん、さすがは優勝校顧問瀬昆田先生の教えだ。基礎は十分できていると俺は思うぜ」

ザ・ガクラン「ガッツとスタミナには驚かされた。ケッコー俺も手加減せずやった瞬間もあったが見事についてきてくれた」

ザ・ガクラン「しかし実戦についてはどうだろうな」

ジャガーヤン「ワイが見たところによると――」

ザ・ガクラン「ジャガーヤン」

ジャガーヤン「フロストマン、お前は少し慎重すぎる面がある」

ジャガーヤン「ガクランとやり合う時、最初に次はどういう手で行こうか迷いすぎてるんや」

ジャガーヤン「ガクランは初めてやから手加減しとるし、この間攻撃はしてこなかった。やけど、実戦では相手はそうは待ってくれへんで」

ジャガーヤン「お互い疲れ始めた時にお前が見せた勢い、思い切りの良さ、これが常に戦闘で見られるようになったらええんやないか」

ザ・ガクラン「さすがだな、見た目に反して冷静な見解を見せてくれる」

ジャガーヤン「見た目に反してとはなんやねん!」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 03:20:47.52 ID:tCjfAQP2o
フロストマン(思い切りの良さ……)

フロストマン(バンバ―と戦った時の最後の一発、ああいうことを言うのかな)

フロストマン(確かにぼくは戦う時、時々不安になる)

フロストマン(この戦い方で本当に良いのか、とか、正しい方法はないのか、とか考えてしまうんだ)

フロストマン(でも、そんな雑念があるから負けてしまうのかもしれない)

フロストマン(自分なりの戦闘方法:スタイルを探していかないといけないな……)

154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 05:01:20.90 ID:tCjfAQP2o
つづきはあした
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 08:29:59.24 ID:JfcGK8eo0
おつ
関東人から見たら心底どうでもいいお好み焼き戦争ww
好きな方を食べてりゃいいのにと荒れる忘年会会場でしばしば思う
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 08:42:57.83 ID:KW2Tb4Nf0
>>155
きのこたけのこ戦争に置き換えればわかるんじゃない?
同じようなものだと思うよ
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 08:59:08.32 ID:p2+tMuSXo
おお、人数が増えて一気に賑やかになったな。盛り上がってきた!
通天閣兄弟にスポット当たって嬉しい。まさか弟まで出てくるとは
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 16:29:06.48 ID:tCjfAQP2o
第六話 夏の特訓旅行のはずが! 超人激突 大阪夏の陣! (後編)

――数日後 たこ焼き屋

フロストマン「おばちゃんチーズたこ焼き一つ!」

おばちゃん「あいよっ」

ジャガーヤン「くぅ〜っ練習の後のたこ焼きは最高やで〜!」

Bro.ツーテン「フロストマンも僕たちに馴染んできましたね」

ザ・ガクラン「うむ、スパーリングの成果も徐々に出て来たと見た。これからが楽しみだな」

ジャガーヤン「ワイらも負けてられへんな! 食い終わったらまた一練習じゃーい!」


瀬昆田(特訓旅行、大阪を選んで正解だった。スパーリングの相手を得ることができたし、新人大会への備えも――)


ガッシャーーーンッ!

瀬昆田「!?」

キャ〜〜〜ッ

ジャガーヤン「どうした!?」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 16:43:17.57 ID:tCjfAQP2o
?「ニャハハハハハハ!」

?「クララ〜〜〜ッ! 脆い脆い! 脆いぞ人間どもォ〜〜ッ!」


瀬昆田「ま、町が壊されているぞ!」

女の人「あ、あれ――」

ジャガーヤン「あれ? ……あっ! お前らは!」

ザ・ガクラン「な、何故貴様らがここに!」

フロストマン「なんですか! あの人たち――」

Bro.ツーテン「忘れる……はずもない……あいつらは……昔、この商店街に現れた悪行超人!」

Bro.ツーテン「兄さんの……仇!」

ザ・ガクラン「お前は数年前、通天閣マンの命を以てこの町の侵略を諦めたはず! それなのになぜまた――」

?「うるせェ〜、俺達はそんな昔の約束、とうの昔に忘れちまったニャ〜」

?「クララ〜ッ、悪行超人は今や一枚岩ではない! 我ら残虐超人は今、復興の時を迎えようとしている!」

?「そうだニャ! まずはその足掛かりとして、この”どないや商店街”を潰してやろうってこったニャ!」

?「クララ〜ッ! 冥途の土産に教えてやろう。我が名は――」

スプリング・バスタード「残虐超人復興一派”スプリング・バスタード”クララ〜ッ!」

Mr.ケットシー「同じく”Mr.ケットシー”だニャ!」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 16:53:42.61 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「な、なんでそんなひどいことができるんですか!」

スプリング・バスタード「酷いだと? クララっ、笑わせてくれる!」

Mr.ケットシー「こうでもしなければお前たち正義の超人が出て来んと思ってニャ〜」

スプリング・バスタード「それに私の判断からすれば、この町から叩くのが良いかと……」

ザ・ガクラン「なにィっ!」

スプリング・バスタード「数年前! この町の守り神たる一人の超人が殺された!」

ジャガーヤン「つ、通天閣マンのことか……」

スプリング・バスタード「守り神を失ったこの町は今確実に攻め落としやすい! 我ら残虐超人の本拠地にするのも良かろうと思ってな〜!」

ジャガーヤン「そんな情報どこから仕入れたんや! このドアホ〜〜ッ!」

スプリング・バスタード「この案をまず初めに私に教えてくれた者……それは……こいつだ〜〜ッ!」


ザ・ガクラン「!」

ジャガーヤン「!」

瀬昆田「!」

フロストマン「!」

Bro.ツーテン「あ、あなたは……!」


Bro.ツーテン「兄さん!」

グレート通天閣「そう! この俺、残虐超人として生まれ変わったこの”グレート通天閣”が、この大阪を攻め滅ぼそうというのだ!」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 17:35:44.98 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「ぐ、グレート通天閣……! まさかそんなのって……超人が、裏切るだなんて――」

グレート通天閣「ハハハハハハ!」

ズーン

ズズーン

Mr.ケットシー「こうしている間にも町は滅びていくぞ! 見ているしかできんだろう腑抜けた正義超人めが〜〜〜」

ザ・ガクラン「く、クソ……この規模の破壊……一度に止めることはできない!」

ザ・ガクラン「やはり俺は――俺達は――通天閣マンにはなれないってのかよ……チクショウ!」


フロストマン「そんなことはありません!」

ザ・ガクラン「フロストマン!」

フロストマン「ガクランさん、町のみんなに慕われてましたよね!」

フロストマン「ジャガーヤンさん、スパーリングの時のアドバイスとっても役に立ちました!」

フロストマン「ツーテンくん! 君の優しさはきっと……お兄さんにも届くはずです!」

ザ・ガクラン「何故、何故そこまで言ってくれるのだ」

フロストマン「仲間だからです!」

ザ・ガクラン「!」

フロストマン「こういうのは、ぼくら超人なんだから……超人レスリングで決着を決めてやりましょう!」

ジャガーヤン「無謀や! また通天閣マンの時みたいに!」

フロストマン「やらなきゃ分からないですよ!」

ジャガーヤン「む、ムリや……だってワイら――」

ザ・ガクラン「よく言った!!」

瀬昆田「!」
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 17:50:23.42 ID:yUFYVfbc0
ここは3vs3が成立してるが破壊音からするにもう一人は悪行がいるみたいだなあ
一人こっち足らないか
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 17:52:25.52 ID:yUFYVfbc0
あ、学ランの存在をすれてた 失敬
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 17:58:26.97 ID:4p1XA/K8o
フロスト真っ直ぐでいいなぁ。変にクセのある性格のヤツが主人公にならなくて良かった

>>162
あー、もう1人いるのか。なら4vs4になるかもね
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 18:02:46.03 ID:yUFYVfbc0
あれか
また通天閣の四方にリングが生えてくる悪行超人の間改造が出るのかw
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 18:07:54.28 ID:KW2Tb4Nf0
募集超人を見ると最後の悪魔超人はブタ肉マンか?
初期のスグルのクズさは正義超人らしくなかったからなー
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 18:28:21.08 ID:tCjfAQP2o
ザ・ガクラン「ジャガーヤン、漢ってェのはよお。やらなきゃならねー時があるんだ」

ジャガーヤン「ガクラン……!」

ザ・ガクラン「分かってんだろ、本当はよ」

ジャガーヤン「……もちのロンや! よしツーテン!」

Bro.ツーテン「僕は最初からそのつもりでした! 兄さんの心に正義の火を再び灯させるために戦います!」

ザ・ガクラン「フロストマンありがとう。正直俺らァ、巨大な敵を前にブルっちまってた。でもよ、おかげで目ェ覚めたぜ」

フロストマン「……! はい! 行きましょう!」

ザ・ガクラン「おうよ!」


ザ・ガクラン「おいグレート!」

グレート通天閣「ん?」

ザ・ガクラン「この大阪正義超人一同と!」

フロストマン「北海道よりフロストマン! 義によって助太刀します!」

ザ・ガクラン「――この4人が、お前らをこれからブッ倒して根性入れ直してやっからよォ」

ザ・ガクラン「こっちこいやコラ〜〜〜〜〜〜ッ!!」

「せやせや!」

「ガクちゃんやっちゃって〜ッ!」

「ワシらの町いくら壊してもええ! だからあのアホンダラ倒したってや〜〜!」



グレート通天閣「ふん! 良かろう! ケットシー、バスタード来い!」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 19:22:37.64 ID:tCjfAQP2o
――商店街特設ステージ

瀬昆田「では、これより大阪正義超人 対 残虐超人復権チームの試合を始める」

瀬昆田「試合内容は簡単! 4対4で個人戦を行い先に3勝した者の勝ち」

瀬昆田「勝数2対2になった際は代表者決定戦を行う! 双方よろしいか!」

グレート通天閣「無論大阪正義超人が負けた際は、この町を俺達に明け渡し、潔く去ることを誓えるなっ!?」

ザ・ガクラン「ぐ……もちろんだ」

瀬昆田「試合表は以下の通りとなっている!」


1試合目 フロストマン VS ???

2試合目 ジャガーヤン VS Mr.ケットシー

3試合目 Bro.ツーテン VS グレート通天閣

4試合目 ザ・ガクラン VS スプリング・バスタード
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:25:05.23 ID:yUFYVfbc0
注目は第三試合ですなー
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:35:05.10 ID:lenglbdKo
兄弟対決だもんな
ジャガーマンが微妙に改名されてて吹いたw
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:38:19.99 ID:KW2Tb4Nf0
フロストマンの対戦相手はまさか……
フロストマンが尊敬する超人がキン肉マンだとすると……
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 19:51:40.65 ID:tCjfAQP2o
瀬昆田(むむ……フロストマンの相手は謎のレスラーらしい。心配だが……)

ワーワー!

アイスイリマッカーアイスー

タコヤキーエータコヤキー

ジャガーヤン「おっちゃんたこ焼き一つな」

「第一試合開始いたします。選手は入場してください」

瀬昆田「始まるぞ……!」


「大阪正義超人チームより……フロストマンの入場です!」

「北海道から特訓にやってきた現役高校生超人! 暑い大阪にクールな風を吹かします!」

「青いボディと太陽光に乱反射する輝きが美しい! 甘いマスクと優しい笑顔が大阪の女子高生に密かなブームを巻き起こしているとか!」

「大勢の観衆を前にして戦うのはこれが初めて! どう戦っていくのか期待が高まります!」

キャアーーッ!

フロストマン「あはは、どうも」

フロストマン「うゥ〜〜ッ、緊張するなあ。一体ぼくの相手は誰なんだ――」


「続いて――残虐超人復権チームより……”ブタ肉マン”の入場です!」

エ〜〜〜〜〜〜ッ?

フロストマン「な、なんですって!?」
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:53:25.31 ID:4p1XA/K8o
ブタ肉マンキター!
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:54:17.95 ID:yUFYVfbc0
ファーーwww
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:56:12.61 ID:KW2Tb4Nf0
因みにこれが二世のブタ肉マン(中身はカオス)
http://yabou-karakuri.sakura.ne.jp/diary/hanpera/imeage26/Image225.jpg
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:00:32.57 ID:tCjfAQP2o
「80年代中盤に現れたあのキン肉マンのパチモン超人がリングに帰って来た〜〜〜〜?」

「あの武骨なマスクの下は一体誰なんでしょう。そしてどんな戦いを見せてくれるのか気になるところです!」

ザワザワザワ

ブタ肉マン「や! やぁみなさん! どーも! ぐわははは!」

フロストマン「ぱ、パチモンですってェ〜〜?」

フロストマン「あ、あなた、パチモンなんですか?」

ブタ肉マン「パチモン? ん〜ん、ボキ、ブタ肉マン」

フロストマン「え、えぇ〜〜〜〜?」

フロストマン「……」


Bro.ツーテン「あ! 見てください瀬昆田先生!」

瀬昆田「ま、まさかフロストマン!」

瀬昆田「あいつ……」


瀬昆田「明らかに”イヤ〜〜〜”な顔してる! あんな顔初めて見たぞ!」

ザ・ガクラン「本当だ! ”イヤ〜〜〜”な顔をしてやがる! よっぽどイヤだったんだ!」
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:04:48.40 ID:KW2Tb4Nf0
>ブタ肉マン「パチモン? ん〜ん、ボキ、ブタ肉マン」


ここのボキは「ボク」の誤字?それともそういう喋り方?
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:05:24.89 ID:4p1XA/K8o
調べたら原作にいるのかよw
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:06:24.13 ID:tCjfAQP2o
ブタ肉マン「ぐっふっふ〜〜お前のことなんかボキが倒しちゃうもんね〜〜」

フロストマン「……」

フロストマン「尊敬するキン肉マンさんを”あんな”風にするなんて……」

フロストマン「さすがに怒っています!」

ブタ肉マン「うるしゃ〜〜! ボキにいくら怒ろうとしたってムダムダ〜〜」

フロストマン「ぐ、ぐうう〜〜〜〜」


「両者リングに上がったようなのでそろそろ始めても……よろしいでしょうか」

ブタ肉マン「当ったり前!」

フロストマン「お願いします!!」

「決着はKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過によって決められます!」

「で、では試合スタートです!」


カーーーン!

【直下コンマ下一桁判定】
偶数:フロストマン先行
奇数:ブタ肉マン先行
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:06:51.79 ID:KW2Tb4Nf0
先行
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:07:56.85 ID:yUFYVfbc0
昔の漫画ではイラッとさせるキャラがボキってよく使うぞ
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:13:04.30 ID:tCjfAQP2o
ブタ肉マン先行!

ブタ肉マン「じゃあボキから行くわよ〜〜ん!」

フロストマン「こ、来いッ!」

ブタ肉マン「う〜〜〜〜ん」

「ブタ肉マン腕を十字に交差させた! あれはまさか――」

【直下コンマ87以下でブタ肉マンからあの技が……?】
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:14:01.91 ID:01/Qxi0q0
やあっ
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:14:11.89 ID:3N1xWqJ60
ほいな
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:15:40.16 ID:KW2Tb4Nf0
コンマが高くよかった……
俺はコンマに参加しないわ(前回も最後以外参加しなかったけど…)
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:19:02.93 ID:tCjfAQP2o
ブタ肉マン「ありっ? 今日は出が悪いな〜〜」

「不発だった〜〜!」

ブタ肉マン「あらこっちだった」キュッキュ

「続いてブタ肉マン、豚鼻をノズルのように回し始めて!」

ジョボジョボ…

ブタ肉マン「ふぃ〜〜やっと出た〜〜」ジョボジョボジョロロ…

「やっとビームが出た〜〜! でも何だかばっちいぞ!!」


Bro.ツーテン「」ズッコケ

ジャガーヤン「」ズッコケ
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:22:17.82 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「げ、下品な奴め! キン肉マンさんを汚すな〜〜ッ!」

「フロストマンその隙をついてカウンターに打って出た!」


瀬昆田「さすがだフロストマン! 相手のペースに乗らせられてはいけないぞ!」

ジャガーヤン「やるんやフロストマン!」

フロストマンのカウンター!

↓2
1一発ぶん殴ってやれ!
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)でばっちいビームと一緒に凍らせるんだ!
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:23:04.38 ID:yUFYVfbc0
1
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:24:36.97 ID:4p1XA/K8o
1
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:32:58.56 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「おりゃあーッ!」

ブンッ

バキィッ

「怒りのパンチがブタ肉マンに当たったァー!」

ワアアアアア!

ブタ肉マン 体力7/8

ブタ肉マン「……」

「おっと! ブタ肉マンの顔が歪んだ!」

フロストマン「どうだブタ肉マン! これがぼくの――」

ゾワッ

フロストマン「な、なんだ今の寒気は」

ブタ肉マン「……痛い」

ブタ肉マン「痛いじゃあないか……ぶ、ぶふ、ぶふふふ」

フロストマン「ひっ」


ザ・ガクラン「怯むなフロストマン! 練習の成果を見せてやれ!」


フロストマン「は、はい!」


フロストマンのターン!

↓2
1このままもう一撃加えてやれ!(成功率66%+5%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%+5%)
4ロープに振られて強打をお見舞いしてやれ!(成功率66%+5% 残り4本)
5その他
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:35:32.40 ID:01/Qxi0q0
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:35:36.04 ID:lenglbdKo
2
嫌な予感がする
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:35:39.22 ID:KW2Tb4Nf0
2
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:35:57.58 ID:yUFYVfbc0
4 まずはこれで疲れさせよう
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:36:29.49 ID:KW2Tb4Nf0
マスクの下にはとんでもない超人がいるとか?
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:37:21.11 ID:yUFYVfbc0
キング・トーンとか?
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:44:05.98 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「うおおおお〜〜!」

ドッ

「さらにフロストマン、ブタ肉マンにがっちりと抱き着いた! 何をしようと言うのか!」


瀬昆田「そうか! あの技を皆に見せると言うのだな! やれー!」


フロストマン「行くぞ! 霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)!」

ピシピシピシピシ

ブタ肉マン「う、ぐお、がああ〜〜ッ!」

「なんということでしょう! フロストマンが触れた所からブタ肉マンが凍って行く! 冷凍豚だァーーっ!」

フロストマン「氷の中で少し頭を冷やしてください!」


ブタ肉マン 体力6/8
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 20:51:16.62 ID:tCjfAQP2o
ブタ肉マンのターン!

「ブタ肉マン氷の中で大きくもがいています!」


ザ・ガクラン「すごい生命力だ。あの氷の中であきらめず動き続けるなんて!」


ブタ肉マン「さ、さぶい……で、でもボキ負けないもん!」

フロストマン「何度来たってぼくはお前には負けないぞ!」

ブタ肉マン「負けない……負けないもんね。負けないもんねェ〜〜〜〜ッ!」

ブタ肉マン「うおおおお〜〜〜ッ」

ガッガッ

ガキッ ガキンッ バキッ バキッ

フロストマン「あ、ああッ!」

「ブタ肉マン何と今度は氷を内側からかじり始めた!」

ブタ肉マン「かき氷みたいでおいち〜〜!」

「呆気にとられるフロストマン! ブタ肉マンはこの氷を食いつくしてしまうのだろうか!」

↓【直下コンマ57以下(基準値87%-10%-20%)で氷をあっという間に食い尽くし――】
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 20:53:50.84 ID:4p1XA/K8o
なんか隠してそう。怖いな…
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 21:40:46.19 ID:tCjfAQP2o
ブタ肉マン「お、お腹いたい」

「ブタ肉マンダメダメだァ〜! 氷を食べ過ぎておなかをこわしてしまった!」

フロストマン「よ、弱すぎる! でもここで情けをかけてはいけない!」

フロストマン「そこからもう一撃食らわしてやる!」

フロストマン「ブタ肉マン! そんなに氷から出たければ、ぼくが出してやるウリャアア〜〜!」

ガッキャアーーンッ

ブタ肉マン「ぐわああ〜〜!」

「フロストマン天高く舞い上がり、その手刀で氷ごとブタ肉マンを切り裂いたー!」

ブタ肉マン「が、がが! い、痛いよォ〜〜ン!」

ブタ肉マン「ママ〜〜ッ!」

「ブタ肉マン泣き出してしまった! これは情けない!」

フロストマン「これで許してなるものか! まだまだ行くぞ!」


ブタ肉マン 体力5/8

フロストマンのターン!

↓2
1攻撃は終わらない!(成功率66%+15%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)でもう一度凍らせろ!(成功率66%+15%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%+15%)
4ロープに振られて強打をお見舞いしてやれ!(成功率66%+15% 残り4本)
5その他
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 21:43:57.74 ID:01/Qxi0q0
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 21:44:50.15 ID:JfcGK8eo0
1
鼻にパンチだ!
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:03:50.35 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「そのぶたっぱなへし折ってやる!」


瀬昆田(フロストマンがあんなことを言うとは……あまり怒らせない方が良いな)


フロストマン「うおおおお〜〜!」

ブタ肉マン「ひいい〜〜ッ!」

「フロストマン渾身の一発を振りかぶる! もはやどっちが正義か分かりません!」


ザ・ガクラン「こっちに決まってんだろ!」ガン!

「ご、ごめんなさい」

【直下コンマ81以下でブタ肉マンの鼻が折れる!】
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:04:25.73 ID:01/Qxi0q0
どうだ
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:06:03.62 ID:4p1XA/K8o
ガチで弱いのかな。なんか可哀想になってきた
それにしても今日はコンマ運がいい
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:08:57.38 ID:JfcGK8eo0
攻撃の成功値87だかが基準みたいだし多分格上なんじゃ?
コンマが全力で祝福してるんでわかりにくいけど
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:10:32.07 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「でやぁ〜〜ッ!」

バキ!

ブタ肉マン「ぎゃ」

「な、なんということでしょう! ブタ肉マンの鼻が……フロストマンのパンチで”もげて”しまったァ〜〜!」

グロイワー

キモイー


ブタ肉マン 体力4/8


フロストマン「これでもうキン肉マンさんの名は騙れないだろう!」

フロストマン「……あっ!」

フシュウウ…!


ジャガーヤン「な、なんや、あれェーッ!」

「な、なんと! ブタ肉マンのもげた鼻の奥から……不気味なダクト音が聞こえて来たーーッ!」

瀬昆田「機械音だってー!?」
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:12:03.01 ID:lenglbdKo
げぇーーっ!!
オーバーボディ!!
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:12:49.74 ID:JfcGK8eo0
きたきたこう来なくっちゃ
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:17:59.81 ID:tCjfAQP2o
ブタ肉マン「ぶふ、ぶふ」

フロストマン「な、なんだ……なんなんだ一体!」

ブタ肉マン「ボキ? ブタ肉マン、ブタ肉星から来た王子なのだ、ぶふ」フシュウウ

フロストマン「な、なんなんだ!?」


瀬昆田「ここで冷静さを失ってはいけない! 戦い続けろーッ!」


フロストマン「は、はい!」


スプリング・バスタード「クララ……」

Mr.ケットシー「アイツの調子は良いようだな、バスタード」

スプリング・バスタード「相手は氷使い。少々、相手が悪かったようだがな……”学習相手”としてはちょうどよかろう」

Mr.ケットシー「行けー! ブタ肉マン! そのままどんどんやられていくんだーッ!」


ブタ肉マン「うるしゃ〜〜! ボキはこのままフロストマンをやっつけちゃうんだからねーん!」


スプリング・バスタード「むむ、口答えか。最初に学習させた奴はよっぽど性格が悪かったと見える」

スプリング・バスタード「まあ構わん。続けろ」


ブタ肉マン「ふ〜〜〜〜ん!」
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:20:56.91 ID:4p1XA/K8o
もしかしてラーニングタイプか?さっさとケリをつけたいな
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:25:39.50 ID:tCjfAQP2o
ブタ肉マンのターン!


ブタ肉マン「グオオオオ!」

フロストマン「くッ!」

フロストマン(つ、掴まれてしまった!)

フロストマン(でもさっきの調子なら簡単に振りほどけるはず……!)グッ

フロストマン「!」


瀬昆田「どうしたフロストマン! そんな掴み振りほどいてやれーっ!」


フロストマン「そ、それが……できない!」

フロストマン(な、なんて馬鹿力! ぼくが動いても全然何もできないぞ)

ブタ肉マン「ぶふ〜〜お前なんか、あの鉄柱に叩きつけちゃうもんねー!」ググ

フロストマン「あ、ああっ!?」

「まさかの一転攻勢! ブタ肉マンがフロストマンを持ち上げ、リングにある鉄柱にその身体を突き刺してしまおうとしているぞーッ!」

フロストマン「ぐ、ぐあああ!?」

ブタ肉マン「食らえーーッ!」

【直下コンマ67以下(基準値87%-20%)でフロストマンの身体を鉄柱が貫く!?】
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:26:21.51 ID:x+i7zcXZO
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:27:01.55 ID:JfcGK8eo0
氷でガードだ
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:32:35.60 ID:tCjfAQP2o
グサァーーッ!

フロストマン「ぐ、ぐあああッ!」

「フロストマンが背中から鉄柱に叩きつけられてしまったァーーッ! これは刺さったか!?」

ザワザワ…

ザ・ガクラン「フロストマン!」

瀬昆田「あ、ああ……!」


フロストマン「……」

フロストマン「……」ピク


瀬昆田「ふ、フロストマン!」


フロストマン「へ、へへ……だ、大丈夫、です」ムクリ


ワアアアアアア!


「奇跡です! フロストマンの身体には鉄柱が刺さってはいなかったーッ! 命にも別状はない様子です!」

フロストマン(今ので大分ダメージは貰ったけどね……ぐッ)ズキッ


フロストマン 体力4/6
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:36:01.27 ID:tCjfAQP2o
フロストマン(落とされた瞬間咄嗟に身体に力を入れたんだ)

フロストマン(そうしたら身体がふいに冷たくなって……)

フロストマン(まるで自分自身が氷になったみたいに固くなっていた)

フロストマン(それで鉄柱から身を守れた……あれはいったい)

フロストマン(いや、考えている暇はない)

フロストマン(今の攻撃で状況は振り出しに戻った)

フロストマン(ブタ肉マン、アイツは少し抜けているが明らかに……強い!)

フロストマン(とにかく早く倒さないと……!)


フロストマンのターン!

↓2
1負けてたまるか!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)でもう一度凍らせろ!(成功率66%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いしてやれ!(成功率66% 残り4本)
5その他
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:37:13.18 ID:4p1XA/K8o
確実に行きたい。2
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:39:06.59 ID:JfcGK8eo0
5
ロープに振ってその隙に密かに床を凍らせてラリアット(汚いビームがあるはず)
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:40:36.14 ID:JfcGK8eo0
あ、意図としては豚肉を滑らせて回避を難しくさせたい
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:41:43.24 ID:4p1XA/K8o
避けようとしたら滑って転ぶ訳ね
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:46:17.91 ID:tCjfAQP2o
ピチャ

フロストマン「ん?」

フロストマン(足下が濡れている)

フロストマン(なるほどさっきの汚いビームか! なんでそのせいで濡れているか分からないけど、これを使えば!)

ソーッ

ガイン

フロストマン「ロープに振って――」

フロストマン(ばれないようにリングを凍らせれば――)


瀬昆田「ん!」

瀬昆田(そうか! よく考えたぞフロストマン! リングを凍らせて自分のペースを取り戻すのだ!)

【直下コンマ66以下でバレずにリングをアイススケート場にできる!】
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:52:22.66 ID:JfcGK8eo0
言い出しっぺいきます
凍れ!
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:57:47.10 ID:x+i7zcXZO
ギリギリ通ったか
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:01:19.01 ID:tCjfAQP2o
フロストマン「その勢いで――」

グググ…

ガイーーンッ!

フロストマン「ラリアットだァ〜〜〜!」


ブタ肉マン「ラリアットぉ? そんな分かりやすい突進でボキがやられる訳が――」

ツルッ

ツルルツルッ!

ブタ肉マン「な、なんで!? なんで身動きとれにゃーの!?」ツルルッ

「これは私も気づかなかったぁーー! 氷のマジック! フロストマンが気付かれぬ内にリングをスケートリンクにしてしまっていた!」

「ブタ肉マンそれに気づかず――」

ミシミシミシミシーーッ

バキャーッ!!!

ブタ肉マン「がああああッ!!」

「もろにラリアットを受けてしまったァーーーーーーッ! これは痛い!!」

ブタ肉マン「が、がが!」

「お、おや? ブタ肉マンの様子が何かおかしいぞ……」

「あ!」

瀬昆田「ああ!」

ザ・ガクラン「なんと!」

ジャガーヤン「まさかこいつ!」

Bro.ツーテン「あれって!」


ブタ肉マン? 体力1/8
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:03:14.32 ID:JfcGK8eo0
うまくいってよかった
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:13:26.39 ID:tCjfAQP2o
「ま、マスクが半分千切れ飛んでいる! そしてそのマスクの下にあったのは――」


フロストマン「ろ、ロボ……!」

瀬昆田「ロボ超人!!」


スプリング・バスタード「否!」


ザ・ガクラン「スプリング・バスタード!」


スプリング・バスタード「こやつは自ら望んで、私の手によって機械の身体となった機械超人!」

スプリング・バスタード「そして様々な超人の技を記録し学習していくだけのコンピュータ超人となった!」

スプリング・バスタード「ブタ肉マン! その正体を見せてやれ!」


ブタ肉マン「ボキ、ボキ、ボキ」バチバチッ…!

ブタ肉マン「!」シュバッ


スプリング・バスタード「そう! 奴の本来の名は! 不気味の谷よりの使者――」

スプリング・バスタード「”アシモフ”!!」


アシモフ「ぐ、ぐぎぎぎぎ!」
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:18:17.50 ID:JfcGK8eo0
不気味の谷とアシモフか
いいセンスしてますな
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:26:22.16 ID:tCjfAQP2o
スプリング・バスタード「アシモフにインプットしたのは過去の超人のデータだ」

スプリング・バスタード「今入っているのは、あのキン肉マンのデータなのだが……如何せん昔のデータらしく人格に影響が出たらしい。再調整が必要だな」


フロストマン「機械……超人!」


瀬昆田「聞いたことがある……チェコの老博士ユーリ・コピィロフが発案した超人をさらに強くする技術”機械超人”!」

瀬昆田「永遠の強さと若さを手に入れるべく手術を願い出た超人は数あれど結果的、それに耐えられたものはほとんどおらず――」

瀬昆田「途中で全て死んでしまったらしい」

Bro.ツーテン「なんてことだ……!」

スプリング・バスタード「クララ〜ッ! それも昔のこと! 何を隠そう私はそのユーリ博士の弟子!」

スプリング・バスタード「私はその不完全な研究を数十年費やし遂に完成へとこぎつけたのだ!」

スプリング・バスタード「戦えアシモフ! いくら壊れようと私が直してやる!」


アシモフ「ぐぎぎ……!」

フロストマン「……!」

フロストマン「何だか良く分からないが……そっちがまだ戦う気であればぼくだって!」

アシモフ「ぐぎぎ〜〜〜ッ!」

「ブタ肉マンいや機械超人アシモフ、フロストマンに再び襲い掛かる!」

ガッ

アシモフ「ぐぎゃお〜〜ッ!」

フロストマン「くっ、また!」

「機械超人アシモフ、再びフロストマンを鉄柱に叩きつけようとしている! どうするフロストマン! 逃げ切ることが出来るのかーッ!」

【直下コンマ77以下(基準値87%-10%)でフロストマンの身体を本当に鉄柱が貫く!?】
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:37:21.66 ID:57WYpuEm0
ほい
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:39:53.61 ID:lenglbdKo
フロストマ〜〜〜〜〜〜ン!!!!
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:42:51.80 ID:JfcGK8eo0
ええいアシモフめ足を滑らせてこけちまえ
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:49:41.27 ID:tCjfAQP2o
グサァーーーーッ!

フロストマン「ぐぇーーーーーーーっ!!」

「さすがのフロストマン二回目は避けられない! 鉄柱が脇腹に突き刺さったァーーっ!」

キャアアアアアア

ヒイイイ

フロストマーン

フロストマン「く……」ムクリ

2/6


瀬昆田「フロストマン無茶をするな!」

ザ・ガクラン「そうだ! 後は我々に任せて――」


フロストマン「ダメですよ……」


ザ・ガクラン「えっ?」


フロストマン「ダメですよ……男が一度した約束を破るなんかしちゃあ……ぼくはみんなの生活を守るために戦わなくっちゃあいけないんだ」

フロストマン「瀬昆田先生……言ったでしょう……大丈夫だって――」



瀬昆田「フロストマン……!」

ザ・ガクラン「やいアシモフ! お前は超人を学習する超人だと聞いた! ならば学習しろ!!」

ザ・ガクラン「ここに……こんなに誠実な超人が……いるじゃあねェか……!」


アシモフ「ぎぎ、ぐぎぎ、ぐぎ」
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:56:04.52 ID:tCjfAQP2o
フロストマンのターン!


フロストマン(痛い……意識が途切れそうだ……)

フロストマン(でも、もう少し……もうひと頑張り……しなくちゃあ――)

フロストマン(みんな……待ってるから……)

フロストマン「うおおおおォォォォォッ!」

「重症のフロストマン何たる気迫! 力を振り絞っているようだ!」

↓2
1この一発さえ決まれば!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)でもう一度凍らせろ!(成功率66%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いしてやれ!(成功率66% 残り3本)
5その他
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:56:30.75 ID:KW2Tb4Nf0
1
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:00:58.29 ID:C/rxh+KUo
1
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:01:22.20 ID:CJcwRUm50
1 魂のチョップ!
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:03:00.34 ID:5s0FVkMI0
怖いからコンマの時は出ないね
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:07:09.53 ID:hmk3t6f3o
フロストマン(やっと見つけられた……)

フロストマン(これがぼくの戦闘法:スタイル……)

フロストマン(ぼろぼろになっても立ち上がる……みんなの、それと……仲間の為に……!)

フロストマン「食らえアシモフ! これがぼくの戦い方だ!」

フロストマン「うおおおお〜〜ッ!!」

アシモフ「ぐぎぎぎぎぎ!」

【直下コンマ66以下で魂の一撃!】
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:11:09.51 ID:CJcwRUm50
とおおおお!
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:11:12.75 ID:C/rxh+KUo
頼む!
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:12:16.83 ID:5s0FVkMI0
やった!話的にもいい感じだったし、今回は色々頑張ったと思う
あとは2人とも勝ちぬけてくれれば……
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:13:53.68 ID:CJcwRUm50
成し遂げた ふー
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:16:33.55 ID:C/rxh+KUo
取らなくて良かった…

>>239
ナイス!
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:19:44.77 ID:hmk3t6f3o
フロストマン「ふっ……!!」

ドッ



アシモフ 体力0/8

アシモフ「ぎ、ぎ」

アシモフ「」ドサッ



KO!!

○フロストマンVSブタ肉マン(機械超人アシモフ)●
(バックハンド・チョップ)





わあああああああああああああああああああ!!

パチパチパチパチパチ…!

ザ・ガクラン「やったぞおおおおおお!!」

ジャガーヤン「ようやったフロストマン! お前は大阪の誇りや!」

Bro.ツーテン「さすがです!」

瀬昆田「フロストマン!」

瀬昆田「……フロストマン?」

瀬昆田「おい! 返事をしてくれ……フロストマン!」


瀬昆田「フロストマン!!」
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:27:39.94 ID:hmk3t6f3o
リングに伏したのは機械超人だけではなかった。

それに続くように倒れた戦士 フロストマン。

瀬昆田は”あの日”を思い出し、彼に駆け寄る。
自体に気付いた観衆も息をのんでそれを見守った。

瀬昆田「フロストマン!」ダッ

瀬昆田「フロストマン! フロストマン、死ぬなッ!」

フロストマン「……」

フロストマン「……」

フロストマン「……」

フロストマン「……んぅ」ムニャムニャ

瀬昆田「ね、眠ってるだけだ……!」

瀬昆田「良かった……本当に……良かった……!」


観衆も安堵しフロストマンの健闘と初勝利に再び拍手を送ったのであった。

しかし、安心するのはまだ早い。大阪を賭けた戦いはまだ始まったばかりなのだから……!




次回! ジャガーヤン対Mr.ケットシー けもの対決! すっごーい!
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:29:32.29 ID:5s0FVkMI0

今回はコンマのおかげで物語がいい感じになったと思う
優先→少しピンチ→優先→ピンチ→最後の逆転……みたいな感じにさ
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:31:37.78 ID:hmk3t6f3o
長かった また来週
肉好きはもうお気づきだろうがユーリ・コピィロフは原作にも出てくる
おやすみ
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:34:18.42 ID:C/rxh+KUo


猫科対決だと思ったらタイトルw
コピィロフ原作にもいるのか。あと今気付いたが通天閣マンを倒したのって…
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:40:30.09 ID:ZxscH4XVO

コピィロフはウォーズマンの父を改造した博士だったか
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:40:38.44 ID:CJcwRUm50
確かウォーズマンのパパを改造しておかしくした学者だったよね?
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 10:36:39.99 ID:C/rxh+KUo
そういえば試合は全部安価なのかな?安価だと書き溜め出来ないだろうし
フロストや重要な試合以外は別に作者が書いてもいいんじゃないかなと思うが
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 16:40:06.29 ID:0MQFY1oz0
きっと今場内はフロストコールで溢れてるな
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 21:23:23.38 ID:CJcwRUm50
週刊超人プロレスリングとかあればに載るかなw
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 13:47:20.91 ID:adL9//A+o
――数日前

フロストマン「ねえジャガーヤン、ジャガーヤンは何でジャガー”ヤン”なんですか?」

ザ・ガクラン「お、いきなり哲学的な質問だな」

ジャガーヤン「ふっふっふっー! よう聞いてくれたなフロストマン、その質問を待っていたんや」

Bro.ツーテン「僕もその名前の由来聞いたことなかった。どうして”ヤン”なんだい?」

ジャガーヤン「それはやな――」


第七話 遂に明かされる”ヤン”の秘密!? 大阪超人のプライド!
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 13:49:01.12 ID:awIARRDa0
これで負けたらはずいなぁ……
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 13:56:47.87 ID:adL9//A+o
――リング

フロスト! フロスト! フロスト!

「北海道から来た正義超人フロストマンが勝利を収め10分! 今でも客席からはフロストコールがやみません!」

「さて、そろそろ次の戦いが始まるそうです! さっそく選手入場してもらいましょう!」


ザ・ガクラン「どうだ、ジャガーヤン。調子の方は」

ジャガーヤン「ぼちぼちってとこかいな」

ザ・ガクラン「負けるなよ」

ジャガーヤン「へへ、バカにすんなや。フロストマンにばっかかっこつけさせるわけイカンでほんまに」

ザ・ガクラン「ふふ、そうだな」

ジャガーヤン「ツーテンの様子はどうや」

ザ・ガクラン「瀬昆田先生が付いてアップを始めている」

ジャガーヤン「そういうことやない。アイツの”様子”や」

ザ・ガクラン「ああ……アイツの対戦相手はグレートだったな……」
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 13:58:25.59 ID:adL9//A+o
ジャガーヤン「残虐超人のオーダーとは言えエッグイことするでほんま」

ザ・ガクラン「全くだ」

ジャガーヤン「で、様子は」

ザ・ガクラン「……明らかに緊張している。ムリは無い」

ジャガーヤン「さよか……じゃあなおさら気張らなアカンな!」

ザ・ガクラン「頼んだぞ」

ジャガーヤン「行ってくる!」

ザ・ガクラン「おう!」

ジャガーヤン「ワイが勝ったらフロストコールかき消すくらいのジャガーヤンコール頼むで!」

ザ・ガクラン「誰がやるか! ガッハッハ!」

ザ・ガクラン(がんばれよ、ジャガーヤン――)
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 14:06:15.71 ID:adL9//A+o
「準備は整いました! さっそく呼んでみましょう!」

「大阪正義超人チームより――ジャガーヤンの入場です!」

「ジャガーの毛皮を被ったワイルドなマスクマン!」

「普段は県内高校生観光組合に所属し観光客の案内をしていることで皆さんにもお馴染みでしょう!」

「しかしリングに上がればその優しさは一転!」

「地獄への案内人に変わるのです!」

「さぁ今日はどんな戦いを見せてくれるのでしょうか!?」


わぁ〜〜〜〜〜〜ッ!


ジャガーヤン「おおきに! みんなおおきに!」


「続いて残虐超人復権チームより――Mr.ケットシーの入場です!」
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 14:17:16.82 ID:adL9//A+o
「二足歩行の猫型超人! 会場の猫好き観客からは黄色い声援が上がります!」

キャアアアアアアネコカワイイイイイイイイ!

ジャガーヤン「あんたらどっちの味方やねん!」

「小柄が体躯を活かしたスピード戦法が得意!」

「今日はそんなスピード残虐ファイトは見れるのでしょうか!」


Mr.ケットシー「ニャニャ〜ッ!」

Mr.ケットシー(俺の大好きな大柄なファイター……ニャニャッ)

Mr.ケットシー(俺はこういうのが小柄なに為すすべなく倒されていく様を見るのが何よりもすきなんだニャ)

Mr.ケットシー「爪が疼くぜ……ニャフフ」

ジャガーヤン「ネコ科ならこっちの方が強いに決まっとるわ〜〜〜アホ〜〜〜ッ!」

ジャガーヤン「リングに沈めたるわ!」

「決着はKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過によって決められます!」


「試合開始!」

カーーン!

【直下コンマ下一桁判定】
偶数:ジャガーヤン先行
奇数:Mr.ケットシー先行
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 14:18:46.08 ID:awIARRDa0
今日は休みだけど、事前にやると言っていないから人いるかな……
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 14:27:21.91 ID:adL9//A+o
ジャガーヤン「ぶっ飛ばしたらァ〜〜ボケェ〜〜ッ!」

「ジャガーヤンが先行! さっそくケットシーに飛びかかったあ〜〜!」

ジャガーヤン「うらァああああッ!」


Mr.ケットシー「ニャニャッ!」

【直下コンマ01か00でジャガーヤンのクロスチョップがMr.ケットシーを砕く!】
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 14:28:18.94 ID:awIARRDa0
無茶ぶりw
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 14:36:42.46 ID:adL9//A+o
Mr.ケットシー「遅い!」シュバッ!

ジャガーヤン「なにッ!?」


「なんということだ! 飛びかかったジャガーヤンより早くMr.ケットシー飛び上がり――」


Mr.ケットシー「リングに沈むのは貴様の方だァ〜〜ッ!」

ズガァ〜〜ンっ!

ジャガーヤン「ぐわはっ!?」


「ジャガーヤンにダーーーーイブ! ジャガーヤンが言葉通りリングに沈んでしまったァ〜〜ッ!」


ジャガーヤン「は、早い!」 体力9/10

Mr.ケットシー「ニャハハ! 猫は豹よりも強し!」

Mr.ケットシー「貴様が立ち上がるそれよりも早く! 貴様にもう一撃食らわしてやる!」


「加えてケットシー、先ほどのジャガーヤンと同じくクロスチョップを掛けようとしている! どうなるか!」

【直下コンマ18(基準値13+5)以上でジャガーヤンにクロスチョップが!】
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 14:43:06.51 ID:pEk5qFEhO
むずいw
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 14:44:00.85 ID:TeUodXyKo
つえええええ
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 14:44:52.83 ID:awIARRDa0
負け試合なのか?
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 14:48:12.47 ID:adL9//A+o
ごめん18以下だわ訂正訂正
もっかい振って

【直下コンマ18(基準値13+5)以下でジャガーヤンにクロスチョップが!】
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 14:48:18.37 ID:TeUodXyKo
まあ全員勝っちゃうとガクランの出番なくなっちゃうからなぁ
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 14:51:07.49 ID:awIARRDa0
>>268
そこは「残虐超人が素直にルールを守ると思ったか!?」とかで
原作の残虐超人は試合以外の残虐さが足りない
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 14:56:53.31 ID:adL9//A+o
Mr.ケットシー(決まった! タフな奴だがこのまま試合を俺のペースに持っていけば――)


ジャガーヤン「おい」


Mr.ケットシー「ニャ?」

ガシッ

「おっとこれは――」

ジャガーヤン「さっきはよくもやってくれな、ケットシー」

ジャガーヤン「だがよォ」

ジャガーヤン「リングに沈むのは」

ジャガーヤン「やっぱし、お前やで!」

「ジャガーヤン、飛びかかるケットシーを掴んで――」


ジャガーヤン「くたばれやァーーーーッ!」

ズガーーーーーンッ!


「リングに叩き落としたァーーーーッ!」


Mr.ケットシー「が……はッ!?」
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 16:11:44.63 ID:adL9//A+o
Mr.ケットシー(何が……何が起きた?)

Mr.ケットシー(確か俺はリングに倒れたジャガーヤンに追撃を加えようとして――)

Mr.ケットシー「はっ!?」

Mr.ケットシー(逆に……リングに”叩き落とされていた”!)


ジャガーヤン「Mr.ケットシー、ワイはな」

ジャガーヤン「ガクランみたいに心が海よりデカいワケやない」

ジャガーヤン「ツーテンみたいに丁寧でもない」

ジャガーヤン「フロストマンみたいに不屈の闘志を持ってる訳でもない」

ジャガーヤン「その点一歩後ろを歩いているんや。追いつけないところ、それが自分がようわかっとる」

ジャガーヤン「でもなぁ、ワイにはそれにも勝る”タフさ”がある!」

ジャガーヤン「そのタフさはどうやって扱うか」

ジャガーヤン「それはやな――」


ジャガーヤン「こうやってお前のようなアホが一瞬の隙を見せてくれるのを待つためやあーッ!」

ジャガーヤン「どや、ワイのカウンターは!」

Mr.ケットシー「」体力0/1

ジャガーヤン「……なんや、気ィ失っとるやないか」


ワアアアアアア!!


「豹は一撃で殺す! なんと! ジャガーヤンが一撃KOを食らわせましたーッ!」


KO!!

○ジャガーヤンVSMr.ケットシー●
(浮落)
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 16:17:13.48 ID:awIARRDa0
終わるの早!?
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 16:24:23.80 ID:adL9//A+o
――リングサイド

ドタドタッ

瀬昆田「始まったか!」

ザ・ガクラン「瀬昆田先生か。いや、終わったよ」

瀬昆田「お、終わっただって!?」

ザ・ガクラン「ジャガーヤンの眼は相手の弱点を見抜くためにある。完璧なカウンタータイプなんだ」

瀬昆田(こ、これが大阪超人……すごい)
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 16:45:57.64 ID:adL9//A+o
――数日前

ジャガーヤン「ワイ、ジャガーヤンがジャガーヤンである理由、それは数年前にさかのぼる……」

ジャガーヤン「ワイ、実は1年前までただの人間やった」

ジャガーヤン「しかし、ワイは憧れの正義超人になる為に大阪超人養成機関”豹の穴”の門を潜った」

ザ・ガクラン「虎の穴じゃないぞ、豹の穴だ」

ジャガーヤン「そこでワイは10年かけて超人になるべく厳しい特訓に耐えた」

ジャガーヤン「死んでいく仲間、厳しいコーチ、ワイの心は氷のように凍っていった」

ジャガーヤン「でもワイは耐えた」

ジャガーヤン「そして15歳の春、ワイは遂に数々の試練を乗り越え、とうとう超人へと生まれ変わったんや!」
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 17:19:10.77 ID:adL9//A+o
ジャガーヤン「その時ワイの名は、まだ”豹太”やった」

ジャガーヤン「超人となったワイは10年ぶりに自分の家へ戻った」

――1年前

豹太少年「ただいま」

おかん「あらッ! 豹太!」ドタドタドタドタ

おかん「よ、よう帰って来てくれたわ!」

豹太「おう……」

おかん「あらッ! あ、あんたぁ……! そのカッコ!」


ジャガーヤン『豹の毛皮を被り、姿の変わったワイを見ておかんはこう言ったんや』


おかん「豹太! アンタァー、そ、そのカッコ……”豹(ジャガー)やん”!!」
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 17:23:39.20 ID:adL9//A+o
ジャガーヤン『豹の超人に変わったワイを”豹(ジャガー)やん!”と!』

ジャガーヤン『そこでワイはな、思ったんや』

ジャガーヤン『”あ、それワイのリングネームにしよ”と』

フロストマン『な、なんですってェーー!?』

Bro.ツーテン『全くと言っていい程センスを感じない!』

ジャガーヤン『いやな、最初は自分の名前を”ザ・ジャガーマン”あたりにしておこうとも思ったんや、豹やし』

ジャガーヤン『でもな、もう一ひねり、もう一ひねり欲しかった。今考えると”ザ・ガクラン”と”ザ”被りしとる。”マン”も色々被りそうや』

ジャガーヤン『そこで! 確かにワイ、ジャガーやし、それに大阪超人やし』

ジャガーヤン『ジャガーヤンでええやん! と思ったんや!』
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 17:27:06.08 ID:pS0URYy40
なんて深い理由なんだ(棒)
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 17:37:47.12 ID:adL9//A+o
ジャガーヤン『それにな、ワイら大阪超人は何より”エンターテインメント”を重視している』

ジャガーヤン『ワイらはな、お客さんの笑顔がみたいんや。正義の前にまずそれがある』

ジャガーヤン『死んだ通天閣マンもお客さんの笑顔が大好きやった』

ジャガーヤン『”豹の穴”で心を凍らせたワイはおかんの言葉を聞いて思い出したんや』

ジャガーヤン『ワイが憧れの超人になってやりたかったもんは何なのか、な』

ジャガーヤン『ワイは超人プロレスを見て、みんなに喜んでもらいたかったんや!』

ジャガーヤン『その気持ちを忘れぬよう、豹太少年は”ジャガーヤン”になったんやで』

279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 17:39:24.62 ID:awIARRDa0
それならジャガーマスクでよかったんじゃない?パロディ的に
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 17:43:32.37 ID:pS0URYy40
捻り過ぎて腸捻転起こすタイプだなジャガーヤンw
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 17:49:06.03 ID:adL9//A+o
ジャガーヤン! ジャガーヤン! ジャガーヤン! ジャガーヤン!

ザ・ガクラン「聞こえるか、ジャガーヤン……お前のファイトは確実に観客を湧かせている」

ザ・ガクラン「俺が先導しなくたってジャガーヤンコール、上がっているじゃあないか」

ザ・ガクラン「ガハハ……一瞬の逆転劇、一撃でリングに相手を沈める戦い、お前こそ大阪が誇るエンターテイナーだ!」

ジャガーヤン! ジャガーヤン! ジャガーヤン! ジャガーヤン!



ジャガーヤン(二勝目はもらったで……次はお前の番や、ツーテン)

ジャガーヤン(お前が勝てば、この試合、勝利が決まる。それにガクランも戦わずに済む)

ジャガーヤン(あのアホンダラ兄貴に目に物見せてやるんや!)
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 17:50:48.31 ID:awIARRDa0
ガクランが戦ったら何か困る所があるのか?
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 17:53:41.70 ID:pS0URYy40
死んだ兄の必殺技を正義超人魂と共に受け継ぎ磨き上げ続けたブラザーと、絶望し残虐技に縋り付いたグレートの必殺技対決とかなら胸アツだなあ
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 17:54:54.67 ID:adL9//A+o
――控室

Bro.ツーテン「……」

Bro.ツーテン「……兄さん」

Bro.ツーテン「僕は……負けない!」


次回! 宿命の兄弟対決!
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 17:57:49.26 ID:awIARRDa0
来週、コンマが働けばいいが……
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 18:09:31.52 ID:pS0URYy40
おつー?
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 18:10:44.75 ID:adL9//A+o
もう一話やるか?
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 18:49:53.83 ID:pS0URYy40
9時くらいからなら観客も増えそうじゃない?
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 18:51:18.58 ID:x7Xe0rq0o
いるよー
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 20:16:54.70 ID:MafxYj6qo
うおおおお!ジャガーヤン!!ありがとう!名前変わったときは?と思ったが納得したわ!ありがとう!
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 22:21:02.09 ID:nyiTwKKg0
もう一話は来ずかな
残念
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 23:31:44.87 ID:F2Yo3/HHO
若干の強キャラ感を出していたのにあっさりやられてしまった…
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 00:28:41.25 ID:uoFltxHao
第8話 兄の心を取り戻せ! 宿命の兄弟対決!

「現在、大阪正義超人チームが二勝! 次勝て残虐超人は追放、大阪の平和が取り戻されます」

「しかしそこに控えるのは因縁の兄弟対決! ブラザー・ツーテン 対 グレート通天閣」

「グレート通天閣は元は大阪の正義超人だったのですが、兄である通天閣マンが残虐超人に虐殺されてから一転自らも残虐超人へとその身を落とします」

「観客からは彼が出場するのにブーイングの嵐が巻き起こっています」

ブーブー

「さてそんな今までより更にアウェーな雰囲気の中試合が行われようとしております」

「おっと……お二方準備できたそうで」

「それでは呼んでみましょう!」

「大阪正義超人チームより――ブラザー・ツーテンの入場です!」
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 00:29:19.71 ID:i1ASD2VpO
来たか!
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 00:36:09.44 ID:wJeMy+H80
ツーテン!ツーテン!
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 00:39:38.96 ID:uoFltxHao
Bro.ツーテン「……」

ワーワー マケルナー ガンバッテヤー

「ブラザー・ツーテンは大阪の守り神とも言われた超人 通天閣マンの弟!」

「そして対戦相手グレート通天閣は彼の兄でもあります!」

「そんな複雑な状況の中、彼は十分に戦うことができるのでしょうか! 大阪正義超人チームの勝利に王手がかかり期待が高まります!」


「続いて残虐超人復権チームより――グレート通天閣の入場です!」

ヒッコメー ブーブー カエレー ウラギリモノー

ポイッ

カンッ

「あいたッ! 皆さんにも見えているでしょうか!? この空き缶やゴミがグレート通天閣の歩く道に次々と投げられています! 私にも当たってますって!」

「それもそのはず! グレート通天閣は元は大阪正義超人、今の彼は我々にとって裏切り者に違いありません! 私も空き缶投げちゃおっと」ポイッ

グレート通天閣「……」

「やや! しかしグレート通天閣そんなブーイングをものともせずリングへと静かに歩を進めます! これは恐ろしい!」

「試合を前に波乱を予感させております!」
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 00:50:00.90 ID:uoFltxHao
――リング

グレート通天閣「ツー坊、いや、ブラザー・ツーテン」

Bro.ツーテン「兄さん、いや、”残虐超人”グレート通天閣」

「両者にらみ合いが続きます」

Bro.ツーテン「僕は貴方にお願いしたいことがあります」

グレート通天閣「……」

Bro.ツーテン「僕がこの試合に勝ったその時――」

Bro.ツーテン「正義超人に戻ってください」

Bro.ツーテン「貴方はまだ……正義の心を忘れてはいないはず。僕はそれを信じている」

Bro.ツーテン「それが嫌なら、あるいは……二度とこのリングに足を踏み入れず、この大阪に二度と来ないでください」

Bro.ツーテン「お願いします」

グレート通天閣「……」

グレート通天閣「はは、ははは、ハハハハハ!」

Bro.ツーテン「何がおかしい!」
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 01:02:52.58 ID:uoFltxHao
グレート通天閣「ハハハハハ……いや、俺が負けるなどと戯言を言っているからな、笑っていただけだ」

グレート通天閣「お前が勝った時のことに関しては……まあ俺をどうしても構わない。煮るなり焼くなりしろ」

グレート通天閣「だが!」

グレート通天閣「俺は今日、残虐超人としての”汚点”を消し去る為、このリングに上がった!」

グレート通天閣「汚点とは、お前のことだよブラザー・ツーテン!」

グレート通天閣「俺が兄 通天閣マンの死によって残虐への道を潜った時! お前を殺しておくべきだった!」

グレート通天閣「残虐の道に肉親などいらぬ!」

グレート通天閣「よってだ!」

グレート通天閣「俺がこの試合に勝った時! お前を殺す! 必ずだ!」
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 01:19:27.81 ID:uoFltxHao
「なんということでしょう! 勝利の暁にお互い条件を出し合った!」

「ブラザー・ツーテンはグレート通天閣に正義の心を求め!」

「グレート通天閣はブラザー・ツーテンに死を求めたァーッ!」

「二人の魂をかけた戦いが今、始まろうとしています!」

Bro.ツーテン「……」

グレート通天閣「フフフ……」

「決着のルールについてはもう分かっておりますね! それでは試合 開始ーッ!」

カーーンッ!

【直下コンマ下一桁判定】
偶数:ブラザー・ツーテン先行
奇数:グレート通天閣先行
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 01:21:57.40 ID:Mijvl9940
ファイ
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 01:52:55.29 ID:uoFltxHao
Bro.ツーテン「……ッ!」

ガイン

「ブラザー・ツーテンの先行! ツーテンは大きくロープに振られていきます」

ガインガイン

「おっと、これは……またロープへと移った。そして更に振られていく」

ガインガインガインガイン

「こ、これは振られ過ぎじゃあないでしょうか」

ガインガインガインガインガインガインガインガイン!!

「なんとこれは! 振られる度にブラザー・ツーテンの移動速度が速くなっているではありませんか! だんだん目でその姿を追うことが難しくなってまいりました!」

ギギッ

ガイーーーーーーンっ!

Bro.ツーテン「くらえっ! グレート通天閣!」

「ブラザー・ツーテンそのスピードが最高潮に達した時、ふわりと浮き上がりそのままグレート通天閣に殴りかかる!」


瀬昆田「あ、あれは!」

ザ・ガクラン「知っているのか瀬昆田先生!」

瀬昆田「おうとも忘れるはずもない。あれは通天閣マンの技!」

瀬昆田「ロープに振られる勢いで空中に浮かびあり相手に強烈なスーパーマンパンチを加える――」

瀬昆田「浪速の空を貫く一筋の光”通天の一刺し”!」

【直下コンマ79以下で”通天の一刺し”成功!】
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 01:54:33.99 ID:LdmMX3Wno
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 01:56:30.69 ID:wJeMy+H80
スカッ
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 01:58:33.11 ID:4DLWrlcz0
外れてゾロ目なのが悲しい
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 02:00:44.17 ID:uoFltxHao
グレート通天閣「”通天の一刺し”か……ふん、そんな負け犬の技を繰り出したところで!」

グレート通天閣「ムダなんだよォ〜〜ッ!」

ガシッ

Bro.ツーテン「む、むぐぐ」

「グレート通天閣、飛んできたブラザー・ツーテンの頭を鷲掴み!」

グレート通天閣「おうらッ!」

「そのまま放り投げたァ〜〜〜!」

バシィイン!

Bro.ツーテン「ぐわあーーッ!」体力6/7
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 02:09:52.71 ID:uoFltxHao
グレート通天閣「次は俺の番だ!」

Bro.ツーテン「ぐ、うぐぐ」

グレート通天閣「フッフッフ……」

「グレート通天閣、今だ起き上がれないでいるブラザー・ツーテンに近付いていく! 何をするつもりか!」

グレート通天閣「……」ガシッ

「おっとぉー自分の頭に刺さる通天閣の飾りを掴んでどうするんだ!?」

グレート通天閣「ぬぅん!」ズポッ!

「な、なァんとグレート通天閣、自分の象徴ともいえる通天閣を引き抜いたァーーーー!」

オオサカノシンボルガー ナニスルンヤコノドアホー

グレート通天閣「ふん! この通天閣で! 貴様の身体に穴を開けてやる!」

グレート通天閣「通天閣の先端は尖っていて痛いからなァ〜〜〜〜〜〜!」

「凶器! 凶器です! グレート通天閣、自らの象徴を凶器として弟へと向けた!」

グレート通天閣「この技に名前を付けるなら!」

グレート通天閣「”通天の一刺し”ならぬ”通天のメッタ刺し”ってところだァ〜〜〜ッ!! 死ねッ、我が汚点よ!」

【直下コンマ90(基準値85+5)以下で”通天のメッタ刺し”がブラザー・ツーテンを貫く!】
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 02:11:37.61 ID:wJeMy+H80
ガードだ!
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 02:14:20.81 ID:4DLWrlcz0
コンマ悪いし負けそう
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 02:25:10.10 ID:uoFltxHao
グレート通天閣「ほれほれほれェ〜〜〜ッ!」ザクザクザクーッ

Bro.ツーテン「ギャ、ギャア〜〜〜〜ッ!」体力4/7

「リングに飛び散る血しぶき! こ、これが残虐超人のやり方なのか!」

「観客は悲鳴を上げて逃げていく人も多数! この惨劇に目を覆うしかありません!」

Bro.ツーテン「や、やめるんだ兄さん。そんなファイトしちゃあいけない……」

グレート通天閣「まだ生きていたか愚か者め! 殺すと言った言葉が聞こえなかったか!」

Bro.ツーテン「聞こえないね! 兄さんが正義の心を取り戻すまでは!」

グレート通天閣「貴様に通天閣の刃を向けたこの俺に正義の心がひとかけでも残っていると思ったか〜〜ッ!」

Bro.ツーテン「くッ……!」

Bro.ツーテン「クソーーーッ!」

Bro.ツーテン(ダメだ! ”通天の一刺し”を繰り出すには勢いが足らなすぎる!)

「ブラザー・ツーテン、再びロープに振られスーパーマンパンチを繰り出すが――」

【直下コンマ69(基準値79-10)以下でパンチ命中!】
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 02:29:50.80 ID:wJeMy+H80
ブラザーの基本値割といいから記述で工夫すればほぼ失敗しない程度まで行くかな
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 02:30:58.80 ID:wJeMy+H80
っていつの間にか進んでるし
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 02:58:31.63 ID:uoFltxHao
グレート通天閣「今度は遅すぎる! やはり負け犬の真似事をしたところでムダだという事なのだ!」

グレート通天閣「そのパンチ、倍にして返してやる!」グワッー

Bro.ツーテン「があああーーッ!」体力3/7

「ブラザー・ツーテンの悲鳴が会場にこだまするーーッ!」

Bro.ツーテン「はあ……はあ……はあ……!」

グレート通天閣「そうかそうか、その生意気な口はやっと動かなくなったか」

グレート通天閣「ならば後はトドメを刺すだけよ!」

ググ…!

Bro.ツーテン「が……は……」

「グレート通天閣がトドメを宣誓! ブラザー・ツーテンにグランドヘッドロックを決めたーーーーッ!」

「ルールに則り3カウントを行います!」

「ワン!」

【直下コンマ79以下でブラザー・ツーテンがホールドを切り抜ける!】
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 03:13:52.27 ID:fgX+Wbqu0
てい
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 03:40:31.22 ID:uoFltxHao
Bro.ツーテン「ふッ!」バッ

グレート通天閣「何ィ!」

「ブラザー・ツーテン、グレートのホールドを抜けたッ! そして――」

Bro.ツーテン「おりゃあッ!」

「ついに――」

バキイッ!

「その一撃がグレート通天閣の顎に――」

グレート通天閣「がァっ!!」体力7/8

「入ったァァァァァあぁぁあぁああああ!!」

ワアアアアアアアアアアアアアア!

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!

ツーテン! ツーテン! ツーテン! ツーテン!

グレート通天閣「貴様ァ……!」

Bro.ツーテン「痛かったですか……兄さん……」

Bro.ツーテン「それが……正義の一撃です」


次回! ブラザー・ツーテン反撃なるか!?
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 03:41:01.59 ID:uoFltxHao
また明日
おやすみ
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 08:09:33.41 ID:4DLWrlcz0
コンマ悪いからツーテン負けそう
てか、なんでこんなにコンマ悪いの?
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 09:55:36.36 ID:KUt6a/CO0
文句ばっかだなお前
昨日から陰気なことしか書かないし場の空気悪くして楽しいか?
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 12:21:18.59 ID:4DLWrlcz0
ごめん、気を付ける
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 14:30:59.27 ID:LdmMX3Wno
コンマは運だから文句言っても仕方ない

最初はツーテン負けた方がストーリー盛り上がると思ったけどグレートが負けたら死んでもらうとか
言い出したから不味い状況になってしまったな…。なんとか勝たないと
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 14:55:59.22 ID:4DLWrlcz0
まあ、死んでもキン肉マンだからすぐに復活したリする可能性はあるからそこまで追い詰めなくても大丈夫だと思うけれど…
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 23:35:39.27 ID:wJeMy+H80
>>316
コンマとった俺への文句かな?
反省してるみたいだからブラザーに声援送るなら流そうw
肉ならここからドラマあるべし コンマ唸らせんとなー
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 18:39:43.32 ID:Sw5ytTot0
双方成功値が高いからブラザーが全部当てるのは必須としてグレートの攻撃を二回かわさないと1ずつ削れて先にブラザーが倒れるんだよな
このままではジリープアー(徐々に不利)だ!
大技で一気に持っていく展開が欲しいところ
タワー型超人だし長身を活かした超ハイアングルパワーボムとか見栄え良さそう
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 15:04:59.65 ID:A+fPnznoo
Bro.ツーテン「それが……正義の一撃です」

グレート通天閣「ぐううう……」


瀬昆田「クソォ見てられん! ガクランどうにかしてくれえ!」

ザ・ガクラン「ダメだ瀬昆田先生! この戦いはお互いの拳をぶつけ合ってでしか解決できないものなのだ」

ジャガーヤン(ツーテンも大阪超人、やはり技の決まり方についてはこだわりがある)

ジャガーヤン(リング上でいかに見栄えのあるファイトができるかを念頭に置いた戦いをしている)

ジャガーヤン(通天閣マンの技を使うのもその意志の表れや)

ジャガーヤン(やけどな……ダーティファイト、つまり勝つためにはどんな手でも使う今のグレート相手じゃあお前は勝てん!)

ジャガーヤン(アイツはお前の兄貴や。せやけど今のアイツは――)


ジャガーヤン(確実にツーテンを殺そうという気持ちで戦っているんや……!)

第9話 失われた正義! 兄弟対決決着!
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 15:24:12.24 ID:A+fPnznoo
「さて試合は少々ブラザー・ツーテン側に傾きつつ、仕切り直されました!」

「両者一歩も譲らずじりじりと間合いを詰めていきます」

Bro.ツーテン「……兄さん!」

グレート通天閣「ぐふふふふ……今一発を俺にくれた所でお前の不利は変わらん」

グレート通天閣「何度やっても無駄なのだ。そろそろ気付け我が汚点よ!」

Bro.ツーテン「……」

Bro.ツーテン「何で……」

Bro.ツーテン「何で僕の声が届かないんだ兄さん……!」ボロ・・・ボロ・・・

Bro.ツーテン「どうすれば――ッ!」ドァッ!

「あーーーっ! ブラザー・ツーテン、トップロープに飛び上がり! グレートに降りかかったァーーーッ!」



Bro.ツーテン「食らえ兄さんッ! 通天閣が誇る”免振ダイヴ”だァーッ!」


ザ・ガクラン「通天閣は大地震に耐える強度を持つ。ダイブし相手の攻撃をダンパーのように封じ込める技だ!」

ジャガーヤン「ツーテンやったれーーー!」

【直下コンマ79以下で”免振ダイヴ”成功!】
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/01(月) 15:26:37.91 ID:y5ylHoWK0
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 15:33:06.90 ID:2UZmR5PSo
ツーテンしぬのかな
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 16:27:26.58 ID:A+fPnznoo
グレート通天閣「それも我が兄通天閣マンの技!」

グレート通天閣「ムダだと――」

シュッ

「グレート通天閣ダイブを素早く避けたッ!? そして――」

グレート通天閣「言っておろうがァーーーーッ!」

ガッシイイーーーーン!

「対空カウンターチョップを放つゥゥーーーーー!」

Bro.ツーテン「ぐわああああーーー!」体力2/7

グレート通天閣「正義の一撃とやらは俺を倒すことはできない!」

ギギッ

Bro.ツーテン「グゲッ!」

「グレート通天閣、ロープをブラザー・ツーテンに巻き付け絞めたーーーッ! これは苦しい!」

「ブラザー・ツーテンこのままでは宣言通り死んでしまうぅーッ!」

【コンマ90(基準値85+5)以下で…】
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 16:29:40.08 ID:62c4ooTy0
リングの下に磁石超人でも隠れて妨害してるんじゃないかこれ

耐えろ!
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 16:30:46.60 ID:y5ylHoWK0
本当にゴメンm(__)m……ツーテン……
俺達がふがいないばっかりに……
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 16:36:08.00 ID:62c4ooTy0
コンマに後悔するのもグジグジ毎回陰気なこと書くのもやめろって
誰も得しないから
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/01(月) 16:39:02.13 ID:y5ylHoWK0
>>330
陰気なことかもしれないけど、自分たちのせいでツーテンが死んだら、ツーテンに謝るのは普通。
前の2人のコンマが良かった分、尚更
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 16:40:25.81 ID:A+fPnznoo
グレート通天閣「ハハハハハ! 死ねェーーーーッ」

グ…

グググ…

グギギギギギ!

Bro.ツーテン「に、兄さ……」

Bro.ツーテン「ううッ」ガクッ

Bro.ツーテン「」体力0/8



「つ、ツーテンが」

「ツーテンが、し、死んでしまったァーーーーーッ!」


ザ・ガクラン「ツーテーーーーーーーーン!!」


KO!!

●ブラザー・ツーテンVSグレート通天閣○
(首絞め ※反則技)
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 16:44:02.80 ID:62c4ooTy0
ん?
反則技裁定か まだ息があれば処刑前に新超人乱入のパターンあるかな
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 16:47:42.97 ID:EsTYa5zGo
誰か乱入して人工呼吸すればまだ蘇生出来るはず…
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 16:51:15.15 ID:y5ylHoWK0
超人パワーを分ければあるいは……
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 16:52:21.54 ID:A+fPnznoo
グレート通天閣「フハ、フハハ、こ、これで俺も真の残虐超人になれたぞ! なあスプリング・バスタード!」

スプリング・バスタード「……」

グレート通天閣「ん……?」

スプリング・バスタード「クララ……そんなこと……誰が言ったかなグレート通天閣」

グレート通天閣「な、なにッ!」

スプリング・バスタード「それに……見ろ」

グレート通天閣「……!」


Bro.ツーテン「……う……ァ」


ジャガーヤン「い、生きてるで!」

瀬昆田「良かった! ツーテン君は生きているぞ!」
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 17:01:47.33 ID:62c4ooTy0
反則攻撃で倒れたから決着は付いていない選手交代だ!
位は少年漫画では稀によくあるw
ガクラン二連戦も熱いがなんか既に悪行チーム雲行きがあやしいぞ
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 17:05:42.26 ID:A+fPnznoo
グレート通天閣「クソォ〜〜〜〜ッしぶとい奴め! 何度、何度でも殺してやる!」

「やめろォ〜〜ッ! 試合は終わったというのにグレート通天閣、弟に攻撃を続けようとしている!」

グレート通天閣「お、俺は……俺は……残虐超人にィいいいい!」

?「やめろ!」

グレート通天閣「何ッ!」

「お〜〜っとリングに乱入して来たのは誰だァーーー!」

グレート通天閣「き、貴様! ……ザ・ガクラン!」


ザ・ガクラン「グレート! 貴様の試合は終わった。リングから降りろ!」

グレート通天閣「俺に指図をするな! 俺は宣言通りブラザー・ツーテンを殺すまでここからは離れない!」

ザ・ガクラン「……」

ザ・ガクラン「グレート、貴様も残虐超人にその身を落とすまでは俺達大阪正義超人の仲間だった」

ザ・ガクラン「且つてともに練習し合ったことを忘れたか! あの偉大な兄”通天閣マン”の死を忘れたか!」
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 17:21:59.52 ID:A+fPnznoo
グレート通天閣「通天閣マンが残虐超人に殺された時! 俺はその弱さに絶望した!」

グレート通天閣「クリーンファイトを貫き戦った結果がこうであるならば正義超人は正義としてその役目を全うしていないのではないか! 俺はそう考えたのだ」

グレート通天閣「大阪正義超人の下を離れ荒れる俺の前に現れたのは――」

グレート通天閣「奇しくも我が兄、通天閣マンの仇……”ヴェルサイ・U”であった!」

グレート通天閣「ヤツは兄の仇と襲い掛かった俺を完膚なきまでに叩きのめした」

グレート通天閣「……」

グレート通天閣「俺は……この俺は……その強さに……憧れを抱いた」

グレート通天閣「残虐とは”ストイック”である」

グレート通天閣「勝利を前に手段を択ばないということは、常にその眼をその時を使い続けるということ」

グレート通天閣「俺は――だから残虐超人の道を選んだ!」

グレート通天閣「そして、更なる強さを求めるにはどうすれば良いのか聞く俺にヴェルサイは言った……」

グレート通天閣「『弟を殺せ』と」


グレート通天閣「大阪正義超人として鍛錬を重ねたことを忘れたわけではない。兄の死にざまを忘れたわけではない」

グレート通天閣「ただ、”それ”に正しさを見出せなかっただけのことよーーッ!」


ザ・ガクラン「それが貴様の言い訳かァーーーーッ!」
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 17:34:10.68 ID:EsTYa5zGo
強さこそが正義っていうデスマスク的な思考になっちゃったんだな
まあ結局勝てなきゃどうしようもないのは事実だから難しい所
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 17:34:58.98 ID:62c4ooTy0
こんなところまで瀬昆田先生の痛恨の思い出が影を…
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 17:42:50.38 ID:A+fPnznoo
ジャガーヤン「落ち着くんやガクラン! 見境を無くして相手に殴りかかるなら残虐超人と変わらん!」

ザ・ガクラン「!」

ザ・ガクラン「……すまない、ジャガーヤン」

ザ・ガクラン「しかし分かったことがある」

ザ・ガクラン「ツーテンには悪いが……グレート通天閣は正義超人に戻ることはないだろう」


ザ・ガクラン「それに、この戦いは兄弟間で行われた宣誓の元で成り立つ。俺が水を差すのは許されねェ」

ザ・ガクラン「だが、大阪正義超人を代表して言わせてもらうが、このままむざむざ目の前でツーテンが殺されるのを見ているだけなんてことはしたくねぇ」

ザ・ガクラン「仲間が死ぬところを見るなんて嫌なんだ俺ァ」

ザ・ガクラン「そこでだ……残虐超人共に提案がある」

ザ・ガクラン「その処刑とやら……この戦いが終わるまで待ってくれねえか」

ザ・ガクラン「この試合で俺達は2勝1敗、まだ全体の戦いがどう転ぶかは分からねえ」

ザ・ガクラン「もし――残虐超人がこれ以降の試合勝ち越して、全体の戦いの勝利を収めたら――」

ザ・ガクラン「ツーテンを――」


ジャガーヤン「ザ・ガクランなんてこと言うんや!」

ザ・ガクラン「うるせェ! これが……俺なりの折り合いの付け方だ……クソッ」
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 18:01:45.38 ID:A+fPnznoo
ザ・ガクラン「だが!」

ザ・ガクラン「次の試合で俺が勝ったり、万が一俺が負けてもその次の代表者決定戦で俺達が勝ったりしたら――」

ザ・ガクラン「どんな手を使ってでもツーテンを助ける」

ザ・ガクラン「いいな」


グレート通天閣「そんなこと許す訳なかろうがァ〜〜〜!」グワッ

スプリング・バスタード「待て」

グレート通天閣「な、なんだスプリング・バスタード!」

スプリング・バスタード「それで良かろう」

スプリング・バスタード「奴らがツーテンを助けるには早い所決着を付けねばイカン」

スプリング・バスタード「いずれにしろ虫の息だ、このまま放っておけば死ぬ」

スプリング・バスタード「私もデータを取る為に戦っておきたかった所だ。早くリングから降りろ」

グレート通天閣「ぐ、ぐぬぬゥ〜〜〜〜ッ!」

スプリング・バスタード「クララ……そう怒るな。本来であればこの戦いは貴様の反則攻撃であることを突かれれば、問答無用で我らの負け」

スプリング・バスタード「激情に身を任せたお前の責任でもあるのだぞ」

グレート通天閣「ぐうう」

スプリング・バスタード「ほれ、降りろ」シッシッ

グレート通天閣「……くッ」

スプリング・バスタード「……フン、旧世代の遺物共めが」
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:03:47.95 ID:y5ylHoWK0
相手側の雲行がおかしくなってきたぞ……
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:08:02.96 ID:62c4ooTy0
ハンデキャップマッチくらい要求してくるかと思ったが反則裁定まで頭に入れた上で恩を売った形に持ち込んだかうまいな
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:09:55.79 ID:EsTYa5zGo
キン肉マン詳しくないから割りとムチャやってるのかと思ってたが
ちゃんと反則裁定とかあるんだな
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 18:12:16.06 ID:A+fPnznoo
ジャガーヤン「ええんかガクランあんなこと言ってまって」

ザ・ガクラン「ああするしか時間の稼ぎようがなかった」

瀬昆田「ガクランの強さだ、リングに上がってグレートを倒してしまえば――」

ザ・ガクラン「スマン……」

ザ・ガクラン「だが大丈夫だ。次の試合は俺が必ず勝つ」

瀬昆田「ああ……」


ジャガーヤン「……」

ジャガーヤン(ワイは知っている)

ジャガーヤン(ガクランは誰にも言っていないし、その姿を見せてはいない)

ジャガーヤン(だが――)

ジャガーヤン(アイツは見えないところで大阪に襲い来る悪行超人たちと見えないところで戦っている)

ジャガーヤン(それに……それによってケガを負っていることも――)


次回! 暗雲立ち込める中、ガクラン対スプリング・バスタード戦が始まる!
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 18:12:54.11 ID:A+fPnznoo
もう一話やれたらいいなって思ってる
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:17:33.44 ID:62c4ooTy0
何時頃か教えてもらえれば馳せ参じるよ
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:25:14.37 ID:62c4ooTy0
>>346
能力も考え方も違う超人たちが信念をぶつけ合って文句が出ないように決着つけるためのルールだから双方の祖先たちが細かく築き上げてるよ
例えば連戦時のインターバルタイムはどんな悪行超人たちも忠実に守ってきたと言及するシーンもある
ゆで名物の後付けだけどねw
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:29:27.79 ID:y5ylHoWK0
>>350
残虐超人はその名の通りに凶器を使ったりする輩もいるけどね。
基本的にルールを守って残虐行為をするけれど
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:34:29.89 ID:62c4ooTy0
凶器が肉体やコスチュームならそれだけでセーフだしねw
上位の超人は能力も多彩だから委員長のジャッジが地味に重要
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:37:24.51 ID:y5ylHoWK0
>>352
委員長は基本的に無能だからあまりあてにならんけどなw(アニメで見るとさらに思う)
悪行超人は一応、"リング内"では反則行為はしないのが多い。卑怯なことは結構するがね
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:44:14.69 ID:62c4ooTy0
コミックでは割と権威あるんだよな
鶴の一声で悪行超人が引き下がったり試合形式変わったりするし
大体大王と前座試合でブーイング食らうだけの役目だがw あれ好きなんだけど
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:45:53.63 ID:y5ylHoWK0
>>354
アニメだと尺の都合で長くなるからちょっとイライラするけどなw
二世?知らん
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 22:29:50.30 ID:A+fPnznoo
40分後に試合開始!
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 22:30:45.65 ID:ZQYKLhSyO
了解。今のうちに逃げておく
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 22:31:43.04 ID:if6FKqsjO
いよいよ俺の超人がたたかうのかこれは女房を質にいれても見なければ
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 23:03:32.87 ID:EsTYa5zGo
ガクランは素の戦闘力は高いが怪我のせいで本気出せない状況ってことだよな
果たしてどう転ぶか。負けてフロストが再び戦うのも熱いがここはガクランに勝ってもらいたいな
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 23:22:23.65 ID:A+fPnznoo
ダッダッダッダッ

瀬昆田「フロストマン!」

フロストマン「先生! ぼくが眠っている間に試合はどうなりましたか! それとぼくって勝ったんでしょうか!?」

瀬昆田「ま、まあ落ち着けフロストマン。これからザ・ガクランが戦うところだ」

フロストマン(ザ・ガクランが戦っているだって……? ということはジャガーヤンかツーテンくんが負けたのか)

フロストマン(残虐超人、なんて強さなんだ……!)


第10話 正義VS残虐決着か! ザ・ガクランの漢気!
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 23:36:57.04 ID:A+fPnznoo
「大阪正義超人チームより――ザ・ガクラン!」

「皆さんご存知、大阪正義超人のリーダー! 学ラン姿の舎弟達を引き連れて堂々の入場!」

ドン!

ドドン!

ドン! ドン! ドン! ドン!

ドンドンドンドンドンドンドンドン…

ドドン!

学ラン男A「よォッ!」

ドン!

ザ・ガクラン「とあッ!」

「素晴らしい太鼓と一糸乱れぬ学ラン男達のパフォーマンス! これがまさに大阪超人というもの!」

「正義超人チーム先程は負けてしまったが今回こそは期待ができそうです!」


フロストマン「ぼくもああいう入場が良かった」

瀬昆田「こ、今度な!」
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 23:57:28.03 ID:A+fPnznoo
「続いて――残虐超人復権チームより……スプリング・バスタードの入場です!」

「身体をビルのような装甲で覆った超人! それ以外は謎の多いレスラーです!」

「唯一放送席で知りえた情報は、彼が実は大阪出身だという事だけ!」

「謎の多いファイトを是非とも見たいところです」

スプリング・バスタード「……」

ザ・ガクラン「……!」

スプリング・バスタード「よろしく頼むよ、ザ・ガクラン」

ザ・ガクラン「……なんだ、この手は」

「なんと! スプリング・バスタード、今まで見て来た残虐超人に見られなかった行為! 握手を求めて来たァーーー!」

ザ・ガクラン「……何か、企んでいるように見えるが」

スプリング・バスタード「考え過ぎだ。お互い正々堂々と戦おうじゃあないか、クララララ!」

ザ・ガクラン「チ……分かった」

「おおおおおーーッ! 正義と残虐、握手が交わされたァーーーーー!?」
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/01(月) 23:58:43.00 ID:y5ylHoWK0
そんなわけない。そんなわけない
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 00:00:11.84 ID:XKMLQDJ4o
残虐超人はそこまで卑怯なイメージないんだよなあ
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 00:02:04.64 ID:MMmBm8XdO
いうてもヒールよりの正義超人だからね
U世だとそんなことはなかったぜ!って感じだが
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 00:02:42.15 ID:Jwz2uS3go
「両者準備もよろしいようなので、そろそろ始めてもよろしいでしょうか?」

スプリング・バスタード「構わん」

ザ・ガクラン「早くしろ、ツーテンが心配だ」

「ではもう一度確認します!」

「決着はKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過によって決められます!」

「では試合、開始!」


カーーン!


【直下コンマ判定】
偶数:ザ・ガクラン先行
奇数:スプリング・バスタード
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 00:03:08.37 ID:v+AAMzRp0
ほい
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 00:13:15.82 ID:Jwz2uS3go
スプリング・バスタード「クララァ〜〜〜〜ッ!」

「スプリング・バスタード、その巨大な手足を動かしザ・ガクランに接近していくーゥ!」

「見た目に似合わずスピードは速い! これが秘めたる力だったのか!」

ザ・ガクラン「うおおおーーーーッ!」

「ザ・ガクラン応戦! 二人の叫びが会場に響き渡ります!」

【直下コンマ12以下でスプリング・バスタード攻撃成功】
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 00:15:06.39 ID:1m5Qs8FG0
させるか
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 00:28:22.60 ID:Jwz2uS3go
ザ・ガクラン(フロストマン、ジャガーヤン、ツーテン、俺は行くぞ……!!)

ザ・ガクラン「一撃で決める! それもド派手な一撃だ!」

「ザ・ガクラン一撃KOを宣言! うまく行けばいいのですが……!」

ザ・ガクラン(それに一撃で決めない事にはツーテンの身体が持たない。それに俺も――)

ザ・ガクラン「おおおおお……!」

スプリング・バスタード「クララ〜〜ッ! そんな叫び声を上げた所で格闘には1%も効果が表れないぞ!」

ザ・ガクラン「おおおおおおおお……!」

スプリング・バスタード「ク、クララ!?」

スプリング・バスタード「なんだ……! なんだその気迫……いや、オーラは!」

「なんだ! スプリング・バスタードが急に怯んだぞ! 何か見えているようだ!」

スプリング・バスタード「私の改造”眼(アイ)”は、この男が纏うオーラのようなものを検知している!」

スプリング・バスタード「これはいったい……ハッ!」

スプリング・バスタード「ユーリ博士が言っていた! これは正義超人が主に発する力!」

スプリング・バスタード「”友情パワー”!」

スプリング・バスタード「解析不能! 解析不能!」
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 00:44:02.58 ID:1m5Qs8FG0
ガクラン! ガクラン!
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 00:44:35.66 ID:Jwz2uS3go
スプリング・バスタード「しかし――面白い!」

スプリング・バスタード「その力、非常に興味がある! 一度受けてみたいと思っていたのだ!」


グレート通天閣「何を言っている! 勝たなければ俺の残虐の道は――」


スプリング・バスタード「ええいやかましい小童めが! 貴様の悪の道など知ったことか!」

スプリング・バスタード「私の敗北は明日の勝利へと繋がる!」

スプリング・バスタード「フロストマンといい大阪正義超人といい今日は良いデータが取れた!」

スプリング・バスタード「言ったであろう! 悪行超人は今や一枚岩ではないと!」

スプリング・バスタード「私は残虐超人最高の為にこうしてアシモフのような超人と共に数々の超人データを基にした最高の残虐超人を作りたいだけ!」

スプリング・バスタード「考えてもみろ! 貴様の目的は自分を残虐超人として成り立たせるために1人躍起になっておっただけではないか!」

スプリング・バスタード「目を覚ませ旧世代の遺産よ!」


グレート通天閣「何だと!」


スプリング・バスタード「貴様の下らん自尊心、大阪正義超人の無駄の多い派手な技! それが旧世代の遺産だというのだ!」
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 00:50:29.52 ID:Jwz2uS3go
スプリング・バスタード「さぁ来いザ・ガクラン! この私の計算された攻撃と貴様の”友情パワー”どちらが強いか勝負だ!」

スプリング・バスタード「クララァ〜〜〜〜ッ!」

ザ・ガクラン「うおおおおおおおおッ!」

ザ・ガクラン「食らえッ! 残虐超人共! これが俺達大阪正義超人のプライドだァーーッ!」

「ザ・ガクラン飛び上がったァー! これはザ・ガクランの決め技! ド派手の代名詞、ドロップキックゥウーーーーーーーーー!!」

ザ・ガクラン「うおおらああああああああああ!」



374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 01:09:36.61 ID:Jwz2uS3go
スプリング・バスタード「す、素晴らし……い」

スプリング・バスタード「うぐ」ガクッ

スプリング・バスタード「」体力0/1


KO!!

○ザ・ガクランVSスプリング・バスタード●
(ドロップキック)


ザ・ガクラン「お…」

ザ・ガクラン「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

「み、皆さん見ましたでしょうか! 宣言通りの一撃KO!」

「残虐超人をザ・ガクランは一撃で倒してしまいました!」

「こ、これで……ルール通り大阪の街からは残虐超人が手を引き、平和が戻るのです!」

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!


フロストマン「か、勝った……」

瀬昆田「い、一瞬だった……」

ジャガーヤン「やった……やったで……か、勝ったんや!」

フロストマン「か、勝ったァー!」

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 01:20:45.08 ID:sw3TWrxfo
体力1かよ!
ブタ肉マンやグレートの方が普通に強かったな
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 01:21:39.05 ID:v+AAMzRp0
待て!そいつは本当にスプリング・バスタード本人か!?
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 01:38:36.53 ID:Jwz2uS3go
――リングサイド 大阪正義超人側

ジャガーヤン「ガクラン! 一瞬やったな」

瀬昆田「楽勝、といったところかな?」

ザ・ガクラン「いや、こちらも本気でぶつかりあった。アイツも中々の強さを持つ超人だ。それは認めたい」

ザ・ガクラン「さぁ約束通り、ツーテンを病院へ!」

378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 01:44:45.46 ID:1m5Qs8FG0
ジャガーとガクランはダイジェスト版か
フロスト通天閣はしっかりやってるからメリハリですなー
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 02:00:26.40 ID:Jwz2uS3go
――リングサイド 残虐超人側

グレート通天閣「納得いかねェ! 何故だ! 俺は、俺だけは勝ったというのに何故こうすごすごと引っ込まなけりゃあいかないんだ!」

スプリング・バスタード「全体として負けたからだ、グレート。そしてそれがルールだからだ」

スプリング・バスタード「今回の襲撃を考えたのは私だ、責任は認めよう。私の見通しが甘かった」

スプリング・バスタード「しかしだ、グレート。貴様だけ勝ったからとて勘違いしてはならん。貴様は残虐超人を目指すことばかり考えて前が見えなくなっているように思える」

スプリング・バスタード「頭を冷やせ。貴様にはとにかく無駄が多い」

スプリング・バスタード「弟を殺すのは次の機会にしろ。汚点は今の貴様自身だ!」

グレート通天閣「ぐ、ぐう〜〜〜〜ッ!」

グレート通天閣「クソォォオオオ!」


スプリング・バスタード「アシモフよ、今日のお前はよくやった」

アシモフ「ぐぎぎ」

スプリング・バスタード「お前はまだ強くなれる。ほら、見るのだ……これが――」

スプリング・バスタード「私を破ったザ・ガクランの超人遺伝子」

スプリング・バスタード「これを培養し、次お前が学習するのは”友情パワー”! この一見無駄としか思えない友情から発せられる無限の力、我が科学で解明してみせよう」

スプリング・バスタード「……”アルファベットの刻印”をこの手で刻み付ける日も近い……クララララ」

380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 02:06:22.10 ID:1m5Qs8FG0
握手でサンプルとってたか
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 02:19:19.95 ID:sw3TWrxfo
グレートはまだまだ改心しないか
意外とアシモフの方が仲間になりそうな気がする
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 04:21:26.20 ID:Jwz2uS3go
ダメだ続きはまた明日とか
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 12:12:25.20 ID:zXkn6W2fO
otu
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 00:22:19.60 ID:jdOzNwlko
フロストマン(僕ら大阪正義超人が残虐超人に勝ってから一週間が経ちました)

フロストマン(大阪の皆さんは大喜び。毎日”大阪正義超人セール”をお祭りみたいに行っています。商売根性ってすごいなあ)

フロストマン(ぼくも道を歩いていると、おじさんおばさんから声を掛けられるようになりました。いっぱいアメを貰いすぎて困ります)

フロストマン(実はこの戦いインターネットで中継されていて、ぼくの試合は全国の人に見守られていたらしい)

フロストマン(北海道のおじいさんとおばあさんからすごい勢いでメールが届きました。おじいさんとおばあさんは案外そういうのに詳しい人なんです)

フロストマン(メールによると”フロストお前マジ卍”だそうです。なるほど……)


フロストマン(そろそろ夏休みも終わり。大阪で特訓できるのも今日が最後)

フロストマン(ですが)

フロストマン(発柴高校超人プロレス部の皆には笑顔がありません)

フロストマン(実は――)



フロストマン(ブラザー・ツーテンの意識がまだ戻っていないんです)

第11話 消えぬ禍根! さらば大阪超人!
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 00:24:38.70 ID:iDIU8H+Z0
できれば勝ちたいな
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 00:25:13.76 ID:4JAHsgpgo
復活してくれ…!
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 00:38:26.47 ID:jdOzNwlko
――練習場

ザ・ガクラン「練習やめ!」

ザ・ガクラン「フロストマン、この一か月特訓によく耐えた」

フロストマン「ありがとうございます!」

ザ・ガクラン「そして礼を言いたい。俺達の為に、大阪を守るために戦ってくれて。本当に感謝している」

ジャガーヤン「ワイからも言わせてもらうで。ありがとう、フロストマン」

フロストマン「ぼくもこの特訓で超人との戦いを想定した動きを覚えることができて良かったです。これからも頑張ります!」

ザ・ガクラン「ああ、これからも頑張ってくれ!」

フラ…

ザ・ガクラン「う、うぅっ」

フロストマン「ガクラン?」

ザ・ガクラン「いや、ガハハ、なぁにちょっとした目まいだ。きにするな」

フロストマン「そ、そうですか」

ザ・ガクラン「ガハハ、ハハ」

ジャガーヤン「……」

388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 00:48:51.01 ID:ThYiiTrN0
ブラザー入院中の病院って外でタイガースばりの応援してるおっちゃんおばちゃんが詰めかけてそう
警備員に追い散らされても毎日戻ってくるのが日常光景
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 01:03:26.35 ID:jdOzNwlko


フロストマン「ガクランがケガをしているですって!?」

ジャガーヤン「しーッ、声が大きい!」

瀬昆田「ああ、ガクランは以前から悪行超人と人知れず戦っていてケガを負っていたらしい」

ジャガーヤン「アイツにはムリをさせたない」

ジャガーヤン「しかし正直言って、このままじゃガクランが死んでしまうような気がしてならん」

ジャガーヤン「アイツは皆の兄貴分。弱みを見せることは決してない」

ジャガーヤン「だからな、背負い込むんや。」

ジャガーヤン「なんとかして言わんと――」

プルル…

ジャガーヤン「お、ガクランの携帯が鳴っとる。おーい、ガクラン。鳴っとるでー」


ザ・ガクラン「おう、悪いな。出る」タッタッ

ピッ

ザ・ガクラン「もしもし――」

ザ・ガクラン「!」

ジャガーヤン「どうかしたんか?」

ザ・ガクラン「い、いや何でもない。少し席を外す」

ジャガーヤン「……」

フロストマン「何でしょう?」
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 01:10:35.51 ID:jdOzNwlko


瀬昆田「ガクラン、戻って来ないな」

ジャガーヤン「ワイ、ちょっと見てくる」

ガラガラ


ガラガラガラッ!

ジャガーヤン「おいみんな! ガクランがいなくなっている!」

瀬昆田「!」

ジャガーヤン「まさかアイツまた残虐超人と――」

瀬昆田「とにかく探すんだ! ジャガーヤン、心当たりは!」

ジャガーヤン「いくつか!」

瀬昆田「そこを回ろう! 行くんだ!」

ジャガーヤン「ガクラン、無事でいてくれや……!」

391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 01:35:41.03 ID:jdOzNwlko
――河川敷

ザ・ガクラン「……」

グレート通天閣「……」

ザ・ガクラン「グレート、こうして会うのも数年ぶりだな」

グレート通天閣「ああ、兄が死んでからこうして会うこともなくなった」

ザ・ガクラン「それで、用とはなんだ」

グレート通天閣「――俺はまた大阪を離れる」

ザ・ガクラン「……そうか」

グレート通天閣「その前に一度、お前とやり合いたくなって……な」

ザ・ガクラン「……」

ザ・ガクラン「分かった」

グレート通天閣「なんだ、お前のことだまたグダグダと理屈をこね始めるのだと」

ザ・ガクラン「始めよう」

グレート通天閣「……!」


【直下コンマ判定】
偶数:ザ・ガクラン先行
奇数:グレート通天閣先行
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 01:37:39.08 ID:MDSf9RdNO
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 01:39:28.46 ID:4JAHsgpgo
幼馴染なのかな?ガクランの熱い魂で戻ってくれ
でないとツーテンが可哀想や
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 01:47:20.56 ID:jdOzNwlko
ザ・ガクラン「なぁ、グレート」

ザ・ガクラン「子どもの時を思い出すな」

ザ・ガクラン「俺がいて、グレートがいて、小さいツー坊がいて。先生は通天閣マンだった」

ザ・ガクラン「豹の穴との練習試合の時、仲良くなったのがジャガーヤン。その時はまだ豹太って呼ばれていた」

ザ・ガクラン「懐かしいな、グレート……何もかも全部が懐かしい」

グレート通天閣「……」

ザ・ガクラン「こうして俺達この河川敷でスパーリングしたよな!」

【直下コンマ判定29以下でザ・ガクラン攻撃成功】
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 01:49:02.71 ID:ThYiiTrN0
ゲタ・トマホーク!
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 01:54:57.15 ID:jdOzNwlko
グレート通天閣「……」グッ

メキメキッ

ザ・ガクラン「ぐっ!」体力1/2

グレート通天閣「弱くなったな、ガクラン。昔はあの中でお前が一番強かったが」

ザ・ガクラン「ガハハッ、こういうこともあるのさ」

グレート通天閣「……空しいものだな。正義であることに拘り、勝利を逃していくとは」

ザ・ガクラン「いや! 案外楽しいものだ!」

ザ・ガクラン「それにいい奴にも巡り合えた!」

ザ・ガクラン「フロストマンだ。見ただろう、あの強さ」

グレート通天閣「ああ……あの力、こちら側に付けば俺など目じゃあない!」ガッ

【直下コンマ判定90(基準値85+5)以下でグレート通天閣攻撃成功】
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 01:55:48.02 ID:hdEwtigco
が、ガクラン一人でかっこつけやがって…
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 02:03:06.37 ID:jdOzNwlko
ゴキン

ザ・ガクラン「ぐあーーーーッ!」体力0/2

グレート通天閣「自慢の脚もここまで折られれば最早使い物にならん。終わりだ。お前の負けだ!」

ザ・ガクラン「……」

ザ・ガクラン「ガ、ガハハ」

グレート通天閣「な、何を笑っている!」

ミシ…

ミシミシ…

グレート通天閣「ん……!?」

バキッ

バキンッ!!

グレート通天閣「な、何ィーーーッ!」

ザ・ガクラン「ガハハ……気が済んだか、グレート」

ザ・ガクラン「この戦い、俺の負けだ。手も足も出なかった」

ザ・ガクラン「だがな……黙って負ける俺じゃあねェんだ」

ザ・ガクラン「お前のシンボル! 額の”通天閣”!! ……折らせてもらったぜ」

グレート通天閣「が、がァ〜〜〜〜ッ!」
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 02:12:33.12 ID:ThYiiTrN0
大阪超人は名乗らせないって意思表示かな
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 02:13:11.23 ID:jdOzNwlko
ザ・ガクラン「グレート……俺からお前に言えることは何も無い」

ザ・ガクラン「リングの上でのツーテンの叫びが届かなかったお前に……通じる訳がなかろう」

ザ・ガクラン「だが、もう一度。もう一度だけ思い出してくれ」

ザ・ガクラン「通天閣マンが最期に言った言葉を――」



Bro.ツーテン(10才)『あんちゃあ〜〜ん!』

グレート通天閣(12才)『兄さ〜〜ん死んじゃいやだァ〜〜〜!』


通天閣マン『ツーテン、グレート、すまない……でも忘れるな、俺は――』



通天閣マン『俺達は”正義”を信じて戦った……どうか”正義”を忘れないでくれ……”正義”を恨まないでくれ……』



ヴェルサイ・U『大阪の人間たちよ! 見るがいい! これがこの町を守ろうとしたものの最期だ!』

ヴェルサイ・U『くらえッ! XVIギロチン!』ガバァーーーーーーーーッ

通天閣マン『ぐうわぁ〜〜〜〜〜〜ッ!』

ブシャアーッ…


Bro.ツーテン『あんちゃあ〜〜ん!』
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 02:22:01.77 ID:jdOzNwlko
ザ・ガクラン「彼が最期に小さく呟いた言葉……俺は鮮明に覚えている」

グレート通天閣「……」

ザ・ガクラン「そうか……お前はその時点で”正義”に絶望していた為、聞こえていなかったのだな」

ザ・ガクラン「ツーテンはそれを覚えていた」

ザ・ガクラン「その”違い”がお前たち兄弟の方向を分けてしまったのか……」

ザ・ガクラン「だが! 俺はそれを『仕方がない』などと思うことはない」

ザ・ガクラン「実際、自身の弟を手にかけようとしていたこと、俺は絶対に許すことはできない」

ザ・ガクラン「だから、その”通天閣”を折った」

ザ・ガクラン「お前に大阪を代表する超人だと名乗ってもらいたくないのだ!」

ザ・ガクラン「通天閣とは”天に通じる高い建物”として明治の儒学者”藤沢南岳”が名付けた名前」

ザ・ガクラン「残虐の道に落ちたお前が名乗って良いものではない!!」

グレート通天閣「……!」
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 02:26:35.64 ID:4JAHsgpgo
ガクランかっこいいなぁ
グレートも気持ちはわかるが意地張るなよ
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 02:32:42.74 ID:jdOzNwlko
ザ・ガクラン「お前の眼にツーテンはどう映った」

ザ・ガクラン「確かにツーテンは未熟だ」

ザ・ガクラン「だが、懸命に戦う姿――俺はあれに通天閣マンの姿を重ねた」

ザ・ガクラン「……」

グレート通天閣「……か、勝手に思っていれば良い……」

ザ・ガクラン「……」

ザ・ガクラン「ああ」

ザ・ガクラン「そうだな、最後に……大阪正義超人ザ・ガクランとしてではなく、且つての友としてなら言いたいことがある」

ザ・ガクラン「……ツーテンを悲しませるな」

グレート通天閣「!」

ザ・ガクラン「親を早くに失って兄弟三人で暮らしていた末っ子、本当は甘えたい時だってあっただろう」

ザ・ガクラン「長男を失い、今やその下の兄までいなくなってしまって……あいつは独りぼっちになってしまった」

ザ・ガクラン「家族を失った悲しみ、絶望、お前も分かるだろうに」

ザ・ガクラン「ツーテンはそれを二度も味わっている」

ザ・ガクラン「だというのにだ。ツーテンは毎日練習に励み、正義超人として日々弱音も吐かず頑張っているのだ」

ザ・ガクラン「ツーテンは未だお前が正義の心を取り戻してくれると信じている、愚直なまでに」

ザ・ガクラン「それだから頑張れているのやもしれんな……」

ザ・ガクラン「……もう一度言う。ツーテンを悲しませるな」
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 02:38:58.88 ID:ThYiiTrN0
グレートは根は臆病で残虐の方が正義よりも強いという恐怖から逃れるために残虐にのめり込もうと必死なんだろうな
虐められたくない一心で虐めグループ入りする子供と一緒だ
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 02:42:01.18 ID:jdOzNwlko
ザ・ガクラン「ああ、最後にもう一つ。ガハハ……お節介ですまんな。こういう性分なんでどうも……」

ザ・ガクラン「……気が変わったなら戻ってこい」

ザ・ガクラン「どないや商店街のみんなには俺達も謝りに行こう。なあに大阪正義超人には俺含め問題児が多いからこのくらいどうってことない」

ザ・ガクラン「俺も思うところがある。前の通りにはならないかもしれない」

ザ・ガクラン「だが、お前がまた俺達と同じ道を歩きたいと言うのであれば……その時は――」

グラッ

ザ・ガクラン「あ……」ガク ガク

ドサッ

グレート通天閣「が、ガクラン!」



瀬昆田「い、いたぞ! グレート通天閣もいる!」

ジャガーヤン「なにィーーーッ!?」
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 02:51:58.57 ID:jdOzNwlko
ジャガーヤン「おい貴様ッ! ガクランに何したんや! おいガクラン! 大丈夫か!?」

ザ・ガクラン「ガハハ……少し、疲れちまっただけだ」

フロストマン「た、戦ったんですね、グレート通天閣と!」

瀬昆田「まさか! あの身体で!?」

ザ・ガクラン「いや、俺も望んだことだ。こればっかりはアイツを責めないでやってくれ。う、うぐぐ」

フロストマン「すぐ救急車を!」

ジャガーヤン「足が折れとるぞ! クッソーケガしてるのに無茶苦茶しおってからに!」

ザ・ガクラン「ガハハ……面目ねェ」

瀬昆田「早く電話をしなくては!」


プルルル!

ジャガーヤン「なんや! この忙しい時に誰の電話――」

ザ・ガクラン「お、俺のだ。ちょっと出させてくれ」

ピッ

ザ・ガクラン「もしもし――」

『もしもしこちら大阪府立超人医療センターです! ブラザー・ツーテンさんの容態が!』

ザ・ガクラン「な、なに!?」

『ご家族の方はいらっしゃいますか!』

ザ・ガクラン「え、あ、ああ――」

ザ・ガクラン「……」ジッ

ジャガーヤン「……」ジッ

フロストマン「……」ジッ

瀬昆田「……」ジッ

グレート通天閣「……?」
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 03:01:05.14 ID:jdOzNwlko
――大阪府立超人医療センター

ピッ ピッ ピッ

医者「いやあ早く来てもらって良かった」

グレート通天閣「……」

医者「実は先程、意識が戻ったようでしてな。今はまた眠ってしまったようですが」

グレート通天閣「……」

ジャガーヤン「オラ、何突っ立ってんねん。棒やないんやど」

グレート通天閣「……」

ジャガーヤン「……」

グレート通天閣「……」

瀬昆田(この間まで殺そうとしていた弟に会うというのは確かに変な感じがするだろうな)


Bro.ツーテン「……」

Bro.ツーテン「……」

Bro.ツーテン「……ぁ」

ジャガーヤン「つ、ツーテン!」
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 03:09:09.12 ID:jdOzNwlko
Bro.ツーテン「あ……」

医者「分かりますかな」

Bro.ツーテン「あ……じゃ、ジャガーヤン」

ジャガーヤン「せや! 良かった、気が付いて」

Bro.ツーテン「瀬昆田先生と……フロストマンも」

瀬昆田「ああ……本当に良かった」

フロストマン「ツーテンくん!」

Bro.ツーテン「ガクランは……」

ジャガーヤン「ガクランも治療を受け取るところや。少ししたら来る」

Bro.ツーテン「そう、ですか……それと――」

グレート通天閣「……」


Bro.ツーテン「あ……!」

Bro.ツーテン「に……兄さん……兄さん!!」
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 03:14:16.76 ID:4JAHsgpgo
>>404
あー成程なぁ。なんか必死だったもんな
既に見限られてるオーラ出てるし戻って来い来い
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 03:21:19.77 ID:jdOzNwlko
Bro.ツーテン「兄……さん?」

グレート通天閣「……」

グレート通天閣「いや……違う……」

ジャガーヤン「!?」

グレート通天閣「俺は……今の俺は……名前の無い……ただの塔(タワー)超人だ」

Bro.ツーテン「……」

Bro.ツーテン「そう……ですか……」

グレート通天閣「医者、俺はもう……行く」

医者「も、もうですかァ?」

グレート通天閣「……クッ」タッ

ジャガーヤン「待てコラ――」



Bro.ツーテン「名無しの塔(タワー)超人さん!」

グレート通天閣「!」

Bro.ツーテン「貴方は……強かったです。とっても」

グレート通天閣「……」

Bro.ツーテン「また、戦ってくれますか!」

グレート通天閣「……」

グレート通天閣「ああ」

Bro.ツーテン「……その時、また会いましょう……」

グレート通天閣「……ああ」
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 03:22:29.82 ID:ThYiiTrN0
正義の真の強さと輝きを目の当たりにしてからじゃないと一生怯えて暮らすことになるし今はその時じゃない気もするけどね
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 03:26:21.65 ID:jdOzNwlko
バタン…

ジャガーヤン「かーっ、行ってもうた。止める間すらあらへんかった」

ジャガーヤン「嫌なやっちゃのう……次あった時はワイに任せェ! ギッタンバッコンのゴッタンバッキンに――」

Bro.ツーテン「いいんです」

ジャガーヤン「ん?」

Bro.ツーテン「いいんです……”今は”これで」

ジャガーヤン「……」

Bro.ツーテン「いいんです……」ポロ…ポロ…

ジャガーヤン「ン……そか……いや、そうかもしれんな」
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 03:38:27.96 ID:jdOzNwlko
フロストマン(窓を見ると、そこには足早に病院を去るグレート通天閣の姿があった)

フロストマン(ぼくはそんな彼の横顔が忘れられない)

フロストマン(マスク越しにも分かった)

フロストマン(グレートは泣いていた)

フロストマン(何か思うところがあるのだろう)

フロストマン(彼とツーテン君との間で何があるのか、ぼくは深く聞かなかった)

フロストマン(……)

フロストマン(でも――)

フロストマン(心なしか後で病室に集まった大阪超人みんなの顔は)

フロストマン(何だか”憑き物”が落ちたような感じで穏やかなものに感じた)


フロストマン「あ、とんぼが飛んでいる」

フロストマン「もうすぐ秋なんだなあ」

414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 03:59:21.13 ID:jdOzNwlko


――大阪駅

瀬昆田「申し訳ない、ここまで見送りに来てもらって」

フロストマン「ありがとうございます!」

ザ・ガクラン「いやいや、こちらこそこちらがある程度動けるようになるまで滞在期間を延ばしてもらって悪かった」

ジャガーヤン「おかげでこの間壊された大阪の街もほぼ元通りに直すことができた! お前のおかげやぞフロストマン!」

Bro.ツーテン「また特訓しに来てくださいね!」

フロストマン「はい!」

ザ・ガクラン「そうだ、フロストマン。お前、秋の新人戦には出るのか?」

フロストマン「はい、そのつもりですが」

ザ・ガクラン「そうか……じゃあその時は敵同士だな」

ジャガーヤン「ワイらに当たらんよう願っとくんやな〜ニシシ」

Bro.ツーテン「意地悪言っちゃダメですよー。でも、僕たちだってもっと特訓してもっと強くなるんですから楽しみにしていてくださいね!」

フロストマン「よーしぼくだって負けていられないぞ!」

アハハハ ガッハハハハ! アハハハ…


フロストマン(こうしてぼくの夏の特訓旅行は終わった)

フロストマン(瀬昆田先生のおかげで、この夏ぼくは大分実戦経験を積むことができた)

フロストマン(やっぱり他の超人たちは強い。でもぼくだって大分強くなった。これからはこのがむしゃらに頑張るスタイルで新人戦に臨んでいこう)

フロストマン「うおおおお! 頑張るぞ〜〜〜ッ!」

瀬昆田「ふ、フロストマン張り切るのはいいが……」

フロストマン「はい?」

瀬昆田「新幹線、凍ってるんだが……」カチンコチン

フロストマン「キャ〜〜〜ッ! ごめんなさ〜〜〜い!!」


フロストマン(北海道に帰ってこれたのは始業式の朝だった……)
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 04:05:55.92 ID:jdOzNwlko
――2学期始まってしばらく

瀬昆田「ふういそがし、いそがし」

瀬昆田「授業にフロストマンの練習、新人戦の準備もあっててんてこまい。教師もブラックな環境の中働かされている、そう思いませんか」

瀬昆田「でも、フロストマンの活躍は全国に広まっているみたいだ」

瀬昆田「この間は全校集会で大阪からの表彰状が手渡されていた。今やジンギス館学園超人プロレス部は”呪われた部”なんかじゃないぞ!」

瀬昆田「フロストマンもこれを受けて更に練習を頑張っている」

瀬昆田「新人戦は良い結果が期待できそうだ」

瀬昆田「さーて次はテストの採点、と」ルンルン

「瀬昆田先生ー、お電話でーす。内線でお繋ぎしまーす」

瀬昆田「はーい、なんだろう」

瀬昆田「もしもし――」



瀬昆田「えっ!?」

瀬昆田「”超人留学生”ですって!?」

瀬昆田「しかも超人プロレス部入部希望〜〜〜ッ!?」


次回、新展開! 留学生がやってくる!?
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 04:13:16.52 ID:jdOzNwlko
”大阪特訓旅行編”終わり
次回から新人戦に向けての展開
見ての通り超人留学生が来る

よって留学生超人募集する
テンプレは>>2参照 締め切りは、この書き込みから今日の14:00まで一人一キャラ厳守でよろしく
どこの国から書いてくれ 架空の国でもいいし地球外でも良い
採用するのは恐らく1人だが、後々何かに出すかもしれないから諦めるな

それと後で”大阪特訓旅行編”までで安価から採用した超人について色々思うところあるので書く

おやすみ
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 05:58:08.07 ID:BnqZGiysO
(超人名)
ジ・アミーゴ
(コイツはこんなヤツだ!)
ソンブレロをかぶり、ポンチョを着こなすメキシコの超人
全身からサボテンのトゲを出したり、口に含んだテキーラで火炎放射を行ったりのラフプレイも目立つが
実力を認めた相手には空中戦による正当ファイトを見せる男
戦った後は皆アミーゴ(友達 )を生業としており、キン肉マンに仄かな憧れを持っているが、自身のファイトスタイルから、それは儚い夢だと諦めかけている
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 08:55:26.82 ID:IWpyhAuEO
(超人名)
ミーナ
(コイツはこんなヤツだ!)
タイからの留学生。女性レスラー
普段は無口だが、勤勉で思慮深い。
お堅いわけではなく、わからないところを聞けば教えてくれるなど、実は優しいのはわかる。
体が柔らかく、鍛えられた体から繰り出される蹴りはまさに凶器!
褐色で美人であり、スタイルも中々よかったする。

男ばかりだったのでたまには女を……
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 09:39:24.45 ID:iDIU8H+Z0
(超人名)
ダブリス
(コイツはこんなヤツだ!)
最近、産業などが発展してきたが未だに自然や動物などが溢れる「ナトルラ星」出身の超人。
心優しく、困った人を放っておくことができない。そんな彼の人なりに好かれてか、本国にいた頃から彼の周りにはいつも動物たちが寄ってくる。
好きな超人は、テリーマン(誰よりも優しく、周りのためには自分が犠牲になっても構わない自己犠牲の精神を尊敬している)。
基礎体力も高く、関節技という得意技を持っていて、何も問題ないように思えるがなぜか本格的なスパーリングをしたがらない。
……実は、父親が悪魔超人であり、試合中に一度スイッチが入ると悪魔超人の血が騒ぎだす。
そして、性格も一変して今までの彼から想像できない残虐行為をし始める。
そこには優しかったダブリスの欠片もなく、快楽を楽しむ1人の悪魔でしかない(二重人格と言ってもいいだろう)
今までもそれによりいくつもの超人や動物を痛めつけてきた。彼の留学の目的はそんな自分を変えるため
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 11:08:49.61 ID:bSooxkrAO
【超人名】 ザ・カロン
【こいつはこんなヤツだ!】ドクロを模したマスクの上にボロボロのフードを被った細身で長身の超人。ギリシャ出身。
一見非力に見えるが寝技に長けており、ホールドされた相手は容易に彼を引き離すことはできないほど。
その不気味な風貌と寡黙さから誤解されることも多いが、実際は穏やかな性格である。
好きなものは貯金と歌・音楽。
水面に立てる(移動も可)という試合にはあまり役に立たない特技がある。
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 11:53:31.71 ID:vYV7PBb80
【超人名】
メディスンマン
【こいつは以下省略】
超人医師にしてレスラーの名門であるレッドクロス星の若き王族

レッドクロス星人は薄い緑色の肌と毛髪の代わりに数千種類の薬効ある木の葉が生えている以外は地球人と大差ない外見をしている
文明は高度に発展しており善寄りの中立政策を取っていて正義・悪関係なく正規の試合や事故などでの負傷などを癒すためどちらの陣営からも一目置かれる存在

地球への留学先は本来違う国だったがフロストの命を惜しまず血を流し仲間を守ろうとするスタイルをネット配信で見て危うさを覚え、王族の気まぐれとゴリ押しで留学先を急遽変更した

基本的におおらかで社交的な性格だが命を粗末に扱うものには厳しい
戦闘スタイルは関節技主体の流麗な技を使うが怒っているときなどは体内で生成した薬品を全身から噴霧するケミカルミストでリング内を覆い相手に様々な状態変化を与えることもある

王族の証である金糸をあしらった赤い十字が描かれた白いマントが特徴

422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 13:52:18.28 ID:4JAHsgpgo
【超人名】ザ・ジュテーム
【こいつはこんなヤツだ!】
フランスから来たキザ野郎。イケメンで女性に優しいが男にはちょっと偉そうな態度をとる
軟派なキャラに反しファイトスタイルは関節技や地味な小技もしっかり使う堅実なスタイル
名前の通り根は愛情深いヤツで自分が認めた相手にはきちんと礼を取る。よく背景にバラが飛んでる
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/03(水) 13:52:18.72 ID:DqEWuu7U0
【超人名】 ダビデマン
【こいつはこんなヤツだ!】
イスラエル出身の超人。
顔に六芒星のマークがあり、ペンタゴンやブラックホールと同族。
地形を変動させる能力があり、得意とする砂漠に変えたり、相手の苦手な土地に変えたりして戦闘を優位に進める。
左腕を戦車の砲塔に変型させての狙撃攻撃、メルカバ・ショットが必殺技
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 13:58:53.43 ID:4JAHsgpgo
起きた時間が二時前とは。ギリギリ間に合って良かった
昨日の展開凄く良かった!ツーテンも復活したしガクランも死なんで良かったわ

>>418
原作が男ばっかだしなぁ。女出すならマネージャーとか誰かの彼女とかかね
フロストも有名になったし憧れるマネージャーとか出てもいいかも
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 14:44:15.56 ID:4JAHsgpgo
あー、>>422はアムール星の王子とかの方がインパクトあって良かったかな
まあまだ採用されるかわからんし、もしいつか出す機会があったら勝手に変えちゃってください
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 15:51:47.69 ID:1HXKXnbV0
羊飼ってたり石投げたり竪琴で回避貼りそうな超人がいる
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/03(水) 18:02:59.50 ID:jdOzNwlko
<採用した超人の話>

投稿してくれた人に感謝。

これは独り言なので読む必要はない。



・フロストマン>>3:我らが主人公。フロストって書いてあったから氷属性だろと思って書いてる、女神転生のジャックフロストとか。
>>8時点では高校の話なんて書くつもりが無かった。別に時間軸について考えていなかったが、最近はキン肉マンとU世との間くらいの期間だと思ってる。

・キング・バンバー>>17:フロストマン最大のライバルだと思っている。敵側の主人公みたいな扱いにしたい。今のところ一番強いと思う。

・ザ・ガクラン>>131:こいつは特にキャラが濃い。特にお好み焼きの設定が好き。肉あるある敵にお説教するリーダー。色々動かしやすすぎるのでハンデを背負ってもらった。コンマの都合上専用技が出せなかったのが残念。

・ブタ肉マン(機械超人アシモフ)>>132:これを出された時、すごく困った。カオスみたいな味方の上で作中設定をどーたらする奴を出す訳にもいかない。でも正体は作っておきたいし。
それで、スプリング・バスタードを絡めて初期キン肉マンのデータを元に生まれた機械超人という落としどころに。設定はウォーズマンの外伝を元にした。読むべし。機械だから年齢とかないし、近々また出るだろう。

・ザ・ジャガーマン(ジャガーヤン)>>135:この投稿を見た時既にジャガーヤンにしたかった。理由は書いてある通り。名前が被りすぎて関西弁だけでも消えそうだと思ったから。コンマ的に弱いが対戦相手はもっと弱かったので勝てて良かった。
肉あるある解説兼コーチキャラ。

・グレート通天閣>>136:ヒール転向キャラ、どう扱うか悩んだ。もっと大阪的おちゃらけ要素を出したかったが話を暗くし過ぎてしまった。

・ツーテンカーク(ブラザー・ツーテン)>>137:被ってしまった通天閣モチーフ超人。でも兄弟対決とかいいなーと思ってグレートの設定と合わせて3兄弟設定にした。名前も変えた。これからもこうした方が良いなと思ったらどんどん変えていくからよろしく。苦労人キャラに。
グレートサスケみたいなトペ・コンヒーロ好きだからもっと戦闘で空中戦対決とかして活躍して欲しかったものの試合では勝てず、展開に困った。
負けたら殺されて、スプリング・バスタードに改造されて敵として帰って来る展開にしたかったけど情がわいてこうなった。勝てばグレートとタッグヒーローになってもらいたかったが、現段階ではどうだろうか。
性格はフロストマンと差別化できていないのでフロストマンに何かテコ入れしなくちゃあいけないと思う。ともあれ大阪正義超人はイカシた奴らだから、みんなまた出るだろう。

・スプリング・バスタード>>138:今回、扱いが書いてる途中で全く変わったキャラ。最初はケットシーと同じくグレートの脇にいる二人みたいな感じであんまり活躍とか考えていなかった。扱いが変わった瞬間は>>207
ここを書いていた途中でブタ肉マンとスプリング・バスタードの設定が生えていった。おかげでマッドサイエンティストキャラに。グレートとツーテン兄弟の話にもう一ネタ足すことが出来た。満足。気に入ってる。
後半予定している展開に組み込むことに。コンマ基準値が弱いのでガクランに負けちゃったけどセコンドと暗躍キャラとして、その価値観と共に活躍してもらおう。
失敗したのは所属と年齢。悪魔超人にすれば良かった。30代くらいのつもりで書いているので学生には混ざれないと思う。設定なんか気にしてないから変わるかもしれないが。

・Mr.ケットシー>>139:敵超人としてその役目をブレず全うしたキャラ。投稿された時点でジャガーヤンとぶつけたかった。試合が一瞬で決まってしまったのは残念。その性格をもっと書きたかった。


これからもコンマで戦いの行方を決めていきたい。どうなるか分からないところが面白いから。
基準値は投稿した時のコンマ、安価採用超人以外は初登場時のコンマを基準値にしている。
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 18:25:01.22 ID:iDIU8H+Z0
ガクランが気に入ってもらってよかった。お好み焼き設定も気に入ってもらって嬉しい
あとツーテンは本当にゴメン…コンマ神の調子が悪かったんや……
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 18:28:50.59 ID:Nu3cm5rao
基準値って投稿コンマで決まってたのか…まあガクランみたいに本当は強い場合もあるから
必ずしもコンマだけじゃないだろうけど。グレート扱いづらくてスマン。きっと仲間になったら
ギャグもそこそこやってくれるはず。兄弟タッグもいつか見たいな
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 19:57:35.82 ID:WWoD7xOmO
スプリング・バスタードをすばらしい悪役にしてくれてありがとう
試合は残念だったけどとてもうれしいあと阿倍野の皆さんごめんなさい
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 20:25:32.65 ID:vYV7PBb80
バンバー扱いよくて嬉しい
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 22:39:10.00 ID:ThYiiTrN0
マネージャー欲しいねー
ジャガイモ農家の娘で野暮ったい感じのメガネでお下げが似合うイモっぽい娘とかw
ジャージの下は豊満でラッキーすけべイベの後にフロストがビンタ食らうとか思春期っぽくて良さげ
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 02:19:46.99 ID:9HRdeUKD0
マネージャー作ればミートくんみたいな役割を担えるかもねえ
瀬昆田さんはちらかというとギャグが大幅に減ったハラボテとか真弓とかそういう感じの立ち位置な気がする
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 03:15:19.17 ID:KfW50MyJ0
出た超人の中だとメディスンマンが参謀できそうか
父の蔵書で読んだことがある
彼にやられた超人の治療をしたことがある
等で知っているのか雷電役行けるかな
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 07:59:57.46 ID:jSX7KCr5o
あんまり最初から万能系のキャラ出すのはどうだろう
というかライバル校の部長っぽいと思った。頭のいい進学校系の
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 11:05:25.26 ID:M6gDaq2Q0
作った身としてはメディスンは実力も無い新人が命を削って戦ってると選手生命をすぐ使い果たしていざというときに何も守れなくなるけどお前それ考えてるの? 正義超人は一人でも多く救うためにできる限り長い年数戦うべきでもうちょっと命の使い方を考えろってスタンスなんだよね
スグルが古傷だらけで苦しんでる話読んで思いついた超人なので、今のフロストとは全く相容れないから仲良くなるのはすこし大変かも知れないww
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 11:43:04.21 ID:19W9A0vQ0
メディスン以外にみんなの話題になりそうな超人はいないかなー
7人もいるんだし
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 12:21:24.95 ID:9HRdeUKD0
確かに今のフロストマンの戦い方はかなり危ういものがあるよね
始祖との戦いが終わったから超人墓場システムも無いはずだし
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 12:31:17.60 ID:oThpJLK3O
平行世界ぽいからそこら辺は気にしなくていいのでは?
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 12:53:40.59 ID:jSX7KCr5o
フロストも瀬昆田先生もいい人だから序盤はトラブルメーカーになって
中盤から頼れる相棒兼ライバルみたいになれるキャラだとバランスいいかなと思う

>>436>>438
そんなに危ういか?自分の実力考えて夏の大会は出なかったし周りのこともちゃんと考えてると思うぞ
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 14:29:01.71 ID:M6gDaq2Q0
夏の大会辞退した時はまだ自分のスタイルがわかってなかった頃だしねえ
ガムシャラに闘った挙句バンバー戦の時みたいに死んでもギブアップしないとかやりだしたら悪魔超人だのに将来確実に殺される
先生も死んだ教え子のトラウマ抱えてる以上指摘されたら反論できないだろうし自分の指導方針ではみんな死なせてしまうのではないかって悩むんじゃないかな、いい人だから
主人公補正があるじゃろは登場人物には知る由もないしねw

誰が採用されるかはわからんけど今のスタイルを続けるならコーチとの衝突はいずれ起こるはず
善人同士ゆえにいいドラマになりそう、ほんとこの師弟の性格は肉に最適で好き
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 16:25:02.98 ID:jSX7KCr5o
バンバー戦はまだキャラが固まってなかったしこっちも必殺技もないのに無理をさせてしまって
結果的にかなり危ない性格になってた。そう考えると軌道修正した>>115の分岐って超重要だったな
もしフロストが瀬昆田のツラい過去を聞いても我を通して無理をしてたらサイヤ人みたいな
バトルジャンキーになっただろう。周りのことを考えられる優しいヒーロー路線になれて良かった
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 20:50:51.25 ID:1ZPWk7ZpO
登場人物たち、特にフロストマンの見た目が気になる
ジャガーヤンとかバンパーは作中で見た目が書かれてるけどフロストマンはまだだよな?
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 21:26:10.03 ID:M6gDaq2Q0
書いてるよ
大阪編をよく読んでみよう
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 22:20:43.70 ID:jSX7KCr5o
肌が青くて結構イケメンらしいからリメイク版のデスラーみたいな感じだろうか
ジャガーヤンは吼えろペンにピューマンというレスラーがいてそれでイメージしてる
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 22:28:12.76 ID:KfW50MyJ0
青いというより薄いブルーのクリスタルボディっぽいのかな?
999のウエイトレスだったクレアさん的な
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 22:36:30.68 ID:jSX7KCr5o
能力を発動するまでは人間の子供だと思われてたらしいから青い以外は普通なんじゃね?
…と、思ったが輝いてるんだよな。衣装が輝いてるのかボディが輝いてるのか
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 22:40:06.49 ID:KfW50MyJ0
戦闘モードになると透けるとか?
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/04(木) 22:52:32.24 ID:mLK9rbqlo
40分後試合開始
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 22:53:59.60 ID:KfW50MyJ0
開始まで大王と委員長のエキシビションマッチをお楽しみください
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 22:54:01.82 ID:oThpJLK3O
え?
留学生と早速、戦うの?
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:00:34.75 ID:jSX7KCr5o
単なるお約束表現じゃないの?
新アニメの予告とかでよくある◯月×日戦闘開始!みたいな。わからんけど
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/04(木) 23:36:46.21 ID:mLK9rbqlo
――ジンギス館学園職員室

瀬昆田「はあいそがしいそがし」

「瀬昆田先生!」

瀬昆田「はあいただいま」イソイソ


校長「瀬昆田先生の様子はどうですかな、教頭先生」

教頭「ええ、毎日とっても楽しそうです。何よりなことで」

校長「教師生活四半世紀、私近年の瀬昆田先生の変わりようには心配したものですが……」

教頭「ええ、教え子が亡くなり、生き残ったロジエマンも行方不明になってからというもの以前の覇気がなくなってしまっていたものですからねえ」

校長「良い教え子を見つけたようですな、教頭先生」

教頭「ええ、フロストマン。彼に出会ってから先生は元に戻られました。良かった良かった」


シャカシャカ…


校長「話は変わりますが、教頭先生」

教頭「ええ、何ですか?」


シャカシャカ シャカシャカ…


校長「そういえば件の超人留学生はまだですかな。そろそろ校長室に来てもおかしくないと思うのですが」

教頭「あら、どうしたのでしょう。確かに――」


シャカ シャカシャカ シャカ シャカシャカシャカ…

ズン ジャカズン ズン ズズンズンズン…


校長「ええとこの遠くから聞こえるリズミカルなマラカスの音は何でしょうか、教頭先生」

教頭「ええ、なんだかバンジョーの音も聞こえてきますね……」


バーン!(ドアを開ける音)


教頭「キャーッ!」

校長「う、うわーッ!」

シャカ シャカシャカ シャカ シャカシャカシャカ…

ズン ジャカズン ズン ズズンズンズン…

ジャカジャン!

?「オーラッ!」

?「オイラを呼んだかい!」

校長「き、君は!」


第12話 オーラ! メキシコからやってきたアイツ!
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:40:07.20 ID:KfW50MyJ0
バンドごときたのか?w
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:40:08.67 ID:oThpJLK3O
一番最初のが選ばれたか
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:41:13.51 ID:jSX7KCr5o
アミーゴは使いやすそうだと思った
ノリが良さそうだし
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/04(木) 23:46:12.36 ID:mLK9rbqlo
――教室前

ワイワイ ガヤガヤ

フロストマン「どうかしたんですか」

「ああ、フロストくん。見てみなよ留学生が来たんだって」

「メキシコから来たんだってよ」

「メキシコって言ったらタコスだよなータコス」

「タコスねー」

フロストマン「たこ、す?」

フロストマン「ああ!」

「おいしいよな、フロストマン!」

フロストマン「はい! ぼくも食べたことあります! 酸っぱくて歯ごたえがあって!」

「……?」

フロストマン「ほのかにお出汁の香りと塩気が食欲をそそる!」

「な、何のことを言っているんだ?」

フロストマン「やだなあ”たこ酢”のことですよお!」

「「「「「「」」」」」」ズコー!
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:47:12.99 ID:19W9A0vQ0
ここで天然発揮したかwwww
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:49:16.99 ID:KfW50MyJ0
↑→↓と→↑→じゃえらい違いだw
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/04(木) 23:52:53.92 ID:mLK9rbqlo
「あのなぁ、タコスってのは……」

キーンコーンカーンコーン

「いっけね! そろそろ自分のクラスに戻んねーと!」

「俺達も戻るぞフロストマン!」

フロストマン「え、でもあの留学生にぼくも声かけたいです!」

「あの留学生、お前のところの部に入部希望なんだとよ? 放課後また会えるって!」

フロストマン「え、そうだったんですか?」

「ほら、先生来ちゃうぞ! 早く行こ」

フロストマン「あ、待ってくださあい!」

ガヤガヤガヤ

ハハハハ

フロストマン「……」

フロストマン(留学生かぁ……メキシコの人って”たこ”好きなんだなあ)

フロストマン(あ、そうだ!)

461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:54:24.19 ID:19W9A0vQ0
また何かしでかしそうな予感…
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:59:13.43 ID:KfW50MyJ0
ブレーキがない天然ボブスレー
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:00:41.01 ID:7g4YdqFto
ツーテンとの差別化はこれでいいかもね
フロストはド天然でツーテンは大阪人だけあってしっかり者のツッコミ系
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 00:02:39.58 ID:zDHWb8nCo
――放課後 ジンギス館学園超人プロレス部部室

ジュワーッ!

瀬昆田「おーいッ、フロストマン! 今日は新入部員を連れて来たぞー!」

瀬昆田「お前をびっくりさせようと思って当日まで黙っておいたんだフフフ。その名も――」

瀬昆田「……ん? なんだ? このソースの香ばしいにおいは」

フロストマン「いらっしゃいませえ!」

瀬昆田「な! ふ、フロストマン! 部室で何を作っておるんだ!?」

フロストマン「先生! ふっふっふー、今日は新入部員が来ると聞いてですね、これを用意したんです」

瀬昆田「た、たこ焼き!」

フロストマン「新入部員さんは”たこ”がお好きと聞きました! だから今日は”たこ”料理をふるまおうと思って!」

フロストマン「たこ酢でしょー、たこのお刺身でしょー、それにジャガーヤンから教わった本場の大阪”たこ焼き”!」

瀬昆田「お、お前と言うやつは」
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:04:47.07 ID:XQj9ftbC0
頑張っちゃったのかー
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:06:03.43 ID:eduMacPM0
これで馬鹿にされたと勘違いされなければいいが…
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 00:13:13.75 ID:zDHWb8nCo
?「インクレーブレ(驚いた)! まさかヤポン(日本)に来てここまで歓迎されるとは! ほーこれがヤポンのタコスかい」

瀬昆田「ははは、少しやり過ぎだがフロストマンも喜んでいるようで良かった。君も部室に入りたまえ」

?「グラシアス! 瀬昆田センセー、さっそく入るぜ」

瀬昆田「フロストマン、紹介しよう。彼がメキシコからの留学生超人”ジ・アミーゴ”だ!」

ジ・アミーゴ「オラ! フロストマン! オイラ、アミーゴってんだ。よろしくな!」

フロストマン「よろしくお願いします! わあ嬉しいなあ! ぼくにチームメイトができたなんて。大阪超人を見て憧れてたんだあ」

瀬昆田「良かった良かった。そうだ、アミーゴ。これも我々なりの歓迎のあいさつだ。食べて行ってくれ」ホロリ

ジ・アミーゴ「おお! グラシアス! おいしそーなメシだ!」

フロストマン「喜んでもらえてぼくもホッとしました。どうぞ食べてください、いっぱいありますので!」

瀬昆田「私は飲み物を買って来よう」

ジ・アミーゴ「こりゃあ……すげえや」
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/05(金) 00:14:47.16 ID:eduMacPM0
よかった…「ミーをバカにしているのか!」みたいなタイプじゃなくて……
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:16:43.64 ID:XQj9ftbC0
そういやメヒコは日系人多い国だったな
杞憂だったのかな
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 00:17:41.82 ID:zDHWb8nCo


フロストマン「先生遅いなあ。ぼくら食べ終わっちゃいますよお」

ジ・アミーゴ「」ガツガツ ガツガツ

フロストマン「アミーゴ、おいしいですか?」

ジ・アミーゴ「ああ! とってもな!」ガツガツ ガツガツ

ジ・アミーゴ「」ガツガツ ガツガツ

フロストマン(よく食べるなー)

ジ・アミーゴ「うめえ、うめえ」ガツガツ ガツガツ

フロストマン「そ、そんなに?」

ジ・アミーゴ「ああ! あっちじゃあロクなもん食わされてねえからな! こんなキレイなところで飯までごちそうになって幸せだぜ!」

フロストマン「そうなんだあ」
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:19:39.62 ID:/4+cxC0ZO
ここらへんチェックメイト感あるな
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/05(金) 00:19:59.28 ID:eduMacPM0
ロクなものを食べさせてもらっていない……メキシコは荒廃しているのか?
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:21:02.51 ID:XQj9ftbC0
ウメーウメーじゃなくてよかった
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:23:08.56 ID:JEKYyoUp0
リアル世界だとメキシコは割とシャレにならない位、麻薬汚染が酷い
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:24:11.74 ID:XQj9ftbC0
>>472
現実のメヒコの話になるけど日系人は騙されて荒野を開拓地にとして押し付けられてかなりの人数が未だぬ貧しい暮らしのまま世代重ねてるから地方は相当ビンボーかも
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 00:31:21.95 ID:zDHWb8nCo
フロストマン「アミーゴ、メキシコってどんな国ですか」

ジ・アミーゴ「んーとな、全体は分かんねえが、オイラんとこはやかましい街だったぜ」

ジ・アミーゴ「みんな毎日お祭り騒ぎ、喧嘩騒ぎ、乱痴気騒ぎ。朝から晩までだ」

フロストマン「にぎやかでいいですねえ」

ジ・アミーゴ「賑やかってもんじゃねえギャースカギャースカ、赤ん坊もおちおち寝てらんねえ場所だったんだ」

フロストマン「他に何がありますか?」

ジ・アミーゴ「そうだなあ、スポーツは盛んだったぜ。ルチャリブレとかだな!」

フロストマン「ルちゃ?」

ジ・アミーゴ「メキシコのプロレスさ。かっちょいーマスクを付けたテクニコがリングを舞うんだ」

ジ・アミーゴ「同じく超人プロレスも人気だ。まちのあちこちに会場があって夜になるといろんなレスラーが試合をするんだ。ガキの頃見に行ったなあ」

ジ・アミーゴ「それと音楽!」ジャカジャンッ!

フロストマン「おお、ギター?」

ジ・アミーゴ「いーや、バンジョー。こいつは俺は音楽が大好きなんだ!」ポロリロポロリロ

フロストマン「すごい! かっこいい演奏です!」

ジ・アミーゴ「へへ、そうだろ。今弾いてるこれはノルテーニョ。メキシコのいかしたスタイルさ」〜♪
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:35:13.99 ID:7g4YdqFto
現実のメキシコはヤバい
マフィア強すぎて警察署が襲撃食らって普通に殺人起こるレベル

アミーゴいいヤツで良かったなぁ
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 00:45:15.89 ID:zDHWb8nCo
ガラガラッ

瀬昆田「おお、仲良くやっているようだな」

ジ・アミーゴ「ああ、センセー」

瀬昆田「フロストマン、彼はな、お前の大阪の試合を見てここに来たそうだよ」

フロストマン「ええ! ほ、ホントですか!?」

ジ・アミーゴ「シー。フロストマン、お前の試合を見てオイラはこの国にやって来たのさ」

ジ・アミーゴ「ヤポンはメキシコと同じくらい超人プロレスが盛ん!」

ジ・アミーゴ「好きだぜヤポンの超人。キン肉マン、ウルフマン、ザ・ニンジャ、サイコーだ」


ジ・アミーゴ「ここにくれば俺もスターの仲間入りを果たせると思ってな……!」


瀬昆田「!」

フロストマン「なれますよ!」

ジ・アミーゴ「……え、え?」

フロストマン「だってアミーゴはすごいですよ! 外国から日本に来て超人プロレスをやろうとする熱意! それと音楽とかもできるし! 今日なんかクラスで人気者でしたし!」

フロストマン「ぼく声かける暇も無かったですもん!」

フロストマン「なれますよ、スター!」

ジ・アミーゴ「……お、おう。グラシアス……フロストマン」

フロストマン「はい!」


ジ・アミーゴ「……チョーシ狂うぜ」
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:45:20.46 ID:XQj9ftbC0
ちょっと気になるのがなんかそこから別の施設かなんかに入れられてるような表現に見えるところ
虎の穴にでも入れられたか
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 01:03:53.48 ID:zDHWb8nCo


瀬昆田「――という訳で腹ごしらえも済んだことだし、これからミーティングを始めたいと思う」

瀬昆田「まず――今日から入ったジ・アミーゴにもフロストマンと同じ練習メニューで練習を行ってもらう。いいな」

ジ・アミーゴ「シー(はい)、センセー。オイラも頑張んなきゃな」

フロストマン「スパーリングもよろしくお願いします、アミーゴ」

ジ・アミーゴ「もちろんだ、いいぜ」

瀬昆田「それとアミーゴには初めて言うが、そろそろ”新人戦”が近づいている」

ジ・アミーゴ「シンジンセン? 試合のことか?」

瀬昆田「ああ、そうだ。今日はその申し込みが届いてな。出場形式の確認を行おうと思っていたんだ」

フロストマン「試合形式、ですか?」

瀬昆田「ああ、そうだ。フロストマンには四月のあたりに一度教えていたが……覚えているか?」

フロストマン「はい!」

フロストマン「基本はトーナメント制で行われます。まずは”個人戦”、各校から1人選手を出し合って行う形式」

フロストマン「次は”タッグマッチ”、各校から2人選手を出し合って出場する形式」

フロストマン「最後に団体戦、各校から5人選手を出し合って出場する形式。この三つの形式によって大きな大会は執り行われています」

フロストマン「規定として選手は超人道的判断から最大2つの形式の試合にしか参加できません」

フロストマン「こうですよね?」

瀬昆田「よく覚えていた、えらいっ!」

フロストマン「えへへ」
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 01:21:25.60 ID:zDHWb8nCo
瀬昆田「――ということで、各校で個人戦に出られる超人は1人まで。誰が出るか決めなくてはならない」

瀬昆田「それをどちらにするか決めなくてはならない」

瀬昆田「他校は校内試合を行って勝った方を代表として選出しているらしい」

瀬昆田「二人がそれで問題ないのなら、ウチもそのように決めようと思うだが」

フロストマン「ぼくもそれでいいと思います。アミーゴとも試合をしてみたいですし」

ジ・アミーゴ「オイラもそれでいいぜ」

瀬昆田「分かった、ありがとう」

瀬昆田「では個人戦については、そうするとして……」

瀬昆田「”タッグマッチ”についてだ!」

瀬昆田「良かったなフロストマン!」

フロストマン「ええ! これについては選ぶ必要ないですから!」
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 01:27:32.56 ID:zDHWb8nCo
ジ・アミーゴ「何を喜んでいるんだ、瀬昆田センセー」

瀬昆田「ははは、いや、個人戦については部員一人でもできることだが、タッグマッチについては――」

フロストマン「二人で頑張りましょうアミーゴ!」

瀬昆田「選ぶ必要のないくらい部員がいないことを嘆くべきかもしれないが、とにかく今は喜ぼうフロストマン!」

瀬昆田「これで我が校の出場枠がもう一つできた!」

ワーイ ワーイ

アハハハ ハハハ


ジ・アミーゴ「……」

ジ・アミーゴ「おい」

フロストマン「?」

ジ・アミーゴ「なあ二人とも」

ジ・アミーゴ「何でオイラがその”タッグマッチ”とやらに勝手に出ることになってるんだ?」

フロストマン「え? でも……」



ジ・アミーゴ「オイラぁ、タッグマッチなんか出ないぜ」

瀬昆田「な!?」

ジ・アミーゴ「リングで輝くのは1人だけでいい」
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 01:53:52.36 ID:XQj9ftbC0
そっちかーw
フロストはシングルに勝利して栄光手に入れるにはタッグで優勝しかないぞって納得させるしかないのか
ルチャだと3本勝負かな
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 01:54:01.45 ID:zDHWb8nCo
瀬昆田「な、何を言ってるんだアミーゴ。出場できる枠が増えるということは何度も実戦経験を積めると言うことだし、良い事じゃあないか」

ジ・アミーゴ「実戦経験がどうとかじゃあねえ。オイラはタッグマッチに出る為にヤポンへ来た訳じゃあねェ」

ジ・アミーゴ「センセー、オイラの履歴書を見てくれたかい?」

瀬昆田「む……」ペラ

ジ・アミーゴ「オイラはプロ志望。ヤポンで一旗上げるためにこの学校へ来たのさ」

ジ・アミーゴ「フロストマン、お前の試合シビれたぜ。手に汗握る攻防、湧く観衆。ゲニアル(かっこいい)なもんが見れた」

ジ・アミーゴ「誰がやったか分からないインターネット配信だったが世界中がお前のことを見ていた!」

ジ・アミーゴ「それを見ていたメキシコの鳴かず飛ばずの超人レスラー”ジ・アミーゴ”は考えた『そうだ、ヤポンへ行けばオイラだって輝けるチャンスがあるかもしれない』ってな。ヤポンへ渡って有名になった超人だってかなりいる!」

ジ・アミーゴ「メキシコは格差が激しい。決められた道がある者はそれには逆らえない。スターは生まれついてからのスターさ。きたねえ身分に生まれて来ちまったオイラは常にまずい飯を食わされて暮らしていた」

ジ・アミーゴ「地元にはオイラよか数段強いスターがわんさかいて、オイラは常にそいつらからバカにされていた」

ジ・アミーゴ「幾ら練習しても届かないものがあった。だからオイラぁいつだってアイツらを見返してやる手段を考えていたのさ」

ジ・アミーゴ「勘違いしないでくれ。オイラがヤポンへ来たのは、そういう”手段”があったからだ!」

ジ・アミーゴ「フロストマン、お前とは良いアミーゴ(友だち)になれそうだが、リングの上ではそうはいかねえ。特にチームメイトであるならなおさらだ」

ジ・アミーゴ「プロレスチームでは常に人気の差ってもんが存在する。あれがあーだとかこーだとかどいつもこいつも知らねえクセに言う訳だ」

ジ・アミーゴ「だが、違うんだ」


ジ・アミーゴ「オイラを! オイラが輝くところをみんなに見せつけてやりたい!」

ジ・アミーゴ「そうしなけりゃあ……オイラァただのレスラーくずれ、さ」

ジ・アミーゴ「そういうことだ。覚えといてくれ」
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 02:05:09.13 ID:zDHWb8nCo
瀬昆田「だがアミーゴ。その”スター”になるチャンスを掴む機会は多い方が良いんじゃないか?」

瀬昆田「新人戦には中央からスカウトマンが来ている。違う部門に二度出ることが出来ればスカウトマンだって――」

ジ・アミーゴ「……」


ジ・アミーゴ(自分でも屁理屈言ってるのは分かってるんだ。だが、だがよ。それでもイヤなんだ、アイツと組むのは――)

ジ・アミーゴ(フロストマン)

ジ・アミーゴ(オイラ……オイラァよ……)

ジ・アミーゴ(オイラ、あの試合の様子を見ても思ったんだが――)


フロストマン『なれますよ、スター!』


ジ・アミーゴ(お前のその純粋な眼差し……そいつが……怖えんだ)
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 02:12:54.31 ID:zDHWb8nCo
フロストマン「……」

ジ・アミーゴ「……」

瀬昆田「分かった! ではまずそれは置いておいて、早速練習を始めよう!」

フロストマン「は、はい!」

ジ・アミーゴ「おう!」

瀬昆田「……」

487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 02:30:38.48 ID:zDHWb8nCo
――練習後

瀬昆田「よし、今日の練習終わり!」

フロストマン「ありがとうございました!」

ジ・アミーゴ「グラシアス! なかなか良いスパーリングだったぜアミーゴ!」

フロストマン「はい! ありがとうございます!」

瀬昆田(……なるほど)

瀬昆田(アミーゴのスパーリングを見て分かったことだが……彼には”焦り”が見える)

瀬昆田(フロストマンも技を編み出すまでの期間の練習で焦りが見られたが……それとはまた違う)

瀬昆田(もっと切迫した……不安感……自己否定感の強い……)

瀬昆田(……そして頑なにスターにこだわる理由)

瀬昆田(大丈夫だろうか……彼は)

フロストマン「じゃあそろそろ帰ります! 瀬昆田さようなら!」

ジ・アミーゴ「オイラも帰るぜ。アディオス!」
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 02:38:40.86 ID:zDHWb8nCo
瀬昆田「あ、あぁ……」

瀬昆田「……」

ジ・アミーゴ「……」

瀬昆田(アミーゴのあの背中、後ろ姿……どこかで――)

瀬昆田「……」

瀬昆田「はッ!」


ロジエマン『でも、今の俺には何もない……”無情”、それだけだ』


瀬昆田(ロジエマン!)

瀬昆田(そうだ! 親友と戦う意味全てを失ったロジエマンに何も言えなかった私! 私が見送ることしかできなかった”あの後ろ姿”!)

瀬昆田(私はアミーゴの後ろ姿にそれを重ねているのだ!)

瀬昆田(……よし!)
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 02:55:35.47 ID:zDHWb8nCo
瀬昆田「アミーゴ!」

ジ・アミーゴ「ん?」

瀬昆田「そ、それとフロストマン!」

フロストマン「はい?」

瀬昆田「……」

瀬昆田「これから……試合をしないか……二人で……」

フロストマン「ええッ!?」

ジ・アミーゴ「どういうことだい、センセー」

瀬昆田「個人戦の代表選手を今から決めるんだ……どうだ、アミーゴ」

ジ・アミーゴ「構わないが……どうして」

瀬昆田「それとだ、アミーゴ。ここで、この試合に条件を設けたい」

フロストマン「?」

瀬昆田「もし、アミーゴ。お前が勝てば、お前がさっき言った通りシングルマッチだけに出るんだ。私も教師、お前の未来を応援する」

瀬昆田「しかし!」

瀬昆田「フロストマンが勝った時――」

フロストマン「え? ぼくですか?」

瀬昆田「フロストマンが勝った時! アミーゴ、お前にはタッグマッチにフロストマンと出てもらう!」

ジ・アミーゴ「なんだと!」

瀬昆田「いいな?」
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 03:10:44.65 ID:zDHWb8nCo
瀬昆田「ふふ……アミーゴ。それが嫌なら、お前が勝てばいいだけの話」

ジ・アミーゴ「……おい、センセー。オイラのこと、ちーとなめすぎじゃないか……?」

瀬昆田「いや違う。ただ私は、お前の実力を早く見たくなっただけだよ」

ジ・アミーゴ「……分かったよ。勝てば良いんだろ」

瀬昆田「そうだ」

瀬昆田(アミーゴ……彼に不足している所は”自己肯定感”)

瀬昆田(話を聞くにメキシコに思うところがあって飛び出してきたと見た)

瀬昆田(彼は自分を肯定できる場を探すため前が見えなくなっている。その点については大阪で出会ったグレート通天閣にも似ている)

瀬昆田(私はその姿勢にある種の”危うさ”を感じている)

瀬昆田(ロジエマン、グレート通天閣と同じ道に行きかねない、ということだ)

瀬昆田(私にできることは……これくらいだ)

瀬昆田(すまない、フロストマン。ダシにしてしまうようで……)

瀬昆田(だが、フロストマンも強くなっている。きっとこの戦いが二人の超人プロレス観に新たな可能性を見出すことになる!)

瀬昆田(頑張ってくれ……二人とも!)

瀬昆田「アミーゴよ……フロストマンは強いぞ!」

ジ・アミーゴ「マグニフィコ(素晴らしい)! スパーリングだけでは足りなかったところだ!」

ジ・アミーゴ「ヤポンの超人の強さ……オイラに見せてくれ!」


次回! フロストマン対ジ・アミーゴ!
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 03:12:43.45 ID:zDHWb8nCo
おやすみ
更新はまた不定期に戻る
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 08:17:03.41 ID:SqGvI6Hco


成程。荒れた世界で生きてきたアミーゴにとってずっと恵まれた環境で真っ直ぐ育った
フロストの光は強すぎるんだな。たたえ勝ってもしっかりフォローしないと危なそう
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:23:55.00 ID:zDHWb8nCo
――メキシコ

「あそこの家の爺さん金持ってるらしいぜ」

「午後2時になると必ずでかけるらしいから、そこが狙い目だ」

「アミーゴ、爺さんの家には高い塀と門がある。飛び越えて内側から鍵を開けてくれ」

ジ・アミーゴ「ああ、分かった」

ジ・アミーゴ『貧乏な家で育ったオイラは生活する為、殺し以外の悪いことはなんでもやった』

ジ・アミーゴ『しんがりはいつもオイラだ。オイラは超人だし腕っぷしも良かったから泥棒や喧嘩に重宝されていた』

ジ・アミーゴ『ある日オイラはいつも通り泥棒グループのしんがりとして、とある爺さんに忍び込んだ』
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 21:25:21.73 ID:eduMacPM0
来たか。今日から試合かな?
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:29:15.74 ID:zDHWb8nCo
――爺さんの家

ジ・アミーゴ「へへ、塀を飛び越えるなんて楽勝だ」ヒョイッ

ジ・アミーゴ「おい! みんなーっ、内側から鍵を開けたぜ! 入れ入れ!」


ジ・アミーゴ『オイラはグループのみんなに必要とされていた。それだけで嬉しかったんだ』

ジ・アミーゴ『だが、予想外の事が起きた』

ジ・アミーゴ『オイラが爺さんの家へ忍び込み、門の内側から鍵を開けた時だ――』


ガチャ

ウー ウー ウー

ウォンウォンウォン

ジ・アミーゴ「ウワッ! なんだ!?」

「警察だ!」

「強盗未遂及び不法侵入の現行犯で逮捕だ!」

ジ・アミーゴ「そ、そんな!」


ジ・アミーゴ『警察が待ち構えていたんだ』

ジ・アミーゴ『そんなはずじゃあなかった。この時間に爺さんの家に爺さんはいないはずだし、警察に通報する奴なんているはずが――』
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:37:04.16 ID:zDHWb8nCo
ジ・アミーゴ「まさか……」

「へへへ、ごめんよアミーゴ」


ジ・アミーゴ『警察官の後ろで笑うグループの仲間たちを見てオイラはやっと何が起きたか気づいたんだ』

ジ・アミーゴ『オイラは仲間に売られた』

ジ・アミーゴ『その後オイラは警察官に死ぬほど痛めつけられた』

ジ・アミーゴ『オイラは仲間に裏切られたショックから誰も信じられなくなったんだ』
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 21:40:41.31 ID:XXUvyLW6O
しんがりは最後尾やで…
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 21:48:39.12 ID:w40D8cTpo
勘違いはわすれろそうすればお前は強くなる
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:56:20.52 ID:zDHWb8nCo
ジ・アミーゴ『だからと言ってオイラは悪いことをするのをやめられなかった』

ジ・アミーゴ『オイラは自分自身をクズだと決めつけて、悪いことをする以外能が無いもんだと思っていたんだ』

ジ・アミーゴ『自暴自棄になったオイラは次に1人で空き巣する為のターゲットを探した』



ジ・アミーゴ「金持ちの家、金持ちの家、と」

ジ・アミーゴ「ムムッ! ここがいいぞ!」


ジ・アミーゴ『オイラはそこでとある金持ちの家をターゲットに選んだ』

ジ・アミーゴ『それがオイラの人生を変えることになるなんて思っていなかったんだ』
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 22:06:14.12 ID:zDHWb8nCo
――とある金持ちの家

ジ・アミーゴ「へへ、金持ちの家って聞いていたからどんなもんかと思っていたが……とんだザルじゃねえか」

ジ・アミーゴ「そうともなればササっと金目のものを盗んでスタコラサッサだ!」

ジ・アミーゴ「ほほ〜、あったあった。時計にバッグ、金貨に宝石。確かに金持ちの家だ」シメシメ

ジ・アミーゴ「それと後は――」

ジ・アミーゴ「ん?」

ジ・アミーゴ「トロフィー……? なになに……”銀河系超人タッグトーナメント”?」

ジ・アミーゴ「へぇ、この金持ち……どうやらオイラと同じ超人と見た!」

ジ・アミーゴ「ま、オイラにここまで侵入を許しちまうくらいのヤツならそんなに大したもんじゃあ――」


?「誰だお前はッ!」


ジ・アミーゴ「あっ!」
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 22:16:11.52 ID:XQj9ftbC0
トロフィーがタッグなのがうまい
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 22:23:56.58 ID:zDHWb8nCo
ジ・アミーゴ『一瞬だった』

ジ・アミーゴ『家の主人は高く飛び上がったかと思うと、その頭をオイラの胸に叩き落としてきやがった!』

ジ・アミーゴ『そう、家の主人はメキシコを代表する超人だったんだ』

ジ・アミーゴ『それも知らずにオイラはのこのこと忍び込み、そいつに一発食らわされ、気を失った』


コポコポ…

ジ・アミーゴ「ん……あ」

?「起きたか。コーヒー、飲むか」

ジ・アミーゴ「あ! あぁっ! アンタは!」

?「……オレの顔に何かついているか?」

ジ・アミーゴ「あ、アンタ……”スカイマン”……」

スカイマン「そうだ。まさか、オレの家だと知らず上がり込んできたのか? ハハハ、無謀な奴だ」

ジ・アミーゴ「す、すまねぇ! オイラバカだ! どうしようもねェバカ! ど、どうか許してくれ! こんなバカな俺を許してくれ!」

スカイマン「ハハハ、許すも何も……まぁ落ち着け。落ち着いて、コーヒーでも飲んで……少し、話そうじゃないか」


ジ・アミーゴ『家主の名は”スカイマン”』

ジ・アミーゴ『メキシコじゃ知らない奴がいない程有名な超人レスラー』

ジ・アミーゴ『いつぞやの超人オリンピックじゃあ、あのテリーマンを苦しめた強豪だ』
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 22:25:20.56 ID:rGGe+Q+2O
まさかのスカイマンww
超人様でとんでもないこといった人だww
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 22:33:47.34 ID:zDHWb8nCo
ジ・アミーゴ『スカイマンが出してくれたコーヒーを飲んだオイラは何となく身の上話をしちまった』

ジ・アミーゴ『母親が早くに死んじまったこと、クソッたれのオヤジが毎晩オイラを殴ること』

ジ・アミーゴ『それと……オイラの泥棒稼業の事』

ジ・アミーゴ『スカイマンは黙ってオイラの話を聞いてくれた』


ジ・アミーゴ「す、すまねえ! メキシコの英雄にこんなこと話しちまって」

スカイマン「いや、構わない」

スカイマン「だがな……アミーゴ、泥棒はやめたほうがいい」

ジ・アミーゴ「分かってるよ。でもよ、オイラ頭も悪いしグズだからこれくらいしか」


ジ・アミーゴ『そう言いかけた時だ』


スカイマン「おや、本当にそうかな」

ジ・アミーゴ「えっ!」
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 22:34:05.64 ID:XQj9ftbC0
フライング魚雷炸裂w
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 22:44:18.29 ID:zDHWb8nCo
スカイマン「家を漁るお前を見た時、オレは咄嗟に”フライング魚雷”をしかけた」

スカイマン「どうせコソ泥だ。骨の10本や20本覚悟しろとばかりに放ったつもりだった」

スカイマン「だが、お前はそれに見事に受け身を取り、倒れたのだ」

ジ・アミーゴ「!」

スカイマン「ほう、完全に無意識の内だったか」

スカイマン「なあアミーゴよ。自分の腕をよく見てみると良い」

ジ・アミーゴ「!」

スカイマン「ああ、太くバランスの良い筋肉だ」

スカイマン「足を見ろ」

ジ・アミーゴ「!」

スカイマン「逞しい足だ。これでうまく床を蹴って”フライング魚雷”のダメージを他へと逃がしたようだな」

スカイマン「アミーゴ、自分の身体の使い方を間違ってはいけない」

スカイマン「その恵まれた体を……超人プロレスに活かしてみないか?」

ジ・アミーゴ「……!!」
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 22:58:17.51 ID:zDHWb8nCo
ジ・アミーゴ『それからオイラはスカイマンの言う通りレスラーになるべく練習を重ねた』

ジ・アミーゴ『でも初めの頃は良かったが、だんだんとうまくいかなくなっていった』

ジ・アミーゴ『練習を始めたのが13を過ぎた頃だったから周りからすれば”何をいまさら”と思われていたのだろう』

ジ・アミーゴ『オイラはすぐにいじめられた』


「オイアミーゴ! お前図体ばっかりでかくて何もできねえじゃねーか!」

ジ・アミーゴ「……」

「オイなんだその目は!」


ジ・アミーゴ『オイラは周りに負けないよう必死で食いついていった』

ジ・アミーゴ『でも、ダメだった』


「お前のデビュー? ダメだダメだ。スターというものは生まれついて決まっているんだ」

「貧民街生まれのお前にはそんな資質あるわけないだろ」


ジ・アミーゴ『クソ……思い出すだけでも腹が立つぜ』
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [rsage]:2018/01/05(金) 23:08:44.99 ID:NxX/iO0C0
今の彼らにとってはティーパックマンやカナディアンマンも雲の上な超人なんだなあ
スカイマンにスポット当てるのいいねえ
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 23:13:34.07 ID:zDHWb8nCo
ジ・アミーゴ『それでも自分で決めた道。まっとうな道だ。超人プロレスを諦めずやれる道を探した』

ジ・アミーゴ『オイラを今までコケにしてきた奴を見返すため、その為の努力は一切惜しまなかった』

ジ・アミーゴ『そんな時に見たのが”あの中継”だった』

ジ・アミーゴ『あれを見て思ったんだ』

ジ・アミーゴ『”オイラにだってできる”!』

ジ・アミーゴ『”輝けるチャンスがある”!』

ジ・アミーゴ『――ってな』



ジ・アミーゴ(やったぜ……留学の権利、テスト、全て通った!)

ジ・アミーゴ(名門と言われるジャアクシャ院高校はムリだったが、あのフロストマンが居る高校へ行けることになった!)

ジ・アミーゴ(これでヤポンへ行けばオイラも……!)




ジ・アミーゴ『絶対に誰かに頼りたくねえ。タッグなんか出たら絶対観客の目はフロストマンに行っちまう!』

ジ・アミーゴ『このチャンスはオイラだけで掴み取ったもの! だからこそ、この試合、負ける訳にはいかねえ』

ジ・アミーゴ『負けねえ! ”アイツラ”にも! フロストマンにも!』

第13話 アミーゴの夢! スターへの道!
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 23:16:02.80 ID:zDHWb8nCo
休憩をはさんで再開する
初の原作超人はスカイマンでした
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 23:18:35.60 ID:XXUvyLW6O
たんおつ
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 23:23:06.45 ID:XQj9ftbC0
45万パワー乙
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 00:05:35.35 ID:gZL5/9mVo
第14話 アミーゴ対フロストマン! 届け 瀬昆田の想い!

瀬昆田「決着は公式試合と同じくKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過でいいな?」

ジ・アミーゴ「ああ」

フロストマン「よろしくお願いします!」

瀬昆田「では行くぞ!」

瀬昆田「試合 開始!」

カーーン!

【直下コンマ判定】
偶数:フロストマン先行
奇数:ジ・アミーゴ先行
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:06:03.14 ID:SBnHwz8uO
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:06:10.47 ID:Fx7/kNK00
ほい
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:06:36.87 ID:Ap/RYQPy0
ヌン
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 00:15:16.48 ID:gZL5/9mVo
フロストマン先行!

フロストマン「よし! 行きますよ!」

ジ・アミーゴ「来い!」

フロストマン「たあーーーッ!」

瀬昆田(フロストマン、大阪で鍛えたその腕をどう活かす!)

↓2【新たなコマンドが追加されたぞ!】
1まず通常攻撃だ!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り4本)
5コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:18:22.23 ID:Fx7/kNK00
安価↓
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:21:46.89 ID:R3OLkeG50
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:22:01.00 ID:U6Lf7K+i0
1
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 00:26:31.77 ID:gZL5/9mVo
ガインッ

フロストマン「まずはロープだッ!」

ジ・アミーゴ「何をちょこまかと!」

瀬昆田(ロープを使った移動で相手を誘導し攻撃するつもりか!)

ガインッ

ガインガインッ!

瀬昆田(そうかこの動き!)

瀬昆田(ブラザー・ツーテンから学んだのか!)

フロストマン「そおれっ!」

【直下コンマ66以下で攻撃成功だ!】
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:27:03.41 ID:U6Lf7K+i0
おうりゃ
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:28:35.20 ID:+JW59+T+o
原作のキャラの出し方が上手いなぁ
そしていよいよ試合か。勝ちたいところ

>>503
なんて言ったの?
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:30:55.75 ID:Fx7/kNK00
>>523
確か「空中戦ならオメガ六槍客なら一網打尽だ」みたいなこと言ってた
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:34:11.25 ID:Ap/RYQPy0
ただ力を見せつけるだけでは仲間になれないと思うなあ
出来ればだが向き合いながら勝ちたい
もちろん負けないように頑張るのは大切だけどね
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 00:37:24.75 ID:gZL5/9mVo
ガッ

バキイッ

ジ・アミーゴ「ぐわっ!」体力8/10

瀬昆田(鋭いラリアットが入ったぞ!)

ジ・アミーゴ「へ、へへ……やるじゃあねえか!」

フロストマン「ありがとうございます! でもまだまだですよ!」

ジ・アミーゴ「へへ……じゃあ次はこっちの番だッ!」

瀬昆田(どう来る……?)


ジ・アミーゴ「ふっ!」バッ

フロストマン「ポンチョを脱いだ!」

瀬昆田「そ、その下はサボテンのような針で覆われているぞ!」

ジ・アミーゴ「食らえッ!」シュパパパパパパ!

フロストマン「くっ、かく乱技か! 攻撃しにくいぞ!」

瀬昆田(なるほど、こういう飛び道具を持っていたか! フロストマン、応戦できるか!?)

↓1
1なら通常攻撃で切り抜けるまで!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り3本)
5コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:39:11.53 ID:Fx7/kNK00
6じゃだだめかな?
安価↓
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:40:20.25 ID:+JW59+T+o
7腕を凍らせて盾代わりにして針が尽きるまで防御

>>525
確かに。叩きのめすだけだとますます卑屈になると思う
わざと負けるのは流石に不味いし引き分けとかがいいのか?
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:40:37.56 ID:U6Lf7K+i0
追い詰められて心中を吐露するシーンとか来ないとフロストは察する事すら出来ない事情だろうしとりあえず今は一生懸命戦って先生がうまく水を向けるなりを待とう

2自分を凍らせて弾く
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 00:45:23.59 ID:gZL5/9mVo
フロストマン「このままじゃあ攻撃できないぞ……なら!」

フロストマン「……ッ!」

フロストマン「うおおッ!」

カッ!

ジ・アミーゴ「な、なんだこのまばゆい光は!」

パラパラ…

ジ・アミーゴ「オイラのトゲがみんな落ちちまった!?」


瀬昆田「わ、私も知らないぞ! 何なんだその技は!」


フロストマン「え、えーと……わ、分からないです」

フロストマン「気合を入れたら急に、こんな風に」

瀬昆田「」コケッ

ジ・アミーゴ「へ、へえ……なるほど……やっぱり持ってるモンが違うのか……」

ジ・アミーゴ「く、クソ……クソッ!」シュパパパパパパ!

瀬昆田「ぬ、ぬぅッ! アミーゴがまたトゲを! 気合だけでは埒が明かんぞフロストマン!」

フロストマン「うう……!」

↓1
1なら通常攻撃で切り抜けるまで!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り3本)
5コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:47:13.38 ID:Ap/RYQPy0
足元を凍らせてスライディングで姿勢を崩しに行く
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:47:16.47 ID:SBnHwz8uO
2
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:47:39.15 ID:Ap/RYQPy0
番号は7で
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 00:53:27.64 ID:gZL5/9mVo
フロストマン(そうだ、トゲはアミーゴの胸から出ている。射線上に立たずに攻撃すれば!)

フロストマン「よし!」パキパキパキ

瀬昆田「足下を凍らせた! リングをアイススケート場にするんだな!」

フロストマン「アミーゴ! 足下がお留守ですよ!」

ジ・アミーゴ「!」

フロストマン「うおお! このままスライディングで突っ込む!」スーーーッ!

【直下コンマ判定76(初期値66+ボーナス10)以下で成功!】
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:56:05.80 ID:U6Lf7K+i0
おほー地震だ
割と揺れた
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 00:57:09.20 ID:U6Lf7K+i0
誤爆した挙句に失敗w すまんw
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 01:03:28.41 ID:gZL5/9mVo
ジ・アミーゴ「へへッ! その程度のこと! 対策済みよォーーッ!」

ガッ!

フロストマン「足を掴まれた!?」

ジ・アミーゴ「ヘイヘイヘーイ!」

バシンバシンバシン!

フロストマン「わーーーっ!」体力5/6

瀬昆田「なんて腕力だ! フロストマンの片足を持ってリングに叩きつけるなんて!」

ジ・アミーゴ「ヤポンの超人はこの程度か! へへ、オイラの引き立て役になってくれるってんならタッグマッチ、出てもいいかもなぁ!」

フロストマン「む、むうっ!」

↓1
1なら通常攻撃で切り抜けるまで!(成功率61%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率95%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率28%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率61% 残り3本)
5コーナートップからダイブ!(成功率61% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率95%+次回相手のターンに-補正)
7その他(挑発-5%)
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:04:06.83 ID:SBnHwz8uO
2
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:04:42.15 ID:+JW59+T+o
2
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:04:44.24 ID:Fx7/kNK00
さっきの失敗を取り返したいから2にしたいが…
安価↓
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 01:11:35.16 ID:gZL5/9mVo
フロストマン「やられてたまるかッ! ”霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)”!」

ジ・アミーゴ「これは中継で見た技! ぐうっ! 身体が凍っていく!」

瀬昆田(アミーゴとフロストマン、今のところ接戦と言ったところか)

瀬昆田(お互い粗削りではあるが悪くない戦いを見せている)

瀬昆田(スタミナ面ではアミーゴの方に分がありそうだが、霜の巨人の腕発動後はどう変わっていくか)

ジ・アミーゴ「クソォ……つめてえ!」

【直下コンマ95以下でアーム・ヨートゥン成功!】
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:12:05.41 ID:+JW59+T+o
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:14:21.35 ID:U6Lf7K+i0
サボテンだし萎れてくれないかなw
暖かい国出身だし
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 01:21:12.47 ID:gZL5/9mVo
ジ・アミーゴ「……ぐ!」

フロストマン「良かった! 成功したぞ!」

ジ・アミーゴ「う、うぐぐ……!」体力7/10

ジ・アミーゴ「ここで……! ここで負ける訳にはいかねえんだ!」

ジ・アミーゴ「クソッ! 氷が溶けねえ!」

ジ・アミーゴ「うおお〜〜〜ッ!」

瀬昆田(何とか持てる力のすべてを使って氷を振り切ろうとしているが……そう簡単にフロストマンの氷は解除できまい!)

瀬昆田(がむしゃらに動くだけではダメなことに気付くんだアミーゴ!)

【直下コンマ01以下でジ・アミーゴが氷を破壊する!】
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:24:22.67 ID:SBnHwz8uO
厳しいなw
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:24:36.00 ID:U6Lf7K+i0
ジタジタ
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:29:21.25 ID:+JW59+T+o
あぶねえええええ
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 01:31:12.09 ID:gZL5/9mVo
フロストマン「そんなにその氷を解いてほしいのなら!」

ガバッ

フロストマン「でェェーーいッ!」

瀬昆田(氷ごとその身を砕くクロスチョップだあーーッ!)

ドガァーーッ!

ジ・アミーゴ「ぎえーっ!」体力6/10

フロストマン「これで終わりじゃありませんよ!」

↓1
1通常攻撃だ!(成功率71%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率71%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率43%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率71% 残り3本)
5コーナートップからダイブ!(成功率71% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:32:46.70 ID:U6Lf7K+i0
1
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:33:10.32 ID:+JW59+T+o
あんまり同じことばっかりするのも良くないかな?

5で
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 01:44:16.24 ID:gZL5/9mVo
フロストマン「えいッ!」キュキュッ!

瀬昆田(下がった!)

フロストマン「これだァーーっ!」

ジ・アミーゴ「げえっ! ドロップキック!?」

フロストマン「これが大阪式ドロップキックだァーーッ!」

瀬昆田(そうか。フロストマンはこの試合を通して大阪で見て来た技を自分の試合の中でどこまで落とし込むか試していたのだな!)

瀬昆田(フロストマンがこの試合の中で自分の目的を見つけた今――)

瀬昆田(アミーゴ、お前はどうする)

【直下コンマ71以下で攻撃成功!】
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:47:29.07 ID:SBnHwz8uO
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:49:08.06 ID:+JW59+T+o
よしよし、いい感じ

あとアミーゴは何かを思い出させるなと思ったらテキーラガンダムだった
体力が高いから地道に削ってくしかないな
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:53:49.83 ID:U6Lf7K+i0
おそらく選択肢のどこかにジャガーヤンの浮翌落が入ってるはずなんだがあれカウンターだから向こうが動かないと出ないかな
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 02:05:41.41 ID:gZL5/9mVo
ドガッ!

瀬昆田(決まった!)

ジ・アミーゴ「ぐ……ぅ!」体力5/10

ジ・アミーゴ「まだだ……まだ……オイラは戦えるぜ!」

瀬昆田(大分やられてしまったな……ここで本来はギブアップを促すべきなのだろうが……)

フロストマン「アミーゴ……君はどうしてそんなにも――」

ジ・アミーゴ「恵まれて育ったお前には分からない事さ!」

ジ・アミーゴ「オイラは生まれ落ちたその時からクズ! だがそんなオイラにも目指したいもんがある!」

ジ・アミーゴ「リングの上で孤独の世界を選んだオイラならきっとこの戦い、負けるはずがねえ!」

ジ・アミーゴ「来るんだフロストマン! オイラの力を見せてやる!」


フロストマン「……アミーゴ! 君が何故そんなに苦しんでいるのかぼくには分からない……でも、この戦いを通して君が何に苦しんでいるのか分かるのなら!」

フロストマン「――ぼくはいくら傷付いてもかまわない」

瀬昆田「フロストマン!」

フロストマン「分かった。ぼくは全力で君にぶつかるよ!」

フロストマン「うおおおおーーーッ!」


ジ・アミーゴ「おおおおーーッ!」
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 02:10:01.90 ID:U6Lf7K+i0
やっと語り出してくれた
説得のセリフも考えるべきかな
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 02:13:53.55 ID:gZL5/9mVo
瀬昆田(そうか……アミーゴ)

瀬昆田(お前は人生の中で、自分を肯定してくれる人間があまりにも少なすぎたんだな)

瀬昆田(日本に来て、フロストマンに出会いその純粋さに触れることで自分の頑なさに気付きつつあるんだ)

瀬昆田(それと同時に自身の心が疲弊し、傷付いていることを自覚し混乱している)

瀬昆田(自制の利かないスタイルでの戦いを見せているのはこれが原因か)

瀬昆田(氷より冷たく凍ったその心……溶かしてくれるのはフロストマンお前しかいないというのか!)

瀬昆田(こんな時、私は指導者としてどうすべきだ……)

瀬昆田(考えろ……考えるんだ!)


次回! アミーゴの凍った心は溶けるのか!?
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 02:17:42.01 ID:gZL5/9mVo
おやすみ
なんだこいつしんがりなんて言っちゃってさァ恥ずかしくないワケ?
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 02:36:49.39 ID:U6Lf7K+i0
乙どんまい
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 02:44:47.29 ID:SBnHwz8uO
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 16:09:13.85 ID:Ap/RYQPy0
氷を使った正義超人っぽい技って何かなあ
武器作るのだと残虐超人というかヘイルマンっぽくなっちゃうし
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 16:41:12.14 ID:+JW59+T+o
全身に氷のアーマーをまとって攻防一体とかどう?
氷のランサーとか格好いいけどプロレスっぽくないよな。相手殺しちゃうし
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 18:30:19.24 ID:ylEAal4n0
いけそうなのちょっと二個ほど思いついたからテキスト作っとくかな
補助技とフィニッシュホールドになりそうな大技各一個
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 19:58:20.79 ID:ylEAal4n0
出来た!
>>46見る限りネタとしてかいといてもいいのかな?
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/06(土) 20:49:12.73 ID:gZL5/9mVo
>>564
技安価の時にやってね
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 20:53:39.77 ID:+JW59+T+o
一、二行でこんな技いいんじゃね?くらいなら問題ないだろうけど
長々と書くなら邪魔になるから募集の時以外はあかんと思う
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 21:31:59.92 ID:ylEAal4n0
はいよ どっかに保存しとこ
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 22:50:41.22 ID:gZL5/9mVo
50分後試合再開
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 23:04:09.03 ID:U6Lf7K+i0
瀬昆田先生がんばれー
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 23:29:33.73 ID:IlBijTqaO
半裸待機
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 23:47:48.74 ID:gZL5/9mVo
第15話 鉄の涙(アイアン・ティアーズ)! アミーゴの苦悩!

ガシッ

フロストマン(何とかつかみ合いの姿勢に持ってこれた!)

フロストマン(アミーゴの気迫に押されてなるものか! やるぞ!)

ジ・アミーゴ「ぐ、ぐぬ〜〜っ」

瀬昆田(フロストマン、アミーゴ、どちらも頑張ってくれ!)

↓1
1通常攻撃だ!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率66%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り3本)
5コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 23:48:38.44 ID:IlBijTqaO
5
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 12:56:07.94 ID:kRGQJv4Jo
フロストマン「トオッ!」

瀬昆田(コーナートップに! この技は――)

瀬昆田(違う! これはフロストマン自身の技!)

フロストマン「ダイブを喰らえ〜〜〜っ!」

ジ・アミーゴ「ぬ、ぬお〜〜〜っ!」

【直下コンマ66以下でダ〜〜〜〜イブ!】
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/07(日) 12:56:21.35 ID:tiplIS7x0
低い
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 13:13:45.76 ID:kRGQJv4Jo
ズガーーーッ!

瀬昆田「だ、ダイブ! 決まった!」

フロストマン「おおおおーーーっ!」

ジ・アミーゴ「ぐ、ぐう〜〜〜〜っ!」体力3/10


ジ・アミーゴ「つ、強い……い、いや、オイラが弱いのか……?」

ジ・アミーゴ「何故だ! オイラだってたくさん努力を積んで来たはずだ! なのに、なのに」

ジ・アミーゴ「うう、あああ――」ポロポロ…

瀬昆田「お前が弱い? そんなことはない!」

ジ・アミーゴ「!」

ジ・アミーゴ「センセー! お前に何が言えるか!」

瀬昆田「言えるとも!」
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 13:27:47.99 ID:kRGQJv4Jo
瀬昆田「ポンチョの下の傷だらけの身体! それだけ見れば、お前の努力は誰にだって分かる!」

瀬昆田「……」

瀬昆田「いや、お前が言ってほしいことはそうではないのだな」

瀬昆田「自分の頭の中で思い描く自分と現実の自分。そこには少なからずギャップが生じる」

瀬昆田「超人プロレスラーを目指す中には練習の厳しさの中で自分の中のギャップに戸惑い、途中でその道を諦める者もいた」

瀬昆田「ジ・アミーゴ……お前はそのギャップに誰よりも深く苦しんでいた」

瀬昆田「だが、お前は諦めなかった!」


瀬昆田「それは……誰にだってできることではない……褒められるべき点なんだ……! すごいんだ……お前は!」

ジ・アミーゴ「!」

瀬昆田「アミーゴ……お前は、自分ひとりリングの上で輝きたいと言っていた。それは本心か?」

瀬昆田「孤独であることを選び、自分を……”自分の心”を守りたかったんじゃないか?」

ジ・アミーゴ「……」

ジ・アミーゴ「……そうだ」
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 13:58:09.84 ID:kRGQJv4Jo
ジ・アミーゴ「だが……だからどうしたッ! 孤独で何が悪いっ!」

瀬昆田「孤独であることが悪いとは言わない」

瀬昆田「でも……お前……」

ジ・アミーゴ「……」


瀬昆田「あまりに寂しそうじゃあないか……」


ジ・アミーゴ「そんなことは……」

ジ・アミーゴ「な……」ボロ

ジ・アミーゴ「……」ボロボロ

フロストマン「な、涙……」

ジ・アミーゴ「ぐ……と、止まれっ! こんなもの! 止まれっ!」ゴシゴシ

瀬昆田「……」

瀬昆田「大丈夫だ」

ジ・アミーゴ「!」

瀬昆田「アミーゴ……私達は”仲間”だ」

フロストマン「……!」コクリ

瀬昆田「お前はもう1人なんかじゃない!」

ジ・アミーゴ「……う、うう……ううう……!」ボロ…ボロボロ…
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 14:07:15.69 ID:kRGQJv4Jo
ジ・アミーゴ「……本当に」

ジ・アミーゴ「本当に……”仲間”と思っても……良いのか?」

瀬昆田「今は疑ってもらってもかまわない! この目で見てお前自身が判断してくれ!」

瀬昆田「その時は――」

フロストマン「リングの上ではぼくが!」

瀬昆田「!」

瀬昆田「リングの外では私が全力で当たる!」

ジ・アミーゴ「!」
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 14:12:54.24 ID:GXd5vU5Po
今のジャンプで連載してもらいたいくらいの王道ストーリーだ
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 14:19:19.35 ID:kRGQJv4Jo
瀬昆田「アミーゴ、試合を再開しよう!」

瀬昆田「今はいくらでも悩め! 悩むことは悪い事じゃない! でも自分で抱え込みすぎるのも身体に毒!」

瀬昆田「今はその毒を全て吐き出して――」

瀬昆田「”後で”じっくり考えよう! もちろん”みんな”でな!」


フロストマン「さぁ来てください!」

ジ・アミーゴ「……ああ!」グイ!

↓1
1通常攻撃だ!(成功率61%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率61%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率28%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率61% 残り3本)
5コーナートップからダイブ!(成功率61% 残り3本)
6その他
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 14:21:01.93 ID:eXkOoeKXO
1
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 14:46:34.88 ID:kRGQJv4Jo
ジ・アミーゴ(オイラを仲間だって思ってくれる)

ジ・アミーゴ(マジかよ)

ジ・アミーゴ(……良いのかな)

フロストマン「うおおおっ!」

ジ・アミーゴ「はあああっ!」

【直下コンマ61以下で攻撃成功!】
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 14:47:09.61 ID:nxUVZopv0
あい
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 14:52:17.97 ID:GXd5vU5Po
すげえ。来てるなフロスト
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 15:05:23.59 ID:kRGQJv4Jo
フロストマン「ええいっ!」バキッ

ジ・アミーゴ「ぐうっ!」体力2/10

ジ・アミーゴ「まだまだあっ!」

ジ・アミーゴ「うおおおおっ!」


瀬昆田(アミーゴの動きが変わった。そうか……それが本来の気迫)

瀬昆田(焦りの多い戦いは、アミーゴ自身の鎖)

瀬昆田(アミーゴはそれを解き放ったのだな!)

【直下コンマ02以下でアミーゴの大技決まる!?】
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:06:05.28 ID:GXd5vU5Po
まだダメだ
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 15:22:20.64 ID:kRGQJv4Jo
フロストマン「遅いっ!」

バキッ

ジ・アミーゴ「ぐはっ!」体力1/10

瀬昆田(カウンタエルボーがアミーゴの脇腹に!)

ジ・アミーゴ「うう……クソッ! いてえ!」

ジ・アミーゴ「こ、このままじゃあ負けちまう! でも――」

↓1
1通常攻撃だ!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率66%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り3本)
5コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り3本)
6その他
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:24:21.14 ID:hbJxFF9I0
2
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 15:30:55.74 ID:kRGQJv4Jo
フロストマン「トドメだ! もう一度行きますよ!」

フロストマン「”霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)”!!」

ピシピシピシ!

ジ・アミーゴ「ま、またこの技か!」

【コンマ66以下でアミーゴのギブアップ!】
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:32:20.21 ID:WfZWq/TN0
もう一花咲かせるんじゃ
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:32:44.05 ID:nxUVZopv0
フロストの時のコンマは基本的によくってよかった
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:40:25.60 ID:WfZWq/TN0
もうちょっと粘らせてあげたかったがこれも運命(コンマ)

決着後いつの間にか試合を覗いてた生徒たちが惜しみない拍手を二人に送ってくれたりすると胸アツ
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 15:43:42.03 ID:kRGQJv4Jo
ジ・アミーゴ「が、あ……!」体力0/10

ジ・アミーゴ「な、成程……氷のホールドって訳か」

ジ・アミーゴ「オイラにゃこの氷を外す術はねえ。振り切る体力ももうねえ。ギブアップだ」

フロストマン「はい!」



試合終了!
○フロストマン VS ジ・アミーゴ●
(霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン))





ジ・アミーゴ「負けたぜ”アミーゴ(我が友よ)”……お前の実力にも、その熱意にもだ」

ジ・アミーゴ「センセー!」

瀬昆田「!」

ジ・アミーゴ「アンタにも負けたぜ」

瀬昆田「!」

ジ・アミーゴ「きっとこの試合の中で誰よりも”戦っていた”と思うぜ」

瀬昆田「……そうか」

ジ・アミーゴ「フロストマン”タッグマッチ”、よろしくな。シングルマッチも頑張れよ!」

フロストマン「アミーゴ……!」
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 15:57:31.56 ID:kRGQJv4Jo
ジ・アミーゴ(あーあ、負けちまった)

ジ・アミーゴ(練習が足りなかったってことだな)

ジ・アミーゴ(オイラ……弱いな)

ジ・アミーゴ(いや、それでもいいか。今はそれで構わない)

ジ・アミーゴ(オイラ……強くなるよ)

ジ・アミーゴ(自分の弱さに向き合って……強くなるよ!)


ジ・アミーゴ(それにしても……さっきの試合)


ジ・アミーゴ『こ、このままじゃあ負けちまう! でも――』

ジ・アミーゴ(まだ終わるのにはもったいねえ!)

ジ・アミーゴ(まだオイラは戦いたいんだ!)


ジ・アミーゴ(面白かったな……へへ)

ジ・アミーゴ(試合を楽しいとか面白いとか思うのは初めてだ)
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 16:12:16.52 ID:GXd5vU5Po
追撃とかのコンマの良い時で新ワザも狙って行きたいな
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 16:12:52.81 ID:kRGQJv4Jo
ジ・アミーゴ「フロストマン! センセー! オイラの部屋で飯でも食おうぜ! 一人で食う飯はまずく感じるんだ!」

ジ・アミーゴ「本場の”タコス”食わせてやるよ!」

フロストマン「えっ! ホントですか!?」

瀬昆田「私も良いのか!」

ジ・アミーゴ「もちろん! 行くぜ二人とも!」ダッ!


フロストマン「待ってくださいよおー!」

瀬昆田(アミーゴ、どれだけ時間をかけても良い)

瀬昆田(お前はまだ自分の力を信じ切ってはいない……いつか自分の確固たる信念を見つけるんだ!)

瀬昆田(それを導くのは私……)

瀬昆田(私も二人に負けていられないな!)

瀬昆田「おーい! 二人とも私を置いてかないでくれー!」

アハハハハ…
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 16:14:48.55 ID:kRGQJv4Jo
――アミーゴの部屋

フロストマン「えっ! この”タコス”、”タコ”入ってないじゃないですかー!」

瀬昆田「お前なあ」


次回! 超人レスリングに欠かせない”彼ら”の物語!
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 16:17:26.32 ID:GXd5vU5Po
おつ

今回も安定して面白かった!
次はどんな話かな
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 16:39:14.49 ID:eXkOoeKXO

次は何だろう、実況まわりかな?
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 19:25:28.97 ID:WfZWq/TN0
面白かった乙
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 19:39:13.54 ID:nxUVZopv0
そういえばアミーゴ以外の6人はどっかで出るのかな?
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 21:39:24.50 ID:ED9tZkZ40
面白い!
アミーゴ採用ありがとうございます、ここまで良い扱いになるとは...
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 05:41:04.48 ID:BwyWU599o
――職員室

校長「廃部……ですかねえ」

教頭「廃部……ですわねえ」

校長「でも……部員もいるし」

教頭「でも……部員と言っても1人ですし、ある程度の実績がないのなら――」

「「う〜〜ん」」

校長「廃部……ですね」

教頭「廃部……でしょう、残念ですが」

ペタッ(ハンコを押す音)

第16話 燃えろ放送席! アナウンス部のエースはあがり症!
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 05:56:03.04 ID:BwyWU599o
フロストマン(突然ですが、ぼくは高校に入る時、親元から離れ学生寮で暮らしています)

フロストマン(おじいさんとおばあさんと離れて暮らすのは少し寂しいですが、最近やっと慣れてきました)

フロストマン(”騒がしい隣人”も増えたことですし……)

ドタドタドタドタドタ

フロストマン(ほら……)

ガラガラッ

ジ・アミーゴ「起きろフロストマン! 学校に遅れるぞ! 早く行こう!」

フロストマン「まだ7時前だよアミーゴぉ、早いよお」

ジ・アミーゴ「いーやダメだ! ヤポンのことわざにもあるだろう! ”早起きは三文の徳”って!」

フロストマン「うう〜ん、三文って今で言う60円のことだし、それくらいの得なら寝てた方がマシさあ」グーグー

ジ・アミーゴ「むむむーっ!」

オキロー! イヤダヨー! オキロッテバー! イヤー!


フロストマン(留学生のアミーゴがこの寮に越して来て早1週間)

フロストマン(何かに付けてぼくの部屋を訪ねて来て、少し騒がしいです)

フロストマン(でもまあ、にぎやかで楽しいと思うこともあるし……悪くないかな)
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 06:11:55.33 ID:BwyWU599o
――通学路

ジ・アミーゴ「急げ急げ!」

フロストマン「ひぃ〜〜っ、朝から元気だなあアミーゴは」

ジ・アミーゴ「何を言ってるんだフロストマン! オイラぁメキシコに居た時はこんな時間より早く牛乳配達をしたもんだぜぇ〜!」

フロストマン「牛乳配達! 大変だったんだなあ」

ジ・アミーゴ「分かればよろしい。やっぱり早起きするのは気持ちがいいなあ〜! 特にヤポンは空気が良い!」

ジ・アミーゴ「フロストマン! 学校まで競争だ!」

フロストマン「え、えぇ〜〜っ!」

ジ・アミーゴ「負けたヤツはジュースおごり! 行くぞ! よーいドン!」

フロストマン「わぁ〜〜っ待ってよお!」

ハハハハ ハハハハ
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 06:41:25.56 ID:BwyWU599o
――教室

〜♪

ジ・アミーゴ「う〜ん、朝に教室で飲むコーヒー……格別だぜ」

フロストマン「ちぇーかけっこで負けちゃうなんて」

ジ・アミーゴ「こればっかりは負けないぜ」


ジ・アミーゴ「うまいコーヒーにいい音楽、これが朝には欠かせない!」

フロストマン「ん? 音楽?」

ジ・アミーゴ「ああ、朝の放送だ。フロストマン、お前この学校にオイラよか前からいるクセ知らなかったのかい?」

フロストマン「ぼくはいつも遅刻ギリギリで登校するから聞いたことがなかったよお」

ジ・アミーゴ「そうか、なかなか良い番組だぜ。特にこの司会の話が面白いのよ」

フロストマン「へえ、ぼくも聞いてみよっと」



フロストマン「あはは! こりゃあ面白いや!」

ジ・アミーゴ「だろ?」

フロストマン「でもこの番組をやっている人って誰なんだろうなあ」

ジ・アミーゴ「放送ってくらいだから放送部がやってるんじゃあないのか?」

フロストマン「うちの高校に放送部なんてあったけ?」
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 07:24:45.85 ID:BwyWU599o
――部室

ジ・アミーゴ「予算委員会?」

フロストマン「ええ、学園内にある部に学校が出す予算を決める為の会議があるんだ」

ジ・アミーゴ「ヤポンの学校は変な所に律儀だなあ」

フロストマン「お金のことだし仕方ないよ。それに、この会議は部活の一年間やって来た活動を報告する意味もあるんだ」

ジ・アミーゴ「報告?」

フロストマン「参加した大会とかだね。ぼくらの場合は夏の大阪での試合が慈善活動として認められたって瀬昆田先生が言っていたよ」

ジ・アミーゴ「そりゃあオイラ達は超人、そういう活動が期待されているだろうしなあ。で、他にはすることはあるのか?」

フロストマン「これからの予定、かなあ。再来週に控えている新人戦とか」

ジ・アミーゴ「新人戦な! 楽しみだ、腕が鳴るぜ!」

フロストマン「ああ、その前に”予選”だ」

ジ・アミーゴ「予選?」

フロストマン「そう、都道府県内の高校で、まず試合を行って本大会に出られるところを決めるんだ」

ジ・アミーゴ「は、初耳だ。予選にはどんだけの高校が出場するんだ?」

フロストマン「ええと……ジンギス館学園とジャークシャ院高校、それと……」

【予選大会に出場するのは、以上の2つ+直下コンマ下一桁校】
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 07:26:14.74 ID:ZXQFCUzl0
フロスト
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 12:40:14.70 ID:P2MgIfN4O
6校か...意外と辛いな
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 12:51:53.09 ID:sEk8GOT30
まぁ少ない方
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 13:37:18.49 ID:BwyWU599o
フロストマン「合わせて全部で6校! その中から1校だけが全国大会に行けるんだ」

ジ・アミーゴ「ふうん。なるほどな」

ジ・アミーゴ「要するに勝てばいいだけの話だ。頑張ろうぜ、フロストマン」

フロストマン「! ……うん!」

ジ・アミーゴ「さてと、そろそろ練習始めようか。フロストマン、予算委員会頑張れよ」

フロストマン「何言ってるんだいアミーゴ。君も来るんだよ、これから」

ジ・アミーゴ「何だと!」

フロストマン「決まってるだろう? 超人レスリング部の部員は二人だけ。ぼくが部長で、アミーゴは副部長!」

ジ・アミーゴ「そんな急に!」

フロストマン「座っていればいいだけだからついておいでよ」

ジ・アミーゴ「むう……オイラかたっ苦しいの苦手……」

612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 14:13:10.66 ID:AxJZMLCqo
ジャクシャインに勝たなきゃならんのはキツいな
今年はダメかもしれん
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 15:55:01.19 ID:sEk8GOT30
今年はダメとか眠たいこと言ってると最終回まで勝てんぞ
バンバーも一年だ、卒業まで当たり続ける
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 16:47:14.33 ID:umrkfOqTo
逆。バンバーが一番下ってことは更に上が詰まってるってことだし
地区ごとに二校ならイケるかもしれんが
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 18:19:26.99 ID:sEk8GOT30
戦闘の度に負けるだの死ぬだの言い出すより建設的なこと考えようぜって意味だよ
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 19:27:14.53 ID:Spe3HB9rO
ネガティブよりポジティブ
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 21:20:13.77 ID:ZXQFCUzl0
とりあえず自分がコンマ4出して悪いな
個人的には、そこまで多くなくって安心したんだが……
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 22:39:37.29 ID:BwyWU599o
――会議室

生徒会長「ではこれから予算委員会を始めます」

生徒会長「それでは早速運動部から報告を始めてください」

野球部「野球部でごわす。まずは今年度の活動報告から――」

ジ・アミーゴ「ちぇっ、退屈だなあ」

フロストマン「しーっ!」



生徒会長「では次に超人レスリング部」

フロストマン「あっ、ぼくらの番だ! はーい!」
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 22:44:02.35 ID:BwyWU599o
フロストマン「超人レスリング部の今年度の活動としては――」

ジ・アミーゴ「まどろっこしいやい!」バン!

フロストマン「わっ! アミーゴ!」

ジ・アミーゴ「みんなも知ってるだろ! フロストマンの大阪での戦いを!」

ジ・アミーゴ「コイツは命かけてリングの上で戦ったんだ! 予算とか関係ねぃ! とりあえず拍手の一つでもするべきだとオイラァ思うぜ」

フロストマン「ダメだよフロストマン、こういうことしちゃあ」

ジ・アミーゴ「面白い事しなくちゃあ埋もれちまうぜ。アピールアピール」

フロストマン「ええ……でも」


校長「その通りです」

フロストマン「校長先生!」
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 23:19:20.89 ID:BwyWU599o
校長「フロストマンは夏休みの間、大阪へ行き地元の高校生超人らと共に大阪の平和を守りました」

校長「超人同士の戦いは死がつきもの。無事に帰って来てくれて本当に良かった」

パチパチ パチパチパチ…

フロストマン「えへへ、ちょっと照れ臭いや」

校長「しかし!」

フロストマン「えっ」

校長「校長として学園生徒が傷付くのを見るのは看過できません!」

校長「それに大阪の戦いは公式記録に反映されません!」

校長「それに部員不足!」

校長「よって来年度の部費は削減!」クワッ

フロストマン「わ、わわわわ」

校長「今回は特例ですよ! 本来であれば廃部勧告を出すところです」

フロストマン「ひええ」

校長「では次の部」

621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 23:32:26.26 ID:BwyWU599o


生徒会長「では最後に”アナウンス部”……あれ? まだ来ていませんか?」

生徒会長「アナウンス部ー?」

フロストマン「そんな部あったんですね」ヒソヒソ

ジ・アミーゴ「知らなかったぜ。もしかして朝の放送も――」ヒソヒソ

ガラガラッ

?「す、すすすす! すみません! お、遅れました!」

?「あ、アナウンス部到着しました!」ドキドキ

フロストマン「あっ!」

ジ・アミーゴ「どうしたんだ?」

フロストマン「あの子、ぼくのクラスの人だ! あの子がアナウンス部だっただなんて!」

ジ・アミーゴ「名前は?」

フロストマン「えーと……何て呼ばれていたかな。確か――」

フロストマン「”マゴロー”くんって呼ばれていた、はず」
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 23:45:06.35 ID:yyp+dbLj0
>>617
4は十分低いGJだ!
10とか出たら白目もんだったw
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 23:47:07.59 ID:yyp+dbLj0
マゴロー?
関孫六かな(そんな刀があったような)
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 00:21:27.19 ID:RAQR7xOko
生徒会長「ではすぐに報告の方、お願いします」

マゴロー「はい!」

マゴロー「」ブツブツブツブツ

生徒会長「……もう一回言ってください」

マゴロー「は、はい」

マゴロー「」モゾモゾモゾモゾ

生徒会長「なんて?」

マゴロー「」モジモジモジモジモジ

マゴロー「……です」


フロストマン「ええ……」

ジ・アミーゴ「大丈夫かぁ、おい」
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 00:46:31.97 ID:RAQR7xOko
マゴロー「……以上です」

フロストマン(何とか話し終わったみたいだね)

ジ・アミーゴ(見てるこっちがハラハラしちまったぜ〜)

校長「では、私から。コホン」

校長「現時点、アナウンス部は部員が貴方しか居らず、活動も学園内の放送のみ」

校長「学園資金から捻出する部費はありません」

校長「ジンギス館学園は自由な校風です」

校長「生徒のやりたいことを尊重し、例え人員の少ない部でもある程度の社会活動や大会等での成績が出せるのなら基本部費は出すことにしています」

校長「しかしこのままでは……」

校長「来年度までには廃部に――」

マゴロー「そ、そんなあ」
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 01:11:37.76 ID:RAQR7xOko
校長「では廃部を避ける手立てがあると」

マゴロー「え、それは、あの、その」

校長「ないのであれば仕方がないですね。では、予算会議はこの辺りで……」

マゴロー「あ、ああ」


ジ・アミーゴ「新人戦」

マゴロー「!」

校長「!」

ジ・アミーゴ「新人戦……文化部でも新人戦みたいな大会があるんじゃないのか?」
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 01:25:00.37 ID:RAQR7xOko
ジ・アミーゴ「校長センセー、こいつが新人戦で一等賞を取れば廃部は免れるんだろ?」

校長「え、ええ。そうですが」

教頭「週末にアナウンスコンテストがありますね」

ジ・アミーゴ「じゃあマゴロー、お前が出ればいいじゃねえか」

マゴロー「そ、そんな簡単に言われても」

マゴロー「それにぼ、ボク、人前で話すのは」

ジ・アミーゴ「廃部するかしないかがかかってんだぞ!」ドガッ!

マゴロー「ひっ!」

フロストマン「こらこら。でもアミーゴの言う通りだよ。黙って廃部になっても良いのかい?」

マゴロー「う、うう……」


マゴロー「で、出ます……コンテストに……ボク、出ます」

ジ・アミーゴ「よく言った!」

フロストマン(ご、強引だなあ)
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 01:26:53.22 ID:jzBfjQuf0
アミーゴが強引なキャラなので天然のはずのフロストマンが常識人に(笑)
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 02:06:25.05 ID:WWrnTKoE0
ボケ二人は話が進まないからアミーゴがアグレッシヴでよかったw
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/01(木) 23:49:30.44 ID:Tw61AFA7o
忙しいのかな
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/21(水) 12:32:17.46 ID:Hbaj08HBO
保守
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/22(木) 14:13:25.53 ID:gte99IF5o
ふと思った。ジャック・チーってフロストマンなら相性良くない?

地力はともかく。
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/26(月) 11:59:19.26 ID:Uh6T+ImB0
16話の続きから始める
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/26(月) 12:07:04.20 ID:fNO20pW0o
キター!
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/26(月) 12:09:15.39 ID:Uh6T+ImB0
ジ・アミーゴ「ガハハ、良かった良かった。これで万事解決よォ!」

教頭「コホン」

ジ・アミーゴ「?」

校長「しかしアミーゴくん! 君、少し強引過ぎはしませんか」

ジ・アミーゴ「そ、そうか?」

校長「そこで私からも君たち超人レスリング部に提案があります」

フロストマン「ええっ!?」

校長「君たち、これから彼のコンテストのサポートをしなさい」

フロストマン ジ・アミーゴ「「な、何ィーーーーッ!?」」

校長「無責任にものをけしかけた責任というものはいずれにせよ取るべきなのです」

636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/26(月) 12:22:34.57 ID:Uh6T+ImB0
――超人レスリング部 部室

瀬昆田「――で、マゴローくんをここに連れて来たという訳か!」

フロストマン「え、ええ。すみません、先生。アミーゴがあんなこと言わなければ……」

ジ・アミーゴ「うるせえ! オイラはうじうじしてるアイツの姿を見てられなかっただけだ!」

フロストマン「でもぼくらだって新人戦の練習があるし……」

マゴロー「ごめんなさい……僕がこんなんじゃなけりゃあ」

ジ・アミーゴ「謝るなよ、マゴロー。しかし、マゴローよお。お前、朝の放送では流ちょうに話しているっていうのに何でさっきはあんなにどもり屋になっちまってたんだ?」

マゴロー「そ、それは――」

ジ・アミーゴ「それは?」

マゴロー「ぼ、僕、あがり症なんです。朝の放送は放送室で1人で準備してやっていることだから上手くできるのだけれど……」

ジ・アミーゴ「えぇーーっ!?」

フロストマン「あがり症だって!」

瀬昆田「ううむ、それはアナウンス部として致命的な弱点だ」
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/26(月) 18:59:38.61 ID:gYyVsvD7O
あ…あぁ〜っ!
続きが来ているーっ!!
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/26(月) 23:37:41.04 ID:Uh6T+ImB0
ジ・アミーゴ「あ、あがり症か。オイラにゃ縁遠い性分だぜ……」

ジ・アミーゴ「それにサポートするったって何をすりゃあ」

フロストマン「う〜〜ん」


瀬昆田「よし!」

瀬昆田「今日の練習はなし! 私は帰る!」

フロストマン「えっ!? 今日は練習ないんですか!?」

瀬昆田「ああ。その代わり、今日はマゴローくんにみっちり付き合ってこれからどう彼をサポートしていくか考えていくこと!」

フロストマン「そ、そんなぁ! ぼくらにできるかなあ」

瀬昆田「できるかではない。やるんだ。人間、避けようのないことが必ず起きる。その時、どう対処するか考える練習が三人には必要なんだ」

ジ・アミーゴ「む、むむう。それらしいこと言いやがってェ」

瀬昆田「ハハハ! それじゃあ頑張るんだぞ!」

ピシャン

フロストマン「」

ジ・アミーゴ「」
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/27(火) 00:05:30.56 ID:jelv9wE40
フロストマン「どうしようアミーゴ……」

ジ・アミーゴ「う、う〜〜ん……そ、そうだ!」

フロストマン「何だい?」

ジ・アミーゴ「マネージャー! そうだマネージャーだ! オイラ達がマゴローのマネージャーになって練習に付き合ったりセコンドよろしく作戦を一緒に立ててやったりすればいいんだ!」

フロストマン「マネージャー……そうか! ぼくら部にそういう人がいないから忘れていたぞ!(自分で言ってて悲しくなってきたぞ)」

ジ・アミーゴ「どうだマゴロー? オイラたちゃこれからお前のマネージャーでセコンドだ! 何にでも付き合うぞ!」

マゴロー「は、はい!」

マゴロー「じゃあまずは練習に付き合ってください……」

フロストマン「練習?」

ジ・アミーゴ「アナウンス部ってくらいなら発声練習かい? へへ、オイラ肺活量になら自信が――」

マゴロー「いえ。それもしますが、先に準備運動をしなければいけません」


マゴロー「まずは準備体操」ピッピッピ

ジ・アミーゴ「おいっちにー」

フロストマン「さんし」
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/27(火) 00:31:53.04 ID:jelv9wE40

マゴロー「次は走り込みです。いつも学校から隣町まで走っています」

フロストマン「と」

ジ・アミーゴ「隣町だってェ〜〜っ! 5キロはあるぞ」

マゴロー「ええ。往復で10キロ走ります」

ジ・アミーゴ「う、嘘だろ! だってお前はアナウンス部。つまり文科系部活ってやつだ」

フロストマン(アミーゴ日本語が上手になったね)ホロリ

ジ・アミーゴ「だからよ――そんな筋トレなんて必要ないんじゃ――」

マゴロー「いいえ! そんなことはありません!!」

ジ・アミーゴ「!」

マゴロー「声を十分なボリュームで出すためには相応の筋肉量が必要です!」

マゴロー「また毎朝の放送を熟すためにはスタミナが不可欠!」

マゴロー「健康はアナウンスの資本! それはどの競技でも同じです。それ故、文科系でも筋トレは必要! いえ! 文科系だからこそ筋トレは必要なのです!」ペラペラペラペラ

フロストマン「おお!」

ジ・アミーゴ「スゴイ圧力だ……分かった。その走り込みも付き合うぜ」
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/27(火) 01:14:21.56 ID:jelv9wE40
ジ・アミーゴ「」ヒーコラヒーコラ

フロストマン「」ヒーコラヒーコラ

マゴロー「頑張りましょう二人とも!」

マゴロー「地道な努力が未来のスター超人を作るのです! 努力を惜しまずストイックに勝利を掴んできたウルフマンやジェロニモのように!」

ジ・アミーゴ「お前のそのスタミナはどこから出てくるんだよお!」

マゴロー「アナウンス道は一日にしてならず! お二人が青春のすべてを超人レスリングに懸けているように、僕もアナウンス部に青春の全てをかけているんです!」

マゴロー「それに……僕、今、いつも以上に本気なんです!」

マゴロー「僕は気がとても小さい。いつだって不安で仕方がない。だから人前に出ると声が思うように出ないんだ」

マゴロー「でも不思議だ……二人といると何だか力が湧いてくる。頑張れる気がするんだ!」

マゴロー「だから二人とも、もう少し僕の練習に付き合ってください!」

マゴロー「きっと……きっとコンテストでいい結果をのこして見せます!」

ジ・アミーゴ「……!」

ジ・アミーゴ「へへ……ますます気に入ったぜ、マゴロー。その決意、このオイラがしかと見届ける! 地獄の底まで付き合ってやるぜーーッ!」
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/27(火) 01:21:45.22 ID:jelv9wE40


フロストマン(そこからぼくら超人レスリング部とたった一人のアナウンス部の合同練習会が始まった)

フロストマン(マゴローくんはぼくらと話す時は比較的どもることは少なかったけど、体育館のステージで練習した時はからっきしダメだった)

フロストマン(それにマゴローくんは人に見られているところで声を出すのが苦手みたいだ)

フロストマン(ぼくらはマゴローくんと一緒に過ごすうちにとっても仲良くなれた)

フロストマン(でも、マゴローくんのあがり症が改善する様子はあまり見られなかった)

フロストマン(今日はコンテスト前日。このままじゃ入賞すら難しい)

フロストマン(そんな時、アミーゴが言ったんだ)


ジ・アミーゴ「へ、へへへ」

フロストマン「どうしたんだい、アミーゴ」

ジ・アミーゴ「マゴロー。どうやらオイラ、お前がどうしたらあがらずに壇上で話せるか分かっちまったようだぜ」

マゴロー「ほ、本当ですか?」

ジ・アミーゴ「ああっ! これからそれを実践してやる! オイラの言う通りにするんだっ!」

フロストマン「ほ、本当にそんなことできるのかいアミーゴ!?」

ジ・アミーゴ「ま、見てなって!」


次回! アミーゴが考えたマゴローくんのあがり症解消方法とは!?
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/27(火) 01:40:33.62 ID:jelv9wE40
遅れてごめん
もうちょっと早く次回は続きを見せる

そして来る”新人戦編”に向けて対戦相手を募集したい
バンバー以外の対戦相手(全部で5校分)で登場予定の超人は既に投稿されたものの中から2人選んでいる
よって採用枠は2人分 テンプレは>>2参照 締め切りは今日の14:00まで一人一キャラ厳守で頼む
なんて学校出身か書いてくれると考える手間が省けて嬉しい
採用されなくても諦めるな

おやすみ
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/27(火) 02:37:53.12 ID:Mg4lbRvM0
【ジ・オペラ】
【こいつはこんなやつだ】
音波超人 私立響学園所属 本名 歌 晃一郎
硬質な黒いボディーアーマーを纏ったがっしりとした体型の超人
声域は広いがカウンターテノールの曲を特に得意とし動画投稿サイトや学校ではその歌声に魅了されたファン(女子多し)からオペラ座の王子と呼ばれている
本来オペラ歌手は太っていた方がより良い声が出るが彼はまだ成長途中ゆえにコーチから太らないように指導を受け体づくりをみっちり行っている。超人レスリングはその一環

試合においては防御(ソニックウォール)、攻撃(ソニックチョップ)など音を使った技を好む
必殺技はビブラート・マキシマム
ボディーアーマー各所のシャッター開き内蔵されたスピーカーが露出しオペラの声を増幅し指向性を持たせ、
収束した音波を会場内の壁などで反射させリング内を音の洪水で満たし敵を砕く、別名美しいアパッチの雄叫び
音はオペラがコントロールしているためリング外には被害はないしオペラの声ははっきりと聞こえる

645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/27(火) 02:41:45.83 ID:n4QhimN10
お疲れ、久しぶりに続き読めて嬉しい
これからも頑張って下さい!
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/27(火) 03:03:58.71 ID:n4QhimN10
ついでに募集も
【超人名】トウキビン
【コイツはこんなヤツだ!】

中立超人(特に正義にも悪魔にも所属してない)

私立 北海シロクマ商業所属の人型超人
とうもろこしをモチーフにした衣装に身を包んでいるため、知らない者からはゆるキャラ扱いされることも...

実家はとうもろこし農家。しかし、最近はライバル農場にシェアを取られて困っている
超人レスリングに挑戦したきっかけは、そんな実家の宣伝目的であり、親孝行のためである

基本的にポップコーンのごとく、リング内で弾けるファイトスタイルを好み、やたら動き回る。
攪乱が得意なのかと思えば衣装が重く、バテることもしばしば...

必殺技はとうもろこし衣装を弾け飛ばし、ポップコーンで攻撃する【ホップンレイン】
そして、上記技使用後、身軽になった肉体から放たれるパンチのラッシュ【ゴールドラッシュ】である

なお、ゴールドラッシュと言うとうもろこしは実際に存在するとうもろこしの王様的品種であり、彼の実家で育てているとうもろこしでもある
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/27(火) 10:41:38.89 ID:UMUT9J2fO
【超人名】ブラッドマン
【こいつはこんなヤツだ!】
御狩戸(おかると)高校代表。
全身黒尽くめのまるで吸血鬼のような姿をしている。
背中のコウモリの翼を生かした空中殺法を得意とする一方、自身をコウモリの群れと化し一斉に襲いかかる「ガトリングバット」、
身体を霧状に変化させる「ミストイリュージョン」などの技を駆使して戦うトリッキーな一面もある。

紳士的だが、戦うことに楽しみを見出だすバトルジャンキーでもある。
強い光が苦手であり、あまり長時間の試合を行うことができないという弱点がある。
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/27(火) 11:24:56.29 ID:AgXDuhc60
【超人名】ミスター・CDP
【こいつはこんなヤツだ!】
機械超人 御賀久(おんがく)学園所属
サングラスをかけていて、DJを意識しているの普段の口調もDJ風に喋る(ただし、キレたり余裕がなくなると普通の口調になる)
性格は、軽いノリで動くタイプで悪い超人ではなく誰とも仲良くなるタイプ。ただし、試合については真剣
CDPのPは「音楽プレーヤー」の略であり、彼の胸あたりはCDプレーヤーになっていて、肩はでかいスピーカーで体のあらゆるところ(例を挙げると肘あたり)
必殺技はCDを入れてスピーカーから大量の音を出して相手の鼓膜を破ったり、体調を悪化させる「悪夢のコンサート」
他にはCDをプレーヤーから飛ばす「CDダート」、体のCDを回転させて切り裂く「CDカッター」などある
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/27(火) 12:51:10.56 ID:xyelYAxto
多分地方予選だから北海道内の高校だよね?

【超人名】ホウオウ・ドー

【こいつはこんなヤツだ!】
土方歳三が初代校長である由緒正しい道立五稜郭高校出身。この高校では一般生徒は
みんな新撰組のあの羽織を着ており、本場京都には兄弟高校があるらしい。

行ったこともないくせに京都魂を持つと言い張る純粋な道産子。外見は頭に鳥の被り物をしていて
全身金色で翼が生えている。本人曰く平等院鳳凰堂の鳳凰らしい。偏差値の高い道立高校だし
歴史オタクだから頭は悪くないはずだが発言が少しバカっぽい。京都や新撰組絡みのものが大好き

翼で飛行することが出来、上空から叩きつける天空パワーボムや飯綱落としが得意技。
奥の手として体のゴールドを光らせる平等院フラッシュや溜め込んだ熱を炎にする大文字送り火がある。
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/01(木) 22:14:06.36 ID:plaKHgD70
23:30試合再開
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 22:28:53.39 ID:O0Q1rKZwO
女房を質に入れてでも見なければ
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 22:52:03.60 ID:lsd8Axnho
チケットはかったぜ!
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/01(木) 23:46:02.53 ID:plaKHgD70
第17話 ステージで咲け! サボテンの花!

――超人レスリング部 部室

ジ・アミーゴ「フロストマン! お前もリングに上がるんだっ!」ヒョイッ

フロストマン「一体何をしようと言うんだいアミーゴ?」

ジ・アミーゴ「そうだな……ここでいっちょスパーリングでも始めようと思ってな」

フロストマン「ええっ! アミーゴ、君は瀬昆田先生の言ったことを忘れたのかい?」

フロストマン「”マゴローくんのコンテストが終わるまで彼のサポートに徹すること。それが終わるまで部の練習は無し”って――」

ジ・アミーゴ「分かってらァ! これがその”サポート”だって言ってんだろ!」

フロストマン「ぼ、ぼくらがスパーリングすることがマゴローくんの”サポート”になるって言うのかい!?」

ジ・アミーゴ「ああ!」
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 00:13:28.96 ID:UnOrOdvd0
ジ・アミーゴ「マゴローっ、オイラ達の様子を実況してみろ!」

マゴロー「ええっ!? そんなのやったこと……」

ジ・アミーゴ「いやっ、できるはずだ! お前、好きだよな!? 超人格闘技がよーー!」

マゴロー「そりゃあ好きだけど……」

ジ・アミーゴ「オイラ分かっちまったんだ! お前がどもらない時は”好きなことの話をしている時”!」

ジ・アミーゴ「なあフロストマン、そうだろ! オイラ達といる時、マゴローはずっと元気に話していた!」

ジ・アミーゴ「そうさ、マゴロー。そろそろ気付いているはずだぜ。お前は人前で話そうとしなければならないという状況それ自体に苦手意識を持っているんじゃあねーのか?」

マゴロー「!」

ジ・アミーゴ「でも、好きなことを話している時のお前はスッゲー輝いていた! 毎朝お前のトークを聞いていたオイラが言っているんだ間違いねえ」

ジ・アミーゴ「さあ一度、オイラ達が聞いている前でしゃべってみるんだ! やってみろ!」

マゴロー「や、やってみます……!」

ジ・アミーゴ「よしきた! いくぞフロストマン! ウオオオオーーッ!」

フロストマン「来い!」
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 00:29:51.81 ID:UnOrOdvd0
ジ・アミーゴ「オラオラ! こないだみたいに簡単にはやられてあげないぜ! タックルをくらえーっ!」ゴーッ

フロストマン「ぐっ!」ガシッ…ググ

ジ・アミーゴ「なに! 正面から受け止めただとーっ!」

フロストマン「そんなタックル……バンバーのものに比べれば……大した怖くないしょ!」

ジ・アミーゴ「う、ぐぐーーっ」


マゴロー「す、すごい! すごい迫力だ……! 超人格闘技……生で初めて見たぞ」


ジ・アミーゴ「くらーっ! 感心してる場合かーっ。実況をするんだ! 実況をーっ!」


マゴロー「じ、実況……どうすれば……」

マゴロー(そうだ……おじいちゃま……おじいちゃまが昔見せてくれた超人格闘技のショー、あれを思い出すんだ……!)
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 13:24:30.69 ID:UnOrOdvd0
フロストマン「うおおおーーーっ!」ズガーッ

ジ・アミーゴ「むぐぐーーっ!」ゴーッ バシーンッ!


マゴロー「……ぞ」

マゴロー「すごいぞフロストマン! アミーゴの強烈なタックルを受け切った後、お返しと言わんばかりにコーナーポストに彼を投げ飛ばした!」


ジ・アミーゴ「い、いてえじゃねえか……」

フロストマン「まだまだ行くぞ! それーーーっ!」グッ ズガーン!

ジ・アミーゴ「ムオーーっ!?」


マゴロー「よろよろと起き上がるアミーゴ! しかし体勢を立て直す暇をフロストマンは与えない!」

マゴロー「起き上がったばかりのアミーゴにラリアットォー!」

マゴロー「か ら のぉ〜!」

マゴロー「フロストマンがアミーゴをリング中央に引きずっていく……一体何をしようと言うのか」


フロストマン「おりゃあーーーッ!」ズゴーーッ

ジ・アミーゴ「がはァーーーーーーーーッ!」


マゴロー「出たァーーーーッ! ダーーーーーーーーイブが出たーーーーーーー!」
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 13:47:11.55 ID:UnOrOdvd0
ジ・アミーゴ「……」ニヤッ

フロストマン「……(本当だ……アミーゴの言った通り。マゴローくんはぼくらの戦う様子を生き生きと伝えていた!)」

フロストマン(これが彼の本当の力だったんだ!)

ジ・アミーゴ「へへ……この程度かフロストマン!」

フロストマン「なにっ」

ジ・アミーゴ「これはお返しのお返しだぁー! 食らいやがれーー!」ダダッ バキーッ!

フロストマン「ウワーッ!」


マゴロー「一瞬の油断が命取りだ! タフなジ・アミーゴ、ダイブされても苦しむ様子を見せず!」

マゴロー「ロープに振られ激しいスリングブレードを浴びせるーーーっ! 見事!」

マゴロー(楽しい……! 楽しいな……僕、まるで昔憧れていたリングアナウンサーみたいになった気分だ!)

マゴロー(いっぱい……いっぱい話したいことがあるんだ! それを……みんなに伝えたい!)

マゴロー「頑張れ二人の超人たち! 北の大地をもっと熱くしてくれーーーっ!」

ザワ…

マゴロー「ん?」


ジ・アミーゴ「ん?」

フロストマン「ん?」
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 14:07:21.27 ID:UnOrOdvd0
ガチャ

学校中の人たち「なんだなんだ」「さっきから超人レスリング部が騒がしいぞ」「何やってんだー?」ガヤガヤ

ザワザワザワ

マゴロー「あ、ああ……!」


ジ・アミーゴ「ゲッ、しまった!」

フロストマン「みんなが来てしまったらマゴローくんまた――」

ジ・アミーゴ「す、スパーリングは中断か……!」


マゴロー「――続けてください」


ジ・アミーゴ「いいのか?」


マゴロー「……はい!」


ジ・アミーゴ「分かった! へへ、まだへばってねぇだろフロストマン!」

フロストマン「ふふ、誰に言ってるんだい! 行こう!」

ジ・アミーゴ「おう!」
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 15:41:36.17 ID:UnOrOdvd0
ジ・アミーゴ「観客がいればいるだけショーは面白くなるってものよ! くらえフロストマン! オイラの空中殺法!」

ガッ!

グルン グルン!

マゴロー「アミーゴが空中へと飛び上がった! 回転速度は上へ上がるたびに増していくーーッ!」


ジ・アミーゴ「うォらァーーーーっ!」

ズドーーーーーンッ!

フロストマン「うわァーーーーっ!!」


マゴロー「決まったァーーーー! コークスクリューキックだァーーーー!」

ワーーー!

「何だか分からんが面白いぞ!」「初めて超人レスリングっちゅーもんを見たがすごい迫力だな!」「頑張れーアミーゴー!」「フロストマン負けるなー!」



瀬昆田(賑やかだと思って来てみたらこんなことになっていたか……ふふ、マゴローくん楽しそうに二人のスパーリングを実況しているじゃないか)

瀬昆田(それにアミーゴ、よくぞマゴローくんの良い所を見破った。アミーゴの豪胆さが彼の殻を破るのに一役買ったのだな)

瀬昆田(これでマゴローくんは大丈夫)

瀬昆田(そして……この出来事はアミーゴ、フロストマンの大きな成長に繋がるだろう)


ワー! ワーーワーー!

660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 18:03:24.12 ID:UnOrOdvd0
――そしてコンテスト当日 舞台袖

ザワザワザワ ザワザワザワ

「続いてはジンギス館学園1年――」

ガヤガヤ ガヤガヤ…

オーイ

オーイマゴロー マゴロークーン

マゴロー「……」

ジ・アミーゴ「マゴロー! マゴロー!」

フロストマン「マゴローくん!」

マゴロー「はっ! あ、ああっ! 二人とも!」

ジ・アミーゴ「どうしたんだマゴロー。さっきから司会に呼ばれているってのに壇上に上がらないなんて」

フロストマン「ぼくら心配してここまで来たんです!」

ジ・アミーゴ「おいおい一体どうしちまったんだ、そんなシンミョーな顔しやがって」

マゴロー「う、うん……実は――」
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/02(金) 19:00:33.88 ID:UnOrOdvd0
ジ・アミーゴ「またうまく言葉が出なくなりそうだとーーっ!」

フロストマン「ど、どうしよう。本番前だっていうのに!」

ジ・アミーゴ「どうしたんだマゴロー! お前、あれだけ練習していたじゃねーか!」

マゴロー「そうだけど……でも舞台の方を見てみてください……ほら……」

ジ・アミーゴ「どれどれ……ん?」

ジ・アミーゴ「ああ、すごい人の数だ。それでお前は緊張しちまったってワケか」

マゴロー「はい……」


ジ・アミーゴ「……なあマゴロー。サボテンの花ってのを見たことがあるか?」

マゴロー「え?」
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 01:28:23.40 ID:MSSEvRhA0
ジ・アミーゴ「オイラの故郷、――メキシコのサボテンは暑い気候に耐え一年を過ごすんだ」

ジ・アミーゴ「自分の身を守る為、トゲやら毛やらでその身を覆ってな……」

ジ・アミーゴ「そんないかつい植物のサボテンだが……雨季になると花を咲かせるんだ。いかつい見た目に似合わないキレイな花をな」

ジ・アミーゴ「花を咲かせるってことは子孫を残すってことだ。この時の為に日照りに耐え忍んで生きてきたんだ」


ジ・アミーゴ「つまりだな……」

ジ・アミーゴ「そのサボテンの花ってのはマゴロー、お前だ!」


ジ・アミーゴ「今までお前は、そのあがり症で本来の力を発揮できずにいた。その力を内に秘めたままずっと”その日”が来ることを待っていたはずだ」

ジ・アミーゴ「そして……この間、オイラたちのガチスパを実況する中で……そのつぼみをようやく開かせようとしている!」

ジ・アミーゴ「その根を……花を! こんなところで腐らせて良いのか!?」

ジ・アミーゴ「オイラも昔、メキシコでそんな風に腐っちまいそうになっちまっていたことがある。でも変われたんだ! フロストマンと瀬昆田センセーのおかげでな! お前だって……きっとできるさ!」


ジ・アミーゴ「大丈夫だ……お前は大丈夫……オイラたちが付いている!」

フロストマン「うん!」
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 01:43:34.91 ID:MSSEvRhA0
マゴロー「ふ、二人とも……!」


ジ・アミーゴ「咲け! オイラたちがその力をリングの上で魅せるように!」

ジ・アミーゴ「お前はお前の花をリ舞台の上で咲かせるんだァーーーーッ!」


マゴロー「う……うん! ぼ、僕……やるよ……やってみる! やるだけ……やってみるよ!!」ダッ!

タッタッタッ…


フロストマン「マゴローくん、大丈夫かな? うまくできるかな……?」

ジ・アミーゴ「へへ……できるさ」

ジ・アミーゴ(頑張れよ、アミーゴ――我が友よ……!)
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 02:19:31.21 ID:MSSEvRhA0
――客席



パチパチパチパチ…

「それでは審査結果発表に入ります」

フロストマン「……」ゴクリ

ジ・アミーゴ「……」ドキドキ


「審査結果一位は……!」

「”タザハマ・ゴロー”くんです」


ジ・アミーゴ「タザハマ・ゴロー……?」

ジ・アミーゴ「マ、マゴロー……だ、ダメだったのか……!」

フロストマン「待ってアミーゴ!」

ジ・アミーゴ「!?」
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 02:23:54.03 ID:MSSEvRhA0
フロストマン「アミーゴ、”タザハマ・ゴロー”をゆっくり言ってみるんだ!」

ジ・アミーゴ「ええと、タザハマ……ゴロー……タザハ……マゴロー……”マゴロー”!」

フロストマン「マゴローって言うのはあだ名。彼の本当の名前は”タザハマ・ゴロー”だったんだよ! 最初も名前を呼ばれていただろ?」

ジ・アミーゴ「え! あ!? そ、そうだったのか! オイラの方がすっかりキンチョーしちまって全く聞いてなかった……」

ジ・アミーゴ「ってえことは……マゴローが……一等賞……一等賞取ったのか!」

フロストマン「そうだよ! 控室に行ってお祝いしてあげなくちゃ!」

ジ・アミーゴ「ああ!」
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 02:45:06.93 ID:MSSEvRhA0
――控室

ジ・アミーゴ「マゴロー!」

フロストマン「マゴローくん! おめでとう!」

マゴロー「アミーゴくん! フロストマンくん!」

ジ・アミーゴ「良かったぜェ〜お前の1分間スピーチ」

フロストマン「当日に決められたお題をアドリブで話すなんて簡単にできることじゃあないよ!」

マゴロー「……二人のおかげだよ。本当にありがとう」

ジ・アミーゴ「へへ……」

フロストマン「ふふ……!」
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 02:56:53.20 ID:MSSEvRhA0
ジ・アミーゴ「でもよ、オイラたちのサポートもこれで終わりだ」

フロストマン「少し……寂しいね」

ジ・アミーゴ「これからはお前ひとりでも大丈夫だよな?」

マゴロー「うん……! 僕、これからも頑張ります!」


ジ・アミーゴ「……」

ジ・アミーゴ「そうかい……オイラたちにはもう出る幕が無いってこったな」

ジ・アミーゴ「マゴロー、これからも頑張れよ」

ジ・アミーゴ「じゃアな」スタスタ…

フロストマン「あ! アミーゴ! もう客席に戻っちゃうの!? 待ってよぉ〜」トコトコ…


マゴロー「……」

マゴロー「ま……」

マゴロー「待って! 二人とも!」


ジ・アミーゴ「?」
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 03:02:41.50 ID:MSSEvRhA0
マゴロー「高校生超人レスリング公式戦ではアナウンスを出場校生徒が行うことが認められているんだ!」

フロストマン「!」

マゴロー「……今度の新人戦……僕も行っちゃ……ダメかな」

ジ・アミーゴ「!」

マゴロー「これでさよならなんて……できないよ!」

マゴロー「それに……ぼくはまだ君たちのリングアナをやりたいんだ! だって……楽しかったから!」

マゴロー「どう、かな」


ジ・アミーゴ「……へへ、好きにしな!」

ジ・アミーゴ「オイラたちゃ……いつだって大歓迎だからよ!」

フロストマン「うん!」


マゴロー「二人とも……! ありがとう! 本当に、ありがとう!」

669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 03:12:19.73 ID:MSSEvRhA0
――コンテスト会場 外

ジ・アミーゴ「ふう、終わった終わった」

フロストマン「マゴローくんが一位を取れて本当に良かったよ! これでアナウンス部も安泰だね」

ジ・アミーゴ「ああ!」

瀬昆田「二人とも!」

フロストマン「瀬昆田先生! 先生もコンテストに来ていたんですね!」

瀬昆田「ああ! この方とね、見に来ていたんだ……!」

ジ・アミーゴ「ん? なんだァこの爺さん?」

フロストマン「先生の隣にいる人……あ、あれは!」

ジ・アミーゴ「知っているのかフロストマン」

フロストマン「知っているも何も! あの人は日本の超人格闘技の名解説者! ”タザハマヒロシ”さんだァーーッ!!!」

タザハマさん「どうも」
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 03:28:42.38 ID:MSSEvRhA0
フロストマン「タザハマ……タザハマ……ハッ! まさか先生! マゴローくんって!」

瀬昆田「そう! タザハマさんはマゴロー君のおじいさんだ」

フロストマン「すごーーーーい!」サインモラオウカナ

ジ・アミーゴ「この爺さんがヤポンのスゲー解説者なのかー」ペシペシ

タザハマさん「……」

瀬昆田「こらこら頭を叩くな頭を」
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 03:29:19.63 ID:MSSEvRhA0
タザハマさん「瀬昆田クン、彼らがゴローをサポートしてくれた子たちですか?」

瀬昆田「ええ。そうです」

タザハマさん「そうですか」

タザハマさん「君」

ジ・アミーゴ「お、オイラ?」

タザハマさん「ええ、君。ゴローをサポートしてくれてどうもありがとう」

タザハマさん「ゴローは元々内気な子でね。今日のステージを見るまでは、あんな元気に人前で話す姿は見たことが無かった」

タザハマさん「――ゴローはどんな子でしたか?」

ジ・アミーゴ「……」

ジ・アミーゴ「へへ、聞くまでもねえ! 最高のアミーゴ(友)だぜ!」


タザハマさん「……それは良かった」ニコ
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 03:35:47.72 ID:MSSEvRhA0
タザハマさん「どれ、私もゴローに会ってきますので。この辺で」ペコ スタスタ…

タザハマさん(ゴローは良い友を持ったようですね)


瀬昆田「よし、我々も学校に戻るとしよう。新人戦に向けて追い込みをかけるぞ!」

フロストマン「はい!」

ジ・アミーゴ「腕が鳴るぜ!」



次回 いよいよ始まる新人戦!
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 03:50:36.50 ID:MSSEvRhA0
――ジンギス館学園 職員室

「瀬昆田先生! 北海道超人格闘技連盟から手紙が届いていますよー」

瀬昆田「はいはーいっと」

瀬昆田「そろそろ……来たか」ペラリ

瀬昆田「新人戦道内予選のトーナメント表が!」


第20回 超人レスリング道内予選大会 トーナメント表

          ┌─  五稜郭高校
      ┌─┤
      │  └─  骨折尊高校
  ┌─┤
  │  └─  ジャークシャ院高校
─┤
  │      ┌─  オカルト高校
  │  ┌─┤
  │  │  └─  シロクマ商業
  └─┤
      └─  ジンギス館学園



瀬昆田「全大会優勝のジャークシャ院と大阪での貢献が認められた我が校を優先してシードに入れたそうだ」

瀬昆田「さて……どうなるか……! 頑張ってくれ! フロストマン、アミーゴ!」

「瀬昆田先生〜独り言大きいですよ〜」

瀬昆田「あ! た、たはは……」
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 03:51:28.02 ID:MSSEvRhA0
何だかこの話は難産だったなあ

おやすみ
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 11:53:12.49 ID:rc0du8Do0
上半分の鉄板レース感
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 12:17:27.36 ID:v9fnWSH4o


たまには箸休めの話も必要だしね
上ブロックはジャクシャインが勝つだろうなぁ
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 12:22:45.58 ID:7bd0YVgvO

そういやタザハマさん今やってるシリーズにも登場してたね
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/03(土) 23:14:14.85 ID:MSSEvRhA0
24:00試合再開予定
フロストマンとバンバーが出場する試合以外はダイジェストで済ませたい お許しいただきたい
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 23:18:32.66 ID:dmeSan3Do
まってた!チケットほしいやつはならベー!!
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/04(日) 00:21:25.51 ID:rKQmy0Mo0
――苫小牧市総合体育館

フロストマン「……」ズーン

瀬昆田「お、おいどうしたフロストマン。そんなに落ち込んで」

フロストマン「ぼく……札幌ドームが良かった……」

瀬昆田「え!?」

フロストマン「試合は、あのテレビとかで見る大きなドームでやると思っていました……でも、こんな……」

瀬昆田「そ、そんなワガママを言っちゃあイカン! それにな、この総合体育館はよくプロレスの興行なんかが来るんだぞ! 例えばこの間新日とかが来た!」

フロストマン「え! そうなんですか!」

瀬昆田「そうそう!(そうか、フロストマンは自分の練習の成果をたくさんの人に見てもらいたいと思っているんだな。さすが未来の超人プロレスラー、エンターテイナーの気質がある)」

瀬昆田(大丈夫だ、フロストマン。大阪での活躍を知る人ならば、お前の活躍は皆期待している。だから頑張れ……!)

フロストマン「よーし! ぼく頑張ろっと!」


第18話 堂々開催! 新人戦!




フロストマン「新日かァ! ぼくは棚橋が好きだなー!」

ジ・アミーゴ「オイラYOSHI-HASHI」

瀬昆田(私は永田!)
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 00:29:31.89 ID:BoamMk3UO
キター
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/04(日) 00:40:00.99 ID:rKQmy0Mo0
ジ・アミーゴ「ひょー、出店も色々出ているんだな!」

瀬昆田「ああ。高校生とは言えど超人レスリングは様々な超人が手に汗握る戦いを観客に見せるエンターテインメントだ。出店くらい出るさ」

ジ・アミーゴ「お! オイラ、あのりんご飴ってのが気になるなー。食べに行こうぜ!」

瀬昆田「こらこら、お前たちは遊びに来たわけじゃないんだぞ。それに体重制限もあるんだ。ダメダメ!」

ジ・アミーゴ「ちぇー! じゃあそのお祭りの雰囲気だけでも味わいに行くのは良いだろー? 祭り好きなラテンの血が騒ぐんだよ〜」

瀬昆田「むう……10分だけだぞ!」

ジ・アミーゴ「やったー! 行こうぜフロストマン!」

フロストマン「うん! あ! あそこに着ぐるみがいるよ! 行ってみよう!」タタッ

ジ・アミーゴ「おおっ! あれが”ゆるキャラ”ってやつか!」タタタッ

瀬昆田「まったく、本番前だというのにのん気なものだ……まあ緊張するよりかはいいか」
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/04(日) 00:51:40.42 ID:rKQmy0Mo0
子ども「わーい!」「ゆるキャラだー!」「中の人暑くないのー?」

?「ポコ〜〜〜〜! ポコはゆるキャラじゃないポコ! べたべた触るなポコ〜〜〜〜!」

子ども「わーいゆるキャラが怒ったぞー!」「逃げろ逃げろー!」「えいえい蹴っちゃえ」

?「ポコ〜〜〜〜〜〜! ムカつくクソガキだポコ〜〜〜〜! 取って食うポコよ〜〜〜〜!」

子ども「ママに言いつけるぞー!」「大人は天下の子ども様には勝てないんだよ〜〜〜ん!」

?「ポコ〜〜〜〜〜!!!!! もう怒ったポコ〜〜〜〜〜!」

?「子ども相手でも容赦しねえ! くらえっ! ”ホップンレイン”!!」ポコポコポコーン!!

子ども「ギャ〜〜〜! このゆるキャラ、体からポップコーンとばしてきた!」「そこそこ痛いよー! え〜〜んっ!」「ママ―!」

?「今のうちに逃げるポコ! 先生に怒られちゃうポコ!」ダダダッ…


フロストマン「あっ、ゆるキャラ行っちゃった……」

ジ・アミーゴ「オイラもあれに触りたかったなー」

瀬昆田「コラ〜二人とも! 開会式が始まるぞー! 早く戻って来ーい」

「「はーい」」

684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/04(日) 09:47:13.06 ID:rKQmy0Mo0
――開会式

「えーっ今日はお日柄も良く最高の超人レスリング日和となりましたことを〜えーっ――」

フロストマン「長い話だな〜」

ジ・アミーゴ「オイラ眠くなって来ちまったぜ。何でこうヤポンのオッサンの話は長いんだあ?」


瀬昆田(私が超人レスリング指導から一線を退いている間、北海道内の超人勢力図も大分変わったようだ)

瀬昆田(まず初めに”ジャークシャ院高校”、あそこはジンギス館が高校超人日本一に輝くまでは全くの無名高校であった。短期間のうちに頭角を現し始めたらしいが……)

瀬昆田(よほど優秀な指導者が居ると見た……)

瀬昆田(次に五稜郭高校。あれは超人レスリング部を道内で初めて作ったとされる伝統校)

瀬昆田(規律に厳しい校風だ。統制の取れた選手を出してくるだろう)

瀬昆田(骨折尊……あの学校は確か去年辺りに部が新設された歴史の浅いところだ)

瀬昆田(だからといって油断してはならない。何より骨折尊の席にいるあの超人……)


?「……」


瀬昆田(あの骸骨マスクの男……他と違う風格を放っておる!)

瀬昆田(それとオカルト高校、シロクマ商業……! 二高で勝ち抜いた選手がフロストマンと戦うことになる)

瀬昆田(この試合は見逃せないな……!)
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 23:25:08.79 ID:yLLg45H7o
骨折尊にセンスを感じる
ドクロってことはザ・カロンかな?
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 01:44:53.15 ID:OwMmFpTp0
――苫小牧市総合体育館 主競技場



ワアアアアアアアア!! ワアアアアアアアア!!

「さあ始まりました秋の高校生超人レスリング新人戦北海道地区大会個人戦の部! 会場には平日にもかかわらずたくさんの超人レスリングファンが詰めかけています!」

「注目の選手は何といっても二年連続夏の高校生超人レスリング大会優勝を勝ち取った名門ジャークシャ院高校のキング・バンバー! 自慢の脚から繰り出される力強い技が見られることでしょう!」

「そ れ とぉ〜」

「記憶に新しいニューヒーロー! 夏の大阪に突如現れた悪行超人を大阪高校生超人と共に追い払った正義超人 ジンギス館学園のフロストマン! 粘り強い戦いが期待されます!」

「さていよいよ特設会場の準備は整い、試合の方が始まるようです」

「第一会場では五稜郭高校対骨折尊高校、第二会場ではオカルト高校対シロクマ商業の試合が行われます! どちらも目が離せませ〜〜〜〜ん!」


瀬昆田「さて、私はフロストマンとオカルト高校対シロクマ商業の試合を見てくる。この試合の勝者がフロストマンの対戦相手になるからな」

瀬昆田「アミーゴは五稜郭対骨折尊の試合を見て来てくれ。試合の様子をしっかり観察し、タッグマッチの部に活かせるようにするんだぞ。イメージトレーニングも大事なことだ」

ジ・アミーゴ「リョーカイだぜセンセー! じゃ、行ってくる!」ダダッ!

瀬昆田「――そういえばフロストマンは公式戦を見るのは初めてだったな」

フロストマン「はい! 今までぼくがやってきた試合とは何が違うんでしょうか?」

瀬昆田「そうだな……主なルールに違いはないが、まず、新人戦には原則として”殺人禁止”というルールが存在している」

フロストマン「”殺人禁止”?」
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 02:23:55.66 ID:OwMmFpTp0
瀬昆田「そう。本来超人レスリングは超人同士の争いの決着方法。相手の死によって終わりを告げることも少なくはない。仕方のないことだ」

瀬昆田「しかし、この高校生超人レスリング運営委員会会長は若き命が無暗に散って行くことを嫌っていた。しかし委員会の超人はそれが超人レスリングのあるべき姿だという者もいた。意見は二分したんだ」

瀬昆田「そこで折衷案として、委員会が主催する大会二つの内、夏の大会は元々のルールに従う形に、秋の大会は”殺人禁止”にすることにしたんだ」

瀬昆田「もし、相手を死亡させてしまった時はその試合は無効試合となる」

瀬昆田「このルールは参加する超人の”善性”を信じて作られた特別なものなんだ。フロストマンに限ってはそんなことはないが一応覚えておいてくれ」

フロストマン「はい!」

瀬昆田「よし、それでは第二会場へ行くとしよう。もう始まっているかな?」
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 15:40:19.82 ID:OwMmFpTp0


――第一会場

浅葱色の着物の男たち「「「「……」」」」

ジ・アミーゴ「こいつら五稜郭高校の奴らか? なかなかにかたっくるしい雰囲気のいけすかねー奴らだぜ!」

ジ・アミーゴ「それにこの会場、やけに静かだな……五稜郭の奴らも骨折尊の奴らも……」

ジ・アミーゴ「! ゲゲーーッ!」

ガラーン

ジ・アミーゴ「骨折尊の奴ら誰も応援に来てねーじゃねーか!」

ジ・アミーゴ「そういや骨折尊の超人レスリング部は新しい部だってセンセーが言っていたが……それが理由か?」

ジ・アミーゴ「それにしても――」


「これより五稜郭高校対骨折尊高校の試合を始めます」


ジ・アミーゴ「お、はじまったはじまった」


「各校選手リング入場」
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 16:17:29.72 ID:OwMmFpTp0
「赤コーナー、五稜郭高校二年”ホウオウ・ドー”!」

浅葱色の着物の男たち「「「「おおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」」」」

浅葱色の着物の男たち「「「「ホウ! オウ! ホウ! オウ! ホウ! オウ!」」」」ゴオーーーッ

ジ・アミーゴ「ひ」ビクッ

ホウオウ・ドー「ガッハハハハハ!! いいぞー! もっと称えよ!」

浅葱色の着物の男たち「「「「ホウ! オウ! ホウ! オウ! ホウ! オウ!」」」」ゴオーーーッ

ジ・アミーゴ「付き合ってらんねえよ……」


「続いて青コーナー、骨折尊高校一年”ザ・カロン”!」
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 16:45:07.54 ID:wsM8K0iBo
戦う前から負けそうオーラが凄いw
ジャクシャインが上がってくると見せかけてカロンが決勝来る可能性もあるよな
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 17:13:56.75 ID:OwMmFpTp0


「”ザ・カロン”!」

「カロン? カロンくーん?」

ジ・アミーゴ「どうかしたのか?」

「”ザ・カロン”! あれ? おーい」

「リング上に30分登壇しない場合は棄権とみなしますよー? おーい、カロンくーん」


ホウオウ・ドー「ガッハハハハハ! 逃げたか!? 逃げた! この俺から! ガッハハハハハ……雑魚め! 恐れをなして逃げるなど――」

ヒュルルル…ヒュルルルルル…

ホウオウ・ドー「な、なんだ!?」

ヒュルルル…ヒュルルルル…


浅葱色の着物の男「あ、あれを見ろ!」

ジ・アミーゴ「何っ! あ、ああッ!?」

ジ・アミーゴ「く、空中に浮いている! アイツは一体なんだ!」


ザ・カロン「……」ヒュルルル…ヒュルルルルル…
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 18:08:36.95 ID:OwMmFpTp0
ザ・カロン「……」スタッ


ジ・アミーゴ(こ、こいつ空を飛んでリングに降り立った!)


ザ・カロン「遅れた。急用を片付ける必要があった。許してほしい」

ホウオウ・ドー「……良かろう。このホウオウ・ドー、許してやる」

ホウオウ・ドー「して、ザ・カロン。貴様、このリングに幽霊が如く降り立ったようだが……」

バサッ

ホウオウ・ドー「このホウオウ・ドーと同じく翼があるようだな?」バサバサッ

ザ・カロン「いや、体重が他よりだいぶ軽いだけだ」


ザ・カロン「さあ、無駄話はここまでにしようホウオウ・ドー。戦いを始めるぞ」


「試合開始です!」


カーーーンッ!
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 18:47:11.08 ID:OwMmFpTp0
ホウオウ・ドー「先手は私が取ったァーーーー!」バサッ!

「おおっとホウオウ・ドー早速黄金の翼を開き飛翔したーーーーっ!」

ホウオウ・ドー「美しかろう! 美しかろうザ・カロンよ! 我が黄金の翼! この姿こそ京都に坐、平等院鳳凰堂の鳳凰なりーーーーーっ!」

ホウオウ・ドー「高く舞い上がり、そこから貴様を押しつぶす! 一撃だ! 一撃で十分! 一撃でその骨を砕くのよォーーーーー!」

ホウオウ・ドー「食らえ! 天空パワーボォーーーーームッ!」

「ホウオウ・ドーそこから一気に急降下ァーーー! カロンをとらえます!」


ザ・カロン「……!」

↓1【さて、勝つのはどっちか? コンマ下一桁判定】
3以上:ザ・カロンの勝利
2以下:ホウオウ・ドーの勝利
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 18:47:50.16 ID:bUF7LlLFO
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 18:56:48.88 ID:zGHaLhTi0
2割もあったのかwwwww
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 19:27:24.22 ID:OwMmFpTp0
ドオオオオン…!

ホウオウ・ドー「潰した……! 潰してやったゾ! ガッハハハハハ!」

ホウオウ・ドー「軽い! 軽すぎる! 軽すぎて潰した感触でさえ残らないわ!」


ザ・カロン「……」

ホウオウ・ドー「な、なに! 何故貴様俺の上に乗っている! いつの間に!」

ザ・カロン「一直線に降りてくる貴様を避けることなど簡単。それだけのこと」ヒュルルル…

ホウオウ・ドー「そんなバカな! 俺は貴様の姿を完全に捉えていた! 瞬間移動でも使ったのか!?」

ザ・カロン「違う。俺は超人ながらそれ程得意な体質を持ち合わせていない。紙一重で避けた。ただ、それだけのこと」

ホウオウ・ドー「ぬ、ヌゥ〜〜〜〜ッ!」

ザ・カロン「では次は俺の番だ! 一撃で屠るとの言葉、そっくりそのまま返してやろう」

ザ・カロン「ふんッ!」

バキ メキキ ミシミシミシ

ホウオウ・ドー「グ、グア〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!」


ジ・アミーゴ「な、何ーーーッ! あれは”ボストンクラブ(エビ固め)”!」
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/05(月) 19:42:13.18 ID:OwMmFpTp0
ホウオウ・ドー「ぐ、グア〜〜〜〜ッ! 背中がァ〜〜〜〜ッ!」


「ホウオウ・ドーまさかの一発KO宣言を返されてしまった! そして意外にもカロンの細身な身体から繰り出されるボストンクラブにホウオウ・ドーすっかり囚われの身! 抜け出すことができません!」

「フィニッシュホールド宣言! まさかこんなに早く決まってしまうとはーーーーッ!」


ホウオウ・ドー「く、クソッ! この外道め! 華やかさに欠けるこの関節技で試合を終わらせようとは!」

ザ・カロン「……ふん」

メキメキメキキッ!

ホウオウ・ドー「ガア〜〜〜〜〜〜ッ!」

ザ・カロン「お喋りが過ぎたようだな。これで終わりだ。貴様の頸椎を破壊し、二度と立ち上がれぬ置物にしてくれよう」

ギギ…

ホウオウ・ドー「ギャアーーーーッ!!!!」


浅葱色の着物のセコンド「もうダメだッ! ホウオウ・ドーを再起不能にさせるわけにはいかない! タオルを投げるぞ!」ポイッ!



「タオルが投げられました! 試合終了ォーーーーッ!」

698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 22:18:34.46 ID:luCiIyadO
強キャラ感ある
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 23:17:01.97 ID:oWaKkPYS0
元ネタはギリシャ神話の冥府の川の渡守だっけか
ウィザードリィでは強かったなぁ
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 13:02:50.31 ID:GCy24WXk0
試合終了!

○ザ・カロン VS ホウオウ・ドー●
(ボストンクラブ)

ブーブー! ブーブー!

「早い決着に観客からはブーイングの嵐が飛んできています!」

「観客はもっとドラマチックな展開を望んでいるようですね! そんな渦中のザ・カロン選手に少しお話を伺ってみたいと思います!」

「リングのカロン選手! 一言でいいのでお願いします! 試合の感想など!」


ザ・カロン「……」

ザ・カロン「ご不満のようだな観客諸君!」

ザ・カロン「次が控えているので、ムダな力は使いたくなかったのだ」

ホウオウ・ドー「ム、ムダだとぉ!? 俺との試合が……」

ザ・カロン「まだムダ口を叩く口があったのかホウオウ・ドー。そのメッキで塗り立てた体、本物の黄金にした時、また挑んでくるがいい」

ザ・カロン「ただ……それだけのこと! 敗者は去れ!」

ホウオウ・ドー「グ、グヌヌゥ〜〜〜〜ッ!」

ザ・カロン「観客諸君! 次の試合、楽しみにしていてくれ。俺の最初の壁はキング・バンバー!」

ザ・カロン「その自慢の脚を粉々に砕いてやる……俺の関節技でな!」



オオオオオオオオ!! ワアアアアアアアア!!

「おおおォ! ザ・カロン、格下に目もくれずキング・バンバーを倒すと宣言! これには会場も沸き立ちます!」

「何しろキング・バンバーとザ・カロンは因縁の関係! 夏の大会、ザ・カロンは彼に還付無きままに叩きのめされました! 夏のリングでカロンが叫んだリベンジ宣言は果たされるのかーーーーッ!」
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 13:06:16.65 ID:GCy24WXk0
――リング裏

ザ・カロン「待っていろ……バンバー」

ザ・カロン「俺はこの数か月、お前を倒すことばかり考えていた。お前を倒さぬ限り、俺に明日はない」

ザ・カロン「俺は……俺は必ず……!」

ザ・カロン「……」ヒュルルル…ヒュルルル…
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 13:14:58.24 ID:kzbLwLtK0
明日が見えない
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 13:15:02.52 ID:GCy24WXk0
――観客席

ジ・アミーゴ「なんて……なんて恐ろしいまでの執念だ」

ジ・アミーゴ「ザ・カロン、アイツからは執念……狂気にも似た執念を感じる!」

ジ・アミーゴ「すかした奴だと思ったがそうじゃあない。アイツは……執念の炎をその身に隠しているんだ!」


ジャークシャ院生徒「バンバー、あの骨野郎何か言ってたぜ」

ジャークシャ院生徒「ケケケ、戯言を!」

キング・バンバー「……」

ジャークシャ院生徒「バンバー?」

キング・バンバー「言わせておけ。俺には関係のないことだ」

ジャークシャ院生徒「ケケ、そうだな」

キング・バンバー(……)
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 13:52:09.15 ID:GCy24WXk0
――第二会場

カーーーンッ

「さあ始まりましたシロクマ商業対オカルト高校の試合! リング上ではシロクマ商業の”トウキビン”選手がオカルト高校の”ダビデマン”選手からの攻撃に耐えています!」

ダビデマン「ムウウ〜〜ン!」ガッ ドガッ ガガッ!

「容赦ない連続パンチだあ〜〜〜〜ッ! トウキビン防戦一方!」

トウキビン「ポ、ポコォ〜〜〜〜ッ!」

「トウキビン攻撃のチャンスを窺うが、猛攻に耐えるのに精いっぱい! ダビデマンも激しい攻撃ではあるが決め手に欠ける!」

「これはスタミナ勝負! どちらかが疲れを見せたその時試合展開が変わるでしょう! どうなるか!」


フロストマン(あのゆるキャラ、超人だったんだ)

トントン

フロストマン「ん?」

?「すみません。ジンギス館のフロストマンで間違いありませんね?」

フロストマン「は、はい。貴方は?」

ブラッドマン「私はオカルト高校二年主将”ブラッドマン”。挨拶をしたくて伺った次第。よろしくお願いします」

?「ぶちょ おでも しょうかい して?」

ブラッドマン「ええ。隣にいるのは”腐乱ケン”。私の”タッグパートナー”です」

腐乱ケン「フラーンケーン!」
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 14:14:08.94 ID:GCy24WXk0
フロストマン「はじめまして。フロストマンです」ペコ

ブラッドマン「フフ、確かに噂通り礼儀正しい方だ。大阪の英雄に一度会ってみたかったのです」

フロストマン「は、はあ。ブラッドマンさんは試合の方には?」

ブラッドマン「ええ。タッグマッチの部に。フロストマンも参加するのでしょう?」

フロストマン「はい! アミーゴと一緒に!」

ブラッドマン「そうですか。共に戦えるのが楽しみです」


「おおっとここで試合に新たな展開が! 試合を動かしたのは――」

↓1【コンマ下一桁判定】
5以上:「トウキビンだァーーーーッ!」
4以下:「ダビデマンだァーーーーッ!」
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 14:21:37.46 ID:+NO4PXFx0
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 14:47:00.63 ID:GCy24WXk0
ポコーン!

ポコーン! ポコポコポコポコポコ…

「おっとなんだァーこれは……会場一体が白い煙と良いにおいに包まれております!」

ポコーンッ

「そして……おや? 机の上に何か転がってきましたね。なんでしょう……パクッ!」

「あーーーッ! これはァーーーーー!」

「デリシャーーーーース! 香ばしい匂いとサクサク食感! ポップコーンじゃあーーりませんかーー! おいちーーーっ!」


フロストマン「ホントだ! おいしーっ!」

ブラッドマン「……」
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 14:58:37.38 ID:GCy24WXk0
――リング上

ダビデマン「ムウ〜〜〜なんだァ! ゲホッゲホッ!」

トウキビン「フウ〜〜〜〜……」

ダビデマン「!」

トウキビン「ちょっと焦ったポコ……ポコの”ホップンレイン”はポコ自身の怒りが限界点まで達しないと発動しないポコからね。キレるまで攻撃に耐えなきゃいけないのは欠点だが」

トウキビン「さっきすごい怒っちゃったから発動しないかもしれないって思ってたけど、本当に良かった……」

トウキビン「これで……」

トウキビン「お前を心置きなくボコボコにできるからなァ〜〜〜〜ッ!」

トウキビン「見よ! これが重い鎧を脱いだポコの”真の姿”! いや! ”芯の姿”!」
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 15:34:53.47 ID:GCy24WXk0
トウキビン「殴られたお返しポコーーッ!」ドガドガドガドガッ!

ダビデマン「ヌウウ〜〜〜〜ッ!」

「ラッシュラッシュラーーーーッシュ!! トウキビンの顔面を歪ませるーーーー!」

ダビデマン「こ、このままではやられてしまう……ムウン仕方がない!」

ダビデマン「変形(トランスフォーム)!」メキメキッ!

「おおー!? ダビデマンの腕が変形していく! あれは……砲塔です! ダビデマンの左腕が戦車の砲塔に変形しました!」

「しかしその砲塔を至近距離で撃とうものなら超人でも一たまりもない! 死んでしまいます!」

ダビデマン「吹き飛べ! ”メルカバショット”!」カッ!


ドッゴォォォオオオオンッ…!


「うわーーーーッホントにやってしまったァ〜〜〜!」
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 16:04:50.18 ID:GCy24WXk0
パラパラ…

「と、トウキビン死んでしまったか……?」


ダビデマン「……」

トウキビン「おい……」

トウキビン「おい……痛かったじゃねえか」

トウキビン「許さねえぞ」

トウキビン「許さねえぞ……!」


「な、なんとーーーー! トウキビン、ダビデマンの左腕から放たれた砲弾を片手で受け止めていたァーーーーッ」


トウキビン「テメエはポコ殴り決定ポコ」

トウキビン「このポコが受け止めた砲弾で殴って頭をグチャグチャに潰してやってもいいが……それはしねえ!」

トウキビン「ポコがポコの手でおめえの顔をポコポコにしたいんポコよーーーーッ!」ドガアアアアッ

ダビデマン「ムァーーーーーッ!?」

トウキビン「くたばりやがれーーーーーっ! これがポコの砲弾だーーーーっ!」


「トウキビン無慈悲ッ! ラッシュの後にダビデマンの顎目掛けて掌底ーーーーーっ!」

「ダビデマン倒れこんだーーー! 1! 2! 3! 4! 5! 6! 7! 8! 9! テエエエエエエエーーーーンっ!」

カンカンカーーーーーンッ!
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 16:51:40.85 ID:GCy24WXk0
試合終了!

○トウキビン VS ダビデマン●
(掌底)

ワアアアアアアアア!!

「前半の防御一辺倒の姿勢から、打って変わって攻撃に転じ見事なKO勝ち! かつてない見事な展開に会場は沸き立っています!」

ワアアアアアアアア…!!


フロストマン「うわあ……! すごい試合だったなあ!」

ブラッドマン「フフ……残念、負けてしまった。ダビデマンは自分の能力と技を繰り出すバランスが釣り合わなかったようだ」

腐乱ケン「ざーんねーん」

ブラッドマン「ご挨拶と監査も終わったことですし我々はこれで失礼します。次はリングの上で会いましょう。アミーゴくんにもよろしくお伝えください」

腐乱ケン「ばーいばーい」

ブラッドマン「では――」バサッ

バサバサバサッ

フロストマン「うわっ!? ブラッドマンがコウモリの群れにっ!?」

バサバサバサバサ――!

バサ…

フロストマン「……消えちゃった」
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 17:20:47.30 ID:P2Ls9oC7O
意外な展開になったな...
これだから超人プロレスは面白い!
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 17:39:12.05 ID:GCy24WXk0
瀬昆田「フロストマン、ここに居たか! 第一、第二試合が終わった。お前もそろそろ準備をしてくれ」

フロストマン「はい!」

瀬昆田「それとフロストマン。さっきの試合を見て、どう思った」

フロストマン「え? ええと……」

フロストマン「ぼくも腕が変形しないかなー、とかですか?」

瀬昆田「」ズッコケ

瀬昆田(まあフロストマンは試合を見て分析するより、実践で輝くタイプだからまあ良いとしよう)

瀬昆田(しかし、この地区大会。侮れないな。要チェックすべき参加者はバンバーくらいだと思いきや……)

瀬昆田(フロストマンの対戦相手はトウキビン。着ぐるみのような姿で防御し、その着ぐるみを脱ぎ捨て攻撃に転ずるファイトスタイル)

瀬昆田(あのギャップに翻弄されぬことを願うだけだ……! お前ならできる、フロストマン! 練習の成果を今こそ発揮する時だ!)


次回 フロストマンとバンバーの試合が始まる!
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/06(火) 17:41:33.89 ID:GCy24WXk0
次は多分バンバー回?
もしかしたらもう一話やるかも
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 18:27:16.55 ID:ZtLtWXrgO

腐乱ケンは>>1のオリジナル超人なのかはたまたオーバーボディで中に募集超人が入っているのか
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 19:55:38.49 ID:+NO4PXFx0
>>1のオリジナルがいいな
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 20:20:56.84 ID:d52LudUK0
トウモロコシはサナギマンだったとはw
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 19:11:19.62 ID:UAk4GMHH0
23:30試合再開予定
キング・バンバー対ザ・カロン
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 19:13:50.36 ID:XgZR5Vy+O
チケット買わなきゃ(使命感)
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 19:21:28.83 ID:HAd3Wk4X0
ザ・カロン?
あれ?フロストマンが戦うじゃないの?
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 21:02:34.70 ID:CtVr4Acp0
トーナメント表を見よう
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 21:58:38.21 ID:UAk4GMHH0
選手既に準備ができたそうなので前倒しで試合開始

状況おさらい

第20回 超人レスリング道内予選大会 トーナメント表

          ┌─  五稜郭高校(ホウオウ・ドー)
      ┌━┫
      │  ┗━  骨折尊高校(ザ・カロン)
  ┌─┤
  │  └─  ジャークシャ院高校(キング・バンバー)
─┤
  │      ┌─  オカルト高校(ダビデマン)
  │  ┌━┫
  │  │  ┗━  シロクマ商業(トウキビン)
  └─┤
      └─  ジンギス館学園(フロストマン)

第一試合 ○骨折尊高校(ザ・カロン)VS骨折尊高校(ザ・カロン)● (ボストンクラブ)
       ●オカルト高校(ダビデマン)VSシロクマ商業(トウキビン)○ (掌底)

第二試合 ジャークシャ院高校(キング・バンバー)VS骨折尊高校(ザ・カロン)
       ジンギス館学園(フロストマン)VSシロクマ商業(トウキビン)
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 22:13:02.09 ID:UAk4GMHH0
ザワザワザワ…

ジャークシャ院生徒「今日ヴェルサイコーチは来ていないのか?」

ジャークシャ院生徒「来ないみたいだぞ。団体戦はともかく個人戦、バンバーだけなら心配ないだろうって」

ジャークシャ院生徒「コーチが信頼している教え子なんだ。きっとこの試合だって訳ないだろう」

バ ン バー! バ ン バー! バ ン バー! バ ン バー!

「会場既にバンバーコールが響いております! 盛り上がりが最高潮に達したところで早速彼に入場していただきましょう!」

「ジャークシャ院高校 キング・バンバー!」

ワアアアアアアアアアアアアアア!

「夏の超人レスリング大会個人戦団体戦共に優勝を勝ち取った強豪! 名門ジャークシャ院高校のスター!」

「自慢の脚から放たれるキック! 激しいタックル! 更にそこから繰り出される多彩な技! 今回も圧倒的な力を見せつけてくれるでしょう!」

ワアアアアアアアアアアアアアアッ!!


キング・バンバー「……」


第19話 王(キング)を倒せ! ザ・カロン 静かなる復讐(リベンジ)!
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 22:20:59.85 ID:UAk4GMHH0
「そんなアウェーな雰囲気の中、彼は今日も静かに現れるーーッ!」

「骨折尊高校 ザ・カロン入場!」

シーン…

ヒュルル…

ヒュルルル…

ヒュルルルル…

ザ・カロン「……」ザッ ザッ ザッ

「不気味な雰囲気を漂わせながら入場口から静かに登場ーーーー!」

「一回戦に見せた素早い身のこなしと関節技! 今回彼が狙うのはバンバーの自慢の脚か!」

「先に見せたリベンジ宣言は果たされるのでしょうか!?」
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 22:32:48.47 ID:UAk4GMHH0
「では両者リングに上がったところで、試合を始めてもよろしいでしょうか?」

ザ・カロン「ああ」

キング・バンバー「……ああ、構わん!」

「両者の了解が得られたので試合を開始します!」

「決着はKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過によって決められます!」

「では――」

「試合 開始!」


カーーーンッ!!


【直下コンマ下一桁判定】
5以上:キング・バンバー先行
4以下:ザ・カロン先行
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 22:33:35.43 ID:CtVr4Acp0
てい
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 22:41:27.60 ID:IenOLcLSo
バンバー頑張れ!
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 22:45:51.91 ID:UAk4GMHH0
「ザ・カロンが先行した!」

ザ・カロン「まずは俺から行くぞ……!」

ザ・カロン「フンッ!」ズアーーッ!

「ザ・カロン、ご挨拶代わりに鋭いローキック!」

↓1【コンマ64以下で命中!】
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 22:53:24.79 ID:XgZR5Vy+O
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 23:03:12.12 ID:UAk4GMHH0
ビシーッ!

「バンバーに突き刺さったァーーー!」

ザ・カロン「当たった!」

キング・バンバー「……」

ザ・カロン「……!」

「しかしバンバーびくともしない! 敢えて攻撃を受け、その頑丈さをアピールーーー!」

キング・バンバー「脚で俺に勝とうと言うのか、ザ・カロン!」

ザ・カロン「!」

キング・バンバー「次はこのバンバーの番だ!」

ガシッ!

ザ・カロン「ぬァっ!?」

「ザ・カロン掴まれ、そのまま持ち上げられたァーー!」

キング・バンバー「ふふふ、軽い軽い! この脆そうな身体、地面に叩きつけられたら粉々に砕け散ってしまいそうだな。どうなるか、見せて見ろ!」

キング・バンバー「オラァーーー!」

ガシャアアアーーーーッン!

ザ・カロン「グアーーーーッ!」体力5/6

「ザ・カロン地面に激しく叩き落とされるゥ〜〜! バンバーは足技だけではない! リフトアップも強力!」
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 23:15:48.01 ID:UAk4GMHH0
ザ・カロン「ぐ、う、う」

「これはどうした! 仰向けのままザ・カロン苦しんでいる! 何もできない!」

「まさか、脊椎を負傷してしまったのか!」

キング・バンバー「ほれほれ! どうしたッ! まだ俺は戦い足りないぞ! 立てっ」グリィッ

「しかしバンバー起き上がるのを待ってくれない! カロンの胸に蹄を突き刺しグリグリと抉って痛めつける!」

ザ・カロン「あ、あがァ〜!」体力4/6

ザ・カロン「ク、クソォッ!」ガバッ!

ザ・カロン「俺の前に常にお前は立っていた! 俺は! 俺はお前を越えたい!」ゴオーッ!

「た、立ち上がった! ザ・カロン立ち上がりました! そしてすぐさま飛び上がりバンバーに襲い掛かります!」

↓1【54(基準値64-10)以下でザ・カロン反撃の狼煙を上げる!】
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 23:18:23.74 ID:IenOLcLSo
さて
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 23:23:21.85 ID:VcDwqP90O
第二の技ケラト・ドリ炸裂
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 23:32:09.08 ID:UAk4GMHH0
キング・バンバー「甘いッ!」バシッ!

ザ・カロン「ガっ!」体力3/6

「しかし叩き落とされてしまった!」

キング・バンバー「貴様の視野は狭い! 俺だけを見てどうする!? 貴様も全国を、世界を目指す超人の端くれだったら分かるはずだが!?」

キング・バンバー「ただ一人に勝つことだけを考え戦い続ければそこに綻びが生まれ、そこを突かれれば一撃でやられてしまう! 実に貧弱!」

キング・バンバー「それでいいのか貴様!」

ザ・カロン「ぐ、ぐぐう……!」

キング・バンバー「それだから! 一太刀も浴びせることができんのだ!」バギョァーーーーッ!

ザ・カロン「うわァーーーーーッ!!」体力2/6

「倒れ伏し顔を上げたカロンにすかさず回し蹴りィ! これは手も足も出ません!」

「一方的な展開ながら激しい技のオンパレードに観客骨抜きにされています!」

「ザ・カロン、ここで黙って倒されてしまうのか……!」
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 23:45:59.10 ID:UAk4GMHH0
ザ・カロン「ただ1人を倒すためだけの戦い、それを貴様は笑うか――」

ザ・カロン「許さん……許さんぞ、バンバーッ!」ゴーッ!

「カロン、バンバーの腰を掴み、軸足の逆に脚を挟み込みます!」

「これはカロンの関節技の構え! 出るか! バンバーが耐えるか!?」

ザ・カロン「貴様を倒すためだけに心血を注いできた俺の技! とくと見よーーーーッ!!」

↓1【44(基準値64-20)以下でザ・カロンの技がバンバーの脚を砕く!?】
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 23:50:35.74 ID:XgZR5Vy+O
がんばれ
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 23:54:39.74 ID:IenOLcLSo
笑うどころかちゃんとアドバイスしてくれてるよな、バンバー
フロストの時もそうだけど普通にイイヤツ
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/09(金) 23:58:39.29 ID:UAk4GMHH0
ガシッ

ザ・カロン「何っ?」

キング・バンバー「甘いッ!」

ギリリッ!

ザ・カロン「グエッ!」

「バンバー、軸足の逆を挟まれた態勢のまま、カロンの首に手を回しそのまま締め上げた! コブラクラッチだァーーーーッ!」

ザ・カロン「ガ、ハッ……ガ……」体力1/6
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 00:09:17.92 ID:TE46WxpQ0
ザ・カロン「……ガ、グ」ヨロ…

「カロン、クラッチを外すとよろめきながら距離を取ります」

「しかし最早反撃の力は残っていないーーーーッ!!」

キング・バンバー「ザ・カロン、愚かな……この俺のことばかり考えていたばかりに、防御の練習を怠ったようだな」

キング・バンバー「確かに俺の生命線は足にある! だからこそ俺はそこを攻撃された時の策を幾らでも練っていた!」

キング・バンバー「貴様は足を狙う関節技ばかりかけてくるが、その道を塞がれた時、何もできぬではないか!」

ザ・カロン「バンバー……俺は――」

キング・バンバー「最早聞こえていないか」

キング・バンバー「終わり(フィニッシュ)だ。行くぞ!!」

「フィニッシュ宣言が来たーーーーッ!」

キング・バンバー「ウオオオオオーーーーッ!」

↓1【コンマ72以下でバンバーの新技がカロンを葬る! ※技の名前が思いつくなら付けてもOK】
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 00:11:55.08 ID:6vmqSBEw0
ウォーホースチャージ!
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 00:23:32.83 ID:TE46WxpQ0
キング・バンバー「ウオオオッ!」パカラッパカラッ!

「バンバー助走を付け……!」

キング・バンバー「ハァーーーーッ!」

「飛び上がり……!」

キング・バンバー「食らえ!”ウォーホース・チャージ”だッ!」

グシャアアアァーーーーーッ!!

ザ・カロン「ぬァーーーーッ!!」バキバキバキッーー!!

「そのまま自身の身体を預け、カロンを叩き潰すーーーーーーーッ!!」





ザ・カロン「」ドサッ 体力0/6




カンカンカーーーーーンッ!


KO!

○キング・バンバー VS ザ・カロン●
(ウォーホース・チャージ)


ワアアアアアアアアアアアアアア!!

「決ーーーまったァーーーーッ! 圧倒的! 圧倒的勝利! キング・バンバーは王の名に相応しい戦いを見せましたァーーー!」

742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 00:27:34.54 ID:X0fxQw6sO
カロンはホウオウ・ドーを一撃で葬っただけに
こうもあっさり負けるとバンバーのやばさが引き立つな…
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 00:36:27.58 ID:ycIDmH4Wo
露骨に脚狙いだったから動きが読み易かったってのもあると思う。バンバーの指摘通り
バンバーを倒すことだけしか考えないで鍛えてたから戦術の幅が狭くなって負けたみたいな
ホウオウ・ドーも翼をチラつかせて空中戦狙いなのを先読みされたからある意味同じ負け方
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 00:45:49.11 ID:TE46WxpQ0
――観客席

ジャークシャ院生徒1「”ウォーホース・チャージ”? 初めて見る技だな」

ジャークシャ院生徒2「ああ、アレはバンバーが最近編み出した大技だ」

ジャークシャ院生徒2「技の部類としては体当たり、更に言えばあれはフライング・ボディ・アタックと言う」

ジャークシャ院生徒2「立っている相手に自分の身体を助走を付けてぶつけ、潰すんだ」

ジャークシャ院生徒2「更に、”ウォーホース・チャージ”はバンバーの身体の重さ特に筋肉量が決め手となっている」

ジャークシャ院生徒2「必ず敵を押しつぶす為には質量が必要となる。重さと言ってもそれは脂肪ではない。上質な筋肉が必要だ」

ジャークシャ院生徒2「これは日頃鍛錬を行わないバンバーだからこそ、自信を持って放てる技だと言えるな」

ジャークシャ院生徒1「なるほど。ウォーホースと言えば、軍馬のことだ。アイツはリングと言う戦場で存在感を発す軍馬そのもの……!」

ジャークシャ院生徒2「恐ろしい奴だぜ、バンバーは……!」
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 00:47:54.70 ID:TE46WxpQ0
ザ・カロン「」

キング・バンバー「カロン、お前の努力、俺は笑ったりはしない」

キング・バンバー「ただ……その戦い方では……」

キング・バンバー「空しいだけだ……」

キング・バンバー「虚しさは時に人を狂わせる……!」

キング・バンバー(”虚無”の中で戦うことこそ愚か者のやること。戦士としての充足感を得るために戦う事こそが至高!)

キング・バンバー(……)


バ ン バー! バ ン バー! バ ン バー! バ ン バー!

「鳴りやまぬバンバーコールの中、キング・バンバー雄々しく拳を突きあげます!」

「そして難なく決勝通過ーーー!」

「彼を止める者はいるのか! いやいない! 道内を飛び越し、国をまたにかけ戦いの場を求めているのでしょう!」

バ ン バー! バ ン バー! バ ン バー! バ ン バー!

746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 00:56:34.05 ID:TE46WxpQ0
第20回 超人レスリング道内予選大会 トーナメント表

          ┌─  五稜郭高校(ホウオウ・ドー)
      ┌━┫
      │  ┗━  骨折尊高校(ザ・カロン)
  ┌━┫
  │  ┗━  ジャークシャ院高校(キング・バンバー)
─┤
  │      ┌─  オカルト高校(ダビデマン)
  │  ┌━┫
  │  │  ┗━  シロクマ商業(トウキビン)
  └─┤
      └─  ジンギス館学園(フロストマン)


――次回! フロストマン対トウキビン!
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 01:04:35.99 ID:TE46WxpQ0
ちょっとバンバー強すぎるね
おやすみ
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 01:06:02.28 ID:X0fxQw6sO
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 01:11:40.43 ID:6vmqSBEw0

主人公よりコンマが良すぎるw
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 01:34:57.56 ID:ycIDmH4Wo


バンバー強いねぇ。でもカロンに関しては焦ってたのが敗因だと思うし
フロストは割と頭使って戦うからコンマが余程酷くなければ…
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 17:42:25.42 ID:hArkdKBm0
あれ? バンバー普段鍛錬無しでこの強さなのか 半端ないな
トウキビン対策は思いついたが豚肉の時みたいにうまく決まるか
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/10(土) 18:12:16.57 ID:zB1nX80fO
22:00試合再開予定
>>751
鍛練を怠らない と書きたかったんだ
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 19:13:10.60 ID:hArkdKBm0
なるほど 時々いる運動部活動経験ないのに異様にポテンシャル高いやつかと思ったw
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 21:23:57.26 ID:TE46WxpQ0
選手準備完了だそうで前倒しで試合開始
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 21:35:17.49 ID:rG2Dz5O+O
きたか!
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 21:36:28.51 ID:TE46WxpQ0
――シロクマ商業控室

顧問「トウキビン、お前にお客さんだぞ」

ガチャ

トウキビンママ「トウキビン! お前の為に母ちゃん、お弁当作って持ってきた――」

ガシャーーンッ!

トウキビンママ「お、お弁当箱が……!」

顧問「何をやっとるかトウキビン! せっかくのお弁当がグチャグチャじゃ――」

トウキビン「うるせェーーーーッ!」

トウキビンママ「キャッ」ビクッ

トウキビン「おい! ”ババア”! ポコがいつ弁当なんぞを持ってこいと言ったポコ!?」

トウキビン「ポコは今試合前ですごく気が立っているポコ! ポコを放っておくポコ!」

トウキビン「ったく……! どいつもこいつもポコ!」

スタッフ「トウキビン選手! スタンバイ出来次第すぐ来てください!」

トウキビン「分かったポコ……」ノソ…

トウキビン「おいッ”ババア”! ポコに次余計なことしたら親だとしても絶対に許さないポコよ! 分かったポコね!?」

トウキビンママ「トウキビン……!」


第20話 ポコはゆるくねェ! フロストマン対トウキビン!
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 21:36:50.33 ID:qqDYNfRvo
月火水木キン肉マーン
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/10(土) 21:42:09.67 ID:S0X/2HoE0
へのつっぱりはいらんですよ!
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 21:44:49.23 ID:hArkdKBm0
ヤバい薬(肥料)でもキメたかw
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 21:54:29.93 ID:TE46WxpQ0
――ジンギス館学園控室

瀬昆田「フロストマン、試合の前にお前に伝えたいことがある」

フロストマン「えっ、なんですか?」

瀬昆田「お前の技の一つ”霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)”の”もう一つの使い道”についてだ」

フロストマン「えっ、もう一つの使い道?」

瀬昆田「ああ、もう一つ、というよりかは”本来の使い道”に近いかもしれん」

瀬昆田「フロストマン、お前はあの技を相手を足止めする時にばかり使う」

瀬昆田「しかし、それではその内相手にその技を見切られてしまう」

瀬昆田「お前の戦いに今一つ欠けているのは”意外性”。お前の真直ぐなファイトは観客を魅了する力があるが、実際の所そればかりでは戦いきれん」

瀬昆田「そこでだ!」

瀬昆田「お前の”霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)”を反撃(カウンター)手段として転用するんだ!」

瀬昆田「もし、お前が相手に攻撃されかけた時、お前の身体に相手が触れているなら、そのまま凍らせてやればいい!」

瀬昆田「その隙を突いて、次の攻撃に出るんだ! 逆転の一撃として使うこともできる!」

フロストマン「な、成程! これはぼく自身の力だからそれ程難しくないぞ!」

瀬昆田「名付けて”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”! 試合に余裕が出たら使ってみると良い」

フロストマン「はい!」

761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 22:14:38.86 ID:TE46WxpQ0
――会場

「赤コーナー ジンギス館学園 フロストマン!」

「ご存知大阪の英雄! 熱いファイトに今回も期待!」

ワアアアアアアアアッ!!

「続いて青コーナー シロクマ商業 トウキビン!」

ワアアアアアアアアッ!!

「見た目に似合わぬ暴力的なファイトが観客の度肝を抜きました! そのギャップが良いとの女性ファンの声が!」

「決着はKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過によって決められます!」

「――では両者リングに入ったところで早速試合開始です!」

カーーーンッ!!
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 22:22:25.44 ID:TE46WxpQ0
――リング上

フロストマン(これが初めての公式戦かあ。緊張するなあ)

フロストマン「よ、よろしくお願いします」ペコ

トウキビン「……」

トウキビン「『よろしくお願い致します』だとォ……?」

トウキビン「ケッ! いい子ちゃんぶりやがってェ〜〜何が大阪の英雄だポコ!」

トウキビン「ポコはそういう奴が一番嫌いなんだポコーーーッ!」

フロストマン「え、ええっ!?」

↓1【直下コンマ下一桁】
偶数:フロストマンの先行
奇数:トウキビンの先行
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 22:23:34.98 ID:6vmqSBEw0
てい
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 22:32:59.57 ID:TE46WxpQ0
フロストマン「何だかよく分からないけど、ぼくから行きますよ!」

トウキビン「ポコ〜〜〜〜〜来い!」

フロストマン「ウオオオーーッ!」

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り4本)
5コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/10(土) 22:35:25.59 ID:S0X/2HoE0
先生は霜の巨人の腕をカウンターに使えといったけど安価はどうすればいいんだろう?
安価下
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/10(土) 22:37:05.00 ID:TE46WxpQ0
>>765
カウンターだから然るべき時に選択肢が出るよ
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 22:37:15.57 ID:qqDYNfRvo
まず1で
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 22:41:16.31 ID:6vmqSBEw0
1
重そうなオーバーボディだから動き回りながらローキックで疲れさせてみよう
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 22:25:43.57 ID:HlgmnpLJ0
試合再開
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 22:27:44.33 ID:HlgmnpLJ0
フロストマン「少し重そうな身体! なら弱いところは――」ズアッ!

フロストマン「脚だ!」

「フロストマン トウキビンの脚を狙ってローキーーーーック!」

トウキビン「ポコ!?」

↓1【コンマ66以下で成功!】
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:31:47.74 ID:cTtAHXl7O
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 22:37:27.97 ID:HlgmnpLJ0
ガシッ!

フロストマン「うわっ!」

トウキビン「ポコにそれは効かないポコ!」

「おおーっと! トウキビン、ローキックに怯むことなくフロストマンに掴みかかった!」

トウキビン「さァ〜〜て、どう調理してやろうか!」

フロストマン「ぐ、ぐう〜〜!」

フロストマン(そ、そうだ! 相手が攻撃に出ようとしているのなら――)

フロストマン(ぼくには”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”があるんだった!)

フロストマン(これを使えば戦いを有利にできるかもしれないけど……!)

↓1
1、フロストマン「さっそく使ってみよう!」
2、フロストマン「まだその時じゃない……!」
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:37:56.42 ID:lhmHkQl50
1
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:38:26.31 ID:eSJFk/y4o
1

出し惜しみすべきではない
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 22:43:57.19 ID:HlgmnpLJ0
フロストマン(技を出し惜しみしていたらあっという間に負けちゃうよね!)

フロストマン「よーし、それなら!」

ピキ…!

トウキビン「ポコ!?」

ピキピキピキ

トウキビン「な、何ーーーッ!」

「こ、これは! トウキビンの身体がフロストマンを掴んだ手から氷に覆われていく!」

「出たァーーーーッ! これこそフロストマンの技”霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)”」

瀬昆田「違う! あれこそ新技”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”だァあーーー!」

「失礼しましたァーーーーッ!」
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:46:35.20 ID:eSJFk/y4o
よしよし。身軽になられたら負けちゃうから、
氷でコーンが弾けないようにすればいいのではと思ってた
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:49:17.80 ID:lhmHkQl50
ロープとかコーナーは外した時のリスクが高いんか?
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 22:53:47.46 ID:HlgmnpLJ0
トウキビン「ポコォーーーき、貴様ぁ……!」カチンコチン 体力6/7

フロストマン「よし! これでトウキビンの反撃を防ぐことができたぞ!」スタッ!

トウキビン「許さんポコ!」

トウキビン「こ、この……!」プシュウウウウウゥ

「おおっ!? こ、これは――」

フロストマン「煙!? い、いやこれは水蒸気だ!」

フロストマン「あっ! と、トウキビンが!」

トウキビン「この恨み……!」

トウキビン「この恨みはらさでおくべきかァーーーーッ!」


フロストマン「トウキビンが真っ赤に発熱している!」

「これはどういうことだ! フロストマンの”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”でカチコチに凍らされたトウキビンが真っ赤に発熱している!」

ジュウウ…!

「さ、さらに氷が急速に溶けだした! 氷の監獄からまさに脱獄しようとしている!」

トウキビン「怒った……! ポコは怒ったポコよォーーーーッ!」

トウキビン「食らえ! ”ホップンレイン”!」


瀬昆田「ま、まさか! 氷の牢屋をポップコーンの散弾で破壊しようと言うのか!」

ジ・アミーゴ「こいつァやべェーーーーッ!」

↓1【コンマ51以下(基準値71-20)でポップコーンの嵐がフロストマンを襲う!】
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:54:17.99 ID:lhmHkQl50
強いな
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 22:55:56.55 ID:HlgmnpLJ0
あ、間違えた! もう一度振ってくれ

↓1【コンマ46以下(基準値71-20−5)でポップコーンの嵐がフロストマンを襲う!】
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:57:19.52 ID:dFEeCkyQ0
はい
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 22:58:34.17 ID:lhmHkQl50
フロスト謎の力働いてそう
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 23:05:42.65 ID:HlgmnpLJ0
トウキビン「オラァーーーーッ!」

ドッカァアーーーン!

フロストマン「うわーーーっ!」体力5/6

シュウウ…!

「フロストマンの氷漬け攻撃失敗か! 会場をポップコーンと水蒸気が覆ったァーー!」

トウキビン芯の姿「ポコポコポコ……! お前の氷よりポコの熱の方が勝ったポコね」


フロストマン「氷で覆ってしまえば、君の発した熱を吸収し”ホップンレイン”を不発に終わらせることができると思ったケド……!」

トウキビン芯の姿「ポコポコポコ! ムダポコ! そんなに簡単にポコを倒せると思ったポコか!」

トウキビン芯の姿「試合は振り出しに戻った! これからたっぷりお前をいたぶってやるポコよ!」

フロストマン「く……! なら次は!」

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り4本)
5コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:06:55.04 ID:lhmHkQl50
ゥー!
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:08:53.72 ID:lhmHkQl50
結果が逆ゥー!
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:09:28.19 ID:eSJFk/y4o
振り直す時も基本前のコンマ参照でいいと思う
前回成功してたのに今回失敗とかだとちょっとアレだし

ってか52だからトウキビン失敗では?
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 23:13:17.84 ID:HlgmnpLJ0
ジャッジ間違えたけど書いてしまったことを覆すのは悪いがしない!
だが今回はお詫びにこうする! 許せ! 頼む!

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率100%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率33%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率100% 残り4本)
5コーナートップからダイブ!(成功率100% 残り4本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:14:03.95 ID:lhmHkQl50
5
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:14:40.67 ID:eSJFk/y4o
じゃあクリティカルにして欲しいな
ただ攻撃当たっただけじゃなくて向こうはパワーアップしてるんだし
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:16:24.76 ID:lhmHkQl50
早めに真の姿晒すと負けフラグだからいい方向に行くかもしれない
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 23:25:25.99 ID:HlgmnpLJ0
フロストマン「とおっ!」スタッ!

「フロストマン、コーナートップに上った! 何をするつもりか!」

フロストマン「トウキビン! 君は力任せの攻撃を得意としているみたいだね!」

トウキビン「ポコ! 言うまでもなく!」

フロストマン「パワーは恐らくぼくの数倍。それだけならぼくは君に負けてしまうかもしれない。でも、これならどうかな!」

フロストマン「力比べといこうじゃないかーーーーッ! ハッ!」

「フロストマン、更にそこから飛び上がったーーーーッ!」


フロストマン「高所から飛び上がることでその力は倍!」

フロストマン「落下のスピードでその力は更に倍!」

フロストマン「そして!」

グルン!

「か、回転! フロストマン空中で回転を始めた! それにこの力を倍にしていく法則を私は知っている! これは――」

フロストマン「回転することで、その威力は更に更に倍!」

フロストマン「食らえ! ぼくの通常の倍倍倍の”三乗の力”を使った空中回転ミサイルキーーーーック!!」


「で、出たァーーーーッ! あれは伝説超人ウォーズマンがバッファローマンに見せたベアークローを彷彿とさせる攻撃ィーーー!」


フロストマン「ウォオオオーーーー!!」

トウキビン「ポコーーーーーーーッ!!」
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:26:19.44 ID:szdCl8Ld0
それ力つきるフラグw
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:36:07.49 ID:lhmHkQl50
これ時代的に間隙の救世主とかの時期か?
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 23:37:19.23 ID:HlgmnpLJ0
ギュルルルルル……!

ガシッ

トウキビン「お、お前のその回転、受け止め切って見せる……!」グ、ググ

「トウキビン、キックを何とか受け止めた!?」

トウキビン「ぽ、ポコ……! ぽ、ポコ……だ、ダメだ! 受け止め切れん!!」

フロストマン「当たれェーーーー!!」



ズッガァアアアーーーーーーッ!!


トウキビン「ポ、ポコーーーーーーーッ!!!」体力3/7

「く、食らったァーーーーッ! トウキビン、防御粉砕! フロストマンの前方回転ミサイルキックをもろに脳天に食らってしまったァーーー!」


瀬昆田「本来、ウォーズマンがフロストマンと同じ原理で回転ベアークローを行った状況とこの状況では訳が違う」

瀬昆田「ウォーズマンが戦っていたのは当時格上として君臨していた悪魔超人バッファローマンを倒すためのやむなき捨て身の状況」

瀬昆田「フロストマンはそれを余裕を持った状況で使ったのだ」

瀬昆田「これが意味すること、それは――」

瀬昆田「フロストマン、彼はどんな状況でも捨て身の精神で相手に向かって行くファイトスタイルであることを意味する」

瀬昆田「これが実況でも言われていた”粘り強いファイト”と呼ばれる所以なのだろう……!」

瀬昆田「しかしフロストマン、ムチャをし過ぎてはいけない! お前は後にも試合が待っている! それをこなす為には―――分かっているな!?」
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 23:39:22.23 ID:lhmHkQl50
キャラコンマがバンバー95のフロスト66だから勝てる気がしない
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 23:46:08.95 ID:HlgmnpLJ0
トウキビン「ポ、ポコ……い、いてえ……頭がクラクラしやがる……ポコ!」

トウキビン「こ、ここで負けたら……ポコは!」


「トウキビンやァ〜〜〜〜ッ! 頑張れェ〜〜〜〜ッ!」


トウキビン「あ、あの声は!」


トウキビンママ「トウキビン〜〜〜〜ッ!」


トウキビン「マ、ママ……じゃなかった! ”ババア”!」

トウキビン「う、うるせえ! 余計なおせっかいは無用ポコ!」

「これはどうしたトウキビン! 応援席のママさんと何やら会話を始めている!」


トウキビン「ママはね……! 知っているのよ! お前が何のために戦っているか!」


トウキビン「ポ、ポコ!?」
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/14(水) 23:55:36.19 ID:HlgmnpLJ0
トウキビン(そう。ポコの実家はとうもろこし農家だポコ)

――数年前

トウキビンパパ「はあ……」

トウキビンママ「どうしたの、パパ?」

トウキビンパパ「うちのような小さな農家は……もうダメなのだろうか」

トウキビンパパ「大きな企業と契約した隣のとうもろこし農家は、うちと違って土地も広く、種類もたくさんある」

トウキビンパパ「それでも私はうちの育てたとうもろこしが隣のとうもろこしに劣っているとは思えない」

トウキビンパパ「こんなに……こんなにおいしいのになあ……!」

トウキビンママ「パパ……!」


トウキビン「ポコ……」

トウキビン(普段は元気なパパがオイラが見えないところでそうやって涙を流していた)

トウキビン(オイラは思ったポコ)

トウキビン(オイラだって何か手伝いたい! と――)
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 00:03:39.85 ID:iJNYRCS90
トウキビン(そんな時、テレビでこんなものを目にした!)


「中国四千年の歴史! ラーメンマン監修の四川風坦々! 好評発売中!」

「今、超人の副業が話題に!」


トウキビン「そ、そうか……これポコ!」

トウキビン(ポコは超人レスリングをして有名になれば、パパのとうもろこしも有名になれるチャンスがあると思った!)

トウキビン(待っててね、パパ、ママ。ポコは必ず……!)



トウキビン(だから……!)

トウキビン(だから負ける訳にはいかないポコ!)

トウキビン(でも、そんなことを表ざたにしたら、ポコは恐らくすぐに有名になっちまうポコ)

トウキビン(お涙頂戴のドキュメンタリーに出させられたりするのは……違う! そんなことしたらパパがポコに負い目を抱いてしまう)

トウキビン(違うんだ! パパのとうもろこしはおいしいから売れてほしいポコ! だから、だから……)

トウキビン「”ババア”! 余計なことを言わなくても良い!」


トウキビンママ「トウキビン……!」


トウキビン「黙って見てるポコ……! これから勝って……必ず……!!」

トウキビン「おいフロストマン! 次はポコの番ポコよ!」
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 00:08:02.50 ID:iJNYRCS90
トウキビン「ポコォ〜〜〜〜ッ!」

「トウキビン、気を取り直してフロストマンに突っ込んでいく! どうなる!?」

フロストマン「!」


ジ・アミーゴ「気を付けろフロストマン! アイツ、目の色が変わったぜ!」

↓1【コンマ66(基準値71−5)以下でトウキビンのタックルが決まる!?】
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:09:11.43 ID:KztU9hSYO
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:09:32.82 ID:HKkhWXOv0
心情シーンだけで口には出さなかったか
説得はもうちょい後だな

バンバーに比べれば、かわしてみせる
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 00:16:55.50 ID:iJNYRCS90
ズゥウーンッ!

フロストマン「ぐううぅーーっ!」

「トウキビン タックルでフロストマンをロープに叩きつけようというのか!」

フロストマン(すごいパワーだ……真の姿を見せてから力が更に上がっている!)

フロストマン(このままじゃ持たない……そうだ、まだぼくには”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”がある!)

フロストマン(でも同じ技が二度も通用するんだろうか?)

↓1
1、フロストマン「考えていてもしょうがない、もう一度やってみよう!」(成功率71% 基準値66+5)
2、フロストマン「通用しないかもしれない。今は我慢だ」
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:21:19.49 ID:t3f0gQU3o
1
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 00:24:53.98 ID:iJNYRCS90
フロストマン「考えていても仕方がない! トウキビン、もう一度ぼくの技を喰らえッ!」

トウキビン「ポコ!?」

ゴーーーッ!

フロストマン「行くぞ! ”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”!」

「フロストマン、再びトウキビンを氷漬けにしようと動く!!」

↓1【コンマ71以下でトウキビンを止めろ!】
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:25:20.54 ID:KztU9hSYO
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:27:06.64 ID:HKkhWXOv0
発動チェックの後に成功判定まであるとキツイ
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 00:33:16.49 ID:iJNYRCS90
ミシ…

トウキビン「ポコ……! また氷か、同じ技が効くわけ……」

ガタ…

ガタガタ…

トウキビン「あ……あああ……!」

フロストマン(トウキビンの動きが止まった……! 氷漬けがうまくいっている!)

トウキビン「あ、ああ」ガタガタガタ

「トウキビン様子がおかしい! 震えている! 氷に侵され、震えているぞ!」

トウキビン「さ、寒い! 寒いポコ! な、何故!?」 体力1/6

フロストマン「!」

フロストマン「トウキビン! 君の弱点が分かった!」

トウキビン「何!」
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:35:47.24 ID:Gr1qiPM80
トウキビん体力最大値7じゃなかった
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 00:40:29.46 ID:iJNYRCS90
フロストマン「トウキビン、君は”芯の姿”になることでパワーと引き換えにその防御力を大幅に失っているんだ!」

フロストマン「だから”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”も効いた!」

トウキビン「た、確かに……! ポコ自身気付いていなかったポコ……!」

フロストマン「ならば! 君は次のぼくの一撃に耐えることはできないっ!」

トウキビン「ポ、ポコ!?」

フロストマン「悪いがトウキビン! 決めさせてもらう!」

「フロストマン、トウキビンのタックルを振り払い弱点を看破! そして更にKO宣言だ!」

フロストマン「ウオォ〜〜〜〜ッ!!」

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率76%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3新技を見せてやれ!(成功率43%)
4ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率76% 残り4本)
5コーナートップからダイブ!(成功率76% 残り3本)
6気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
7その他
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:42:30.95 ID:t3f0gQU3o
草は氷に弱いってポケモンで知ってた
コンマ判定の良い時に新ワザ判定行きたいがいいか?

安価下
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:43:11.55 ID:Gr1qiPM80
新技開発
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:44:32.53 ID:HKkhWXOv0
おk
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 00:48:01.99 ID:iJNYRCS90
フロストマン「倒して見せる……この新しい技で!」

「おおおォ〜〜新技お披露目か!?」


瀬昆田「き、聞いてないぞフロストマン! そんなものがあるのか!」

ジ・アミーゴ「ああ、あるぜ! 新技!」

瀬昆田「なにっ!?」

ジ・アミーゴ「これはマゴローとの特訓の間温めていたとっておきだ!」

ジ・アミーゴ「だがうまくいくか……! がんばれ、フロストマン!」

↓1【コンマ43以下で開発成功!】
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:49:53.48 ID:HKkhWXOv0
ちと分が悪いが行くぜ!
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:50:26.82 ID:HKkhWXOv0
微妙に足りないか すまんw
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:52:59.81 ID:Gr1qiPM80
体力余裕あるしいけるいける
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 00:53:50.39 ID:Gr1qiPM80
あと何回か新技やってたらコンマも緩くなるだろうし(願望)
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 01:04:45.83 ID:iJNYRCS90
ガシィーーッ!

「フロストマン、トウキビンの後ろに回り込み鯖居りの状態に持ち込んだ!」

フロストマン「グ、グウ〜〜〜〜ッ!」

トウキビン「ポ、ポコーーーーーーーッ!」ジタバタ ジタバタ

「しかしトウキビン、じたばたともがきフロストマンの新技を邪魔する!」

フロストマン「ダメだっ! これじゃあ技が出せない!」


ジ・アミーゴ「もう一度だ! もう一度やってみるんだフロストマン!」


フロストマン「うん! よおし、もう一回だ!」

「フロストマン果敢にもトウキビンに再び新技をかけようとする!」

フロストマン「ウオオオーーーーッ!」

↓1【諸々お詫びの再判定! コンマ53以下で新技開発成功!】
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 01:06:45.19 ID:FL/7JQEwO
おらーっ
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 01:08:25.74 ID:HKkhWXOv0
よくやった!
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 01:18:38.91 ID:iJNYRCS90
ガッシイイイーーーーーーーンッ!

「決まった! フロストマン今度こそトウキビンを背後から抱え込む!」

グイイイイ…!

フロストマン「オオオーーーーッ!!」

「そして! 高らかに持ち上げ――!」

フロストマン「”フロストマン・スープレックス”!!」


ガアアアアァアアアアアーーーーーーーッン!!


トウキビン「ポ、ポコーーーーーーーッ!!」 体力0/7


「後方に投げ固めたァーーーーーーーッ」

「トウキビン頭部にダメージを負ったまま受け身の取れない姿勢でスープレックスをかけられ更にダメージ! 何もできません!」


「ワン、ツー、スリー!」

カンカンカーーーーーンッ!

「きーーーーまったーーーーーーーーーッ!!」


KO!!

ワアアアアアアアアアアアアアアッ!!
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 01:22:35.36 ID:HKkhWXOv0
半日前に頭6針縫った身としては出来れば受けたく無い技だ
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 01:32:24.11 ID:Gr1qiPM80
超人レスリングってフォール勝ちあるから体力残っててもうまくいけば勝てる感じの技かな?
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 01:40:05.86 ID:iJNYRCS90
KO!

○フロストマン VS トウキビン●
(フロストマン・スープレックス)

ワアアアアアアアア!!

「さすがですフロストマン。見事な戦いでした!」

「トウキビンの力任せの攻撃を封殺。新技でフィニッシュを決めKO!」

「さっそく一言いただきましょう! リングのフロストマン選手ーーっ」


フロストマン「は、はい!」


「初めての公式戦と聞きましたが、今回の戦いの感想をお願いします!」


フロストマン「え!? えーっと、あのぅ」

フロストマン(こ、こんなの練習してないよぉ)

フロストマン(瀬昆田先生、アミーゴ助けて!)チラ


瀬昆田(何でもいい! 思ったことをはっきりと伝えるんだ!)

ジ・アミーゴ(こういう時はバシーッとかっこつけるもんだぜ!)


フロストマン(えぇ〜〜〜〜ッ?)
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 01:50:15.10 ID:HKkhWXOv0
気の利いたセリフ言えとか試合より酷だw
屁のつっぱりはいらんですよ!とか口走りそう
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 02:02:15.82 ID:iJNYRCS90
フロストマン「え、ええーーっと――」



フロストマン「次もはっちゃきこいて勝つだけですよ!」ドーン!

「お、おお! 何だか分からないけれどすごい自信を感じる言葉だ!」


ジ・アミーゴ「なあセンセー、あれどういう意味だ?」

瀬昆田「ま、『次も頑張ります』ってことだよ。北海道弁だ」

ジ・アミーゴ「へえ! 日本語もムツカシーな!」

「フロストマン選手ありがとうございました!」

「――と、どうやらキング・バンバー対ザ・カロン選手の試合も終了したようです」

「勝ったのは――もちろんキング・バンバー!」

「地区大会決勝はフロストマン対キング・バンバーに決定いたしましたーー!」

「それでは1時間後、決勝を行います。フロストマン、キング・バンバー両選手は休憩を挟んだ上で試合に臨んでください」


フロストマン(キング・バンバー、か……)

フロストマン(ぼくが初めて戦った相手。そして……初めて負けた相手)

フロストマン(この試合がぼくの一つのターニングポイントになるだろう……)

フロストマン(必ず……必ず勝って見せる……!)


次回! フロストマン対キング・バンバー! 全国大会に進むのはどっちだ!?
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 02:04:56.75 ID:iJNYRCS90
色々ミスってごめんなさい
おやすみ
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 07:26:50.56 ID:cODCvx2pO
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 08:09:25.60 ID:t3f0gQU3o


無事に新ワザ開発も出来たし上手く立ち回って行きたいところ
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 16:14:07.97 ID:iJNYRCS90
17:00試合再開
フロストマン対キング・バンバー! 全国大会への切符を手に入れるのはどっちだ!?
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 17:19:06.49 ID:qj+qHCgS0
ぶっちゃけここ勝った方がいいの?全国で一瞬で殺されたりしない?
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 17:34:11.56 ID:iJNYRCS90
――会場

バ ン バー! バ ン バー!

フロスト! フロスト!

「会場は二人を呼ぶ声に満ちています!」

「盛り上がりが最高潮に達したところで彼らに入場してもらいましょう!」

「赤コーナー ジンギス館学園一年 フロストマン!」

ワアアアアアアアアアアアアアア!!

「先程の試合ではトウキビンの猛攻に耐え、新技を披露してくれました。ご存知大阪の英雄」

「持ち前の粘り強いファイトを今回も見せてください!」

フロストマン「……」


「続いて――」

「青コーナー ジャークシャ院高校一年 キング・バンバー!」

ウオオオオオオオオオオオオオ!

「高校超人レスリング界に彗星のごとく現れた王の名を冠する戦士、キング・バンバー!」

「先程の試合ではザ・カロンを完膚なきまでに叩きのめしました!」

「全国大会出場間違いなしと思われていた彼ですが、それを前にフロストマン! 勝利をつかみ取るのはどちらなのでしょうか!」

「客席では全国大会でも見られないこのハイレベルな戦いにスカウトマンたちから早くも期待が集まっています!」
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 17:44:46.51 ID:iJNYRCS90
「リングに上がった二人! それを見守る会場は静寂に包まれています!」

シン…


――リング上

キング・バンバー「フロストマン!」スタッ

フロストマン「お久しぶりですキング・バンバー!」

キング・バンバー「……強く、なったのだな」

フロストマン「ええ!」

キング・バンバー「ふふ」

フロストマン「……」コク

キング・バンバー「これ以上の会話は無粋と言えよう」

キング・バンバー「始めよう」

フロストマン「はい!」

キング・バンバー「始めろ、審判!」


「は、はい! 決着はKO、ギブアップ、3カウントフォール、リングアウト20カウント経過によって決められます!」

「試合……開始ッ!」

カーーーーーーーーンッ!!


フロストマン「ハァっ!!」

キング・バンバー「バンバァーーーッ!!」

「開始のゴングと共に両選手気合の雄叫びを上げました!」


第21話 全国の切符はどちらへ! フロストマン対キング・バンバー!
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 17:49:04.84 ID:iJNYRCS90
キング・バンバー「……!」ジリ…!

フロストマン「……!」ジリ…!

「二人とも構えの姿勢のまま、じりじりと距離を詰めていきます!」

「最初に動き出すのはどっちなのか……!」

↓1【コンマ下一桁判定 最初に攻撃するのは……!】
偶数:フロストマン
奇数:キング・バンバー
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 17:49:36.86 ID:9sXgSuh10
はあっ
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 18:05:41.27 ID:iJNYRCS90
フロストマン「最初はぼくから行きます!」ダッ

フロストマン(以前バンバーと戦ったぼくと今のぼく。全くの別人と思ってもらっていい!)

フロストマン(あれからぼくは三つの技を確実に出せるようになった)

フロストマン(これは――いまのぼくの”自信”!)

フロストマン(それをバンバーに今……ぶつける!)

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率100%+次回相手のターンに-補正)
3フロストマン・スープレックスで決着を付けろ!(成功率100%+更にピンフォール判定に突入!)
4新技を見せてやれ!(成功率16%)
5ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り4本)
6コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4本)
7気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
8その他
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 18:09:06.93 ID:N25FRH8fO
2
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 18:17:01.50 ID:iJNYRCS90
フロストマン「てゃッ!」ガッ!

「フロストマン、バンバーの手首をつかんだ! そして――」

キング・バンバー「ぐうッ!」

ピキ…!

キング・バンバー「う、腕が凍って……!」体力8/9

「出たぞ! フロストマンの十八番! ”霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)”!」

「これが決まればフロストマンの独壇場! ここから更に彼の攻撃が始まるかーーーー!」

キング・バンバー「ふ、ふふ……これがお前の技か!」

フロストマン「ええ! あなたと戦った後、特訓を積んで初めて手に入れた技です!」

キング・バンバー「そうか……!」

キング・バンバー「だが……これだけで俺は倒せんぞ!」

フロストマン「!」
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 18:20:21.41 ID:iJNYRCS90
キング・バンバー「バンバーッ!」バカラッ バカラッ!

「ああッ! キング・バンバーがロープまで下がった!」

キング・バンバー「腕一本凍らせた所で俺は止まらない!」

キング・バンバー「うらあああァ―――ッ!」ダダダダダッ!

「バンバー! ロープに振られてフロストマンにタックルを仕掛けた――!」

フロストマン「!」

↓1【コンマ75(基準値95-20)以下でロープに振られたバンバーの強烈なタックルが!】
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 18:21:17.07 ID:ALbjmq71O
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 18:29:12.48 ID:iJNYRCS90
ズガーーーァッ!

キング・バンバー「どうだフロストマン!」

ググ…!

キング・バンバー「何っ!」

フロストマン「うう……ッ!」

キング・バンバー「耐えている! このバンバーのタックルを受け止め、耐えようとしているだと!」

キング・バンバー「……!」ニヤ

キング・バンバー「さすがだフロストマン! ”正義の無垢なる境地”は新たな地点に到達したと見た!」

フロストマン「な、なんですそれ」

キング・バンバー「雑談に気を取られるなよ! こちらも本気なのだぞ!」ゴオオオーーーッ!

「押し押されの展開! バンバーのタックルをフロストマンは耐えきれるのか!」

↓1
1フロストマン「”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”だ!」
2フロストマン「今は耐えるんだ! グワァーーーッ!」
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 18:59:04.61 ID:h9sX5fnNO
2
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 19:08:02.80 ID:iJNYRCS90
フロストマン(そうだ。”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”はカウンター技)

フロストマン(そう簡単には見せられない! 技の豊富なバンバーだからこそ……! 見破られる訳には!)

フロストマン(対抗策をすぐさま練られてしまうなら、ギリギリまでこの技を隠す必要がある!)

フロストマン(今は――今は耐えるんだ! まだ試合は始まったばかり!)

フロストマン「グワァーーーッ!」ガアアーーーッ! 体力4/6

「フロストマン力負けだ! 防御空しく弾き飛ばされてしまったァーーーーッ!」


ジ・アミーゴ「フロストマン! なぜカウン――」

瀬昆田「待てアミーゴ。フロストマン、奴も私と同じことを考えているに違いない」

瀬昆田「”その時”が来るのを待つんだ……フロストマン!」


キング・バンバー「確かに……強くなったようだな! あのタックル、以前のフィニッシュで使われたもの同じスピアータックルだ」

キング・バンバー「これをあそこまで耐えられるようになるとは……」

フロストマン「く」ムク…

キング・バンバー「起きたか……まだ、やれるというのだな」

フロストマン「もちろんです!」

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率66%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率66%+次回相手のターンに-補正)
3フロストマン・スープレックスで決着を付けろ!(成功率100%+更にピンフォール判定に突入!)
4新技を見せてやれ!(成功率16%)
5ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率66% 残り3回)
6コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4回)
7気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
8その他
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 20:12:00.42 ID:Gr1qiPM80
2
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 20:25:05.53 ID:iJNYRCS90
フロストマン「ダァーーッ!」

ガシッ ガシッ

「おおっと今度はフロストマン、バンバーの両手をクラッチ!」

「掴みが入ったと言うことは再び来るのか! 霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)〜〜〜!」

フロストマン(キング・バンバーの真に恐れるべきは、その機動力!)

フロストマン(でも、ぼくにはそれを防ぐ氷の能力がある! これでもう一度、動きを止める!)


瀬昆田「フロストマンは基本リングの上で頭が回るタイプ! 今も必死に相手を倒すべく頭をはたらかせているんだ」

ジ・アミーゴ「あの天然さからは想像できない程、フル回転してるぜ! 戦ったオイラが言うんだから間違いはねえ!」



フロストマン「ウオオ〜〜〜〜ッ! 霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)!」

↓1【コンマ66以下で霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)炸裂!】
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 20:28:47.55 ID:GtEC9Zojo
それ
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 20:29:04.22 ID:N25FRH8fO
はい
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 20:37:03.85 ID:iJNYRCS90
ピシピシピシ…!

キング・バンバー「な……! 二度も同じ技を俺に!」

「キング・バンバーの身体が氷に覆われていく! それは足にも及んで――」

キング・バンバー「ク……! 動けん!」

フロストマン「よし今度はほぼ全身を凍らせることができたぞ!」

キング・バンバー「ヌウ……!」体力7/9

キング・バンバー(凍結能力は手強い……! あれを止める手段が俺にあれば!)

キング・バンバー(しかしこのまま迂闊に突っ込んだところで、きっとヤツは何かをしてくるはずだ!)

キング・バンバー(奴の技は一つではない……!)
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 20:44:06.58 ID:iJNYRCS90
キング・バンバー「ぐ……!」

「何だ? キング・バンバーが凍った足を振り上げたぞ!」

キング・バンバー「ヌオオ……!」ダン!

ダン! ダン! ダンダンダンダン!

「あ、あれは! 地団太! 高速地団太です! 自慢の脚をフルに動かし、纏わりついた氷を払って行く!」

「脚の筋肉から発した熱により残りも溶けた!! これは彼にしかできない!」

ズダダ…ダンッッ!

キング・バンバー「バンバーッ!」

「バンバーその勢いのまま空中へ飛び上がりフロストマンへダーーイブ!」

フロストマン「!」

↓1【コンマ70(基準値95-25)以下でダイブが来るぞ! 気を付けろ!】
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 20:45:23.27 ID:Gr1qiPM80
回避
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 20:53:51.16 ID:iJNYRCS90
キング・バンバー「オオオーーーッ!」

フロストマン「来た!!」

「さあどうするフロストマーーーンっ!」


↓1
1フロストマン「”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”だ!」
2フロストマン「まだだ! まだあの技は見せられない!」
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 20:54:31.36 ID:Gr1qiPM80
ダイブ3ダメだし使った方がよさそう安価下
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 21:05:21.30 ID:N25FRH8fO
1
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 21:57:41.14 ID:iJNYRCS90
フロストマン「グッ!」

「う、受け止めた! キング・バンバーの巨体を受け止めたぞーーー!」

フロストマン「ここでやられる訳にはいかない! ”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”だ!」

ビシビシビシビシーーーーッ!

キング・バンバー「なにィーーーー! また氷漬け!!」体力6/9

フロストマン「そう! これがぼくのカウンター!」

フロストマン「まだまだ行くぞ!」

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率76%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率43%+次回相手のターンに-補正)
3フロストマン・スープレックスで決着を付けろ!(成功率100%+更にピンフォール判定に突入!)
4新技を見せてやれ!(成功率26%)
5ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率76% 残り3回)
6コーナートップからダイブ!(成功率66% 残り4回)
7気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
8その他
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 21:58:06.37 ID:wdqkkosvO
1
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 22:08:04.15 ID:iJNYRCS90
フロストマン「ローリングソバットで氷ごと砕く!」

フロストマン「でぇやァーーーッ!」グルァッ!

キング・バンバー「ぐ、ぐが!」


ジ・アミーゴ「行けェ〜〜!」

↓1【コンマ76以下で成功】
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/15(木) 22:09:17.64 ID:op8Cgbzh0
いけ
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 22:19:10.56 ID:iJNYRCS90
ガッキィーーーーンッ!!

キング・バンバー「グァーーーーッ!!」体力5/9

「く、砕いたァ〜〜〜キング・バンバー身体を氷で縛られたままフロストマンの攻撃を喰らってしまった!」

キング・バンバー「グ、ぐうう……! さすがだ、フロストマン」

キング・バンバー「氷を使ったホールドとそこから攻撃を繋げる作戦……! スピードファイターの私には有効な作戦よ……!」

キング・バンバー「……だが、俺にもプライドというものがある」

キング・バンバー「ジャークシャ院を代表する者として負けられないのだ!」

ガイン!

キング・バンバー「ロープアタックをくらえっ!」ガイン!

キング・バンバー「ハーーーーッ!」ガインガイン!!

「キング・バンバー再び立ち上がる! ロープを振ってリングを回り、フロストマンを翻弄だァーーーー!」

↓1【コンマ80以下でロープ攻撃がフロストマンを襲う!】
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 22:23:17.72 ID:Gr1qiPM80
はい
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 22:30:13.13 ID:HKkhWXOv0
あのバンバーとここまで技で会話できるまで成長するとは
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 22:33:02.25 ID:iJNYRCS90
キング・バンバー「ハァーーーーっ!!」

フロストマン(早い! ぼくの目では捉えきれない!)

フロストマン(前のだったら黙ってこの攻撃を受けてしまっていただろう!)

フロストマン(でも、今のぼくにはこのスピードを止められる力がある!)

フロストマン(”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”……もう一度、行けるか!?)

↓1
1フロストマン「”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”をもう一度くらえ!」(成功率81%+次回相手のターンに-補正)
2フロストマン「確実に発動できなければ使う意味はない!」
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 22:34:32.54 ID:wdqkkosvO
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 22:35:37.46 ID:HKkhWXOv0
1
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 22:39:53.08 ID:iJNYRCS90
フロストマン「そのスピード! もう怖くはない!」

フロストマン「何度も! 何度だって! 止めてみせる!」

フロストマン「この”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”で!!」

フロストマン「身体さえ掴めれば……オオオオーーー!」

「フロストマン、キング・バンバーを止めるべくその身体を捕まえようと動くーーー!!」

↓1【コンマ81以下で”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”がスピードを制す!】
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 22:41:17.79 ID:HKkhWXOv0
止まれ!
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 22:50:20.44 ID:iJNYRCS90
フロストマン「もう一度止まれ! ”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”!」ガシーーーッ!

ガアアアアーーーーーーッ!

キング・バンバー「む、むうーーーっ!?」

「と、捉えた! フロストマンが何とバンバーのスピードを捉え……身体に触れたーーーー!」

ピキピキ ミシシシ…!

キング・バンバー「ぬおおおおーーーーー!」

「凍って行く! キング・バンバーの全身が今度は本当に……!」

「凍って行くーーーーーーッ!」

ワアアアアアアアアアアアアアア!!

キング・バンバー「グオーーーーーッ!」体力4/9

フロストマン「まだまだーーーっ!」

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率91%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率58%+次回相手のターンに-補正)
3フロストマン・スープレックスで決着を付けろ!(成功率100%+更にピンフォール判定に突入!)
4新技を見せてやれ!(成功率41%)
5ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率91% 残り2回)
6コーナートップからダイブ!(成功率91% 残り4回)
7気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
8その他
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 22:55:46.99 ID:GtEC9Zojo
3!
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 22:56:28.16 ID:HKkhWXOv0
3
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:01:45.09 ID:JCK5XEcPo
成長したなぁ…(ホロリ)
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 23:04:23.05 ID:iJNYRCS90
ガバッ!

「フロストマン氷漬けのバンバーに回り込んだ!」

ガシイ……!

「そして後ろから両腕ごとバンバーを抱え――」

キイーーーン!!

フロストマン「今だ!」

「来たッ!!!」

フロストマン「ダアアアーーーーーっ」


瀬昆田「いけっ!」

ジ・アミーゴ「やっちまえーーーーッ!」


フロストマン「フロストマン・スープレックスーーーーーーーっ!!」ガッギャアアアアアアアーーーーーン!

キング・バンバー「アグァーーーーーーーッ!!!!!」体力2/9

「フロストマン・スープレックスが出たァーーーーーーーっ!」

「キング・バンバーは身動きが取れないままリングに叩きつけられるーーーーっ!」

「このままフォール判定に入ります! バンバー、フロストマンから逃れられるのか!!」

「ワァ――――ン」

↓1【65以下でバンバー フォールから脱出!】
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:04:58.65 ID:wdqkkosvO
いけるか?
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:05:17.11 ID:JCK5XEcPo
惜しい!
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:13:48.67 ID:HKkhWXOv0
カウント2.99999で抜けたか
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 23:15:29.03 ID:iJNYRCS90
キング・バンバー「ふんーーーっ!」バッ

フロストマン「わっ!」

キング・バンバー「うぐぐ」フラ…

「キング・バンバー、フォールから抜け出し、一旦距離を取ります!」

キング・バンバー「なるほど……凍結能力だけではないということか」

キング・バンバー「ふふ……ふはは……!」

キング・バンバー「フロストマン、気分はどうだ?」

キング・バンバー「俺は……楽しい!」

フロストマン「ぼくも……楽しいです! ありがとうバンバー! ぼくはあなたがいなければこれ程成長できなかったと思う! だから――」

フロストマン(だから――!)

キング・バンバー「ウオオーーーッ! バンバーーーーッ!」


「キング・バンバー不屈の闘志でフロストマンに向かって行きます!」

「み、みなさん! これ程ボロボロになり戦うバンバーの姿を見たことがあるでしょうか! いやない!」

「今年の高校生超人レスリング夏の大会優勝者が今まさにフロストマンに倒されようとしています!」

「それでも、なぜか、二人とも嬉しそうな顔をしている!」

「これがファイターズハイというものなのでしょうか!」
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 23:20:39.61 ID:iJNYRCS90
キング・バンバー「行くぞ! フロストマン!」

キング・バンバー「トオッ!」グワッ!

キング・バンバー「”ウォーホース・チャージ”!!」ガアーーーーッ!

「キング・バンバー”ウォーホース・チャージ”で質量攻撃! これが効けば逆転のチャンスをつかむことができる!?」

「どうなるーーーー!?」

↓1【コンマ65(100%-35)以下で”ウォーホース・チャージ”が!!】
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/15(木) 23:21:32.42 ID:op8Cgbzh0
はい
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:21:39.11 ID:HKkhWXOv0
凌ぐんだ
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 23:32:10.22 ID:iJNYRCS90
フロストマン「ここで技を躊躇していても仕方がない!」

フロストマン「キング・バンバー! あなたの力とぼくの力、どちらが強いか勝負だ!」

フロストマン「”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”!!」

「”ウォーホース・チャージ”対”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”!」

「世紀の技対決! これを制した者がこの試合の勝者と言っても過言ではないでしょう!」

「皆さん両選手に熱い声援を! さらに! さらにお願いしますっ!!」

バ ンバー! バ ン バー! フ ロスト! フ ロスト!

↓1【86以下で”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”の勝利いいいいいっ!】
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:34:15.32 ID:JCK5XEcPo
頼む!
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:34:18.98 ID:HKkhWXOv0
いけー!
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:35:39.49 ID:wdqkkosvO
やったな!
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:38:02.92 ID:GtEC9Zojo
おおおおお!!!
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 23:40:06.17 ID:iJNYRCS90
「技勝負、それを制したのは――」

ピキピキ パキイイィーーーーンッ

キング・バンバー「う、ウオーーーーッ!!」体力1/9

「ば、バンバーが凍っている!」

「こ、この技勝負を制したのは……フロストマンの”霜の巨人の反撃(リベリオン・ヨートゥン)”ーーーっ!」

フロストマン「や、やった……!」

フロストマン「こ、これで……終わりだっ!」

↓1
1通常攻撃だ! くらえ!(成功率100%)
2霜の巨人の腕(アーム・ヨートゥン)で凍らせろ!(成功率57%+次回相手のターンに-補正)
3フロストマン・スープレックスで決着を付けろ!(成功率100%+更にピンフォール判定に突入! そんなの必要ないけどね!)
4新技を見せてやれ!(成功率61%)
5ロープに振られて強打をお見舞いするんだ!(成功率100% 残り2回)
6コーナートップからダイブ!(成功率100% 残り4回)
7気合を入れる!(攻撃無し成功率100%+次回相手のターンに-補正)
8その他
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:41:09.12 ID:wdqkkosvO
6
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:43:46.57 ID:HKkhWXOv0
1
位置関係的にフロントスープレックスかフィッシャーマンあたりか
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:45:41.39 ID:Gr1qiPM80
オーバーキルやね
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/15(木) 23:54:12.51 ID:iJNYRCS90
フロストマン「たあっ!」スタッ!

「あ、あァーーーーっ! フロストマン! 凍ったバンバーを前にコーナーに飛び乗りました!」


フロストマン「!」

フロストマン(コーナーってこんなに高いんだなあ……)

フロストマン「はっ!」

フロストマン(ぼ、ぼくったらこんな時にのん気してしまった! いけないいけない!)ブンブンブン

フロストマン(でも……)サッ

フロストマン(辺りを見回せば……みんなの顔が見える)

フロストマン(みんな……期待している! このファイトに……!)

フロストマン(こんなに素晴らしい景色があったなんて……!)

フロストマン(ありがとう、キング・バンバー。ぼくは……君に……勝つよ!)

グッ!


「フロストマン、コーナーの頂点でグッと拳をあげました!」

フ ロスト! フ ロスト! フ ロスト! フ ロスト!

「会場はフロストコールの大合唱! 中継をご覧の皆さんも彼の名前を呼んであげましょう! せーのっ! フーロスト! フーロスト!」


瀬昆田「フーロスト! フーロスト!」

ジ・アミーゴ「フーロスト! フーロスト!」

フ ロスト! フ ロスト! フ ロスト! フ ロスト!
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:56:40.81 ID:HKkhWXOv0
フロスト!
フロスト!
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 23:59:53.96 ID:JCK5XEcPo
フーロスト!フーロスト!
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 00:04:59.83 ID:F/UUB+BW0
フロストマン「だァーーーーッ!」ビュオァーーーッ!

「フロストマン、高らかにコーナーポストから舞う!」

「そして――」

フロストマン「ぐうぅーーー」

「腕を振り上げ!」

フロストマン「ダイビングブレーンチョーーーーーーップ!!」

ガッ

キング・バンバー「ガッ!?」ミシ!

フロストマン「オオオーーーーーーッ!!」

「フロストマンのダイビングブレーンチョップ! フロストマン・スープレックスでダメージを与えた首に、降下時の衝撃を加えた鋭いチョップの衝撃が加わります!」

フロストマン「ダアアアーーーーーーッ!!」

キング・バンバー「ガ――」ピキ!

キング・バンバー「バ、ン、バー……」ミシミシミシッ

キング・バンバー「」ドサッ 体力0/9


カンカンカーーーーーンッ!

KO!

ワアアアアアアアアアアアアアア!!
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:07:54.10 ID:laQStVCqO
ブラボー!おお…ブラボー!!
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:08:02.26 ID:igY7yV89o
とうとうやっちまった…
あのクソ強いバンバーを倒すとは!
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 00:16:00.72 ID:F/UUB+BW0
KO!

ジンギス館学園   ジャークシャ院高校
○フロストマン VS キング・バンバー●
(ダイビングブレーンチョップ)


フロストマン「か、勝った……!」

フロストマン「勝ったぞ……! や、やったーーーーーーッ!!」

「や、やりました! フロストマン! フロストマンがなんと! キング・バンバーを倒しましたァーーーーッ!」

「これは北海道が熱く、たぎった瞬間でもあります!」

「新たなヒーロー誕生の瞬間を私は目撃してしまったのかもしれません……! この会場にいる皆さんは歴史の目撃者となることでしょう!」

「ではさっそくリングの上のヒーロー フロストマンにまた一言いただき――おや」

ワーッショイ ワーッショイ!

「リングの上では応援に来ていたジンギス館学園の生徒たちがフロストマンを胴上げしています」

「ええと……そうですね! 喜びの気持ちは聞くまでもないようです。では、我々アナウンサーはこのへんで失礼いたしまししょう! また次の大会でお会いしましょう! さよ〜なら〜」シュゴー
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:18:50.30 ID:fKHtDDtD0
フロスト初戦以外無敗でほとんど格上相手に勝ってるの凄いな
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:19:39.45 ID:Lm+ColTX0
タッグ前に飛び去るなww
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:20:36.93 ID:ah7PwIbi0
>>894
そもそも所詮は初心者だったし、相手が強すぎたからなぁ…
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:20:44.61 ID:vnnyrH4no
リベリオンがかなり強い
それにいいタイミングで新ワザが手に入ったのも良かったね
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 00:24:23.82 ID:F/UUB+BW0
ワーッショイ ワーッショイ!

ジ・アミーゴ「よくやるぜコンチキショー! オイラ、信じてたぜ!」

瀬昆田「……」

ジ・アミーゴ「センセーも! ほら! なんとか言ってやれよ!」

瀬昆田「……」

ジ・アミーゴ「センセー?」

ジ・アミーゴ「……」

ジ・アミーゴ「あっ! センセー泣いてやがんのー!!」

瀬昆田「バカ! ち、違う! わ、私は! 私は――!」グス

フロストマン「先生……!」

フロストマン「先生……ぼくは先生がいなければ、先生のような先生がいてくれなければここまでこれませんでした」

フロストマン「ありがとうございます……本当にありがとうございます」

瀬昆田「フロストマン〜〜〜」ウルウルウル

フロストマン「でも、泣くのは早いと思います! まだぼくらには全国が待っているんですから!」

瀬昆田「んっ! そうだったな! これからも共に頑張ろうフロストマン! アミーゴ!」グシグシ!

フロストマン「はいっ!」

ジ・アミーゴ「あたぼうよ!」
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:27:39.73 ID:vnnyrH4no
>>894
夏の大会をスルーして基礎力アップに注力した成果だね
もしあの時無理をしてたら死んでいたはず
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 00:29:00.71 ID:F/UUB+BW0
キング・バンバー「ぐ……」ムクリ

フロストマン「ば、バンバー!」

キング・バンバー「や、やってくれたな……フロストマン!」クワッ!

フロストマン「ひっ!」

キング・バンバー「……!」ズゴゴゴゴ

フロストマン「」ゴクリ

キング・バンバー「……!」ズゴゴゴゴ!


ガシッ!


フロストマン「こ! これは……握手!」

キング・バンバー「ああ。これは友好の握手。これからは……戦友(とも)と呼ばせてくれ!」

フロストマン「バンバー……!! もちろんです!」

キング・バンバー「だが、次は負けん!」

フロストマン「もちろん! でもぼくだって負けませんからね!」

キング・バンバー「ふふ……全国大会個人戦、勝てよ。我が戦友(とも)よ」

フロストマン「はい!」
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:31:03.62 ID:OHrH1UIOo
こわいなあここでお前に次はないとかいってやられそう
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:32:00.50 ID:fKHtDDtD0
フロストはゆで理論使いやすそうな能力だから動かしやすそう
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:38:27.22 ID:Lm+ColTX0
バンバーとコーチの軋轢が一気に膨れ上がりそうなのが心配ではあるが今はフロストの成長を喜ぼう
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 00:38:41.86 ID:F/UUB+BW0
ジ・アミーゴ「おい、フロストマン! 忘れてねーだろーな! オイラとのタッグマッチもあるんだぜ! 頼むぜ、アミーゴ!」

フロストマン「当たり前だよ! アミーゴも体作り、さぼっちゃダメなんだからね!」

ジ・アミーゴ「へいへーいっと!」

フロストマン(まずは個人戦全国大会……!)

フロストマン(これまで一緒に戦ってきた仲間、支えてくれた人達の想いをムダにしない為にも……!)

フロストマン(ぼくはやる!)

フロストマン「よぉ〜〜〜し! いっくぞーーーーーーッ!!」


フロストマンの戦いはまだはじまったばかり!
次回! 新人戦全国大会編!!
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:42:05.61 ID:Lm+ColTX0
おつ
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 00:46:35.56 ID:F/UUB+BW0
――???

カタカタ…

カタカタカタ…!

ガラガラッ

ヴェルサイ・U「……」

スプリング・バスタード「クララッ! 誰かと思えばお前だったかヴェルサイ」

スプリング・バスタード「見たか? あの試合。あの小僧、よーやるわい。あのバンバーを――」

ダンッ!

スプリング・バスタード「クラッ!?」

ヴェルサイ・U「その話は……やめろ」

スプリング・バスタード「ああ……」

ヴェルサイ・U「アイツは……バンバーは……甘やかしすぎた」

ヴェルサイ・U「もっと……もっと厳しく……残酷に……育てるべきであった」

ヴェルサイ・U「再教育が必要だ――」

ヴェルサイ・U「悪魔の逸材とこの俺が見抜いたバンバーを……再教育する必要がある!!」
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 00:53:06.98 ID:vnnyrH4no
洗脳フラグか…
もうジンギスカンに転校しちゃえ
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 00:55:08.74 ID:F/UUB+BW0
ヴェルサイ・U「スプリング・バスタード。研究の方は進んでいるのか」

スプリング・バスタード「クララ……俺をだれだと思っている」

スプリング・バスタード「だが」

ヴェルサイ・U「?」

スプリング・バスタード「まだ材料が足りない。我が一派が力を蓄えるにはまだ時間がかかる」

スプリング・バスタード「更なるデータが必要だ」

スプリング・バスタード「残虐、悪魔、完璧を越える力を得るにはまだ――!」

909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/16(金) 01:11:42.25 ID:F/UUB+BW0
”秋の新人戦編?プロローグ”終わり みんなの応援のおかげでフロストマンは勝つことができた ありがとう
これからどんな内容にしていくかは未定
でもどんな展開であれ新たな超人は出てくるのだろう
全国の超人大集合だ

よって新超人大募集だ
テンプレは>>2参照 締め切りは、この書き込みから今日の14:00まで一人一キャラ厳守でよろしく
何を書こうと自由だがそのまんま使うとは限らないので注意
すぐに採用されなくても諦めるな

それと後で、ここまで採用した超人について色々思うところを書く

次スレは14時以降に立てるかどうか考えとく

おやすみ
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 01:40:44.08 ID:laQStVCqO


【超人名】パイロマン
【こいつはこんなヤツだ!】
火の玉を模した仮面タイプのマスクに、背中から腕にかけて彫られた炎のタトゥーが特徴的な超人。
超人レスリングはあくまでスポーツであると考えており、故意に相手の命を奪うことには否定的である。
テンションが上がると身体が赤くなり非常に高温になる特異体質の持ち主(本人に特にダメージはない)。
しかし身に着けた技で戦うことを信条としているため その体質を武器にしようとは考えておらず、なんとか克服できないものか模索している。
見た目とは裏腹に派手さはないが堅実なスタイルで戦う技巧派。
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 01:42:34.43 ID:OHrH1UIOo
【超人名】
カルキノス
【こいつはこんなヤツだ!】
鳥取代表の超人、本来はギリシャ出身だがとある残虐で冷酷な超人にふみ潰され海に捨てられた過去がある
そこを今の鳥取の超人達に助けられその恩を返すため鳥取代表としてこの大会に勝ち上がった
鳥取の砂丘と部員に鍛え上げられその体は堅牢な鎧と右手に凄まじい切れ味のハサミを持つ強豪超人となった
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 02:44:56.47 ID:Lm+ColTX0
【超人名】三笠マン
【こいつはこんな】
軍艦超人 神奈川代表
戦艦をモチーフにした超人だがモデルとなった戦艦が旧式で単純なパワーや防御力は人並み
作戦を立てる能力や説明、指揮などに秀で本来はタッグチームのリーダーに大きく適性がある
とは言ってもシングルが弱いわけでもなく地方大会で優勝できるだけの実力者である
(タッグパートナーであり個人戦代表でもあった超人が地方大会直前に悪行超人討伐で重傷を負い出場を辞退、急遽出場した経緯がある)
必殺技はリングを海にかえ戦闘を有利に進める絶景・日本海海戦からの多段ヒットローリングソバット(東郷ターン)
一人称は我輩 口癖は〜であります
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 05:52:33.64 ID:QZdPp6EEO
【超人名】
ハロウィンマスク
【コイツはこんなヤツだ!】
悪魔超人
カボチャ頭にピエロ服と陽気な見た目とは裏腹な冷酷な性格
観客の悲鳴が大好きで、対戦相手の関節外しや細かくダメージを蓄積させる長期戦によりじわじわ弱らせる戦法を好む

必殺技は、対戦相手の前でわざと隙だらけになった後、迫る相手の懐に飛び込みブレンバスターでマットに沈める【トリックオアトリート】

笑い声は(ヒョハハハハー!)とか?
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 10:23:14.83 ID:vnnyrH4no
【超人名】
イヒュウモン

【コイツはこんなヤツだ!】
佐賀県出身。マイナー県である佐賀を有名にすることだけを考え、佐賀の観光大使もしている。
和服を着た武士のような姿で佐賀の名産である丸ボウロや松露饅頭をよく食べており宣伝に熱心。
露店で自慢の有田焼きや伊万里焼きを売ってたりもする。佐賀は焼き物が有名だ。
戦い方は地味の一言。関節技や締め技、押さえ込み技でジワジワ堅実に戦うファイトスタイル。
唯一の取り柄は握力が異常に強いことで、相手が油断した時に一気に落としてきた。

イヒュウモンとは異風者の訛りで佐賀の県民性を指す言葉。
佐賀県民は主に風変わり、頑固、真面目、武士道やしきたりを重んじる性格と言われるらしい。
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/17(土) 20:41:37.65 ID:CzsrezXk0
<採用した超人の話>

投稿してくれた人に感謝。

これは本筋に関係のない独り言なので別に読む必要はない。



・ジ・アミーゴ(>>417):フロストマンの隣に立てる男はお前しかいないだろうなと思い迷わず採用。挫折から蘇った屈強なヒーローだ。
マゴローくんの話は途中うまく書けなくて時間がかかったが気に入ってる。こいつがいなければ生まれなかった話だ。
原作超人との直接的な関わりが初めてあった超人でもある。若い無名超人からすればスカイマンだって立派な英雄だよ。

・ホウオウ・ドー(>>649):新人戦開幕戦超人。設定に惹かれたが深くかけずごめん。カロンのかませになってしまった。大味な技があだとなって敗北。弱いわけではないんだけどなー。
金メッキが本物の黄金になる時、また彼に会えるだろう。

・ザ・カロン(>>420):出し惜しみしてた超人。骨っぽい超人だし、きっとキン骨マンの親縁だろう。ホウオウ・ドーを軽くいなしキング・バンバーとの因縁を持たせた。
しかしバンバーには手も足も出ず敗退。バンバーの強さを強調させる結果に。復讐心と真に向き合った時、彼は必ず戻って来ると思う。また出したい。

・ダビデマン(>>423):単純にカッコいい。でも一見ゆるキャラなトウキビンに負けてしまった。腕を戦車の砲門にして撃つメルカバショットは想像しやすく好きだ。
何だかよく分からない能力をいっぱい持ってそうだし、オカルト高校出身にしてみた。

・トウキビン(>>646):こういうキャラがあまりいなかったので気に入って出場させた。見た目に反して粗暴な口調、乱暴な戦い方、過去が化学反応を起こしいい味出してる。
こういう過去がある肉キャラはケッコー口に出して行っちゃうので、あえて彼にはそれをさせないことに。言わないって判断もあるのだ。
フロストマンの公式戦初めての対戦相手でもある。最初は攻めの姿勢を強く出していたが、技の弱点を指摘され敗北。攻撃特化超人だったみたい。
それと投稿文にあった”中立超人”ってとこ。ここ最初「こんなんどうすればええねん」と思ったが最近になって肉スピンオフで出て来たとあるキャラとの繋がりを感じたので、そいつと絡めてどこかでもう一活躍してほしい?

・ブラッドマン(>>647):こいつは出し惜しみしている。それと観客席から試合の様子を見て不敵に笑う敵主将キャラがいてほしかったからこうした。
オカルト成分が足りなかったので腐乱ケンと一緒にミステリアスに活躍してくれるだろう。


フロストマンが勝つかバンバーが勝つか、正直分からなかった。まさかフロストマンが勝つとは……いや、さすが主人公だな。”持ってる”。
それと、このまままっすぐ大会編を続けていいのか悩んでいる。そのまま進むなら、個人戦編→タッグマッチ編なんだろうが。悪行超人やらなんやらの横やりを入れるべきか。うーん。
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 21:42:55.23 ID:AL0aN8bOO
カロンの応援に誰も来てなかったのはバンバーに叩きのめされたのを見て失望でもされたんだろうか
そこらへんも気になるしぜひまた登場させてほしい
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 21:48:47.28 ID:rOHfGg6zo
タッグマッチはブラッドマン戦だけ見たいかな。それ以外はカットで横やりでもいいと思う

1も言ってるけど、トウキビンはお涙ドキュメンタリーには出ないって言うのがプライドがあって良かった
ホウオウ・ドーやカロンはパワーアップしてまた出て欲しいね。五稜郭高校は京都と縁があるから
またどこかに遠征したりしたら兄弟高校関連とかで出せそう
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/23(金) 00:30:12.72 ID:bDjp5+400
1時間後くらいに試合再開!
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 00:33:01.37 ID:iksVVpGqO
ゲェーッ!夜更かしの超人…!
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 02:24:47.68 ID:bDjp5+400
うーん頭が回らないまた後で
おやすみ
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 15:11:07.60 ID:Nhxq2n9h0
試合再開この後すぐ! 全国大会? それはタッグマッチ予選の後だ!
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/24(土) 15:12:25.78 ID:xv+nEeHzO
期待
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 15:40:30.63 ID:Nhxq2n9h0
――秋の高校生超人レスリング新人戦 北海道地区予選 二日目 タッグマッチの部

「さあ始まりました。秋の新人戦北海道地区予選二日目タッグマッチの部ーー!」

「先日の個人戦の部では氷結貴公子フロストマンがあの王者キング・バンバーを破り全国大会への切符を勝ち取りました!」

「会場では早速試合が始まっています!」

「フロストマンの冷たい身体(ボディ)から放たれる熱いバトルに、わ、わたくし、期待が高まっております〜〜〜!」

「では会場のご案内をもう一度!」

「第一試合 第一会場ではジンギス館学園VS五稜郭高校」

「第二会場ではシロクマ商業VSオカルト高校が現在始まっております!」

「昨日の試合の熱気を受けて既に道内外から観客が殺到しております! 足下にお気をつけてお進みください! 私も急がねば〜〜〜っ」シュゴー!


第20話 タッグマッチ予選! 会場を覆う不穏な影!
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 15:57:06.81 ID:Nhxq2n9h0
「タッグマッチ予選のトーナメント表は以下の通りになっております!」

          ┌─  ジンギス館学園
      ┌─┤
      │  └─  五稜郭高校
  ┌─┤
  │  └─  ジャークシャ院高校
─┤
  │  ┌─  シロクマ商業
  └─┤
      └─  オカルト高校

※骨折尊高校は部員が一名しかいないことを理由に棄権しています

ワアアアア!!

フロストマンヨー!

ハヤクミニイコーゼー! ワーキャー!

「わああ〜〜人の波だァ〜〜〜〜ッ! 飲み込まれる〜〜〜ん」
925 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 16:18:38.35 ID:Nhxq2n9h0
――第一会場

ワーワー! イケー! ヤッチマエー!

ガンバレー! フロストマーン!

ジンギス館学園 スペインの猛吹雪(ベンティスカ・エスパニョーラ):フロストマン ジ・アミーゴ

VS

五稜郭高校 J・J・キングス:ライノホーン クワイエット・イーヅカ


ワー! ワー!

フーロスト! フーロスト!

ジ・アミーゴ「チェ……! リングじゃフロストマンコールばっかりでいやんなるぜ!」

フロストマン「えへへ」ポリポリ

ジ・アミーゴ「ケ! なーに照れてんだよ色男! これだから嫉妬しがいが無いぜ!」

ジ・アミーゴ「お前のそういう天然チャンなところ、オイラ嫌いじゃねーけどなっ!」

瀬昆田「フロストマン、アミーゴ! 相手はパワーファイター! パワーにはテクニックで迎撃だ!」

ジ・アミーゴ「OKセンセー! フロストマン! まずはオイラから行かせてくれ!」バッ!

フロストマン「がんばって! アミーゴ!」
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 16:38:47.76 ID:Nhxq2n9h0
ライノホーン「俺のホーンタックルで貴様のどてっぱらに風穴を開けてやるぜ!」ダダッ!

「サイ超人ライノホーンの自慢の角がジ・アミーゴに向かって吹っ飛んでくるーッ!」

ライノホーン「ホオオ〜〜〜ンっ!」グワーッ

ジ・アミーゴ「……」

「ど、どうしたアミーゴ! そんな超危険タックルを前に全く動こうとしなーいっ!」

ジ・アミーゴ「……」


フロストマン「アミーゴ! 避けるんだ! 危ないよ!」

瀬昆田「み、見ておれん!」


グシャーーーッ!!
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 16:59:17.29 ID:Nhxq2n9h0
バキバキ…!

瀬昆田「ん……!」

フロストマン「お、おわ……!」

フロストマン「おわーーーーっ!!」


「なんということでしょう……!! ジ・アミーゴ、ライノホーンの大きな角を――」

ジ・アミーゴ「へへ……その程度のタックル、オイラにゃ効かねえ!」

「掴んでしまったァーーーーッ! タックル失速!」


瀬昆田「なんて強い握力だ! ライノホーンのタックルを片手で止めてしまうとは!」


ジ・アミーゴ「オイラはフロストマンとの練習の中で更に強くなった!」

ジ・アミーゴ「屁でもないのさ!」

ジ・アミーゴ「次はオイラの番だ!」
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 17:33:39.37 ID:Nhxq2n9h0
ブウウンッ!

ライノホーン「ムオオーーーーッ!」

「ジ・アミーゴそのままライノホーンを持ち上げ! ノーザンライトボムの態勢に持ち込んだーーっ!」

ジ・アミーゴ「これがオイラの技! メキシコ名物! ”爆弾まつり(メガ・ボンバー)”だァーーーッ!」

ジ・アミーゴ「だありゃああーーーーーっ!!」


ズッドオオオーーーーン!


ライノホーン「が、があ……!」


「決まったーーーーっ!」
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 17:51:12.63 ID:Nhxq2n9h0
ライノホーン「すまん……後は頼んだぞクワイエット・イーヅカ!」フラ…!

ジ・アミーゴ「させるかーーーっ!」

パンッ!

「出ましたタッチ! ライノホーン、クワイエット・イーヅカに交代でーす!」

クワイエット・イーヅカ「……!」


ジ・アミーゴ「で、デカい!」

「静かなる巨人! クワイエット・イーヅカがジ・アミーゴの前に立ちふさがる!」
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 18:06:10.66 ID:Nhxq2n9h0
クワイエット・イーヅカ「……!」ガバッ!

ジ・アミーゴ「ウワッ!」

グ グググ…

ジ・アミーゴ「ゲ、ゲホーッ!!」

「クワイエット・イーヅカ、ジ・アミーゴをヘッドロック!」

「アミーゴ、カットすべくジタバタと暴れ回りますが、イーヅカとの身長差がそれを妨げます!」

ジ・アミーゴ「さ、酸素が……!」

「アミーゴ気絶寸前! 先ほどまでの饒舌さが見られないーーーっ!」
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 18:20:08.07 ID:Nhxq2n9h0
ジ・アミーゴ「ふ、フロストマン〜〜〜っ!」


瀬昆田「アミーゴ! ク、クソッ! フロストマンより背の高いアミーゴだが、奴より頭一つ大きいクワイエット・イーヅカ!」

瀬昆田「大柄なものが自分と同じくらいの背格好ならいざ知らず、自分より大きいものと遭遇することは少ない!」

瀬昆田「ともなれば、対処方法を知らないアミーゴは不利一方!」

瀬昆田「このままでは気道が塞がり気絶!」

ライノホーン「い、いや! 首の骨を折られ再起不能だ!」

瀬昆田「なにっ!?」

フロストマン「まずい」
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 18:34:06.40 ID:Nhxq2n9h0
ギギギ…!

ジ・アミーゴ「が、あが」ミシミシ


フロストマン「見てられない!」ダッ!

瀬昆田「待てっ、フロストマン! 行ってはダメだ!」

フロストマン「な、何故です! ぼくは友達を助けないと――」

瀬昆田「バカっ! タッグマッチのルールを忘れたか!」

フロストマン「!」

瀬昆田「タッグマッチはレスラーがロープか待機している者とタッチしない限り戦う権利は得られないーーーッ!」

フロストマン「そ、そうだった! で、でも〜〜〜っ!」

瀬昆田「今は……なんとかアミーゴがクワイエット・イーヅカのヘッドロックを解くことを祈るしかない!」

フロストマン「アミーゴ……!」
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 19:39:21.84 ID:Nhxq2n9h0
アミーゴ「……ウアアっ!」ダラダラ

「アミーゴ、苦しさのあまり、開いた口から流れ出る泡とよだれがクワイエットの腕を伝う!」


ライノホーン「うへーバッチイー! コイツ、よだれ垂らしてやがるぜ」

瀬昆田「ま、まずい! このままではアミーゴが! た、タオルを投げるべきか!」

ライノホーン「そんな暇与える訳がねーっ! クワイエット、ギブアップを狙うのもめんどくせー! トドメを食らわしてやれーっ!」


クワイエット・イーヅカ「!」ギラン

「おっとォー! クワイエットの目が輝いた! 何をするつもりか!」

クワイエット・イーヅカ「……!」ガシャン!


瀬昆田「腕が! 空いた方の掌が変身した!」

ライノホーン「見ろ! あれはヘッドロックの流れから食らわせるクワイエットの決め技!」

ライノホーン「首を固め、動けなくした相手の頭蓋を変形した鋼の腕で貫き砕く”アイアンフィンガー・フロム・ヘル”!」

ライノホーン「クワイエットのアイアンフィンガーで頭蓋を砕かれ、脳を突かれた超人は皆廃人になった!」

ライノホーン「アイツの指は常に血に飢えている! やれ!」


クワイエット・イーヅカ「……!」グウウウンッ!

「クワイエット・イーヅカ! アミーゴの脳天に向かって鋼の指を振りかざすーーーーっ!」


フロストマン「あ、アミーゴーーーーーーッ!!」
934 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 19:56:18.75 ID:Nhxq2n9h0
ジ・アミーゴ「……ウ、ウググ」

ジ・アミーゴ「……」ニヤッ


瀬昆田「笑った……! アミーゴが笑っている! な、なぜだ! なぜこの期に及んで余裕の笑みを漏らす!?」


ジ・アミーゴ「へ、へへ……! クワイエット・イーヅカ! テメーはバカなデクノボーだぜ!」


ライノホーン「何っ!」


ジ・アミーゴ「おいクワイエット! テメーの腕の臭いを嗅いでみろい!」

クワイエット・イーヅカ「……!」クンクン

クワイエット・イーヅカ「!」


瀬昆田「あ、あの鼻をツンと突く、不思議と馴染みのあるあの香りは!」

フロストマン「な、なんです? この臭い」

瀬昆田「あれは――アルコールの香り!」


ジ・アミーゴ「そう! さっきオイラがお前の腕に垂らしたのはよだれじゃねェ!」

ジ・アミーゴ「あれは……オイラが試合前に一杯ひっかけたテキーラだ!」


ライノホーン「な、なにィーーーーーっ!!」

フロストマン「み、未成年飲酒!」
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 20:13:59.74 ID:Nhxq2n9h0
ジ・アミーゴ「ありがとよフロストマン! オイラが窮地に立たされた時、真っ先に飛び出そうとしてくれて!」

ジ・アミーゴ「首を絞められていた時、オイラ少し意識が遠のいていたが、その声と存在感だけははっきりと聞こえていたんだ!」

ジ・アミーゴ「その時、オイラの身体に失われていたパワーが戻って来たんだ!」

ジ・アミーゴ「そして確信した! 勝利の確信だ!」


フロストマン「アミーゴ!」

ライノホーン「な、なんだと!」

ライノホーン「何をバカなことを! やれっ! クワイエット・イーヅカ!」

ライノホーン「”アイアンフィンガー・フロム・ヘル”だ! 早くしろ! お前の自慢の指が止まっているぞ!」


クワイエット・イーヅカ「!」

クワイエット・イーヅカ「!!」グウウウンッ!!

「クワイエット・イーヅカの”アイアンフィンガー・フロム・ヘル”再開! アミーゴの脳天に再び鋼鉄の魔の手が襲い来る!」


ジ・アミーゴ「へ、へへ……!」カァアアアアアアァッ!!!


フロストマン「あ、アミーゴが輝いた!?」

瀬昆田(あの輝き……まさか!)

瀬昆田(”友情パワー”!)
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/24(土) 20:19:13.69 ID:xv+nEeHzO
ボワァ来たか
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/24(土) 22:21:16.37 ID:nVFwK3uW0
単にテキーラが燃えて青白い炎が上がっただけでズコーもあるかw
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 22:48:43.89 ID:Nhxq2n9h0
ガッツーーンッ!!

ライノホーン「当たった! ”アイアンフィンガー・フロム・ヘル”がアミーゴの脳天に当たったぞ!」

ライノホーン「手ごたえアリ! ホオ〜ン! これで奴も――」

ライノホーン「はっ!」


クワイエット・イーヅカ「……!?」メラメラメラッ…!


クワイエット・イーヅカ「!?!?!?!!?!?!?」メラメラメラメラ・・・

「こ、これは何が起きたか分からないぞ! アミーゴのこめかみに”アイアンフィンガー・フロム・ヘル”を突き刺そうとしたクワイエットが、その瞬間突然発火をし始めた!」

ジ・アミーゴ「へ、へへ……元々石頭には自信があってね……!!」

ジ・アミーゴ「オイラの石頭は恐らく超人の中でも指折りの実力を持つだろう」

ジ・アミーゴ「それに鋼の指が頭に勢いよく刺さっちまうと聞けば考えられることはただ一つ!」

ジ・アミーゴ「奴の鋼の指を”火打ち金”に! オイラの石頭を”石英”に見立て、発火をさせようって言うのさ!」

ジ・アミーゴ「オイラの考えは見事的中! 奴が浴びたテキーラに火花が引火し、燃えちまったんだ!」

ジ・アミーゴ「一か八かの考えだったがなぁー!」


フロストマン「その為のテキーラだったのか!」

瀬昆田(自分の超人硬度と機転を利かせた戦法。まさに一か八かの賭けに近い)

瀬昆田(だが、その賭けは必ず当たる。アミーゴと同じくその確信が私にはあった!)

瀬昆田(アミーゴの身体に纏う輝かしい光! あれはテキーラに燃え広がった炎によるものではない!)

瀬昆田(本物だ。まさしく本物の――)

瀬昆田(”友情パワー”!)

瀬昆田(友情パワーがアミーゴの賭けを成功に導いたに違いない!)
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 22:57:33.98 ID:Nhxq2n9h0
ジ・アミーゴ「あっちーなー。ひとまずここからは脱出させてもらうぜ」バッ!

「混乱するクワイエットの隙を突いて、アミーゴ見事ヘッドロックを脱出! 逆転のチャンスをつかんだ!」

ジ・アミーゴ「ふう〜〜。危なかったぜ……!」

フラ!

ジ・アミーゴ「あれ? あ、頭が」ズキ…!

ドタン!

ジ・アミーゴ「あ――」


「ああ〜〜〜っと!? ま、まさか!」

フロストマン「あ、あぁっ!」

瀬昆田「あ、アミーゴっ!」

「窮地を脱したと思いきやアミーゴ! まさかのダウン!」

「逆転のチャンスをつかんだはいいがヘッドロックのダメージと脳天を突かれたダメージは帳消しにはなっていなかった〜〜! どうなる!?」
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 23:12:30.89 ID:Nhxq2n9h0
ジ・アミーゴ「う、うう……ま、まずったか」


瀬昆田「アミーゴ! フロストマンに交代しろ!」


ジ・アミーゴ「そ、そうしたいのはやまやまなんだが……!」

ジ・アミーゴ「あいにく、足がもう、動かなくってよ……! やっちまったぜ」

ジ・アミーゴ「クソ……這いずってでもアイツにタッチするんだ! 急げ……急げ……! オイラの体よ……!」


ライノホーン「クワイエット! 火をさっさと消してアミーゴにトドメを加えるんだ! アイツはボロボロ、チャンスは今しかない!」


瀬昆田「急げーアミーゴー!」

フロストマン「アミーゴ!」


ジ・アミーゴ「う、クっ!」ズル…ズル…

クワイエット・イーヅカ「……!」ズーン! ズーン! ズーン! ズーン!

「フロストマンとタッチせんと身体を引きずるアミーゴ! そして、炎を消し切り、アミーゴに一歩ずつ近づくクワイエット・イーヅカ!」

「どちらが早いか〜〜〜〜ッ!」
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/24(土) 23:13:47.27 ID:nVFwK3uW0
モース硬度だと石英は7
鉄は超人硬度4.5もしくは6
同じ土俵では無いがアミーゴカッチカチだ
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 23:26:35.20 ID:Nhxq2n9h0
グワッ

ジ・アミーゴ「ムウウ〜〜〜〜ッ!」

クワイエット・イーヅカ「!!」

「ああ〜〜〜〜ッ! クワイエットの方が早かったァアーー!」

「クワイエットは這いつくばり逃げるアミーゴの背をむんずと掴み高く持ち上げます! ボディリフト! ボロボロのアミーゴには一たまりもない技です!」


ライノホーン「やっちまえーーっ!」

フロストマン「アミーゴーーっ!」


ジ・アミーゴ「グアアアア!!」
943 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 23:28:12.98 ID:Nhxq2n9h0



ジ・アミーゴ「――と言うとでも思ったか!!」


クワイエット・イーヅカ「!?」


944 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 23:40:57.14 ID:Nhxq2n9h0
ジ・アミーゴ「体を持ち上げてくれてありがとよ! ここまで近づいてくれたなら存分に攻撃できるぜ!」

「アミーゴ余裕の表情崩れず! 更に攻撃の意志を表明だーーっ!」


瀬昆田「攻撃だって!? そんな力、もうお前には残されていないはず!」

フロストマン「アミーゴのことです! きっと何か策があるはず!」


ジ・アミーゴ「おうともよ! オイラには、こんな技が残されているのさ!」

ジ・アミーゴ「くらえッ! ”浴びせ針”!」

シュシュシュシュシュッ!!

「アミーゴ! 体中からサボテンの針を噴出ーーー!」

チクチクチクチク!

クワイエット・イーヅカ「!! !!」チクチク


ライノホーン「な、何をやっているんだクワイエット! その程度の針でお前の皮膚に傷一つつけることはできないんだ! やれーっ!」


ジ・アミーゴ「まだだまだだーーーっ! 針を食らえー――ッ」シュシュシュシュシュ!

「針! 針! 針! 針の弾幕! 頭上からの針弾幕にクワイエット、リフトを止めざるを得ない状況! でもアミーゴを離せば、確実な勝利の瞬間を逃してしまう! どちらを選ぶのかーーーっ!」
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 23:54:51.31 ID:Nhxq2n9h0
ジ・アミーゴ「オイラを離して鬱陶しい目つぶし針から逃れるか、オイラをこの針弾幕で視界の悪い中、不完全なボディリフトを強行するか!?」

ジ・アミーゴ「A(アンサー)! お前はどちらも選べない!」

クワイエット・イーヅカ「!?」グラッ!

ジ・アミーゴ「お前はオイラの重みに長時間耐えられず、針によって正常な判断も失いバランスを崩す!」

クワイエット・イーヅカ「!!」

「クワイエット、足下おぼつかず尻もちの態勢ーーー! うっかりアミーゴを空中へと離してしまう―――ッ!」

クワイエット・イーヅカ「!」ハッ!?

「クワイエットが空中を見るとそこには――!」

ジ・アミーゴ「そう! オイラは落下するだけ! 落下してお前にぶつかるだけ! それだけだ!」

ジ・アミーゴ「その時を待っていたんだァ――――ッ!」ヒュルルル…ヒュルルルルル…!

「まるで空襲! 爆撃! 空から落ちてくるのはジ・アミーゴの石頭ーーーッ! クワイエットを捉えたァーーーーっ!」

ジ・アミーゴ「当たれ! これが”ジ・アミーゴ式・フライング魚雷”だァーーーーっ!」



バギャアアアアアーーーーッ!!


クワイエット・イーヅカ「!!??!!??!!??」フラーッ!

「決まった! ジ・アミーゴの”フライング魚雷”が尻もち態勢のクワイエットの頭に激突ーー!!」
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/24(土) 23:55:32.43 ID:Nhxq2n9h0
ちょっと休憩 30分後に試合再開予定
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/24(土) 23:58:11.87 ID:xv+nEeHzO
たんおつ
スカイマンリスペクトの技いいね
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 00:00:58.97 ID:8Qg5rRXl0
ここで人生を変えた男のフェイバリットホールドは熱い
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/25(日) 00:47:20.48 ID:DwvcuVh30
試合再開
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/25(日) 01:06:51.35 ID:DwvcuVh30
ジ・アミーゴ「これが”フライング魚雷”か……メキシコに居た時、我が魂の師スカイマンのマネをして数度放ったことがあるが、うまく行ったのはこれっきりだ――こいつァ……ヘヴィな技だぜ」フラ…

ジ・アミーゴ「正直完成には程遠い出来だが……!」

クワイエット・イーヅカ「……!」ガク

ジ・アミーゴ「お前の膝を付かせることはできたみたいだぜ!」ムク…!

ジ・アミーゴ「やっとその頭を上から見下ろすことができるぜ……!」


ライノホーン「ク、クソッ! ここまでか!」


ジ・アミーゴ「トドメを刺すのはこちらだ! だがよ! オイラばっかし戦って勝っちまうのも少し物足りない」

ジ・アミーゴ「フロストマン! 二人で決めるぞっ!」


フロストマン「ああっ!」バッ!

「フロストマン、リングに上がります! これは何が飛び出すんだ!?」
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/25(日) 01:36:11.83 ID:DwvcuVh30
フロストマン「!」バッ!

ジ・アミーゴ「!」バッ!

「フロストマン、アミーゴ、膝を付き動けないクワイエットの正面と背後に立ち、挟み込む!」

ジ・アミーゴ「用意はできてるな! 行くぞッ!」


スペインの猛吹雪(ベンティス力・エスパニョーラ)「オリャァーーーーーっ!!」」


ズバァーーーーンッ!!


「同時のタイミングで二人が宙を舞い飛び込み、見事なサンドイッチ式延髄斬りを食らわせたーーーーーっ!!!」

クワイエット・イーヅカ「」ドサッ

「クワイエット・イーヅカ、ピクリとも動きません! KOです! 見事なツープラトンで勝負を決めましたーーーっ!!」


カンカンカーーーーーンッ!
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 01:42:58.38 ID:8Qg5rRXl0
アミーゴ充分に観客に己をアピールできたな
会心の試合運び
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/25(日) 22:37:19.69 ID:DwvcuVh30
40分後試合再開
この回が終わったら次スレを立てなきゃな
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 23:20:15.40 ID:S+85bXn+O
そろそろ来るかな
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/26(月) 00:07:41.85 ID:Srm4Effj0
KO!!

○ジンギス館学園 スペインの猛吹雪(ベンティスカ・エスパニョーラ):フロストマン ジ・アミーゴ

VS

●五稜郭高校 J・J・キングス:ライノホーン クワイエット・イーヅカ
(サンドイッチ式延髄斬り)


ワアアアアアアアアアアアアアア!!

アミーゴー! スゲーゼアミーゴ! アミーゴー!

ジ・アミーゴ「グラーシアス! グラーシアス!」チュッ! チュッ!

瀬昆田「ハハハ、調子のよい奴め。観客に投げキッスなんかしおって」

瀬昆田(しかし幸先の良いスタートを切れた……! アミーゴも練習の成果を十二分に発揮できている)

瀬昆田(次の試合では二人のコンビネーションを見たいところ。今回は殆どアミーゴが片づけたようなものだからな)

瀬昆田(それと心配な所と言えば――)

ジ・アミーゴ「イェ〜〜〜イ! ピースピース! 未来のスターのデビュー戦だぜ! ビデオはちゃ〜んと撮ってるか〜〜?」

観客「あ、はい、もう、バッチリと!」

瀬昆田(アミーゴは少し調子に乗りやすい性格だというところかな……)

フロストマン「ちょ、ちょっとアミーゴ!」

瀬昆田(お、フロストマンが止めてくれたか。安心安心!)

フロストマン「そのビデオ、ぼくも映ってるか見せておくれよ」

瀬昆田「」ズコー!

瀬昆田(やれやれ……ま、いいか)

956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/26(月) 00:37:07.75 ID:Srm4Effj0
――ジャークシャ院高校控室

ヴェルサイ・U「次の対戦相手が決まった。フロストマンだ」

?「……そうかい。ま、分かっていたことだがな。ちょうどいい。アイツとは一度戦ってみたかったんだ」

ヴェルサイ・U「頼もしい言葉だ。我が一番弟子よ! やれるな?」

?「バンバーのようにはならねえ。勝って見せるさ……! 必ずな」

ヴェルサイ・U「……」

ヴェルサイ・U「近頃、私の周りで不穏な空気が流れている」

?「なんだ?」

ヴェルサイ・U「あのフロストマン――”正義超人”に感化され、勇気だの友情だのに惑わされ、己を見失うものがいるのだ」

ヴェルサイ・U「キング・バンバーも同じ……奴には今、再教育を行っている最中だ。しかしうまくは行っていない。全く困ったものだ……」

?「何が言いたいんだ、コーチ」

ヴェルサイ・U「お前も同じようになってもらっては困る、ということだ」

?「ハッ! バカにするなよ! 俺はアンタと同じ! ”虚無”の心を持つ者だぜ!」

ヴェルサイ・U「己が”虚無”の中にあることに疑念を抱いていないということか……?」

ヴェルサイ・U「嘘は良くないな……”グレー――」

?「違う! 今の俺の名は――」

ブロークンタワー「”ブロークンタワー”! ブロークンタワーだ!」
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 00:45:48.73 ID:SF0rMa89O
ツーテンのお兄さん…
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 00:49:24.18 ID:qmMJNQYUo
グレートか…まさかここで来るとはな
それにしても一番弟子だったのか。スプリングからはぞんざいな扱いだったが
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/26(月) 00:51:26.88 ID:Srm4Effj0
ヴェルサイ・U「お前は一番弟子ではあるが――私の最高傑作”キング・バンバー”と比べれば、その実力は程遠い」

ブロークンタワー「!」

ヴェルサイ・U「代わりなどいくらでもいることを忘れるな」

ヴェルサイ・U「これは私が……いや、私達が与えた最後のチャンスだと思え」

ヴェルサイ・U「お前が負けた時、お前は我々の”計画”から外れてもらう」

ブロークンタワー「そ、そんな! 待ってくれ!」

ブロークンタワー「俺は……俺は今、ここでこうして戦うことに一つの疑問なんて抱いてなんかいない!」

ブロークンタワー「見ていてくれ、ヴェルサイコーチ! 俺は勝つ!」

ブロークンタワー「勝って、俺は”あの力”を手にするんだ!」

ヴェルサイ・U「……フン」

ミステリアスパートナー「そろそろよろしいかな、”ブロークンタワー”君。少し体を温めておかなければ――」

ブロークンタワー「ああ……大丈夫だ。俺は……大丈夫」

ブロークンタワー「……大丈夫……」


次回! ジャークシャ院の新たなる刺客がフロストマンらを襲う!
960 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/26(月) 01:21:16.87 ID:Srm4Effj0
次回、スペインの猛吹雪(ベンティスカ・エスパニョーラ)対 ジャークシャ院の新たなる刺客”ブロークンタワー”と”ミステリアスパートナー”!
ミステリアスパートナーとは肉によく出てくる、「とりあえずフードとか目深に被った奴を出しといたが、実はこいつの正体とかあんまり考えていないパターン」のキャラのことだ
ということで超人募集

テンプレは>>2参照 締め切りは、この書き込みから今日の14:00まで一人一キャラ厳守でよろしく
何を書こうと自由だがそのまんま使うとは限らないし名前だけ同じとかあるかもしれないので注意
すぐに採用されなくても諦めるな

それと、今日中に次スレ誘導をするのでよろしく
みんなのおかげでここまで来た ありがとう これからもよろしく

このスレではもうストーリーが進まないので残ったスレをただ埋めるのもつまらないし、どう使えばいいか提案してくれるとうれしい
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 08:25:34.59 ID:qmMJNQYUo
乙!スレの残りは裏話や番外編とかの小ネタで埋めたり超人募集すればいいと思う

【超人名】
ヒグマン
【こいつはこんなヤツだ!】
普段は知的で紳士的だがリングにあがると一転、凶悪な血に飢えた獣と化す。
バンバーの脚のような特筆する武器はないものの、分厚い毛皮と筋肉に覆われた肉体は天然の鎧であり
攻撃が通りにくく非常にタフネス。巨体の割りには速い。熊だけあってベアハッグは強烈だ。

余談だが、厳つい見た目で周囲から怖がられるため人気者のクマモンに凄まじい対抗意識がある。
元々はベアーマンという名前だったがわざわざ改名し、自身をデフォルメしたキャラクターグッズを
出しているほど。いつか北海道全体のマスコットになりたいらしい。
(ちなみにヒグマンというキャラは日ハムのマスコットに実在するので悪しからず)
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 08:34:10.26 ID:0QpP+rRR0
>>961
>ヒグマンというキャラは

「ブリスキー・ザ・ベア」や「エロズリー
(エロイック・グリズリーの略?)」てな
異称も持ってるキャラですね(^^)
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 09:41:20.57 ID:en30KP5h0
次スレ突入乙!
今後も応援します!
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 09:57:02.71 ID:en30KP5h0
ついでに募集も
【超人名】
ガッシャ・ポーン
【コイツはこんなヤツだ!】
機械超人
見た目は、ガチャガチャのマシンに細い腕と足。そしてブリキのロボットみたいな顔がついている貧弱そうなもの
が、彼の本骨頂はガチャマシンにある

ガチャマシンからはこれまで戦闘したり、情報を見てきた超人の情報を元に作り上げた腕・足のパーツがカプセルに詰められている
試合中に何が出るかわからないものの、運さえ良ければ技巧派から速攻、力業まで何でもこいのファイトスタイルを見せつける

しかし、情報のある全ての超人が対象の為、カニベースやビーンズマン。ミートくん等、自身のガチャボディには不釣り合いの超人のパーツが出ることも...

また、再現しているとは言えあくまでも模造品なので、もとの超人程の強度はないのも弱点か

また、もう一つの弱点として...ステカセキングとは違い、あくまでも自分の実力で戦うが故の他人の必殺技を発動出来ない、技術を真似できないと言う弱点もある。そもそも毎試合ランダムなパーツがでるので決まった技術等付けられる訳がないのだが

なお、ルールの問題で試合開始前は自身のパーツを装備していなければならないため、ガチャを回す前に速攻を決められるとあっさり負けたりする
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 10:36:14.21 ID:HZ4jhhsRO
【超人名】 ザ・ファイブ
【こいつはこんなヤツだ!】陰陽マークをあしらったマスクを被った超人。
相手や状況に合わせて体型や体質そのものまで変化できる5つのフォームと、中国拳法をベースとしたファイトスタイルを武器に戦う。
フォームはそれぞれ
・連続攻撃を得意とする【火】
・身体をゲル状に変化させ、驚異的な柔軟性を発揮する【水】
・身体を一回りほど大きくさせパワー主体の攻撃を繰り出す【土】
・素早い動きで相手を翻弄する【木】
・動きは鈍いが全身を硬質化させあらゆる攻撃を防ぐ【金】
となっており、基本フォームは【火】である。

飄々とした性格で、ステレオタイプの中国人のような喋り方をする。
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/26(月) 12:49:52.49 ID:Srm4Effj0
次スレです

【キン肉マン】安価とコンマで超人レスリング 2巻
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521998913/
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/27(火) 00:01:07.07 ID:n3axx95L0
今日はこのスレを埋めるために来た
裏話はどんなものがいいんだ? このスレについての質問ならある程度答える
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 00:06:13.52 ID:MU0znOdf0
・別に問題ないけどこのスレは男塾並みまたは全く女性は出ない?
・このスレの着地点
・部活メンバーは増えるのか?
・この世界の時代設定と世界観
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/27(火) 00:43:50.73 ID:n3axx95L0
>>968
Q.このスレは男塾並みまたは全く女性は出ない?
A.女性キャラはフロストマンのおばあさんのみしかまだ出てきていないが、その内出したいと思っている。
 でも肉自体男ばっかりの世界だし、出しても1人2人かな。

Q.このスレの着地点
A.高校卒業で完結させたい。更にもう一つの終着点として、フロストマンのレスリングサクセスストーリー以外の流れをもう一つ考えている。
 それをフロストマンが乗り越えることで物語は終わりを迎えるんだろう。まだ遠いと思うが。

Q.部活のメンバーは増えるのか
A.そりゃあ増えるさ。二年生になれば新入部員も入って来るだろう。いや、入って来なくても面白いな。

Q.この世界の時代設定と世界観
A.次スレのあらすじに書いたが、キン肉マンが王位に就いてから20数年後の世界としている。
 まあぼかして現代ということにしたい。だが例えばこの世界が我々の世界と同じ2018年だとすれば肉の世界では、とあるイベントが起こるはず。でも起きていない。H・Fもない。
 二世の時代のはずだが、万太郎はまだ覚醒しないし、二世の中で起こるはずの事件はまだ起きていない。なんでこうなったかは全国大会編で何となく書きたい。
 大阪編で少し示唆はした。
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 00:45:56.12 ID:MU0znOdf0
別に万太郎が生まれていないとかそういうパラレル世界でもいいのでは?
あとこの世界ではヘラクレスファクトリーは存在しない設定?それとも存在するけど一部の超人しか行けない所?
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/27(火) 01:31:42.55 ID:n3axx95L0
これ以降は考えてること全部書きそうになるから後は本編を待て

後はこのスレに出て来たオリジナル超人の中で好きな奴を書いて埋めてってくれ そいつが活躍できるよう考える
他に案がある時教えてくれ
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 12:30:19.31 ID:5gFIZzEv0
フロストの実の両親や兄弟もいつか登場する日が来そう
願わくば幸福な再会なことを祈る
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 12:34:33.91 ID:RUGc9ypsO
カロンはまた登場してほしい
いっそジンギス館に転入とか…
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 13:09:21.15 ID:Wcm6RkxFo
ホウオウ・ドーまた見たいな。もっとバカっぽいヤツだと思ってたら
意外と発言とかちゃんとしてたから念願の京都に修行に行って再起してもらいたい

大阪組とか負けた超人の短編とかあれば見たいかも
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 17:13:06.60 ID:5gFIZzEv0
父さんのトウモロコシをPRするならラフファイトはイメージダウンなことにハッと気がついた(あるいはOBの農村マン先輩に突っ込まれた)トウキビンの好感度アップ大作戦とか楽しそう
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 00:04:44.48 ID:9foPtoO80
このスレが完全に埋め終わり次第、次のスレで話を進める。
短編というか番外編については承知した。
ホウオウ・ドーの人気に驚いた。また出せるように考えておこう。
後は、テキトーに埋めるなり質問したり超人投稿したり好きな超人の話をしたりしてくれ
977 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 00:15:21.29 ID:63BGbi9zO
ケットシーは元設定が生きていれば正義超人に転向もあり得そうな感
一撃でやられちゃったしもう少し活躍見てみたいかも
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 00:22:16.60 ID:0aYgGEZ2o
カロンが浮いてたのはどんな力?元設定だと水に浮かぶらしいから
空気中の水蒸気の上に乗ってるのかと思ってたけどマジで体重軽いだけ?
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 00:41:47.53 ID:9foPtoO80
リベリオン・ヨートゥンは強すぎたので次からは少しだけ成功確率をヨートゥン・アームと共有して成功確率を少し低くしようと思う

>>978
Q.何でカロンは浮遊しながら入場できたの?
A.会場の熱気を受けると、その水蒸気でふわーっと浮かぶみたいです。そういう体質なんでしょう。
 湿度の高いところにいれないね。
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 22:40:42.16 ID:9foPtoO80
今日も埋めに来た
1人で埋めるのも寂しいので手伝ってくれ
超人投稿するなり好きに使っていい
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 22:59:26.07 ID:9kCqVZQtO
HTML化申請するのはいかんのか?
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 23:22:55.68 ID:9foPtoO80
管理者いないから申請してもHTML化ならないみたいなんだ
今スレが消えないから専ブラの読み込みがすごく重い
このままだと容量が増えすぎてここはパンクするだろう
1000行けば自動でHTML化されるから埋めておきたいってわけ
983 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 23:48:08.02 ID:9foPtoO80
好きな原作超人でも書いて埋めていくか。
ドゥームマン(キン肉マンII世?オール超人大進撃?)。
984 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 23:59:01.31 ID:9foPtoO80
パルテノン(無印・技巧チーム)
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 00:03:01.83 ID:MEtCykXDO
>>982
なるほど

【超人名】ロクエモン
【こいつはこんなヤツだ!】自称・天下の大泥棒石川五右衛門の子孫。
大柄であるが身のこなしが軽く、リングを縦横無尽に動き回って相手を惑わせ、派手で破壊力の高い技を決めるファイトスタイルを得意とする。
しかし彼の最大の特徴は、「超人秘術・御業頂戴(おんわざちょうだい)」という不思議な術を操り、相手の技を"奪って"しまうことである。
技を奪われた相手はその技のかけ方・使い方を忘れてしまい、一方のロクエモンはその技を我が物として操ることができる。
(身体を変化させる能力など、奪っても使えない技もある。また、基本的には試合が終われば技は自然と返還される)
派手好きでマイクパフォーマンスがうまい。熱い風呂は苦手。
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/30(金) 00:23:58.48 ID:OAOUYgvt0
オカマラス(無印)
あっコイツは怪獣か。「愛って耐えることなのね」って台詞が良い。
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 00:25:52.35 ID:jwcHuTd+o
へー、専ブラ重いんだ。前スレはキャラ投稿用とかでワザと残しておく人が多いから驚いた

埋めついでに感想書いてく

グレートの生みの親だから過去の回想とか心の葛藤とか丁寧に描いてもらえて凄い嬉しい
このタイミングで再登場か!ってめっちゃ興奮したし。今後が気になる
いつかガクランやブラザーツーテン君と和解出来たらいいなぁ
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/30(金) 00:40:42.40 ID:OAOUYgvt0
トック(U世 オール超人大進撃)
こいつが天タコルズに殺される回が初めての肉経験だった。
当時これが怖くて一旦Vジャンプを閉じて、しばらくは飛ばして読んでた。
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 00:46:45.83 ID:jwcHuTd+o
そういえば、瀬昆田先生の大阪の知り合いの超人て誰だろう?
その人の紹介でガクラン達に会ったんだよね
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/30(金) 00:59:48.17 ID:OAOUYgvt0
BUKIボーイ(マッスル・リターンズ)
古武道の達人らしいし元々超人レスリング以外の超人スポーツから来たんじゃないのか。
バックボーンはそれ程語られない謎の超人。ハッスルにこういう奴いたよな
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:03:04.08 ID:6edFQVRI0
ボーン・コールド(キン肉マン二世)
個人的には、残虐性が高い敵キャラとして好きだけどね
声優さん補正もあるかも(CV檜山修之)
仲間として戦う姿も見たかった……
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:03:43.14 ID:MEtCykXDO
>>1マン!
おまえにはこの埋め立ての神が力を貸すぜ!
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:04:12.27 ID:MEtCykXDO
埋め
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:05:59.39 ID:MEtCykXDO
ぜひ全国大会で大阪超人と一戦交えてほしいですね埋め
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/30(金) 01:07:20.74 ID:OAOUYgvt0
貴様は…埋め立ての神! こんな辺境のスレまで何をしに来た!?
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:08:35.04 ID:MEtCykXDO
そういえばマゴローのアナウンスはタッグマッチで披露されるんですかね埋め
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/30(金) 01:09:59.39 ID:OAOUYgvt0
>>1000getはお前らに任せた――――ッ!
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:09:59.85 ID:MEtCykXDO
埋めー埋めー
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:12:25.48 ID:MEtCykXDO
いろんな超人が書き込まれているのを見た後に>>3を見るとフロストマンの設定がシンプルすぎる…埋め
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 01:12:31.92 ID:mqTAGiBCO
埋め
1001 :1001 :Over 1000 Thread
                      ''';;';';;'';;;,.,                  ブーーー
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ブーーー
       ブーーー            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
ブーーー         /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ            ブーーー
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ゚,;,;.゚ ( ゚,;::゚ ( ゚;;:;゚/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \
   /          \. ○   ○ /          \  ○   ○ ./        \  ━━┓┃┃
  /   ○   ○   \(__人__)/   ○   ○   \. (__人__)/    ○   ○   \     ┃   ━━━━━━━━
  |      (__人__)    |.ゝ'゚   |      (__人__)     | ゝ'゚   |.       (__人__)    .|    .┃               ┃┃┃
  \    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚      ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚ \     ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                  ┛
       。≧       三 ==-     。≧       三 ==-      。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。     -ァ,        ≧=- 。      -ァ,        ≧=- 。   SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
       イレ,、                                                      http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
未来「あのね、大きさと柔らかさなんだよ」【ミリマスSS】 @ 2018/03/30(金) 01:11:33.36 ID:J8lx8Vh00
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522339893/

八幡「八凛は至高 ハチアスは王道」 @ 2018/03/30(金) 00:53:47.44 ID:ZGB95oHMO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522338827/

ズッコケ三人組の精通夜 @ 2018/03/30(金) 00:18:13.25 ID:nRTWwLn10
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522336692/

道明寺歌鈴「雨降りの中で」 @ 2018/03/30(金) 00:16:44.93 ID:dmsX2M9jo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522336604/

寝こさんの寝台車 1両目 @ 2018/03/30(金) 00:00:43.24 ID:5apjsgSW0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1522335642/

トッモ「小説書いてみた」ぼく「読ましてみ」 @ 2018/03/29(木) 23:59:19.24 ID:YwwjzDnv0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522335558/

凛「これからは枕大好きアイドルで行こうと思うんだ」 @ 2018/03/29(木) 23:39:27.23 ID:YeMKje+X0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522334366/

福田のり子の今夜もノリノリ!33夜! @ 2018/03/29(木) 23:04:09.17 ID:D8v2Dskb0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522332248/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

455.28 KB Speed:6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)