ココア「滅びのココア」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 21:44:48.14 ID:Ldm5pCf30
はじめに

・とある実在しない漫画をごちうさでやっただけのSS
 (しかもその漫画名で検索してみるとあたかもあるかのようになってる)

・もちろん設定おかしい

・案の定の劣化SS

・脳内白紙のまま立てたのでかなりの遅筆




私はある日、右腕にとんでもない力を持ってしまった・・・
その力であらゆる物質をボロボロにしてしまう禁断の能力だ・・・
いいや、あれは呪いだよ。だってそんな力欲しくないだもん。
私の意思で手にした力じゃないんだもん。
その呪われた力のせいで友達もいなくなり。
大好きなお姉ちゃんやお兄ちゃんたちにも見捨てられ。
ここにいることもできなくなった・・・
どうして私がこんな目に・・・
どうして私の右手に触れたものは全て消えてなくなっちゃうの?
もちろん私にその強すぎる呪いの力を制御することなんてできない。
これじゃ誰とでも仲良くなれないし・・・
そうしてさまよい歩き続けたその時・・・

ココア「あ、村だ。でもこの右手でまたみんなを傷つけてしまいそうだし・・・」

ボオッ

ココア「あ〜また右手が・・・
    何とかして制御しないと・・・
    おなかもすいたし何か食べるものもらおう」

ココア「お願い・・・おとなしくしていて、私の右手・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510663487
2 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 21:50:28.57 ID:Ldm5pCf30
木組み族の村

マヤ「あ、見慣れない人、さすらい人かな?」

メグ「でもあの人表情暗いよ。どうしたのかな?」

ココア「・・・・・」

マヤ「ようこそ、木組み族の村へ」

ココア「お願いだから私に近づかないで。死んじゃうよ」

マヤ「おい、それどういうことだよ?」

メグ「マヤちゃん!!お姉さんの手から・・・」

マヤ「うおおっ!」
3 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 21:55:38.98 ID:Ldm5pCf30
マヤ「うお、こいつの右手が燃えている!」

マヤ「・・・・・」

マヤ「この炎は本物か?」

ココア「来ないで!!」

マヤ「あっちゃああっ!!」

メグ「マヤちゃん!」

ココア「あ、ごめん!大丈夫!?」

ココア「って、ええっ!?この子、あらゆるものをボロボロにする力を受けていながら
    軽い傷を負っただけで済んでいる・・・いいや、よくないんだけど・・・」

マヤ「・・・・・」
4 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 22:17:21.09 ID:Ldm5pCf30
マヤ「メグ。こいつ面白いぞ。右手から強烈な炎を出すことができるんだぜ」

メグ「でもマヤちゃん、やけどは大丈夫?」

マヤ「メグもこの前半魚人との戦いで私と共に負傷しただろ?
   その時に比べればへっちゃらさ」

メグ「それはそうだけど・・・」

ココア「えっと・・・マヤちゃん、メグちゃんだっけ?」

マヤ「お、もう名前を覚えたのか」

メグ「他人に聞こえるような声で何回も名前を言ってたら普通に覚えるよ」

ココア「私はココア、よろしくね、マヤちゃん、メグちゃん」

マヤ「ココアだな、覚えたぜ」

メグ「ココアちゃん、よろしくね」
5 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 22:44:05.43 ID:Ldm5pCf30
ココア「今日から私の妹だよ」

メグ「ええっ!?」

マヤ「も〜!調子に乗っちゃってさ〜」

ココア「こんなおねえちゃんでも親しく接してくれるなんて嬉しいよ」

ココア「だってこの力を持って以来みんなが私のこと避けるようになっちゃって・・・」

ココア「私自身もこの右腕でみんなを殺してしまうんじゃないのかと思って
    みんなのことを避けていたよ。でも私がその力を誤って使った時・・・」

ココア「マヤちゃんは消えなかった」

マヤ「そんなの当たり前じゃん」
6 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 22:56:09.28 ID:Ldm5pCf30
マヤ「だってこの程度のものでくたばってちゃ
   私もメグも半魚人に一秒足らずで殺されてるぜ」

メグ「この村にも大量の半魚人が現れるようになって
   戦いだらけの毎日になってるよ・・・」

ココア「その半魚人がこの村の平和を乱しているんだね・・・」

ココア「だったら私も戦うよ!村の平和を乱すなんて許さない!」

ガサッ

マヤ「うお!言ってるそばから向こうに大量の半魚人が・・・!」

メグ「あっちには確かチノちゃんが・・・!」

ココア「チノちゃん?マヤちゃん、メグちゃんのお友達?」

マヤ「そうだよ」

メグ「あ、早く行かないと・・・!」

ココア「あー!そうだった!」
7 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 23:00:59.95 ID:Ldm5pCf30
そして

半魚人「ギャギャギャアアア・・・!」ドシャア!

チノ「・・・・・」

チノ「ふぅ、これで全滅ですね」

マヤ「チノーーー!」

チノ「あの声はマヤさんですね」

チノ「メグさんもいます。・・・知らない人を連れていますね・・・
   間違いなくこの木組み族の人ではありません」

チノ「それに・・・この気持ちは何でしょう・・・」
8 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 23:06:34.15 ID:Ldm5pCf30
ココア「あれがチノちゃんかな?可愛い」

ココア「チノちゃん!大丈夫だった!?ぎゅ〜っ!」

チノ「な、なんですか!?いきなり・・・」

チノ「っていうか抱きしめるのはやめてください」

マヤ「半魚人はもう全滅してやがる」

メグ「チノちゃんが倒したのかな?」

マヤ「チノはああ見えてすごく強いしな」

マヤ「ってかココア、初対面の人にいきなり抱きつくなよ」

メグ「どうかと思うよ」

チノ「・・・やれやれです」
9 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/14(火) 23:11:00.67 ID:Ldm5pCf30
こういった感じで書いていきます。
今日はここまでにします。
それにしてもごちうさSSってディスりネタ結構あるな・・・
(いろんなのディスってんのはほぼラビットハウス勢だけだが。
 例えばAKBおたくとか鉄道おたくとか24時間テレビとか・・・)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:13:52.61 ID:mt9+Ty3Ao
書いてるのは小学生かな?
がんばれ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 01:01:58.16 ID:fqaewEXSO
頭おかしい
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 05:37:58.21 ID:+9XkqxqeO
リアルでよほど辛い目にあってるんだな
13 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/15(水) 21:58:01.79 ID:Q9Y/SvMe0
ボオッ

ココア「わあっ!」

チノ「きゃっ!」

マヤ「あ、またか・・・」

メグ「ココアちゃんその力を制御できないんだね・・・」

チノ「いきなり右手から炎が出たのですが・・・」

ココア「ごめんね、私呪いでこんな風になってるの」

チノ「実は私もそれと似たような力を使えますが
   危険ですので素手で戦っています」

ココア「ええっ!?」

チノ「その魔力で早逝した母親を生き返らせようとしましたが
   大失敗し、それ以来魔法を使うことを避けています」

ココア「そうだったの?」
14 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/15(水) 22:41:58.16 ID:Q9Y/SvMe0
メグ「でもチノちゃん、この前避けていたはずの魔法を使っていたよね?」

マヤ「でもあの時は使ってなかったら私達が危なかったぞ。
   わけのわからない罪を着せられてさ」

チノ「あの時は初めての友達だったマヤさんとメグさんを
   助けようとしたまでです。
   それにマヤさんとメグさんに無実の罪をかけた人たちも許せません」

ココア「マヤちゃんもメグちゃんもそんなことがあったんだね・・・」

ココア「私だったらその人をこの右腕でボロボロにしているよ。
    呪いで受けたあらゆるものをボロボロにする力を
    使うとしたらその時かな?でも制御できるかどうかが不安だよ・・・」

マヤ「ココアだったらあの半魚人にも対抗できると思うよ。
   勝つ保証はないとしても」

ココア「ちょっとマヤちゃん?その言い方はないよ〜」

メグ「そう?私は頼りになると思うよ。ココアちゃんが」

チノ「ココアさんですか?」

ココア「そうだよ。私がココアだよ。よろしくね、チノちゃん」

チノ「どうして私の名前を?」

ココア「だってマヤちゃんとメグちゃんが教えてくれたんだもん」

マヤ「教えたつもりはなかったんだけどな」
15 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/15(水) 22:54:01.10 ID:Q9Y/SvMe0
マヤ「あ、そうだ。チノ、今日も家に泊めて」

メグ「だったら私も」

チノ「またですか?ですが一人は嫌ですし・・・
   いいですよ、あと・・・ココアさんも・・・」

ココア「いいの!?ちょうどよかった。私何も食べてなかったんだよね」

チノ「欲張るのはやめてください」

メグ「家に入ろう」

マヤ「ココア、案内は私がするよ」

ココア「うん。よろしくね」
16 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/15(水) 23:23:28.27 ID:Q9Y/SvMe0
家の中で

ココア「いただきま〜す」

マヤ「私達の料理の味をいざ」

チノ「私以外ほぼ何もしていませんでした・・・」

メグ「うまくできたかな?」

少しした後で

ココア「ねえチノちゃん」

チノ「なんですか?」
17 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/15(水) 23:44:29.46 ID:Q9Y/SvMe0
ココア「チノちゃんって一人暮らしなの?
    お母さんが亡くなってからずっと一人で暮らしてたの?
    お父さんはどうしたの?」

チノ「お母さんが亡くなってからは
   父やおじいちゃんと一緒に暮らしていましたが
   父は私がこの村の村長であり、映画監督でもあるタテター・ツンさんから
   映画の出演オファーがかかった時から突然姿を消してしまいました・・・」

チノ「おじいちゃんは亡くなってはいるものの
   魂はティッピーというまんまるでうさぎには見えない
   アンゴラうさぎの姿で生きています」

チノ「そのティッピーも父と同時に姿を消したのですが・・・」

マヤ「タテター・ツン!?」

メグ「あ、私も村長の映画大好き」

マヤ「だよな、あの村長は名監督だよな」
18 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/15(水) 23:51:58.47 ID:Q9Y/SvMe0
ココア「そういえば私もオファーを受けたよ。
    でも映画のオファーを受けようとしたその時なんだよね・・・
    この呪いの力を持ってしまったのは」

チノ「ココアさんも映画のオファーがきっかけで悲劇が起きたのですね。
   結局その悲劇のせいで私は映画の出演を拒否しました」

ココア「私もだよ!だってこの姿で映画なんか出られないよ」

マヤ「あ〜あ、なんでチノには来て私には来ないんだろうな」

メグ「私も大好きな監督の映画に出たかったな〜」

マヤ「この村、実は映画の製作がさかんなんだ。
   特に実写映画に精を出しているんだ」
19 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 00:05:04.43 ID:dRva88/10
今日はここまで。

あ・・・亡くなった母を生き返らせる術に失敗って・・・
ハガレンじゃないかwww
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:44:18.81 ID:woUBTCNFO
もういい…もういいだ…辛かったんだな…
だからもう大人しくしてような?
21 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 21:09:00.77 ID:dRva88/10
マヤ「私は実写版怪盗ラパンが好きだったな」

メグ「私はうさぎ姫七変化が好きだよ」

チノ「ですがあの監督、村長の仕事がそっちのけになってる感じがします・・・」

チノ「それにこの前マヤさんとメグさんと一緒に鑑賞したその2作品・・・
   あからさまに別の作品になってる気がします」

チノ「原作と変わりすぎてるんじゃないのですか?」

メグ「え〜?そんなことないと思うよ」

マヤ「基本的にあの監督の作品は
   映画版オリジナルの場面が結構多いんだよね」

ココア「私はそのタテター・ツンって人知らなかったんだけど
    そこまですごい人だったんだね」

マヤ「あの人のすごさはそれだけじゃないぞ」
22 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 21:20:57.52 ID:dRva88/10
マヤ「あの人自身も半魚人らと戦ってるのさ」

メグ「村長さんとっても強いんだよ」

マヤ「戦闘スタイルもど派手で憧れるよ」

マヤ「私もあんなのが使えたらな〜」

メグ「華麗に舞い、そしてくるくるっと・・・」

チノ「メグさんのは特に自分がその力使えたらってことですよね?」

チノ「でもその力、何回でも使えるほどの代物ではない気がします・・・」

マヤ「これだけ大きな技は体力の消耗も激しいとか言われてるよな」

チノ「問題はそこじゃない気がしますが・・・」
23 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 21:31:03.14 ID:dRva88/10
20分後

マヤ「おかわり!」

チノ「4人分しか作ってませんのでおかわりはないですよ」

マヤ「ちぇ〜」

ココア「久しぶりの食事で生き返った気分だよ」

さらにしばらくして

ココア「お片付け完了」

チノ「ほぼ私とメグさんしかやっていなかった気がします」

メグ「あはは・・・」


ドオオン!!


ココア「え!?」

メグ「向こうから聞こえたよ」

マヤ「何があったんだ!?」
24 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 21:35:21.01 ID:dRva88/10
チノ「行ってみます!」

ココア「私も行くよ!」

マヤ「ちぇ、じゃあやっぱここでお邪魔しました」

メグ「チノちゃん、お泊りの件なしね」

チノ「いいえ、むしろその方がいいです・・・」

ココア「え〜?どうして?」

チノ「賑やかなのはちょっと・・・」

チノ「って、そんなこと言ってる場合じゃないです!」

ココア「あー!そうだった!」
25 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 21:39:57.64 ID:dRva88/10
外に出ると

ビカビカビカア!!

マヤ「この光は・・・!あっちだ!」

チノ「まさか村長自身が戦っているのでしょうか?」

ココア「こっちだ!」

マヤ「いいや、こっち行ったらここだよ」

チノ「ココアさん、この村初めてなのに地形が分かるはずもないじゃないですか・・・」

そして

ココア・チノ・マヤ・メグ「あっ!」
26 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 21:46:11.12 ID:dRva88/10
タテター・ツン「はああっ!!」

バアアアン!!

ビイイイン!!

半魚人「ギャギャギャアアア!!」

タテター・ツン「この私の映画の新作の制作中止の恨みを思い知ったか!」

マヤ「村長!」

メグ「やっぱり戦い方がかっこいい・・・円陣とかビーム技とか・・・」

ココア「あの人がタテター・ツン村長だね」
27 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 21:56:02.80 ID:dRva88/10
タテター・ツン「おや?君達は?」

タテター・ツン「どうして映画の出演を断ったの〜?せっかくのいい機会だったのに」

チノ「・・・その出演依頼のせいで家庭が崩壊してしまいました」

ココア「あなたが依頼主だったのですか!?」

タテター・ツン「そうだよ、君達のようなかわいい子は今度の作品の主役にふさわしいのに・・・」

ココア「私もあの出来事がなければ出るつもりでいたよ」

ココア「でも・・・」
28 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 22:00:18.70 ID:dRva88/10
ボオッ

タテター・ツン「その炎は何だね?君も能力使いだったのかね?」

ココア「好きでそうなったんじゃないんです!」

メラメラ

チノ「ココアさん、炎が大きくなってきています」

ココア「あっ!」

シュウウ・・・

ココア「何とかおさまった・・・」

タテター・ツン「その力、使いこなすことができれば
          きっとこの世界の英雄になれると思うよ」

ココア「!」

ココア「そうですか!?」

チノ「ココアさん切り替えが早すぎです・・・」
29 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 22:08:26.30 ID:dRva88/10
チノ「それと・・・」

チノ「村長、やっぱり映画の出演の話は無しにしてもらいます」

ココア「私もそうする、だってみんなに迷惑かけたくないし・・・」

マヤ「私が代わりに出るというのはどうですか?」

メグ「マヤちゃんだけずるい!私も!」

メグ「私達、村長の作品が大好きで・・・」

タテター・ツン「・・・おっと、村長としての仕事が残ってた。
          悪いけどしばらく制作は無しにするよ。ここで失礼するよ」

チノ「村長の仕事を優先してください」



タテター・ツン(くっ、あの2人を起用すれば今度の新作も大ヒット間違いなしだったのに・・・)

タテター・ツン(せっかくかわいい子を見つけたというのに・・・
          あいつらの家族め・・・!私の邪魔をしおって・・・!)
30 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 22:17:30.05 ID:dRva88/10
ココア「あっ!」

半魚人「ギャギャギャア!」

ココア「あっちにも半魚人の群れが・・・!」

チノ「今度は私達だけで倒しましょう」

マヤ「よっしゃ!」

メグ「あまり無茶しないでほしいんだけど・・・」

その頃・・・

リゼ「・・・・・」

リゼ「半魚人を大量に出すのにも出費が大きいな・・・」

リゼ「だがこの村の残滅をジュンタク様のためにも
   成し遂げなければな・・・」

リゼ「お、あれは確か・・・」
31 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/16(木) 22:22:26.95 ID:dRva88/10
明日は事情により続きを書けません。
また明後日Dear my sister観に行って
家に帰り。少し休んだのち、続きを書きます。
接続ができないなんてことにならなきゃいいけど・・・
32 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/18(土) 20:54:32.22 ID:i918ypXB0
タテター・ツン「む!?誰かいるのか!?」

リゼ「・・・っ!気づかれたか!」

リゼ「なら仕方がない!」チャッ!

バンッ!

タテター・ツン「・・・・・」

ガキン!

リゼ「なにっ!?」
33 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/18(土) 22:08:05.15 ID:i918ypXB0
タテター・ツン「はあっ!」

ドオオン!

リゼ「くっ!よけきれなかったか・・・!
   油断した・・・!木組み族の村の村長自らが一人でほっつき歩いてるのが
   チャンスとばかり思ってたが・・・!」

タテター・ツン「外敵に対する備えがないとでも思ったのか?」

タテター・ツン「しかし私の攻撃をろくに受けないとは、
          君はサークアイの手の者だな?
          君は確かサークアイの部下のジュンタクの手下だったな」

タテター・ツン「しかし半魚人を呼び出さないとは大した自身だな」

リゼ「・・・・・」
34 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/18(土) 22:19:36.24 ID:i918ypXB0
リゼ「・・・!」シュッ

タテター・ツン「む!?銃だけではなく手榴弾も使うのか!?だが・・・!」

バアン!

ドオオン・・・

リゼ「くっ!バリアを張ったか・・・!だがバリアを張れる時間は相当短い・・・」

タテター・ツン「甘いぞ!」ビーーーン!

リゼ「があっ!バリアを解除と同時にビームか・・・!」

リゼ「くっ!ここは退く!」

リゼ「だが・・・!このストーム・ボムなら・・・!」
35 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/18(土) 22:24:14.25 ID:i918ypXB0
リゼ「はっ!!」

ボオオン!!

ビュウウウ!

タテター・ツン「うぐっ・・・!げほげほ・・・」

タテター・ツン「砂嵐を起こして煙幕がわりとしたか・・・!」

リゼ「タテター・ツン!お前の技は魔力にも資源にもコストがかかる!
   それを惜しまず使い続けていつまでも持つと思うな!」

リゼ「」ピュー!

タテター・ツン「くっ・・・!取り逃がしたか!」
36 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/18(土) 22:40:29.67 ID:i918ypXB0
そして

リゼ「ジュンタク様に合わせる顔がないな・・・
   だがまだ半魚人は残っている・・・」

リゼ「帰る前に甘兎族の村の泉でのどの渇きを癒すか、
   甘兎の泉の水は何もかもを癒すしな。
   しかし千夜の奴・・・左眼の力を使うたびに
   何をするかが分からなくなるんだよな・・・」

リゼ「千夜・・・お前は一体誰の味方なんだ?」
37 :はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY [saga]:2017/11/18(土) 22:45:46.64 ID:i918ypXB0
とりあえず今日はここまで。
しかし映画館めっちゃ混んでたな・・・
おかげで朝のが完売により観れなくて午後のを観ることになったよ・・・
僕が観た午後上映のも満席だったぜ
19.46 KB Speed:8.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)