【安価】勇者「闇の世界を開拓する」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 13:19:26.08 ID:K0uzK3R40
──竜王の城──

勇者「と、とうとうたどり着いた...竜王の玉座の間に!」

竜王「ほほう、まさか本当にたどり着くとはな」

竜王「何はともあれ、よくぞ来た勇者よ。わしは、王の中の王、竜王である」

勇者「そんな事とっくに知っとるわ。それよりバトルはよ」

竜王「はっはっは、随分と威勢がいいな。わしは待っておったのだ、そなたの様な若者を」

勇者「...え?」

竜王「もしわしの味方になれば、世界の半分を勇者にやろう」

竜王「どうじゃ?味方にならn」

勇者「くださいください是非ともください竜王様」

竜王「...ごほん、まさかそんなに簡単に提案に乗ってくれるとは思わんかったぞ。少しは躊躇したりせんのか?」

勇者「躊躇?そんな馬鹿な事をする訳ないでしょう。王の中の王である竜王様から、世界の半分を頂けるんですからね」

竜王「わっはっは!そうかそうか!では、約束通り、『世界の半分』闇の世界を与えよう!」

勇者「や、闇?」

竜王「お前の旅は終わった。深淵なる闇の中で、ゆっくり休むがよい!それ!」パァァァァァ

勇者「な...うわぁぁぁぁぁ!!!」

─────

────

───

──



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510719565
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 13:43:02.51 ID:K0uzK3R40
勇者「...っ、ここは...?」

竜王「目覚めたか」

勇者「っ!?りゅ、竜王、いつの間に!」

竜王「さっきからずっとここにおったぞ。さて、それはそうと、世界の半分を手に入れた気分はどうじゃ?」

勇者「...お前、騙しやがったな!」

竜王「わしは何も騙しておらん。そなたの望んだとおり、『世界の半分』闇の世界をくれてやったではないか」

勇者「こんな真っ暗で何も見えない世界もらっても意味ねえ!詐欺だ詐欺!」

竜王「はっはっは、そうカッカするでない。何もないなら、自らの手で開拓すれば良いだけの話じゃ」

勇者「か...開拓だって?」

竜王「そうじゃ。わしも、出来るだけは手を貸してやるぞ」

勇者「むむ...ならよしとしよう...」

竜王が仲間になった!

竜王「では早速、何をしたいか述べるとよい」

勇者「じゃあ...>>4をしようか」


ステータス
勇者 Lv21
呪文・ホイミ、ルーラ、ギラ、リレミト、トラマナ、べギラマ、べホイミ
特技・なし

竜王(人間) Lv1
呪文・ギラ、ホイミ、べギラマ、べホイミ、マホトーン
特技・ドラゴン形態変身

竜王(ドラゴン) Lv1
呪文・激しい炎、燃え盛る火炎、火の息

安価はドラクエ関連だけのものにしてちょ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 13:46:23.41 ID:K0uzK3R40
>>2
ステータスにちょっと誤字があったので修正

ステータス
勇者 Lv21
呪文・ホイミ、ルーラ、ギラ、リレミト、トラマナ、べギラマ、べホイミ
特技・なし

竜王(人間) Lv1
呪文・ギラ、ホイミ、べギラマ、べホイミ、マホトーン
特技・ドラゴン形態変身

竜王(ドラゴン) Lv1
呪文・なし
特技・激しい炎、燃え盛る火炎、火の息
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 13:46:27.53 ID:cqfCCQhmO
おばけキャンドルとかメラゴーストみたいな明るそうなやつを沢山召喚する
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 14:08:23.02 ID:K0uzK3R40
勇者「おばけキャンドルとかメラゴーストみたいな明るそうな奴を沢山召喚しようか」

竜王「わしの部下ではないが...まあ良い。取り敢えずやってみよう」バッ

竜王は高々と杖を掲げた!すると、空間の裂け目が生じ、そこから明るそうな魔物が沢山出てきた!

メラゴースト「ファッ!?ここどこや!?」

おばけキャンドル「くっらいねぇここ!俺の熱い魂の炎(物理)でパーティー会場並みに明るくしてやるぜぇぇ!フォォォォォ!!」

フレイム「よよよ...こんな夢を見るとは...わしももう年かのう...」

エビルアングラー「まあ暗いとこ照らすっちゅうたらわしやろ」

ファイアーメタル「いきなり異世界召喚とかマジパネェwwwwwwwwwwwwww」

勇者「...何か、すっげえ個性的なヤツばっか出てきたな。色んな意味で明るくなったけど」

竜王「じゃな」

勇者「このままじゃ世界に結束感が誕生新なさそうなりそうだな...よし、>>7をしよう」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 14:11:45.29 ID:K0uzK3R40
>>5
また誤字だ

勇者「このままじゃ世界に結束感が誕生しなさそうだな...よし、>>7をしよう」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 14:18:17.03 ID:yKniwKR7O
お食事会
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 14:43:06.40 ID:K0uzK3R40
勇者「お食事会を開こう」

竜王「それはいい考えじゃな。丁度腹もすいていた頃だ。一度自分の城に戻って、部下たちと共に料理の用意をしてくるとしよう」シュン



エビルアングラー「というより、アンタは誰なんじゃ!?」

メラゴースト「お前こそまず名を名乗れや!」

フレイム「よよよ...わしの記憶が正しければ、皆さんとは今日で初めて会いましたな...」

おばけキャンドル「いつ初めて会ったかなんてかんけぇねえぜ!!あったらもう知り合い、友達だぜ!!フォォォォォ!!!!」

ファイアーメタル「このロウソク野郎うるせぇwwwwwwwwwwwwww」

ガヤガヤガヤガヤ

勇者「...あーごほん。今から三十分後に、お食事会を開こうと思うが、参加したいヤツはいねえか?」

メラゴースト「食事会!?美味い飯食えそうやからワイは参加すんで!」

おばけキャンドル「お食事会イコールプァァァァァティィィィィィィ!!!!参加以外あり得ねぇ!!!!フゥゥゥゥゥゥ!!!」

フレイム「よよよ...ならわしもお言葉に甘えさせていただこうかのう...」

エビルアングラー「飯は大好きだ!わしも参加するぞ!」

ファイアーメタル「異世界きた途端食事会とかパネェェェェェェwwwwwwwwwwwwww」

勇者「...取り敢えず全員食いついたみたいだな」

──竜王の城──

竜王「...張り切って戻ってきたのは良いものの、何を作るか迷うのう...」

ダースドラゴン「なら...>>>9なんてのはどうですか?」

大魔道「>>10も良いのではないかと」

死神の騎士「俺は>>11ですかね」

ストーンマン「ウーッハーッ!ストーンマン、>>12ガイイトオモウ!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 14:55:37.57 ID:drhgYfmWO
いわしのつみれ汁
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 14:56:53.27 ID:4aDw8tnZ0
チーズケーキ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 15:00:43.98 ID:b4Wyk3JQo
すき焼き
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 15:20:02.47 ID:p4TL6zAaO
ドラキー
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 18:51:50.56 ID:Tbht2Tq40
ドラキー君かわいそう
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 19:38:29.05 ID:VYyuxcS30
見た感じドラクエ1世界ぽいが、それなら勇者はレミーラ使えるのでは
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 19:41:22.03 ID:a6iwGZ9JO
よく見たら竜王レベル1かよ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 21:07:11.18 ID:mk1c+I67O
ドラクエ1の設定では魔物の力は普遍的な物で基本的に育ったり変化したりすることはないからな
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 22:50:04.38 ID:3NEl/zwK0
ドラキーが駄目なら味噌汁
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:06:11.77 ID:7/sjiEjc0
ドラキーの揚げ物とか美味しそう
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 23:51:11.97 ID:K0uzK3R40
>>14
ころっと忘れてた

まあレミーラ使っても自分の周囲しか照らせないし展開に支障はないけどね

呪文のとこに脳内補完しといてくれ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/15(水) 23:51:51.31 ID:K0uzK3R40

ダースドラゴン「なら...いわしのつみれ汁なんてのはどうですか?」

大魔道「チーズケーキも良いのではないかと」

死神の騎士「俺はすきやきですかね」

ストーンマン「ウーッハーッ!ストーンマン、ドラキーガイイトオモウ!」

竜王「...チーズケーキとすきやきは十分過ぎるほど分かるが、後の二つはなんじゃ」

竜王「...ダースドラゴンはもっとガツンとパンチの効いた料理が好きではなかったのか?」

ダースドラゴン「まあそうなんですがね。実はここ最近、魔物健康診断に引っかかってしまいましてね」

ダースドラゴン「それで女房(キースドラゴン)に『当分はカロリー控えめね!飲み会にもいっちゃ駄目よ!』と言われまして、最近は質素な物ばかり食べてるんですよ」

竜王「ほう、愛の裏返しと分かってても、それは辛いのう」(そういえばわしも、ここ最近健康診断行っておらんな...)

ダースドラゴン「ええ、それはもう!...ですが、女房にそう言われた時の夕飯に、いわしのつみれ汁があったんですが、それを一口食べた瞬間!...あまりの美味さで、頭にジゴスパークが走りましたよ」

死神の騎士「この世界にジゴスパークは無いだr」

大魔道「しっ!」

ダースドラゴン「それからというもの、すっかりハマって、毎日いわしのつみれ汁三昧なんですよ」

竜王「...成る程...」

竜王「...そしてストーンマンよ」

竜王「...ドラキー達は、いくら弱いとはいえ、それでもわしの可愛い部下なんじゃ。流石に食すことは出来ん」

ストーンマン「デ、デモ!ドラキーウマイ!トクニツバサノツケネのトコ!」

竜王「いや...それはわしも重々承知しておるのじゃが...」

ストーンマン「ドラキー!ドラキー!ドラキー!ドラキー!」

ダースドラゴン「...竜王様、このままでは、ストーンマンの奴がまた八つ当たりで城に穴をあけてしまいます...」

大魔道「何より五月蝿いです」

死神の騎士「うんうん」

竜王「ぐぐ...仕方あるまい...」バッ

竜王は高々と杖を掲げた!すると、空間の裂け目が生じ、そこからドラキーが三匹出てきた!

ドラキーA「お呼びですか!竜王様!」

竜王「ふむ...今回はな...そなたらでないとこなせない任務なのじゃ」

哀れなドラキー達「「「え!?僕らでないとこなせない任務!?」」」パァァ

竜王「そうじゃ...」(くぅ...この無邪気な笑顔を見てると、胸が痛むわい...)

ドラキーB「そ、その任務とは!」

ドラキーC「何ですか!」

竜王「...それはな」ピロピロピロン

竜王はべギラマを唱えた!

哀れなドラキー達「え...」

哀れなドラキー達「ぎゃああああああああああ!!!!!!!!」

ドラキーは惑星シャモの住人の如く、悲痛に叫ぶ!

そして、ドラキー達は姿焼きになった!

ストーンマン「ンンン!コノカオリ、タマラナイ!」

竜王「かわいそうに...ホーンバットになっても可愛がってやるぞ...」

ダースドラゴン、死神の騎士「お前たちはよくやった...」

大魔道「南無妙法蓮華経」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/16(木) 00:03:58.63 ID:0hlQCkLP0
──暫くして──

竜王「ただいま戻ったぞ」

勇者「おお、いい匂いがするな」

ダースドラゴン「お前が勇者か、大して強くなさそうだな」

死神の騎士「でも、この俺を一対一で負かしたから実力は確かだぜ」

ストーンマン「オレモヤラレタ!」

大魔道「私も」

勇者「...こいつらは?」

竜王「わしの部下の中でも特に信頼を置いている奴らじゃ。折角なので、食事会にさそったのじゃ」

勇者「ふーん...まあ飯は一緒に食べる人数が多くなるほど美味く感じるからな」

竜王「そういう事じゃ」

勇者「...?」

竜王「なんじゃ?」

勇者「いや、ダースドラゴンが背に乗せてるコウモリみたいなのの姿焼きってまさか...」

竜王「...そう、ドラキーじゃ」

勇者「...なんというか、美味い美味くない以前に、複雑な心境だな」

竜王「...わしはもっと複雑じゃ」

勇者「だろうな」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/16(木) 00:41:27.22 ID:0hlQCkLP0
─────

竜王「それでは今から、勇者と竜王主催のお食事会を開くぞ!」

勇者「みんな好きなだけ食べていってくれ」

メラゴースト「すきやき美味い!」

死神の騎士「だよな。しょっぱい出汁で煮込まれた食材と、それにつける卵のまろやかさが絶妙なハーモニーを醸し出しやがる」

フレイム「よよよ...わしは胃が弱いので卵だけ頂きましょうかな...」ズズズズズ

おばけキャンドル「プァァァァァティィィと言えばやっぱりケェェェェェキ!!!!フォォォォォ!!!」

大魔道「はいはい、そんなにはしゃがなくてもまだまだありますよ」

ダースドラゴン「いわしのつみれ汁...あっさりしててやはり美味い」

エビルアングラー「ああ...たまには悪くない」

ストーンマン「ドラキーウマイ!サイコウ!」ガツガツ

ファイアーメタル「ドラキー食うとかマジパネェェェェェェwwwwwwwwwwwwwwwwww」

勇者「いやぁ、まさかお前と杯を交わすことになるなんてな」

竜王「わしも信じられんぞ」

勇者「まあ何はともあれ」

勇者、竜王「乾杯!」

勇者「...」グビグビグビグビ

勇者「ぷはぁ!美味いなこのビール!ホップが効いてて、程よい苦みが更にそれをひきたたせやがる!」

竜王「ああ、わしの特製じゃからな」

勇者「え、お前がこれ造ったのか?」

竜王「そうじゃ」

勇者「すげえなお前」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/16(木) 03:49:27.92 ID:0hlQCkLP0
大魔道「えー、ここらで少し、私、大魔道が、余興をしたいと思います」

メラゴースト「おー」

おばけキャンドル「よきょぉぉぉぉぉぉう!!!!!プァァァァァティィィが盛り上がるぅぅぅぅぅぅ!!!!」

死神の騎士「ヒューヒュー!」

勇者「大魔道ってどんな芸するんだ?」

竜王「それは勿論>>25じゃ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 04:45:35.76 ID:upLqCjoe0
ベギラマを用いた、見栄えのよい花火芸
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 06:16:39.02 ID:RKfOL/INO
竜王の隠してる人間の熟女物(40歳以上)のエロ本やビデオの隠し場所を全て当てる
13.98 KB Speed:7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)