このスレッドは950レスを超えています。そろそろ次スレを建てないと書き込みができなくなりますよ。

【コンマ】崩壊する世界を旅する9【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/20(月) 23:10:11.26 ID:rPNPbKNHO
コンマによる判定と安価による選択で、崩壊する世界を旅するSSです。
結末はあなたの選択、そしてコンマによる運で決められます。

最終目標はストーリーの展開で変わります。デッドエンドも当然あり得ます。
前作「崩壊する世界を旅する」に準拠した世界観になりますが、初めての方でも入れるようなストーリーにします。

なお、スレ主はスマホから打つため、進行が遅くなりがち&まとまった投下がしにくい点ご容赦ください。

今作wikiと前作wikiは下になります。
ルールや人物説明はこちらを参考にしてください。

今作wiki
http://ss.vip2ch.com/ss/%E3%80%90%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%80%91%E5%B4%A9%E5%A3%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E6%97%85%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%90%E5%AE%89%E4%BE%A1%E3%80%91

前作wiki
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485168424


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511187010
2 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/20(月) 23:11:06.43 ID:rPNPbKNHO
更新は明日になります。
3 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 13:15:53.60 ID:24UdjyiEO
再開します。
4 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 13:36:02.38 ID:24UdjyiEO
「……ちっ、だから気乗りしなかったんだ……。分かったよ、そこの変な服の旦那たち。知ってることは話す、それでいいな?」

男は冷や汗を浮かべながら懇願する。忠誠心はないようだ。

「本当だろうな」

タキの凍るような声に、男は唾を飲み込んで「神に誓う」と言った。

「余計なことをすれば命はない。それは言っておく。
まず、聞こうか。ここはアミール・スナイダの『穴』における軍事拠点でいいな?」

俺の言葉に男は少し驚いた様子を見せた。

「な、何でそんなことを……?そもそも、お前ら何もn……」

「質問を質問で返すな。生殺与奪は俺たちが握っている」

男は弱々しく頷いた。

「らしい、な。俺たちは大体がテルモンとファルーダの混成部隊だ。いきなり『穴』に戦を仕掛けると言われて、最近ここを襲った。
よく分からん魔物や、鬼のように強い奴らと戦わされてな。無傷で済んだのは少ねえ。まあ、大将とその取り巻き数人で大体制圧したようなもんだ」

「……大将?」

「ああ。あんたの言ってた、『英雄様』、アミールだよ。
最初はファルーダの将軍――ワシルって言ってたな――そいつだけでやってたが、なかなか落とせなかった。
そこに英雄様が登場というわけだ。形勢は一気に逆転、髪の長い剣士とじいさん、それとワシル将軍の四人でほぼ蹂躙だ。
まあ、俺たちはアミールが来るまでの時間稼ぎだったってことだ」

男は忌々しそうに吐き捨てた。やはり、あまり統率はされていないらしい。
髪の長い剣士は、恐らくはフレールだろう。じいさんはドワーキンか。

「他にめぼしいのはいたか?」

※35以下で追加敵キャラ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:39:06.78 ID:0FznN9DDO
6 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 13:44:57.37 ID:24UdjyiEO
※追加敵なし

「いや、襲撃したのはその面子だ。それ以上はいなかったはずだ」

「何故ここを襲ったかは聞いているか?」

こいつは恐らくは下っ端だ。そこまで詳しい情報は持っていないだろう。だが、聞くだけ聞いてみる。

※80以上で知っている
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:45:22.00 ID:HnQ9yQcMO
8 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 13:49:32.07 ID:24UdjyiEO
偶奇判定です。

奇数 ???????
偶数 実はな……

コンマ下3を採用。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:49:40.32 ID:HnQ9yQcMO
宝珠のある安心感

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:50:06.63 ID:0FznN9DDO
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:50:12.12 ID:FPOw1ru5o
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:50:15.89 ID:wBClUTYeO
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:50:42.92 ID:wBClUTYeO
ナイス
14 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 14:02:36.32 ID:24UdjyiEO
「……実は、ちらっと聞いちまったんだ。ここには、実験施設があるらしい。
んで、俺もこっそりとそこに行ってみたが……うぇっ」

男は何かを思い出したかのように吐きそうな仕草をした。

「実験施設?」

「……そうだ。思い出すのもおぞましいぜ。人を人ではない、怪物にするための施設だ。もう何人か犠牲になってる。
何か、ここの前の持ち主が持っていたものらしいな。……俺はアミールとじいさんの会話を聞いちまったんだよ。耳だけは、昔の盗賊稼業で無駄にいいもんでな。
どうも、こいつで兵士を量産する計画らしい。んな馬鹿なと思ってここの最深部を覗いたら、バラバラの人体は液体に浮かんでやがったよ……。
『優秀な素体が必要』とか言ってたな。『クリムゾン』という単語も聞こえた」

俺はタキと顔を見合わせた。

「『クリムゾン』?つまり……」

「その適合者を作ろうということだな。……ジェラードたちも、それを狙っているのか?」

95-ノワール知力(27)=68以上で追加情報、ファンブルなし
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:06:42.37 ID:0FznN9DDO
16 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 14:13:19.88 ID:24UdjyiEO
※追加情報なし

「どうだろうね。でも、最近までその施設を使っていたのは間違いないと思う。
そして、それを失ったからこそ焦ってるんだろうね」

ノワールが言う。なるほど、色々見えてきた。ゼクスは強化兵士を作る拠点だ。
……ならばここを潰せばアミールにもジェラードにも大打撃になる。クリムゾンを使える「適合者」とやらも作れないままだ。

「なるほどな。だが、こいつは思わぬ収穫だな。……それともう一つ。ここまで重要な施設なら、誰か重要な幹部がいるはずだ。それは知っているか?」

※50以上で知っている
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:13:37.05 ID:R/HdgTCIO
@
18 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 14:21:02.02 ID:24UdjyiEO
※知らない

「いや、今の管理者が誰かは知らねえ。俺たちはただ、ここを守るよう言われているだけだ。
……それにしても、お前ら何者だ?せめてそれぐらい教えてくれ」

……

1 名乗らない
2 名乗る
3 男を斬る

安価下5多数決、考察不要
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:22:43.94 ID:teWNeieQO
名乗る ドワーキンに名乗ったのと何か関係あるのかしら
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:24:01.36 ID:jZ3yxCO6O
名乗る
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:28:51.38 ID:FPOw1ru5o
2そんなに悪人じゃなさそうだし
22 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 14:44:13.83 ID:24UdjyiEO
「俺はイーリス近衛騎士団副団長、サイファー・コットだ。アミールが世界各地でやっていることを止めるのが任務だ。
ここに来たのも、まあそういうわけだな」

……

01〜20 お前が、か?
21〜40 何故こんな所に……?
41〜99 ……近衛騎士団?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:45:17.10 ID:RIrB6j4w0
せいや
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 14:45:27.66 ID:jZ3yxCO6O
25 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 14:46:14.34 ID:24UdjyiEO
中断します。
26 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 22:06:03.24 ID:3PCoOIgGO
少し進めます。
27 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 22:15:00.81 ID:3PCoOIgGO
「お前が、か?」

男の顔に、緊張が走った。俺たちのことを聞かされていた?

「……どういうことだ」

「そうか、やっと合点が行ったぜ。守りを固めろと言われていたが、ジェラードって奴の逆襲に備えるだけじゃなかったわけか……。
気を付けな、あんたらがここに来る可能性、読まれてるぜ」

「馬鹿な」

俺たちがここを知っていることは、アミールの情報にはないはずだ。何故分かった?

「……ドワーキンかも。彼はクリスを殺してるけど、私たちが見た時にはクリスにはまだ息があった。彼から聞いたと思われてるなら、筋は通るわ。
ここへの転移があるかもと思った理由はよく分からないけど……」

俺はすかさず外を見た。

35以下で追加イベント
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 22:17:07.13 ID:jXyJrWf0o
29 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 22:19:45.11 ID:3PCoOIgGO
※追加イベントあり

外を見ると、異変を察したのか兵士が3人ほどこちらに駆けつけていた。
……こいつはまずいな。

1 迎え討つ
2 隠れて男にごまかしてもらう

安価下3多数決、考察不要
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 22:20:01.82 ID:TCsVNLM4O
ジリ貧になるし1
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 22:22:20.13 ID:jXyJrWf0o
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 22:24:02.78 ID:TCsVNLM4O
そういやノワールの攻撃クリティカルはいつ回収?
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 22:51:00.34 ID:UIKEvsPrO
しかし裏から入られたことは完全に予想外だろうね。上級装備の保管庫に誰もつけてないなんて
34 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:02:35.55 ID:3PCoOIgGO
ここで隠れても誤魔化せる保証はない。ならばっ!

俺は廊下に飛び出した。男たちが一瞬戸惑ったような表情を浮かべる。

※20以下で?????
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:03:39.56 ID:UIKEvsPrO
36 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:05:11.31 ID:3PCoOIgGO
※3人とも通常兵士

俺は刀を抜いた。

「ノワールっ!後方支援をっ」

※30以上で先制
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:05:30.76 ID:UIKEvsPrO
38 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:08:41.32 ID:3PCoOIgGO
※先制

俺は大きく踏み込み、先頭の男の手首を狙って一撃を放つ。殺しが目的ではない、この一撃で大人しくなってくれれば……

75-器用さ(17)×3=24以上で命中
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:08:52.84 ID:LoeKxLiDO
がんばれ
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:08:57.82 ID:Y1IXegvIo
41 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:10:54.00 ID:3PCoOIgGO
※84…命中

ダメージ
コンマ下一桁×6+筋力(22)×6+知力(19)×5+100
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:11:16.39 ID:/DDVqxbN0
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:13:14.80 ID:LoeKxLiDO
村正の生物特攻はいってる?
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:15:05.60 ID:s9BKeAJUO
このダメージ式で朦朧か…最終的にシデ超えそう
45 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:15:20.87 ID:3PCoOIgGO
ダメージ 381
(男のHP300、ただし手首への斬撃のため戦闘不能)

「うわあああああ!??」

俺の一撃は男の手首を剣ごと斬り落とした。……ここまでの斬れ味か??
男はうずくまり、完全に戦う意思を失っている。

……

10以下か70以上で追加イベント
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:15:30.93 ID:s9BKeAJUO
えい
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:15:32.75 ID:Y1IXegvIo
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:17:03.77 ID:/DDVqxbN0
これは手加減したから1.5倍はされてないってことかね
49 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:17:06.35 ID:3PCoOIgGO
>>43
おっと忘れてました。失礼しました。
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:19:02.99 ID:/DDVqxbN0
どっちみちオーバーキルだけど…570ともなると2倍近いダメだし手だったとしても出血多量で死にそう
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:24:03.49 ID:/1+TePBcO
2回切って1000近くいくのか…
52 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:32:03.92 ID:3PCoOIgGO
※追加イベントあり(ノワールクリティカル分の発動)

その光景を見て、残り二人が怯む。俺はそれを見て奴らを睨んだ。

「今度は叩き斬る。命が惜しいなら、投降しろ。この部屋にお前らの仲間もいる、そこで大人しくしていろ」

兵士二人はガクガク震えながら、剣を捨てた。俺はそれを見てニヤリと笑う。

「いい判断だ。……カレン、ロープを」

カレンは頷いて、男たちを手早くロープで後ろ手に縛る。二刀流の男も同様だ。
手首を斬った男は、止血とノワールの応急措置を受けて縛られた。
「手首はごめん、でも命は助かると思う」とのことだ。

「……上に行くのか?」

「無論だ。お前らも基本、命令されたからやってるだけだろう?
全てが終わったら、またここに来る。その時は、帰還のルーンをくれてやる。それで地上に戻れるはずだ。帰還先は多分モリブスだろうから、話はつけておく」

男は溜め息をついた。

「そうなることを願っとくぜ。……上の連中は、俺らみたいな雑魚じゃない。入口と深層部は、確か相応の奴で固めていたはずだ。気を付けな」

俺は「悪いな」と言い残し、外に出た。

※80以上で追加イベント
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 23:32:36.86 ID:Y1IXegvIo
54 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/21(火) 23:33:34.46 ID:3PCoOIgGO
※アイテム入手

今日はここまで。
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 00:21:50.65 ID:z+FHtQzAO
コンマはいいやら悪いやら。少なくとも00偶数は大きそうだ
56 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 09:38:01.53 ID:8qjQedROO
少し進めます。
57 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 09:41:12.93 ID:8qjQedROO
「ちょっと待て。戸棚の上から2番目の引き出しを開けろ。俺から渡したいものがある」

男が言う。開けるとそこには……

01〜65 ボタンがあった
66〜85 青い宝珠があった
86〜95 爆弾?
96〜99 再判定
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 09:50:03.09 ID:defxTN8S0
hoi
59 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 09:58:25.61 ID:8qjQedROO
そこにはボタンがあった。……見覚えがあるものだ。

「『幸運のボタン』か」

「よく知ってるな。ある奴からふんだくったものだが、俺が持っていても宝の持ち腐れだ。
……俺らも最近の軍は好きになれねえ。頼むぜ」

「分かった。助かる」

俺は部屋を出ようとして振り返った。

「俺も名前を聞いておかないとな。お前の名は?」

「アルバートだ。アルバート・ザシュフォード」

※95以上で?????
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 10:00:54.98 ID:B7pI8LNa0
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 10:02:10.14 ID:defxTN8S0
すごい
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 10:21:39.04 ID:zncKGmwJO
ボタン壊れかけた
63 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 10:23:52.21 ID:8qjQedROO
※重要イベント発生

その名にノワールが反応した。

「ザシュフォード……まさか」

男は怪訝そうな顔をする。

「……俺のことを知ってるのか、嬢ちゃん」

「ううん、ただ昔読んだ歴史書にその名字があったから。多分、ただの偶然よね」

「どういうことだ?」

「今の歴史書――特に調停者シデと勇者ダナについては色々改竄されてるの。
特に『一族』関連の話はごっそり変えられてる。私も、最近になってようやくフェリシアさんから初版を読ませてもらったくらい。
……で、シデ一行に度々立ち塞がった男がいたの。その男が、ザシュフォード」

男が苦笑した。

「……俺がその末裔だってか?冗談きついな。……???」

アルバートと名乗った男は、何かに気付いたようだった。

「ちょっと待て、なぜ俺は最深部まで入れた?なぜアミールは、あんな重要な話を人に聞かれかねない場所でした?……まさかっ!?」

動揺した様子のアルバートに、タキが銃口を向ける。

「暴れるな。さもなくば撃つ」

「いや、ちょっと待ってくれ。……あいつらは『わざと』実験施設の存在を俺に教えていたんだ。俺が『素体』の候補だと、暗に知らせるために……」

「そうか!」

ノワールが叫んだ。

「それ、全然あり得るよ。ザシュフォードの記述に『魔法が効かなかった』とあるの。もし、クリムゾンに耐えられる戦士を作ろうとするなら、魔力耐性の遺伝子を持つかもしれないこの人は、十分候補になる。
とすると……このアルバートって人、意外と重要人物なのかも」

俺は驚き、もう一度アルバートを見た。年齢は俺よりやや上、くたびれたおっさんにしか見えないが……。

1 ここに放置する
2 アルバートを殺す
3 アルバートを同行させる
4 その他自由安価

安価下5多数決、考察必要
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/22(水) 10:31:24.63 ID:8nUfSmXVO
3 立ち塞がる敵は全て殺せ
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 10:32:34.70 ID:HyrRnUlmO
3
殺しても体の部品使ってなんかされそうだし
66 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 10:34:10.71 ID:8qjQedROO
>>64は無効とします。
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 10:46:02.93 ID:Kb/3nYLwO
1と2は好感度下がりそうなので3
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 10:51:44.81 ID:KDC/pyPAO
3 同上
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 10:52:38.04 ID:ojjiNcMdo

近くに置いてた方が色々と安全かな 殺したら殺したらで>>65のようになりそうだし
70 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 12:16:07.87 ID:IeMWpncTO
「かもな。アルバート、しばらく付き合ってくれ。その他の連中は、もう少しここで待ってもらう」

俺はアルバートをロープから解放した。

「悪ぃな。だが、あまり俺を当てにするなよ。魔法が効かないぐらいで、後は取り立て能力はねえ」

「それでも、道案内役には十分だろう。それに、『素体』候補なら奴らに対する牽制にもなる」

「……まあ、それもそうだな。お前ら、ここで待ってくれ」

部屋を出ようとするアルバートに「班長!無事に戻って下さい」と意識のある奴から声がかけられた。どうも現場指揮官ぐらいの権限はあったようだ。

「……で、この上は?」

「テルモンとファルーダの精鋭がいるはずだ。誰か知らんが、ここの責任者は結構なお偉いさんらしい。俺の上司も、上の人間だ」

「なるほど。だが、こちらの戦力からすれば強行突破もできるか?」

タキは厳しい表情を崩さない。

「各個撃破できるという条件付きだ。それに、相手の戦力も把握できてない。
目ぼしいのがいないと言っても、どうも現場と指揮の情報は遮断されている。どこまで鵜呑みにできるかな」

俺はアルバートを見る。

「一応聞くが、戦闘を回避できる方法は?」

……

※50以上で一応ある、80以上でよりリスクが小さい方法あり
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 12:17:23.48 ID:VUvTdWT1O
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 12:18:24.84 ID:VUvTdWT1O
悪い
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 12:19:46.10 ID:5wDfzS2rO
ドロップアイテム増えると割り切るしかないか
74 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 12:23:30.00 ID:IeMWpncTO
アルバートは首を振った。

「ねえな。たまたま警備が薄い幸運を祈るだけだ」

腹をくくるしかなさそうだ。

「分かった。俺が先頭で行こう。アルバートは真ん中に入ってくれ」

俺は慎重に階段を上った。

……

01〜25 ???????
26〜50 何者っ!?
51〜75 重装備の男女が歩いている
76〜99 誰もいない
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 12:23:41.85 ID:5wDfzS2rO
どう
76 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 12:24:18.75 ID:IeMWpncTO
ここで中断します。
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 15:44:00.53 ID:JDESXZhUO
コンマの乱高下か激しい
78 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 21:49:26.87 ID:2Q7zxWSQO
再開します。
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 21:55:11.32 ID:T49KymfkO
そういえばマリーンはどこにいるんだろう…
80 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 21:55:56.64 ID:2Q7zxWSQO
柄に手を添え、いつでも抜刀できるようにしながら階段を登りきった。……誰もいない。

「まだ先にいる可能性が高いぜ。誰かが絶えず見回っているはずだ」

アルバートが警戒した様子で言う。

「ノワール、この先の構造は?」

「確か……回廊の先にホールがあるね。そこを上ると、広目の広間がある。その先に下り階段があって、そこが最深部かな」

「まだ一山二山あるわけか」

T字路の先は……

75-賢さ(16)×2=43以上で成功
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 21:56:03.28 ID:T49KymfkO
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 21:56:40.65 ID:kggR2wn1O
ずれるならはい
83 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 22:00:16.12 ID:2Q7zxWSQO
(82を採用)
※65…成功

左から何かの物音がする。誰かがいる可能性が高いな。
俺は右に向かった。しばらく歩き、突き当たりを左に曲がる。

……

01〜10 ??????
11〜40 部屋から誰かが出てきた
41〜99 両端に4つほど部屋がある
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 22:00:26.96 ID:yGQDSdP8O
とお
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 22:00:28.13 ID:q2yaZDD7o
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 22:06:33.22 ID:yGQDSdP8O
上の階の方がいいものありそう
87 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 22:13:50.79 ID:2Q7zxWSQO
両端に4つ部屋がある。無視して先に進むかどうか、だ。

「基本は士官の個室だ。俺も全てを把握できてるわけじゃねえが。左手前は、俺の上官がいるはずだ。右奥も、確か誰かがいる」

部屋を襲えば、かなりの確率で無力化はできるだろう。ただ、恐らくは騒ぎを聞き付けられる。
静かに上に行ってしまえれば、それに越したことはない。

「この先は?」

「上の階は、お偉いさんの居住区だ。といっても、俺が最深部行ったときはアミールたちがいたがな。今もいるかは知らねえ」

「そもそも、どうやって最深部に見つからずに行けたんだ?」

アルバートが渋い顔になる。

「上の階、階段を上がったすぐの所に通気孔があるんだよ。まあ、今にして思えばわざわざ開けておいてくれてた感じだったがな。
そこから最深部に行けたというわけだ」

なるほど、そういうことか。とにかく、まずは目の前をどうするかだ。

「お前の上官はどういう奴だ」

「クソババアだよ。魔術師かなんだか知らねえがな。いちいち細かく粗探してきやがる。テルモンにいた時から腹持ちならなかった。
だが、魔術師としては一流らしいな。気を付けな」

タキの言葉に、アルバートはうんざりした様子を見せた。……さて。

1 左手前の部屋に入る
2 右手前の部屋に入る
3 左奥の部屋に入る
4 右奥の部屋に入る
5 駆け抜ける

安価下5多数決、考察不要
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 22:27:34.89 ID:+e2e5KT3O
とりあえず気配察知しない?
89 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 22:52:14.92 ID:2Q7zxWSQO
>>88
採用します。
90 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 22:54:37.77 ID:2Q7zxWSQO
「ノワール、気配察知を」

ノワールは頷き、集中し始めた。

……

100-知力(27)×3=19以上で成功
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 22:54:48.89 ID:+e2e5KT3O
92 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 22:56:59.60 ID:2Q7zxWSQO
※89…成功

「うん、分かった。……」

01〜10 ???????
11〜30 全部中に誰かいるね
31〜60 左奥だけ空き部屋
61〜90 左奥と右手前は空き部屋
91〜99 再判定
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 22:57:10.74 ID:XXOl48KvO
94 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 22:58:50.42 ID:2Q7zxWSQO
「左奥と右手前は空き部屋だね。ただ、たまたまいないだけかもしれない」

……さて。

1 左手前の部屋に入る
2 右手前の部屋に入る
3 左奥の部屋に入る
4 右奥の部屋に入る
5 駆け抜ける

安価下5多数決、考察不要
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 23:01:58.78 ID:ls5KGtkpO
1
魔術に長けてるなら多分隠密魔法も見抜かれてるから何かされる前にこっちから仕掛ける
96 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 23:16:21.58 ID:2Q7zxWSQO
上げます。
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 23:20:00.46 ID:jHr8BaM+0
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 23:22:52.58 ID:3ELqXIlQ0
左手前と右奥はどっちか選んでももう一方から援軍来られて挟み撃ちにされるんじゃ…?
ただこの情報得れる機会にかけぬけるだけってのもなぁ
だから2か3どっちか行きたい
ちなみにどの部屋も間取りの憶測だと同じ部屋の大きさなの?
99 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 23:25:57.98 ID:2Q7zxWSQO
>>98
そういう理解でいいです。

なお、単に離室中という可能性はそれなりにあります。
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 23:27:37.43 ID:9ibF4vfFO
2
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 23:29:30.91 ID:3ELqXIlQ0
じゃどっち選んでも運否天賦なだけで変わらんか

2で
102 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/22(水) 23:37:00.76 ID:2Q7zxWSQO
2で決定です。今日はここまで。

なお、2と3には微妙な違いがあります。階段から近い3の方が後方からの異常時に逃げやすく、前方からの哨戒に気付かれやすいのです。
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 23:49:55.65 ID:jHr8BaM+0
おつおつ
104 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 09:38:46.88 ID:xl0IR1N3O
少し進めます。
105 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 09:41:57.88 ID:xl0IR1N3O
「とりあえず、空き部屋を探そう。何かあるかもしれない」

俺は辺りを警戒しながら右手前のドアノブに手をかけた。

01〜10 ??????
11〜25 何者だ!?
26〜40 これは……?
41〜85 ごく普通の部屋だ
86〜95 ……これは??
96〜99 ??????????
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 09:42:29.77 ID:y5orfXzF0
107 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 09:44:39.80 ID:xl0IR1N3O
※再判定

奇数 一段階昇格
偶数 二段階昇格
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 09:45:09.84 ID:2LLDade0o
よっと
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 09:48:09.41 ID:08ZSi4wzO
ナーイスー
110 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 09:55:00.07 ID:xl0IR1N3O
「これは……何だ?」

そこは何かの整備室のようだった。機械油の臭いが鼻に突く。
そして、その中央に鎮座していたのは……2.5メドほどの、人型の機械だった。
右腕には剣状のもの、左腕には銃。兵器であるのは、一目瞭然だった。

アルバートを見ると、驚愕で目を見開いている。

「……俺が聞きてえよ……こんなものは知らねえぞ」

「パワードアーマー??この世界にもあったというのか??」

タキが珍しく声を震わせた。

「お前たちの世界にあったものなのか?」

「ああ。最新型の兵器だ。自律作動型と搭乗型とがあるが、こいつは……」

50以上で搭乗型
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 09:55:15.39 ID:gYOn92cDO
112 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 09:58:17.96 ID:xl0IR1N3O
「こいつは自律動作型だな。コクピットがどこにもない。しかし、そんな技術力があったとは……」

タキが機械を調べ始めた。

……

75-滝知力(22)×2=31以上で成功、失敗時再判定
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 09:58:31.85 ID:08ZSi4wzO
114 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 10:13:17.34 ID:xl0IR1N3O
※85…成功

「間違いない、こいつは俺たちの世界のものだ。この部品、D社のロゴが入っている。つまり、アミールは……」

「アミールもまた、タキたちの世界に行ったことがある!?」

タキは険しい表情で頷いた。

「そうとしか考えられない。だが、そうなると越後が何故アミールの側についたのか説明がつく。
元から、アミールと越後――あるいは、越後の背後にいる石上副総理とは、繋がりがあったのかもな。しかし、どうやって」

「可能性はなくはないわ。アミールはリナさんの兄なんでしょ?リナさんはヘルラさんの力を借りてるけど……自力で同じことができるのかもしれない。
時間遡行は、リナさんだけができるわけじゃないのかも」

そう言えばブレイズか誰かに聞いたことがある。ジェラードの血筋が、スナイダ家に流れていると。
そして、ジェラードも時間遡行が得意であったということも。「単独ではジェラードでも大幅な時間遡行は不可能」と言っていたが……。
アミールは高純度のオルディニウムの指輪を持っているという。ならば、できたとしても不思議ではないわけか。

だが、まずは目の前の代物をどうするかだ。こんなもんが作動したら、ただじゃ済まない。

「タキ、動かせたりするか?」

「これは私に任せて」

カレンが前に出てきた。そう言えば、カレンは工作兵でもあったな。

カレンは機械兵に近付くと、色々調べ始めた。

01〜10 ???????
11〜25 何をしている
26〜60 これは無理ね
61〜95 何者??
96〜99 あ、動いたわ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/23(木) 10:15:44.02 ID:08ZSi4wzO
116 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 10:23:30.52 ID:xl0IR1N3O
その時だ。

「周辺状況ニ異常確認、掃討モード発動シマス」

急に機械の目が光った?実は作動中だったのか!?

「マズいっ、一旦外に出ろ!一気に階段を登れっ!!」

俺はノワールの手を引いて部屋を出ようとする。その次の瞬間、機械兵の巨大な剣が横凪ぎに振るわれた!

80-器用さ(17)×3=29以上で回避
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 10:32:20.68 ID:08ZSi4wzO
118 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 10:39:56.13 ID:xl0IR1N3O
※68…成功

俺はノワールを抱えながらすかさずしゃがみ、回避した。

ドゴォン!!

轟音と共に壁が砕け散る。そして、それはゆっくりと銃口を俺たちに向けようとする。

「逃げろ!!」

部屋を出たと同時に、ダダダダダと銃声が響いた。左手前からは初老の女が、右奥からは中年の男が驚いたように飛び出してきた。

01〜25 誰かが負傷
26〜50 右奥の男が戦闘体勢に
51〜99 銃弾はまず初老の女に命中
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 10:42:13.35 ID:Pzh+MO0kO
ほいさ
120 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 10:46:37.72 ID:xl0IR1N3O
「何者だっ!」

右奥の中年男が銃を構えた。左奥の女もロッドを取り出している。機械兵は、まだ部屋から出ていない。……当面の敵はこの二人か!

「一気に階段を目指すぞ、一気にけりをつける!」

※50以上で先制
121 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 10:53:37.45 ID:xl0IR1N3O
訂正

「何者だっ!」

右奥の中年男が銃を構えた。左手前の女もロッドを取り出している。機械兵は、まだ部屋から出ていない。……当面の敵はこの二人か!
幸い、全員無事なようだ。機械兵が部屋から出る前に、速攻をかけるしかない!

「一気に階段を目指すぞ、一気にけりをつける!」

※50以上で先制
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 10:58:11.60 ID:v33AJpZRo
123 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 11:10:01.74 ID:xl0IR1N3O
※先制

俺は右奥の男に向けて駆け出した。狙いは腕。銃を落としてしまえば、恐らくは継戦不能になる。
アルバートの上司の女はタキたちに任せよう。まずはこの階から逃げ出すのが先決だ!

右手を柄に、左手を鞘に。右足を前に大きく踏み込み、腰は落とす。そして腰を切りながら刀を抜く……エコールで教わったように、俺は剣を抜いた。

75-器用さ(17)×3=24以上で成功
124 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 11:29:45.43 ID:xl0IR1N3O
上げます。
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 11:30:27.00 ID:08ZSi4wzO
126 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 11:34:02.53 ID:xl0IR1N3O
偶奇判定です。

奇数…不幸の宝珠発動、再判定
偶数…?????

コンマ下3

(なお、77ゾロ目で幸運のボタン消費を忘れていたため、別途発動を繰り延べます)
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 11:37:16.51 ID:b7N3jdJz0
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 11:37:29.75 ID:4gh6PLo3O
ほい
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 11:40:27.79 ID:IcopbzhX0
はあっ
130 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 11:45:45.62 ID:xl0IR1N3O
※不幸の宝珠発動、再判定
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 11:59:27.32 ID:b7N3jdJz0
132 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 12:34:04.60 ID:xl0IR1N3O
32…命中

ダメージ
コンマ下一桁×6+筋力(22)×6+知力(19)×5+80
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 12:36:30.57 ID:08ZSi4wzO
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 12:37:52.70 ID:mdxS65e4O
幸運のボタンはあくまで88、99を繰り上げるアイテムだった筈。前作の途中からクリティカル範囲が広まったから77でも発動するようになったってだけで

安価下
135 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 12:40:04.07 ID:xl0IR1N3O
ダメージ 524
上級士官残りHP 700-524=176

※50以上で銃を持つ指を切断

136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 12:40:24.56 ID:mdxS65e4O
137 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 12:41:02.79 ID:xl0IR1N3O
>>134
77も含まれると勘違いしていました。とりあえず、現状のまま行きます。
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 12:41:04.58 ID:ByPtRZlOO
気絶判定?
139 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 12:50:39.90 ID:xl0IR1N3O
俺は「村正」を一閃する。それは男の指を数本切断し、銃は弾き飛ばされた。

「あ"あ"あああっ!!き、貴様ら……!?」

俺はその勢いのまま走り出す。後にタキたちが続く。足が遅いノワールは、カレンが腕を引いていた。

「アルバートっ!?あんた一体何を??」

魔術師の女が叫び、ロッドの先に巨大な火球を作り出す。

……

01〜10 ???????
11〜40 女はそれを俺たちに放った!
41〜70 その次の瞬間、女は蜂の巣になった
71〜99 タキが女に銃を放った
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 12:53:55.79 ID:IcopbzhX0
はあっ
141 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 12:57:24.35 ID:xl0IR1N3O
「させるか」

タキは振り返り、女に銃弾を放った。

70-知力(22)×3=04以上で成功
(命中で女は死亡)
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 13:21:00.17 ID:gYOn92cDO
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 13:41:25.92 ID:8nHaHpKyO
これ一応クリティカルだけどどうなるかな?
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 13:41:55.83 ID:8nHaHpKyO
ごめん、勘違い

安価下
145 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 15:42:33.47 ID:TTpakzXdO
※17…命中

タタタタタ……

タキは立て続けに5発の弾丸を放った。魔術師の女はそれをもろに食らい、後方に吹っ飛ぶ。あの分では生きてはいまい。

機械兵はようやく部屋を出るかどうかといったところだ。動きが緩慢で助かっている。
階段がすぐそこに見えた。一気に駆け上がろうと、俺は脚に力を入れた。

……

01〜20 目標捕捉
21〜40 何だっ!
41〜99 (上層階へ)
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:43:01.97 ID:F07BcWYUo
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:45:18.25 ID:8dV0Ln5JO
これだと32階層は行けないか
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:48:22.00 ID:blw9BmomO
どうでもいいけど日本産の兵器は弾丸とかどこで調達してるんだろ。魔翌力弾と違うし弾数制限ある筈だよな
149 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 15:49:37.02 ID:TTpakzXdO
階段の一段目に足がかかり、そこから飛び跳ねるように上を目指した。機械兵も追っ手も追い付きそうもない。無事、ゼクスの中枢部に辿り着けそうだった。

問題は、ここからだ。俺は、目の前の重い扉を開ける。

……

01〜10 ??????
11〜20 五月蝿いですな
21〜40 何っ!?
41〜70 誰だ
71〜95 誰か二人が話し込んでいる
96〜99 ????????
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:49:48.60 ID:blw9BmomO
へい
151 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 15:53:46.50 ID:TTpakzXdO
>>148
機械兵については後程種明かしがあります。

また、滝の銃はオルランドゥの技術も取り入れた特殊銃です。クリムゾン(オリジナル)のダウングレード版ですが、これも後で説明があるでしょう。
カレンは手持ちのみですね。ただ、銃そのものはこちらの世界にもあるので、汎用品なら弾丸は流用できます。
152 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 16:16:45.53 ID:TTpakzXdO
扉の向こうにあったのは大広間だった。横の扉の奥が居住区なのだろう。先にはまた同じような扉がある。

大広間には長いテーブルがあった。そこでは男女が数人、食事を取っている。皆肌の色が浅黒い。耳も尖っている。……魔族か?
その奥に一人、やや肌の色が薄い、頬に傷にある長身の男がいた。周囲が騒然とするなか、男は一人冷静な様子だ。

「誰だ?」

「……魔族だな。お前がアルヴィスか」

男はやや驚いた様子を見せたが、再び平静を装い言った。

「……だとしたら?」

「連行させてもらう。……俺はイーリスの者だ」

※95以上で追加イベント
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:17:40.00 ID:ZFpK0rZzO
ほい
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:18:11.86 ID:ZFpK0rZzO
本当に申し訳ない
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:19:48.70 ID:y5orfXzF0
本当に00はシナリオブレイカーになりかねんなぁ
156 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 16:20:21.20 ID:TTpakzXdO
偶奇判定です。

奇数…パチ、パチ、パチ
偶数…そうか……

コンマ下3
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:20:31.47 ID:y5orfXzF0
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:21:08.78 ID:ZFpK0rZzO
たのむ↓
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:21:20.30 ID:F07BcWYUo
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:21:41.84 ID:Ywj5t2B+O
ナイス!
161 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 16:22:05.69 ID:TTpakzXdO
一時中断。
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:22:07.68 ID:y5orfXzF0
>>159
でかした
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:23:27.34 ID:3eVA4fxBO
(ここ最近00率高くてシナリオ破綻しないか心配だ)
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 17:43:00.31 ID:78yiVqnQO
前作のベネディクト関連もイマイチ消化不足になっちゃった感あるしなぁ
165 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 20:55:24.19 ID:+YP00e9fO
再開します。

>>164
彼は死に様含めて色々用意していたんですけどねえ……。
なお、今後彼は出ます。
166 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 21:15:04.07 ID:s2f482tuO
アルヴィスは静かに目を閉じた。

「アルヴィス様、こいつらを倒しましょう!」

周囲の魔族が剣や杖を構える。しかし、アルヴィスは動かなかった。

「やめろ。……恐らくは無駄なことだ。命を散らすことはない。
……そうか……。私の命運も、ここまでということだな」

そう言うと、奴は微笑んだ。

「……大人しく確保されると?」

「できれば抵抗したいがな。ここを任せてくれた、アミールへの恩もある。
だが、生憎そうもいかないらしい」

アルヴィスは肩口を見せた。そこは、血がかなり滲んだ包帯でびっしりと覆われている。

「一応命は今の所もっているがな。これで戦ったところで、結果は見えている。
それにお前の刀……『村正』だな。フレールが以前見せてくれた記憶がある。
国王に命運を託されたほどの男だろう。やるなら万全の状態でやりたかった」

アルヴィスは立ち上がり、俺たちの方に歩いてきた。そして、両腕を前に差し出す。

「連れていくなら連れていけ。ハスタの連中の恨みは理解している。
ただ、後ろの連中には手を出すな。俺を慕ってついてきた、最後の連中だ」

俺は戸惑いながら皆を見た。タキは頷き、ザックから手錠を取り出す。

「随分殊勝なことだが、任務は任務だ。遂行させてもらう」

ガチっと音が鳴り、アルヴィスの腕は拘束された。

「……ということだ。俺たちも無駄に殺すつもりはない。何もしなければ、お前らはこのまま放置するつもりだ。
後は好きに生きるといい。脱出手段も、どこかしらにあるだろう」

魔族の連中に呼びかけると、ある者は崩れ落ち、ある者は泣き叫んだ。抵抗の意思はないようだ。

俺はアルヴィスを見る。

「さて、イーリスに行く前にいくつか聞きたいことがある。
……まず切迫した問題からだ。お前の目付け役、いるんじゃないのか?」

……

01〜30 その時、奥の扉が開いた
31〜90 ご名答だ。中枢部で、何やらやっている
91〜99 ここにはいない
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 21:15:53.53 ID:syLvWc3Wo
はい
168 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 21:21:39.61 ID:s2f482tuO
「ご名答だ。俺はゼクスの責任者ということになったが、お飾りだ。
特に配下がいたのがお気に召さないらしくてな。俺もそれを知ってるから、運用は奴に任せている。
奴は今、中枢部で実験施設のメンテナンスをやっているようだな」

「誰だそいつは」

……

01〜30 ????????
31〜70 テルモン軍副司令官だ
71〜99 異世界から来た男、らしいな
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 21:22:20.76 ID:ifwgsh8VO
170 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 21:40:29.87 ID:s2f482tuO
※アルヴィスの一人称が定まっていませんが、「私」で脳内補完お願いします。



171 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 21:45:46.69 ID:s2f482tuO
「異世界から来た男、らしいな。名前は何といったか……タケシタ、といったか」

タキの表情が一気に変わった。

「タケシタ……竹下勇登かっ!?」

「下の名前までは知らない。だが、アミールの陣営に加わったのは私と同時だ。
奴は下の階にある機械兵とともにやってきた。アミールとは、旧知の仲だったようだが」

タキは顔を赤くしている。今にも下に押し掛けそうな勢いだ。

「兄さん、その竹下って……」

「火蓮は知らないのも無理はないな。東大院卒の制服組だが、工学の修士号を持つ変わり種だ。
『クリムゾン計画』の中枢にいる人物で……俺の仇だ」

「仇?」

タキは頷くと、それ以上は言いたくないとばかりに唇を噛んだ。

「なるほどな……ここで強化兵士の開発をしていたのがクリムゾンの適合者を探すためとすれば、
うってつけの人物をここに配置したということか。それにしても、準備が早いな」

「元々ここは、ジェラードという奴の施設だったと聞いている。連中も、魔力が効かない兵士を量産しようとしていたらしいな。
また聞きだが、ここをアミールが襲ったのもそれが狙いだったということだ」

アルバートが身震いする。

「とんでもねえ計画に巻き込まれそうになっていた、ってことか……。
だがそのタケシタって奴は、俺は知らねえぞ。どんな奴だ?」

「私も知らない。ただ、そこの男二人のような服を着ていたな。
戦闘力は、私の方が上のはずだ。武人らしい雰囲気は、微塵もなかったからな」

なるほど、制圧自体は簡単なようだ。ただ、珍しくタキが感情を制御できていない。それが少し気掛かりと言えば気掛かりか。

「分かった。一応、下の施設の破壊もするつもりだったからな。情報提供は助かる。
それともう一つ。……アミールの連絡先は知っているか?」

※35以上で知っている

172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 21:46:17.59 ID:gYOn92cDO
173 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 21:56:58.34 ID:s2f482tuO
「知っているが……それがどうした?」

「ああ、それが確認できればいい。後で、奴と交渉に出なければいけなくてな」

読みはずばりだ。アルヴィスが思いの外素直な男で助かった。
奴にとって、ロプト族のことだけが全てだったのかもしれない。望みが断たれた奴は、どこか抜け殻のようにも思えた。

「……交渉??一体何を」

「休戦交渉だ。詳しくは言えないがな」

アルヴィスはハハハと嘲笑った。

「アミールに休戦だと??面白い、一体どうやってそんなことをしようという?
アミールは自分の信念と能力と倫理観の枠内でしか生きられない男だ。奴のそういうところは嫌いじゃないが……。
私と相対したユリリエ、だったか?妹がお前たちの方にいることなど、何一つ苦痛に感じないぞ」

「生憎、交渉材料はそっちじゃない。……まあ、下の設備を壊せば、なおいいが」

俺は奥の扉を見た。

「……カレン、アルバートとアルヴィスたちの見張りを。一応、ロープに残りはあったよな?」

「確かあったと思う」

そう言うと、「悪く思わないでね」と手早くカレンは魔族たちを後ろ手に縛った。

「兄さん……何がその男との間にあったかは知らないけど……気を付けてね」

「善処する」

タキは頷いた。

※10以下で追加イベントA、11〜25以下で追加イベントB
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 21:57:11.82 ID:b7N3jdJz0
175 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:01:35.64 ID:s2f482tuO
※追加イベント両方ともなし

「さて……行きますか。ノワール、多分そのタケシタって奴には魔法が効かない。
後方から、さっきの武器で攻撃を頼む」

「分かったわ」

俺たちは奥の扉を開ける。暗い階段が、その下にあった。随分下の方には、薄明かりが見える。そこが、ゼクスの最深部だ。

※70以上で不意討ち可能
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:01:51.10 ID:syLvWc3Wo
はい
177 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:11:38.65 ID:s2f482tuO
「誰だっ」

階段を降り切ると少し高めの男の声が響いた。そして、俺たちの姿を見ると絶叫した。

「お前はっ……滝!!!何故ここにっ!!?」

「隣の男の任務に協力していたら、思わぬ収穫だったよ……。
この10年、お前のことを忘れたことはない。怜香の仇は、取らせてもらうぞ」

タキは銃口をタケシタに向けた。

……

80-賢さ(16)×3=32以上で成功
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:12:27.94 ID:iis/huyQO
そこそこの精度で狙い撃ちますよーっと
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:21:20.77 ID:kD7ydP2SO
要求値30そこらで90付近狙うのは危ない(ずれると1桁台になる)しやめた方がいいと思う
180 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:25:24.99 ID:s2f482tuO
94…成功

「待てっ!タキ、冷静になれ。よく見ないと分からないが……限りなく透明な、ガラスの壁がある。
向こう側には、銃弾は届かないぞ」

タキは撃つ手前で思いとどまり、「チッ!」と舌打ちをした。

「賢い奴がいるみたいだね。そう、実験対象が暴れて逃げ出すのを防ぐために、アミールに頼んで物理障壁を張らせて貰ったんだ。
しかも、外から一定以上の衝撃を受けるとセキュリティシステムが作動してレーザーが撃たれる仕組みになってた。
運がいい男だね、相変わらず」

タケシタという男は年齢は俺たちと同じぐらいだが、小太りで決して美形とは言えない風貌だ。
奴の前には巨大なタンクが二つ。そしてその前には人が一人入れるぐらいの透明な棺があった。

「……お前が怜香にしたこと、忘れてはいないぞ」

「さて、何のことかな?僕がその子のことをレイプしたって話、真に受けているのかい?
彼女が精神を病んで命を絶ったと聞いて、僕は悲しかったよ。そして、それを逆恨みする君にもね」

「ふざけるな!!学生だったお前が怜香をストーキングしていたことは間違いない!!!
何度殺してやろうと思ったか……。そして、ようやくその時が来た!!法もここには及ばない、報いを受けろ!!!」

タケシタはやれやれというように首を振った。

「一度僕を襲いかけた時は、君のお兄さんが止めてくれたんだったねえ。殺人罪にならずに、良かったと思わないのかな?
それに、この障壁を突破する手段は君にはない。君は黙って、僕が逃げるのを見ていればいいさ」

100-ノワール賢さ(24)×3=28以上で成功
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:25:39.78 ID:swtDMXLWO
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:31:23.00 ID:y5orfXzF0
それにしても00率やばいな。このスレだけで3回…
183 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:35:42.34 ID:s2f482tuO
※78…成功

「サイファー、ちょっといい?」

ノワールが小声で俺に耳打ちした。

「あいつ、『アミールが対物理障壁を張った』って言ってたわよね?ということは、魔法は通るんだと思う。
あくまで狙いは実験時の有事に備えること。つまり、被験者が脱走するのを防ぐためのものよ。
実際、見たところ対魔法障壁はないわ」

「何が言いたい?」

「つまり、魔法であのプラントをぶっ壊しちゃうの。私の読みでは、障壁を維持するジェネレーターもあそこよ。
それさえ消えれば、後はこっちのものってわけ。上手くすれば、あの小デブを瓦礫の下敷きにできるかもだけど」

にこっとノワールが笑った。あどけない少女のように誰もが思うだろうが、その中身は一筋縄じゃいかない女だ。

「何をそこのロリと話してるんだ?そこのイケメンは」

タケシタが苛立った様子で言う。それを見たノワールは、杖をプラントに向けた。

「暗黒の雷よ、落ちろっ!!」

……

01〜20 ビクともしない
21〜50 ジジジジ……と設備に異常が発生したが、壊れるまでには至っていない
51〜80 シュイーン……と音がした
81〜99 プラントが爆発した!!









184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:35:55.84 ID:swtDMXLWO
たあ
185 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:43:49.44 ID:s2f482tuO
ノワールが落とした二筋の黒い雷がプラントに落ちると、それはたちまち異変を起こした。
機械に強くない俺でも分かる。これは完全に壊れている。

「ピーッ、ピーッ、ピーッ」

警告音が複数鳴り始めた。タケシタは狼狽した様子になる。

「な……何だお前!??何をした!!!」

「ああ、あなた魔法見たことないんでしょ?『暗黒魔法』よ。闇の力を雷や雲の形で具現化するの。
まあ、使いこなせるのは私ぐらいだけどね。あなたに魔法は効かないのが残念だわ」

ニコニコと笑顔を崩さずノワールが言う。……レイプの辺りで完全に切れたな、これは。

やがて、爆発が複数起き始めた。これは巻き添えを食わないよう、一度階段に戻った方が良さそうだ。

「タキ!!一度避難するぞ」

タキは戸惑っていた様子だが、すぐに頷いて階段に向けて駆け始めた。

……

※15以下で誰かが負傷
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:44:07.15 ID:y5orfXzF0
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:45:01.90 ID:swtDMXLWO
妖怪さん出ちゃった
188 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:46:47.96 ID:s2f482tuO
※誰かが負傷

階段に辿り着いたと思った瞬間。強烈な爆風が俺たちを襲った。

……

01〜20 3人とも負傷
21〜40 タキとノワールが負傷
41〜70 タキが負傷
71〜99 サイファーが負傷


189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:46:58.64 ID:swtDMXLWO
任せて
190 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:49:06.65 ID:s2f482tuO
ダメージ
コンマ下一桁×40-耐久力(23)×6-5
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:49:28.14 ID:Zc239SKjO
あいあい
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:49:35.06 ID:FpcgGZW30
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:54:28.01 ID:y5orfXzF0
すまん…でも軽傷でよかった:;(∩´﹏`∩);:
194 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:54:48.87 ID:s2f482tuO
ダメージ 17
滝残りHP 550-17=533

俺とノワールは階段に逃げ込めたが、タケシタに気を取られ一瞬遅れて動いたタキは足の部分を爆風に巻き込まれた。

「ぐっ……!!しかし、これしきっ」

タキは右足の部分を押さえた。見た目上は軽く焼けた程度か。
そのことに安堵しながら、俺たちはタケシタがいた辺りを見た。

01〜25 ゆらり……とタケシタが立っている
26〜60 立ち上がろうとするタケシタがいた
61〜90 タケシタは瓦礫の下敷きになりもがいている
91〜99 タケシタは跡形もなくなっている
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:55:04.86 ID:aTpQs2zjO
196 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 22:59:26.48 ID:s2f482tuO
そこにあったのは、瓦礫の山だった。その一角に、うごめくものが見える。タケシタだ。
あの爆風でも命を落としていなかったとは……。恐らく、俺の着ている「DEMO」より性能のいいものを着ているのかもしれない。
ただ、それでもこの状況だ。控えめに言って、そう長くはないと感じられた。

そして、瓦礫の中にいるタケシタに向かってタキがゆっくりと歩を進める。

「……死が近づいてくる気分はどうだ?……怜香も感じたであろう気分だ」

※15以下で追加イベント

197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:59:37.91 ID:y5orfXzF0
はいっ
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:59:43.77 ID:CGC/mpm2o
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:59:50.83 ID:b7N3jdJz0
200 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 23:05:35.16 ID:s2f482tuO
※追加イベントなし

「たっ、頼むっ……い、命だけはっ……!!」

「命乞いか。三流の悪役でもしないな、そんな下手なやつは。
……怜香は手首を切って死んだ。最期の最期に正気に戻り、『死にたくない』と繰り返してな。
お前にも、ゆっくり死んでいってもらう」

そう言うとタキはタケシタの右肩の辺りを撃ち抜いた。

「ああああああああっっ!!!」

タキは奴の身体の自由を全て奪って、瓦礫に押しつぶさせる形で殺すつもりだ。完全にキレている。
このままタキのやりたいようにやらせてもいいが……。

※50以下で追加イベント

201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:05:59.07 ID:v33AJpZR0
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:06:04.33 ID:CGC/mpm2o
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:10:08.92 ID:F6geCZo7O
ノワールの病弱設定が空気だな。そんだけ大事にされてるって事なのかもだが…
204 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 23:10:40.08 ID:s2f482tuO
※追加イベントあり

「やめなよ、タキさん」

ノワールがタキに声をかけた。

「昔の彼女さんの仇、なんでしょ?苦痛を与えつくして殺したいというのは分かるよ。
でも、必要以上の苦痛を与えて殺しても、タキさんがそいつのレベルに落ちるだけだよ?
このまま死なせるだけでも、十分なんじゃないかな」

タキはそれでもタケシタを睨みつけている。俺は……

1 滝を支持する
2 ノワールを支持する

安価下5多数決、考察不要




205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:11:17.99 ID:8Z33U6lpO
2
最悪ノワールの魅惑の眼差し消費で
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:11:56.06 ID:v33AJpZR0
207 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 23:12:43.07 ID:s2f482tuO
>>203
病弱というより体力がないというべきですね。継続した探索ができないという辺りに反映されていますが、
今の所それがあまり問題になってないだけかと思います。
(なお、このミッションが終わったらノワールはしばらく寝ているはずです)
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:12:58.01 ID:y5orfXzF0
2
個人的に[ピーーー]よりも生き地獄を味わってもらいたい派だなあ
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:13:40.79 ID:/NayAkGS0
1
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:13:43.92 ID:PeVTYt+jO
2
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:14:09.55 ID:0ypdZy/Xo

時間を掛けすぎると状況が悪化するかもしれないから手早く
212 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 23:17:41.99 ID:s2f482tuO
「俺もノワールと同じ意見だ。今、お前にはレイラさんという女性がいるんだろう?
過去よりも今を生きるべきだと思うがな。どうせこいつは、もう助からんだろう」

タケシタの右肩からは血が溢れていた。出血の度合いや瓦礫の状況からして、ここから生還というのはよほどの奇跡が起きない限りは無理だろう。

俺はタキの目を見た。

……

80-魅力(14)×2=52以上で成功
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:17:56.63 ID:PeVTYt+jO
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:26:44.13 ID:y5orfXzF0
何か漁ったら落ちてないかなー
215 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 23:28:50.85 ID:s2f482tuO
※63…成功

「……分かった。お前たちの言う通りだ」

タキは大きなため息を一つついた。そして、タケシタを睨む。

「良かったな、苦痛はほんの少し減った。まあ、そこでせいぜいゆっくり死んでいくといい」

「あ……あっ……」と呻くタケシタを後に残し、俺たちは去った。これで、所期の目的は大体達成されたことになる。
後は、アルバートの部下の救出くらいか。……機械兵をどうやり過ごすか、という問題はあるが。

##########

「兄さん!!どうだった!?」

上に戻ると、カレンが出迎えていた。特に何も問題はなかったようだ。

「用は全て済んだよ。……後は、アルヴィスを連れて去るだけだ」

ふとアルバートを見ると、武具の類を持っている。

「これは??」

「ああ、少々暇だったんでな。少し家探しした次第だ。
アルヴィスって奴の得物は、本人のたっての希望で一緒に持っていくことになったが……自分の墓に埋めたいんだとさ。
だからそこまでたくさん収穫があったわけじゃない。小剣でいいのがあったからこれは俺が使うとして、だ。
世話になった礼も兼ねて、これをやるよ」

アルバートが差し出したのは……

01〜30 ブーツだ
31〜60 グローブだ
60〜97 ティアラだ
98、99 再判定(神器濃厚の武器)
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:29:03.92 ID:y5orfXzF0
やあー
217 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 23:32:43.54 ID:s2f482tuO
差し出したのは、宝石がちりばめられたティアラだ。

「これ……大分高価なモノだろう?売ればいい値段になるんじゃ……」

「まあな。だが、危うく実験動物にされそうだったわけだ。このぐらいは、な。
あと、元盗賊としての勘が言っているが、防具としても相当なもんだぜ。そこの嬢ちゃんには、ちょうどいいんじゃねえか」

ノワールはアルバートからティアラを受け取った。

……

01〜30 3000マドル程度の品
31〜60 5000マドル程度の品
60〜90 7000マドル程度の品
91〜99 神器級

218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:32:54.78 ID:6I7ULplMO
219 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/23(木) 23:36:31.65 ID:zm+FCqjIO
今日はここまで。
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:37:22.61 ID:v33AJpZR0
おつです
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:40:18.71 ID:eJ6/83tf0

タケシタの死亡が確認出来てないのが不安ではある。
まあ、助けは来ないとは思うが。
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:43:11.99 ID:CGC/mpm2o
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:48:47.75 ID:6I7ULplMO
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 02:26:52.64 ID:LCUTZuRl0
ぜってーやばい何かになって帰ってくるわ竹下サン
225 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 10:45:48.55 ID:hOifR3E2O
再開します。
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 10:53:53.51 ID:LCUTZuRl0
結局機械兵のところに行くなら何かしら部屋漁りたい気もするな
227 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 11:10:15.37 ID:hOifR3E2O
「これ……結構すごい品なんじゃ。あ、裏側に何か彫ってある。『我が娘ジュリアへ 父より』だって。
あのジュリア・オーディナルの品だったのかな」

ノワールは首を捻りながら、帽子を脱いでティアラを付けた。白銀の髪に白銀のティアラはよく似合う。

「うん、やっぱりいい品だね。アルバートさん、ありがと」

「お、おう。……てか、このぐらいの娘がいても不思議じゃねえ歳なんだよな……」

アルバートは顔を少し赤くしながら苦笑した。ただ、彼が40代前半だとしても27の娘はまずいないと思うが、そこは黙っておいた。

・「皇女ジュリアのティアラ」
HP+40、コンマ修正10、ダメージ修正10、ダメージ軽減40
知力、賢さ、魅力+3
戦闘時88、99が00偶数扱いに

ノワール(持ち越し2p)

HP 109+140(249)
筋力 1+5(6)
知力 20+10(30)(上限)
器用さ 2+2(4)
賢さ 17+8(25)
耐久力 2+1(3)
魅力 16+7(23)
好感度 289

コンマ修正 25
ダメージ修正 85
ダメージ軽減 100

※成長判定時、HPの上昇がコンマ下÷6
※筋力、器用さ、耐久力の上昇には通常のポイント+1必要

【技能】
・暗黒嵐
同時5体まで攻撃可能、ヒットで相手を盲目化
・高速治癒
1ターン使ってコンマ下一桁×5+知力(現在17)分回復
・敵感知
周辺の敵を感知
・精神感応
言葉が通じにくい相手と初歩的な会話が可能
・肉体増強
戦闘中のみ使用可能、一時的にHP+30耐久力+3、自分には使えない
・破邪術
アンデッド系相手に乗数+2
・魅惑の眼差し
魅力関連で一日一度だけ強制成功
・連続魔
2回連続魔法攻撃可能
・光の矢
ダメージ
コンマ下一桁×x+知力×x+ダメージ修正
(相手の防具修正を無視、遠距離攻撃)
・暗黒剣
相手の防御修正を無視して以下のダメージ
コンマ下一桁×x+知力×x+筋力×y+魔法ダメージ修正
※近接戦闘時のみ、前作と違いエリリルの効果なしに注意
・結界の霧
戦闘開始時に強制的に発動、全員へのダメージを1回だけ2分の1にします(不意討ち時は無効、ノワールのターンになってから発動)
(現状だと最速発動します)
・治癒の霧
1ターン消費で全員のHPを回復
(コンマ下一桁×x+知力×x)
・蘇生術
気絶状態を確率で回復、HP0以下のダメージを負ったキャラを一定条件下で低確率で蘇生(死者は蘇生できない)

※その他、隠密魔法など各種基礎魔法

【装備】
・「魔術師ダルフの杖」
HP+50、ダメージ修正50、ダメージ軽減20
筋力、知力、賢さ+4
クリティカル倍率+1倍、遠距離から暗黒剣発動可能
・魔力糸の服
ダメージ軽減15、器用さ、魅力+1
・「皇女ジュリアのティアラ」
HP+40、コンマ修正10、ダメージ修正10、ダメージ軽減40
知力、賢さ、魅力+3
戦闘時88、99が00偶数扱いに
・工芸師フィオナの指輪
コンマ修整10、HP+20、ダメージ修整15、ダメージ軽減15、全パラメーター+1
・指輪『ヴィルヤ・レプリカ』
HP+20、コンマ修正5、ダメージ修正10、ダメージ軽減10、知力、魅力+
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 11:25:06.44 ID:07IEpxGYO
前から思ってたけどターン毎に回復できるキャラは次の戦闘までに時間が空くならそれなりに回復するのかな
229 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 11:34:22.98 ID:hOifR3E2O
「さて、じゃあ下に行きたいところだが……問題はこの下の様子だな。
機械兵がまだ動いているようなら、かなり心しないとまずいが」

「機械相手だと私じゃ分が悪そうだね。盲目は効かないだろうし……。カレンちゃん、交代してもらっていい?」

「ええ、分かったわ。兄さん、足は大丈夫?」

カレンが心配そうにタキを見た。

「この程度なら問題はない。二階の連中を解放すればいいんだったな」

「ああ。機械兵との戦闘は、できれば回避したいところだな。食らったら少なく見積もっても重傷だ」

俺は頭上を大剣が通り過ぎて行った時のことを思い出した。
控えめに言っても、直撃していたら壁に叩きつけられていただろう。最悪、両断され即死か。
ましてあの回転式銃から放たれる銃弾の威力など考えたくもない。

俺は冷や汗を背中に感じながら、階段をゆっくりと降りた。

……

01〜10 目標補足
11〜30 ……近くにいる
31〜50 右側の通路か
51〜70 距離は遠い、下り階段近くか
71〜99 気配がない
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 11:34:51.94 ID:LCUTZuRl0
231 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 11:37:00.95 ID:hOifR3E2O
>>228
そう理解してもらって結構です。つまり滝はHP全快しています。
232 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 11:43:09.56 ID:hOifR3E2O
階段下についたが、何一つ音はしない。代わりに感じたのは濃い血の臭いだ。
俺が指を切った中年の男も、ボロ屑のように全身を撃たれ絶命していた。
俺たちが選ばなかったルートにも、死骸が点々としている。目標を失った機械兵は、殺戮の限りを尽くしたようだ。

「酷い……こんなことが下で起きていたなんて」

「あの厚い扉が、下の物音を遮っていたのだろうな。階段が狭く、機械兵が上に行けないのも幸いしたんだろうが」

カレンは口を覆う。……生存者はいるのだろうか。

※80以上で生存者あり
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 11:43:20.70 ID:07IEpxGYO
m
234 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 11:51:04.74 ID:hOifR3E2O
※生存者なし

慎重に歩を進めたが、見えるのは無残な死骸ばかりだ。ある者は腕を切り飛ばされ、ある者は上半身と下半身が分かれた状態で転がっている。
その酷さに俺も吐き気を覚えながら、自分たちが犠牲者にならなかったことにどこかで安堵してもいた。

そして、こうも思っていた。
「こいつが地上に解き放たれていたら、どんなことになっていたのか?」

ここに来て分かったのは、アミールは力を追い求めることに貪欲だ。クリムゾンに飽き足らず、機械兵まで導入しようとしていたとは。
奴の手勢はかなり減っている。手負いだったフレールが回復していたとしても、俺たちの方が圧倒的に戦力では勝っているはずだ。
だが、ゼクスでの計画がもし順調に進んでいたとしたら……形勢は大きく逆転していたかもしれない。

しばらく歩くと……

01〜30 階段が大きく崩れている???
31〜60 動かなくなった機械兵がいた。……
61〜99 動かなくなった機械兵がいた

235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 11:51:29.99 ID:xYbbeTTqo
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 11:51:54.39 ID:C1m1WrmAO
ボタン発動ですな
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 11:53:35.69 ID:uM202BXXO
相変わらずボタン君は貰ってから壊れるまでが早い…
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 12:04:09.79 ID:LCUTZuRl0
貰った直後の判定で壊れた初代よりはマシだべ…
239 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 12:22:40.12 ID:hOifR3E2O
※ボタン発動、強制00偶数クリティカル

そこには動かなくなった機械兵があった。抵抗の跡からか、ところどころ大きく壊れている。

「……相討ち、という感じか。よく止められたもんだな」

機械兵の横には、傷つき息絶えた青年がいた。彼が命を投げうって、こいつを止めたのだろう。
……よく見ると、服が「DEMO」に酷似している。彼も異世界から来たのだろうか。

「……!!こいつは……海渡二尉」

「本当!?……嘘でしょ……」

カレンは目に涙をためている。二人の知り合いだったのか。

「文科省からの出向だよ。優秀な技術者で、火蓮の恋人とも仲が良かった。
だが、親が大臣か何かでな……石上派につかざるを得なくなった。まさかこっちに来ているとは……。
あるいは、竹下の部下だったのかもしれんな」

機械兵のメンテナンスをする奴がこの階にいないのは不自然と思っていたが、そういうことか。
タキとカレンは、カイトという男の死骸の前で手を合わせる。俺もそれに倣って、祈りを捧げた。

しばらく祈りを捧げ、もう一度周囲を見回した。
……カイトの死骸の近くに、二つ何かが落ちている。金属の瓶のようなものだろうか。

「これは……拡張ユニット」

「何だそれは?」

「『DEMO』は拡張ユニットで性能を高めることができる。これらもそうだ。
俺の時はまだ実戦配備まで行っていなかったが、いつの間に」

タキが静かに言った。

「どういうものなんだ、それらは」

「……一応、何のユニットか書かれているな。『防壁』と『加速』、だそうだ。
防壁の方は10分に一度、全てを遮断する防壁が張れる。加速は同じく10分に1度、身体の速度を大きく引き上げるという。
昔、レクチャーでそういうユニットを導入予定とは聞いていたが、な。
多分、俺とお前で一個ずつだが……どちらがいい?」

1 防壁
2 加速

安価下3多数決、考察不要
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 12:24:44.52 ID:RwW/XV0LO
1
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 12:25:03.47 ID:LCUTZuRl0
1
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 12:39:34.25 ID:Rh/DWCF+O
サイファーも滝も相性抜群すぎるなぁ
243 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 12:45:33.20 ID:hOifR3E2O
中断します。なお、00偶数の効果はまだあります。
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 13:44:01.25 ID:RwW/XV0LO
(一度リナが遡った世界がかつてヘルラがいた時代のパラレルワールドだったのならこれから飛ぶ世界も滝たちの世界とはまた違う世界になっちゃうなんてことは…)
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 13:47:29.67 ID:RwW/XV0LO
それとこっちと向こうの時間の流れ方とかどうなってるん?
246 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 15:24:47.52 ID:ZPtLXfXNO
>>245
あまりネタバレにならないように言うと……サイファーたちの世界は、「過去からみたあり得たかもしれない未来」です。
リナたちの「避難」で時間の連続性は断たれ、過去からサイファーたちの世界には繋がらなくなっています。逆も然りです。関係性もその時点で固定されています。

このため、サイファーたちの世界と滝たちの世界は「本来は繋がっていた平行世界」ともいうべき位置付けになります。
このため、時間の流れも同じになりますし、滝たちの世界で起こした行動でサイファーたちの世界の前提が変わることもありません。
247 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 20:21:16.87 ID:5xiasG6DO
再開します。
248 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 20:30:41.50 ID:5xiasG6DO
「『防壁』、だな。どうやって使うんだ、これ」

「胸の所に格納スペースがある。ここに差し込むだけで起動する。
ユニットは『DEMO』だと2つまで装着できるらしいな。俺のは試験型だから、こいつだけだ」

ユニットを差し込むと、カチリと音がした。

「防壁を使いたい時は、『ユニットA起動』とさえ言えばいい。
そのヘルメット内の音声認識システムが聞き取ると、一度だけ全てを遮断する防壁がお前の周りに発生する。
だが、あくまで守れるのはお前だけだ。使いどころを間違えるなよ」

※「DEMO」の特殊能力に「完全防壁」が発生しました。
全攻撃を完全遮断します。(さすがに核攻撃のようなレベルは無理ですが、相当程度まで無効化します)
1戦闘につき1度だけ発動します。発動タイミングは筆者が決めますが、多数決を取ることもあります。
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 20:41:55.78 ID:7WFKXMlTO
ヘルメット越しにイケメンと見抜く竹下さんイケメンへの憎悪がやばそう
250 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 20:41:58.51 ID:5xiasG6DO
「……しかし、海渡の形見がこれとはな。自分から進んで戦場に赴くタイプじゃない。
大方、竹下か上官に無理やり連れてこられたのだろうな。こいつは、大切に使わせてもらう」

「加速ユニット」を装着し、タキは静かに言った。

カレンはしばらく呆然と立っていたが、ふと何かに気付いたように「あっ」と言った。

「そう言えば……竹下という奴はどうやってこれを使おうとしたんだろう?
リモートコントロール、できなかったのかしら」

そう言えばそうだ。海渡がメンテナンス担当者なら、臨時停止の方法は知っていたはずだ。

俺は海渡の死骸をもう一度調べた。近くには、銃弾か何かで壊された細長い物体が転がっている。

「臨時停止をしようとしたが、リモコンが先に壊されてしまったんだろうな。
そこで、実力行使に出たということか。……一応こいつももらっておこう」

タキはそれを懐にしまった。

※70以上で追加情報、ファンブル(00奇数以外)なし
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 20:42:09.87 ID:+209zqnso
はい
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 20:43:57.64 ID:7WFKXMlTO
調整
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 20:44:38.97 ID:7WFKXMlTO
すいませんミス
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 20:50:33.65 ID:8Ma4ijeRO
最近またスナイパー戻ってきた??ゼクスからの安定感すごい
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 20:56:04.13 ID:HIX06I4yO
ぶっちゃけ鯖時計のズレと書き込みのラグを把握すれば誰でも狙える
256 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 21:02:42.74 ID:5xiasG6DO
※追加情報あり

さらに離れた所には、彼の電話も転がっていた。俺はそれを拾い上げる。
壊れているものかと思ったが、薄くひびが入っている程度だった。……俺たちの知る電話と、少し違う。

「これは……私たちの世界の電話ですね。『スマートフォン』と言ってますが。
まだ、電源が入ってるみたい。ちょっといいですか」

カレンは少し弄ってみたが、「セキュリティコードが分からない……」と言って黙ってしまった。

「ランダムさんに、後で見てもらおう。こういうのは、彼が強そうだ」

「ですね。これももらっていきましょう」

カレンはカイトの死骸を再び見た。悲しみに満ちた表情で、「じゃあね、いっくん」とポツリと言う。
彼もまた、カレンにとって大切な存在の一人だったのだろうか。そのことを聞きたいと思ったが、今はその時ではない。

#############

階段を降りアルバートの部下がいる部屋に入ると、「上で一体何があった?」「本当に来てくれたのか!」との声が上がった。
俺に手首を切られた男も、恨めしそうな顔をしたが一応無事ではあったようだ。
一人一人縄を解き、その上で帰還のルーンを渡す。これぐらいの人数なら、一枚でいいだろう。

「帰還先は、今の所モリブスのユングヴィ教団本部前になっていると思う。
教団の受付に『ブレイズに会わせてくれ、サイファーからの紹介だ』と言えば、話が通りやすいだろう。
後は、いいようにしてくれるはずだ。モリブスに残ったっていい。今、あそこの政情は安定しているからな」

「アルバート班長は?」

「彼には俺たちと同行してもらうつもりだ。……存外、重要人物であることも分かったしな」

少しざわざわとしたが、俺はそれについて説明せず「後は好きなようにしてくれ」と踵を返した。

……

10以下で追加イベント(再判定)
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 21:03:57.95 ID:HIX06I4yO
おぅ
258 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 21:30:23.84 ID:5xiasG6DO
##########

「あ、サイファー。無事終わったみたいだね」

ノワールたちの所に戻ると、特に異常はなかった。アミールかフレール、あるいはドワーキンが来る可能性も少し感じていただけに、俺は安堵した。

「まあな。機械兵は、ある男が相討ちで止めていたよ。そいつも、タキたちと同様異世界人だったようだが……。
とにかく、ここはもう用済みだ。引き揚げよう」

俺たちはアルヴィスの部下の拘束も解いた。

「そう言えば、ここにはどうやって来た」

「一度簡易ゲートでテルモンに飛び、そこからアミールに連れて来られた。
『傷を養生してください、腕利きの医者がいます』ということだったがな。
……話はさっき、そこの魔族混じりの女に聞いたよ。ことによると、私も実験素材にされていたのかもな」

アルヴィスがここにいた理由が、分かった気がした。彼もまた、利用されていたのだろう。

「じゃあ、どうするか。俺たちはこれからイーリスに戻る。だが、お前たちの部下が一緒に戻ったところで捕まるだけだろう。
帰還のルーンを渡せば、モリブスには行けるだろうが……」

「……私は彼らの判断を尊重するよ。……お前たち、よくここまでついて来てくれた。
だが、これ以上付き合って命を無駄にすることもない。せめて、好きに生きてくれ。
魔族が迫害されない国を、私は作りたかった。だが、図らずとも私は故郷の破壊に手を貸してしまった。
私は自らの命で自らの過ちを正そう。……後は、お前たちの判断次第だ」

……

※50以上でモリブス行きを選択
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 21:30:42.88 ID:cwDbaBsZO
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 21:30:47.51 ID:Z6EkMJ3DO
261 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 21:52:58.39 ID:5xiasG6DO
※クリティカル

「アルヴィス様についていきます!」「いや、アルヴィス様の意思を尊重すべきだ」……

アルヴィスの部下が言い争う中、一人の女が「私の話を聞いて」と話し始めた。

「私たちを襲った、かの大魔王エイリークを騙る女が言っていた『魔族としての誇りは、テロに走ることか』との言葉。
……どうにも心に引っかかってはいましたが、あるいはそのことは正しいのかもしれない。
そして彼女はこうも言いました。『誇りが真にあるなら、他者と交わりつつ戦え。武器ではなく、言葉で』と。
ならば、一からやり直せる土地に行くべきではないでしょうか。
魔族は、元はモリブス近くで栄えた種族と、歴史書で読みました。かつては、世界を三分する国を築いたとも。
モリブスなら、他の土地よりも受け入れる素地はあるはずです」

凛とした声で女が話すと、皆それに聞き入った。相応の地位の女性であるらしい。

「イシュタル、お前……」

「あなた、彼らは私が引き取ります。あなたの意思は、私が継ぎます。形は変わるでしょうけど」

アルヴィスは唇を噛み、俯いた。

「……すまない。苦労をかけた」

「いいんです。あなたの想い、よく理解しているつもりですわ。
サイファーさん、とおっしゃいましたね。モリブスには知り合いが?」

「ええ。政変が起きていましたが、今は沈静化しています。
今の総領事、ベーレン侯は穏健で聡明な人物です。私とも繋がりがある。
ユングヴィ教団の実質的指導者であるブレイズ氏にも、話を通しておきましょう。悪いようにはしないはずです」

「ありがとうございます」と、イシュタルと名乗る女性は深く頭を下げた。
俺は彼女に帰還のルーンを渡す。

俺がシェルミィの電話を取り出しイーリスに帰還しようとすると、イシュタルが何かを取り出した。

……

01〜20 幸運のボタンだ
21〜80 不幸の宝珠だ
81〜99 奇跡の首飾りだ

※ファンブルなし
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 21:53:10.73 ID:4V12lxC5O
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 21:54:56.96 ID:LCUTZuRl0
一番の当たりだ
264 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:02:05.16 ID:5xiasG6DO
彼女が差し出した箱の中には、不幸の宝珠が入っていた。

「お守り代わりにと、持ち出したものです。モリブスでどうなるか分かりませんが……。心ばかりの御礼です」

「……いいのですか。アルヴィスは、あなたの夫と見ました。最愛の男を連れ去る私たちに、そのようなことを……」

「いえ、アルヴィスの想いを遂げる別の手段を、あなたは用意してくださった。
ならば、それに報いるのが筋でしょう。それに、あなたならアルヴィスを無下には扱わない。そう思いましたの」

俺は単にここで野垂れ死ぬことはないと思っただけなのだがな……。しかし、貴重品であるのは間違いない。
俺はありがたくそれを貰っておくことにした。

「ありがとうございます。……じゃあ、行くか」

俺はシェルミィの電話を起動した。しばらくすると、空間に歪みができる。

「さらばだ、イシュタル。……達者でな」

「ええ。……さよなら、兄さん」

###########

※ミッション「アルヴィスを確保せよ」を達成しました。
265 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:03:49.31 ID:5xiasG6DO
成長判定に入ります。サイファーから始めます。

HP コンマ下÷4上昇(10以下は再判定)
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:04:01.25 ID:uMCDWQa9o
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:04:05.02 ID:DjvtZk94O
ほい
268 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:08:23.52 ID:5xiasG6DO
成長ポイントを決めます。

01〜33 3ポイント
34〜66 4ポイント
67〜99 5ポイント
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:08:46.82 ID:DjvtZk94O
コンマなら任せろ
270 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:11:26.93 ID:5xiasG6DO
5ポイントの上昇です。持ち越し分1ポイントを合わせ、6ポイントを振り分けてください。
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:12:20.07 ID:LCUTZuRl0
器用1筋力1耐久1
272 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:14:54.81 ID:5xiasG6DO
サイファー(持ち越し0p)

HP 194+210(404)
筋力 13+10(23)
知力 8+11(19)
器用さ 8+10(18)
賢さ 10+6(16)
耐久力 19+9(28)
魅力 13+1(14)

コンマ修正 45
ダメージ修正 130
ダメージ軽減 125

【技能】
・簡易治癒……
1ターン使ってコンマ下一桁×2回復
・かばう……
任意の相手のダメージを肩代わりする、自身へのダメージ半減
・フロントガード……
攻撃しない代わりに前列への物理ダメージ4分の1
・バックガード
攻撃しない代わりに後列への物理ダメージ4分の1
・カウンター
回避クリティカルの際のカウンターダメージが強制2倍ダメージ
・オートカウンター
かばうごとにダメージ後カウンター攻撃発生。命中に大幅ボーナス、ダメージ2倍
・不屈の誓い
1戦闘につき1回のみ使用可能
1ターンのみ全攻撃をサイファーに集中、ダメージを4分の1に。
攻撃を受けるたびにオートカウンター発動
・強撃
1ターン消費してダメージ2倍or確定不意討ち時のダメージを2倍

【装備】
・神器「村正」
HP+50、筋力、知力、器用さ+4、ダメージ修正70
ダメージ判定に筋力と知力の両方が乗る
ダメージの4分の1HPが回復
対生物ダメージ1.5倍
クリティカル時ダメージ3倍
・防護服「DEMO」
HP+50、コンマ修正15、ダメージ修正20、ダメージ軽減30
魅力以外の全ステータス+2、魅力のみ-2
魔法攻撃無効、毎ターンHP50回復
魔法の使用は不可に
・小盾「ケレゴルムの盾」
HP+30、ダメージ軽減25、知力、賢さ、耐久力+2
相手のダメージ判定が85以上ならダメージ半減
・魔力糸の革靴
HP+10、ダメージ軽減10
・マリオの手甲
HP+30、コンマ補正10、ダメージ修正15、ダメージ軽減35
筋力、器用さ、耐久力+3
朦朧攻撃可能、発動75以上、維持55以
・工芸師フィオナの指輪
コンマ修整10、HP+20、ダメージ修整15、ダメージ軽減15、全パラメーター+1
・指輪『ヴィルヤ・レプリカ』
HP+20、コンマ修正5、ダメージ修正10、ダメージ軽減10、知力、魅力+2

ノワールです。

HP コンマ下÷6上昇(10以下は再判定)
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:15:32.98 ID:lyFqOOUhO
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:17:35.24 ID:lyFqOOUhO
そういやサイファーは魔法遮断あるから知力の優先度は幾分下がるか

安価コンマきてたら下
275 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:18:37.89 ID:5xiasG6DO
成長ポイントを決めます。

01〜33 3ポイント
34〜66 4ポイント
67〜99 5ポイント
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:19:00.93 ID:lyFqOOUhO
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 22:21:14.36 ID:5xiasG6DO
5ポイントの上昇です。持ち越し分2ポイントと合わせて7ポイントを振り分けてください。
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:21:46.33 ID:A4dPHl99O
この後ヘカテルイベントも待ってるので魅力18スキル優先で魅力2
279 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:24:26.96 ID:5xiasG6DO
好感度 コンマ下一桁上昇
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:24:37.94 ID:DSjY+6QaO
:;(∩´?`∩);:
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:28:09.85 ID:LCUTZuRl0
それにしても前作からここまでの成長判定で一度も00出てない
282 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:34:08.38 ID:5xiasG6DO
ノワール(持ち越し1p)

HP 125+140(265)
筋力 1+5(6)
知力 20+10(30)(上限)
器用さ 2+2(4)
賢さ 17+8(25)
耐久力 2+1(3)
魅力 18+7(25)
好感度 293

コンマ修正 25
ダメージ修正 85
ダメージ軽減 100

※成長判定時、HPの上昇がコンマ下÷6
※筋力、器用さ、耐久力の上昇には通常のポイント+1必要

【技能】
・暗黒嵐
同時5体まで攻撃可能、ヒットで相手を盲目化
・高速治癒
1ターン使ってコンマ下一桁×5+知力(現在17)分回復
・敵感知
周辺の敵を感知
・精神感応
言葉が通じにくい相手と初歩的な会話が可能
・肉体増強
戦闘中のみ使用可能、一時的にHP+30耐久力+3、自分には使えない
・破邪術
アンデッド系相手に乗数+2
・魅惑の眼差し
魅力関連で一日一度だけ強制成功
・連続魔
2回連続魔法攻撃可能
・光の矢
ダメージ
コンマ下一桁×x+知力×x+ダメージ修正
(相手の防具修正を無視、遠距離攻撃)
・暗黒剣
相手の防御修正を無視して以下のダメージ
コンマ下一桁×x+知力×x+筋力×y+魔法ダメージ修正
※近接戦闘時のみ、前作と違いエリリルの効果なしに注意
・結界の霧
戦闘開始時に強制的に発動、全員へのダメージを1回だけ2分の1にします(不意討ち時は無効、ノワールのターンになってから発動)
(現状だと最速発動します)
・治癒の霧
1ターン消費で全員のHPを回復
(コンマ下一桁×x+知力×x)
・蘇生術
気絶状態を確率で回復、HP0以下のダメージを負ったキャラを一定条件下で低確率で蘇生(死者は蘇生できない)
・カリスマ(new)
戦闘開始時、魅力判定成功で最初の一発だけ不意討ち扱い

※その他、隠密魔法など各種基礎魔法

【装備】
・「魔術師ダルフの杖」
HP+50、ダメージ修正50、ダメージ軽減20
筋力、知力、賢さ+4
クリティカル倍率+1倍、遠距離から暗黒剣発動可能、遠距離攻撃も可能
・魔力糸の服
ダメージ軽減15、器用さ、魅力+1
・「皇女ジュリアのティアラ」
HP+40、コンマ修正10、ダメージ修正10、ダメージ軽減40
知力、賢さ、魅力+3
戦闘時88、99が00偶数扱いに
・工芸師フィオナの指輪
コンマ修整10、HP+20、ダメージ修整15、ダメージ軽減15、全パラメーター+1
・指輪『ヴィルヤ・レプリカ』
HP+20、コンマ修正5、ダメージ修正10、ダメージ軽減10、知力、魅力+2

火蓮です。

HP コンマ下÷4上昇(10以下は再判定)
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:34:19.28 ID:LCUTZuRl0
はいな
284 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:35:35.99 ID:5xiasG6DO
成長ポイントを決めます。

01〜33 3ポイント
34〜66 4ポイント
67〜99 5ポイント
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:35:45.96 ID:DSjY+6QaO
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:35:47.25 ID:uMCDWQa9o
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:36:33.23 ID:DSjY+6QaO
俺のはコンマ03足りてないので↓で
288 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:37:02.17 ID:5xiasG6DO
5ポイントの上昇です。振り分けてください。
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:37:11.10 ID:Z6EkMJ3DO
もったいないけど>>286
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:37:31.03 ID:DSjY+6QaO
すまん>>1よ。ギリ10秒じゃないんや…

安価下
291 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:38:47.82 ID:5xiasG6DO
あ、そのようですね。3ポイントを振り分けてください。
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:38:49.33 ID:LCUTZuRl0
10秒ギリギリ狙うとなるとコンマ単位で見てるんだろうけど高コンマは意識しているのだろうか
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:40:11.22 ID:DSjY+6QaO
知力1
294 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:40:45.65 ID:5xiasG6DO
好感度 コンマ下一桁上昇
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:41:32.44 ID:sSi02Vib0
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:44:00.76 ID:NiKFs+njO
>>292
>>1の投下レスが.80〜.90台だったら10秒きっかり、.01〜.20だったら11秒目安に踏んでるよ、一応
297 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:47:24.57 ID:5xiasG6DO
※ゾロ目のため2倍

(持ち越し0P)

HP 235+85(320)
筋力 10
知力 15+5(20)
賢さ 10+3(13)
器用さ 20+3(上限)(23)
耐久力 12+4(16)
魅力 9+2(11)
好感度 165

コンマ修正 20
ダメージ補正 75
ダメージ軽減 45

【技能】
・二刀流(近接のみ)
1ターン2回攻撃、命中にはペナルティあり

・連射(遠距離のみ)
クリティカル時に継続率40%で次の攻撃が可能

・隠密行動
1ターン使って戦線離脱、次の攻撃が必中

・急所狙い
クリティカル倍率×3

・集中
狙撃時クリティカル確率がダメージ判定時80以上で発生
連射時のクリティカルは通常通り
(進行に伴い性能向上あり)

・跳弾
確定2回攻撃(銃装備時)
(接近戦時の2回攻撃は未解禁です)

・弱点看破(new)
戦闘開始時、知力判定成功でダメージ×1.5
ゾロ目か90以上で全員に共有
(前作より弱体化させています)

【装備】
・長銃「ベルスロンディング」
HP+35、コンマ修正15、ダメージ修正55、知力、器用さ、賢さ+3
相手のダメージ軽減を無視、クリティカル倍率+1
・チタニウム合金ダガー×2
ダメージ修整15(接近時)
・ミドルの狩猟用グローブ
HP+30、ダメージ修正10、ダメージ軽減25、耐久力+4
・ケプラージャケット
ダメージ軽減10
・指輪『ヴィルヤ・レプリカ』
HP+20、コンマ修正5、ダメージ修正10、ダメージ軽減10、知力、魅力+2

滝は特定イベントまで能力値上限なしとします。
(バランス上の問題もあります)

好感度 コンマ下一桁上昇
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:47:43.31 ID:LCUTZuRl0
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:48:15.35 ID:LCUTZuRl0
そもそも滝の好感度っておいくつ?
300 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:48:41.07 ID:5xiasG6DO
滝蓮次郎(33歳、軍人)

HP 400+150(550)
筋力 19+3(22)
知力 18+4(22)
器用さ 21+9(30)
賢さ 17+1(18)
耐久力 19+4(23)
魅力 17+3(20)
好感度 121

コンマ修正 40
ダメージ修正 125
ダメージ軽減 105

(技能)
・統率力
戦闘時のコンマ判定で全員-5

・一撃必殺
クリティカル倍率+2倍、88、99時に特殊判定

・精密行動
戦闘時クリティカルが70以上で発生

・連続攻撃
クリティカル時に40%以上で連続行動

・フルファイア
5回連続攻撃(近接戦闘でも発動)
(カウンターでは発動せず)

・見切りの極意
戦闘時1回だけ確定回避かつその後確定カウンター発動

・洞察力
探索で失敗した際、賢さ判定に成功でやり直せる

(装備)
・魔銃「ホワイトファング」(非神器、地上産)
HP+50、コンマ修正15、ダメージ修正70、ダメージ軽減15
知力、器用さ、耐久力+3、相手のダメージ軽減を無視、クリティカル倍率+1
※近接戦闘でも付属の銃剣で対応可能

・DEMOプロトタイプ
HP+40、コンマ修正10、ダメージ修正15、ダメージ軽減40
全ステータス+1
魔法攻撃無効、毎ターンHP50回復

・レイラの指輪
HP+30、ダメージ修正20、ダメージ軽減20
筋力、魅力+2
一度だけ致死ダメージ回避(指輪は壊れる)

・加速装置付き特殊ブーツ(非神器、地上産)
HP+30、コンマ修正15、ダメージ修正20、ダメージ軽減30
器用さ+5
戦闘中1回限定で2回行動可能、ただしその後戦闘中行動不能になる
(発動タイミングはこちらで行いますが、多数決も取ります)
301 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:49:50.90 ID:5xiasG6DO
本日はここまで。滝の成長判定を入れるかは迷いましたが、奥義取得でバランスが崩れそうなので当面見送ることにしました。

なお、奥義取得は日本行き後にあるはずです。
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:49:54.13 ID:LCUTZuRl0
あ、どっかで決めてたっけ忘れてたごめん
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:50:53.02 ID:sSi02Vib0
おつおつ
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 22:51:22.85 ID:ruuZxMx1O
滝の加速機能は意図的に隠してるん?防壁と選択だったアレ
305 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/24(金) 22:58:59.70 ID:5xiasG6DO
>>304
書き忘れていただけです。すみません。

なお内容は、加速装置付きブーツと同様です。
つまり、1戦闘につき2回、2回行動ができることになります。なお、同時発動はできません。
(やると初手最大40倍ダメージという狂ったことができてしまいます)
306 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 11:53:10.69 ID:pVhfp+fnO
少し進めます。
307 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 12:35:24.95 ID:UqWiPSllO
#########

「……というわけです」

俺はイーリス王宮の国王執務室で、ゼクスでの出来事を一通り話し終えた。横にはタキがいる。ノワールはというと、疲労からか「夜まで休ませて」とのことだ。

セシル国王は静かに頷いた。

「なるほど、よくやってくれました。アルヴィスの捕縛に研究施設の破壊は絶大な成果と言えますね。
そしてアミールと『異世界』との繋がりも明らかになった。今後を考える上で重要な情報です」

「ですが陛下、その機械兵の存在はかなり気掛かりです。まだ何体か、いるかもしれない」

ベルトランの指摘ももっともだ。だが、より重要な事実がある。俺は口を開く。

「それと、アミールもまた『異世界』への移動ができると分かった。タキたちと対立する陣営と組んでいるようです。
私たちが『異世界』に向かった後、奴がどう動くか……留守でこちらの戦力が落ちたところを叩きに来るのか、あるいは『異世界』で迎え討つのか。正直、そこは読めません」

「その通りですね。更に言えば、シャルをどう使うのか。何を要求するのか。
その点は、熟慮に熟慮を重ねなければいけない」

俺は頷いた。カードは揃った。だが、いい手札でも切り方を間違えればゲームに勝てない。
シャルは良質なカードだ。アミールが熱を上げているのが本当なら、彼女の身の安全を保証する代わりにある程度の譲歩は引き出せそうだった。

ゼクスの破壊も大きいかもしれない。苦労して獲った拠点が、2日ぐらいで破壊されてしまったのだ。ショックでないはずがない。
しかも、「異世界」との繋がりも把握された。アミールの側にフレールとドワーキンという強力な人物がいるとは言え、戦力はかなり少なくなった。
機械兵の導入を急いだのも、そのためだろう。……ともあれ、俺たちの作戦は成功し、かなりの大打撃であるのは間違いない。

そう考えると、戦力差の違いで圧力をかけるのは一手だろう。だが、もっと良い手はないか?

※交渉の基準方針を決めます。
一応選択性にしますが、自由安価推薦です。2000までの多数決ですが、有力な自由安価が出ればそれを採用します。

※アルヴィスはエリックの傷を治療中です。アミールについて追加で聞くことができるかは微妙です。

1 戦力差を強調して時限停戦
2 シャルの身の安全を強調して時限停戦
3 アルヴィスの容態を見に行き情報収集(低確率)
4 異世界の話をし、アミール陣営の誰かを同行させる
5 その他自由安価

※質問随時受け付けます。
308 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 13:02:54.83 ID:UqWiPSllO
※今回の選択では、かなりやれることの幅は広いです。
ただ、アミールは馬鹿ではありません。嘘で騙すのは基本不可能です。

また、交渉カードは他にもあるかもしれません。

後で、筆者の脳内整理も兼ねて各勢力の状況を箇条書きにするつもりです。
それも参考にしてください。(1500ぐらいメド)

なお、アルバートはイーリスで保護中。休職を申し出たシュトロムの代わりに、エデルが臨時の諜報部長として聞き取り中です。
彼の話は「戦力差を強調する材料」に使えるでしょう(サイファーにも情報は共有されています)。

海渡のスマホは、日本に行ってから使うことになるでしょう。
なお、ランダムはまだ解析を始めていません(アミールとの交渉終了後になります)。
309 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 13:10:54.67 ID:UqWiPSllO
アミールがどの程度戦力を残しているかはコンマ次第です。ただ、異世界の石上副総理一派と組んだのは、本編開始直前です。

流れとしてはこんな感じのはずです。

「アミール、指輪を拾得し覚醒」→

「滝たちがサイファーたちの世界に来る」→

「アミール、越後に接触。異世界とコンタクトを取る」→

「越後をイーリスに派遣、同時にジェラードのスパイとして潜り込ませる」


本編開始→

「越後、エリックに両断される」→

「越後のスパイがジェラードとコーウィンにバレる、?????の後逃走」→

「フレール、国王暗殺に失敗。捕縛されていたフレール奪還に越後が来るが、偶然来ていたリナ(ヘルラ)に殺害」→

「?????がクリムゾンを奪還」→

「魔力無効化措置があるゼクスをアミールが急襲、ジェラード一派は?????が負傷」→

「アルヴィスが素体候補として呼ばれる、竹下、海渡が技官として派遣。機械兵『ε(イプシロン)』もゼクスに配備」→

「サイファーたちによりゼクス陥落」
310 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 13:12:39.71 ID:UqWiPSllO
なお、お察しの方もいるでしょうが、マリオが魔力無効化措置を受けたのはゼクスになります。
311 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 13:17:14.08 ID:UqWiPSllO
あと、アミールにはある種の予知能力があります。それと合わせ、ドワーキンの手引きもあって預言者扱いされている面があります。

ドワーキンといつ知り合ったかは、今後の展開に関わるので明かしません。
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 14:27:12.51 ID:ruuy3/7L0
武器の効果とか除けばアミールはリナの上位互換って認識でいいのかね
313 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 14:48:26.12 ID:UqWiPSllO
戦力の整理です。

(イーリス、アングヴィラ二家合同戦線)
・サイファーはアミール、ジェラード両方から危険視されている。ノワールとセットで認識されている。

・一族のほぼ全てがイーリス側についているのも共有されている。危険視されているのはエリック。ただ、パーシャ時が弱点とも認識されている。
ブランドについてはジェラード、コーウィンが完全覚醒を認識。アミールはまだ知らないはず。

・ズマはアルヴィス、ノニによりオルディニウム鉱脈が爆破。大地震で半壊状態。なお、アルヴィスはオルディニウム鉱脈の存在を知らなかった。ノニは知っていたもよう。
魔素濃度が急速に濃くなり、かなり危険な状態に。30万人前後の難民が発生する見込みだが、受け入れをどうするかは未定。

・モリブスはジェラードの影響下にあったが鎮圧。親イーリスのベーレン政権が誕生。アミールの影響力は排除されているが……?
アルヴィスの残党とアルバートの部下がモリブスに移動。

・クリムゾンを奪ったのが誰かは不明。フレールが有力視されているが?

・カミュは多分そろそろ戻ってくる。

・ヘカテルは暴走していたが、サイファーが気を遣っているのには気付いた。先遣隊に選ぶとしているが……

・アングヴィラの情勢はやや安定。ノニはまだ生きているが、そろそろ処刑。情報はあまり持っていない。

・クラークは小康状態。ただ、8500人を避難させる必要は未だにある。サイラスなど他の都市は全てジェラード一派に制圧済み。
竜人はクヴァとエリザベスが稼働可能。ユミールは当面動けない。
他にいると示唆されている竜人については詳細不明。
314 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 15:09:29.85 ID:UqWiPSllO
(アミール陣営)
・アミールの詳細は不明。ただ、高純度オルディニウムの指輪により上位一族以上の力はある。
アルヴィスの言葉から示唆されているが、高いカリスマ性と独善性を併せ持ったような存在。自分のやることを善と信じて疑わない所がある。これは指輪拾得前から。
ある種の予知能力を持つ。時間遡行もできるもよう。

・オルドのクローン、ドワーキンがついている。目的不明。戦力は上位一族に匹敵する。
実は前作時から何かを計画していた。デアドラ、フローラと違い人格が誰かも不明。

・フレールは敗走後ある程度回復したもよう。現在どこにいるかは不明。

・異世界の石上副総理一派と協力関係にある。人的、技術的協力も。詳細はまだ不明。
機械兵を保有している可能性あり。クリムゾンを運用できる「適応者」を作ろうとしたが、サイファーの襲撃で失敗。まだオリジナルのクリムゾンは使える状態にないはず。

・世界各国上層部に協力者がいたが、マトモに機能しているのはファルーダのワシルのみ。そのワシルはゼクスにはいなかった。他の作戦に従事か。
ワシル自身は相当な強者。ただ、滝を警戒して動かなかったフシはある。

・竹下は死亡濃厚?なお、加藤二佐やみらいの存在を知っているかは微妙なところ。

・フレールの愛人ファルはシュトロムによる凌辱のため一時精神崩壊。ブレイズが記憶を書き換え正気に戻したが、「自分はフレールに騙されていた」という事実と異なる記憶を刷り込まれている。
姉でアミールの愛人シャルは、危険からの保護の名目でイーリスにいる。実質上の誘拐であるとは思ってない。アミールの所業についても知らされていない。姉妹の認識としては、彼らの愛情は本物とのこと。
315 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 15:28:19.19 ID:UqWiPSllO
(ジェラード陣営)
・オルドの精神体による汚染で、彼の意のままに動くようになったジェラードとコーウィンが首魁。実質上のトップはジェラード。
ただ、コーウィンの方がより汚染度が高い。オルドの完全復活に向け色々やっているのはこちら。
ジェラードはそれに比べると自我が若干ながらあるらしい。

・オルランドゥ消滅の数ヵ月前にジェラードとコーウィンが「復活」。ただ、魔素の濃い場所でないと活動できない状態だったため、オルランドゥ市長のローマンやモリブスのジョシュア候を使って勢力拡大を図っていた。
ただ、サイファーたちの暗躍やアミールの活動開始で色々計画が狂っている。それでもオルドの復活は近い?

・現在の支配領域はクラーク以外の地下都市、アヴァロン、ウィルコニア。アヴァロンはノワールの曾祖母でヘルラのクローンであるデアドラがいたはずだが……?
ブレイズの娘、マリーンも行方不明。一説には500年前の一件以降、地下である竜人と暮らしていたとあるが?

・重要拠点であるゼクスを喪失。地上での足掛かりたるモリブスの支配も失い、結構尻に火がついている。
サイファーらとの停戦は渡りに舟ではあった。異世界行きで打開策を探ろうとしているが……?
316 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 15:32:40.38 ID:UqWiPSllO
以上です。アミールとの交渉をどうするかの参考にしてください。

>>312
上にあるように、コーウィン辺りとサシで圧倒して勝てるぐらいには強いです。覚醒ブランドでもどうでしょうか。
もっとも、アミール以上に……
317 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 16:32:14.34 ID:UqWiPSllO
上げます。質問あればどうぞ。

選択肢を絞ってほしいというリクエストあれば受けます。
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 16:36:08.11 ID:Lnpd4HAAO
(この手の多数決の時は誰かが先陣切って何か言ってくれないと参加しづらいなぁ)
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 17:05:39.85 ID:4trddPre0
結局ジェラードって異世界に着いて来るんだっけ?
着いて来るにせよ来ないにせよ4ならアミール派とオルド派を潰し合わせられそう
320 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 17:48:29.37 ID:n4/z9uT9O
>>319
ジェラードは罠と察して異世界には行きません。ローマンが行きます。
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 18:20:19.71 ID:bVCJTB5B0
>>319
流石にその状況で潰し合うような馬鹿は居ないだろう。
ヘカテルへの対処に時間取られたら、オルド派とアミール派の両方に対処する余裕は無いかもしれん。
かといってアミールに隠し玉があったら1は通用しないし、2はアミールを刺激し過ぎて日本行ってる間にイーリスを襲撃されるかもしれん。
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 18:29:24.37 ID:ruuy3/7L0
さすがにヘカテルに引きずられすぎでしょ。>>1は物語の本筋は恋愛じゃないって前作から言ってるし。そういうの抜きに一旦考えて見ては
323 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 18:35:23.56 ID:n4/z9uT9O
>>321
戦力については上の通りです。
本来隠し玉になるはずのものが2つ潰されたのを知った時、アミールがどうするかですね。
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 18:36:53.04 ID:6xfM5gCYO
ヘカテルの対処の為だけに無理に時間割くなんて事はないと信じたいけど

アミールの未来予知はそこまで万能ではないのかな(万能だったらまず物語が終わってるだろうけど)

アミール自体が異世界に飛べる可能性浮上したから、異世界との接触をやめさせるよう働きかけてみる?日本探索中に襲われたらアミール自身がオルディニウムの恩恵で弱体化しないのもあってBADEND一直線になりそう
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 18:59:06.88 ID:4trddPre0
>>321
すまん言葉足りなかった
少なくとも異世界へ行くことはオルド派アミール派両方のメリットになるわけだから片方に肩入れする形にならない→戦力拮抗=最終的に潰し合い、みたいな感じ
アミールの弱点は握ってるわけだからどっちかというとアミール派が勝ち残る方があとあと楽だろうなーっていう推測もあったけど
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:04:36.76 ID:a+w0G4flO
これジェラードたちに恩を売れるかもってのはゼクスを取り返して返却とかだったのかな。ゼクスの真相を00偶数で知っちゃったから破壊するに至ったわけだけどこれは後々どう響くのやら
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:10:45.76 ID:bVCJTB5B0
>>322
ヘカテル抜きで、時間的に割とギリギリって見立てだった。
恋愛関係抜きにしても、一度に抱え込み過ぎると中途半端な結果こなりそう。
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:27:51.60 ID:txd1XWVWO
4に関して疑問なのは、アミールが自力で異世界行ける(かもしれない)のに意味あるのかという
329 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 19:33:45.12 ID:n4/z9uT9O
>>324
未来予知は万能ではないです。精度もそれなりといった程度です。
少なくとも加藤二佐の存在は全く想定外でしょう。
あと、アミール襲撃のリスクはご指摘の通りです。彼だけ従来通りの力を振るえるわけですね。

>>325
アミール一派から誰かを同行させるメリットは、ローマンと牽制し合う点にあります。デメリットもありますが。

>>326
その通りです。もっともこれもご指摘の通り破壊してしまったので、その可能性は消えました。

>>327
ヘカテルの一件は、上にある通り存外穏当に収まる可能性が高くなっています。ノワールも二股容認ですし(サイファーにその気は今のところないですが)。
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:35:01.14 ID:txd1XWVWO
多分ライラの血が流れてるならアレだよなぁ…w逆にアレ以外考えられねぇ
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:40:31.09 ID:ruuy3/7L0
シャルの安全を約束した上で異世界と干渉しない事含めた時限停戦要求とか?隠し玉潰した事も上手い具合に突けば動揺しそう
332 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 19:42:20.87 ID:n4/z9uT9O
>>330
アレとはなんでしょうか(棒)。
そういえばヘカテルはお酒に弱いんでしたねえ……
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:56:01.69 ID:4/RmGp70O
シャル作戦で一番怖いのはドワーキン。奴がシャルの存在を目障りに感じて殺しにきたら作戦自体が破綻する。それどころか余計にアミールを逆上させる羽目になる。
334 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 20:28:16.90 ID:n4/z9uT9O
私用により2100まで延ばします。
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 20:41:19.57 ID:ruuy3/7L0
ドワーキンは確かに気がかりだなぁ
336 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 21:03:43.32 ID:2RR+tU7SO
では、再開します。331をベースに、ドワーキンの動向を最大限警戒するような内容とします。
337 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 21:21:22.68 ID:2RR+tU7SO
俺は考えた。恐らく、アミールはタキたちの世界に行ったことがある。これはほぼ確定的だ。
そして、奴が持っているオルディニウムの指輪。タキたちの世界は魔素が極端に薄いらしいが、これがあれば関係なく魔法を使えるだろう。
つまり、最大限阻止すべきは奴の異世界への移動だ。それをされたら、ひとたまりもない。
とすれば、それを避けるために何が必要か、だ。

幸い、ゼクスで奴の隠し玉である「強化兵士」と「機械兵」は潰した。
他に拠点がある可能性もわずかにあるが、基本は考えなくていい。戦力的には、かなりカツカツであるはずだ。
つまり、「タキたちの世界に行ったら、お前らの一派は殲滅できる」と思わせておけば、奴をこの世界に釘付けにできるのではないか?

シャルの存在は、下手に明かすと逆上させる懸念がある。
あくまで「迂闊に動いたら殲滅できる」と思わせることが大事だ。その上で、抑止力として彼女を補完的に使う。
問題なのは、ドワーキンだ。奴を押さえるため、誰かにシャルの身を守らせておく必要があるかもしれない。

……ともあれ、方針は固まった。俺は、アルヴィスの電話で知ったアミールの連絡先を入力する。

……

01〜40 サイファー、あなたですか
41〜95 誰ですか?
96〜99 ……電話に出ない??
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 21:21:36.60 ID:+6tOq+B5O
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 21:29:07.22 ID:d43adMR0O
アミール自身にドワーキンを見張ってもらうのも場合によっては視野に入れるか
340 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 21:41:05.58 ID:2RR+tU7SO
『誰ですか?』

出てきたのは、思いのほか声の高い青年の声だった。
アミールという男を俺は知らないが、悪漢のイメージを持っていた俺は少し意外に感じた。

「……イーリスのサイファー・コットだ。初めまして、というべきかな?」

受話器の向こうが沈黙する。さすがに想定外だったようだ。

『何故この番号を』

「さあ、そこはご想像にお任せする。……いくつか、伝えたいことがあって連絡させてもらった。
別に、取って食おうというわけじゃないから安心しろ」

『……随分と強気なんですね。フレールに聞いた人物像とは、少し違うようです。
僕も忙しいので、手短に願えますか?』

苛立ちをかすかに含んだ様子で、アミールが言う。

「じゃあ、簡潔に言おう。……ゼクスは陥落した。俺がさっきやっておいた。
ジェラードから奪った研究施設も、得体の知れない機械兵もだ。
アルヴィスが使えなくなって焦ってる所、残念だったな。あれがお前の、切り札なのだろ?」

再びアミールが沈黙した。少し誰かと話した後、奴は口を開いた。

『本当のようですね。ゼクスにジェラードたちが自ら来る可能性は予期してましたが、あなたたちが来る可能性は低いと思ってました。
まして、完全に壊滅させてくれるなど……。見くびっていましたか』

口調は丁寧だが、声のトーンは少し下がっている。怒りを抑えているかのようだ。

「こちらの戦力を知っているだろう?『一族』の大半がこちらについた。『異世界』から来た、凄腕の軍人もいる。
単純にドンパチやって、そちらが勝てる可能性は正直薄いと思うがな」

『降伏でも勧めるつもりですか?なら、それこそ甘く見過ぎてい……』

「少し違うな。停戦だよ、俺が望むのは。
俺らとしては、世界の平穏が続けばいい。お前らがやらかした事の後始末はしなきゃならんがな。
お前が望むことが何かは知らない。世界征服とか大それたことなら、全力で止めさせてもらう。
だが、他にあるなら条件次第だ。いつかはやり合わなきゃいかんが、この状態でジェラードたちに襲われたくもないだろう?
敵は二人より一人の方がいい。違うか?」

俺はジェラードたちとの停戦の話を隠した。既に組んでいると知られたら、一か八かの特攻をかけてくるかもしれないと思ったからだ。

70-魅力(14)×2=42以上で成功

341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 21:41:31.65 ID:d43adMR0O
うん
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 21:43:29.01 ID:ruuy3/7L0
スナイパーの皆さん頑張って
343 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 21:59:43.85 ID:2RR+tU7SO
※65…成功

『……なるほど。英雄になりたがっている猿かと思いましたが、多少は頭も回るらしいですね。
確かに、そもそも何故僕たちがこんなことをしているか、知っていますか』

俺はファルの言葉を思い出した。「運命の人」「世界を救う」という言葉があった気がする。

「……よもや、救世主にでもなろうと思ってるのか」

『そこまで知っていましたか。その通りです。
この世界は、もうしばらくしたら滅ぶ運命にある。それを防ぐには、世界が結束しなければいけない。
だから、世界をまとめ上げようとしているというわけです。あなたが随分邪魔してますがね』

「世界を結束?親を暗殺し俺らを付け回し、ズマではテロを起こした。
噂通り、随分と独善的な御仁だな」

ふふっと、向こうから笑いが聞こえた。

『あなたのような凡骨には分からないでしょう。僕には、未来が見えるのです。
……『穴』から邪悪な存在が現われ、世界を滅ぼそうとするでしょう。
僕はそれに立ち向かえる、唯一の存在なのです』

なるほど、ユリリエがこの男を嫌いな理由が分かった。過去に何かあったらしいが、この悦に入った喋り方はかなりイラっと来る。

「……オルドのことか」

『そう!その通りです。そこまで分かっているのなら、何故僕の邪魔をするのです?』

「生憎、罪のない人間を傷付ける趣味はないものでな。……だが、確かに交渉の余地はあるようだ。
お前はこのままではオルドには勝てない。お前自身はともかく、もう目立った戦力はフレール、それとドワーキンという男ぐらいじゃないのか?
力を蓄えるには無駄な争いはすべきではない。そのぐらいは分かるだろう」

……

01〜50 何か隠していますね
51〜97 それならば、何故今僕に連絡を?
98、99 ……そのようですね



344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 21:59:59.99 ID:d43adMR0O
うん
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:03:01.55 ID:d43adMR0O
えっっっっ
346 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 22:09:13.95 ID:2RR+tU7SO
※クリティカル

長い沈黙の後、アミールは口を開いた。

『……そのようですね。停戦の中身は?』

俺は少なからず驚いた。ここまであっさりと受け入れられるとは思っていなかったからだ。
これは相当、アミールも追いつめられている。

「ここから1か月の相互不可侵。お前は『穴』への再侵攻なり何なりするといい。俺たちはそれを黙認する。
ただ、現時点の世界情勢を動かすようなこと……ファルーダからイーリスの交戦行為、ないしはテルモンからモリブスへの侵略は認めない。
破った瞬間に即、合意は破棄する。多少の血は流れるだろうが……こちらに『一族』のブランドがいるのは知っているな?
彼は一騎当千の男と聞いている。彼が単騎でテルモンに突っ込めばどうなるか、分かるな?」

※70以下で条件付き
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:09:51.38 ID:XpizYlsqo
348 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 22:24:04.43 ID:2RR+tU7SO
※条件付き

『僕を脅しますか。……いい度胸ですね。
ですが、こちらからも条件を提示させてもらいますよ』

……

01〜20 誰か、あなたの近しい人一人を、僕の所に寄こしていただきたい
21〜50 「異世界」に行くんでしょう?……
51〜80 アルヴィスは、そこにいるのですか?
81〜99 シャル、そこにいるんでしょう?
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:24:14.82 ID:d43adMR0O
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:28:17.90 ID:bVCJTB5B0
まあ、ドワーキンに襲撃される口実になりかねんし、シャルは帰そうか。
351 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 22:31:28.46 ID:2RR+tU7SO
『シャルはそこにいるのでしょう?彼女を返して頂きたい』

俺は背中に冷たいものを感じた。……バレていたのか。

「何故分かった」

『僕には未来を見通す力がある、そう言いましたね?彼女がイーリスにいる未来は分かってたのですよ。
大方、僕に圧力をかけるためでしょうが……小賢しい真似はやめることです』

穏やかな口調が、かえって怒りを感じさせる。
だが、これを飲めば停戦合意は成る。彼女を手放して、こちらが被る損は小さい。せいぜい、シャルの俺たちに対する心証が悪くなるだけだ。

俺は溜め息をついた。

「分かった、方法は?」

『使いの者を行かせます。彼がシャルを引き取るでしょう。……念のため聞きますが、彼女に傷はついてませんね?』

「勿論だ。無理やり連れてきたというわけでもない。その点は保証する」

……

50以下でもう一つ条件あり


352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:31:33.48 ID:O9uUazVXo
わりと穏当に進みそうだね
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:31:59.21 ID:O9uUazVXo
あら、やてもたorz
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:32:00.33 ID:d43adMR0O
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:32:55.09 ID:d43adMR0O
危ねぇ、踏まないでよかった
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:38:07.95 ID:7l6L+LDLO
>>353
10秒以内のレスは判定に使われない
357 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 22:40:35.00 ID:2RR+tU7SO
※追加条件あり(353を採用)

『そうですか、それは良かった。……お互いにとって。
もう一つお願いがあります。ファルも返して頂きたい。フレールたっての要望です』

彼女は記憶を弄られている。自分が騙されたと、ブレイズに刷り込まされているのだ。
戻す際に一悶着はあるかもしれないが、そこは覚悟すべきか。
精神崩壊した状態で引き渡すより、何ぼかマシだ。

「分かった。それも受け入れよう。使いの者は?」

『すぐにそちらに行くはずです。王宮の地下保管庫を待ち合わせ場所にしましょう。……それでは』

電話は切られた。……とりあえず、安堵すべき結果なのか。

「……一応、停戦は成立しそうです。シャルとファルを、連れてきてはもらえますか?」

セシル国王は「無論です」と頷いた。

#############

「身の回りの安全が確保されることが分かった、アミールにしばらく保護してもらうといい」というと、シャルは素直に応じた。
彼女にとっても、そちらの方がいい。俺の良心も痛まずに済む。
問題はファルだった。「何故私を騙した男の元に行かねばならないの!?」と、必死に抵抗する。

70-魅力(14)=56以上で成功
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:40:47.79 ID:7l6L+LDLO
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:41:10.19 ID:ghX+r++/0
360 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 22:46:44.06 ID:2RR+tU7SO
※79…成功

俺は「身の安全は確保してくれるそうだ。ここで囚われの身よりは、自由があると思うが」と説得した。
かなり渋っていたが、ファルも最終的には折れた。彼女が戻ってからフレールがどう思うかは知らないが。
次会うときは、彼にかなり恨まれているかもしれない。それは覚悟した方が良さそうだった。

地下保管庫に行くと、「DEMO」に似た服を着た男がいた。表情が乏しく、何を考えているか分からない感じだ。
……タキたちの世界の人間なのか??

「時間通り、だな。では、契約通り二人は来てもらおうか」

「……自己紹介もしないのか。……タキの世界の人間だろう?」

※50以上で名乗る
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:47:05.12 ID:J6U7rjmPo
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:47:11.70 ID:7l6L+LDLO
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:49:37.43 ID:RNz6Jw5OO
可哀想なフレール…ある意味一番被害者な気が
364 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 22:52:20.21 ID:2RR+tU7SO
※名乗らない

「……名乗る必要がない。行くぞ」

そう言うと、男は手元で何かを操作した。すると、空間に歪みができる。……プレーンウォーク??
呆気に取られているうちに、3人は歪みの向こうへと消えた。

「……タキ。あいつは知っているか?」

「いや……見たことがない。あんなことが『DEMO』でできるとも聞いていない」

困惑した様子でタキが答えた。彼すらも知らない男、か。

「タキの世界の技術でもできないようなこととすると、魔術か何かか……」

俺はエチゴがプレーンウォークできたことを思い出した。あるいは、さっきの男もエチゴの同類なのか?
どうも、まだアミールは何か隠している。そんな気がした。
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:53:05.13 ID:RNz6Jw5OO
99がでかいな
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:56:19.46 ID:ruuy3/7L0
あそこのクリティカルで全て決まったなw
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:58:56.71 ID:JzBhfPa5O
実はドワーキンの中身がオルド以上の何か、だったりして
368 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:01:21.34 ID:2RR+tU7SO
今日はここまで。明日の更新があるかは微妙です。

とりあえず、明日か明後日には先遣隊を決めるわけですが、一応基本的な内容を。

・先遣隊はリナ除く4人で構成。

・クリムゾンの適合者を倒すに十分な武器はほとんどない。向こうで作る必要あり。
(村正級で対抗できる可能性はあり。ヴォーパルや死の復讐者なら確実だったが、入手不能)

・武器づくりができるのはナージャ。ダリオスも可能性あり。

・オルランドゥの生き残りが何人か向こうにいる。ノワールの父親はオルドと共同研究中。

・「異世界」では魔法がかなり使いにくい。ダメージ半減、難度も上昇。

・リナは帰還後しばらく動けない。

・「一族」は基本弱体化する。

・ヘカテルを先遣隊に入れると言っている。(中確率で辞退)

・選ばれなかった人間も1週間後に「みらい」で合流可能。

・「みらい」に搭乗する人物は別途決定。ただ、あまり行き過ぎるとアミールやジェラードが停戦を破棄する可能性。

こんな辺りを踏まえて考えてみてください。
まず、ヘカテル加入の有無から判定するので、実際の決定はそれからになりますが。

質問あればどうぞ。
369 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:03:52.09 ID:2RR+tU7SO
>>363
フレールはかなり悲惨ですね。恋人の記憶がちゃんと戻ったら精神崩壊、戻らなくても何故か憎悪されているという。
「イーリスの誰がやったか分からないが、とりあえず全員死ね!」ぐらいには思いそうですね……。
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:09:31.23 ID:INC/tV0kO
オルランドゥの調査隊として送られたと思ったら洗脳されて手駒にされてる時点で色々不憫ではある。
371 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:10:22.93 ID:2RR+tU7SO
なお、決定前にダリオスやヘカテル、エリス、ユリリエのパラメータを公開予定です。
ヘカテルはほぼ固まった感がありますが、残り3人のパラメータの方向感だけ決めておきます。

(ダリオス)(コンマ下)
01〜30 現在のマルコ並み
31〜60 現在のナージャ並み
61〜95 現在の火蓮並み
96〜99 サイファー並み

(エリス)(コンマ下2)
01〜30 現在のナージャ並み
31〜90 現在の火蓮並み
91〜99 サイファー並み

(ユリリエ)(コンマ下3)
01〜20 あまり成長していない
21〜40 そこそこ程度の成長
41〜60 普通の成長
61〜80 なかなかの成長
81〜99 かなりの成長(ヘカテルと同等程度)
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:10:55.02 ID:J6U7rjmPo
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:11:10.00 ID:HW9H0C0DO
はい
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:11:25.03 ID:INC/tV0kO
375 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:11:40.81 ID:2RR+tU7SO
カミュについては来ると分かった時点でやります。
彼(彼女?)も押し掛けの可能性がある人物ですが、物分かりはヘカテルよりは良いはずです。
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:12:00.06 ID:4trddPre0
エリス以外へなちょこかー
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:12:23.42 ID:INC/tV0kO
エリスも奇数だと…ユリリエごめんね
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:12:50.41 ID:bVCJTB5B0
ダリオスじゃなくてダリウスだったはず。
しかし、村正装備前のサイファーより少し弱い 程度の強さとは何だったのか……。
379 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:13:36.24 ID:2RR+tU7SO
エリスで00出ましたか……一応偶奇判定します。

奇数……マルコ並み
偶数……サイファー以上(素の平均パラメータが16前後)
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:14:07.92 ID:J6U7rjmPo
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:14:15.63 ID:ruuy3/7L0
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:14:15.86 ID:INC/tV0kO
あん
383 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:14:24.76 ID:2RR+tU7SO
コンマ下3とします。書き忘れました。
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:14:33.35 ID:4trddPre0
うら
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:15:24.18 ID:4YnEInDUO
忘れかけられてたけど地味にエリスも地雷なんだよなー
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:15:50.68 ID:4YnEInDUO
とりあえずよしとはするか
387 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:16:28.91 ID:2RR+tU7SO
エリスは即戦力です。ズマでアルヴィスがあっさり追いつめられたのも当然であったわけですね。
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:16:54.81 ID:4trddPre0
下3って>>383からじゃないの?結果一緒だけど
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:19:57.43 ID:ruuy3/7L0
まあ、サイファーは常に成長判定で育つってのも考慮されてるんだろう。まだまだミッションたくさんあるだろうしある意味一番伸び代がある
390 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:20:26.92 ID:2RR+tU7SO
>>385
初期好感度次第、ですかね。選ばれなくて押し掛けるほど子供ではありませんが、選んだ場合どうなるかは謎です。
ただ、戦力としてはヘカテル以上に使えることが判明してます。
元ネタの忍者がベースであるため、かなりチートじみた能力は複数持ってます。
(例えばフローラの「超隠密」に近いことはできるはずです)
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:20:43.12 ID:bVCJTB5B0
先遣隊がサイファー、ヘカテル、ノワールで三枠埋まるのが地味に辛いな。
一枠は滝とカレンのどちらかになるし、ヘカテルが辞退しない限りは、実質的にはみらい組の編成をどうするかという話になるな。
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:22:08.32 ID:ruuy3/7L0
滝は先遣隊にならないって>>1が言ってたやん
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:22:56.82 ID:ruuy3/7L0
言い方間違えた、高確率で滝はみらい組になるって言ってたと思う
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:24:19.62 ID:fhKxy/YAO
タキさんは恐らくは嫁を連れてくからみらい組濃厚
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:27:07.32 ID:P6MTL3JpO
好感度無視で考えるなら最適解はサイファーノワールエリスナージャになるのかな
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:29:58.93 ID:bVCJTB5B0
忘れてた。だったら一枠はカレンか。
流石に日本出身者抜きで向こうに行くのは無謀だし、案内役は大事。
397 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:31:58.07 ID:wZNruOo7O
>>394
御明察です。嫁連れていく都合上、先遣隊は辞退したい所でしょう。
ヘカテル辞退はそこそこの確率で起きると思います。それでも彼女を選ぶことは可能です。
単純な戦力だけで言えば、滝は別格としてもエリス=ノワール>ヘカテル=火蓮>ナージャ>ダリウス≧マルコ>沢田ぐらいな感じでしょうか。
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:34:09.77 ID:P6MTL3JpO
ちなみに毎度毎度飛ぶ座標はランダム?そうでないなら案内役はリナで良さげだけど
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:36:35.82 ID:ruuy3/7L0
>>395エリスはむしろ強いの分かったしサイファーの世界に残して抑止力の一人に加えた方が良さそう
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:37:13.36 ID:bVCJTB5B0
沢田をみらいに載せて、場合によってはそのまま日本に帰すのも有りか。
大して成長してないから、このままだとコンマ次第で別行動してる間に死にそうだし。

あと、イーリスの守りを考えると、エリスは留守番組にしたほうが良いかと。
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:37:57.72 ID:P6MTL3JpO
ああ、まあそうか
402 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/25(土) 23:38:28.23 ID:wZNruOo7O
>>398
座標は決まってます。ただ、リナは数日ダウンが確定していますね。
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:42:19.93 ID:bVCJTB5B0
>>398
そもそも転移後、2日位はまともに動けないからリナとは別に案内役が居たほうが良いかと。
その後も別行動になる時があるかもしれんし、そうでなくてもカレンは戦力としても優秀だし。
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:43:32.24 ID:Yn0/Aa/OO
確認なんだけど先遣隊の目的って何だっけ?そこちゃんとしときたいかも(ちゃんと読めてなくてごめんなさい)
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:52:36.68 ID:5DaQ7ml7O
ぶっちゃけサイファーみらい組ルートも考えていいんじゃないかね。ノワールが戦闘面で使い物にならなくなるの考えると…うーん。サイファーは実質庇いながら戦わなきゃなくなるし(親父に早く会いたいノワールには悪いけど)

どっちみち向こうでの戦闘は強い武器作らん事には始まらないらしいから火蓮ナージャダリウス+誰かしらの戦闘要員でもいい気もする。先に行ってもらってサイファー達着くまでに武器作っておいて貰いましょうねーみたいな感じで
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 00:04:08.56 ID:/T45fN1K0
ローマンさえ送れればいいのが先遣隊じゃなかったか。武器作りの2人先に飛ばすのも良いかも。7日もあればゆっくりヘカテル関連片付けられそうだしサイファー世界の日本説ある新大陸を攻略をするって選択肢も生まれるか?行けるかは別問題として
407 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 14:07:14.65 ID:IxQgAc7FO
ぼちぼちパラメータを公開します。

ヘカテル(持ち越し1p)

HP 200+130(330)
腕力 15+4(19)
知力 13+3(16)
器用さ 18+10(28)
賢さ 10
耐久力 10+6(16)
魅力 9
好感度 153

コンマ修正 15
ダメージ修整 70
ダメージ軽減 95

【技能】
・溜める
1ターン消費し2倍ダメージ

・二段斬り
2回攻撃

・線斬り
1戦闘1回のみ使用可能
ダメージ×(ダメージコンマ÷20)
(1〜5倍の範囲)

・入り身
最速攻撃、不意討ちダメージ3倍

・振動剣
朦朧打撃(発動70以上、継続50以上)、線斬りとの併用不可

【装備】
・長剣「サンブレード」
HP+30、コンマ修正15、ダメージ修正40、ダメージ軽減10
知力、器用さ+3
ダメージに知力補正もかかる(魔法剣と同じ扱い)

・竜皮の鎧
HP+30、ダメージ軽減40
耐久力+4

・竜皮の籠手
HP+20、ダメージ修正20、ダメージ軽減20
腕力、器用さ+2

・竜皮のブーツ
HP+20、ダメージ軽減25
器用さ+3

・牙の指輪
ダメージ修正10

・肉体強化の指輪
HP+30、腕力、器用さ、耐久力+2
408 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 14:10:58.63 ID:IxQgAc7FO
エリスの好感度を決めます。

コンマ下+60
409 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 14:11:36.86 ID:IxQgAc7FO
>>408
コンマ下+70に変更します。
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/26(日) 14:14:35.56 ID:pqOvBR0AO
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 14:16:06.36 ID:pqOvBR0AO
エリス戦闘は向いてないとかいってたから割と癖の強いお方なのか
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 14:28:57.05 ID:/T45fN1K0
うーん…決して安心できる数値では無いな…
413 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 14:49:13.32 ID:IxQgAc7FO
エリス

HP 190+100(290)
腕力 14+5(19)
知力 17+6(23)
器用さ 17+8(25)
賢さ 16+6(22)
耐久力 13+2(15)
魅力 16+3(19)
好感度 126

コンマ修正 30
ダメージ修整 55(両方とも)
ダメージ軽減 50

【技能】
・超隠密
戦闘開始時の知力判定成功でエリスのみ不意討ち
ターンごとに判定(2回目以降は80以上)

・残像
回避失敗でももう一度回避判定をやり直せる

・二刀流
2回攻撃、命中判定にペナルティ

・急襲
不意討ちダメージ×3、相手のダメージ軽減無効

・必殺の一撃
不意討ち時クリティカルのダメージ×5

・入り身
最速攻撃、不意討ちダメージ3倍

・魅惑の眼差し
1日1回、魅力判定が確実に成功

【装備】
・小さき刺
HP+20、コンマ修正10、ダメージ修正35
腕力、器用さ+3
基本クリティカル倍率+2

・素早き刺
HP+20、コンマ修正10、ダメージ修正35
知力、賢さ+3
ダメージ判定に知力も加味

・身交わしの服
HP+10、ダメージ軽減20、器用さ+3

・ペルシエルのティアラ
HP+20、コンマ修正10、ダメージ修正20、ダメージ軽減30
知力、賢さ、魅力+3

・肉体強化の指輪
HP+30、腕力、器用さ、耐久力+2
414 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 14:54:29.71 ID:IxQgAc7FO
ユリリエとダリウスは設定するか考え中です。まず選ばれないでしょうし。
なお、ダリウスは装備面が多少優遇されてます。

エリスは00偶数ということもあって色々盛ってます。やや打たれ弱い、不意討ち特化タイプですね。
遠距離攻撃の手段がないのが難ですが、避けやすいので多段攻撃をする相手でなければ強いでしょう。

あと、残像は強すぎるかもしれないので発動回数に制限を設けるかもしれません。ちょっと検討します。
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 15:03:45.04 ID:jLvNhSeeO
相変わらずサイファーはステの上げ方が迷子だけど最終的に器用貧乏なステになりそうだな…
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 15:10:04.69 ID:/T45fN1K0
どのパラメータも上げる理由あるのがなぁ
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 17:31:11.91 ID:1PoX/AzMO
魔法防御が完全になったから知力を上げる意義が大分薄れたけど、村正を振るう以上はなんだかんだ上げておきたいから悩みどころ
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 19:54:11.99 ID:MseX8Yil0
サイファーはスキル習得を重視して筋力・耐久・賢さで良いんじゃないか?
他はアイテムで補えば良いだけだし。
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 21:38:28.79 ID:1PoX/AzMO
賢さってパラメータそのものは戦闘では完全に腐るの痛すぎる
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 21:41:23.57 ID:1PoX/AzMO
おまけに物理は攻撃と防御でそれぞれ上げるパラメータが別だから魔法職よりも成長が遅いのも致命的な気が。初代ポケモン??
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 21:46:55.30 ID:/T45fN1K0
シデと比べて何かと中途半端なイメージ
422 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 22:25:54.80 ID:sXHD2rbcO
少し進めます。

サイファーが中途半端な器用貧乏タイプになったのは、ある意味凄く元ネタ準拠ですね。
聖騎士(パラディン)は弱職とまでは行かずとも、決して強職ではないですし。
最強候補であったシデ(修行僧)よりパッとしないのは当然ではあります。
(なお、スペルマスターや忍者も最強候補です)
423 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 22:37:58.95 ID:sXHD2rbcO
##########

俺は引っかかるものを感じながら、大広間に向かった。セシル国王を通じて、皆には招集を頼んである。
時刻はそろそろ夕刻だ。リナの作業も大詰めといった辺りだろう。
そろそろ、ローマンと一緒に先に「異世界」に向かうメンバーを決めなければいけない。

広間に入ると、午前中はいなかったランダムとエイリーク――これはどうもパーシャの方のようだ――、それとエリス、ユリリエがいた。

「よう、話は聞いたぜ。アルヴィス、捕まえたんだってな」

ランダムが酒瓶を片手に上機嫌で言う。

「ええ。思いの外、素直に連行に応じました。……どうも被検体にされるはずだったようですね」

「被検体?そいつは穏やかじゃないが……まあ、全て無事に行ったようで何よりだ。
アルヴィスの処遇は、こちらに任せてくれ。情状酌量の余地が多少あるにせよ、然るべき裁きは下されねえとだな」

ランダムがちらりとエリスを見る。彼女は難しい顔をして頷いた。

「それと、後でちょっと頼みがあります。……『異世界』のものらしいんですが、扱い方が分からないので。お願いできますか?」

「『異世界』のもの、か。まあ俺でできるかは分からねえが、やるだけはやってみるか」

簡単な食事が乗ったテーブルを見渡すと……

※50以下でカミュがいる
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 22:39:29.71 ID:c03bbypro
425 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 23:06:11.64 ID:sXHD2rbcO
※カミュはいない

とりあえず一通りの面々は揃っているようだ。そこに国王が入って来て、説明を始めた。

「皆さん、いらっしゃったようですね。リナ・スナイダさんから連絡があり、もう少しで『異世界』に行く準備が整うとのことです。
そこで、ローマン・オーディナル氏と同行して向こうに行く先遣隊を決めたいと考えています。
任務は大きく分けて3つ。まず、『異世界』にいるオルランドゥの生き残りとの接触。
幸い、主要メンバーであるネーロ・オルランドゥ氏は存命で、現在オルディニウムについての研究に従事しているとのことです。
彼から当時の状況と、研究内容の聞き取りをする必要があります。……ローマン氏に悟られる前に」

ノワールが国王を見つめた。彼女にとっても、思うところは大きいのだろう。

少し間を置いて、国王が続けた。

「2つ目は今言ったことと関連します。ローマン氏の監視です。
彼は『異世界』の技術を知りたがっている。それ以上の狙いがあるやもしれませんが、この点は間違いない。
ただ、単に敵に塩を送るだけになってもならない。
ローマン氏の殺害は避けるべきですが、過度に利することのないようにコントロールする必要があります」

これは厄介な話だ。ローマンを生かし、ある程度満足させつつ、肝心なことは知らせない。そんなことができるのだろうか?
向こうにブレイズと同じようなことができる誰かがいればいいのだろうが、そんな都合のいい人物がいるとも思えなかった。

「最後に、アミールと協力関係にある勢力の把握です。
どうも、タキさんたちの国家は2つに割れかかっているらしい。彼らの対抗勢力が、アミールと繋がっているようです。
できればその弱体化、ないしは繋がりの切断をお願いしたい。これが、恐らくは最重要任務です」

タキとカレン、サワダが厳しい表情を見せた。
エチゴやクリムゾンの存在といい、深謀遠慮がどうもそこにはあるらしい。さっきの男といい、気味の悪い存在であるのは確かだ。

「今オルランドゥにいるタキさんの上官は、1週間後に戻るそうです。
そこに同乗させてもらうこともできますが、やはり早めに手は打っておきたい。
また、全戦力を『異世界』に行かせるわけにもいきません。停戦中とはいえ、アミールやジェラードに睨みを利かせる必要もありますから。
それを踏まえて、先遣隊を決めます。リナさんが言うには、せいぜい4人までとのことですが」

俺はヘカテルを見た。もし俺が先遣隊に行くことになれば、彼女を連れていくと約束してしまった。
もちろん、彼女は貴重な戦力ではある。だが、チームの和を乱しかねない存在であるのも確かだった。
ノワールが寛容な姿勢を示しているとはいえ、彼女は悩みの種でもある。

……

※40以上で追加イベント

426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 23:07:03.40 ID:NuC7QrbDO
427 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/26(日) 23:21:32.21 ID:sXHD2rbcO
※追加イベントあり

その時、ヘカテルが手を挙げた。先遣隊への立候補か……と思ったが、出てきたのは、意外な言葉だった。

「私は、ここに残ろうと思います」

俺は目を丸くした。あれだけ俺と一緒にいたがった彼女が、何故?
ヘカテルは話を続ける。

「アミールやジェラードの脅威は、まだ残っています。その警戒に当たりたいのです。
この国を守ることが、騎士団の務めですから」

「それでいいのですか?」

国王の言葉に、ヘカテルは「ええ」と頷く。着席の際に、彼女はちらりと俺の方を見て軽く一礼した。

「……どういうことだ?」

俺とヘカテルの席は、少し離れている。直接聞きたかったが、それはどうも難しそうだった。

「多分、さすがに気が付いたのかな。サイファーへの想いが切れたわけじゃないにせよ、少し反省したのかも」

ノワールが小声で言う。そう言えば、ゼクスに行く前に何やら殊勝な様子を見せていた。そのことかもしれない。

「……彼女の意思は尊重するとして。本件ではサイファー・コット近衛騎士団副団長が責任者であると認識しています。
基本的に、先遣隊の選定は彼に一任したいと思っていますが、よろしいですか?」

皆、国王の意見に同意したようだ。さて、ここからが悩みどころだ。

誰を先遣隊に選び、誰をみらいに搭乗させるべきだろう?

※0000からの多数決とします。有効票に達すれば昼までとしますが、最大夜(2200)ぐらいまで延長します。考察は必要です。

※先遣隊には4人を選んでください。極論ですが、サイファーを選ばない決定もできます。
なお、ヘカテルはああ言いましたが、彼女を選ぶこともできます。

※みらい搭乗メンバーは人数制限なしです。ただ、多過ぎると帰還時のバッドイベントの確率が上がります。
最大公約数的に決定する方針です。

※つきましては以下の2つを挙げてください。
1 先遣隊4人
2 みらい搭乗メンバー

質問あれば受け付けます。

428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 23:37:54.19 ID:MseX8Yil0
沢田をみらいに載せて、そのまま日本に帰還させる事って出来る?
流石に、ここから先の戦いには足手まといにしかならなさそうだし。
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 23:48:51.44 ID:/T45fN1K0
そもそも沢田はマシになったかどうかを知りたいな。判定とかなしに弱いままなら見限るレベルだが…
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 00:11:21.68 ID:Ku3an6na0
この流れだとヘカテルは残留させたほうが良いか。
ここで連れてったら、ヘカテルの決意に水を差して成長フラグが折れそう。
仮に二股ルートに入ったとしてもヘカテルが成長してないとハッピーエンドにはならないらしいし。
431 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 00:20:29.15 ID:l8CsxOnBO
>>428
問題なくできます。

>>429
一応判定します。戦力になるかは怪しいですけど。
432 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 00:22:13.44 ID:l8CsxOnBO
沢田の成長度合い

01〜60 戦力外
61〜85 マルコ並みの水準
85〜99 火蓮並みの水準
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 00:23:18.78 ID:kcm9YHY0o
434 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 00:27:07.34 ID:l8CsxOnBO
沢田君はマルコ並みの水準には成長したようです。ギリギリ戦力内でしょうか。
……そういえば彼も微妙に火蓮に気がある設定だったような。

とりあえず、参考にしてください。
435 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 01:09:01.02 ID:Tw5CiFx9O
寝る前に上げます。
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 01:48:01.24 ID:nbUR70u40
サイファーノワールカレンナージャ

サイファーとノワールはセットだから
カレンは日本に着いてから色々
ナージャについては武器を作ることに関して早めに向こうと話つけとくべきだと思うから
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 02:11:26.47 ID:KFW8r96fO
滝にしろサイファーにしろ私情挟んでる暇あるんかなぁ。ノワールは正直向こうだと足手まといだと思うんじゃが。出来ることのほとんどが魔翌力依存だから各スキルの精度もガタ落ちする筈だし

とりあえず向こうでノワールにどれくらい制限かかるか知りたいとこじゃな
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 06:54:23.06 ID:30qQmy4Z0
確かにノワールは確定みたいな流れになってるけど異世界じゃ微妙ってか無能になるからなぁ
439 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 08:10:22.24 ID:qplwOmOaO
>>438
一応攻撃面では問題なく通用します。今の武器は物理攻撃かつ知力依存なので。
盲目や暗黒剣発動の有無は確率5割程度の判定突破が必要ですし、その他の魔法もあまり使えなくなりますが。

あとは絆効果ですかね。
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 08:31:36.20 ID:kqGj1l6ZO
ノワール火力足りなすぎでは…?火力チートと呼ばれる割にはノワールの成長に合わせて他のメンツがぐんと伸びて並ぶレベルまで火力マシマシになるから正直庇うだけの見返りがないように見えるんだけど
441 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 08:40:19.18 ID:qplwOmOaO
>>440
まあ奥義解放&限界突破が近いですし、そこはおいおい。

個人的に火力が足りないのはサイファーな気がします。○倍返しとか覚えれば違うんですけどね。
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:15:49.61 ID:1/+odaJnO
先遣隊 サイファー、カレン、ナージャ、ダリウス
みらい搭乗 ノワール、滝、レイラ、沢田
先遣隊は装備作成優先で、ダリウスもサイファーが居れば自衛程度は可能と判断。
ローマンは戦闘回避の方向でサイファーに頑張ってもらう。
みらい搭乗組は、ナージャ、ダリウスを装備開発に専念させる為にパーティーから外して、変わりにノワール、滝を入れるイメージ。
沢田は此処で日本に帰還させる。
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:33:43.23 ID:ks57soEDO
ダリウスってかフィオナって装備よか便利アイテム担当ではなかった?記憶違いなら悪いけど。ナージャ一人だけ連れて向こうの技術チームと連携取る形で良さそう。そこまで心配してるわけじゃないけどブランドに何かあった時に結晶化についての知識持ってる二人が両方とも不在だと怖い。
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:41:07.24 ID:ZWS28n3zO
攻撃通じるとは言ってもなぁ…申し訳程度の筋力に地力分はダメージ半減だっけ…?
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:43:26.30 ID:ZWS28n3zO
やはり近接戦力としてヘカテルは送りたいかなぁ…多分それだとみらい組になる気がするけど
446 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 09:45:03.40 ID:/FoQbmoAO
>>444
その通りです。ただし、暗黒剣はバフなのでそのまま乗ります。
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:46:00.66 ID:ZWS28n3zO
サイファーの世界にはブランド、エリック、エリス、ブレイズ、フローラがいればだいたい何とかなるか
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:48:22.47 ID:ZWS28n3zO
ちなみにカミュの戦力ってどれくらいなの?送る気は無いけど
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:51:03.81 ID:FHFdg2M6O
ノワール迷うね
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:51:46.75 ID:FHFdg2M6O
ノワール迷うね
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:52:21.06 ID:FHFdg2M6O
失礼
452 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 09:53:35.26 ID:/FoQbmoAO
>>448
最低でも火蓮と同格はあります。エリスより上はないでしょう。
まあ、この場にいないので選択肢にはなりませんが。
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 09:55:03.23 ID:FHFdg2M6O
それなら均衡を保つだけの戦力の一人に加えられそうだね
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 10:23:33.90 ID:dTxjhfU1O
戦闘力は微妙、知識面もヘルラで事足りるしで本格的にノワールを連れて行く意義が謎

絆のファンブル回避はでかいけど絆があるからノワール選びますって側からしたら意味不明だし
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 10:46:35.46 ID:6iK38pW9o
サイファー/ノワール/カレン/ナージャ
絆と眼差しでローマン封じ込む
迷ったのは戦闘寄りのエリスか口車マルコだけど絆も大きいと判断
他は順当に他の人と同様に選択
後発は
滝/レイラ/エリス/マルコ
戦闘より交渉重視的に選んでみた
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 10:52:54.98 ID:1/+odaJnO
>>443
少しでも早く、あるいは一つでも多くの装備を作成するなら二人居たほうが良いかと思ったが、ブランドは考えてなかったな。

後、ノワールは向こうでイベントフラグ持ちだった気がするし、滝が居るなら絆補正目当てで連れて行ってもカバーしきれるかと。
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 11:01:43.87 ID:fgwVeaxUO
ノワールを連れてく強みはオルランドゥ関連が進めやすくなりそうなのと武器作成の魔翌力注入過程で力になれるって所かな潔く戦闘面は諦めて他で貢献してもらう
458 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 11:26:14.16 ID:o9p9sG7zO
ノワールについてはメリット、デメリットあります。
ただ、あまり長く引き離すと問題が出るかもですが(同行するメンバーにもよる)。

まだ募集中です。今日更新があるとしても2200以降になります。
459 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 12:41:35.80 ID:o9p9sG7zO
メリット・デメリットのまとめです。

・サイファー
メリット…主人公のため行動の幅は広い
デメリット…やや火力不足?

・ノワール
メリット…オルランドゥ関連イベントが発生、進展も。絆効果あり(300突破で内容追加)。○
デメリット…魔法難易度上昇、魔法ダメージも半減

・火蓮
メリット…土地勘あり、異世界のイベントに関与
デメリット…防御にやや難

・滝
メリット…土地勘あり、異世界のイベントに関与。プレイアブルでは最強
デメリット…嫁予定のレイラがいるため、先遣隊に選ぶなら低確率

・ヘカテル
メリット…肉弾戦なら有力
デメリット…サイファー関連で波乱も

・エリス
メリット…肉弾戦ならかなり有力
デメリット…サイファー関連で波乱も。地上の睨みが減る(対ズマ方面)

・マルコ
メリット…交渉役としては有力
デメリット…戦力としては不足

・ナージャ
メリット…武器関連イベントが進展も。ダリウスとセットなら絆効果の可能性
デメリット…ジュリアンの活動頻度は落ちる

・ダリウス
メリット…武器関連イベントがやや進展も。ナージャとセットなら絆効果の可能性
デメリット…フィオナの活動頻度が落ちる。戦力面では不足

・ブランド
メリット…最強キャラ
デメリット…異世界では能力に相応の下方修正、表しか出れない?サイファーたちの世界の睨みがかなり薄れる

・ランダム
メリット…強キャラ。技術面での貢献期待は大
デメリット…能力に下方修正。サイファーたちの世界の睨みが薄れる

・エリック
メリット…エリック時で行ければ強キャラ
デメリット…エリック時でも能力に下方修正。パーシャだと使えない。サイファーたちの世界の睨みが薄れる

・沢田
メリット…土地勘あり、異世界のイベントに関与。危険からの退避
デメリット…戦力としては不足

ブレイズ、ユリリエは選ぶメリットがほとんどないため割愛します。
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 12:47:47.08 ID:1/+odaJnO
そういえば、ファルの返還は、シュトロムが独断で拷問を加えて精神崩壊してたのが発覚し、治療に手は尽くしたが、記憶障害を抱えてしまった。
と言うことにして、シュトロムを売り渡して手打ちにしてもらう事を出発前に入れ知恵しておきたいな。
向こうに返す時点でバレるのは時間の問題だし、これを理由に停戦条約を破棄されるよりは被害は少ないだろう。
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 12:58:46.09 ID:fgwVeaxUO
シュトロムの独断だろうが、それを黙認してた国王と宰相にも責任はあるって事で国がやらかしたことがバレるだけじゃない。それに>>1の発言的に誰がやったかまで突き止められることはなさそう
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 13:01:19.10 ID:fgwVeaxUO
それとシュトロム悪堕ちの線が再浮上するのも考えた方がいいぞ。最序盤にエリスを抑えられるような描写あったし人間としては結構強い部類なのではないか
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 13:06:33.55 ID:A0gfh2aEO
どちらにせよフレールが元々は(?)イーリス王宮の人間だった以上シュトロムになすりつけるみたいな誤魔化しは効かないと思うな
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 13:14:36.89 ID:aUli9LoDO
今はメンバー選出考察だし脱線は程々に
465 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 15:38:31.92 ID:ezHqfSYMO
上げます。
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 18:47:03.84 ID:Ku3an6na0
向こうでのノワールの戦闘力ってマルコ以上ナージャ以下?それともマルコ達のほうが強い?
まあ、ノワールはみらい組だけどパーティーには入れないって手もあるかもしれん。

とりあえず、睨みが薄れると書かれてる奴は残留させたほうが良さそう。
後、沢田はどうする?戦闘以外の取り柄無しでこの強さだとここから先は厳しい気がするけど。
467 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 19:01:14.94 ID:C2Emqhg2O
>>466
火力だけなら火蓮以上にあります。多分。
彼女の最大の強みである盲目拘束が効きにくい、回復魔法などが使いにくいなどがありますが、暗黒剣連続魔という遠距離攻撃手段は健在です。
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 19:04:05.14 ID:xjrnuwojO
発動判定に5割要求はどう響くか…と言ったところか
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 19:07:57.62 ID:xjrnuwojO
(メタい話すると低コンマイベントでノワールの先遣隊辞退が用意されてたっぽいから連れてくべき一人な気はするのよね。メタいけど)
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 19:16:58.14 ID:NPZR1nDsO
これもメタい話だけど絆が300になるとファンブル回避に加えて1〜20範囲のコンマも回避できるようになるから向こうで300まで上がり切るなら大きいよね
471 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 20:54:06.94 ID:mKQTaEzeO
もう一度上げます。
472 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 21:59:00.30 ID:IIDucaoIO
一応0000まで延ばします。
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 22:11:39.46 ID:nbUR70u40
停滞してる時は何かヒントあげたらどうかしら
474 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 22:13:27.71 ID:IIDucaoIO
>>473
459で大体言ったつもりですが、何かあれば受けます。
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 22:20:05.54 ID:LNTtw+UnO
まあ、これ以上でないならそれでいいんじゃない
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 22:22:20.22 ID:LNTtw+UnO
個人的には目的3つのどれにも手をつけられそうなサイノワカレンナージャかな
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 22:41:11.00 ID:iVumhZlKO
ノワールいらねえって今朝言っちゃったけど絆イベントもオルランドゥイベントもあるのか
先遣隊はサイファーノワールカレンナージャ。土地勘も武器も欲しい
みらいにはヘカテル滝レイラ沢田ダリウス
ダリウスとナージャの絆が欲しい。沢田は死なないように。あとは異世界でもパフォーマンスが変わらない奴らで。
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 22:41:57.10 ID:30qQmy4Z0
すまんなんかIDがおかしい
479 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/27(月) 23:59:41.79 ID:IIDucaoIO
とりあえず、先遣隊はサイファー、ノワール、火蓮、ナージャで確定します。
みらいの搭乗者は滝(レイラ)と沢田とします。

再開は明日。
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:03:22.02 ID:9F79LQzoO
みらいにヘカテルって意見もちらほら出てた気がするけど
481 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 00:12:15.13 ID:ZhTZSqfXO
>>480
明言してるのは477さんだけですね。
最大公約数的に処理としたので、大体意見が一致した滝、レイラ、沢田にした次第です。
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:19:45.79 ID:Q8+swoKoO
そもそもみらい組に関してはろくに考察してる人少なかった気もするけど……このまま行くのなら別にそれでもいいけど……うーん

まあ参加できなかった身であんまし文句も言えないので黙る
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:23:44.16 ID:kBNlYdT20
近接戦闘のエキスパートは向こうの軍に山ほどいるだろうしへーきへーに
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:47:06.64 ID:dSdt20IX0
>>480
それを言ったらダリウスは二票入ってるけど残留組になってるし。
また、ヘカテルとダリウス共通で反対意見も出てたし。
485 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 01:01:31.23 ID:ZhTZSqfXO
>>484
ダリウス2票入ってましたっけ?先遣隊に1票はありましたが。
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 07:36:33.29 ID:dSdt20IX0
先遣隊>>442とみらい>>477で一票ずつ入ってる
487 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 22:36:53.47 ID:Q8w4I5TNO
少し進めます。
488 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 23:08:12.23 ID:Q8w4I5TNO
「少し……一人にしてくれますか。考える時間が欲しいです。そう待たせません」

国王が頷くのを見て、俺は部屋を出た。

王宮の中は静まり返っている。窓から射し込む夏の日差しが、やけに暑く感じた。
俺は中庭に出る。ベンチを見付けると、そこに座り込んだ。

俺は行くべきだろう。言い出しっぺが行かないという選択はあり得ない。
残りは3人。……俺の脳裏には、銀髪の小柄な少女が真っ先に思い浮かんだ。

彼女を連れていくのは危険だ。確か、異世界は魔素が極端に薄い。それは、彼女の強みである魔法がほぼ使えないことを意味していた。
……それでも脳裏から消えないのは何故だ。彼女が俺の恋人だからか?私情に走ってどうする??

……だが、彼女を異世界に連れていってやりたいと思っているのも間違いない。彼女の父、ネーロ氏は向こうにいる。彼と会わせることで、何かが起きるのではという予感が消えない。
まして今、彼はオルドと一緒にいる。恐らくは、「一族」の誰もが知らない、怪物としてではないオルドだ。ノワールを連れていく理由は、確かにあった。

俺は考えた末、ノワールを連れていくことに決めた。額に汗が流れる。この「DEMO」は冷却機構があるらしくこの暑さでも快適だが、この汗はきっと、暑さからくるものではない。

残りは2人。クリムゾンに対抗する武器は、今のところないという。ならば、作れる人物が要る。ナージャか、ダリウスか。
ナージャの宝石にはジュリアンがいる。彼は武具の専門家だ。やはり、彼の助けがあるかどうかは大きく違う。とすれば、彼女も決まりだ。

……最後の一人は、やはり土地勘がある人間がいい。タキ……いや、彼にはレイラがいる。レイラを連れていくなら、彼には後で来てもらった方がいい。サワダは、元の世界でゆっくりしてもらおう。
消去法で、火蓮で決まりだ。彼女も、恐らくは快諾するだろう。

ヘカテルのことがふと、頭に浮かんだ。あいつも、自分の感情を押し付け公私を混同する愚かさに気付いた、ということなのだろうか。
それはそれで間違った選択ではない。全く間違ってない。
だが、無理しているのもまた確かだ。俺がいない間、心の均衡が崩れないといいんだが。俺に代わる誰かがいれば、と思ったが、そんな適任者はいそうになかった。

……

※15以下で追加イベント、90以上で別の追加イベント
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:10:03.22 ID:FOt8wTLk0
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:10:06.28 ID:Tnpdg4xko
491 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 23:12:25.84 ID:Q8w4I5TNO
※ファンブル、再判定

01〜15 ????????
16〜90 不幸の宝珠発動
91〜99 何もなし

※ノワールが睡眠中のため、絆効果は発動しません

492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:13:36.37 ID:FOt8wTLk0
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:13:48.65 ID:xlZTg7ADO
494 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 23:17:14.95 ID:Q8w4I5TNO
(ノワールは起きてました。失礼しました。なお、離れているので絆効果発動なしは変えません)
495 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 23:44:51.32 ID:Q8w4I5TNO
※不幸の宝珠発動、イベントなしとして処理

##########

俺は部屋に戻り、先遣隊とみらい搭乗のメンバーを告げた。特に異論はなく、了承される。

「分かった。まあ、留守中は俺らに任せな。ズマの戦後処理は俺とエリックでやる。イーリスの国防は、エリックか」

「表」のエリックが頷く。

「クラークも気になりますけど、ね。一応、俺も王家の血を引いてるらしいですし、護りますよ」

セシル国王が静かにブランドを見た。

「あー、僕もここを護るってことでいいのかな?……ていうか、ちょいと気掛かりなことがあってね」

ダリウスがポリポリと頭をかいた。

「どうしたのよ。……まさか、あのこと?」

ナージャの言葉に、ダリウスは頷いた。

「アリスさん、サラスに今戻ってるだろ?……結晶化の解除の研究をしているんだ。
ブランドさんは、君の弟君と相当程度同化してるから無理らしいが……フィオナさんとジュリアンさんは、回復できるかもしれないらしい。
僕もちょっとそれに協力してみる。後でアリスさんに連絡を入れるつもりだよ」

「分かった。あんたはそっちで頑張ってて。あたしも土産をこっちに持ってくるからさ」

ナージャがにっと笑った。それを見て、タキが口を開く。

「俺は後で行くということでいいな。加藤二佐にも伝えておこう。火蓮、先に行っていてくれ」

「分かったわ、兄さん。レイラさんも連れていくんでしょ?」

「……そうだな。玲香の墓参りにも行きたかったところだ。サイファー、それまで頼んだ」

俺はタキの言葉に頷いた。

「無論さ。やるだけのことはやる」

ヘカテルの表情は依然晴れない。問題は、彼女自身が解決するしかないのだ。俺は視線を彼女からノワールに移した。

「じゃあ、行くぞ。準備はいいな?」

「うん、大丈夫」

シェルミィの電話を起動し、オルランドゥの研究所に空間を繋ぐ。……待ち構えているのは、鬼か蛇か。

……

※10以下で追加イベント
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:46:21.60 ID:Tnpdg4xko
497 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/28(火) 23:48:31.17 ID:Q8w4I5TNO
※追加イベントなし

今日はここまで。明日から新展開です。
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:55:31.71 ID:FOt8wTLk0
おつです。楽しみ
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:59:14.27 ID:Tnpdg4xko
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 03:02:23.20 ID:QFgHmvtZo
いよいよ日本か…
501 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 12:34:29.97 ID:8F18m3PiO
少し進めます。
502 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 12:46:32.65 ID:8F18m3PiO
##########

研究所には見たことがない機械や設備が並んでいた。……本当に、俺たちの世界のものなのだろうか。
その片隅に、「DEMO」を着た数人の男女がいた。中心にいるのが、リナだろう。

「……来たわね。一応、準備はできたわ。加藤さんの技術班が手伝ってくれてね。少しだけ早くできた」

リナは俺たちの方を見ると、少し笑った。カトウが俺を見る。

「何回かローマンという奴が様子を見に来ていたが、見張りをつけて正解だったな。隙あらば何かしようとしていたが、俺たちを見て諦めたようだねえ」

リナを害するというよりは、何かを細工しようとしたのかもしれない。ただ、油断できない存在なのは疑いなかった。

「そのローマンは?」

01〜05 ???????
06〜15 姿を現さない
16〜70 呼んだか
71〜90 ……急げ
91〜99 ???????????
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 12:48:19.12 ID:bQKeSgKDO
504 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 13:03:40.46 ID:8F18m3PiO
「……いや、まだね。……防護服なしだとここは厳しいわ。火蓮ちゃんたちは、居住区に行って。あそこなら魔素が大分薄いから」

目の前には何かの液体で満たされた巨大な容器があった。その中に、小さな七色に光る鉱石が浮かんでいる。……あれがオルディニウム。
容器だけで魔素を遮断できるはずもない。ノワールは既に息が上がり始めていた。

「ありがとう、リナさん。お言葉に甘えさせてもらうわ」

その場には俺とリナ、カトウとその部下2人が残った。

「本来なら来る時間のはずだな?」

「ええ。……でも、これ以上は待てないかも。オルディニウムの調整上、魔力を一気に引き上げられるタイミングは限られてるの。
あと一時間待って来なかったら、私たちだけで行くしかないわ。……そうですよね、ヘルラさん」

「ええ。さすがにもう一度やり直すわけにもいかない。停戦がどうなるかは分からないけど……」

俺たちは待った。

……

01〜30 来ない
31〜80 遅れたな
81〜90 急げっ!!
91〜99 ????????
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 13:05:22.72 ID:9UD9HLJL0
ほい
506 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 13:25:30.99 ID:8F18m3PiO
30分後。

「遅れたな。……やぼ用があってな、許せ」

ローマンは長いマントをはためかせ、何処からか現れた。……よく見ると、マントには汚れが目立つ。

「……何かあったのか」

「鼠が入ってな。その除去だ。なかなかしつこい」

鼠、か。アミール一派の誰かだろうか。
あるいは、あの表情のない男。異世界から来たらしい、奴なのかもしれない。

「……これで一先ず揃ったわね。加藤二佐、また1週間後に」

「おう、旦那によろしく言ってくれ。滝とすぐに行く」

タキから既に連絡は入っていたようだ。俺はノワールたちを呼び寄せる。

「まず、最初に言っておくわ。私は戻ったら、2、3日は動けないと思う。それだけ負担は大きいの。ヘルラさんも同じよ。
だから、しばらくはあなたたちで動いて。戻る先は、多分本郷の研究室だろうけど、周りの研究員に言えば蓮太郎さん――私の婚約者の事務所に行く手配はしてくれるはず。
言葉は心配しないで、普通の人はともかく、研究員ならきっと解るから」

「ええ、分かったわ義姉さん。サイファーさんたちは心配しないで。いざとなったら私が通訳になる。
医者を呼んだら、蓮太郎兄さんの所に行くわ。……兄さんとは、そこまで付き合いがあるわけではないのだけど」

カレンは一番上の兄とは微妙な関係であるらしい。どんな男なのだろうか。

「じゃあ行くわよ」

ブオォォォォン……

設備が低い振動音を上げた。容器内のオルディニウムが光る。
それとともに、リナの身体も光り始めた。

「みんな、もう少し側に!」

そう言われて身体を寄せる。そして俺たちは、まばゆい光に包まれた。

……

…………

………………

……………………

#############
507 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 13:26:13.54 ID:8F18m3PiO
ここで中断。
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 16:28:00.13 ID:1IlkLb6DO
フレールはファルが正気で帰ってきてたとしてもゼクスぶっ壊れて魔法無効化措置が施せなくなってただろうからどの道報われなかっただろう
509 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 20:54:16.36 ID:SpaNpN1vO
再開します。
510 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 21:08:36.02 ID:SpaNpN1vO
……視界が晴れていく。

そこは、オルランドゥの研究所と酷似した部屋だった。……失敗したのか?

……容器に書かれた文字が読めない。……よく見ると、設備の配置が少し違う。容器にオルディニウムの鉱石もない。
ここが、「異世界」??

ふと、床に視線を落とすとリナが膝をついていた。

「はあっ、はあっ……せ、成功、ね。……」

目の前には白衣の男女2人が驚愕した様子でいた。カレンがリナの代わりに、俺たちの知らない言語で何かを告げる。
男の方が部屋を駆け出し、女がリナの側に来た。リナはそれを確認すると、ガクッと倒れ込んだ。

「リナっ!?」

「……サイファーさん、大丈夫です。私が手配します」

そう言うとカレンは何やら女に告げた。暫くすると、何人かの白衣の男たちが担架をもって駆けつけてくる。

「リナさんは彼らが近くの大学病院に運びます。彼らに任せましょう。
もうそろそろ、研究員が戻ってくるはずです」

その言葉通り、男が戻ってきた。男は何事かカレンに告げる。

※25以下で追加イベント
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 21:08:48.81 ID:uOJ6vn/Fo
512 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 21:41:15.95 ID:SpaNpN1vO
※追加イベントなし

カレンは頷いた。

「上に車を呼んだそうです。それで一度、リナさんの家に行きましょう。兄さんが待ってます」

カレンが先導する形で、俺たちは部屋を出た。無機質な壁、剥き出しの管。そこに若干の気味悪さを感じる。ノワールやナージャも、キョロキョロと落ち着かない様子だ。
エレベーターで上に行く。長い、長いエレベーターだ。マニー会長の会社で乗ったもの以上かもしれない。

チン、と音が鳴り扉が開く。建物を出ると、古めかしい時計台のような建物が見える。そして、猛烈な蒸し暑さが俺たちを襲った。ナージャが耐えきれず叫ぶ。

「何この暑さ!?こんなに暑いの?」

「日本は夏はこんなものですよ。……行きましょう、車が待ってる」

すれ違う若い人々が、俺たちを好奇の目で見る。薄着の服――ランダムが好んで着るそれに似ている――ばかりの中で、俺たちの格好は明らかに浮いていた。

「どういうところなの、ここ?」

「国で一番の学術機関ですよ。この遥か地下に、国営のオルディニウム研究所の一つがあるんです。知る人はほとんどいないですけどね」

ノワールにカレンが笑いかけた。そう言えば、何重にもセキュリティがかかっていたようだった。国家機密、というわけか。

赤い門の所に、黒塗りの車が止まっていた。……「魔道車」、とは違うようだ。
火蓮は前の席に、俺たちは後ろの席に座った。外の暑さが嘘のように涼しい。右前の運転席には、上品そうな老紳士がハンドルを握っている。

「行き先は、芝の滝様のご自宅で?」

「ええ、お願い」

車が動き出した。速いっ。しかも、道には車ばかりだ。技術力が違うと聞いていたが、これほどか。

街は背の高い建物で溢れていた。イーリスでは、高くてせいぜい6階建てだがここは明らかにそれ以上のものが多い。

「……凄いものだな」

「東京は世界でも屈指の大都市ですからね。今から行く家は、40階にあります」

「……40階!!?」

俺たち3人が口を揃えた。マニー会長の会社の本社すら、30数階建てだったはずだ。それより高いのか??

「この世界には100階建てもあるらしい、ですよ。40階は確かに高いですけど……珍しくはないです」

外の風景が風のように流れていく。車はさらに速度を上げていた。外に、凄まじい高さの赤い塔が見える。それに近付くとともに、車は速度を落とした。

……やがて、双子の高い建物の下に来た。紳士がドアを開ける。

「兄さんですか、火蓮です」

何かに向けて呼び掛けると、ガラス張りのドアが開いた。自動ドアも、俺たちの世界には数える程しかない。
やがて再びエレベーターに乗り、人が豆粒のように見えた頃、それは止まった。

火蓮が部屋のチャイムを押すと、紺色の服を隙なく着こなした男が現れた。
顔はタキによく似ているが、彼の鋭さの代わりに柔らかさがある男だ。
髪は後ろに撫で付けられている。これが、「レンタロウ」という男のようだ。

レンタロウはふわりと笑って言う。

「火蓮、お帰り。そして皆さん、ようこそ日本へ」
513 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/29(水) 21:41:42.63 ID:SpaNpN1vO
少し休憩。しばらく地の文多目です。
514 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 20:43:07.10 ID:LdQm2Ct3O
再開します。体調不良のため、しばらく短めです。
515 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 21:11:59.48 ID:LdQm2Ct3O
#########

「さあ、こちらに」

部屋は広く、街が一望できた。ノワールは「すごーい」と感心しきりだ。
広い応接間のソファーに座ると、レンジロウ自らコーヒーを淹れてきた。飲み物の類いは、俺たちの世界と大差ないようだった。

「どうぞ、くつろいで下さい。……しかし、火蓮も急だね。リナが連れてきた、ということでいいのかな」

レンタロウは流暢に、俺たちの言葉で話した。俺たちに、気を使っているのかもしれない。

「はい。電話でも少し話しましたが、義姉さんはT大病院に入院しています。……行かなくていいんですか?」

「彼女なら大丈夫だ。時空間遡行の負担が大きいのは知ってるけどね。この話が終わったら、行くつもりだよ。……蓮次郎は?」

「兄さんは1週間後に。紹介したい女性(ひと)がいると」

レンタロウはほっとしたように微笑んだ。

「……あいつも、ようやく忘れられた、ということかな……。と、彼らは『異世界』から来たということでいいのかな。
初めまして、火蓮の兄、蓮太郎です。日本の衆議院議員をやっています。よろしく」

俺は彼の手を握った。タキと違い、随分細い。

「こちらこそ。……言葉、上手ですね」

「ははは、あなたたちの世界の言葉はこちらの『英語』に酷似してましてね。世界の公用語のようなものなのですよ。
まあ、僕もリナに出会ってから上達したようなもんですがね」

レンタロウは朗らかに笑う。そして、ふっと真剣な表情になって俺の目を見た。

「……リナが戻ってきた、それも『異世界人』を連れて。……重大な何かがあたということですね」

俺は頷き、今までの顛末をかいつまんで話した。相槌を打ちながら聞いていた彼の表情が一変したのは、エチゴの下りに入った時だ。

「……ちょっと待ってください、越後康介は死に、クリムゾンは所在不明と?しかも、こちらの石上副総理の部隊も送り込まれている??」

「ええ。リナの他にもう一人、同じようなことができる男がいます。彼がイシガミという男に接触しているようです。狙いは世界救済とか宣ってますが、やってることは世界の破壊ですがね。
タケシタという技官風の男もいましたが……多分、イシガミは俺たちの世界の技術なり何なりを得ようとしているのかもしれません」

「竹下??奴はどうしているんです??」

レンタロウの目がふと怒りに染まった。

「死んだと思います。……止めは刺しませんでしたが。タキが一発撃ち込み、そのまま瓦礫の下です。生きてはいないでしょう」

※20以下で追加イベント
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 21:14:14.17 ID:7eFn5wRDO
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 21:14:48.60 ID:Kl/qFcggO
ヤバイ
518 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 21:30:46.16 ID:LdQm2Ct3O
※追加イベント

レンタロウの表情が曇った。

「……それは失策でしたね。あの男、クリムゾンの適合者候補だったんです。クリムゾンは使えませんでしたが……再生機能はあるはず。多分、死んでないでしょう」

「馬鹿なっ!?」

ノワールと火蓮の表情も驚愕で固まっている。

「ちょっと待って、あの状況で生きていられるの?」

「……エチゴと同じなら、身体を両断されても生きていられる、そういうことになる。……くそっ」

レンタロウの顔が険しくなった。

「竹下は石上副総理の懐刀、竹下経産相の息子です。姿を見なくなったとは聞いていましたが……。そうですか、あなたたちの世界に。厄介ですね」

「というと?」

「彼の狙いは、あなたたちの世界との技術交流だけではないでしょう。有り体に言えば、本命は侵略」

俺たちは唖然とした。敵はアミールやジェラードだけではなかったのか?
レンタロウは静かに続ける。

「……だからこそ、貴重なクリムゾン適合者の越後を蓮次郎の部隊にねじ込んだんです。
それに気付いた私たちは、急遽リナを送り込んだ。彼女には無理をさせてしまいましたが、彼女は越後殺害をやり遂げてくれたようですね。
しかし、向こうにも時空間遡行ができる人間がいたとは……」

※70以上で追加イベント
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 21:31:04.77 ID:f2mdXVM1O
520 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 21:44:20.30 ID:LdQm2Ct3O
※クリティカル

「……よもや、あの男ですか。アミールと名乗る、金髪の青年」

「アミールに会ったことが??」

レンタロウは頷いた。

「F国の貴人だと紹介され、1カ月ほど前さるパーティで会ったことがあります。……物腰の柔らかい、好感の持てる男だと最初は思いました。
……しかし、用を足しに会場を離れた時、僕は強烈な殺気を彼から感じた。
あの場に残っていたらマズイと直感した僕は、急いで事務所に帰りました。その時は、何故彼が殺気を向けたのか分かりませんでしたが……。
今なら分かります。彼は僕が、リナの婚約者だと知っていた。始末することで、リナを傷つけようとしたんでしょうね」

「兄さん、そのパーティは誰が主催したの?」

レンタロウは少し黙り、何かに気付いたように「ああっ」と漏らした。

「……外務省主催のフォーラムの懇親会です。そうか、外務省も敵か……。しかし何故」

55-賢さ(16)=39以上で成功
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 21:45:08.14 ID:MzZZ689o0
あい
522 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 21:52:52.14 ID:LdQm2Ct3O
※14…失敗

レンタロウは何か考え込んでいるようだ。

「……しかし、イシガミという奴があたしたちの世界を侵そうとしていたとして、アミールは何故協力してるんだろう?」

ナージャは納得できないようだ。

「利用しあってる関係なんじゃないかな。アミールはクリムゾン含め、こっちの世界の技術が欲しい。イシガミは、その逆。……いつかは互いに裏切りそうだけど」

「そうなると、どっちが優位なんだ?……オルディニウムのことを考えると、アミールな気がするが」

ノワールの問いに、俺は答えた。アミールと直に会ったことはない。だが常識的に考えれば、彼はこの世界においても魔法を行使できる。……オルディニウムの指輪の力を使って。

※70以上で追加イベント
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 21:53:23.14 ID:WjLuhOlIo
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 21:53:24.89 ID:f2mdXVM1O
525 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 22:03:42.70 ID:LdQm2Ct3O
※追加イベントなし

「……とにかく、かなり面倒なことになっているのは間違いないですね。加藤さんたちの部隊が向かいましたが、彼らは一週間後に戻るのでしょう?
抑止力はその時に低下します。石上副総理が、何か行動を起こすかもしれませんね」

「しかし、アミールは俺たちと停戦している……まさか」

ノワールが厳しい表情で俺を見た。

「アミールは、イシガミの部隊が動く分には自分たちと無関係と言い張るかも。とすると、結構まずいよ。
タケシタってのが生きてるなら、それなりに大変かも。……ブランドさんたちが、何とかしてくれると思うけど」

「あるいは、一気に俺たちがイシガミを叩くか、だ。しかし、どうやって」

レンタロウは首を振った。

「難しい、でしょうね。彼はここ最近、姿を見せていない。しかも、警備は厳重です。あなたたちがどれほどの達人でも、多勢に無勢です」

「となると……」

1 総理官邸に行く
2 ネーロのいる研究所に行く
3 大学の研究所に戻る
4 その他自由安価

安価下5多数決、考察不要
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 22:05:00.41 ID:MzZZ689o0
4
ひとまずこの世界の魔素の薄さで出来ることと出来ないことを把握しておく

そりゃ俺たち読者は大体わかってるけども
527 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 22:11:37.61 ID:LdQm2Ct3O
>>526
先にそれやりましょうか。
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 22:12:02.02 ID:rO4ok9ai0
2 研究所ならなんかアイテムあるだろ
529 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 22:14:09.09 ID:LdQm2Ct3O
「……ノワール、ちょっといいか?ここでどれぐらい、魔法が使える?」

ノワールはうーんと唸った。

「正直、やってみないと分からない。聞いてた通り、魔素は大分薄いけど……」

※50以上で追加イベント
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 22:14:23.76 ID:MzZZ689o0
なあ
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 22:16:42.88 ID:f2mdXVM1O
使えそうか
532 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 22:23:19.85 ID:LdQm2Ct3O
※追加イベント

レンタロウが、何かに気付いたように言った。

「……君は、ネーロさんの娘かな?」

「ええ、そうですわ。どうして分かったんですの?」

「彼に君のことは聞いていたからね。話通り、可憐な子だ。
……しかし、ここで魔法を使えるのは、ネーロさんとリナぐらいだったはずだ。後はジェニー嬢が、多少使えたぐらいか」

ノワールは指先に力を集中する。

……

01〜60 やっぱりこの程度しかできないわ(予告通りのペナルティ)
61〜80 空間把握は使えるわね(一部基本魔法可能)
81〜95 隠密魔法も行けるかも
96〜99 ?????????
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 22:23:42.70 ID:f2mdXVM1O
534 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 22:27:58.93 ID:LdQm2Ct3O
すると、指先からポッと火が現れた。ノワールは頷き、今度は目を閉じる。

「何とか空間把握はできるわ。……でも、あまり高度なのは無理かも」

「それでも十分だ。攻撃魔法は?」

「ここじゃ試せないけど、上手く行くかどうかかな。少なくても、威力は落ちると思う」

とりあえず、ノワールはこの世界でも若干は魔法が使えるらしい。……さて。

1 総理官邸に行く
2 ネーロのいる研究所に行く
3 大学の研究所に戻る
4 その他自由安価

安価下5多数決、考察不要
535 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 22:28:27.52 ID:LdQm2Ct3O
>>528はカウントします。
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 22:29:03.06 ID:NUKz52dEO
2
元々オルランドゥの人間なら魔法に関して何か探ってたりしないかな
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 22:32:10.00 ID:WjLuhOlIo
538 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/11/30(木) 22:35:26.96 ID:LdQm2Ct3O
2で決定します。今日はここまで。
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 23:50:56.45 ID:OX3M4G/R0
おつです
540 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/01(金) 09:07:15.58 ID:n8z5EUmwO
少し進めます。
541 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/01(金) 09:11:50.23 ID:n8z5EUmwO
「とりあえず、ネーロ氏がいるはずの研究所に行こう。そこにはオルドもいるはずだ。色々分かるかもしれない」

レンタロウを見ると、難しい顔をしている。

「どうしたんですか?」

01〜40 どこにあるのか分からないんです
41〜65 海外にあるんです
66〜90 ここから遠いですよ
91〜99 気を付けないとまずいですよ
542 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/01(金) 09:29:25.30 ID:n8z5EUmwO
上げます。
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 09:33:28.52 ID:nGDB5h7P0
544 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/01(金) 09:43:34.34 ID:n8z5EUmwO
「研究所はこの国にないんです。アメリカという、ここから遥か離れた国の隔離された場所にあります。
あなた方は現状、パスポートを取得できない。ネーロ氏は難民認定を受けた上で超法規的措置で出国を許されましたが……。
同じようなことをやろうとするなら、少なくとも数ヵ月は手続きに必要でしょう」

数ヵ月?そんな余裕は俺たちにはない。

「何とかならないんですか?」

01〜20 何とも
21〜50 みらい次第ですかね
51〜70 あまり気は進みませんが……
71〜99 方法はあります
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 09:44:45.97 ID:YYr/E7gDO
546 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/01(金) 14:45:43.35 ID:n8z5EUmwO
「方法はあります。まだ実証実験段階ですが、リナができる『プレーンウォーク』を再現するための設備がある研究所が長野にある。
そこに行けば、あるいはネーロさんの所に行けるかもしれない。
……ただ、あそこも機密中の機密施設です。特に石上派には、知られてはならない。行動には慎重を期すべきです」

「ナガノ、とは遠いのですか?」

「ここからなら車を飛ばして3時間ですね。新幹線を使って行けなくもないですが、最寄り駅からタクシーを使うとなると色々リスクがあります。
それと、僕がこちらの世界の服を用意します。極力、観光客のように振る舞っておくのが無難でしょうね」

「……しかし、尾行されるかもしれない」

レンタロウは頷いた。

「僕も極力、一人では行動しないようにしています。だからこそ、警備が万全なここに住んでいるのです。
武器は携帯した方が、とりあえずいいでしょうね。といっても、そこの刀のようなものは目立ちすぎますが」

そう言えば、さっき研究室から出た後、すれ違う人々は皆軽装だった。この国では、武器の携帯は一般的ではないようだった。

「のようですね。では、服を待って出発しましょう」

※30以下で追加イベント
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 14:46:33.82 ID:h5ueeXkAO
548 :sage :2017/12/01(金) 14:52:24.14 ID:lR2vX2AT0
549 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/02(土) 19:36:27.98 ID:EODlcZFxO
体調不良のため今日は休みます。明日も微妙です。
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 19:39:09.53 ID:NGTNkk2pO
乙。あんま無理すんなよー
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 21:31:52.59 ID:2lIqqZrAo
乙ゆっくり休んで
552 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 22:25:09.81 ID:8NrctxLwO
少し進めます。
553 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 22:36:09.02 ID:8NrctxLwO
##########

暫くすると、先程の運転手が袋を持ってやって来た。
「サイズが合うといいのですが」と俺に渡されたのは、濃い藍色の、ゴワゴワしたズボンとTシャツだった。意匠はちょうど、いつもランダムが着ているようなものだ。
彼の服は、この世界のものにかなり近いらしい。そのことに驚きを感じながら、俺は別室で服を着替える。

部屋に戻ると、ノワールを除く女性陣が既に待っていた。

カレンは薄手のワンピースに帽子という出で立ちだ。さすがに違和感がない。
ナージャは、少し破けたズボンにヘソが見えるようなTシャツ、そしてサングラスだ。元々大きめの胸が強調された格好で、「ちょっとどうなのこれ」とブツブツ言っている。

「外国人女性ですから、そのぐらい大胆な方が怪しまれないと思ったのですが……」

「矢向、歳を取ってセンスが鈍ったかな。……ノワール君がまだだが」

レンタロウが少し様子を見に行くと……

※20以下で追加イベント
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 22:37:02.93 ID:iyXhh7e6o
555 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 22:57:50.69 ID:8NrctxLwO
※追加イベントなし

「ごめんごめん、遅くなって。……これちょっと、大きくない?」

ノワールはすぐに現れた。彼女の服はフリルのついたワンピースだった。ただサイズが合わないのか、少し肩が見えてしまっている。

「申し訳ありません。大人用ではノワール様のサイズが見当たりませんで……。一応、子供服も用意しましたが」

矢向と呼ばれた老紳士が取り出したのは、黒を基調にしたフリフリの服だった。確かにノワールには似合いそうだが、彼女のルックスと合わせると確実に目立つだろう。

「うーん、子供服ってのが気に入らないわ。とりあえず、これでいい」

少々不機嫌そうにノワールが言った。

##########

俺たちはレンタロウの貸してくれた大きな鞄――トランクケースと言うらしい――に装備品などを詰め込んだ。刀やロッドは、車のトランクだ。

「何か怪しい動きがあれば、まず連絡してください。銃などでの攻撃は、最終手段です。分かったね、火蓮」

「ええ。あと、道中何回か食事や手洗い休憩があると思うけど、できるだけ固まって動きましょう」

俺たちは頷く。車に乗り込むと、レンタロウが俺に言った。

「長野の施設に着いたら、一報下さい。また、近いうちにお会いしましょう」

「ええ。研究所から戻ったら、ゆっくり話す機会もあるでしょう。その時は、また」

俺とレンタロウは握手した。……そして、車は走り出す。

……

※30以下で追加イベント
※通過地点に応じて判定します。まず芝公園〜大泉ジャンクションです
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 22:58:16.61 ID:sa66ArqbO
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:08:34.40 ID:YqiO2rs9O
カーチェイスの可能性が
558 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:11:30.22 ID:8NrctxLwO
ちょっと重大なミスが発覚しました。

70以上ならそのまま理由をつけて続行、未満なら一度全部書き直します(コンマ判定はそのまま)。
559 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:12:13.68 ID:8NrctxLwO
なお、書き直しは510からです。
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:12:47.32 ID:RiF5QS+DO
何だろう
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:14:00.91 ID:sa66ArqbO
暫くコンマ判定無しの書き直しかな?
562 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:15:28.63 ID:8NrctxLwO
書き直します。大変失礼しました。

ミスというのは、ローマンの存在を忘れていたことです。会話にも反映させねばなりませんし、展開も変わります。

コンマ判定は極力そのままにしますが、追加での判定があり得ます。

どうにも風邪で頭が鈍っていたようです。猛省ですね……
563 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:16:32.33 ID:8NrctxLwO
……視界が晴れていく。

そこは、オルランドゥの研究所と酷似した部屋だった。……失敗したのか?

……容器に書かれた文字が読めない。……よく見ると、設備の配置が少し違う。容器にオルディニウムの鉱石もない。
ここが、「異世界」??

ふと、床に視線を落とすとリナが膝をついていた。

「はあっ、はあっ……せ、成功、ね。……」

目の前には白衣の男女2人が驚愕した様子でいた。カレンがリナの代わりに、俺たちの知らない言語で何かを告げる。
男の方が部屋を駆け出し、女がリナの側に来た。リナはそれを確認すると、ガクッと倒れ込んだ。

「リナっ!?」

「……サイファーさん、大丈夫です。私が手配します」

そう言うとカレンは何やら女に告げた。暫くすると、何人かの白衣の男たちが担架をもって駆けつけてくる。

「リナさんは彼らが近くの大学病院に運びます。彼らに任せましょう。
もうそろそろ、研究員が戻ってくるはずです」

その言葉通り、男が戻ってきた。男は何事かカレンに告げる。
564 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:24:29.05 ID:8NrctxLwO
カレンは頷いた。

「上に車を呼んだそうです。それで一度、リナさんの家に行きましょう。兄さんが待ってます」

カレンが先導する形で、俺たちは部屋を出た。無機質な壁、剥き出しの管。そこに若干の気味悪さを感じる。ノワールやナージャも、キョロキョロと落ち着かない様子だ。
ローマンだけが、平然としている。彼は恐らく、ゼクスのあの施設に行ったことがあるはずだ。
彼にとっては、さほど珍しい設備ではないのかもしれない。

エレベーターで上に行く。長い、長いエレベーターだ。マニー会長の会社で乗ったもの以上か。

チン、と音が鳴り扉が開く。建物を出ると、古めかしい時計台のような建物が見える。そして、猛烈な蒸し暑さが俺たちを襲った。ナージャが耐えきれず叫ぶ。

「何この暑さ!?こんなに暑いの?」

「日本は夏はこんなものですよ。……行きましょう、車が待ってる」

すれ違う若い人々が、俺たちを好奇の目で見る。薄着の服――ランダムが好んで着るそれに似ている――ばかりの中で、俺たちの格好は明らかに浮いていた。

「どういうところなの、ここ?」

「国で一番の学術機関ですよ。この遥か地下に、国営のオルディニウム研究所の一つがあるんです。知る人はほとんどいないですけどね」

ノワールにカレンが笑いかけた。そう言えば、何重にもセキュリティがかかっていたようだった。国家機密、というわけか。

赤い門の所に、黒塗りの大きい車が止まっていた。……「魔道車」、とは違うようだ。
火蓮は前の席に、俺とローマンは後ろの前、ノワールとナージャは二列目の席に座った。外の暑さが嘘のように涼しい。右前の運転席には、上品そうな老紳士がハンドルを握っている。

「行き先は、芝の滝様のご自宅で?」

「ええ、お願い」

車が動き出した。速いっ。しかも、道には車ばかりだ。技術力が違うと聞いていたが、これほどか。

街は背の高い建物で溢れていた。イーリスでは、高くてせいぜい6階建てだがここは明らかにそれ以上のものが多い。

「……凄いものだな」

「東京は世界でも屈指の大都市ですからね。今から行く家は、40階にあります」

「……40階!!?」

ローマンを除く俺たちは口を揃えた。マニー会長の会社の本社すら、30数階建てだったはずだ。それより高いのか??

「この世界には100階建てもあるらしい、ですよ。40階は確かに高いですけど……珍しくはないです」

「……興味深いものだな。これがジェラード様が言っていた、『古の業』か」

ふふっとローマンが笑った。「古の業」?ジェラードにとって、この世界の技術は既知のものなのだろうか?

外の風景が風のように流れていく。車はさらに速度を上げていた。外に、凄まじい高さの赤い塔が見える。それに近付くとともに、車は速度を落とした。

……やがて、双子の高い建物の下に来た。紳士がドアを開ける。

「兄さんですか、火蓮です」

何かに向けて呼び掛けると、ガラス張りのドアが開いた。自動ドアも、俺たちの世界には数える程しかない。
やがて再びエレベーターに乗り、人が豆粒のように見えた頃、それは止まった。

火蓮が部屋のチャイムを押すと、紺色の服を隙なく着こなした男が現れた。
顔はタキによく似ているが、彼の鋭さの代わりに柔らかさがある男だ。
髪は後ろに撫で付けられている。これが、「レンタロウ」という男のようだ。

レンタロウはふわりと笑って言う。

「火蓮、お帰り。そして皆さん、ようこそ日本へ」
565 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:26:38.84 ID:8NrctxLwO
#########

「さあ、こちらに」

部屋は広く、街が一望できた。ノワールは「すごーい」と感心しきりだ。
広い応接間のソファーに座ると、レンジロウ自らコーヒーを淹れてきた。飲み物の類いは、俺たちの世界と大差ないようだった。

「どうぞ、くつろいで下さい。……しかし、火蓮も急だね。リナが連れてきた、ということでいいのかな」

レンタロウは流暢に、俺たちの言葉で話した。俺たちに、気を使っているのかもしれない。

「はい。電話でも少し話しましたが、義姉さんはT大病院に入院しています。……行かなくていいんですか?」

「彼女なら大丈夫だ。時空間遡行の負担が大きいのは知ってるけどね。この話が終わったら、行くつもりだよ。……蓮次郎は?」

「兄さんは1週間後に。紹介したい女性(ひと)がいると」

レンタロウはほっとしたように微笑んだ。

「……あいつも、ようやく忘れられた、ということかな……。と、彼らは『異世界』から来たということでいいのかな。
初めまして、火蓮の兄、蓮太郎です。日本の衆議院議員をやっています。よろしく」

俺は彼の手を握った。タキと違い、随分細い。

「こちらこそ。……言葉、上手ですね」

「ははは、あなたたちの世界の言葉はこちらの『英語』に酷似してましてね。世界の公用語のようなものなのですよ。
まあ、僕もリナに出会ってから上達したようなもんですがね」

レンタロウは朗らかに笑う。そして、ふっと真剣な表情になって俺の目を見た。

「……リナが戻ってきた、それも『異世界人』を連れて。……重大な何かがあたということですね」

俺は頷き、今までの顛末をかいつまんで話した。もちろん、ローマンが隣にいる以上、あまり踏み込んだことまでは言えないが。
相槌を打ちながら聞いていた彼の表情が一変したのは、エチゴの下りに入った時だ。

「……ちょっと待ってください、越後康介は死に、クリムゾンは所在不明と?しかも、こちらの石上副総理の部隊も送り込まれている??」

「ええ。リナの他にもう一人、同じようなことができる男がいます。彼がイシガミという男に接触しているようです。狙いは世界救済とか宣ってますが、やってることは世界の破壊ですがね。
タケシタという技官風の男もいましたが……多分、イシガミは俺たちの世界の技術なり何なりを得ようとしているのかもしれません」

「竹下??奴はどうしているんです??」

レンタロウの目がふと怒りに染まった。

「死んだと思います。……止めは刺しませんでしたが。タキが一発撃ち込み、そのまま瓦礫の下です。生きてはいないでしょう」
566 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:31:29.04 ID:8NrctxLwO
その時、レンタロウの表情が曇った。

「……それは失策でしたね。あの男、クリムゾンの適合者候補だったんです。クリムゾンは使えませんでしたが……再生機能はあるはず。多分、死んでないでしょう」

「馬鹿なっ!?」

ノワールと火蓮の表情も驚愕で固まっている。

「ちょっと待って、あの状況で生きていられるの?」

「……エチゴと同じなら、身体を両断されても生きていられる、そういうことになる。……くそっ」

レンタロウの顔が険しくなった。

「竹下は石上副総理の懐刀、竹下経産相の息子です。姿を見なくなったとは聞いていましたが……。そうですか、あなたたちの世界に。厄介ですね」

「というと?」

「彼の狙いは、あなたたちの世界との技術交流だけではないでしょう。有り体に言えば、本命は侵略」

俺たちは唖然とした。敵はアミールやジェラードだけではなかったのか?
レンタロウは静かに続ける。

「……だからこそ、貴重なクリムゾン適合者の越後を蓮次郎の部隊にねじ込んだんです。
それに気付いた私たちは、急遽リナを送り込んだ。彼女には無理をさせてしまいましたが、彼女は越後殺害をやり遂げてくれたようですね。
しかし、向こうにも時空間遡行ができる人間がいたとは……」

「なるほど、見えてきたぞ。越後が私たちに接触したのは、その石上という男の意向か。そしてそいつは、アミールとも結託している。
厄介な話だが、実に興味深い。……そう、興味深いな」

ニヤリとローマンが笑ったのを、俺は見逃さなかった。何に気付いた?

70以上で気付く、ファンブルなし
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:31:58.71 ID:sa66ArqbO
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:32:56.17 ID:iyXhh7e6o
ナイスだ
569 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:41:16.22 ID:8NrctxLwO
※追加情報

……そうか!元々ゼクスの施設はジェラードたちのものだった。あれを使った結果、マリオは魔力が効かなくなったのだ。
つまり、マリオはクリムゾンの適合者であった可能性が高い。もちろん、ジェラードたちはクリムゾンを使うためそうした人材を作っていたわけではないだろう。

しかし、今の一連の会話でローマンはその可能性に気付いた。……これは少々まずい。
もし、残りの手駒にそういう適合者がいたとしたら。

……いや、考えようによってはジェラードたちとアミールの対立を煽れる。ローマンは戻った時、クリムゾンの強奪を指示するだろう。互いに削り合うなら、それはそれで悪くない。

そして、今レンタロウが言った男。……何者だ?
そう思っていると、レンタロウが熟慮の末に口を開いた。

「……よもや、あの男ですか。アミールと名乗る、金髪の青年」

「アミールに会ったことが??」

レンタロウは頷いた。

「F国の貴人だと紹介され、1カ月ほど前さるパーティで会ったことがあります。……物腰の柔らかい、好感の持てる男だと最初は思いました。
……しかし、用を足しに会場を離れた時、僕は強烈な殺気を彼から感じた。
あの場に残っていたらマズイと直感した僕は、急いで事務所に帰りました。その時は、何故彼が殺気を向けたのか分かりませんでしたが……。
今なら分かります。彼は僕が、リナの婚約者だと知っていた。始末することで、リナを傷つけようとしたんでしょうね」

「兄さん、そのパーティは誰が主催したの?」

レンタロウは少し黙り、何かに気付いたように「ああっ」と漏らした。

「……外務省主催のフォーラムの懇親会です。そうか、外務省も敵か……。しかし何故」
570 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:42:53.04 ID:8NrctxLwO
レンタロウは何か考え込んでいるようだ。

「……しかし、イシガミという奴があたしたちの世界を侵そうとしていたとして、アミールは何故協力してるんだろう?」

ナージャは納得できないようだ。

「利用しあってる関係なんじゃないかな。アミールはクリムゾン含め、こっちの世界の技術が欲しい。イシガミは、その逆。……いつかは互いに裏切りそうだけど」

「そうなると、どっちが優位なんだ?……オルディニウムのことを考えると、アミールな気がするが」

ノワールの問いに、俺は答えた。アミールと直に会ったことはない。だが常識的に考えれば、彼はこの世界においても魔法を行使できる。……オルディニウムの指輪の力を使って。

「……とにかく、かなり面倒なことになっているのは間違いないですね。加藤さんたちの部隊が向かいましたが、彼らは一週間後に戻るのでしょう?
抑止力はその時に低下します。石上副総理が、何か行動を起こすかもしれませんね」

「しかし、アミールは俺たちと停戦している……まさか」

ノワールが厳しい表情で俺を見た。

「アミールは、イシガミの部隊が動く分には自分たちと無関係と言い張るかも。とすると、結構まずいよ。
タケシタってのが生きてるなら、それなりに大変かも。……ブランドさんたちが、何とかしてくれると思うけど」

「あるいは、一気に俺たちがイシガミを叩くか、だ。しかし、どうやって」

レンタロウは首を振った。

「難しい、でしょうね。彼はここ最近、姿を見せていない。しかも、警備は厳重です。あなたたちがどれほどの達人でも、多勢に無勢です」

「となると……」
571 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:44:27.75 ID:8NrctxLwO
「……ノワール、ちょっといいか?ここでどれぐらい、魔法が使える?」

ノワールはうーんと唸った。

「正直、やってみないと分からない。聞いてた通り、魔素は大分薄いけど……」

その時、レンタロウが何かに気付いたように言った。

「……君は、ネーロさんの娘かな?」

「ええ、そうですわ。どうして分かったんですの?」

「彼に君のことは聞いていたからね。話通り、可憐な子だ。
……しかし、ここで魔法を使えるのは、ネーロさんとリナぐらいだったはずだ。後はジェニー嬢が、多少使えたぐらいか」

ノワールは指先に力を集中する。
すると、指先からポッと火が現れた。ノワールは頷き、今度は目を閉じる。

「何とか空間把握はできるわ。……でも、あまり高度なのは無理かも」

「それでも十分だ。攻撃魔法は?」

「ここじゃ試せないけど、上手く行くかどうかかな。少なくても、威力は落ちると思う」

とりあえず、ノワールはこの世界でも若干は魔法が使えるらしい。
572 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:45:32.16 ID:8NrctxLwO
「とりあえず、ネーロ氏がいるはずの研究所に行こう。そこにはオルドもいるはずだ。色々分かるかもしれない」

レンタロウを見ると、難しい顔をしている。

「どうしたんですか?」

「研究所はこの国にないんです。アメリカという、ここから遥か離れた国の隔離された場所にあります。
あなた方は現状、パスポートを取得できない。ネーロ氏は難民認定を受けた上で超法規的措置で出国を許されましたが……。
同じようなことをやろうとするなら、少なくとも数ヵ月は手続きに必要でしょう」

数ヵ月?そんな余裕は俺たちにはない。

「何とかならないんですか?」

「方法はあります。まだ実証実験段階ですが、リナができる『プレーンウォーク』を再現するための設備がある研究所が長野にある。
そこに行けば、あるいはネーロさんの所に行けるかもしれない。
……ただ、あそこも機密中の機密施設です。特に石上派には、知られてはならない。行動には慎重を期すべきです」

「ナガノ、とは遠いのですか?」

「ここからなら車を飛ばして3時間ですね。新幹線を使って行けなくもないですが、最寄り駅からタクシーを使うとなると色々リスクがあります。
それと、僕がこちらの世界の服を用意します。極力、観光客のように振る舞っておくのが無難でしょうね」

「……しかし、尾行されるかもしれない」

レンタロウは頷いた。

「僕も極力、一人では行動しないようにしています。だからこそ、警備が万全なここに住んでいるのです。
武器は携帯した方が、とりあえずいいでしょうね。といっても、そこの刀のようなものは目立ちすぎますが」

そう言えば、さっき研究室から出た後、すれ違う人々は皆軽装だった。この国では、武器の携帯は一般的ではないようだった。

「のようですね。では、服を待って出発しましょう」
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:46:44.08 ID:sa66ArqbO
ローマンの弱体化具合はもう確定してるんかな
574 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:50:48.95 ID:8NrctxLwO
##########

暫くすると、先程の運転手が袋を持ってやって来た。
「サイズが合うといいのですが」と俺に渡されたのは、濃い藍色の、ゴワゴワしたズボンとTシャツだった。意匠はちょうど、いつもランダムが着ているようなものだ。
彼の服は、この世界のものにかなり近いらしい。そのことに驚きを感じながら、俺は別室で服を着替える。

部屋に戻ると、ノワールを除く女性陣ローマンが既に待っていた。

カレンは薄手のワンピースに帽子という出で立ちだ。さすがに違和感がない。
ナージャは、少し破けたズボンにヘソが見えるようなTシャツ、そしてサングラスだ。元々大きめの胸が強調された格好で、「ちょっとどうなのこれ」とブツブツ言っている。

「外国人女性ですから、そのぐらい大胆な方が怪しまれないと思ったのですが……」

「矢向、歳を取ってセンスが鈍ったかな」

ふふっとレンタロウが笑う。黒い半袖を着たローマンは、それを無表情で見ていた。

「ノワール君がまだだが」

レンタロウが少し様子を見に行こうとすると、ノワールが慌てた風情で苦笑して現れた。

「ごめんごめん、遅くなって。……これちょっと、大きくない?」

彼女の服はフリルのついた可愛らしいワンピースだった。ただサイズが合わないのか、少し肩が見えてしまっている。

「申し訳ありません。大人用ではノワール様のサイズが見当たりませんで……。一応、子供服も用意しましたが」

矢向と呼ばれた老紳士が取り出したのは、黒を基調にしたフリフリの服だった。確かにノワールには似合いそうだが、彼女のルックスと合わせると確実に目立つだろう。

「うーん、子供服ってのが気に入らないわ。とりあえず、これでいい」

少々不機嫌そうにノワールが言った。

##########

俺たちはレンタロウの貸してくれた大きな鞄――トランクケースと言うらしい――に装備品などを詰め込んだ。刀やロッドは、車のトランクだ。

「何か怪しい動きがあれば、まず連絡してください。銃などでの攻撃は、最終手段です。分かったね、火蓮」

「ええ。あと、道中何回か食事や手洗い休憩があると思うけど、できるだけ固まって動きましょう」

俺たちは頷く。車に乗り込むと、レンタロウが俺に言った。

「長野の施設に着いたら、一報下さい。また、近いうちにお会いしましょう」

「ええ。研究所から戻ったら、ゆっくり話す機会もあるでしょう。その時は、また」

俺とレンタロウは握手した。……そして、車は走り出す。

……
575 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/03(日) 23:53:12.57 ID:8NrctxLwO
ここまでとします。

>>573
まだですね。何か隠し玉があるやもしれません。

ローマン周りで言えば、このままだと彼はネーロと再会することになりますね。
576 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 09:43:08.16 ID:dugSjeCZO
昨日はミスすみませんでした。少し進めます。
577 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 09:50:24.91 ID:dugSjeCZO
※追加イベントなし

車は再び走り出した。「高速道路」という、車だけの道路であるらしい。

「それにしても、かなり眠いな……寝て構わないか」

「ええ。高坂辺りで一度休憩を取りますが、眠りたければそのままで構いませんよ」

矢向が微笑む。よく考えれば、転送されてきてろくに休憩を取っていない。向こうの世界は夜だったが、こちらの世界は昼間だ。昼夜が反転しているのだろうが、適応には時間が必要そうだった。

横のローマンを見ると、静かに目を閉じたまま動いていない。寝首をかかれるのではと少し思っていたが、杞憂だったようだ。
後部座席のノワールとナージャも、すうすうと寝息をたてている。俺も眠気に自分の意識を委ねることにした。

……

※35以下で追加イベント(高坂SA)
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 09:50:51.43 ID:2ASUkptIo
579 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 10:05:34.78 ID:dugSjeCZO
※追加イベントなし

……

車の窓から差し込む日射しで、俺は目を覚ました。夕日のようだ。
この分だと寝た時間は大したものではないだろう。俺はもう一度寝ようとしたが、妙に目が冴えてしまった。

車は少し長い橋を渡っていた。看板の上の文字は読めないが、下の文字は何となく分かる。「グンマ県」、か。

「お早いお目覚めですな。もうすぐで一度夕食を取りますが、如何しますかな?」

矢向が訊いてきた。よく俺の気配が分かったものだ。

「ええ。ただ、外には出ない方が良さそうな感じですね。ここで済ませられるなら、ここで」

「かしこまりました」

矢向は穏やかに答えた。この男、レンタロウの秘書か何かだろうか?

「……ここまで何か異常は?」

「いえ、特に。尾行されてはいないようですね、今のところは」

「そうですか。……それにしても、随分場馴れていらっしゃるような」

01〜50 ははは
51〜75 滝家とは長い付き合いですからね
76〜90 滝家がどういう家か、御存知ですか?
91〜99 ?????????
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 10:06:54.78 ID:UwEnsDlDO
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 10:07:11.70 ID:RUd/AhjHO
ほい
582 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 10:07:50.45 ID:dugSjeCZO
昼に再開します。
583 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 12:14:30.68 ID:dugSjeCZO
また少し進めます。今日夜は更新ないと思います。
584 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 12:34:12.17 ID:dugSjeCZO
「滝家がどういう家か、御存知ですかな」

矢向が言った。そう言えば、聞いたことがない。タキの強さもさることながら、兄のレンタロウも俺とそう歳が変わらないにも関わらず結構な地位にあるように思える。普通の家庭ではないのは、明らかだった。

「いえ。ただ、貴族か何かですか」

「貴族、ですか。この国にはそういう制度は『名目上は』ありませんが、特殊な家であるのは間違いない。
滝家は、江戸時代――今から400年以上前の時代です――からある、古い大名の一族です。浮き沈みは幾度となく経験しましたが、国の中枢に近い所にいたという意味では『貴族』なのでしょうな。
汚れ仕事が多かったという意味で、到底華やかな家でもありませんでしたが」

矢向は穏やかに話し続ける。

「汚れ仕事?」

「ええ。諜報の類い、といえばあなたにも分かりますかな。歴史の表舞台に出てきたのは、戦後からですよ。
ただ、それが故に危険も多い。先代の蓮司様は、奥方の身を案じて離縁された。どこまで火蓮様が聞いているかは、存じ上げませぬが。
我々矢向一族は、古から滝家を護って来た守護者に御座います。古き約束事にてお役目を頂いております。……あなたも、『守護者』なのでしょう?」

俺は驚いた。近衛騎士団の務めは警備だ。それを見抜いたのか?

「どうしてそれを?」

「図星でしたか。筋肉の付き方ですよ。決して後退しないよう、下半身の造りがしっかりしている。膂力はさほどでもないようですが、護りにかけては相応の腕と見ましたが」

「恐れ入りました。素晴らしい腕と見ましたが……今でもレンタロウさんの警護を?」

「無論です。それが?」

この老紳士が達人なのは疑い無い。ただ、見たところ少なくとも60代後半は行っているようだ。息子か誰かはいないのだろうか。

※50以上でいる(奇数で女性、偶数で男性)
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 12:36:25.21 ID:UwEnsDlDO
586 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 12:43:16.18 ID:dugSjeCZO
※いない

矢向は寂しげに首を振った。

「残念ながら。幸い、リナ様も武芸には長けております。蓮次郎様、火蓮様もお強くなられた。
矢向一族は途絶えても、蓮太郎様をお護りする人はまだおられます故に」

彼は寝ているであろう火蓮の横顔を見た。それは孫を見る祖父のそれに、とても良く似ていた。

車は夕日を浴びて左方向に進んだ。後しばらくしたら、夕食休憩であるらしい。

※40以下で追加イベント
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 12:43:57.79 ID:d8PLf7K8O
588 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 12:54:55.18 ID:dugSjeCZO
※追加イベントなし(横川SA)

##########

やがて車は大きな平屋の建物がある所についた。ここに食堂やら何やらがあるらしい。
「弁当を買いに出ます」と矢向が外に出た。火蓮とローマンは、その気配で目を覚ました。

「……横川ね。浅間山に施設があるって言ってたから、あと少しかしら」

ローマンは黙ったままだ。こいつの行動には注意しないといけない。
そもそも、ローマンはフェリシアの兄のはずだ。何故ジェラードについたのだろうか。
ジョシュア候はオルディニウムの魔力に取り込まれたと言っていたが。正気なのか、それとも。
以前見せた、圧倒的な魔力の正体含め、ローマンには謎が多い。

1 ジェラードについた理由を聞く
2 オルディニウムの精神汚染の可能性を指摘する
3 以前見せた「覚醒」について聞く
4 黙って矢向を待つ
5 その他自由安価

安価下5多数決、考察不要
589 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 12:57:44.84 ID:dugSjeCZO
今回質問できるのは1問だけです。
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 13:11:32.95 ID:ntpDjTLH0
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 13:15:02.23 ID:Q7L1YgZTO
5 今がチャンスだ殺せ
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 13:19:46.89 ID:6x1Np/6L0
3
593 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 14:32:59.71 ID:dugSjeCZO
上げます。
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 14:36:39.57 ID:qdOMs6BEO
5
一番気になってたのが、なぜコーウィン達は滝達が送られてくることをあたかも知っているかのようだったのかってことなのでそこ関連で

なぜ異世界を知っていたのか、になるかな
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 15:07:53.47 ID:UwEnsDlDO
>>594
596 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 15:31:27.72 ID:dugSjeCZO
591(殺害狙う)と594(コーウィンの話)は異なるのでまだ投票続行です。
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 15:34:07.67 ID:qdOMs6BEO
>>591も票としてはカウントされてるなら5票は集まってるけど
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 15:34:55.49 ID:qdOMs6BEO
決選投票ではなく?と言いたかった
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 16:10:42.97 ID:E1tbnjd+O
5 裏切り者には死を
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 16:15:22.77 ID:/ym56opgO
飛行機飛ばしてまで必死だなこの荒らし
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 16:17:56.23 ID:v7bjUCC2o
流石に殺害はアレなのでコーウィンの話で
602 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 16:40:14.74 ID:l/oZ2UifO
決戦投票です。3か594さんの意見か、先取3票で。考察不要です。
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 17:01:20.28 ID:1SeukF8AO
594
604 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/04(月) 17:33:19.20 ID:l/oZ2UifO
上げます。
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 17:35:36.52 ID:xdDG1iYfo
594
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 18:42:24.32 ID:qbXGRkAJ0
594
自由安価はなるべく取り入れたいし
607 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 12:44:03.19 ID:bgOu4vRBO
再開します。
608 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 12:49:28.70 ID:bgOu4vRBO
俺がローマンを見ていたのに、奴も気付いたようだ。

「……何だ」

「一つ、前から聞きたかったことがあった。助手席にいるカレンの部隊が俺たちの世界に来た時、何故かコーウィンが待ち構えていたらしい。
何故コーウィンは、タキやカレンの部隊が来ることを知っていた?
そもそも、ここの存在を以前から知ってたんじゃないのか?」

……

55-魅力(14)×2=27以上で成功
(内容は再判定)
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 12:50:03.95 ID:sPmqBl8jO
はぁい
610 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 12:56:36.28 ID:bgOu4vRBO
※95…成功

「……知らないと言えば嘘になる」

ローマンは目をつぶった。

「何を知っている?」

01〜50 これは単なる噂だ
51〜80 コーウィン様は……
81〜95 ジェラード様は……
96〜99 ?????????
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 12:56:53.94 ID:czrzg+BxO
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 12:56:56.32 ID:H1sakY2/o
613 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 13:17:29.81 ID:bgOu4vRBO
「……まず、ジェラード様が、お前たちの誘いに乗らなかったのには理由がある。コーウィン様を警戒していたからだ」

「どういうことだ??」

そういえば、オルランドゥでコーウィンは妙なことを言っていた。「ジェラードには自我が残っている」と。
二人の関係が今一つ読めていないが、必ずしも一枚岩でないのだけは理解できた。そのことか。

「コーウィン様は単独行動をよく取られる。この前の件もそうだ。ジェラード様は、正直それを快く思っていない。
だが、コーウィン様は『未来視』の力がある。それを考えると、ジェラード様は下手に動けない……と説明しておられた」

「何故単独行動を?二人は兄弟と聞いたが?」

ローマンはようやく俺と向きあった。

「……私も詳しくは知らない。だが……」

※80以上で追加イベント、ファンブルなし
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 13:17:43.01 ID:DUSv3UWeO
あい
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 13:18:45.59 ID:DUSv3UWeO
すまん
616 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 13:39:11.67 ID:bgOu4vRBO
※追加イベントなし

「だが、ジェラード様はコーウィン様ほどここのことは知らない。コーウィン様が先回りしていたのも、『未来視』の力以外に何かあったのか不明だ」

「未来視……まるでアミールのよう。まさか、繋がっている?」

カレンの言葉にローマンは首を振った。

「それはないだろう。……だが、コーウィン様がこの世界のことを知っていたのは疑いない。だから、待ち構えていたのだ。そこまでは本人から聞いている。
そして、ジェラード様はそのことを不審に思われている。だから、俺をここに寄越し、情報を得ようとしている。俺に言えるのは、ここまでだ」

そう言うと、ローマンはそのまま寝付こうと目を閉じた。

それとほぼ同時に谷向が戻ってくる。手には大きい袋が二つだ。

「釜飯とお茶を買って参りました。起きておられるなら、どうぞ。サイファー様たち向けに、匙も用意してあります」

谷向は茶色の陶器を俺に渡した。中には鶏肉や茸など様々な具があった。

……ジェラードは何を考えている?眠りに戻ったローマンを見て、俺は考えた。何か綻びが見えたような気がしたが、それは今のところ分からずじまいか。
俺は匙で米と具を口の中に放り込み、一先ず異世界の味を楽しむことにした。

……

※45以下で追加イベント(浅間山までの道中)
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 13:40:29.53 ID:H1sakY2/o
618 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 13:44:43.67 ID:bgOu4vRBO
※追加イベントなし

中断します。ノートラブルで着いちゃいましたね。
619 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 19:33:13.21 ID:FGExBs32O
再開します。
620 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:12:33.75 ID:FGExBs32O
#########

夜もふけ、車は山道に入っていった。ナージャは途中で起き、「気持ち悪い……」と唸っている。ノワールは相変わらず寝たままだ。

道中は何の異変もなかった。拍子抜けする程だ。
さすがに山道に入ると、風景は俺たちの世界とさして変わりがない。針葉樹の中を、車は曲がりくねりながら走っていく。

「高速道路」から30分ぐらいした頃だろうか。ある小さな建物の前に、俺たちは着いた。

「では、私はこれで。またお会いしましょう」

谷向は恭しく一礼し、車で去っていった。

「どうやってここに入るんだ?」

俺が訊くと、カレンはカードを取り出しドアに差し込んだ。ピッと音が鳴り、ドアが開く。

「カードキーが使えるのはここまでです。後は網膜認証です。兄さんが登録を済ませているはず」

エレベーターの前でカレンは立ち止まった。暫くすると、ドアが開く。

「まるで魔法のようだねえ」

眠そうにノワールが言った。

「私の目が、鍵になっているの。地下300mに、研究施設があるはずよ」

ゴウンゴウンと低い音が聞こえる。それが止んだとき、エレベーターの扉が開いた。
その先には、さらに分厚そうなドアがある。「これで最後です」とカレンが電話で何事かを話すと、内側から扉が開かれた。

「山田三尉、長旅ご苦労様。滝内閣府副大臣からの連絡は受けている。彼らが、ネーロ君たちの世界から来た客人かな」

白衣を来た、筋骨粒々の男がそこにいた。白髪だが日に焼けた肌で、相当若く見える。

「はいっ、マエザキ教授。ご無沙汰しております」

「ハッハッハ、相変わらず堅苦しいね。もっと力を抜いて生きろと言ったはずだが。……本件の責任者は……あなたかな?」

マエザキという男は、ローマンに手を差し出した。

「……何を勘違いしている、私はただの同行者だ」

「おっと失礼、年長に見えたものでね。ということは、そこのイケメンの君か。ようこそ、『浅間山片桐・マエザキ研究所』へ」

マエザキは俺の手を握った。見た目通り、体温も高いようだ。

「あ、はい。よろしくお願いします」

「アメリカに行きたいということだが、生憎今日は無理でな。明日朝にしよう」

「どういうことですか?」

「太陽光がないと、十分なエネルギー量が確保できんのだ。オルディニウムは貴重なのでね、同位体たるアンバライトをエネルギー元として使っているが、この世界は魔素が極度に少ない。太陽光はその代替なわけさ」

俺は少し安堵した。もう少し寝ていたい、というのが本音だったからだ。

「そういうことですか。しかし、寝る場所は?」

「それなら心配に及ばない。ここには20人の『モグラ』どもが住んでいる。君ら5人ぐらいが眠れるスペースはあるさ」

ハッハッハと、マエザキが豪快に笑った。教授と言ったが、あまり学者にはいないタイプの男だ。

……

※50以上で追加イベント
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:13:37.83 ID:7eNlhK8MO
622 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:19:59.61 ID:FGExBs32O
※追加イベントあり

その時、マエザキがローマンを見た。

「そう言えば、君は……ローマン・オーディナルかね?ネーロ君から聞いた特徴と一致しているが」

滅多に平静を崩さないローマンの顔が、一瞬引き吊った。何故彼がローマン知っている?

「……だとしたらどうだというのだ」

……

01〜50 いや、優秀な奴だったと懐かしそうに言っててな
51〜75 ……まさか来るとは、な
76〜90 ネーロ君が言う通りだったな
91〜99 ???????
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:20:36.79 ID:xaBOv5nco
624 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:27:35.73 ID:FGExBs32O
「……ネーロ君が言った通りだったな」

マエザキは苦笑した。ネーロは俺たちが来るのを予期していた??

「どういうことだ」

殺気を隠さずローマンが言う。マエザキはなおも苦笑したままだ。

「いや……『古い友人が近いうちに来るから、その時はここを案内してやってくれ』と最近言っててね。何のことかと思ってたが、こういうことか。
ああ、君に危害を加えるつもりはないよ。お望みなら、これから隅々まで案内しよう」

……ネーロは予知能力の持ち主なのか??ノワールを見ると……

※80以上で追加イベント、ファンブルなし
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:28:12.69 ID:PHzXokbYO
あい
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:28:15.53 ID:JWBLasyso
627 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:37:56.56 ID:FGExBs32O
※追加イベントなし

ノワールは「予知能力があるなんて聞いたことがない」と言いたげに首を振った。
アミール、コーウィンと予知能力持ちのような奴はいたが、どういうことなのだろう?

ローマンに視線を戻すと、明確に戸惑っていた。

「……奴が私を『友人』だと?」

「ああ、彼は確かに言っていたよ。君の知りたいものも、ここにあるかもしれないが……。夜も結構遅いが、どうするかい?」

01〜10 ???????
11〜40 いや、断る
41〜99 ……分かった
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:38:13.05 ID:hxTRzidsO
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:38:44.40 ID:JWBLasyso
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:39:19.56 ID:+kvgtdnFO
ノートラブルで抜けたツケが早速
631 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:43:38.44 ID:FGExBs32O
その言葉を聞いた瞬間、ローマンは懐から鞭状の武器を取り出した!

「……罠か、小癪な!!」

01〜20 マエザキに命中
21〜35 サイファー庇う(装備なしのためダメージ大)
36〜80 突き飛ばしに成功
81〜90 マエザキがかわす
91〜99 ?????????
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:43:58.20 ID:JWBLasyso
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:44:41.55 ID:JWBLasyso
ごめん
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:45:23.79 ID:+kvgtdnFO
あちゃー
635 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:46:13.77 ID:FGExBs32O
※マエザキに命中

※傷の程度は……
01〜20 致命傷
21〜40 重傷
41〜70 軽傷
71〜99 かすり傷

40以下でローマンとの戦闘
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:46:26.95 ID:+kvgtdnFO
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:46:58.60 ID:u3PfXgdlO
マエザキつよい
638 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:51:21.30 ID:FGExBs32O
マエザキは一瞬驚きながらも、その一撃を後ろ飛びに交わした。白衣は破れ、厚い胸板が露になる。

「……血の気が多いことだね。現役から離れて随分経つんだが……60の老体に鞭打ってもらうしかないかな」

「貴様……ただの学者じゃないな」

ローマンは二撃目の準備行動に入る。

……

01〜20 マエザキに命中
21〜40 突き飛ばしに成功
41〜70 マエザキが攻撃
71〜99 ??????????
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:51:35.03 ID:u3PfXgdlO
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:51:35.44 ID:lgRFYPFDO
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:51:36.01 ID:JWBLasyso
642 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:52:29.77 ID:FGExBs32O
※マエザキに命中

※傷の程度は……
01〜10 致命傷
11〜40 重傷
41〜70 軽傷
71〜99 かすり傷

40以下でローマンとの戦闘
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:52:42.17 ID:JWBLasyso
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:52:42.62 ID:lgRFYPFDO
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:52:43.79 ID:c8XI9hwsO
とう
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:53:17.36 ID:c8XI9hwsO
コンマしっかりしてー…
647 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 20:59:17.96 ID:FGExBs32O
「グアッ!!!」

ローマンが続けざまに放った一撃は、マエザキの脇腹を深く抉った。白衣から血が滲む。

「……こうなった以上は、停戦は解消だ。ここで貴様らを殲滅するっ!!」

※武器持ちはノワールとカレンだけです。サイファーの刀が使えるまでは1ターン必要です。
※全員防具なしなので、一発が痛いです。能力値修正はそのままとしますが、ダメージ軽減は大幅に落ちます。
※ローマンも相応に弱体化はしてます。ある方法で早いタイミングで無力化が可能ですが……

40以上で先制
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:59:28.82 ID:wzIydUp1O
まかせろ
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:59:36.11 ID:lgRFYPFDO
650 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:03:35.97 ID:FGExBs32O
※先制

俺は刀の在処を探した。……後方に転がっている。取りに行くには少々時間がかかるかっ?

※ナージャの弱点看破
80-知力(22)×2=36以上で成功
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:03:48.24 ID:lgRFYPFDO
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:03:49.82 ID:uNc+u85CO
653 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:07:28.16 ID:FGExBs32O
※24…失敗

「あたしもハンドガンを取りに行くわ、カレン、ノワールちゃんそれまでもたせて!」

「……分かった!」

ノワールは引きつった笑いを浮かべ、懐から金属棒を取り出した。

「魔法は使えないけど……伸びろっ!」

75-知力(30)×2=15以上で命中
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:07:38.79 ID:uNc+u85CO
神器が効くようになってたりするんかね。一族っぽい力が使えるなら
655 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:10:13.49 ID:FGExBs32O
(上の判定をやり直します。カリスマの発動判定が先です)

75-魅力(25)=50以上で不意討ち
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:10:32.77 ID:pNQXmm/ao
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:10:33.05 ID:oeO/Jn8SO
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:10:59.60 ID:oeO/Jn8SO
ナイス
659 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:12:45.55 ID:FGExBs32O
※クリティカル、不意討ちダメージ3倍に

ダメージ
(コンマ下一桁×8+筋力(6)×3+知力(30)×8+85)×3
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:12:56.86 ID:oeO/Jn8SO
はい
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:14:14.16 ID:oeO/Jn8SO
霧は使えないだろうしそれなら連続魔で2回分じゃ?
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:14:41.94 ID:oeO/Jn8SO
って暗黒攻撃じゃないのかすまん
663 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:18:46.50 ID:FGExBs32O
ダメージ 1173
ローマン残りHP 5000-1173=3827

ノワールの一撃は、ローマンの腹部の辺りを痛打した。

「……ぐっ……ネーロの小娘がぁ!!」

ノワールの攻撃を予期していなかったのか、ローマンは少し狼狽えている。

そこに、カレンが銃を構えた。

「いい加減にしろっ!!」

80-器用さ(23)×2=34以上で命中(コンマ下1、2)
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:19:01.28 ID:YVTE/vEoO
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:19:02.81 ID:lgRFYPFDO
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:19:11.20 ID:PlNqr8dDO
えい
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:19:44.81 ID:m6RhfXc20
ほいさ
668 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:21:51.54 ID:FGExBs32O
※一発命中

※弱点看破判定
80-知力(20)=60以上で成功(90以上の場合、効果を遡及します)
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:22:02.78 ID:YVTE/vEoO
670 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:23:49.83 ID:FGExBs32O
※78…成功

ダメージ
(コンマ下一桁×6+知力(20)×6+45)×1.5
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:24:00.81 ID:TxbfoAXoO
あい
672 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:25:57.19 ID:FGExBs32O
ダメージ 770

※連射発動

ダメージ
(コンマ下一桁×6+知力(20)×6+45)×1.5
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:26:08.29 ID:t25Yt9uzO
能力値修正そのままならカレンは+75じゃない?防御貫通で
674 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:26:50.66 ID:FGExBs32O
>>673
失礼しました、その通りですね。
675 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:31:41.28 ID:FGExBs32O
総ダメージ 1279
ローマン残りHP 2548

カレンの銃弾は腿の辺りに当たった。ローマンは苦悶の表情を浮かべる。

「……いいだろう。本来の力を振るえずとも……貴様らを殲滅することなぞ容易いっ!!」

ローマンは鞭をノワールとカレンに振るった!俺の刀は……

※30以上で手にできる
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:31:54.12 ID:t25Yt9uzO
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:32:49.34 ID:YYH9SnVgO
怖い怖い怖い
678 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:35:11.19 ID:FGExBs32O
※手にできない

くそっ、間に合わない!!カレンはともかく……ノワールは避けられるのか??

75-器用さ(4)×3=63以上で回避(ノワール、回避できない場合絆効果発動余地あり、コンマ下)
80-器用さ(23)×3=21以上で回避(火蓮、コンマ下2)
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:35:20.67 ID:YYH9SnVgO
(^ν^)
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:35:50.78 ID:oyD1fb0+O
681 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:36:31.24 ID:FGExBs32O
>>679は10未満で無効です。下にずらします。
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:36:50.67 ID:5ZcJrNdxo
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:37:00.87 ID:8MG29/YEO
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:37:27.02 ID:8MG29/YEO
ナイスダブル回避
685 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:42:07.47 ID:FGExBs32O
※二人とも回避

「あっぶな!」

ローマンの一撃はダメージからか精度に欠けていた。ノワールとカレンは僅かにそれを交わした。
俺はようやく刀を手に取る。まだ攻撃はできないが、受けるぐらいならば可能だ。
ナージャも銃を見つけたようだ。銃口をローマンに向ける。

「舐めんじゃないわよ!」

80-器用さ(22)×2=36以上で命中
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:42:19.93 ID:8MG29/YEO
687 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:43:43.58 ID:FGExBs32O
※命中

ダメージ
コンマ下一桁×6+知力(22)×6+60
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:43:55.80 ID:d5dytEOcO
689 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:45:47.17 ID:FGExBs32O
ダメージ 252
ローマン残りHP 2296

※70以上で追加イベント、95以上で戦闘終了
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:46:00.01 ID:5ZcJrNdxo
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:46:07.77 ID:05jcrkj6O
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:46:59.96 ID:05jcrkj6O
惜しい
693 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:51:22.79 ID:FGExBs32O
※追加イベントなし

ローマンはまだ戦闘態勢を解いていない。マエザキの方を見ると、意識はあるが出血はかなり多いようだ。……早めに決着を付けないと。

ノワールが再び金属棒を奴に向けた。

「もう一度!」

75-知力(30)×2=15以上で命中
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:51:36.95 ID:05jcrkj6O
695 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:53:16.02 ID:FGExBs32O
※95…命中

ダメージ
コンマ下一桁×8+筋力(6)×3+知力(30)×8+85
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:53:55.85 ID:lgRFYPFDO
697 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 21:58:56.82 ID:FGExBs32O
ダメージ 373
ローマン残りHP 1923

金属棒はローマンの肩口の辺りに当たり、奴はよろめいた。しかしすぐに俺たちに鞭を振るう!
俺はすかさず前に飛び出した。「DEMO」はない、しかしある程度なら受けられるはずだ!

55-器用さ(18)=37以上でダメージ無効化、オートカウンター発動
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 21:59:07.90 ID:05jcrkj6O
699 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 22:02:49.69 ID:FGExBs32O
※37…受け流しに成功、オートカウンター発動

(55-器用さ(18)×3=01のため強制ヒット)

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+100)×1.5
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 22:03:00.74 ID:05jcrkj6O
朦朧いけー
701 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 22:06:34.52 ID:FGExBs32O
ダメージ 536
ローマン残りHP 1387

中断します。
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 22:10:27.26 ID:rzVlyJ6RO
オートカウンターはダメージ2倍では
703 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 22:13:51.72 ID:FGExBs32O
>>702
おおっと、そうですね。

ダメージ 1071
ローマン残りHP 852

※25以上で追加イベント、60以上で戦闘終了
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 22:14:17.30 ID:rzVlyJ6RO
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 22:14:21.58 ID:lgRFYPFDO
706 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/05(火) 22:15:23.21 ID:FGExBs32O
※追加イベントあり

ここで一旦切ります。
707 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 00:08:30.57 ID:c77oqqe+O
俺はローマンの鞭打を鞘で受け止めた。しなった鞭が勢いのまま鞘に巻き付く。
それを利用して俺は抜刀し、下から上へと斬り上げた!ざくりという感触が手に伝わる。
少し遅れて、奴の胸板から鮮血が噴き出す。

「ぬおおおおっっ!!?その刀っ!?」

「……神器が一つ『村正』だ。そろそろケリを付けるか」

ローマンは力任せに鞘を弾き飛ばす。その時、後ろで倒れているマエザキが何か言った。

「……山田、三尉。これを使え……。撃てば分かる」

マエザキは懐から小さな拳銃を取り出し、カレンに投げた。

「デリンジャー??これで何を?」

「……いいから、撃て。ネーロ君は、万一のことも想定済みだ……」

マエザキはそう言うと目を閉じた。カレンは右手一本で小型の拳銃をローマンに向ける。

「お願いっ」

銃声が2発響いた。

※コンマ下1、2に40以上がどちらかにあれば戦闘終了
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:08:57.83 ID:VCF+O8yeo
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:09:14.68 ID:Wmytt53DO
710 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 00:19:28.91 ID:c77oqqe+O
※戦闘終了

銃弾はローマンの胸の辺りに当たった。しかし、奴は平然と立っている。

「こんな小口径の銃で私を射抜こうと?無駄だ、ジェラード様によって強化された私の肉体には傷ひと……?」

ローマンはそう言うと、膝から崩れ落ちた。

「そ……んな……!?ね、眠っ…………」

奴はそのまま倒れ込み、動かなくなった。

「マエザキ教授??これは……マエザキ教授っ!!」

カレンがマエザキに駆け付ける。見るからに出血が多い。

「ノワール、治癒魔法は使えるか??」

「分からない、でもやってみる」

奥の方から騒ぎを聞き付けた研究員たちが駆け足でやってきていた。ノワールは傷口を手で押さえ……

※50以上で治癒魔法発動

711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:19:39.88 ID:EWkXPtgIO
とう
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:21:08.03 ID:VCF+O8yeo
ゾロ目ナイス
713 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 00:21:49.08 ID:c77oqqe+O
※クリティカル

ノワールの手からは黄色い光が発せられた。

「大丈夫、上手く行くみたい。……これなら助かりそうだよ」

彼女がホッとした表情を浮かべる。長い長い一日は、やっと終わりを告げようとしていた。

※95以上で追加イベント、ファンブルなし
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:22:10.86 ID:EWkXPtgIO
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:22:13.52 ID:VCF+O8yeo
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:23:15.05 ID:2Ouf1SWN0
これローマンクッソ邪魔だな…どうにかならんものかねぇ
717 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 00:25:01.01 ID:c77oqqe+O
※追加イベントなし

今日はここまで。

>>716
マエザキ生存かつネーロが事前準備していたため、この後のイベントで何かがあります。
718 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 00:27:21.23 ID:c77oqqe+O
なお、ここでローマンがいきなり攻撃を仕掛けなくても、後々戦闘になる確率は上がっていく予定でした。
(本ルートはマエザキ死亡確率が高いルートでしたが、最後のクリティカルで帳消しになってます)
719 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 12:26:07.13 ID:MbyxXUVlO
少し進めます。
720 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 12:39:40.79 ID:MbyxXUVlO
##########

まるで箱のような個室で、俺は目が覚めた。もう11時か、随分深く眠っていたらしい。
それにしても誰も起こしに来ないとは……俺たちに配慮したのか、それとも別の理由があるのか。

一命を取り止めたマエザキ教授は、駆け付けた研究員により治療棟へと運ばれた。彼でないと、転移装置は機能しないらしい。
ノワールの魔法で「存外早く済みそう」とは聞いたが、今日ネーロ氏の研究所に行けるかは微妙なところだ。

ローマンはというと、当面は薬で眠らせ続けるとのことだ。どうもカレンに渡された小型銃には強力な麻酔弾が込められていたらしい。
元はネーロ氏が用意していたもののようだ。とすると、ネーロ氏は、俺たちの来訪のみならずローマンの乱心まで読んでいたということになる。
そのことに改めて少なからず驚きながら、俺は洗面所で軽く顔を濡らした。正午に、マエザキから今後の方針について連絡があるという。準備をしなければ。

##########

待ち合わせの会議室には既に全員揃っていた。マエザキは車椅子に乗っていた。

「君で最後だな。じゃあ始めようか。まず、米国のモハーヴェ中央研行きだが……」

※70以上で今日行ける
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 12:42:17.72 ID:WBV01bBW0
ほい
722 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 13:03:36.42 ID:MbyxXUVlO
※行ける

「予定通り、今日の深夜に行けそうだ。向こうは朝だから、立て続けの時差調整申し訳なく思うけどね。
そこのおちびちゃんのお蔭で、私の傷もかなり塞がった。私も同行しよう。……そして、できればローマン君もな」

「ええっ!!?」

全員が驚きの声を上げた。自分を殺そうとしたローマンを、何故??
マエザキはハッハッハと豪快に笑う。

「まあ驚くのも無理はない。だが、ネーロ君のたっての頼みだからな。傷は相応に深いが、何か身体を弄られているようで回復も早い。鎮静剤を止めれば、動けるだろう」

「し、しかし……奴は危険です。危険過ぎます。奴はこのままここで殺した方がまだ……」

俺の言葉に、マエザキは首を振った。

「サイファー君と言ったね。それは乱暴に過ぎる。そもそも、彼が何故邪心に染まったか?私も正確には知らないが、推定はできる。オルディニウムの影響だ。
私はネーロ君から、彼は根っからの悪人ではないと聞いている。ただ理想が高過ぎた余りに、己を失ったのだと。
オルディニウムの安定した研究のために、彼は『メンタル・スタビライザー』――要は、汚染された精神を浄化する設備だな――を私と開発した。
それを使えば、ローマン君が牙を剥くことはないはずだ」

オルディニウムが身体だけでなく心も冒すとは聞いていたが……それを治療するものもあったとは。

「なるほど……しかしそう上手く行くでしょうか?」

「治験では7:3といった所かな。精神汚染が深かったり、汚染から長時間経っていたりするとダメらしい。あるいは、元から邪心が異常だったり、な。
石上のとこは、敢えてそういう人材を集めているようだが」

忌々しげにマエザキが言う。

……

1 治療させる
2 メンタル・スタビライザーにかける
3 無視して米国に行く
4 殺害する
5 その他自由安価

1900ぐらいまでの多数決、考察必要
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 13:06:16.59 ID:FU2lr5ETO
4 悪人に慈悲はない
724 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 13:07:05.78 ID:MbyxXUVlO
選択肢が変なので再提示します。

1 治療させる
2 眠らせたまま無視して米国に行く
3 殺害する
4 その他自由安価

1900ぐらいまでの多数決、考察必要
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 13:19:11.84 ID:oS3fHXbdo
1
折角のネーロの厚意は無駄にしたくない
失敗したらしたで制圧はできるとは思うし
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 13:20:23.65 ID:fTk+aRpZO
3 弱っている今がチャンス
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 13:40:30.73 ID:tDfnOle60
1 このまま放置するより装置にかけた方が有利になる確率は高いから
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/06(水) 13:43:12.21 ID:xgznO7yn0
1
3割の失敗怖いけど麻酔弾の残りはあるんでしょ?
なら1対多だし問題なく処置できるはず
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 15:17:01.91 ID:hJtuX57DO
1かな
放置したままだと、目覚めて研究所破壊とか厄介なことになると困る
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 20:43:31.68 ID:PdwYlicC0
1 うまく行けばローマンをこちらに引き込めるかもしれんし。
731 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 21:09:20.33 ID:+wOo6iesO
再開します。
732 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 21:18:28.24 ID:+wOo6iesO
「とりあえず、治療してみましょう。物は試しです」

マエザキが頷いた。

「彼はまだ眠ったままだ。気付かれないよう、MTに接続しよう。鎮静剤が切れ、覚醒した瞬間に起動する。
万一に備え、装備はしてくれ。武器はさすがに取り上げているがね」

#########

ローマンの部屋に行くと、彼は拘束衣を着せられて寝かされていた。首筋に管がある。ここから鎮静剤が投与されているらしい。

研究員が注意深く彼を別のベッドに移す。

……

※15以下で覚醒
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 21:31:31.22 ID:bqjiL3Fto
734 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 21:46:59.26 ID:+wOo6iesO
※絆効果でファンブル回避、追加イベントなし

ローマンは微かに動いたが、目は覚まさなかった。やがて少し高いベッドに奴は移され、手早く拘束衣が脱がされていく。

「これから何を?」

「まず、体内にある薬液を流す。オルディニウムから発せられているのは、ある種の放射能と特殊なウィルスであるのが分かっているからね。
後者が特に精神に作用すると判明している。そこで、そいつを殺す抗体を注入する。同時に脳と手足に同時に特殊な電流を流す。内外からウィルスを殺すということだ」

分かったような、そうでないような……。だが、体内にある細菌のような物を消すのだというぐらいには理解した。

「教授、鎮静剤投与止め。覚醒を待ちます」

「分かった。覚醒と同時に措置開始だ」

ローマンの身体が微かに動いた。

……

※20以下で追加イベント
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 21:47:13.76 ID:2Ouf1SWN0
736 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 21:53:32.04 ID:+wOo6iesO
※追加イベントなし

奴が動くのと同時に、研究員が何かのボタンを押した。

「あ"あ"あ"あ"あ"あああああぁぁぁぁぁ!!!??」

ローマンが絶叫する。手足は金属の錠で固定されているが、物凄い力でそれを剥がそうと抵抗していた。
全身が痙攣し、目は白目を剥いている。ローマンは敵だが、なかなかに無残な姿といえた。

「いいんですかこれで!?」

「今のところ順調そのものだ。ここから抵抗が消えれば、措置は成功だが」

汗を流しながらマエザキが言う。

……

01〜30 痙攣は収まる気配がない
31〜75 痙攣はやや収まってきたが……
76〜99 やがて、痙攣は収まった
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 21:53:44.04 ID:+JVnQ/HOO
まかして
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 21:54:25.17 ID:fvuhUtjpO
アチャー
739 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 21:57:31.73 ID:+wOo6iesO
しかし、痙攣は収まる気配がない。

「……まずいなこれは」

マエザキが呟いた。

「薬液投与を20単位追加!電流を1アンペア抑えろ!これで効かないなら、措置は失敗だ」

状況は芳しくないようだ。……

01〜15 ??????
16〜50 痙攣はなおも収まらない
51〜80 痙攣が徐々に収まってきた
81〜99 痙攣は止まった
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 21:57:57.08 ID:tgijnNDbo
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 21:59:21.90 ID:Wmytt53DO
これはマズイ
742 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:02:46.40 ID:+wOo6iesO
徐々にローマンの痙攣が収まってきた。……しかし、何かがおかしい。

「バイタル低下!これ以上の措置は危険です!!」

「無駄だったか……措置中止、救命措置に切り替える!」

治療は完全な失敗に終わったようだ。……それどころか、命も危うい??

「ちょっと行ってみる!」

ノワールがローマンの元に駆け寄った。

……

01〜30 手の施しようがない
31〜50 これは……
51〜90 何とかなりそうだけど……
91〜99 ?????
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:04:23.33 ID:Wmytt53DO
お願い
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:05:05.54 ID:Wmytt53DO
本当にごめん
745 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:05:33.42 ID:+wOo6iesO
偶寄判定です。

奇数 降格(ローマン死亡)
偶数 そのまま

重要局面なので下3
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:07:16.36 ID:tgijnNDbo
ksk
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:08:38.25 ID:fLc0hsJO0
どうだ
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:16:44.68 ID:Wmytt53DO
はい
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:21:43.44 ID:JtJmHwK2O
低コンマ続きはきついな
750 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:27:20.61 ID:+wOo6iesO
「……これは……?」

ノワールとマエザキの表情が変わった。次の瞬間。

「VOOOOOOォォォォ!!!」

ローマンが凄まじい勢いで錠を引きちぎった!!目の色が紅く染まっている。
これは……かつてルイジの所で対峙したローマンだ!!

半裸のローマンはベッドを天井に叩き付け、近くの研究員を壁にめり込ませる!措置室は、一瞬にして地獄絵図と貸した。

「GRUUUUUU……WOOOOOO!!!!」

咆哮を上げたローマンは……

95以上で追加イベント、ファンブルなし
751 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:31:45.26 ID:+wOo6iesO
※85以下に緩和します。(内容的にこちらが妥当)
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:34:26.26 ID:JqDM04y4o
o
753 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:35:54.26 ID:+wOo6iesO
失礼しました。条件ミスのため再判定です。

85「以上」で追加イベント
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:36:57.48 ID:ogW0ihPWO
お願い
755 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:40:33.92 ID:+wOo6iesO
※追加イベントなし

咆哮を上げたローマンは、俺たちの方を向いた。……理性を失っているが、確実に俺たちを「敵」と認識しているな、これは……。

「ノワール!急いで後方へ!!マエザキさんたちもできるだけ離れて、俺たちが何とかします!!」

マエザキは頷くと、奴から離れようとした。

……

50以下でマエザキを狙う
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:41:06.52 ID:JqDM04y4o
えい
757 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:47:47.80 ID:+wOo6iesO
※「一族化」ローマンと戦闘開始

※ローマンは基本単発攻撃のみです。ただし、発動確率30%の朦朧打撃を持っています。(継続率50%)

※追い込まれると魔法で全体攻撃します。

※HP0で終了ですが、HP2000以下で正気に戻る可能性はあります(正気になったからといって味方になるわけでは必ずしもありません)

※重要ですが「HP15000」です。ナージャは基本ほぼ足手まといなので、弱点看破判定後は後方待機とします。

※神器ボーナスは確率で入ります。
758 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:52:58.02 ID:+wOo6iesO
以上の前提に立って、戦闘前判定を行います。

※50以上で先制(コンマ下)
※ノワールのカリスマ
75-ノワール魅力(25)=50以上で発動(コンマ下2)
※火蓮の弱点看破
80-火蓮知力(20)×2=40以上で発動(コンマ下3)
※ナージャの弱点看破
80-ナージャ知力(22)×2=36以上で発動(コンマ下4)
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:54:23.32 ID:Wmytt53DO
はい
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/06(水) 22:55:30.97 ID:xgznO7yn0
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:55:40.54 ID:JqDM04y4o
えい
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:57:43.21 ID:ogW0ihPWO
763 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/06(水) 22:59:51.64 ID:+wOo6iesO
※ローマン先制
※ノワールの初撃は不意討ち
※火蓮のダメージ1.5倍

この条件で明日戦闘開始です。
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 23:06:46.71 ID:qjzYDvtTO
一度ついてけなくなって間隔空くと、後からまた参加するの躊躇ってしまう……。安価に参加できずに申し訳ないけどたまに読ませてもらってます。これからも頑張ってください。
765 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 09:00:42.74 ID:L5MAdeKLO
再開します。
766 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 09:03:23.54 ID:L5MAdeKLO
ローマンは腰を落とし、両腕を拡げた。気持ち身体つきが大きくなったようにも感じる。
そして一気に蹴り出して襲いかかる!

※ターゲットは
01〜20 ノワール
21〜40 ナージャ
41〜50 火蓮
51〜99 サイファー
767 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 09:23:26.69 ID:L5MAdeKLO
上げます。
768 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 10:06:46.94 ID:L5MAdeKLO
もう一度上げます。

昼から再開です。
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 10:12:00.92 ID:XlTU0ac4o
770 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 12:28:21.44 ID:L5MAdeKLO
奴は俺に真っ直ぐ向かってくる。凄まじいスピードだが、何とかならないことはないはずだ。
俺も腰を落とす。奴は隙だらけだ。受けてからのカウンターが入るはず!

※不屈の誓い発動、全攻撃がサイファーに、ダメージ4分の1
※ダメージコンマ70以上で朦朧追撃、追撃にはカウンター不可

ダメージ
(コンマ下×20+200-耐久力(28)×7-125)×2÷4
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 12:32:04.22 ID:gVy2r3fko
772 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 12:34:00.37 ID:L5MAdeKLO
絆効果で無効、再判定
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 12:35:25.37 ID:lV9PXgyDO
はい
774 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 12:42:21.17 ID:L5MAdeKLO
ダメージ 10
サイファー残りHP 394

ローマンの右拳を受け止める。凄まじい衝撃が、拳を受けた左の盾から伝わった。
これは直撃を受けては一たまりもない。わざと受けるのは悪手か!?

俺はそう思いながら、身体を少しずらし勢いを逃がした。無防備な首筋を狙い、俺は刀を降り下ろす!

(55-器用さ(18)×3=01のため強制ヒット)

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+70)×3
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 12:45:27.91 ID:gVy2r3fko
776 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 12:48:05.17 ID:L5MAdeKLO
ダメージ 907

※朦朧打撃発動

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+70)×1.5

(オートカウンター分消失、55以上で継続)
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 12:52:40.41 ID:gVy2r3fko
778 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 12:57:19.69 ID:L5MAdeKLO
総ダメージ 1361
ローマン残りHP 13639

俺は立て続けに「村正」を振るった。しかし、肩口を2度ほど斬っただけでさして効いている様子もない。……化け物か?

ノワールを見ると、いつのまに奴の死角に移動している。

50以下で通常攻撃、50以上で暗黒の嵐×2(成功率50%)
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 12:58:17.63 ID:aOt8E/lUO
780 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 13:00:39.75 ID:L5MAdeKLO
「今ならばっ」

ノワールは意識を集中している。……魔法を放とうというのか?

※50以上で成功(コンマ下、下2)
※両方成功なら2発ヒット
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:01:01.84 ID:aOt8E/lUO
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:01:06.34 ID:lV9PXgyDO
はい
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:03:01.27 ID:ykNiyKTuO
最悪これ低コンマ連続で全滅してローマン覚醒前からやり直した方がいいまでありそうだなこれ
784 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 13:03:33.99 ID:L5MAdeKLO
※1発ヒット

ダメージ
(コンマ下一桁×8+知力(30)×8+25)×2
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:03:44.80 ID:ykNiyKTuO
786 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 13:08:43.45 ID:L5MAdeKLO
ダメージ 690
ローマン残りHP 12949

「UGAAAァァァ!?」

暗黒の雷が一筋、ローマンに落ちた。その雷で、奴の視界は一瞬遮られたようだ。

「今だよカレンちゃん!!」

カレンは頷き、銃弾を放った。

ダメージ
(コンマ下1、2一桁×6+知力(20)×6+75)×1.5
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:08:59.12 ID:5otZ4FeFO
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:08:59.50 ID:Ijk8RnRI0
ほい
789 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 13:15:01.22 ID:L5MAdeKLO
ダメージ 693
ローマン残りHP 12256

銃弾は2発当たったが、ローマンはまるでゆらがない。……このままではじり貧だぞ?

幸い、まだ体勢は整っていないようだった。俺は大きく踏み込んで奴の脳天を両断しようとする!

55-器用さ(18)×2=19以上で成功
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:15:16.14 ID:lV9PXgyDO
はい
791 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 13:16:01.40 ID:L5MAdeKLO
※14…失敗

休憩します。
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:21:45.38 ID:DKC4Sv9KO
ここまでかなり不運なとこ踏み抜いてるし、先のこと考えると一度全滅もありな気はする。もちろん故意に狙ったらペナ重いしその気は無いけど。
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 15:37:42.93 ID:gRlcGOXw0
故意じゃなくてもペナはあるでしょうに
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 15:44:17.59 ID:qQN/s5xDO
[ピーーー]なと言われたけどねぇ…ローマンの方から殺しにきたんなら正当防衛だろうし、仮に殺したとしてもやむなし
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 15:45:34.32 ID:qQN/s5xDO
>>792みたいな奴が意図的に低コンマ狙ってきそうで怖い
796 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 19:59:44.16 ID:2HVZz0y+O
再開します。
797 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:01:45.67 ID:2HVZz0y+O
俺の一撃は空を切った。……動きが素早い!
奴は俺を視界に入れるや否や、前蹴りを放ってきた。……受けるや否や?

1 受ける(カウンター発動)
2 交わす

※多数決なし
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:03:55.55 ID:7q/pzLlwO
受けるのはやばいって言ってるし交わす
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:04:08.23 ID:pbLDwKeMO
受ける
躱せるか分からんし
800 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:16:49.54 ID:2HVZz0y+O
さっきの一撃をまともに食らうのはかなりまずい。横に交わすのが正解とみた!

55-器用さ(18)×2=19以上で回避
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:17:10.75 ID:7q/pzLlwO
802 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:20:18.26 ID:2HVZz0y+O
※75…回避

奴の蹴りは大きく外れた。……しかし、それにしてもタフだ。一気にけりをつけるかしないと、こちらがいつかはやられる。

ノワールを見ると、静かに頷いた。後方支援に徹する、ということか。彼女は再び集中し始める。

……

※50以上で魔法発動(コンマ下1、2)
※命中判定は別途
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:20:37.84 ID:7q/pzLlwO
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:20:40.09 ID:hYen7a/3o
805 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:21:20.53 ID:2HVZz0y+O
※1回発動

75-知力(30)×2=15以上で命中
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:21:37.73 ID:7q/pzLlwO
やばそうだしスナイプ増し増しで
807 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:22:22.36 ID:2HVZz0y+O
※命中

ダメージ
コンマ下一桁×8+知力(30)×8+25
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:22:33.71 ID://zPEaBBO
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:26:33.47 ID:AOj8Y6tvO
サイファーの朦朧かカレンのクリティカルくらいしか活路なさそう
810 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:27:22.96 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 273
ローマン残りHP 11983

雷が再びローマンに落ちた。ローマンは咆哮と共に目の辺りを押さえる。

「カレンちゃん!今だよ!!」

ノワールは「暗黒の嵐」でローマンの足止めをしつつ、カレンの銃を生かす考えのようだ。
カレンは銃の引き金を引く。

ダメージ
(コンマ下1、2一桁×6+知力(20)×6+75)×1.5
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:27:38.03 ID:AOj8Y6tvO
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:27:55.52 ID:hYen7a/3o
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:29:00.85 ID:OBcQki9GO
クリティカル出ないかー…これ増援判定ないとジリ貧でやられそう…
814 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:32:04.21 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 630
ローマン残りHP 11353

しかしローマンはびくともしない。本格的にまずいことになってきた。刀を握る俺の手に汗が滲む。
救いは、攻撃が大振りなのと今のところ俺ばかり狙っていることか。……俺は「村正」を袈裟斬りに放つ。

55-器用さ(18)×2=19以上で命中
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:32:16.01 ID:OBcQki9GO
がんばれ
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:33:04.38 ID:OBcQki9GO
あああすまない……人のこと言えない消えます
817 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:35:04.22 ID:2HVZz0y+O
※01…失敗

俺の刀はまたも空を切る。……焦りが剣を狂わせているのか?
ローマンはその隙を見逃さなかった。左の拳を力任せに叩き付ける!

交わせないこともないだろう。しかし、受けてカウンターの方がいいのでは?俺は悩んだ。

1 受ける
2 交わす

※多数決なし
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:35:28.16 ID:74yqDYP7O
何のためのリジェネと村正吸収だよって話だし受けてよくね??
819 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:38:12.97 ID:2HVZz0y+O
俺は思いきって受ける覚悟を決めた。腰を落として盾を上に向ける。……衝撃が来る!

ダメージ
(コンマ下×20+200-耐久力(28)×7-125)×2÷2
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:38:24.90 ID:lV9PXgyDO
はい
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:39:09.31 ID:W4K2iub9O
ナイス半減
822 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:43:30.43 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 79
サイファー残りHP 325(村正で全快済み)

「おおおおおおおっ!!!」

俺は歯を食い縛り衝撃に耐えた。手首の骨が軋む。……ヒビくらい入ったかもしれない。
だが、痛みに耐えねばっ。返しの一撃を俺は下から上へと放った。

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+70)×3
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:44:06.84 ID:W4K2iub9O
85以上こい
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:44:33.96 ID:W4K2iub9O
ケルゴレムの85以上半減は?
825 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:45:20.59 ID:2HVZz0y+O
※サイファーダメージは40ですね。訂正します。

※朦朧打撃発動

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+100)×1.5
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:45:31.92 ID:W4K2iub9O
827 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:46:13.11 ID:2HVZz0y+O
※朦朧打撃継続

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+100)×1.5
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:46:22.43 ID:XlTU0ac40
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:46:38.34 ID:+bYsRwiVO
あい
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:46:55.80 ID:XlTU0ac40
10秒以内だった……
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:48:09.67 ID:DYgRjipIO
10秒スレスレ狙って低コンマ引くくらいなら11秒ちょいで高コンマ狙った方がいい
832 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 20:54:59.61 ID:2HVZz0y+O
総ダメージ 1944
ローマン残りHP 9409

俺は下から上へと斬り上げた刀を返し、両袈裟を斬った。初めてローマンの動きが、微かに止まった。これを繰り返せ、か。
しかし、奴の攻撃がいつまでも俺に向かうとは限らない。少し攻撃の手が緩めば、奴が後衛にいるノワールたちに向かう危険性は高いと言えた。

やはり、そう悠長には戦えない。

※80以上で追加イベント、ファンブルなし
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 20:55:29.87 ID:hf1vLUN+O
834 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:02:16.75 ID:2HVZz0y+O
※追加イベント

その時、逃げていたはずのマエザキが部屋の扉を開けた。

「そこの……ナージャ君だったな!?この銃をっ」

マエザキは後方で身を潜めていたナージャに何かを投げる。あれは……

「麻酔弾入りデリンジャー??」

ナージャはそれを受け取るとローマンに向けた。

「銃弾は2発しかない!当たっても効くとも限らん……だが、これしかない!頼むぞっ」

マエザキは再び退避した。これは……上手く行けばっ。

気が付くと、ノワールが「暗黒の嵐」の準備に入っていた。

※50以上で発動(コンマ下1、2)
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:02:31.99 ID:hYen7a/3o
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:02:54.40 ID:lV9PXgyDO
はい
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:03:50.69 ID:cIt6lcMoO
00扱いきた!
838 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:06:52.90 ID:2HVZz0y+O
※1回発動
※ティアラの効果で強クリティカル、ダメージがクリティカル扱い確定
※ダメージ処理後追加判定あり

ノワールの雷が直撃する!

「AGAAAAAAA!!!!」

苦悶の咆哮が部屋に響いた。

ダメージ
(コンマ下一桁×8+知力(30)×8+25)×3
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:07:53.87 ID:cIt6lcMoO

840 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:09:56.71 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 963
ローマン残りHP 8446

※追加判定
50以上でナージャ、カレンの攻撃まで盲目持続
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/07(木) 21:10:17.81 ID:cIt6lcMoO
842 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:14:24.92 ID:2HVZz0y+O
※盲目持続

ローマンはその場に踞った。相当効いている!

ナージャは奴に向かって、マエザキから貰った麻酔銃を撃った。

「いい加減黙りなよ!!」

……

01〜30 変化なし
31〜60 攻撃力半減
61〜90 攻撃力半減、ダメージ軽減なしに
91〜95 上に加え1ターン完全行動不能、ダメージ倍増
96〜99 戦闘終了
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:14:49.86 ID:hYen7a/3o
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:14:57.71 ID:OjsTaQgQO
やあ
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:15:27.18 ID:OjsTaQgQO
よいぞよいぞ
846 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:18:12.13 ID:2HVZz0y+O
銃を撃たれたローマンの動きが、明確に緩慢になった。……これは。

「1発じゃ沈黙しないみたいね、でも次で!」

それを見てとったカレンも、銃弾を放った。

※ダメージ+50補正

ダメージ
(コンマ下1、2一桁×6+知力(20)×6+125)×1.5
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:18:56.74 ID:OjsTaQgQO
あい
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:19:02.39 ID:lV9PXgyDO
はい
849 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:24:07.11 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 852
ローマン残りHP 7594

奴の肩口から二筋の血が流れた。……しかし、まだ浅い。

俺は一気に畳み掛けんと、大きく踏み込んだ。

「うおぉぉぉらぁぁぁぁ!!!」

55-器用さ(18)×2=19以上で命中
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:24:33.08 ID:LTxC2ZMzO
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:25:06.24 ID:M5hd5NvSO
サイファーノーコンすぎる
852 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:27:14.73 ID:2HVZz0y+O
※08…失敗

力が入りすぎたか、刀は空を切ってしまった。
そこにローマンが横凪ぎに拳を振るう!しかし、拳に力はない。これなら受けるのが正着だっ。

ダメージ
(コンマ下×20+200-耐久力(28)×7-125)÷2
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:27:27.78 ID:M5hd5NvSO
あい
854 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:30:20.97 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 39
サイファー残りHP 365

拳が盾に当たる。相変わらずの衝撃だ。……しかし、その後には大きな隙がある!

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+100)×3
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:31:05.01 ID:/TPYNCWtO
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:32:32.27 ID:aofr/L9FO
単発が意図的に低コンマ引いてるくさいなこれ
857 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:33:09.77 ID:2HVZz0y+O
失礼しました。ダメージ計算式を下でやり直しです。

ダメージ
(コンマ下×6+筋力(23)×6+知力(19)×5+130)×3
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:34:02.01 ID:aofr/L9FO
たあ
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:34:49.07 ID:aofr/L9FO
すまん…故意じゃない
860 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:37:17.29 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 1089
ローマン残りHP 6505

ローマンは一歩後ずさりした。奴の目が、後方のノワールたちに向かう。……明らかに、ノワールたちに向かうつもりだ。

ノワールは再びロッドに念を込めた。

「させないっ!!」

※50以上で発動(コンマ下1、2)
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:41:18.60 ID:ApvG/R7/O
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/07(木) 21:41:25.18 ID:1O1wweZA0
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:41:34.20 ID:hYen7a/3o
864 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:42:24.36 ID:2HVZz0y+O
※1回発動

75-知力(30)×2=15以上で命中
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sagea]:2017/12/07(木) 21:43:08.65 ID:ApvG/R7/O
866 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:43:59.46 ID:2HVZz0y+O
ダメージ
コンマ下一桁×8+知力(30)×8+85
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/07(木) 21:44:13.57 ID:1O1wweZA0
868 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:49:48.05 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 381
ローマン残りHP 6124

「AAAAAアアアアァァァぁ!!」

ローマンがまた絶叫した。再び目を押さえて屈み込んだ奴に、ナージャが麻酔銃を撃つ。

「これで眠りな!!」

01〜20 変化なし
21〜50 攻撃力さらに半減
51〜70 攻撃力さらに半減、披ダメージ倍
71〜85 上に1ターン行動不可
86〜99 戦闘終了
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:50:36.73 ID:zbqtHqWtO
あい
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:50:37.24 ID:ziYTY7kho
871 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:53:02.29 ID:2HVZz0y+O
ローマンは踞ったままだ。だが、眠っているわけでもない。……まだ、戦闘は終わっていない。

カレンが銃を向けた。彼女は何かを確信したのか、静かに引き金を引く。

ダメージ
(コンマ下1、2一桁×6+知力(20)×6+125)×3
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:54:22.95 ID:cyCIrF7QO
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:54:49.86 ID:v5+agzaSO
あいあいあ
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:55:02.73 ID:hYen7a/3o
875 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 21:56:59.82 ID:2HVZz0y+O
※連射発動(60以上で継続)

ダメージ
(コンマ下1、2一桁×6+知力(20)×6+125)×3
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:58:21.17 ID:v5+agzaSO
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:58:43.14 ID:hYen7a/3o
878 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 22:04:33.42 ID:2HVZz0y+O
ダメージ 3336
ローマン残りHP 2788

※50以上で追加イベント
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 22:05:12.78 ID:N8HYkz5EO
880 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 22:11:18.61 ID:2HVZz0y+O
※追加イベントあり

銃弾がローマンの背中を立て続けに穿ったその時。奴の身体が萎み始めた。……目の錯覚ではない、確実に萎んでいる。

「……どういうことだ?」

警戒しながら近付くと、ローマンの目が元の青色に戻っている。そして、奴は俺を見た。

……

01〜20 こ、殺せ
21〜50 貴様ら……
51〜70 …………
71〜99 ???????
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 22:12:15.73 ID:N8HYkz5EO
あい
882 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 22:22:52.64 ID:2HVZz0y+O
「……私は、何を……」

その目は弱々しく、常に刃のように尖っていた俺の知るそれとは違っていた。どういうことだ?

「覚えて、ないのか」

コクンと、ローマンは頷いた。

「身体が、動かない。……それに、ここは……」

不安そうに視線がさまよう。再び銃を撃とうとしたカレンを、俺は制した。

「『異世界』の、日本という国の研究施設だ。……本当に分からないのか?」

「『ニホン』……?どこだそこは?私は、オルランドゥにいたはず……」

異変を察知したノワールが駆け寄ってきた。

「どうしたの??」

「ローマンの様子がおかしい。……オルランドゥにいたはず、と言っているが」

「……ひょっとして、これって……正気に戻った!?」

ローマンは苦悶と困惑の表情を浮かべた。……やがて、傷の深さから力尽きて、その場に倒れた。
883 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 22:35:38.59 ID:2HVZz0y+O
#######

「傷の応急手当はしたよ。……しかし、何だったのだろうな」

マエザキがため息をついた。ローマンは全身を包帯で巻かれ、鎮静剤を打たれて眠っている。

「奴がこうなったのを、一度見たことがあります。その時は理性は飛んでいませんでしたが……。『一族の力』とか何とか言っていた記憶があります。
誰かに身体を弄られているのだと解釈してましたが」

マエザキが頷いた。

「その推察、正しいかもな。血液中に、謎の細胞――赤血球がガン変異したようなのだ――が複数見られた。もう大体死滅しとったがな。
大方、細胞が薬液に抵抗した結果、その弄られた内容が一時的に発現したということだろう。
君たちが奴を弱らせた結果、遅れてMTの効果が出たってわけだ」

「……分かるような、分からないような……。しかし、ローマンは治るんですか?」

01〜20 もう永くはないな
21〜60 長くかかるぞ
61〜80 全治2週間、か
81〜95 全治1週間、か
96〜99 すぐにでも動けるぞ
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 22:35:58.85 ID:hdODomclO
885 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 22:42:48.94 ID:2HVZz0y+O
「全治1週間、という辺りだな。傷の治りも異常に早い。どういう原理か、是非研究したいものだが。
ネーロの所に連れていけなくもないが、明日以降だな。もし急ぐのでなければ、今日は地上の空気でも吸うといい。
近くには温泉宿もある。何なら、しばらく浅間山観光でもしてはどうかい?」

……

1 今日予定通り出発する
2 研究所で一晩過ごす
3 温泉宿に行く
4 その他自由安価

※0000まで多数決、考察不要
※2と3では追加イベントの起きやすさが違います
886 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 22:44:28.73 ID:2HVZz0y+O
なお、ローマン覚醒は翌日です。翌日に連れていける体調かは不明です。
(翌々日には確実に行けます)
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 22:46:47.61 ID:Q4ccRg96O
4
武器開発について、こっちだとどれくらいの技術があるか聞いてみる
888 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 22:49:45.54 ID:2HVZz0y+O
>>887
今回は過ごし方の選択なので、「近くに鍛冶師がいるか訊き、いた場合はそこに行く」に変えます。
なお、恐らくはかなり低確率です。
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:07:12.10 ID:cqhpPQaVO
もうすぐ海外に飛ぶのなら今のうちに日本の特徴を把握しとくべきか?日本がサイファー世界の新大陸説あるなら

てことで3?観光
890 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/07(木) 23:07:58.36 ID:2HVZz0y+O
上げます。
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/07(木) 23:11:27.40 ID:1O1wweZA0
ノワールの好感度が次のイベントで300突破するだろうし3で
ついでにあげ
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:15:05.71 ID:BmWoKyv6o
893 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/08(金) 00:25:46.54 ID:D+dhjilpO
3で決定します。今日はここまで。
894 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/08(金) 23:08:22.88 ID:xdYJI1ccO
少しだけ進めます。
895 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/08(金) 23:22:31.77 ID:xdYJI1ccO
「……観光、ですか?」

俺は呆気に取られて言った。こんな死地から生還した後に、観光だと?
マエザキはそんな俺に構わず笑顔だ。

「そうだ。この世界のことを、ろくすっぽ知らんまま動いてもつまらんだろう。
それに、見たところ気の張り詰めた日々を送ってきたんじゃないかね?少々羽根を伸ばしても、バチは当たらんと思うがね」

俺はノワールたちを見た。

「いいんじゃない?確かに、さっきので随分疲れちゃったし。温泉もあるっていうし、お言葉にあずかろうよ」

「あたしも賛成。こっちに来て全然休めてないし。ちょっと気晴らししたいとこよね。カレンさんもそれでいい?」

カレンは急に話を振られて戸惑ったようだったが、「いいわ」と同意した。

「なら決まりだ。夏のオンシーズンだが、多分空いているだろう。山奥の秘湯で泉質は保証する」

そういうと、マエザキは研究員と何やら話をした。軽く頷くと……

01〜70 上に車が用意してある。山田三尉、運転していってくれ
71〜95 せっかくだから、私も行くとするか
96〜99 ?????(新キャラ登場)
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:22:57.64 ID:tkvCryvtO
えい
897 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/08(金) 23:33:00.54 ID:xdYJI1ccO
「上に車が用意してある。山田三尉、運転していってくれ」

そういうとマエザキは紙を一枚渡した。そこが目的地らしい。

「しかし、石上副総理の手勢が……」

「まあ心配には及ぶまいよ。ここに来るまで何もなかったということは、そういうことだ。心配せず、ゆっくりしていってくれ」

#########

「相変わらず掴み所がない人だわ」

ハンドルを握りながら、カレンがボソッと呟いた。

「長い付き合いなのか?」

「大学の教官なのよ。いつも陽気で豪快。でも、言ってることは大体合ってる。
だから、リラックスしろって以外にも何か意味があると思うんだけど……」

車は山道を走り抜けていく。ノワールは後ろで爆睡中だ。

※05以下で追加イベント
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:34:08.59 ID:s6V+IEAF0
899 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/08(金) 23:41:47.63 ID:xdYJI1ccO
※追加イベントなし

30分ほどして、車は歴史を感じさせる古民家の前に止まった。ここが宿?

「……来るのは初めてだけど……ここでいいのかしら」

すると、トリスのキーモに似た服を着た妙齢の女性が玄関に出てきた。そして、丁寧に一礼して何かを言う。この国の言葉のようだ。
カレンが何か言うと、女性は笑って俺たちに言った。これは俺たちにも分かる言葉だ。

「失礼致しました、外国からのお客様でしたね。ようこそ、『天狗の宿』へ」

……

01〜70 現時点でイベント何もなし
71〜85 イベントA
86〜99 イベントB

※ファンブルなし
※イベントBは重要イベント
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:42:21.80 ID:et/jmvKUo
901 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/08(金) 23:44:01.82 ID:xdYJI1ccO
※イベントA
「古き刀匠の宿」

今日はここまで。
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:55:14.78 ID:Q+LRDkb30
おつです
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:59:30.52 ID:FOrW8At20
おおっ、ここに来て武器関連のイベントか?
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 00:06:58.26 ID:peWLQB+1O
日本なら村正見せたら何か起きそうだなw
905 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/09(土) 12:37:47.71 ID:2M0ejoXeO
少し再開します。
906 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/09(土) 12:56:37.45 ID:2M0ejoXeO
宿に入ると、微かな明かりが廊下を照らしていた。建物は古いが清潔で、何とも言えない渋さがある。
それにしても、やはりトリスの建物に似ているようだ。関係はあるのだろうか?

そう思って歩いていると、少し開けた間に出た。何かを作る工房のように見える。
向こうの壁には、刀が複数並べられ飾られていた。

「……これは?」

「刀鍛冶の工房です。明治期まで使われていたとか。今では場所を移転しております。鍛冶体験もできますわ」

俺は一振りの刀に目を止めた。刃紋が波のようにうねっている。美しい、と素直に思った。

「それに目を付けましたのですね、お目が高い。室町期の作、と伝えられておりますわ。
相模国の刀工が信濃に逃れ、細々と刀を造り続けて来たのがこの家です。もはや刀の時代ではありませんから、古い屋敷を生かしてこうして宿を営んでますが」

俺は村正のことを思った。この刀を作ったのは、誰なのだろうか?

「……今でも鍛冶は続いていると」

「ええ。主人が家を継いでおります。作っているのは包丁ですが、海外からも買い付けが来ますのよ。あなたもですか?」

俺は首を振った。カレンを見ると、「初めて聞いた……」と呟いている。
ナージャはというと……

※80以上で追加イベント
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 12:59:57.07 ID:Mw6ZBUaDO
908 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/09(土) 13:04:05.33 ID:2M0ejoXeO
※追加イベントなし

「ここが窯?それが3つも4つも連なってる……どういうことだろ」

ナージャは工房の仕組みに興味を示したようだった。女将はふふふと笑う。

「お客様、時間はゆっくりありますわ。まずはお部屋へ」

……

※30以上で二部屋
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 13:07:24.84 ID:c15/KK/So
910 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/09(土) 23:16:23.74 ID:iblba6zLO
少し進めます。
911 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/09(土) 23:29:56.52 ID:iblba6zLO
案内された部屋は歴史を感じさせるが古さは感じさせない、絶妙の風情を持っていた。広い今からは「アサマヤマ」というらしい山が見える。何でも活火山であるらしい。

「この部屋に4人か、まあ十分な広さ……」

「お客様、これは2人用の部屋です。もう一部屋用意してありますよ。
てっきり、どちらかがご夫婦なのかと」

マエザキは気を利かせてくれたらしい。しかし、俺とノワールが恋仲と言った記憶はないはずだが。
少なくとも、この女将が何か勘違いしているのは間違いないようだった。

「じゃあ、俺とノワールがこっちでいいか?……何か申し訳ないが」

「ああ、私は、別に……。ナージャさんも、それでいい?」

「かまわないわ。ただ、節度は守ってね。あまりいちゃつかれるのも、イラッとくるし」

ごもっともなことだ。俺はノワールと顔を合わせて苦笑した。

#########

女性陣はリフレッシュと称してとっとと温泉に浸かりに出てしまった。
トリスの温泉と違い、ここは内湯のみらしい。浴室は男女別だから、俺は一人で入ることになる。

湯は赤く、鉄の匂いがした。これに浸かっていいものだろうかと戸惑う。

……

※30以上で追加イベント
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 23:30:24.88 ID:R8I0qA50o
はい
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 23:36:10.72 ID:V77irktOO
ナイス
914 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/09(土) 23:55:33.42 ID:iblba6zLO
※クリティカル、追加情報色々

そこに入って来たのは、しっかりとした身体付きの男だった。鍛えているのは一目瞭然だ。
だが、武人とは違った気配も感じる。……何者だろうか。

男は最初、何事か俺に話し掛けたが、通じないとみると急に言葉を変えた。こちらなら俺にも理解ができる。

「……異国の人であるな、済まない。これなら俺の言葉が分かるか?」

「ええ。何か用ですか?」

男はふっと笑った。

「いや何、今日の客人かと訊いたまでよ。俺がこの宿の主、第十五代石川五郎衛門だ。調理も俺が担当している」

この男が主か。それにしても、威圧感というか、纏う空気が只者ではない。

「あなたが、ですか。お世話になります」

男はハハハと笑った。

「堅苦しいのは趣味ではなくてな。まあ、色の黒いあの日系人のように馴れ馴れしすぎるのも困るが。
たまにこうやって風呂に入って、客人と話すのが趣味でな。もし嫌ならばやめるが」

「いえいえ、とんでもない。……いい宿ですね」

お世辞ではない。落ち着いて過ごすには格好の場所だ。それにこの湯、かなりよく暖まる。

「そう言ってもらえるとありがたいな。夏の繁忙期だが、偶然キャンセルが出てな。今日の客はお前たちと、あと家族連れだけだ。
夫婦で切り盛りしていると、4部屋が限界なのだよ」

その分値段も相応だがな、とイシカワが笑う。

「それだけだと、商売が大変じゃないですか?」

「ああ、これは道楽のようなものだよ。本職は刀鍛冶だ。といっても、作るのは包丁ぐらいだがな。
美術品用の模造刀も頼まれれば造るが、本物の刀は打ったことが一回しかない」

「一回しか」?どういうことなのか引っ掛かった。つまり、打ったこと自体はあるようだった。

…………

1 マエザキ氏とはお知り合いなのですか?
2 包丁って、そこまで高いのですか?
3 一回は、打ったことがあるんですか(低確率)
4 自由安価

※日付が変わってから0900ぐらいまで多数決(有効票3票以上)
※自由安価歓迎です。
915 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/09(土) 23:56:40.01 ID:iblba6zLO
考察はできれば。
916 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 00:09:30.07 ID:ZJuwGcOQO
上げます。
917 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 00:24:14.16 ID:ZJuwGcOQO
もう一度上げて寝ます。
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:27:24.71 ID:hztoDe8z0
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:57:05.92 ID:5bmF1foj0
村正という刀を知っているか
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 02:14:25.07 ID:cXvS7rcg0
>>917
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 02:15:00.21 ID:cXvS7rcg0
ミス。>>919
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 04:57:00.87 ID:EGY/RB5io
日本の刀鍛冶なら興味示しそうだし>>919
923 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 22:22:12.77 ID:5Z+ozsenO
再開します。
924 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 22:37:11.62 ID:5Z+ozsenO
「『村正』という刀を知っていますか?」

それを聞くや否や、イシカワは大声で笑い始めた。

「ハハハ、知らんはずがないだろう。伊勢国桑名で造られた作だ。結構数は出ているが、いずれも切れ味では古今の名刀と比較しても劣らない。
将軍家に仇なしたともいわれる、日本ではとても有名な刀だな。……なぜ急に?」

「実は、『村正』を一振り持っているのです。一度、見ていただけないかと」

イシカワが眉を潜め、湯を顔にかけた。

「ここにか?あんた、日本マニアの外人さんか。某国のトップも村正を欲しがったというが、そこまで人気があるものかな……。
まあいい、後で見せてくれ。それにしても、よく持ち込めたものだな」

彼はまじまじと俺を見た。どこか値踏みをしているようにも思える。

……

01〜50 イベントなし
51〜90 あんた、軍人か何かか
91〜99 あんた、何者だ
925 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 22:37:44.61 ID:F1Pu9u3uO
926 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 22:57:20.87 ID:5Z+ozsenO
「あんた、軍人か何かか」

イシカワが鋭い目で俺を見た。

「……よく分かりましたね」

「その身体付き、鍛えた人間の身体だ。俺の知人にもそういう奴がいるから分かる。奴は元海兵隊の特殊部隊とかのたまってたがな。
刀を持っているのも、酔狂でないな。まあこの御時世、刀で戦う軍人などおらんが……まああんたに興味も出てきた。名は?」

「サイファーといいます。よろしく」

「まあ堅苦しいのは苦手だ、ため口でいい。そろそろ飯の支度をしなきゃいかん、刀を見せるのは、その時でいい」

イシカワはそういうと湯から上がった。この男も刀工というが、何か分かるだろうか?

##########

食事は別に用意された個室でとる仕組みだった。イシカワが作った料理は、猪や鹿を中心とした猟師料理だった。
単純な味付けのように見えて、獣臭さを抜きながら旨味だけは残す。イシカワはかなりの腕前のようだった。

「お味はいかがでしょう。異国の方の舌に合うといいのですが」

女将がしずしずと戸を開けた。

「いや、素晴らしい料理です。主人には先程風呂で会いましたが、本職が刀鍛冶とは思えないほどですよ」

ノワールたちも頷く。特にノワールは、随分と気に入ったようだった。

「どこかで料理のお勉強をしてきたんですか?」

「海外の大学に留学していたとき、趣味で始めたと聞いてます。それが生きているのでしょうね」

ノワールの問いに、女将がふふふと笑った。イシカワはああ見えて、意外と学識のある男であるらしかった。

「……それで、主人が一言申したいと。あなた、こちらへ」

紺色の独特な服に身を包み、イシカワが現れた。

「サイファー、さっきはどうも。先程の話の続きをしに来させてもらった。『村正』は、それか?」

俺は頷いて、村正の入った鞘を渡した。

「これだが……何か分かるか?」

01〜20 うーん
21〜70 これは??
71〜99 これはっ……!!
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 22:57:42.80 ID:Hn7gUiP3O
えい
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:14:44.80 ID:5bmF1foj0
現存してない物だったり?
929 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 23:27:48.01 ID:5Z+ozsenO
「……これはっ……!!!」

イシカワは刀身を見るなり絶句した。しばらくして、懐から虫眼鏡を取り出しさらに観察し始めた。

「とんでもないものを持ってきてくれたな……これは『村正』であって『村正』でない。
伝承上にしかない、本当の逸物の『村正』だ。……そしてこれは、俺が長年追い求めていたものに、限り無く近い」

言っている意味がよく分からない。カレンを見たが、彼女も戸惑っているようだ。

「つまり……どういうことだ?」

「さっき言ったように、『村正』は相当数作られている。その切れ味に定評こそあれ、国宝はおろか重要文化財にすら『村正』は一本たりとも入っていない。
だが、噂によれば、それらはただ一本の『本物の村正』の模造品に過ぎなかったという。
俺も腐るほど刀を見てきた。その俺が断言する。この『村正』の質は、通常の『村正』ではあり得ない。これが『本物の村正』であれば話は別だが、な。
そして、もう一つ。……この紋様、何か分かるか?」

イシカワが指差した先には、刀身に浮かび上がっている波打つような模様があった。

「いや……ただの模様か、魔術的な呪文かと思っていたが……違うのか?」

「魔術か、面白いことを言うな。これは『ダマスクス紋様』という。単に美術的な価値を高めるためと思われているし、そういうのも少なくないが……こいつは違う。
詳しい説明は省くが、この紋様が細胞と細胞を細かく切り裂き、斬れ味をさらに高める効果がある。俺が普段作っている包丁と、同じ手法で作られてるんだ」

イシカワはそう言って一服置いた。そして興奮を隠さず言う。

「そして、俺が一番仰天したのは……これが俺の追い求めていた刀だということだ。
鉄でもない、鋼でもない。全く違う金属を配合し、鉄をも切り裂く『斬鉄剣』を作り出すのが俺たち一族の宿願であったと言っていい。
そのために、レアメタルが少なくない浅間山近辺に、俺の先祖は移住してきた。俺がわざわざ大学を出て、海外まで留学したのもこのためだ。
俺も『斬鉄剣』を一度作ったが、理想に届かず廃棄した。しかし、俺の理想がここにある。……いや、理想に限り無く近いというべきなのか」

「これでも理想に足りない、と」

イシカワが頷いた。

「わずかに、ごくわずかに何かが足りない。……それさえ何とかなれば、この剣は『斬鉄剣』たりうるのだが」

……

※85以上で追加イベント、ファンブルんなし
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:29:05.49 ID:tx+9oG09o
931 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 23:45:04.28 ID:5Z+ozsenO
※追加イベントなし

「ちょっとあたしにも見せて」

ナージャが刀を手に取った。

「……魔術的な何かが、この中に多少なりとも入ってるんだと思う。それが足りてない、ってことなのかな。
ジュリアンさんなら分かるかもだけど、こっちに来てからずっとこの調子だし」

ナージャの緑色の宝石は全く何も言おうとしない。魔素が薄いこととも関係しているのだろうか。

「魔術的な何か、ねえ。オルディニウムか何かかな?」

「しかし、オルディニウムは有害すぎる。……ネーロ氏か誰かなら、分かるんだろうが」

恐らく、それがあればこの刀は更なる高みに到達できるはずなのだ。しかし、それは何なのだろう?

※80以上で追加イベント、ファンブルなし
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:45:55.43 ID:5bmF1foj0
あい
933 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 23:51:23.51 ID:5Z+ozsenO
とりあえず、現状ではこれ以上考えても分からなそうだった。

「何だ、そのオルディニウムとかってのは」と訝しげなイシカワに、俺は言う。

「また次来た時説明させてもらうってことで、いいか?多分、この分だと近いうちにまた来る気がするが」

「よく事情は飲み込めないが、その時は歓迎させてもらうよ。今日のところはゆっくりくつろいでくれ」

※ミッション「村正を改良せよ」が発生しました。
934 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 23:53:01.09 ID:5Z+ozsenO
※30以上で追加イベント
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:53:37.99 ID:5bmF1foj0
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:54:22.29 ID:8XLQNhn2O
おや
937 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 23:55:18.97 ID:5Z+ozsenO
※クリティカル、バッドイベントの可能性なし

今日はここまで。
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:56:05.91 ID:8XLQNhn2O
おつ
939 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/10(日) 23:58:39.94 ID:5Z+ozsenO
その前にもう一つ判定入れます。99クリティカルのための追加措置です。

※90以上で絆イベント発生前に???????登場
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:58:59.91 ID:8XLQNhn2O
よっ
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 23:59:42.73 ID:5bmF1foj0
すごい
942 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 00:03:23.12 ID:9vH50tECO
※ある前作キャラ登場

コンマ次第ですが、多分この段階では話には絡まないと思います。
ただ彼(ら)が日本にいる、それも山中の秘湯にいる時点で話は既に色々動いているということになります。
943 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 00:04:52.74 ID:9vH50tECO
なお、899で重要としていたイベントBの内容が展開されることになります。
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:11:25.03 ID:u12hmCF/O
誰?彼となると一人しか思い浮かばない
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 10:13:55.79 ID:X4ruQclsO
村正触っただけで指切れそう
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 14:27:39.28 ID:w95wX+IOO
500年後になってから日本に来たとすると
本命デアドラ対抗マリーン大穴ベネディクトってとこか?
500年経つ前から日本来てる可能性もあるかもしれんからなんともいえないけど
個人的にはケインに登場してほしい
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 14:58:33.53 ID:TtPCKRuWO
時間を超えていないキャラと限定した上で「彼」が誰かを考えるなら、数万年前の世界の人間でかつ前作にいたキャラってことではヴォルガだろうか?
948 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 21:14:15.23 ID:Dez+4wwnO
再開します。

彼は多分予想外の人でしょうね。(お一人言及してますが)
949 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 21:29:44.98 ID:Dez+4wwnO
そこに女将が何やらイシカワを呼んだ。

「どうやら向こうにも挨拶をしろということらしい。今日は海外からの客ばかりでな」

イシカワが苦笑する。

「この宿はそこまで知られているのか?」

「商売上の付き合いから海外のシェフが来ることはあるが、今日は全く別だ。しばらく滞在させて欲しいとのことでな、昨日から泊まっている」

その時、誰かが扉を少し開けたのに気付いた。誰だろうか?

「こら、おいたしちゃダメって言ったじゃない!食事に戻るわよ」

少女の高い声が聞こえた。そういえば、家族連れと言っていたな。

「だって姉ちゃん、かわいい子いたんだぜ?ちょっと様子見たいじゃん」

「ベネディクト、いいからあんたは戻りなさい!……ああすみません、弟が粗相を」

12歳ぐらいの少女が扉を開け、頭を下げた。歳の割にしっかりした子だ。

「いや俺たちは気にしてないよ。家族で来てるのかい?」

「……ああ、家族というか何というか……そんなようなものです。では、失礼します」

女の子は去っていこうとする。

……

95以上で何かに気付く
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 21:30:39.45 ID:pMeAC2ErO
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 21:32:03.91 ID:UK2SL7JeO
まさかのこの世界線のベネディクトか。つまりオルドとヘルラはあってるのか??
952 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 21:46:09.76 ID:Dez+4wwnO
※情報なし

女の子はそのまま隣の部屋に消えていった。

「では、俺も向かわせてもらうか。女将が待っている」

イシカワも部屋を出た。それにしても、子供にはここは少々退屈かもしれない。長期滞在なら、なおのことだ。

「なかなかしっかりした子だったねえ。弟君はやんちゃそうだったけど」

「そうね。……英語喋ってたから、アメリカかどこかの人かしら」

カレンはハシというこの国の道具で、器用に肉を口に入れた。まあ、あまり気にすることもないだろう。

##########

飯を食い終えた俺たちは、一旦部屋に戻った。時間は20時、まだ随分と時間がある。

「ノワール、これからどうする?」

「うーん、お酒ちょっと飲みたいかな。頼めば部屋まで持ってきてくれるらしいよ。
外を少しブラブラしてもいいけど。ホタルがいるらしいよ」

今から事に及ぶのには、少々早すぎる。カレンとナージャは「サイファーさんたちはゆっくりしてていいですよ。私たちは少しお酒飲んで寝ますから」と気を使ってくれたが。

1 酒を頼む(好感度上昇大?イベント可能性小)
2 散歩する(イベント可能性中)
3 行為に及ぶ(好感度上昇小)
4 その他自由安価

安価下5多数決、考察不要
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 21:47:56.01 ID:UK2SL7JeO
1
絆優先
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 21:50:05.51 ID:w95wX+IOO
この段階ではベネディクトたちは話に絡まないらしいから1
好感度が欲しい
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 21:57:12.17 ID:HVpPgO1Zo
956 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 22:03:17.69 ID:Dez+4wwnO
「じゃあ酒を頼むか。電話で呼び出せばいいんだったな」

電話をかけてしばらくすると……

※85以上で追加イベント、ファンブルなし
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 22:03:49.32 ID:S0w66yH2O
あい
958 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 22:28:16.42 ID:Dez+4wwnO
※追加イベントなし

しばらくすると、女将が盆に細長い陶器の容器と、小さな陶器の器1つを乗せてやって来た。小皿には茸に白い何かがかかったものが入っている。

「『明鏡止水大吟醸』です。少しお熱いのでご注意を。おかわりあればお申し付け下さいませ。
……まさか、そちらのお子さんも飲まれるのですか?」

ノワールが苦笑した。

「あー、私一応成人してますの。もう1つ器をお願いできません?」

「それは失礼しました、急いで持ってきます」

女将は慌てた様子で出ていく。

「んー、この世界でも子供扱いか……仕方ないのかな」

「まあいいじゃないか、まずは酒を楽しもうじゃないか」

口を尖らせるノワールをなだめていると、女将が戻って器を置いた。

「どうぞごゆっくり」

俺は陶器の容器から小さな器に酒を入れた。なるほど、少々熱い。暖めて飲む酒は初めてだ。

「何か甘い香りがするね。この世界のお酒なのかな」

一口飲むと、ふくよかな香りが口に拡がる。少し暖かい液体が滑らかに喉を通っていく。これは旨い。

「いけるな、これは」

「うん、美味しい!いいねえ」

ノワールがにまっと笑った。酒を飲んでいる時の彼女は、本当に魅力的だ。

茸のつまみは少ししょっぱいが、酒には合う。これならばいくらでも飲めそうだった。

###########

気が付くと、俺たちは容器を3本ほど空けていた。かなりいい気分だ。

「うーん、いいとこだねえ。異世界って聞いてちょっと怖かったけど、ご飯もお酒も美味しいし。父様も、こういう所に来たのかな?」

「どうだろうな。今は別の国にいるらしいが……」

俺はこれから行く研究所のことを思った。ネーロはそこにいるはずだ。そして、オルドも。

ふと時計を見ると、21時半前ぐらいになっている。抱くのはもう少し話してからか。

さて、何の話をしよう?

1 隣の部屋にいる火蓮とナージャの話
2 イシカワと刀の話
3 家族連れの客の話
4 ネーロの話
5 その他自由安価

安価下5多数決、考察不要

※話題は1つだけです。
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 22:40:41.30 ID:eivOmYdW0
4
960 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 22:41:07.52 ID:Dez+4wwnO
なお、どれを選んでもそう違いはありません。一部選択肢で追加イベントが低確率で起きる程度です。
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 22:41:30.95 ID:AV2l+xztO
2
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 22:47:16.25 ID:YniY0zWD0
3
963 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 23:03:23.42 ID:Dez+4wwnO
上げます。
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 23:08:54.31 ID:F8p2uk89O
3
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 23:13:57.93 ID:PaoEMe2xo
3
966 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/11(月) 23:15:36.55 ID:Dez+4wwnO
今日はここまで。
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 00:22:15.11 ID:L3IcDeJ+0
おつ
968 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/12(火) 12:03:32.54 ID:+NSR1iqxO
少し進めて次スレにします。
969 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/12(火) 12:07:49.27 ID:+NSR1iqxO
「そういえば、さっきの食事の時。隣に家族連れがいたみたいだが」

「そうだねえ……」

ノワールは既に、俺の隣に来ていた。唇に指を当てて何か考えている仕草が可愛らしい。

01〜50 特に重要な感想はなし
51〜70 そういえば……
71〜90 あの女の子……
91〜99 うーん……
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 12:08:54.25 ID:GHuKB4byo
971 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/12(火) 12:13:23.94 ID:+NSR1iqxO
「多分男の子の言ってたかわいい子って、私のことよね?そこまでお子様に見られてるなんて、心外だわ」

ノワールは頬を膨らませた。俺は彼女の髪を撫でる。

「まあまあ、ノワールが子供じゃないってのは俺がよく知ってるさ」

「むー、そうやってよしよしされると、子供扱いされてる気がするー」

ノワールはぷいと横を向いてしまった。まあ、ふりだな。

※80以上でサイファー何かに気付く、ファンブルなし
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 12:14:23.20 ID:ZsPlVoryO
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 12:25:45.09 ID:6nGXgvfAO
前スレはぼちぼち埋めていいかな
974 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/12(火) 12:27:17.60 ID:+NSR1iqxO
※サイファー気付かず

俺はノワールを抱き寄せた。

「子供じゃないだろ?」

抱き寄せ際に、彼女の乳首の辺りをかりっと擦る。「んんっ」とノワールが身をよじった。

「んもう、そうやってごまかそうとする。……子供扱いしてない証拠、見せて?」

こっちを向いたノワールの目は、情欲で潤んでいた。酔いもあって身体が熱い。俺はそのまま彼女を押し倒し、唇を奪った。

「んんっ……るるっ……んはっ。……こういうのは、子供にはしないだろ?」

「ん。それと、子供におっきくするのは変態だもんね」

ノワールの小さな手が、ズボンの上から俺の局部を絶妙な加減で撫でる。なるほど、子供じゃこういうことはしないわな。
それにしても、ノワールの上達ぶりは凄まじい。彼女の祖先の残した本の効果は大きかったようだ。……大きすぎる程度には。

「……ここじゃ例の魔法使えないけど、大丈夫か?」

「多分へーき。なくても何とかなりそう」

ふふっと笑うと、ノワールが自分から舌を入れてきた。俺の理性は、そこで切れた。

…………

……

好感度 下一桁×3上昇(935のクリティカルのため、行為に失敗なし)
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 12:28:03.86 ID:hLHUHCaDO
976 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/12(火) 12:31:48.99 ID:+NSR1iqxO
好感度 311

※絆効果が以下のようになります。

・戦闘中一回だけ互いにダメージを肩代わりできます。判定に成功すればダメージが半減します。
・戦闘中一回だけ、互いのファンブルを無効にできます。(再判定)
・戦闘中一回だけ、互いのクリティカル基準が90以上になります。
・一日1回、通常時の判定でファンブルが出た時に無効にできます。(再判定、00奇数は回避不能)
あるいは複数結果があるコンマ判定で、01〜20の範囲のものを無効にできます。
977 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/12(火) 12:32:17.51 ID:+NSR1iqxO
以上です。続きは次スレで。
978 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2017/12/12(火) 12:32:44.50 ID:+NSR1iqxO
>>973
埋めて構わないですよー。
293.82 KB Speed:45.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)