モバP「プロデューサースイッチ?」志希「すりー!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:34:08.99 ID:4d8R/XIh0
モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊が含まれるかもしれません
モバPがP表記です
それでもよろしければご覧下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511451248
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:34:38.55 ID:4d8R/XIh0
P「プロデューサースイッチ?」

志希「おじいちゃんも可!」

フレデリカ「いきますよ〜!」



P「今回はどっからだっけか?」

志希「『な』からだよ〜♪」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:36:04.26 ID:4d8R/XIh0
フレデリカ「奈緒ちゃーん!Pスイッチ押さない〜?」

奈緒「なんだそれ?コインにでもなるのか?」

P「確かにそれもあるけど…ほら、あったろピタゴラスイッチって」

奈緒「あー昔あったなー、小さい頃好きだったな〜」



志希「んー…どうしよっか?」

P「相変わらず決めてねえのな」

奈緒「あー何するか決めてないのか?んーそうだなー…」


周子「たまにはPさんの事イジってみるとか!」

P「いつもだろ」

奈緒「面白そうだなそれ!」

P「…よーし、イジってみろ」

奈緒「おっいいのか!?じゃあ〜……えーっと……」

P「どうした?」


奈緒「………」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:36:38.43 ID:4d8R/XIh0
P「奈緒は優しいからイジろうとしても相手が傷つかないか心配でイジれないもんな」

奈緒「は、はぁ!?」

P「可愛いなあ奈緒はうんうん」

奈緒「だーもう畜生!」


周子「あちゃーリベンジ失敗か〜」

志希「あれは生まれ変わっても無理かにゃ〜♪」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:38:01.40 ID:4d8R/XIh0
「に」

杏「なにー?今ポケモンで忙しいんだけど…」

フレデリカ「杏様〜どうかこの飴をお食べくだされ〜」

杏「…話は聞こうではないか」

P「あー…「ニ」ートか…」

杏「今日で殿堂入りしたいから早くしてよねー」

P「んー…っても何するか」

杏「スマブラでもする?」

P「そうしよう」

周子「友達の家か」

志希「事務所にゲーム機あるのっておかしくない?」

フレデリカ「楽しければおっけー!」


P「クラウドかよ」

杏「勝利こそ正義なのだー!後負けたら飴もう一つね!」

P「しかも罰ゲームありときた、ならこの前みたいに杏が負けたらまた今度仕事してもらうからな」

杏「今度は負けないっ!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:39:28.31 ID:4d8R/XIh0
杏「えーゲムヲ使うの〜?弱いよ〜?」

P「いいからやるぞ」


周子「えっ全然分からへんのやけど」

志希「あの二人ガチだからね〜」

フレデリカ「何か友達の家って感じでいいね!」

周子「せっかくやしお菓子食べながら見る?」

フレデリカ「ジュースもあるよ!はい緑茶!」

P「くそお後ろが気になる」



P「あーそれ強いって!」

杏「ふっふっふ…」

周子「おー」パリポリ



P「これ上無敵なんですよ」

杏「まだ一機ある!」

志希「どっちもがんばれ〜♪」



P「おら!」

杏「あー!」

フレデリカ「Pの勝ち〜!」


杏「マジかー…」

P「いや〜でもどっちが勝ってもおかしくなかったな」

杏「もう1回!」

P「よしきた」

周子「日暮れるから終わり終わり」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:40:19.53 ID:4d8R/XIh0
「ぬ」

P「ぬっ?」

フレデリカ「ぬーでぃー♪」

P「このパターンは」

志希「すーなーおーにきーっす♪」

P「美嘉か?」

周子「はーだーかーのマイハートぜーんぶあげたいの〜」

愛梨「あっPさん!それよりここ少し暑くないですか?」

P「ストーーープッ!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:41:28.25 ID:4d8R/XIh0
「ね」

P「はぁ…はぁ…ね?」

志希「猫を撫でる!」

P「猫って…猫カフェでも行くのか?」

志希「ノンノン♪ここに猫耳があります!」

P「みくから貰ったやつか」

志希「それを〜こうして〜」スチャ

フレデリカ「志希にゃんだ〜!」

志希「はいこれフレちゃんも!」

フレデリカ「にゃー!」スチャ

周子「おーフレにゃん」

志希「これはシューコちゃん!」

周子「今日はコンコンじゃなくて〜にゃーお♪」スチャ

P「…」

志希「どうどう!?」

フレデリカ「撫でて撫でて〜」

周子「…Pさん?」

「死んでる…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:42:20.66 ID:4d8R/XIh0
「の」

P「の」

周子「お、生き返った」

志希「いや〜みくちゃんパワー凄かったね〜」

フレデリカ「猫ちゃんまたやりたいな〜♪」

P「やったら飛ぶように売れるな…んでどうするか」

周子「今日は机の下いないん?」

P「今日はいねえな〜」

志希「うーんどうしよっか?」

周子「まさかのパス?」

楓「の はノー…ふふっ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:43:21.78 ID:4d8R/XIh0
「は」

P「えっ終わり?」

周子「早かったね〜」

志希「誰かいなかった?」

フレデリカ「気のせいじゃないかな〜?」

P「気のせいだろきっと」

周子「んでどうするん?」

志希「ヘイハヤミー!」

奏「呼んだかしら?」

P「奏を呼んで何するんだ?」

フレデリカ「…何しよっか?」

奏「相変わらずね」

P「とりあえず呼んだだけかい」

周子「んーハヤミーとキスミー?」

P「駄目って言ったろそれは」

志希「ならカスミー?」

P「誰だよ」

フレデリカ「セサミー!?」

P「もはやなんだよ」

奏「私いる?」

P「心の支えとしていてくれ」

奏「どういう役割よそれ」

P「なら止めてくれ」

フレデリカ「カナディー!」

周子「ラブリー!」

志希「タヨリー!」

奏「無理よ」

P「だよな」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:43:55.04 ID:4d8R/XIh0
「ひ」

志希「ヒフミー!」

P「もういいよ」

周子「ひーから始まる動物といえば!」

志希「ひ!」

フレデリカ「つ!」

P「じ?」

周子「て事でPさん執事服来てみて〜?」

P「それ し じゃねえか、まあいいけど」

フレデリカ「桃華ちゃん連れてくるね!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:46:06.08 ID:4d8R/XIh0
P「どうよ?」

周子「…」パシャパシャ

P「おい無言で撮るのは辞めてくれ」

フレデリカ「桃華ちゃーんこっちこっち〜」

桃華「私に何か用が…あらっ、Pちゃまいつから執事に?」

P「今さっき」

桃華「ふふっ、なら私に尽くしてくれまして?」

P「と言っても何をすればいいんだ?」

桃華「そうですわね…私のお側にいてくださいまし♪」

P「それだけでいいのか?」

桃華「えぇ♪」

志希「せっかくだし言葉遣いもそれっぽくいってみよー!」

P「それっぽく…かしこまりました」

周子「ええよー、その調子よ〜」

P「おいカメラマン止めろ」

桃華「今は我慢ですわよPちゃま」

P「…桃華様が言うのであれば」

周子「あかん、これ面白すぎるわ」

フレデリカ「似合ってるね!」

志希「いいなーアタシもP執事欲しい!」

桃華「今は私の物ですが、またお貸ししますわっ♪」

P「いつまでこれなんだ…」

桃華「とってもお似合いですわよ、Pちゃま♪」

P「…ありがとな」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:48:17.87 ID:4d8R/XIh0
「ふ」

文香「あの…どうすればいいのでしょうか…」

周子「ありすちゃーんちょっと来てくんない?」

ありす「またやってるんですか…って文香さんまで…」

志希「今 ふ だからね〜♪」

フレデリカ「えーっと、ありすちゃん前みたいにPに抱っこしてもらって?」

ありす「ま、またですかっ!?」

周子「嫌ならいいよ〜?」

ありす「…嫌じゃないですけど」

P「セット完了」ギュッ

ありす「私は何をすれば…?」

フレデリカ「んでんで!文香ちゃんPの肩にもたれ掛かる感じに座って!」

文香「こういう感じでしょうか…?」スッ



周子「あーええよーいいねー、家族だねー」パシャパシャ

ありす「か、家族って!!」


P「おーい志希〜、ちょっと床に座ってくれない?」

志希「んー?いいけどなんでー?」

P「ペットが欲しいなって」

志希「猫扱い!?」



文香「…なんだか不思議な空間ですね」クスッ

フレデリカ「みんなに幸せを届けるのがPスイッチなのだー!」

文香「とても素敵な事だと思います」

周子「ところで文香ちゃん、これいる?」

文香「…はい」

ありす「わ、私にもください!」

志希「アタシもー!」

フレデリカ「壁紙にしよー♪」

P「壁紙はちょっと…」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:49:27.98 ID:4d8R/XIh0
「へ」

P「へ」

志希「屋上行く?」

P「寒風摩擦は遠慮しておくわ」

フレデリカ「今日からPも世界レベルに!」

P「俺にはまだ世界レベルは早いから遠慮しておこうかな」

周子「んーどうする?」

フレデリカ「こんな時にはヘルプを呼ぼう!」

志希「へ だけに!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:51:45.39 ID:4d8R/XIh0
みりあ「じゃーん!」

P「みりあか…何でだ?」

周子「さっき来たんよね」

P「それだけかい、ごめんなみりあ」

みりあ「ううん、大丈夫だよっ♪それよりみんなは何してるの?」

志希「へ から始まる面白い事探してるんだっ♪」

みりあ「へ からか〜…うーん…」

フレデリカ「何かあるかなー?」

みりあ「この前美嘉ちゃんがへあめいくって言ってたけど何かな〜?」

志希「簡単に言うとメイクだね♪みりあちゃんも前して貰ってたでしょ?」

みりあ「うん!初めてでドキドキしたけど楽しかったよっ♪」

P「良かったな」

みりあ「うん!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:52:35.50 ID:4d8R/XIh0
みりあ「あっ!そうだ!」

周子「どうしたん?」

みりあ「Pがメイクしてみてよ!」

フレデリカ「いいねそれ!」

P「いや良くねえよ」

みりあ「やってみてやってみて〜!」

P「えぇ…」

周子「Pさん、これはやろ」

P「…畜生みりあのお願いじゃなかったら聞いてねえからな」

みりあ「やったー!」


P「…」

みりあ「可愛いー!」

周子「ふふふっ…」

志希「あははははっ!」バンバンッ

フレデリカ「いいねー!一緒にアイドル目指そうよ!」

P「周子と志希は後で覚えとけ」

周子「あかんそれで喋らんといて…無理…死ぬ…」

P「…周子ちゃぁん」

周子「あっかん…辞めて…ほんま…笑い死ぬ…」

志希「〜!」バンバンッ

P「志希ちゃぁん、こっち向いてってばぁ」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:53:01.44 ID:4d8R/XIh0
「ほ」

フレデリカ「ほなまたこの辺で!」

P「似合わねえな関西弁」

みりあ「ばいばーい!」

周子「あっかん…こっち向かんといて…」

志希「あはははははは!!」バンバンッ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/24(金) 00:57:43.06 ID:4d8R/XIh0
おわりです
文章だとわかりづらいネタが多くなってきて悩んでます…楽しい雰囲気だけでも伝わって欲しいですね。
回を重ねる毎にズレていきますがそれが魅力ということで、またよければ次回もご覧ください
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 12:22:36.17 ID:6CZVApaDO
おつおつ
これPにメイクしたの?
11.37 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)