夜神粧裕「デスノート?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:11:49.74 ID:TWqzOMXa0
粧裕ちゃんかわいい。
でもSS少ない。
だからカッとして書いた、反省もしない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511856709
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:12:42.81 ID:TWqzOMXa0
粧裕(早く授業終わらないかなー?)

粧裕(あれ?)

粧裕(何だろ? 校庭に何か落ちてる)

粧裕(後で見てみよーっと)

ソレデハジュギョウヲオワリマース

粧裕(あ、授業終わった)

テクテクテク

粧裕「……」キョロキョロ

粧裕「黒いノート?」キョトン

粧裕「DEATH NOTE……です……のーと? ぎゃっ! 中にも英語だらけ……はうとぅーゆーず……あーん! 英語よめなーい!」

粧裕「こういうときは〜〜……お兄ちゃ〜〜〜ん!!」タタタタッ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:15:04.71 ID:TWqzOMXa0
夜神家


粧裕「助けて、お兄ちゃーん!」

幸子「どうしたの粧裕?」

粧裕「あれ? お兄ちゃんは?」

幸子「もう塾に行ったわよ」

粧裕「げ! なんでー? いつもより早ーい」

幸子「参考書とかを買いたいって本屋に寄って行くって言ってたわよ」

粧裕「何それー。もー、お兄ちゃんは本当に優等生〜〜〜!」

幸子「粧裕、あなたもライトを見習って……」

粧裕(げげっ! これ長くなるやつ!)

粧裕「はーい! 勉強しまーす!」タタタタ

幸子「あら? 聞き訳がいいのね」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:18:34.18 ID:TWqzOMXa0
粧裕の部屋


粧裕「むぅ、お兄ちゃんを頼れない」

粧裕「仕方無いけど頑張って翻訳してみよっかな」

ペラペラカキカキジュショデシラベチュウ

粧裕「えーっと、何々? デスノート? 直訳で死のノート……死?」

粧裕「……このノートに名前を書かれた人間は死ぬ?」

粧裕「……」

粧裕「書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない。ゆえに同姓同名の人物に一遍に効果は得られない」

粧裕「名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くとその通りになる」

粧裕「死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる」

粧裕「死因を書くと更に6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる」

粧裕「ぷっ」

粧裕「きゃはは! ばっかみたい! なにこれー!」

粧裕「もー、調べて損した」

粧裕「テレビでも見よーっと」ポチ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:23:00.33 ID:TWqzOMXa0
『昨日新宿の繁華街で無差別に六人もの人を殺傷した通り魔は今もなお、幼児と保母八人を人質にこの保育園にたてこもっております』

粧裕「わっ、怖ー……」

『警視庁は犯人を音原田九郎 無職42歳と断定。音原田は一昨日……』

粧裕「……あっ、そうだ」

粧裕「こんな悪い人はー、こうだー!!」

『音原田九郎』

粧裕「はい、これでこの犯人は死んじゃって保育園の人達は助かるね。人助け人助けー♪」

粧裕「なーんちゃってー」

『あっ、人質が出て来きました』

粧裕「?」

『皆無事のようです、入れ替わるように警官隊が突入! 犯人逮捕か!?』

粧裕「え? 何?」

『あっ、もう出てきました!?』

『今情報が入りました!! 犯人は保育園内で死亡!! 犯人は死亡した模様です!!』

粧裕「へっ?」

『警官が射殺したのではないと強調しております。人質の証言では犯人は突然倒れたと……』

粧裕「…………え?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:26:09.39 ID:TWqzOMXa0
粧裕(え? こ、このノート、嘘だよね?)

粧裕(あ、あたしが人を殺したなんて、嘘だよね?)

粧裕(そ、そうだよ、ぐ、偶然、絶対に偶然。そんな事ありえないよ)

粧裕(そう、偶然。偶然だよ、偶然……)

粧裕(……)

粧裕(偶然だって、証明しないと……)

粧裕(テレビ……悪い人、いない……)

粧裕(それなら……外に……)

ガチャットントントン

幸子「あら? 粧裕? どこかにいくの?」

粧裕「うっ!? う、うん、ちょ、ちょっと外に」

幸子「もう暗いんだから遠くまで行かないようにね」

粧裕「は、はーい」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:28:48.47 ID:TWqzOMXa0
繁華街


粧裕(わ、悪い人、死んでもいいような悪い人……)

粧裕(しょ、証明しないと、悪い人の名前を書き込んで、死なないって証明しないと……)

粧裕(早く、早く……あっ)

シブタク「俺、渋井丸拓男。略してシブタク。へへ、付き合ってよおねーさん」

女性「こ、困ります……」

シブタク「キャワイー!! 困った顔キャワイーーー!! さらっちゃいたくなってきたぜーーー!!」

女性「や、やめてっ! 誰か助けて!」

粧裕(あっ、悪い人だ……)

粧裕(顔も見える……あの人で証明、できる)

『渋井丸拓男 事故死』
『渋伊丸拓男 事故死』
『渋井丸拓夫 事故死』
『渋伊丸拓夫 事故死』

粧裕(お、お願い! 死なないで!)

粧裕(あっ、女の人が走って、あたしが名前を書いた人、追いかけて……)

ゴシャッ!!

粧裕「ひうっ!?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:32:34.65 ID:TWqzOMXa0
『ば、バカヤロウ急に飛び出しやがっ……ひっ、ひええっ!!』

『キャーーーー!!』

『えっ、事故!?』

粧裕(……)タタタタッ

粧裕(はっ……はっ……)タタタタタ

粧裕「はぁっ! はぁっ!」タタタタタ

粧裕「ぜぇっ! はぁっ! うっ……」フラフラペタン

粧裕「こ、ここここ、これ、ほほほほ、本当、ほんとに、し、ししししし、死ん、死んじゃ……」

粧裕「うっ、うえぇぇぇぇっ、ひっく、ち、ちが、あたし、そんなつもりじゃ。ち、ちがうのぉ」

粧裕「お、おとうさ…………あっ、あぁっ…………」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:35:26.28 ID:TWqzOMXa0
粧裕(お、お父さんにバレたら……お父さんがあたしを捕まえるの?)

粧裕(警察官の子供が、殺人犯……お父さんも警察を辞めないといけなくなっちゃう?)

粧裕(そ、そうしたらお兄ちゃんももう警察官になれない……あ、あたしのせいで……)

粧裕(警察で一番偉い人になるはずのお兄ちゃんがあたしのせいで?)

粧裕(大好きなお父さんも、お母さんも、お兄ちゃんも、あたしのせいで世間から犯罪者の家族だって非難されちゃうの?)

粧裕(……だ、だめ)

粧裕(そ、それだけは、絶対に、だめ)

粧裕(だめ、だめ、だめだめだめだめだめ……)フラフラフラ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:42:13.65 ID:TWqzOMXa0
夜神家


粧裕「だめ……だめ……だめ……」ブツブツ

幸子「粧裕、おかえりなさい。あら? どうかしたの?」

粧裕「だめだから……ちがうから……」ブツブツフラフラ

幸子「ライトもお父さんももうすぐ帰ってくるからご飯はそれからよー」

粧裕「!?!?!?」ビクン

幸子「粧裕ー? 聞いてるのー?」

粧裕「お、おおお、おとう、おにい……や、やだ、ば、ばれちゃ……」バタンッ

幸子「……どうしたのかしら?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:43:24.36 ID:TWqzOMXa0
粧裕の部屋


粧裕(あたしは人殺し? ちがう、あたしはノートに名前を書いただけ)

粧裕(でも、人が死んでる。違う、あれはただの偶然)

粧裕(二人目は偶然じゃないよね? 事故死って書いたよね? ううん、それも偶然)

粧裕(もし偶然じゃないとしても、悪い人だったししょうがないよね? 二人共死んでもいい人だったもんね?)

粧裕(そうなの? 本当にそうなの? そうじゃない。死んでもいい人なんていない)

粧裕(でも、それならどうするの? お兄ちゃんに相談するの? できない!! 絶対にできない!!)

粧裕(人を殺したなんて相談できない!! でもどうしよう? お父さんに? お母さんに? できないってばぁ!!)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:44:44.95 ID:TWqzOMXa0
二日目

粧裕(あれからみんな心配してあたしの様子を見に来てくれたけど誰にも顔を合わせてない)

粧裕(顔向けなんて出来ないよ。あたし殺人犯なんだよ?)

粧裕(もうやだ。何でこんな事になっちゃったの? やだよ、こんなのおかしいよ)

粧裕(誰か助けて。もう悪いことなんてしませんから、神様……助けてください)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:45:50.76 ID:TWqzOMXa0
三日目

粧裕(頭がボーっとする)

粧裕(なんだかよくわかんなくなってきちゃった)

粧裕(そもそもノートに書いただけで人って死ぬんだっけ?)

粧裕「あはっ、そんなわけないじゃん」

粧裕「そうだよ、そんなわけないって!」

粧裕「あははっ、そうだって! 死ぬわけないって! ばっかじゃないの?」

粧裕「こんなノートに名前書くだけで死ぬなんてありえないって! あははははっ!」

粧裕「殺人? あたしはそんな事できないでーす! 殺人犯はーそのテレビに映ってる人ーーー!!」

『生中継。強盗殺人犯逮捕! 中岡字松四郎。犯人は昨夜未明コンビニへ押し入り……』

粧裕「こんなノートインチキだってしょうめーい!! はいっ!」

『中岡字松四郎』

粧裕「38、39、40〜〜〜はい! 証明完了〜〜〜!!」

『こ、これはどうしたことでしょうか? 護送中の犯人が急に倒れましたよ!?』

粧裕「ん〜?」

『どうやら犯人は護送中に死亡、死亡した模様です!』

粧裕「ぎゃっ! またまたまたぐうぜーん! きゃはははっ!」

粧裕「次次ぃ〜!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:47:03.93 ID:TWqzOMXa0
『放火魔現行犯逮捕。白身正亜希。犯人は現行犯で逮捕、現在は生中継で……』

粧裕「3度目の正直は終わっちゃったよ〜〜〜?」

『白身正亜希』

粧裕「はーい! これでどーだ!!」

『おや? 現場で動きがあった模様です』

粧裕「おやおや〜?」

『は、犯人が倒れていますね……えっ!? し、失礼いたしました。どうやら犯人は死亡したという情報が……』

粧裕「ぎゃーーーーー!! ぐっうぜーーーん!! あっはっはっはっはっはっは!!」

粧裕「もーーーうっ、次ーーー!!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:48:25.80 ID:TWqzOMXa0
数時間後

粧裕「はっははっあははははっ、これで300人目ー!!」

粧裕「偶然が続きすぎるからすぐに死んだかわかんない人達まで書いちゃった!!」

粧裕「そーれーもー、世界中の凶悪犯罪者の名前っ!!」

粧裕「これでー、しんだらー、あたしはー、さーつじーんはーん……」

粧裕「あー……つかれた……」

粧裕「」バタン
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:50:14.00 ID:TWqzOMXa0
四日目

粧裕「…………」

『世界中の刑務所で起きた謎の伝染病!? 連続獄中死!!』

粧裕「…………」

『世界中で相次いだ凶悪犯罪者の不審死、どう思いますか○○さん?』

粧裕「…………」

『現在分っているだけでも52人という話ですが、突然死亡したとの……』

粧裕「…………ごぽっ」

粧裕「うっげぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」ゲロゲロゲロ

粧裕「げぽぽぽぽぽっ、ごぽぽぽっ、げほっ」ロロロロロロロ

粧裕「」バタン
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:53:13.16 ID:TWqzOMXa0
五日目

粧裕「あっ、あーっ、あーーーーっ」

リューク「お、おい?」

粧裕「悪魔? それとも死神? ねぇどっち!?」

リューク「お、おう。俺、死神のリュークだけど」

粧裕「やっぱり!! はーいおっしまーい!! あたしおっしまーい!! きゃはははははは!!」

リューク(な、なんだこいつ?)

粧裕「あたしの魂もってくんでしょーーー? ねーーー? もってってよーーー! はーやーくーーー!」

リューク「あー……こりゃあれか。デスノート使って他人を殺した事実に耐えきれられなくなったってことか?」

粧裕「なにー? ねー死神さーん。はやくあたしを殺してよー。そうしないとあたしまた誰か殺しちゃーう」

リューク「普通の人間がデスノートを使うと恐怖や苦悩に囚われるというが……こいつは普通の人間だったってわけか」

リューク「つまらな……んん?」ノートカクニン

リューク「おおっ!? 何だこりゃ!? お前一体何人殺したんだ!?」

粧裕「んー? 304人だけどー?」

リューク「たった五日でここまで殺るとは……おまえ凄いな」

粧裕「もー、そんな事いいからはやくあたしを殺してよ。死神さんが殺さないとあたし何人殺すかわかんないよーーー」

リューク「ん? 俺はお前を殺したりしないぞ?」

粧裕「……え?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:55:00.76 ID:TWqzOMXa0
リューク「俺はお前に何もしない」

粧裕「…………」

リューク「俺はそのノートの落とし主であり、そのノートが人間界の地に着いた時点でノートは人間のものになる。そして俺はノートの所有者に憑くだけだ」

粧裕「…………」

リューク「そのノートはもうお前の物で、俺はお前に憑く。ただそれだけの事だ」

粧裕「…………ころさないの?」

リューク「ああ」

粧裕「…………」

リューク「ん? 何やってんだ?」

『夜神粧』

リューク「お、お前何やってんだよ!?」

粧裕「死ぬ」

リューク「待て待て! そんなことしたら折角人間界に落とした……あぁ、まーいいか。ここならすぐ別の奴が見つけるだろ」

粧裕「」ピタリ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:56:58.20 ID:TWqzOMXa0
粧裕「どういうこと?」

リューク「うおっ!?」

粧裕「あたしが死んでもこのノートを持って帰らないの?」

リューク「ああ」

粧裕「なんで?」

リューク「そりゃ、俺は人間界に来る為にそのノートを落としたんだからな」

粧裕「意味が分からない。説明して」

リューク「お、おう。俺がそのノートを落とした理由は、退屈だったからだ」

粧裕「……たい、くつ?」

リューク「ああ、死神がこんな事を言うのもおかしいが、生きているって気がしなくてな……」

リューク「今の死神ってのは暇でね。昼寝してるか博打打ってるかだ」

リューク「死神が人間を殺すなんて普通のことだ。だからといって死神界の奴をノートで書いても死なない。退屈で退屈で……人間界にノートを落として人間に使わせるのを眺めるのが面白いと俺は踏んだ」

粧裕「……なに、それ」

リューク「と、いう訳だ。お前が使わないなら使わないでいい。ノートに自分の名前を書くのも自由だ。そうなったら俺は次に拾う奴に憑くだけだ」

粧裕「……つまりこういうこと? あたしはあなたの退屈しのぎの為に殺人犯になっちゃったっていうこと?」

リューク「使ったのはお前だろ?」

粧裕「ふっ、ふふ、ふはっ、あはっあは、あはははははははははははははははははっ!!」

リューク(!?)ビクッ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 17:58:44.45 ID:TWqzOMXa0
粧裕「死神さん死神さん。ちょっと聞いてもらえる?」

リューク「お、おう」

粧裕「あたしのお父さんは警察官なの。すっごく正義感が強くて悪いことは許せないお父さん。尊敬できてすごく頼りになる最高のお父さん。お母さんもそんなお父さんを信頼して警察官の妻という事に誇りを持っているお母さん。たまに厳しいけどどんなことも相談できるし大人になったらこんな女の人になりたいなって思ってるお母さん。そしてお兄ちゃんはほんとうにすごいお兄ちゃん。高校生なのにお父さんもお兄ちゃんのことを頼りにしていてお兄ちゃんのおかげで解決した事件もあるの。頭もよくってかっこよくってなんでもできてあたしにも優しくてほんとうにほんとうにほんとーーーーに自慢の最高のお兄ちゃん」

リューク(な、なげーな)

粧裕「でもあたしは殺人犯」

リューク(顔怖っ!!)

粧裕「どうしてなのかな? ううん分ってる。自分のした事を認めたくなくって現実逃避をして何人も何人も殺しちゃった最低最悪の殺人犯」

粧裕「それがあたし」

リューク(だから顔怖ぇーよ!?)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:03:34.38 ID:TWqzOMXa0
粧裕「いいよ。使ってあげる、これ」

リューク「お?」

粧裕「最低最悪の殺人犯になったけど、そんな最悪の人間にしか出来ないことがあるって思いついたんだ」

リューク「それって何だ?」

粧裕「このノートで世の中を変える」

リューク「?」

粧裕「1日、たった1日であたしの殺した凶悪犯罪者のことが話題になっている。もしもこれがずっと続いたらどうなると思う?」

リューク「どうなるんだ?」

粧裕「犯罪者が皆心臓麻痺で死んでいく。どんな人でも「悪人が誰かに消されている」って事に気がつく。そうなったら誰も悪いことが出来なくなる」

リューク「ほぉ」

粧裕「毒を以て毒を制する。あたしに出来ることなんてもうこれしかない」

リューク「お前どれだけ殺すつもりだよ?」

粧裕「うるさい」

リューク「まあ、使うんだったらいいけどよ」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:05:40.19 ID:TWqzOMXa0
月の部屋


月「はぁ……」

月(粧裕が部屋に閉じこもってもう五日)

月(一体どうしたって言うんだ? 今までこんな事など一度も無かった)

月(粧裕に聞こうとしても、放っておいての一点張り。この二日は急に笑い声を上げるなど精神状態がおかしくなっている行動を取り始めている)

月(まさかとは思うが粧裕が学校でいじめられている可能性も考えてこの数日で粧裕の中学を調べたが、粧裕のクラスの子は粧裕を心配していた。怪しいところなど何も無かった)

月(何が原因だ? 家族間は良好だ。学校の悩みでもない。……まさか男か!? い、いや、それも無い。粧裕が誰かと付き合うなんてすぐ分かることだ。それなら何だ? 一体何が原因で……)

月(……今までは時間が解決するだろうと、粧裕が自分から出てくるのを待とうと考えていたが、これ以上は無理だ。悪い方向へと向かっていっている)

月(多少強引になるが粧裕が部屋のドアを開けるまで呼び続ける。ドアを開けたら粧裕を連れ出して僕の部屋で何があったのかを聞き出す)

月(僕の行動で更に状況が悪くなるかもしれない……いや、粧裕は僕のことを信頼してくれている。その僕が心から粧裕の事を考えての行動だと伝われば粧裕も僕にだけ悩みを打ち明けてくれるはずだ)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:07:20.73 ID:TWqzOMXa0
月(よし……行くぞ)ガタッ トントントン

月「粧裕、僕だ」コンコン

月「このままでいいから少しだけ……え?」ガチャッ

月(この数日がなんだったのかと思うほどあっけなく開いたそのドア)

月(真っ暗な粧裕の部屋に廊下からの明りが差し込んで五日ぶりに見る粧裕の姿がそこにあった)

月「さ、粧裕?」

月(自分の目を疑った)

月(ボサボサになった髪で目元が全く見えない。口元には嘔吐物がこびりついていて服も自分の嘔吐物に塗れている。そして粧裕が生み出す雰囲気というものは負のオーラをこれでもかと含まれるものだった)

粧裕「お兄ちゃん」

月「あ、ああ」

月(しかしそれも全て粧裕が顔を上げた途端消えうせたのだ)

粧裕「ごめんっ! 何だかちょー具合悪くって今までぴくりとも動けなかったの!」

月(いつもの表情だ。頬はこけて目も焦点があってはいないが、表情だけはいつもの表情だった)

粧裕「お父さんもお母さんも心配してるでしょ? 早く謝んないといけないよー」

月(それが僕に更なる不安を抱かせた。だけどそれを問いただす前に粧裕はおぼつかない足取りで歩いていく)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:08:43.85 ID:TWqzOMXa0
月「お、おい、そんなフラフラで階段を下りようとするな。危ないだろ!」

粧裕「平気平気」

月「そんな訳あるか!」

月(そうやって粧裕を抱きかかえようとしたのだが)

粧裕「触んないで!!」

月「っ!?」

粧裕「あっ……よ、汚れるから! あたし、今げーげーでばっちいから!」

月(粧裕は僕を力なく突き飛ばした。その力は到底僕をたじろかせるようなものではなかったのに、僕は粧裕からの拒絶を受けてその場に立ち尽くしてしまう)

月(そのまま粧裕はふらふらと階段を下りて、階下から父さんと母さんの驚きとも安心ともとれる声が聞こえ僕もやっと足を動かすことが出来た)

月(不安はあった。だけど、数日するとその不安も殆ど無くなっていた)

月(粧裕が元に戻ったからだ。この数日が一体なんだったのかというほど粧裕はいつも通りの姿に戻ってくれたのだ)

月(いくつかの疑問はあった。しかし粧裕が元に戻ってくれたというだけで僕は安心してしまったんだ)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:10:51.06 ID:TWqzOMXa0
粧裕の部屋


粧裕(あの日からあたしは凶悪犯をこのノートで殺し続けている)

粧裕(もう1週間。最初にあったノートに書き込むことで人の命を奪うという恐怖感や罪悪感はもうない)

粧裕(我ながら信じられない。いや、もしかしたらあたしは元々こういう人間だったのかもしれない)

リューク「粧裕ー、リンゴくれー」

粧裕(あれから死神には様々なことを聞いた)

粧裕(ノートのルール。死神について。人間界と死神界のこと)

粧裕(ノートの所有権を放棄することによって記憶を失うことが出来ると聞いたときは心が揺らいだ)

粧裕(だけどすぐにその誘惑を断ち切った)

粧裕(所有権を放棄したらこの死神は別の人間にこのノートを渡す。そしてこの死神は次の人間がノートを使った後にいけしゃあしゃあと現れるのだろう)

粧裕(あたしが放棄することによって別の人がこんな苦しみを味わう。もしそれがお兄ちゃんだったら? お父さんだったら? お母さんだったら?……ありえない)

粧裕(もう使ってしまったあたしが持ち続けないといけない。そして使い続けないといけない)

粧裕(何度か話をしてわかってしまった。この死神は人間がノートを使って死神には考え付かないような事を見たがっている。それが自分の意にそぐわないこと……退屈なことだと判断した場合、この死神は所有者も簡単に殺すのだろう)

粧裕(普通にノートを使うだけではいけない。それが分った時、あたしは自分が最初に思いついたことに対して、運がよかったと心底思った)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:13:38.19 ID:TWqzOMXa0
リューク「それでお前ってノートを使って世の中を変えるって言ってたけど今はどんな感じなんだ?」

粧裕(来た)カチャカチャ

リューク「ん? 救世主キラ伝説? なんだこりゃ?」

粧裕「あたしの事」

リューク「ほぉ」

粧裕「言ったよね? 犯罪者が心臓麻痺で死んでいけばどんな人でも悪人が誰かに消されてることに気がつくって」

リューク「ああ」

粧裕「これがそう。キラ……殺し屋から名前を取っているらしいけど、あたしはもう世界的に「キラ」になってる。もう「キラ」で検索するだけでこの手のページがごまんとあるの」

粧裕「みんなもう気付いてる、わかってる。悪人が誰かに消されてるって」

粧裕「たったの1週間でこれ。これから世の中は変わっていくよ」

リューク「そーなのか?」

粧裕「そう。これは始まり」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:14:57.10 ID:TWqzOMXa0
粧裕「誰だって死ぬのは嫌。だけど悪いことをしたら確実に殺されるのが分ってしまう世の中に変わる。そうしたらどうなると思う?」

リューク「悪いことをしなくなる? のか?」

粧裕「そう。その意識が芽生える。悪いことをしたら駄目だっていう意識が。誰の心に芽生えるの。恐怖心としてね」

粧裕「目に見える恐怖って人の行動を束縛するの。誰もが悪いことをする前に躊躇するようになる。悪いことができなくなる」

リューク「そんなもんなのか?」

粧裕「まあ、それでも人って言うのはふとした拍子に、感情が思い通りに行かなくて衝動的に犯罪を犯してしまう。でもその頻度は絶対的に少なくなるのは間違いないの」

粧裕「まずはそうなるように世の中の意識を変えていく。ううん、世の中は変わっていく」

粧裕「その次は……」ザザッ

リューク「ん? 何か始まったぞ?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:16:37.98 ID:TWqzOMXa0
『番組の途中ですがICPOからの全世界同時特別生中継を行います。日本語同時通訳はヨシオ・アンダーソン』

『私は全世界の警察を動かせる唯一の人間、リンド・L・テイラー。通称「L」です』

粧裕「……何? L?」

『相次ぐ犯罪者を狙った連続殺人。これは絶対に許してはならない史上最大の凶悪犯罪です』

『よって私はこの犯罪の首謀者、俗に言われている「キラ」を必ず捕まえます』

リューク「必ず捕まえるってよ。くくっ」

粧裕「……」

『キラ。お前がどのような考えでこのような事をしているのか大体想像はつく。しかし、お前のしている事は……』

『悪だ!!』

粧裕「あたしが、悪…………」

リューク「お? どうした? こいつ殺すの?」

粧裕「…………そんな事分かってる」

リューク「あん?」

粧裕「……」プチッ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:18:17.48 ID:TWqzOMXa0
リューク「おい、あいつ殺さねーの?」

粧裕「殺さないよ」

リューク「何で? お前を捕まえるとか言ってたぞ?」

粧裕「あの人は全世界の警察を動かせるような人みたいだし、あたしを捕まえようと動いてる人なんて正義の人に決まってるでしょ。そんな人は殺す必要なんて無い」

粧裕「それにあたしを捕まえるなんて誰にもできやしない」

粧裕「このデスノートをおさえない限り証拠なんて何も残らない。あたしを捕まえるなんて絶対に不可能なの」

リューク「それもそうだな」

粧裕「あたしは坦々と悪人を殺していく。それだけだよ」

リューク「なんだよ、面白い事になると思ったんだけどな」

粧裕「……面白い事なんてすぐ起きない。リンゴでも食べながらあたしのすることを見てて。いつか面白いものを見せてあげるから」ポイッ

リューク「ウホッ、リンゴ!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 18:19:15.92 ID:8FhUG3vp0
月より優れてるぞw死神の眼もすぐ契約しそう...
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:24:42.04 ID:TWqzOMXa0
Lの部屋


L(あの生中継から1週間。結局リンド・L・テイラーは今もなお生存している)

L(関東から順に人口の多い地域に生中継を行なったが、何の反応も無い……)

L(この一連の事件の最初の犠牲者は新宿の通り魔だと考えてキラを炙り出してみようと思ったのだが、キラは動かず、か)

L(あれほどキラを挑発してもキラはテイラーを殺さなかった。私の予想では高い確率でテイラーは何らかの形で死亡するものだと考えていたのだが……)

L(テイラーが今も生存しているという事はやはり、テイラーがテレビでもネットでも報道されていない犯罪者。テイラーを犯罪者だとキラは認識できなかった……そう考えるのが自然)

L(となるとキラは犯罪者以外は殺さない……いやそう考えるのは早計だが……)

L(……キラの人物像、修正を加えなければならないな)

L(そして、次の一手……この犯罪者たちの死因、凶悪犯で今だ死亡していない人間たち……これらの事を全て考えて…………)
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 18:32:20.44 ID:FsrYFZqPO
だいぶ前にも粧裕が拾ったSSがあったな
あれはなんとか数人の犠牲で済んだがこのSSだともう手遅れ感半端ないしどうなる事やら
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:35:54.31 ID:TWqzOMXa0
粧裕の部屋


粧裕「ふぅ……」

リューク「今日はノート使わねーの?」

粧裕「まあね」

リューク「何かのんびりしてるな。世界中の警察が動き出したってのに余裕じゃないか」

粧裕「言ったでしょ。警察が動いても証拠が出ないって」

リューク「楽観的だな」

粧裕「そんな事はないよ。いつだって気を張ってる」

コンコン

粧裕「っ!」

月「粧裕、少しいいか?」

粧裕「……お兄ちゃん? どうしたの?」ガチャ

月「いや、そのな」

粧裕「?」

月「最近お前の宿題を見ていないと思って、勉強のほうは大丈夫か? 良かったら見てやるけど」

粧裕「……」

粧裕(お兄ちゃん……あたしが部屋に閉じこもった時から、ちょくちょく理由をつけてあたしの事を気にしてくれる)

粧裕(とても嬉しい……お兄ちゃんのおかげであたしは正気を保っていられるのかも……)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:41:23.78 ID:TWqzOMXa0
粧裕「え! いいのー!? それじゃ、お願い! 数学の二次関数が難しいのー」

月「ああ、お安いご用さ」

粧裕「えへへー」

リューク「気を付けろよ、粧裕……」

粧裕「?」

リューク「今、机の中にあるデスノート。触られたら触った人間は俺の姿が見える」

粧裕「!!」ピクッ

粧裕(そういう大切な事を今頃……この死神は……)

月「どうかしたか? 粧裕」

粧裕「お兄ちゃんの部屋いこーよ」

月「え?」

粧裕「あたしの部屋よりお兄ちゃんの部屋で勉強した方が頭良くなる気がするのー! ほらほら早くー!」

月「お、おいおい、押すなよ。わかったって」

リューク「おー、行動が早いな」

粧裕(せっかくお兄ちゃんとの時間なのにこの死神のせいで……)

粧裕(駄目……平常心、平常心……)
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:48:23.94 ID:TWqzOMXa0
約1時間後

月「凄いじゃないか。前に見た時よりも問題を理解出来てる。というか全部合ってるぞ」

粧裕「えっへへー! あたしも努力してるのです!」

月「それなら次の問題を……」

『あなた、おかえりなさーい』

粧裕「あ、お父さん帰ってきたみたいだね」

月「っと、それじゃもう夕飯か」

粧裕「ご飯の後次の問題お願いしまーす!」ガチャ タタタタ

月「ああ、わかったよ」カチャ トントントン

粧裕「お父さん、お帰りなさーい」

月「おかえりなさい」

総一郎「ああ、ただいま」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:58:34.82 ID:TWqzOMXa0
夜神家ダイニング


月「父さん、粧裕が最近勉強を頑張ってるんだ」

粧裕「ぎゃっ! いきなりどーしたのお兄ちゃん!?」

月「さっきの問題、あれは普段から努力していなければ出来ないほどの問題だったからね。隠れて努力してる粧裕の事を父さんや母さんにも知ってもらいたくてね」

総一郎「そうなのか?」

幸子「あらあら? ライトに頑張ってるなんて言わせるなんて凄いじゃない」

粧裕「んもー! やめてよ、はずかしーよ!」

月「ははは、父さんも粧裕を褒めてやってよ」

総一郎「ああ、そうだな……偉いぞ粧裕……」

幸子「あなた?」

月「……」

粧裕「お父さん? 何だか疲れてる?」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 18:59:26.72 ID:TWqzOMXa0
総一郎「っ! いや、少し考え事をだな」

月「食事中まで考え込むようならそれはもう重症だよ。今回の事件のこと?」

総一郎「……まあ、そうだな。雲をつかむ様な事件だ」

月「犯罪者を狙った連続殺人事件……キラ、か」

粧裕「……」

総一郎「ああ……犯人の目星も浮かび上がらない。現状分っている情報では死亡推定時刻から犯人は学生じゃないかと言われているが……」

粧裕「……」

幸子「お父さん、食事のときにそういう話は」

総一郎「まあいいじゃないか。前にライトの意見で進展した事件もあったこともある」

リューク「学生ね。くくっ」

月「学生……か。学生って言うのは僕が考えている犯人像の一つだね」

幸子「もう、ライトまで」

総一郎「ライトはどんな犯人像を描いているんだ?」

幸子「ああもう。粧裕、こうなったらどうしようもないわ。ご飯を食べて早めに片付けちゃいなさい」

粧裕「んー、わかったー」

幸子「本当に二人共どうしようもないんだから……」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 19:04:53.51 ID:TWqzOMXa0
月「犯人は、単独犯であり裕福な子供」

粧裕「……」

月「そして恐らくは念じるだけで人を殺せるような能力を手にしてしまった子供」

粧裕「!」

総一郎「……ライトにしては珍しいじゃないか。そんな突拍子の無いことを」

月「いいや、これはもう間違いない。心臓麻痺で凶悪犯のみが殺されている。それも世界各地で同じように。そして日本で殺された被害者と同時刻に別の国で殺されている。こんな芸当をやってのけることなんてもう普通の殺人事件じゃない」

総一郎「……続けてくれ」

月「最初は組織立っての犯行かとも考えたが、こんな事をやってのける組織なんてかなり大掛かりで大人数の組織になる。そして、そんな組織なら手がかりの一つくらい絶対に出てくる。だけどそれもない」

月「犯人の証拠一つも見つけられない。現場にも何も残っていないし、手がかり一つ現れない。何故? それは犯人が犯行時に現場にいないから。そんな事どうやって? と、言う形で可能性をどんどん潰していったら、自分でも信じられないがそういう結論にたどり着いたんだよ」

総一郎「そうか……」

粧裕「……」

リューク「あってるな」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 19:08:14.78 ID:TWqzOMXa0
月「そしてそんな能力を人間が手に入れたとすれば……犯罪者を減らしていくと共にそれを見せしめにして世の中を良くしようなんて考えるのは、せいぜい小学生高学年から高校生くらいまでだ」

粧裕「……」

リューク「あってるぞ」

月「幼い子供ならそんな能力使えないか、自分の周りの嫌いな人間を殺してしまうくらいだろう……」

月「逆に成人以上の大人なら自分の幸せのためだけに使う。出世やお金のためだ。その能力を利用すれば大金持ちになる方法なんていくらでも考えられる」

月「犯人は純粋な子供。犯罪者だけを殺していることからも自分の確たる正義感も持っている。何不自由なく暮していて急に人を殺せてしまう能力を手に入れてしまった裕福な子供。自分専用の携帯、パソコン、テレビも持っている中学生が一番妥当かな」

粧裕「…………」

リューク「おい、お前の兄貴、お前の部屋覗いてんじゃねーの?」

粧裕(黙れ死神……お兄ちゃんがそんな事をする訳ない……もしお兄ちゃんがあたしがキラだって知ってたら……)
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 19:20:00.58 ID:TWqzOMXa0
月「あくまでこれは現段階でのプロファイリングでこれからの捜査状況でいくらでも変わってくる。僕が今言えるのはこれ位までかな」

総一郎「……お前にはいつも驚かされてばかりだな」

月「?」

総一郎「今お前が話した内容と同じような話を捜査本部の一番お偉い人が言っていた。そのお偉いさんが言うには……」

月「待って父さん。それは僕にも話していい内容なの?」

総一郎「!!……すまない、やはり疲れているようだ……今の話は忘れてくれ」

月「わかったよ。粧裕……お前も今の話は友達とかに言ったら駄目だぞ」

粧裕「へ? 何の話だっけ?」

月「……しっかりしてきたなと思ったらぼーっとして。ああ、テレビ見てたのか?」

粧裕「お父さんとお兄ちゃんが何か難しいこと話してるからテレビに集中してたの! もうテレビの音量上げてもいいの?」

月「ほら」リモコンワタシ

粧裕「ありがとーお兄ちゃん!」トトトトト ソファーニポフン

月「父さんも疲れてるんだ、片づけ位やっておくから早く休んでくれよ」

総一郎「……ああ、すまないな」

粧裕「あっ、早樹! 新曲だしたんだー! きゃーーーーカッコイイーーー!!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 19:27:56.46 ID:TWqzOMXa0
粧裕(お父さん……あんなに疲れて……これも、あたしのせい……)

粧裕(ごめん……でも……もう止める事なんてできない……)

粧裕(そしてお兄ちゃん……)

粧裕(やっぱり、お兄ちゃんは凄いね……このままだとあたしのやってることばれちゃうかも……)

粧裕(……いやだ!! そんなの絶対嫌!! お兄ちゃんにあたしが人殺しだ何てばれるのは絶対に嫌だ!!)

粧裕(ばれないようにしないと。お父さんもお母さんもお兄ちゃんにもばれないように、騙し続けないと。その為にやれることを、どんなことでもやれるようにならないと……)

粧裕(自分一人の力で何でも……やってみせる)
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/28(火) 19:28:51.00 ID:TWqzOMXa0
今日はこれくらいで。
また続き書いてきます。
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 19:29:34.57 ID:W/JJC8sVO
期待
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 19:36:15.34 ID:H1Ngi/+Ho

どこまでいけるか
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 19:42:40.42 ID:ftbbY3Oio
乙 楽しみ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 19:55:58.06 ID:bAy+MyKD0
乙です
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 20:24:57.34 ID:6MFI0bdk0
学校行かなくなった時期や笑い声などから月はもうわかってるかもね
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 20:45:09.01 ID:rr8I3vhu0
ミサミサや高田、魅上の反応が気になるな
後ろ二人が出るとこまで行かんかもしれないけど
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 21:57:40.21 ID:tr35TClqO
ライトは邪魔なら家族でも見捨てる気だったけど
それがないのがかえって面白い
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 22:08:55.59 ID:8pEJF+goo
でもぶっちゃけ学生までは絞れてもそこから先は絞れないよな
月は挑発のために時間ズラしたしサユもビビって変えそうだけど普通にやってたらまず特定ムリ
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:39:12.65 ID:TWqzOMXa0
粧裕の部屋


リューク「おいおい、お前もしかして実の兄貴に捕まるんじゃねーの?」

粧裕「少し黙って」

リューク「でもよー、アイツなんか半端ねーぞ? バレる前にデスノートに書いて……」

粧裕「黙れって言ってんでしょ!?」

リューク(怖っ!?)ビクッ

粧裕「ふーーっ! ふーっ! ふぅ……ふぅ」

粧裕「あたしが家族をデスノートに書き込むなんて天地が逆さまになってもありえないこと。冗談でも、二度と、そんな事言わないで」

リューク「お、おう」

粧裕「言ったらもうリンゴあげないから」

リューク「!? そ、それは困る!! 絶対に言わない!!」

粧裕「分ればいいの」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:40:38.55 ID:TWqzOMXa0
粧裕「……でも、学生か。死亡時間から……そういう事も考えておかないと……」

リューク「時間なんてデスノートに書いてばらばらにできるだろ」

粧裕「できるね」ノートトリダシ

リューク「お、さっそくやるのか?」

粧裕「やらないよ」

リューク「ん? なんで? 死ぬ時間からお前のことばれるんじゃねーの?」

粧裕「バレるわけないでしょ。学生なんて世界中にどれだけいると思ってるの? あたしは変わらずに凶悪犯を殺し続けるの。世の中が変わり始めるまで坦々と毎日変わることなく」

リューク「その世の中が変わり始めるってどーいうことだよ?」

粧裕「聞いたら楽しみなくなっちゃうよ?」

リューク「くっ、それは困るな……楽しみにしておくとするか」

粧裕「そうだね、それまでは……ほらっ」ポイッ

リューク「ウホッ」キャッチ

粧裕「リンゴを食べることを楽しみに毎日すごせばいいでしょ」

リューク「お前、俺の事わかってるじゃないか」シャリシャリ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:42:29.25 ID:TWqzOMXa0
粧裕(このまま凶悪犯を殺し続けていって、世界中の犯罪が少なくなっていけば)

粧裕(もしかしたら、本当にもしかしたらだけど……あたしのやっていることが、犯罪の抑止力になるって認められて……)

粧裕(警察に認めてもらえれば……あたしは、お父さんやお兄ちゃんと一緒に世界を守ることができる……)

粧裕(お父さんやお兄ちゃんは表から……あたしは裏から……表と裏で世界をより良く犯罪の無い素晴らしい世界にできる……かもしれない……)

粧裕(……分ってる。そんな可能性なんて、無いに等しいって)

粧裕(……でも、今のあたしが、殺人鬼になってしまったあたしが持てる希望なんて……)

粧裕(それくらいしか……)
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:49:04.64 ID:TWqzOMXa0
Lの部屋


L(キラは何も変わらない)

L(どこからか分らないが犯罪者を殺し続けている)

L(何一つ変わらず日々が過ぎていく)

L(正体も何も分らない、殺人の方法も不明、現状何も分らない)

L(しかし一つだけはっきりしたことはある)

L(キラが殺していない犯罪者。いや、キラが殺せない犯罪者が存在することを)

L(キラの殺人対象になっており、まだ殺されていない犯罪者の共通点は3通り)

L(一つ、公になっていない犯罪者。警察などが極秘で捕まえた犯罪者など、メディアには名前も顔も公表されていない)

L(二つ、公になっているが名前が間違っていたり通名の犯罪者)

L(三つ、名前は本名であるが、顔が写真や映像で存在しない犯罪者)

L(これらのことから判断できるのは……キラの殺人方法には顔と名前が必要。どちらがかけても駄目、両方必要。さらにキラ自身はこの情報を自分自身で気付いていない可能性が高い。もしくは低い確率になるが、気がついてはいるが問題ないと判断している)

L(さらには警察が極秘で逮捕した犯罪者などは誰も死んでいないことから警察関係の情報は漏れてはいない。……楽観的な思考かもしれないが、今のキラの人物像を考慮すれば……漏れてはいない……そうなれば日本警察捜査本部もICPOも問題なく動かせる)

L(この二つ……いや、キラの最初の殺人が新宿の通り魔殺人事件の犯人だと推測して、三つ……)

L(……いける)

L(キラ、おまえを追い詰めることが出来るかもしれない)
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:51:40.76 ID:TWqzOMXa0
凶悪犯連続殺人特別捜査本部


総一郎「今日の捜査報告はこんなところです……L」

L「お疲れ様です。それでは注文を何件かお願いしたいのですがよろしいでしょうか?」

総一郎「はい、どのような用件でしょうか」

L「報道班へマスコミと連携してやっていただきたいことがあります。一つは関東地区から犯罪者の報道をある程度操作していただきたい。内容としましては、二人、もしくは四人の凶悪犯罪者の名前を偽名にし、顔写真映像を入れ替えて報道していただきたいのです」

総一郎「それは……AとBいう犯罪者がいた場合、両方偽名にして報道し、AにはBの顔写真映像、BにはAの顔写真映像を映す、という事ですか?」

L「ええ、その認識であっています。それをこのような形で報道していただきたい。関東地区で報道した場合は他の地区では犯罪者の名前もは本名、顔も入れ替えていない本来の報道を流す。それを同じように関東、中部、関西と1日おきに流していってください」

総一郎「……それは一体?」

L「次に、報道操作した地区で、凶悪犯が死ななかった場合、翌日から数日……いえ、3日ですね。3日間、報道操作をせずに凶悪犯の情報を報道してください」

L「そして、3日、凶悪犯の死亡状況を確認し、毎日凶悪犯が死亡するようでしたら報道操作です。また凶悪犯の情報を替えて報道。死ななかったら次は2日報道操作せず……と、言った形で間隔を狭めていき、最終的には毎日報道操作、操作せずと交互に繰り返していきます」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:52:32.21 ID:TWqzOMXa0
L「キラが現状、報道される凶悪犯を坦々と殺している、毎日変わらず日課のように行なっている……そんな状況で今私が言った事を試すと面白いことがおきるかもしれません」

総一郎「……L、今の発言は不謹慎と思いますが」

L「ああ、すみません。発言を取り消します。他の各国でも念の為同じ事をやってみますが、本命は日本です。これが成功すれば……キラの居場所をかなり限定できる範囲まで突き止めることが出来るかもしれません」

『!!』ざわっ…ざわっ…

総一郎「ほ、本当ですか!?」

L「はい。またこれは時間との勝負と考えていますので出来れば今日から行ないたいのですが、間に合いますかね?」

総一郎「報道班、どうだ?」

刑事「大丈夫です! やれます!」

総一郎「そうか……L」

L「はい。協力に感謝します」

L(さぁ、どうなる?)
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 22:54:28.63 ID:OOtegP11O
面白い
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:54:29.64 ID:TWqzOMXa0
2週間後

凶悪犯連続殺人特別捜査本部


総一郎「え、L!」

L「予想通りです。キラはどうやら自分の能力の上に胡坐をかいているようですね」

総一郎「ここまで来れば我々でも分かります。キラは日本の関東地区にいるんですね」

L「はい。間違いありません」

総一郎「貴方の指示された報道操作を行なって初日、関東地区で凶悪犯が殺されませんでした」

L「ですが、次の日から3日、報道操作を行なわなかった場合は凶悪犯は例外なく死亡した」

総一郎「また報道操作を行なって凶悪犯は殺されず、報道操作を行なわなかった場合は殺されている……」

L「今は毎日交互に報道操作、操作せずと繰り返したら……凶悪犯がまるでスイッチのように操作日は死亡せず非操作日は死亡するようになりました。間違いありません、キラは日本の関東地区に潜伏しています」

『ざわっ……ざわっ……』

L「では、次はもう少し限定していきましょう。まずは東京都、神奈川、千葉と同じように……」

総一郎「待ってください! L、これは……キラの殺人には名前と顔が必要、そういう事になるのですね!?」

L「はい、ご覧の通りです」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 22:58:51.61 ID:TWqzOMXa0
総一郎「それならばもう完全に報道規制を行い、今後は一切犯罪者の氏名や映像を表に出さない方向にしていけば……」

L「…………それはやめましょう」

総一郎「何故ですか!? そうすれば人命が!!」

L「ネット、ありますよね。インターネット」

総一郎「え? ええ」

L「恐らく無法状態になります。キラに殺してほしい犯罪者が氾濫する無法地帯に。今でさえそういった兆候はあります、キラに対して殺人依頼を行なうような馬鹿の集団が見受けられるのです。まあ、そういったものはそちらの情報班が逐一チェックされていると思いますので言わずとも分るとは思いますが……」

L「報道を完全規制した場合、そういった類のものが爆発的に増えると予想できます。それも警察庁の情報班が処理しきれないほどに。そうして、キラもその真否が分らぬネットの海に紛れ込んでくる可能性が高い」

L「そうなった時にキラが一人でもその情報を鵜呑みにして殺したとしましょう。するともう悲惨なことになります。報道規制がされているので犯罪者を裁けないキラはネットの情報で極悪犯罪者を殺していきます。少しでもプログラムに長けた人間ならキラの目に付くようなサイトや情報を作り出す。手が付けられません、キラは馬鹿に言いように使われて無差別殺人犯になります」

総一郎「そ、それは仮定の話でしょう」

L「はい、そうです。ですが、可能性は高いと思いますよ。キラは恐らくそこまで頭が回らない。報道規制がされたらネットに、何て楽なほう楽なほうに流れていく可能性もありますね」

L「そういった不確定要素かつ、危険要素が高い未来を検討するより、今この瞬間に全力を尽くしませんか? キラの逮捕がもう目前の今に」

総一郎「!!」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 23:00:43.28 ID:TWqzOMXa0
L「キラは我々が殺しに必要な条件に気付いてることを知らない。この報道操作は今後も有効という事です。それならば恐らく2ヶ月以内にはキラの潜伏する市または区まで限定できるかもしれません」

総一郎「で、ですがそのためには今のやり方を続けて……」

L「そうですね。犯罪者は相当数犠牲になるでしょう」

総一郎「それならば!」

L「ですが、キラを捕まえなければ被害は続きます。現状この作戦を続ければキラにたどり着くのです。キラが気付いていない今しか行なえない作戦です。報道規制をした場合こちらからキラにお前の殺しには顔と名前が必要だと言ってしまう様なものです。そうするとあまり頭の回らないキラでも対策するかもしれません。その時点でキラはまた実体の無い状態に戻ってしまいます」

総一郎「くっ……」

L「2ヶ月です。地区を絞り込んでしまえば次のステップに移行できます。その場合は情報規制も視野に入ってきます。いかがでしょうか?」

総一郎「…………」

刑事「あ、あのー?」

L「はい、どうされましたか。ええと、松田刑事」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 23:04:15.95 ID:TWqzOMXa0
松田「その、キラがこちらの状況を把握した上で操作をかく乱する為に今の状況を作り出しているという可能性は?」

L「それは捜査本部の情報がダダ漏れで、尚且つキラは我々の作戦を理解したうえで犯罪者の生死を調整している、そういう事ですか?」

松田「あ、えーっと、その」

L「その様な状況を仮定すれば相当やりやすくなりますね。捜査本部に関係する人間がキラなのですから。ですが、捜査状況が漏れているという事はありえませんのでご安心ください」

L「またキラが、殺しの条件を知られている事を利用して捜査状況をかく乱するという愉快犯的な行動はまずしないでしょう」

松田「そ、そうなんですか?」

L「やるならもうやってます。私がキラを挑発したあの生中継の時に。キラは犯罪者を殺すことに対してそういった意思の感じる何かを行なっていません。坦々と犯罪者を殺す、まるで作業を行なっているようで、それだけが不気味なところだと私は感じていますね」

松田「あ、その、すいませんでした」

L「いえ、貴重な意見、参考になります」

L「夜神局長、他に意見など何かありますか?」

総一郎「いえ……」

L「それは私の案を通していただけると考えてよろしいですかね?」

総一郎「……はい」

L「ありがとうございます。では本日も同じように報道操作をお願いします。徐々に地域を限定していきますので逐一指示します。報道班の皆さんは大変かと思いますがもうひと踏ん張りお願いします」

L(さあ、キラ、お前の影が見えてきたぞ)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/28(火) 23:05:07.24 ID:TWqzOMXa0
以上です。
また続きを書いてきます。
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:17:34.56 ID:bAy+MyKD0
乙です
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 23:26:27.16 ID:8FhUG3vp0
よしこの世界線なら南空ナオミは安心だな
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 00:06:45.24 ID:kWlVPNQB0
乙です
魅上はともかく高田は月が彼女作る必要が無いから出てこなさそう
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 03:14:27.60 ID:VDF2/Mvgo
乙ー
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 07:29:12.89 ID:tHJrt5+nO
リンド・L・テイラーが殺されなければ…って言う人もいるけど
やっぱりLは追い詰めてくるのね
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 08:04:35.36 ID:sSXBLADKo
名前書いた人間が死んだかどうか粧裕は調べなかったんかね
調べなくても死んでると確信してたか、調べるのもめんどくさいほど殺してたか
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 08:11:31.45 ID:vzKux3jfo
サユがネラーだったらバレてたが、まあ女の子だしね
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 08:23:09.06 ID:hdvGXkJ0O
>>67
Lにとってもこのssでの方法は悪手なんだけどね
この時はある程度人道や道徳を考慮して手法を考えるから、犯罪者とはいえ特定まで時間も被害も大きい上に虱潰しの人海戦術でしか答えを導き出せないってのはかなり苦戦させられてる
そもそもこういう人海戦術を行わなくて済むようにLが呼ばれてる訳だし
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 10:15:19.76 ID:fxad2xJQO
まあ兄の方は煽り耐性0どころかマイナスだったし
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 14:02:19.59 ID:rb0fHYEg0
前にやってたアイマスクロス連想したけど
地力があって凡人自覚した徳川家康タイプだと原作よりも厄介になるんだよな
無理やり原作=織田信長的な見方で
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 14:26:30.15 ID:wn+s3oD1O
>>68
精神がイカれる状態ぽいしノートに書く→"偶然"その人が死んでるって考えだから生死には無頓着だったんじゃない?
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 18:02:00.06 ID:TI1+PIGJo
粧裕ちゃんが可愛いssかと思ったらガチデスノssだった…でも面白いよぅ
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:21:54.25 ID:zljesD0n0
粧裕の部屋


粧裕「今日はこれくらいかな」

リューク「ククククククククククククッ」

粧裕(……? この違和感、最近良くあるけど……)

粧裕「……リューク、最近あたしがノートを使うとき良く笑ってるよね?」

リューク「まあな」

粧裕「何がそんなにおかしいの?」

リューク「いや」

粧裕「……いやって何? 何かあるでしょ?」

リューク「別に何も、ククククククククッ」

粧裕(こいつ……)
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:22:56.51 ID:zljesD0n0
粧裕「」カタッ

リューク「お? どーした?」

粧裕「」ガチャッ タタタタタ

リューク「部屋飛び出して行って、戻ってき……おっ!!」

粧裕「リンゴ食べる?」

リューク「食う!」

粧裕「それじゃ、何がおかしいのか教えて。教えてくれないとリンゴあげない」

リューク「お、おい!! そりゃ卑怯だろ!?」

粧裕「いるの? いらないの? いらないならあたしが食べちゃおっと」シャリッ

リューク「あ、あー! 待て、待て! い、言うから食うな!!」

粧裕「はい、それじゃ、なにがそんなにおかしいの? 最近笑うときの「ク」が多すぎ」ポイッ

リューク「ホッ」リンゴキャッチ
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:23:40.54 ID:zljesD0n0
リューク「いやな、最近お前が見てるテレビで変な事が起きててな」シャリシャリ

粧裕「変なこと?」

リューク「ああ、犯罪者の名前が間違えて放送されてる」

粧裕「……間違って?」

リューク「そうだ」

粧裕「……いつから?」

リューク「2週間くらい前かな?」

粧裕「…………それって、あたしがデスノートに名前を書いた犯罪者も含まれてる?」

リューク「ああ、お前はそいつらをデスノートに書いてたぞ」

粧裕「…………名前は違うから死んでないよね? その犯罪者」

リューク「死んでないな」

粧裕「…………」バンッ!!!!

リューク「うおっ!? ど、どうした、いきなり机叩いて?」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:24:42.59 ID:zljesD0n0
粧裕「……どうしてわかったの?……そっか、名前が間違って発表されている犯罪者とかいるかも……それに顔の公表されてない凶悪犯も殺せてない……そこからばれた……だとしたら……」

リューク「おーい、粧裕?」シャリシャリ

粧裕「あたしは最近ほとんど凶悪犯の情報をテレビで得てた……犯罪者の名前が違って放送されていたなら犯罪者は死んでいない…………意図的に行なわれていたら……2週間…………」

リューク「どうしたー?」ゴクン

粧裕「リューク。何で気付いてたのに言わなかったの?」

リューク「あ? 名前が間違ってた事か?」

粧裕「そう」

リューク「そりゃ、何か変なことしてんなーって面白かったし、おまえも気付かずにそいつらの名前を書いてるのが面白くてな」

粧裕「……」ビキィッ

粧裕(怒るなあたし……冷静に、冷静に……)
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:25:39.02 ID:zljesD0n0
粧裕「ふぅぅぅぅ……次は教えて」

リューク「あん?」

粧裕「偽名になってる犯罪者、教えて」

リューク「えー面倒くせーよ」

粧裕「……そう、ならもうリンゴあげない」

リューク「ち、ちょっと待ってくれ!? 何でだよ!?」

粧裕「だってそうでしょ? あたしは善意でリュークにリンゴをあげてる。面倒くさくてもリュークが頼むからあげてるの。それなのにリュークはあたしが頼んでも面倒くさいってあたしの頼みを聞いてくれない。ならあたしもリュークの頼みなんか聞かない」

リューク「ま、待て待て待て! それは困る!」

粧裕「なら分かるでしょ? 自分がどうすればいいのか」

リューク「わ、分かった。だけど偽名になってるかどうかだけで名前は教えれないぞ! 名前も知りたかったら目の取引だ!」

粧裕「……目?」

リューク「ああ、死神の目の取引だ!」

粧裕「何それ? 知らないんだけど」

リューク「あれ? 言ってなかったっけ?」

粧裕「教えて」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:30:47.55 ID:zljesD0n0
リューク「あーそうだな、多分言ってねーな。えーっと死神の目ってのは人間の顔を見るとそいつの名前と寿命が顔の上に見えるんだ」

粧裕「!」

リューク「だから俺には人間の名前が偽名でもわかる」

粧裕「……便利な目だね。それで取引って?」

リューク「ノートを拾った人間にだけ死神の目の取引が出来て、取引をするとそいつの目を死神の目にしてやることが出来る」

粧裕「!!」

リューク「寿命の半分を頂くがな」

粧裕「…………寿命の半分」

リューク「どうするよ? 死神の目にすればもう偽名かどうかなんて気にしないで済むぞ」

粧裕「……」

リューク「……」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:35:23.43 ID:zljesD0n0
粧裕「今は、いらない」

リューク「ほう」

粧裕「必要になったら言うから準備はしておいて」

リューク「ククッ、大丈夫だ。いつだって出来る。コンタクトを入れ替えるのと変わらない数秒だ」

粧裕「……それじゃ、約束を守ってもらうから、今から見る犯罪者達が偽名かどうかだけ教えて」

リューク「ん? ああ。わかったけど、テレビは何で犯罪者を偽名で放送したんだ?」

粧裕「あたしの居場所を突き止めるためだろうね」

リューク「あん? そーなのか?」

粧裕「うん。多分もうあたしが名前と顔が分らないと殺せないってこともばれてる。それを逆手に取られたって感じ。多分テレビで放送する地域とかを区切って偽名の凶悪犯が死なない地域を絞り込んで行ってるんだろうね。このまま気がつかなかったら危なかったかも」

リューク「ん? 犯罪者が死ななかったらおまえの居場所わかんの?」

粧裕「わかるの。でももう気がついたからこれ以上は分からないよ」

リューク「ふーん。何か余裕だな? おまえの居場所ばれたんじゃないの?」

粧裕「こんな短期間で分からないって。これが半年とか1年とかなら違ってたと思うけど、多分よくてあたしが東京にいるって気づいたくらいじゃない? もうこれからは偽名の凶悪犯なんてノートに書かないからどうしようもないと思うよ」

リューク「ほー」

粧裕「……でも、少し気をつけないと。まさかあたしの殺し方を見てこんな手を打ってくるなんて……」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:37:18.90 ID:zljesD0n0
粧裕(しばらくはテレビの凶悪犯を殺すにも気をつけて色んなところから凶悪犯の情報を得ないと)

粧裕(だけど、この手口……何ていうか、犯罪者使って実験しているようで…………その犯罪者を殺しているあたしが言えた事じゃないか……)

粧裕(マスコミとか警察も協力してるだろうし、これを行なわせたのって……あのLって人だろうな……)

粧裕(あたしのことを悪だって言って……それは間違ってないけど……犯罪者を実験台にするのは、正義なのかな?)

粧裕(……駄目、警察やああいう人は世界にとって必要な人達)

粧裕(……凶悪犯みたいな死んでもいい人間とは違う)

粧裕(……殺してもいいのは犯罪者だけ)

粧裕(殺すのは犯罪者、死んでもいい人間は、悪人だけ……)
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:38:17.98 ID:zljesD0n0
Lの部屋


L(キラの殺し方が変わった)

L(テレビだけじゃなく、様々な情報媒体からランダムに犯罪者が殺され始めた)

L(情報操作に気付いた? それとも偶然?)

L(恐らく気づかれている。明らかに今までの殺し方ではない。殺し方が完全に変わった)

L(何故気付いた。犯罪者が偽名だという事がわかるようになった? この可能性が一番高いが……もう一つ)

L(捜査本部かマスコミ関係者の情報を知る手段を手に入れた? 可能性は低い、だが……)

L(低い可能性を0%にしておくか……)

L「ワタリ、私だ」

ワタリ「はい、L。何か?」

L「警察の目の届かないところに行きFBI長官につないでくれ」

ワタリ「わかりました」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:38:54.48 ID:zljesD0n0
長官「……L、極秘で日本警察内部を調査してもらいたいとは?」

L「非常に低い確率ですが、キラがいる可能性があります」

長官「低い確率とは……一体どれくらいの?」

L「ほぼ0です」

長官「それは、調査しても無駄足になるのでは……」

L「なる可能性は高いです」

長官「我々も中々忙しいのですが……」

L「アメリカの犯罪者でキラに殺されたと思われる者は327名。全世界でダントツです。このまま野放しにしておいていいのでしょうか? この調査でキラが発見できればキラを見つけることもできないと信用が落ちているFBIには追い風となるのでは?」

長官「…………わ、わかりました、やりましょう」

L「ありがとうございます。それでは、日本警察内部、特にキラ事件に関わっている者と今回の情報操作に関わったマスコミ関係者、その身辺を徹底的に調べてください」

長官「わかりました。それでは……」

L(これで捜査本部の情報が漏れていないと証明できれば、キラは偽名を看破する能力を身につけたことになる)

L(人を念じただけで殺せて、その条件は名前と顔。そして偽名も見破ることが出来る……)

L(能力が増えた……そして今後もまだ能力が増える可能性もある……)

L(厄介な事になってきたが……手元にある情報を組み立てて策を考えるしかないな……)
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/29(水) 22:39:24.87 ID:zljesD0n0
また書いてきます。
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 22:41:19.25 ID:/xSFXlaMO
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 22:43:32.85 ID:qzSjPAuF0
乙、なんか月より良い勝負してる感あるな
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:03:04.27 ID:VDF2/Mvgo
乙ー
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:13:52.53 ID:Ub1LA1ESo
>>87
月はスペックは高いが幼稚ですぐ挑発に乗るからな
さゆは頭脳は並だけど月みたいにカッとならないのが強い。リュークにストレートに交渉するし
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:13:57.00 ID:kWlVPNQB0
乙 ばれたらヤバいと思ってるがLを抹[ピーーー]べき敵と見てないのが大きいな...
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:19:48.03 ID:z4MdjuAko
月はLとの勝ち負けに拘ってたからな
こっちは挑発にも乗らないし頭脳合戦も乗らないだろうから、探すのが大変
ただLが見当つけて接触してきたら原作月ばりに立ち回れるとは思えんが
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/11/29(水) 23:26:50.27 ID:TIzQhUZH0

月は自分が神と錯覚したけど、裕香は人のままだからね。
条件が多少分かったぐらいで反応が一切無い超常の力で殺しまくる相手にどうしろと
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:54:26.39 ID:1kwMGfAqo
裕香とかいう新キャラについて
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 00:28:47.52 ID:6P3fZVrt0
粧裕と変換しようとしたら間違えたんだろう…
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 00:54:26.56 ID:oIsf5UJhO
美香ちゃん!君のことが好きだ13ニチィ
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 07:08:47.22 ID:N5+gVGWIo
粧裕は邪魔な人でも悪人じゃなければ殺さないだろうところを見るに、レイ・ペンバーとかLは殺しの対象じゃなさそうだよね
逆に悪人の殺しに必要なら死神の目も貰いそう

月との違いがどうでるのか楽しみだわ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 07:35:18.33 ID:G9AL2ycKo
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:41:27.35 ID:CVe5UJ1w0
粧裕外出中


リューク「粧裕、ちょっといいか?」

粧裕「……外ではあんまり話しかけないでって言ったよね? あたしの声はリュークと違って人に聞えるの」

リューク「いや、だからこそ今話しておきたい」

粧裕「?」

リューク「俺は粧裕が嫌いじゃない……いや、むしろリンゴを良くくれるから好きだ」

粧裕「……何? 急に……」

リューク「これはお前がいつも俺にリンゴをくれている礼でもあるが、俺自身が気持ち悪いから言うのが本音でもある」

粧裕「……まわりくどいんだけど」

リューク「俺はいつも粧裕の後ろにいるからすぐにわかったんだが……」

リューク「目障りなんだよ。この二日間……」

リューク「ずっと、粧裕をつけている人間がいる」

粧裕「!?」ビクッ
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:42:46.32 ID:CVe5UJ1w0
リューク「そいつに俺は見えてないがいつも見られてる気分だ」

粧裕(つけている!? あたしを!? そんな馬鹿な!? どうして!? ばれたの!?)

粧裕(お、落ち着いて……そんなわけがない、証拠も何も無いのにどうしてあたしがキラだってばれるの? キラとしてあたしをつけているんじゃない……ということは……)

粧裕(ストーカー……)

リューク「お? 殺る時の目してるじゃないか。ノートも持ってるしすぐ殺るのか?」

粧裕「……馬鹿、あたしにはまだ顔も名前もわからないんだよ? 殺そうにも殺せないし、凶悪犯かどうかもわからないのに殺せるわけないでしょ」

リューク「目の取引をすれば……」

粧裕「やらないって。ちょっと考えさせて」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:44:09.60 ID:CVe5UJ1w0
翌日


リューク「今日もいるぞ」

粧裕「……そいつは学校にいる間もずっとあたしを見てた?」

リューク「ああ」

粧裕「……気持ち悪い、本当に殺したほうがいいかも……」

粧裕「……」

粧裕「リューク、あたしをつけている奴ってあたしの家までつけてくる感じ?」

リューク「いや、いつもお前が家に着く前には消えてるな」

粧裕「……ふーん」

粧裕「……リューク、少し協力してくれない?」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:45:07.48 ID:CVe5UJ1w0
リューク「あん? そいつの名前とかは教えれないぞ?」

粧裕「掟なんでしょ? そこまで期待して無いよ。リュークにはそいつを見続けてもらいたいの」

リューク「俺がお前をつけてる奴を見るのか?」

粧裕「うん。それでそいつがあたしをつけるのをやめるその瞬間を教えて」

リューク「? 別にいいけど。何するんだ?」

粧裕「ストーカーってさ、自分がストーカーされる立場になるって考えないんじゃない?」

リューク「ほぉ」

粧裕「明日は休日。朝から出かけて、昼に家に戻るフリをして、そいつがあたしのストーキングを止めた瞬間逆につけてやる。そいつの家とかわかれば後は簡単。名前とかもわかるし、調べて悪質な犯罪者だったら殺せばいい」

リューク「ストーカーのストーカー。面白そうだな」

粧裕「あたしは尾行なんて初めてなんだから、ストーカーの様子をよく見ておいてね。うまくいったらちゃんとリンゴをあげるから」

リューク「その言葉を待っていた」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:46:55.42 ID:CVe5UJ1w0
翌日は休日


リューク「おい粧裕。ストーカーが帰ってくぞ」

粧裕「……ありがと。それじゃ、尾行開始だね」

コソコソ ビコウチュウ

粧裕「……家じゃなくて、ホテル?」

リューク「でけー建物だな。これあいつの家?」

粧裕「そんなわけないでしょ。……でも、予定外、どうしよう」

リューク「どうすんだ? もう止めるか?」

粧裕「ううん、もう少し調べる」コソコソ ホテルシンニュウ

リューク「お、エレベーターに乗った」

粧裕「……22階」エレベーターテイシカイカクニン

リューク「お、直接行くのか?」

粧裕「まずは21階にね」

リューク「あん? 22階じゃねーの?」

粧裕「1階下でいいんだよ」チーン 21カイトウチャク
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:47:23.40 ID:CVe5UJ1w0
リューク「着いたけどどうすんだ?」

粧裕「やるのはリューク。上の階の部屋覗いてきてストーカーの部屋教えてよ。壁すり抜けられたよね?」

リューク「ああ?」

粧裕「名前は教えれなくても、部屋を教えるくらい出来るよね?」

リューク「そういうことかよ……仕方ねえなぁ……帰ったらすぐリンゴだぞ?」

粧裕「3個あげるよ」

リューク「よっしゃ!!」ビューーーン
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:47:53.77 ID:CVe5UJ1w0
数分後

リューク「見つけたぞー。2212号室だった」

粧裕「ありがと。さてと、次は……フロントにでも行ってみようかな」

リューク「?」

フロントマデイッチョクセン

粧裕「無理そう……」

リューク「さっきからどうしたんだよ?」

粧裕「ホテルとかってフロントで個人情報を書いてチェックインするんだけど……そういう書類見えそうにないし、名前を知るのは無理か……」

リューク「ほー……お、おい! 粧裕! 隠れろ!」

粧裕「?」

リューク「ストーカーがエレベーターからこっちに向かってる!」

粧裕「!?」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:49:26.18 ID:CVe5UJ1w0
『仕事から戻ったと思ったらすぐこれか』

『あら? 私のお父さんに会いに行く事をこれ呼ばわり?』

『いじめないでくれよ。今はどういう挨拶をすれば君のお父さんの好感度があがるのか考えているんだよ』

『ふふふ』

粧裕(も、物陰に……)

リューク「……気付かれなかったみたいだな」

粧裕「ふぅ……」

リューク「ククッ、冷や汗かいたんじゃないのか?」

粧裕「かなりね」コソコソ

リューク「お? 追うのか?」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:50:00.78 ID:CVe5UJ1w0
粧裕「あっちは歩いてどこかに行くみたいだから。……でも、なんだかあの人あたしのストーカーじゃないような気がしてきた」

リューク「そうなのか?」

粧裕「うん。凄いきれいな人と親しげに歩いてて、多分恋人だと思う。あんな女の人がいるならストーカーなんてやらないと思うし。何よりもあの人カッコイイ」

リューク「外見かよ」

粧裕「なんだか殺す気が失せちゃった。あと少しだけつけてみて遅くならないうちに帰るよ」

リューク「なんだよ無駄足かよ。でもまあストーカーごっこ中々面白かったぜ」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:50:46.01 ID:CVe5UJ1w0
粧裕(……でも本当にあの人なんなんだろ?)

粧裕(ストーカーに見えないし……そういう人ほど本当に危ない人とかだったり?)

粧裕(そうはみえないけどなぁ……あっ)

リューク「今度は家に入ってったぞ」

粧裕「うん」

粧裕(表札は……南空)

粧裕(あ、誰か出てきた。ストーカー?が愛想笑いをしながらおじさんに頭を下げてる。綺麗な女の人が出てきたおじさんになにかを言って……)

『ナオミ、お前もこんな優男じゃなくてだな……』

粧裕「なおみ? あの女の人の名前? あのおじさんはあの家の人みたいだから……あの家はあの女の人の家? だとしたら……あの人は南空なおみさん……」

粧裕「……少し調べてみよう」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/02(土) 00:51:16.36 ID:CVe5UJ1w0
今日のところはこのへんで。
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 00:53:06.03 ID:fpGiNpOQ0

まあ、粧裕は月と違ってハッキング出来ないし、まさかキラとしてマークされているとは考えないよなぁ……
原作でも月が余計なことをしなければは白とレイペンバーを決めつけて終わっていたし、粧裕も余計な行動しなければ白だろうな
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 00:58:08.08 ID:7FVaSyXVO
つーか、素人に逆ストーカーされてんのに、気づかないFBI捜査官って…………
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 01:09:18.14 ID:Ve80B1HLo
リュークに付けさせてさらにあと追えばセーフ
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 01:55:29.66 ID:L8FRfZfn0
粧裕も、地頭は良いタイプだと思う。
あとは、ノートによる殺しで自分を見失わないことが、月との差別化になるのかな。
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 11:26:12.35 ID:upeYnSpRo
乙ー
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 11:36:10.55 ID:A1/nnuhTO
きっと彼女のご両親への挨拶の事で頭がいっぱいだったんだろう
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/03(日) 13:47:29.06 ID:TIhbYS8N0

面白いので続き期待
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 17:24:46.42 ID:Gu/yL5KK0

ガチのデスノssが今でも投稿されてるなんてすごいな
面白い
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 17:31:31.49 ID:20p+NAdS0
ミサミサや魅上とどんな関係になるか楽しみ

月と違って二人のことを駒とは見なさそうだし
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/03(日) 18:11:19.73 ID:CZJp1BzR0
そもそもミサと接触しなさそう。というか第二のキラも放置しそう。
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 18:14:36.54 ID:+SQrIMEx0
粧裕に目を付けられるか不明だが、目を付けた場合はLは学校の先生として潜入しそうだ(冗談)
そもそも粧裕だと総一郎が過労で倒れた場合に続けられるかどうか……(あの時の会話は月には通じなかったが粧裕には…)
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 18:25:29.08 ID:uGfjTrOxo
>>118
sageろ
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/03(日) 19:16:37.85 ID:t7KnUwSPo
粧裕ちゃんかわいい。
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 19:17:44.04 ID:+SQrIMEx0
>>121
sageしろ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/03(日) 20:59:15.41 ID:cMLShomC0
期待
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 08:18:20.81 ID:j/BIl4eWO
原作でも捜査打ち切りにしようとしてたから、普通に大丈夫でしょ。
問題は監視カメラ。粧裕しか食べない味のポテチがあるのか...
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 15:00:22.68 ID:FDJcN05bo
粧裕の部屋なら親父さんも許可しないんじゃね?
てかこれLは月を疑ってない感じなのか
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 17:42:07.82 ID:M3YBqRrJ0
いや総一朗は家族全員徹底的にやってくださいと言っていたような
粧裕だろうと容赦はないだろう
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 18:41:56.03 ID:gedT/MDPo
風呂トイレまでカメラ付けろって言ってたからな
自分が粧裕の裸見たかっただけかもしれんが
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 18:52:19.85 ID:bNGmHNRB0
「何を関してでも家族の身の潔白を証明したい!」という総一郎の気持ちだからな>徹底的にやってください

ちなみに原作の3巻で月のキラは「裕福な子供」というプロファイルからLがキラと怪しいのは夜神粧裕と言ったときの総一郎の発言はこれ
「……親馬鹿だと言われるかもしれないが粧裕がキラなど絶対にない」
「どちらかといえば嫌いな子を殺してしまって泣きわめく方の性格だ…」

少なくても総一郎からした粧裕はこんな感じ。このssでも同じような発言をするかが気になる
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 19:32:29.07 ID:5k7NMW+3O
このスレにおける初期粧裕の惨状を知ってるのが月だけなら、多分同じ発言をするだろうな。
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 19:33:16.71 ID:EbQfn6UdO
泣きわめくを通り越して派手に吐いてたしな
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 20:13:25.83 ID:QGOvdVJuO
続き来たのかと思ったじゃねーか
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 12:10:07.41 ID:nG7rb62N0
この粧裕が監視されたら困る問題は3つある
1つ、粧裕は他の人間が自分の部屋に入られたかどうか知る方法がない
2つ、何週間先の死のスケジュールや部屋にいたるところにでノートを仕込むなどの「もしも」の事を考えた行為を粧裕はしていない
3つ、総一郎は粧裕が引きこもっていたことを当然知っているので、そのことを総一郎からLから伝わって詳しく調べられる可能性がある
(最初のキラ事件の被害者だと目星を付けているだろう音原田九郎と粧裕の引きこもった時期を照らし合わせて疑惑を高めるだろう)


3はまだしも1と2は危ない気がする。2はしているような描写が見られないし……
考えるほど、原作の月が用意周到で用心深かったのがよくわかる。少なくてもノートを隠す方法は色々ヤバイ(ボヤを出した言い訳が適当すぎるが……)
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 13:33:04.22 ID:PcxJgLPvO
頼むから黙って
ネタ潰しにもなるし作者の物でもない妄想を見せられる身にもなれ
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 16:16:01.13 ID:7lf+NTGto
長文キメェ
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:45:12.74 ID:qrunuIYt0
1ヵ月後 Lの部屋


ワタリ「L、FBI長官より連絡です」

L「繋いでくれ」

ピポパポ

長官「L……日本に派遣した捜査員から連絡が入りました」

L「結果は?」

長官「日本警察、マスコミ関係者の身辺調査の結果、怪しい者はいませんでした」

L「……調査開始から1ヶ月。かなり早いペースで調べていただいたようですが、見落としや抜けなどの可能性は?」

長官「日本警察捜査本部の情報を得られたものが141人、マスコミ関係者に関しては警察からの依頼という事で情報を知るものは更に少なく71人。計212人を40名の捜査官を使い調査した。各捜査員も私が優秀な人材のみを選別した。見落としも抜けもないでしょう」

L「……」

長官「L、私はあなたからの依頼という事で動かせる範囲の捜査員を調査にまわした。当初は12人だったが、かなり無理をして28人も増員して調査を行った、その調査に対し疑念の言葉を懸けられるのは……」

L「いえ、FBIの捜査力を疑っているわけではありません。元々この調査でキラが見つかる可能性はほぼ0と言ったように警察関係者の中にキラはいなかった、その確証がほしかったのです」

長官「確証ですか」

L「はい。これで次の段階に進めます」

長官「……それはこの調査とは別に依頼があった、顔も名前も割れていない犯罪者をピックアップしてもらいたいと言われていたことに関係が?」

L「そうです」

長官「……何を行なおうとしているのかはわかりませんが、今後の捜査においてもFBIは協力を惜しみません。それでは……」ピッ

L「ありがとうございます」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:46:06.07 ID:qrunuIYt0
L(警察関係者、マスコミ関係者はシロか……)

L(そうなるとやはりキラは情報操作に気がつく何かを手に入れた)

L(あれから引き続き偽名の犯罪者をメディアに流しているが、偽名の犯罪者は殺されずに本名、顔が一致している犯罪者のみを殺していることからも……偽名を看破する何らかの力を手に入れたということか)

L(顔を公開しても偽名の犯罪者は死んでいないことから、名前その物を見破れるわけではない……しかし偽名が分る……情報が漏れていないことから考えても……顔と名前が一致していない場合、何らかの区別ができる力、か……?)

L(情報が少なすぎるな。しかしキラの力が増えたという事は確実。こうなると今後も何らかの能力が増えていく可能性は高い……そう、例えば偽名を見破るだけではなくて本名が分るようになる……もしくはどこに隠れていようが顔も名前も分らなくても殺してしまうことが出来る……といった力も手に入れてしまうかもしれない……)

L(今判明しているキラの力を顔と名前が分っている人間を殺すことが出来、尚且つその人間が偽名だった場合、それを看破することができる力として……キラが日本の関東地区に潜伏しているならば……)

L(同じような手を何度も使うのは気に入らないが、更にキラの居場所を限定する事はできるだろう……だが……)

L(日本警察の捜査本部の指揮を取る夜神局長)

L(警察官らしい真っ直ぐな正義感を持っている彼は次の私の策にもまた反対してくるだろう……)

L(彼が私に難色を示すとなると、警察内部でも私に対する心情は悪いものへと変わり今後の捜査でもそれが浮き彫りになってくるだろう……)

L(キラの動き方から見ても、日本警察の協力は必要不可欠……どうするべきか……)
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:47:25.91 ID:qrunuIYt0
凶悪犯連続殺人特別捜査本部


総一郎「L……捜査状況を報告する前に少しいいでしょうか」

L「はい。どうされましたか?」

総一郎「この1ヶ月でこの捜査本部から10名近く部署異動の希望を願うものが出てきています」

L「! それは……」

総一郎「最初に3名、このまま捜査を続けキラを追い詰めた場合、顔と名前が分る身分証明書を所持する我々はいつキラに殺されるか分らないと言い、辞表と共に部署異動を願うものが現れて以来、それに続くように何人も同じ理由で部署異動を希望しています」

L「そうですか、その方々への対応はどうされたのですか?」

総一郎「……彼らの希望通り別部署に異動させました。事後報告となり申し訳ないのですが……」

L「いえ、夜神局長の対応は間違っていません。超能力で人を殺せるような得体の知れない犯罪者を追っているのです、警察官といえど恐怖に負けてしまう方々を責める謂れはありません」

L「これからの捜査が進めばさらにキラへ近づいていきます。今後もこの事件から降りると言った方々は夜神局長の判断で外すなりの対処をお願いします」

総一郎「……わかりました」

L「では、捜査段階を次のステップに進めたいと思いますのですが、よろしいでしょうか?」

総一郎「次のステップですか……?」

L「はい。キラが関東圏内に潜んでいる事は判明しましたので更なる絞込みを行なっていきます」

総一郎「!」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:50:30.51 ID:qrunuIYt0
L「具体的に言いますと、様々な情報媒体に私の用意した顔も名前も割れていない犯罪者の情報を各地域ごとにテレビ、新聞、週刊誌等に載せていきます」

L「全ての犯罪者情報がどの情報媒体から発信したのか、日にち、時間、場所それを全て管理し、死亡していく犯罪者情報と照らし合わせていきます。死亡する犯罪者はネットにもどこにも情報が漏れていない犯罪者ですので、犯罪者情報が開示されてすぐに死亡した場合、その地区にキラがいる可能性が高い。それを繰り返してキラの居場所を絞り込んでいきます」

総一郎「顔も名前も割れていない……そんな犯罪者はそう多くは……」

L「ICPOの協力は取り次いであります。またFBIやCIA、各国捜査機関からも協力していただいています。数百人単位で犯罪者をストックできました」

総一郎「そ、そうですか……いえ、待ってください! L!」

L「どうされましたか?」

総一郎「前回もそうでしたが、あなたのやり方は人の命をまるでゲームの駒のように扱っているように見えます! 犯罪者といえど人の命なのですよ?」

L「わかっています。ですが現状キラについて分っていることが少なすぎて手の打ちようも同じように少ない。闇雲に捜査をしていても絶対にキラにたどり着くことは出来ない。そのあたりは私よりも夜神局長が理解されていると思いますが……」

総一郎「そ、それは理解しています……」

L「私のやり方は確かに夜神局長や捜査本部の方々にとって眉をひそめるようなやり方だという事は承知しています。ですがキラの情報を一つでも多く手に入れねば行なえるやり方が限られてしまう。納得していただけないかもしれませんが、キラの情報が増えていけば私もこのようなやり方ではなく捜査本部の皆さんにも納得していただけるやり方でキラを追い詰めたいと思っています。ですので今、この状況では、私のやり方に協力いただくようお願いできないでしょうか」

総一郎「…………わかりました」

L「ありがとうございます」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:51:25.69 ID:qrunuIYt0
粧裕の部屋


リューク「なあ、粧裕」

粧裕「どうしたのリューク?」

リューク「結構前にお前に付きまとっていたストーカー、あいつ結局なんだったんだ?」

粧裕「わかんないよ……あの人と一緒にいた南空ナオミさんって人を調べたけど、特に何も出てこなかったし」

リューク「お前がストーカーのストーカーをした次の日にはいなくなっていたもんな」

粧裕「リュークの勘違いだったんじゃないの?」

リューク「あー? 確かにお前に付きまとってたように見えたんだけどなー?」

粧裕「あれから姿を見てないんでしょ? だったら勘違いだよ」

リューク「そうなのか? まあそうなんだろうな」

粧裕「そんな昔の話は置いておいて……」

リューク「お? どーした?」

ガチャッ、テクテクテク
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:52:01.70 ID:qrunuIYt0
粧裕「お兄ちゃーん!」ガチャッ ライトノヘヤニシンニュウ

月「どうした粧裕?」

粧裕「どうしたじゃないでしょ! 今日センター試験でしょ? 何でまだ家にいるの? 遅刻じゃないの?」

月「ああ、大丈夫さ。今家を出ても試験会場に着くのは30分も前になるからね」

粧裕「……30分って結構ギリギリでしょ?」

月「3分前に入ろうと思っているから大丈夫さ」

粧裕「す、すごい余裕だね」

月「まあね」

粧裕「さすがはお兄ちゃん……って、電車が遅れたりするかもしれないでしょ! もう出発しないと駄目だよ!」ライトノテヲツカミ

月「っと……おいおい、大丈夫だって」

粧裕「大丈夫じゃありませんー。とっとと家でて試験会場に向かう!」

月「わかったわかった……しかし最近、粧裕は母さんに似てきたな」

粧裕「そう?」

月「そうさ、前までは本当に子供って感じだったけど、ここ最近ずいぶんしっかりしてきた」

粧裕「……」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:52:33.79 ID:qrunuIYt0
月「勉強も頑張っているし、母さんの手伝いも言われなくてもやってる。こうやって僕の心配までするようになって本当に昔の粧裕とは違って……」

粧裕「……あたしを褒める前にお兄ちゃんはさっさと試験会場に行ってくださーい。おかーさーん! お兄ちゃんでかけるってー!」

幸子「あら、まだ出かけてなかったの!?」

粧裕「お兄ちゃん、会場に3分前に入ろうとしてたんだって」

幸子「ちょ、ちょっとライト! 電車とか遅れたらどうするの!? 遅刻なんてしちゃったら……」

月「はいはい、わかってるよ。粧裕からもう注意されたから大丈夫、余裕を持って行くから」

幸子「本当にこの子ったら……しっかりね!」

粧裕「お兄ちゃん、頑張ってねーーー!」

月「まだただのセンター試験なのに大げさだな……行ってきます」

粧裕(それから数ヶ月、あたしはキラとしての裏の顔を誰にもばれずに犯罪者殺しを続けた)

粧裕(だけど、この春、お兄ちゃんが大学生になって、あたしが中学3年になってすぐにある事件が起きた)
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 00:52:46.88 ID:+jkMeNiGo
超能力者相手に普通の捜査じゃムリがあるもんな…
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:53:41.18 ID:qrunuIYt0
粧裕の部屋


粧裕「…………何、これ?」テレビギョウシチュウ

粧裕「キラからのメッセージ……? 4本の……ビデオ?」

リューク「お前こんなことやってたっけ?」

粧裕「やってないよ! 一体何なのこれは!?」

『つまり私達はキラの人質であると共に報道人の使命を受けこの報道をするものであり、決して嘘や興味本位でこのテープを放映するものではないという事をご理解ください』

『四日前、当番組ディレクターに送られてきた4本のテープそれは間違いなくキラから送られてきたものでした』

『1本目のテープには先日逮捕された町葉青一・青次両容疑者の死亡日時予告が入っていました。そしてその予告通り昨日19時にこの二人が心臓麻痺で亡くなったのです』

粧裕「……あたしじゃない、そんな人達書いていない」

リューク「ククッ、面白い事になってきたじゃねーか」

『こんな事はキラにしかできない。これはキラから送られてきたものだと私達は判断しました』

『そしてキラは今日の午後5時59分ちょうどからこの二本目のビデオを放映する様、指示しているのです』

『我々もまだ見ておりませんが、テレビを御覧の皆様にまたキラだと証明する予告殺人と世界の人々に向けてのメッセージが入っているとのことです』

粧裕「予告して心臓麻痺……まさか」

『では5時59分です。御覧下さい』
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 00:54:10.64 ID:TZH/XSzH0
ついに第二のキラが出たか…
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:54:24.14 ID:qrunuIYt0
『私はキラです』

粧裕「!!」

リューク「ウホッ」

『このビデオが4月18日午後5時59分ちょうどに流されれば、今は午後5時59分38・39・40秒……』

『チャンネルを太陽テレビに替えてください。メインキャスターの日々間数彦氏が6時丁度に心臓麻痺で死にます』

粧裕「……」ピッ キリカエ

リューク「おー、死んでるな」

粧裕「……」ピッ チャンネルモドシ

『日々間氏はキラを悪だと主張し報道し続けてきました。その報いです』

粧裕「リューク…………これは一体どういうこと?」ギロリ

リューク「お、おう、睨むな」

粧裕「明らかにデスノートでしょ!? 他にもノートを落としていたって事!?」

リューク「い、いや違うぞ。俺じゃない、多分別の死神だ」

粧裕「別!? そんなの……」

『一人では確実な証明になりません。もう一人犠牲になってもらいます』

粧裕「!!」

『ターゲットは……私を悪とし好き勝手に自分の理論を垂れ流していた愚かな探偵』



『リンド・L・テイラー……探偵Lに死の裁きを与えます』
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 00:56:19.97 ID:+jkMeNiGo
これは怒りそうだな。さゆはまっとうな性格だし
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/07(木) 00:56:30.02 ID:qrunuIYt0
また書いてきます。
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 00:57:38.57 ID:TZH/XSzH0

色んな意味でここの粧裕とミサは相性が悪そう
ノートの存在がバレる可能性があるし、そもそもミサはキラに近づくために罪がない人殺しているしなー……
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 01:29:58.63 ID:X6MMkNflo
偽名にした犯罪者は元々死んでなかったのをLはどうやって裁かれてないってわかったんだ?
ワイが読解力無いだけかもしれんが
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 04:09:10.58 ID:+SoUX0UkO
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 07:08:12.32 ID:L19PsUMjo
おつ
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 09:14:25.30 ID:LkrrQdpV0
盛り上がってきた!
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 13:29:45.25 ID:TBn26lFKo
>>149
それまでは本名→死亡 偽名→放置だったのが
本名→死亡 偽名→他媒体から本名探して死亡に
但し偽名のみで本名が分からない場合は裁けてない
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 09:44:05.49 ID:GeOl40L70
ここの粧裕はバカじゃないけど、ミサの日記の真意に気が付くかなぁ……
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 10:29:52.17 ID:uRq7349Oo
是非ミサを論破してほしいわ
自分は家族殺されてるくせによく平気で人の家族殺せるもんだよ
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 12:10:03.56 ID:qR5Kxusf0
いいね面白い
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 21:41:28.77 ID:WIXCaC200
>>155
映画版だとマジギレして
ミサを一時停止させてるからな粧裕
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 09:45:23.55 ID:pe43dRShO
完全に殺害対象なんだが見つけられるんだろうか
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 16:28:36.10 ID:uyy4KF4s0
見つけたとしてどうするか?
粧裕は女だから、崇拝はあっても恋愛感情は湧かないだろうから利用できないだろうし、そもそも利用しなさそう。
かといって殺したらレムに殺されるし。
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:37:55.09 ID:44FvTRHp0
凶悪犯連続殺人特別捜査本部


L「リンド・L・テイラーが死亡しました」

刑事「リンド・L・テイラーって確かLではなくて死刑囚の男だったよな?」

刑事「あ、ああ。Lがキラを挑発するときにいつもLの代わりに顔を出していた男だ……」

刑事「そ、その男が死んだって……」

総一郎「そ、それではこれは本当にキラが!?」

L「……キラ、なのか? テイラーは死んだ……しかし私は生きて……いや、それよりも世界の人々に向けてメッセージを流すと言っていたな……」

L「この放送、止めさせないとまずい事になる」

総一郎「!」

松田「さくらTVへ電話を……だ、駄目だ、局のどこにかけても電話中……」

刑事「局内の知り合いの携帯は……くっ、電源が入っていない!」

刑事「くそっ! 俺が直接局に行って止めさせてやる!」

松田「宇生田さん!」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:39:12.09 ID:aHThO4CE0
モブ化と思ったら宇生田かよwwww
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:39:16.22 ID:44FvTRHp0
『探偵Lは私を捕まえると明言し、私を悪と決め付け私の行動を否定し挑発行為とも取れる報道を繰り返しました』

『警察関係の方々からL死亡の発表が近日中にあるでしょう。私は私を捕まえようと行動する人間や私を否定する人間を許しません』

L(……こいつ)

ざわ…… ざわ……

刑事「お、おい。捕まえようとする人間も殺すって……」

刑事「だ、大丈夫だ。Lの指示でもう俺達は名前が偽名の警察手帳を持っている」

刑事「そ、そうだ。キラの殺人に必要なものは顔と名前、名前さえ分らなければ……」

『ですが私は決して警察を敵だと考えていません。味方だと考えています。……私を捕まえようとしない限りは』

『私の理想は世界の警察と共に悪の存在できない世界を作り上げること。警察が私に協力してくれればできるのです、心の優しい人間を主とした世界を作り出すことが』

L「……」

刑事「ひ、人を殺しておいて作り上げる世界が何だって言うんだ!?」

刑事「ああ! こんな詭弁聞きたくも無い!」

L「……夜神局長、さくらTVにコンタクトはまだ取れませんか?」

総一郎「駄目です! もう意図的に外部からの連絡を遮っているとしか!」

L「……では他の放送局にすぐにでも依頼をかけてください。内容は探偵Lが世界の人間に向けて発するメッセージ……そんなところでしょうか。私が出演しキラに私はまだ生きているという事を理解させます」

総一郎「なっ!?」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:39:46.81 ID:44FvTRHp0
L「無論顔は隠して出演します。テイラーが死亡したことからも、キラ……いえ、このキラは自分にたてつくものを殺します……このキラの次の行動は恐らく警察を脅して協力させる、警察庁長官の命や海外の警察幹部の命を盾に協力させようとしてくるものだと思います」

L「その前に私がまだ生存していることを明かし、キラの注意を私に引く。キラの行動は4本のテープに録画されているでしょうから、すでに録画をしている以上これからの行動が変わることはない……ですが私が生きていると言う計算外がおきたとき、このキラが送ったという残り2本のテープは無意味なものに変わる可能性があります。そうなれば更にキラは動かざるをえなくなる」

L「今放映されている分のテープの影響も、私が出演することによって世間への影響をかなり小さくすることが出来るでしょう……!!」

『番組を変更し、さくらTV前からの生中継をお送りすることにいたします』

『今、さくらTV前で倒れた人物がいるとの情報が入りました!』

刑事「!! 宇生田!?」

刑事「お、おい!? どうなってるんだ!? 宇生田さんも偽造手帳を持っていたよな!?」

刑事「た、倒れて……殺されたのか?」

刑事「く、くっそ〜〜〜! キラか!?」

総一郎「ま、待つんだ。全員落ち着くんだ!」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:40:22.38 ID:44FvTRHp0
L「はい。皆さん冷静になってください。……相沢刑事も待機をお願いします。今、何の準備もせずにさくらTVへ行くと殺されます」

相沢「え、L! 何を言っているんだ!? 宇生田が殺されたんだ! このまま指をくわえて見ていろって言うのか!?」

L「冷静になってくださいと言っています。宇生田刑事がキラにやられたとしたらあそこに行けば同じ目に遭います。……可能性としてキラの力が増えた……か、このキラには顔だけでも殺せるのかも知れません」

L「そして、宇生田刑事は他局にさくらTV前が映される前に殺された。つまりキラはあのテレビ局内、もしくは局に入るものを監視できる所に居る……それか自分で監視カメラをつけて映像を見ているのかもしれません」

相沢「キラがあの周辺に居ると思うなら余計行くべきじゃないか!!」

L「ですから、冷静になってください。のこのこ出て行けば殺されるのです。行くのならば相応の準備を行なってからです」

相沢「!!」

L「夜神局長、護送車数台とさくらTVへ向かう警官隊には絶対に姿、特に顔が見えないように特殊加工のヘルメットを支給して現場へ急行させてください」

総一郎「分りました! 各員、それぞれの班に分れ準備を行なう! 緊急だ!」

L「報道班の皆さん、他局への根回し如何でしょうか?」

報道班「NHNと交渉が済みました! 回線廻せます!」

L「ありがとうございます」
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:41:05.06 ID:44FvTRHp0
粧裕の部屋


テレビスマホドウジシチョウチュウ

粧裕「何、これ……一体どうなって……」

リューク「クククッ」

粧裕「コメンテーターの人、探偵の人、スーツを着た人、警察の人二人……計5人も殺されて……」

リューク(5人もって、お前は今日どれだけ殺したんだよ?)

粧裕「一体何を考えて……!?」

『番組の途中失礼します。この放送を見ている日本の皆様、そしてキラ……』

リューク「あん? なんか始まったぞ?」

『私はLです』

粧裕「え!? さっき殺されたはずの探偵の!?」

『キラ……おまえは先ほど私を殺したと宣言していたが、残念ながら私は生きている』

粧裕「な、何?」

リューク「おー?」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:41:51.70 ID:44FvTRHp0
『不思議に思っているか? そうだろう、お前は私を確実に殺したと思っているはずだ。お前の殺しの能力も確実に発動している、しかしそれは私ではない』

『お前が殺した男は、リンド・L・テイラー、テレビやネットでは報道されていない警察が極秘に捕まえた犯罪者であり死刑となる予定だった男だ』

粧裕「!」

リューク「ん? つーことはなんだ? 身代わりってやつか?」

『だがLという私は実在する』

粧裕「……この人」

『さあ! 私を殺してみろ!!』

『どうした!? できないのか!? そうだろうな、お前の能力では私は殺せない、それは分っていた』

リューク「ほほー」

『そしてもう一つ……あえてお前の事をこう言おう』

『キラの犯行を模倣する模倣班……第二のキラ!』
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:42:29.09 ID:44FvTRHp0
粧裕「っ!?」

リューク「おお!?」

『そしてキラにも告げる。今回罪も無い人々が死んだ最大の原因は……お前だ!』

粧裕「……」

リューク「ククッ、だってよ」

『キラ、第二のキラ、お前達は殺人犯であり、許すことの出来ない……悪だ!!』

粧裕「……」ギリッ

リューク「お、どうした?」

粧裕「あの探偵さんの言葉を借りて、第二のキラって呼ぶけど……第二のキラを何としてでも見つけ出してやる……」

リューク「おー、気合入ってるな」

粧裕「……」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:43:11.86 ID:44FvTRHp0
粧裕(気合? そんなのじゃない)

粧裕(どう見てもデスノートの犯行、そしてあの探偵が言うように第二のキラの犠牲者はあたしのせいで生まれたようなもの……)

粧裕(何としてでも見つけ出さないといけない……そして第二のキラの真意も聞き出さなければならない……)

粧裕(第二のキラも……あたしと同じようにノートを使ってしまってもう後戻りが出来なくなっているのか……)

粧裕(この死神のように人間に使わせるためだけに落としたものを拾って使ってしまった……ある意味犠牲者なのか……)

粧裕(はっきりさせないといけない。このノートの所有者として……そして、キラとしてこのノートを使っている者として……)

粧裕(絶対にあたしが第二のキラを見つけ出す)
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:43:45.39 ID:44FvTRHp0
さくらTV近くの建物


???「うっわー、すっごくでっかい車が何台も来たよ、レム」

レム「そろそろここも離れたほうがいいんじゃないのか?」

???「そうだね。でもあのLってのムカツク〜〜〜いっつもいっつもキラのこと悪者扱いして!」

レム「まさか偽者だとは思わなかったな」

???「それ! あいつズルいよ! 顔出しといて実は死刑囚でしたーってズルもズル! わかるわけないじゃん!」

???「もー、面倒くさいけど、今回送ったテープは無しにして、明日またあのLってのを殺すためのテープを送りなおさないといけないなー」

レム「ミサ……お前本当にわかってるのか? 捕まるかもしれないし、何よりキラという人間に殺されるんじゃないのか?」

ミサ「大丈夫だよ。捕まらないように気をつけてるしー、キラはきっと純粋な子には優しいし、いざとなったら目を持ってるミサのほうが強いもん」

レム「そうか……」

ミサ「待っててねー、キラはミサが見つけてあげるんだから!」
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:44:36.34 ID:44FvTRHp0
Lの部屋


L(今回の犯行は、恐らく今まで犯罪者を殺していたキラとは別の人間の犯行……)

L(しかも今回の犯人は顔だけで殺せる可能性が高い……)

L(確証は得ていないが、さくらTVより回収したテープを確認すれば今回の犯人がキラと同一人物かそうでないかは分るだろう)

L(絞込みを行なっていたキラの居場所も東京都内と判明し、更に今回のこの第二のキラの行動)

L(今まで不動だったキラも、今回は何らかの行動を起こす可能性は高い)

L(キラが行動を起こさないにせよ、私のテレビ出演で第二のキラは私を殺そうと何らかの行動を起こすだろう)

L(第二のキラの行動……何もせずとも動くこいつをどれだけ動かすことが出来るか……)

L「鍵は第二のキラ、か」
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:45:05.48 ID:44FvTRHp0
月の部屋


月「……」

月「ついに、犯罪者以外の犠牲者が……」

月「しかも都内で……」

月「僕の行動できる範囲内で……」

月「…………」

月「キラ事件……」

月「捜査本部の情報があれば……」

月「…………」
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/10(日) 00:45:53.05 ID:44FvTRHp0
また書いてきますよー。
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:47:25.78 ID:aHThO4CE0

月も動くようだけど、どうなることやら……
そして原作と違って捜査本部はまだ縮小になっていないけれど、今回の事件で原作みたいにならないことを祈る(偽造手帳が無意味になったので)
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:53:39.09 ID:6wWQt/Ixo
十中八九今回の件で縮小されるだろう
顔だけで殺せるなんて危なすぎるし

粧裕はミサに会ったらどうするかな。経歴が経歴だしやっぱり同情しちゃうんだろうか。毅然としてほしいが
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:57:49.57 ID:J5/3CWUpo
ミサはさくらTVに送った封筒に髪の毛残ってるし
自宅に封筒出す為に移動に使った新幹線の切符あるしで
もうこの時点で月の存在がなかったらキラ確定&逮捕で一生監禁まで一直線なんだよな
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:58:05.48 ID:aHThO4CE0
月のことだからミサが粧裕と友達になったりしたらすぐに怪しく思い疑うと思う
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 01:06:17.35 ID:8LLjb8sWo
乙ー
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 07:23:57.22 ID:KQ1ely920

徐々に粧裕の中でLが正義なのか疑いが芽生えてきてる気がするな...
まあL自身外伝で「今の法で善悪を計るなら私も沢山の悪を犯している悪人です」と言ってるししょうがないけどね
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 07:25:31.90 ID:r1l96H8uo

しかしよくもまあ主人公を粧裕にしただけのものをここまで面白く書けるな
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 09:11:22.00 ID:jM5hXNC20
おつ

挑発の意味もあるのかもしれないけど
第二のキラが罪のない人を殺したのは粧裕のせいって言い方はちょっと粧裕が可哀想だ
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 17:15:51.86 ID:mK7z335XO
罪があろうがなかろうが人間を数百数千と殺した顔も見えない殺人犯が可哀想と思うわけがない
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 18:05:17.07 ID:3ZTUc8vr0
白月とLのマジモンタッグを見れるかもと思うと胸熱
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 19:22:47.65 ID:aHThO4CE0
公式ガイドブックで「もしもデスノートが月の前に現れなかったら」で月とLが手を組んでいたかもしれないって書かれていたしなぁ…
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/11(月) 00:20:50.18 ID:k1s7gDzl0
粧裕の部屋

メッセージ放映翌日 早朝4時


粧裕「……」コソコソ

リューク「こんな時間にどこ行くんだよ?」

粧裕「……」クチモトニユビオサエ

リューク「はいよ。黙って着いて行くとするか」

粧裕「……」コソコソコソ カチャ
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/11(月) 00:21:55.38 ID:k1s7gDzl0
家から離れた森林公園


粧裕「入り口から真っ直ぐ歩いて、突き当たる大きな木の下……このあたりでいいかな……人気もない……よし」

リューク「おーい、何してんだよ?」

粧裕「結構賭けになるけど、第二のキラに向けてあたしもメッセージを送るの」

リューク「あ? お前もテレビに出るのか?」

粧裕「違う、リュークに聞いたノートの効力と使い方……色々考えてみたけど一番手っ取り早くてあたしに最もたどり着きにくいって思えるメッセージの出し方を考えたんだ」ガリガリガリ

リューク「地面に何書いてんだ?」

粧裕「第二のキラに送るメッセージ」ガリガリガリ

リューク「???」

粧裕「よし、できた」ガリッ

リューク「何々?『私はキラです。昨日さくらTVで放映されたビデオの主とは違い、本物のキラです。私と同じ能力を手に入れてしまった第二のキラに告げます。もう能力を使うのは止めてください。これ以上貴方が死すべき人間以外を殺すようなら、私も貴方を殺さざるを得なくなる。同じ能力を手に入れてしまった貴方を出来れば殺したくない。私の願いを聞き入れていただけることを祈っています』……何だこりゃ?」

粧裕「見ての通りだよ。多分このままだと第二のキラは次々に凶悪犯以外の死ぬべき基準を超えてない人達も殺していくだろうから、それだけは止めたい」
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/11(月) 00:23:20.64 ID:k1s7gDzl0
リューク「ほー、でもこんな場所に書いてどうすんだよ? 第二のキラがここに来るのか?」

粧裕「ううん、ここに来るのは…………ノートに書き込む凶悪犯」ペラ カキカキカキスラスラスラ

リューク「お? あー、なるほど……『恐田奇一郎 心臓麻痺 4月19日午前6時00分 東京都○○区○丁目○○公園正面入り口から入り真っ直ぐ直進し突き当たりの大きな木の根元に書かれている土文字を確認し、土文字を覚えたら自分が行なえる最大限、身元が分らないように各テレビ局に10通ずつ土文字と同じ文の手紙を作成後投函し、100通投函完了後1000歩歩いて死亡』 犯罪者を使ってメッセージを送るわけか」

粧裕「うん。1人だけじゃなくて10人くらい同じ様に操る予定。10分おきでこのメッセージを見るように設定してみて、最後の一人にはこのメッセージを消して立ち去るって追加する。土に書いた文字だから証拠も出てこないし、手紙自体はあたしが出すわけじゃないから絶対にあたしまでたどり着けない」

リューク「ククッ、なるほどな……だけど手紙を送るだけでお前からのメッセージだってテレビ局の人間は信じるのか?」

粧裕「信じないでいたずらだって判断されるかもしれないけど……あのテレビ局なら絶対にこの手紙を見たら放送するだろうね」

リューク「あのテレビ局?」

粧裕「さくらTV」
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/11(月) 00:26:30.33 ID:k1s7gDzl0
リューク「ああ、昨日やってたところか!」

粧裕「さくらTVはキラ関係なら何だって放送しているから、この手紙もまず間違いなく放送されるはず。差出人が分らない手紙が沢山届いて、全部同じ内容、それがキラからのメッセージ、絶対に放送すると思うよ。早ければ今日の夜にでも」

リューク「ああ、沢山書かせて送るってそういう事か」

粧裕「沢山書かせるのはそれだけじゃないよ。警察の目を誤魔化すためでもあるんだ」

リューク「あ?」

粧裕「第二のキラ、テレビ局にテープを送ってるでしょ? あたしと同じような方法で絶対にばれない方法を使ってるならいいけど、もしそうじゃない場合、ビデオテープっていうとんでもない物的証拠が警察の手に渡ってる……」

リューク「ビデオテープくらいで……」

粧裕「くらいじゃないよ。日本警察は本当にすごいんだから、何も対策してなかったらあっという間に第二のキラは捕まる。絶対に。だから少しでもその確率を下げる為にあたしも沢山の物的証拠をわざと警察に見つかるようにする。……絶対にあたしにたどり着けない物的証拠を大量にね」

リューク「ククッ、お前みたいなやつを何ていうんだっけ? 石橋を叩いて渡るやつだっけ?」

粧裕「あたしは自分で作った橋じゃないと信頼できない……ううん、これからはちょっとのミスが命取りになるんだから……本当に慎重に行かないと」

リューク「ククククッ、面白くなってきたな」

粧裕「……後は、ノートの効果がうまく発揮されれば……」
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:27:22.66 ID:cDDDtwKo0
ミサは本当にバカだったなー。粧裕の方がまだ賢いわ
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/11(月) 00:27:28.79 ID:k1s7gDzl0


ミサの部屋


ミサ「うっそー!」

レム「どうした?」

ミサ「ミサがキラに送るメッセージ作る前にキラが返事をくれた!」

レム「……もうデスノートを使うなと言っているな」

ミサ「ミサも返事返さないと! さーっ、ビデオとテープを用意してー♪」

レム「……」

ミサ「何て返事しよっかな〜〜〜〜」
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/11(月) 00:29:16.55 ID:k1s7gDzl0
また書いてきます!
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:30:32.59 ID:OaJ3nilFo
流石警察官の子供だ。慎重だな
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:31:46.03 ID:cDDDtwKo0
ミサは本当に何考えてテープ送ったんだろう?
やっぱり原作でLが言ったように「押収されることを考えていなかったのかもしれません」のかな?
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:34:28.76 ID:OaJ3nilFo
単純に指紋と出すポストさえ気を付けたらわからないと思ったんだろう
子供だしそんなもんだと思うよ
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:37:01.32 ID:pICs8LtBo

前々から思ってたけど原作に比べて粧裕が賢すぎる
月と血が繋がってるから地頭は良くて原作ではそれを活かしてなかっただけって解釈することもできるけど
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:39:29.97 ID:cDDDtwKo0
>>194
月は「勉強もできて頭が切れる」だけど、実際は勉強ができる≠頭が切れるだからな
あとあの両親があまり頭が良さそうに見えないけど……(髪の毛の色も違うしね)
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:56:12.45 ID:VCDyzuqpO
原作と本人の置かれてる状況ちがうしな
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 01:28:31.19 ID:uU59TVnXo
なんでだろうミサが原作よりも頭悪そうに見える
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 02:42:57.94 ID:ztcZ5/7ro
乙ー
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 06:54:22.17 ID:G5ebetjVo
原作でも大学生時代の粧裕は一般人よりはしっかりしてる
メロに誘拐されて救出された時も状況をスラスラ言えるぐらい
刑事の娘だからって普通はこうはならん。
地頭の良さと度胸に、警官の父や兄を敬愛してるから身についてる事だろう
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 09:25:44.59 ID:6FkbdovnO
ライトがテロリストに捕まったトラウマで廃人化する可能性
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 10:04:32.38 ID:cDDDtwKo0
海砂は粧裕に出会ったらどんな反応するだろうか?
一応、この時期の海砂は19歳だから粧裕より5歳上なんだよね……
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 13:40:22.62 ID:3g4NNgId0
月の彼女として紹介されたときは好印象だったよな
もちろん第二のキラとは知らなかったが
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 17:02:52.06 ID:SI+Bb5rCO
第一印象は悪かったけど次にはたらしこまれてた母と妹

ミサは基本的に同性受けがいい
モデル稼業は天職だと思う
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 17:15:22.26 ID:79t5w3Aqo
旬の芸能人連れてこられて嫌な顔する人はいないだろう
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 22:58:36.84 ID:QAyGXuB/o
夜神邸初訪問の時は旬って程でもない。大学生中心に知名度あるけど粧裕の年代では
実際に訪問したときに「もしかしてミサちゃん!?」とはならずパンツ見えちゃってるよ・・・だし
次の時はちゃっかりサイン貰ってたあたりお兄ちゃんの彼女ってことでググったんだろうなと思うと微笑ましい
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/15(金) 01:02:25.58 ID:s80MYf8Q0
2006年版の映画ではミサはテレビに出るほどで、ミサの訪問ではお母さんと共に「ミサミサよ!」と喜々していたがな
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/15(金) 01:23:35.28 ID:FPOZOcAxO
映画しか見てないって人もいるだろうけどここで言う原作って漫画のことだから大多数は漫画を思い浮かべると思う
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/15(金) 13:11:22.12 ID:s80MYf8Q0
>>207
ごめん。自分は「映画では」ということを教えたかっただけ。不愉快にしたらごめん
原作でも女優だけど知名度は一部では高くないのね……
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:25:28.60 ID:s4wJs2r1O
一週間更新ねえな
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:59:07.36 ID:Br+vgDS+0
名前…書かれたね
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 10:21:50.99 ID:Nuq4gQHiO
エタったな
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 21:30:53.26 ID:oyBHba2J0
待ってるよ
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/02/09(金) 02:08:31.27 ID:b/x5izVm0
はよかけ
110.85 KB Speed:2.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)