御子柴実琴「ついにダブルキャストをクリアしたぜ!!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:01:31.95 ID:CIB6gjW40
御子柴「達成率100%……ここまで来るのに長い月日を費やした甲斐があった!!」

御子柴「ギャルゲーというよりはアドベンチャーだけど……ヒロインが可愛くて思わず買ったんだよな……何ヶ月経ったかな……」

御子柴「けどやっぱ……どんなに古いゲームでも……面白え物は面白えな!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1512216091
2 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:02:44.89 ID:CIB6gjW40
※このSSは月刊少女野崎くんとダブルキャストのクロスSSです。
また、ダブルキャストのネタバレ、月刊少女野崎くんのネタバレを含みます。
3 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:03:43.26 ID:CIB6gjW40
御子柴「やっぱ美月……いや、志穂はすげー可愛いな」

御子柴「本物の美月はちょっと病んでるからな……俺は苦手だな」

御子柴「それにしてもバッドエンドの中にあんなこえーやつがあるとは思わなかったぜ……」

御子柴「……!!」ゾクッ

御子柴「やべえ、あのシーンはもう思い出したくもねぇ……」

御子柴「……つーかもうこんな時間か」

御子柴「明日は朝早くから野崎ん家に行ってアシスタントするんだったな……もう寝るか」















御子柴「……ふあーあ」

御子柴「……寝すぎたな」

御子柴「……!!」

御子柴「やべっ!! もうこんな時間じゃねえか!! 早く起きねえと!!」

御子柴「……ん?」

御子柴「……あれ、変だな。 なんでスマホの時間、1998年になってるんだ?」

御子柴「俺、いじった覚えねぇけどな……」

御子柴「……まぁいいや、直しておくか」
4 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:04:21.30 ID:CIB6gjW40
御子柴「母さん、朝ごはんは……」

シーン……

御子柴「……?」

御子柴「あれ……父さんも母さんも……ノアもいねえ」

御子柴「……」

御子柴「俺が寝てる間に出かけたのか?」

御子柴「……まあいいや、取り敢えず早く着替えて野崎ん家に行かねーとな」














御子柴「野崎わりい、遅れ……」

??「ベタできたよー!!」

野崎「ああ、ありがとう」

御子柴「!!!!!!?」
5 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:05:02.79 ID:CIB6gjW40
御子柴(おいちょっと待て、誰だ今の女の声!?)

御子柴(……けどこの声、どっかで聞いたことがある気がするな……)

野崎「美月、次はここにベタしてくれ」

御子柴「!!!!!!!!?」

御子柴(おい……嘘だろ?)

御子柴(……いや、兎に角まずはリビングの扉開けねえと何も分かんねえ!!)

ガチャッ

御子柴「野崎!!」

御子柴「……!!!」

??「あれ、誰?」

野崎「! 御子柴か、おはよう」

御子柴「……」
6 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:05:47.58 ID:CIB6gjW40
御子柴(今、俺の目の前にいる女……)

御子柴(赤い髪の毛……あの眼……あのスタイル……この声……)

御子柴(間違いねえ……ダブルキャストのヒロイン、赤坂美月!!)

御子柴(なんでだよ……なんで空想の女の子が現実にいるんだよ……)

御子柴(なんで野崎のアシスタントやってるんだよ!!!?)

野崎「紹介する美月、俺のアシスタントをしてる御子柴だ」

美月「よろしくねー!」

御子柴「……」
7 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:06:25.58 ID:CIB6gjW40
御子柴「……なぁ野崎、その子とはいつ会ったんだ?」

野崎「ついこの間だ。 俺が漫画の作業で徹夜し過ぎた所為で外で倒れてしまったところを彼女に助けてもらったんだ」

御子柴「!!」

野崎「信じられないかもしれないが彼女は記憶喪失でな……唯一名前だけ覚えてたんだ」

野崎「どこに帰ればいいのかも分からないから暫くの間、俺の家でアシスタントをする事を条件に俺の家に居候する事になったんだ」

野崎「しかし美月がこんなにベタが上手いとは思わなかった」

美月「もしかしたらボク、漫画家だったのかもねー」

御子柴「……」
8 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:07:09.62 ID:CIB6gjW40
御子柴「……なぁ野崎」

野崎「なんだ?」

御子柴「お前が倒れてた場所ってよ……ゴミの中か?」

野崎「!! よく分かったな……」

御子柴「そんでよ……その後にコーヒー奢ったろ?」

野崎「!!!? な、なんでそこまで分かったんだ?」

御子柴「か、勘だよ勘……」

美月「すごーい!! もしかしてキミ、エスパー!?」

御子柴「い、いや……そういうんじゃ……」

御子柴「……」

御子柴(ゴミの中で倒れたのも……その後にコーヒー奢ったのも……)

御子柴(……ダブルキャストの主人公と一緒じゃねえか!!)
9 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:07:53.75 ID:CIB6gjW40
御子柴(なんだよこれ……一体どういうことなんだよ!?)

御子柴(もしかしてアレか!? 俺をはめる為のドッキリか!?)

御子柴(美月そっくりの人を見つけて……それで境遇までまんま同じの設定にして……)

御子柴(そうだ!! そうに違いねぇ!!)

御子柴「……おい野崎、俺はもうドッキリだって分かってるぜ?」

野崎「ドッキリ……?」

御子柴「とぼけんなよ、もしもゲームのヒロインが現実にいたらっていうドッキリだろ?」

野崎「ゲームのヒロイン……?」

美月「えっ、何。 ボク、二次元の人扱いされてるの?」

野崎「そうらしいな」

美月「やっだなー、いくらボクが美人だからって……」

御子柴「……いや、もう演技はいいからよ……そろそろ種明かししてくれよ」

野崎「種明かしも何もドッキリなんてやってないんだが……」

御子柴「……!!」
10 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:08:28.35 ID:CIB6gjW40
御子柴(待てよ……よく考えたら俺……野崎にダブルキャストやってるなんて一言も教えたことねぇ)

御子柴(いつも野崎ん家に泊まる時は違うギャルゲーやってたからな……)

御子柴(……)

御子柴(……いや!! だとしてもこの状況はあり得ねえだろ!!)

佐倉「お邪魔しまーす!!」

美月「あ! 千代ちゃんの声だ!!」

御子柴「!」
11 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:09:26.56 ID:CIB6gjW40
野崎「おはよう佐倉」

佐倉「おはよう野崎くん!!……あっ!! 美月さんとみこりんもおはよう!!」

美月「おはよー」

御子柴「!!?」

佐倉「……みこりん?」

御子柴「さ、佐倉……初対面じゃねえのか?」

佐倉「違うよ?」

野崎「美月のことを知ってるアシスタントは佐倉だけだ。 背景の人とトーンの人は美月がうちに来てからはまだアシスタントに来てないからな」

御子柴「……」
12 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:10:00.44 ID:CIB6gjW40
御子柴「な、なぁ美月さん」

美月「?」

御子柴「……本当に赤坂美月なのか?」

美月「うん、名前だけは覚えてるよ」

御子柴「……志穂」

美月「へ?」

御子柴「本当の名前は……赤坂志穂じゃねえのか?」

佐倉「みこりん……?」
13 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:10:37.90 ID:CIB6gjW40
御子柴「あんたの身体には……赤坂志穂の人格が抑えられて……赤坂美月の人格と空想の赤坂美月の人格しかねぇんじゃねえのか?」

御子柴「それで本物の赤坂美月の人格になって……いつか野崎を殺す気じゃねえのか?」

佐倉「ちょ、ちょっとみこりん!? 何言ってるの!? 失礼だよ!?」

御子柴「俺だってこんなこと言いたくねぇよ!! けどよ……」

御子柴「目の前にいるのは……俺がやったゲームのヒロインそのものなんだよ!!」

美月「ベラベラと……」

御子柴「……!!!」

美月「喋りすぎなのよ!!!」

グサッ!!!
14 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:11:20.31 ID:CIB6gjW40
















宮前「ネタバレは良くないですね」

前野「うん!! その通り!!」













御子柴「……っは!!!」

御子柴「……」

御子柴「……ここは俺の家……」

御子柴「……なんだよ夢か」
15 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:12:52.14 ID:CIB6gjW40
御子柴「そうだよな、よくよく考えてみたらあんなことが現実にある訳がねぇ」

御子柴「きっとダブルキャストのやり過ぎで変な夢見ちまったんだな」

御子柴「……!!」

御子柴「……スマホがまた1998年になってる……」

御子柴「……夢と同じじゃねえか」

御子柴「……正夢か?」
16 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:13:58.09 ID:CIB6gjW40
御子柴「まぁいいや、起きるか……」

シーン……

御子柴「……ここも夢と同じだ、誰もいねぇ」

御子柴「……」

御子柴「……こええ」
17 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:14:32.09 ID:CIB6gjW40
御子柴「なんでだよ……なんでここまで夢とほぼ同じ光景なんだよ……こええよ……」

御子柴「……って、んなこと言ってる場合じゃねぇ……早く野崎ん家に行かねえとな」ダッ











御子柴「おーっすのざ……」

美月「ベタできたよー!!」

野崎「ああ、ありがとう」

御子柴「!!!!!!?」
18 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:15:14.53 ID:CIB6gjW40
美月「あれ、誰?」

野崎「! 御子柴か、おはよう」

野崎「紹介する美月、俺のアシスタントをしてる御子柴だ」

美月「よろしくねー!」

御子柴「……」

御子柴(あり得ねえ……あり得ねえ……)

御子柴(あり得ねえあり得ねえあり得ねえあり得ねえあり得ねえ!!)

御子柴(なんだよこれ……なんだよこれ!!)

ピタッ

野崎「……」

美月「……」

御子柴「!? 何止まってんだお前ら……?」

??「いい加減現実を認めた方がいいよ!!」

御子柴「!!!? だ、誰だ!!?」

前野「どーもー!! 前野でっす!!☆」

宮前「宮前です」

御子柴「!!!?」
19 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:15:54.22 ID:CIB6gjW40
御子柴「あ、あんたらは確か野崎の……」

前野「君はダブルキャストの世界に入っちゃったんだよ!!」

御子柴「は!!!!?」

宮前「グッドエンディングを迎えないと元の世界に戻れません」

御子柴「は!!!!!!?」

前野「あれ、まだ疑ってるのかな? 夢野先生が目の前で急に止まったのに? 僕達がいきなり現れたのに?」

御子柴「そ、それは……」

宮前「とりあえず自分達は君が死んだら助言するぐらいならできます」

御子柴「助言……」

御子柴「……そうだ。 俺、さっき美月に刺された時にあんたらが現れて……」

前野「という訳で頑張って!! あ!! 因みにこの世界に来たのは君だけだから!! 夢野先生達は悪魔でこの世界のキャラだからね!!」

前野「それじゃあ仕切り直し!! 最初から!!」

パァァァァァァァ……

御子柴「!!! 光が……」
20 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:16:42.26 ID:CIB6gjW40












御子柴「……!!」

御子柴「……また俺の家……」

御子柴「……」

御子柴「俺がゲームの世界に入ったなんて信じたくねぇよ……」

御子柴「けどよ……あんなん見たら……信じるしかねぇだろ……」

御子柴「こええよぉ……野崎ぃ……佐倉ぁ……」
21 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:17:47.51 ID:CIB6gjW40
御子柴「……」

御子柴「……いや待て」

御子柴「俺はダブルキャストをクリアしてるから……展開を知ってる……もしこれからこの世界がゲームと同じ展開になるんだったら……」

御子柴「……」

御子柴「これって……所謂強くてニューゲームみたいなもんか?」

御子柴「だったらこれ……楽勝じゃねえか?」

御子柴「……」

御子柴「……おっしゃ!!」

御子柴「そうと決まれば早速野崎ん家に行くぜ!!」

御子柴「待ってろよ美月……お前を必ず俺のもんにしてやるからな」

御子柴「この俺に……御子柴実琴に……」

御子柴「攻略できねえ女はいねえ!!」
22 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/02(土) 21:18:26.94 ID:CIB6gjW40
今日はここまで
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 21:30:12.52 ID:0uZd13Lq0
おつ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 22:20:14.80 ID:4sEWzv7dO
おうはよ季節を抱きしめてとサンパギータもやれよ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 00:27:36.53 ID:tpQkUFu3o
>>24
雪割とbloodとサーヴィランスも忘れなさんな
26 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 20:59:11.79 ID:SuI0rGV+0
御子柴「……」チラッ

御子柴「なんで1998年なのか分かったぜ……」

御子柴「1998年……これはダブルキャストが発売された年だ」

御子柴「そんでなんでうちに俺しかいねーのか……」

御子柴「恐らく俺がこの世界のダブルキャストの主人公ポジションだからだろうな」

御子柴「実際のゲームでも主人公は一人暮らし……まぁ厳密に言えば伯父の家なんだけどな」

御子柴「確かその伯父夫婦は旅行中なんだよな」

御子柴「……よし、取り敢えずまずは野崎の家に行かねえとな」
27 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:00:12.85 ID:SuI0rGV+0
道中

御子柴「ダブルキャストの世界ではあるけど……この辺りは現実の世界と同じなんだな」

御子柴「……あれ」

御子柴「病院の廃墟……こんな所に廃墟なんて現実じゃなかったけどな……」

御子柴「……!!」

御子柴「そうだ、廃墟はあの時に……」

御子柴「……何れは寄るってことか。 場所をちゃんと覚えておかねえとな」
28 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:00:57.53 ID:SuI0rGV+0
野崎の家

御子柴「おーっす野崎」

美月「あれ、誰?」

野崎「御子柴か、おはよう」

御子柴(……やっぱりいるな)

御子柴(……さっきは美月の正体をバラそうとしたら殺されたんだよな)

御子柴(主人公が美月の正体をつきとめるのは物語の後半……)

御子柴(あの人達はネタバレは良くないって言ってた……つまり俺も後半でつきとめれば殺されずにすむってことかもな)

野崎「紹介する美月、アシスタントの御子柴だ」

美月「よろしくねー」

御子柴「お、おう……」
29 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:01:36.88 ID:SuI0rGV+0
野崎「……という経緯で美月が俺の家にいることになったんだ」

御子柴「な、なるほどなぁ……」

美月「ねぇねぇ、キミもベタするの?」

御子柴「……気安く話しかけるんじゃねえよ」

美月「?」

御子柴「俺はな……薔薇のように尖ってるんだ」

御子柴「馴れ馴れしくすると……痛い目見るぜ?」

美月「あっはははははは!! 面白いねキミ!!」

御子柴「///」

野崎「御子柴は花担当なんだ」
30 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:02:16.77 ID:SuI0rGV+0
御子柴「……つーか野崎、いつも人を苗字で呼ぶお前が下の名前で呼ぶなんて珍しいな」

野崎「ああ、それは美月がそう呼んでくれって言ってな……会ったばかりの時は敬語で話してかつ苗字で呼んでたんだが……」

美月「いやーだってさ、そういう堅苦しいの苦手なんだよねボク」

御子柴「ああ……そういうことか」

佐倉「お邪魔しまーす!!」

美月「あ! 千代ちゃんの声だ!!」

野崎「おはよう佐倉」

佐倉「おはよう野崎くん!!……あっ!! 美月さんとみこりんもおはよう!!」

美月「おはよー」

御子柴「おっす」

御子柴(ここまではさっきと一緒だ……俺は何も美月に関することを言わなければいいんだな)

野崎「よし御子柴、お前はここに花を頼む」

御子柴「おう」

野崎「佐倉はここにベタを」

佐倉「任せて!!」
31 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:02:53.94 ID:SuI0rGV+0
佐倉「ベタ終わったよ!!」

野崎「ありがとう」

美月「ボクも終わったよ!!」

野崎「ありがとう……二人がベタをやってくれて本当に助かる」

御子柴「……」

御子柴(すげえな美月……佐倉に負けず劣らずのベタだ)

御子柴(こりゃ佐倉……お前のライバルになるんじゃねえか?)
32 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:03:32.49 ID:SuI0rGV+0
野崎「……よし、今日はここまでにしよう」

美月「あー疲れたー」

御子柴(花描いてたらあっという間に時間が過ぎた……)

御子柴「……」

御子柴(……待てよ。 俺、この後どうしたらいいんだ?)

御子柴(ゲームだと確か主人公と美月はこのまま二人で過ごしてて……数日後に映研の撮影に美月が参加するって流れだよな……)

御子柴(……映研?)

御子柴「な、なぁ野崎。 変なこと聞くんだけどよ」

野崎「なんだ」

御子柴「……浪漫学園に映画研究部ってあるか?」

野崎「いや、ないけど」

佐倉「どうしたのみこりん?」

御子柴「い、いや……なんでもねぇ」

御子柴「……」
33 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:04:16.73 ID:SuI0rGV+0
御子柴(何が強くてニューゲームだよ俺……全然話がちげえじゃねえかよ)

御子柴(……いや落ち着け。 何か代わりの存在になる物があるはずだ)

佐倉「お邪魔しました!! みこりん、早く帰ろう!!」

御子柴「えっ」

佐倉「『えっ』じゃないよ!! もう夜だしずっといたら迷惑でしょ!!」

御子柴「お、おう……」

佐倉「じゃあね野崎くん!! 美月さん!!」

野崎「気をつけて」

美月「じゃあねー」

バタン!!

御子柴「……」
34 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:04:59.74 ID:SuI0rGV+0
帰り道

御子柴(そういや……いつものクセで泊まろうとしてたけど……そうなるといつもと違って美月もいるんだよな)

佐倉「……みこりん」

御子柴「? なんだよ?」

佐倉「美月さんって……凄い可愛いよね」

御子柴「……? ああ……まぁな」

佐倉「ベタも私より上手いし……スタイルもいいし……元気いっぱいで優しいし……」

佐倉「それで今……美月さんは野崎くんと二人きりでいられるんだよね」

御子柴「……佐倉?」

佐倉「……辛い」

佐倉「私……辛いよ……」

御子柴「!!」
35 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:05:35.59 ID:SuI0rGV+0
御子柴(そうだ……野崎が好きな佐倉にとっては……ほかの女の子といるってだけで苦痛だろうな)

御子柴「お、落ち込むなよ佐倉……その……あれだ……」

佐倉「……?」

御子柴「……俺がいるぜ☆」

佐倉「……」

御子柴(佐倉を攻略しようとしてどうすんだよ俺は!!///)

御子柴(くそ……元気づけようとしたら空回りした……)

佐倉「……ふふ」

御子柴「!」
36 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:06:37.62 ID:SuI0rGV+0
佐倉「ありがとうみこりん……私、ちょっと元気出てきた!」

御子柴「佐倉……」

佐倉「いつまでもくよくよしちゃいられないよね……私も頑張らなきゃ!!」

御子柴「……そうだな」

佐倉「……あっ!! じゃあ私こっちだから!! じゃあねみこりん!!」ダッ

御子柴「おう、また明日な」

佐倉「……」タッタッタッ

御子柴「……」

御子柴(そうだよな……佐倉は野崎といるのが一番だよな……)

御子柴「……」

御子柴(取り敢えず家に帰って考えよう)
37 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:07:27.90 ID:SuI0rGV+0
御子柴の家

御子柴「さて……これから俺はどうやって行動すればいいんだ?」

御子柴「……つーかダブルキャストの世界つっても……始まりから全然ちげえじゃねえかよ……」

御子柴「ゴミの中で倒れてたところを美月に助けれられて……そんでその美月は記憶喪失だからどこに帰ればいいのかも分からないから主人公の家に居候するってのが本来の始まりなんだけどな……」

御子柴「……!!」










野崎『信じられないかもしれないが彼女は記憶喪失でな……唯一名前だけ覚えてたんだ』

野崎『どこに帰ればいいのかも分からないから暫くの間、俺の家でアシスタントをする事を条件に俺の家に居候する事になったんだ』












御子柴「……」

御子柴「もしかして……この世界の主人公は……」

御子柴「……野崎?」
38 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:08:11.54 ID:SuI0rGV+0
御子柴「あいつは主人公と同じで家に一人……それにゴミの中で倒れてたのも……コーヒーを奢ったのも一緒……」

御子柴「グッドエンディングは主人公と美月が結ばれる訳だから……」

御子柴「……つーことは……野崎と美月が結ばれればグッドエンディングになるのか?」

御子柴「……いや待て、だったらなんで俺は一人暮らしになってるんだ?」

御子柴「……いや、これは俺が主人公だと思わせるミスリードか?」

御子柴「……」

御子柴「……考えてもしょうがねえ。 明日も野崎ん家に行くんだ。 その時に考えるか」

御子柴「……兎に角寝ねえと」
















御子柴「……寝れなかった」
39 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:09:26.51 ID:SuI0rGV+0
御子柴「……いや、これが普通だ。 こんな状況で寝れる方がおかしいよな」

御子柴「……約束の時間になる前に野崎ん家に行こう」













御子柴「おーっす野崎」

佐倉「みこりん」

御子柴「おっ、佐倉も来てたのか」

野崎「二人とも来たか」

御子柴「おう、さっさと始めようぜ」

野崎「いや……その前に大事な話がある」

御子柴「大事な話……?」

美月「じ、実はボク達……」

野崎「付き合うことにした」

御子柴「!!!」

佐倉「!!!!!!!!!!????????」
40 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:10:01.16 ID:SuI0rGV+0
美月「ボク……ずっと一緒にいて分かったんだ。 好きだって///」

野崎「……俺も美月と一緒にいる内に……美月のことが好きになった。 美月のことが知りたくなった」

御子柴「そ、そうか……おめでとう……」

御子柴(……ちょっと待て、こんな早い段階で付き合うのか?)

御子柴(これでもう……グッドエンディングなのか?)

佐倉「……」

御子柴「!!!」
41 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:10:48.02 ID:SuI0rGV+0
御子柴(そうだ……この事実は佐倉にとってはショック以外のなんでもねぇ!!)

御子柴(……けど許せ佐倉。 お前の事は嫌いじゃねえ……けど俺がこの世界から出る為なんだ)

御子柴(それにこっちの世界でダメだったからって現実でも付き合えないとも限らないしな)

佐倉「お、おめでとう……お、お似合いだよ二人とも!!」

御子柴「!」

美月「ほ、本当に!?」

野崎「ありがとう佐倉」

佐倉「わ、私が今まで見たカップルの中で一番お似合いだよ!! あはは……あはははは……」

御子柴「……」

御子柴(……辛えよな)

御子柴(……本当にごめんな佐倉……俺がこんな世界に来なけりゃこんな思いもしなかったのに……)

御子柴(……現実もこうじゃねえといいけどな……)
42 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:11:22.85 ID:SuI0rGV+0
佐倉「……あっ!! 野崎くん!! 本当にごめん!!」

野崎「?」

佐倉「今日大事な用事があったの!! だからごめん!! 私もう行くね!!」ダッ

野崎「! さ、佐倉……ちょっとまっ……」

バタン!!

美月「行っちゃった……用事に間に合うかな」

野崎「だといいが……」

御子柴「……」ダッ!!

野崎「御子柴!?」

御子柴「悪い!! 俺も用事があるのを思い出した!! じゃあな!!」

バタン!!
43 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:12:17.10 ID:SuI0rGV+0
御子柴「……」タッタッタッ

御子柴(佐倉……)

御子柴(今のあいつは……誰かが側にいねぇと!!……俺がいねぇと!!)

御子柴「……!!」

佐倉「……」

御子柴「佐倉!!!」

佐倉「……みこりん?……アシスタントは?」

御子柴「そんなんどうだっていいんだよ!!! ……嘘なんだろ!? 用事があるってのは!!」

佐倉「……やっぱりみこりんにはバレちゃったか」

御子柴「……なぁ佐倉」

佐倉「……?」

御子柴「……今お前が思ってることを俺にぶつけろ」

佐倉「みこりん……?」

御子柴「今お前が抱えてる辛い思いも!! 怒りも!! 悲しみも!! 全部俺にぶつけろって言ってんだよ!!」

御子柴「一人で抱えてんじゃねえよ!! 友達だろ!!!」

佐倉「……」

御子柴「……」

佐倉「……う」

御子柴「!」

佐倉「うわあああああああああああん!!!」
44 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:13:08.33 ID:SuI0rGV+0














宮前「主人公は夢野さんじゃありません、君です。 家に来させましょう」

前野「うん! その通り!!」












御子柴「……はっ!!」

御子柴「……」

御子柴「……俺の家……」

御子柴「俺は……バッドエンドを選んじゃったってことか?」
45 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:13:46.01 ID:SuI0rGV+0
御子柴「……スマホの日付が昨日になってる……また最初からってことか」

御子柴「……あの人達は俺が主人公だって……家に来させろって言ってた……」

御子柴「……やっぱり俺が……美月と一緒に暮らさないといけねえってことか?」

御子柴「……つまり野崎と美月との距離を離さないといけねえのか……」

御子柴「くそ……どうすれば……」

御子柴「……」

御子柴「兎に角……なんでもいいからやるしかねえ」

御子柴「それに……佐倉のあんな顔は……もう見たくねえ!!」
46 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/03(日) 21:15:00.56 ID:SuI0rGV+0
今日はここまで
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 21:38:23.18 ID:KKDX+NfUo
面白い。期待
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 10:12:54.44 ID:iOEn1zZmo
ダブルキャスト知ってても面白く変化させてくれて嬉しい
49 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:02:30.83 ID:Opxr/4UV0
御子柴「この初日……まずは俺が美月と一緒にいねえとさっきみたいに野崎と付き合うバッドエンドになるな」

御子柴「つーことは……美月が野崎ん家じゃなくて俺ん家に泊まらせるようにすればいいわけか」

御子柴「……」

御子柴「……ちょっと強引かもしれねえけど……あの方法で行くか」













数時間後

野崎「……よし、今日はここまでにしよう」

美月「あー疲れたー」

御子柴(やっとここまで来たぜ……)
50 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:03:33.25 ID:Opxr/4UV0
御子柴「……なぁ野崎、今日お前ん家に泊まってもいいか?」

野崎「ああ、別に構わないが……美月は?」

美月「ボクもいいよ」

野崎「そうか」

佐倉「……いいなーお泊まり」

御子柴(俺が先に泊まるって言ったからか、佐倉が俺を強引に連れて行こうとしないな)

御子柴(悪いな佐倉、これもお前の為だ)

御子柴(それでこの後だ……)

御子柴(野崎が納得してくれりゃあいいけどな……)
51 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:04:08.91 ID:Opxr/4UV0
野崎「風呂できたぞ、先に入ってくれ」

美月「ありがとう!! ……覗くなよ?」

野崎「ああ」

御子柴(そういえばこんなシーンあったな……)

御子柴(……ってそんなこと思ってる場合じゃねえ、兎に角ここまで計算通りだ。美月がいない状況を作れた)

御子柴(……野崎に聞かねえとな)

御子柴「……なぁ野崎、聞きたいことがあるんだけどよ」

野崎「なんだ?」

御子柴「……お前ってさ、美月のこと好きなのか?」

野崎「……いや、好きではないが」

御子柴「!!」

御子柴(バッドエンドの時点では相思相愛……けど今はちげえのか……)

御子柴「……」

野崎「……御子柴?」

御子柴「……俺さ、美月のことが好きかもしれねえ」

野崎「!!?」
52 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:04:40.51 ID:Opxr/4UV0
御子柴「いや、だってその……可愛いじゃねえか」

野崎「御子柴……」

御子柴「それでよ……俺ん家一人暮らしだろ?」

野崎「ああ……確か伯父さん夫婦は旅行に行ってるんだったな」

御子柴「だから……その……下心丸出しの動機なんだけどよ……」

御子柴「俺ん家に……泊まらせちゃダメか?」

野崎「御子柴……」

御子柴(これは……無理があるか?)
53 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:05:30.85 ID:Opxr/4UV0
野崎「……御子柴」

御子柴「な、なんだ?」

野崎「……恋愛話、沢山聞かせてくれ」

御子柴「……!! じゃあ……いいのか?」

野崎「ああ」

御子柴「……サンキュ!!」

御子柴(よし、これで野崎は納得してくれた……後は美月だな)
54 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:06:06.25 ID:Opxr/4UV0
美月「はーいい湯だったー」

野崎「美月、急ですまないが……今日は御子柴の家に泊まってくれないか?」

美月「えっ!? なんで?」

野崎「実はな……」

御子柴(ま、まさか……そのまんま言うのか!?)

野崎「……俺が一人暮らしだと言うのは嘘なんだ」

御子柴「!!!」
55 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:06:40.47 ID:Opxr/4UV0
美月「えっ!? そうだったの!?」

野崎「ああ……そろそろ両親や弟、妹が旅行から帰ってくる時間だ。 きっとみんな怒るだろう」

野崎「本当にすまない……一人暮らしと嘘をついたのは……ほっとくわけにもいかないと思ってしまってな」

美月「じゃ、じゃあ……ボクはどうすればいいの?」

野崎「だから御子柴の家に泊まるんだ。 御子柴は一人暮らしだからな」

御子柴(野崎……)

美月「……キミの家にボクが泊まるの?」

御子柴「お、おう……」

美月「……そっか」
56 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:07:19.57 ID:Opxr/4UV0
御子柴「い、いやか……?」

美月「……ううん! そんなことないよ!!」

美月「だってボク、泊まらせてもらってる側なのにワガママなんて言えないよ!! 泊めてもらえるだけでも有難いのにさ!!」

美月「それにキミ、凄い面白いし退屈せずに済みそうだしね!!」

御子柴「……退屈なんてさせねえよ。 これからはお前に……俺という名の刺激をお前にくれてやるぜ☆」

美月「あはははは!! そうそう!! そういうところ!!」

御子柴「///」

野崎「……しかしこれはマミコがレズビアンになるんじゃないだろうか」

御子柴「お前は何わけの分かんねえこと言ってんだよ」

御子柴「……」
57 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:08:00.37 ID:Opxr/4UV0
御子柴(よし!! これでなんとか野崎×美月エンドは回避したぜ!!)

御子柴(……つーか馬鹿真面目な野崎のことだから美月見つけたら警察に預けようとしそうだけどな)

御子柴(……まぁそれだとバッドエンドになるからな)

パッ

御子柴「!!!」

御子柴(な、なんだ……急に周りが真っ暗に……)

『その後、俺と美月の同居生活が始まった』

御子柴「!!! 俺の目の前にテキストが……」

御子柴「……そういや美月が主人公の家に泊まるのが決まってからもこんな感じで数日間は省略されたよな」

御子柴「……成る程、そこまで再現してるっつーわけか」

御子柴「……!! そうだ……確かその後は……」

御子柴「……映画観に行くんだったな」

ピカッ

御子柴「!!! 光が……」
58 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:08:50.74 ID:Opxr/4UV0












御子柴「……!!」

御子柴「どこだここ……野崎の家じゃねえ。 それにさっきまで夜だったのに昼になってる」

美月「おーい!! こっちこっちーー!!」

御子柴「!!!」

御子柴(よく見たらここ……映画館じゃねえか!!)

御子柴(……そういうことか)

御子柴「おう! 今行く!!」

御子柴(確か映画のシーンはバッドエンドになるようなことはなかったはずだ……けど油断しちゃいけねえ)

御子柴(……最初の関門はクリアしたんだ……次もこの調子で行くぜ!!)
59 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/04(月) 21:09:29.54 ID:Opxr/4UV0
今日はここまで
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 00:49:10.84 ID:r+G6+7mao


結構前のゲームだから細かい所忘れてて面白い
映画なんて見てたのすっかり忘れてた
61 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:03:21.25 ID:JQc/0Qec0
美月「あー映画面白かったー!!」

御子柴「お、おう……そうだな」

御子柴(やっぱ美月の台詞、ゲームとまんま同じだったな)

御子柴(それに……ジュースを飲むシーンもな)

御子柴(主人公の気持ちもよく分かるぜ……間接キスなんてできるわけねぇだろ///)

御子柴「……!!!」

美月「? どうしたの?」

御子柴「なんで……あいつらがここに……?」












瀬尾「いやー面白かったな『BLOOD』」

若松「めちゃくちゃグロかったですね……」
62 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:03:55.14 ID:JQc/0Qec0
若松「ていうか先輩、よくあんなに血が飛ぶシーンで笑えましたね……」

瀬尾「だってめちゃくちゃ面白いじゃん!! 首飛んでケチャップみたいにドバーッて!!!」ニコニコ

若松「笑顔で言わないでくださいよ!!」

瀬尾「こうやってさ!! 刀ブンブン振り回してさ!! マジかっけーの!!」

若松「確かにカッコよかったですけど……」

瀬尾「……あっ」

若松「? どうしたんですか、向こう見た途端止まって……」

御子柴「……」

若松「……!! 御子柴先輩!!」
63 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:04:27.11 ID:JQc/0Qec0
瀬尾「イケメンじゃん、ここで会うなんて偶然」

若松「こ、こんにちは!!……御子柴先輩も『BLOOD』観てたんですか?」

御子柴「い、いや……違う映画だ」

御子柴(この二人はストーリーにどう絡んで来るんだ……?)

美月「友達?」

御子柴「お、おう」

瀬尾「!!!!」

若松「……瀬尾先輩?」

御子柴(なんだ……瀬尾がすげえ驚いてる……)

瀬尾「お姉さんじゃん!! 久しぶり!!!」

御子柴・若松「!!!!?」
64 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:05:03.95 ID:JQc/0Qec0
美月「ひ、久しぶり……? ボク達、会うの初めてじゃ……」

瀬尾「初めてじゃねえって!! よく私ん家来てたじゃん!! 忘れたの?」

美月「う、うーん……」

若松「ちょっと瀬尾先輩!! 初対面の人に何言ってんですか!!」

瀬尾「お前が何言ってんだよ、初対面じゃねーっつーの」

若松「でも困惑してるじゃないですかこの人!! ほら、行きますよ!!」

瀬尾「えっなんでそんな急いでんの」

若松「御子柴先輩達のデートの邪魔になっちゃうじゃないですか。 どう見ても彼女ですよ」ボソボソ

瀬尾「そっかー。今はお姉さん、イケメンと付き合ってるのかー」ボソボソ

若松「す、すいません!! 俺達これで失礼します!!」

瀬尾「じゃーねーお姉さん」








美月「……行っちゃったね」

御子柴「ああ……」
65 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:05:44.49 ID:JQc/0Qec0
御子柴「な、なぁ美月……お前はあの女のこと、全然覚えてねぇのか?」

美月「うん」

御子柴「そっか……」

御子柴「……」

御子柴(なんでだ……なんで瀬尾は美月と面識があるような台詞を言ったんだ?)

御子柴(記憶を失う前に美月は瀬尾と何かあったってことなのか?)

美月「……記憶を失う前のボクの事を知ってるのかな……」

御子柴「ああ……かもしれねぇな」

御子柴(どうする? 今からでも遅くない、瀬尾を追いかけるべきか?)

美月「……それにしてもお腹減ったなー」

御子柴「!!」

御子柴(そうだ、確かこの後はラーメン屋に行かねえと……)

御子柴(瀬尾のことは考えてもしょうがねえ、まずは物語を進めねえとな)

御子柴「なぁ美月。 俺、美味しいラーメン屋知ってんだよ。 そこに行かねえか?」

美月「……ボクの手作りじゃダメ?」

御子柴「!!?」
66 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:06:26.69 ID:JQc/0Qec0
御子柴(て、手作り……? そんな選択肢あったか?)

御子柴「ファ、ファミレスとかハンバーガー屋とかはいいのか?」

美月「なんかね、今日はキミの為に作ってあげたい気分!!」

御子柴「!!」

美月「ダメ……かな?」ジー

御子柴「!!///」ドキッ

御子柴(その目は反則だろ///)

御子柴「ま、まぁ……お前がそこまで言うんなら……いいぜ」

美月「やったー!!」

御子柴(思わずオーケーしちまったけど……本当にこれでよかったのか?)
67 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:07:12.60 ID:JQc/0Qec0


美月「どう? 美味しい?」

御子柴「……美味い」

美月「……よかったぁ。 なんかやっと恩返しできた気がする」

御子柴「……ちげえな。 恩返しってのは……俺の物になることだぜ☆」

美月「いよっ!! それを待ってました!! 今日のノルマ達成!!」

御子柴「うるせえ!!///」
68 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:07:46.71 ID:JQc/0Qec0


美月「おやすみー……あーどーしよ、寝てる間に襲われるー」

御子柴「襲わねえよ!!///」

御子柴「……」

御子柴(女の子と二人きりで寝る……)

御子柴(……寝れるわけねぇ!!!)

御子柴(つーか家に帰ってからちゃんとした会話してねぇ!!)

御子柴(俺はちゃんとギャルゲーで会話の練習をしたはずなのに……全然活かせてねぇよ……)













美月「朝だよ!! 起きて!!」

御子柴「……」

御子柴(寝れなかった……)
69 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:08:35.88 ID:JQc/0Qec0
御子柴「朝ご飯ありがとな、すげー美味かった」

美月「そりゃあボクが作ったんだもん!! ……さっ、早くアシスタント行こう!!」

御子柴(そういや昨日、野崎から来てくれって電話があったな)

御子柴「そうだな、行くか」

御子柴(……)

御子柴(次のシーンはなんだ? ラーメン食べ終わった後に次の日になって……)

御子柴(……映研のみんなが集まるシーン)

御子柴(……どうなるんだ?)
70 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/07(木) 21:09:08.14 ID:JQc/0Qec0
今日はここまで
71 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:04:18.82 ID:uJbFNCDq0
御子柴「よー野崎」

美月「お邪魔しまーす!!」

野崎「いらっしゃい二人とも」

御子柴(まだか……映研イベントはまだか……)

野崎「……御子柴? どうしたんだ?」

御子柴「! な、なんでもねぇよ」

野崎「そうか。 とりあえず今日も花を頼む」

御子柴「お、おう!! 任せろ!!」
72 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:05:05.60 ID:uJbFNCDq0
美月「うわーもうお昼かー」

御子柴「あっという間だな」

野崎「……二人とも」

御子柴「なんだよ?」

野崎「実は今日は鈴木が食べたり飲みそうな物を写真に撮りに行こうと思ってたんだが……」

御子柴「外食ついでに取材ってことか……俺はいいけど美月は?」

美月「いいよー」

野崎「ありがとう、お金は出す」

御子柴「いや、別に気にすんなって。 自分で出すからよ」













野崎「ここのカフェでいいか?」

美月「うわーオシャレなカフェだなー」

野崎「都さんの友達の遼介さんが働いているカフェだ」

御子柴「へー……」

御子柴「……!!」

御子柴(カフェの隣にラーメン屋……)

御子柴「!!!」
73 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:05:36.67 ID:uJbFNCDq0
御子柴(待てよ……もしかしてここでラーメン屋に行かないといけねえんじゃねえのか?)

御子柴(ラーメン屋に行かなきゃいけねえのは南西統合病院の存在を知らねえといけねえからだ……)

御子柴(あの映像を見るための……)

御子柴「……なぁ野崎」

野崎「なんだ?」

御子柴「隣のラーメン屋じゃ……ダメか?」

野崎「!!!」

御子柴「……野崎?」

野崎「……よし、そうしよう」

御子柴「?? お、おう。 ありがとな」

御子柴(すげー感動してそうな顔してたけど……何を考えてたんだ?)

美月「キミラーメン好きだったっけ?」

御子柴「ま、まぁな」
74 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:06:10.57 ID:uJbFNCDq0
ラーメン屋

『本日のゲストは南西統合病院の森崎さんに……』

御子柴(やっぱりテレビがあったな)

美月「……」ジー

御子柴(ゲームと同じで美月もテレビを見てる)

ピッ

『打ったああああああああ!!!』

御子柴(野球に変わるのも一緒だな……中継じゃなくてハイライトだけど)

野崎「……」スラスラ

マミコ『す、鈴木くん……これ……食べたいな』

マミコ『……ダメ?』

野崎「御子柴のお陰でいいのが描けそうだ。 ありがとう」

御子柴「? お、おう」
75 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:07:37.16 ID:uJbFNCDq0
御子柴「あー食った食ったー」

美月「美味しかったなー」

野崎「さて、帰って続きを……」

堀「よう野崎」

野崎「!!」

堀「偶然だな、ここで会うなんて……おっ、マミ……こ柴も一緒か」

御子柴「堀先輩……なんでここに?」

堀「ああ、これから学校に向かってるところなんだよ」

美月「ねぇ、この人も友達?」

御子柴「いや、俺の先輩だ」

堀「!!!」

美月「?」
76 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:09:37.72 ID:uJbFNCDq0
堀「……なぁ野崎、その人は?」

野崎「新アシスタントの赤坂美月です」

野崎「……美月、この人は堀政行先輩だ」

美月「よろしくお願いしまーす!!」

堀「……なぁあんた」

美月「?」

堀「初対面でこんな事言うのもなんだけどよ……」

堀「顔……じっくり見してくれねえか?」

御子柴「!!!?」
77 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:13:34.01 ID:uJbFNCDq0
野崎「堀先輩……?」

堀「いや、ちょっとな……今度の演劇に関係することなんだけどよ」

美月「演劇……?」

堀「ああ、ヒロイン役がまだ決まってねぇんだ。 ヒーローは鹿島に即効決まったんだけどな」

野崎「……!! まさか……」

堀「ああ、そのまさかだ」

堀「……」ジー

美月「?」

堀「……ヒロイン決定だ」

御子柴「!!!」
78 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:18:37.47 ID:uJbFNCDq0
美月「えっ!!? ボクが!? ヒロイン!?」

野崎「堀先輩……美月は浪漫学園の生徒じゃないですけど……」

堀「まぁ確かにそうなんだけどな……そこは顧問の先生にでも許可を取ればなんとかなる」

御子柴「なんとかなるのかよ……」

御子柴「……!!」

御子柴(そうか!! そういうことか!!)

御子柴(映研がない代わりに演劇部で美月がヒロインに抜擢されるっていう展開ってことか!!)

堀「……なぁアンタ、今回だけでいいんだ」

堀「夏休みにやる演劇の……ヒロインになってくれねえか?」

美月「……ヒロインかぁ」
79 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:20:20.03 ID:uJbFNCDq0
御子柴(ゲームだとヒロイン役は美月、そんでその相手が佐久間ってやつなんだよな)

御子柴(きっとこの世界でいう佐久間的存在が鹿島ってことか?)

御子柴「……!!!」

御子柴(待てよ……ゲームだと佐久間は途中で主役を降りて……その代わりに主人公が主役を演ることになんだよな)

御子柴(つーことは……鹿島がなんらかの理由で主役を降りて……代わりに俺が演るってことか!!?)

美月「……ねぇ」

御子柴「!!」

美月「ボク……やってもいいのかな?」

御子柴「お、おう……いいんじゃねえのか?」

美月「本当!?」
80 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:23:43.68 ID:uJbFNCDq0
堀「……引き受けてくれるのか?」

美月「はいっ!!」

堀「そうか……ありがとな。 今日この後学校で練習あるんだけどよ……来てくれるか?」

美月「いいですよ!!」

堀「よし、じゃあ行こう……野崎、御子柴。 この子借りるな」

野崎「はい」

御子柴「……いいっすよ」

御子柴(……いいんだよな)

堀「じゃあ練習終わったらお前ん家に送ればいいか?」

野崎「はい、それでお願いします」

野崎「……御子柴、俺達は漫画の作業をしよう」

御子柴「おう、そうだな」
81 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:27:56.53 ID:uJbFNCDq0
数時間後、野崎のマンション

野崎「そろそろ部活が終わる頃だな」

御子柴「そうだな」

御子柴(この後は確か……どうなるんだっけか……確か俺と美月が一緒に帰って……)

ピンポーン

御子柴「!! 来たんじゃねえのか?」

野崎「そうだな」

ガチャッ

堀「……野崎」

野崎「堀先輩」

堀「赤坂から聞いたんだけどよ……あの子、御子柴ん家に居候してるらしいな」

野崎「はい、そうですけど……」

御子柴「なんかあったんすか?」

堀「……御子柴」

御子柴「……なんすか?」

堀「……赤坂、お前ん家に泊まらないらしい」

御子柴「はっ!!?」
82 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:29:12.00 ID:uJbFNCDq0
野崎「堀先輩……どういうことですか?」

堀「いや……それがな……完全に鹿島の虜になっちまってな」

御子柴(まさか……)

美月「ねーえー鹿島くーん」ギュウ

鹿島「よしよし、いい子だね」

御子柴「鹿島!!」

鹿島「ごめん御子柴……その……どうしても泊まりたいって……」

御子柴「おい美月!! お前どういうことだよ!!」

美月「だって鹿島くんかっこいいんだもん!! しょうがないじゃん!!」

御子柴「しょうがなくねぇよ!!」

堀「……御子柴」

御子柴「……なんすか?」

堀「それだけうちの鹿島が魅力的だってことだ」

御子柴「」

美月「じゃーねー!! 今までありがとー!!」

御子柴「お、おい!! 待てよ!!」

美月「鹿島くん……ずっと一緒だよ?」

鹿島「約束するよ……お姫様」

御子柴「待てよ……待てって……言ってんじゃねえかよおおおおお!!」
83 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:30:54.47 ID:uJbFNCDq0













宮前「主演は君です。 意地でも主演を獲りましょう」

前野「うん!! その通り!!」












御子柴「……っは!!」

御子柴「……」

御子柴「……ダメだったのか」
84 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:33:22.56 ID:uJbFNCDq0
御子柴「意地でも主演を獲る……つーことは……」

御子柴「俺が鹿島から……主演の座を奪うっつーことか?」

御子柴「そうすれば……美月も鹿島に夢中にならずに済む……ってことか」

御子柴「……俺が鹿島から主演の座を……?」

御子柴「……」

御子柴「できるわけねぇ!!」

御子柴「あの鹿島馬鹿の堀先輩を納得させて俺が主演になるなんて……できるわけねぇよ!!」

御子柴「そうだ!! 主演にならなくても俺が部活に行くだけでもなんとか……」








宮前『主演は君です。 意地でも主演を獲りましょう』







御子柴「……!!!」

御子柴「そうだ、あの人は主演って……」

御子柴「……」

御子柴「……やるしかねぇ」

御子柴「あらゆる対決で鹿島に負けてたけどよ……」

御子柴「俺の方が主役に向いてるってことを……教えてやるぜ!!」
85 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/08(金) 21:33:55.35 ID:uJbFNCDq0
今日はここまで
86 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:01:31.24 ID:lS7Emqwe0
御子柴「再開場所はどこだ……?」

美月「なーに独り言言ってんの? 早くアシスタントに行こう!!」

御子柴「お、おう……」

御子柴(ああ、そっからか)

御子柴(……となると問題となるのはラーメン食ってからか)
















堀「よう野崎」

野崎「!!」

堀「偶然だな、ここで会うなんて……おっ、マミ……こ柴も一緒か」

御子柴(来た!!!)

御子柴「堀先輩!! 俺を主役にさせてください!!」

堀「……は?」

野崎「御子柴……急にどうしたんだ?」

御子柴「わ、わりい……なんでもねぇ……」

御子柴(フライングし過ぎた……)
87 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:02:10.71 ID:lS7Emqwe0
堀「……引き受けてくれるのか?」

美月「はいっ!!」

堀「そうか……ありがとな。 今日この後学校で練習あるんだけどよ……来てくれるか?」

美月「いいですよ!!」

堀「よし、じゃあ行こう……野崎、御子柴。 この子借りるな」

御子柴(今だ!!)

御子柴「……堀先輩!! 俺も行きます!!」

野崎「御子柴……?」

御子柴「俺に……主役を演らせてください!!」

堀「御子柴……急にどうしたんだ?」

御子柴「……あんたはまだ気づいてねぇんだ。 鹿島より主役に相応しい男が……目の前にいるってことがな」

御子柴「俺が……ギャラリーのハートを掴んでやるぜ☆」

美月「はいそこで赤面!!」

御子柴「言わなくていいんだよ!!///」

堀「御子柴……聞き捨てならねえな。 主役が鹿島よりお前の方が相応しいだと?」
88 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:02:40.94 ID:lS7Emqwe0
野崎「御子柴、なんで急に主役を演りたいなんて言い出したんだ?」

御子柴「その……あれだ……その……」

堀「……はっきり言ってくれないか?」

御子柴「……美月」

美月「へ?」

御子柴「役だとしても!! 美月が誰かの恋人になるのは許せねえんだよ!!!」

美月「!!!」

御子柴(い、言っちまった……)
89 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:03:15.83 ID:lS7Emqwe0
堀「御子柴……お前まさか……」

美月「……」

御子柴「……」

野崎「……」

堀「……分かった。 そこまで言うんだったら……」

御子柴「……!!」

堀「……お前が今回の演劇の主演に相応しいかどうか……俺が見てやる」

堀「赤坂……御子柴……二人とも来てくれ」

御子柴「……はい!!!」

堀「野崎……この二人借りるな」

野崎「はい……すいません、俺は締め切りが近いんで」

堀「おう」
90 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:03:59.94 ID:lS7Emqwe0
堀「もうすぐで学校に着くぞ」

御子柴「はい」

美月「……びっくりしちゃった」

御子柴「!!」

美月「さっきの……なんか……いつもと違ったね」

御子柴「違う……?」

美月「いつもキザな台詞を言ってる時よりも……なんか真剣な感じがした」

御子柴「そ、そっか……」

美月「だーい丈夫!! 君が妬いて怒りそうな時はヒロイン降りるからさ!!」

御子柴「べ、別に怒んねーよ……」
91 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:04:30.27 ID:lS7Emqwe0
堀「ここが部室だ」

ガラガラ……

堀「お前らー、今来たぞー」

二村「あ!! 堀ちゃん!!」

御子柴「!!!???」

美月「ど、どうしたの? そんなに驚いて」

御子柴「な、なんでもねぇ……」

御子柴(まさか主人公の友達の二村が演劇部員って形で登場するなんてな……)

二村「あれ、御子柴くんは見たことあるけど……もう一人の女の人は?」

堀「紹介する。 御子柴の知り合いの赤坂さんだ」

美月「よろしくお願いしまーす!!」
92 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:05:05.60 ID:lS7Emqwe0
堀「この子が今回の演劇のヒロインに相応しいと思ってな。 それで呼んだんだ」

二村「ええっ!? でもその人、浪漫学園の人じゃないんでしょ!!?」

堀「……まぁ夏休み中に数回演るだけだしな……それにうちの先生もそんな気にしねぇと思うし」

鹿島「あ!! 部長!! 来てたんですね!!」

美月「!!」

堀「おう鹿島」

堀「……赤坂、紹介する。 君の相手役の鹿島だ」

堀「そんで鹿島、お前の相手役の赤坂さんだ。 今回だけ特別に演ってくれる」

鹿島「うわあ!! 可愛い!! よろしくね!!」

美月「……」

御子柴「……美月?」

美月「カッコいい///」

御子柴「!!!!?」
93 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:05:33.28 ID:lS7Emqwe0
御子柴(ちょっと待てよ……即堕ちじゃねーか!!)

御子柴(いや、こっからだ!! まだ演技対決は始まってねえ!!)

堀「それでいきなりで悪いんだけどな鹿島……」

鹿島「なんですか?」

堀「御子柴と……対決してくれねえか?」

鹿島「た、対決!!?」

堀「ああ、お前と御子柴……どっちが主演に相応しいかだ」

鹿島「!!!」
94 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:06:14.92 ID:lS7Emqwe0
鹿島「御子柴……どういうこと?」

御子柴「俺はな……美月のことが好きなんだよ」

鹿島「彼女!?」

御子柴「いや……まだそういう訳じゃねぇけど……」

御子柴「でも俺以外のやつといるのが許せねえんだ。 ましてや恋人役なら尚更だ」

御子柴「けどまぁ……堀先輩の命令だし美月も演りてえって言うからよ……」

御子柴「だったら……」

御子柴「お前を負かして主演の座を奪う以外ねーだろ!!」

鹿島「御子柴……」
95 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:06:44.89 ID:lS7Emqwe0
堀「……というわけだ。 鹿島、引き受けてくれるか?」

鹿島「……分かりました。 引き受けます」

御子柴「……お前ならそう言ってくれると思ったぜ」

堀「……お前らもいいか?」

二村「勿論!! 部長命令だしね!!」

御子柴「さぁ鹿島……演ろうぜ」

鹿島「いいよ……どっちが部長を可愛くできるか勝負だ!!」

御子柴「……は?」

鹿島「えっ? どっちが堀先輩をお姫様風にコーディネートできるかの対決じゃないの?」

御子柴・堀「ちげえよ!!!」
96 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:07:19.00 ID:lS7Emqwe0
堀「演劇対決に決まってんだろ……ほら、ここに没になった台本がある」

堀「それを読んでもらって俺がいいと思った方が勝ちだ」

御子柴「……贔屓はなしでお願いしますよ」

堀「ああ、そんなことやっちまったらお前の思いを踏みにじることになっちまうしな」

堀「先攻後攻はジャンケンで決めろ。 勝った方が好きに選んでいい」

鹿島「分かりました!! じゃあ御子柴!! ジャーン……ケーン」

御子柴(くっ……先攻だろうが後攻だろうが関係ねぇよ……どっちにしたって緊張するっての)

鹿島「ポン!! ……勝った!!」

御子柴「……負けた」

堀「どうする鹿島」

鹿島「先攻でお願いします!!!」
97 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:07:50.69 ID:lS7Emqwe0
美月「どんな演技なんだろう……」

御子柴「そっか、見たことねぇんだよな」

御子柴「……すげえぞ? あいつの演技は」

鹿島「じゃあ演ります!!」

堀「おう」

鹿島「……」スウ
98 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:08:19.84 ID:lS7Emqwe0
鹿島「……桜の花の咲く時……少しでも私のことを思い出してください」

鹿島「あなたと一緒に思い出作りをした麻由のことを……」











美月「す、凄い……」

御子柴「……」

御子柴(なんか違和感あると思ったら……)

御子柴(こいつが女の役を演るところなんて……初めて見たぜ)
99 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:08:47.36 ID:lS7Emqwe0
堀「……よし、次は御子柴だ」

御子柴「は、はい!!」

美月「……大丈夫? 赤面とかすんなよ?」

御子柴「う、うるせえ!! しねえよ!! それにここぞって時の俺はスゲーんだからな!!」

美月「へぇ〜……じゃあそのスゲーの……見せて!!!」

御子柴「おう!!!」

御子柴(正直あいつほどすげえ演技ができる自信なんてねぇ……)

御子柴(けど……演るしかねえんだ!!!)
100 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:09:22.49 ID:lS7Emqwe0
堀「よし、始めろ」

御子柴「はい!!!」

御子柴「……」スウウ

鹿島「……」

美月「……」

御子柴「……さっ!!!///」

堀「!!!?」

鹿島「こ、声が裏返った!!!」
101 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:09:55.61 ID:lS7Emqwe0
御子柴(や、やべえ……やべえやべえやべえやべえやべえ!!!)

御子柴「あ……あ……」

堀「続けろ」

御子柴「!! は、はひっ!!」

二村「はひって……」

御子柴(ああくそ!! こうなったらヤケクソだ!!)















御子柴「私も……好き……」

堀「……よし、終わりだ」

御子柴「……」

御子柴(やっちまった)
102 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:10:24.97 ID:lS7Emqwe0
御子柴(あー……こりゃまたバッドエンドなんだろうな)

美月「おつかれ!!」

御子柴(……そんでこいつにも笑われるんだろうな)

美月「……頑張ったね!!」

御子柴「……! 笑わねえのか?」

美月「なんで?」

御子柴「……?」

美月「真面目にやってたんだからさ、笑うわけないじゃん!!!」

御子柴「!!!」

美月「そんな悲しそうな顔すんなって!」

御子柴「……おう」
103 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:10:56.49 ID:lS7Emqwe0
鹿島「部長……結果は?」

堀「ああ、結果は……」

御子柴「……」

美月「……」

堀「……鹿島の勝ちだ」

鹿島「……ありがとうございます!」

御子柴「……」

御子柴(やっぱりな)
104 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:11:28.38 ID:lS7Emqwe0
堀「わりいな御子柴……公平に見ても……鹿島の勝ちだ」

御子柴「……謝ることじゃないっすよ、俺の実力不足なだけですから」

堀「……」

堀「流石は……うちの鹿島だぜ!!!」

御子柴(この世界でもいつも通りだなこの人……)
105 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:12:03.26 ID:lS7Emqwe0
鹿島「じゃあ……よろしくね、美月ちゃん。 嫌かも……しれないけど」

美月「よろしく!! 全然嫌じゃないよ!!」

御子柴「……」

美月「妬くなよー?」

御子柴「……うるせえ」

御子柴「……」

御子柴(妙だな……俺が鹿島に負けたのに……暗転しねえ)

鹿島「個人的には美月ちゃんと堀先輩のダブルヒロインでもいいと思うけどな……」

堀「やらねえよ!!」ドゴォン!!!

鹿島「ぐはっ!!!」

美月「うわっ!! ぶっ飛んだ!!」

二村「あはは……いつものことだよ」

グキッ!!!!

御子柴「……?」
106 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:12:34.66 ID:lS7Emqwe0
鹿島「いっ……」

堀「か、鹿島!!! 大丈夫か!!?」

美月「い、今のグキッって音……」

御子柴「おい鹿島……嘘だろ?」

鹿島「はっ……はぁ……」

二村「鹿島くん!! どこ怪我したの!!?」

鹿島「だ、大丈夫です……ちょっと足をくじいて……」

堀「わ、わりい……」

鹿島「ぶ、部長は悪くないですよ!! 私が着地に失敗しただけで……」

鹿島「……いてて!!」

御子柴「ま、まともに立てねえんじゃねえのか!?」

鹿島「で、でも……立たないと……主演が……いたたたたた!!!」
107 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:13:09.07 ID:lS7Emqwe0
二村「堀ちゃん……」

堀「鹿島……本当に悪かった……」

鹿島「いや、だから私の所為ですってば! 部長は何も……」

鹿島「それに元は私の失言が原因だし……」

堀「……」

御子柴「……」

御子柴(骨折、とまではいかねえけど……)

御子柴(主演を演るはずが怪我で降板……)

御子柴(やっぱり……この世界の佐久間的存在は鹿島だったみたいだな)

御子柴(……つーことは……)
108 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:14:11.52 ID:lS7Emqwe0
鹿島「……御子柴!!」

御子柴「な、なんだよ?」

鹿島「主演は任せたよ!!」

御子柴「!!」

鹿島「ちょっと……今の私には無理っぽい、かな……」

御子柴「お前……そんな弱音吐くなんて……らしくねぇよ」

鹿島「でも……美月ちゃんとお似合いなのは……御子柴だと思う!!!」

美月「!!!」

鹿島「部長……いいですよね?」

堀「……お前は……それでいいのか?」

鹿島「はい!!!」
109 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:14:42.04 ID:lS7Emqwe0
御子柴「……」

美月「……やろう」

御子柴「!」

美月「主役、やろう!!」

御子柴「……」

堀「御子柴……散々振り回してすまないとは思ってる……」

堀「主演……やってもらえるか?」

御子柴「……」

御子柴(この世界から抜ける為にやるんじゃねえ……)

御子柴(例え空想の存在だとしても……今の俺は……親友として鹿島(こいつ)の代わりにやらなくちゃいけねえんだ!!)

御子柴「……やります」

御子柴「俺に……やらせてください!!!」
110 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/09(土) 21:15:16.28 ID:lS7Emqwe0
続きは三日後
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 23:01:45.68 ID:QRRl27hiO

この美月は男を警戒している気が現在よりはないな
どうなっていくんだろう
112 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:01:36.75 ID:I6rIdHM70


御子柴「……」

美月「主演おめでとう!!」

御子柴「……ああ」

美月「……!! ごめん、一概には喜べないよね……」

美月「……鹿島くん」

御子柴「……心配いらねえよ。 あいつのことだからケロッと回復するはずだ」

御子柴「それより今は……俺は与えられた仕事をしねえと!!」

御子柴「やってやろうぜ美月!!!」

美月「うん!!! なんか君、だいぶ主演らしくなってきたよ!!」

御子柴「そ、そうか?///」

美月「うん!! 今までちょっと女々しいところがあったからどっちかっていうとヒロインの方が向いてそうだったんだけど……」

御子柴「うるせえな!!///」
113 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:02:38.96 ID:I6rIdHM70
次の日

野崎「そうか、御子柴が主演か」

御子柴「おう」

美月「はーい、ベタ終わったよー」

野崎「ああ、ありがとう」

美月「ごめん、トイレ借りていいかな?」

野崎「ああ、構わない」

美月「じゃあ借りるねー」

バタン!!

御子柴「しっかし……鹿島が怪我ねぇ」

野崎「……」

御子柴「……野崎?」
114 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:03:12.34 ID:I6rIdHM70
野崎「……御子柴、驚かないで聞いてくれ」

御子柴「? なんだよ急に」

野崎「帰り道、いつも通る墓場があるんだ」

御子柴「墓場……?」

御子柴「……!!」

野崎「その墓場に……」

御子柴(まさか……)









野崎「美月の墓が……あったんだ」

御子柴「……」
115 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:03:48.00 ID:I6rIdHM70
野崎「俺も最初は目を疑った……同姓同名かと思った」

野崎「だが赤坂という苗字はそんなに多くはない。 それに美月という名前もだ」

野崎「何故美月の墓があったかは分からないが……」

御子柴「……そうか」

野崎「……意外だな、お前のことだからもっと取り乱すかと思ったが……」

御子柴「!! そ、そうか? お、お前……俺を甘く見過ぎだぜ?」

野崎「そうか……悪かった」

野崎「そうだ、この話は美月には内緒に……」

美月「……」

御子柴・野崎「!!」
116 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:04:16.59 ID:I6rIdHM70
野崎「しまった!! いつの間にトイレから……」

美月「今の話……本当なの?」

御子柴「美月!! 今のは……その……」

美月「……連れてって」

野崎「!」

美月「その墓まで……ボクを連れてって」

野崎「……」

御子柴「野崎……」

美月「……お願い」

野崎「……ああ」
117 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:05:14.70 ID:I6rIdHM70
野崎「ここだ」

美月「……!!」

御子柴「赤坂……美月……」

美月「そんな……どうして……どうして……ボクの名前が……」

野崎「……すまない」

御子柴「……なんで謝るんだよ、別にお前は何も悪いことしてねーだろ」

美月「……!!」

御子柴「どうした美月?」

美月「不思議な感覚……」

御子柴「?」
118 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:05:43.67 ID:I6rIdHM70
美月「ボク……前にここに来た気がする」

美月「初めて……ここに来たのに」

野崎「……記憶が戻ろうとしているのか?」

御子柴「……かもしれねえ」

御子柴「つーことは……少なくともこの墓は……美月とは無関係ってわけじゃねえみてーだな」

美月「……うん」
119 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:06:30.19 ID:I6rIdHM70
その日の夜

美月「……」

御子柴「心配すんなって、きっと思い出す」

御子柴「クヨクヨしてても仕方ねえだろ?」

美月「……だよね」

御子柴「おう」

美月「そうだよね!! ボク本人がいつまでもこんなんじゃダメだよ!!」

美月「それに演劇も頑張らないとね!!」

美月「ねっ!!!」

御子柴「!!!///」プイッ

美月「どしたの? そっぽ見て」

御子柴「……俺の顔を直視したら……火傷するぜ?」

美月「それは自分だろー?」

御子柴「う、うるせえな!!///」

御子柴(今の美月……めっちゃ可愛いじゃねえかよ///)

御子柴(思わず直視できねえからそっぽ向いちまった)
120 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:07:16.19 ID:I6rIdHM70
御子柴「……そうだ、演劇で思い出した」

美月「何?」

御子柴「実はよ、今度演劇部が合宿に行くことになったんだ」

御子柴「それで俺も呼ばれることになってよ。 美月……お前も来るか?」

美月「面白そう!! 行く行く!!」

御子柴「よし、決まりだな。 早速堀先輩に連絡だ」

美月「わーい!!」

御子柴(……)

御子柴(合宿、か……)

御子柴(なんとしてでも……なんとしてでも……)

御子柴(あのバッドエンドだけは避けなきゃいけねえ!!)
121 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2017/12/12(火) 19:07:54.82 ID:I6rIdHM70
今日はここまで
64.38 KB Speed:12.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)