淫魔「これだから早漏は!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:10:33.82 ID:/03U1BF90


淫魔「あのさー、あたしまだキスしかしてないんだけど!」

淫魔「なのになんで出しちゃうわけ? ねえ、なんで?」

淫魔「本当に最悪! あたし全然テク磨けないじゃん」

淫魔「はぁ……試験真面目にしとけばよかった。そしたら実習用の性奴隷だって、こんなの選ぶ必要なかったのに!」

淫魔「他の奴らの性奴隷知ってる? あそこが大きかったり、量が多かったり、回数こなせたり――」

淫魔「残り物のあんたはなに!? 小さくて、量も少なくて、回数もこなせなくて……」

淫魔「これだから早漏は!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1512234633
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:11:01.07 ID:/03U1BF90


淫魔「は? 早漏は関係ない?」

淫魔「関係なかろうが、あたしはそれが一番我慢ならないのよ!」

淫魔「小さくても、量が少なくても、回数こなせなくても、我慢さえできればあたしのテクが磨けるの」

淫魔「けどあんたはあたしを見るだけで勃起して、キスするだけでびゅるびゅる射精するのよ?」

淫魔「キスで我慢できたことはあるけど、感心して手コキしてやったら数往復もせず出すしさぁ」

淫魔「はぁ、時間が巻き戻せるならそうしたいわ。そしたら試験だって真面目にやって、あたしの魅力に屈しない、歯ごたえある性奴隷を選ぶのに」

淫魔「なに悲しそうな顔してるわけ? 憐れみを誘う暇があったら、早漏を改善する努力でもすれば!?」

淫魔「――あら、なんで勃起してんの? あたしに怒られて興奮した?」

淫魔「ふーん……ちょっと見直したわ。あんた、いつもは二回目できないもの」

淫魔「んふふ! ほら、またキスからしたげるわ。今度は我慢しなさいよ!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:11:42.17 ID:/03U1BF90


淫魔「ん〜、ちゅっ、ちゅっ、ちゅぅううう〜」

淫魔「ちゅっ、ん、いいよぉ? そのまましっかり、我慢しなさいよ?」

淫魔「ちゅっ、ちゅっ、このまま、手でしてあげるから、ちゅっ、ね?」

淫魔「舌出しなさい……ちゅぱ、れろれろれろ〜」しこしこ

淫魔「ちゅっ、んふふ、二回目だから、手コキも我慢出来てるわね」しこしこ

淫魔「えらい、えら――あ!?」びゅるるる

淫魔「あんたさぁ、褒めたそばからこれって……もういい。今日は帰る!」

淫魔「これだから早漏は!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:12:10.38 ID:/03U1BF90


乳魔「おっはー、淫魔ちゃん!」

淫魔「おはよう! って、なにその格好?」

乳魔「ん? これはね、ボクの勝負服だよっ」

淫魔「なんでそんなもん着て……あ、そっか! 今日は寝取り実習だっけ!?」

乳魔「淫魔ちゃん忘れてたの? まあ、淫魔ちゃんは純血のサキュバスだから、服装関係ないし大丈夫だよ」 

淫魔「んー、そうだけど、せっかく服装自由の日だったのに……あたしのアホ……」

乳魔「淫魔ちゃんの私服、お洒落だもんねっ」

淫魔「あんたは胸が大きすぎて、まともな服もないもんねー?」

乳魔「もう! 八つ当たりするならボクも怒るよー!」

淫魔「ごめんごめん! 今度一緒に服探すから、許して、ね?」

乳魔「うむうむ、許すっ!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:12:51.78 ID:/03U1BF90


「今日は予告した通り、寝取り実習を行います。各自、自分のパートナーである性奴隷にチャームをかけてください」

淫魔「はいはい、それじゃあかけるわよ――は? なに、あんた寝取り実習を知らないの?」

淫魔「恋人のいる人間は強情なのが多いから、その相手をテクニックで落とす科目よ」

淫魔「そういう人間の代わりに、チャームの魔法で性奴隷を疑似的にそういう状態にするの。つまり、あんたは今からあたしにメロメロってわけ!」

淫魔「改めて、それっ! ……どう? かかった? あたしのこと好き?」

淫魔「よしよし! それじゃあせいぜい我慢しなさいよね。出るのが早いと、あたしのテクニックが疑われるんだから」

淫魔「それじゃね〜」

淫魔「――は? あんたの相手は別の奴に決まってるじゃない。寝取り実習なんだから」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:13:18.60 ID:/03U1BF90


乳魔「はろー! 初めまして、ボクは乳魔っ」

乳魔「とりあえず、君の好きな子は? おお、淫魔ちゃんの性奴隷さんなんだね!」

乳魔「そうなると、ボクは淫魔ちゃんから君を寝取ることになるんだ……うわぁ、自信ないなぁ」

乳魔「淫魔ちゃんと違って、ボクっておっぱいにしかサキュバスの力がないし……ねぇ、君はどう思う?」

乳魔「何がって、おっぱいだよ。ボクの大きな、お、む、ね! 今日は勝負服だから、深く谷間が見えちゃうこのおっぱい……どう?」

乳魔「えへへ、好きになれそう? ボクのおっぱいで、頭の中いっぱいにできちゃう?」

乳魔「やだ、目をそらしちゃ駄目! 淫魔ちゃんのこと、ボクのおっぱいで上書きしちゃうんだからっ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:13:46.10 ID:/03U1BF90


乳魔「ほーら、ぱふぱふ、ぱふぱふ! おっぱいで顔を挟まれて、どんな気持ち?」

乳魔「両頬がしっとり柔らかくて、温かくて、谷間からあま〜い匂いもするでしょ。ぺろぺろしてもいいよ? そしたら、五感全部がおっぱいで満たされちゃうね!」

乳魔「お顔、おっぱいでぎゅってするね? はい、ぎゅ〜! 今呼吸すると、とっても幸せになれるよ〜」

乳魔「谷間の中の甘い空気、頭の中にも入っちゃう。意識がぽやーってしちゃうかな? いいんだよ? 考えなければ、もっと幸せになれるからね〜」

乳魔「おっぱい大好きー、淫魔ちゃんより、ボクのお胸のことが気になっちゃう。お胸から離れたくない、お胸の中にいたい、お胸以外なにもいらない」

乳魔「おちんちん、すっかり大きくなっちゃったね〜。大好きな淫魔ちゃんに申し訳ないと思わない? おっぱいが大きいだけのボクに、こんなにしちゃって!」

乳魔「でも仕方ないよね。おっぱいの小さい淫魔ちゃんが悪いんだから。ボクの大きすぎるお胸が魅力的過ぎるんだもんね?」

乳魔「えへへ、それじゃあおちんちん触るよ〜。その間は、空いてる方の手で君の頭を抱いててあげる。おっぱいに抱え込んであげるからね〜?」

乳魔「ほーら、おっぱいくんくんしながら、しこしこ〜」びゅるる

乳魔「あ、あれ!? 出ちゃったの? えへ、えへへ……ボクのおっぱい、そんなに好きになれた? 嬉しいなぁ!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:14:18.83 ID:/03U1BF90


淫魔「あんたさぁ、乳魔に簡単に寝取られたんだって?」

淫魔「もう恥ずかしいわ! 他の奴らがまだ実習中なのに、乳魔だけが寝取りきってあんたを甘やかしてたらしいじゃない!?」

淫魔「あたしのチャームが弱いとか、普段の性技実習への取り組みが悪いとか思われたらどうすんのよ! もっと我慢しなさいよ!」

淫魔「あたしの胸が小さいから? はぁ!? それが言い訳のつもり? あたしのは大きい方よ! 乳魔は特別でかいの!」

淫魔「そこまで言われたら我慢ならないわ。ちんこ立たせなさい! あたしの胸で射精させてやるっ! ――乳魔に絞り尽されて立たない?」

淫魔「これだから早漏は!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:14:47.02 ID:/03U1BF90


口魔「先輩!」

淫魔「げ、口魔……」

口魔「げ、なんてはしたないですよ。先輩?」

淫魔「はしたなくていいから、見るたびに言わせてちょうだい」

口魔「ふふ、先輩のいけず! ところで、今日の実技体験なんですけど」

淫魔「だめ」

口魔「私、先輩のクラスを希望してるんです。行きますね?」

淫魔「だめって言ってるでしょ!」

口魔「行くって言ってるんです!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:15:13.77 ID:/03U1BF90


「今日は下位学年の実技体験です。まだ性奴隷を持たない彼女たちからすると、初めての実習となります。あなたたちは先輩として、トラブルのないようしっかり注意するように」

口魔「先輩、今日はよろしくお願いしますね!」

淫魔「……よろしく」

口魔「そんなに暗い顔しないでください……そんな顔されたら、私……」

淫魔「あ、ご、ごめんね! 確かにちょっと露骨過ぎ」

口魔「先輩に実技をしたくなるじゃないですかっ!」はぁはぁ

淫魔「――二度とあんたには同情しない」

淫魔「ん? ああ、こいつはあたしの友達。まあ、ちょっと身の危険は感じるけど」

口魔「初めまして、口魔です。今日は胸をお借りしますね?」

淫魔「先生の言った通り、今日は下位学年の初めての実技だから、あんたも口魔の練習になるよう、しっかり我慢しなさいよ!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:15:43.41 ID:/03U1BF90


口魔「それでは寝転んでもらって、上を失礼します……重くないですか?」

口魔「軽いですか。ふふ、ありがとうございます」

口魔「あの、いつも先輩からはどんな風にされてますか?」

口魔「キスと手コキ……だけ? お口とか、胸では――したことがない。そうですか」

淫魔「そいつが早漏だから、する機会がないのよ! サボってるんじゃないんだから」

口魔「先輩がサボってるなんて思いませんよっ……でも、そうですか。まだ先輩がしてない部分が……ふふ」

口魔「今日はいい経験ができそうですね」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:16:29.79 ID:/03U1BF90


口魔「まずはキスから――んちゅ、んん、ちゅ、ちゅ、ちゅ」

口魔「ふふ、先輩との関節キス……もっと、もっと、ちゅっ」

口魔「ちゅ、舌もからはへて、ぢゅるり、吸い上げてあげます」じゅるるる

口魔「先輩の唾液、どこかに残してませんかぁ? んべろぉ、ぢゅる、れろれろ」

口魔「……あれ、なんだか出ちゃいそうなほど興奮してますね? でも、キスだけではだめです。先輩のしてないこと、しないと」

口魔「ここ、男性器。お口でしてあげます。私、口内の方がサキュバスの力が強いんですよ。きっと早漏なあなたなら、すぐに出しちゃいます」

口魔「さあ、気を張ってください。お口すぼめて、一回の往復で射精させてみせます」

口魔「いきますよ? んん〜、ちゅぶ、ぐぶぼぼぼ、じゅるるるる」びくびく

口魔「ん、ちゅぅうううう、ちゅぷ」びゅるるる

口魔「んふ、んふふ、ちゅうぅうう、ごくっごくっ」

口魔「ごちそうさまです。本当に一往復で射精しましたね。早漏さん」

口魔「――ふふ、これで先輩はフェラするとき、私に関節キスをすることに……ふふふ!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:17:07.34 ID:/03U1BF90


淫魔「なんか口魔が機嫌よかったんだけど……理由わかる?」

淫魔「ああ、そう。知らないんだ。まあいいけどさ」

淫魔「それよりも! あんたなに? フェラで出したのは百歩譲っていいとしてもよ!」

淫魔「あいつのキスは我慢できて、なんであたしのキスは我慢できないわけ!?」

淫魔「口魔が焦らし上手なだけ? ふざけんな! あたしだって焦らそうとしてるわ! それをあんたが勝手に出すんじゃないの!?」

淫魔「そんなに言うなら焦らしに焦らしてやろうじゃない! ほら、キスするわよ。舌出してアホ面晒しなさいよ!」

淫魔「んじゅるるるるるる――」びゅるる

淫魔「がぁああああああ! これだから早漏は!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:17:35.12 ID:/03U1BF90


「今日は人間界に実習へ行きます。実際に人を襲い、各自一人ずつターゲットを決めて、射精させた精子を提出するように」

淫魔「とうとうこの日が来たわね! 今日はあんたみたいな早漏を相手せず、人間界の人間相手に全力を出せるわ!」

淫魔「なによ? あんたは留守番なんだから、せいぜいあたしの好成績を願ってなさいよね」

淫魔「もしかしたらぁ? 今日で先生に認められてぇ? あんたみたいなだめ性奴隷から、別の奴に交換になっちゃったりね! んふふ!」

淫魔「それじゃ、行ってくるわねー!」



淫魔「――なによ。なんか用?」

淫魔「帰ってきてから元気がない? うるさいわね! あんたなんかに心配されたって、なんにも嬉しくないわ!」

淫魔「そうよ……あんたのせいであたしは大恥かいたの! ターゲットにした男を、勃起させることもできなかったって!」

淫魔「あんたが、あんたが早漏なせいで、あたしは全然テクニックが身に着かなかったから、それで……ひぐっ、それで!」

淫魔「あたしは、ひぐっ、純血のサキュバスなのに、なんで、なんで上手くいかないの……ひぐっ、なんで……?」

淫魔「うわぁあああああああん!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:19:28.71 ID:/03U1BF90


乳魔「あ、性奴隷さん。淫魔ちゃんはどう? 人間界実習以来会ってなくて、ボク、心配でさ!」

口魔「私も乳魔先輩と一緒にお見舞いに行こうとかと思ってたんです。でも、先輩がメールにも返事をくれなくて」

乳魔「――そっか、あの時そんなことが。でも、変だね……淫魔ちゃんが男を勃起させられないなんて」

口魔「私もそこが気になります。先輩は純血のサキュバスですから、見るだけで情欲を掻き立てるはずですし」

乳魔「担当の先生に話を聞いてみよっか。……その、ボク説明下手だから、口魔ちゃんにもついてきてほしいかなーって」

口魔「いいですよ。私も先輩のことは全部知りたいですから。結果が分かったら早漏さんにも連絡しますね」

乳魔「……口魔ちゃんって、レズなの?」

口魔「バイですよ」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:20:14.37 ID:/03U1BF90


淫魔「なによ。一人にしてくれる?」

淫魔「人間界の実習について? あんたまであたしを笑う気!? そっちがその気なら、あんたなんか吸い殺したっていいのよ!」がばっ

淫魔「んちゅっ、ちゅぅううううう、ちゅぱっ。ほら、簡単に勃起してさ!」

淫魔「あんたが、あんたがこんなんだからあたしは、あたしは!」

淫魔「上に乗られたら力が抜けるでしょ? 今から口と胸でしてあげる! 乳魔や口魔よりもずっと気持ちいいでしょうね!」

淫魔「あたしの、純血のサキュバスにされて死ねるのよ。光栄に思いなさい!」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:21:08.94 ID:/03U1BF90


淫魔「ほら、あたしのおっぱいだって大きいでしょ? あんたのちんこの型がとれるくらい張りがあって、すべすべして吸いついちゃう」

淫魔「左右で互い違いになるよう擦ると、んふふ、声出しちゃってさぁ。おっぱい温かい? 柔らかい? このまま激しくしてあげる」

淫魔「両手で上下におっぱい動かすと、かり首擦れて我慢できない? 我慢汁でもうぬるぬるだもんね。出せばいいでしょ。いつもみたいに、情けなく漏らしなさい!」びゅるる

淫魔「このままじゃ終わらせないわよ。吸い殺すんだから、おっぱいに挟んだまま、口で吸い尽くすの。パイズリフェラ、嫌いじゃないでしょ?」

淫魔「ちんこの峰をおっぱいでぎゅってしながら、真っ赤な亀頭を、あ〜ん、ちゅぷるっ」

淫魔「ちゅぶっ、ちゅぼっ、かり首を舌先でなぞって……れろ〜」

淫魔「んちゅ、尿道口がぱくぱくしてるわよ? 塞いであげなきゃね。ん、ちろちろ、じゅる、じゅるるる」

淫魔「喉ほくまへ――んん! んぐ、んぐ、ほのまま、胸とうごき、あわへて」

淫魔「じゅぽ、ちゅぽ、じゅるる、ぐぽっ、ぐぽっ、んぐぅ!?」びくっ

淫魔「ぢゅる、ぢゅるるるるるるる!」びゅるる

淫魔「ごくっ、ごくっ、ごくっ、んぱぁ……もう二回目も出したわね? 死んじゃうかもしれないのに、いいの?」

淫魔「これだから、早漏は……」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:22:13.24 ID:/03U1BF90


淫魔「え、あたしのターゲットが、重度のEDだった? それも心因性の?」

淫魔「だからあたしの能力の問題じゃない……そういった人間は、経験と技術をしっかり積んだサキュバスが相手にするもの……」

淫魔「ん、んふふ、そっか。そりゃそうよね! あたしの魅力なら普通の男は勃起して当然、テクを披露したらメロメロになるわよね! ……なんてね」

淫魔「ふぅ、ありがと! あんたに八つ当たりしたから、冷静になれたわ。あんたの話も聞けたしね」

淫魔「――あたしさ、ちょっと焦ってたみたい。あんたと会った時、試験を真面目にやればって言ってたでしょ? 本当はさ、真面目にやったんだけどだめだったんだ」

淫魔「それであんたに辛く当たって……だめなサキュバスにだめ性奴隷なんだから、お似合いなのにね。んふふ……」

淫魔「純血のサキュバスだからってずっと気負って、あたしよりできる乳魔や慕ってくれる口魔にも、ちょっと嫉妬してた」

淫魔「二人ともこんなあたしを心配してくれてたのに……やっぱりだめだなぁ、あたしって」

乳魔・口魔「そんなことない! ですよ!」

淫魔「うぇい!?」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:24:29.55 ID:/03U1BF90


乳魔「淫魔ちゃんはボクの服を一緒に探してくれるくらい、面倒見の良い優しい子なの! ボクと違って胸以外もえっちだし可愛いもん!」

口魔「先輩ほど魅力のあるサキュバスなんて他にいません! 純血であること誇りに思い、ひたむきに努力し続ける。素晴らしい人です!」
 
淫魔「ふ、二人ともいつから……!?」

乳魔「淫魔ちゃんが性奴隷さんを襲ったあたり、かな?」

淫魔「あの恥ずかしい告白聞いてたの!?」

口魔「はい。一生の宝物として録音してありますっ」

淫魔「なんでよ! け、消しなさい――あ、こら、待てー!」

淫魔「ちょっと、ほっこりしてないであんたも手伝いなさい! 出し過ぎて動けない?」

淫魔「これだから早漏はぁあああ!」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/03(日) 02:25:29.91 ID:/03U1BF90


淫魔「あれからあんたの早漏も、だいぶましになってきたわね」

淫魔「そのおかげで、あたしのテクもそれなりだし、成績も上がってきたし!」

淫魔「まあ、早漏の改善もあたしの手腕あってこそ、だけど? んふふ!」

淫魔「……そうね、あともう少しで学校も卒業だわ」

淫魔「あんたともそれでお別れ。せいせいするわね!」

淫魔「でも、その、あー……あんたがどうしてもっていうなら……」

淫魔「一生の性奴隷として、飼ってあげてもいいわよ?」

淫魔「な、なに嬉しそうにしてんのよ!? まだ決めたわけじゃないわ。そう、どうしても、どうしてもって言うならよ! ちゃんと考えて発言しなさい!」

淫魔「そ、即答って……もうっ!」

淫魔「――これだから早漏は!」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 02:27:44.99 ID:/03U1BF90


ここまで読んでくれてありがとう!

純血のサキュバスはもう全身がエロいです
そうでないサキュバスは部位にサキュバスの力が分散されており、その部位がエロいです
そういう設定です

依頼出してきます


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 02:29:43.17 ID:QeUJ6BbSO
かわいい
Rで書いたら100点だった
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 03:16:18.44 ID:cycD2ycUo
乙ー
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 05:10:59.35 ID:7Omqr8yyo
18.35 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)