【デジモンアドベンチャー安価】八神太一「最近、モテすぎてツラい」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 18:18:25.00 ID:/QPRBgCP0
光子郎「どうしたんですか太一さん?その大量のクッキーやチョコレートは?」

太一「...2日前から俺の靴箱に色んなお菓子がラブレターと一緒に入れられてるんだ」

光子郎「モテモテですね。良かったじゃないですか」

太一「そりゃあ...2日前は嬉しかったけど...流石に怖くなったというか...」

光子郎「っで?ぼくの家にお菓子を持って来たのは何故ですか?」

太一「こんなの1人で食べるのは無理だ!だから光子郎!貰ってくれ!」

光子郎「>>3

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1513502304
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 18:21:58.39 ID:I3DFKO4pO
開き直る...ワイが八神や!
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 18:37:44.84 ID:7kL+HiSRo
僕からのチョコも受け取ってください
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 18:45:15.55 ID:/QPRBgCP0
光子郎「僕からのチョコも受け取ってください!」

太一「えっ...?」

光子郎「太一さんが持って来たお菓子は全て僕が貰いますから、僕の作ったチョコを受け取ってください!」

太一「あ、あぁ...貰っておくよ」

光子郎「ありがとうございます!明日、感想を聞かせて下さいね!」

〜太一の部屋〜

太一「ヒカリ...これやるよ」

ヒカリ「チョコレート?いいの!?」

太一「光子郎から貰ったんだが...俺はしばらく、甘い物は無理だからヒカリにやるよ」

ヒカリ「...光子郎さんのチョコならいらない」

太一「!?」

ヒカリ「>>5
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 18:46:07.57 ID:2T0e65oeo
だってお兄ちゃんが好きなんだもん(マジキチスマイル)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 19:09:34.83 ID:/QPRBgCP0
ヒカリ「だってお兄ちゃんが好きなんだもん」(マジキチスマイル)

太一「な、ならさ!食べてくれたら、明日チョコレートを買って来てやるから...食べてくれないか?」

ヒカリ「本当!?なら食べるよ!」

太一「ありがとうなヒカリ...」(頭を撫でる)

ヒカリ「えへへ///恥ずかしいよお兄ちゃん///」

〜次の日〜

太一「うわー...」

空「どうしたの太一?」

太一「また靴箱にお菓子が...」

空「本当に迷惑よね...先生に言ってみたら?」

太一「言ったけど...この有り様なんだ」

空「>>7
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 19:10:46.02 ID:ySlqqt8Q0
じゃあ私が焼却炉に持ってってあげる
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 19:29:08.14 ID:/QPRBgCP0
空「じゃあ私が焼却炉に持ってってあげる」

太一「本当か!助かるよ!」

空「ちょうど、いらなくなったゴミを焼却炉に持っていくとこだったからいいのよ」

太一「ありがとう空...」

空「いいって言ってるでしょ〜」

〜1時間目〜

ガチャッ!

ヤマト「...」

太一「や、ヤマト!?」

空「(今は授業中よ!?)」

先生「隣のクラスの生徒が授業中になぜ?」

ヤマト「俺は...太一にチョコレートをプレゼントしに来た!」

太一「!?」

空「>>9
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 19:30:04.70 ID:lU/57Wn3O
同性愛はダメよ!そんな非生産的な!
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 19:30:15.78 ID:M7wZ1TB+0
ヤマト、いまは授業中よ!時と場所を考えなさいよ!
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 19:33:19.49 ID:Z6HxlWnI0
この世界のヒカリはだめだな…
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 19:35:17.07 ID:/QPRBgCP0
空「同性愛はダメよ!そんな非生産的な!」

ヤマト「ふん...女には分からないさ!」

先生「あのな〜...今は授業中だから...休み時間にやってくれないか?」

ヤマト「うるさい!愛を告白するのに時と場所は関係ない!」

太一「やめてくれよ...ヤマト...やめてくれ」

ヤマト「太一が悲しんでる...誰だ...太一を悲しませる悪い奴は!?」

空「>>13
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 19:36:36.08 ID:ySlqqt8Q0
あんたでしょうが!!(蹴り飛ばす
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 20:43:16.82 ID:/QPRBgCP0
空「あんたでしょうが!!」(蹴り飛ばす)

ヤマト「うぐっ...太一...受け取ってくれ...俺のチョコ...」(倒れる)

先生「保健室に運べ!」

男子「は、はい!」

太一「先生...気分が悪いので早退したいのですが...」

先生「仕方ないな...帰っていいぞ」

〜放課後〜

ミミ「元気ないね空さん?」

空「今日は太一と長く一緒に居られると思っていたのに...ヤマトの所為で台無しよ!」

ミミ「>>15
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 20:44:44.09 ID:M7wZ1TB+0
最近、ヤマトくんは人が変わったようだと聞いたことがあるわ…
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 20:55:16.12 ID:/QPRBgCP0
ミミ「最近、ヤマトくんは人が変わったようだと聞いたことがあるわ…」

空「本当に何があったのかしらね」

ミミ「何か嫌な予感が...」

空「わたしは何も感じないけど?」

〜太一の家〜

裕子「太一、大事?」

太一「ダメだ...外に出るのが怖い」

裕子「鬱になってるのね...」

ヒカリ「>>17
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 20:56:06.95 ID:M7wZ1TB+0
大丈夫、お兄ちゃんは私が守るから
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 21:03:01.03 ID:/QPRBgCP0
ヒカリ「大丈夫、お兄ちゃんは私が守るから」

太一「ヒカリ...ありがとう...」(抱きしめる)

ヒカリ「お兄ちゃん...守ってあげるからね」

〜次の日〜

ヒカリ「なんのようですか?」

空「太一のお見舞いに来たの」

ヒカリ「帰ってください空さん」

空「どうして...?」

ヒカリ「空さんたちと関わってたらお兄ちゃんはおかしくなるから」

空「>>19
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:05:25.13 ID:ySlqqt8Q0
そう。なら死んでちょうだい。まず1匹目っと、(ナイフを突き刺す)
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:07:58.34 ID:M7wZ1TB+0
……今回は早めにイグドラシルが出てきそうだな
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 21:09:59.10 ID:/QPRBgCP0
空「そう。なら死んでちょうだい。まず1匹目っと」(ナイフを突き刺す)

ヒカリ「...ど、どうし...て...」(倒れる)

空「ふふ...太一に早く会いたいわ」

〜太一の部屋〜

空「お見舞いに来たわ太一!」

太一「空...帰ってくれ...」

空「どうして...どうしてそんなこと言うの?」

太一「怖いんだ...みんなが...怖い」

空「>>22
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:11:03.89 ID:ySlqqt8Q0
大丈夫よ!これから二人だけのエデンに連れてってあげるから!
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 21:46:49.85 ID:/QPRBgCP0
空「大丈夫よ!これから二人だけのエデンに連れてってあげるから!」

太一「え、エデン...?」

空「とても楽しい楽園よ!そこに行って私達が新しいアダムとイヴになりましょう」

太一「アダムとイヴ...」

空「そう!」

ガチャッ!!

裕子「な、なにをやってるの空ちゃん!?」

空「>>24
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:48:16.92 ID:ySlqqt8Q0
邪魔ですよ。ヒカリちゃんのところにでも逝っててください。 パンパンパン(眉間と心臓を撃ち抜く)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:48:24.34 ID:M7wZ1TB+0
邪魔者は消えなさい ボワッ ガッシャーン(謎の力で裕子を吹き飛ばす)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:51:10.51 ID:Z6HxlWnI0
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:51:58.42 ID:2T0e65oeo
空何者だよ……
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:54:43.05 ID:M7wZ1TB+0
今までの空の中で一番危険な奴じゃね?
これはイグドラシル様が出そうだ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 21:57:08.32 ID:/QPRBgCP0
空「邪魔ですよ。ヒカリちゃんのところにでも逝っててください」パンパンパン(眉間と心臓を撃ち抜く)

太一「か、母さん!!?」

空「邪魔者は消えたわ!さぁ...行きましょう!」

太一「...そうだな」

空「やっとその気になったのね!嬉しいわ!」

ザシュッ!!

空「えっ...た、太一...?」

太一「母さんとヒカリの仇だ...!」

空「ふ...ふふっ...あなたに殺されるのも...悪くないわ」

太一「>>30
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 21:59:01.48 ID:ySlqqt8Q0
二人とも…仇は…ぐあああああ!!(何故か無傷の空にスタンガンを当てられる)
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:00:10.33 ID:lU/57Wn3O
!?!?!?wwww
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:04:33.76 ID:OW76EJ5Bo
もう>>1邪魔だから投下やめて
ID:ySlqqt8Q0に書かせた方が面白そう
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:05:19.62 ID:M7wZ1TB+0
同じ奴が4回連続取っている……これはいいのか?
俺なんて2回までと我慢しているし、人がいるなら取らないようにしているんだが……
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 22:08:03.82 ID:/QPRBgCP0
すいません 最安価でお願いします↓
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:09:00.17 ID:M7wZ1TB+0
お前に復讐したところで俺が殺人者になるだけだ……警察に連絡するよ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:12:38.92 ID:eFISmL4d0
太一がいくつの時の設定ですか?
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 22:16:45.68 ID:/QPRBgCP0
>>36 太一が11の時です

太一「お前に復讐したところで俺が殺人者になるだけだ……警察に連絡するよ」

空「た、太一...わたしは...ただ...あなたと...」

太一「...空...」

〜2時間後〜

太一「...空はどうなりました?」

刑事「少年院送りになったよ」

太一「...そうですか...俺も少年院に送られるんですか?」

刑事「いいや、君の行動がなければもっと多くの被害者が出た事から、君は罪にならない」

太一「そんな...母さんも妹も救えなかったのに...」

刑事「母親の事は残念だが...妹さんは生きてるよ」

太一「>>38
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:21:33.98 ID:o5KOPQkNO
母さんの代わりにヒカリは絶対に守ろう
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 22:26:39.30 ID:/QPRBgCP0
太一「(母さんの代わりにヒカリは絶対に守ろう)」

刑事「もう夜は遅いから家まで送るよ」

太一「ありがとうございます」

〜次の日〜

ヤマト「まさか空があんな事をやるなんてな」

太一「...」

ヤマト「なに考えてんだ太一?」

太一「空が...あんな事をするなんてやっぱり信じられない...他に理由があったんじゃ」

ヤマト「太一...殺人犯を庇うのかよ!?」

太一「>>40
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:27:53.88 ID:lU/57Wn3O
俺はきっと空とエデンに行きたかったんだ…
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:28:33.28 ID:M7wZ1TB+0
どう考えてもいつもの空じゃなかった!
数日前のヤマトだってそうだ…今日はいつも通りなのに数日前に教室に現れた時は人が違うようだった……
これには何かがあるに違いない!
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:32:42.81 ID:Z6HxlWnI0
前々から思ってたけど>>1はいい加減細かいルールを作るべき。連取りは無効とかそれくらいすぐだろ?
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 22:35:06.05 ID:/QPRBgCP0
太一「俺はきっと空とエデンに行きたかったんだ…」

ヤマト「太一!お前までおかしくなったのかよ!?」

太一「俺は...自分の思った事を言っただけだ」

ヤマト「太一...もう寝ぼけた事を言わないでくれ」

太一「あぁ...気をつけるよ」

〜少年院〜

空「違うの!わたしは太一のお母さんを殺してない!」

指導員「証拠はあるんだ!なにを今更」

空「>>44
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:37:45.46 ID:ySlqqt8Q0
残念ね、できれば穏便に事を進めたかったんだけど仕方ないわ。(起爆スイッチを押して少年院を爆破)
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:38:56.30 ID:M7wZ1TB+0
なんか今回はキチガイが出ているなぁ……いつも以上早く終わりそうだ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 22:44:18.73 ID:/QPRBgCP0
>>42の言う通りですね 次からは連取りを設定します。

空「残念ね、できれば穏便に事を進めたかったんだけど仕方ないわ」(起爆スイッチを押して少年院を爆破)

ドガーン!!!

指導員「な、なんだあの爆発は...た、竹之内が居ない...脱走だ!!」

空「(待っててね太一...今行くから)」

〜病院〜

太一「退院はまだ無理そうだな」

ヒカリ「ごめんね...お兄ちゃん...迷惑かけて」

太一「なに言ってるんだ。...ヒカリが生きてたから俺は立ち直れたんだ」

ヒカリ「>>47
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:45:12.85 ID:M7wZ1TB+0
それにしても空さん……許せない……!
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 22:54:15.21 ID:/QPRBgCP0
ヒカリ「それにしても空さん……許せない……!」

太一「...空は精神的に疲れてたんだ...仕方ないよ」

ヒカリ「そうだとしても!空さんは...お母さんを殺した...!絶対に許さない...!!」

太一「ヒカリ...」

〜歩道〜

空「この通りを曲がれば太一に会える...!」

ドスッ!!

空「えっ...ち、血...?」

ヤマト「この殺人者め...」

空「ど、どうして...ヤマトがわたしを...」

ヤマト「>>49
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 22:57:33.64 ID:M7wZ1TB+0
殺人者が殺されるのは因果応報だと思わないか?
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:00:15.71 ID:lU/57Wn3O
連取りだから再安価か?
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:00:55.76 ID:eFISmL4d0
ピノッキモンあたりのヤマトを感じる
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 23:08:10.26 ID:/QPRBgCP0
すいません 最安価です↓
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:10:58.57 ID:M7wZ1TB+0
今まで3回まで連取りしても何も言わなかったのに荒らしが出てはいきなり連取り不可とどうなの?
まあ、仕方がないか……安価↓
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:12:27.40 ID:Z6HxlWnI0
いや別に荒らしじゃないでしょ。自分が気に入らないからって荒らし呼ばわりとか君安価スレ向いてないよ
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:12:44.87 ID:eFISmL4d0
俺が太一の親友だからだ
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 23:19:17.53 ID:/QPRBgCP0
ヤマト「俺が太一の親友だからだ」

空「し、親友...?」

ヤマト「あぁ...俺は親友の幸せを壊す奴を許さない!」

空「わたしは...太一に会いたかった...だけ」

ヤマト「...安らかに眠ってくれ空」

〜病院〜

太一「ヒカリは2度と歩けない...!?」

医者「その通りです」

太一「な、なぜ...」

医者「ナイフで刺された傷が原因です」

太一「>>57
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:22:28.04 ID:ySlqqt8Q0
なんか荒れちゃってごめんね。もうROMってます。安価なら下で
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:24:55.08 ID:3Wi4LXKwO
ちくしょう…
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 23:30:34.32 ID:/QPRBgCP0
太一「ちくしょう…」

医者「ですが...医学が進歩すれば治療法が見つかるかもしれません」

太一「どれだけ待てばいいんだよ...!」

医者「それは...わかりません」

太一「(俺は何もできないのか...ヒカリ)」

〜病室〜

太一「あ、あのな...ヒカリ...」

ヒカリ「私の足のことなんでしょ?」

太一「どうして...!?」

ヒカリ「自分の体のことぐらい分かるよ」

太一「ヒカリ...すまない」

ヒカリ「謝らないでお兄ちゃん。お兄ちゃんが居てくれるだけで私は幸せよ」

太一「>>60
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:35:43.26 ID:lU/57Wn3O
これからは面倒見てやるからな
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 23:42:34.63 ID:/QPRBgCP0
太一「これからは俺が面倒見てやるからな」

ヒカリ「ありがとう...お兄ちゃん」

太一「絶対に守ってやるからなヒカリ」

ヒカリ「嬉しい...お兄ちゃん」

〜数ヶ月後〜

ヒカリ「お兄ちゃん」

太一「どうしたヒカリ?」

ヒカリ「わたしはもう車椅子に慣れたから...学校を休まなくてもいいよ?」

太一「いやダメだ。ヒカリに寂しい思いはさせたくないからな」

ヒカリ「>>62
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:44:34.10 ID:Z6HxlWnI0
私のせいでお兄ちゃんの人生を奪いたくないの…だから学校にはちゃんと行って?
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/17(日) 23:51:02.75 ID:/QPRBgCP0
ヒカリ「私のせいでお兄ちゃんの人生を奪いたくないの…だから学校にはちゃんと行って?」

太一「ヒカリ...分かったよ学校にはちゃんと行くから、そんな悲しい顔はやめてくれ」

ヒカリ「うん」

太一「でも、何かあったら絶対に俺を呼べよ?授業中でもすぐに行くからな」

ヒカリ「分かったお兄ちゃん」

〜留置所〜

ヤマト「弁護士なんか呼ぶかよ!どうせ、俺は無罪にならないんだろ!?」

裕明「ヤマト...お前を助けたいんだ!だから...頼む!弁護士に依頼してくれ」

ヤマト「>>64
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:54:15.60 ID:lU/57Wn3O
うるせえ!!弁護士なんかより太一を呼べ!!
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 00:07:20.34 ID:DacfV+yp0
ヤマト「うるせえ!!弁護士なんかより太一を呼べ!!」

裕明「太一くんにそんな暇がない事はお前がよく知っているだろ!?」

ヤマト「うるせぇ...太一に会いたいんだ...太一...太一!!」

裕明「...ヤマト」

〜学校〜

太一「ダメですよ!夕飯を作らないといけないのに」

裕明「そこをなんとか...!」

太一「>>66
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 00:10:31.45 ID:rPwAx/Rg0
ヒカリが安心して過ごせるようにサッカーまで辞めたんです。他のことになんて時間を割くことはできませんよ!(帰る)
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 00:17:46.28 ID:DacfV+yp0
太一「ヒカリが安心して過ごせるようにサッカーまで辞めたんです。他のことになんて時間を割くことはできませんよ!」(帰る)

裕明「...ダメか...」

裕明「(太一くんがダメなら...タケル...!タケルならヤマトの心を動かす事が出来るかもしれない!)」

〜留置所〜

タケル「お兄ちゃん!」

ヤマト「た、タケル!?久しぶりだな」

タケル「久しぶり...どうしてお兄ちゃんはこんなとこに居るの!?」

ヤマト「空を...殺したからだ」

タケル「>>68
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 00:19:07.17 ID:ZA2fgvwZO
なんでそんなことしたの?
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 00:33:25.56 ID:DacfV+yp0
タケル「なんでそんなことしたの?」

ヤマト「空は...太一の幸せを壊そうとした...だからその幸せを壊される前に俺が...!」

タケル「お兄ちゃん...でも殺す事はなかった!」

ヤマト「タケル...帰ってくれ...頼むから」

タケル「...もう知らない!」

〜夢〜

ヤマト「ここは...公園...なぜ?」

空「ここはあなたの夢よヤマト」

ヤマト「空...!」

空「なんでわたしを殺したの?ヤマト、どうして?」

ヤマト「太一を守るためだ」

空「太一を守る為ならわたしを殺しても良かったの?」

ヤマト「>>70
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 00:35:08.65 ID:8Xx9EEEHO
ああ、そうだ!!
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 00:35:14.78 ID:lemwKktk0
お前みたいな危険人物を世に放っていたら何を起こすかわからないからな
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 00:40:56.28 ID:DacfV+yp0
ヤマト「ああ、そうだ!!」

空「悲しいわ...ヤマト...あなたに刺された時...痛かったのに...」

ヤマト「自業自得だろ!!」

空「許さないから...わたしはあなたを絶対に!!」

〜留置所〜

裕明「随分と酷いクマだな」

ヤマト「俺の夢に空が出た所為だよ」

裕明「夢に...?悪霊じゃないだろうな?」

ヤマト「>>73
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 00:41:58.67 ID:lemwKktk0
悪霊だろうが関係ないよ……どっちにしろ何もできやしない
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 06:28:05.49 ID:HKhVaDqo0
ガイジが沸いてて草生える
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 18:01:24.24 ID:DacfV+yp0
ヤマト「悪霊だろうが関係ないよ……どっちにしろ何もできやしない」

裕明「一応...お祓いしてもらった方がいいんじゃないか?」

ヤマト「必要ない...!それより太一を呼んでくれ!」

裕明「ヤマト...無理だ。分かってくれ」

ヤマト「畜生...ッ...太一...!」

〜歩道〜

太一「へぇ...ヤマトの家に泊まりに来てたのか」

タケル「うん!ねぇ、太一さん!」

太一「どうした?」

タケル「久しぶりにヒカリちゃんに会ってもいい?」

太一「>>76
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 18:10:02.28 ID:rPwAx/Rg0
ヒカリが会っても良いって言ったらな
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 18:31:19.85 ID:DacfV+yp0
太一「ヒカリが会っても良いって言ったらな」

タケル「ほんと!」

太一「だけど会ってくれるかわからないだろう?」

タケル「そう?会ってくれると思うけど」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「タケルくんが...?」

太一「久しぶりに会いたいんだってさ」

ヒカリ「...会いたくないよ」

太一「なぜ?」

ヒカリ「こんな姿、見られたくないから」

太一「>>78
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/18(月) 18:33:51.23 ID:lemwKktk0
気にするな。なんかあったら俺がタケルをぶん殴ってやるからさ(笑顔)
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 20:13:39.55 ID:DacfV+yp0
太一「気にするな。なんかあったら俺がタケルをぶん殴ってやるからさ」(笑顔)

ヒカリ「お兄ちゃん...うん...タケルくんに会う」

太一「そうか!」

ヒカリ「でも暴力はやめてねお兄ちゃん」

太一「分かってるよヒカリ」

〜数分後〜

タケル「ヒカリちゃん...その足は」

ヒカリ「タケルくんには見られたくなかったな...もう歩けないのわたし」

タケル「そんなことないよヒカリちゃん!」

ヒカリ「>>80
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 20:15:31.36 ID:l6UI7w41O
下手な慰めはやめてくれないかな
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/18(月) 20:25:00.51 ID:DacfV+yp0
ヒカリ「下手な慰めはやめてくれないかな」

タケル「慰めなんかじゃないよ...」

ヒカリ「...今日は帰ってタケルくん」

タケル「ヒカリちゃん...僕は信じてるから...また足が動かせるようになるって」

ヒカリ「...」

〜数分後〜

太一「タケルと何を話したんだ?」

ヒカリ「なんにもないよ...」

太一「なんにもないって事はないだろ?」

ヒカリ「>>82
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/18(月) 20:25:52.70 ID:lemwKktk0
…足がまた動かせるとか根拠がない慰めしてきた……
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 20:26:08.03 ID:HKhVaDqo0
別に意味のある話はしてないから
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 18:31:34.63 ID:Rotp7QJw0
ヒカリ「…足がまた動かせるとか根拠がない慰めしてきた……」

太一「タケルも知らなかったんだよ」

ヒカリ「そうだとしても...」

太一「とりあえず次にタケルに会ったら謝っておけよ」

ヒカリ「...うん」

〜???〜

空「ここは...」

イグドラシル「気がついたか?」

空「あなたは誰...?どうして私はここに...?」

イグドラシル「わたしはイグドラシル...。君に謝りたい事がある」

空「?」

イグドラシル「君に誤ってアポカリモンの因子を入れてしまってすまない...後で取り除こうと思っていたが...まさか死ぬなんて」

空「なにを...わたしが死んだ...!?」

イグドラシル「君は...石田ヤマトに殺されたのだよ」

空「>>85
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 18:33:01.43 ID:KW2Tb4Nf0
……でも殺されても仕方がないことをしたのよね……
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 18:40:32.97 ID:Rotp7QJw0
空「……でも殺されても仕方がないことをしたのよね……」

イグドラシル「その通りだ」

空「わたしは...なにをやったの?」

イグドラシル「君は八神太一の母親を殺した」

空「嘘でしょ...!わたしが太一のお母さんを...!」

イグドラシル「その通りだ」

空「償わないと...なにが太一達の償いになるの...?」

イグドラシル「>>87
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 18:43:42.32 ID:NRzcSzDn0
知らん。そんな事は私の管轄外だ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 18:52:36.33 ID:wF+Mmqj8O
デジタルワールドの神様になった兄さんは嫌いだ…
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 18:53:52.68 ID:Rotp7QJw0
イグドラシル「知らん。そんな事は私の管轄外だ」

空「そんな...どうすれば」

イグドラシル「はぁ...幽霊として復活させてやるから償う方法を探しにいけ」

空「いいの...?」

イグドラシル「いいから!」

空「...分かったわ」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「...気の所為かな...人の気配がする」

空『ヒカリちゃん...歩けなくなって...どうすれば』

ヒカリ「...今日はもう寝よ」

空『>>90
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 18:54:37.40 ID:KW2Tb4Nf0
夢に干渉できたりしないかしら…私の姿も変えて
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 19:05:03.48 ID:Rotp7QJw0
空『夢に干渉できたりしないかしら…私の姿も変えて』

空『...一か八か試してみよう』

〜夢〜

ヒカリ「ここは...わたしの部屋?」

空「気がついた?」

ヒカリ「あなたは誰?」

空「わたしはそ...!天使よ!(危ないわ...)」

ヒカリ「天使?なんで天使がわたしの部屋に?」

空「>>92
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:17:53.47 ID:NRzcSzDn0
(………あれ、ここからどうすればいいんだっけ?特に考えなしで干渉しちゃったわ…慰めは…駄目ね、歩けない人に歩ける人がいつか歩けるようになるだの希望を捨てるなだの言っても嫌味にしか聞こえないわ…ど、どうしましょう…)
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 19:31:41.08 ID:Rotp7QJw0
空「(………あれ、ここからどうすればいいんだっけ?特に考えなしで干渉しちゃったわ…慰めは…駄目ね、歩けない人に歩ける人がいつか歩けるようになるだの希望を捨てるなだの言っても嫌味にしか聞こえないわ…ど、どうしましょう…)」

ヒカリ「どうしたの?」

空「え、えーっと...」

ヒカリ「もしかして...私を迎えに来たの!?」

空「違うわよ!」

ヒカリ「そっか...良かった...。...聞いてもいい?」

空「なに?」

ヒカリ「お母さん...元気にしてる?」

空「それは...分からないわ」

ヒカリ「>>94
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:32:31.46 ID:7W4hDDty0
そっか、天国に行けてるといいんだけど…
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 19:42:00.51 ID:Rotp7QJw0
ヒカリ「そっか、天国に行けてるといいんだけど…」

空「...今度来る時に聞いて来るからね」

ヒカリ「ほんと?約束だよ!」

空「...えぇ」

〜???〜

イグドラシル「戻って来たな。君に客だ」

空「客...?」

裕子「久しぶりね空ちゃん」

空「太一の...お母さん!?」

裕子「あなたが償い方を探してると聞いて来たの」

空「...」

裕子「イグドラシルがわたしの体であなたを蘇生させてもいいって言ってたわ」

空「もしかして...」

裕子「あなたの償いは太一達の母親として生きていく事よ」

空「>>96
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:44:02.36 ID:2t/fok0nO
え、いやそれはちょっと・・・
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:44:20.35 ID:KW2Tb4Nf0
私よりもあなたが元の体で蘇生すればいいのでは……?
私が払える対価は払えますからそれが一番いいはずです!
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 19:49:02.89 ID:Rotp7QJw0
空「え、いやそれはちょっと・・・」

裕子「嫌なの?ならどうやって償うのよ」

空「それを考えてるんです...」

裕子「考えてる暇があるなら私の体で生き返りなさい」

空「...なら裕子さんが生き返ればいいじゃないですか!」

裕子「わたしには無理よ」

空「なぜですか!?」

裕子「>>99
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:50:43.72 ID:wF+Mmqj8O
生まれ変わって新しい人生をエンジョイするからに決まってるでしょ!
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:51:38.52 ID:KW2Tb4Nf0
この世界でもクズだったwwwww
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 19:57:57.19 ID:Rotp7QJw0
裕子「生まれ変わって新しい人生をエンジョイするからに決まってるでしょ!」

空「酷い!太一とヒカリちゃんはどうでもいいの!?」

裕子「心配に決まってるでしょ!だからあなたに任せるのよ!」

空「滅茶苦茶いわないで!11歳のわたしが子育てなんて...無理に決まってるでしょ!」

裕子「そんなの知らないわ!...じゃあね」

空「あっ...」

〜数分後〜

イグドラシル「本当に八神裕子の体で生き返るのか?」

空「...だって罪を償わないと生まれ変われないって言われたから、仕方ないわよ」

イグドラシル「...なら情けで八神裕子の年齢を変えてあげよう何歳がいい?」

空「>>102
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:58:34.11 ID:7W4hDDty0
10歳!
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 19:59:21.17 ID:wF+Mmqj8O
母親???
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:28:00.81 ID:Rotp7QJw0
空「10歳がいいです!!」

イグドラシル「分かった叶えよう」

空「あの...10歳の体で生き返ったら矛盾が生まれませんか?」

イグドラシル「大丈夫だ。辻褄の合うようにするから」

空「そう...ですか」

〜病院〜

裕子「ここは...?」

医者「お目覚めですか?」

裕子「は、はい...」

医者「なんとかあなたを蘇生する事は出来たのですが...体が10歳当時の肉体となってしまいました」

裕子「>>105
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:32:04.78 ID:NRzcSzDn0
つまりまた小学生からやり直せるわけね
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:32:14.05 ID:C3GlmiSgO
そうなんですか……(冗談でも10歳なんて言うべきじゃなかったかもしれないわ……)
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:36:33.85 ID:Rotp7QJw0
裕子「つまりまた小学生からやり直せるわけね」

医者「は、はい...そうなりますが...」

裕子「なら良かった...」

医者「(一体どうしたんだ...?)」

〜太一の家〜

太一「姿が変わっても母さんは母さんだから」

裕子「ありがとう太一...でも、記憶障害なのよわたし?」

ヒカリ「関係ないよ...!お母さんが生きててくれて嬉しい...きっと天使が生き返らせてくれたのね」

裕子「>>108
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:38:14.00 ID:7W4hDDty0
そ、そうね…(本人達がうれしそうだしいっか!)
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 22:51:26.48 ID:Rotp7QJw0
裕子「そ、そうね…(本人達がうれしそうだしいっか!)」

太一「本当に今日はいい日だよ!父さんも久しぶりに帰ってくるし」

裕子「えっ...」

ヒカリ「ほんと!楽しみだな...」

裕子「(どうしよう...)」

〜その夜〜

進「会いたかった裕子...!」(抱きしめる)

裕子「く、苦しいわ...」

太一「父さん幸せそうだな」

ヒカリ「そうだねお兄ちゃん!」

進「子供の頃も可愛いな...ヒカリにそっくりで」

裕子「>>110
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 22:53:36.24 ID:NRzcSzDn0
(これ…近所の人から誤解されて太一達のお父さんが通報されたりする可能性あるんじゃないかしら…)
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:00:26.73 ID:Rotp7QJw0
裕子「(これ…近所の人から誤解されて太一達のお父さんが通報されたりする可能性あるんじゃないかしら…)」

進「もう離さないからな...」

裕子「それは困るわ...」

〜次の日〜

太一「母さん?どこに行くんだ?」

裕子「小学校だけど?」

太一「母さん!ヒカリの世話は!?」

裕子「進さんが...」

太一「父さんならもう仕事に行ったよ

裕子「で、でも...」

太一「>>112
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:02:26.96 ID:wF+Mmqj8O
精神は大人のままの母さんが今更小学校なんて言っても苦痛なだけだろ?だから学校なんて行かなくてもいいよ!
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:04:33.05 ID:wF+Mmqj8O
すいません苦痛じゃなくて退屈でおなしゃす
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:09:58.67 ID:Rotp7QJw0
太一「精神は大人のままの母さんが今更小学校なんて言っても退屈なだけだろ?だから学校なんて行かなくてもいいよ!」

裕子「で、でも...小学校に行ってみたい気持ちもあるし」

太一「母さん...気持ちは分かるけど、ヒカリを頼むよ!」

裕子「あっ...太一...行っちゃった」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「お母さん!絵本読んで!」

裕子「いいけど...全部、幼稚園の子が読むようなものよ?」

ヒカリ「それでもいいの!ダメ...?」

裕子「>>115
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:13:20.04 ID:7W4hDDty0
わかったわ…(まぁ、これも償いのうちの一つと割り切りましょう…)
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:23:49.40 ID:Rotp7QJw0
裕子「わかったわ…(まぁ、これも償いのうちの一つと割り切りましょう…)」

ヒカリ「ほんとに!!」

裕子「別にいいのよ...(償いだから...)」(頭を撫でる)

ヒカリ「お母さんありがとう///」

〜その夜〜

裕子「今日は疲れたわ...」

太一「どうして?」

裕子「ヒカリのお世話をしてたからよ...」

太一「母さん...今日はもう休んで」

裕子「そうするわ」

太一「>>117
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:28:34.67 ID:NRzcSzDn0
また明日からもよろしくな!
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:33:26.37 ID:Rotp7QJw0
太一「また明日からもよろしくな!」

裕子「...わ、分かったわよ」

〜次の日〜

太一「母さん...どこに?」

裕子「小学校に決まってるでしょ?」

太一「ヒカリはどうするんだよ!?」

裕子「ヒカリに言ったら学校に行ってもいいって言われたからよ」

太一「>>119
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:40:19.16 ID:wF+Mmqj8O
ヒカリは優しいから自分の本心を押し殺してそう言ったに決まってるだろ!娘に寂しい思いさせてまで小学生に戻りたいのか!?
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/19(火) 23:54:43.83 ID:Rotp7QJw0
太一「ヒカリは優しいから自分の本心を押し殺してそう言ったに決まってるだろ!娘に寂しい思いさせてまで小学生に戻りたいのか!?」

裕子「ヒカリが言ったからいいでしょ!...もう行くわね太一」

太一「母さん...」

ヒカリ「お兄ちゃん...いいの」

太一「ヒカリ?」

ヒカリ「わたしは一人でも平気だから...」

太一「...学校が終わったら早く帰る」

〜教室〜

裕子「(わたしは...4年生だから元の年齢と1歳違いか...)」

ミミ「あなたが転校生?」

裕子「ミミちゃん!?」

ミミ「えっ...知り合いだった?」

裕子「あー...名札に名前が」

ミミ「そっか!じゃあ、改めて、わたしは太刀川ミミよろしくね!」

裕子「>>121
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 23:56:12.47 ID:KW2Tb4Nf0
よ、よろしく!
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:05:15.94 ID:0ysx34AI0
裕子「わたしは八神裕子...よ、よろしく!」

ミミ「八神裕子か...」

裕子「どうしたの?」

ミミ「知り合いに同じ名前の人が居たから...」

裕子「そう...」

〜放課後〜

裕子「太一!小学校って楽しいわね!」

太一「別に楽しくないって」

裕子「そ、そう...?(久しぶりに学校に行けたら嬉しいのに...)」

太一「それより早く帰ってやらないと」

裕子「心配ないと思うけど」

太一「>>123
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:06:31.23 ID:OcaxmYTT0
…本当に母さんか?母さんならヒカリをそんな蔑ろにしたりしないぞ?
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:07:58.94 ID:5s0FVkMI0
……本物は新しい人生をエンジョイすると言ってどっかに行きましたけどね……
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:09:31.71 ID:OcaxmYTT0
太一「知らん。そんな事は俺の管轄外だ」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:15:08.22 ID:0ysx34AI0
太一「…本当に母さんか?母さんならヒカリをそんな蔑ろにしたりしないぞ?」

裕子「そんなこと言われたって...記憶障害なんだから...」

太一「悪い...」

裕子「謝ることはないわ...」

〜ヒカリの部屋〜

太一「ただいまヒカリ」

ヒカリ「おにいちゃん、おかえりなさい!」

太一「ヒカリ...?車椅子をどうして動かさないんだ?」

ヒカリ「ひとりじゃダメだよ...」

太一「>>126
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:15:53.38 ID:0ysx34AI0
安価↓
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:15:56.08 ID:5s0FVkMI0
……辛いかもしれないが、これはお前の為なんだ。
1人でも動かせるようにならないとだめだぞ?
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:24:21.86 ID:0ysx34AI0
太一「……辛いかもしれないが、これはお前の為なんだ。1人でも動かせるようにならないとだめだぞ?」

ヒカリ「ひとりじゃできないよ...」

太一「(おかしい...昨日までは動かせたはず...?医者に来て貰おう)」

〜2時間後〜

裕子「太一?夕飯の材料を買って来たわよ」

太一「母さん...ヒカリのことなんだが」

裕子「どうしたの?」

太一「明日からヒカリの世話を頼むよ」

裕子「えっ...どうして?なにかあったの?」

太一「精神科の医者に診てもらったんだが...ヒカリは赤ちゃん返りしてるらしい」

裕子「原因は!?」

太一「母さんが小学校に行くからだよ!」

裕子「>>130
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:29:29.60 ID:skUIpOrb0
(じょ、冗談じゃないわ!せっかく小学生くらいの年齢にしてもらって新しい人生を歩むつもりだったのに、こんな所で躓くなんて、絶対に嫌!!なんとしてでも上手く言いくるめないと!!)
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 00:35:57.37 ID:0ysx34AI0
裕子「(じょ、冗談じゃないわ!せっかく小学生くらいの年齢にしてもらって新しい人生を歩むつもりだったのに、こんな所で躓くなんて、絶対に嫌!!なんとしてでも上手く言いくるめないと!!)」

裕子「た、太一じゃダメなの?わたしよりも太一の方が適任だと思うの」

太一「出来たらしてるさ!医者に母親じゃなければダメだって言われたんだ!...とにかく!ヒカリとずっと一緒に居て貰うからな」

裕子「わ、分かったわ...(償いよ...償いよ)」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「ママ...どこに行ってたの...?」

裕子「学校よ」

ヒカリ「もうどこにもいかないでね...?さみしいのはいやだから...」

裕子「>>132
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:37:49.47 ID:OcaxmYTT0
わ、わかったわ…(くっ…このままじゃ…誰か代わりにヒカリちゃんの面倒を見てくれそうな人を探さなきゃ…)
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 00:40:13.27 ID:fdKmY58JO
母親じゃないとあかんって言われとるやんけww
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 20:36:53.04 ID:0ysx34AI0
裕子「わ、わかったわ…(くっ…このままじゃ…誰か代わりにヒカリちゃんの面倒を見てくれそうな人を探さなきゃ…)」

ヒカリ「うれしい...」

裕子「...わたしもよ(早く見つけないと...)」

〜次の日〜

奈津子「ヒカリちゃんの面倒を?」

裕子「お願いしてもいいですか?」

奈津子「わたしはダメですよ!タケルが居るし、仕事もあるんだから!」

裕子「>>135
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 20:38:49.50 ID:zOKCNwP/O
そ、そこをなんとか!
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 20:45:06.55 ID:0ysx34AI0
裕子「そ、そこをなんとか!」

奈津子「そもそも、自分の子を他人に任せるなんてどうかしてるわ!帰って!」

裕子「(...どうしよう)」

〜保育園〜

女「えっ...8歳の女の子をですか!?」

裕子「はい...!お願いしてもいいですか!?」

女「えーと...それは少し無理が...それに今は2〜3歳以下しか入れる空きがないので」

裕子「中身は3歳以下なんです!」

女「それでも...」

裕子「>>137
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 20:47:37.10 ID:5s0FVkMI0
ここを断られたらどこに行けばいいんですか!! ホロリ(こうなったら泣き落としよ!)
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 20:55:16.98 ID:0ysx34AI0
裕子「ここを断られたらどこに行けばいいんですか!! ホロリ(こうなったら泣き落としよ!)」

女「...わかりました。預からせてもらいます」

裕子「ありがとうございます!(これでやっと自分の時間が作れるわ!」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「ほいくえん?」

裕子「そうよ!ヒカリは明日からそこに行くのよ」

ヒカリ「やだ...ママといっしょがいい...」

裕子「>>139
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 20:57:01.24 ID:zOKCNwP/O
ママとは家でいくらでも一緒に居られるでしょう!?私を困らせないで!!(裕子さんが新しい人生エンジョイするんなら私だって新しい人生エンジョイする権利がある筈!その邪魔は誰にもさせないわよ!!)
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 21:12:10.10 ID:0ysx34AI0
裕子「ママとは家でいくらでも一緒に居られるでしょう!?私を困らせないで!!(裕子さんが新しい人生エンジョイするんなら私だって新しい人生エンジョイする権利がある筈!その邪魔は誰にもさせないわよ!!)」

ヒカリ「ごめんなさい...ごめんなさい」

裕子「分かればいいのよ。いい子にするのよ」

ヒカリ「...うん」

〜次の日〜

光子郎「太一さん?満足した様な顔をしてどうしたんです?」

太一「いや〜やっと母さんがヒカリの面倒を見る気になったから安心したなって」

光子郎「...でもいやな予感がします」

太一「>>141
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 21:13:40.70 ID:5s0FVkMI0
脅かすこと言うなよ……今は本当に平和なんだから……
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 21:26:20.58 ID:0ysx34AI0
太一「脅かすこと言うなよ……今は本当に平和なんだから……」

光子郎「すみません...嫌な話は忘れましょう」

太一「...だな」

光子郎「これから映画にでも行きましょうか?」

太一「面白い映画があればいいが」

〜チケット売り場〜

タケル「あれ?太一さんに光子郎さん!」

太一「タケル?久しぶりだな!」

光子郎「一人ですか?」

タケル「いや、お兄ちゃんと一緒だよ!」

太一「あれ?ヤマトって留置所に居たはず...」

タケル「>>143
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 21:28:18.11 ID:zOKCNwP/O
なんか「どうせ空の次はまた別の選ばれし子供がキチガイにされるだけだから、せめてまともで居られる内に人生楽しんどこう」とか言って出てきました
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 21:29:12.61 ID:5s0FVkMI0
それって脱獄……
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/20(水) 21:33:46.75 ID:0ysx34AI0
タケル「なんか「どうせ空の次はまた別の選ばれし子供がキチガイにされるだけだから、せめてまともで居られる内に人生楽しんどこう」とか言って出てきました」

太一「そうだったのか...っで?そのヤマトはどこに?」

ヤマト「ここだよ太一!」

光子郎「うわぁ!いつの間に...」

太一「驚かすなよヤマト!」

ヤマト「悪い悪い!いや〜留置所から出られて本当にハッピーな気分なんだ!」

太一「なんか性格変わってないか?」

ヤマト「>>146
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 21:35:52.47 ID:5s0FVkMI0
違う世界の記憶を思い出したからな〜今まで反省を生かすつもりさ!

まあ、そんなことよりもお前たちも映画か?
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 21:48:55.58 ID:zOKCNwP/O
別世界の記憶なのに思い出すとは
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 21:58:04.73 ID:RL+b8LLdO
とりあえず今まで見てないと判らない事するならURL用意しろよ>>1
義務だろ
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 00:21:08.62 ID:shOE6hzL0
ヤマト「違う世界の記憶を思い出したからな〜今まで反省を生かすつもりさ!」

太一「よ、良かったな(別の世界ってなんだ?)」

ヤマト「まあ、そんなことよりもお前たちも映画か?」

光子郎「は、はい...」

ヤマト「目的は同じだから一緒に観ようぜ」

光子郎「いいですけど...ぼくらはホラーを見るんですが?」

ヤマト「俺たちと同じだな!」

タケル「>>150
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:23:37.79 ID:epm2eV8h0
僕はちょっと苦手だな…お兄ちゃん、手を握っててくれる?
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 00:29:03.64 ID:shOE6hzL0
タケル「僕はちょっと苦手だな…お兄ちゃん、手を握っててくれる?」

ヤマト「いいぜ...」

タケル「ありがとう...怖い映画は慣れてなくて」

太一「じゃあ、早くスクリーンに行こうぜ」

光子郎「そうですね」

〜喫茶店〜

裕子「うーん...!やっぱり自分だけの時間っていいわね!」

ミミ「そう?」

裕子「そうよ!本当に子供の世話は...疲れるから嫌ね」

ミミ「>>152
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/21(木) 00:40:13.42 ID:epm2eV8h0
そういう発言は良くないんじゃない?
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 00:45:56.49 ID:shOE6hzL0
ミミ「そういう発言は良くないんじゃない?」

裕子「そうだけど...経験したら分かるようになるわよ」

ミミ「わたしは空さんみたいにはならないけどね」

裕子「そう?...えっ?今、なんって...」

ミミ「空さんみたいにって言ったの!わたし気づいてたあなたが空さんって」

裕子「い、いつから」

ミミ「最初からよ」

裕子「>>154
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:48:39.95 ID:k1zNKu56O
……なんでわかったの?
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 00:56:56.03 ID:shOE6hzL0
裕子「……なんでわかったの?」

ミミ「空さんの感じがしたから分かったのよ」

裕子「感じってなに?」

ミミ「特別な感情...空さんはわたしにとって初恋の人だから///」

裕子「え、えぇ!私達...同性よ!?」

ミミ「愛に性別なんて関係ないわ!」

裕子「>>156
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 01:01:18.26 ID:EimIWnNF0
………ごめん、ミミちゃん…ちょっと離れて…近い、かな…(ドンビキ
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 01:14:22.80 ID:shOE6hzL0
裕子「………ごめん、ミミちゃん…ちょっと離れて…近い、かな…」(ドンビキ)

ミミ「この距離がいいの///」

裕子「えぇ...」

ミミ「空さん...ヒカリちゃんのお世話が大変っていいましたよね」

裕子「う、うん...でも保育園に預けてるから」

ミミ「良くないわ!2人でヒカリちゃんを育て直しましょ!2人で母親になろ?」

裕子「で、でも太一が許してくれないわ」

ミミ「>>158
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 01:15:18.30 ID:Roqjd30nO
なら太一さんを始末すればいいのよ!(マジキチスマイル)
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 01:38:12.60 ID:shOE6hzL0
ミミ「なら太一さんを始末すればいいのよ!(マジキチスマイル)

裕子「太一を殺す...!?」

ミミ「そうすれば私はヒカリちゃんの母親に...!?」

裕子「どうしたの!?」

ミミ「ヒカリちゃんが私の娘になるって事は...太一さんも私の息子になるってことよね」

裕子「!?」

ミミ「>>160
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 01:39:32.29 ID:RW1+4atK0
うーん…魅力的な案だけど、太一さんの場合調教が面倒くさそうだからなぁ…やっぱり男の子なんていーらない!!
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/21(木) 01:39:36.83 ID:epm2eV8h0
だから、やっぱ殺すのはやーめた

説得するには催眠術でも使いましょう♪
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 01:44:36.54 ID:EimIWnNF0
クレイジーサイコレズ太刀川爆誕
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 01:47:08.10 ID:shOE6hzL0
ミミ「うーん…魅力的な案だけど、太一さんの場合調教が面倒くさそうだからなぁ…やっぱり男の子なんていーらない!!」

裕子「や、やめて!太一を殺さないで!」

ミミ「なんで止めるの?」

裕子「お願い...息子を殺さないで!」

ミミ「なに言ってるの...?空さんは太一さんを産んでないじゃない!」

裕子「そうだけど...殺したらダメよ!」

ミミ「...」

〜太一の家〜

太一「ただいま...母さん?」

ミミ「太一さん」

太一「ミミちゃん?どうしてここに?」

ミミ「>>164
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/21(木) 01:47:37.97 ID:epm2eV8h0
死んでね ニッコリ
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 18:45:56.66 ID:shOE6hzL0
ミミ「死んでね」ニッコリ

太一「えっ...」

ザシュッ!!

太一「ぐはっ...ミミちゃん...どうして」

ミミ「愛する人との生活にはあなたは邪魔なの...だから死んで」

太一「あ、愛する人...」

裕子「やめてミミちゃん!殺さないって約束でしょ!」

ミミ「大丈夫ですよ太一さんの肉体を殺すだけですから」

太一「(ダメだ...意識が...)」

〜病院〜

太一「(ここは...)」

タケル「気がついた?」

太一「病院...のベッド?」

タケル「そうだよ!ヒカリちゃん」

太一「えっ...ヒカリ?」

タケル「なに言ってるのヒカリちゃん?」

太一「>>166
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/21(木) 18:46:54.57 ID:epm2eV8h0
誰だ……君は?
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 19:03:50.46 ID:5iGxKpiPO
最安価はよ。
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 19:49:37.38 ID:EimIWnNF0
まぁそこまで人多いスレってわけでもないし一回くらいならいいんじゃないの
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 19:50:05.06 ID:QMONZXbfo
駄目に決まってんだろ二窓か?
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/21(木) 19:52:05.62 ID:epm2eV8h0
違うのに二窓とか言われても困る。
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 19:55:51.17 ID:EimIWnNF0
いやだって現に>>1もそのまま進めてるじゃん?
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 20:59:45.34 ID:Vjk/Cofh0
なんでこのスレから再安価しろが出てきてしまったのか
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 21:21:53.50 ID:QMONZXbfo
二窓かって言ってるのに当たり前のようにID替えずに間を置かずに書き込み
どうせ>>1が自演してるんだろうが、それなら初めから安価無しでやればいいのに
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/21(木) 21:34:16.34 ID:epm2eV8h0
>>173
いや、俺>>1じゃないし……勝手に自演しているとか>>1が可哀そうだからやめてあげて欲しいと思う
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/22(金) 00:28:33.26 ID:iC56wOCq0
太一「誰だ……君は?」

タケル「タケルだよ!覚えてないの...?」

太一「なにも...思い出せない」

〜ミミの部屋〜

裕子「本当に良かったの...太一をヒカリちゃんの体に変えて」

ミミ「うん!その方が可愛いでしょ?」

裕子「本物のヒカリちゃんはどうするの?」

ミミ「もちろん、私達の娘として大切に育てます」

裕子「>>176
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 00:28:59.29 ID:p1s8qBUpo
自分は安価二重にとったりするけど>>1の迷惑にならない事はして欲しくないと
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/22(金) 00:35:52.61 ID:B6+dWtR60
正気!?それなら、勝手にして!私は知らないからね!!(こんなクレイジーサイコレズとは関わっていられないわ!)
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/22(金) 00:41:53.19 ID:iC56wOCq0
裕子「正気!?それなら、勝手にして!私は知らないからね!!(こんなクレイジーサイコレズとは関わっていられないわ!)」

ミミ「そんなこと言わないで空さん...」(抱きつく)

裕子「み、ミミちゃん...」

ミミ「今のヒカリちゃんは赤ん坊同然です。だから私達が母親になってあげないと」

裕子「ミミちゃん!わたしはレズじゃないの!それにヒカリちゃんもそれは望んでないわ!」

ミミ「>>179
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 00:48:42.77 ID:lfSlctff0
ヒカリちゃんを見捨てた空さんがそんなこと言っても説得力ありませんよ(そう言いながらスタンガンを当てる)
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 00:54:11.06 ID:LFaq9zGG0
結局連取り制限は最初だけか。なら今後は今まで通りでいいって事だな
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/22(金) 00:56:58.64 ID:B6+dWtR60
>>180
やりすぎたらまた制限させるだろうから気を付けた方がいいぞ
また同じような奴が出る可能性はあるし
安価↓
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 01:00:33.73 ID:LFaq9zGG0
やり過ぎって何を?
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/22(金) 01:03:06.02 ID:B6+dWtR60
>>182
連取り。誰かが取り過ぎたせいで禁止になっていたから
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 01:09:08.40 ID:LFaq9zGG0
あれは今までのスレでも何度か言われてたのに一向に改善しようとしなかった>>1サイドにも十分問題あったと思うけどね。
それこそ>>1の過去スレなんて同じIDの奴が4回近く取ってる事とか普通にあったし。
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 11:48:50.80 ID:pRCBtV0JO
こんな中途半端なことするくらいなら最初から制限するなんて言わなきゃいいのに
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 21:22:41.27 ID:0wPZCuPc0
あの時は中途半端でもしなかったら再安価しろと絶対言い続けたと思うぞ
今も怪しいし
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 21:24:00.18 ID:0wPZCuPc0
すまん絶対はないな
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/23(土) 19:29:16.83 ID:DvUJ/pg+0
ミミ「ヒカリちゃんを見捨てた空さんがそんなこと言っても説得力ありませんよ」(そう言いながらスタンガンを当てる)

裕子「み、ミミちゃん...」(倒れる)

ミミ「さてと...目を覚ます前に運ぼう///」

〜???〜

イグドラシル「空が死ぬ前に時間を戻せ?」

ヤマト「そうだ!元はお前のせいだろう!」

イグドラシル「仕方ないな...」

ヤマト「>>189
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/23(土) 20:07:08.61 ID:jrEE0O1g0
ちょっと待て……今までも巻き戻したらうまくいかなかった世界があっはず……

巻き戻す前に今回の危険人物をリストアップしてくれないか?
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/23(土) 20:17:33.66 ID:DvUJ/pg+0
ヤマト「ちょっと待て……今までも巻き戻したらうまくいかなかった世界があっはず……?巻き戻す前に今回の危険人物をリストアップしてくれないか?」

イグドラシル「いいだろう...危険な人物は2人だ」

ヤマト「誰だ?」

イグドラシル「丈とミミだ」

ヤマト「なんだって!」

イグドラシル「>>191
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 20:22:46.13 ID:qN/Cj/i3O
今回は丈の方はまだ動きを見せていないが……ミミはクレイジーサイコレズだ。
気を付けろ……
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/23(土) 20:36:50.92 ID:DvUJ/pg+0
イグドラシル「今回は丈の方はまだ動きを見せていないが……ミミはクレイジーサイコレズだ」

ヤマト「...教えてくれてありがとうな」

イグドラシル「気を付けろ…...」

ヤマト「あぁ...」

〜教室〜

ヤマト「こ、ここは...戻ったのか?」

空「どうしたのヤマト?」

太一「体調が悪いのか?」

ヤマト「空が生きてる...」

空「>>193
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/23(土) 20:37:53.74 ID:jrEE0O1g0
おかしなことを言うわね……熱でもあるんじゃない?
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/23(土) 20:45:08.18 ID:DvUJ/pg+0
空「おかしなことを言うわね……熱でもあるんじゃない?」

ヤマト「あ、あぁ...そうかもな」

太一「大丈夫かよ?保健室に行くか?」

ヤマト「だ、大丈夫だ」

空「なら良かったけど...」

〜歩道〜

ミミ「あっ!空さん!」

空「ミミちゃん!偶然ね!」

ミミ「うん///空さんに会えるなんて嬉しい...」

空「お、大袈裟よ」

ミミ「>>195
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 21:12:23.95 ID:RUm4KddvO
早速愛を愛を確め合いましょう(ヌギヌギ
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/23(土) 21:23:04.90 ID:DvUJ/pg+0
ミミ「早速愛を愛を確め合いましょう」(ヌギヌギ)

空「こんなとこで脱がない!...もう行くから!!」(走り去る)

ミミ「空さん...恥ずかしがって...///」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「ふーん...ミミさんが」

空「あの後、ずっと付いてきたの...だからしばらく匿って」

ヒカリ「いいよ!」

空「ありがとう」

ヒカリ「>>197
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/23(土) 21:25:12.82 ID:jrEE0O1g0
テレビの話だとストーカー被害って被害の証拠が実際ないと警察は動いてくれないみたい

万が一の為にカメラで撮るか録音しないとね
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/23(土) 22:24:07.33 ID:DvUJ/pg+0
ヒカリ「テレビの話だとストーカー被害って被害の証拠が実際ないと警察は動いてくれないみたい」

空「そうなの?」

ヒカリ「うん。だから、万が一の為にカメラで撮るか録音しないとね」

空「教えてくれてありがとうヒカリちゃん」

ヒカリ「いいの!この間、テレビで知った事だし」

〜丈の部屋〜

丈「移植は成功だよ」

ミミ「やったー!私のお腹に空さんの赤ちゃんが...///」

丈「最後に聞くけど?本当に産むの?」

ミミ「>>199
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 22:34:19.62 ID:bI6VfIXPO
当たり前ですよ
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/24(日) 17:07:36.56 ID:zp7j9Yne0
ミミ「当たり前ですよ!」

丈「なら良かった。大切に育てなよ」

ミミ「はい...///」

〜リビング〜

太一「ふーん...しばらく泊まるのか」

空「うん...ミミちゃんが怖くて...」

太一「なら好きなだけ居ろよな」

空「ありがとう太一。でもヒカリちゃんはいいの?ベッドが狭くなるのよ?」

ヒカリ「大丈夫!お兄ちゃんと寝るから///」

太一「>>201
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 17:33:10.25 ID:VFkBv39g0
やれやれ…仕方がない奴だ……
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/24(日) 17:51:58.79 ID:zp7j9Yne0
太一「やれやれ…仕方がない奴だ……」

空「仲がいいのね...本当に」

ヒカリ「うん!だってお兄ちゃんが1番好きだから!」

太一「ヒカリ...」

〜その夜〜

空「なかなか眠れない...ん?」

ヒカリ「この実があればお兄ちゃんを...///」

空「なにしてるの?」

ヒカリ「そ、空さん!?」

空「その果物は?」

ヒカリ「...ら、ライチです」

空「...そんな形だったライチって?」

ヒカリ「>>203
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 18:24:18.19 ID:VFkBv39g0
じ、実は珍しいライチなんです……お兄ちゃんに食べさせたくって
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/24(日) 23:28:28.73 ID:zp7j9Yne0
ヒカリ「じ、実は珍しいライチなんです……お兄ちゃんに食べさせたくって」

空「そうだったの...なら明日、食べさせて上げて...もう遅いから...」

ヒカリ「は、はい...(バレなくて良かった)」

〜次の日〜

太一「今日は映画に行こうかヒカリ」

ヒカリ「うん!」

空「今日は学校じゃ...」

太一「関係ないよ」

ヒカリ「そうだよ空さん!」

空「>>205
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 23:37:54.87 ID:V/mw1O8I0
………そう(この世界のヒカリちゃんは駄目ね。時期にキチガイサイドに堕ちるわ)
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/26(火) 15:22:57.34 ID:D4KoRzBN0
空「………そう(この世界のヒカリちゃんは駄目ね。時期にキチガイサイドに堕ちるわ)」

太一「じゃあ、そろそろ行くから」

ヒカリ「じゃあね空さん!」

〜リビング〜

空「...(前の世界の記憶が戻ったのはいいけど...ミミちゃんはどうして前と同じなのよ)」

空「どうにかしないと...」

ピンポーン!

空「は、はい!」

ガチャッ!

ヤマト「太一...ってなんで空が太一の家に?」

空「>>207
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 16:08:43.17 ID:aagPYLy4O
実はね…かくかくしかじか…と言うわけなの
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/26(火) 16:15:38.91 ID:D4KoRzBN0
空「実はね…かくかくしかじか…と言うわけなの」

ヤマト「なんだと...?まさか空も前の記憶があるなんて」

空「ヤマトもなの!?」

ヤマト「あぁ...」

空「ならミミちゃんを何とするのに協力して」

ヤマト「>>209
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/26(火) 16:16:38.99 ID:yuTiUOKY0
ああ、わかった。

だが、最悪の場合は殺すことになるだろうが……それでもいいか?
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/26(火) 16:29:31.18 ID:D4KoRzBN0
ヤマト「ああ、わかった。だが、最悪の場合は殺すことになるだろうが……それでもいいか?」

空「できれば殺したくはないけど...もしそうなったら仕方ないわね」

ヤマト「なら作戦を考えよう」

空「うん」

〜???〜

丈「お腹も随分と大きくなったね」

ミミ「うん...もう少しでこの子に会えるのね」

丈「そうだよ!(胎児の成長速度を速めて正解だったな)」

ミミ「いつ生まれるの?」

丈「明日さ」

ミミ「>>211
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/26(火) 16:52:58.57 ID:yuTiUOKY0
最高ね!楽しみだわ!
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/26(火) 19:23:14.53 ID:D4KoRzBN0
ミミ「最高ね!楽しみだわ!」

丈「ふふっ喜んでもらえてなによりだよ」

ミミ「(この子が産まれたら空さんに認知して貰おう!)」

〜太一の家〜

太一「なんでヤマトが?」

ヒカリ「いるんですか?」

ヤマト「俺もしばらくお世話になるよ」

ヒカリ「>>213
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 19:25:33.31 ID:aagPYLy4O
きちんとした理由を言って
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/27(水) 22:31:13.94 ID:3wwy8OEh0
ヒカリ「きちんとした理由を言って!」

ヤマト「空にストーカーしているミミちゃんを止める為だ」

ヒカリ「ダメだよ」

太一「ヒカリ?」

空「何がダメなの?」

ヒカリ「ミミさんを止めたら暴走すると思うの...だから空さん!覚悟を決めて」

空「>>215
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 22:32:46.93 ID:JfcuEczJO
そんなの勝手じゃない!
ヒカルちゃんは同じ目に遭ったら覚悟決められるの!?
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/27(水) 22:40:24.12 ID:3wwy8OEh0
空「そんなの勝手じゃない!ヒカルちゃんは同じ目に遭ったら覚悟決められるの!?」

ヒカリ「...それは...」

空「わたしは嫌なの!ヤマト!部屋で作戦会議よ!」

ヤマト「あぁ」

ヒカリ「...」

〜次の日〜

ヤマト「いい作戦は思いつかないな...」

空「うん...」

ガチャッ!

ミミ「見つけた空さん...///」

空「み、ミミちゃん!?どうして!?」

ミミ「ヒカリちゃんから連絡を貰ったの///」

空「>>217
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/27(水) 22:51:46.33 ID:p9XwQ5qh0
ヒカリィィィィィィィィ!!! ドゴッ(ヒカリの怒りを持ちつつミミを近くにあったもので頭を殴打)
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/27(水) 22:56:57.09 ID:3wwy8OEh0
空「ヒカリィィィィィィィィ!!!」ドゴッ(ヒカリの怒りを持ちつつミミを近くにあったもので頭を殴打)

ヤマト「何やってんだ!空!」

空「はっ!...つい...」

ヤマト「早く救急車!」

〜病院〜

ミミ「頭...痛い...」

空「だ、大丈夫...?」

ミミ「大丈夫よ。...空さん...何があったの?」

空「覚えてないの?」

ミミ「えぇ...」

空「>>219
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:01:13.83 ID:p9XwQ5qh0
ミミさんは私達と太一の家に遊びに行った後に運悪く頭を打って気絶してしまったのよ。覚えてない?
(都合よく記憶障害になって私への好意もなくなったみたいだし、悪いけれど私の貞操の為にもここは忘れたままにいてもらうわ……)
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/27(水) 23:05:35.44 ID:3wwy8OEh0
空「ミミさんは私達と太一の家に遊びに行った後に運悪く頭を打って気絶してしまったのよ。覚えてない?(都合よく記憶障害になって私への好意もなくなったみたいだし、悪いけれど私の貞操の為にもここは忘れたままにいてもらうわ……)」

ミミ「思い出せない...ごめんなさい空さん」

空「気にしないで(一安心ね)」

〜空の家〜

丈「はい!これ!」

空「なに?この赤ちゃんは?」

丈「君とミミの子供だよ」

空「えっ?」

丈「>>221
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:50:54.83 ID:JfcuEczJO
彼女に頼まれて作ったんだよ
正確にはミミが産んだんだけどね
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/28(木) 00:14:34.27 ID:iLyTU4Qd0
丈「彼女に頼まれて作ったんだよ。正確にはミミが産んだんだけどね」

空「ミミちゃんが...でもどうしてわたしに?」

丈「この子は君の細胞で作られたんだから君が面倒見てよ...じゃあね」

空「ち、ちょっと...どうするのよこの子」

〜リビング〜

淑子「...決めたわ」

空「お母さん...なにを?」

淑子「この子は私が育てる」

空「本気なの!?」

淑子「えぇ、本気よ」

空「>>223
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 00:18:02.66 ID:zwo/asAB0
近所と課にはどう説明する気なの?
(育ててくれるなら願ったり叶ったりだけど……いつものパターンだと、ここから危険なことに発展するのよね……お母さんがキチガイ化はやめて欲しいわ……)
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 00:18:57.98 ID:zwo/asAB0
>>223は「近所とかにはどう説明する気なの?」が正しいです
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/28(木) 00:26:44.67 ID:iLyTU4Qd0
空「近所とかにはどう説明する気なの? (育ててくれるなら願ったり叶ったりだけど……いつものパターンだと、ここから危険なことに発展するのよね……お母さんがキチガイ化はやめて欲しいわ……)」

淑子「なんとか誤魔化すわよ」

空「でも...自分が産んだ子じゃないのよ?」

淑子「関係ないわ...この子は私の子...」

空「(嫌な予感が...)」

〜三年後〜

空「はぁ...」

ヒカリ「どうしたの空さん?」

空「時が経つのは早いって思ってね...」

ヒカリ「そうですね」

空「>>226
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 00:29:05.41 ID:zwo/asAB0
まさか、丈が少年院に入れられるとはね…(今の所、お母さんには何も起きていないけれど……未だに気が抜けないわ)
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/28(木) 00:33:05.43 ID:iLyTU4Qd0
空「まさか、丈が少年院に入れられるとはね…(今の所、お母さんには何も起きていないけれど……未だに気が抜けないわ)」

ヒカリ「丈さん...受験のストレスが原因で銀行強盗をやるなんて...」

空「人は変わるからね...そういえば」

ヒカリ「?」

空「聞いたけどヒカリちゃん。タケル君と付き合ってるんでしょ?」

ヒカリ「は、はい///」

空「>>228
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 00:37:19.15 ID:hM7vwc4GO
………それはよかったわね
(この世界のタケルくんも何かしたのかしら?それともヒカルちゃんが太一との関係を隠すために……ううん!これ以上深く考えるのはやめましょう………)
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 00:50:16.10 ID:bV5f02dV0
誰だよヒカル
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 00:51:42.15 ID:hM7vwc4GO
>>228のヒカルはヒカリでお願いします。素で間違えた……
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 23:41:18.62 ID:UyXJJcsD0
空「………それはよかったわね(この世界のタケルくんも何かしたのかしら?それともヒカリちゃんが太一との関係を隠すために……ううん!これ以上深く考えるのはやめましょう………)」

ヒカリ「でも...タケルくんが転校してきた時、びっくりしたわ」

空「どうして?」

ヒカリ「性格が変わってたの...まるでお兄ちゃんみたいだった///」

空「>>232
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 23:42:43.06 ID:47KoCZrvO
そうなんだ…(何だかヤバい臭いがしてきたわ……経験的にわかる)
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/29(金) 23:51:25.28 ID:UyXJJcsD0
空「そうなんだ…(何だかヤバい臭いがしてきたわ……経験的にわかる)」

ヒカリ「早くタケルくんに会いたいな...///」

空「(調べよう...)」

〜歩道〜

大輔「なんでお前に勝てないんだよ...」

タケル「練習すれば上達するって大輔!」

大輔「...はぁ」

タケル「>>234
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 23:53:21.54 ID:LRBxm93fO
このSS毎回誰か入れ替わってんな。安価下で
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 23:55:29.54 ID:3n7qknofO
元気出せって!大輔ならすぐに上手くなるさ!
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 00:00:22.86 ID:ZNbaoVE/0
タケル「元気出せって!大輔ならすぐに上手くなるさ!」

大輔「太一さんみたいな事を言うなよ...」

タケル「悪かったよ!」

〜太一の部屋〜

空「とぼけないで!」

太一「なんだよ空...?」

空「あなた...タケルくんでしょ!?」

太一「は?なんの話だよ?」

空「さっきタケルくんを付けていたけど、あの性格は八神太一そのものよ!」

太一「入れ替わるなんて...おとぎ話じゃないだろ...頭でも打ったのか空?」

空「>>237
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 00:03:06.36 ID:i1ASD2VpO
そうね……どうかしてたわごめんなさい(演技の可能性もあるけど、意識をコピーしたとか方法はいくらでもあるわよね……)
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 00:09:18.89 ID:ZNbaoVE/0
空「そうね……どうかしてたわごめんなさい(演技の可能性もあるけど、意識をコピーしたとか方法はいくらでもあるわよね……)」

太一「疲れてんだよ空は...」

空「そうかもしれないわね...(後でタケルくんの家に行ってみよう)」

〜タケルの部屋〜

タケル「俺が...何者か?」

空「教えて...あなたは誰?」

タケル「俺は高石タケルだよ」

空「そんな性格じゃないでしょタケルくんは?」

タケル「いや...変わったんだよ...八神太一の人生を追体験して」

空「人生を...追体験?」

タケル「丈にやって貰ったんだよ!」

空「>>239
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 00:11:51.03 ID:2/2XYz3c0
…これだけは言っておくわ。悪いこと言わないからヒカリちゃんと関わるのはやめなさい。破滅するわよ
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 13:01:46.80 ID:ZNbaoVE/0
空「…これだけは言っておくわ。悪いこと言わないからヒカリちゃんと関わるのはやめなさい。破滅するわよ」

タケル「やっと手に入れた幸せを捨てろと言うのか!?」

空「それがあなたの為なの!」

タケル「...勝手に決めるな!俺は絶対にヒカリと別れないからな!」

空「タケルくん...」

〜歩道〜

空「...だれ!?」

ヤマト「俺だ空...」

空「ヤマト...?どうしたの?」

ヤマト「お前がタケルの家から出て来たのを見た」

空「...」

ヤマト「>>241
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 13:04:53.40 ID:4DLWrlcz0
あいつ、この世界でも懲りずにヒカリに自分を振り向いてもらおうとしているんだろ?

バカな奴だよな…そんなことしても成功しない癖に……
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 13:09:31.30 ID:ZNbaoVE/0
ヤマト「あいつ、この世界でも懲りずにヒカリに自分を振り向いてもらおうとしているんだろ? 」

空「えぇ...」

ヤマト「バカな奴だよな…そんなことしても成功しない癖に……」

空「また破滅がタケルくんに起こるかもね」

ヤマト「あぁ」

〜次の日〜

太一「ヒカリ、ニュースみたか?」

ヒカリ「見てないけど?」

太一「そっか...丈が脱獄したらしい」

ヒカリ「>>243
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 13:12:43.54 ID:i1ASD2VpO
ふーん…(無関心)
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 13:20:35.94 ID:ZNbaoVE/0
ヒカリ「ふーん…(無関心)」

太一「関心ないんだなぁ...ヒカリは」

ヒカリ「だってもう関係ない人だから」

太一「悲しむだろうな...丈」

〜公園〜

タケル「何の用だよヤマト?」

ヤマト「昔のタケルに戻ってくれよ」

タケル「無理だって...」

ヤマト「>>245
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 13:22:22.46 ID:4DLWrlcz0
じゃあ、丈の居場所を教えろ。あいつをほっておくとやばいことになる
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 14:45:35.25 ID:ZNbaoVE/0
ヤマト「じゃあ、丈の居場所を教えろ。あいつをほっておくとやばいことになる」

タケル「別にいいけどよ。丈なら研究所だろ」

ヤマト「サンキューなタケル!」

〜研究所〜

丈「遂に僕の研究所は完成する...!」

ヤマト「見つけたぞ丈!」

丈「ヤマト...何の用だい?」

ヤマト「お前を捕まえに来た」

丈「>>247
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 14:53:06.47 ID:4DLWrlcz0
君にそんな権限はあるのかな?

僕の研究で今後、悩みや苦しみから救われる人がいるだろうに君はそれを奪ってしまうのか?
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 15:03:14.86 ID:ZNbaoVE/0
丈「君にそんな権限はあるのかな?」

ヤマト「なに!?」

丈「僕の研究で今後、悩みや苦しみから救われる人がいるだろうに君はそれを奪ってしまうのか?」

ヤマト「偉そうなことを...!どうせろくでもないことだろ!?」

丈「ヤマト...僕は人を笑顔にしたいだけさ」

ヤマト「丈...」

丈「信じてくれ」

ヤマト「>>249
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 15:05:20.07 ID:i1ASD2VpO
……どちらにせよ既に警察を呼んでいるから無理だ
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 15:15:54.16 ID:ZNbaoVE/0
ヤマト「……どちらにせよ既に警察を呼んでいるから無理だ」

丈「うそ...だろ...!?」

ヤマト「本当だ」

丈「...恨むよヤマト」

〜学校〜

ヒカリ「話ってなに大輔くん?」

大輔「...タケルと仲良くするのはやめてくれ」

ヒカリ「どうして?大輔くんには関係ないでしょ?」

大輔「俺は...タケルの飼い犬みたいなヒカリちゃんは嫌なんだ!!」

ヒカリ「タケルくんに飼われるなら...いいかな私///」

大輔「>>251
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 15:27:11.10 ID:AYJCM7sdO
(あっ、これは関わっちゃダメなパターンのヒカリちゃんだ。じゃあ逃げよっと)
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 18:58:39.09 ID:ZNbaoVE/0
大輔「(あっ、これは関わっちゃダメなパターンのヒカリちゃんだ。じゃあ逃げよっと)」

大輔「...ヒカリちゃんが幸せなら止める理由もないよな」

ヒカリ「分かってくれたのね!ありがとう」

大輔「うん...」

〜1時間後〜

大輔「賢のことなんだけど」

京「なによ?」

大輔「最近、あいつと喧嘩したか?」

京「するわけないでしょ!」

大輔「そうか...最近、俺の家によく遊びに来るからさ」

京「>>253
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 19:12:39.11 ID:4DLWrlcz0
普通じゃない?私も特定の友達に家へよく遊びに行くわよ?
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 19:52:21.05 ID:ZNbaoVE/0
京「普通じゃない?私も特定の友達に家へよく遊びに行くわよ?」

大輔「そうだよな...考えすぎか!」

京「賢くんが変なことするわけないじゃない」

大輔「それもそうだな」

〜大輔の部屋〜

賢「大輔...僕たち親友だよな?」

大輔「当たり前だろ」

賢「なら頼みがあるんだ...大輔」

大輔「>>255
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 19:55:05.70 ID:4DLWrlcz0
一体なんだよ、そんなに改まって…
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/30(土) 20:02:09.98 ID:ZNbaoVE/0
大輔「一体なんだよ、そんなに改まって…」

賢「今は詳しくは言えないけど...頼む!一緒に来てくれないか」

大輔「...別にいいけど」

賢「良かった...」

〜???〜

大輔「なんだよここは?」

賢「ここは丈さんの研究所だよ」

大輔「!?」

賢「大輔...頼みというのは、僕の兄さんを蘇生する為の生贄になってほしいということさ」
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 00:26:01.87 ID:JjU7hrU10
大輔「生贄...!?そもそも死者を生き返らすなんて...」

賢「できるさ!この研究所で...」

大輔「正気かよ賢!!」

賢「正気だよ。大輔...親友だろ?生贄になってくれ!」

大輔「>>258
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 00:29:32.25 ID:K3UWv9I40
断る!親友だからってなんでもしてくれると思うな!

そもそも、もし本当にお前の兄貴が生き返ったとしても他の人の命を犠牲して生き返ったことを知ったら、お前の兄貴は喜ぶのかよ!?
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 00:35:15.34 ID:JjU7hrU10
大輔「断る!親友だからってなんでもしてくれると思うな! 」

賢「大輔...!」

大輔「そもそも、もし本当にお前の兄貴が生き返ったとしても他の人の命を犠牲して生き返ったことを知ったら、お前の兄貴は喜ぶのかよ!?」

賢「喜ばない...僕のことを...軽蔑するだろうね...」

大輔「分かってるならやめろ」

賢「...スティングモン」

大輔「は、離せ!!」

スティングモン「...すまない」

賢「大輔...後で新しい体で生き返らすからな」

大輔「>>260
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 00:41:56.94 ID:K3UWv9I40
その体の安全な保障はあるのか!?それは本当に俺の人格なのかよッ!?
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 00:50:55.83 ID:JjU7hrU10
大輔「その体の安全な保障はあるのか!?それは本当に俺の人格なのかよッ!?」

賢「心配しなくても...大輔の人格だよ」

大輔「賢...!」

賢「じゃあ...おやすみ」

〜2時間後〜

治「...け、賢?」

賢「兄さん...また会えた」

治「一体...なにが...僕は死んだはず」

賢「大輔の体で蘇生したんだよ!」

治「...」

賢「嬉しくないの治兄さん?」

治「>>262
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 01:26:10.25 ID:Glosidxr0
嬉しいわけないだろ…こんなことなら死んでた方がよっぽど良かった
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 16:17:46.63 ID:JjU7hrU10
治「嬉しいわけないだろ…こんなことなら死んでた方がよっぽど良かった!」

賢「ふふっ...」

治「何がおかしい?」

賢「やっぱり治兄さんなんだなって...変わってないね」

治「賢...大輔って子に体を返してやれ」

賢「嫌だよ...」

治「賢!死者は生き返らないんだ!生き返るなんて...ダメなんだよ!」

賢「>>264
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/12/31(日) 16:20:48.63 ID:K3UWv9I40
なんでだよ!死んだ人が生き返ったの方がみんないいに決まっているだろ!!

父さんや母さんだって兄さんが死んだ時、どれだけ悲しんだか……もし生き返ったら、温かく迎えてくれるに決まっているよ!


そういえば、エドワードの声って賢と同じ朴さんだったなぁ……
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 16:29:01.94 ID:JjU7hrU10
賢「なんでだよ!死んだ人が生き返った方がみんないいに決まっているだろ!!」

治「お前の気持ちは分かる!...でもダメなんだよ!!それにこの体の大輔の家族が悲しむだろ!?」

賢「父さんや母さんだって兄さんが死んだ時、どれだけ悲しんだか……もし生き返ったら、温かく迎えてくれるに決まっているよ! 」

治「...この分からず屋!!」

賢「なんで分からないんだ!!」

治「僕も今の賢が分からない!昔の優しい賢に戻ってくれ!」

賢「>>266
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 16:32:32.90 ID:K3UWv9I40
…僕はただ、兄さんが生き返って父さんと母さんが昔のような笑顔を取り戻してほしかっただけなんだ……
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 16:48:26.58 ID:JjU7hrU10
賢「…僕はただ、兄さんが生き返って父さんと母さんが昔のような笑顔を取り戻してほしかっただけなんだ……」

治「...!?(そうか...賢は父さんと母さんの為に...)」

賢「兄さん...お願いだから生きてよ」

治「...大輔って子は生き返らせるのか?」

賢「う、うん!必ず新しい体を用意する!何年掛かるか分からないけど...」

治「...生き返らせる意思があるなら良かった。また一緒に暮そう」

治「兄さん...!」

〜空の家〜

空「お母さん...高校受験をやめろって...冗談でしょ?」

淑子「本当よ」

空「今の時代じゃ中卒なんて雇ってくれないわよ!」

淑子「主婦になれば大丈夫よ。いい男の人を紹介してあげるから」

空「どうして...お金には困ってるの!?」

淑子「困ってないけどこれからはミソラにお金を使うことにしたの」

空「なんで...実の子と引き取った子で扱いが違うの!?」

淑子「空...大人になりなさい」

空「>>268
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 17:39:53.46 ID:G3pKRhSmO
都合のいいことばかり言わないで!
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 18:23:35.94 ID:JjU7hrU10
空「都合のいいことばかり言わないで!」

淑子「私はあなたの為を思って言ってるのよ!」

空「ならどうして高校に行くなって言うのよ!お母さんは私なんかどうでもいいのよ!!」(家から飛び出す)

淑子「空...」

〜ヤマトの家〜

ヤマト「空...淑子さんもお前の為を思って...」

空「違うわ...お母さんは私のことなんかいらないのよ!」

裕明「確かに酷い話だな...」

空「裕明さん...」

裕明「家に帰りたくないのなら俺が君を養子として引き取ろう」

ヤマト「えっ...」

空「>>270
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 18:31:15.67 ID:K3UWv9I40
そ、そんな悪いですよ……(この人、他の世界でもいいイメージがないのよねぇ……)
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 18:44:05.98 ID:JjU7hrU10
空「そ、そんな悪いですよ……(この人、他の世界でもいいイメージがないのよねぇ……)」

裕明「いやいや!丁度、さいこ...じゃない!二人暮らしに飽き飽きしてたから」

空「でも...養子は...」

裕明「大丈夫だ!養子にならなくても大学まで金は俺が出すから!」

ヤマト「親父!なにを必死になってる!?」

裕明「必死?気のせいだろ?」

ヤマト「>>272
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 18:51:39.68 ID:HtxO6LRCO
いくらなんでも変だ!タケル時は金を出すのを渋っていた時もあった癖に!
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 18:52:24.39 ID:HtxO6LRCO
「タケルの時は」です。
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 18:58:00.15 ID:JjU7hrU10
ヤマト「いくらなんでも変だ!タケルの時は金を出すのを渋っていた時もあった癖に!」

裕明「お前は黙っていろ!っで!どうする!?」

空「な、なら...しばらくお世話になります」

裕明「本当か!!嬉しいな!」

ヤマト「(親父...)」

〜次の日〜

ヒカリ「じゃあ、空さんって裕明さんの家の子になったんですね」

空「なってないわ!大学まで面倒を見てもらうだけよ」

ヒカリ「>>275
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 19:12:01.09 ID:vO0gH8qJ0
へぇ、良かったですね
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 22:01:05.40 ID:JjU7hrU10
ヒカリ「へぇ、良かったですね」

空「うん...でも怖いのよね」

ヒカリ「大丈夫ですよ!大人が中学生に欲情なんてしないはず」

空「だといいんだけど...」

〜裕明の部屋〜

ヤマト「なんだこの部屋...」

ガブモン「空の写真が床も壁も一杯だ」

ヤマト「>>277
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:02:36.79 ID:K3UWv9I40
クソッ!この世界の親父もあれかよ……!
しかもロリコンなんて救いようもねぇ……ッ!
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 22:12:11.17 ID:JjU7hrU10
ヤマト「クソッ!この世界の親父もあれかよ……!しかもロリコンなんて救いようもねぇ……ッ!」

ガチャッ!

裕明「見てしまったか...」

ガブモン「ヤマトのお父さん!?」

ヤマト「仕事のはず!」

裕明「忘れ物したから家に取りに来たんだ...まさかお前が居るなんてな」

ヤマト「親父...!ロリコン趣味なんかやめろよ!」

裕明「ふん!お前には分からないさ!それに親権は淑子さんから譲り受けた!」

ヤマト「>>279
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:14:16.73 ID:aFuJtu/SO
残念だが、すでに警察に通報したよ 今現在の様子も音声つきでようつべにながしてる
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:15:34.79 ID:K3UWv9I40
過去の記憶があるためかこのヤマトは容赦がねぇwwwww
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:19:23.06 ID:G3pKRhSmO
別に記憶とか何の関係もないかと
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:21:29.16 ID:K3UWv9I40
>>281
つ過去のシリーズのヤマト

今まではキチガイばっかりだったけど、今回のヤマトはかなりまともだぞ
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:22:47.59 ID:G3pKRhSmO
いやだからまともであることと記憶があることと何の関係があんの?安価次第でどうとでもなることじゃん
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 22:24:09.40 ID:JjU7hrU10
ヤマト「残念だが、すでに警察に通報したよ 今現在の様子も音声つきでようつべにながしてる」

ガチャッ!

警官「警察だ!通報があって来た!」

ヤマト「このロリコンを捕まえてくれ!」

裕明「...君、これでアイツを捕まえてくれ」

裕明は警官に5万を握らせた。

警官「...話は署で聞かせてもらうよ」カチャッ!

ヤマト「お、おい!俺じゃない!」

警官「すまない...生活が厳しいんだ...恨むなら親父さんを恨め」

ヤマト「>>285
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:26:13.34 ID:vO0gH8qJ0
馬鹿め!今この瞬間も映像が世界中に…ってカメラが壊れてやがる!?親父ぃぃぃ!!(連行される)
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:26:41.92 ID:HtxO6LRCO
……すいません。ようつべでまだながしているので今の一部始終も動画で……
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 22:34:42.85 ID:JjU7hrU10
ヤマト「馬鹿め!今この瞬間も映像が世界中に…ってカメラが壊れてやがる!?親父ぃぃぃ!!」(連行される)

裕明「空ちゃんは俺が幸せにするからな」ニヤッ

ヤマト「覚えてろよ...親父...!!」

裕明「(さてと部屋を片付けないとな)」

〜数時間後〜

空「ただいま...」

裕明「おかえり空ちゃん」

空「あ、あの...裕明さん...ヤマトは?」

裕明「関係ないよ」(押し倒す)

空「!?」

裕明「俺とユートピアに行こう...」

空「>>288
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:35:19.72 ID:Glosidxr0
は?キモっ(股間蹴り上げ
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:35:56.02 ID:K3UWv9I40
やっぱりそういうことだったのね! シュッ(催眠スプレーを裕明にかける)
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/31(日) 22:42:32.20 ID:JjU7hrU10
空「は?キモっ」(股間蹴り上げ)

裕明「うっ...!そ、ら...」バタン!

空「やっぱり変態じゃない...それよりヤマトは...」

〜独房〜

丈「まさか...一緒の独房とはねヤマト」

ヤマト「うるさい...!俺はお前とは違う!」

丈「同じだよ」

ヤマト「違う!違う違う違う違う!!」

丈「>>291
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 22:43:05.08 ID:Glosidxr0
キチガイが消えても新たなキチガイが生まれる…わかってたことだろ?
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 22:18:35.21 ID:ouBh/IL30
丈「キチガイが消えても新たなキチガイが生まれる…わかってたことだろ?」

ヤマト「俺は違う...!」

丈「諦めなよ...君は立派なキチガイさ」

ヤマト「黙れ!誰か!弁護士を呼んでくれ!」

丈「>>293
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 22:21:09.10 ID:ZQYKLhSyO
呼ばれたとしても国際弁護士さ
録な人は来ないよ
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 22:32:19.12 ID:ouBh/IL30
丈「呼ばれたとしても国際弁護士さ...録な人は来ないよ」

ヤマト「いいや!俺は信じる...まともな弁護士が来ることを」

丈「...無駄な事を」

〜タケルの部屋〜

ヒカリ「タケルくん...///」

タケル「なんだヒカリ?」

ヒカリ「抱いてよ...お願い...///」

タケル「俺たち...まだ小学生だぞ!?」

ヒカリ「>>295
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 22:44:55.09 ID:T09L5bjm0
…所詮あなたはお兄ちゃんじゃないのね…
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 22:54:23.76 ID:ouBh/IL30
ヒカリ「…所詮あなたはお兄ちゃんじゃないのね…」

タケル「ひ、ヒカリ...」

ヒカリ「お兄ちゃんなら私の頼みを断らないわ」

タケル「で、でもな...」

ヒカリ「もういい...さよなら」

タケル「ダメだ!」(押し倒す)

ヒカリ「タケルくん...」

タケル「気持ちに応える...だから行かないでくれ」

ヒカリ「...うん///」

〜夢の世界〜

ヤマト「く、来るな!!」

ヤマト1「早くお前もキチガイになれよ〜」

ヤマト2「狂えば楽だぜ!」

ヤマト3「だで!」

ヤマト「>>297
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 22:59:55.03 ID:ZQYKLhSyO
おい、最後!

……はっ!ガバッ
なんていう夢だ……!望月のおかげで目が覚めるなんてな……
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 23:18:53.31 ID:ouBh/IL30
ヤマト「おい、最後!」

〜独房〜

ヤマト「……はっ!」ガバッ

丈「おはようヤマト。うなされてたね?」

ヤマト「あぁ(なんていう夢だ……!望月のおかげで目が覚めるなんてな……)

丈「顔色悪いね」

〜1ヶ月後〜

太一「ふざけるな...ヒカリ!」

ヒカリ「お、お兄ちゃん...」

裕子「太一の言う通りよ!その歳で妊娠なんて...体に悪いわ!堕ろしなさい!」

ヒカリ「や、やだ!この子はわたしとタケルくんの愛の結晶よ!絶対に産むわ!」

裕子「>>299
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 23:20:16.93 ID:y5ylHoWK0
とりあえず、私はちょっと相手の方へ顔を出して話し合ってみるわ。太一、ヒカリをお願いね
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/01(月) 23:31:16.56 ID:ouBh/IL30
裕子「とりあえず、私はちょっと相手の方へ顔を出して話し合ってみるわ。太一、ヒカリをお願いね」

太一「わかったよ...大人しくしてろよヒカリ」

ヒカリ「...」

〜タケルの家〜

奈津子「タケルは関係ないわ!」

裕子「あるからここに来たんです!責任を取ってください!」

奈津子「タケルはまだ小学生よ!こんな事になったのはヒカリちゃんがタケルを誘惑するからよ!タケルは悪くない!」

裕子「>>301
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 23:33:04.00 ID:y5ylHoWK0
勝手に決めつけないでください!
とにかく、タケルくんを呼んで4人で話し合いましょう!
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 20:21:01.91 ID:ywKYDMME0
裕子「勝手に決めつけないでください! とにかく、タケルくんを呼んで4人で話し合いましょう!」

奈津子「...話し合うだけならいいわよ」

裕子「じゃあ今夜、家に来てくださいね」

奈津子「...」

〜数時間後〜

裕子「...結局はどうしたいの」

ヒカリ「わたしは...タケル君と育てて行きたいです」

タケル「俺も同じ意見です」

奈津子「仕事もしてないのに無理よ。それにあなた達はまだ働ける年齢ではないわ」

ヒカリ「>>303
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 20:24:55.12 ID:S6Czl9uyO
愛があれば大丈夫です(な訳ないけどね)
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/02(火) 20:53:30.30 ID:ywKYDMME0
ヒカリ「愛があれば大丈夫です(な訳ないけどね)」

奈津子「そんなわけないわ!!愛なんてあてにならない!結婚は諦めなさい!」

ヒカリ「...!」(家から飛び出す)

タケル「ヒカリ...!!」

〜公園〜

ヒカリ「タケルくん...」

タケル「探したよヒカリ...帰ろう」

ヒカリ「やだよ...帰ったらこの子を堕さないといけなくなるから」

タケル「ヒカリ...なら一緒にデジタルワールドに逃げよう!!」

ヒカリ「>>305
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 20:54:46.16 ID:v+AAMzRp0
うん!そうだね、最初からそうすればよかったんだ!
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 15:05:40.06 ID:WHJpJ4sD0
ヒカリ「うん!そうだね、最初からそうすればよかったんだ!」

タケル「何故、今まで気がつかなかったんだろうな...絶対に幸せになろう」

ヒカリ「うん...」

〜次の人〜

空「2人が居なくなった?」

太一「あぁ...」

空「そのうち見つかるわよ」

太一「>>307
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 15:06:42.40 ID:iDIU8H+Z0
心配だ…何かに嫌な予感がするんだ……
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 15:16:13.65 ID:WHJpJ4sD0
太一「心配だ…何かに嫌な予感がするんだ……」

空「心配しすぎよ!直ぐに見つかるわ」

太一「そうだといいが...心配だ」

空「太一...」

〜病室〜

大輔「...ここは...」

賢「おはよう大輔」

大輔「賢...!!(なんだ?声が高い)」

賢「大輔、君は病気で亡くなった女の子の体で蘇生した。戸惑う事はあるかもしれないけど、新しい家庭で頑張りなよ」

大輔「>>309
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 15:21:02.63 ID:iDIU8H+Z0
………色々ありすぎて何を言えばいいかわからねぇけど、なってしまったもんは納得するかねぇな

とりあえず、今はあれからどれくらい経ったとか新しい家庭とか色々教えてくれねぇか?
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/03(水) 15:36:36.95 ID:WHJpJ4sD0
大輔「………色々ありすぎて何を言えばいいかわからねぇけど、なってしまったもんは納得するかねぇな」

賢「そ、そうかい(まさか納得するとは)」

大輔「とりあえず、今はあれからどれくらい経ったとか新しい家庭とか色々教えてくれねぇか?」

賢「わ、分かった...色々、教えるよ」

〜喫茶店〜

空「こんなとこに呼び出してどうしたの?」

ミミ「空さん...///」

空「な、なに?」

ミミ「私...やっと思い出しました///」

空「>>311
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 22:02:27.06 ID:aHPDhgmQ0
それは本当にあなたの記憶なの? 誰か……たとえば丈先輩に操られていないと断言できる?
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/04(木) 17:42:56.75 ID:CdxXa+Ni0
空「それは本当にあなたの記憶なの? 誰か……たとえば丈先輩に操られていないと断言できる?」

ミミ「...操られていないわ!この記憶は私の本当の記憶よ!」

空「(また嫌な予感...)」

ミミ「責任とってよ空さん」

空「>>313
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 17:50:48.18 ID:1HKJ+8KIO
いやよめんどくさい
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 17:51:24.15 ID:19W9A0vQ0
何の責任?別に私はあなたに子を産ませたわけじゃないし、あなたが今まで記憶を失っていたのは身の危機を感じたからよ
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/04(木) 21:47:53.21 ID:CdxXa+Ni0
空「嫌よ。めんどくさい」

ミミ「あなたの為に子供を産んだのよ!?」

空「私はなにも頼んでいないわ!全部あなたが勝手にした事でしょ!?」

ミミ「空さん...」

空「>>316
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 21:48:51.33 ID:19W9A0vQ0
正直、言って気持ち悪いのよ。私の前から消えて
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 15:29:04.22 ID:ygj+4BUm0
空「正直、言って気持ち悪いのよ。私の前から消えて」

ミミ「空さん...そんな」

空「さよならミミちゃん」

ミミ「...」

〜デジタルワールド〜

タケル「ヒカリは?」

パタモン「ゲンナイさんのとこだよ」

タケル「そっか!なら今のうちに夕飯を作っておくか」

パタモン「タケル...」

タケル「なんだ?」

パタモン「タケルはしばらく見ないうちに変わっちゃったね...」

タケル「別に変わってないさ」

パタモン「>>318
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 15:32:17.08 ID:eduMacPM0
変わったよ…まるでタイチの模倣をしているように……
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 15:44:34.41 ID:ygj+4BUm0
パタモン「変わったよ…まるでタイチの模倣をしているように……」

タケル「模倣...」

パタモン「うん...。...今からでも遅くないよ!昔のタケルに戻ってよ!」

タケル「...もう戻れないんだよ」

パタモン「タケル...」

〜その頃ヒカリは〜

テイルモン「逃げてきた?」

ヒカリ「うん...お母さん達から...もう帰りたくないの...」

テイルモン「>>320
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 15:46:44.33 ID:eduMacPM0
……とりあえず今は、何も聞かないし言わないわ
ゆっくり頭と心を落ち着かせるのがいいわ
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 15:53:11.61 ID:ygj+4BUm0
テイルモン「……とりあえず今は、何も聞かないし言わないわ。ゆっくり頭と心を落ち着かせるのがいいわ」

ヒカリ「...」

テイルモン「私はなにがあってもあなたの味方だからね」

ヒカリ「ありがとねテイルモン...」

〜独房〜

ヤマト「よく本なんか読んでられるな」

丈「もう少しでこの独房とお別れだからね」

ヤマト「なに?」

丈「明日、脱獄するのさ」

ヤマト「>>322
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 15:57:22.25 ID:v7bc3mQkO
そうか…したいなら一人でしてくれ
(俺もしたい気持ちはあるが、今までを考えると失敗フラグだ。丈が脱獄したらすぐに知らせるだけにとどめておくか…)
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 16:07:24.69 ID:ygj+4BUm0
ヤマト「そうか…したいなら一人でしてくれ
(俺もしたい気持ちはあるが、今までを考えると失敗フラグだ。丈が脱獄したらすぐに知らせるだけにとどめておくか…)」

丈「へぇ...ヤマトも来るのかと思ってたよ」

ヤマト「...失敗しそうだからな」

丈「ふん...絶対に失敗はないさ」

〜次の日〜

ヤマト「...あれ丈?」

看守「丈を探してるのか?」

ヤマト「どこに...?」

看守「脱獄だよ」

ヤマト「>>324
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 16:11:33.84 ID:v7bc3mQkO
どうやって脱獄を?
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 16:21:30.95 ID:ygj+4BUm0
ヤマト「どうやって脱獄を? 」

看守「奴は合鍵でここの扉を開けて脱獄したのさ」

ヤマト「合鍵...」

看守「まぁ...すぐに捕まるだろうがな」

ヤマト「丈...!」

〜光子郎の家〜

光子郎「まさか丈さんの出所がこうも早くなるとは」

丈「模範囚だからね僕」

光子郎「っで?何故、家に来たんですか?」

丈「...マスコミから匿って欲しくて」

光子郎「>>326
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 16:28:49.61 ID:eduMacPM0
……?出てきたときにマスコミに出会ったりしたんですか?
(おかしいなぁ…丈さんの事件よりも他にスクープになる事件があるはずなのに……あとで内緒で丈さんがいた施設に連絡を取ってみますか)
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 16:40:35.45 ID:ygj+4BUm0
光子郎「……?出てきたときにマスコミに出会ったりしたんですか? (おかしいなぁ…丈さんの事件よりも他にスクープになる事件があるはずなのに……あとで内緒で丈さんがいた施設に連絡を取ってみますか)」

丈「う、うん...困っちゃうよね!マスコミには!」

光子郎「...分かりました。しばらくはうちに居てください」

丈「そ、そうかい!ありがとね!」

〜賢の部屋〜

賢「大輔、話ってなに?」

大輔「俺の体を...返してくれ...」

賢「気が変わったの?でも大輔は新しい体を受け入れてたじゃないか」

大輔「それは何も知らなかったからだ!...こんな病弱な体は嫌だ...返してくれ!」

賢「>>328
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 17:15:27.23 ID:rGGe+Q+2O
やっと見つけた体なのに……新しい体にするとしたら時間がかかるけどいいかい?
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 17:22:09.72 ID:ygj+4BUm0
賢「やっと見つけた体なのに……新しい体にするとしたら時間がかかるけどいいかい? 」

大輔「新しい体はいらない!本当の体を返してくれ!」

賢「大輔の体は兄さんの物だから無理だ」

大輔「なんだと!?」

賢「諦めてその体で生きなよ大輔...」

大輔「>>330
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 17:23:27.33 ID:TeS6I721O
親友のお前の頼みだ、わかった。男に二言はない
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 19:39:38.73 ID:ygj+4BUm0
大輔「親友のお前の頼みだ、わかった。男に二言はない」

賢「はぁ...やっと分かってくれたんだな」

大輔「...もういい...俺は新しい道を歩いていく」

賢「大輔...」

〜光子郎の部屋〜

警官1「警察だ!」

警官2「両手を上げろ!」

丈「ど、どうしてここが...!?」

光子郎「...」

丈「裏切ったのか光子郎くん!?」

光子郎「>>332
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 19:41:30.82 ID:eduMacPM0
先に裏切ったのはあなたの方じゃないですか……
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 19:48:35.31 ID:ygj+4BUm0
光子郎「先に裏切ったのはあなたの方じゃないですか……」

丈「裏切る!?僕が!?なにを...」

光子郎「あなたの居たとこに連絡してみると脱獄したと言われました...!」

丈「そ、それは...」

警官1「確保だ!」

警官2「まったく...脱獄なんかしやがって」

丈「...この恨みは忘れないよ」

光子郎「...」

〜お台場〜

太一「ストーカー?」

空「ミミちゃんがいつも...」

太一「なんとかしてやりたいけど...こっちはそれどころじゃないんだ!」

空「>>334
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 19:50:52.15 ID:eduMacPM0
ヒカリちゃんのこと?
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 19:53:51.12 ID:ygj+4BUm0
空「ヒカリちゃんのこと?」

太一「あぁ、早くヒカリを見つけないと...!」

空「デジタルワールドに居るんじゃない?」

太一「テイルモンに聞いたんだが...見てないらしい」

空「>>336
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 19:58:14.08 ID:ZmhD36edO
別に良いじゃないほっとけば。小学生で赤ちゃん作って産もうとするような世の中完全に舐め腐ってるキチガイ同士きっと仲良くやってると思うわよ?
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 19:58:45.06 ID:rGGe+Q+2O
テイルモンが嘘をついている可能性はないの?
あの子、ヒカリちゃん思いだから…
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 20:14:42.04 ID:ygj+4BUm0
空「別に良いじゃないほっとけば。小学生で赤ちゃん作って産もうとするような世の中完全に舐め腐ってるキチガイ同士きっと仲良くやってると思うわよ?」

太一「空...ヒカリがキチガイだって言ったのか?」

空「私は事実を言っただけよ!」

太一「!」(空にビンタする)

空「なにするの...?」

太一「ヒカリはキチガイじゃない!タケルに騙されてるんだ!!」

空「>>339
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 20:16:24.46 ID:ZmhD36edO
キチガイよ。今までの世界でも、そしてこの世界でも。聞いてないの?タケル君に子供作らないと別れるって言ったのはヒカリちゃんの方なのよ?
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 20:17:54.15 ID:eduMacPM0
大輔と結ばれた世界では少しおかしかったがまだマシだったんだけどなぁ……
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 20:20:45.60 ID:ZmhD36edO
あの世界のヒカリは安価が全力でキチガイ化避けようとして生まれた奇跡の存在だから。
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:12:33.24 ID:ygj+4BUm0
空「キチガイよ。今までの世界でも、そしてこの世界でも。聞いてないの?タケル君に子供作らないと別れるって言ったのはヒカリちゃんの方なのよ?」

太一「ひ、ヒカリが...嘘だ!!」

空「信じないんならいいわよ!もう行くから!」

太一「ヒカリ...がキチガイ...」

〜歩道〜

空「(太一は...ダメだった...次は誰に相談しよう)」

空「...あ、れ...体が...怠い」(倒れる)

ミミ「...」

空「み、ミミちゃん...?」

ミミ「おやすみなさい空さん」

空「>>343
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 21:24:55.17 ID:eduMacPM0
お願い…ピヨモン…出てきて…… (デバイスからピヨモンを呼び出す)
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:33:30.44 ID:ygj+4BUm0
空「お願い…ピヨモン…出てきて…… (デバイスからピヨモンを呼び出す)」

ピヨモン「そ、空!?」

空「後は...お願い」(気を失う)

ピヨモン「空!?...あなたがやったの?」

ミミ「あなたには関係ないわ!私の空さんから離れなさい!」

ピヨモン「>>345
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 21:35:21.57 ID:rGGe+Q+2O
空は私のパートナーよ!関係なくないわ!
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:43:36.54 ID:ygj+4BUm0
ピヨモン「空は私のパートナーよ!関係なくないわ!」

ミミ「そう...なら消えてもらうわ!リリモン任せたわ!」

リリモン「...ごめんねピヨモン」

ピヨモン「退いてよ!空が連れて行かれちゃう!」

リリモン「>>347
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 21:45:43.02 ID:eduMacPM0
ごめんね…おかしくなってもミミは私にとって大切な存在なの……あなたにもわかるでしょ?
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:50:49.43 ID:ygj+4BUm0
リリモン「ごめんね…おかしくなってもミミは私にとって大切な存在なの……あなたにもわかるでしょ?」

ピヨモン「分かってるなら退いて!」

リリモン「...ごめん!」

ピヨモン「リリモン...なら力づくでも!」

〜ミミの部屋〜

空「...ここは...」

ミミ「あっ!起きたのね空さん///」

空「み、ミミちゃん!?どうして大きく...」

ミミ「違うよ!空さんが人形サイズまで小さくなったの!」

空「>>349
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 21:53:53.45 ID:ZmhD36edO
結局キチガイからは逃げられないってことね…ふふ…あはははははは…
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 21:59:15.12 ID:ygj+4BUm0
空「結局キチガイからは逃げられないってことね…ふふ…あはははははは…」

ミミ「ふふっ///喜んでくれて嬉しい!これから毎日、愛し合いましょう///」

空「(どうしてこんな目に...)」

〜その夜〜

ピヨモン「空...起きて」

空「ピヨモン...ここは?」

ピヨモン「ミミちゃんの家から少し離れたとこよ...助けるのに苦労したんだから」

空「>>351
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 22:00:25.43 ID:eduMacPM0
……助かったのはいいけど、これからどうしましょう?

太一はあの状態だし、ヤマトは捕まっているし……
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 22:06:15.85 ID:ygj+4BUm0
空「……助かったのはいいけど、これからどうしましょう?太一はあの状態だし、ヤマトは捕まっているし…… 」

ピヨモン「ならデジタルワールドに行ってみる?そこなら戻す方法も見つかるかもしれないし」

空「そうね...行きましょうデジタルワールドに」

〜デジタルワールド〜

パタモン「ピヨモンと空さん?」

テイルモン「なんで小さく?」

空「私もわからないの...ミミちゃんにこんな姿にされて」

ピヨモン「それより2人は何してるの?」

パタモン「えっ!?」

テイルモン「気にしないで」

空「>>353
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 22:07:41.74 ID:eduMacPM0
あなた達の事情には触れないわ。私は今はただ、元の姿に戻りたいだけだから
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/05(金) 22:14:17.07 ID:ygj+4BUm0
空「あなた達の事情には触れないわ。私は今はただ、元の姿に戻りたいだけだから」

テイルモン「良かった...」

パタモン「(バレたら怒られるとこだった...)」

???「元に戻るのは厳しいだろうね」

空「丈先輩!?」

丈「始めからデジタルワールドに逃げれば良かったよ」

ピヨモン「元に戻るのが厳しいって?なんで!?」

丈「空が元に戻るにはミミの愛を心から受け入れないといけないのさ」

空「う、嘘...」

丈「本当さ!」

空「>>355
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 22:17:44.91 ID:ZmhD36edO
キチガイどもに翻弄される人生を送るくらいならこのままでいいや
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 14:46:38.29 ID:CeDsB2+60
空「キチガイどもに翻弄される人生を送るくらいならこのままでいいや...」

ピヨモン「空...」

丈「(時間が経てば戻るはずだけど...面白そうだからもう少し見てみよう)」

〜太一の部屋〜

太一「ヒカリは...キチガイなんかじゃないよなアグモン」

アグモン「う、うん...」

太一「だろ!?空が変なこと言うから...」

アグモン「(太一...)」

太一「>>357
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 15:10:19.03 ID:k8oWRfo00
でも思い当たる節はいくつかあるのも事実だ
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 17:34:55.20 ID:CeDsB2+60
太一「でも思い当たる節はいくつかあるのも事実だ」

アグモン「認めるの...?」

太一「認めたくはない!だからヒカリを探して聞く!」

〜数ヶ月後〜

空「無実が証明されて良かったわねヤマト」

ヤマト「空こそ戻れて良かったな」

空「一時はどうなるかと思ったけどね...」

ヤマト「...今もストーカーは続いてるのか?」

空「>>359
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 17:40:01.75 ID:Fx7/kNK00
実はあれから本格的にデジタルワールドでミミとデジモンバトルしてね…

負けたミミは崖から落ちて消えて行ったわ……生死不明よ

360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 17:45:30.98 ID:CeDsB2+60
空「実はあれから本格的にデジタルワールドでミミとデジモンバトルしてね…」

ヤマト「それでどうなった?」

空「負けたミミは崖から落ちて消えて行ったわ……生死不明よ」

ヤマト「そうか...もう生きてはいないだろうな」

空「でも油断はできないわ」

〜デジタルワールド〜

太一「やっと...見つけたぞヒカリ!」

ヒカリ「お兄ちゃん...!?」

タケル「ヒカリに触るな!」

太一「タケル...ッ!?」

タケル「俺たちの幸せを壊すな!」

ヒカリ「タケルくん///」

太一「>>361
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 17:52:24.40 ID:O4Xh5RxEO
何が俺たちの幸せだ何処までも自分たちのことしか考えてない自己中のクズどもめ
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 17:58:44.16 ID:CeDsB2+60
太一「何が俺たちの幸せだ何処までも自分たちのことしか考えてない自己中のクズどもめ」

ヒカリ「私達はクズじゃないわ!!」

太一「いいや...クズだ!」

タケル「話しても分からないようだな」

太一「お前が言うなタケル!」

ヒカリ「>>363
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 18:01:07.22 ID:k8oWRfo00
私達は間違ってない!間違ってるのは私達を否定する全てよ!
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 18:01:13.15 ID:Fx7/kNK00
どうしちゃったの?お兄ちゃん?
お兄ちゃんなら私たちのことをわかってくれると思っていたのに……
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 18:14:29.09 ID:CeDsB2+60
ヒカリ「私達は間違ってない!間違ってるのは私達を否定する全てよ!」

太一「ヒカリ...!なら力づくでもお前を連れて帰る!」

タケル「下がっていろヒカリ!太一は俺が食い止める」

ヒカリ「う、うん!」

太一「邪魔をするなタケル!」

タケル「邪魔してるのはお前だ!」

太一「>>366
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 18:16:53.44 ID:Fx7/kNK00
こうなったらデジモンバトルだ!

俺が勝ったらヒカリを大人しく返してもらう。俺が負けたら、大人しく引き下がる!
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 18:16:54.82 ID:k8oWRfo00
黙れこの偽物め!!俺は自分の幸せの為に家族や周りの人を不幸になんてしたりはしない!!お前は俺の人生の上辺だけを見て俺になった"つもり"でいるだけの薄汚い紛い物だ!!
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 18:32:17.02 ID:CeDsB2+60
太一「こうなったらデジモンバトルだ!」

タケル「なに?」

太一「俺が勝ったらヒカリを大人しく返してもらう。俺が負けたら、大人しく引き下がる!」

タケル「面白い...望むところだ!」

太一「ここじゃ狭い。場所を移すぞ」

〜10分後〜

太一「行くぞウォーグレイモン!」

タケル「頼むホーリーエンジェモン」

ウォーグレイモン「負けられない...絶対に!」

ホーリーエンジェモン「それはこっちも同じだ!」

勝敗は?>>369
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 18:35:44.06 ID:BdPnEOgXO
ダブルko
引き分け
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 18:39:47.79 ID:CeDsB2+60
太一「ウォーグレイモン!?」

タケル「大丈夫かホーリーエンジェモン!?」

ウォーグレイモン「大丈夫だ...」

ホーリーエンジェモン「心配はいらない...」

ヒカリ「お兄ちゃん...タケルくん...」

太一「ヒカリ...帰ろう!」

ヒカリ「いや!わたしはタケルくんと居たいの!」

タケル「太一!ヒカリは俺が幸せにする!だから認めてくれ!」

太一「>>371
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 18:42:17.59 ID:O4Xh5RxEO
いや出来るわけないだろ常識的に考えて。後先考えずに感情でもの喋ってんじゃねえよ間抜け.
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 20:39:34.54 ID:CeDsB2+60
太一「いや出来るわけないだろ常識的に考えて。後先考えずに感情でもの喋ってんじゃねえよ間抜け!」

ヒカリ「いやぁ...タケルくん!」

タケル「くっ...ヒカリ!」

太一「2度とヒカリに会いに来るな!分かったな!!」

〜次の日〜

太一「...精神退行?」

医者「精神的ショックを受けた所為で記憶が三年前に退行しているようです」

太一「(タケルと別れたのが...そんなに)」

太一「>>373
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 20:41:40.10 ID:F9TY1HWF0
精神科の先生とか薦めてもらえませんか?
催眠術療法とかしてほしいですが……


精神科の先生なら一行目はなしで
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 20:51:33.75 ID:CeDsB2+60
太一「精神科の先生とか薦めてもらえませんか?催眠術療法とかしてほしいんですが…… 」

医者「分かりました...知り合いの先生を紹介します」

太一「ありがとうございます...」

〜タケルの部屋〜

タケル「俺を笑いに来たのかよ!」

ヤマト「タケル...」

タケル「ヒカリも子供も奪われた俺を...!」

ヤマト「>>375
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 20:53:44.55 ID:BdPnEOgXO
やり直そうぜ……元のタケルに戻ってさ……
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 21:00:28.64 ID:CeDsB2+60
ヤマト「やり直そうぜ……元のタケルに戻ってさ……」

タケル「ヤマト...ありがとう。でも元には戻らない」

ヤマト「なに!?」

タケル「この性格は...罪の証だからな」

ヤマト「...タケル」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「今でも信じられないよ...わたしがこの子を産んだなんて...」

太一「ヒカリはタケルに騙されてたんだ...気にするな」

ヒカリ「>>377
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 21:15:53.73 ID:oebG6dzX0
お兄ちゃんがそういうならそうする
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 21:58:04.96 ID:CeDsB2+60
ヒカリ「お兄ちゃんがそういうならそうする」

太一「ヒカリ...」(涙目)

ヒカリ「どうしたのお兄ちゃん!?」

太一「元に戻って良かった...」

ヒカリ「お兄ちゃん///」

〜???〜

丈「本当に君も行くのかい並行世界へ」

ミミ「えぇ...もしかしたらそこに空さんの心を手に入れる力があるかもしれないから私は行くわ!」

丈「>>379
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 21:58:48.76 ID:k8oWRfo00
面白くなりそうだし僕も行くよ
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 21:59:25.10 ID:F9TY1HWF0
それならもう元の世界に戻らないほうがいいね。戻っても浦島太郎状態になる可能性が高い
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 22:51:37.64 ID:CeDsB2+60
丈「面白くなりそうだし僕も行くよ」

ミミ「いいけど、邪魔はやめてね」

丈「はいはい...」

〜テイマーズ世界〜

丈「うわぁ...なんだよここ...」

ミミ「物置...?」

タカト「...」

丈「あれ君は...」

タカト「(ギルモンに会えると思ったのにな...)」

丈「>>382
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/06(土) 22:55:03.89 ID:F9TY1HWF0
初めまして、僕は城戸 丈。

信じてもらえないかもしれないけど、平行世界から来たんだよ
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 22:58:53.92 ID:CeDsB2+60
丈「初めまして、僕は城戸 丈」

ミミ「わたしは太刀川ミミよ!」

タカト「は、はぁ...僕は松田タカト」

丈「信じてもらえないかもしれないけど、平行世界から来たんだよ」

タカト「へ、並行世界...?デジタルワールドじゃなくて?」

丈「うん!そうだよ!...どうしたのさ?」

タカト「384」
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 23:00:50.12 ID:BdPnEOgXO
あのデジモンアドベンチャーの丈さんとミミさんですか!?
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/06(土) 23:05:43.07 ID:CeDsB2+60
タカト「あのデジモンアドベンチャーの丈さんとミミさんですか!?」

丈「デジモンアドベンチャー...知らないけど...この世界って」

タカト「僕の世界じゃ、丈さん達の世界で起こったことがアニメになってるんですよ!」

丈「へぇ?それは凄い...」

ミミ「ねぇ!空さんのグッズはあるの!?」

タカト「あると思うけど...」

ミミ「>>386
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 23:10:05.61 ID:k8oWRfo00
早速アキバあたりに出発よ!全部買い占めなくちゃ!!
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 15:27:29.04 ID:JINmTnH50
ミミ「早速アキバあたりに出発よ!全部買い占めなくちゃ!!」

タカト「えっ!ひ、引っ張らないでよ!」

丈「(暴走してる...面白そうだしいいか)」

〜秋葉原〜

ミミ「す、凄い...空さんのグッズや私のグッズもいっぱい...」

丈「...僕のは少ないんだね」

タカト「>>388
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:31:26.58 ID:nxUVZopv0
それはキャラの需要とかありますから……
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 15:45:16.43 ID:JINmTnH50
タカト「それはキャラの需要とかありますから……」

丈「それって人気がないって事だよね」

タカト「...」

丈「あれミミは...?」

タカト「もうレジに並んでますよ」

丈「いきいきしてるよなぁ...」

〜数分後〜

ミミ「いっぱい空さんを買っちゃった...///」

タカト「良かったね...じゃあ、僕はここで」

丈「用事でもあるのかい?」

タカト「もう門限だから」

丈「残念だ...僕らの世界に招待しようと思ってたのに」

タカト「えっ!?デジモンアドベンチャーの世界に行けるの!?」

丈「>>390
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:48:04.87 ID:nxUVZopv0
それだけじゃなく、この世界のデジタルワールドなどどこにも行き放題だよ
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 17:16:32.71 ID:JINmTnH50
丈「それだけじゃなく、この世界のデジタルワールドなどどこにも行き放題だよ」

タカト「(ギルモンに会えるかも!)」

タカト「じ、じゃあ!僕も行く!」

丈「決まりだね」

〜ヒカリの部屋〜

ヒカリ「孤児院...?」

太一「あぁ...ヒカリの子は家では育てられないから」

ヒカリ「やだよ...あの子はわたしとお兄ちゃんの子だよ...」(涙目)

太一「>>392
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 17:38:36.39 ID:JugavMZbO
一時的に離れるだけだよ。俺たちが大人になったら迎えに行こう。今のまま育てても子供が不幸になるのは目に見えてるだろ?
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 17:51:04.01 ID:JINmTnH50
太一「一時的に離れるだけだよ。俺たちが大人になったら迎えに行こう。今のまま育てても子供が不幸になるのは目に見えてるだろ?」

ヒカリ「ほんと...?」

太一「本当だよ!だから...今は我慢してくれ」

ヒカリ「うん...我慢する」

太一「(すまないなヒカリ...)」

〜歩道〜

タケル「太一...!」

太一「何の用だよ?こんなとこに呼び出して?」

タケル「俺の妻と子を...返せ!」

太一「誰がお前なんかに渡すかよ!」

タケル「>>394
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 17:57:01.43 ID:HJJQvPKY0
あんたは偽善者だ!!子供のためを思うなら子供だけでも返せ!!
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 18:06:14.22 ID:JINmTnH50
タケル「あんたは偽善者だ!!子供のためを思うなら子供だけでも返せ!!」

太一「いや、絶対に渡さない!」

ヤマト「いいや...タケルに渡すべきだ」

タケル「ヤマト!?」

太一「お前には関係ないだろ!?」

ヤマト「>>396
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 18:09:32.56 ID:nxUVZopv0
コイツの兄貴として関係がある
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 18:14:31.95 ID:JINmTnH50
ヤマト「コイツの兄貴として関係がある」

太一「ヤマト...ッ!」

ヤマト「太一...タケルはヒカリちゃんの願いに応えただけだ。普通なら断る...だがタケルは想いに応えたんだ」

タケル「ヤマト...」

ヤマト「もうタケルに任せて兄離れしろよ太一」

太一「>>398
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 18:15:53.85 ID:JugavMZbO
じゃあ現実的な話するけどさ、どうやって育てるつもりなんだ?養育費は?小学生のタケルとヒカリに払えんの?お年玉全額使っても雀の涙にもならないぞ?仮に中学出て即働いたとして、ろくな職業につけないぞこの世の中じゃ?
もしかして親に頼るつもりか?金は全部親に頼って、それで自分は面倒だけ見るって?それ、ペット飼ってるのとなにが違うんだ?
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 21:28:20.30 ID:JINmTnH50
太一「じゃあ現実的な話するけどさ、どうやって育てるつもりなんだ?養育費は?小学生のタケルとヒカリに払えんの?お年玉全額使っても雀の涙にもならないぞ?仮に中学出て即働いたとして、ろくな職業につけないぞこの世の中じゃ?」

ヤマト「他にも方法は...ある」

太一「もしかして親に頼るつもりか?金は全部親に頼って、それで自分は面倒だけ見るって?それ、ペット飼ってるのとなにが違うんだ?」

タケル「違う...違う...!俺は...ッ!」(倒れる)

ヤマト「タケル...だから無理をするなと」

太一「病気なのかタケルは?」

ヤマト「いやストレスだろう」

太一「...早く連れて帰ってやれ」

〜太一の家〜

ヒカリ「預けてきたの...?」

太一「あぁ、そんな顔はやめろ。大人になれば会えるから」

ヒカリ「お兄ちゃん...うん!そうだよね!」

太一「>>400
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 21:39:12.14 ID:O21wXZG70
(せめて大人になって結婚してから子供を作ってたらならこうはならなかった物を…ヒカリを受け入れるだけで否定する勇気のなかったお前の自業自得だ、タケル。本当にヒカリを愛してるなら例え拒絶されてでも小学生の内から子供なんて作るべきじゃなかったんだ…)
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 22:15:47.64 ID:JINmTnH50
太一「(せめて大人になって結婚してから子供を作ってたらならこうはならなかった物を…ヒカリを受け入れるだけで否定する勇気のなかったお前の自業自得だ、タケル。本当にヒカリを愛してるなら例え拒絶されてでも小学生の内から子供なんて作るべきじゃなかったんだ…)」

太一「(タケル...お前が俺になろうとしていなければ変わってたかもしれないのによ...)」

〜丈の部屋〜

タカト「丈さんの家に来る事が出来るなんて感激です!」

丈「そ、そうかい!」

タカト「あれ...ミミさんは?」

丈「あぁ...空に会いに行ったよ」

タカト「>>402
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 22:18:07.17 ID:kwJ7RsmuO
あのこの世界のミミさんは空さんに執着している見たいですけど……何かあるんですか?
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 22:25:53.23 ID:JINmTnH50
タカト「あのこの世界のミミさんは空さんに執着している見たいですけど……何かあるんですか?」

丈「気にしない方がいいよ」

タカト「えっ...?」

丈「知れば...君はタダではすまない」

タカト「わ、分かりました(気になるな...)」

〜空の部屋〜

空「わ、わたしのグッズがこんなに...」

ミミ「わたしとお揃いのもあるのよ///ふ、夫婦みたいに...///」

空「>>404
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 22:27:18.39 ID:O21wXZG70
同性愛はダメよ!そんな非生産的な!!
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 22:34:00.10 ID:JINmTnH50
空「同性愛はダメよ!そんな非生産的な!! 」

ミミ「同性愛じゃダメなの!初めて好きになった人があなただから!」

空「(もう...しつこい!)」

空「わたしは同性愛は無理なの!だから付き合えない...!」

ミミ「酷いわ...あなたの為に子供を産んだのに...」

空「頼んでないから!ミミちゃん!お願いだから新しい恋を探してよ!」

ミミ「>>406
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 22:35:08.46 ID:kwJ7RsmuO
どうして……どうしてあなたは私の愛を受け入れてくれないの!?
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 22:41:33.96 ID:JINmTnH50
ミミ「どうして……どうしてあなたは私の愛を受け入れてくれないの!?」

空「女同士だからよ!納得したらもう帰って!」

ミミ「...わたしは諦めないから!」

空「ミミちゃん...」

〜丈の部屋〜

タカト「お帰りなさい」

丈「どうだった?」

ミミ「...空さんが同性愛者の世界に連れて行って」

丈「えぇ...」

ミミ「>>408
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 22:44:39.55 ID:O21wXZG70
その世界で私は幸せを手に入れるのよ!!
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 23:01:46.12 ID:JINmTnH50
ミミ「その世界で私は幸せを手に入れるのよ!!」

丈「帰れなくなってもいいのかい?」

ミミ「いいわ!!」

タカト「ミミさん...」

丈「なら案内するよ...望みの世界へ」

ミミ「ありがとう...そしてさよなら」

〜数分後〜

タカト「あの...僕も帰りたいんだけど」

丈「どうして?」

タカト「ギルモンに再会できた事をみんなに伝えたくて」

丈「いいよ...浦島太郎みたいにならないといいね」

タカト「えっ?」

丈「>>410
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 23:05:23.82 ID:O21wXZG70
世界によって時間の流れが異なるからねぇ?
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 23:05:33.83 ID:kwJ7RsmuO
時空はいつだって不安定なんだ…帰ったら6年後かもしれない。過去の世界かも知れない…でも、運よければ数分しか経っていないかも知れないよ
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 23:14:10.73 ID:JINmTnH50
丈「世界によって時間の流れが異なるからねぇ?」

タカト「そうだとしても...僕は帰るよ」

丈「なら案内してあげるよ」

タカト「(大丈夫...だよね)」

〜テイマーズ世界〜

丈「じゃあ僕はこれで」

タカト「は、はい(随分...変わったな)」

???「た、タカトか!?」

タカト「あ、あなたは?」

ジェン「僕だジェンだ!」

タカト「えぇ!ジェンは11歳のはず...」

ジェン「なにを?君が居なくなってから14年が経ったんだぞ!」

タカト「>>413
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 23:16:28.88 ID:kwJ7RsmuO
そ、そんな…… ガックシ
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 23:39:11.87 ID:JINmTnH50
タカト「そ、そんな……」ガックシ

ジェン「今までどこに居たんだ?」

タカト「実は...」

〜数分後〜

ジェン「なるほど...並行世界に行ったら時間がズレていたと」

タカト「うん...父さんと母さんは元気...?」

ジェン「...知らない方がいい」

タカト「>>415
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 23:40:07.67 ID:nxUVZopv0
えっ…いったい何があったの!?ねぇ、教えてよ!ジェン!!
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 23:45:33.44 ID:JINmTnH50
タカト「えっ…いったい何があったの!?ねぇ、教えてよ!ジェン!!」

ジェン「...タカトが行方不明になった日の事だ。タカトの両親は...家に帰らない君を探しに行き...トラックに轢かれた」

タカト「!?」

ジェン「即死だったらしいんだ...」

タカト「ぼ、僕が...別世界に行ったから...父さんと母さんは...ッ!」

ジェン「>>417
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 23:47:44.38 ID:nxUVZopv0
そんなに自分を責めるない方がいいよ、タカト……

それにあの事件は僕も調べたけど、不自然な点がいくつかあるんだ
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/07(日) 23:52:30.89 ID:JINmTnH50
ジェン「そんなに自分を責めるない方がいいよ、タカト…… 」

タカト「だ、だって...!僕の所為で...!」

ジェン「それにあの事件は僕も調べたけど、不自然な点がいくつかあるんだ」

タカト「...不自然な点?」

ジェン「あぁ...トラックには誰も乗っていなかったんだ」

タカト「えっ...それって」

ジェン「詳しい事は分からない...でも絶対に真実は突き止める」

タカト「ジェン...」

ジェン「まぁ...今は休むのが先だね。僕の家に来なよ」

タカト「>>419
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 23:53:24.02 ID:JugavMZbO
よろしくお世話になるよ…
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 00:01:24.91 ID:ZJ/zfoZf0
タカト「よろしくお世話になるよ…」

ジェン「こちらこそね」

〜ジェンの家〜

タカト「そう言えば...みんなはどうしてるの?」

ジェン「博和と健太は会社を立ち上げて成功してる」

タカト「じゃあルキは?」

ジェン「ルキは...この間、彼氏と別れたよ」

タカト「えっ!?なんで!?」

ジェン「>>421
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 00:04:01.31 ID:w4YmqNiy0
さぁ…普段がクールすぎてデレがあっても受け入れられないとか?
詳しくは知らないけど、毎回、彼氏側から別れを告げられているのは事実だよ。
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 00:08:31.27 ID:ZJ/zfoZf0
ジェン「さぁ…普段がクールすぎてデレがあっても受け入れられないとか?」

タカト「それは分かるけど...本当なの別れたって?」

ジェン「詳しくは知らないけど、毎回、彼氏側から別れを告げられているのは事実だよ」

タカト「...以外だ。じゃあ加藤さんは?」

ジェン「樹莉は2代目松田ベーカリーをやってるよ」

タカト「2代目...松田ベーカリー?」

ジェン「あぁ...彼女はまだ君を待ってるんだよ」

タカト「>>423
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 00:14:38.56 ID:djriFB82O
加藤さん……僕のせいで彼女の人生を……
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 00:22:41.10 ID:ZJ/zfoZf0
タカト「加藤さん……僕のせいで彼女の人生を……」

ジェン「でも楽しそうだよ樹莉は」

タカト「本当...?」

ジェン「本当さ。明日、行くかい?」

タカト「うん...行くよ」

〜次の日〜

樹莉「いらっしゃいま...ジェンくん!」

ジェン「久しぶり」

タカト「...」

樹莉「その子...タカトくんに似てるけど...もしかしてタカト君の子?」

タカト「>>425
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 00:30:31.64 ID:w4YmqNiy0
違うよ…僕だよ…松田タカトだよ……
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 00:39:39.88 ID:ZJ/zfoZf0
タカト「違うよ…僕だよ…松田タカトだよ……」

樹莉「えっ...本当にタカトくんなの?ならその姿は...」

ジェン「僕が説明するよ」

〜数分後〜

樹莉「そうだったんだ...でもタカトくんに会えて嬉しい...」

タカト「加藤さん...」

樹莉「ねぇ...タカトくん 」

タカト「なに?」

ジェン「(?)」

樹莉「よ、よかったら...私の子にならない?タカトくんのご両親はもう居ないし...」

タカト「>>427
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 00:42:01.04 ID:djriFB82O
僕にはもう両親も居ないし今後も考えていない状態だから願ったり叶ったりだけど……
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 00:47:51.05 ID:ZJ/zfoZf0
タカト「僕にはもう両親も居ないし今後も考えていない状態だから願ったり叶ったりだけど……」

樹莉「じゃあ、決まり!今日からあなたは私の子よ///」

ジェン「じ、じゃあ...僕はこれで...時間のあるときにまた来るよ」

タカト「じ、ジェン!?」

樹莉「それと...タカトくん」

タカト「?」

樹莉「今日から親子になるからママって呼んでね///」

タカト「>>429
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 01:16:30.59 ID:CG8RhnBp0
それはちょっと難しいかな…でも頑張ってみるよ
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 01:35:35.23 ID:ZJ/zfoZf0
タカト「それはちょっと難しいかな…でも頑張ってみるよ」

樹莉「嬉しいわ///」

タカト「そんなに照れなくても...」

樹莉「ご、ごめんなさい///」

〜その夜〜

ルキ「はぁ...」

ジェン「性格がキツイからモテないんだよ」

ルキ「...私が悪いの?」

ジェン「>>431
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 01:49:05.91 ID:CG8RhnBp0
まぁここまで連続で別れるとそうなんじゃないかな
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 16:22:53.31 ID:ZJ/zfoZf0
ジェン「まぁここまで連続で別れるとそうなんじゃないかな」

ルキ「...なんかムカつく」

ジェン「いやいや...自分の所為だろ」

ルキ「ジェン」

ジェン「なに?」

ルキ「今日はヤケに元気だけど、何かあったの?」

ジェン「うん...タカトが見つかったんだよ」

ルキ「>>433
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 16:25:04.89 ID:w4YmqNiy0
……えっ?14年前に失踪して7年前に失踪宣告されたんじゃ……
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 16:32:20.80 ID:ZJ/zfoZf0
ルキ「……えっ?14年前に失踪して7年前に失踪宣告されたんじゃ……」

ジェン「でも生きていた」

ルキ「どこに居たのタカトは...!」

ジェン「並行世界に行っていたから、時間がズレてしまったらしい」

ルキ「今はどうしてるの?」

ジェン「樹莉の養子になったよ。どうかした?」

ルキ「>>435

ジェン「!?」
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 17:26:26.73 ID:dCmR59D0O
私が引き取りたかったのにな
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 17:33:40.66 ID:ZJ/zfoZf0
ルキ「私が引き取りたかったのにな」

ジェン「えっ...!?」

ルキ「何度も何度もフラれるならタカトを自分好みに育てたかった...」

ジェン「ルキには無理だよ」

ルキ「どうして!?」

ジェン「子供が無理そうだからだよ」

ルキ「>>437
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 17:36:03.00 ID:w4YmqNiy0
酷い偏見ね
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 17:42:51.25 ID:ZJ/zfoZf0
ルキ「酷い偏見ね。子育てぐらいできるわよ」

ジェン「どこに行くの?」

ルキ「樹莉の家よ」

ジェン「なんでまた?まさか...」

ルキ「タカトは私が引き取る」

〜樹莉の家〜

樹莉「ルキちゃんには無理よ」

ルキ「出来るわ!タカトも私がいいでしょ!?」

タカト「えっ...いきなり言われても」

ルキ「それに私は知ってるのよ...樹莉がタカトの両親を殺した事を!!」

タカト「!?」

樹莉「>>439
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:05:32.78 ID:w4YmqNiy0
何を言っているの!?濡れ衣よ!
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 18:15:44.12 ID:ZJ/zfoZf0
樹莉「何を言っているの!?濡れ衣よ!」

ルキ「濡れ衣なんかじゃない...私は知ってるのよ!」

樹莉「タカト!信じたらダメよ!」

タカト「る、ルキ...本当なの?」

ルキ「本当よ。山木さんが言ってたから」

タカト「山木さんが...!」

樹莉「!?」

タカト「僕を騙したの...加藤さん!?」

樹莉「>>441
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:18:18.56 ID:Z/moOE2AO
待ってよ!山木さんが言ったと言う根拠だけで信じるのはおかしいわ!
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 18:26:11.68 ID:ZJ/zfoZf0
樹莉「待ってよ!山木さんが言ったと言う根拠だけで信じるのはおかしいわ!」

ルキ「写真があるの...ほら!」

タカト「本当に写ってる...!」

樹莉「捏造よ!私は潔白よ!」

タカト「信じられないよ...行こうルキ」

ルキ「えぇ」

〜数分後〜

謎の女「惨めだでな!」

樹莉「誰!?」

謎の女「タカトの両親を殺した真犯人だで」

樹莉「あなたが...!!」

謎の女「あんたに変装するのは苦労しただで」

樹莉「>>443
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:27:59.60 ID:w4YmqNiy0
姿を見せなさい! ガッ


またワンパターンかよ……
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:29:19.66 ID:MOXpMr+eO
これ、いちいち安価取る意味あったの?
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 18:41:37.13 ID:ZJ/zfoZf0
樹莉「姿を見せなさい!」ガッ

芽心「うぐっ!ば、バレただで!」

樹莉「...誰?」

芽心「さ、さらば...!」

樹莉「き、消えた...?」

〜次の日〜

タカト「疑ってごめん加藤さん」

ルキ「...ごめんなさい」

樹莉「いいのよ。真犯人が分かったんだし...どうしたのタカトくん?」

タカト「僕は...この世界から出て行くよ」

ルキ「どうして!?」

タカト「>>446
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:58:02.00 ID:Z/moOE2AO
14年の溝は大きいよ…
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:58:36.41 ID:MOXpMr+eO
ヤンデレストーカー化したルキが恐ろしくてたまらないんだ
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 19:04:00.72 ID:ZJ/zfoZf0
タカト「14年の溝は大きいよ…」

樹莉「関係ないわ!タカトくんはタカトくんでしょ!?」

タカト「無理だよ...!僕もこの世界を受け入れようとしたけど...ダメだったんだ!」

ルキ「た、タカト...」

タカト「さようなら...」

〜丈の部屋〜

丈「...辛い思いをさせてしまったね」

タカト「...」

丈「タカトくん?」

タカト「>>449
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 19:17:13.96 ID:w4YmqNiy0
僕を受け入れくれる世界はあるんでしょうか……
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 22:21:02.46 ID:ZJ/zfoZf0
タカト「僕を受け入れくれる世界はあるんでしょうか……」

丈「ここにあるよ」

タカト「丈さん?」

丈「僕らの世界は君を拒絶なんか絶対にしない...ここに居ていいんだよ」

タカト「本当に...居てもいいの?」

丈「本当だよ!」

タカト「ありがとう...丈さん」

〜ヒカリの部屋〜

タケル「本当に思い出さないのか...!」

ヒカリ「知らない...タケルくんは勘違いしてるのよ」

タケル「違う...約束したじゃないか!?俺が守るって!?」

ヒカリ「>>451
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 22:24:15.45 ID:OjJNtCNvO
そうだわ、思い出したわ。タケル君!!
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 22:29:03.52 ID:ZJ/zfoZf0
ヒカリ「そうだわ、思い出したわ。タケル君!!」

タケル「ヒカリ...思い出してくれて嬉しい」(抱きしめる)

ヒカリ「もう...忘れないわ絶対」

太一「...」

ヒカリ「お兄ちゃん...」

太一「夜逃げは絶対に許さないからな」

ヒカリ「>>453
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 22:30:12.93 ID:Z/moOE2AO
じゃあどうしたらいいの?教えてよ!
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 22:38:54.00 ID:ZJ/zfoZf0
ヒカリ「じゃあどうしたらいいの?教えてよ!」

太一「働ける年齢になるまで行き過ぎた行動をするな」

タケル「今でも働けるさ!」

太一「それはまともな仕事じゃない!大人になってから結婚してくれ!恋人ならいいから...」

ヒカリ「...ほんと?」

太一「本当だ!」

ヒカリ「じゃあ夜逃げはしない」

タケル「...俺も約束する」

太一「(つ、疲れた...)」

〜居酒屋〜

光子郎「ミミさん...」

伊織「きっとすぐに帰ってきますよ」

光子郎「>>455
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 22:39:53.26 ID:Z/moOE2AO
一体どこに行ったんですか……
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 22:47:23.70 ID:ZJ/zfoZf0
光子郎「一体どこに行ったんですか……」

伊織「分かりません。誰かに聞けば...」

光子郎「ご両親は家出と...はぁ...」

伊織「そのうち見つかりますよ」

光子郎「だといいんですが...」

〜丈の部屋〜

ミミ「...ただいま」

丈「お、おかえり!」

タカト「どうだった!?」

ミミ「...同性愛なんて幻想ね」

タカト「えっ?」

ミミ「>>457
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 22:52:22.29 ID:NLSoiXSfO
同じ同性愛者だったのに愛が重すぎて殺されかけたわ。
ほら、これ チラ(首を絞められた跡を見せる)
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/08(月) 22:59:08.26 ID:ZJ/zfoZf0
ミミ「同じ同性愛者だったのに愛が重すぎて殺されかけたわ。ほら、これ」チラ(首を絞められた跡を見せる)

タカト「酷い...」

丈「憎んでないとできないよね...」

ミミ「もういいのよ...それじゃあ」

〜歩道〜

光子郎「ミミさん!?」

ミミ「光子郎くん...久しぶり」

光子郎「どこに行ってたんです!探したんですよ!」(抱きしめる)

ミミ「>>459
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 23:22:58.66 ID:CG8RhnBp0
なんて言うかもうネタ切れ感ハンパないな。
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 23:25:06.63 ID:CG8RhnBp0
ああ、安価下でお願いね。
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 23:30:46.62 ID:MOXpMr+eO
もう面倒だからあなたでいいわ
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 00:32:07.57 ID:9IJuNbJg0
ミミ「もう面倒だからあなたでいいわ」

光子郎「何の事ですか?」

ミミ「...あなたが好きってこと」

光子郎「!?」

ミミ「わたしと付き合ってくれる?」

光子郎「>>463
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 00:39:46.33 ID:4nJOh4uE0
喜ん……!?やっぱすいません…少し考えさせてください…… (なぜか安易で答えてはダメな予感がする…)
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 00:50:57.20 ID:9IJuNbJg0
光子郎「喜ん……!?やっぱすいません…少し考えさせてください…… (なぜか安易で答えてはダメな予感がする…)」

ミミ「わたしのことが嫌いなの...?」

光子郎「そうじゃありません!...考える時間が欲しいんです」

ミミ「...なら一ヶ月以内に答えをだしてね」

光子郎「ありがとうございます。必ず答えを伝えますから」

ミミ「...楽しみにしてるわ」

〜喫茶店〜

光子郎「って言ったものの...どうすれば」

ヤマト「体で想いを伝えるとか?」

光子郎「か、体で!?犯罪になります!!」

ヤマト「>>465
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 00:54:34.72 ID:znZMW9rc0
じゃあ普通に付き合えばいいだろ。まぁタケル達みたいに後先考えないで子供作ったりするのは論外だけどな
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 01:01:10.65 ID:9IJuNbJg0
ヤマト「じゃあ普通に付き合えばいいだろ。まぁタケル達みたいに後先考えないで子供作ったりするのは論外だけどな」

光子郎「それは分かってます...僕は常識を知っているので」

ヤマト「なら良かった。がんばれよ光子郎!」

光子郎「は、はい!」

〜歩道〜

光子郎「(まだ一ヶ月も猶予があるけど...今すぐに伝えに行こう)」

???「待ってください」

光子郎「あなたは!?僕にそっくり...」

光子郎(未)「当たり前です...僕は10年後から来た君なんですから」

光子郎「未来の...ぼく」

光子郎(未)「はい。大事な事を伝える為に来たんです」

光子郎「なんですか...?」

光子郎(未)「>>467
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 01:03:02.10 ID:4nJOh4uE0
ミミさんのことです。彼女と付き合うのはやめたほうがいいです!!
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 01:08:53.74 ID:9IJuNbJg0
光子郎(未)「ミミさんのことです。彼女と付き合うのはやめたほうがいいです!!」

光子郎「ど、どうしてですか!?」

光子郎(未)「初めはまだ良かった...でも段々と僕のことを財布として扱って来て...ッ!」

光子郎「ミミさんが...嘘だ!」

光子郎(未)「こんな嘘つくためにタイムマシンなんか作りませんよ!」

光子郎「で、でも!未来は変わるって言いますよ!」

光子郎(未)「>>469
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 01:14:50.79 ID:znZMW9rc0
前に訪れた時間軸の君も、その前の時間軸の君も…いや、どの時間軸の君も同じ事を言ってました。が、現実は何も変わらなかった。実は過去の僕に忠告するの、これで一万回目なんですよ…
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 01:15:06.96 ID:TKwlaxn7O
その可能性も機械で調べてみましたが…ここのミミさんでは0%です

そもそも彼女は元々はレズビアンだと知らないでしょ。過去の僕は
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 01:29:00.29 ID:9IJuNbJg0
光子郎(未)「前に訪れた時間軸の君も、その前の時間軸の君も…いや、どの時間軸の君も同じ事を言ってました。が、現実は何も変わらなかった。実は過去の僕に忠告するの、これで一万回目なんですよ…」

光子郎「い、一万回...未来は変わらなかったんですか...」

光子郎(未)「変わっていたらここには来ていません」

光子郎「...未来のミミさんはそんなに酷いんですか?」

光子郎(未)「最悪です...仕事で疲れてるのに僕をパシリに使うし...100万円のネックレスを相談もしないで買うんですよ...」

光子郎「>>472
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 01:30:15.89 ID:tdFpHrIXO
完全に地雷女じゃないですかやだ!!
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 01:40:46.90 ID:9IJuNbJg0
光子郎「完全に地雷女じゃないですかやだ!!」

光子郎(未)「分かったでしょ!ミミさんと別れ...」

ミミ(未)「見つけたわよ光子郎くん」

光子郎「ミミさんに似てる...もしかして」

光子郎(未)「考えてる通りです。彼女が未来のミミさんです」

ミミ(未)「未来を変えるなんて...許せない!」

光子郎(未)「僕はもう嫌なんですよ!奴隷のような生活は!」

ミミ(未)「...わたし妊娠してるのよ」

光子郎「!?」

光子郎(未)「嘘はやめてください!」

ミミ(未)「本当よ!未来を変えたら...お腹の子が消えちゃう...お願い光子郎くん。一緒に帰りましょう?」

光子郎(未)「>>474
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 01:42:54.51 ID:4nJOh4uE0
他の男の子でしょう!浮気しているのは知っているんですよ!!
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 01:42:59.21 ID:znZMW9rc0
子供ができたとか余計に生活が辛くなるじゃないですか冗談じゃないですよ
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 17:52:55.74 ID:9IJuNbJg0
光子郎(未)「他の男の子でしょう!浮気しているのは知っているんですよ!!」

ミミ(未)「ち、違う...この子は光子郎くんの...」

光子郎(未)「まだそんな嘘を...!僕を見たんだ!ミミさんが太一さんと手を繋ぎながらホテルから出てくるのを!」

光子郎「た、太一さんと...」

ミミ(未)「...なんだバレてたの?」

光子郎「う、嘘ですよね...ミミさん!?」

ミミ(未)「>>477
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 18:14:57.26 ID:TKwlaxn7O
本当のことよ
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 18:52:18.10 ID:9IJuNbJg0
ミミ(未)「本当のことよ」

光子郎「ならどうして僕と付き合ったんですか!?」

ミミ(未)「最初は愛してたわ...でもあなたは仕事ばかりで私のことを見なかった!...太一さんは優しくしてくれたの...」

光子郎(未)「養う為には働かないとダメだったんですよ!」

ミミ(未)「また...わたしを悪者にして...!

光子郎「...悪者なんかにはしません」

ミミ(未)「光子郎くん...?」

光子郎「>>479
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/09(火) 18:54:09.45 ID:4nJOh4uE0
あなたが自分勝手な女性だった……ただそれだけのことです
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 19:02:26.07 ID:9IJuNbJg0
光子郎「あなたが自分勝手な女性だった……ただそれだけのことです」

ミミ(未)「わたしが...自分勝手!?黙りなさ...!?」

光子郎(未)「せ、成功だ!」

光子郎「2人の体が消えていく...どうなってるんです!?」

光子郎(未)「未来が変わったから...僕らは消えてるんだよ」

ミミ(未)「いやだ!消えたくない...消えたくない!!もう我儘なことやらないから!許して!私を消さないで!」

光子郎(未)「言うことを聞く必要はありませんよ」

光子郎「>>481
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 19:04:11.73 ID:4nJOh4uE0
一万回もありがとうございました……未来の僕。今後は間違った未来を歩かないように心がけます
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 19:10:16.74 ID:9IJuNbJg0
光子郎「一万回もありがとうございました……未来の僕。今後は間違った未来を歩かないように心がけます」

光子郎(未)「...幸せを願ってますよ」

ミミ(未)「いやだぁ!!消えたくない...!」

光子郎(未)「さよなら...」

光子郎「...」

〜ミミの家〜

ミミ「えっ?わたしと付き合わない?」

光子郎「はい。僕にはまだ早すぎます」

ミミ「光子郎くんは一生、彼女ができないかもしれないのよ?このチャンスを捨てるの?」

光子郎「>>483
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 19:19:50.16 ID:zrcBd6QA0
はい、捨てます
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 19:20:13.78 ID:tBol5DqkO
未来は誰にもわかりませんよ
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 23:11:51.40 ID:9IJuNbJg0
光子郎「はい、捨てます」

ミミ「随分とあっさり言うわね」

光子郎「...未来は誰にも分かりませんからね。それに僕は目先の幸せはいりませんから」

ミミ「なら私からは言うことはないわ」

光子郎「ミミさん...」

〜太一の部屋〜

太一「また娘に会いに行ってたのか?」

ヒカリ「ダメなの!?母親が自分の娘に会いに行っちゃ!?」

太一「そうじゃないが...近所に噂されるだろ?」

ヒカリ「>>486
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 23:16:09.21 ID:znZMW9rc0
変装して行ってるから大丈夫よ
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 23:19:45.47 ID:9IJuNbJg0
ヒカリ「変装して行ってるから大丈夫よ」

太一「...そういう問題じゃない!」

ヒカリ「お兄ちゃん...?」

太一「お前はまだ小学生なんだ!子供の癖に母親面はやめろ!」

ヒカリ「母親面じゃないわ!」

太一「>>488
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 23:25:02.19 ID:zrcBd6QA0
子供はペットじゃないんだぞ!ちゃんと面倒見れるだけの金も力もないのに感情だけで好き放題言うな!お前の自己満足の為に被害を被るのは誰になるのかまだわからないのか!?
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 23:45:24.32 ID:9IJuNbJg0
太一「子供はペットじゃないんだぞ!ちゃんと面倒見れるだけの金も力もないのに感情だけで好き放題言うな!お前の自己満足の為に被害を被るのは誰になるのかまだわからないのか!?」

ヒカリ「だとしても...わたしはあの子の母親よ...」

太一「なんで...なんで分からないんだ!?」

裕子「もういいわよ太一」

太一「母さん...?」

裕子「ヒカリの子は私の孫になるわけだし他人事じゃないわ...うちで引き取りましょう」

ヒカリ「ほ、本当!お母さん!?」

太一「ダメだ母さん!ヒカリを甘やかさないでくれ!」

裕子「>>490
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 23:48:25.16 ID:4nJOh4uE0
それより子供の方が大切よ。生まれてきた子には罪はないわ……
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 23:48:38.33 ID:tdFpHrIXO
このままもう一度駆け落ちなんてされたらそれこそ事よ。それに…ヒカリが子育てを理由に勉学を疎かにするようになったり進学をしないなんて言い出したら強制的に別居させるわ。これなら良いでしょう?
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 23:50:12.82 ID:4nJOh4uE0
すいません。>>491でお願いします
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 00:04:12.66 ID:bAFY7hLe0
裕子「このままもう一度駆け落ちなんてされたらそれこそ事よ。それに…ヒカリが子育てを理由に勉学を疎かにするようになったり進学をしないなんて言い出したら強制的に別居させるわ。これなら良いでしょう?」

太一「それなら、まぁ...問題はないけど...」

裕子「ヒカリもこれで良いわね?」

ヒカリ「う、うん!ありがとうお母さん!」

裕子「子育ては大変よ?それでもいいの?」

ヒカリ「いいの...だってタケルくんとの子だから///」

太一「...」

〜太一の部屋〜

太一「なんで呼んだのか分かるなタケル?」

タケル「ヒカリのことだろ?」

太一「なら話が早い。...お前はヒカリをどう思ってる?」

タケル「愛してる...この世の誰よりも」

太一「>>494
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 00:11:27.91 ID:p8m4l4QN0
年相応の、普通の付き合いをするならもう何も言わないよ。けどな…せめて元の性格に戻ってくんないか?はっきり言ってお前がその喋り方してると気持ち悪くて仕方ないんだ
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 19:02:07.88 ID:bAFY7hLe0
太一「年相応の、普通の付き合いをするならもう何も言わないよ。けどな…せめて元の性格に戻ってくんないか?はっきり言ってお前がその喋り方してると気持ち悪くて仕方ないんだ」

タケル「丈に頼めば元に戻れる...でも」

太一「なんだ?言ってみろ?」

タケル「この性格じゃなければヒカリに愛してもらえない気がする...元の俺に戻って捨てられるのが怖いんだ」

太一「>>496
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 19:06:56.51 ID:PcFIj+Vz0
まっ、そうだな。俺にヒカリが来てもあれだしな、我慢するか
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 19:19:29.74 ID:bAFY7hLe0
太一「まっ、そうだな。俺にヒカリが来てもあれだしな、我慢するか」

タケル「すまない...」

太一「気にすんなよ。その代わり周りには迷惑、かけるなよ?」

タケル「それは大丈夫だ」

太一「(本当かよ?)」

〜次の日〜

賢「もうその体には慣れたかい?」

大輔「...新しい生活には慣れたよ」

賢「なら良かった!心配してたんだよ!」

大輔「女の...しかも8歳の体だと慣れるのに苦労したけどな」

賢「>>498
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 19:20:18.90 ID:41FCd0LI0
本当は元の大輔と同じ条件の子を探したかったんだけどね……
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 19:29:12.03 ID:bAFY7hLe0
賢「本当は元の大輔と同じ条件の子を探したかったんだけどね……」

大輔「仕方ないな...俺と同じ条件の奴を探してたらいつになるか分からないからな」

賢「...正体はバレてないよね?」

大輔「バレてないよ...この体の家族を誤魔化すのは...心が痛むけどな」

賢「なら良かった。...困った事はないかい?」

大輔「最近、伊織が俺の後をつけて来るんだ...正体も言ってないのに」

賢「>>500
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 19:30:35.50 ID:KUdb3TUYO
きっと伊織君が流行りのヤンキチ症候群に感染してしまったんだよ
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 19:36:48.85 ID:bAFY7hLe0
賢「きっと伊織君が流行りのヤンキチ症候群に感染してしまったんだよ」

大輔「ヤン...キチ...症候群?」

賢「気をつけたほうがいいよ...下手すると殺されるかもしれないからね」

大輔「わ、分かった...気をつけるよ」

〜その頃 伊織は〜

伊織「...2人で何を話してるんだろう」

京「まさか...浮気...?」

伊織「...だとしたら許せません...!僕の初恋の人を...賢さん...!」

京「>>502
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 19:38:17.88 ID:41FCd0LI0
ちょっと待ってよ!何も証拠がないのに勝手に決めつけすぎじゃない?
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 19:44:21.42 ID:bAFY7hLe0
京「ちょっと待ってよ!何も証拠がないのに勝手に決めつけすぎじゃない?」

伊織「僕には分かります!賢さんは...女性を弄ぶ卑劣漢だと!」

京「どうしたのよ!いつもの冷静さはどこにいったのよ!」

伊織「うるさい...ッ!」(日本刀を取り出す)

京「何する気!?」

伊織「賢さん...デジモンカイザーを倒してサキさんを助けます」

京「ご、誤解かもしれないから!」

伊織「>>504
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 19:46:52.13 ID:KUdb3TUYO
彼を庇うんですか?なら京さん、あなたも同罪です…死んで償いなさい!!
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 19:53:13.93 ID:bAFY7hLe0
伊織「彼を庇うんですか?なら京さん、あなたも同罪です…死んで償いなさい!!」ブォン!!

京「あ、危ない...!(躊躇いもなく刀を...!)」

伊織「かわしましたか?次は外さない...!」

賢「やめろ!!伊織くん!」

大輔「やめて!伊織さん!!(くそっ...言いにくいな...)」

伊織「サキさん...待っていてください...京さんを殺したら次はデジモンカイザーを殺してあなたを解放しますからね...ふふっ」

大輔「違うの...!賢さんはわたしの悩みを聞いてくれていたの...」

伊織「...えっ?」

賢「>>506
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 19:55:41.64 ID:KUdb3TUYO
伊織君、彼女は君からストーカーされてて怖いそうだよ
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 21:04:11.91 ID:bAFY7hLe0
賢「伊織君、彼女は君からストーカーされてて怖いそうだよ」

伊織「そんなつもりじゃ...!」

京「でも誤解されてるでしょ!?」

伊織「サキさん...すみません...あなたの事を一目見た時から僕は恋に落ちてしまいました...」

大輔「そ、そうなんだ...(男にモテたくない)」

伊織「ストーカー紛いの事をやった僕ですが...お願いします!僕と付き合ってください!」

大輔「>>508
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 21:07:03.06 ID:03VVqyHpO
ごめんなさい!(体は女でも心は男だぞ!)
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 21:21:09.85 ID:bAFY7hLe0
大輔「ごめんなさい!(体は女でも心は男だぞ!)」

伊織「ダメなんですか...」(涙目)

大輔「まだ早すぎるよ...」

賢「残念だったね伊織くん」

京「元気出しなって!次があるわよ!」

伊織「...あきらめない...から」

大輔「(怖...これからも用心しておくか...)」

〜丈の部屋〜

タカト「水晶を見てどうしたの丈さん?」

丈「...これは大輔くんの様子が見れる水晶なんだけど...可哀想だな」

タカト「どうしてですか?」

丈「これからいろんな人達に襲われるからさ」

タカト「>>510
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 21:23:01.07 ID:03VVqyHpO
何とか助けてあげられないんですか?
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 21:29:51.34 ID:bAFY7hLe0
タカト「何とか助けてあげられないんですか?」

丈「怖いから嫌だよ」

タカト「そんなこと言わずに...!」

丈「はぁ〜大輔くんが襲われてる時に君がデュークモンになって助ければいいでしょ?」

タカト「ならそうします」

〜次の日〜

大輔「(昨日はよく眠れなかった...伊織の所為だなきっと)」

ミミ「ね、ねぇ...///」

大輔「な、なんですか?(ミミさん...?)」

ミミ「綺麗な黒髪...いい匂い...」

大輔「やめてください...急ぐので」

ミミ「>>512
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 21:31:04.90 ID:PcFIj+Vz0
今よ、ボディーチェーンジ!!
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 17:46:10.14 ID:j1xBygX50
ミミ「今よ、ボディーチェーンジ!!」

大輔「ッ!?」

ミミ「チッ...外した!次こそはその体を貰うわ!」

大輔「体を貰う...何を言って!」

デュークモン「彼女は君の体を奪うつもりだ!」

ミミ「また変なのが!」

デュークモン「ミミ!君はレズビアンをやめたはず!」

ミミ「>>514
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 17:48:52.76 ID:4QxzZTz00
光士郎君さえフラれた私には、やはりレズビアンしか生きる道はないのよ!
あなたの体で新しい人生を歩むわ!
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 18:09:20.00 ID:j1xBygX50
ミミ「光士郎君さえフラれた私には、やはりレズビアンしか生きる道はないのよ! あなたの体で新しい人生を歩むわ!」

デュークモン「身勝手な...許さない!」

ミミ「退いてよ!あなたの体はいらない...私が欲しいのは黒髪のあなたよ///」

大輔「絶対に渡さない...!(別に渡しても何も変わらないけど...)」

デュークモン「(仕掛けるなら今だ...!)」

ミミ「>>516
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 18:13:19.28 ID:cB0Z8R8BO
あんたなんかこの炊飯器に閉じ込めてやるわ!!喰らいなさい!必殺!!魔封波ぁぁぁぁぁ!!!!
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 18:18:09.95 ID:j1xBygX50
ミミ「あんたなんかこの炊飯器に閉じ込めてやるわ!!喰らいなさい!必殺!!魔封波ぁぁぁぁぁ!!!! 」

デュークモン「...グッ!ウワァアアアア!」(吸い込まれる)

ミミ「マスターしておいて良かったわ...さぁ、体を交換する時間よ」

大輔「...さっきから恥ずかしくないのかよ!」

ミミ「なにが恥ずかしいの?」

大輔「別の作品の技を模倣して!」

ミミ「>>518
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 18:23:14.65 ID:cB0Z8R8BO
模倣?違うわね。私はドラゴンボールの世界に行って実際に習得したのよ!ギニューはチョコレートパフェを奢ってあげたら、そして亀仙人はパフパフしてあげたら簡単に教えてくれたわ!!
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 18:28:35.87 ID:j1xBygX50
ミミ「模倣?違うわね。私はドラゴンボールの世界に行って実際に習得したのよ!ギニューはチョコレートパフェを奢ってあげたら、そして亀仙人はパフパフしてあげたら簡単に教えてくれたわ!!」

大輔「グッ...まさか模倣じゃなかったとは」

ミミ「もうお喋りはお終いよ...ボディーチェーンジ!!」

大輔「(くっ...もう俺はダメなのか...いや!まだ手はあるはずだ!)」

大輔「>>520
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 18:30:09.70 ID:4QxzZTz00
これでも喰らえ! ポイ(前に何か小動物を投げる)
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 18:54:53.50 ID:j1xBygX50
大輔「これでも喰らえ!」ポイ(前に何か小動物を投げる)

猫「に、ニャア!?」

ミミ「ね、猫!?(しま...っ!)」

〜数分後〜

ミミ「(ね、猫なんかに...なっちゃった)」

大輔「デュークモンを助けないと...」(炊飯器の蓋をあける)

デュークモン「出してくれてありがとう...ミミは?」

大輔「そこの猫がそうだよ」

デュークモン「...自業自得だな」

ミミ「>>522
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 18:57:32.72 ID:4QxzZTz00
これで終わったと思わないで……って待ってよ!私の体!!
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 19:07:02.41 ID:j1xBygX50
ミミ「(これで終わったと思わないで……って待ってよ!私の体!!)」

デュークモン「さてと...僕はそろそろ帰るよ」

大輔「...忘れてた!学校に遅行だ!!」

デュークモン「よけれざ送らせて貰うよ」

大輔「なら頼む!」

〜数日後〜

ヤマト「遂にミミちゃんが本格的に壊れたらしい...」

空「なにかやらかしたの?」

ヤマト「精神病院に入院したらしい」

空「>>524
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 19:08:45.20 ID:cB0Z8R8BO
(はぁ…次は誰がヤンキチ化するのかしら…)
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 19:20:11.44 ID:j1xBygX50
空「(はぁ…次は誰がヤンキチ化するのかしら…)」

ヤマト「なんでも猫のようになっているって話だ」

空「ミミちゃんのお母さんとお父さんも大変ね...忘れてた」

ヤマト「どうした?」

空「夕飯の材料を買いに行かないと...」

〜歩道〜

空「今日はサラダにでもしようかしら」

ミミ「(空さん!)」

空「可愛い!どこの猫かしら?」

ミミ「>>526
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 19:24:50.54 ID:hQMgz4Um0
この日の為に猫の状態で喋れるように特訓して正解だったわ!チェーンジ!!
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 20:48:18.11 ID:j1xBygX50
ミミ「この日の為に猫の状態で喋れるように特訓して正解だったわ!チェーンジ!!」

空「猫が喋った...!何なのこれは...!?」

ミミ「(これで猫の生活ともおさらばよ!)」

〜数分後〜

ミミ「あー...初めからこうすれば良かったわ」

空「(目の前に...わたしが...)」

ミミ「ごめんね空さん。あなたの体は私が頂いたわ」

空「(そんな...体を返してよ!)」

ミミ「>>528
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 20:56:24.59 ID:4QxzZTz00
悪いわね。運よく空さんの体を手に入れられてよかったわ…
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 21:02:48.15 ID:j1xBygX50
ミミ「悪いわね。運よく空さんの体を手に入れられてよかったわ…」

空「(あなた...誰なの...まさか!!)」

ミミ「うふふ...そうよ!ミミ...いや、今日から私は竹之内空よ!猫ちゃんはこれから大変だけど野良生活を頑張ってね」

空「(行かないで!)」

ミミ「しつこいわね...」

ヤマト「しつこいのはお前だ」

ミミ「や、ヤマト...なにがしつこいの?」

ヤマト「俺はお前の正体を知っている」

ミミ「なに言ってるの?わたしは空よ?」

ヤマト「>>530
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:04:09.64 ID:cB0Z8R8BO
いやさっきまでの全部見てたし
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:04:25.72 ID:FcCJqxbmO
悪いな、きちんと一部始終を見させてもらったぜ……ミミ!!
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 21:10:42.31 ID:j1xBygX50
ヤマト「いやさっきまでの全部見てたし」

ミミ「(ば、バレてた...!封印しようにも炊飯器はないし...!)」

丈「悪い奴だねミミは」

ミミ「じ、丈!?」

丈「悪いけど先ほど彼の方に連絡して君のしてきた事を全てなかった事に決めた」

ミミ「>>533
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:10:59.47 ID:cB0Z8R8BO
格好つけてる所悪いけど、私がドラゴンボールの世界で習得した技はチェンジと魔封波だけじゃないのよ?貴方如きに私を捕まえる事は出来ない!!(瞬間移動で姿を消す)
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:17:07.17 ID:rMLU3f8/0
>>丈「悪いけど先ほど彼の方に連絡して君のしてきた事を全てなかった事に決めた」
ごめんこれどういう意味?
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 21:20:40.99 ID:j1xBygX50
>>532 修正
丈「悪いけど先ほど彼の方に連絡して君のしてきた事を全てなかった事にしてくれる様に頼んだ!」
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 21:24:45.72 ID:j1xBygX50
ミミ「格好つけてる所悪いけど、私がドラゴンボールの世界で習得した技はチェンジと魔封波だけじゃないのよ?貴方如きに私を捕まえる事は出来ない!!」(瞬間移動で姿を消す)

ヤマト「消えた...!化け物か!?」

丈「どこに消えてもミミはもう終わりだよ」

ヤマト「...だといいがな」

〜???〜

ミミ「あれ...わたしは光子郎くんの家に移動したはず...!」

イグドラシル「我が呼んだのだよ」

ミミ「!?」

イグドラシル「並行世界の力はこの世界を混乱をもたらす...悪く思うな」

ミミ「勝手に決めるな...!」

イグドラシル「>>538
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:26:37.07 ID:rMLU3f8/0
まぁ他のキチガイどもに比べれば可愛いものだが…諦めてくれ
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:26:38.58 ID:4QxzZTz00
貴様には消えてもらう。勿論、武之内空の体を元に戻してな
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 21:34:08.05 ID:j1xBygX50
イグドラシル「貴様には消えてもらう。勿論、武之内空の体を元に戻してな」

ミミ「い、いやだ!消えたくない...!!」

イグドラシル「これまでの行いの結果だ...さらばだ」

ミミ「いやぁあああ!!」

〜ヤマトの部屋〜

ヤマト「戻れて良かったな空!」

空「もう猫はこりごり...」

ヤマト「>>541
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:36:33.75 ID:4QxzZTz00
悪は滅んだ…と言いたい所だが、この世界だとまだ望月を見ていないのが不安材料だ……
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:37:49.31 ID:qdqbwDKS0
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/11(木) 21:43:28.02 ID:j1xBygX50
ヤマト「完!」

空「いきなりなにヤマト?」

ヤマト「この件はもうこれでお終いだ!これからは平穏に暮らそうぜ」

空「...そうね。平穏に暮らせるといいわね」

ヤマト「暮らせるさ...絶対に!」

〜5年後〜

太一「最近、大学はどうだヤマト?」

ヤマト「やっぱレベルが高い...付いていけない」

太一「>>543
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/11(木) 21:44:42.16 ID:4QxzZTz00
諦めたらそこで試合終了だぞ
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 15:54:39.69 ID:+y/6hreT0
太一「諦めたらそこで試合終了だぞ」

ヤマト「太一...もうちょっとがんばるよ」

太一「その意気だ」

ヤマト「太一...」

太一「他にもなんかあるのか?」

ヤマト「最近、タケルは元気か?」

太一「ヒカリとラブラブだよ...」

ヤマト「>>545
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 16:06:31.48 ID:sfbKgnF8O
あれから問題は起こしてないか?
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 16:20:01.27 ID:+y/6hreT0
ヤマト「あれから問題は起こしてないか?」

太一「いいや、起こしてない」

ヤマト「ならいいが...問題が起こらないように常に気をつけてくれ」

太一「分かってる...あいつらが何かしたとしても俺が止める」

ヤマト「それなら安心だ」

〜太一の家〜

楓「おじさん!おかえりなさい!」

太一「ただいま。ヒカリとタケルは?」

楓「まだ学校だって...」

太一「>>547
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 17:08:09.81 ID:ZXQFCUzl0
やれやれ…あいつらは…
仕方がない、楓。俺と遊ぶか?
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 17:39:19.96 ID:+y/6hreT0
太一「やれやれ…あいつらは…仕方がない、楓。俺と遊ぶか?」

楓「うん!おままごとしよ!」

太一「分かったよ(ヒカリが幼稚園の時以来だな...)」

楓「おじさん...?」

太一「なんでもないよ」

〜教室〜

タケル「帰りに楓にケーキ買ってやろう」

ヒカリ「うん///」

京「...」

タケル「京...?」

ヒカリ「何かよう?」

京「高校でその付き合いかたはおかしいわ!」

ヒカリ「>>549
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 17:51:33.61 ID:EuW3Oq/8O
愛は人それぞれだから
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 18:02:57.00 ID:vhq4Rs4kO
ヒカリ「愛は人それぞれだから」

京「何が愛よ...!」

タケル「賢に振られたからって俺たちに当たるのはやめてくれ」

京「...!」(立ち去る)

ヒカリ「どうして京さんは振られたんだろ?」

タケル「謎だな」

〜賢の部屋〜

賢「夢みたいだよ」

大輔「なにが?」

賢「大輔と付き合える事だよ...///」

大輔「もう大輔じゃなくてサキだよ私?」

賢「>>551
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 18:03:52.60 ID:ZXQFCUzl0
(うまくいったようだね) ニヤリ
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 19:37:28.23 ID:+y/6hreT0
賢「(うまくいったようだね)」ニヤリ

大輔「次からは気をつけてね?」

賢「ごめんサキ」

大輔「もう...///」

賢「(男の体はすぐに用意が出来た...でも僕はやらなかった。...君を愛してしまった...大輔///)」

〜歩道〜

伊織「タケルさんにヒカリさんじゃないですか」

タケル「伊織...?」

ヒカリ「刀なんて持ってどうしたの?」

伊織「これから悪魔を退治に行くんです」

ヒカリ「>>553
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/13(土) 19:39:52.89 ID:ZXQFCUzl0
穏やかじゃないわね。少し話を聞かせ貰える?
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 19:44:22.62 ID:+y/6hreT0
ヒカリ「穏やかじゃないわね。少し話を聞かせ貰える?」

伊織「悪魔にサキさんを拐われてしまったからです」

タケル「その悪魔って?」

伊織「デジモンカイザーですよ」

ヒカリ「...もしかして好きな子を取られたから?」

伊織「うるさい...ッ!サキさんはあいつに騙されてるんだ!今しか助けるチャンスはないんです」

ヒカリ「>>555
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 20:05:24.52 ID:k74WZCgP0
銃刀法違反で捕まるわ、それよりもミミさんを覚えてる?
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 17:38:14.62 ID:A1P2wkCz0
ヒカリ「銃刀法違反で捕まるわ、それよりもミミさんを覚えてる?」

伊織「覚えていますよ。どうして亡くなったのかは分かりませんが」

タケル「そ、そうか」

伊織「無駄話をしている暇はなかった...!じゃあ、急ぎますから!」

ヒカリ「(大ごとになりそうな予感が...)」

〜玄関〜

賢「はーい...伊織くん?」

伊織「サキさんを返せ...!」(刀を構える)

賢「>>557
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 17:43:53.45 ID:jzBfjQuf0
そもそも君の物じゃないじゃないか。スティングモン、やれ
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 17:47:51.68 ID:A1P2wkCz0
賢「そもそも君の物じゃないじゃないか。スティングモン、やれ!」

スティングモン「分かったよ賢ちゃん!」

伊織「デジモンを使うなんて...この悪魔!」

スティングモン「賢ちゃんを悪く言うな!賢ちゃんの幸せを邪魔する奴は許さない...!」

伊織「黙れ...!」

伊織はスティングモンも特攻する。

勝敗 >>559
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 17:49:33.97 ID:GX5DsV6kO
人間がデジモンに勝てるわけがない。
伊織の負け
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 17:58:23.50 ID:A1P2wkCz0
伊織「うわぁぁ!!」(壁に叩きつけられる)

スティングモン「命までは取らない。もう賢ちゃんに関わるな...次はない」

伊織「(僕は...負けるのか...!サキさん...)」

〜病院〜

伊織「一生、ベッドの上...!?」

丈「兄貴がそう言ってた。残念だけどね」

伊織「嘘だ...!僕しかサキさんを救えないのに...!」

丈「>>561
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 18:01:04.02 ID:C13jb7dQ0
諦めも肝心さ。そうそう、カウンセリングをしておちついていこう
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 18:01:11.95 ID:BQmBPls2O
ここで物語からフェードアウトした方がよっぽど君の為だよ断言しても良い
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 18:09:15.29 ID:A1P2wkCz0
丈「諦めも肝心さ。そうそう、カウンセリングをしておちついていこう」

伊織「(諦めが...肝心...?...絶対に諦めない...!どんな方法を使ってもサキさんを悪魔から取り戻す...!)」

丈「じゃあ、先生を呼んでくるよ」

伊織「...」

〜ヤマトの部屋〜

空「...怒らない?」

ヤマト「怒らないから言えよ」

空「私...妊娠したの」

ヤマト「...は?」

空「だから...妊娠したのよ!」

ヤマト「嘘だろ...!俺たちはまだ...そこまでやってないし...浮気か!?」

空「違うわ!誰ともそういう行為はしてない...でも病院の検査じゃ妊娠してるって」

ヤマト「>>564
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 18:11:09.53 ID:jzBfjQuf0
何か危険な匂いがする……ミミが腹に宿ったか望月の奴がまた何かしたか……
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 18:26:24.92 ID:A1P2wkCz0
ヤマト「何か危険な匂いがする……ミミが腹に宿ったか望月の奴がまた何かしたか……」

空「怖いわヤマト...」

ヤマト「明日、堕ろしに行こう...このままじゃ何が起こるか分からない」

空「...そうね。お願いしに行きましょう」

〜病院〜

空「えっ...誤り?」

医者「すいません!私が間違った診断をしたばっかりに...申し訳ありません」

ヤマト「...とにかくオカルトじゃなくて良かったな空」

空「>>566
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 18:29:38.37 ID:jzBfjQuf0
ホッ……(だけど、本当に誤診だったのかしら……)
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 18:36:50.97 ID:A1P2wkCz0
空「ホッ……(だけど、本当に誤診だったのかしら……)」

ヤマト「どうした?」

空「本当に誤診だったのかなって...」

ヤマト「先生がそう言ってるんだしそうだろう!帰りになんか美味いものでも食べよう」

空「そう...そうね!」

医者「(...あれ?私はなにを...?)」

〜太一の家〜

裕子「楓は太一が好きなのね」

楓「うん!おじさんだいすき!」

太一「嬉しいぞ楓!」

楓「えへへ〜///大人になったらおじさんのお嫁さんになるからね!」

裕子「>>568
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 19:05:05.49 ID:jzBfjQuf0
本当に子供らしくって、可愛いわね。
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 22:08:00.53 ID:A1P2wkCz0
裕子「本当に子供らしくって、可愛いわね」

太一「...そうだな」

楓「おじさん?どうしたの?」

太一「なんでもないよ(この子には...俺が付いててやらないと)」

〜2時間後〜

ヒカリ「その指輪どうしたの楓?」

楓「おじさんにもらったの!」

タケル「おもちゃに見えない...」

ヒカリ「>>570
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 22:09:19.01 ID:GX5DsV6kO
それだけお兄ちゃんも入れ込んでいるようね。
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 22:20:37.93 ID:A1P2wkCz0
ヒカリ「それだけお兄ちゃんも入れ込んでいるようね」

タケル「太一の奴...楓に何かする気なのか?」

ヒカリ「お兄ちゃんはそんな人じゃないわ(多分...)」

タケル「...そ、そうだよな!」

楓「どうしたの?」

ヒカリ「なんでもないのよ」

楓「ふーん...」

〜次の日〜

ヒカリ「あっ!空さん!」

空「ヒカリちゃん...おはよう」

ヒカリ「元気ないね空さん、どうしたの?」

空「最近、体調が悪くて...」

ヒカリ「>>572
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 22:27:34.28 ID:4e04HTlto
大丈夫ですか? 食べ過ぎとかじゃないですか? なんだか少しお腹が膨れてるような
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 22:52:46.68 ID:A1P2wkCz0
ヒカリ「大丈夫ですか? 食べ過ぎとかじゃないですか? なんだか少しお腹が膨れてるような?」

空「昨日は膨れてなかったんだけど...朝起きたらこうなってたのよ」

ヒカリ「病院には?」

空「今から行くところ...病気じゃないといいんだけど...」

ヒカリ「空さん...」

〜病院〜

医者「異常無しです」

空「で、でも体調が...」

医者「その肥満から来ているのでしょう。考えすぎですよ」

空「>>574
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 22:58:03.43 ID:GX5DsV6kO
そうですか……(今までの世界を考えるとこの医者は操られている可能性があるわ……別の方法を探しましょう)
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 23:08:39.57 ID:A1P2wkCz0
空「そうですか……(今までの世界を考えるとこの医者は操られている可能性があるわ……別の方法を探しましょう)」

医者「お大事に...」

〜次の日〜

ヤマト「具合が悪いのか空?毛布なんか着込んで」

空「ね、熱があるの...」

ヤマト「なら病院に行くぞ」

空「それは嫌...!」

ヤマト「どうしたんだ...まさか!」(布団を取る)

空「や、やめてヤマト!」

ヤマト「そのでかい腹は...」

空「朝起きたらこうなってたのよ...」(涙目)

ヤマト「>>576
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:12:11.25 ID:GX5DsV6kO
クソ……犯人誰だ!?
まだ姿を見せていない望月か……いや、それより誰かに詳しく調べてもらった方がいい
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 23:19:47.32 ID:A1P2wkCz0
ヤマト「クソ……犯人誰だ!?まだ姿を見せていない望月か……いや、それより誰かに詳しく調べてもらった方がいい」

空「病院で調べても同じ事言われるわ...」

ヤマト「なら丈に来て貰おう!」

〜1時間後〜

丈「妊娠してるね...間違いなく」

ヤマト「嘘...だろ...なら!早く堕ろさないと!」

丈「ここまで大きくなったらもう無理だよ。産むしかない」

空「>>578
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/14(日) 23:22:32.88 ID:KH4T4vuBO
もし生まれてきた子供がミミちゃんか望月さん似か本人だったら………私が責任もって殺すわ
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/14(日) 23:37:01.78 ID:A1P2wkCz0
空「もし生まれてきた子供がミミちゃんか望月さん似か本人だったら………私が責任もって殺すわ」

ヤマト「殺すことは...」

空「こうでもやらないと大ごとになるのが分かるのよ!」

丈「...空」

〜夢の世界〜

空「付いてこないで!!」

芽心「だで!だで!だで!」

ミミ「待ってよ!照れ屋さんね空さんは///」

空「>>580
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:50:01.07 ID:jzBfjQuf0
ミミちゃん!会いたかったわ! グサ

私の手で殺したかったのよ。あなたを
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/16(火) 17:53:26.79 ID:qb0v9v4b0
空「ミミちゃん!会いたかったわ!」グサ

ミミ「空...さん...」

空「私の手で殺したかったのよ...あなたを!」

ミミ「体が...溶ける...!」

芽心「だ、だで...」

空「2人は消滅した...これでこの悪夢が終わる...!」

〜次の日〜

ヤマト「大丈夫か空?」

空「ヤマト...ここは?」

ヤマト「病院だ。いつ陣痛が始まってもいいようにって丈に教えられてな」

空「悪夢は終わらないのね...」

ヤマト「>>582
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 17:58:29.98 ID:Llm7a9tC0
俺は子供が生まれて確認したらイグドラシルの所へ向かう。あいつなら何か知っているだろう
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/16(火) 19:08:07.88 ID:qb0v9v4b0
ヤマト「俺は子供が生まれて確認したらイグドラシルの所へ向かう。あいつなら何か知っているだろう」

空「会えるかしら...」

ヤマト「会えない時はほぼないから大丈夫だろ」

空「だといいけど...」

〜数分後〜

伊織「まさか隣に空さんが入るなんて...驚きです」

空「伊織くん...!?ここに入院してたんだ...」

伊織「>>584
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 19:11:35.82 ID:Llm7a9tC0
丈さんから歩けるようにとある手術を受ける予定なんです……
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/16(火) 19:32:35.32 ID:qb0v9v4b0
伊織「丈さんから歩けるようにとある手術を受ける予定なんです……」

空「また歩けるようになるんだ」

伊織「50%の確率ですがね...可能性は」

空「伊織くん...」

伊織「僕は大丈夫ですから...空さんも頑張ってくださいね」

空「...」

〜2時間後〜

ヒカリ「見舞いに来たよ空さん」

空「ヒカリちゃん...」

ヒカリ「もう少しで赤ちゃんに会えるって看護師さんが言ってました。早く会えるといいね空さん」

空「>>586
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 19:46:18.82 ID:NnEg9qHNO
そうね。ありがとう(ヒカリちゃんには話せないわね…場合によってはその子を[ピーーー]なんて…)
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/17(水) 01:01:58.90 ID:WriklfiF0
空「そうね。ありがとう(ヒカリちゃんには話せないわね…場合によってはその子を殺すなんて…)」

ヒカリ「...何を考えてたの?」

空「何でもないわ」

ヒカリ「そうですか...一応忠告しますけど、赤ちゃんを捨てないでくださいね?もし捨てたら許さない...」

空「捨てるわけないでしょ...(勘がいいわね)」

〜デジタルワールド〜

テイルモン「は?」

太一「だから...テイルモンが好きなんだ!付き合ってくれ!」

アグモン「酷いよ太一!僕とは遊びだったな!?」

太一「アグモンはパートナーだ!...頼むテイルモン恋人になってくれ!」

テイルモン「>>588
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 01:12:13.14 ID:wDkDYw+KO
一体、何が起きているのかわからない……
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/17(水) 18:59:39.93 ID:WriklfiF0
テイルモン「一体、何が起きているのかわからない…」

アグモン「太一はこの前からおかしいんだ...」

太一「おれは正気だよ!正気だからテイルモンに告白してるんだ!」

テイルモン「(目が虚ろになってる...)」

太一「>>590
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 19:04:24.43 ID:x/8yBefVO
こうなったらイグドラシルに頼んで俺とテイルモンを一つにしてもらう
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/17(水) 19:08:30.85 ID:WriklfiF0
太一「こうなったらイグドラシルに頼んで俺とテイルモンを一つにしてもらう」

テイルモン「何を言い出すの!?」

アグモン「昔の太一に戻ってよ!」

太一「戻りたくない...!ヤマトにバカにされた俺に...!」

テイルモン「ヤマトに何かされたの!?」

太一「あいつは...彼女が居ない俺を見下したんだ!」

テイルモン「>>592
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 19:09:29.20 ID:+mFYl5G90
私でよければいいけど
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 19:10:01.04 ID:AGegPZcMO
だからって、デジモンを彼女にしようとするのはおかしいと思わないの!?
更にバカにされるだけよ!
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/17(水) 19:17:15.98 ID:WriklfiF0
テイルモン「私でよければいいけど」

太一「本当か!?よっしゃー!」

アグモン「...」

テイルモン「だけど浮気はやめてね?」

太一「するわけないだろ!」

アグモン「太一...」

〜その夜〜

ヒカリ「テイルモンとお兄ちゃんが...付き合ってる?嘘でしょ?」

太一「本当だよヒカリ」

ヒカリ「>>595
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 19:21:09.76 ID:rIwDR/Tg0
意味が分かんないよ…(今のお兄ちゃんの目…正気じゃない!)
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/17(水) 19:54:05.17 ID:WriklfiF0
ヒカリ「意味が分かんないよ…(今のお兄ちゃんの目…正気じゃない!)」

太一「まぁ、そんな反応するよな...でも俺たち愛し合ってるんだ」

ヒカリ「テイルモン...本当?」

テイルモン「本当よヒカリ」

太一「認めてくれ」

ヒカリ「...」

〜太一の部屋〜

楓「おじさん...酷いよ」

太一「なんのことだ?」

楓「楓をお嫁さんにしてくれるって約束してたのに...」

太一「>>597
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 19:57:54.66 ID:6O5QCTbeO
大人はね、嘘つきなんだよ
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/18(木) 23:55:06.42 ID:DL4AaI240
太一「大人はね、嘘つきなんだよ」

楓「酷いよ...酷いよ!」

太一「嘘ついたのは悪いと思ったけど...楓はまだ5歳だ。異性としては見れないよ」

楓「...!」(走り去る)

太一「嫌われたかもな...」

〜1時間後〜

太一「テイルモンと別れろ...?」

裕子「種族が違うのに幸せになれるはずがないわ!」

ヒカリ「そうよお兄ちゃん!」

テイルモン「ヒカリ...」

太一「>>599
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 23:57:10.40 ID:GMbXWJR60
じゃあ俺、いっちょデジモンになってくるわ!
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 23:57:30.76 ID:frAnHaRGO
そんなの関係な―がっ……!
頭が割れる……
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 19:30:44.46 ID:53qmek2r0
太一「じゃあ俺、いっちょデジモンになってくるわ!」

ヒカリ&裕子「!?」

太一「俺がデジモンになれば認めてくれるだろ?なら俺はデジモンになるよ」

テイルモン「太一...///」

太一「幸せになろうなテイルモン!」

〜ヤマトの部屋〜

ヒカリ「ヤマトさんの所為でお兄ちゃんが大変な事になったから責任とってよ!」

ヤマト「いやいや...なんで責任を取らないとダメなんだよ!最近、太一に会ってないんだぞ?」

ヒカリ「>>602
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/20(土) 19:32:52.59 ID:wrd86o2E0
ヤマトさんにバカにされたからおにいちゃんがヤケになったってアグモンが……
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 19:38:24.25 ID:53qmek2r0
ヒカリ「ヤマトさんにバカにされたからおにいちゃんがヤケになったってアグモンが……」

ヤマト「それは俺じゃない!誰かが俺に化けたんだ!」

ヒカリ「なら一体誰が!?」

ヤマト「それは...分からないが」

ヒカリ「(絶対に犯人を突き止めてやる)」

〜丈の部屋〜

丈「君がヤマトに変装してくれたおかげで面白い事になってきたよタカト君」

タカト「でも...なんか罪悪感が」

丈「>>604
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/20(土) 19:42:55.67 ID:wrd86o2E0
気にすることないよ。あとは傍観者として彼らの様子を傍観していようじゃないか
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 20:10:44.62 ID:53qmek2r0
丈「気にすることないよ。あとは傍観者として彼らの様子を傍観していようじゃないか」

タカト「はい...丈さん」

丈「元気がないねタカトくん?」

タカト「...そんなことはないです」

丈「ふーん...」

〜デジタルワールド〜

太一「退けよヒカリ、タケル!」

テイルモン「私達の幸せの邪魔をしないで!」

ヒカリ「いやよ!お兄ちゃんは誰かに騙されてる!」

タケル「ヤマトがあんな事を言うはずがない!」

太一「>>606
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 20:12:27.18 ID:mGqTnLXGO
それなら、一体誰が犯人だって言うんだ!
証拠を持ってこい!
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 20:19:34.77 ID:53qmek2r0
太一「それなら、一体誰が犯人だって言うんだ!証拠を持ってこい!」

タケル「し、証拠...」

太一「証拠もないのに言ってたのか?」

ヒカリ「証拠ならあるわ!ヤマトさんよ!」

テイルモン「なんでヤマトが証拠になるの?」

ヒカリ「本物はお兄ちゃんと会ってないって言ってるの、それが証拠よ!」

太一「>>608
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 20:20:42.04 ID:mGqTnLXGO
なら呼んでこい!今すぐ!
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 20:29:00.72 ID:53qmek2r0
太一「なら呼んでこい!今すぐ!」

ヒカリ「分かったわヤマトさんを呼んでくる!」

テイルモン「...」

〜数分後〜

ヤマト「俺はお前としばらく会ってない」

太一「確かに...あの時のヤマトは何処と無く幼かった」

タケル「言った通りだろ」

太一「あぁ...そうだな。すまなかった」

ヒカリ「分かってくれたらいいのお兄ちゃん」

テイルモン「...>>610
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/20(土) 20:29:55.51 ID:wrd86o2E0
ふう、これで演技も終わりね。正直、疲れたわ…キャラじゃないから
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 20:37:06.05 ID:53qmek2r0
テイルモン「...ふう、これで演技も終わりね。正直、疲れたわ…キャラじゃないから」

ヒカリ「そうだったの!?」

テイルモン「断って太一が暴走でもしたら大変だったからね」

太一「すまなかったテイルモン...」

テイルモン「終わった事だから気にしないで」

太一「ありがとう...」

〜次の日〜

ヤマト「空!赤ん坊が産まれたって本当か!」

空「えぇ///可愛いのよ///」

ヤマト「(なんだ...この感じ...)」

空「どうしたのヤマト?」

ヤマト「>>612
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/20(土) 20:50:35.70 ID:wrd86o2E0
い、いや…なんかいや予感がしただけさ
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 21:08:02.70 ID:53qmek2r0
ヤマト「い、いや…なんかいや予感がしただけさ」

空「どうしてかしら?」

ヤマト「さぁな...。赤ん坊の名前は決まったのか?」

空「ミミにしたのよ///」

ヤマト「なんだって...!」

空「怖い顔してどうしたのヤマト?...お腹が痛いの?」

ヤマト「>>614
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 21:09:55.37 ID:mGqTnLXGO
正気になれ!空!
これじゃあ、お前を妊娠させたやつの思い通りだぞ!!
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 21:45:12.34 ID:53qmek2r0
ヤマト「正気になれ!空!これじゃあ、お前を妊娠させたやつの思い通りだぞ!!」

空「何を言ってるの?ヤマトが私を妊娠させたんでしょ?」

ヤマト「!?」

空「責任取るって言ってたのに...酷いわ」

ヤマト「俺はそんなことは言ってない...!」(走り去る)

空「どうしたのかしらヤマト...」

〜ヤマトの部屋〜

ヤマト「悪夢でも見てるのか...俺は!」

ミミ『これは現実よヤマトさん』

ヤマト「ミミ...ちゃんの声が頭に...!」

ミミ『>>616
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 21:58:46.74 ID:wrd86o2E0
死んだと思ったでしょ?残念だったわね!私は精神体になって生きているわ!
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 16:16:52.54 ID:HiTWcwuXO
ミミ『死んだと思ったでしょ?残念だったわね!私は精神体になって生きているわ!』

ヤマト「化け物か...!」

ミミ『酷い言いようね...まぁいいわ。もう少しで空さんと幸せに暮らせるんだから』

ヤマト「なにを企んでる...まさか!」

ミミ『そうよ!わたしは空さんの子供として転生したの』

ヤマト「>>618
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 16:24:26.43 ID:6v0bEhJy0
畜生……!(丈に頼んで空を元に戻してもらわないと……)
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 17:33:08.04 ID:BBhj8idy0
ヤマト「畜生……!(丈に頼んで空を元に戻してもらわないと……)」

ミミ『どうしようと運命は変わらないわ!』

ヤマト「...(言ってろ!絶対に空を助ける!)」

〜病室〜

丈「なに言ってんのヤマト?」

ヤマト「空はあの赤ん坊に洗脳されてるんだ!助けてくれ!」

丈「(ついに壊れたか...)」

ヤマト「>>620
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 17:35:42.78 ID:6v0bEhJy0
疑っているなら調べて見ろ!赤ん坊はミミなんだ!
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 18:07:13.28 ID:BBhj8idy0
ヤマト「疑っているなら調べて見ろ!赤ん坊はミミなんだ!」

丈「なら一応調べて見るから興奮しないで」

ヤマト「す、すまない...」

丈「(本当だったらえらいことだ)」

〜空の病室〜

ミミ「うぇぇぇん!」

空「ミミが嫌がってるからやめて」

ヤマト「頼むから赤ん坊を渡してくれ空!」

丈「頼むよ」

空「検査は全部終わったはずよ!」

ヤマト「>>622
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 18:11:25.27 ID:LGHxOf670
ミミ頼む、俺の体をやるんですだからその子から出て行ってくれ
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 18:23:34.01 ID:BBhj8idy0
ヤマト「ミミ頼む!俺の体をやるからその子から出て行ってくれ」

ミミ『これは私の新しい体なのよ!それに...男の体なんて嫌!』

空「なに言ってるの!ミミが怖がってるわ!」

丈「ヤマト...ここは出直そう」

ヤマト「ちくしょう...!」

ミミ「...」ニヤリ

〜次の日〜

丈「機械の体はどうだい伊織くん?」

伊織「気分は最高です...これならサキさんを救えます」

丈「>>624
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 18:28:32.64 ID:+no0NPRrO
僕ってこんな役割ばっかりだなー
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 18:45:59.96 ID:BBhj8idy0
丈「僕ってこんな役割ばっかりだなー」

伊織「役割...?なんのことですか?」

丈「気にしなくてもいいよ伊織くん。早くサキさんのとこに行ってあげなよ」

伊織「...わかりました!」

〜賢の部屋〜

大輔「メイド服...似合うかな?」

賢「似合ってるよサキ」

大輔「ほんと!?嬉しいな...///」

賢「>>626
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 18:47:57.96 ID:6v0bEhJy0
(兄さんは復活して母さんと父さんは喜んでくれた……僕はサキを手に入れてwin-winだ)
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 19:04:37.11 ID:BBhj8idy0
賢「(兄さんは復活して母さんと父さんは喜んでくれた……僕はサキを手に入れてwin-winだ)」

大輔「なに考えてるの?」

賢「当ててごらん」

大輔「わかんないよ〜」

賢「じゃあ答えを...」

ピンポーン!

賢「...少し出てくるよ」

大輔「う、うん...」

〜玄関〜

賢「はーい...い、伊織くん!?」

伊織「今度こそサキさんを返してもらいますよ」

賢「>>628
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 19:18:14.82 ID:+no0NPRrO
…機械の体になってもダサいイガグリ頭はそのまんまなんだね
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 19:37:23.40 ID:BBhj8idy0
賢「…機械の体になってもダサいイガグリ頭はそのまんまなんだね」

伊織「変わりませんね...人を見下したその言葉遣いは!」

賢「うるさいな。スティングモン...頼むよ」

スティングモン「今度こそお前を破壊する」

伊織「僕は...負けない」(腕を刀に変形させる)

スティングモン「いざ尋常に...」

伊織「勝負!!」

勝敗は >>630
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 19:38:28.40 ID:EIDASP4S0
スティングモン
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/21(日) 20:41:40.05 ID:BBhj8idy0
伊織「ぐ、グハァ...!手も足も出ないとは...」

スティングモン「賢ちゃん!どうする?」

賢「修理不可にしてくれ、また現れたら面倒だからね」

スティングモン「うん...」

伊織「(サキ...さん...)」

〜賢の部屋〜

賢「おまたせ、サキ」

大輔「何してたの?賢君?」

賢「...掃除だよ掃除」

大輔「ほんと?」

賢「>>632
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 21:04:56.00 ID:VAZr/1Wt0
僕は嘘なんてつかないよ
206.10 KB Speed:17.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)