エツァリ「Unrequited love」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆3rfPz4lVbmKs :2017/12/24(日) 04:22:28.73 ID:tLZNfTvx0


・なんでも許せる人向け。


・どこまで行っても恋ではなくエゴにしかならないエツァリくんの話。





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514056948
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:23:20.06 ID:tLZNfTvx0





Unrequited love。

訳:片思い、叶わない恋。




3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:24:24.50 ID:tLZNfTvx0





ええ、いつもの仕事の風景です。





4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:25:03.31 ID:tLZNfTvx0



「悪いな、でもやりすぎたオマエらが悪いンだぜ?」


「おい、取りこぼすな」


「大丈夫よ」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:26:08.99 ID:tLZNfTvx0



血飛沫と。


「ひぎっ
    っ!」




断末魔と。


あぁああぁぁぁあ…!」


超常現象と。

「クソ!なんで銃弾が、」

「おいおい…この業界の実行部隊で銃弾が効くヤツの方が珍しいって」


機械音。


「早く!マシンを起動────」



「すみません。自分が既に中身を壊しておきましたのでそれは不可能かと」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:27:36.62 ID:tLZNfTvx0


「────────!?」


「───”トラウィスカル・パンテクウトリの槍”。」




そして、死と安寧。



─────静寂。



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:32:34.24 ID:tLZNfTvx0


ああ、この最後の余韻は嫌いではありません。


狩人としての仕事の完遂。

あるいは万能感。


『この人間より自分は優れた生き物だった』という優越感。


大事な何かを踏み砕いた背徳感。


ええ、この仕事じゃないと味わえないのではないでしょうか?


この何とも言えない寂寞感は何か特別なモノのように思う。


「終わったな」

「ええ」

「報告は?」

「土御門に任せとけよそンな面倒な雑用なンざ」

「それもそうね」

「じゃ」

「私も。先帰るわね」

「お前ら…はぁ」



ええまぁ元より”グループ”は纏まりと協調性がないですからね。

彼はまとめ役としてかなり頑張ってるのではないでしょうか。



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:33:16.07 ID:tLZNfTvx0


「災難ですね」

「まぁな」


…ええ、声はかけましたが仕事を手伝う気は一切ありません。

ううむ。自分も彼らを笑えませんね。

自分も中々、です。


「ああ、海原」

「はい」

「やるよ」


彼が突然なんの脈絡もなくポケットから掌ほどの物を投げて寄越してきた。

「はぁ。これは?」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:33:59.38 ID:tLZNfTvx0


手渡されたのは「Unrequited love」とラベリングされたいかにも音楽データが入ってそうなチップ。


「シングル」

「はぁ。あの、もう1度お聞きしますがこれはなんですか?」



「とある青春の残骸…ってところだな」

「そんなドヤ顔で詩的な表現されても困ります」




10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:34:46.86 ID:tLZNfTvx0

「買った。」

「誰からです?」

「路上で売ってたんだ。100円で」

「はぁ」

「そいつらな、3年くらいバンドデビューしようと必死にもがいてたらしいんだが」

「はい」

「色々と『もう限界』なんだそうだ」

「はぁ」

よくある話、ではあるのかもしれません。

「だから在庫処分って事で。元は1000円だったらしいが」

「1000円が100円、ですか」

「ああ。だから言ったんだ。夢の残骸だって」

「残骸。」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:39:11.30 ID:tLZNfTvx0



手の中のチップをもう一度改めて見てみる。


なるほど、貼られたラベルには可愛らしい鮮やかな色ペンで文字が踊っている。

女の子が多いバンドだっのでしょうか?

クセのある丸みを帯びた字、これが貼られてから相当日数が立った事を感じさせるような日焼け。

苦味のある青春、ですね。

嫌な意味で心に残る思い出だ。


「…あなたも随分と残酷な表現をされますね」

「現実が見えてないクセに『夢は叶うんだ!』と信じてるバカが嫌いでね」

「…そう仰る割にはわざわざお金を出して買ったんですね?」

「気まぐれだ」

「はぁ」

「最後の演奏だ、って歌だって酷かったから同情しただけだ」

「…ちゃんと聞いた上で買ったんですね」


彼は実は優しいのではないのでしょうか。


少なくとも自分よりは。



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:41:26.10 ID:tLZNfTvx0

「だがオレも要らん。聴いてみたがやっぱり売れないのには理由があるもんだな。これも酷い曲だった」

「そんなものを自分に押し付けないでもらえませんか?」

「いいだろ。タイトル見てみろ。お前にピッタリだ」

「Unrequited love…片思い、ですか?」

「違う。そっちの意味じゃない」

「では」

「『報われない恋』だ。」


一瞬、「ああ、なるほど」と妙に納得して。


でもそれはそれで悔しいので。


「失礼な。決めつけないでください」

「自分も要りません」


精一杯の強がりを言ってみた。


ええ、例え勝ち目も望みも薄かろうと。


自分も男の子なもので。


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:42:33.11 ID:tLZNfTvx0


「要らなきゃ捨てろ。ああそれと」

「はい」

「今日お前の大事な人間の定期検診があったらしいが行かなくていいのか」

「え?御坂さんが?」

「バカ。お前の大事な人は御坂一人なのか?」

「…ああ、ショチトルですか」

「後始末はオレがやっとく。さっさと帰って見舞いでも行け」


彼が液状着火剤をふんだんに部屋に撒いていく。


ええ、自分達の仕事の証拠隠滅には燃やすに限りますからね。




「どうも。…どうしたんです?今日は優しいんですね」

「気まぐれだ」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:45:20.95 ID:tLZNfTvx0


どうもと軽く会釈して部屋を出た。


チップは…まぁショチトルに押し付けましょう。


彼女も暇でしょうし。娯楽にはなるでしょう。


「さて…」


盗撮用デバイスで御坂さんの安全をチェックしながら病院へ向かう。



彼女はまた彼と一緒にいた。



…ええ、ある意味約束を守ってくれてるようでとても嬉しいですよ。ええホントに。



喜ばしすぎて歯軋りと舌打ちが止まらないほどに。










15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:45:58.30 ID:tLZNfTvx0



仕事をしたビルを出て数分後、背後から轟音と豪炎が先の部屋から噴出した。


今日はいつにもまして派手ですね。


彼が妙にセンチメンタルなのと何か関係でもあるんでしょうか?



────────────────────────────

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:46:57.69 ID:tLZNfTvx0

────────────────────────────


第七学区の病院。



知る人ぞ知る…と言うと小料理屋か何かみたいですが


ええ、彼がいる病院です。カエル顔の名医がね。


ちなみにショチトルへの見舞いは3分ほどで終わりました。


ショチトル?元気そうでした。ついでにトチトリも。


見舞いのチップが妙に喜ばれ、「大事にする…!」とはしゃいでましたが…


大丈夫なんでしょうか?歌詞が変とか卑猥とかないですよね?


…おや?


これはこれは。


「やぁ、見舞いかい?」

「ええ。」



そのカエル顔もお変わりないようで。

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:50:10.42 ID:tLZNfTvx0

「経過は問題ないね?」

「ええ、おかげさまで」

「なるべく顔を出してあげてほしいんだね?彼女らも寂しがっている」

「はは…善処します。ところで…これは?」


彼が押していたワゴンを指す。

ワゴンの上には金属製のトレイがあり、その中には妙な色の液体。

ついでに布のような何かが沈殿している。

そうですね、素直な感想は『何コレ気持ちわりっ』ですね。


「これかい?とある患者の予備の皮膚だね?」

「予備?」

「ああ。人体の破損状況によってはこいつで患者の体を補完するんだね?」

「なるほど」


それを貼ってもその患者さんがブラック・ジャックのようにはならない事を祈ります。

まぁこの方に限ってそんな事にはならないのでしょうが。




18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:50:54.99 ID:tLZNfTvx0



「しかし何故あなたが雑務を?そういう役割の方が他に」

「いやぁ…他の看護師が怖がってやってくれなくてね?」


気持ちはわかるんですがそれを他の大事な仕事をしなければならない上司にやらすってどうなんでしょうかね?


「おっと、内線だ。ちょっとすまないね?」

「いえ。では自分はこれで」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:51:42.31 ID:tLZNfTvx0


会釈して立ち去ろうとした時。



「ああ僕だね?そうそう。今から上条当麻の予備の皮膚を保管庫にね?」



ピタリ。と足が止まった。



「…」

「そうそう、ああ地下の。うん。いつもの。それじゃ」




「…おや?どうかしたかい?」

「…いえ。少し考え事を」




20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [ saga]:2017/12/24(日) 04:53:47.53 ID:tLZNfTvx0


「そうかい?それじゃ。」


ガラガラとワゴンが押されていく。



 ・・・・・・・
…上条当麻の皮膚?



それは悪魔の囁きに等しかった。



ええ、ええ。もし自分の手の内を御存知の方なら。

あるいは賢明な方なら。察するでしょう。


この後の事を。あるいは『もしも自分がエツァリという人間だったらどうするか』を想像する事ができるなら。



…何でしょうね、この胸の高鳴りと血液が逆流するような感覚は。



ああ…そう、高揚感、って言うんでしたか。







21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:54:23.58 ID:tLZNfTvx0



この後自分がどうしたか?

ええ、ええ。ご想像通りです。



その夜、丹念に下準備をして。

見事に彼の皮膚を盗み出しました。




──────────────────────────

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:54:52.94 ID:tLZNfTvx0

──────────────────────────


…ええ。自分をクズだのなんだのと罵って貰って構いませんよ?



もし、弁明…いえ、犯行動機を述べるなら。



それでも自分は彼女とたわいもない話がしたかった。


ただそれだけのささやかな願いをどうしても叶えたかっただけです。


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:55:35.81 ID:tLZNfTvx0

…あの日以来、嫌われてるとわかった以上自分から彼女に話しかけにいく事は出来ないですし、自分のような汚れた人間は彼女と関わるべきではない。


彼女の隣に立てる男は彼しか居ない。


彼女がいつも挑む戦いの場は自分がしゃしゃり出ることは出来ない。

汚れ仕事と影から彼女を守る事しか自分には出来ない。


どれだけ切望しても。どれほど泣き叫んで懇願しても。

仲間や協力者として無理に彼女の隣に立とうとしてもきっと彼女は苦笑いを浮かべるだけで。

自分の手をとってくれるとしても…それはきっと彼女の優しさ、もしくは憐憫、同情の類なのでしょう。

心からの思慕は、


…いえ、恐らく彼女は自分を拒絶するのでしょう。


だったら。


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:56:09.87 ID:tLZNfTvx0








「いいじゃないですか。少しくらい。」















25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:58:42.86 ID:tLZNfTvx0


どうせもうこの身と魂は罪を重ね過ぎて真っ黒に汚れているのですから。



「…術式、発動。」



海原光貴の体が解かれていく。



この姿と顔になるのも久しぶりですね。


創作でよくある『他者を演じ過ぎて自分のパーソナリティを見失う』なんてならないといいのですが。


…いえ、今更でした。色んな意味で。


「術式、展開。」


再び体が光の帯に包まれていく。


「…ふぅ。」


ふと落ちていたガラス片に映る自分を見る。



ツンツン頭、タレ目。


…いけませんね。見てるとイライラします。小憎らしくなってきますね。


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 04:59:13.65 ID:tLZNfTvx0


さて。どうしましょうか?どうしてやりましょうか?


この姿で色々とやらかしたりしてもいいのですが。


「…ふふふ…!」



いや、いやいやいや。落ち着きましょう自分!!


当初の!当初の目的を達成しなければ!


そう、つまり─────



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 05:00:48.84 ID:tLZNfTvx0

─────────

───────────────

───────────────────────



トゥルルル。トゥルルル。



「よう美琴」

『な、何よこんな遅くに!どっからかけてんのアンタ!』


「あー、あのさ、明日の休みヒマ?」

『えっ…?』

「いやだからさ、明日ヒマかって」

『…なんで?』

「ヒマだったら御坂と遊びたいなーって上条さん思いましてね」

『…他に誰か来るの?』

「いや?俺一人だけど」

『行く!!!』

「おっけ。じゃあお前がいつも蹴ってる自販機の前に10:00でどう?」

『ちょっと!別にいつも蹴ってないから!…いいわよ』

「ん。じゃーな!楽しみにしてるから!」

『ふぇ!?///ちょっ、ええっ!?』




通話終了。



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/24(日) 05:02:11.16 ID:tLZNfTvx0


…ここで一つ思ったこと言っていいですか?


「”上条当麻”たのしぃぃいいいい!!!!」


ちょっ、海原光貴の5億倍は楽しいんですが!?


こんなに御坂さんとお話できるとか!!!最高かよ!!


しかもデートの約束とか!!ひゃっほぉおおお!!!


何着て行きましょうかね!!!どこ行きましょうかね!!何して遊びましょうかね!


…おっと、はしゃぎすぎました。



……。



少々…切ないですね。



29 : ◆3rfPz4lVbmKs :2017/12/24(日) 05:02:50.61 ID:tLZNfTvx0
今回はここまでなわけよ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 15:25:51.71 ID:8Kl/Rni10
上条さんが重症なことについて最早気にも止めないエツァリ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 12:58:15.29 ID:3gXiBVCS0
これはショチトルさん激突不可避
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/25(木) 20:49:43.06 ID:rRxw9cGcO
保守
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/25(日) 15:53:51.29 ID:vL4DXEkA0
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 03:08:23.68 ID:pCqSbGMz0
ほす
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/03(木) 13:09:24.14 ID:otzTWniR0
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 04:40:53.87 ID:ZC3etO2m0
37 : ◆3rfPz4lVbmKs :2018/07/10(火) 04:02:32.90 ID:PkGs3Csk0



きっと彼女はウキウキしながら髪を弄ったり下着やアクセなんかの準備をするのでしょう。


常盤台は制服以外の服装で出歩いてはいけませんからね。


そういう細かい所で出来る限り自分の1番可愛い姿を好きな人に見せる努力をするのでしょう。


…自分ではなく、彼に見せるために。



おっと。下唇が血だらけに


…今鏡を見れば自分ではなく、仄暗い嫉妬の炎に焼かれる彼の顔が見れますね。



実際の彼にこの顔をさせられれば良いのですが。




38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:03:35.19 ID:PkGs3Csk0




・・・・・・。




「ごめーん!待った!?」

「大丈夫。時間通りだって」


彼女と待ち合わせ。


自分の人生において彼女とそれを行う事になるとは思いもしませんでした。


「でもさ、あんたどういう風の吹き回しよ」

「んー?」

「いきなり2人で遊びに行こうとか。何かあるわけ?」

「ねぇよ別に。単に美琴と遊びたくなっただけだって」

「ふ、ふーん?」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:04:16.78 ID:PkGs3Csk0



「ほら、いいから行こうぜ」

「ちょ、ちょっと!そんな急に引っ張んなくても!」



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:04:42.82 ID:PkGs3Csk0


…ああ、


”遠くから見守るだけに留める”。


”報われずとも”。


”彼女の世界を守る”



なんとはなしにこれらを今まで自分に課していましたが



今の自分は───


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:05:20.36 ID:PkGs3Csk0

「…な、何よ私の顔じっと見て」

「可愛い顔してるよなーって」

「はぁ!?あ、あんた今日いつもとキャラ違くない!?」

「まぁな。今日はいつもと違う楽しみ方したくてさ」

「…ふ、ふーん?」

「そういや美琴髪切ったんだな。似合ってるぞ」

「そ?ありがと。あんたそういうの気付くのね」





…全てを破ってますね。ええ。





42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:06:27.80 ID:PkGs3Csk0



ああ…でも。





「あはは!あんた口元に変なのついてるわよ?」

「マジで?ちょっ取って!」

「ハイハイ…ほら、取れた」

「さんきゅな」

「あんたさー、そういうズボラなの何とかしなさいよね!」

「いいじゃん。上条さんがしっかりしなくても美琴センセーがいるからすぐそういうの教えてくれるんだろ?」

「…ま、まあね!」




1度彼女の隣に居れる事を味わってしまったら。




43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:07:01.58 ID:PkGs3Csk0


「?…あんたさっきからたまになんか難しい顔してるけどどうしたのよ」

「何でもないって。今日も晩飯もやしだなって」

「あんたのそのもやしへの飽くなき探究はなんなのよ」

「好きで食ってるわけじゃねぇよ!」



もう、影に居続けるなんて



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:09:15.80 ID:PkGs3Csk0


「…なんなら、さ?美琴センセーが晩御飯作りに行ってあげよっか?」




できるわけない。




「ありがとな」





…例えそれが自分じゃなく、違う人間に向けられたものだとしても。







45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:10:14.23 ID:PkGs3Csk0


・・・・・。





結局、自分はただの騎士気取りのストーカーに過ぎず。


抱いていたのは愛だとか恋じゃなくて。


上条当麻に彼女を託したつもりなんか一切無くて。



本当は彼じゃなく自分自身が護りたかった。


彼女の隣に立つことを許して欲しいだけだった。





…ただの、哀しいエゴイストだった。






46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:10:58.12 ID:PkGs3Csk0




ズルい。



「じゃ…またね」



ズルい。



「また…誘ってよ」


ズルい。



「今度さ…”外”で──」





ズルいですよ。上条当麻。




47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:11:33.44 ID:PkGs3Csk0

貴方はいつも彼女のこんな表情を見れるのに。


貴方はいつも彼女に話しかけてもらえるのに。


貴方はいつも彼女に気にかけられているのに。



貴方は────




「…あ、あのさ!次は…友達よりも上の───」

「ん?どうした美琴」

「ななななななんでもないっ!」




望めばいつでも彼女と一緒になれるのに。





48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:12:44.51 ID:PkGs3Csk0


・・・・・。



翌日。


自分は…ええ、疲れていたと思います。


何せ少し大きな仕事の帰りで。


殺さなければいけなかった暗部部隊の中にショチトルに似ていた子が居た事もまぁ、ありまして。


ただなんとなく。亡霊のように街を歩いていました。


時折ショーウィンドウのガラスに映るゲッソリとした海原光貴を見て『早く帰ればいいのに』とも思うのですが。



     イケメン
「………海原光貴が台無しですね」








49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:13:28.14 ID:PkGs3Csk0


ふと自分の近況を思い返す。




昨日は彼女の能力を悪用しようと目論む暗部グループを潰しました。



一昨日は彼女が好きなカエルの限定グッズが手に入るように根回しをしました。


一昨昨日は門限に間に合わなかった彼女が寮監に怒られないように足止めしました。



その前は───その前は、その前は…その前も…



はは。笑えるほどに気持ち悪いストーカーですね。如何に彼女の幸せに繋がるとはいえ。



自分は…自分の人生はこれでいいのでしょうか。




50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:13:58.35 ID:PkGs3Csk0

自分がしたいからやっているだけで…誰かに褒められるとか、彼女に見てもらえるなんて事もないのに。


もっと言えば。自分が今までしてきた事なんて彼女からしたら無意味で無価値で。

『は?そんなのあってもなくてもどっちでもいい事ばかりじゃない。私1人で解決できる事ばかりだし』



なんて、


「ああ…もし彼女が知ったら本当にそう言いそうだ。」


…いえ、いいんです。


これで。


自分は、これでいいのです。



51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:14:54.77 ID:PkGs3Csk0


自分が彼女に出来る事なんて、これくらいしかないのですから。



さぁ、そろそろ家に




「ん?」

「え」



御坂美琴。


…ああ、そういえば貴女は今日友人と食事に行く予定があったのでしたね。



羨ましいです。

友人がいて、食事を楽しめる貴女が。

貴女と食事を共に出来る友人が。



…いえ、やめましょうか。所詮無い物ねだりなのですから。


会釈して立ち去りましょう。彼女はどうも自分が苦手のようですから。



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:15:25.60 ID:PkGs3Csk0






そう、自分はただの────



と、そこで終われていれば良かったのですが。





彼女は珍しく自分に声をかけてきました。





53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:17:31.14 ID:PkGs3Csk0


────彼女のために甲斐甲斐しく動いてきた自分への報いは────




「…」




気まずそうな顔と




「こんにちは。ごめん私急いでるから!」




必要最低限の会話で…『避けられている』という、事実。




そして。




54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:18:00.95 ID:PkGs3Csk0







       カオ
「…気持ち悪い表情。」






去り際に彼女がポソリと呟いた言葉だった。







55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:20:03.16 ID:PkGs3Csk0


「………………………。」



膝から崩れ落ちる。


動けなくなる。


落胆と哀しみと、無気力が自分を支配する。





頭に血が逆流するような感覚。




──道路の冷たさで、自分が貧血で倒れたのだと気づいた。





56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:20:42.83 ID:PkGs3Csk0



…別に、元より彼女に何かして欲しくて始めた事じゃなかった。



彼女の助けになればと、彼女の幸せに繋がるならと



彼女が笑っていてくれるなら、と



何かを返して欲しかったわけじゃない。



御礼の言葉が欲しかったわけじゃない。



彼女と友人になりたかったわけじゃない。



彼女と交際したかったわけじゃない。



報われたかったわけじゃない。



認められたかったわけじゃない。



57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:21:20.20 ID:PkGs3Csk0








だけど。









その結果が、”コレ”なのか。











58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:22:47.84 ID:PkGs3Csk0







──────”正気”なんて消し飛んでいました。







59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/10(火) 04:23:13.78 ID:PkGs3Csk0


・・・・・・。






翌日。自分は上条当麻の姿になり、彼女を呼び出しました。






60 : ◆3rfPz4lVbmKs :2018/07/10(火) 04:23:45.51 ID:PkGs3Csk0
今回はここまで
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 00:02:12.45 ID:31cUbfcxo
おつ乙
27.67 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)