偽勇者「魔王の孫?」孫「助けて勇者様!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/06(土) 02:34:38.19 ID:JfVHw4MkO
勇者とはその時代ごとの騎士の最高位でありどの国にも属さず、魔王が現れれば各国を束ね討伐軍を指揮する者のことだ。

そして俺がなる事できなかった存在だ。

勇者になる為の試験に合格できなかった俺は故郷にも帰らず、詐欺師のような事をしながら暮らしていた。

商人「お急ぎではない方!暇な方!寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!ここには有るはかつて先代勇者様所縁の伝説級の一品達!魔物狩りに使うもよし!家宝にするもよし!お買い得だよ!」

町人A「本当か?偽物じゃないのか?」

商人「本当です!それに今日は特別に当代の勇者様が武具の切れ味、性能を披露してくださるのでごゆっくり見学なさってください!」

町人A「ゆ、勇者様がこの場に…それはすごい」

偽勇者「お、俺が勇者だ!い、今からこの剣を使って演武する!はぁ!」

掛け声をと共に俺は武の型を披露する。

美しく力強い演武は偽物を本物だと思わせるほど観衆を魅了していた。

当たり前だ勇者になる為に全てを捨てて修行して来たのだから。

だから詐欺師のような事をしてる自分が情けない。

型を一通り披露した俺は観衆に一礼し、商人の後ろに下がった。

後は商人が口八丁でなんとかするだろう。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515173678
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 02:57:52.96 ID:iNoN9gyA0
期待
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 18:23:20.61 ID:WgNQwM5nO
はよ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age sage]:2018/01/09(火) 00:19:57.17 ID:1tK8hTlkO
と思っていたがどうやら今回はうまくいきそうにないみたいだ。

町人B「待てよ?本当にそいつ勇者様か?確かに動きはすごかったけどよ、当代の勇者様は女って話だぜ?」

町人A「え!じゃあ俺たち騙されてんのか?ふざけんなよ」

孫「……」

町人C「行こうぜー平和な時代だから武器なんて必要ないし」

商人「ああ…待ってください!話だけでも!行かないでください!今月ほんと厳しいんです!」

商人「……」

偽勇者「確かに平和な時代だから武器なんて必要ない、売れなくても仕方ないさ」

偽勇者「それに先代勇者所縁の品なんて嘘つかずに普通に売った方が売れるんじゃないか?」

商人「黙れ…!先代勇者が一度は手に触れた武器だ嘘は言ってない」

商人「それに平和な時代なんだ…色々と試行錯誤しないと武器なんて売れないよ」

商人「それに君の存在意義がなくなるじゃ無いか?君は僕に借金をしているから商売に協力させているんだ、普通に売ってたら君なんていらないんだよ」

偽勇者「……」

商人「当代の勇者様が女なら、いっそのこと君の男根切り落とすか?そしたら武器とか売れると思うんだけど?」

偽勇者「わかったよ!今まで通りにするから怖いこと言わないでくれ」

偽勇者「ん?」

孫「……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 21:15:06.49 ID:s2LuuBgyO
孫「ジー」

商人「うぅ〜勇者が女の子だなんて…これからどうやって武器を売ればいいんだ…やっぱりちんこを切り落として女装させるしか…」

偽勇者「お〜い!お客さんだ」

商人「ん?」

孫「こんにちわー」

商人「こんにちわ、今日は街でおつかいですか?」

孫「ううん、お客さんです!」

商人「お客さん?ここにはお嬢ちゃんの欲しがるようなものは売っていないよ」

孫「勇者様に用があるの!私を助けてほしい」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/13(土) 21:15:34.71 ID:s2LuuBgyO
偽勇者「俺?いや!お嬢ちゃん!さっき町人達が言ってたこと聞いてないのかい?俺は別に勇者じゃないよ」

孫「ううん!あなたは勇者様よ!私にはわかるわ」

偽勇者(わーすごい目をキラキラさせてるな勇者じゃないと言いにくいな、でも言わないとな)

偽勇者「だからね、お嬢ちゃん俺たちは武器を売るために嘘をついてたんだよ」

孫「フフン!それ嘘でしょ!私にはあなたが勇者様だと言う証拠があるわ!ほらこれ!」

偽勇者「あ……これは」

少女が俺に差し出したのは今一番見たくないものだった。

架空の勇者が世界を救う王道の物語が書かれた絵本だ。

そして俺の夢の始まりだ。

この絵本に描かれた勇者に俺は憧れたのだ。

だから夢に敗れた俺はこの絵本を見たくなかった。

偽勇者「ああ…まだ出版されてたのか、これ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/14(日) 21:56:52.61 ID:tEtO5hm8O
孫「だって!この絵本の勇者様と貴方の格好そっくりですもの!」

そっくりなのはその絵本の勇者の格好を真似たからだ。

俺は勇者ではない嘘つきの卑怯者なのだ。

偽勇者「お嬢ちゃんこの絵本はフィクションでほんとじゃないん」

ーバチン!

偽勇者「痛い!なにするんだ!」

商人「ゴメンね〜このお兄ちゃんが酷い事言って…でも安心してね!このお兄ちゃんほんとに勇者様だから!」

孫「だよね!勇者様だよね!」

偽勇者「おい!嘘ついてもしょうがないだろ!」

商人「…チッ!ゴメンね!お嬢ちゃん裏で勇者様とお話しがあるから少し待っててね!」

孫「うん!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/14(日) 21:57:27.92 ID:tEtO5hm8O
ー店の裏ー

偽勇者「俺は別に話すことなんてないぞ」

商人「…偽勇者くん!」

偽勇者「なんだよ…」

商人「…わかるかい!君!子供は可愛いだよ!子供は宝なんだよ!子供は尊いだよ!」

商人「こんな目をキラキラさせた子に!君を勇者だと信じている子に!君が勇者じゃないとは言えないだろ!」

偽勇者「お前子供好きなのか?」

商人「そうだよ!小さい子が大好きなのさ!」

商人「でも恋愛対象とかそう言うんじゃないからね!」

商人「いいかい?嘘をつき通すんだよ!どうせ子供のお願い事なんだ!そう大したものじゃないよ」

偽勇者「そう大したものじゃないって他人事だから言えるんだよ…」

商人「わかったかい!!!」

偽勇者「わかった!わかった!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/15(月) 00:10:51.09 ID:kiM8u6B1O
ー食堂居酒屋ー

商人「それでお嬢ちゃんのお願い事ってなにかな?」

孫「私を西の都まで護衛して欲しいの!」

偽勇者「西の都だと!!」

商人「こりゃ物凄く遠いね…道中は野生の魔物もいるだろうし…大変だ」

偽勇者「何が大したことないだよ…恨むぜ」

偽勇者「でもなんで西の都なんだ?終戦したとはいえあそこはまだ平定されていないから魔族がウヨウヨいるぞ」

孫「私は実は魔族と人間のハーフなのです」

偽勇者「ハーフ?どう見たって人間じゃないか」

商人「そうだね?魔族とのハーフぱ必ず身体的特徴が現れるはずだけど…例えば肌の色とかね」

商人「でも君は私が羨ましいと思うほど真っ白な肌とすらっとした体…魔族の猛々しさがどこにもないじゃないか?」

孫「はい…私は1/4しか魔族の血を継いでないので身体的特徴が少ないんです、ほぼ人間と変わりません」

孫「頭のてっぺんに小さなツノが生えてるくらいです」

少女は顔を赤らめた。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/15(月) 00:11:44.40 ID:kiM8u6B1O
偽勇者「でもなんで西の都に?ほぼ人である君じゃ危険じゃないか?」

孫「それは…私の生い立ち深く関係することです」

孫「私が物心ついた頃には既に血の繋がった家族は皆死んでいると育ての親に教えられました」

孫「私はずっと天涯孤独だと思っていました」

孫「でも最近になって育ての親が教えてくれたのです血を分けた兄がいる事を!」

孫「兄は人としてではなく魔族として生きようと西の都に旅に出たと教えられました」

孫「私は天涯孤独じゃないと証明したい!血の繋がった唯一の兄と会いたいのです!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/15(月) 00:13:22.40 ID:kiM8u6B1O
孫だとなんか変だと感じたので名前の安価を取ります

協力お願いします

安価下2
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 02:52:35.60 ID:VQJ5M9wA0
子糸
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 08:03:30.40 ID:4C3l3cSSO
カタリール・ナルバスタ
愛称はカナ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 08:11:03.75 ID:a+PmeqLjO
>>13
なんでオタクぽいってかさキモい名前になるんだ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/15(月) 23:06:39.00 ID:kiM8u6B1O
名前はカタリール・ナルバスタで決まりました

ありがとうございます
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/15(月) 23:08:00.48 ID:kiM8u6B1O
偽勇者「なるほど…お嬢ちゃん名前は?」

孫「カタリール・ナルバスタです…愛称はカナです」

偽勇者「良い名前だ!少し考えさせてくれ」

商人「うぅ〜!こんな可愛い子が辛い目にあってるだなんて!」

偽勇者「なんで泣くんだよ!」

商人「だって可哀想だから!」

偽勇者「お嬢ちゃん…今の話を聞いて少し考えたがやっぱり頼み事は受け入れられない…リスクがでかすぎる」

カナ「…そうですか…仕方ないですよね」

商人「ううん!引き受けるよ!」

カナ「わかりました…諦めます…………え!?良いんですか!」

商人「良いよ!良いよ!引き受けるよ!」

偽勇者「オイ!何勝手に引き受けてんだ!」

商人「だって可哀想だろう?」

偽勇者「同情するのも良いがリスクを考えろ!」

商人「ふ〜ん…偽勇者くん、最近は随分と生意気だね」

商人「君…私に借金あること忘れてない?」

偽勇者「ウッ!卑怯だぞ…」

商人「君が私に逆らってばかりなのがいけないんだろう?」

偽勇者「……」

商人「もし引き受けないのなら…今すぐ耳を揃えて借金を返しな!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/15(月) 23:09:15.44 ID:kiM8u6B1O
偽勇者「…引き受けるよ」

偽勇者「でも!タダじゃ引き受けない!それ相応の報酬を受け取りたい!」

商人「だって、お嬢ちゃんお金持ってる?」

カナ「はい!そんなにたくさんは持ち歩いてはいませんがこのくらいで如何でしょうか?」

そう言ってカタリールは2枚の銀票を机に置いた。

偽勇者「ひゃ、100両!!!」

商人「あわわわ、ど、如何しよう手が震えてきたよ!」

偽勇者「あ、慌てるんじゃない!こ、こういう時は落ち着いて深呼吸だ!」

偽勇者「ヒッヒッフー、ヒッヒッフー」

商人「ヒッヒッフー、ヒッヒッフー」

偽勇者「よしよし落ち着いた……お嬢ちゃん、いえ!お嬢様!道中どんな事があろうと俺が全力であなたをお守りします!」

カナ「ふふ!よろしくね!」

商人「うわあ金ですぐ態度変えやがったよ…こいつ」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 06:19:27.25 ID:YEV8zVJTO
この世界観で両か
なかなか新しい
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/16(火) 23:15:07.35 ID:AFChxTBYO
カタリールと明け方、町外れの森で合流する事を約束し、俺と商人は宿を取り休んでいた。

商人「君が私の店を爆発させてから随分とたつけど久しぶりに大金を手にしたよ」

偽勇者「悪かったよ…でもこうして商人の手伝いをしながら返してるじゃないか」

商人「責めてるわけじゃないんだ…ただあの日…君が小麦粉倉庫に勝手に忍び込み、火をつけて暖を取ろうとしてなければ、私と君は出会う事がなかったのかなって思ってね」

偽勇者「ああ…そうかもな」

偽勇者「あと俺の銀票お前に渡すよ、借金の返済だ…店一つ壊してしまったんだ、50両じゃあ足りないけど返すよ」

商人「偽勇者…こうなっておいて何だけど…私はこの旅にはついていけない」

偽勇者「な!」

商人「私には大昔、この王国に滅ぼされた国家の血が流れているんだ…だから身分としては二等国民で指定された町以外の往来は原則禁止されてる」

商人「いうのが遅くてごめん…」

偽勇者「良いよ仕方ない」

商人「お金は半分だけ貰うよ、あとは帰ってきてから返してくれ」

偽勇者「ああ」

商人「だから残りの支払のために必ず、私の元へ無事に帰ってきてください」

偽勇者「ああ!絶対帰ってくる!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 01:00:09.79 ID:C7IXfn8DO

粉塵爆発かww
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/20(土) 23:25:18.02 ID:vimQ9KlJO
ー町外れの森ー

カナ「勇者様!商人さん!おはようございます!」

カタリールは先に着いていたようで興奮した犬の様に手をブンブンと振っていた。

偽勇者「ああ…おはよう」

商人「おはよう!」

偽勇者「あ〜勇者様って呼び方むず痒いからやめてくれるか?」

カナ「なぜです?私にとって勇者様は物心ついた頃からの憧れの存在なんですよ!」

偽勇者(絵本の勇者をずっと信じてるなんて本当に夢見がちな女の子だな)

偽勇者(今更だが罪悪感がある…)

偽勇者(まあでも…もう良いか…今更考えても仕方ない、嘘を突き通そう)

偽勇者「わかった!その呼び方でいいよ」

カナ「はい!」

商人「偽勇者…本当にごめんね」

偽勇者「だから気にするな!ただ、このお嬢ちゃんを西の都に送るだけ」

偽勇者「誰かと戦うわけじゃないから大丈夫だ」

商人「うん…ありがとう、ちゃんと戻ってきてね借金を返さず逃げるのは許さないから」

偽勇者「このやり取り何回めだ?わかってるよ…戻ってくるさ」

偽勇者「じゃあ、行ってくる」

商人「うん…」


それから商人は偽勇者達が見えなくなるまでその場所に居た。
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 23:27:48.96 ID:vimQ9KlJO
ー森ー

カナ「うーん?」

カナ「あの!勇者様!質問があります!」

カタリールは手をピシッと挙げて言う。

偽勇者「ん?どうした?」

カナ「勇者様と商人さんは恋人なのですか?」

偽勇者「え?」

偽勇者「……違う!違う!ただの仕事仲間だよ!」

カナ「本当ですか?どう見ても恋人みたいでしたよ?」

偽勇者「どこがだ!」

カナ「客観的に見てそう思えるのです!…少なくとも商人さんは勇者様に好意を抱かれてるのでは?」

偽勇者「そりゃあねぇ…仲間だから好意ぐらい持つさ」

カナ「いえ!あの乙女オーラはどう考えてもライクではなくラブです!」

偽勇者「……」

偽勇者(この子メンドくさいな…)

偽勇者「俺は色恋沙汰があまり得意じゃないからわからないな…」

カナ「あ!そうですか…すみません勝手に盛り上がってしまって…」

カナ「私…浮いた話が大好きで、でも友達が居ないからいつも壁と話して居たんですよね」

カナ「だから久しぶりに人と色恋沙汰について話せると思うと嬉しくてつい気分が高翌揚して…」

カナ「迷惑ですよね…」

偽勇者「いや〜全然気にしてないよ」

カナ「はい…ありがとうございます、気遣っていただいて」

偽勇者「……」

偽勇者(あー!やばい!空気が重たいよ!助けて商人様!)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 23:30:32.26 ID:vimQ9KlJO
ー魔王残党討伐部隊駐屯地ー

団長「なに!魔王の孫を見失っただと!それに側近も仕留め損なったのか!」

副団長「…申し訳ありません」

団長「ふざけるな!!!二人の分断を成功させた、またとない機会を逃すとは何事だ!」

団長「側近はまだいい、奴は我々の力でなんとかできる!魔族らしく肌の色も違うので探せばすぐ見つかる!」

団長「だが!娘だけはダメだ!あの娘は外見だけなら我々とほぼ変わらないからそう簡単に見つからない!」

団長「それに魔王の血族が残ってると知ったら魔族達は再集結し、また!人の世が脅かされるのだ!」

副団長「たかが小娘でしょう!そこまで恐る必要があるのですか?現に娘は我々から逃げ回ってるでしょう!」

団長「貴様はあの娘と戦ったことがないから知らんのだ…あの娘は化け物だ!何せ馬鹿でかい魔翌力を持っている、それもでか過ぎて判らないくらいにな…」

団長「私が初めて対峙した時はまだ、ただの魔翌力の塊を放つことしかできなかった…だが!それでも私が率いる部隊が一瞬で消滅したのだ!」

団長「あの娘は悪魔だ、成長すればかつての魔王以上の災厄になりかねん…それもたった1人で国を滅ぼすことのできる化け物になるだろう」

団長「だからその前に我々は娘を確実に殺さなければならない!!!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 00:04:15.35 ID:43jsPcdA0

文字化けはメール欄にsagaと入れると治るよ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 13:51:54.11 ID:hAtWRLxbO
商人女だったんだ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/23(火) 16:45:23.54 ID:rtlSPye4O
>>25
乙女の心をもった男かもしれん
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/25(木) 22:42:03.89 ID:Tr8ZshahO
団長「くそ!どうすれば」

副団長(臆病者め…こんな男の部下になるなんて俺はなんと運が悪いんだろう)

団長「……おい、目星はついているのか?」

副団長「はぁ?」

団長「奴らがどこに向かったか目星はついているのかと聞いている!」

副団長「え!は、はい!奴らの今までの足取りを確認したところ、西に向かっていた模様です」


団長「西?そういえば西の都はまだ平定されていなかったな?」

副団長「はい!それに現在、西の都には旧魔王軍幹部や魔族の族長などが集まっているとの情報が入って来ています」

副団長「ですので娘が西の都に向かっている事はまず間違いないと思われます」

団長「なんだと!そうか!やはり魔王軍再興が娘の目的か!まずい!まずいぞ!非常にまずい!」

団長「このままではこの国が…」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/25(木) 22:46:23.04 ID:Tr8ZshahO
団長「……」

団長「…そうだな最早、出し惜しみをして居る場合ではないな」

団長「よし!勇者様の協力が得られるよう皇帝陛下に打診しろ!」

副団長「よろしいので?ただでさえ無能と呼ばれている我々が勇者様に頼るなど」

副団長「皇帝陛下の我が軍団への評価がさらに下がりますよ!」

団長「そんな事はどうでもいい!この国が滅ぶか滅ばないかの瀬戸際なんだ!プライドなどいらん!」

団長「それに失態続きのこの軍団に今更、下がる評価などない!既に下がりきっているわ!」

副団長「ぐっ!わかりました…ではそのように」

団長「あとは小娘が通ったと予測される町に賞金付き人相書きをばらまけい!子供の足だ、そう遠くには行けないはずだ」

団長「滞在していた町さえわかれば現在地など簡単に予測が立てられるだろう?」

副団長「…はい」

副団長(くそ!冗談じゃない!ただでさえ無能団長の采配で出世が出来そうにないんだ…勇者なんて呼んでしまえばますます出世から遠ざかる!)
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/25(木) 23:55:02.46 ID:Tr8ZshahO
undefined
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/25(木) 23:56:34.81 ID:Tr8ZshahO
ーとある町ー

兵士「おい!この荷馬車は貴様のものか!」

商人「そうだけど…兵隊さんが何の用だい?私は武器売りだ…ここには武器しかないよ?自前の武器でも買いに来たのかい?」

兵士「ふん!俺は貧乏だ!そんな金は無い!武器など軍からの支給品で十分だ!」

商人「それ威張りながら言う事ですか?」

商人「それと支給品ってひのきのぼうですか?」

兵士「貴様はいつの時代の話をしているんだ?我々がひのきのぼうで戦っていたのは魔王軍が最大勢力を築いていた時代だ!」

商人(皮肉だったのにすごく真面目に答えてくれるな)

兵士「無駄話はもういい!この人相書きをこの荷馬車の一番目立つところに貼らせてもらう!」

商人「ちょっと待って!勝手なことをしないでおくれ!」

兵士「なんだ!邪魔をするのか?」

商人「物事には順序ってものがあるだろ?いきなり人相書きを貼ると言われてハイそうですかとはいえないでしょう!」

兵士「なにぃ〜!…わかった物事には順序があるな!」

商人「やけに物分かりがいいですね?」

兵士「では商人?この荷馬車には移動販売の許可証が貼っていないがもちろん持っているのだろう?」

商人「あ…!」

兵士「商売にも順序がいるんだ…まずはこの国の許可が必要だ」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/01/26(金) 00:00:48.24 ID:mQ6DcS8aO
商人(偽勇者の馬鹿が私の店を壊してしまうから、店にあった許可証も紛失したし、色んなところに損害賠償を支払った所為で許可証を買うお金もなかったんだ、仕方ないでしょう)

商人「も、持っておりません」


兵士「本来なら無断営業の罪で罰金を支払ってもらうか、しょっ引く所だが…そんな面倒なことは憲兵の仕事だ俺はしたくない」

兵士「だからこの人相書きを貼らせて貰えれば見逃してやろう」

商人「うぅ…わかったよ!」

兵士「よろしい!では!」

商人「……」

兵士「協力感謝する!それと早く許可証を貰うように!」

兵士が遠くに行ったことを確認してから商人は叫んだ。

商人「ご丁寧二枚も貼りやがって!どうせ安い糊で綺麗に剥がせなくなるんだ!本当!もう二度と来んな!」

商人「全く!どこの誰だよ!人相書きに描かれてる奴は」

商人はそう言いながら人相書きを見る。

商人「へー、うわぁ〜!すごい!懸賞金十万両!小さい城なら買える金額じゃないか」

商人「どんなことしたらこんな金額つけられるんだよ、凄い凶悪な顔してるんだろうな」

商人「……」

商人「あれ?この顔、カナちゃんだよね?」

商人「どうしよう…偽勇者もしかしたら私たち大変な事に巻き込まれてしまったかも」

商人「偽勇者…大丈夫かな?
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/26(金) 00:04:31.20 ID:mQ6DcS8aO
訂正

商人「ご丁寧二枚も貼りやがって!どうせ安い糊で綺麗に剥がせなくなるんだ!本当!もう二度と来んな!」 ×

商人「ご丁寧に二枚も貼りやがって!どうせ安い糊で綺麗に剥がせなくなるんだ!本当!もう二度と来んな!」 ◯
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/26(金) 00:53:22.57 ID:HrsTtajDO

細かい誤字脱字誤変換は気にしない方がいい
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/02/12(月) 19:08:35.54 ID:g5LPJfXQO
そうですかアドバイスありがとうございます
次からは気にしないようにします
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 19:09:20.77 ID:g5LPJfXQO
ー野営地テントー

副団長「ふん!誰が勇者など呼ぶものか」

副団長「あの臆病者は必ず殺せと言っていたが皇帝陛下は出来るなら生かして捕らえろと言っていた」

副団長「…皇帝陛下の思い通りに動いた方が手柄は大きい…そうなれば二階級特進どころではない…か」

兵士B「失礼します!」

副団長「なんだ!入れ!」

兵士B「はっ!」

副団長「どうした…何かわかったのか?」

兵士B「はい!魔王の孫が滞在していた町が判明したことと現在地の予測が付いたので報告に参りました」

副団長「よし!よしよし!でかした!」

副団長「具足を用意しろ!すぐに出陣するぞ!報告は行軍しながら聞く!」

兵士B「は!」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/12(月) 19:09:58.10 ID:g5LPJfXQO
ー森ー

偽勇者(少し早いペースで移動してるが
さすがに西の都まで、まだまだ距離あるもんな…子供の足じゃきついだろう)

偽勇者「なあ」

カナ「なんでしょう?」

偽勇者「次の町で馬でも借りないか?」

カナ「…嫌です」

偽勇者「なんでだ?馬を使った方が早く着くぞ?金を出したくないのなら俺が出してもいい」

カナ「嫌なのは嫌なのです!とにかく理由は言えません」

偽勇者「そ、そうかすまん」








兵士長「娘を見つけたな」

兵士「ええ、副団長に報告しに行きましょう」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 20:37:31.19 ID:rZA6Q1bR0
憲兵って軍隊の一兵科が司法権を持って治安維持を行うものだったと思うのだが
兵士が人相書きを持ち荷馬車の中を捜索してるってことは警察権も持ってるわけだよね
であるにも関わらず憲兵が別に存在、軍隊組織や警察組織が複雑そうなお国ね
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/12(月) 22:08:45.04 ID:g5LPJfXQO
ー麦と馬神の村ー

カナ「わあ〜!凄い!森を抜けたら一面麦畑じゃないですか」

カナ「黄金色に輝いて綺麗です!」

カナ「畑の中心にあるのが村ですね!」

偽勇者「ああ…そうだな」

村人「おや?旅人さんかい?」

全身に麦を巻いた男が話しかけて来た。

偽勇者「ああ、そうですが、どうかしましたか?」

村人「いや何も、ただ、いい時に来たと思ってね!今この村では収穫祭が行われいるのよ」

偽勇者「へえ、それは面白そうですね」

カナ「おじさんの奇抜な格好も収穫祭に関係あるんですか?」

村「ああ、もちろん!この土地の神は人間の前には決して姿を現さないんだ…だからこうやって麦になってるわけさ」

カナ「へえ!人間が麦になるんですか面白いですね」

村人「まあ、格好だけだけどね」

カナ「私もっと収穫祭のこと聞きたいです」

村人「いいよ、話してあげるよ」

それから村人は村に着くまでの間、収穫祭について話してくれた。

祭の起源はこの村にやってきた豊作の神である馬神を麦に扮した村人達が捕らえ無理矢理、引き留めたのが始まりだ。

当然、捕えられた馬神は怒り、麦が全く育たなくなったそうだ。

まずいと思った村人達は馬神の怒りを鎮めるため美しい牝馬を馬神に献上したのだ。

馬神は牝馬の美しさに惚れ、怒りを鎮め村人達を許したそうだ。

そして…子をたくさん作り、この土地にたくさんの実りを与え、村はそれからずっと豊かなのだ。

こんな逸話があるため、祭では村一番の良馬を馬神とし、村人達は身体中に麦を巻き、祭の儀式としてこの話と同じことを行っている。

あと馬と麦はこの村の大きな収入源らしい。

村人「というわけだ!馬神を追いかけるのは今夜だ。良かったら見物していけばいいさ!」

偽勇者「それは面白そうだ、情報ありがとう!」

カナ「喜んで見物します!」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/13(火) 02:29:10.73 ID:7zGA/aADO
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/02/14(水) 00:33:07.75 ID:1eRLO6mUO
ー牧場ー

夜になり、収穫祭の催し物を見学するため俺達は村の牧場に来ていた。

すでに祭りは始まっており、たくさんの村人達が馬を追いかけるが、なかなか捕まらない。

たまに馬を掴んだり、乗ることに成功する者もいるが振り払われ落馬している。

なかなか気性の荒い馬の様だ、あれでは当分捕まらないだろう。

しかし、馬を追いかける松明の光は夜を照らし、美しかった。

カナ「私!もうちょっと近くで見学します!」

そう言ってカナは人混みの中へ消えた。

馬神「久しぶりだね…君の救った世界はまた、破滅にむかっているよ」

偽勇者「っ!?」

なんだこいつは俺が1人になった瞬間、まるで最初からそこに居た様に突然、姿を現した。

喋る馬、一体何者だ?こいつは魔物なのか?

馬神「どうした?そんなに驚いて?会うのは初めてじゃないだろう?」

偽勇者「お、お前はなんだ?魔物か?」

馬神「……ああ、そうか僕が間違えたのか」

偽勇者「質問に答えてくれ」

馬神「僕は魔物じゃないよ、馬神だ」

偽勇者「馬神だと?」

馬神「僕の知り合いに君と似た格好をした人間がいてね、思わず声をかけたのさ」

馬神「でも、人の寿命は短いから君は他人だろう?」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/19(月) 22:11:57.89 ID:DDKjBoly0
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 00:53:18.08 ID:SKkuLY9A0
26.44 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)