曜「水が滴る良い儚げな、か弱い少女」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 22:32:46.58 ID:7OeryYsr0
よう「かなーん!勝負しろー!」かなん「まーた、負けにきたのかなーん?」
千歌「曜ちゃんって昔、果南ちゃんのこと呼び捨てだったよね」曜「そういえば」

上の続きです、いつもどおり書き溜めなしです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515591166
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 22:45:19.77 ID:7OeryYsr0
私は高海千歌、最近恋のキューピットを始めました

今日も乙女の敵の鈍感を成敗するよ!

曜「そういえば、果南...ちゃんさぁ、まだみんなのまでは呼び捨てにするなって言うんだよ?」

曜「面倒臭いよね、今更なのに...」

千歌「乙女の敵!!」

ポカッ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 22:55:32.99 ID:7OeryYsr0
その部屋は潮の香りと塩素の香りが部屋に充満していた

部屋はある一軒のあとから小奇麗にしておくようにしてる

机の上を見ると写真が立てられている、歳は違えどそこに映るのは決まった顔ぶればかりだ

小さいころからの幼馴染、小学生からの親友達、そして高校に入ってからの仲間たち

だけれど、そこにすっぱりと抜けた中学生の間が私とあの子の距離を表していた

「曜....」

近く、また近く距離が縮むほどその感情は大きくなっていた

その時、海水ともプールの水とも違うしょっぱさの水の味がした
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:13:37.62 ID:7OeryYsr0
この数日間で大きな変化が私の部屋に起こっていた

それは、クッションが一つ出しっぱなしになっていること

曜の....特等席だ

私はそのクッションを抱きしめ、ベッドに倒れこむ

もしも、このクッションが本人なら、泣いているときに励ましてくれるのが本人なら...
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:18:46.21 ID:7OeryYsr0
最近いつも夢に見ている

私は柄になく女の子らしい可愛い恰好して、二人で街を歩く

二人でパフェを頼んで一緒にそれを食べるんだ....

なんて、柄にもない

海で泳いだ後、沼津で牛丼を掻っ込む二人がそんなことをするはずがない

果南「曜がそんなこと誘ってくれるわけ...」

携帯「」ピロリン

果南「?」

果南「え!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:22:39.26 ID:7OeryYsr0
果南「や、やった///」

果南「・・・」チラチラ

カタカタカタ

果南「....ふう」

果南「...えへへ///」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:26:09.85 ID:7OeryYsr0
翌日

梨子「ねえ、千歌ちゃん」

千歌「なぁに?」

梨子「なんか今日の果南さんおかしくない?」


果南「」ニヤニヤ


千歌「あー....」

千歌「好きな子に休日デートに誘われた....とかじゃない?」ニヤッ

梨子「」b

千歌「」b
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:31:07.14 ID:7OeryYsr0
果南「千歌、梨子しゃべってるところちょっといい?」

千歌梨子「」ビクッ

千歌「びっくりしたー」

果南「びっくり?」

千歌「いや、何でもないよ、どうしたの?」

果南「そのー、服なにかおすすめなのないかな?」

梨子「おすすめ?」

果南「私が選ぶと....」

千歌「果南ちゃんが選ぶと?」

果南「何でもない///ただ二人のおすすめが知りたかっただけ!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:34:57.65 ID:7OeryYsr0
梨子「別にいいですよ、今日暇ですし」

千歌「私も大丈夫」

果南「良かったなr「それじゃあ、さっそく沼津に行こう」

果南「え?さすがにそこまでは」

千歌「大丈夫大丈夫」

梨子「遠慮しないでください」

果南「うん?それじゃあお言葉に甘えて...」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:45:03.45 ID:7OeryYsr0
その日は特別でもない日のはずだった

千歌ちゃんの提案で果南を誘い

千歌ちゃんおすすめの映画を見て

千歌ちゃんおすすめのお店で服を見て

千歌ちゃんおすすめのパフェを食べる

いつも通りの日常を遮ったのは

果南と約束していた場所に

果南とは似ても似つかない恰好をした

果南が

果南らしからぬ赤面で立っていることが始まりだった
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:48:19.19 ID:7OeryYsr0
曜「あ、あの...」

果南「....おはよう///」

曜「おはようございます」

果南「なんで敬語なのかなーん?」

曜「本人かどうか確証が持てなくて」

果南「怒るよ?」

曜「ごめん」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/10(水) 23:51:15.31 ID:7OeryYsr0
今日はpcの調子が悪いから終了、近いうちに再開します
4.76 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)