最原「僕らが往くは恩讐の彼方!」 巌窟王「これで終わりだ!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/14(日) 19:05:00.84 ID:YTh/qlbW0
巌窟王「旅行先間違えた」 アンジー「神様ですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506772669/


巌窟王「亜種並行世界!」 アンジー「虚構殺人遊戯:才囚学園ー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510833531/

に続く三作目。今度こそ! 終わる! はずだ!
ていうかもう伏線残ってないしね!

FGOとダンガンロンパ両作品のネタバレ注意だよ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515924300
2 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/14(日) 19:14:54.44 ID:YTh/qlbW0
カルデア

ナーサリー「ううーーー! 本の角が湿って力が出ないのだわー!」

ナーサリー「今は人間形態だから全然関係ない? そんなことなくって、パーマがくりんくりんになりすぎて不快なのだわー!」

アルテミス「はいはーい! 泣き言言わない! みんなあの子たちの姿を見るの楽しみにしてるのよー?」

ナーサリー「うえーん! 私のせいじゃないのにー!」

エレシュキガル「ほら。私も手伝ってあげるから、早く復旧できるよう頑張りなさい!」

エレシュキガル「キビキビ動くキビキビ!」






マシュ「……先輩。なにか帰ってきてから、ずっと女神系のサーヴァントのみなさんが騒がしいような……」

マシュ「……え? しばらくは放っておいていい、ですか?」

マシュ「まあ、邪気は感じないので確かに緊急性は薄そうですが……」

マシュ「念のため、それなりに探りは入れておきますね?」
3 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/14(日) 19:22:33.72 ID:YTh/qlbW0
BB「さあ! 本腰入れて復旧させますよー!」

イシュタル「女神たちの加護が妙に働いているから、予定よりは早く復旧が終わりそうね……」

BB「ちっともありがたくありませんけどね! 凄まじい勢いでジメジメして不快ですから! 雰囲気的に!」

BB「ていうか女神ってなんでみんなあんなネチネチしてるんですか! もうちょっとサバサバ系後輩の私を見習って――」



「アイ・オブ・ザ・エウリュアレー!」ビュンッ



BB「お尻がーーーッ!」ブスゥッ

イシュタル「……男性でなくて本当よかったわね。アンタ」

BB「こ、この矢、どこから……!?」ガタガタ

イシュタル「考えない方が身のためよ。早く復旧なさい」

イシュタル「あの事実を知らないまま『何らかのトラブル』に巻き込まれたら、絶対に面倒なことになるわよ……!」
4 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/14(日) 19:32:44.72 ID:YTh/qlbW0
才囚学園
学級裁判 開廷

モノクマ「まずは! 学級裁判の簡単な説明から、始めましょう!」

モノクマ「学級裁判では誰が犯人かを議論し、その結果はオマエラの投票により決定されます」

モノクマ「正しいクロを指摘できれば、クロだけがおしおき。ですが、もし間違った人物をクロとしてしまった場合は……」

モノクマ「クロ以外の全員がおしおきされ、生き残ったクロだけに晴れて卒業の権利が与えられます!」

モノクマ「……あ。そうだ。今までずっと言い忘れてたことあった。巌窟王さんのせいでさ」

巌窟王「……?」

モノクマ「学級裁判での投票の放棄は認められません! その場合、死が与えられます! 気を付けてね!」

モノクマ「これ、本来なら学級裁判の基本ルール説明の最後に付け加えておくルールだったんだけどさぁ……」

アンジー「ああ。そういえば神様の処理をどうしようかなって悩んでたねー。毎回さー」

百田「でも投票をわざわざ放棄するヤツなんていねーだろ。正しい人物に票が集まらなけりゃ、どっちにしろ全員死ぬんだからよ」

赤松「じゃあ最初に……何から話せばいいかな?」

茶柱「……第一発見者の最原さんが、夢野さんを見つけたときのことを話すべきでは?」

最原「うん。そういえば詳しく言ってなかったしね」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 19:35:08.00 ID:UZ6KIbZp0
何のことかさっぱりわからん
そんなやばいことあったっけ
6 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/14(日) 19:45:10.31 ID:YTh/qlbW0
最原「新世界プログラムから出た後、全員が現実世界に帰還したのは午前三時のことだった」

最原「巌窟王さんが破壊したドアを再度粉砕して、外に出ようとする直前に謎の爆音が響いたんだよね」

星「大きな音だったな。耳どころか体全体が震えるような」

最原「で。巌窟王さんが扉を粉砕。その後、熱も冷めないうちに入間さんが血相を変えて出て行った」

最原「心配になった百田くんは、僕を引っ張り出して一緒に扉から出て入間さんを捜索」

百田「だが、そこで終一は入間を見つける前に気付いたんだよ」

百田「焦げ臭い臭い……つまり、学園のどこかが燃えているってことに」

最原「ひとまず入間さんのことは放置して……いや、正確に言うと入間さんの捜索を続ける傍ら、僕たちは一階へと降りた」

最原「そこで僕たちが見たのは、白煙がもくもくと立ち込める校舎だった」

モノクマ「その時点で、火事はもう消し止めておいたけどね! 流石に本校舎が燃えるのは困るからさー」

最原「地下が火元だったということに気付いて、僕はイヤな予感がして、一気に駆け下りて行ったんだ」

春川「……あれ? 百田は?」

最原「別行動だったよ。百田くんは一階に残しちゃったんだ」

春川「ふーん」
7 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/14(日) 19:59:13.97 ID:YTh/qlbW0
最原「地下に降りた僕は火事の有毒ガスに注意しながら、火元を探した」

最原「……火事が起こっていたのは図書室だった。モノクマが火事を消し止めていたことは聞いていたから、中に入って状況を調べようと思って……」

最原「あのドアが開いていることに気付いたんだ……!」

天海「モノクマカラーの隠し扉……確かに、俺たちがそこにかけつけたときにも全開のままでした」

天海「最原くんはその先に、彼女を見つけたんすね」

最原「……遺体の損壊は激しくって、腐敗臭も酷かった。でも見間違えるはずがないよ。あの隠し部屋の中に転がっていたのは……」

茶柱「夢野さん、でしたね。最原さんに次いで転子も見ましたよ」

茶柱「……外に出たいっていう願望を持っていることを差し引いても、人が人をあそこまで壊せるなんて……!」

東条「……」

茶柱「……あ。東条さんのことを言っているわけでは……」

王馬「そういう配慮はいいよー。もう何回もされちゃって東条ちゃん本人も飽き飽きでしょー?」

東条「そうね。それに……犯人は本当に外に出たいと思っていたのかしら?」

茶柱「え?」

王馬「ま、それは置いといて! ご苦労様、最原ちゃん! これで状況が随分と整理されたんじゃない?」

最原「うん。それじゃあ、これからみんなで一緒に事件を解決していこう」

王馬「ん? 解決してるんじゃない? 流石に犯人が二人に絞られてるんじゃさ!」ニヤニヤ

入間「は? 二人……?」

王馬「断言するぜッ! 巌窟王ちゃんか、ゴン太のどちらかが犯人だ!」バァーンッ

巌窟王「何?」

獄原「ええっ!? ご、ゴン太が!?」

最原(またこの人は……突拍子もないことを)ハァ
8 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/14(日) 20:00:26.43 ID:YTh/qlbW0
今日のところはここまで!
9 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/15(月) 18:56:45.31 ID:TauUWzNA0
アンジー「……ねえ小吉ー。アンジーはね? 三つ嫌いなものがあるんだー」

アンジー「一つ、白い服を着たチビ。二つ、嘘吐き。三つ、神様にあらぬ疑いをかける人」

王馬「全部合わせてキー坊じゃんッ!」ガビーンッ

キーボ「キミですよキミ!」

アンジー「ねえ。第六親等までバチが当たるよ? なんでそんなことを言ったのか教えて?」

王馬「もちろん根拠はあるよ。だって、夢野ちゃんの死因って銃殺で間違いないんでしょ?」

王馬「だったら、凶器の観点から言って犯人はゴン太か巌窟王ちゃんくらいしかいないんだって」

茶柱「凶器の観点、ですか?」

春川「ああ……王馬はアレのこと言ってるんだね」

王馬「S&WモデルM500。俺の知っている限り最強のリボルバー」

王馬「特徴はなんといっても威力だよね! 人間に撃ったら人体に穴が開く程度じゃ済まないってくらい!」

王馬「ただ同時に、大きな欠点……いや『反作用』があるんだけど」

最原「……春川さん。あの……王馬くんのことを信用してないわけじゃないんだけどさ……」

春川「わかってる。補足するよ」
10 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/15(月) 19:06:54.75 ID:TauUWzNA0
春川「王馬の言った通り。夢野の近くに落ちていた銃は反動が大きすぎて使い物にならないんだよ」

春川「私でもあんなもの使いたくないよ。下手すれば肩が外れるしさ……」

キーボ「え? 超高校級の暗殺者なのに、ですか?」

春川「暗殺者だから。そもそも人を撃つ用の銃じゃないんだよ、アレ」

春川「まあ、天海が超高校級の狩猟者とかなら使ったことあるかもだけどさ」

天海「銃が一般的な場所を旅したことはあるんすけど、アレを間近でまじまじと見たのは初めてっすよ」

赤松「……で。結局王馬くんはなんで巌窟王さんとゴン太くんが怪しいって思ったの?」

王馬「わかんないかなー。非常識な筋力がないと、あの銃はまともに扱えないんだって」

王馬「で。この中で非常識な筋力を持ってるのは、この中ではゴン太と巌窟王ちゃんだけなんだってば」

最原「……王馬くん。キミ、もしかしてふざけてる?」

王馬「ん? なんのこと? 大真面目に議論している生徒を捕まえておいてさ」ニヤニヤ

最原(やっぱり完璧にふざけてるよなぁ……)
11 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/15(月) 19:25:00.72 ID:TauUWzNA0
巌窟王「……王馬。一つ勘違いをしているようなら指摘しておくが、アレは凶器ではないぞ」

王馬「銃殺なのに?」

巌窟王「銃殺故に、だ。仮に夢野の死因が撲殺だったのであれば、アレが凶器である可能性もあったやもしれんが」

巌窟王「……反動が大きいということは、そも威力が大きいと言うことだ。春川、そうだな?」

春川「うん。あの銃は間違っても凶器じゃないよ。それにしては夢野の死体の損傷が『少なすぎる』から」

最原「……あ。やっぱり巌窟王さんも、今回はキチンと議論に参加してくれるんだね?」

巌窟王「前回も参加していただろう」

最原「アレはアンジーさんの事件だったから……」

巌窟王「……」

アンジー「終一ー。神様が『心外だ』って言ってるよー」

巌窟王「言って『は』いない」

最原(思ってはいるんだな……)

王馬「へぇー。勘違いしちゃったや。アレって犯人の偽装工作だったのかな」

王馬「あれ? だとすると、おかしいな? 犯行に使われた銃は一体どこに行っちゃったんだろう?」

茶柱「……」ヒクッ

最原「王馬くん。茶柱さんがそろそろ本気でキレちゃいそうだからさ……」オロオロ

王馬「にししっ! ごめんごめん、ちょっとした冗談だってば!」

王馬「あったよね。本物の凶器」

白銀「え? 本物の凶器?」
12 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/15(月) 19:43:16.27 ID:TauUWzNA0
最原「薬品か何かで表面がドロドロに溶けてたけど、中から銃弾が出て来たから間違いないよ」

最原「白銀さんの研究教室周辺に捨ててあった」

春川「……本当に?」

王馬「ホントだよ! ほら、春川ちゃんの大好きな銃弾もここに!」ヒョイッ

春川「!」パシッ

百田「お。ナイスキャッチだ」

春川「うるさい……うん。確かに銃弾だけど……この血は?」

王馬「最原ちゃんの血だよ。発見時に思いっきり着弾したんだよね」

茶柱「……」

春川「……二十二口径かな。夢野の近くに落ちてた銃が使う弾の半分もない」

春川「なるほど。これだけ小さければ、夢野の遺体の損傷が思ったよりも小さかったことも納得かな」

最原「威力が小さいってことだよね。それなら反動は……」

春川「問題ないよ。この弾程度なら、この場にいる誰でも使える」

星「つまり、凶器の観点から犯人を絞ることは不可能ってことだな」

星「……いや。そうでもねーか。銃が発見された状況から絞りこめるかもしんねーな?」

白銀「表面がドロドロに溶けてたって……いや、そもそも何をどうしたら最原くんに弾が当たるの?」

最原「ええと、それは……」

茶柱「犯人の杜撰な証拠隠滅のせいですよ。そもそもその薬品は、別のものを溶かすためのものでしたから」

茶柱「……ですよね? 最原さん」

最原(別のもの……それって、どう考えてもアレのことだよな)
13 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/15(月) 19:46:14.17 ID:TauUWzNA0
休憩します!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 19:59:05.39 ID:pqUpYNm/0
人に弾が当たったのは本当に偶然だったのか、見つけた人間が被弾するように仕掛けてて今までの様子から茶柱あたりが狙いだったのかはて
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 20:30:16.37 ID:3XgMBsxb0
茶柱狙ってたなら白銀まじ許せんわ
一応入間か最原だと思うけど。
最原も死んだりしたらまじ転子が精神的に死ぬ
16 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/16(火) 20:18:01.42 ID:1cUHiAgr0
最原「……イリスアゲートエレクトボム」

春川「!?!?」ガビーンッ

入間「はぎゃあっ!?」ガビーンッ

獄原「……どうしたの入間さん。締め上げられたシャモみたいな声出して」

百田「ハルマキもだ。暗殺者として、なにか気が付くことがあるのか? 今までみたいによ!」

春川「それ以上口を開いたら皆殺しにしてやる」ゴゴゴゴゴゴゴ

百田「突然のジェノサイド宣言だと!?」

赤松「な、なに? そのイリスアゲートエレクトボムって。相当の厄ネタ臭しかしないんだけど」

入間「黙れ処女膜ぶっこ抜くぞピアノサイコ! 略してPP!」

赤松「PP!?」ガビーンッ

春川「命が惜しかったら部屋の隅で口を閉じてガタガタ震えてなよピアノパラノイア。略してPP」ゴゴゴゴゴゴゴ

赤松「どっちにしろPP!?」ガビーンッ

最原「春川さん。入間さんを売ってくれれば『春川さんの秘密』は守るよ」

春川「私が入間に頼んで作ってもらったEMP兵器だよ」ケロリ

入間「」

春川「……暗殺者だから。背中から刺すことに抵抗はないよ」

王馬「鬼?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 20:32:20.53 ID:ck9NufPC0
夢野アンジー以外の女子たちが問題児しかいない件
18 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/16(火) 20:42:52.36 ID:1cUHiAgr0
巌窟王「……で。春川。お前は入間に具体的に何を頼んだ?」

春川「多分最原ならわかってると思うけど」

最原「……巌窟王さんのデバイスと、ホームの通信を妨害する爆弾だよね」

最原「起爆したが最後、最低でも三日の間は通信が効かなくなるはずだよ」

春川「入間。私、そんな長い効力までは注文してなかったんだけど」

入間「こ、このアマァ……ヌケヌケとよくも……!」ガタガタ

巌窟王「……何故そのようなくだらないものを作ろうと思った?」

巌窟王「いや。いい。春川の方は、いいとしよう。最原の取引を無にする結果になるからな」

最原「あ、ありがとう……」

巌窟王「断じて貴様を立てたわけではない。勘違いをするな」

最原「あ、あははははは……」

赤松「最原くん。どんまい」

入間「じゃあ俺様もこの件に関しては無罪放免でいいよな?」

巌窟王「……詳細を聞く必要があるだろうな。最原、続けろ」

最原「うん。このEMP兵器は『物理的破壊力のない爆弾』でさ。その代わり、破片も纏まってほとんど飛ばないんだ」

最原「そして、この爆弾はおそらく起爆したときに薬品が飛び散って、破片を溶かし、元の判別が困難になるギミックが仕込まれていたはずだよ」

星「待て。巌窟王のデバイスが実際に動かなくなっている以上、それが本当に起爆したことは納得するとして、だ」

星「何故それを入間作のEMP兵器だと認識することができた?」

最原「一つだけ不発の爆弾があったから、そこから割れたんだよ」

星「二つ目に、なぜその爆弾の存在をお前さんが知っている?」

最原「……入間さんの素行が最近おかしかったから、変なこと企んでないかって捜索してたんだ」

最原「そのとき、たまたまイリスアゲートエレクトボムの設計図を見かけたんだよ」

星「……よし。悪かったな。話の腰を折っちまって。続けてくれ」

最原(嘘は吐いてない)
19 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/16(火) 21:02:59.05 ID:1cUHiAgr0
キーボ「破片を溶かす薬品のギミック……もしかして、表面の溶けた銃と何か関係が?」

最原「まず間違いなくあったはずだよ。そもそも、その銃だったものが見つかったのが、爆弾の捜査のときだったから」

茶柱「爆弾の破片にしては妙に大きいな、と転子が拾い上げたときに最原さんが気付いたんです」

茶柱「血相を変えた最原さんが暴発する前に遠くへぶん投げたのですが……」

百田「弾だけは終一に運悪く着弾しちまったってわけか」

最原「暴発の原因は、多分薬品と火薬が反応を起こして、それがたまたまあのタイミングで起爆したからだと思う」

最原「でも、結果だけ見ると全体的に運はよかったと思う。だって、あの暴発がなければ銃弾は見つからなかったわけだし」

最原「あそこまで解けた金属を見ても『大きい破片だな』程度にしか思えなかったよ」

茶柱「……運? 最悪に決まってるじゃないですか」

茶柱「そこで自分が怪我したことを勘定に入れないから最低なんですよ、あなたは」

最原「……」

百田「今日はなんだかみんなの当たりが強いな、終一」

最原「うん……泣いていいかな……」

アンジー「アンジーの胸を貸すよー?」

巌窟王「俺の目の前で借りたら即焼くぞ」ゴォゥッ

最原「泣くのは後回しにするよ!」
20 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/16(火) 21:11:13.97 ID:1cUHiAgr0
白銀「でも、そんなものを触って茶柱さんと最原くんは大丈夫だったの?」

白銀「金属を溶かす薬品だよね?」

茶柱「転子は一応、ハンカチで包んでから拾い上げましたけど……よく考えたら最原さんはあのとき素手でしたね?」

最原「……あっ。そうだった。全然気付かなかった」

茶柱「あなた……まさか、怪我を誤魔化したり……?」ゴゴゴゴゴゴゴ

最原「し、してないしてない! 大丈夫だよ、ほら! 手のひらは無事だって!」

キーボ「最原くんが拾い上げた時点で、表面の薬品はほぼ蒸発しきっていたということでしょうか」

キーボ「……相当の技術力ですよ。こんな薬品を作り出せるとするなら、それは……」

入間「……」ダラダラダラ

巌窟王「……ところで、春川。注文段階で『起爆後の証拠隠滅』に関する注文はどうなっていた?」

春川「特に指定はしてないけど……」

巌窟王「そうか」

入間「あわわ……」
21 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/16(火) 21:12:11.34 ID:1cUHiAgr0
今日のところはここまで!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 21:18:24.94 ID:Ww20CgH70
ん?どうしたんだ入間?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 21:48:45.05 ID:xOf2ATtN0
入間は第四の事件起こすときの証拠隠滅用にでも作ってたんでしょ
にしても転子かわいい
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 22:44:58.68 ID:9Yqb63dkO
救った相手含む多数からツッケンドンな態度とられたり
物理的にも酷い目に遭ったりと最原その内ストレスと衰弱で死にそう
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/16(火) 23:52:52.38 ID:kbdcehXR0
今の最原は自分を省みない行動をとって周りを心配させまくってるからなぁ
26 :爆死の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/17(水) 17:56:31.44 ID:lvDMOcchO
士郎。僕はね、ジャンぬにカルデアに来て欲しかったんだ
27 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/17(水) 20:49:41.65 ID:S4xFYQjd0
巌窟王「……入間。どう思う?」

入間「えっ。ど、どう思うって?」

巌窟王「お前の爆弾の傍に落ちていた銃が、やはりお前の作ったと思われる薬品で焼けていたのだぞ」

入間「……」ガタガタ

巌窟王「ふ……やはりか。言葉も失おうというものだ」

王馬「だよねー! だって入間ちゃんが犯に――!」

巌窟王「自分の発明品をまたもや盗まれるとはな。自らのマヌケさに呆れ果てて物も言えないだろう」

王馬「えっ?」

入間「えっ?」

巌窟王「ん?」

裁判場全体「……」







百田「なあ終一。今更言うことでもねーけどよ。コイツ、俺たちのこと信じすぎだろ」

最原「悪ぶってるけど学級裁判向きじゃないよね。性格が」

巌窟王「?」
28 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/17(水) 20:59:31.68 ID:S4xFYQjd0
王馬「……マジで毒気抜かれちゃったよ。真宮寺ちゃん。後頼んだ」

真宮寺「なんで僕……いやまあいいけどネ」

真宮寺「ねえ入間さん? 夢野さんを殺したのって、キミじゃないの?」

入間「ひぎっ!? な、ななな何言ってんだよ! 何の根拠があってそんなこと……」アタフタ

真宮寺「だってさァ、証拠隠滅機能付きの爆弾の傍に、かつて銃だったと思われる金属が落ちていたということは、だヨ?」

真宮寺「少なくとも銃を置いた人に『そこに爆弾があったこと』と『爆弾の細かい機能』を知られていたということだよネ?」

入間「ちょ、ちょっと待て! そもそも、そこに爆弾を置いたのが俺様だという確証はどこにもねーはずだ!」

入間「そうだ! 俺様にこの爆弾の発注をしたのは春川だぞ! 春川が俺様の研究教室から爆弾を持ち出したんだよ!」

春川「あのさ。二つ目の条件『爆弾の細かい機能』についてを私は知らないんだけど。証拠隠滅機能なんて頼んでないし」

入間「……あっ! い、いや! テメェは俺様に証拠隠滅機能を頼んでた、ぜ?」アタフタ

春川「……は?」

入間「だ、だから、春川だって二つ目の条件を満たすんだよ! コイツだってイリスアゲートエレクトボムのこと知ってたんだ!」

春川「バカバカしい。そんな言葉を誰が信じるって?」

王馬「入間ちゃんごめん! 春川ちゃんも疑うべきだったよ!」ニヤニヤ

春川「……コイツがいたか」

最原(実際、一切信じてないだろうけど……)
29 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/17(水) 21:10:38.00 ID:S4xFYQjd0
最原「……あそこに爆弾を設置したのは入間さんだよ。間違いない」

入間「だ、ダサイ原ァ……!」ギリィッ

最原「そう思われる根拠はいくつかあるけど……一番わかりやすいのは新世界プログラムから出た直後の入間さんの行動かな」

最原「爆音が聞こえた直後に時間を気にしていたよね?」

百田「その後、巌窟王を急かしてドアを破壊させて、熱が冷めない内からスパコン室を抜け出したんだったな?」

最原「あのとき、おそらく入間さんにとって予想外の何かが起こったんだ」

最原「その予想外の何かっていうのは、爆弾に関係しているはずだよ」

入間「ざ、ざけんな……俺様は……俺様はそんな……」ガタガタ

最原「ごめん。やめないよ。最後まで言う」

最原「……赤松さん。どうして白銀さんの研究教室周辺にまで足を運んだの?」

赤松「え……なんでって……」

赤松「上の階から爆音が聞こえたんだから当たり前じゃない?」キョトン

裁判場全体「」ザワッ

赤松「……え? なに? どうかしたの?」

天海「また赤松さんは……その聴力は常軌を逸しているってことを、いつになったら学習してくれるんすかね?」

赤松「……え? わからなかったの!?」ガビーンッ
30 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/17(水) 21:20:46.35 ID:S4xFYQjd0
最原「爆音があったところに入間さんがいた。そして、その証言をもとに捜査したら爆弾が見つかった」

最原「入間さんが爆弾を設置した可能性は、この時点でかなり高いんじゃないかな?」

入間「い、いや! 思い出した! 俺様には絶対音感があったんだよ!」

入間「赤松と同じだ! 爆音があった場所にたまたま向かっただけなんだって!」アワアワ

赤松「凄い! 絶対音感なんか持ってたんだ!」キラキラキラ

天海「赤松さーん。百パー嘘っすよー」

最原「そう。まだ認めてくれないんだね」

最原「……今のうちに認めてくれれば面倒が省けるんだけどな」

巌窟王「……」

巌窟王「入間?」

アンジー「美兎?」

入間「や、やめろ……俺様をそんな目で見るんじゃねぇボンクラどもッ!」

最原「多分、すべての爆弾はタイマー制御だったんじゃない?」

入間「!」ビクッ

最原「……図書室に仕掛けられていた時限発火装置に使われていたタイマー。アレって出所はどこだったんだろう」

最原「アレって、入間さんの爆弾から転用したものだったはずだよ」

入間「う……うううううう……!」

真宮寺「あのタイマーがキミのものだったということは、キミ自身が白状したことだよネ」

王馬「観念する? ゲロる? ゲロっちゃう?」キラキラキラ
31 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/17(水) 21:34:18.29 ID:S4xFYQjd0
入間「……あの爆音が――」

最原「そもそも爆弾と関係あったかどうかわかるはずがない?」

最原「流石にわかるよ。だって、あの爆音が鳴る直前までは間違いなく、僕たちの目の前で巌窟王さんが通信をしていたはずだよ?」

巌窟王「……確かに通信が使えなくなったことに気付いたのは、あの爆音の後だったな」

春川「時間帯が相当限定されている。偶然の一致じゃ済ませないよ?」

最原「入間さん。アクシデントが同時にいくつ起こったのかはわからないけどさ……」

最原「爆弾が爆発したことが、最大の――」

入間「もうやめてくれえええええええええっ!」

最原「!」

入間「……そうだよ。確かに、俺様が爆弾を設置したよ。でも……」

入間「俺様は……夢野を殺してなんかいねぇ……あんな残酷な方法で……人なんか殺せねぇって」グスグス

入間「人が死ぬことが、あんなに臭くて、生々しくて、グロいことなんだって知ってたら、俺様は……!」エグエグ

最原「……あ。えーっと……」

最原(ちょっと……責め立てすぎたかな。別に入間さんが犯人だと主張してるわけじゃないんだけど……)アセアセ
32 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/17(水) 21:36:44.87 ID:S4xFYQjd0
今日のところはここまで!
交換分は全クリ。後は手稿を集めるだけだァ!
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 20:07:15.82 ID:hzmI/sZT0
せんせーい!最原くんが女子を泣かせましたー
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 20:09:43.05 ID:qAWZBftT0
でもまあ入間ちゃんだし
35 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/18(木) 20:55:22.05 ID:uq5qA2sI0
王馬「さて。それじゃあ名残惜しいけど、そろそろ投票タイムと行こうか! さらばだ! 入間ちゃん!」

入間「ひっ……ま、待って! やめてやめてやめて……! 俺様じゃ……!」

真宮寺(ない、とは思うけど。まあボロ出してくれそうだし、乗っておこうかな)

真宮寺「ククク。往生際が悪いヨ。まあ、キミの作り上げた殺人トリックなんてこんなものだろうネ」

入間「……さ、最原。助け……助けて……! お前ならわかってくれるよな? な?」ガタガタ

最原(わかる。わかるけど……ここで助けていいものかな)

最原「……入間さん。一つ聞かせてくれる?」

最原「一体なにを企んでたの?」

入間「う……!」

最原「キミ自身の口から直接聞きたいんだ。お願いだから、隠してることがあったら全部話してよ」

最原「……僕もキミを助けたい。それには絶対に必要なんだ」

入間「……あ、ああああああああ……!」

入間「うわああああああああああああ……!」

アンジー「……」

アンジー「美兎。アンジーは怒らないよ」

入間「……あ?」

アンジー「神様のことも、きっと抑えるからさ」

アンジー「だから、ね? 本当のことを話して?」

入間「……お前、まさか気付いて……」

アンジー「なんとなくだけどねー……神様に向ける目で、ちょっとだけわかっちゃってたんだよー」

アンジー「……お願い。美兎」

巌窟王「……!」

巌窟王(お願い、か……祈りしか捧げないと言っていたあの小娘が……)

巌窟王「アンジー。後でとらやの羊羹をやろう」

アンジー「わーい!」

赤松「え? なんで?」
36 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/18(木) 21:05:34.37 ID:uq5qA2sI0
入間「……アンジーを……殺す気だったんだ」

巌窟王「……」

巌窟王「……クハハハハハハ! この期に及んで意味不明な冗談を言うとは、案外余裕だな入間!」

入間「……」

巌窟王「……?」

巌窟王「……」

巌窟王「!?!?!?!?!?」ガビーンッ

百田「驚きすぎだテメェ! どんだけ入間のこと信用してたんだよ!」

巌窟王「驚いてなどいない。なるほど。貴様らしい浅はかな考えだな」ガタガタガタ

赤松「巌窟王さん! タバコがさかさま!」アタフタ

巌窟王「さあ。最後に全力で申し開きをするがいい。聞くかどうかは俺の気分次第だがな」ボッボボボッボボボッ

獄原「た、大変だ! ライターを持つ手が震えて体中のあちこちに引火してるよ!」

白銀「モノクマー! 水! 水ーーーッ!」

モノクマ「はいはい」パチンッ



バシャアッ
37 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/18(木) 21:15:27.02 ID:uq5qA2sI0
巌窟王「……」ポタポタ

入間「その……巌窟王が新世界プログラムを勝手にいじくったせいで計画は完璧に頓挫したんだけどよ……」

入間「工作の一環で学園中に仕掛けたイリスアゲートエレクトボムのタイマー設定を、ショックのせいで切り忘れてて」

入間「……で。この通りだよ」

最原「それだよ。新世界プログラムで、どうやってアンジーさんを殺そうと思ったの?」

入間「ザックリ言えば、あのプログラムの中での死は現実での死に直結するんだよ」

王馬「……ふーん。なるほどね。新世界プログラムに人を殺傷する能力は一切ないって大嘘だったわけだ」

赤松「でも機械に関して、私たちは入間さん以上の技術力も知識もない……」

赤松「もしも計画が実行に移されてたら、入間さんの嘘を否定する材料もなかっただろうね」

茶柱「あなたって人は、どこまで愚かなんですか……! あの時点で夢野さんが行方知れずだったというのに!」

入間「わ、悪かったって……!」
38 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/18(木) 21:29:54.98 ID:uq5qA2sI0
巌窟王「今更ながら、何故アンジーが入間を警戒していたのか理解したぞ」

巌窟王「……アンジー。何故先に言わなかった?」

アンジー「だってこういうの一番不得意そうだしー」

アンジー「仮にどうこうする気になったとして、是清に対する態度を見てて『あ、コレ駄目だ。専門外だもん』って思ったんだよー」

東条「まあ、過激すぎて目も当てられない惨状になることは確実だったでしょうね」

巌窟王「……」ズーン

白銀「でも動機は? なんでアンジーさんを殺そうと思ったの?」

入間「……令呪、ひいては巌窟王が欲しくってな。わからねーか? そいつを解析すれば、俺様はきっともっと世の中を良くできるんだぞ?」

入間「そのためなら少数の犠牲なんぞ屁でもクソでもねぇ」

入間「なあ東条! 『元』総理大臣のテメェならわかるよなぁ?」

東条「ッ!」

星「……」ギロッ

入間「……な、なんだよ! 本当のことだろ?」

最原「議論を元に戻そう。入間さんがこういう困った人だってことは、とっくにみんなわかってたことだし」

百田「……で。結局のところ、入間は犯人なのか。そうじゃねーのか」

最原「少なくとも、入間さんの用意した爆弾の近くに銃が落ちていたからと言って」

最原「入間さんだけを疑うには、まだ全然足りないのは確かだよ」

王馬「ふーん? なんで?」

最原「現状、犯人に関してわかってることを、ここで一旦整理しよう」

最原「そうすれば理屈が逆だってことを証明できるはずだ」

最原「『入間さんの爆弾を知ってた人間が犯人』なのではなく『犯人には入間さんの爆弾を知る術があった』ってことに」

春川「……同じことじゃないの?」

最原(いや。違う。まったく違う)
39 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/18(木) 21:33:14.69 ID:uq5qA2sI0
今日のところはここまで!
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 21:59:52.10 ID:qAWZBftT0


女子に寛容な転子すら怒らせる時点でもう入間ちゃん最原以外から見限られる一歩手前位になってそう(巌窟王はもとより星と東条からも反感買っただろうし)
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 22:22:31.37 ID:M18G8C4zO
塩共々巌窟王のブラックリスト入りした時点で詰みかけてね?
はたして入間の明日はどっちだ
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 02:17:11.54 ID:TRMRmgS30
白銀がモノクマと仲良すぎるだろ
まあ学級裁判中にオシオキ以外で死なれたら困るんだろうが
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 08:16:06.61 ID:eB+h9whaO
そういや生徒でもない巌窟王がもしコロシをしたらオシオキとかどうするんだろう
44 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/19(金) 18:15:40.19 ID:OKTqz0QD0
うおおおおおおおお!
溜めて来たQPをぶっぱしてルーヴル周回用の頼光公を育て上げた! バーサーカー!
これから食事は……お茶漬けだけだあああああああああああ!

ルーブル周回のため今日の更新はマジで遅くなります
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/19(金) 21:38:21.19 ID:kPrfnwFk0
3ターン周回できるようになると楽しくなるよね。特効礼装ガン積みはできないけど
46 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/19(金) 22:27:31.26 ID:OKTqz0QD0
CM

酒呑「へえ。旦那はんも頑張ったんやね? こんなにボックスを開けるなんて……」

頼光「大体三十箱ほど開けたそうですよ」ニコニコ

酒呑「へえ。そんなに……」

酒呑「……なあ。一つの箱に四つの凶骨が入った箱を三十開けたら凶骨はなんぼ溜まる?」

頼光「ええと……百二十個でしょうか」

酒呑「アンタのスキルマックスに必要な凶骨の数は?」

頼光「(15+29)*3ですから……百三十二個ですね」

酒呑「ほうかほうか。そんならもう一つ聞いてまうけど」








酒呑「ここにあった凶骨、どこ行ったん?」ギロリ

頼光「……あなたのような勘のいい虫(ガキ)は嫌いですよ」



ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊
間もなく終了! 悔いのない周回ライフを!
47 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/19(金) 22:35:53.36 ID:OKTqz0QD0
明日の十三時から連載再開っす!
おやすみなさい!
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 22:49:54.69 ID:8KEPDSO90
ほんと凶骨要求数おかしくて頭剥げそう
頼光引いたときはマジいらんと思ったけど、周回で役立ち過ぎて手のひらかえした
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 08:41:15.70 ID:FedDS+i9o
骨用意してあとは酒呑引くだけだから節分で来てお願い
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 11:48:10.66 ID:lZqMr6iQO
オルタニキとジャックの分の凶骨を集めてホッとしたかと思えば、ラーマくんまで要求しだしたときの絶望感といったら
51 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 12:20:33.23 ID:Vrd5+ZN60
赤松「犯人についてわかっている情報……」

春川「ハエのせいで荒らされてはいたけど、犯行現場はあの部屋でほぼ間違いないと思う」

春川「傷口に関しては死後にほじくり返されたみたいで、ぐちゃぐちゃだった。銃弾も見つからなかったよ」

百田「裏を返せば、犯人はあの部屋で夢野を銃殺した後、ゆっくりと銃弾を摘出できるだけの時間があったってことか」

春川「まあ、だから『夢野の殺害現場』が偽装された可能性はほとんどないんだけど……」

春川「……最原。やっぱりそういうことでいいの?」

キーボ「そういうこと、と言うと?」

最原「……犯人は首謀者。その可能性が高い」

赤松「えっ!?」

最原「ほら。だとすると、納得できることも多いでしょ?」

最原「体育館でのモノクマの伝言。開かれた隠し扉。モノクマファイルを作るデバイス……」

真宮寺「……というより、犯人が首謀者でなければ納得できないことだらけだネ」

茶柱「もしかして、あの体育館での伝言の時点で、夢野さんは……」

白銀「それはどうだろう。だって、モノクマファイルの死亡推定時刻には日付は書かれてなかったよね?」

白銀「誰かがあそこに閉じ込めるだけ閉じ込めておいて、今日の内に殺した可能性だって……」

真宮寺「待って。話が脱線してるヨ。それも大事だけど、ひとまず置いておこう」

真宮寺「入間さんの爆弾を知る術があったって、どういうこと?」

最原「赤松さんの学級裁判のときでも話題になったけど、首謀者に学園を監視する手段があることは間違いないと思う」

最原「じゃないと巌窟王さんが死んだ事件のとき、あんなちょうどいいタイミングで隠し扉の本棚を動かせないよね?」

巌窟王「モノクマ。どうだ?」

モノクマ「あそこまで踏み入られちゃった以上、もう隠す必要性もないから言っちゃおうか」

モノクマ「うん。もしも首謀者なんてものが実在するとしたら、オマエラに気付かれない手段で学園中を監視していたと思うよ!」
52 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 12:29:05.52 ID:Vrd5+ZN60
最原「あのとき首謀者は、赤松さんが砲丸を持ち去ったことや、図書室に仕掛けられたカメラのことまで網羅していた」

最原「……これだけ万能の監視技術を持っている首謀者が、今回に限って入間さんの爆弾のことを知らなかったと考える方が不自然じゃない?」

キーボ「だとすると、今回の事件はボクらが想像していたよりも遥かに大事です」

キーボ「この事件の犯人が、そのままコロシアイの首謀者だったとしたら……!」

赤松「この事件が解決すれば、コロシアイは終わり……!?」

最原「……」

最原(そんな簡単に行くかな……?)

巌窟王「最原。今回は止めるな。いや、お前が泣き叫ぼうと止まらないがな」

アンジー「アンジーも止めないよー……仲間だった人がまた消えちゃうのは悲しいけどさー」

百田「捕らぬ狸の皮算用だな。そういう話は後にしろってーの」

天海「そうっすね。それじゃあ……改めて、夢野さんの事件を解決させるとするっす」

天海「いや? 犯人が首謀者である以上、首謀者を割り出すことで犯人を割るってアプローチもあるかもしれないっすね」

最原「夢野さんの事件を解決させよう。首謀者に関しては、僕らもわかってないことが多すぎる」

天海「了解っす」
53 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 12:32:01.29 ID:Vrd5+ZN60
ひとまず休憩!
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 18:47:30.16 ID:S2ZKgCGh0
流石に首謀者に関しては最初から敵でしかも仲間を殺してるから許さないか・・・
55 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 20:53:22.76 ID:Vrd5+ZN60
最原「他に夢野さんの事件でわかっていないことと言えば……」

星「待て。今回の場合、モノクマファイルは充実していたな?」

星「わかっていないことを埋めるよりは、わかっていることから犯人を辿る方が効率的じゃねーか?」

入間「現状の夢野のことでわかっていることって言うと……死因、凶器、死亡推定時刻、だよな?」

東条「この中で有用そうな情報と言えば、死亡推定時刻かしら」

東条「午前二時半と書いてあるけど、具体的にいつごろの午前二時半なのかしら」

入間「ボケたかババァ。午前二時半は午前二時半だろ」

東条「……」パチンッ

ボーンッ

入間「ああああああああああああッ!」ジタバタ

キーボ「入間さん!? どうしたんですか入間さん!?」

東条「親知らずを起爆させたわ」

最原「えっ!? なんて!?」ガビーンッ

入間「て、てめぇぇぇぇぇぇ……!」

東条「人の話は最後まで聞くものよ。次は上あごの右を起爆させましょうか」スッ

入間「ひいいいいいいいい!」

巌窟王「……ときどきお前の芸の細かさには驚くぞ。東条」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 20:58:20.18 ID:Miu6Y6dRO
治療したときに仕込んでたのか仕込みなしで爆発させる化け物かどっちだ
57 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 21:03:12.16 ID:Vrd5+ZN60
東条「さきほど白銀さんもチラリと言っていたでしょう。モノクマファイルの死亡推定時刻は完璧ではないの」

東条「日付が書かれていないのよ」

赤松「でも夢野さんの死体は相当腐敗が進んでいたし、最後の目撃証言の直後あたりから死んでいたって考えるのが自然じゃない?」

東条「……春川さん。重ねてお願い。どう思うか聞かせてくれるかしら?」

春川「そうだね……ハッキリ言って、赤松の言っていることは正しい。ただ『常識の範囲で考えるなら』だけど」

春川「夢野の死体の場合は計算があまりにも合わなくってさ……」

獄原「計算? なんの?」

春川「白銀の目撃証言どころか、私が最後に夢野を見た時間に照らして見たとしても、あの腐敗具合は常軌を逸してるってこと」

春川「虫とか相互汚染とかそれ以前に、私たちには知覚できない何らかの方法で腐敗を促進させていた可能性も否定できない……」

春川「『常識で考えるだけ損』ってことが最初からわかっているなら、裏を返すと『今日死んでいたとしても不思議ではない』って私は思う」

入間「常識の範囲外、ねぇ」

入間「実は、俺様たちは気付いてないだけで、新世界プログラムの中で一週間過ごしていたー、的な?」

入間「ギャハハッ! んなわけねーか! 流石にそんなことありえるはずが……」

春川「……」







裁判場全体「……」

入間「……?」

入間「い、いや。冗談だぜ?」アタフタ

巌窟王「本当か?」

入間「……後で新世界プログラムを調べてみる」
58 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 21:18:20.79 ID:Vrd5+ZN60
白銀「一瞬だけゾクッと来ちゃったけど、流石にそれはありえないと思う」

百田「まあ、一週間眠りっぱなしとかシャレになんねーしな……そんなに長い間、人間の体を放置してたら普通に死ぬだろ」

星「ただまあ、常軌を逸した何らかの方法で夢野の死体を急速に腐敗させることができるとしたら、だ」

星「確かに春川の言う通り、今日殺された可能性も否定はできねーか」

星「……証拠がない限りは、な」

白銀「あ。なんか隠してる悪い顔」

星「ふん。勘が鋭いな。出鼻を挫かれちまったぜ。最原、お前さんが答えてやるといい」

最原(星くんが言っている『夢野さんが今日殺されたわけじゃない根拠』って……)

最原「巌窟王さんが壊した、スパコン室の扉のことだよね」

赤松「あ……そっか! 確かに巌窟王さん、新世界プログラムに入る前に……!」

天海「……扉を破壊して誰も中に入ってこれないようにしてたっすね。確かに」

最原「逆に言うと、入間さんが出て行ったときみたいに、巌窟王さんが再度あの扉を破壊しないと外に誰も出られないんだよ」

キーボ「ついでに、巌窟王さんが別行動中に新世界プログラムから抜け出して、夢野さんを殺した可能性もナシです」

キーボ「ボクらが新世界プログラムに入る直前と、入間さんがスパコン室から出る直前の扉に差異はありませんでしたからね」

キーボ「流石に、出入りする度にまったく同じように破壊するのは不可能でしょう」

最原「だから、僕らが新世界プログラムに入る前に夢野さんは死んでいた。そう考えるのが妥当だろうね」

赤松「……結局、私たちの夢野さん捜索は無駄だったんだね」

茶柱「……悔しくてたまりませんよ……!」
59 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 21:31:07.11 ID:Vrd5+ZN60
巌窟王「……」

巌窟王(夢野の死体について確かな情報があるとすれば、獄原の虫の知見だけだな)

巌窟王(少なくともクロバエがバラ撒かれたのは二十四時間以内……)

巌窟王(常軌を逸した腐敗の違和感……この事件そのものが、どこか……)

最原「……やっぱり気持ち悪いな……」

巌窟王「!」

百田「それ、ちょいちょい言ってるよな? モノクマファイルを見てからよ」

最原「うん……事件そのものは、多分このまま行けば解決できるとは思うけど……」

最原「夢野さんの死亡推定時刻の謎だけはどうしても解けない気がするんだ」

最原「……僕らは致命的な何かを見落としている」

巌窟王「……議論を先に進めろ。話はそれからだ」

最原「うん。そうだね」
60 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 21:32:05.82 ID:Vrd5+ZN60
今日のところはここまで!
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 21:48:21.28 ID:S2ZKgCGh0

さすがの東条も入間の言動にはもはや嫌気がさしまくってるな

死亡推定時刻が有耶無耶が実は罠なのに気づきかけてる?
62 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/20(土) 23:34:31.59 ID:Vrd5+ZN60
イベントは終わっても……ピックアップは続く!

ジャンぬ「回さなかったら許さない」

ああ……わかってる。
俺は止まらねぇからよ! お前らが止まらねぇ限り、その先に俺はいるぞ!

だからよ……止まるんじゃあ……ねえぞ……


それはさておいてボックスの交換は水曜日までだし(結構短い)、プレゼントボックスは300件を超すと自動的に古いヤツから消去されていくから、ボックスガチャを開けるときは必ずいいところで止まって中身を整理しましょう
63 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 18:01:50.11 ID:+juwB/RE0
白銀「夢野さんが今日の午前二時半に死んだわけではないとすると、消去法で昨日の午前二時半に死んだってことになるよね?」

茶柱「白銀さんの最後の目撃証言がありますし、そうでなくとも春川さんが一昨日の時点で夢野さんを見ていたんですよね?」

春川「まあね。だから夢野は一昨日以前に死んだとは絶対に考えられない」

春川「そのことは巌窟王も証言するはずだよ。アイツにプレゼント渡してたよね?」

巌窟王「ああ。確かに渡したな。単なる在庫処分だが」

真宮寺「プレゼント……?」

王馬「……あっ」

アンジー「……神様ー。是清に何か渡したー?」

巌窟王「……」サッ

最原「凄い勢いで目を逸らさないでよ! 肯定したも同然じゃないか!」

真宮寺「あ、あの……聞くの怖いんだけど、最原くんは……最原くんすら何か貰ったの……!?」ガタガタ

最原「……」サッ

真宮寺「!?」ガビーンッ

百田「議論を先に進めようぜーーーッ! 夢野は一昨日以前には絶対に死んでないんだなーーー!?」ズガァァァンッ

アンジー「……是清。後で膝枕してあげるからー」

真宮寺「……遠慮しておくよ。姉さんが嫉妬するから、気持ちだけで……」サメザメ
64 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 18:15:40.67 ID:+juwB/RE0
入間「……昨日の午前二時半ってことは、ほとんどのヤツが寝静まってるころだよな。例によってほぼ全員にアリバイがねーんじゃ……」

東条「何を言ってるの。あなたにはアリバイがあるでしょう」

入間「は?」

入間「……あっ! そうだ! 俺様と東条は、ずっと病院にいたんだった!」

天海「……ああ。治療してたんすっけ?」

東条「ええ。お互い病室から一歩も外に出ていないわ」

入間「まあ、俺様は治療中はずっと寝てたから、東条のアリバイに関しては証明できねーけどな?」

東条「……」

百田「んだよ。またこのパターンか?」

最原「待って。東条さん。病室から一歩も外に出なかったって?」

東条「……ええ。一歩も」

最原「そのとき、何か変なことは起こってなかった?」

東条「なんのことかしら?」

入間「俺様の睡眠はぶっ浅いからよ。何か変なことがあったら流石に起きると思うぜ」

入間「あの夜、ダサイ原と東条の話声も夢現ではあったけど聞こえてたしな?」

入間「……ところで何が『舌を噛み千切った方がマシ』って言ってたんだ?」

最原「聞かない方がいいと思う……」

最原「……でもそうか。うん。なるほど。入間さんの病室はなんともなかったのか。あのとき」

入間&東条「?」
65 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 18:16:40.06 ID:+juwB/RE0
夕飯の休憩!
66 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 18:31:18.95 ID:+juwB/RE0
選択肢
東条さんにアリバイがある根拠は……

1.病院から出れなかった。
2.実は入間が起きてた。
3.東条も寝ていた。
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 18:39:43.44 ID:hqW7XfgJO
1
68 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 18:42:30.23 ID:+juwB/RE0
最原「……東条さんのアリバイは確実だと思う」

入間「あ? なんでだよ。俺様の治療の最中に抜け出すことも一応……」

最原「不可能だよ。だってあのとき病院が」

東条「病院が?」

最原「……あー」

最原「……してたから」ボソッ

アンジー「んー? 終一、今なんてー?」

最原「……迷宮化……してたから……」

東条「ふざけてるの?」ギロリ

最原「だから言いづらかったんだよ!」ガビーンッ!

百田「……あっ! そうだよ! あの状態の病院から抜け出せるわけがねぇ!」

百田「なんかの魔術のせいで、病院全体が迷宮化してたんだからよ!」

東条「え。本当だったの?」

巌窟王「待て。それ以前に魔術だと?」

最原「うん。多分、これもやっぱり巌窟王さんのホームからの干渉のせいだと思う……」

アンジー「あ。心当たりあるよー。あの日だけはアンジーも悪夢見なかったからねー」

最原「……代わりとして僕らが弄られてたってわけだよ……」ズーン

百田「あの夜のことは思い出したくもねぇ……」ガタガタ

巌窟王「……」



巌窟王の回想


ジークフリート『すまない……本当にすまない……』



回想終了



巌窟王「すま……いや、なんでもない」

アンジー「?」
69 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 18:53:43.11 ID:+juwB/RE0
百田「これで東条のアリバイも完璧だな!」

百田「あ。今気づいたけどよ。同じ理由で、終一と俺のアリバイも証明できてるじゃねーか」

最原「うん。あの迷宮を一緒に駆けずり回ってたからね」

百田「怪我の功名か……? だからって感謝したくもねーけどな……」

巌窟王「……もしかしたらそのとき、何か『変な物』も貰っているかもしれんな」

巌窟王「純性のスキルであるなら聖杯でも取り除けないが、借り物なら廃棄する。後で調べさせてもらうぞ」

最原「う、うん。お願いするよ。よくわからないけど」

最原(……でも、このアリバイの立証はもしかしたら、議論が進めばまったく逆の結果をもたらすかもしれないな)

真宮寺「それで。他に午前二時半にアリバイがある人っている?」

巌窟王「……アンジー。そして赤松」

赤松「あ。私たち、か」

アンジー「うん! 楓とアンジーはねー! あのときお泊り会をしていたのだー!」

赤松「本当、結構深夜まで夜更かししてたし、あのときは好き勝手に遊んで喋って色々してたからさ」

赤松「お互いがお互いのアリバイの証人になっちゃうよね」

王馬「あれ? 巌窟王ちゃんは?」

巌窟王「……」

王馬「……追い出されてたんだね?」ニヤァ

巌窟王「……」ズーン

天海「無駄ないびりはやめた方がいいっすよ! 反動で面倒臭くなりそうっす!」
70 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 19:17:45.34 ID:+juwB/RE0
キーボ「六人だけ……ですか。アリバイの方向から犯人を割り出すのは不可能ですね」

星「無駄ではなかっただろうがな。六人の容疑が晴れたとなれば、残るはあと約三分の二だろう」

王馬「は? いや、何言ってんの。犯人は女子に限定されてるんだからもっと少ないって」

最原(え?)

星「……今、なんて言った?」

王馬「だからさー! 犯人は女子に限定されてるんだから、もっと犯人候補は絞れるんだってばー!」

白銀「ま、待ってよ。なんで犯人が女子って決めつけて……」

巌窟王「……隠し扉だな?」

王馬「さっすが巌窟王ちゃん! 冴えてるー!」キラキラキラ

百田「隠し扉だと?」

王馬「おバカな百田ちゃんに解説してあげよう! あの隠し部屋へと至るルートは二つあってね?」

王馬「一つはカードキーで開閉する図書室の隠し扉」

王馬「もう一つは女子トイレと繋がっているカードキーなしで開閉する隠し扉なんだよ!」

王馬「赤松ちゃんの事件の議論では、犯人は未知のもう一つの通路を使った可能性が高いって話も出てたよね?」

王馬「さあて……その隠し扉が女子トイレにあるということは……?」

春川「犯人は女子の可能性が高い。女子が女子トイレに行っても何も不自然じゃないからね」

王馬「逆に、男子が女子トイレに入るところなんて見られた日には、仮に首謀者じゃなくってもギルティでしょ!」

王馬「だから犯人は被害者である夢野ちゃん、アリバイのある赤松ちゃんアンジーちゃん入間ちゃん東条ちゃんを抜いた……」

最原「白銀さんと春川さんと……」チラッ

茶柱「転子……だとでも!?」

茶柱「冗談じゃない! 転子が夢野さんを殺すわけがないでしょうッ!」

春川「……当然、私でもないよ」

白銀「じ、地味にピンチかな? 私でもないよ!?」アタフタ

最原(……本当に、この中に犯人が……?)
71 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/01/21(日) 19:19:22.69 ID:+juwB/RE0
今日のところはここまで!
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 21:21:44.32 ID:yFoGR+DI0
あれ?逆に首謀者自身がリーチかかってねこれ
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 01:21:21.62 ID:JxNm40gQ0
また転子ピンチなのか
49.50 KB Speed:9.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)