喜多見柚「東京の雪はふたりきりの言い訳」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:53:20.65 ID:zPtCuMp20


モバマスの喜多見柚ちゃんのSSです。


https://i.imgur.com/1bjexyd.jpg
https://i.imgur.com/PBTjfvc.jpg

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517385200
2 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:53:57.90 ID:zPtCuMp20


柚「だと思うんだけど、どうカナっ?」

P「……正座」

柚「Pサンっ!?」

P「正座」

柚「えーっと……ハイ」

P「そこじゃなくて」

柚「ン? 正座と言えば床の上じゃないの?」

P「ソファーの上です」

柚「さっすが、Pサン。やっさしいねっ♪」

P「はやく」

柚「な、なんかPサンが怖いよー」
3 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:54:54.49 ID:zPtCuMp20


P「それで……なんで事務所に戻ってきたんだ?」

柚「Pサンに会いたくて!」ペカー

P「……」

柚「あの、えっと、うん。雪降ってるなーとは思ったんだヨ?」

P「この! 大雪の中で! 公共交通機関の人とかが大変な思いをして! 頑張ってるときに!」

柚「ハイ」

P「ちひろさんも迅速に連絡を出してくれて、アイドルが帰れなくなる前に手を回してくれたのに!!!」

柚「ハイ」

P「なんで柚は戻ってきちゃうの!!!!!」

柚「……」

P「……」

P「申し開きがあれば聞こうではないか」

柚「あ、ありがたきしあわせー。えっとね、うんとね、ラジオのお仕事終わって」

P「うん」

柚「今日はPサンに会ってないなーって。急いで帰ればPサンの顔が見れるカナーって」

P「……」

柚「それであんまり考えずにバスに飛び乗って……気づいたら着いてた!」
4 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:55:40.63 ID:zPtCuMp20


P「……ちひろさんがラインしたはずだけど」

柚「今見たよ!」ドヤァ

P「……」

柚「どきどき」

P「柚があほの子だってことは分かった」

柚「ひどいっ、Pサンは柚にやさしく!」

P「もう多分家まで帰れないから……めっちゃ寒い事務所に泊まりだぞ?」

柚「えへへ。Pサンと一緒だったらそれもまたよしっ♪」

P「まったくもう」

柚「……め、迷惑かけちゃった……よね?」

P「どうせ俺も泊まりだしな。今さらひとりもふたりも変わらないよ」

柚「わぁっ、へへっ」

P「でも柚が手のかかる子だってのは絶対に忘れてやらない」

柚「あれれっ」
5 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:57:50.12 ID:zPtCuMp20





P「とりあえず腹ごしらえするかー」

柚「おぉー♪ お腹がペコちゃん!」

P「ということで取り出したるはカレーメシ」

柚「……」

P「文句ある?」

柚「これ柚のお仕事で貰ったヤツだよっ! たくさん余ってたやつでしょっ」

P「インスタントは素晴らしいなぁ」

柚「あぁー、アタシも食べる、食べるってば」

P「お湯を入れて」

柚「入れましてー」

P「5分待ちます」

柚「ゆーず、ゆーず、ゆずゆずゆずっ♪」

P「うわ、ボーカルレッスン増やそ」

柚「うわーん!」

P「5分経ったら、ぐるぐる混ぜる!」

柚「まぜまぜー♪」

P「そんでがっと食べる」

柚「もぐもぐ」

P「うまい」

柚「美味しいっ」
6 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:58:36.37 ID:zPtCuMp20


柚「そういえば、Pサンはどうして泊まりなの?」

P「アイドルを全員無事に送り届けて、それを確認する人が必要だからな」

柚「プロデューサーってたいへんなんだね……」

P「柚のせいでますます帰れないんですが」

柚「ゆ、柚が労ってあげよう♪ Pサン、とってもエライ!」

P「ありがとな。まぁ、よくあることだよ」

柚「よくある……。ね。ね。も、もしかして」

P「ん?」

柚「ずっとこんなゴハン食べてたり?」

P「コンビニ弁当とインスタントにはいつもお世話に」

柚「……次、夜遅くなる時は教えてねっ」

P「? なんでだ?」

柚「柚がお料理作ってあげるよっ♪ フード☆メイドの本気を見せる時だー」

P「え、怖いっ」

柚「ちょっと!」

P「冗談だよ、柚もあのお仕事で成長したもんな。じゃあ楽しみにさせてくれ」

柚「ん。えへへ、まかせろーっ」
7 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:59:08.74 ID:zPtCuMp20





P「さて、お風呂には入れないので……」

P「すまんけど、レッスンルームのシャワーで我慢してくれ」

柚「全然いいよー」

P「着替えとかは?」

柚「レッスン用に置いてるのがあるよっ」

P「じゃあ、良かった。お先にどうぞ」

柚「はーいっ」
8 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 16:59:46.71 ID:zPtCuMp20


――――――
―――


柚「ふん、ふん、ふーん♪」

柚「Pサンとお泊り、お泊りっ」

柚(戻ってきちゃったときはやらかしたーってなったけど)

柚(たまにはこんな日があってもいいよね? 神様に怒られないよね?)

柚(うわ、みんなお気に入りのシャンプーを置いておくからごちゃごちゃ)

柚(まぁ、アタシのもあるからヒトのことは言えないっ)

柚(あ、これ……いいこと思いついた♪)
9 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:00:30.25 ID:zPtCuMp20


――――――
―――


柚「浴びてきたよ―!」

P「おう。じゃあ俺も浴びてくるのでちょっと事務所見といて」

柚「ん。らじゃー♪」

P「よろしくなー」

柚「あっ」

P「なに?」

柚「パステルイエローのボトルのシャンプーを使うといいよっ」

P「えっと? まぁ、分かった」

柚「えへへ、柚の大作戦スタート!」
10 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:02:40.79 ID:zPtCuMp20


――――――
―――


P「黄色、黄色……これか」

P(なんか違うのか……? 自分じゃ良く分かんないな)

P(大雪って聞いてちひろさんと大騒ぎしたわりには、とりあえず何とかなりそうで良かった)

P(柚が戻ってきたときは心臓止まるかと思ったけど……)

P(あいつ、普段は周りをよく見てるから暴走はしないくせに、たまにわざとやるからなぁ)

P(ふふっ、次やったらひとりでサイコロの旅に放り込んでやる)

P(……俺、なんだかんだひとりの時より楽しんでるな)
11 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:03:42.38 ID:zPtCuMp20


――――――
―――


P「ただいまー」

柚「Pサン、おかえりー」

P「見といてくれてありがとう」

柚「いえいえっ。あっ、でもゴホービは貰うから♪」

P「え?」

柚「わしゃわしゃー、すりすりー」

P「ち、ちょっと。柚、近い、近い! なんで撫でられてんの!!」

柚「えへへ、Pサンからおんなじ香りがする」

P「あっ。シトラス……柚子の香り?」

柚「そうだよー♪ 柚お気に入りの柚子シャンプーを使ってもらった!」

P「なんでまた」

柚「ナンカおんなじ匂いがするって嬉しくない?」

P「えっ、なんかいかがわしく感じる」

柚「それはせ、せくはらだよっ」

P「だって」

柚「あとは柚がハスハスしたかった!」ペカー

P「もう……好きにしてくれ」

柚「にへー。そうするっ♪」
12 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:06:25.49 ID:zPtCuMp20





P「残ってる仕事片付けちゃうから、てきとーにくつろいどいて」

柚「はーい」

P「えーっと、この書類はシュレッダー。こっちはちひろさんの承認待ち」

柚「うずうず」

P「せめてもうちょっと待てないの!?」

柚「んー、ムリかもっ」

P「元気良く言ってもダメ」

柚「ザンネンっ。しょうがないからPサンがお仕事するの眺めてるねー」

P「邪魔しないなら何でもいいよ……」

パシャ

柚「マジメに仕事するPサンの図」

P「さっそく気が散るっ」

柚「フリスクのLINEに送っとくねっ♪ 事務所にお泊りだーって」

P「頼むからフリスクで止めといてくれよ」

柚「ん。なんで?」

P「俺が社会的に抹殺される可能性がある」

柚「えへへ。それはタイヘンだっ」
13 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:07:41.33 ID:zPtCuMp20


P「……次のライブは、こっちの箱を抑えて、衣装はあっちに依頼して」カタカタ

柚「かたかたー、かたかたー♪」

P「なにそれ?」

柚「かたかたの歌! アタシもかたかたしたいなって♪」

P「柚にパソコンは無理そうだな」

柚「なにおう」

P「でもなんかかわいい」

柚「おっ、かわいいかな!?」

P「許せちゃうくらいかわいい」

柚「てれるよっ」

P「かわいい」

柚「へへー、うれしいなー」

P「そのまま大人しくしといて」

柚「ご、ごまかされるとこだったっ。もうっ、構ってよー」
14 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:08:33.21 ID:zPtCuMp20


P「まぁ、柚が楽しければ……」

柚「楽しければ?」

P「俺も……あっ」

バチッ

柚「ああっ」

P「停電したな」

柚「まっくらだー♪」

P「……」

柚「……おしごとのデータは大丈夫?」

P「多分、きっと、めいびー」
15 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:09:14.02 ID:zPtCuMp20


P「何にも見えん……ちょっと懐中電灯探してくる」

柚「よろしくっ♪ スマホの明かりいる?」

P「いや、大丈夫そうだ」

柚「よかっ……わぁっ、Pサン、外、外!」

P「外?」

柚「まっしろだー」

P「雪明かりか……暗いはずなのに明るく感じるな」

柚「なんかフゼイがあるね!」

P「大雪は困ったものだけど……綺麗だな」

柚「ね。ね。わー、なんかすごい嬉しいっ、楽しいっ」
16 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:10:04.27 ID:zPtCuMp20


P「懐中電灯見つかった」

柚「これで万事オッケー」

P「それにしても……」

柚「ん。どしたの?」

P「柚は暗闇を怖がらないんだな」

柚「そうカナ? なんか暗いとワクワクしない?」

P「ちょっと分かる」

柚「ね。あっ、Pサン、ちょっと懐中電灯貸して」

P「いいぞ、ほい」

柚「ばぁっー、柚子のおばけだー」

P「かわいい」

柚「へへっ。シーツがあればあずきチャンの真似ができたのになぁ」

P「それにはせくしーが足りないな」

柚「こーらっ。柚もそれはちょっぴり気にしてるからっ」
17 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:10:58.53 ID:zPtCuMp20


バチッ

P「おっ」

柚「戻ったね」

P「瞬間的な停電か、お仕事お疲れ様です……どこも大変だな」

柚「わりと遅めの時間で良かった……のカナ?」

P「そうかも。まぁ、さっさと寝ろって言ってるんだろうな」

柚「そ、そうだよっ。かたかたはお終いにして柚に構おう♪」

P「あとでなー。ちょっと電気系統問題ないか見てくるから、寝る準備しといて」

柚「うええん、Pサンのけちー」
18 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:11:49.79 ID:zPtCuMp20





P「さて」

柚「ん」

P「暖房よし」

柚「よーしっ」

P「寝間着よし」

柚「よしっ、レッスン着のジャージだ―」

P「寝床よし」

柚「よ……よくない!!」

P「えっ。なんで?」

柚「柚はソファーなのは分かるよっ」

P「うん、大事なアイドルだからな」

柚「えへへ……ってそうじゃなくてっ。なんでPサンは椅子をつなげたヤツなの!」

P「だってこれしかないし、わりと寝れるし」

柚「ゆ、柚と一緒にソファーは?」

P「いや」

柚「がーん。ゆ、柚のことキライ?」

P「大事」

柚「じゃあ問題ないよっ。柚もPサン大事!」

柚「ただでさえお疲れなのに、絶対にそんなんじゃ疲れ取れないよ」

P「それでもダメ」
19 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:12:33.85 ID:zPtCuMp20


柚「むーっ」

P「むくれてもダメだぞー」

柚「ゆずーっ」

P「なんだそりゃ。電気消すぞー」

柚「あぁっ……あっ♪」

P「じゃあ、柚、おやすみー」

柚「ね。ね。Pサン、ちょっとソファーのとこ変なんだけど見てくれないカナ?」

P「えー。なんだー?」

柚「ここっ、ここっ」

P「スマホで照らしてるとこ? ちょっと遠いな、よっと」

柚「スキあり、えいやっ」

バサッ

P「うわっ」

柚「うにゅっ」
20 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:13:41.05 ID:zPtCuMp20


P「おい柚」

柚「ぴ、Pサン、すっごく重いよっ」

P「……やりやがったな」

柚「柚は一瞬のイタミと引き換えにPサンを手に入れたーっ」テッテレー

P「離して」

柚「絶対イヤー♪ それにほら、くっついてないと風邪引いちゃうくらい寒いよっ」

P「……」

柚「アイドル、大事なんだよねっ?」

P「……」

柚「……」

P「はぁーっ。今日だけだぞ」

柚「ん。柚の勝ちーっ。へへっー」
21 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:17:12.92 ID:zPtCuMp20


P「今日の柚はあまえんぼだな」

柚「たまにはね、柚にだってそんな日あるよ」

P「急に来るんじゃなくて小出しにして欲しいんだよなぁ」

柚「だって……フダンはPサンに甘える柚なんてヘンでしょっ」

P「……」

柚「柚はフツウの子だから、せめてみんなの前ではフツウでいないとなーって」

P「そう……かな」

柚「今日だけだから。明日はいつもの柚に戻るからサ♪」

P「……」

柚「うりゃうりゃー。Pサン、あったかいね。それに柚の匂いがする」

P「そりゃ同じシャンプーだし」

柚「へへ、おんなじってうれしい。ほらっ、もっとあまやかしてもいいんだよ?」

P「俺が捕まる」

柚「そのときは柚が守ってあげるよっ」ニパー

P「まったく……大雪のせいだからな」ギュッ

柚「えへへ。雪はふたりきりで甘える言い訳だねー♪」
22 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:18:30.37 ID:zPtCuMp20


P「……それから、変じゃないぞ、誰だっていつだって甘えたくなるときはあるもんだ」

P「元気でニコニコ分かりやすい柚じゃなくたって、望まれる自分とは違ったって、周りはきっとあったかいよ」

柚「……」

P「しんどくなったらいつでもおいで。みんなの前でも、ふたりのときでも」

柚「そっか」

P「そうそう」

柚「ね。Pサン、手出して」

P「これでいいか?」

柚「小指を合わせて、約束のぴっ!」

柚「やっぱり照れるけど嬉しいから、またこうやってふたりで甘えさせてほしいなー」

柚「みんなの前は……ちょっぴりだけ甘えてみるっ」

P「おう」

柚「へへーっ。簡単に言うと……Pサンはトクベツ♪」

P「俺も……多分トクベツだ。いまは柚で手いっぱいだよ」

柚「もーっ。そこは……素直に……」

P「ふふっ。おやすみ、柚」ナデナデ

柚「えへー……撫でてくれて嬉しい……おやすみ……Pサン」
23 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:20:39.78 ID:zPtCuMp20





チュンチュン

P「……ん」

P「んんーっ、朝か。雪はなんとか止んだかな」

柚「すーっ…んんっ」

P「がっちり抱きついてやがる。しょうがないなぁ」

P「……ふたりだと寒くないな、柚」

柚「ん……えへ……」

ガチャッ

忍「御用だよっ、Pサン!!!」

あずき「問答無用だよっ、逮捕大作戦だー!」

穂乃香「おはようございます、Pさん」
24 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:21:33.22 ID:zPtCuMp20


P「うわっ、なに、なに。なんでみんなこんな朝早くから」

あずき「昨日、柚ちゃんが事務所に泊まるって」

穂乃香「フリルドスクエアのLINEにメッセージを流していたんです」

忍「だから、ここはきっちり現場を抑えなきゃなくちゃと思いまして!」

P「横暴だ―、不可抗力だー、手は出してないぞー」

忍「ふふっ。ちゃんと分かってるよ、Pさん」

P「ん?」

あずき「ぱしゃりっ。穂乃香ちゃん、カメラで証拠抑えたよっ」

穂乃香「珍しい瞬間ですからね、大事にしましょう♪」

P「えっと? どういうこと?」
25 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:22:34.87 ID:zPtCuMp20


穂乃香「Pさん、ありがとうございます」

忍「柚ちゃんはいつも私たちのこと良く見てくれてて。まぁ、いたずらしたりはするけど」

あずき「あずきたちが甘えちゃうことはあっても、甘えられることって少ないなって」

穂乃香「だからこうして本当にゆるんでる柚ちゃんが見れて嬉しいんです」

あずき「柚ちゃんのリラックス大作戦、成功だね♪」

P「ははっ、みんな気づいてたんだな。……いい親友持ったなぁ、柚」

柚「んんっ……ふぁぁーっ」

P「おはよう、柚」

柚「わぁっ……Pサンだぁっ、やほー。あとちょっと、ちょっとだけー」

P「柚、うしろ、うしろ」トントン

柚「んー? うしろー?」

パシャ

あずき「寝ぼけ柚ちゃんとプロデューサーのツーショット、いただきっ」

柚「……あ……あ」

忍「Pさんに堂々と甘えるなんて珍しいね?」

穂乃香「ふふっ。おはようございます、柚ちゃん」

柚「……これは……その、違うカラ」テヘ

あずき「何が違うのかなー??」

柚「……あああああああっ」

柚「ちょっと、ソコに全員正座!!!!!」
26 : ◆tues0FtkhQ [saga]:2018/01/31(水) 17:25:19.77 ID:zPtCuMp20


おしまい。

限定を引くために書いていたら投稿する前に引けました。
書けば出る、出ても書く。柚はもちろん可愛い。

前の柚SSも一緒にどうぞ。

喜多見柚「アタシにとっての奇蹟」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514102608/

喜多見柚「12月にトーセ゛ンのことを言うよっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512191675/
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/31(水) 18:17:22.30 ID:WXb8uvUt0
乙です。柚は本当に可愛いなあ
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/01(木) 06:52:08.51 ID:pipUFSojo
おつおつ
17.45 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)