【安価】冒険

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:15:48.68 ID:u9HQTRWr0
テクテク!

俺は草原を歩いていた

そよそよと吹く風

ほんのり香る土の匂い

青い空には七色の虹の橋がかかっている





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518066948
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:18:15.44 ID:u9HQTRWr0
チチチ、と樹の枝に留まっている小鳥が鳴いた

あれはポプラの樹かな? それともクリの樹かな? それともアカシアの大樹かな?

そんなことはどうでもよかった

俺のチンコが勃起していた

俺は裸だった

一糸まとわぬ姿で草原を歩いていた
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:21:39.21 ID:u9HQTRWr0
太陽はポカポカ暖かい

俺はスキンヘッドだったので、陽の光でピカピカ頭が輝いた

足の裏に当たる土の冷たさが気持ちいい

これが人間の、本当の姿だったのかなぁ

好きな時に好きな物を食べて

誰の目を気にすることなく、勃起して

黒や灰色がない彩の世界で、自由気ままに暮らしている

これが、本当の人間だったんだなぁ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/08(木) 14:23:10.26 ID:IzXq02mvO
頭おかしい
期待
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:25:34.38 ID:u9HQTRWr0
小川が流れていた

水をすくうと、さらりと虹色の砂が指の隙間から零れ落ちた

この川の水は、手ですくうと砂になってしまう

流れている間は飲めるのだけれど、空気にさらせばあっという間に枯れてしまう

俺はしゃがみこんで、川に直接、口をつけた

水は甘かった

なんだか砂糖を溶かした温かいミルクを飲んでいるような気分だ

それと若干、ハチミツの味も感じる
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:30:59.95 ID:u9HQTRWr0
かたわらに、タンポポが咲いていた

歩いていた時は気がつかなかったけれど

こんなところにも健気で美しい命があったのだね

タンポポは頬を桃色に染めて、恥じらうように俯いていた

元気がないのかしら

俺は川の水を手ですくって、かけてやった

けれど、水は途中で虹の砂に変わり、風にさらさら吹かれていった
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:33:57.76 ID:u9HQTRWr0
俺は立ち上がり、また旅をはじめた

草原の彼方に何か黒い物体が見える

とても大きい、土台のような形をした物体

緑と青の世界に突如現れたそれは、あまりに不自然だった

全身肌色の俺も不自然かもしれない

異物同士、分かり合えるところがあるだろう

俺は走った

息が切れても走り続けた

脚に力が入らなくなっても

視界が真っ赤に染まっても

口から血を吐いても

黒い物体を目指して駆け続けた
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:38:42.22 ID:u9HQTRWr0
ヒュウウウウウウウ

黒い物体は俺の接近を快く思わないらしい

口を開いて、凍えるような冷たい風を吹きかけてきた

物体の口に近づけば近づくほど、風の勢いは強くなる

青空も徐々に色を失っていく

芝生が烈風に舞い上がり、俺の顔を打つ

樹々が枝葉を揺らしてむせび泣く

来るな、来るな、とでも言うかのように

とりあえず服が欲しかった
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:48:42.20 ID:u9HQTRWr0
物体は宗教的な建造物であるように見えた

巨大な長方形の石積みを土台として、ピラミッド状に真っ黒な石が積まれているのだ

石のひとつひとつに、座禅を組む仏陀の意匠が彫り込まれている

建物の頂上には、厚い暗雲を貫いて伸びる塔がそびえていた

なんだか、チンコみたいだな

俺はそんなことを思いながら、塔にかけられた鉄の梯子を上っていった
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 14:57:26.43 ID:u9HQTRWr0
空を見上げると、黒い雲がすぐ目の前に迫っていた

真下に広がるは色を失った草原の海

俺は上だけを眺めて、梯子を上っていく

そのうち、梯子を上っているのか上っていないのか分からなくなった

地上から空へ向かって、横に移動しているだけではないのか

右に位置する地上から、左に位置する空に、ただ横移動をしているだけではないのか

そして段の隙間から見える世界は、果てしなく地平線の先まで広がっているのではないか

段の隙間に目をやっても、塔の外壁しかなかった
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 15:06:54.96 ID:u9HQTRWr0
黒い雲は煙ではなかった

少し体が冷えただけで、変な匂いも苦しい気分もない

暗雲を突き抜けると、明るい陽の光に迎えられた

あまりに眩しくて梯子が見えない

俺は今、どこにいるんだ? どうなっているんだ? 塔は?

白い世界の中で、ステンドグラスだけが色彩を放っていた

あれは、塔の窓なのだなぁ

ステンドグラスがゆっくりと外側にひらく

バサバサと、鳥の羽ばたきが聞こえる

俺は塔の終着点に辿り着いた
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 15:18:45.48 ID:u9HQTRWr0
ゴーン、ゴーンと鐘の音が塔内に低く響き渡った

よく見えないが、塔の中は大きな広場になっているようだ

ステンドグラスからずり落ちた俺は、大理石の床に倒れ込んだ

木でできた長椅子が、両側にずっと奥まで並んでいる

天井には羽を生やした天使の絵や、赤子を抱く女神の絵が描かれていた

巨大な振り子時計

時を刻むたびに、ボーン、ボーンと落ち着いた音が鳴る

俺はよろめきながら、歩き出した

床に張った太い根に、足を取られることもあった

誤って蛇を踏んでしまい、ふくらはぎに噛みつかれることもあった

それでも俺は、ただただ無言で歩いた
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 15:25:01.23 ID:u9HQTRWr0
ベッドがある

柔らかい、羽毛のベッドだ

誰かが眠っているのか

枕元まで、毛布がかけられている

俺は起こさないよう毛布をそろそろと取った

少女だ

絹のように滑らかな黒い髪

青白い肌は、長いこと太陽を拝まなかった証拠

彼女はすやすやと、安らかな寝息を立てていた

俺のチンコは勃起していた
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/08(木) 15:35:01.62 ID:G49Au0Q+0
うーんこの
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 16:43:01.52 ID:u9HQTRWr0
俺はまず左手で硬くなったチンコを握りしめた

次に右手を腰に添える

振り子時計の音に合わせて、左手をひたすら上下に動かす

別に興奮しているわけではない

彼女の美しい寝顔を目の当たりにし、これだけはしなくてはならない

そういった奇妙な使命感を覚えたのだ

これは義務だ

仕方のないことなのだ

俺は彼女の寝顔めがけて白い汁を放った

この汁の正体が何なのか、俺には分からない

だが、ある種の使命を帯びていることは確かだと思う

俺は森に隠棲する賢者のような、静かな湖畔に佇む古木のような気持ちで、彼女の顔に毛布をかぶせた


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/08(木) 17:33:28.95 ID:Epf5LlPB0
一体いつ安価を取るのか
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/08(木) 19:31:47.38 ID:qH5LcOIkO
別に興奮してるわけではない吐精
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 21:24:41.83 ID:u9HQTRWr0
入ってきたステンドグラスを仰いだ

もうあそこからは出られない

かといって下へ繋がる階段も見当たらない

俺はこのまま死ぬのか?

死に満ち溢れた、薄暗い塔の中で

少女という生を見出しながら、何もできずにゆっくりと

染み込んでくる死を味わうしかできないのか?

ベッドのそばに座りこみ、俺はオイオイと声をあげて泣いた

顔をくしゃくしゃにしかめて、チンコをビンビンにうならせて

俺はドピュドピュ、生命の汁を虚空に放ちながら泣きじゃくった
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 21:31:03.90 ID:u9HQTRWr0
おじさんは、だれ?

背後で鈴の音のような可愛らしい声がした

ベッドに横たわる少女が、うっすらと目を開けている

彼女は隣で泣いている痩せ細った全裸の俺に、話しかけてくれたのだ

彼女の声が俺の皮膚を突き破り、肉を突き破り、肋骨の隙間を縫って、心臓に刺さった

刺さった声は心臓に溶け込み、熱を持ってドクン、ドクンと脈動し始めた

この子は、生きている

誰もいない、時間が止まったような塔で、孤独に生きている

大粒の涙が零れ落ちた

チンコはさらにビンビンといきり立つ

初めて、自分以外の人間と出会った

俺はそれが嬉しくて、興奮していた

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 21:41:35.63 ID:u9HQTRWr0
おじさんは、神様から遣わされた天使だよ

俺は少女に嘘をついた

あどけない笑顔を見せる、純粋無垢な少女に天使などという大嘘をついてしまった

羽のない天使など、世界のどこを探しても見つかるまい

それでも、彼女は大きくうなずいて俺に抱きついたのだ

お母さんが言ってたの、いつか天使様がやってきて、私を乳と蜜の流れる場所に連れてってくれるって!

お母さんはどこにいるのか、尋ねるまでもなかった

ベッドの下に、干からびた骸があった

少女の母は、もう何年も前に死んでいたのだ

なんともいえない気持ちになった

それでも、勃起したチンコは鎮まらない
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 21:56:40.83 ID:u9HQTRWr0
とりあえず、どうしようもないので使命を果たすことにした

少女の上にまたがり、右手で口を抑えつける

大声を出したところで、周りに人など誰もいないのだが

身体をベッドに縛り付ける縄でもあれば、もっと作業が楽になっただろう

毛布が邪魔だったので、遠くに投げ捨てた

布服の裾をたくし上げる

少女らしい、膨らみかけの乳房がそこにはあった

これが、乳房か

俺は人生で初めて女性の乳房をはっきり見た

これが乳房という名称であることすら知らなかった

脂肪の塊が二つある

そして、使命を果たすのに用いる必要がある

結局、どこまでいっても少女に対して抱く感情は事務的なものだった

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/08(木) 22:05:23.59 ID:1kOozzto0
村上春樹っぽい
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 22:05:35.14 ID:u9HQTRWr0
おじさん、やめて

右手を離すと、少女はそう言った

やめない

使命を果たさねばならんのだ

俺も好きでこういったことをしているわけではない

使命を果たすために原野を歩き、塔を上り、ここまで辿り着いた

これは神から与えられた仕事なのだ

何度も言い聞かせたが、少女は怯えた目で俺を見つめていた

仕事仲間であるチンコとも相談してみたが、やはり答えはひとつの場所に行きつく

俺は怒張したチンコを、無理やり彼女の中に押し込んだ

拒否するように動く肉壁をこじ開けて、ずぶずぶ入っていく

少女の呻き声は、潰れたカエルの断末魔によく似ていた

俺はとてつもない罪悪感と背徳感に駆られたが、使命を果たすためには仕方がなかった

これまで、何のために旅を続けてきたと思っている

頭の中で、七色の虹を思い浮かべた
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 22:14:11.67 ID:u9HQTRWr0
ゆっくり腰を動かすと、ベッドがギシギシと軋んだ

少女は目をカッと見開き、涙を流しながら苦しそうに呻いている

白いベッドシーツが、破瓜の血で紅く染まった

気持ちよくなくていい

気持ちよくあってはならない

あくまで使命を果たすためのもので、快楽や愉悦を第一としたものではない

俺は少女をうつ伏せに寝かせ、尻の間にチンコを再び挿入した

長い髪をむんずとまとめて掴み、後ろから強く突き上げる

まるで馬に乗っているような感覚だ

これはこれで面白い

面白いが、時折、使命のことが脳内をよぎる
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 22:21:08.37 ID:u9HQTRWr0
ズビュッ! ビュビュッ! ビュルル!

そんな音は出なかったが、確かに俺のチンコから白い汁が放たれた

使命汁

これを射精す瞬間だけは、最高に気持ちがいい

天にも昇ったような気分になる

少女の瞳に光はなかった

闇と深淵だけであった

彼女は糸が切れた操り人形のように崩れ落ちた

チンコを引き抜いた後、尻に顔を近づけてみる

血と使命汁の臭いがする

俺は少女の身体を汁で満たした

使命は果たしたのだ

これで何かが変わる

何が変わる?


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/08(木) 22:22:11.80 ID:1kOozzto0
Rでやったほうがよくない?
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 22:26:04.37 ID:u9HQTRWr0
少女「……おじさん」

少女「もう、痛いの、イヤ……」

俺「痛くない」

少女「痛かった」

俺「じきに、気持ちよくなる。もうしないけどね」

少女「嘘」

俺「嘘って?」

少女「おじさん、本当は天使なんかじゃないんでしょ」

俺「俺は天使だ。神様から使命を帯びている」

少女「もうやめて……私に近寄らないで」

俺「どこへ行くんだ。出口なんてないぞ」

少女はベッドから立ち上がると、おぼつかない足取りで去っていった


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 22:33:58.91 ID:u9HQTRWr0
俺「お前はここで俺と子供を作りながら、一生暮らすんだよ。ここが終着点だ」

少女「いや……」

俺「おい、待ちなさい」

少女「いやっ、いやああああ!!!!!!」

走る少女を捕まえるのは大変だった

風になびく髪を掴み、床に引き倒し、逃げないようがっちり抱きしめる

再び硬くなったチンコで穴を探りあて、ぐりぐり挿し込む

射精

汁を流し込む最中、少女は両足を狂ったようにバタつかせていた

助けてだの、殺される、だの物騒な叫び声もあげる

そして事が終わると、魂が抜けたようにぐったりするのだ

俺は辛かった

しかし、塔から出る術がない以上、抱えた鬱屈を少女にぶつけてしまうのだった
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 22:43:41.61 ID:u9HQTRWr0
俺「メシ……食べようか」

数回ヤッたあと、俺は食べ物を探しに出かけた

塔の中に食料はあるのだろうか?

探してみたが、食べられそうなものは見えない

俺「あッ」

長椅子の下に、ネズミが数匹、身を寄せ合って震えていた

以前の俺なら、ネズミも友人だと思っていたけれど

ブチィ! グチャグチャッ!

ネズミの身体を両手で引き裂き、溢れる血を飲んだ

他のネズミは逃げてしまったが、一匹だけでも精力はつく

床でうつ伏せに倒れている少女に、ネズミの下半身を放った

俺「食えよ」

少女「こんなの、食べられないよ……」

俺「俺が食べろと言っている。天使の命令に逆らったら、神様が黙っていないぞ」

少女「う、うぅうぅぅう」

少女はまだ痙攣しているネズミの下半身を食った

ぐっちゃぐっちゃと、汚らしい音をたてて食っていた




30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 22:52:34.80 ID:u9HQTRWr0
それから、使命を果たすのは控えることにした

朝も夜も分からない

腹が鳴った時に、ネズミを食わせてやった

塔の外で自分が体験したことを話した

少女はつまらなさそうに聞いていたが、乳と蜜の流れる川だけは目を輝かせていた

俺「ここは、牢獄なのかもしれないな」

少女「牢獄?」

俺「生前に罪を犯したものが、こうやって高い塔に閉じ込められている」

少女「でも、おじさんは外から来たんでしょう?」

俺「なるべくしてなった。最初から、この塔に上るよう仕向けられていたのかもしれない」

少女「私達、出られるのかな……」

俺「分からん。外へ出た方がいいのか、中で朽ち果てた方が幸せか。こうやってネズミも食えるし、雨風だって凌げるぜ」

少女「私は、外に出たい……。世界を見てみたい」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 23:02:28.03 ID:u9HQTRWr0
塔に来てから一ヶ月が経った

食ったネズミの骨を並べて、日数を確認していたのだ

少女は俺に対してだいぶ心を開いてきた

それでも、まだ心の奥底に強姦された恐怖が植えつけられている

あれは流石にやり過ぎたかもしれない

いや、やり過ぎてはいない

使命だったから、仕方がなかったのだ

少女「おじさん、おじさん! ネズミ捕まえたよ、見て!」

ネズミ「ちゅううん」

俺「お、4匹か。よくやったな!」

頭を撫でると、少女は気持ちよさそうに目を細めた

その表情が好きでたまらなかった

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 23:11:56.84 ID:u9HQTRWr0
今のところ、全裸で暮らしている

少女も全裸だ

たまに少女が寒そうに身を縮めているので、毛布と一緒に優しく抱きしめてやる

そうすると、彼女は嬉しそうに微笑むのだった

俺「大丈夫か?」

少女「うん」

俺「良かった……。ほら、ネズミ」

少女「おじさん、変わったね」

俺「変わった?」

少女「最初は怖い人だと思っていたの。ずっと暮らすなんて嫌だ。死んでしまいたいって。自殺も考えたわ……でもね」

少女「今は違うの。こんな頼りになる人だなんて、知らなかった」

少女「おじさん……大好き」

俺「なにバカなこと言ってんだよ、生のネズミ食わせてるんだぞ」

この少女は、おかしくなっている

ふと、追いつけないほど彼女が遠くへ行ってしまったかのように感じた


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 23:26:08.03 ID:u9HQTRWr0
俺「はあっはあっ」

少女「あっあっ……んちゅ……んっ……はあんっ」

俺と少女は毛布にくるまって、互いの身体を舐め合っていた

彼女が喘ぐようになったのは、今回が初めてだ

桃色の乳首を歯でこりこり甘噛みしてやると、喘ぎ声と共にびくんと身体をよじらせる

以前より、胸が大きくなった

赤ん坊のように吸いついてみる

少女は優しげに笑って俺の頭に両腕を回した

少女「うふふ……おじさんたら、おっぱいが好きなんだから。かわいい人ね……」

俺「おばさんみたいなことを言うんだな」

少女「私をおばさんみたいにしたのはだれ?」

俺「俺だが」

少女「おじさん……好き……好き……もっと私を愛して」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 23:31:57.13 ID:u9HQTRWr0
もう使命などどうでもいい

元からそんなもの、存在していなかった

俺はあるがままに生き、あるがままに死ぬ

自然には誰も逆らえない

この偕老同穴の中で、朽ちてゆくのもいいかもしれない

俺「くわえろ」

少女「うん」クチュ

俺「いいぞ、もっと舌を使え。パンをこねるように」

少女「私、パンこねたことないよ」

俺「そうだな、ネズミの骨を処理する時みたいに、優しくな。ネズミの骨は折れやすい」

少女「分かった……」

少女の腹がぐうと鳴った

もう食事時か

精液と一緒に、ネズミの死骸も口につっこんでやった
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/08(木) 23:56:55.88 ID:u9HQTRWr0
少女が股を開いた

俺「どうしたんだよ、自分から股を開くなんて珍しいな」

上気したように赤くなった顔で答える少女

少女「私……おじさんの赤ちゃんが欲しいの……」

俺「そうか」

少女「ね……はやくきて……?」

俺「一番変わったのは、お前だよ」

彼女の股間は俺の唾液と溢れ出る汁で淫らに濡れている

もう、ベッドで眠っていた少女はいない

一抹の寂しさを覚えながら、ひくつく少女の穴を突起物で埋めた

少女「あんんっ……!」ビクン

少女が両手の拳を握りしめ、背を反らせる

甘い吐息の後に、再び男を悩殺するような嬌声をあげた

少女「あっ! ああっ! あんっ! ああんっ! んあっ! だめえっ!」

俺「そうか、だめか」

少女「愛してるわ、おじさん! 好き! 好き!」

俺「お前は俺じゃなくて、俺のチンコが好きなんだろう」

俺が射精すると、少女の身体はぶるぶるっと震えた後、そのまま硬直した

チンコを抜いてみる

とろみのある白濁液が、溢れ出てきた

少女「もう何も考えらんにゃいぃぃ……」











36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/09(金) 00:01:46.79 ID:mb4a/myF0
俺は賢者になった

少女への興味がまったく無くなったのだ

それよりも、こんな汚い塔で少女と性行為をしていることに嫌悪感すら覚える

何をやっているのだ

もうやめる

また旅を始めよう

新たな使命を今、神から頂いた

少女「ねぇ、どこに行くの?」

立った俺の背に、少女が呼びかけてきた

俺「帰る」

少女「帰る? この塔からは出る手段がないんじゃないの?」

俺「どんな手を使ってでも、出てやる。お前は来るな」

少女「いや、私もついていく。私とおじさんは一心同体よ。どんな所でも一緒に行くの」

俺「面倒くせぇ……」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/09(金) 00:06:05.79 ID:mb4a/myF0
のっしのっしと歩く俺の後ろを、ぴょこぴょこ少女がついてくる

ステンドグラスの下まで来た

どうやったら、あの場所まで行ける?

外に出ることができる?

少女「長椅子で土台を作ってみたら?」

少女は俺の右腕に抱きつきながら、耳元で囁いた

嫌な女だ

自分も助かろうと媚びを売っている

邪魔だ

お前は塔の中にいろ

助かるのは俺だけでいい

俺「ああ……いい考えだ。さっそく、作業に入るぞ。手伝ってくれ」

少女「あいあいさ!」


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/09(金) 00:12:24.49 ID:mb4a/myF0
長椅子で土台を作った

一番下の段に10脚ほど並べ、ピラミッド状に乗せていく

少女はウキウキしながら長椅子を運んでいた

外の世界を、愛するおじさんと巡ることができる

そう勘違いしているのだろう

少女「さてと、これで完成ね! おじさん!」

俺「そうだな。先に上っていいぞ。俺は後から行く」

少女「ええっ、私が先でいいの?」

俺「ああ、行け」

少女「分かった、ありがとう!」

長椅子の山を登っていく少女を、俺は乾いた目で見つめていた

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/09(金) 00:21:56.32 ID:mb4a/myF0
少女「おじさん、もうすぐ外だよ!」

少女は俺のことを待っているようだった

そちらの方が、俺としてもやりやすい

一段一段、長椅子のピラミッドを上る

少女との思い出が蘇ったが、そんなものは心底どうでもいい

割れたステンドグラスの前で、少女は満面の笑みを浮かべた

さわやかな風が吹いている

少女「ありがとう、私の夢を叶えてくれて」

俺「ああ」

少女「ねぇ……もし……赤ちゃんができてたら……」モジモジ

俺「結婚しよう。子供と三人で、世界を冒険しよう」

少女「うん! ああ、楽しみだなぁ。みんなで船に乗って、川を下るんだ。船頭はおじさん。私は魚を釣って、ご飯を食べさせてあげるの」

俺「魚の骨はちゃんと、処理しろよ。ネズミと違って少し難しいからな」

少女「大丈夫だよ、おじさんに教えてもらったから!」

俺「それは良かったな」グイ

俺は少女の肩を掴み、後ろに思い切り引き戻した

少女「ひゃあっ!」

長椅子の崩れる音を聞きながら、俺はステンドグラスをくぐって外に出た
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/09(金) 00:32:42.76 ID:mb4a/myF0
少女と会うことは、おそらく二度とないだろう

それでもいい

仕方のないことだったのだ

使命を果たすには、少女の存在がどうしても邪魔だった

あの女を見ると、性欲が湧いてくる

だが、そのおかげで何ヶ月もくだらない塔の中で過ごすこととなった

淫欲は戒めなければならん

貴重な時間を浪費してまで、他人とまぐわう必要はない

自分の性器を他者の性器に挿し込み、溶け合わせることの何が楽しいのだ

チンコを包み込むあの温かいひだひだの、何が気持ちいいというのだ

俺「……」

俺は急いではしごを上り、少女を助け出した

草原でめちゃくちゃセックスした

そして少女は子供を産み、みんなで川に行った

終わり
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/09(金) 01:57:32.95 ID:U6UbPdTy0
安価とはなんだったのか
24.01 KB Speed:2.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)