文香「第一回御菓子会議」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:43:13.87 ID:cgXo1v5h0
おことわり
・多少日本語・口調がおかしいところはございますが、お見逃しください。
・かなり設定をいじっており、キャラ崩壊・オリジナル設定も多々あります。
・回想内は本人以外聞こえておりません
・天の声(CV:芳乃)はこのSSの登場人物には聞こえてません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518626593
2 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:44:22.73 ID:cgXo1v5h0
〜昼下がり・事務所内のとある部屋〜

P「どうしたの、急に?」

文香「明日バレンタインですよね?」

愛梨「そうですね」

文香「一昨日くらいに美波さんに相談をしたのですが」
3 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:44:55.32 ID:cgXo1v5h0
〜回想〜

文香「美波さん、ご相談があります」

美波「何でしょうか?」

文香「今度プロデューサーさんに(本命の)バレンタインプレゼントをしたいのですが、何を送ればよいのでしょうか」

文香「生憎料理などは苦手で…」

美波「(義理の)プレゼントですか…気持ちさえこもっていればなんでもいいと思いますよ」

美波「文香さん、ここだけの話ですが毎年この事務所の慣例でプロデューサーさんにプレゼントをあげた人の中で、プロデューサーさんの一番心証の良かった人に、プロデューサーさんから1つ願いをかなえてもらえるらしいですよ」

美波「任意参加ですけど、参加してみたらどうですか。プレゼントあげれば自動応募ですよ」

美波(昨年は…芳乃ちゃんのお煎餅に負けました。今年は勝ちますよ。勝つのは私です)

文香「そうなんですか…やってみます」

4 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:45:25.27 ID:cgXo1v5h0
〜現在に戻る〜

文香「美波さんのアドバイスはとても抽象的なものでした」

文香「結局何をすればよいのかわからず、まだ準備すらしていません。いよいよ明日だというのに…」

文香「そこでお菓子作りのプロのお二方と殿方のアドバイスをいただきたいのです」

かな子「おいしければ、大丈夫ですよ」

愛梨「手作りかどうかは二の次です」

P「バレンタインか…サイレンススズカの伝説の始まりかぁ」

P「いや、フェブラリーステークスの季節でもあるなあ」

かな子「プロデューサーさん、これ以上競馬の話を持ち込むと」

かな子「試製61cm六連装(酸素)魚雷が黙ってませんよ」

P「ヒィッ」

文香「ハイパー三村様ですね。書物で見たことがあります」

愛梨(何の話だろう…)

5 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:45:51.72 ID:cgXo1v5h0
P「まあ、冗談はさておき」

P「前提として既製品渡されても嬉しいだろうし、特に義理チョコ合戦となると数が膨大になりかねないから日持ちするしむしろ良いこともある」

文香「なるほど…」

P「もちろん、手作りを否定するわけではない」

愛梨かな子(良かった…)

P「手作りなら既製品からヒントを得てみては良いのではないか」

文香「そうですか…」

P「個人的に好きなやつを持ってきたから、参考にしたらどうだろうか」

かな子「食べましょうっ!!」

愛梨「かな子ちゃん、落ち着こうよ…」
6 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:46:25.24 ID:cgXo1v5h0
〜その1・トッポ〜

P「P〇keyではないぞ、これは」

文香「P〇keyもトッポもどちらも一緒ではないのですか」

P「いやいや、違う」

愛梨「静電気を帯びるかどうかですか?」

P「うーん…昔中学でトッポとエボナイト棒を使って静電気が帯びるか実験したことはあるが、P〇keyは知らん」

愛梨「冗談ですよ…メーカーが違いますよね」

P「そうだけど…そこは重要じゃないね」

文香「このビスケット生地はいいですね」ポリポリ

P「良いところに気付いたなあ…まずは生地がおいしいよね。P〇keyのプレッツェルはあんまり好きじゃない」ポリポリ

愛梨「わかりますぅ…口も汚れませんし」ポリポリ

P「それも大きい。P〇keyって何か知らんけど口汚れるんだよね…トッポは口につかんから汚れないし」

愛梨「外についていると夏場保存大変ですよね」

P「それもある…よかったよP〇keyの日が夏場じゃなくて」

文香「それにしてもおいしいですね…飽きません」ポリポリ

かな子「最後までチョコたっぷりだね〜」バリボリ

P「かな子はよくわかっているなぁ…P〇keyとの一番の違いはそこだよね」

文香「確かに最後まで楽しめるのは良いです」

愛梨「ところでトッポって何本入りですか?」

かな子「二袋で24本ですよ」

P「あれ?1本しか食ってないのにもう二袋空?」

愛梨「私もです…」

文香「私は2本ですが」

かな子「…ごめんなさい。美味しくてつい…」

P「まあ、過ぎたことは仕方ない。後でマスタートレーナーさんとご相談だ」

文香「…さりげなく鬼畜ですね」

愛梨(マストレさんの名前覚えてあげましょうよ…)

文香「ところでプロデューサーさん、これってどうやって作るんですか?」

P「知らん」

愛梨「私には無理です」

かな子「穴の開いたビスケットは無理ですね」

P「…気を取り直して次に行くか」
7 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:46:58.02 ID:cgXo1v5h0
〜その2・アポロ〜

P「次はこれです…今度は紙皿で分ければ大丈夫」

かな子「多めにお願いします」

P「仕方ないなぁ…普段智絵里がお世話になっているから、特別だぞ」

文香「この2層に分かれているチョコレートって作れるんですか?」

愛梨「とても簡単ですよ〜科学の力で」

かな子「おいしいですね」ポリポリ

P「このミルクチョコとイチゴチョコのマリアージュがたまらん」ポリポリ

文香「これってただの着色ではないんですね」ポリポリ

愛梨「食べたことないんですかぁ?」ポリポリ

文香「あまり御菓子屋には立ち寄らないんです」

P(オフの大半は図書館にいるもんなあ…掃除・炊事・洗濯は美波や川島さんが代わりにやってるらしいけど)

かな子「人生損してますよ〜」

P「それは若干否定できない」

愛梨「なんでこれアポロというのでしょうか?」

P「突然聞かれても困るなぁ…おいしいから大丈夫だよ」

かな子「大丈夫じゃありません!!お菓子に失礼です」

P「は、はい…(すごい気迫)」

かな子「アポロ11号から来ていると言われているんですよ」

文香「言われてみれば司令船に似てますね」

愛梨「きのこの山の頭の部分も同じ機械で作っているんですよ」

P「へぇ」

文香「参考になりますが、一つ質問しても?」

P「はい、どうぞ」

文香「このイチゴチョコってどうやって作るんですか」

P「一番簡単なのは板チョコを溶かせばいいのかな」

愛梨「残念なお知らせが…」

P「何か?」

愛梨「型がありません…」

かな子「型が無ければ話にならないですよね〜」

文香「残念です」

P「まあまあ、まだあるから」
8 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:47:30.84 ID:cgXo1v5h0
〜その3・小枝〜

P「これも小皿に分けましょうか…気持ち多いのがかな子の分ですよ」

かな子「ありがとうございます」ポリポリポリ

かな子「相変わらず良いミルクチョコレートの味がしますね」

文香「この粒々は何でしょう?」ポリン

愛梨「パフとアーモンドですよ」ポリ

P「パフの食感とアーモンドの香ばしさが何とも言えん」ポリポリ

文香「バランスが最高ですね」

かな子「この食感と香ばしさが両立する商品ってあるかなぁ?」

P「チョコバリかな」

かな子「わかりますっ!!あれ、おいしいですよね」

愛梨「今でもあるんですかぁ?」

P「あるよ、多分」

文香(わかりません…)

かな子「これなら、文香さんもできるんじゃないんかな」

P「まあ、そこまで難しくないか…多分」

愛梨「文香さんなら大丈夫です!!」

文香「ありがとうございます…頑張ってみます」

かな子「頑張ってくださいっ!」

P「誰に渡すか知らんが、悔いが無いようにな〜」

文香(そういえばプロデューサーさんにプレゼントするとは言いませんでした)

文香(作り方も分かったし、好みも分かったので収穫は大きいです…)

愛梨「ところで文香さんのチョコレート渡す相手って誰なんでしょう」

P「わからんなあ」

かな子「大学でモテモテなのかもしれませんね」

P「意外とありえそう」

P「ところでお二方は事務所のみんなに配るのか」

かな子・愛梨「もちろんです」

P「いいモノが出来るよう祈ります」
9 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:47:59.81 ID:cgXo1v5h0
〜翌日〜

文香(何ということでしょう)

文香(材料を選ぶために調べものをしながら製菓の本を読んでいたら、ついつい脱線してしまって…)

文香(なんと気が付いたら次の日のお昼になっていました)フワァ

文香(眠いです。そしてチョコレートのチの字もありません…)

文香(本読んでいてもチョコレートは出来ないですね…)

文香(買いに行きましょう。Pさんも手作りにこだわらなくても良いといっていましたし)
10 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:49:11.07 ID:cgXo1v5h0
〜とあるデパ地下〜

文香(デパ地下に来ました)

文香(人ごみで頭が痛くなりそうです…)

文香(チョコレートと言っても種類があるのですね)

文香(…どれにすればよいのでしょうか。難解です)
11 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:49:41.56 ID:cgXo1v5h0
〜同刻・事務所〜

P(これは全部義理なのかな?まあ、もらえるだけ嬉しい)

P(かな子と愛梨は気を使ってくれたのかクッキーを焼いてくれました。後で食べても大丈夫だね)

P(楓さんを筆頭とする大人組は高級チョコレートですか…これも日持ちするから後で食べよう)

P(小中学生組は可愛いサイズの物を作ってくれました。とてもありがたいです。食べきれそうだね)

P(問題は高校生組・大学生組ですね…どれから食べよう)

P(とても食べきれる気がしない)

P(ニュージェネのチョコレートは…これは早く食べないといけないなあ。でも大きいわ。ありがたいけど)

P(まゆのは…明日でも大丈夫そうか。智絵里のも同じく)

P(フレデリカは…誕生日プレゼントと相殺したんだっけ。志希のは…何入ってるんだろ)

P(芳乃は…御煎餅ですか。チョコでないところが渋い。だがそれがいい)

P(最大の難関は美波作のガトーショコラですね…6号サイズだよ。気合い入れ過ぎだよ)

P(これ単体で食い切れる気がしないよ…しかもアイドルや他部署の人間にも配ってるしなあ…どうしよ)

P(でもうまい)アムアム

美波「お疲れ様です。プロデューサーさん」

P「このガトーショコラおいしいなぁ…」

美波「ありがとうございますっ」

美波(本命なので特別に気合入れて作ってますよ)

P「しかしとても申し上げにくいのですが…」

美波「少し甘すぎましたか?」

P「いえ、とても食べきれそうにありません」ムシャムシャ

美波「無理をなさらないでくださいね…」

美波(来年からはサイズも考えないと)

P「残すのももったいないし…食べる?」

美波「ええ…」アムアム

美波「自分で言うのもアレですが、おいしいですね」

P「普通に一番おいしいんじゃないかな」

美波(やったわ…これでPさんをこのまま縦に)
12 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:50:14.86 ID:cgXo1v5h0
文香「おはようございます。プロデューサーさん、美波さん」

P「おはよう…ってもうお昼じゃない」

美波(文香さんは何を作ってきたんでしょう?)

文香「大変申し上げにくいのですが、結論から言いますと、チョコを作れませんでした」

P「そうか」

P・美波(何があったんだろう)

文香「急いで買ってきたのですが…(本命の)プレゼントはこれです」

美波「この赤い箱は何ですか」

P「これ、チョコじゃない…(崎陽軒の)シウマイだよ…わざわざ包装までしてもらって」

文香「美波さんが言ってました…気持ちが大事だと」

P「いやいや、引け目を感じる必要はない。個人的に好きだからね、チョコレートよりも」

文香(前に未央さんから聞いていました…崎陽軒のシウマイが好きだと)

美波(とんだ奇策に出ましたね、文香さん)

P「うん、うまいうまい…甘いものばっかり食っているせいか余計美味しく感じる」アムアム

P「美波も食べる?」

美波「いえ、大丈夫です…」

美波(私のガトーショコラよりおいしいんですか)

P「決めたわ…毎年慣例のアレを」

P「文香に決定だ」

美波(そ、そんなぁ…)

文香「ありがとうございます」

P「まあ、願いは常識あるのにしてくれ…急ぐ必要はない」

文香「今度連れて行ってほしいところがあるのですが」

P「うむ。よかろう」

美波(ありえないです…)シクシク



天の声「今年も平和にばれんたいんは終わるのでしたー」

天の声「2年連続同じ手は通じないものですねー」

天の声「それではーさよならーさよならーさよならー」
13 : ◆10Upq4MUWY [sage saga]:2018/02/15(木) 01:50:44.97 ID:cgXo1v5h0
おわり

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/15(木) 10:09:23.91 ID:cHEWtqN90

元々ドリンク常用でヤバいのにこの時期のアイドル達からのチョコによって、病院に一生通う事になるPも多い…(糖尿感)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/15(木) 11:57:27.00 ID:rGCV55L7O
エレ速の※欄荒らすなよ競馬
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/15(木) 12:16:53.64 ID:1a0zdNaDO
大坪艦隊に六連発射管を史実で搭載可能な艦っていないんだけど……ゲームだからなぁ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/15(木) 18:02:40.18 ID:rGCV55L7O
プロデューサーがまるで神様みたいな扱われ方だね。自己投影?
13.01 KB Speed:1.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)