【わたモテ】モテないし交換日記する【うちもこ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/22(木) 22:55:38.60 ID:aK+Rq3100

●全30レス(予定)
●キャラ曲解・崩壊注意
●うっちーせつないようっちー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521726938
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 22:57:32.98 ID:aK+Rq3100

【原幕高 玄関】



キーン コーン カーン キーン コーン ・・・



「うっちー、おはよ」

「おはよー、みんな」

「こないだの遠足、楽しかったね」



 ザワ ザワ ザワ  …



「ごめんね、何度も迷子になって」

「ほーんと、そそっかしいんだから」

「・・・ごめんね」

「いいんだよー。 とっても楽しかったから!」

「・・・ありがと」

「またああやって、みんなで遊びに行きたいね」

「うん(・・・みんな)」




内(・・・みんな、いつも、ありがとう)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 22:58:26.90 ID:aK+Rq3100

内(わたしってば、いつもわがままばっかり言ってるのに)

内(みんな、いっつも笑って許してくれる。  ・・・・・・・)



(・・・ああ、わたし、バカみたい)



「・・・うっちー。 なんか、元気なくない?」

内「・・・大丈夫。 ちょっと疲れただけ」

「そう? 無理しないでね」

内「うん、ありがとう・・・(ほんとうに、わたしってバカだ)」



(こんなにいい友達が、こんなに近くに、こんなにいっぱいいるのに)

(なんで・・・)



(なんで、あんなやつのことなんか)



 ザワ ザワ ザワ ・・・



内(それはさておき)コソッ

内(真子たちにお礼を言わなくちゃ)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 22:59:08.40 ID:aK+Rq3100

内(このあいだ迷子になった?時、助けてくれたんだから)

内(真子と、田村さんと、吉田さんと、根元さん。 それに・・・)



・・・ガヤ ガヤガヤ ガヤ



内(・・・まあ、しょうがない、か)

内(みんなに言って、あいつだけシカトってのもかわいそうだし)

内(しかたないよね・・・)



ザワ ザワ ・・・


内(・・・靴箱の中でいいか)

内(あいつの顔なんかもう、見たくないし)・・・スッ



 ガ チ ャ 。



「うっちー、どうしたの?」

内「・・・ううん、なんでもない」 ニ コ 。



「なんでも、ないから ―」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:00:27.48 ID:aK+Rq3100

…ガヤ  ガヤガヤ

 ザワ ザワ ザワ ・・・



黒木「・・・・・・・」トコ トコ トコ



 ガ チ ャ 。



黒木「おっ?」



・・・ ガ サ ッ



黒木(また、手紙か)

黒木(こういうことするやつは・・・)ガサガサ




[ このあいだはありがとう ]

[ あれからちゃんと みんなに会えたから ]

[ 楽しかったよ ]

                         [ 内 ]




黒木(・・・やっぱり)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:01:21.20 ID:aK+Rq3100

黒木(あいつもいちいち律儀だなあ)

黒木(ああ見えて、実はけっこういい奴なのかな)

黒木(遠足のときも・・・)



(く・・・黒木は、こういうの平気なの? 怖くない?)

(一緒に写真撮る?)



黒木(あいつはあいつなりに、ずいぶん気を使ってくれたんだろうしな)

黒木(こっちは別にかまわないのに)



(・・・あの、『例のあの人』)

(あはははははっ)



黒木(あんまりわたしに構ってると、友達無くすかもしれないんだから)

黒木(・・・でもな・・・)



 ・・・ ガ サ 。



(いちいちこうやってやりとりするのも、いいかげんめんどくさくなってきたな・・・)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:02:37.98 ID:aK+Rq3100

【翌日朝 原幕高 玄関】


「うっちー、おはよ」

内「おはよー」

「元気になったみたいだね?」

「やっぱり、うっちーは元気でなくっちゃ!」

内「ふふ、もう、へっちゃら(・・・そう、へっちゃら)」


(あいつが、悪いんじゃない。 悪いのはわたし)


内(わたしが勝手に勘違いして、舞い上がってただけ)

内(あいつはもともと、かわいい女の子だったらだれでもよかったんだ)


スタ スタ スタ


内(あの牛だって、田村さんたちにも普通に配ってた)

内(あいつにとって、私は別に特別でも何でもない)


 ガ チ ャ …


(ただの知り合い―)… キ イ 。








[ こちらこそ、いろいろありがとうございました。 とても楽しかったです ]

[ これからなにかお話しがあったら、これにまとめて書いて、靴箱に入れておいてください。 ]

[ 迷惑でしたら、捨ててもらって結構です。 では、また。 ]

                                                     [ 黒木 ]
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:03:46.94 ID:aK+Rq3100

「・・・うっちー?」

内「・・・・・・・・・・・・・・・」

「また、なにか入ってる・・・」

「ノート? なんだろ」

内「忘れもの」

「えっ?」

内「・・・昨日 図書室に 置いて きちゃった ノート 」

「ノート?」

内「誰かが 届けて くれた みたい」

「ふーん。 ・・・あいかわらず、おっちょこちょいだなあ」

「それがうっちーの可愛いところだけどね」

内「・・・ふん  だ」ギク シャク


・・ ギク シャク ギク シャク


「うっちー???」

「どうしちゃったの?」

内「 筋  肉    痛 」・・ギク シャク

「だいじょうぶ?」

内「だい じょぶ」ギク シャク ・・・

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:06:16.87 ID:aK+Rq3100

【放課後】


キーン コーン カーン ・・・


黒木「あー、疲れた。 ・・・小腹すいてきた」

根元「クロ、おっさんくさーい」ニヤニヤ

田村「黒木さん、おっさんだもん」ニコッ

田中(田村さん、根元さんとずいぶん打ち解けたね・・・)ニコニコ

黒木「・・・好き勝手言いやがって(・・・絵文字のやつ)」ブスッ


(ノート、受け取ったかな? 捨ててないだろうな)

(靴箱でやりとりするのはめんどくさいけど)


(・・・どうせあいつは、わたしにメルアドもラインも教える気ないんだろうし)

(せめてまとめて書けるようにしといたんだが)


田村「・・・帰りに、どっか寄ってく?」

田中「! ・・・いいね、どこにする?」

根元「いつものサイゼかなー」

黒木「(・・・肉食いたくなってきた)」ガチャ


「・・・おっ??」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:06:50.74 ID:aK+Rq3100

田村「・・・黒木さん?」

根元「どうしたの? ・・・靴箱に、なんか入ってる」

黒木「絵文字・・・ 内さんから」

田中「うっちーから?」

黒木「うん。 ・・・まあ、わたしがあげたものなんだけど」

田村「あげた? 内さんに?」

黒木「そう。 連絡帳」

田村「連絡帳?」

黒木「いちいち手紙でやり取りするの面倒だから」

根元「携帯使えばいいんじゃないの?」

黒木「・・・まあ、そうなんだろうけど」・・・ゴソッ



 パ タ ン。



田中「・・・黒木さん?」

黒木「腹へったから行こう」

田村「本当におっさんくさいなあ」

黒木「うるせーよ」

田中「・・・・・・・・・・・」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:07:48.30 ID:aK+Rq3100

【黒木家 智子の部屋】



[ こんなのもらっても困る。 まあせっかくだから使うけど ]

[ 書くこともないけど、いちおう自己紹介。 名前は内 笑美莉 ]

[ ●●年生まれの17歳。 趣味は体を動かすこと。 好きなものは・・・ ]



黒木「(・・・自己紹介か。 無難な内容だな)」パラリ

黒木「(入れたその日に戻ってくるとは思わなかった)」

黒木「(マメなやつなんだな・・・)」

黒木「・・・・・・・・・・・・」パラ・・・



 パ タ ン 。



黒木「(やっぱり連絡先は書いてないか)」

黒木「(まあ当然か。 そこまでする気はないだろうな)」


黒木「(ガチレズさんのつながりから申請することもできるだろうけど・・・)」

黒木「(わたしも、そこまでする気にはならない)」




― ほら、例のあの人。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:08:59.01 ID:aK+Rq3100

黒木「・・・こんなもんか」カリカリカリ



[ 書いてくれて、ありがとうございます。 わたしも自己紹介を。 ]

[ 名前は黒木智子。 生まれた年は○○年、あなたと同い年です。 ]

[ 趣味は読書。 あとはもう知ってるでしょうけど、アニメもよく見ます。 最近は・・・ ]



内「・・・また無駄にきれいな文章書いて。 あーきもい」カリカリ



[ お返事ありがとう。 わざわざいいのに ]

[ どうでもいいけど、昨日は何してた? ]



黒木「ほんとうにマメだなあ」カリカリ



[ 田村さんたちと、サイゼに行ってました ]

[ 吉田さんに田中さん、根元さんもいっしょです ]



内「・・・別にすぐ返事くれなくていいのに。 あー、キモしつこい」カリカリ



[ 見た目より付き合いがいいんだね、ちょっと意外 ]

[ わたしは先週、みんなとサイゼに行ったよ ]



黒木「・・・やめどきがわからなくなってきた。めんどくせー・・・」カリカリ…
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:12:16.01 ID:aK+Rq3100


[ いつものあの人たちですか? ]

[ みんないい人そうで、仲が良さそうで、うらやましいです ]



内(・・・うん。 みんな、とってもいい人。 大事な友達・・・)カリカリカリ



[ うらやましい? あんたぼっちだもんね ]

[ 中学の頃から、いっしょだったんだ ]



黒木「なんだと? このやろ・・・」ガリガリゴリゴリ



[ わたしにも、中学の頃からの友達がいます ]

[ とてもきれいな人で、今でもよく遊んでくれます]



内(・・・筆圧が強い。きもいきもい)クスクス



[ ちょっとわたしに似てる人のこと? ]

[ アウトレットで下着あてがってた人 ]



黒木(見てやがった?!)カリカリカリ

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:13:37.71 ID:aK+Rq3100


[ あんまり内さんには似てないと思うけど、たぶんその人です ]

[ ずっと仲良くしてくれてます、大事な友達です ]



内(・・・大事な、友達・・・)カリカリカリ・・・

黒木(なんだか交換日記みたいになってきたな・・・)カリカリカリ・・・




――――――――――




内「・・・・・・・・・」コソッ


・・・・・・・・・・・・・・・・


内「(誰もいない。 いまのうち・・・)」


コ ソ コ ソ  ・・・ ガ チ ャ 。


田中「うっちー」

内「ぎゃあ?!」

田中「わあ!?」


ドテッ ドテン!


「あいたた・・・」「い、いてて」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:14:34.91 ID:aK+Rq3100

内「ま、真子! いきなり声なんかかけないでよっ!」

田中「ご、ごめん、うっちー。 でも、何してたの?」

内「え・・・」

田中「そこ、黒木さんの靴箱だよ。 ・・・それ、ノート?」

内「え、えっと・・・」

田中「・・・ふふ。 ごめん、うっちー。 わたし、知ってるんだ」

内「え?」

田中「黒木さんから聞いたの。 連絡帳・・・ 交換日記でやりとりしてるって」

内「・・・う、うん」

田中「いいね、なんか、それ」

内「えっ」

田中「なんていうか、特別な間柄って感じ」

内「・・・特別な、間柄・・・?」

田中「うん、ちょっとうらやましいかも」

内「(・・・真子ったら。 こんなの・・・)」…ギュッ



(・・・こんなの、こんなのおかしいに決まってるじゃない!)

(携帯もラインも使わずに、こんなのでやりとりしてるなんて・・・!)

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:15:26.73 ID:aK+Rq3100

内「・・・このことを聞きに来たの?」

田村「ううん、明日のおさそい」

内「明日?」

田中「あした、ゆりと買い物に行くの。 黒木さんたちもいっしょなんだ」

内「・・・それって」

田中「うっちーも来ない?」

内「・・・・・・・・・」

田中「田村さんも根元さんも、来てほしいって」

内「あのふたりも?」

田中「うん。ふたりとも、内さんと黒木さんの日記のこと、聞いてみたいって」

内「・・・・・・・・・そう」

田中「よかったら、だけど。 どう?」

内「・・・考えさせて」

田中「・・・うん。 無理にとは言わないけど、来てくれるとうれしいな」

内「・・・・・・・・・」

田中「じゃあね」


パタ パタ パタ ・・・


内「・・・・・・・・・」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:16:17.77 ID:aK+Rq3100

(ねえ、例のあの人)

(またあんなところにいるよ)

(いったい何やってるんだろ)



内「・・・・・・・・みんな、わたし・・・」



[ おみやげ ありがとう ございます。 ]

[ チョコのお返しです ]

[ 書いてくれて ありがとうございます ― ]



(みんないっしょだよ、まじ奇跡だよ! うっちーもいっしょだよ!)

(うっちー一緒じゃないと、つまんないよ)

(うっちー、いっつも、ありがとうね。 ・・・ずっとわたしたちと、友達でいてね)



内「・・・・・・・・・・・・・・・・」







「バカみたい、わたし」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:16:49.88 ID:aK+Rq3100

【翌日朝 原幕高】



キーン コーン カーン キーン コーン ・・・



「おはよー、うっちー」

内「おはよー」

「・・・うっちー、おはよ」

内「・・・おはよ」

「・・・・・・・・なんかうっちー、また元気なくない?」

内「・・・そんなこと、ないよ」

「そう? ・・・無理しないでね」

内「ありがと。 ・・・あ」



黒木「・・・・・・・・・」トコ トコ トコ


    ・ ・ ・
「あ、あ の 人」

内「・・・・・・・・・」スッ



 ・・・ ツカ ツカ ツカ

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:17:39.75 ID:aK+Rq3100

「・・・うっちー?」

「どこいくの・・・?」


内「・・・」ツカツカツカ…

黒木「(おっ、絵文字だ。 ・・・あいつらもいっしょか)」

黒木「(嫌がられちゃ、いけないな)」クルリ

内「待ちなさいよ」ガシッ

黒木「え」

内「なに、逃げてるの」

黒木「逃げる、って。 別に」

内「はい、これ」ゴソ…



・・・ ス ッ 。



黒木「・・・連絡帳?」

内「もういらない。 めんどくさいから」

黒木「え」

内「用があったら勝手に来て。 わたしもそうする」


「え?!」「え。えっ・・・」

「・・・うっちー」「・・・・・・・・・」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:18:35.05 ID:aK+Rq3100

黒木「・・・いいのか?」

内「何が」

黒木「何が、って」



「・・・・」

「・・・・」

「・・・・」



内「あんたには関係ないでしょ」

黒木「関係ないって・・・」

内「・・・みんなごめん。 わたし」


  ・ ・
「 こ の人と、友達になるから」



黒木「・・・!」

「えっ?!」「え・・・」

「うっちー!?」「なんで?!」

内「こいつ、ちょっとおかしなやつだけど」

内「話してみると、けっこう楽しくってさ」

黒木「(・・・ちょっとおかしい?)」ムカッ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:19:15.77 ID:aK+Rq3100

内「・・・だから、さ。 友達増やしてやろうかな、って」

黒木「(絵文字のやつ・・・)」イラッ



(キョロ充の分際で、かっこつけやがって・・・)



内「・・・こいつ、ぼっちだから、さ」

黒木「(何があんたには関係ないだ、偉そうに)」イライラ

内「別にみんなのこと、嫌いになったとか、そういうんじゃないけど・・・」

黒木「(さっきから聞いてりゃ、いい気になりやがって)」ムカムカ

内「だから、さ。 今日、ちょっと・・・」

黒木「(ぼっち? 友達増やす? よけいなお世話だ!)」ムカッ!



(なめんな! おまえなんかに、そこまでされてたまるか!)



   ・・・ ズ イ ッ 。



内「黒木?」

黒木「(・・・覚悟決めるか)みな、さん」オズ・・・



「その、今日の放課後、内さんを・・・ 貸して、ください」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:19:53.70 ID:aK+Rq3100

内「黒木?!」


「「「「「えっ」」」」」


黒木「内さんに、その・・・ 田中さんの方から、お話ししてたんですが」


「・・・真子から?」


黒木「はい。 ・・・今日、みんなで買い物行くから、内さんも来ないかって」


「「「「「・・・・・・・・・・・」」」」」


黒木「修学旅行でも、遠足でも、一緒だったし、よかったら・・・ と思って」

黒木「わたしが一緒じゃ迷惑かもしれないけど、でも・・・」

内「・・・黒木」…ジロ


「なに、きもいこと言ってるの」


黒木「はあ?」

内「迷惑? ・・・だれがそんなこと言ってほしいって頼んだの、きもい」

黒木「お、お前! なんだその言い方!? わたしは・・・」

内「心配してとでも言いたいの?! それこそ迷惑よ! きもいきもいきもい!!」



「・・・うっちー」「あなた」「そっか・・・」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:21:43.48 ID:aK+Rq3100

黒木「わ、わたしは、おまえが友達無くしたらいけないと思って!」

内「だからそれがめ・い・わ・く・だって言ってんの! ちょーきもい!!」

黒木「きもいってなんだ! せっかく心配してやったのに!!」

内「あんたなんかに心配されてたまるか! わたしをなめるなっ! あーーー、きもいっ!!」



「・・・・・・・・」「やっぱり・・・」「そうだったんだね」



黒木「・・・は?」

内「やっぱり?」

「まえからそうだと思ってたんだ」

内「え」

「お肉、焼いてあげてたでしょ」

「遠足のときも、いっしょに行ってあげたんだよね」

「花火も一緒に見てたよね?」

内「・・・し、知ってたの」

「やっぱり、そうなんだ」

「うっちー、嘘がつけないからなあ」

内「・・・・・・・・・・・・・」

黒木「(そ、そうだった・・・のか?)」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:22:42.75 ID:aK+Rq3100

「言ってくれればよかったのにー」

「ほーんと、水くさいー・・・」

「・・・・・・・・・・・・」



「「「「「わたしたちのせい?」」」」」



内「・・・えっ」

「わたしたちが、『例のあの人』とかって、言っちゃってたから?」

「わたしたちに、嫌われると思ったの?」

内「・・・・・・・・・そ、そんな」

「・・・黒木さん」

黒木「う、うん」

「悪気じゃなかったんだけど。 ・・・ううん、これ、言いわけだね」

「いままでごめんね」 「黒木さんは、うっちーのこと、好き?」

黒木「・・・・・・・嫌いじゃ、ないです」

「・・・そっか、よかった」 「うっちー、ちょっとアレなところがあるけど」

「でも、いい人なの」「大事にしてあげてね」

黒木「・・・はい」

内「・・・・・・・・みんな」ギュッ




「みんな、きもい!」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:23:40.71 ID:aK+Rq3100

黒木「は?」

内「みんなきもい。きもい。きもすぎる」

黒木「ちょ、ちょっ、内さん」

内「きもいきもいきもい! みんなきもいっ!!」

黒木「ちょっと内さん、みんなにそんな言い方!」

「いいんだよ、黒木さん。 ねーみんな?」

「そうそう。 うっちー、いま、大喜びしてるんだもんね」

内「うっさいだまれ! きもいきもいちょーきもい!」

黒木「お、大喜び・・・??」

「黒木さん」 ニ コ 。



「うっちーの『きもい』って、『大好き』って意味なんだよ」



黒木「・・・は、はあ」

内「もうやだ! みんな、みんなきもいっ!!」 カ ク ン 。


 … ヘ タ リ 。


内「きもい・・・ きもいよっ・・・」

「・・・うっちー」「ぐすっ・・・」

「ごめんね、うっちー。黒木さん・・・」

黒木「・・・・・・・・・・・別、に」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:24:08.10 ID:aK+Rq3100

【昼休み】


キーン コーン カーン

 キーン コーン ・・・




田村「真子、お弁当食べよ」

田中「うん。 ・・・根元さんも、どう?」

根元「うん。みんなで食べよ。 ねえ、クロ」



黒木「・・・・・・・・・・・・・・・・」



根元「・・・クロ???」

田村「どうしたの?」

黒木「・・・いや、その。わたし」モゴモゴ


「今日、先約があって・・・」


根元「え??!」

田村「・・・先約?」

田中「・・・・・・・・・・」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:24:34.46 ID:aK+Rq3100

黒木「ごめん、言ってなくて。でも・・・」

田村「いいけど・・・でも、誰?」

根元「加藤さん・・・じゃ、ないよね?」

黒木「・・・それが、その・・・」

田中「・・・・・・」


 ガ ラ ッ !


黒木「うわ!」

田村「えっ?!」


「「「「「くろーきさ――ーん!!」」」」」


根元「な、なに!?」

田中「・・・ふふ」


「約束だよ!」「お昼食べよー!」

「真子、ちょっとごめんね」「田村さんに、根元さんも」

「うっちーも待ってるから! 出発出発!」


根元「・・・・・・・・」

田村「どういうこと?」

黒木「あわわわ」アセアセ
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:25:32.14 ID:aK+Rq3100

「・・・言ってないの、黒木さん?」

「言えなかった?」


黒木「あ、う・・・ ご、ごめんなさい」


「もう、黒木さんったら」「やっぱ似たもの同士だなあ」

「真子、ごめんね」「きょう、うっちー、真子たちといっしょに行くって」


田中「ほんとうに? ・・・ありがとう」

田村「・・・そう。内さん、来るんだ」ニコッ

根元「よかった。・・・でも、クロ・・・きさんが、どうかしたの」


「約束したの」「ねー、黒木さん」

「うっちー貸してあげるかわりに、黒木さんのこと放課後まで貸してって」


田村「えっ」

根元「そうなの、クロ?」

黒木「・・・う、うん」


「うん。だって、うっちーの友達なら、わたしたちの友達だもん」

「でも・・・ もし、嫌だったら、またにするけど」


田中「ゆり、どうする?」ニコッ

田村「・・・別に」クスッ

根元「クロ、大人気じゃん」ニヤー
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:27:25.76 ID:aK+Rq3100

黒木「ちょ、人ごとみたいに」ジタバタ

「よかったー。 じゃ黒木さん、わたしたちとご飯食べよ」「午後の体育もいっしょだからね?」

「うっち―の話、いっぱい聞かせてね」「三人ともごめんね、ありがとう」


田村「・・・いいけど。 でも、その人きっと、みんなが思ってる以上に変な人だよ」・・・クスクス

根元「うちのクロがご迷惑おかけします」ニヤニヤ

田中「早めに返してね? ふたりがさみしがっちゃうから」ニコニコ

根元「?! ちょっ、田中さんっ!」 田村「ま、真子っ! もうっ!」


「はーい!」「田村さん根元さん、ごめんねー!」

「今度はみんなで遊ぼうね!」「ばいばーい!」

黒木「うわわわわ」ズルズルズル



・・・パ タ ン 。



田中「・・・ふふ。良かった」ニコニコ

根元「た、田中さんっ! わたし、クロのこと、別にそんなふうになんか・・・」・・・カーッ

田村「・・・バカ。 真子のバカ」ペチペチペチ

田中「痛い痛い、ふふふふっ」ニッコリ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:28:08.32 ID:aK+Rq3100

【その晩 智子の家】



「・・・・・・・・・・・」フラフラ



 ボ フ ッ 。



黒木「(・・・疲れた。 嵐のような一日だった・・・)」

黒木「(昼ごはん中も授業中も、雌猫どもに囲まれてもまれて・・・)」

黒木「(陰キャラには刺激が強すぎる一日だった・・・)」ゴソッ



 パラ パラ パラッ 。



黒木「(・・・まあ、放課後の買い物は割と気楽だったけど)」パラパラ

黒木「(もともとあんまりしゃべるメンバーじゃないし)パラパラ

黒木「(絵文字もいつもの絵文字に戻ったし)」パラッ。



[ はじめまして、宮崎です。 黒木さん、これからよろしくね。 まずは自己紹介から・・・ ]



黒木「(結局続けることになっちまった・・・)」・・・パラッ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 23:30:48.03 ID:aK+Rq3100

[ ナツでーす! 自己紹介だよー。 名前は・・・ ]

[ いちおう、はじめまして。 わたしの名前は・・・ ]

[ こういうのしたことないから、変だったらごめんなさい。 わたしは・・・ ]

[ 交換日記なんてはじめて。 なんかドキドキするね。 わたしはね・・・ ]



黒木「(しかも書く人が一気に増えた)」ゲンナリ

黒木「(個別レスはさすがにしんどいなー。 まとめて返答しとこう)」

黒木「(『これからもお付き合いのほどよろしくお願いします』でいいかな。 絵文字のは・・・)」



[ もう、こんなの書くのマジめんどい ]

[ こっちに連絡して ↓ ]

[ ucchixxxxx@hardpank.ne.jp ]

[ RineID:emilyxxx ]



黒木「・・・・・・まったくあいつは」ペラッ



[ ほんとに、あんたたちきもい ]

[ みんなでこんなめんどくさいこと、することないでしょ ]

[ あー、マジでいや。 みんなも、黒木も、ほんときもすぎ ]



黒木「・・・・・・・・・・・・」



…カリカリ カリカリカリ



[ おまえこそマジきもい。 絵文字みたいな顔してくっそキモい ]

[ そんなに嫌なら毎日書いてやる、ざまあみろ。 ああキモい ]






※おしまい※
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/23(金) 00:37:28.67 ID:+puDdL0Oo
尊い
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 10:44:17.01 ID:asaq1InHo
うっちー好き
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 10:50:14.42 ID:aUVSlSLT0

※おまけ※


 ワイ ワイ キャッ キャッ ♪


内「・・・マジで?」

田村「うん。 遠足の帰り、電車の中でね」

根元「ぐるんぐるん揺れて、ばたんって寝ちゃった」

黒木「・・・・・・・・・」ムスッ


 ♪ ワイワイ キャハハ ワイワイ


根元「いびきまでかいて、落っこちそうになっちゃって」

田村「それでとなりの加藤さんが、ひざを貸してあげたの」

内「ひざ・・・」ゴクリ

田村「加藤さん、寝ちゃった黒木さんのことをしっかり押さえてくれてたんだけど」

根元「そしたらね・・・」コソッ

内「・・・よだれ?!」ドキッ!!

黒木「こ、こらあ!!」


キャハハ ワイワイ アハハ ♪


内「キモい。 ・・・マジでガチでキモい」ドキドキ…

根元「だよねー。 正直ちょっと引いたなー」

田村「・・・それでも加藤さん、嫌な顔一つしなかった」

黒木「・・・・・・・・・・」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 10:51:24.13 ID:aUVSlSLT0

内「・・・それで、あの牛を?」

根元「うん。 どうしてももらってくれって押しつけてたよ」

内「・・・そうだったんだ」

田村「あれくらいじゃ、とてもお返しにならないけど」

黒木「う・・・」シューン

内「でも黒木って、妙に義理堅いんだよね」

根元「そうなの、内さん」

内「うん。 普段は偉そうなくせに、なにかしてあげると絶対お返ししてくる」

田村「・・・それはそうかもしれない」

黒木「義理堅いのはそっちだろ。 なにかあるたびに手紙くれるし、物もくれるし」

根元「・・・やっぱクロは鈍すぎるよ」

黒木「なんで?」

田村「ほんとこの人、こういう人なの。 内さん」

内「ほんとキモい」

黒木「・・・だからいったい何なんだよ」


アハハ ウフフ キャハハ・・・




田中「・・・・・・・・・・」ニコニコ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 10:52:30.43 ID:aUVSlSLT0

田中(・・・よかった。 みんな、仲良くなれて)



 ♪ ワイワイ キャッキャ ワイワイ



田中(おさまるところにおさまった、って感じだね。 ・・・ふふ)

田中(なにも、心配することなんて無かった)




[ みんな、実は、うっちーと黒木さん・・・ ]


[ やっぱり、そうだったの? ] [ なんとなく、わかってた ]

[ わたしたちのこと、気にしてたのかな ]

[ ごめんね、真子。 ありがとう、教えてくれて・・・]




田中(余計なことしちゃったな、わたし)

田村「真子、何か食べる?」

田中「あ、お腹は空いてないけど、飲み物はほしいな」

黒木「わたし腹へった」

内「なにこのおっさん、ほんとキモい」



 アハハハ ウルセー アハハハ ・・・

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 10:53:57.71 ID:aUVSlSLT0

※おまけその2※




[ うっちーってね、ほんとね、ウソのつけない人なの ]

[ 嬉しいとぴょんぴょんはねて抱きついてくるんだよ ]

[ とっても泣き虫なの。 嬉しくても悲しくても、すぐ泣いちゃう ]


「・・・」


[ 思ったことすぐやっちゃうから、ほんといっつも失敗ばっかりなんだけどね ]

[ でも、怒るとすごく怖い人でもあるの ]

[ わたしのことかばって先生と大ゲンカしてくれたとき、怖かったけど嬉しかった ]


「・・・」パラリ


[ そんなウソのつけないうっちーがね、わたしたちのことになるとウソをつくの ]

[ 隠し事もしちゃうし、素直になれなくなっちゃう ]

[ そんなときに、うっちーは言うんだよ。 『きもい』って ]


「・・・」パラッ


[ うっちーはほんとうに、わたしたちのことを好きでいてくれる ]

[ わたしたちがいままでつながってこれたのはね ]

[ うっちーがわたしたちをずっと好きでいてくれたからなんだよ ]




[ [ [ [ [ うっちー、いつも、ありがとね ] ] ] ] ]




「・・・みんな、ほんと、キモすぎ・・・」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 15:30:02.26 ID:LWU2XtKKO
こうなるといいなうっちー
あと所々に出てくるかともこ臭がすき
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 03:17:35.50 ID:mtBGqLMA0
面白かった
また違う作品も読みたい
31.75 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)