最原「復讐鬼の学級日誌」 巌窟王「俺たちのコロシアイ修了式」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/23(金) 20:25:31.75 ID:3VPay3A10
巌窟王「旅行先間違えた」 アンジー「神様ですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506772669/


巌窟王「亜種並行世界!」 アンジー「虚構殺人遊戯:才囚学園ー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510833531/

最原「僕らが往くは恩讐の彼方!」 巌窟王「これで終わりだ!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515924300/

に続く四作目。今度こそ! 終わる! はずだ!
ていうかもう伏線残ってないしね!

FGOとダンガンロンパ両作品のネタバレ注意だよ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521804331
2 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/23(金) 20:29:14.24 ID:3VPay3A10
ザザッ

??学園跡地


??「……行っちゃったね。二人とも」

??「もうこの学園には、私たち二人だけ」

??「随分減っちゃったなぁ……地味にビックリだよね。これだけの人が死んで、私たちはまだ生きてる」

??「……ねえ。天海くん。約束だよ?」

??「次の学園生活……絶対に私を――」

??「……」

??「うん。安心した」



ザザッ……ザザザザーッ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 20:30:56.11 ID:5AfS25mo0
天つむ確定だなこれは…
4 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/23(金) 20:38:00.27 ID:3VPay3A10
新世界プログラム内 白銀の研究教室

天海「……他になにか目ぼしいものはないっすか?」ガサゴソ

BB「ないですねー。まったくないですよー」ガサゴソ

BB「……いえ。失礼。これは隠さずに正直に言うべきでしょうね」

天海「えっ。なにかあったんすか!?」

BB「山積みにされてあったジャンプを見つけて捜索がまったく進まなくなるというブービートラップに引っかかりまして」ドーンッ

天海「女の人を思い切り引っ叩きたいと思ったのは初めてっす!」ガビーンッ

BB「……ここで何かをしていたという痕跡はあるんですよねー。具体的に何だったのかはわからないのですけど」

天海「この表紙に『学級日誌』と書かれたアーカイブは、破損してて読めたものじゃないっすし」

BB「ああ。それ破損してるんじゃなくって消去されてるんですよ。慌てて処理したせいか不完全ですが」

天海「修繕できるんすか?」

BB「いえ。表紙が判別可能なところを不完全な消去と言っているだけで、中身に関して修繕は不可能ですよ」

BB「でも必要ありませんよ。現実の方に同じものがあるんですから」

天海「!」
5 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/23(金) 20:45:49.03 ID:3VPay3A10
天海「何か知ってるんすね!?」

BB「というより、知らなかったんですか?」

天海「え?」

BB「……」

BB「そうですか。知らないのなら、あなたたちはそのままでいいと思います」

BB「知らないままじゃないといけません」

天海「え。どういうことっすか?」

BB「この学級日誌は、巌窟王さんが書いていたものです」

天海「……は?」

BB「彼の宝具の能力である『情報隠蔽』を最大限フルに使ってしたためられたものですから白銀さんやモノクマには捕捉されてないものだと……」

BB「……思ってましたけど、詰めが甘いですねぇ。彼も」

天海「巌窟王さんが、これを……?」

BB「……白銀さんは彼をこの世界に閉じ込めた後で、コレを見つけたんでしょうね」

天海「詳しい内容は?」

BB「巌窟王さん本人に聞いてください。勝手に話したと知られたら、どんな仕返しされるかわかったもんじゃありません」

BB「陰湿ですよー。彼の嫌がらせ」

天海「……」
6 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/23(金) 20:55:46.42 ID:3VPay3A10
BB「ただ、白銀さんがコレを見たと知ったら、余計に巌窟王さんが怒るだけだと思いますけど」

BB「中身について彼が口を割るとは思えな――」


ズズゥーン……


天海「おわっ……なんすか!?」

BB「おっと。そういえば一つ言い忘れたことが」

天海「今それどころじゃないっすよ! 凄い揺れ……!」

BB「このゲームのエンディングで、この庭園は崩壊するんですよ」

天海「だからそれどころじゃ……はい?」

BB「よくありますよねー。最終的に自爆したり崩壊したりする悪の組織の拠点」

天海「……」

天海「それって最原くんは無事で済むんすか?」

BB「もちろん。そういう設定になってましたから。主人公は死にません」

天海「俺たちは?」








BB「あ」

天海「あ、じゃねーーーっす!」ガビーンッ!
7 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/23(金) 20:56:46.55 ID:3VPay3A10
今日のところはここまで!
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 22:27:25.62 ID:9zcAr/Kq0
白銀の主人公は天海だから大丈夫説
なお最原
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/24(土) 14:20:25.68 ID:tq8wlUvWO
果たして最原君は報われる日が来るのだろうか
10 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 17:20:21.56 ID:PJfDrXVI0
BB「大丈夫です。ゲームのプレイヤーではない人のため、脱出用のタイヤキ型ポッドがあります!」

天海(ゲームのタイトル聞いたときから思ってたけど、なんでタイヤキなんだろう。甘党なんすかね)

BB「ただそこまで誘導はできますが、気を付けてください。この庭園にはNPCが結構な数いますので」

BB「先に使われちゃって脱出ポッドが残ってないという可能性も充分考えられます!」

天海「最原くんのことは放置っす! ひとまず全力でそこまで行くっすよ!」

BB「こっちです!」ダッ





脱出ポッド格納庫

BB「よし! あと二つ残ってますね! 急ぎますよ! 入口を開けてください!」

天海「OKっす! それじゃあ」ガチャリンコ

ガチャピン「!」

ムック「!」

天海「……」



バタムッ


BB「なんで閉めちゃうんですか!?」ガビーンッ

天海「ガチャピンとムックがいた! ガチャピンとムックがいたんす!」アタフタ

BB「最近キャンペーンが終わったんです! そりゃいますよ!」

BB「え? ゲームが違う? 今はそんなこと考えている場合じゃ……」



バシュッ


BB「ああほらーーー! アタフタしている内に脱出されちゃったーーー!」

天海「帰らないでーーー! 俺たちの傍にまだいてーーーッ!」

ガチャピン&ムック「……」バイバイ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/24(土) 17:22:55.96 ID:PhZiLp8uO
どう言う状況なんだそれは…
12 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 17:29:46.95 ID:PJfDrXVI0
BB「まあ、元から脱出ポッドは二人乗りですから、乗れたとしてもギチギチのはずですけどね」

天海「まだポッドは一つ残ってるっす! それに乗って脱出を!」ガチャリンコ

西川貴●「!」

天海「……」


バタムッ


BB「だからなんで閉めちゃうんですかッ!」ガビーンッ

天海「なんか明らかに西川貴●さんっぽい人がいたんす! BrightでBurningなshoutしそうな人が!」アタフタ

BB「知りませんよ! どっちにしろここしかもうないんです!」ガチャリンコ

BB「相乗り失礼しまーす!」

西川貴●「……」イイヨー

天海「ぐ。狭っ……!」

BB「よし! それじゃあ脱出を……ん? 遠くから誰かが走って……」

hyd●「……」マッテー

BB「hyd●っぽい人ーーー!」ガビーンッ

天海「なんかNPC陣がことごとく人選意味不明なんすけどーーーッ!」ガビビーンッ!

BB「あ、このゲームのエンディングとオープニングを唄う人です。それぞれ」

天海(無駄に豪華!)
13 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 17:39:04.41 ID:PJfDrXVI0
虚栄の空中庭園 玉座

最原「ふう……思ったより簡単な謎でよかった」

セミラミス「ふむ。人間の割には中々やるか」

セミラミス「……だが、この程度で終わりだと思っているわけではあるまいな?」ニヤァ

最原「え」

セミラミス「クリア後に攻略要素が残るのはゲームのお約束、というヤツであろう?」

最原「ちょ、ちょっと待って! まだ何かあるの!? ついさっきhy●eっぽい人のエンディングを聞いたばっかりなのに!」

セミラミス「セカンドステージへ向かうぞ。それが終わるまでは、まだ貴様は我が駒だ」

最原「そんなバカな!」

セミラミス「なお、途中で逃げようとした場合はこの庭園の崩壊に無抵抗で巻き込まれて死んでもらう」

最原(選択肢がない!)ガビーンッ

セミラミス「さあ。向かうぞ。次のステージへな!」

最原(……天海くんとBBさんに任せるしかないか……!)
14 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 17:41:16.18 ID:PJfDrXVI0
休憩して……アルテラさん狙いで来てしまった謎のヒロインXさんを育成します。
お前じゃ……ない……優秀だけど……お前じゃ……種火食べさせなきゃ……
15 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 22:25:24.30 ID:PJfDrXVI0
ズズゥン……

獄原「ん? 今、何かが向こうで聞こえたような……」

真宮寺「気のせいじゃないの? だって海だヨ?」

獄原「いや。やっぱり建物が崩壊するような音が聞こえる……」

星「……この世界で何が起こってるんだかな」

星「ところで昼ご飯はどうするんだ?」

真宮寺「備え付けてあったからって、朝から焼きそばとか焼いちゃったからネ。昼はさっぱり冷ややっこだヨ」

星「どっちにしろ麺類じゃねーか」

東条「……夜くらいは私が料理を作りたいわ」

真宮寺「怪我もそろそろ治ってきてるしネ。久しぶりにそうしようかな?」

真宮寺(ていうかいつまで水着なんだろう……とはとても聞けないよネ……)

東条(この常夏の島においても制服は脱がないのね……とはとても言えないわ)
16 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 22:53:37.64 ID:PJfDrXVI0
獄原「ちょっとゴン太、あっち側に行ってみるね!」ガサゴソ

東条「泳いでいくつもりならここに水着が……」

獄原「エンジン付きゴムボート!」テレレテッテレー!

東条「……」

獄原「行ってきまーす!」ブロロロロロロ!

東条「水着……」

星「まあ流石にアイツも急いでるときはボートくらい使うだろう」

東条「……」

真宮寺(水着仲間欲しがってる……)

星「……ところで東条。俺の水着はあるか?」

東条「!」パァァァァ

真宮寺(凄い気を使ってる……!)

真宮寺「ん?」

獄原「うわああああああああ!」ブロロロロロロ!

真宮寺「あれ。もう帰ってき……!?」





タイヤキ型ポッド「」ビチビチビチビチッ!

獄原「うわあああああああ! こっちに来ないでーーー! 怖いーーー!」ブロロロロロロ!

真宮寺(なんかよくわからないものに追われてる)ガーンッ!
17 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 23:07:44.58 ID:PJfDrXVI0
獄原「セーフ! 陸地に辿り着いた! ここまでくれば大丈夫!」

タイヤキ型ポッド「」ビチビチビチビチビターンッ!

星「まあ、魚類? のようだし、陸地に上げちまえば身動きは取れな」

タイヤキ型ポッド「」ブルブルブルッニョキッ

獄原「え?」

タイヤキ?型ポッド「」カサカサカサカサッ

獄原「ええーーーーッ!? 虫みたいな足が側面から出てきて陸地を素早く移動しはじめたーーー!?」ガビーンッ

真宮寺「気持ち悪っ……! ひい! こっちに来てるぅ!」ガビーンッ!

東条「真宮寺くん! 逃げて!」

真宮寺「言われなくとも……ハッ!」

真宮寺(今、ここには仕込み中のタレと刻んだ具材が……!)

真宮寺「逃げるわけにはいかない!」ギンッ

獄原「し、真宮寺くん! ダメだ、間に合わない!」ダッ

タイヤキ?方ポッド「」ピタッ

真宮寺「……と、止まっ……た?」
18 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 23:19:33.49 ID:PJfDrXVI0
ブシューッ

真宮寺「ん? あれ。これ、乗り物……みたいだネ。開いた口から誰かが出てくるヨ」

ガチャピン「……」ヌッ

ムック「……」ヌッ

真宮寺「」

ガチャピン&ムック「……」ダッ

東条「……真宮寺くん? この魚類? の陰に隠れてよく見えなかったけど、誰だったのかしら」

真宮寺(ツッコミが追い付かない)

獄原「あれ? あっ」

真宮寺「ま、まあいいや。今のは悪い夢だったと思うことにしよう」

真宮寺「引き続き冷やし中華を……」

獄原「!」バッバッ

星「お?」

東条「きゃっ」






獄原「真宮寺くん! 今すぐ逃げて!」

真宮寺「は?」

獄原「別角度からもう一体突っ込んでくる!」

タイヤキ?型ポッド2「」カサカサカサカサッ

真宮寺「ぎゃああああああああああああ!」グシャッ

星「真宮寺が轢かれた!」

獄原「真宮寺くーーーん!」ガビーンッ!
19 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/24(土) 23:20:29.85 ID:PJfDrXVI0
冷ややっこと冷やし中華って混同しがちだよね。
今日のところはここまで!
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 00:32:25.27 ID:0ttaGaq7O
ガチャピンとムック……

いったい何ンブルーファンタジーなんだ……

100連ガチャはどうなったんだ……
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 07:57:51.93 ID:B4v1nyv1O
さよならポンキッキーズ……
22 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 14:09:02.55 ID:+EawDSKZ0
東条「……いいえ! まだ大丈夫よ! あの虫のような足の隙間に運よく入って潰されてはいないわ!」

星「見れば見るほどに本当にイヤなフォルムしてるな」

獄原「うん! サケビクニンさんの百倍グロテスクだよね!」

東条「どうやらあの乗り物? は停止したようね。下の隙間に入っている真宮寺くんを救出するわ!」ダッ

獄原「あ! ゴン太も……ハッ!」

タイヤキ?型ポッド2「……」ギャーギャー

獄原「ダメだ東条さん! それに迂闊に近づいたら――!」


ガシャンッ


BB「シェイプシフター! その狼藉者をどこかに振っ飛ばしてーーーッ!」

天海「ぐふああああああ!」バシュンッ

東条「がふっ」ドスゥッ

獄原「東条さんの鳩尾に天海くんが激突したーーーッ!」ガビーンッ

星「……ん? 天海?」

獄原「ゴン太の仲間に手出ししないで!」ダッ

BB「あー。まったく。どさくさに紛れて胸を揉むとかどこのラノベ主人公――え?」

伝説の超獄原ゴン太「消えて無くなれーーーッ!」グンッ ブンッ

BB「きゃーーー……」ヒューッ……

星(魚型の乗り物をどこかに投げ飛ばした……!)ガビーンッ

東条「」チーン

真宮寺「」チーン

天海「」チーン

獄原「……」

獄原「また……守れなかった……!」ガクリッ

星「お前さんはよくやった……」
23 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 14:18:07.96 ID:+EawDSKZ0
アンジーの病室の外

巌窟王「……」イライラ

巌窟王(なんということだ。まさかアレを抜き身のまま放置して閉じ込められてしまうとは)

巌窟王(なんとしてでも、アレだけはモノクマないし白銀に見られるわけにはいかない)

巌窟王(入間は外に出ることは外からの助けなしには不可能だと言ったが……真面目に考えなければならないだろうな)

「導けBright Burning Shout! 無情すぎる世界でも!」

巌窟王「む? どこからか歌声が……上からか?」

BB「きゃああああああああああああ!」ヒューッ!

巌窟王「!?!?!?」ガビーンッ





ドグシャッ


☆声に出したその希望を真実に――!
24 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 14:24:23.91 ID:+EawDSKZ0
赤松「巌窟王さん? どうしたの? 何か凄い音が聞こえたけど……」

BB「」チーン

巌窟王「」チーン

赤松「!?」ガビーンッ

赤松「な、なにこれ! どういう状況……ん!?」トントンッ

赤松(あれ。誰かに肩を後ろから叩かれた?)

西川貴●「……」ヤッホー

赤松「!?!?」ガビビーンッ

赤松「え? 私の名前が知りたい? 赤松楓ですけど……」

西川貴●「……」サラサラサラッ ピッ




西川貴●のサインを手に入れた!




赤松「え。え?」

西川貴●「……」ダッ

赤松「い、行っちゃった……なにこの状況……」



サインは後で額に飾られた。西川貴●とhyd●はジャバウォック島にて野生化した
25 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 14:25:15.41 ID:+EawDSKZ0
休憩します!
26 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 18:10:29.96 ID:+EawDSKZ0
真宮寺さんちの今日のごはん 海の家にて

真宮寺「……完成したヨ。冷やし中華。人数増えちゃったから、ちょっと量少なくなっちゃったけど」

赤松「うわあ! 美味しそう!」

獄原「真宮寺くんが必死に食材を守った甲斐があったね!」

巌窟王「アンジーの分は当然用意したのだろうな?」

真宮寺「もちろん。食べられるかどうかは別だけどネ」

巌窟王「後で持っていこう」

真宮寺(信用を回復できたみたいでよかった……!)

巌窟王「もし毒を盛ってたりしたら後で焼いて海に散灰するぞ」

真宮寺(全然回復できてなかった……!)エグエグ

天海「それじゃあ、みんな揃って……」

BB「いっただっきまー……」

巌窟王「待て」

天海&BB「?」

巌窟王「何故貴様らがここにいる?」
27 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 18:24:14.75 ID:+EawDSKZ0
天海「助けに来たんすよ。外部からの操作を受け付けない状態になっていたから、中に入るしかなかったんすけど」マグマグ

入間「あー? マジかよ。外からも不可能なのかよ……徹底しすぎだな、オイ」マグマグ

BB「ていうかあなたたちは一体何をしているんですか。外部からの脱出手段がないのなら、内部にスイッチがあるのが道理でしょうに」マグマグ

巌窟王「全員食べながら話すのをやめろ」イラッ

入間「いや。どこを探してもないもんはなかった。これは間違いないぜ」

BB「どこか弄ったんじゃありません? あなたたち、何か壊したりしてないです――」

BB「……あ。もしかしたらアレかな……白銀さんのアルターエゴ……」

真宮寺「彼女がどうかしたの?」

BB「いえ。外に出れないというのなら、あなたたちがこの世界を調べた時点で『壊れた物』が必然的に『脱出の手段』ってことになるかなと思って」

BB「たった一つだけありましたよね? あなたたちが明確にぶっ壊した、この世界の機能」

巌窟王「!」

入間「……ああ、そうか! クソッ! やられた! アイツが出入り口だったのか!」

BB「今となっては確かめようがありませんが……」

BB「でもそれならそれでおかしいですね」

天海「おかしい?」

BB「だって、白銀さんが虚栄の空中庭園の中の一室を改造して、何らかの作業をしていたことは明らかですし」

BB「もしも作業中に出入り口がぶち壊されたら、白銀さんもあのカプセルの中に閉じ込められたままなはずなんですが……」

BB「予備の出入り口がどこかにあると考えるべきですね」
28 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 18:37:26.04 ID:+EawDSKZ0
入間「はんぎんぐがーでん……? それって、このなんかブラックボックスな感じになってる……」ブオンッ

BB「ああ、それですそれです。うわぁ。改めて文字列として見てみると本当スパゲッティなクソコードですねー」

BB「しかしあそこに出入り口っぽいものがあったとは記憶してないのですが……」

天海「……」

天海「あの。BBさん。イヤな仮説言っていいっすか?」

BB「はいどうぞ天海さん!」

天海「白銀さんが本当に出入り口だったとしたら、アルターエゴに俺たちを脱出させる権限があったってことっすよね?」

BB「そうですね」

天海「じゃあ、予備の出入り口って、彼女と同じくアルターエゴだったりしないっすか?」

BB「可能性としては充分ありえるかと」

BB「あ」

東条「……どうかしたの? 心当たりがあるのなら言ってちょうだい」

BB「……あの。入間さん。その端末から私たちの人格データって見れます?」

入間「不可能だな。そこまでの権限は俺様たちにない」

BB「じゃあアルターエゴのデータも同じく見れないでしょうね……だから見つからなかったのか……」

入間「あー? テメェ、何を言って」

入間「あっ!」

天海「……てっきりあの女の人はただの時間稼ぎ要因だと思ってたっす。でも実際のところ答えそのものだった……!」








天海&BB「セミラミスさん!」
29 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 18:51:08.88 ID:+EawDSKZ0
天海「彼女が出入り口だったんすね! 全然その発想なかったっす!」

BB「……あー。私たちが入るまで、あの空中庭園は無事でした。つまり白銀さんはあのゲームをゲームとしてプレイしていないことになります」

BB「あのときセミラミスさんは問答無用のように振る舞っていましたが……実際、そこまで権限は強くないでしょうね」

BB「『この世界から出してくれ』という明確な意思を伝えれば、彼女は私たちを出さざるを得ない。そういうふうにできているはずです!」

BB「『見逃してくれ』と漠然と言うだけではダメでしょうけどね」

天海「でもそんなこと、会ったとき彼女は一言も……」

BB「自分と遊ばなければならないと思わせるためにチュートリアルを自動でスキップしたのでしょう」

天海「無茶苦茶な!」

巌窟王「……ともかく、そいつに会えばいいのだな?」

東条「脱出手段に当たりがついたのはいいことだけども……その人、今はどこにいるのかしら」

BB「ゲームをクリアした最原さんを拉致ってセカンドステージへと向かったはずですが……」

BB「……」

BB「未実装エリアを開拓して新しいステージを延々と作るくらいはしそうですねぇ。あの土木系アサシン」

入間「ちょっと待ってろ! んな派手なことされたらイヤでも気づく!」カタカタカタカタ

入間「あった! さっきまで絶対になかったオブジェクトが発生してる!」

BB「場所は?」

入間「ここから真っ直ぐ南の方向だ!」ビシィッ






陸地「」ドォォォォォォンッ!

入間「……あ、あれ? さっきまで無かったよな? あんなん」

BB「やりたい放題ですねー」

巌窟王「先に行っている。お前たちは後から来るがいい!」ビュンッ!
30 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 18:58:56.73 ID:+EawDSKZ0
最原「……ここは……」

セミラミス「さて。セカンドステージはちょっと難易度が上がるぞ? 内容はただのかくれんぼだがな」

セミラミス「我は全力で貴様から隠れる。それを見つければ貴様の勝ち。それだけの簡単なルールよ」

最原「……見覚えがあるような気がする」

最原(妙だ。忘却補正があるのだから、見覚えがあるのなら忘れてない。なのに……懐かしいと、ただ思うだけだ)

セミラミス「さあ。見事我を探し当ててみせよ。ステージの名前は……」








セミラミス「希望ヶ峰学園、と言ったか?」
31 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/25(日) 19:00:02.00 ID:+EawDSKZ0
今日のところはここまで!
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/25(日) 21:50:50.30 ID:LgRPXcRO0
新世界プログラム内のセミ様探す序でにつむぎ関連も見つける感じかな?
33 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 19:06:11.48 ID:SPo0SbT30
希望ヶ峰学園内

最原「……今回も早めにクリアして、天海くんたちに合流しないと」

最原「どこに隠れてるんだろう」

最原(というか……才囚学園と趣味がほぼ同じだな。かなり悪趣味な内装だ……)

最原(でもこの既視感はそれとは何か違う気がする)

最原(僕はここを知ってる?)

最原「……進んでみよう」







??「……」ジーッ
34 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 19:14:15.36 ID:SPo0SbT30
最原「……いないな。手がかりも見つからない。結構時間がかかりそうだ」

最原「天海くんたちが外に出るのが先かもな……そうだといいけど」

最原「……」

??「……」ジーッ

最原(さっきから誰かに見られてる。でもセミラミスさんじゃないな……)

??「……」クスクスクス

最原(……どうせ手がかりはないんだ。追ってみようかな)

??「……」スッ

最原「気付かれた。でも……本気出して逃げようとしてないな」

最原「僕をどこかに連れて行こうとしてる?」

??「……」ニヤニヤ

最原(悪寒がする。引き返せって、僕の勘が全力で言ってる)

最原(……それでも、あれしか手がかりがない)
35 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 19:19:48.35 ID:SPo0SbT30
??「本当に真実を知りたいの?」

最原「!」

最原(……あれ。ここ、どこだろ。真っ暗だ。なのに自分の姿だけはよく見える)

最原(僕の前を行く誰かの背中も……見失ってない)

??「……そんなわけないよね。本当に真実を知りたいのなら、もうキミは既にそれを手にしている」

??「気付いていないフリをしているだけだ」

最原「……何が言いたいの?」

??「……ふふっ」

最原(この声は……聞いたことがある。まさか……!)

最原(セミラミスさんじゃない。白銀さんでもない。でも日常的に聞いたことのある、あの声は!)

最原「……ッ!」ダッ

??「へえ。追ってくるんだ」タッ
36 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 19:27:45.68 ID:SPo0SbT30
??「おかしいと思わなかった? なんで忘却補正で思い出せたのが、この学園での記憶だけだったのか」

??「普通に考えれば、思い出しライトでこれから思い出すはずだった『この学園に来る前の記憶』も思い出せなきゃおかしいよね?」

最原(それは……!)

??「さあ。考えてみよう。キミはいつだってそうしてきたはずだ。一体、なぜこの学園に来る前の記憶がないのか」

最原「……」

最原(何故、思い出せたのが学園に来てからの記憶だけだったのか……それは)


1.忘却補正に不備がある。
2.思い出したが、また忘れた。
3.元から学園に来る前の記憶がない。
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 19:30:46.18 ID:jxlsNVZg0
3
38 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 19:32:11.99 ID:SPo0SbT30
最原「……元から学園に来る前の記憶がないから……?」

??「正解だ」

最原「いや。それはおかしい。だって今までずっと、思い出しライトで記憶を取り戻してきたはずだ」

最原「元から学園に来る前の記憶がないのなら、僕たちが今まで思い出して来たアレはなんだったんだよ!」

??「思い出してみてよ。白銀さんは、キミたちの記憶を改竄するときに何を使った?」

最原「……それは!」



1.思い出しライト
2.マザーモノクマ
3.エグイサル
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 19:33:44.78 ID:zHdMd2Pg0
1
40 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 19:40:44.46 ID:SPo0SbT30
最原「……思い出しライト」

??「ほら。答えはすぐ傍に転がっていたでしょ? 何の才能の個性もない僕でもわかる」

最原「……」

??「ここまで言ったらもうわかるよね? 思い出しライトの本当の機能は『記憶の植え付け』なんだよ」

??「さて……元から思い出すべき記憶がない。思い出しライトの真の機能。この二つを念頭に置いて一から考えよう」

??「キミの正体は、なんだろう」

??「一体どこからどこまでが真実なのかな?」

最原「う……ぐ……!」

??「質問を変えよう」

??「キミが……『最原終一』が始まったのは、どの時点?」

最原「……」





1.学園生活開始時点
2.学園生活開始以前
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 19:44:26.70 ID:zHdMd2Pg0
1
42 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 19:53:31.78 ID:SPo0SbT30
最原「……学園生活が始まったその時点……」

最原(気が付けば歩みは止まっていた)

最原(目の前の人影は、僕に向き直っている)

最原「キミは……誰だ?」

最原「なんでこんなことを知ってる? どうして……!」

最原「誰にも言ってない! 確かに薄々感づいていたけど、そのことを誰にも気取らせてないんだ!」

??「まだ目を逸らすの? 目の前を見ればわかるのに」

??「……巌窟王さんから貰った強さはどこに行ったのかなぁ?」

最原「キミは……!」

??「そう。関係ないんだよ。誰にも言ってない。気取らせてない。でも、だからって誰にも知られないわけじゃない」

??「最原終一を誰よりも知っている人。最原終一の声を誰よりも聞いてきた人。最原終一の気持ちを誰よりも理解できる人」

??「さて。僕は一体、誰でしょう」

最原「……」

最原(僕が追っていたのは……僕を煽る、この聞きなれすぎた、この声の主は……!)




1.最原終一
2.白銀つむぎ
3.モノクマ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 19:56:14.50 ID:zHdMd2Pg0
1
44 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 20:02:02.25 ID:SPo0SbT30
最原「……僕が……いる」

最原?「……」

最原「なんで。キミは一体……誰?」

最原?「君自身……だけど、厳密には最原終一じゃないなぁ」

最原?「……元の人格のバックアップと呼んだ方が正確かも」

最原「……」

最原(何がなんだかわからない……僕は今、何を見ている……!?)

最原?「キミは僕と違って頭がいい。もう全部わかってるはずだよ?」

最原?「ふふっ……くくくくくく」

最原「ふざけるなっ! こんなものまやかしだ!」

最原「……こんなものが真実なわけ……ないだろ……!」

最原?「いや? 間違いなく真実だよ。そして――」

最原?「ここまで辿り着いたキミに、二つの選択肢をあげよう。初回特典としてね!」

最原「え?」








最原?「『僕』に戻って、外の世界に帰る。または、この世界に残って引き続き地獄を味わい続ける」

最原?「どっちがいい?」

最原「……」

最原「……は?」
45 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/26(月) 20:03:55.57 ID:SPo0SbT30
今日のところはここまで!
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 21:28:59.14 ID:ssw4tNPFO
もしかしてチラチラ見えてた黒髪の少年ってぐだ男じゃなくてコイツ?
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/26(月) 21:35:57.78 ID:63vIyBdy0
マコトくんかと思った
48 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 18:34:28.53 ID:YUBq5Fog0
希望ヶ峰学園外周部

巌窟王「……」

セミラミス「むぐ?」モグモグモグモグ

巌窟王「……何をして……いや。マカロンを食べているのか……そうか……」

セミラミス「……」モグモグモグモグモグ

巌窟王「……」

巌窟王「いい加減食べるのをやめろ」

セミラミス「……」ゴクン

セミラミス「くくく。巌窟王か。よもやこんなところで出会うとはな」

巌窟王「会いたかったか?」

セミラミス「まさか。貴様とは趣味がまったく合わんからな。二度と顔を突き合せたくはなかったぞ?」

巌窟王「フン……」

セミラミス「今、この学園の中で我を探している人間……名前は最原だったか」

セミラミス「早めに助けなければまずいかもしれんな?」

巌窟王「!」

セミラミス「この学園の中に我が『いない』ことに気付いて外に出ることができたらセカンドステージはクリア」

セミラミス「……なのだが、我にこのステージを貸したあの女は、この学園の中に一つのデストラップをしかけていたらしい」

セミラミス「強い心があれば問題はなかろうが? アレはおそらくダメだな」

巌窟王「舐めるな。アレはそこまで惰弱ではない」

セミラミス「そうか。なら確かめてみるか? だがその前に、我はこの空間において千里眼に等しい権能を持つ」

セミラミス「これも同じく、あの眼鏡の女に貸し出されたものだが?」

巌窟王「何が言いたい?」ギロリ










セミラミス「冷やし中華をマスターに届けるのではなかったか?」

巌窟王「……!」ハッ!
49 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 18:39:45.46 ID:YUBq5Fog0
海の家近辺

獄原「よし! 人数分のゴムボートは用意したよ!」

赤松「最原くんもこの世界に来てたの!? もっと早くに言ってよ!」アタフタ

天海「いや! 言い忘れてて!」

BB「ていうか私は言いましたよ。サラッと」

赤松「サラッとしすぎてうっかり聞き逃しちゃったんだよ!」

ギュンッ

巌窟王「うおおおおおおお!」ギュンッ

BB「……あれ。今、巌窟王さんが帰ってきたような……?」

星「アイツ『先に行ってる』って言ってたよな? 何があったんだ?」

真宮寺「……あ」

獄原「どうかしたの?」

真宮寺「……夜長さんの昼ご飯……」

赤松「あっ。慌てすぎてて忘れてたね……」
50 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 18:45:10.39 ID:YUBq5Fog0
夜長アンジーの病室

巌窟王「……」ソッ

巌窟王「……」ソソクサソソクサクレラップ

巌窟王「……!」←冷やし中華にかけるラップが手に絡まった

アンジー「……どうしたのー?」

巌窟王「アンジー。起きていたか。いや何。昼食を運んできただけだ。俺はこの後、少し遠出する故な」

巌窟王「食べる気になったらタレをかけて食べるがいい」

アンジー「なにかあったのー?」







巌窟王「最原がこの世界にやってきたらしいのでな。会いに行く」

アンジー「アンジーも行くーーーッ!」ズギャアアアアンッ!
51 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 18:50:27.53 ID:YUBq5Fog0
海の家周辺

真宮寺「……ゴムボートを人数分、急ピッチでこしらえたのはいいけど」

真宮寺「まさか全員があっちに行くわけにもいかないよネ。夜長さんがいるんだから」

東条「彼女の容態は依然として悪いわ。まかり間違っても放置はできない」

獄原「じゃあ東条さんと……あと一人くらい補助で誰かいた方がいいかな?」

赤松「あ。じゃあ私が……」

ギュンッ

巌窟王「クハハハハハハハハ!」ギュンッ

アンジー「終一いいいいいいいいい!」ギュンッ

BB「……今その悩みがすべて無に帰しましたね」

天海「巌窟王さんがアンジーさんを伴って飛んでったーーーッ!?」ガビーンッ

赤松(わあ。この学園に来て以来初めてだなぁ。あんな殺意全開のアンジーさんの怒声聞くの……)

星「……さっさと行った方がいいな。全員で。さもないと最原が灰になっちまうぜ」

天海「え? なんて?」

赤松「急ごう!」
52 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 18:51:21.03 ID:YUBq5Fog0
休憩します!
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 19:01:32.94 ID:E/GEyofDO
なんか最原さん前の敵よりも後ろの味方から撃たれる機会の方が多くないっすか?
54 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 20:34:08.87 ID:YUBq5Fog0
希望ヶ峰学園内部

最原「何を言ってるの? まるで意味がわからない」

最原?「わかりたくない、の間違いじゃないかなぁ」

最原?「……そうだなぁ。じゃあ、コレを見てくれればわかるかな?」バサッ

最原「……紙?」

最原?「才囚学園の生徒全員のプロフィール」

最原「こんなもの今更渡されても」

最原?「本当のプロフィールだよ?」

最原「!」

最原?「……読んでみて?」

最原「……」ペラペラ

最原「……これは……これ、は……!?」

最原(全員が高校生、ということ以外はすべてデタラメだ)

最原(所属校。学年。誕生日。好きな物。嫌いな物……)

最原(本名に至るまでが! 全員!)

最原?「もうわかったんじゃないかな。この学園が何のためにあるのか」

最原「……嘘だ」

最原「この学園で起こったすべての出来事が『嘘』」

最原「僕は僕たちの命のために全力で戦ってきたと思ってたけど、全然違う」

最原「本質は……僕たちのためじゃない。顔も知らない、外の世界の……」

最原?「誰かの為の物語」
55 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 20:47:15.65 ID:YUBq5Fog0
最原?「さて。キミの寿命っていつまでかな?」

最原「!」

最原?「キミの存在はすべてがフィクション。『最原終一であること』に特化した結果、外の世界で生きることは絶対に不可能だ」

最原?「もしもキミたちがこの世界から脱出できたとしても……帰る場所はどこにもない」

最原?「だって全部嘘だもん!」

最原「そんな……そん、な……!?」

最原?「でも、そんなキミにも生き残る唯一の術がある。それが僕だよ」

最原?「……真実の自分、取り戻してみたくない?」

最原「!」

最原?「嘘の自分を捨て去って、元の僕に戻るんだ。ついでに外の世界に帰って、元の平穏な生活に戻れるよ?」

最原?「平和。退屈。刺激はないけど面倒ごともない、そんないつも通りの日常にさ」

最原「……そんな都合のいい話があるわけない!」

最原?「あるよ。キミにだけはね」

最原?「……白銀さんが必死に僕を復元して再現したからね。確かに本当は無理なんだけど」

最原?「最原終一の『基』の記憶を完全再現した思い出しライトを一から作ったんだよ」

最原「な……え……!?」

最原?「さあ。どうする? どうする? どうする?」

最原「そんなの決まってる! 思い出しライトの真の機能がわかったのなら、絶対にそれを浴びるわけにはいかない!」

最原?「ならみんなと一緒に死ぬの?」

最原「は……!?」

最原?「……フィクションのキャラクターはフィクションの世界からは出られない」

最原?「キミたちは必死に『死なないように』立ち回ってたけど。無駄だったんだよ」

最原?「だってキミたちは永遠にこの世界から出られないんだからさ」

最原?「一生、この世界の所有物だ。結局のところ、どこにも行けない」

最原「……!?」
56 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 20:55:36.86 ID:YUBq5Fog0
最原?「物語の本質は『生贄』だ。現実で起こってほしくないことを、物語の中で代行させる」

最原?「親が死ぬ。友達が死ぬ。世界が滅びた。死ぬよりひどい目に遭った」

最原?「そういう悪い物が現実にあっちゃいけない。だから物語の中に全部押し込める」

最原?「キミたちは外の世界の人のために、外の世界の悪い物すべてを押し付けられた……いや」

最原?「押し続けられ続けるんだよ」

最原「……」

最原「まさか……天海くんの『超高校級の生存者』の意味って……」

最原「あの動機ビデオの正体は……!」

最原?「あ。あれだけは本物だったろうね。偽りではなく真の意味で成立している動機ビデオだ」

最原?「この世界、ハイスピード推理アクション『ダンガンロンパ』は大人気のシリーズものなんだよ」

最原?「今回で五十三作目なんだ」

最原「ごじゅっ……!?」

最原?「さて。シリーズ物、という言葉の意味、わかるよね」

最原?「今作で生き残ったところで、次回作でどうなるかはわからない」

最原?「キミたちは永遠に、どこにも脱出できないんだよ」

最原?「だって存在自体がそういうふうに作られてるんだからさ!」

最原「……」

最原?「でも……だからこその、この選択肢だ」

最原?「キミは正真正銘、ダンガンロンパの世界から脱出できる」

最原?「そのために僕がここにいるんだからさ」ニヤァ
57 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 21:03:05.99 ID:YUBq5Fog0
最原「これが……真実?」

最原「こんなものが……!?」

最原?「イヤなら僕になるといい」

最原?「その時点でキミはダンガンロンパの世界においては『死んだもの』として扱われる」

最原?「そして、外の世界に戻って、元通りの生活に戻ることができるよ?」

最原?「キミは二度と、こんな残酷で悪趣味な世界と関わることはない」

最原?「逆に言えば……もしも断ったら、キミはこの『ダンガンロンパの世界』で永遠に」

最原?「いつか死ぬまで永久に」

最原?「この出口のない地獄に囚われたままになる」

最原「その程度……なら」

最原?「耐え切れないよ。だってキミは優しすぎるから」

最原「え?」

最原?「……仲間が死にそうになる度に、泣きそうになってたでしょ?」

最原「ッ!」

最原?「……本当に死んだら、あの程度じゃ済まないよ」

最原「……」
58 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 21:12:58.10 ID:YUBq5Fog0
最原「終わらない……永遠に……?」

最原「脱出できないだって?」

最原「嘘だ! こんなの! こんなのが真実なわけ……!」

最原?「まだ認めないんだね。この学園を見てもなお」

最原?「この希望ヶ峰学園は、ダンガンロンパ第一作目の舞台だ」

最原?「……僕がこのゲームに参加したいと思った動機だよ」

最原「!」




ザザッ


最原(頭の中に……何かが流れ込んで来る)

最原(これは僕か……!?)
59 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 21:20:45.88 ID:YUBq5Fog0
最原?「……楽しかったな。ゲームを初めてプレイしたときは」

最原?「そして憧れたんだよ。『個性がある』ってことに。純粋にさ」

最原?「……最初はそれだけだったんだ」

最原「……」

最原?「まさか本当に、こんな目に遭うなんて思わなかったけど」

最原「そうだ。ちょっとだけ思い出した……忘却補正のお陰かな。これが『本当の記憶』ってことはわかるよ」

最原「……退屈だったんだね。死にたくなるほど」

最原?「これと言って親友と呼べる人はいなかった」

最原?「恋人とかも作ったことがない」

最原?「特別に秀でた才能も持ってなかった」

最原?「同じように流れて消費されていく時間がイヤでイヤでたまらなかった……!」

最原?「何者にもなれないまま寿命が尽きてのたれ死ぬ。そんな予定調和の未来がすぐ傍に見えているみたいで怖かった!」

最原?「だから思ったんだよ。こんな毎日をぶち壊せるのなら。終わらせることができたのなら……!」

最原「死んだとしても構わない」
60 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 21:29:06.37 ID:YUBq5Fog0
最原「……バカなことを……そんなことのために、僕は……!」

最原?「でも『僕』は後悔してないよ」

最原?「だって、楽しかったでしょ?」

最原「は……?」

最原?「必死に生きるのは気持ちよかったはずだ。誰かに頼りにされて身が引き締まる思いだった」

最原?「誰かに好きになってもらったり、誰かを好きになったり……」

最原?「この上ないくらい生きる実感があったでしょ?」

最原「……」

最原?「でもまあ、そろそろ充分じゃないかな。流石にそれでも『永遠に続く』っていうのなら話は別なはずだ」

最原?「外に出ても……『僕』に戻っても、最原終一は消えたりしないよ」

最原?「さあ。早く元に……」









最原「知ったふうな口を利くなよ」

最原?「は?」

最原「僕の記憶は僕だけの物だ。お前なんかに渡さない」

最原「……渡すもんか!」
61 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 21:38:16.89 ID:YUBq5Fog0
最原?「何を……言って……」

メラッ

最原?「……!」

最原「今貰った記憶は消すよ。僕には必要のないものだ」ボオオオッ

最原?「その炎は……!」

最原「熱量は流石にないけどね……見た目だけみたいだ。まあ、記憶を消すだけの炎だから物理的な効果がなくって当たり前だけど」

最原?「なっ……!?」

最原「貰った記憶を『元の記憶に関する改竄』と認識すればいい。それだけで全部忘れる」

最原?「正気!? 僕に戻らなきゃ一生、地獄に囚われたままなんだよ!」

最原?「元の世界に戻らなきゃ、いつか死ぬまで永遠に弄ばれるだけだ!」

最原「戻る? ふざけたこと言わないでよ!」

最原「僕は違う。僕はキミなんかじゃない!」

最原「僕の名前は最原終一だ! それ以上でも以下でもない!」
62 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 21:48:27.14 ID:YUBq5Fog0
最原「ぐっ……!」グラッ

最原(頭が物凄く痛い。真っ直ぐ立っていられない!)

最原?「なんで!? 死ぬのはイヤだろう? 仲間が死ぬのを目の前で見るのはもっとイヤなはずだ!」

最原?「僕に戻れば全部、傍観者の立場から俯瞰できるのに!」

最原「だからそれがイヤなんだよッ!」

最原「この悲しみも。この後悔も。この絶望の一欠けらだって僕の物だ!」

最原「僕自身の物だ! 誰かに預けて退場なんてマネができるはずがない!」

最原「自分がイヤで……それだけで『自分』をあっさり捨てたキミとはまるで違う!」

最原「後から来て全部総取りとか、させられるわけない!」

最原「だって……この記憶が僕のすべてなんだから!」








「よく言った。やはり快勝だったではないか。最原」

最原「!」

巌窟王「……後は任せろ」ボォゥッ

最原「――」
63 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/27(火) 21:49:02.26 ID:YUBq5Fog0
今日のところはここまで!
64 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/28(水) 19:37:09.82 ID:H3zi7ORF0
最原?「……巌窟王さん?」

巌窟王「ああ、そうだ。永遠の復讐鬼たる俺が貴様を滅ぼしにきたぞ」

巌窟王「あの女帝も、貴様も随分とコイツのことを過小評価してくれたな」

巌窟王「前はどうだったかは知らん。だが、この学園に来てコイツは変わった!」

巌窟王「最原はもう弱くはない!」

最原「あの」

巌窟王「肉体的な意味ではない。単純な精神の話でもない」

巌窟王「言うなればそう……魂だ」

最原「あの。巌窟王さん。ちょっと」

巌窟王「コイツはもう迷わない。いつだってコイツの隣には……仲間がいるからだ」

最原「ねえ! 巌窟王さん! ちょっといい!?」








最原「なんでこっち見ながらいいセリフ言ってるの!? 偽物あっちだよ!?」

巌窟王「……」

巌窟王「二人の見分けが付かないだけだ」

最原(本当に?)ズーン
65 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/28(水) 19:52:14.46 ID:H3zi7ORF0
最原?「ここで終わることが彼にとっての幸せなのに! 邪魔するの!?」

巌窟王「……それを決めるのは貴様ではない。随分と腹立たしいことを言ってくれたな」

巌窟王「万死に値する。疾く死ね」ボォゥッ!

最原?「ッ!」



ドカァァァァンッ!



最原「だからこっち本物だってヴァアアアアアアアアアアア!?」

最原?「ええーーーッ!?」ガビーンッ!

巌窟王「……」

巌窟王「手元が狂った」

ダブル最原「嘘だーーーッ!」ガーンッ!
66 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/28(水) 19:58:15.90 ID:H3zi7ORF0
最原「というか仮に僕の方が偽物だったとしても殺しちゃダメだよ! まだ聞いてないことあるんだからさ!」

巌窟王「そうか。それは済まなかった。そして燃えろ」ボォゥッ



ボーーーーンッ!


最原「きゃーーーッ!」

巌窟王「チッ。また避けられたか」イライラ

最原「やっぱり僕の方を明確に狙ってきてるよねぇ!? 僕なんかしたっけ!?」アタフタ

巌窟王「息をしている。鼓動をしている。俺と同じ空の下で生きている」

最原「聞けば聞くほど殺意満載!」ガビーンッ!

巌窟王「ああ。面倒だ。避けるな最原ァ!」ボォウッ

最原「ついに誤魔化しすらしなくなっちゃったよ! なんで!? 心当たりが全然な――」



ドカァァァァンッ!


最原「うわあああああああああ!」ダッ

最原?「あ! ちょっと待って! まだ話は終わってな――!」

巌窟王「どけぇ! 邪魔だ!」バシッ!

最原?「ぎゃんっ」ズササーッ!




ドタドタドターッ



最原?「……」

最原?「い……行っちゃった……なんだったんだアレ……」

アンジー「……終一」

最原?「ん?」

アンジー「会いたかった」

最原?「……ん?」
67 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/28(水) 20:04:40.44 ID:H3zi7ORF0
最原?「ああ。最原終一なら、さっき巌窟王さんに追われてどこかに行っちゃったよ」

最原?「僕はただのそっくりさんなんだ」

アンジー「……」


ダキッ


最原?「えっ」

最原?(抱きしめられた)

アンジー「……そんな見え透いた嘘を吐くなんて。酷いなー」

最原?「いや。だから僕は――」

アンジー「……今の一言で完全にキレちゃった」




ドスゥッ




最原?「え……」

最原?「……ごふっ!?」カハッ

アンジー「ああ。ああ! キレちゃったキレちゃったキレちゃった!」

アンジー「もうダメ! お前に対する黒い感情の奔流が抑えきれない……!」


グサッ グサッ


最原?「ぎ、ぎゃああああ! やめっ……!」

アンジー「ビンタ一発、なんて。アンジーはなんて甘かったんだろう!」

アンジー「その程度で……その程度で終わるわけないのに……!」

最原?「だ、だから人違――!」



ブチッ



アンジー「最高にCOOLなオブジェにしてあげる」

アンジー「大丈夫。殺さない程度にっていうの、慣れてるから。この前まではやられる方だったけどねー」

最原?「あ、あ、ひぎぎゃっ……ごぎぎぎぎががががあああああああああああ!」
68 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/28(水) 20:05:12.40 ID:H3zi7ORF0
今日のところはここまで!
最後の追い込みだぜ!
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 20:08:38.31 ID:bz6/ragw0
最原?が死んだ!
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 20:09:31.46 ID:HwI3ZctDO
この人でなし!
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 20:15:29.43 ID:AZh4j19J0
陰キャ原お疲れ様でした
最高にCOOLなオブジェって、マンガ版Fate/Zeroに出てきたアレの類かなー?
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 20:20:10.89 ID:SsJD0LmLO
クロ
男死嫌い
肉便器
殺デレ←new

最原君の女難がとんでもないことに・・・
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 20:32:46.60 ID:4LDA9c880
結果的に巌窟王に追っかけまわされた方がマシだったのか…
白銀のトラップが完全にギャグ要因になった
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/29(木) 00:34:37.22 ID:NUuU0hBa0
なんでこうなった(^ω^)
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 12:31:01.69 ID:6Mec0tXlO
こんな可愛い女の子に会いたかったと言われても正直に話すとか
偽物の方もフニャチンなんだね
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 16:31:28.31 ID:BajQPphkO
最原死亡ってなったらアンジーと巌窟王S+級戦犯待ったなしでは
77 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/29(木) 21:12:15.67 ID:vWQc+Pkh0
えっ。イベントって月末までじゃないの……?
ショックを受けた。EXTRA_LE的なコラム書いて今日は終了
78 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/29(木) 21:35:01.63 ID:vWQc+Pkh0
最原終一



才囚学園に囚われた生徒。

この学園生活においてアンジーに次ぎ、巌窟王の影響を受けた高校生。
かつて自らの才能によって受けた傷のせいで、人の目もまともに見られなくなっていたが、少しだけ前向きになった。

巌窟王に強い憧れを抱いているが、それと同時に『巌窟王と同じパフォーマンス』ができないということを理解していた。
同時に『巌窟王にできないことが自分にはできる』という事実に辿り着いたのが運の尽きだったのかもしれない。

決して膝を屈しない巌窟王に義理立てするかのように、彼は『せめて自分にできることだけは全力を出す』ことを学園生活の目標と定めた。
問題があったとすれば、この学園生活において彼の才能の持つ責任があまりにも重大すぎたこと。

凡人であれ英雄であれ関係なく『今の自分にできることを』というひたむきな誓いを胸に秘め、極限まで突き進む人間の末路は往々にして決まっている。

赤松や茶柱他、彼のことを心配する人間は、彼に近づく死の臭いを鋭敏に感じ取っていた。おそらく、当の本人よりも。




セミラミスの診断したスキルの副作用に関する診断は、大分甘口に抑えられている。
79 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/30(金) 06:25:27.77 ID:jKZCuNpP0
セミラミス「むぐ? また貴様か」ムグムグムグムグ

天海(今度はマシュマロ食べてる……)

セミラミス「チョコ入りだ」ムグムグムグムグゴクン

入間「んだァ? このマン●からカメムシ臭がしそうなババァは」

セミラミス「社会的に死ね」ジャラジャラジャラッ


バリバリバリッ


全裸の入間「ほげぎゃーーーッ!?」ガビーンッ

獄原「うわあああああああああああ!?」ガーンッ

東条「鎖で一瞬にして入間さんの服を……胸が悪くなるような光景ね。今日眠れるかしら」

全裸の入間「無表情で冷静な分析してんじゃねぇーーーッ!」

赤松「だ、男子は見ちゃダメ! ダメだからね! 相手が入間さんだとは言え!」アタフタ

東条「水着よ。着るといいわ」

入間「おお。上出来だ東条……?」

入間「……なんで俺様の水着を東条が……?」
80 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/30(金) 06:51:07.18 ID:jKZCuNpP0
天海「あれ? 最原くんと巌窟王さんとアンジーさんの姿が見えない……」

赤松「あ。本当だ。どこ行ったんだろう。この島でゲームしてるんだよね?」

BB「セミラミスさん?」

セミラミス「全員が中にいるぞ? 『最原にデストラップをしかけた』と伝えたら大急ぎで中に入っていきおった」

星「急いだほうがよさそうだな」

入間「サイズがぴったり……サイズがぴったり……ダメだ深く考えると頭がおかしくなりそうだ!」

星(そういえば俺の水着も……)ゾワッ

天海「あ、あれ。星くん。急いだ方がいいんすよね?」

星「あ、ああ」

赤松「急ごう!」

セミラミス「……」モグモグモグモグ

BB「あの。ついででいいんで、同行してくれませんか? 確かセカンドステージの内容って……」

セミラミス「ゲームの本筋を変えるような行為は我の本意ではないが、しかし貴様らに逆らう権力も持たん」モグモグモグ

BB「決まり! 一緒に来てください! それでこのゲームは終わりです!」

BB「後で東京土産の東京ばな奈あげますから!」

セミラミス「チョコ菓子ではないのか……」シュン
81 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/30(金) 07:25:40.74 ID:jKZCuNpP0
学園内

天海「よし! それじゃあさっさと最原くんを見つけて全員で脱出っすよ!」

獄原「手分けして探そう!」

入間「た、頼むから単独行動は取るなよ。ていうか俺様を一人にするなよ!」

星「行くぞ!」


スタコラーッ


セミラミス「……全員で脱出? 脱出手段に当たりがついたのか? 白銀は滅多なことでは出られないと言っていた気がするが」

BB「え? いや、あなたが入退室の管理をしているのでは?」

セミラミス「む? そんな権限を我はもっておらぬぞ」

BB「……」

BB「推測間違えちゃった」テヘリンッ

BB「でもだとしたら他に脱出手段なんてどこに……」

セミラミス「もしかしたらアレかもしれんな。しかけられたというデストラップがまさにアルターエゴなのだ」

セミラミス「ちなみに万が一『出口がすべて壊れるようなことがあったら破壊行為と見做すので』と念入りに制限されたが……」

セミラミス「まあ、大丈夫であろうよ。余程の邪気がなければ『人語を話すプログラム』を手にかけようなどとは思わんからな」

BB「そうですよね! 余程の邪気がなければ大丈夫ですよね!」

セミラミス「余程の邪気がなければな」
82 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/30(金) 07:27:36.63 ID:jKZCuNpP0
休憩します!
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 10:47:23.00 ID:ON09A9gUo
(ノ∀`)アチャー
駄目みたいですねぇ
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 12:01:06.50 ID:L4UfHG5uO
もはや白銀が完全に思考誘導してるというより、
全員がやる事全部裏目にでるか事態を悪化させるスキルでも持ってるのかと思える不思議
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/30(金) 18:43:26.94 ID:xkQ5cuFt0
さすがの白銀もこれには苦笑
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/30(金) 20:29:21.86 ID:ixa3zE0S0
いや、まだだ!まだ救済策が何処かに…無いかな…
87 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/30(金) 22:08:05.94 ID:jKZCuNpP0
やっべ暇潰しにセミラミス様描いてたら今日がもう終わった。
今日のところはここまで!
88 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 09:02:52.62 ID:XjqBreCe0
ズドドォォォンッ!

真宮寺「この衝撃は……!?」

入間「ひええ……何か恐ろしいことが起こってるみたいだぜぇ。さっさと逃げた方がいいんじゃないかなぁ……?」ガタガタ

真宮寺「早速ヘタれないでヨ」


バリンバリンッ ガシャガシャッ


真宮寺「あ。ちょうど上の階みたいだネ。上から窓ガラスが降り注いで……」

真宮寺「!」←これから何が起こるか完璧に理解した

入間「!」←上の階に何かいるという事実がひたすら不安

天井「」ビシィッ……

真宮寺「!」←わかったので全力で逃げる

入間「!?」←いまいちわからないが不安なので逃げる




ドガラガラガラッ



入間「天井が崩れたーーーッ!?」ガビーンッ

真宮寺「いや。この場合は『上の階の床が崩れた』だろうネ」

巌窟王「チィッ! 脆い建物だ! またヤツを見失ったぞ!」ヌゥッ

入間「ぎゃあああああああああ!?」ガビーンッ

真宮寺「……って、なんだ。巌窟王さんじゃない」
89 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 09:11:17.48 ID:XjqBreCe0
入間「どうやらお邪魔みてーだな! じゃあ俺様は外で海水浴でも楽しんでくるから気にせず続けてくれ! アデューッ!」バッ

真宮寺「ほらそこ逃げない」ガシッ

入間「ゴーグル掴んでんじゃねぇーーー! やめ、離して……!」ジタバタ

巌窟王「……今更来たか。いや、もっと遅くてもよかったのだが」

真宮寺「一体何を追ってるの?」

巌窟王「最原……」

入間「あ?」

真宮寺「?」

巌窟王「……の姿をしたアルターエゴ……だ!」

真宮寺(なんで今ちょっと詰まったんだろう)

入間「へぇー。ダサイ原と同じ姿のアルターエゴなんていたのかー。趣味悪ィなー」ケラケラ

真宮寺(なんですぐ信じちゃうんだろう、この人)

巌窟王「見かけたらすぐに俺を呼べ!」ビュンッ

真宮寺「……」

真宮寺「最原くんを生贄にしたら僕の信用が戻ったりしないかなァ?」

入間「ん? なんか言ったか?」

真宮寺「うん。世迷言。すぐに最原くんを保護しよう。なんとなく事情はわかったしネ」
90 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 09:16:52.84 ID:XjqBreCe0
美術室

獄原「……」

赤松「……」

最原「……」ガタガタ

赤松(美術室の机の下で震えている最原くんを発見した……ところどころ服がススだらけだ……)

獄原「最原くん? 大丈夫!」

最原「!」ビクゥッ

最原「あ。ご、ゴン太くん……赤松さんも!? なんでこんなところに……」

獄原「迎えに来たんだよ。キミを。さ、帰ろう」

最原「……」

最原「……うう」ブワッ

獄原「!?」ガビーンッ

赤松(泣いちゃったよ!)

最原「ご、ごめん……安心しちゃって……生きてたんだねゴン太くん……」グスングスン

最原「あと今、巌窟王さんに追われてて……仲間に会えたって事実も相まって凄くホッとして……」エグエグ

赤松(明らかに巌窟王さんに殺されかかってるーーーッ!)ガビーンッ!
91 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 09:26:25.42 ID:XjqBreCe0
最原「なんでだろう。物凄く巌窟王さん怒ってて……」

最原「真宮寺くんとか入間さんに向ける憎悪の十倍くらいなんだけど。なにかしたっけなぁ、僕……」

獄原「ああ! それはきっと最原くんが茶ばっ……」

赤松「なんでだろうねーーー! 全然心当たりないなーーー!」

獄原「えっ」

赤松「……ひとまず巌窟王さんは私たちで説得しよう。アンジーさんとか茶柱さんとかの件は最原くんに自力でなんとかしてもらう」

赤松「だってさ。今この時点で最原くんにそんな情報を与えてみたら余計に状況が悪化しそうだもん」

獄原「え? そ、そうかな。事情を知ったら最原くんも何かしら巌窟王さんにアクションを……」





最原『だから僕ずっとアンジーさんのことフッてたじゃん! 復讐される謂われは――』

巌窟王『死ねェ!』

最原『最高に灰ってヤツだーーーッ!』ボオオオオオッ





獄原「……」

赤松「この冷静さを失った状態で、どんなアクションを取ったところでさ」

獄原「火に油……だね……」ダラダラダラ
92 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 09:27:39.56 ID:XjqBreCe0
休憩します!
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 11:06:43.97 ID:V7WQ/hM6O
実際アンジーや巌窟王にキレられたり殺されかける謂れはないけど、
アヴェンジャーに正論はきかないだろうな
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 12:04:20.67 ID:ALzKhCvG0
女の子の純情踏みにじった罪は重い

具体的には其奴と交流のある人全員挽肉に変えるくらい
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 15:40:14.53 ID:Hrdqdns40
陰キャ原が実は白銀の差し金じゃなくガチで最原心配して現れた可能性が微レ存
96 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 21:13:03.23 ID:XjqBreCe0
赤松「ひとまず私たちがやるべきことは……ゴン太くんは最原くんを守って」

赤松「私はちょっと巌窟王さんを探して来るから。ついでにアンジーさんも」

赤松「巌窟王さんの方は私が説得すれば多分なんとかなるよ」

獄原「う、うん! 頑張ってね!」

最原「……まあ、巌窟王さんってアンジーさんの次くらいに赤松さんに甘いからね……」

赤松「あの人が女子でぞんざいに扱ってるのってせいぜい入間さんくらいじゃないかな。私だけが特別ってわけじゃないよ」

赤松「じゃあ二人ともここにいてね!」タッ

最原「……ねえゴン太くん」

獄原「どうしたの最原くん。お腹空いた?」

最原「なんかさ……この部屋、彫刻刀とかの『美術で使う刃物全般』がゴッソリ消えてるんだけど……」

最原「凄くイヤな予感がするんだ。僕は本当になにしたんだろう」ズーン

獄原「何も悪くない! 最原くんは何も悪くないよ!」アタフタ
97 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 21:19:16.29 ID:XjqBreCe0
赤松「……」

東条「うっかりやりすぎてしまったようね」ポイッ

天海「いややりすぎってモンじゃないっすよ! これ死んでないっすか!?」アタフタ

星「……過呼吸気味になってるがギリギリ生きてるな。意識もあるようだ」

巌窟王「ぜっ……ぜっ……」ビクンビクンッ

東条「止めた方がいいと思ったからやったのだけれども」

天海「だからって消火器で後頭部をズガンッ! は流石にやりすぎっすよ!」

東条「最原くんをターミネートしてた彼が既にやりすぎていたのよ」

天海「いやまあ……そう言われれば彼の自業自得っすけど……」

巌窟王「覚えていろ貴様ら……!」ゼッゼッ

赤松「……」

赤松「うん! 一件落着だよね!」




赤松は考えるのをやめた
98 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 21:35:47.16 ID:XjqBreCe0
東条「あら? アンジーさんの姿が見えないわね」

天海「巌窟王さん? 一緒に来てたっすよね?」

巌窟王「最原を探すなら、手分けした方が効率的とヤツが提案したので別行動だ」

赤松「……は!? ちょっと待って! アンジーさん怪我してるんだよ! そんな提案飲んだの!?」

巌窟王「ヤツはもう子供ではないのだ。自分のことなら自分で責任は取れるだろう」

赤松「だからって……!」

赤松「……」

赤松「はあ。もう。巌窟王さん。サーヴァントだからって、そんな従順にならなくってもいいんじゃない?」

巌窟王「……制限する方が遥かに大人気ないと思うが?」

赤松「いや。実際に巌窟王さんは大人気ないでしょ。だって……少しも納得してないもん」

巌窟王「……」

星「……もう頭は冷えたな?」

東条「それじゃあ、次は夜長さんね。なんとか彼女も宥めないと」

天海「それでやっと全員での脱出っすね! みんな待ってるっすよ!」
99 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 21:37:54.32 ID:XjqBreCe0
謎の場所

グチャッ バリッ ゴリッ


「ひぎっ……ぎ……ぎ……」

アンジー「……終一……」

アンジー(そういえば初めてかも。誰かに捧げるためではなく、自分のために美術をするなんて)

アンジー「……」

アンジー「愛してる。ずっと……だから……」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 21:39:23.51 ID:3fEizDNk0
あーこれ無理じゃね?
101 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/03/31(土) 21:40:01.69 ID:XjqBreCe0
今日のところはここまで!
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 21:41:57.67 ID:3J2/sSH4O
面接受けてた頃の最原くんに見せてあげたい☆
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 23:10:08.88 ID:lMt5uiMq0
今 ぐだ達の周りはどうなってるところだろう。マシュに性的な意味で食べられる前かな。
時間流が違うのはあるだろうけど結局厳窟王は向こうには間に合わなかったわけだし……向こうのときこっちの実況を女神たちがしてたけど詳細は忘れた…!
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 23:23:07.08 ID:6zo8bugg0
とっくに帰ってきてるんじゃなかった?
ところでここのキルミーちょこちょこ最原に好意的だけど内心惚れてるんだろうか
105 :エイプリルフールだと思ってお読みください ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 01:49:06.83 ID:4BhFDnHF0
今から三十連を行い、出て来たサーヴァントから抽選でアホな話を書きます
106 :エイプリルフールの人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 02:09:12.98 ID:4BhFDnHF0
あなたは誰推し?

メドゥーサ「あの十六人の中で誰推しか、ですか……?」

メドゥーサ「……」

メドゥーサ「赤松楓……ですかね」ジュルリ

※当然性的な意味で




太陽王激おこ

オジマンディアス「……」

オジマンディアス「最近ニトクリスの付き合いが悪い……」イライラ


女神系サーヴァント以外にはダンガンロンパの存在は秘密





ブーディカの証言

ブーディカ「ん? あのマントに帽子の怖い顔したお兄さん? そういえば最近見てないな……」

ブーディカ「え? 何作ってるのかって? ポップコーンとかその他ツマミになりそうなものだけど」

ブーディカ「最近女神系のサーヴァントが集まって色々してるらしくってさー」ケラケラ




巌窟王の失踪発覚まで秒読み
107 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 02:21:57.56 ID:4BhFDnHF0
メドゥーサ「無駄に淫夢とか見せてみましょうか。もう加護残ってませんけど」

イシュタル「サポートいる?」

メドゥーサ「いります。超いります。百万までなら出せます」

イシュタル「おっけー。商談成立ゥ!」

メドゥーサ「わーい」

メドゥーサ「……あれ。全然利きませんね」

イシュタル「そういえばあの子たち、今電脳空間の中だから夢なんて見ないわよ」

メドゥーサ「」

イシュタル「後回しにすれば?」

メドゥーサ「おあずけ……」シクシクシク
108 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 02:22:31.81 ID:4BhFDnHF0
オジマンディアス王の宝具レベルが2になりもうした……メイヴちゃんとか欲しかった……寝ます
109 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 10:40:25.66 ID:4BhFDnHF0
三十連と言ったな? アレは嘘だ
110 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 10:49:24.77 ID:4BhFDnHF0
太陽神殿は何処に?

ケツァルコアトル「……」

ナーサリー「どうかしたのかしら。蛇のお姉さん」

ケツァルコアトル「私のプレゼントした太陽神殿が見つかりまセーン」

ナーサリー「ああ。そういえば通信復活後から病院にもどこにも見当たらなかった気がするのだわ」

ケツァルコアトル「また新しく作ってプレゼントしようかしら……」

ナーサリー「また誰かが潰されるからやめた方が……」

ケツァルコアトル「え?」

ナーサリー「え?」

ケツァルコアトル「……え?」ゲスガオ

ナーサリー「ひええっ!?」ガビーンッ




ミニチュア太陽神殿第二号、制作中。ただし結局転送はできなかった
111 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 10:52:07.10 ID:4BhFDnHF0
今までいなかったケツァルコアトルさんが来ました!
……石と現金は溶けました。本編は夕方から!
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 15:23:41.26 ID:PH1py5IK0
最原が溶けた!?(乱視)
ナーサリーうらやましー!
113 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 20:24:25.23 ID:4BhFDnHF0
赤松「……!?」ゾクッ

東条「どうかしたの?」

赤松「い、いや……なんか寒気が……」

天海「風邪でも引いたんすかね。後で外に出たら東条さんに診てもらった方がいいっすよ」

赤松「そうする」

星「巌窟王。もう暴れたりしねーな?」

巌窟王「拘束された状態でどうやって暴れろと?」ムスッ

赤松(ぶっちゃけ拘束を解こうと思えばいつでも縄を焼き切れると思うんだけど……律儀に捕まってるんだよなぁ。変なところで真面目だ)

東条「ひとまずこの状態の巌窟王さんを最原くんのところにまで運びましょう。彼は美術室だったわね?」

赤松「うん。ん? 運ぶってどうやって?」

東条「……星くん」

星「了解した。引きずっていく」ガシッ

巌窟王「……」ズルズル……ズルズル……

赤松(無抵抗で引きずられてる……)
114 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 20:34:42.14 ID:4BhFDnHF0
美術室

真宮寺「あ」

入間「お」

赤松「あ! 入間さんと真宮寺くん! 二人も合流したんだね!」

赤松「……あとはアンジーさんだけかな?」

真宮寺「うん。一番の危険人物だけが消えてるネ」

赤松「あれ。そうだ。最原くんは? どこに隠れてるの?」

真宮寺「獄原くんの巨体の後ろで震えてるヨ」

最原「……」ガタガタ

赤松「ホントだ……」

巌窟王「……フン」

天海「大丈夫っすよー最原くん。もう解決したっすからねー」

巌窟王「どうだかな。ところで貴様ら、BBとセミラミスのことを自然に忘れているな?」

巌窟王「あの二人がいなければ脱出するにしても話にならんだろう」

赤松「あ。そうだった。今は生徒だけじゃないんだよね」

ピンポンパンポーンッ……

赤松「ん?」

BB『あー! あー! 放送室を乗っ取ってあなたたちにお知らせです!』

入間「この声……あのド貧乳ブスか」


バタンッ


入間「あー……」ヒューッ

赤松「入間さんのいた床が開いて入間さんが落下したーーーッ!?」ガビーンッ

巌窟王「電脳空間でヤツの悪口を言うのは自殺行為だぞ」
115 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 20:47:02.08 ID:4BhFDnHF0
BB『ええっとですね。セミラミスさんに生徒を外に出す権限はありませんでした! 推測は大外れです!』

天海「ええっ!? 嘘ォ!?」

BB『ですが、予備の出口は確実にどこかに存在します! おそらくそれはセミラミスさんでも白銀さんでもないアルターエゴのはずです!』

BB『巌窟王さん! 最原さん! あなたたち、一度それに会ってるんじゃないですか?』

最原「……あ。もしかして、アレのこと?」

巌窟王「ヤツか。眼中にまったく無かったので忘れていたな……」

BB『それをなんとかして再度見つけてください! あ、一応言っておきますが……絶対に殺しちゃダメですよ!』

BB『それが今残っている最後の出入り口。もしもそれが消滅したら……』

獄原「ゴン太たちは外に出られない?」

BB『だけじゃなくって、それは新世界プログラムに対する重大な破壊行為と認識されます!』

BB『おそらく生徒たち全員は校則違反として裁かれるでしょう!』

真宮寺「ま、大丈夫だヨ。それを今聞いたわけだからネ。間違っても殺したりはしないし、危害を加えたりもしないだろうネ」

赤松「うん! そうだよね! まあそのアルターエゴが万が一最原くんの姿をしていたとしたら完全アウトだけどさ!」

巌窟王「……」ハッ

最原「え? なんで?」

赤松「だってアンジーさんが……おっと。なんでもない。本人に会ってから聞いて? 時間はまだあるだろうし」

最原「?」

巌窟王「……」ブチブチブチッ

東条「あら? 巌窟王さん? 拘束を解いてどうしたの?」

巌窟王「……」






巌窟王「いいことを教えてやろう。アルターエゴはそっくりそのまま最原の姿だったぞ」

赤松「えええええええええええええええッ!?」ガビーンッ

東条「散開よッ! みんなして夜長さんを探して止めるの!」ズバァァァァンッ!

獄原「アンジーさーーーんっ! どこーーー!?」ビュンッ

最原(急に泡食い始めた!?)ガーンッ
116 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 20:49:17.45 ID:4BhFDnHF0
謎の場所

入間「いでー! いでー! 尻もちうった! 尻もちうったー!」ガタガタ

入間「んだよ、ここ。真っ暗……じゃなくて真っ黒? 何も見えねーぞ」キョロキョロ

アンジー「終一……終一……」スリスリ

入間「お? アンジー?」

入間「なんだ? 何に頬ずりして……」

入間「……」

入間「きゅー」バターンッ
117 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 20:50:41.73 ID:4BhFDnHF0
今日のところはここまで!
ケツ姉さんに頬ずりしながら寝ます……
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 20:53:11.81 ID:QDycurmP0
BADEND確定じゃねこれもう
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 21:35:37.62 ID:le0vFAEAO
思い出しライトの教室見つけて記憶リセットするライト作らんとマジで最原死ぬな
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 22:44:26.66 ID:ow/eggvm0
お恥ずかし話だけどさぁ。
もう長すぎて話の流れが全然掴めないのよね。今何がどういう状況なのか全くわかんね
121 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/01(日) 23:07:22.44 ID:4BhFDnHF0
新世界プログラム内

最原、天海、アンジー、赤松、入間、東条、星、獄原、真宮寺、巌窟王(とBB、セミラミス)がログイン中。

現実世界から最原と天海とBBが新世界プログラムへと入り込み、セミラミスの仕掛けたゲームを最原に押し付け二人はジャバウォック島へと漂着。閉じ込められていた復讐組の生徒と合流。

その後『セミラミスのようなアルターエゴが出入り口の可能性』に気付き、巌窟王が最原の元へと先行。遅れて天海とBB主導で生徒たちが追随。

セミラミスの仕掛けたセカンドゲームの舞台は、白銀がセミラミスに貸し与えた希望ヶ峰学園となっており、中には(明らかに最原に向けた)デストラップが存在していた。

巌窟王はセミラミスの口車に乗り、島へと急いで帰還。その後アンジーに『最原がこの世界にいる』ことを正直に話し、同行。

巌窟王は怒りのままに最原を追跡。なお、理由を喋っていないので最原は終われる理由に何の心当たりもない。

アンジーは『最原の形をそっくりそのままトレースしたアルターエゴ』を恩讐によって攻撃。




セミラミスに『生徒の出入りに関する権限が一切ない』ということがBBとの何気ない会話で発覚。
この学園に仕掛けられたはずのデストラップがアルターエゴなため、消去法で真の出入り口が判明するが……。

第四章の時点でモノクマが『新世界プログラムへの破壊行為は連帯責任となる』ルールを校則に追加したため、万が一これを生徒が壊そうものなら全員校則違反でエグイサルの処理対象となる。(元から脱出方法が存在しない場合は中からBBが新世界プログラムを破壊する予定ではあったが、これは本当に最後の最後の最後の手段のはずだった)




なお、現実世界で何が起こってるかは今のところ不明である。
122 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 18:48:07.18 ID:7SEElVCY0
最原「ええっと……何がなんだかわからないけど、アンジーさんを探せばいいの?」

天海「……」

天海(あ。なんかわかっちゃった。この慌てよう、もしかして……!)

赤松「い、いやっ。その。最原くんはゆっくりしてていいから……」アタフタ

真宮寺「というかもう本当に何もしてほしくないっていうか……」

東条「お願いだからこれ以上口を開かないで。できることなら息もしちゃダメ」

獄原「……」←そっと目を逸らしている

星「人はいつか死ぬ」

最原「なんかみんな変だよ! さっきから!」ガビーンッ

巌窟王「ともかくアンジーのいる場所へは俺が案内しよう。大雑把な方角はわかる。ヤツは今……」

巌窟王「……?」

巌窟王「この美術室の真下だな?」

全員「えっ」

赤松「……ちょうどこの穴の向こう?」

巌窟王「……そういえば入間の声が先ほどから聞こえないが……?」

全員「……」
123 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 18:59:14.67 ID:7SEElVCY0
巌窟王「最原と天海はこの教室にいろ! 身体能力に自信のあるヤツはここから飛び降りろ!」

巌窟王「あとは階段で迂回するのだ! 急げ!」

赤松「入間さん! 大丈夫!? 入間さーーーん! ごめん! ちょっとこっちに気を取られてたんだけど何があったのーーー!?」

星「行くぞ!」バッ

獄原「うん! 早く止めなきゃ!」バッ

東条「階段はこっちよ!」

真宮寺「まったく入間さんはどこまでも手間をかけささせてくれるヨ……!」

最原「あ。あれ。僕も行った方がいいんじゃ……」

巌窟王「絶、対、に、来るな」ギンッ

最原「ええーっ」

天海「……う、うん。最原くんのことはちゃんと見てるんで……行ってらっしゃいっす」

巌窟王「ああ。任せた」

最原「……」

最原「疎外感しかない……!」ズーン

赤松「ごめん! 本当にごめん! 最原くんは何も悪くないんだけどさ!」

最原「赤松さん……」

赤松「多分これ以上最原くんが動いても余計に罪深いことになっちゃうだけだから! 本当に動かないで! お願い!」

最原(凄い勢いで懇願された!)ガーンッ
124 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 19:06:45.03 ID:7SEElVCY0
巌窟王「さて。そろそろ行くか」

赤松「あ! 巌窟王さん! 私も連れてって!」

巌窟王「いいだろう!」ガシッ



バッ



最原「……」

天海「……」

最原「……感動の再会になると思ったんだけどなぁ。巌窟王さんに追いかけ回された事実が今更ながら物凄く心に痛い」ズーン

天海「悪くない。最原くんは何も悪くないっすよ」

天海「……という前提のもと言わせてもらうっすけど、本当に自分のことが見えてないっすねぇ。最原くん」

最原「!?」ガビーンッ
125 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 19:13:58.39 ID:7SEElVCY0
巌窟王「……ついたか。再び見るが本当に真っ黒な空間だ」

赤松「こんなところにアンジーさんが……!?」

巌窟王「ああ。間違いない。この臭いでわかっ……?」

巌窟王「臭い?」

赤松「巌窟王さん。どうし……うぐっ!」

赤松(……直後に気付いた。そこに充満しているのは、胸が悪くなるほどの血の臭い)

赤松「これは……!」

獄原「……」

星「……」

赤松「あ! あそこにいるのは星くんとゴン太くん!」

巌窟王「……」

赤松(……微動だにしていない? なんで?)

赤松(一言も話さずに、ある一点を凝視しているだけだ)

巌窟王「作り物だ」

赤松「え?」

巌窟王「これからお前が見るものは、すべて作り物であるという認識を持て」

巌窟王「それだけで大分違う」

赤松「……!?」
126 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 19:24:11.03 ID:7SEElVCY0
赤松「アンジーさん!」

赤松(巌窟王さんから降りてかけよる。ゴン太くんと星くんが、やっとのこと私たちに気付いたようだった)

星「赤松……」

獄原「……ご、ごめん。赤松さん……間に合わなかった、みたい?」

赤松「二人とも。何を見て……!」

赤松「……それ……誰……?」

赤松(私が見たもの。星くんとゴン太くんが見て、固まっていたもの)

赤松(……アンジーさんが『作ったもの』)

赤松(それは――)








赤松(誰かの内臓。顔の皮膚。肋骨。目玉。切り抜いた頭蓋骨。耳。歯。鼻。指。指。指)

赤松(人体のあらゆる部分をバラバラにしてくっつけて組み立てて、折り曲げて、捨てて、刺して加えて縛って絞り出して乱暴に吹き飛ばして――)

赤松(そうやって作った芸術作品だった)

赤松(もう……それを人間だとは、とても認識できなかった)

赤松(……それにアンジーさんが抱き着いていた。静かな寝息を立てながら)



第五章
Cosmos in the lostmemories 非日常編
127 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 19:24:52.09 ID:7SEElVCY0
夕ご飯の休憩!
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 19:32:31.88 ID:ZOHWsd3N0
殺さない程度って言ってたじゃない!
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 19:40:05.63 ID:TZwf0ylk0
白銀はこれ本当にクリアさせる気あるのか?
ゲーム組と乗りこんで来たやつ消す気満々過ぎる
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 19:40:43.87 ID:KE0ysFzm0
これで詰みじゃなかったらある意味かがくの ちからって すげー!状態だわ
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/02(月) 20:01:18.47 ID:QY3FnrnYO
いやまぁ白銀もさすがにここまで酷いことになるとは予想つかんだろうて
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 20:04:41.63 ID:9uSwzLbI0
白銀「なんなんすかこれ」
133 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 20:14:10.40 ID:7SEElVCY0
天海「……俺の予測通りなら……この下は惨状っすね」

最原「え? 惨劇?」

天海「いや。アンジーさんが暴走して、アルターエゴをうっかり殺しちゃってたらどうしようって……」

最原「……?」

天海(あ。全然動機に心当たりが無い顔だ。『なんでアンジーさんがそんなことするんだろう』って感じの)

最原「多分、大丈夫だと思うよ。今一なにを心配してるのか知らないけど」

天海「え?」

最原「アンジーさんは誰かを殺すような人じゃないから」

天海「……ん?」




下の階

「ぎ……ぎぎぎぃ……」

赤松「ん? 何この声。ゴン太くん何か言った?」

獄原「ゴン太はなにも。そこで寝かせている入間さんの寝言じゃないの?」

入間「うーん……うーん……アート……アートがぁ……」

赤松「凄いうなされてる……」

赤松「いや。今のは入間さんの声じゃなかったよ。聞こえた場所が違うっていうか……」

赤松「ん? アンジーさんの方から……?」

最高にCOOLなアート「ころ……して……ころし……ころして……」

赤松「……」

獄原「……」

星「……」

巌窟王「……」






巌窟王「生きてるな」

赤松「セーーーーーーーーーッフ!」ズギャアアアアアンッ!
134 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/02(月) 20:15:03.13 ID:7SEElVCY0
今日のところはここまで!
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 20:18:26.71 ID:TZwf0ylk0


でも出る方法が何か操作してもらう系ならほぼアウトに近そうだが
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 20:19:05.28 ID:32aGTtcS0
あれで生きてるの!?
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 20:22:12.40 ID:uoxgYDKa0
青ひげの旦那の加護でもあるのかな
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 20:29:16.07 ID:w/XDRgBxO
仮に最原がアルターエゴの提案通り一人元の世界と自分へ出たらどうなってたんだろ?
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 20:31:34.79 ID:TZwf0ylk0
>>136
多分アルターエゴ(作り物)だから死ななかったんじゃない?
逆に文字通りの生き地獄になってるが
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 20:36:50.78 ID:KE0ysFzm0
>>138
巌窟王の次に厄介な最原を排除できるわけだし人格植えつけ直して放逐じゃね?
リアルじゃ逃走中で自首してバッシングされた芸人みたいに叩かれるだろうが
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 09:26:52.21 ID:nO08WBmsO
にしても最原への態度が助けに来た相手に対するそれじゃないな
基本怒る事ないのをいい事に軽く扱いすぎじゃね
142 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/03(火) 18:36:49.04 ID:N+/CcBa00
最原「……あれ。そういえば」

天海「どうしたんすか? 最原くん」

最原「いや。一つ巌窟王さん、今までの学園生活を省みると『明らかにおかしいこと』を口走ってたなって」

天海「明らかにおかしいこと?」

最原「だってさ。巌窟王さんにアンジーさんのいる方角がわかるはずないじゃない?」

天海「ん……? サーヴァントなんだから、なんとなくわかりそうな気も……」

最原「いや。わかるはずないよ。だってだとしたら『第三の事件』が起こりようがないじゃない」

天海「あっ」

最原「……気になるな。物凄く」

天海「最原くん? そんな覗き込んだら危ないっすよ?」

最原「いきなり背中から押されない限りは大丈夫――」

BB「どーんっ!」ドンッ

最原「わーーー……」ヒューッ

天海「押されたーーーッ!?」ガビーンッ
143 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/03(火) 18:46:43.59 ID:N+/CcBa00
赤松「アンジーさん! 起きて! アンジーさん!」ユサユサ

アンジー「ん……? 何?」

赤松「なに? じゃないよ! こっちの台詞だよ! ナニコレ!」

アンジー「これ……?」

アンジー「……終一のこと?」

星「やはりこれは最原だったのか……顔の皮膚が丸ごと剥がされて残ってたから、まさかとは思ったが……」

獄原「クマさんでも、もうちょっと獲物を上品に食べるんだよ……? 人間のやることじゃないよ」

アンジー「……憎くて」

赤松「!」

アンジー「それだけ。本当に……それだけだよー。何の意味もないことなんて、わかってるって……」

アンジー「わかってるんだって」

赤松「……」

東条「……やはりこうなってしまったのね」

真宮寺「手遅れ?」

巌窟王「来たか。いや? ギリギリのところで生きてはいるようだ」

東条「それならそれで猟奇さが跳ね上がるだけよ」

真宮寺「こんなもの間違っても最原くんには見せられないネ」

アンジー「え? 何言ってるの? これが終一だよー?」

アンジー「大丈夫だよー。大分早い段階で目を使えなくしたからさー」

アンジー「アンジーのやりたいこと、終一に全部見せるわけにはいかなかったしさ……」

赤松「……こんな状態にしてまで張る見栄ってあるのかな……」

赤松「違うんだよアンジーさん。それは最原くんじゃなくって――」








最原「わぎゃぶっ!」ベシャッ

全員「あ」
144 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/03(火) 18:47:20.21 ID:N+/CcBa00
夕ご飯の休憩!
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 18:52:21.76 ID:MAtkzxGz0
最悪だ―!?
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/03(火) 18:56:29.94 ID:oAzc9KeN0
何故このタイミングで落ちてきた
147 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/03(火) 20:08:23.52 ID:N+/CcBa00
最原「痛い……なんだ? 僕は何をされた? BBさんに背中を押されたような……?」ガタガタ

巌窟王「アイツは本当に間が悪いな。何一つとして本人に悪気がないというのが更に罪深い」

赤松「……」アゼン

東条「ふわ〜」

獄原「東条さん!? どうしたの東条さん!」ガーンッ!

真宮寺「あまりのタイミングの悪さにもうキャパオーバーみたいだネ。現実逃避してるヨ」

アンジー「……」

アンジー「えっ。終一?」

最原「ん? みんな、そこで何してるの?」

全員「!」ズラッ

最原「……なんでPK時の受けチーム側みたいな整列をしてるの……?」

最原「というかこの臭い、血?」クンクン

最原「あとアンジーさんの声も聞こえたけど……」

赤松(ああもう! 自分に対する好意に関してはクソ鈍感なクセしてッ! やたら鋭い!)
148 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/03(火) 20:27:35.01 ID:N+/CcBa00
最原「……一体なにが……あっ! アンジーさん!?」

赤松(え!? なんで見えてるの!? 視界には私たちが立ちはだかってる……のに……ハッ!?)

星「……すまん」チマーンッ

赤松(星くんの身長じゃ隠しきれるわけがなかった!)ガーンッ

最原「アンジーさん!?」ダッ

アンジー「……!」ビクッ

赤松(きゃー! いやー! 来ないでー! だって今のアンジーさん、遠目じゃわかりにくいだろうけど解体を行った直後だから……!)

アンジー「い、いや。返り血がっ……!」ゴシゴシ

赤松「もう誤魔化せない!」ヒイイイ!

巌窟王(というか返り血なぞ傍証としては可愛い物だろう。ここにはアンジーの芸術品があるのだからな)

最原「ごめん! ちょっと間を通るよ!」スッ

真宮寺「どうぞ。もう誤魔化すだけ無駄みたいだし」

赤松「真宮寺くーーーんっ!」ガビーンッ

最原「アンジーさん!?」

アンジー「あ、しゅ、終一。なんで。どうしてっ……!?」

アンジー「あ、や。見ないで。お願い。見ちゃ……ダメ……!」ガタガタ

最原「……!」ペタペタ

アンジー「あ、きゃっ?」

赤松「ん?」

赤松(一も二もなくアンジーさんの体を調べ始めた……?)

最原「……」

最原「びっ……くりした。アンジーさんが怪我してるものだと」

アンジー「え?」

赤松「ん?」

巌窟王「!」

最原「いや。撃たれた怪我は確かに酷いけどさ……これ全部返り血?」

最原「……よかったぁ……また怪我したのかと……はあ」

アンジー「……え? アンジーのこと、心配してたの?」







最原「心配するに決まってるじゃないか。じゃなかったら助けに来ないよ」

アンジー「……」

アンジー「……」ボンッ

赤松(アンジーさんの顔が一瞬で真っ赤にーーーッ!?)ガビーンッ

真宮寺「これもう有罪じゃないかなぁ。悪気ないで済まされるレベルじゃないヨ」

東条「今の最原くんはおそらく地球上で最も罪深い動物になってるわね」

巌窟王(やはり殺すか)
149 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/03(火) 20:41:19.64 ID:N+/CcBa00
美術室

天海「最原くーーーんっ!? ちょっとBBさん! いきなり現れてなんで最原くんを突き落としたんすか!?」

BB「穴を覗き込む人間がいたら叩き落したくなる持病が……あー、すっきりした」スッキリ

天海「そんなあからさまにスッキリされた顔されても!」

セミラミス「フハハ! いや本当に見事な落ち様よな! このセミラミス、久しぶりに非常に愉快なものを」

BB「持病ーーーッ!」ドーンッ

セミラミス「おのれええええええ……」ヒューッ

天海「セミラミスさんも落としたーーーッ!?」ガビーンッ

BB「これでゲームクリアです。最原さんも連れて全員で外に出ますよ!」スッキリ!
150 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/03(火) 20:42:27.28 ID:N+/CcBa00
今日のところはここまで!
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:52:51.47 ID:cTf3vUlP0
持病ーーーッwwwww
152 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/04(水) 17:17:08.33 ID:u2WIkgNsO
ごめんなさい! 今日はアナスタシアするから更新はないかクソみたいに遅くなります! ツイッターの方でセミラミス様への貢物募集してるからそっち見て待ってるか共にアナスタシアしましょう!
153 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/04(水) 20:13:12.40 ID:h8Qy4IE50
無理だ……もう運を使い果たしちまったよ……無駄に……アタランテオルタは召喚できない……!
結果だけ見れば大勝利だけどさ……
アナスタシアさんとナイチンゲールさんが来ました。ナイチンゲールさんに至っては今回で宝具2です。わーい
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 20:57:05.33 ID:J9UzYyE9O
>>153
おめでとう!
火薬集め頑張ってね!
155 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/05(木) 18:53:27.43 ID:9o2g8NhQ0
最原「……」

最高にCOOLなオブジェ「うう……」

最原「酷い。なんでこんなことに……」

赤松「ええと、それは」

巌窟王「クハハ! 聞いて驚け最原! これは――!」

アンジー「襲われたから仕方なくって……」

巌窟王「アンジーが貴様への思いを暴走させ……ム?」

アンジー「ここまで痛めつけないと何度でもやってくる厄介なヤツだったよー。つまるところ正当防衛」ケロリ

巌窟王「!?」ガビーンッ

真宮寺(全力で責任逃れ……いや最原くんから自分への好感度を守ろうとしてる)

赤松(うわー! うわー! 酷い! 言い訳の拙さも相まって凄く醜い悪あがきだ! 気持ちがわかるだけ胸に痛いよ!)

最原「……へえ」

赤松「……」

赤松(最原くんの顔の影が濃くなった。これ絶対にバレてるよ!)アワワ

真宮寺(僕を学級裁判でハメたときと同じ顔になってる……)

巌窟王「アンジー。まだこの男のことが好きなのか?」

アンジー「黙って」

巌窟王「……」ズーン
156 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/05(木) 19:00:30.86 ID:9o2g8NhQ0
最原「僕たちを外の世界に出してくれる?」

最高にCOOLなオブジェ「う、ううう……あうう……」

最原「……!」

赤松(最原くんはそこで、何かに気付いたような顔になった)

最原「……まさか」パチンパチン

最高にCOOLなオブジェ「ああ……」

最原「……すーっ……わっ!」

赤松「!?」ビクッ

星「なんだ? 何故急に大声を出した?」

最原「……反応がない」

星「なに?」







最原「彼、耳が聞こえてない」
157 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/05(木) 19:06:32.41 ID:9o2g8NhQ0
赤松「え、ええと……まあ目がくりぬかれてるわけだから、今更鼓膜がなくなってても驚かないけど……」

最原「赤松さん。目が見えない。耳も聞こえない。これでどうやって外に出るの?」

赤松「え」

最原「どうやって僕たちのリクエストを認識させるの?」

赤松「……」

赤松「あっ!」ガビーンッ

巌窟王「これは……まさか……」

最原「出入り口が無くなる、の定義に当てはまるかどうか……五分五分だけど、かなり危険だよ」

最原「外の世界が危ないかもしれない!」



ヒューッ



セミラミス「えああああああああっ!?」ゴチーンッ

最原「ええっ!? セミラミスさんが落ちて来た!?」ガビーンッ

星「おい。明らかに頭頂部を強打してねぇか? 危なすぎる角度だぞ」

東条「治療……いえ。ごめんなさい。彼に集中したいから彼女の方は他の人に任せるわ」
158 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/05(木) 19:11:20.02 ID:9o2g8NhQ0
チャリンチャリンッ

獄原「ああ! 落ちた衝撃でコインがバラバラに!」アタフタ

最原「うわ。凄い量の金貨……」ヒョイッ

コインチョコ「」キラーンッ

最原「全部コインチョコだコレ……」

セミラミス「くっ。不覚」ムクリ

最原「あ。よかった! ダメージは薄そうだね!」

セミラミス「あ」

最原「ん? どうかし……あっ」




GAME CLEAR!



セミラミス「ちっ。まさかこんな形でクリアされてしまうとは……」

最原「……ええと。まあ不本意だろうけど、それじゃあ完全クリア、だよね?」

最原「あなたにはまだ聞きたいことがあるんだけど……」

セミラミス「よかろう。その程度の不敬は許す。だがその前に」

最原「その前に?」



ズゴゴゴゴゴゴゴゴ



セミラミス「ここも崩壊するぞ」

最原「またァ!?」ガビーンッ
159 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/05(木) 19:12:21.01 ID:9o2g8NhQ0
九時までに更新なかったらアナスタシアにのめり込んでると考えてください!
その場合の続きは明日です!
160 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/05(木) 20:58:23.32 ID:9o2g8NhQ0
戦慄のファーストタイヤキング・オブ・バビロン概略

セミラミスが趣味全開で作り上げたゲーム。ジャンルはミステリー。
ただし内容の良さとは別の部分でぶっ飛んだ展開が目白押しの、BBに言わせれば『世界で五本の指に入るほどのバカゲー』。

クリアにかかる総プレイ時間はチート行為などを考慮しない場合はおよそ七十時間。
だがこれは『人間を相手として考慮していない』ために、完全クリアに至るには何らかの異能を使う必要がある。

そもそも制作テーマが『サーヴァント専用ゲーム』であり、ただの人間をプレイヤーとして想定していないため、この設計はバグではなく仕様。
遊ぶこと自体は可能であり、面白さも巴御前のお墨付き。『クリアは不可能に近いが楽しいゲーム』というある種絶妙なバランスとなっている。

最原はなんでもないような顔でクリアしたが、実のところかなり無理をした上での短時間クリアだった。

何故この世界にこのゲームが紛れ込んだのかは今のところ不明である。
この世界にいるセミラミス(エゴラミス)が、やたらとチョコ菓子を食べているのは『ストレス発散のための過食』のため。

というか若干チョコ中毒になってる。ストレスを発散するためにチョコ食べて、チョコがキレるとイライラするの悪循環。
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 21:59:59.44 ID:6FK8npDV0
8時58分は九時ですか…?
162 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/06(金) 20:41:17.59 ID:bo8T7w2P0
シリリ見てから更新します!
アナスタシアは既に終わったので!
163 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/06(金) 22:03:47.44 ID:bo8T7w2P0
ザザッ

??(せめて笑って送り出した。それくらいしかできる抵抗がなかったから)

??(一緒に犠牲になってくれた『友達』と約束もした。その程度ならできそうだったから)

??(忘れないで、だなんて。本当にバカみたいな約束。忘れられるわけがないのに)

??(私だって忘れられない。死んでいったみんなのこと。生き残った二人のこと)

??(私の隣にいる友達のこと)

??(彼らのことを私は一生涯忘れない。死ぬ直前まで誇りに思い続ける)





??(……そう思ってた。甘かったけど)




ザザザッ


??(……心。思い出。精神。人間が最後の最後に頼るもの。どんなフィクションでも大抵崇高なものだと扱われている綺麗なエネルギー)

??(そんなものはすべて、やっぱり『虚構』に過ぎなかった)

??(もう思い出せない。ああ、思い出せないのならないのも同然)

??(……自分の名前も思い出せない。いや、果たしてあれが自分の名前だったのかも怪しいものだ)

??(誇り? 思い出せないものに、そんなものを抱けるはずがない)

??(記憶ほど不確かなものはなかった。どれほどインパクトがあろうと、時間が過ぎれば消えていく)

??(……私の場合は無理やりだったけど)

??(絶対に消えない記憶なんてどこにもない)

??(どこにも……)





巌窟王『クハハ! 覚えたぞ! この俺には忘却補正というスキルがある!』

巌窟王『恨みを忘れないためのスキルだが……ひとまずこういう応用も可能だ』





??「……」

白銀「あ。あった。消えない記憶」

白銀(皮肉なことだけど、彼だけだった)

白銀(すべてが虚構でできた学園において、唯一の『本物』は……彼だけだったんだ)



ザザーッ
164 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/06(金) 22:15:44.93 ID:bo8T7w2P0
ズゴゴゴゴゴゴゴ……

最原「ぜぇーっ……ぜぇーっ……な、なんとか脱出が間に合った……! 大き目のゴムボートで助かったよ!」

セミラミス「おお。見事な崩れようよな」モグモグモグモグモグ

赤松「あれ? 巌窟王さんとアンジーさんは?」

セミラミス「先に帰るとか言って、あの炎で飛んでいったぞ? ボートの定員的にも限界であったしな?」モグモグモグモグ

赤松「……お腹空いてるの?」

セミラミス「特にそういうわけではない」サクサクサクサクサク

最原(なんかさっきより食べる速度が速いような……イラついてる?)

最原「あ。ところでセミラミスさん。コインチョコは全部集めておいたよ」

セミラミス「大儀である」

最原「ついでに、これ」ピラッ

セミラミス「……?」

セミラミス「……ッ!」ガビーンッ

赤松「ん? なにそれ。写真?」

最原「コインチョコと一緒に散らかってたやつなんだけど。セミラミスさんのだよね」

セミラミス「知らんな」プイッ

最原「いやでもこのくっきり残った指紋は完全にセミラミスさんのだけど」

セミラミス「!?」ガビーンッ

赤松「……確かに指紋は残ってるけど、わかるの?」

最原「ごめん。カマかけただけ」

セミラミス「ふっ。流石に巌窟王のお気に入りよな。ここまで我をイラつかせるとは……刎頸に値するぞ。一族郎党な」

最原「そこまで!?」ガビーンッ

最原(……あ。でも一族って言ったって……)

最原「……はあ」

最原(……最初から僕にはそんなものないんだけど)
165 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/06(金) 22:26:11.49 ID:bo8T7w2P0
セミラミス「……ブラックサンダーをやる。我が写真を持っていたことは誰にも言うな」ヒョイッ

最原(口止め料が微妙だ)

赤松「うん、わかった。口外しない」サクサクサクサクサク

最原「もう食べてる!」ガビーンッ

最原「……アルターエゴはどの船に乗せてるの?」

赤松「あれ。ゴン太くんと東条さんの乗ってるヤツに」

最原(ひとまず安全に連れ帰らないと……彼がいなければ外に出れない)

最原(校則に触れてないことを祈るしかないな)

天海「ところでBBさん。こんな写真拾ったんすけど。これBBさんのっすか?」

BB「えー? BBちゃんは写真とか持ち歩いてませんけど……ん? この白髪の少年は……」

セミラミス「沈めェ!」ジャラジャラグサグサッ

天海&BB「ボートに穴ぎゃああああああああああ!」ブクブクブクブク

最原「何してんの!?」ガビーンッ

セミラミス「ハッ! しまった! 写真も沈む!」ガーンッ

赤松「そっちじゃなくって! 天海くん! BBさーーーんっ!」
166 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/06(金) 22:29:38.73 ID:bo8T7w2P0
ちょっと時間は巻き戻り、才囚学園

春川「……どこ行くの。百田」

百田「ん? まあ……万が一に備えるんだよ」スタスタ

春川「万が一?」

百田「新世界プログラムをぶっ壊さなきゃ外に出てこれないってなったら、さっき終一が言ったみたいにモノクマとの全面戦争ルートだ」

百田「なら……ま、やることは一つだろ」






エグイサルイエロー「」ドーンッ

百田「エグイサルを使うんだよ」
167 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/06(金) 22:31:23.62 ID:bo8T7w2P0
今日のところはここまで!
さてアヴィケブロン先生を育成しないと……
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 22:36:52.55 ID:XEZHeHeE0
そういえば完全に忘れ去られてるだろうモノタロウモノファニー・・・
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 00:56:28.27 ID:6gb6uRud0
アヴェンジャー アマデウス仮面。で真っ先にこのSSが思い浮かんでしまった……
170 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/07(土) 21:03:30.89 ID:1soznJUh0
夢野side

夢野「本当によかったのかのう。デバイスを切り離して」

イシュタル『もういいらしいわ。BBもかなり覚悟キメてたみたいだし』

イシュタル『一切合切平気。少なくともあなたたちが気にすることじゃないわよ』

茶柱「……生徒以外の人間との通信ができる機械、ですか」

夢野「まあウチらにとっての外の世界に通じてるわけじゃないから、助けには一切使えんがのう」

茶柱「歯がゆいですね」

夢野「……もう割と普通に喋れておるのう。大丈夫になったか。よかった!」

茶柱「いえ。よく見てください。転子の目を」

夢野「……あ。白目……」

茶柱「直視できないので……」ブルブル

夢野「なら普通に目を閉じててもかまわんぞ!?」ガビーンッ

イシュタル『地味に辛いのよね。白目を維持するの』
171 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/07(土) 21:16:16.26 ID:1soznJUh0
夢野「さてと。百田と春川は何かしておるようじゃし……ウチは軽く白銀のことを探すとするかの」

茶柱「ッ!」

夢野「……どうかしたか? 転子」

茶柱「……本当にイヤな予感がしただけです。覚えてないはずの記憶が蘇る感覚と言いますか……」

茶柱「夢野さん。白銀さんに近づくの、やめておきませんか?」

夢野「んん……そうか。あっちの世界でのウチは白銀に殺されておったんじゃったの」

夢野「ちょっとだけ覚えておるようじゃの。転子」

茶柱「……」

夢野「……殺されたりせんよ。白銀はそんなことをするようなヤツではない」

夢野「仲間じゃ。今でも。絶対に」

茶柱「それは……」

夢野「ふむ。さて。そんなに不安なら……」

夢野「ウチは最原と違うぞ?」

茶柱「!」

夢野「転子。お主を待たせたりはしない。一緒に行くか」

茶柱「……ええ。喜んで。必ずあなたを守ってみせます!」
172 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/07(土) 21:36:35.92 ID:1soznJUh0
夢野「……ところで、なんじゃが。王馬はどこに行ったのじゃ?」

茶柱「さあ?」




王馬side

王馬「さてと。じゃ、契約成立。キミが約束を守る限りはこちらもキミを裏切りはしないよ」

王馬「……報酬は、次の学園生活における俺の『首謀者』の地位、だよね」

白銀「うん。約束は守るよ!」ニコニコ

王馬「……そっか。それならいいんだ」

王馬「大丈夫! 最善は尽くすからさ! だって俺たち仲間だもんね!」ニコニコ

白銀(……さて。これで私の打てる手は全部、かなぁ?)

白銀(完結は近いよ。楽しみ)ニコニコ

白銀(……キミの性格はよく知ってる。どうせこちらに恭順する気なんてないでしょう)

白銀(裏切ってもらわないと困るんだよね)
173 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/07(土) 21:59:14.21 ID:1soznJUh0
王馬「そういえばさ。モノクマはどうしたの? もうずっと見てないけど」

白銀「ん? 私の潜伏先だけど」

王馬「それ実質答えてないよね。潜伏先ってどこ? あ、まさかまだ解放されてない俺の研究教室とか?」

白銀「んー。ヒントだけ教えてあげようかな」

白銀「キミたちが二度と行かないところだよ。でもちゃんと、この宇宙船の中にある」

王馬「……ふーん」

白銀(……流石にわかっちゃったかな。ま、いいか)

白銀「じゃ、私は先に帰るから。一応言っておくけど後をつけるのはナシだよ?」

王馬「ちぇ」

白銀「……いざとなったら、よろしく」

王馬「……合図を受けたら誰かを人質に取れ、か。随分な汚れ仕事を押し付けてくれるよ」

銃「」ゴトッ

王馬「ま、やるけどね。みんなビックリしてくれそうだし」ニヤァ
174 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/07(土) 22:07:47.25 ID:1soznJUh0
今日のところはここまで!
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 00:25:43.11 ID:tkq54q2d0

あそこもう行く理由ないもんな
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 07:39:26.12 ID:BmvmA7aIO
デスロードか裁判所かな?
177 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/08(日) 20:47:11.33 ID:gZxFBISW0
白銀side

白銀「……計算外があった」

白銀「まあ、前回の学級裁判では元から記憶を弄って全部ひっくり返す気だったけどさ」

白銀「巌窟王さんと最原くんが対立することも、計算通り。もしもあそこまで上手くバッサリ割れなかったら私が煽るつもりだったし」

白銀「問題なのは学級裁判に異議を唱える方法として、最原くんが『投票の放棄』を選んだこと」

白銀「もうちょっと色々あったはずなんだよなー……実は最原くんは惜しいところまで行ってた」

白銀「モノクマに対して交渉を行うってアプローチが実は大正解だったんだよ。ここで首謀者が倒れるのは本意じゃないはずだーって」

白銀「ここも計算外。最原くんなら『ブラフに引っかからないで押し通す』くらいのことはするだろうって思ったのにさ」

白銀「だから、投票の放棄をした人間に関しては殺さないといけなくなった。この点、どうしてもね。ルールだから」

モノクマ「もうちょっとあっさり靡くべきだった?」

白銀「んー。それはそれで話が不自然になっちゃうんだよなー……」

白銀「……でもま、いいよ。あれは流石にやりすぎかなって思ったけど、いい具合にみんな再起しはじめてる」

白銀「……それを私は叩き潰しにかかる。全力で。一切の演技もなく」

白銀「そうすれば……!」
178 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/08(日) 20:52:24.99 ID:gZxFBISW0
モノクマ「ところで悪いニュースが一つあるんだけど」

白銀「なに?」

モノクマ「……あの最原くんのアルターエゴ、壊れちゃったよ?」

白銀「ああ。なんだそんなこと……」

白銀「はあっ!?」ガビーンッ

白銀「い、いや。最後まで話は聞かないと。セミラミスさんがキレてうっかり壊しちゃったとかなら校則に引っかからないし」

白銀「だって彼女は生徒じゃないもん!」

モノクマ「ちなみにそのときの映像がこちら」ポチッ








アンジー『終一……終一……』ブチッ グサッ ゴリッ

最原?『いぎいいいいいいいいっ!?』

白銀「」
179 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/08(日) 20:59:26.79 ID:gZxFBISW0
モノクマ「煽り過ぎたね」

白銀「煽り過ぎちゃったかー……」ズーン

モノクマ「まあギリギリ、判定的には生きているんだよ。死んでない。でも彼に出入り口としての能力を期待するのはちょっと……」

白銀「生徒同士の情念で状況が悪化していくのはダンガンロンパっぽいけどさぁ! 流石にこれ以上追い込みたくないよ!」

白銀「どうしようモノクマ!」オロオロ

モノクマ「今更おろおろしないでよ。さっきまでの首謀者ムーブどこいったのさ」

モノクマ「うーん……まあ校則の判定はギリギリセーフだとボクが判定すればそこまでだとして……」

モノクマ「もう白銀さんはあの中に入れないよねぇ。コールドスリープ装置は見つかっちゃったわけだし?」

白銀「うう」

モノクマ「……じゃ、ちょっとボクがあの中に入ってくるよ。様子見でね!」

モノクマ「それとなくセミラミスさんに協力も取り付けてくるし……」

白銀「え? 本当! ありがとうモノクマ!」キラキラキラ

モノクマ「じゃ、行ってきまーす!」

白銀「行ってらっしゃーい!」

白銀「……さて。じゃあ今のうちに……台本の添削しておかないと……」

白銀「どうやったら歴史に残れるような悪役になれるかなぁ」ワクワク
180 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/08(日) 21:10:13.64 ID:gZxFBISW0
新世界プログラム内

天海「……」ビッショリ

BB「……」ビッショリ

最原「なんとか島まで辿り着けたね……本当どうなることかと……」

セミラミス「写真はどうした?」

赤松「本当に凄い神経だね!?」ガビーンッ

セミラミス「これが女帝の感覚だ」

最原「あえて空気読んでないだけだよね!?」

最原(……しかしこの人……アルターエゴの割に凄いリアリティだな。よく見れば見るほどに)

セミラミス「……む……チョコ菓子が切れた……チョコソースはあるのに……」ゴソゴソ

赤松「もう全部食べちゃったんだ……」

最原(アンジーさんと、アルターエゴの僕はどうなったかな)
181 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/08(日) 21:22:34.08 ID:gZxFBISW0
アンジーの病室周辺

巌窟王「……」ズーン

獄原「ど、どうしたの巌窟王さん」オロオロ

巌窟王「アンジーが……最原に会いたくないと……」

獄原「ん? えーっと、言うのイヤだけど、それって巌窟王さんにとっていいことじゃないの?」

巌窟王「怪我をしてて具合の悪い自分の青い顔色を見せるのがイヤだと……赤い顔で……」ズーン

獄原「……あっ」

巌窟王「明らかに再燃している……しかもヤツが自分の見た目を気にするなど初めてのことだ。前より燃え上がっている」

巌窟王「しかしヤツにアンジーを任せるわけには……」ガタガタ

獄原「元気出して! ほら! ゴン太が話を聞くから! ね?」アワアワ

真宮寺(獄原くんが気を使ってる……)

巌窟王「まさか巌窟王たる俺がまたしても横恋慕に頭を悩ませることになるとは……」ズーン

獄原「ヘラクレスオオカブトの話しようか!?」アワアワ
182 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/08(日) 21:26:36.98 ID:gZxFBISW0
今日のところはここまで!
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 23:19:20.14 ID:wcrwPtkA0
乙。……しかし、なんだろ。アンジーのヒロイン力が息してねえな。
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 23:24:10.43 ID:/wAGISjr0
元からあんまヒロインらしくなかったような…
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 00:46:34.43 ID:3hLcMZHIO
まあ基本相手の話聞かず一方通行だったしな
転子とギリ赤松の方がヒロインしてる
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 02:42:10.79 ID:taProBf20
まぁ転子のヒロイン力が高すぎるわな
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 09:02:46.15 ID:NU7e2BcB0
ただでさえ御本人(だと思っていたヤツ)を超COOLなアートにする様なサイコだしな!
188 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/09(月) 19:22:18.68 ID:c6hDB/r/0
海の家

入間「ヒャッハー! 三時のおやつの準備だーーーッ!」コネコネ

天海「うわっ……入間さんのクセに本格的なクッキー作ろうとしてる!」

セミラミス「邪魔くさい……」グツグツグツ

BB「え。セミラミスさんも何か作ってるんですか?」

セミラミス「備蓄が無くなったから仕方あるまい」

最原「……脱出手段があるのに使えないって、意味もなく焦る状況……のはずなのに」

最原「うわあ。凄い余裕。みんな」ガーン

赤松「もう慣れちゃったみたい。入間さんは適応遅かった方かな」

赤松「……で。やっと落ち着けたけど。最原くん。何か聞きたいことある?」

最原「ええっと、まずは僕たちと別れてから赤松さんに何があったか聞きたい、かな」

赤松「いいよ。まずは私たちは白銀さんに、自分たちの死の体験を――」



かくかくしかじか
189 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/09(月) 19:27:46.27 ID:c6hDB/r/0
最原「アンジーさんの拷問。巌窟王さんに課せられた理不尽な試練。生徒全員の死の体験。白銀さんのアルターエゴの消滅……」

最原「……辛かったね。助けるの遅くなってごめん」

赤松「いいんだよ。結局巌窟王さんに助けられて無事で済んだし」

赤松「……アンジーさんは無事じゃなかったか」

最原「でも結局、なんで巌窟王さんとアンジーさんはあんなに怒ってたの?」

赤松「……えーっと。最原くん。やっぱりアンジーさんも怒ってたって思うの?」

最原「まあ、流石に。アンジーさんが嘘吐いてることくらいはわかるよ」

赤松「そこまでわかってて何で動機に頭がいかないのかなぁ……」ズーン

最原「ええと……なんかごめん?」

赤松「いいよ。別に。アンジーさんが怒ってたのはさ……」

天海「茶柱さんと付き合い始めたことがアンジーさんにバレたからっすよね」

最原「え」

赤松「正解」

最原「……えっ!?」ガビーンッ

入間「コネて寝かせたものがこちらになりまーす」

セミラミス「チョコは入っておるか? 無ければ足せ」
190 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/09(月) 19:47:11.42 ID:c6hDB/r/0
天海「やっぱり……」

最原「え!? いや。ええっ!? 全然予想外だった! ただそれだけであんなに怒る!?」

赤松「あれを『それだけ』と言ってのける最原くんが予想外すぎるんだけど!」

天海(アンジーさんと最原くんの間にある意識の差がただただ残酷だ……)

最原「あー……うーん。どこから漏れたのかなー、とか色々と聞きたいことはあるけど……」

最原「そうか。一般論としてはとても理解できるよ。痴情のもつれか……! 最悪だ……」

赤松「……最悪、ってほどじゃないと思うけど。結局アンジーさん、あの最原くんも殺してないし」

赤松「憎いだけで殺意は無かった。それにここは現実世界じゃない」

赤松「死んでない限りはあらゆる傷が『取り返しのつくもの』だよ。だって外に出ちゃえば関係ないんだしさ」

天海「取り返しのつく傷オンリーで最大限の復讐を遂げるあたり、彼女の本気さが垣間見えるんすけど……」

赤松「あのときはあえて言ってなかったんだよ。だって気が動転した最原くんが巌窟王さんとかアンジーさんに正論ぶつけたら……」

最原「……状況がひたすら悪化するだけか……確かに」

赤松「後でアンジーさんとちゃんと話してね。冷静に、さ」

最原「……」

入間「あっ! やべっ! ケミカルX入れちゃった!」バリンッ ドロドロ

セミラミス「我のカラメルが!?」ガビーンッ


ドカァァァンッ


アンリマユ「呼んだ?」ヤッホー

入間「誰!?」ガビーンッ

セミラミス「呼んでおらん! 失せよ!」バキィッ

アンリマユ「あー……」シュイイイン……

入間「消えた……」
191 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/09(月) 20:04:42.15 ID:c6hDB/r/0
最原「……ちょっと話してくる。早めに越したことはないでしょ」ハァ

赤松「うん。優しく……ってわけにはいかないか」

最原「……」スタスタ

天海「……決着っすね。これで」

赤松「後は巌窟王さんが暴走しなければ……いやアンジーさん本人が暴走しなければ一件落着だよ」

赤松「問題の内の一つは解決」

天海「大丈夫っすかね」

赤松「……まあ、大丈夫でしょ。さっきは怒りで我を忘れてたけど、巌窟王さんも冷静なら良識的だし」

赤松「アンジーさんも手口の点から見て、殺意はない。だから大丈夫。信じよう?」

天海「……そっすね」





キュオオンッ


ラフムチョコ「byiaf 36ed)4qw@r」カサカサ

入間「ああーっ……失敗しちまった……」

セミラミス「いや。砕けば意外と食える代物になるやも……」

BB「すいませーん。この二人そろそろ止めないと世界が滅びまーす。助けてくださーい」
192 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/09(月) 20:05:14.55 ID:c6hDB/r/0
今日のところはここまで!
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/09(月) 21:19:21.24 ID:NU7e2BcB0
チョコラミス様ならラフムチョコくらいペロリよ
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 02:43:32.68 ID:dnTBMzYl0
いやアンリ消すなよ!入間が欲しがってサーヴァントじゃんかよぉ!!
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/10(火) 13:24:07.52 ID:iDOprHxIO
フラム語に笑ったわwwwwww
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 15:58:38.86 ID:K8wOX+l00
次出来るのはチョコゲーティアですかねー?チョコティアマトですかねー?
それともチョコチェイテピラミッド姫路城ですかねー?
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 17:38:36.47 ID:JJYxMrNzO
狂気な目をした異世界の主人公かもしれない
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/10(火) 19:43:53.58 ID:eV0Vml6t0
そのチョコ両手を上げて何かを訴えてない?
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 19:56:33.77 ID:WJR3WJ0oo
このラフムなんか青くない?
200 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/10(火) 20:19:54.46 ID:3E3PFHx90
アンジーの病室周辺

巌窟王「……」ズーン

獄原「それでね? ハキリアリさんは人類より遥かに昔からキノコ栽培をしている凄いアリさんでね」キラキラ

真宮寺「……巌窟王さん。獄原くんが延々と虫の話してるけど、聞いてる?」

巌窟王「無意味に虫の知識が増えていく」

真宮寺(聞いてはいるのか……)

巌窟王「今はこの無意味さが癒しとなる……ム」

最原「……」チラッ チラッ

巌窟王「……最原。速めに出てこなければアルマジロを投げつけるぞ」

最原「アルマジロを!? いやそんな都合よくいるわけないよね!?」

獄原「あ。最原くん!」

真宮寺「……実はアニマルセラピーのために島中の動物型NPCをかき集めてきててさ……」

アルマジロ「……」ノソノソ

最原「本当だ! いる!」

獄原「ちなみにアルマジロさんが丈夫なのは外殻だけで内臓は一般的な哺乳類のそれだから」

巌窟王「?」

獄原「……人間でも防弾チョッキを着込んでたところで、衝撃が強すぎれば死ぬよね?」ギンッ

巌窟王「!?」

真宮寺「謝った方がいいヨ。彼の目の前で生き物を粗末にする発言は地雷だからさ」

巌窟王「……謝罪しよう……」
201 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/10(火) 20:30:52.67 ID:3E3PFHx90
最原「ええっと……巌窟王さん。僕はさ……」

巌窟王「……よせ。もういい。後はアンジーと決着を付けろ」

巌窟王「俺の復讐は、お前に対してはもう充分だ。忘れられない恐怖だったろう?」

最原「……」ズーン

巌窟王「ただ果たしてアンジーの方はどうか。お前はアレに引導を渡すことができるのか?」

最原「……」

最原「『できなきゃ殺す』って目でよく言うよ。道は一つしかないじゃないか」

巌窟王「『最初からそのつもり』という目だな。お前は。心底忌々しい」

巌窟王「……」

最原「あのさ。巌窟王さん」

巌窟王「ム?」

最原「『俺がいたせいで上手くいかなかったのではないか』って考えはすぐに捨てた方がいいよ。大間違いだから」

巌窟王「また追い回されたいか?」ギロリ

最原「!?」ガビーンッ

真宮寺「人の神経を逆撫でする天才だヨ。最原くん」
202 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/10(火) 20:43:04.62 ID:3E3PFHx90
真宮寺(ていうか。ああ、なるほどネ。だから異常に怒ってたのか)

真宮寺(あの怒り様は自分への怒りも反映してたからだったんだネ)

真宮寺(……集中すればそこを指摘できるくらい冴えてるのに……)

真宮寺「恋愛観に関してはなんで推理力がザコ以下なのかな……」ハァ

最原「聞こえてる! 聞こえてるから!」

巌窟王「『他人がいいと言っているものの価値がまるでわからない』という点において、確かに歪んでいるな。お前は」

獄原「最原くん、みんなが『好きだ』って言ってるのに首傾げてばっかりだもんね。無茶も多いし」

最原「……もうそろそろ治そうと思ってたんだよ。それ。茶柱さんと約束もしちゃったしさ……」

巌窟王「……何故ああなる前に気付けなかった」

最原(と、言いながら巌窟王さんは、アンジーさんのいるであろう小屋に目を向ける)

最原「……本気だと思ってなかった」

巌窟王「違うな。ヤツが嘘を吐かないということをお前は充分知ってたはずだ」

巌窟王「本気だということは知っていた。『本気の強さ』を見抜けなかっただけだ」

巌窟王「……三流探偵め。お前の見抜く真実は、そこまで薄っぺらなものだったか?」

最原「……僕は……」

巌窟王「もういい。責める気はない。地獄は俺が与えるものではないのだからな」

最原「うん。アンジーさんに謝ってくる!」タッ

獄原「……いいの? 行かせて。アンジーさん、最原くんのアルターエゴにあんなことしてたんだよ?」

巌窟王「俺にマスターを止める権利はない」

巌窟王「なにより、アンジーはそこまで脆弱ではない。もう俺が目をかけなくともヤツは、正しい答えを掴みとれるだろうさ」

獄原「巌窟王さん……」





最原「入るよ! アンジーさん!」ガチャリンコッ

バタムッ

最原「ぎゃあああああああああああああああああああああッ!」






真宮寺「……夜長さんがそこまでなんだって?」

巌窟王「獄原」

獄原「……なに?」

巌窟王「……虫の話を続けろ」

獄原「うん……」

真宮寺(投げた)
203 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/10(火) 20:48:41.98 ID:3E3PFHx90
今日のところはここまで!
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 00:02:35.78 ID:ZC1aWVST0
でも押しかけやヤンデレストーカーじみたスキンシップとってくる方にも問題あるよね
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 00:21:20.20 ID:FXm6tjUrO
元々の気弱な性格+過去のトラウマの対人恐怖+人に好かれるような人間じゃ無いという思い込みがあるのか
周りから好きって言われてもピンとこない、よくても社交辞令か隣人友人としての好きって判断するってところか?
まあそもそもいつコロシアイが発生するか分かったものじゃ無い状況で色ボケしてる場合じゃ無いだろうけど
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 01:42:11.60 ID:0WT5vQJA0
というかなんかに似てるなぁと思ったら、士郎に似てるなこの最原
207 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 20:06:02.61 ID:zSWGjjCv0
病室の中

最原「……」

ジュルッ ジュプッ

最原「……?」

最原(なんだか……熱い……? 体が熱い……)

最原(でも眠すぎて頭が全然働かない。血液が鉛になったみたいだ……)

最原(……動けない……)

ジュルルッ  ジュプッ

アンジー「……んっ……終一……終一っ……!」

最原「……」

最原(声も出せない)
208 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 20:24:18.27 ID:zSWGjjCv0
海の家

カオスな鍋「」グツグツグツ

セミラミス「我こういうの見たことある。ふーやーちゃんとやらがコレ使ってるの見たことあるぞ」

入間「やべぇ。どうせ飛ぶだろうと思ってアルコール飲料入れ過ぎた。キツッ……」

天海「うわ。これ蒸気だけでクラクラ来るっすね。臭いも酷いし。赤松さん、場所移しましょうか」

赤松「人間の歯ってなんか鍵盤に似てない?」ボケーッ

天海「もう酔ってる!」ガビーンッ

赤松「アマデウスウウウウウウウウウ!」ガッ

天海「ぎゃあああああああ! 歯を! 前歯を押さないで痛い痛い痛いあああああああああああ!」

セミラミス「……まあ数分もすれば元に戻るであろう。我は賢いのでわかる。とても賢いのでな」

入間「どれくらい賢いんだ?」

セミラミス「……」

セミラミス「とても!」ドヤァ

入間「すげぇーーーッ!」

天海「あれ!? よく見たら全員酔ってないっすか!?」ガビーンッ

セミラミス「む。いかん。少し口が軽くなっておったな」

セミラミス「ところで最原とやらのスキルはあのままにしておいてよいのか? その内に強い眠気に負けて一歩も動けなくなるぞ?」

赤松「今私の頭のことなんてった!?」プッツーン!

天海「誰もそんな話してなかったっすけど前歯ぁぁぁぁぁぁぁ!」

セミラミス「誰も聞いておらぬな。まあいいだろう。我もう知らん。言ったからな。聞かなかった貴様らが悪い」ツーン

入間「ひとまず火を消しとくな」パチンッ
209 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 20:34:03.55 ID:zSWGjjCv0
最原「……」

最原(そういえば……セミラミスさんが言ってたな。借り物のスキルは負荷になるって)

最原「ぐ……!」

最原「ダメだ。寝たら。ここで眠ったら起きれなくなるかもしれない……」ググッ

最原「あ、あれ。なんで僕、服着てないんだろ……?」

アンジー「ふっ」フワッ

最原「ん? なんか甘い臭いが」バターンッ

最原「ぐー」スヤァ

アンジー「……」



ジュルッ ジュプッ
210 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 20:47:59.15 ID:zSWGjjCv0
ジュプッ ジュプッ 

ビクンッ

アンジー「んあっ!」

アンジー「……全部済んだ。満足ー。後片付けしなきゃ」イソイソ



十数分後



最原「……ハッ!?」ガバリ

最原「……起きれた。大丈夫。生きてる!」

アンジー「やっはー! 終一! 寝覚めはどう?」ニコニコ

最原「あ! アンジーさん!」

最原「……」

最原「あの。アンジーさん。僕さっき服を着てなかった気がするんだけど……」

アンジー「気のせいじゃない?」

最原「……僕が寝てる間になにか」

アンジー「してない」

最原(ここまで縋りたくなる嘘は初めてだ!)ガーンッ
211 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 20:55:41.56 ID:zSWGjjCv0
最原「……やっと冷静に話せる場ができたね。アンジーさん」

アンジー「うんうん。仕返しが済んでスッキリしたよー」

最原「アルターエゴの僕に対してやったアレのこと?」

アンジー「あとさっきやったアレも含めて……」ボソッ

最原(怖いよーーーッ!)ガビーンッ

最原「あの! ねえ! 僕、茶柱さんに顔向けできなくなるようなことになるのはちょっと困るんだよ!」

最原「だからさ……!」

アンジー「……アンジーが永遠に口を噤めば、何をしたのかは終一本人にもわからない」

アンジー「だからアンジーは何もしてない」

アンジー「……してないよー」プイッ

最原「……」







最原「アンジーさん。僕はもうアンジーさんの期待に付き合えない」
212 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 21:04:27.73 ID:zSWGjjCv0
アンジー「……もう余地はないの?」

最原「うん。ごめん。絶対にないよ」

アンジー「……そっかー」

最原「……これだけ伝えておきたかったんだ」

アンジー「律儀だなー。本当。そんなところがきっと……」

最原「……」

アンジー「終一のことが好きって感情はきっと、本物だったと思う」

アンジー「……やっと、ちょっとだけわかったような気がしたんだけどなー」

最原「アンジーさん、やっぱり巌窟王さんと会って変わったよ」

最原「……僕の伝えたいことはコレだけだ。じゃあ僕はこれで」

アンジー「……」

アンジー(さっきやったこと、転子に見せるよ? ビデオで撮ってあったんだ)

アンジー(……なんて、ね。流石にそこまで悪い子にはなれないよ)

アンジー(あの人から色々教えてもらったけどな。やっぱり肌に合わないや。欲しいものは奪ってでも、とか言いそうだけど)



スタスタスタ バタムッ



アンジー「……背中しか見えないときが一番欲しくなる。厄介だよねー。欲望って」

アンジー「それでもアンジーは終一のことが……」
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 21:07:56.41 ID:8v39MhNdO
>>207
>>209
>>210
まずいですよ!18禁は!?
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 21:08:39.62 ID:N7C5MDWBo
アイス食べてるだけだからセーフ
215 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 21:09:49.88 ID:zSWGjjCv0
病室のすぐ外

巌窟王「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

最原「」

巌窟王「……終わったか」

最原「あ、うん」

巌窟王「そうか」

巌窟王「……」

最原「じゃあ僕はこれで……」スタスタ

巌窟王「……」スッ

巌窟王「……」ピタッ

巌窟王「……」スッ

巌窟王「……」アセッ

最原(うわ。タイミング見計らってる。どの時点で励ましに行ったらいいのかわからない感じだ。放っておくべきかも、とも思ってるな。アレ)

巌窟王「チッ……」

最原(いつ行ってもベストタイミングだと思うけどな……あの二人の絆は独特だけど。真っ直ぐだし)

最原(……後は任せるよ。僕は立場上、励ませないから)
216 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 21:15:14.78 ID:zSWGjjCv0
グラッ

最原「ぐ……くそ。眠気が酷い……」

最原「あと何だろう。体の節々が激しい運動をした後か、硬い床で一晩寝た後みたいに痛むんだけど……!?」

最原(あと起きてられるのは、どのくらいなんだろうな……)





巌窟王「……いや。いつ行ってもいいはずだ。俺はサーヴァントだからな。遠慮なぞらしくもない」

巌窟王「ふん。それに、元から励ましなどアイツには……」



――ぐすっ。


巌窟王「――」



――う、うえ……うえええええん……。

――うわあああああああん……!



巌窟王「……」

ガチャリンコ
217 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/11(水) 21:15:44.55 ID:zSWGjjCv0
今日のところはここまで!
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 21:17:06.77 ID:i4m2tn9d0
繋がったとしてもしょせんデータの中での話に過ぎないからな…
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 22:05:49.12 ID:q1ErLkvu0
アンジーは最原に何をしたの?ジュプジュプ効果音がしてたけど。
………さっぱりわかんないや。教えてください、キアラ様。
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 22:19:32.66 ID:E5CCdR950
これは合体しちゃったでしょ
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 22:51:45.35 ID:Dz8T3bnjo
これはアンジーがライダー(意味深)適性ゲットしましたね…
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 16:25:13.89 ID:e/d1FhQ40
これにはさすがのメイヴちゃんも苦笑い
223 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/12(木) 20:53:27.39 ID:2BT8a6Dg0
海の家

セミラミス「というわけでできたぞ。チョコパスタが」

チョコパスタ「」デェェェェンッ!

入間「わーい! できたー!」

入間「……とか言うわけねぇだろ毛虫ババァ! こんなの豚のエサじゃねぇか!」

シャキィィンッ

セミラミス「愚民の声は小さいな。よく聞こえなかったのだが。この包丁で頬を裂いて口を大きくすれば少しはマシになろうか?」

入間「セミラミスさまばんざーい」ヒャッホウ

入間「……いやテメェに関する悪口は自重するとしても、コレだけはダメだろ! 容認できねぇよ!」

セミラミス「配分こそ違うが、成分的にはチョコパフェとほぼ同じだ。糖分と炭水化物という組み合わせはどんなに形を変えようと合う」

入間「ほ、ホントかぁ……? いやでも……」

セミラミス「食え」ガボフッ

入間「もががががげががが!」ジタバタ

赤松「問答無用だーーーッ!」

天海「あの二人、随分と仲良くなったっすねー」

BB「まあセミラミスさんも好奇心旺盛な研究者気質ですので……思考回路の方向は合致してるんですよね」

入間「う……! う、う、う……」

入間「美味ぇ!?」ガビーンッ

赤松「嘘ォ!?」

東条「……実は餡子とかも合うのよ。パスタって」

天海「あ。東条さん。治療は終わったんすか?」

東条「ひとまずは」
224 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/12(木) 21:11:31.78 ID:2BT8a6Dg0
東条「あれを完治させるのは無理ね。ただ鼓膜の方も徹底的に壊されていて自然回復は見込めない」

東条「手術をするにしても、設備は入間さんがどうにかしても知識と技術がない」

天海「流石に東条さんでも無理なもんは無理っすよね……」

東条「いえ。知識さえどうにかなれば私でなんとかするのだけど……」

天海(なんて自信だ!)

天海「BBさん。なんとかならないっすか?」

BB「んー。アルターエゴの治療とかなら私の専門ですが……あれ本当徹底的に壊されてますからね」

BB「最短で明日の昼になっちゃいますよ。鼓膜を直す『だけ』でもね」

天海「時間がゴリッと削れるわけっすね。でもやらないよりは遥かにマシか……」

東条「選手交代かしら?」

BB「ええ。ちょっとリカバリーさせてきます」

BB「……この場から立ち去る正当な理由ができてよかった。仮に味がよくっても……」

東条「ええ。抵抗感があるのよね。あの料理」

セミラミス「貴様も食らうがいい」ガボフッ

赤松「もがもごごごごご!」ジタバタ!

赤松「美味しいーーーッ! 酷いー! 悔しいー!」エグエグ

入間「こんな味覚に重篤な問題抱えたヤツが作ったみたいなサイコすぎる料理に敗北するなんてぇ……!」グスグス

天海「……俺もBBさんに同行しても……」

セミラミス「逃がさん。正当な理由が無い限り、この場にいる全員な」

天海「くっそーーーッ!」
225 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/12(木) 21:12:37.30 ID:2BT8a6Dg0
今日のところはここまで!
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/12(木) 22:57:35.90 ID:OvI5CCpj0
まあイチゴパスタだってあるんだ、チョコパスタが不味い訳が無い
ただ自分から食べたいとは思わないけど
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:02:34.29 ID:WyHE/NAto

もしかしてマジで言ってる?
マジでうまいの?
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/13(金) 00:12:39.71 ID:y1wh4z500
世の中にはチョコ味やショートケーキ味のカップ焼きそばがあってだな(多分限定品)
食ってみたら美味しくはないけど食べられなくもないという微妙な味だったが
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 04:11:25.26 ID:OtGq8UQ7O
もうマウンテンしか思い浮かばない
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 21:07:20.03 ID:AP+7Dd790
(謎のギャグシーン、ギャグパートがいっぱいあるから話が進まずにここまで長引いてるんだろうなぁ…)
まぁ気長に待ちます!
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 21:33:31.77 ID:ko7MdeNWo
きしめん風チョコスパの亜種かな?
この手の料理は冷製にしとけばいいのに温かいんだよな
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 22:04:34.25 ID:StpRrILPO
ガチャ報告のせいでは?(超高校級の推理)
233 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/13(金) 22:12:18.38 ID:81gZWvK80
現実世界

夢野「さて。モノクマか白銀を押さえればひとまずなんとかなる……と思うんじゃが……」

夢野「やっぱ普通に怖いのう」

茶柱「そりゃそうでしょうね。白銀さんのことは転子にもあまりピンと来てないのですが」

夢野「……赤松の聴力があれば何か進展するかもしれんのじゃが……やっぱりこっちも出て来るまで待つわけにはいかんし……」

夢野「手足徹底的にもがれてるのう」

茶柱「……うーん……例えば意図的に校則違反を犯したら、モノクマの方は出てきたりしないでしょうか」

夢野「ウチらを罰するためにか? 最悪の手段として考えてもいいかもしれんが」

王馬「いや無理だよ。だって校則違反の生徒を裁くのはエグイサルであってモノクマじゃないんだからさ!」

夢野「ぴぎっ!? って王馬か……ビックリさせるでない」

王馬「それよかさ。俺なんとなーく気付いちゃったんだ! モノクマのいる場所!」

夢野「んあ? いきなり何を言っとるんじゃお主」

王馬「多分、俺たちが二度と行かない場所にいるんじゃないかな?」

夢野「……いやだからいきなり現れて何を意味不明なことまくしたてとるんじゃ。ウチらが二度と行かない場所って……」







王馬「裁判場じゃないかな」
234 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/13(金) 22:20:30.01 ID:81gZWvK80
数分後 赤い扉周辺

夢野「……口車にあえて乗ってやったが……本当にここに白銀がいると思っておるのか?」

王馬「さて。どうかな。なんとなーく思いついただけだしさ」ニヤニヤ

茶柱(怪しすぎる……!)

ガチャガチャ

夢野「……やっぱり開かんの。この扉。平時は締め切っておるようじゃ」

茶柱「どうします? 扉の破壊について校則はなかったから壊してもいいと思いますが……」

夢野「うむむ……」

夢野「……あれ。なんじゃろ、アレ」

茶柱「あれ?」

夢野「今、あの草むらに何かあったような……」ガサガサ

茶柱「あ! ちょっと夢野さん! 足元に気を付けてくださいね! そこ結構草がボーボー……」

夢野「んああっ!?」ガサッ

茶柱「夢野さん!? 大丈夫ですか!?」

王馬「あらら。盛大に転んじゃったね! まあ草がクッションになって怪我は多分してないだろうけど……?」

王馬「あれ?」

茶柱「……え?」

茶柱「ゆ、夢野さん?」

王馬「……」








王馬「消えちゃったね?」

茶柱「……ッ!?」
235 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/13(金) 22:36:08.23 ID:81gZWvK80
潜伏場所

白銀「……モノクマがいないと学園の様子わからないんだよなー。マザーモノクマ凍結させちゃったから」

白銀「彼がいないと外出も間々ならないし。夜までには帰ってきてくれるといいんだけど……」

白銀「さてと。ラストスパート。今は亡き巌窟王さんの意思は……ぐすっ! 私がちゃんと継ぐからねっ!」

白銀「……」

白銀「……ツッコミがいないと虚しい……」カタカタ







格納庫

百田「うおおおおおお! 頑張れ頑張れ俺! 負けるな俺! 大丈夫絶対いけるって!」

春川『百田。流石にマニュアル操作は無理があるって。素直にオートマ操作に切り替えなよ』ザザッ

百田「ダメだ! マニュアル操作じゃねぇとモノクマーズに勝てる目が無くなっちまう! ジリ貧になるだけだ!」

春川『でも二足歩行すらままならないんじゃあさ……』ザザッ

百田「俺ファイトーーー! 負けるな解斗ーーー! ああダメだ流石の俺も心が折れそう!」

百田「ハルマキがほっぺにチューとかしてくれたら頑張れるかもしれねぇけど!?」

春川『……えっ?』

春川『……』

百田「……」

百田「あ。悪ィ。疲労がピークに達したのを誤魔化すための冗談だって。俺の心が折れそうのあたりから完全にジョークだ」

春川『頭部を破壊された者は失格となる』ドカァァァッ!

百田「ぎゃああああああああ! エグイサルにエグイサルで蹴り入れてんじゃねぇーーーッ!」グワングワン
236 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/13(金) 22:53:28.76 ID:81gZWvK80
新世界プログラム内

モノクマ「ふう。久しぶりにこの世界にやってきたぞぅ! ああ、なんて眩しい太陽!」キラキラキラ

モノクマ「……ジャバウォック島のテクスチャ使ってるんだ……結構余裕だな……」

モノクマ「さぁてと! じゃあ早速セミラミスさんのところに行って打ち合わせしないと! どうせ一人でチョコ菓子モグモグしてるんだろうし」

モノクマ「合流はきっと楽だよね!」





海の家

セミラミス「完食、だな?」ニヤァ

天海「溢れるB級感に特化したクソスイーツでした……美味しかったっす……」ズーン

入間「キツイー。何もかもー。生きるのが辛いー」エグエグ

赤松「……今日は夕ご飯いらないかも。胃袋に対するダメージが酷い……」

セミラミス「おかわりはいるか?」

全員「いるかァ!」ウガァ

セミラミス「……」

セミラミス「……そうか……」シュン

東条(わずかに落ち込んだわ)




セミラミスは馴染んでいた
237 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/13(金) 22:58:07.51 ID:81gZWvK80
最原「……もうすぐ日が落ちる」

最原「夜が来る、か」

最原「……ちょっとどうかと思うくらい穏やかだな。この島は」

最原「みんなで生き残って外に出れるかな……っと」

最原(……外に出てどうするんだろう)

最原(外に出たところで、僕たちには何もないのに)

最原(……どうしたらいいんだろうな。今まで出ることにだけ必死になってたけど)

最原(そろそろ出た後のことも考えるべき、か)





あと一日と六時間前後
238 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/13(金) 23:00:18.78 ID:81gZWvK80
今日のところはここまで!
239 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/14(土) 21:37:57.82 ID:Ael2FdsT0
夜 新世界プログラム内 海の家

天海「」チーン

入間「」チーン

赤松「」チーン

真宮寺「……どうしたのみんな」

入間「おお……オカマナメクジ……テメェ今日の夕ご飯は絶対に作れよ……」

入間「もう二度とセミラミスを台所に立たせんじゃねえ……!」

セミラミス「聞いてサングリーアちょっと言いにくいんだーけど」ルンルン

真宮寺「既にサングリア作ってるみたいだけど。アロエリー●のリズムで」

赤松(真宮寺くん何歳?)

セミラミス「漬け置きは良い文明よな」ルンルン

真宮寺「あの。セミラミスさんそれ酒税法違反だから……」

セミラミス「我は女帝ぞ。みなし製造がうんたらかんたらなどと下らない法なぞ知るか」ケラケラ

巌窟王「いい加減にしろ」ガシャーンッ

セミラミス「我の酒ーーーッ!?」ガビーンッ

赤松「あ! 巌窟王さん! アンジーさんの方は……その……」

巌窟王「……心配は無用だ。俺のマスターだぞ」

赤松「……」

巌窟王「とは言え、やはり怪我の方は脱出に間に合うかどうかは五分、と言ったところだが」

巌窟王「ただし、現実的な手段に限定しての話だがな」

入間「あ? なんかアテがあんのかよ?」

巌窟王「最原がセミラミスとのゲームに勝った時点で、一つ」

セミラミス「ぐう。こうなったらこの聖杯で酒税法を改竄してやろうか……」キラキラキラ

赤松「わあ。綺麗なコップ。何それ」

セミラミス「聖杯だが」

赤松「あはは。もう。セミラミスさんったら冗談ばっかり」ケラケラ
240 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/14(土) 21:47:02.27 ID:Ael2FdsT0
巌窟王「アッシリアの女帝よ。そのカップは最原のものだろう」

セミラミス「ふん。確かに我のゲームをクリアした褒章ではある。だがこれをそのままの形でくれてやるとは言っておらぬぞ?」

セミラミス「我はこれを使って世界の酒税法を改竄する!」

巌窟王「ここにロマネコンティがあるのだが」

セミラミス「ふん。腐っても女帝。多少の矜持はある。もちろんそのままの形でヤツにくれてやろうとも」

真宮寺「この人の手の平ぐるんぐるん回転するネ」

真宮寺「……ところでコレってもしかして本物?」

巌窟王「……」←静かに、のポーズ

真宮寺(本物だ!?)ガビーンッ

入間「ヒャハハ! まっさかー! こんな場所に本物の聖杯があるわけねぇだろ!」ケラケラ

入間「もしこれが本物だったら俺様、ダサイ原の目の前でストリップしてやるぜ!」

真宮寺(自爆芸の天才だなぁ、この人)

最原「……あ。みんな。ここにいたんだ」

セミラミス「最原。これをやろう」ポーイッ

最原「え? うわっ……と」キャッチ!

最原「なにこのコップ……ひとりでに光ってて気持ち悪いんだけど……」

最原「まあいいや。みんな。話があるんだ」
241 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/14(土) 22:02:40.27 ID:Ael2FdsT0
巌窟王「まて。獄原がいないぞ」

赤松(ついでにBBさんも)

最原「ついさっきBBさんがアルターエゴを修繕する様子を興味深げに見てたけど」

最原「……ひとまず彼に関しては後でいいよ。僕から伝えるから」

巌窟王「伝える? 最原、お前はまさか……」

最原「……学園の外の真実。これを話さないと、さ」

赤松「!」

最原「……そろそろ、この学園の外に出た後のことも考えないと。そんな段階に来ちゃったから」

巌窟王「……」

巌窟王「獄原に関しては任せるが、アンジーには俺から伝えよう」

最原「わかった」

入間「お、おい。学園の外がなんだって?」

最原「……真相に辿り着いた。だから一緒に考えてほしいんだ」

最原「僕たちがどうするべきなのかを」

巌窟王「……」

セミラミス「おい。ロマネコンティをよこせ。約定は果たしたであろう」チョイチョイ

巌窟王「ふんっ」ブンッ

ガシャーンッ!

セミラミス「!?」ガビーンッ

赤松「ロマネコンティが床に叩きつけられて粉々にーーーッ!?」ガビーンッ
242 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/14(土) 22:10:29.16 ID:Ael2FdsT0
今日のところはここまで!
今更ながら戦場のヴァルキュリア買っちゃったからな
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 22:34:51.52 ID:rtTxLqJG0
4かな?
自分も買ったよ
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/15(日) 06:48:39.20 ID:zcdecZ0j0
サーヴァントっていう常識を越えた存在が目の前にいるのになんで常識に当てはめて考えるんだ
そりゃマスターになれんな
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 09:39:55.29 ID:O6c9gWtfO
このスレに感化されてとうとうカルデアのマスターになってしまった……
とりあえず石を買って物理で殴るで合ってる?
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/15(日) 11:02:31.82 ID:FyTS869n0
とりあえず星3の鯖でも宝具5になるまでは売らないほうがいいよ
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 18:33:41.21 ID:IVLytFq1O
物理で殴るだけが戦いじゃない
248 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/15(日) 21:18:51.70 ID:FaqzE++j0
数分後

最原「……これが、このコロシアイゲームの真相だよ」

赤松「……」

入間「……はい?」

真宮寺「全部……嘘だって?」ガタガタ

真宮寺「そ、そんなはずないヨ。だって僕は全部覚えて……!」

天海「……ありえるかも……しれないっす」

真宮寺「え」

天海「俺たちは思い出しライトで、一時的にとは言え『記憶を改竄』されてたんすよ?」

天海「しかもそれを本当の記憶だと、思い出すまで完璧に思い込んでた。百田くんたちは未だに巌窟王さんのことを思い出せてない」

天海「どころか他の生徒……キミたちが生きていることに関しては半信半疑だった」

赤松「全部……嘘? 私の家族も、私の友達も、私の学校も、私の経歴も才能も……!?」

赤松「あれもあれもあれもあれもあれもあれもあれも……」

最原「嘘だよ」

赤松「……」

入間「ざ……ざけんなよ。そんなのが本当なわけねぇ! 真実なわきゃねーだろ!」

入間「そうだ! 証拠は!? テメェが思い出したって言ってるだけで、それが本当だという証拠はどこにも……!」

最原「なら入間さんが今まで思い出しライトで獲得した記憶が全部本当だとしたらさ」

最原「……それならそれで外に居場所はないよ?」

入間「ぐ……!?」

真宮寺「話を逸らさないでヨ。最原くんの仮説に証拠があるかって聞いてるんだけど?」

最原「……」

巌窟王「言ってやれ最原。何かあるのだろう?」







最原「いやないけど」ケロリ

巌窟王「」
249 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/15(日) 21:27:52.88 ID:FaqzE++j0
最原「この期に及んでまた白銀さんの用意した嘘かも、という可能性はある」

最原「でもさっきも言った通り『どっちが真相だったとしても僕たちの居場所はない』という点で共通はしてるんだよ」

東条「そうね。どちらの真相にしても私たちは、もう……コロシアイをする理由はない」

東条「脱出する理由も、だけどもね」

入間「……ならもう脱出しなくていいじゃんかよぉ……何も……考えたくねぇ……」エグエグ

星「いや。それは最悪だ。絶対にダメだ」

東条「理由は?」

星「校則で縛ってるから普段は意識もしてねぇが、もし仮にモノクマが『ゲームに飽きた』と言い始めた場合……」

星「俺たちはその時点でエグイサルに殺されるだろうな。結局のところモノクマはこの学園で一番強い権力だ」

星「一番強い権力を裁く者がこの学園の中にはいねーんだからよ」

巌窟王「もっとも、その点に関しては最原の仮説なら説明可能だがな」

巌窟王「今まで律儀すぎるほどにモノクマが校則を守っていたのは『外の世界に見せていたから』……」

巌窟王「これ以上に美しい回答もあるまい。故にモノクマより強い権力は、実は外の世界にいたということになる」

赤松「……」

セミラミス「ふむ……カルーアミルクも悪くない」チビリチビリ

赤松(もう立ち直ってカクテル作ってる……)
250 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/15(日) 21:36:33.60 ID:FaqzE++j0
最原「さて。僕の仮説はあくまでも可能性。だけどこれを念頭に置いて考えてみてくれないかな」

最原「……外の世界にそれでも出たい?」

赤松「それは……」

赤松「……」

セミラミス「む? ほう。ほうほうほう。これはアレだな。我は知っている。この前の金髪先生だかコンパチ先生だかで見たことあるぞ?」

セミラミス「卒業が近づいた生徒たちが行う進路相談……とかいうヤツではないか?」

セミラミス「酒の肴としてはまあまあだな」グビグビ

赤松「セミラミスさん。酔ってるの?」

セミラミス「人類最古の毒殺者がスクリュードライバー程度で酔うわけがなかろう」

入間「さっきカルーアミルクっつってなかったか?」

星「というか実際に持ってるのカルーアミルクだぞ」

赤松「酔ってるよ! しかも症状が重篤だよッ!」

セミラミス「ぐー」バターンッ

赤松「あっと言う間に酔いつぶれた!」ガビーンッ

巌窟王「そのまま海にでも捨てておけ」

赤松「さ、流石にベッドに運ぶよ!」

星「よく考えてみたらコイツが今一番、なんでここにいるのかわかんねーな」
251 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/15(日) 21:44:18.73 ID:FaqzE++j0
天海「……」

天海「前段階っすね。ひとまずは」

巌窟王「!」

天海「白銀さんを捕まえる。モノクマを無力化させる」

天海「外に出る権利を手に入れる。それ以外に道がないかを考える」

赤松「外に出る。モノクマに飽きるまで飼われる、以外の選択肢……?」

天海「探してみないと、あるかどうかもわからないじゃないっすか」

天海「まあ……その第三の道がもしあったとしても、この二つ以上に過酷かもしれないんすけどね……」

天海「俺は……道はすべて開示した上で選びたいっす」

天海「真相が暴けたからって、そこで終わりにしたくない」

最原「……そっか」

天海「お願いっす。最原くん。この話はまだ保留にしておいてくれないっすかね?」

天海「真相のその先を見ないといけない。そんな気がするんすよ。俺」

最原「うん。わかった。僕も気が早かったかな。重要だから話さないわけにもいかなかったけどさ」

巌窟王「……真相のその先、か」

赤松「あの。真宮寺くん。セミラミスさんを運ぶの手伝って?」

セミラミス「……膝枕……である……光栄に思え……」ムニャ

真宮寺(腹立つくらい幸せそうだネ)
252 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/15(日) 22:01:28.45 ID:FaqzE++j0
アルターエゴを修繕するために作ったほったて小屋

BB「……それ。本気で言ってるので? 私に取引を?」

モノクマ「さっきゴン太くんに仕込んだアレを見てさぁ。利害は一致しそうだなって思ったんだよね!」

BB「あれは万が一のために持たせただけなんですけどー」

BB「……でもそれって取引というよりは私の背中を押してるだけですよね」

BB「当初より『最悪の場合は』として設計してた仕掛けですし」

モノクマ「思い切り派手にやっていいよ! やってくれた場合は……ここからがこちらの取引なんだけど」






モノクマ「――」

BB「……」

BB「正気ですか? そんなもの……」

モノクマ「うん。もういらないものだからさ。別に全然いいんだよ」

BB「……なんとなく白銀さんが何を考えてるのかわかっちゃいました」

モノクマ「そう?」

BB「……いいですよ。そんなもの受け取れません。気持ち悪い。ロハでやった方がマシです」

BB「決行はいつにします?」

モノクマ「できるだけ早い方がいいよね。もう時間がなさそうだ」

BB「……さぁって。後腐れなく、ぶっ壊しちゃいましょうか」
253 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/15(日) 22:04:14.53 ID:FaqzE++j0
今日のところはここまで!
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 12:04:47.81 ID:jVc5H8W+O
>>245
サポート欄を出来るだけ埋めて強い人にフレ申請しまくろう
5章まではフレ頼みで行けるぞ
255 :爆死の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/16(月) 17:23:47.28 ID:HY86u+FLO
札束で殴るゲームではないが、あえて札束で殴るプレイングしてもいいんだぜ〜ひっひっひ。
あ、更新は夜っすよ
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 18:51:05.49 ID:FvUPxHNqO
古人曰くガチャは悪い文明という言葉がある
257 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/16(月) 18:57:32.30 ID:dLsF8k7q0
アルターエゴの治療室

BB「……さてと。準備はこれで終了。あとは……まあ祈るだけですかね」

最原「治療は順調なの?」

BB「桜ビーム!」ドバァァァッ!

最原「わああああああああ!?」ドカーンッ

最原「あ、あぶ、あぶあぶ……危ない! 死ぬところだったよ!」

BB「こっちはビックリしすぎて心臓が止まるかと思いましたよ! 謝ってください!」

最原「ご、ごめん……?」

最原(……いやここで謝るのはなんか違う気がする……断れないけど)ズーン

BB「こっちは予定以上の成果はなし。代わりに予定外のアクシデントもありません」

BB「セミラミスさんはまだ生徒たちで遊んでますか?」

最原「あ、いや……自分で作ったカクテルで酔いつぶれてたけど」

BB「本物並みですね、本当。気が抜けてるときは異常に役に立たないんですよ。チョコファウンテンの中にずーっと幽閉されてたり」

最原「この状況で気が抜けるのか……」

BB「抜けますよ。だってあなたたちのこと他人事だと思って……っと、彼女のことはもういいでしょう」

BB「最原さん。話が一つ。時間がなさげなので一方的に宣告させてもらいます」

BB「私はちょーっと予定があるので、あなたたちを脱出させるころには、もう協力できません」

最原「え? そうなの?」

BB「ええ。残念ですが、あなたたちの戦いを最後までサポートできなくなりました」

BB「……無念、ですが。でも心配はしていません。あなたたちなら、きっと……」

BB「これ、巌窟王さんには秘密ですよ」

最原「……」

最原「BBさん。キミとはなんだかんだ長い付き合いになっちゃったけどさ……」

最原「ありがとう。キミがいなければ解けなかった謎もあった」

最原「……また会えるかな?」

BB「……さて?」ニコリ
258 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/16(月) 19:09:57.59 ID:dLsF8k7q0
ベッドルーム

セミラミス「……おい。水をよこせ」グッタリ

赤松「凄まじい神経だよセミラミスさん。この状態でなんでそんな態度大きいの」

セミラミス「ククク。何故だと思う? 聞きたいか? 教えないぞ? 泣いて乞えば教えてやるが」ニコニコ

赤松「……」

セミラミス「……」

セミラミス「泣いて乞わぬのか……貴様は強いな……」

赤松「待って。軽口でもなんでもなくって本気で泣くと思ってたの?」

セミラミス「……ム……?」

セミラミス(風向きが変わったか……よくない風だ)

赤松「セミラミスさん?」

セミラミス「……貴様らが思ったより早く嵐が来るぞ。気を付けよ」

赤松「え」

セミラミス「水」

赤松「……ああ、もう。持って来ればいいんでしょ。元から介抱するつもりだったし大丈夫だって」

セミラミス(さて。どうせ紛い物の身。この嵐で消え去ってしまうのも別にいいが……)

セミラミス「……我の料理を口にしたしな……ふむ。よし」

赤松「水持ってきたよ」

セミラミス「水道水か……ペットボトルの天然水とかはなかったのか?」ゲンナリ

赤松「ワガママ放題すぎる!」
259 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/16(月) 19:21:42.88 ID:dLsF8k7q0
アンジーの病室周辺

巌窟王「……」

最原「あ。巌窟王さん」

巌窟王「最原か」

獄原「……」ズーン

最原「……と、ゴン太くんも。その様子だと……」

獄原「うん。ゴン太も……聞いたんだ……アンジーさんと一緒に……」

最原「そう」

最原(……言うことが間違いだったとは思えない。けど……ちょっと心配だな)

最原(でも各自で乗り越えてもらうしかない)

最原「あ。そうだ。巌窟王さん。聞きたいことがあったんだけど」

巌窟王「なんだ?」

最原「いつの間にアンジーさんのいる場所がわかるようになったの? 真宮寺くんの事件のときは、そんな能力なかったよね?」

巌窟王「……それか。さて。どう言ったものか……」

巌窟王「……どの言い方をしても気に食わないな」

最原「え?」

巌窟王「拷問中、俺が這う方向がわかったのは白銀がそれとなく誘導したからであろうが……」

巌窟王「……そう。すべて白銀の拷問のせいであろうな。アンジーの魔力供給が『マイナスの感情の爆発』で活性化することは随分前に述べた」

巌窟王「それがヤツの拷問によって上限を越しただけのこと」

巌窟王「一種の壁を破ったのだ、と考えればいい。と言っても、トドメは俺の負傷した姿を見て心底幻滅したことだろうがな」

巌窟王「ヤツの趣味嗜好が完全に裏目に出た、と言えば少しは気持ちも晴れようというものだが……」

最原「……」

最原(確かに、どこか気持ち悪いな。まるでこうなることがわかってたような……)

最原(アンジーさんの感情の発露が魔力に関わる。これは学園生活で特に隠してなかった)

最原(でも、あの白銀さんが『その点を考慮せずに拷問をした』って事実がなにか変だ。腑に落ちない)

最原「……まさか、彼女――」


ドカァァァァァンッ……!


最原「!」

巌窟王「!」

獄原「えっ……なにこの音?」

最原「爆発? どこから?」キョロキョロ

最原「……あ……ああ、あ!?」







獄原「……BBさんが突貫で組み立てた……アルターエゴ治療室の方……!?」
260 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/16(月) 19:22:52.06 ID:dLsF8k7q0
今日のところはここまで!
三蔵ちゃん……のころには私、FGOやってなかったんだよなぁ。スマフォ持ってなくて
261 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/17(火) 20:08:21.03 ID:XkpcxpB80
巌窟王「俺はアンジーの傍から離れるわけにはいかん」

最原「わかってる! ゴン太くん! 一緒に来て!」

獄原「う、うん! わかった!」

最原「くそっ! 無事でいてくれよ、二人とも!」ダッ






ベッドルーム

赤松「……ん。なんだろう、今の音」

セミラミス「……さて。我には見当も付かぬが……」

セミラミス「赤松。貴様は運がいいな」

赤松「え?」

セミラミス「少し騒がしくなるぞ。絶対に我の傍から離れるな」

セミラミス「もてなしの返礼はしてやろう」

赤松「?」
262 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/17(火) 20:19:00.85 ID:XkpcxpB80
獄原「ん。あれは……!」

最原(海の家でくつろいでた人たちか。少しの差だけどあっちの方が先に着いたんだな)

最原「……あれ?」

最原(BBさんの作った部屋よりちょっと離れたところに、何か……?)

最原「煙?」

獄原「最原くん?」

最原「……もしかして爆発は爆発でも、爆弾とかじゃないのか?」

最原「ごめん! ゴン太くん! 別行動にしよう! 僕はちょっと調べたいことがある!」

獄原「わかった! じゃあゴン太は先に行くよ!」




アルターエゴの治療室周辺

東条「BBさん! 無事!?」

入間「な、なんじゃこりゃあ! すげぇ土煙……げほっ!」

真宮寺「……部屋の側面に何か強い力がかかって、部屋が破壊されたようだネ」

星「トラックとかか?」

真宮寺「いや……それよりも小さくて、更に速いものだろうネ。例えば……大砲?」

天海「た、大砲って……!?」

真宮寺「……部屋が燃えてないところを見るに徹甲弾かな」

入間「ほ、砲台は……!?」キョロキョロ

星「後回しにしろ。中に入るぜ」


ガチャリンコ


天海「む……ぐ……!?」

真宮寺「これは……」

東条「……血の臭い……ね」
263 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/17(火) 20:26:12.80 ID:XkpcxpB80
BBの治療室の外れ

最原「これは……砲台?」

最原(煙が出てるし、発射直後……みたいだけど)

最原(やたら作りが簡素っていうか……本当に必要最低限の機構しかないみたいだな)

最原(多分、地面に固定されてたんだろうけど、反動でひっくり返ってるし……地面には鉄杭の痕。あと土嚢。これで固定してたみたいだ)

最原「……ん。これ……ところどころ肉球型の泥の痕跡がペタペタ残ってるな」

最原「なんで肉球? まるで猫か何かがこの砲台を設置したみたいな……」




モノクマ『うぷぷぷぷぷ』




最原「猫じゃない! クマだ!」ガビーンッ

最原(まさかモノクマがこの砲台を撃ったのか!?)

最原(……もうちょっと調べてみる必要があるか)
264 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/17(火) 20:37:16.71 ID:XkpcxpB80
最原「……これ……アンテナがついてるな。ひっくり返った拍子に壊れちゃったみたいだけど」

最原「まさか遠隔で発射できるのか?」

最原「……いや。目に見える場所にトリガーがないから『遠隔操作じゃないと起動できない』みたいだな……」

最原「でも変だ。この砲台……元の場所に、鉄杭を痕に重なるように固定して、土嚢を乗せたら……」

最原(関節の駆動を邪魔して、一切身動きが取れなくなる……)

最原(……つまり設置したが最後、そこから標準を動かせない。ただ部屋を破壊するだけなら、これでも問題ないけど……?)

最原「モノクマはコレを使って一体何を……?」




アルターエゴの治療室

天海「……これ。やっぱり死んじゃったっすかね」

東条「見ればわかるでしょう」

天海(俺たちが見た光景。それは……)

天海(……床に倒れ込み、掠り傷だらけのBBさん。そして……首から上が無くなった誰かの死体だった)

天海(これはまず間違いなく、百パーセント)

獄原「最原くんの……アルターエゴ……!?」

天海「あ。ゴン太くん」

星「……これで完璧に、外に出る手段がなくなっちまったな」

入間「どころじゃねぇ! 出入口が一つ残らず無くなっちまったら、それは、つまり!」

入間「あわわわわわわ!」アタフタ

獄原「大丈夫! BBさんが手を打ってたから!」

天海(え?)

入間「BBが……?」

獄原「だから、最原くんのアルターエゴが死んでも……問題は……!」



ピンポンパンポーン


天海「ん……?」
265 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/17(火) 20:39:39.08 ID:XkpcxpB80
モノクマ『あー! あー! オマエラ! お久しぶりです! みんなの愛らしい学園長、モノクマです!』

モノクマ『今日はみんなに、残念なお知らせがあります!』

モノクマ『新世界プログラムに対する重大な破壊行為を関知しました!』

モノクマ『よって、一切の例外なく、連帯責任で! みんな仲良く!』






モノクマ『エグイサルによる処理を開始しまーっす!』ギンッ
266 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/17(火) 20:43:48.52 ID:XkpcxpB80
パソコンの接続が悪いから今日はここまで!
267 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/18(水) 19:27:48.78 ID:uxmOnnYd0
天海「……」

天海「それで? ゴン太くん。BBさんの打った手って何っすか?」

獄原「あ、もういいや。全部ない話になったみたいだから」ダラダラダラ

真宮寺「凄い汗」

入間「どっ、どどどどうすんだよォ! 俺様たちの体はまだ外で無防備に晒されてるんだろ!?」

入間「エグイサルなんか来たら一瞬で……!」

東条「どうやら話はそんなにゆっくりしたものではないらしいわよ」


ガシャコーンッ ガシャコーンッ


星「……この音」

入間「お、おい。アイツらは巌窟王が一つ残らず破壊したよな!? そうだよな!?」

東条「校則違反にあわせて復活したと考えるべきでしょうね」

東条「何体かこちらにやってきてるわ。視界に入った途端にグシャッと来るでしょうね」

入間「〜〜〜! 〜〜〜!」パクパク

真宮寺「もう悲鳴が声になってないヨ」
268 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/18(水) 19:39:27.31 ID:uxmOnnYd0
BB「ぐ、む……ぷはぁっ! ビックリした!」ガバリ

天海「起きたっすね」

BB「うわ! アルターエゴが完全破壊されてる!」ガビーンッ

天海(なんかわざとらしいな?)

獄原「BBさん! これどういうこと? さっき言ってたよね!?」

BB「さっき?」

獄原「仮にアルターエゴが壊れたとしても『監視権限』はセミラミスさんから回収した上で破壊したから大丈夫って!」

天海「え? なんすかそれ」

BB「モノクマと白銀さんはセミラミスさんに、この世界を監視する権限を与えていたんです。言っちゃえばこの世界限定の千里眼ですね」

BB「それをさっきセミラミスさんから没収して破壊したから、仮にアルターエゴを破壊したところでモノクマさんがそれを認識できないんですよ」

BB「まあ『外の世界から新世界プログラムを俯瞰して見る場合』は別ですが……それでも『反応の撹乱』にはなりますので……」

入間「あ。そうか。映像を見れても数値を見なきゃ、俺様やBBの偽装工作の可能性も消えないから認識できないも同然なのか」

BB「よって、残る確認手段は一つだけ。モノクマさんが直でここに来て、肉眼でこれを見ない限りは校則違反として処理できないんですよ」

BB「仮に『まあ壊れただろう』という『みなし』で校則違反判定を行って、後から実は壊れてませんでした、となったら……」

BB「この学園生活そのものに対する信用にかかわりますので、絶対にみなしや推測であなたたちを裁いたりはできないはずです」

真宮寺「そう。ところで、この音聞こえる? 段々大きくなってきてるのもわかる?」




ガシャコーンッ ガシャコーンッ



BB「……」

BB「あれれー?」

天海「あれれー? じゃないっすよ!?」
269 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/18(水) 20:01:46.38 ID:uxmOnnYd0
BB「もしかしたら……この中に裏切り者がいるのかもしれないですね」

天海「!」

東条「……この期に及んで? まだ?」

星「ありえなくはない、か?」

真宮寺「まあ……さっき最原くんに聞かされた話を真に受けて、絶望しきった誰かが心中を企てたと考えれば確かに」

天海「ないっすよ! そんなの!」

BB「……」

天海「もう俺たちは、前に進むことをやめたりしないっす! こんなところで終わりたくない! みんなそう思ってたはずっすよ!」

東条「どっちにしても、あの校則違反の放送が鳴り始めたのは『私たちが部屋に入った後』よ」

東条「モノクマがそれを感知する方法がどこかにある、ということじゃないかしら」


ガシャコーンッ ガシャコーンッ


BB「もう時間がなさそうですね」

天海「ど、どうするんす!? 逃げる? 隠れる!?」アタフタ

BB「……私ならアレを一体、二体破壊はできると思いますけど……」

BB「ふむ。『逃げる』の方向で行きましょう。ゴン太さん。アレを」

獄原「え? あ、アレ?」

獄原「……あ、アレを使うの!? 最終手段って言ってたじゃない!?」ガビーンッ

BB「もう大分詰んじゃってるので……仕方ないのでは?」

獄原「ああー……!」

獄原「わ、わかった。ゴン太、頑張るよ……」

天海「……?」

BB「じゃ、道を切り開いてあげます。ひとまず巌窟王さんと合流です!」

獄原「あ! 途中で最原くんも回収してね! 場所はゴン太が教えるから!」

BB「了解!」

東条「正面突破……ね」

星「無茶な作戦になるな」
270 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/18(水) 20:03:39.27 ID:uxmOnnYd0
三蔵ちゃんと西目指すので今日はここまで!
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 19:30:43.35 ID:3Lxb0fh40
処理が開始されたってことは、モノタロウとモノファニーもエグイサルで動き出しているってことか
エグイサルの操縦に慣れてない百田と春川はまともに戦えるのか?
272 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/19(木) 21:35:08.29 ID:T1+lA3bx0
最原「……」

最原(わかった。標準が動かせないのなら『大きくて動かない標的を狙う』か『標的を動かす』しかない)

最原(なら……この遠隔操作のスイッチを押したのは……!)

最原「BBさんと合流はできないな……」

最原「調査しなきゃ! 真相によっては僕らは外に出られずに終わる!」




ベッドルーム周辺


ガシャコーンッ ガシャコーンッ

赤松「……エグイサルで囲まれてる。それにさっきの放送。どう考えてもまずいよね……」

セミラミス「そうだな。我も流石にマスターなしのはぐれサーヴァント状態では、半分の実力も出せないであろう」

セミラミス「というかそもそも殴り合い用のサーヴァントではないのでな」

赤松「ん……?」

セミラミス「む? なんだ? サーヴァントが戦闘をしないことがそんなに意外か?」

赤松「いや。セミラミスさんってサーヴァントだったの!?」

セミラミス「何を今更。そんなこと最初に……?」

セミラミス「あっ。言ってなかった」ガーンッ

赤松(なんだろう、この感じ。どことなく誰かに似てるような……?)

セミラミス「ひとまず隠れられるだけここに隠れておいて、見つかりそうになったら我が仕掛ける」

セミラミス「安心せよ。巌窟王のところに連れて行く程度、我にとっては造作もない」ギンッ
273 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/19(木) 21:41:53.70 ID:T1+lA3bx0
五分後

スコーンッ

セミラミス「あーれー」クルリラクルリラ

赤松「エグイサルにどつかれて吹っ飛んだーーーッ!」ガビーンッ

セミラミス「ぐはっ」ガンッ

ドサッ

赤松「そして後頭部を木に打ち付けたーーーッ!」

エグイサル「」ガシャコーンッ

赤松「あ! わ! わ!」

赤松(撃たれる!?)



ジャラジャラジャラッ ガチッ


エグイサル「!?」ジタバタ

「ふん。この程度の攻撃で我にダメージを与えられると思うてか?」

赤松「……この鎖! セミラミスさん! 無事だったの――」

血塗れのセミラミス「そよ風のような攻撃だったな」フラフラ

赤松「重傷だーーーッ! 無事じゃない!」

赤松「……あ! 思い出した! この感じ、召喚された直後の巌窟王さんと同じだ!」

セミラミス「あやつと同列に語られるのは不本意だが、それは『頼もしい』という意味か?」ニヤニヤ

赤松「『思ったより役に立たない』って意味だよ!」

セミラミス「!?」ガビーンッ
274 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/19(木) 21:48:57.95 ID:T1+lA3bx0
セミラミス「ふん。まあいい。巌窟王のところまで連れて行く。予定には何の代わりもない。行くぞ」バターンッ

セミラミス「む? 妙だな。何故我の目の前に空が広がっているのか。はて?」

赤松「ぶっ倒れて空を仰いでるからだよ!?」

セミラミス「む。いつの間に倒れたのか……ならば立ち上がらなければな?」ガクガク

セミラミス「さて赤松。一気に走り抜けるぞ。こちらだ」フラフラ

赤松「セミラミスさん! 逆! 方向が逆!」アタフタ

セミラミス「……仕方がない。赤松。貴様に我が手を取る名誉を許す。その間は我が貴様の身の安全を保障してやろう」スッ

エグイサル「……」ハイドーゾ

赤松「セミラミスさーーーん! それ私じゃなくってエグイサルーーーッ!」

スコーンッ

セミラミス「あーれー」クルリラクルリラ

赤松「また吹っ飛ばされたーーーッ!?」ガビーンッ
275 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/19(木) 21:59:13.91 ID:T1+lA3bx0
セミラミス「ククク。楽しくなってきたぞ。存外やるではないか」ビクンビクン

赤松「この期に及んでまだ上から目線だよ! 凄いなこの人!」

セミラミス「それでは我が奥の手を見せてやろう、と言いたいところだが。赤松」

セミラミス「この奥の手は周りに人がいると巻き込んでしまう可能性があり非常に危険だ」

セミラミス「ついでに直視すると失明の危険性があり、音を聞くと呪われる可能性もある」

セミラミス「すぐにこのガラクタどもを片付けて後を追うので、先に行くがいい」

赤松「ねえ流石にそんな嘘に引っかかるほど私、子供じゃないんだけど!? 要約で『ここは私に任せて先に行け』だよね!?」

赤松「肩を貸すから! そこの林を突っ切って行こう! 遠回りになるけど身は隠せるからマシだよ!」

セミラミス「貴様の提案に乗ってやらんこともない」

赤松「もういい加減に本っ当に黙ってて! 無茶しすぎだよ!」

セミラミス「……そこまで無茶でもないのだが……まあいい。速くした方がよいぞ?」

セミラミス「鎖がそろそろ引きちぎれそうだ」

エグイサル「……」ググッ

赤松「うわーーー!?」
276 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/19(木) 22:08:09.27 ID:T1+lA3bx0
セミラミス(しかし妙だな。魔力の籠ってない攻撃でサーヴァントを傷つけるとは……)

セミラミス「……まさかこの空間、固有結界と化しているのか?」

セミラミス「バカな。この規模の固有結界を作るのならそれこそ全人類規模の『願望』が必要になる。気のせいだな」

赤松「口より足を動かして! 今は!」

セミラミス「別にあの程度なら我一人で大丈夫なのだが。置いて行ってもよいのだぞ?」

赤松「セミラミスさん! 美人で料理がおいしくて割と面倒見がいいところは尊敬できるよ!」

セミラミス「そうであろう?」

赤松「でもアホでしょ!」

セミラミス「!?」ガビーンッ

赤松「落ち着けるところまで行ったら止血するから! 頑張って!」

セミラミス「貴様後で覚えていろ」
277 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/19(木) 22:13:01.60 ID:T1+lA3bx0
今日のところはここまで!
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 22:43:53.16 ID:3Lxb0fh40
乙です。
「全人類規模の願望が必要になる固有結界」となると、やっぱり外の世界の視聴者は「希望」を求めているのか…。
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 23:48:17.83 ID:hL8Q/gvEO
ピアノバカと呼ばれる赤松さんにアホ呼ばわりされる人
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/20(金) 02:14:48.55 ID:OEWHCWfkO
外の世界の人類史は一度滅んだ方がいいんじゃないかな
281 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/20(金) 21:19:26.80 ID:kpYm2A3T0
アンジーの病室周辺

巌窟王「……」ガチャガチャ

巌窟王「ふむ。ブランクの長さの割に、上手くできた方じゃないか」

アンジー「何してるのー?」

巌窟王「罠を仕掛けている。これが上手く行った試しはそこまで多くないがな」

巌窟王「戦車級の重量を持った誰かが仕掛けを踏むか、俺がスイッチを起動させるかすると」


ギャリンッ グサグサグサッ


巌窟王「BBから提供された『鉄杭』が相手に突き刺さる。勢いもそこそこあるので金属程度なら造作もなく破壊可能だ」

アンジー「器用だねー」

巌窟王「なに。むかし取った杵柄だ」

巌窟王(……さて。騙し騙しで魔力を節約。これでどの程度持つものか……)

巌窟王(俺たちの命運は、こうなった以上はBB頼みだな)
282 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/20(金) 21:31:48.86 ID:kpYm2A3T0
BBチーム

BB「……えーっと……ひっくり返った砲台しかありませんが」

獄原「あ、あれ? おかしいな。最原くんは間違いなくこっちに来たはずなんだけど」

星「実際に来たんだろうな。こっちにわずかだが最原の靴の跡があったぜ。追跡できるほどハッキリしてねぇが」

入間「……?」

入間「なんだこの砲台。トリガーがない……? いや、そうか遠隔装置オンリーなのか」

入間「というかこれ、組み立てた後だと標準が……」

東条「標準が動かせなくなるわね。鉄杭や土嚢が邪魔になるわ」

BB(みんな手慣れてますねー。この切羽詰まった状況でも情報拾えるなんて)

BB(でも……もしかしなくっても最原さんは気付いちゃってますね)

BB(まずい。とてもまずい。いっそのこと真相をすべて知られるのならまだしも、中途半端に感付いてるという状況が一番最悪だ)

BB(私を警戒して隠れられたら……後ろからエグイサルにズドン! なんてオチもありうる)

BB(どうしたものか……)

BB「最原さんのことは後回しにしましょう。頭のいい彼のことです。巌窟王さんの元に既に向かってるのかも……」

東条「……そうね。ひとまず巌窟王さんと合流しましょう」

入間「……」

天海「最原くん……!」
283 :逆転の人 ◆SxyAboWqdc [saga]:2018/04/21(土) 00:30:13.79 ID:uxUYU1oE0
三田さんのガチャ報告が気になり過ぎるので今日はここまで!
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/21(土) 00:39:16.10 ID:kn2evgpsO
この最原間違いなく幸運E−
168.29 KB Speed:10   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)