【モバマス】向井拓海 今昔物語

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:48:06.74 ID:AE957y5f0

たくみんデビュー前と後の二部構成です。

炎の華リリース記念と総選挙へのダイマを込めて。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522309686
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:49:31.44 ID:AE957y5f0

  五〜六年前くらいの話


拓海「……で、ここはどこだ?」

モバP「ここはわが社の第三女子寮(平塚寮)だ」

拓海「あぁ? 女子寮だぁ!? しかもわが社って、何の会社だよ?」

モバP「シンデレラプロダクション、アイドル専用の芸能プロダクションだ。名刺ドウゾ」

拓海「はぁ!? アイドルだぁ? んなチャラついたヤツがアタシに何の用があるんだよ!」

モバP「まぁ、せっかく来たんだし、取り合えず中を見てけよ」グイッ

拓海「なっ!? おい!引っ張んじゃねーよ! 聞いてんのか!?」

モバP「はいはい、話は署(ナカ)で聞くからね」グイグイ

拓海「署ってなんだよ!? おい! 放せよッ!」ズルズル

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:51:39.88 ID:AE957y5f0


 〜 女子寮内 〜


モバP「っつーことで、寮の先輩になる木村夏樹だ」

夏樹「よろしくー」

拓海「……」ブンムクレ

モバP「んじゃ、簡単に寮の利用方法について説明するぞ?」

拓海「ちょっと待て」


拓海「話が勝手に進んでるが、アタシはアイドルなんてやらないからな?」

モバP「えっ? なんで?」

拓海「人の話を聞いとけよッ! んなチャラついたこと出来るかよ!」

夏樹(プロデューサー、また強引に連れてきたのか……)

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:53:04.08 ID:AE957y5f0

モバP「んー、まぁアイドルをやるやらないは追々考えるとしてだな」

拓海「……こ、コイツはいつもこうなのか?」

夏樹「あー……」ポリポリ

モバP「だって、絶対売れるし。 カワイイし、胸でかいし」

夏樹「確かに。 ギター弾くのに邪魔になりそうなくらいだ」

拓海「ッ! 胸のこと言うんじゃねえッ!」

モバP「これでなんと! 夏樹と同い年だってんだから驚きだろう?」

夏樹「マジかよ…… アンタ、ロックだな!」

拓海「知るかよッ! あとか、カワイイとか言うな、気持ちわりぃ……」

モバP・夏樹(文句言いながら照れてる……カワイイ)

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:54:49.30 ID:AE957y5f0

モバP「で、寮だが個室なら月3万、朝夕2食分の食費が月1万、光熱費はなんとタダだぞ!」

拓海「お、おう……」

夏樹「ただし週1で食器洗い、共同スペースの掃除があるけどな」

モバP「さらに入居1ヶ月間は基本無料、ツケも利くぞ!」

拓海「マジかよ……」

夏樹「ちなみにアタシはもう3ヶ月滞納してるぜ!」

モバP「マジかよ……」


モバP「お前にはちゃんと仕事させてるだろう?」

夏樹「いやー、月8万じゃ実際キツイんだよ。 ガソリンもバカ高いし」

拓海「!」

モバP「電車移動なら交通費出るのにバイク使うからだ。 まぁ自業自得だな」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:56:15.48 ID:AE957y5f0

拓海「なんだ、アンタも単車乗るのか!?」

夏樹「ん? ああ、月1でツーリングを嗜む程度だけどね」

拓海「マジかー! 何乗ってんだ?」

ペチャクチャペチャクチャ

モバP「……」

ヘーソウナノカー!オウブッチギリダゼー!

モバP「……ちなみに、2輪なら基本的に駐輪所は無料だからな(ただしチャリ、原付に限る)」

拓海「うおおぉ……ほんっとに至れり尽くせりだな」

モバP「どうだ? やる気になってきたか?」

拓海「うっ……」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:57:32.91 ID:AE957y5f0

拓海「大体よォ、アタシがアイドルって、ガラじゃねーだろ」

拓海「どうせアレだろ? 水着とか着せられてエロいポーズ撮らせる気だろ?」

モバP「うーん、個人的には是非見てみたいが、基本嫌がる仕事はさせんよ」

夏樹「ああ、アタシも仕事選り好みしすぎてほとんど仕事してないからな!」

モバP「お前はもうちょっと仕事をありがたがってくれ」

拓海「アンタもどうせ、この、……胸を見て声かけてきたんじゃないのか?」

モバP「フム……夏樹、今日は久美子さんいたっけ?」

夏樹「いるよ。 ちょっと呼んでくる」タッタッタ

〜 〜

久美「ということで初めまして、松山久美子です」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 16:59:17.83 ID:AE957y5f0

モバP「んじゃ先生、お願いします」

拓海「お、おい、何する気だ?」

久美「動かないでねー、すぐ終わるからねー」

モバP「彼女は寮内でも屈指の化粧マスターだ。 自分を少しでもきれいに見せたいという努力家だよ」

拓海「け、化粧だぁうぶッ 久美「動かないで!」

夏樹「アタシは正直、化粧とかよりペイント派だけどね」

モバP「ヒャッハー!ゴォォトゥゥーヘーーール!」

久美「うるさい!」

モバP「ア、ハイ スイマセン」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:00:50.83 ID:AE957y5f0

モバP「で、どうだ? 鏡を見た感想は」

拓海「……」ポカーン

夏樹「うわー、なんか凄いなー!」

久美「会心の出来よ!」

モバP「今TVに出てるアイドルと比べても、遜色ないと思うぞ?」

拓海「う……そんなこと言ってもよ、化粧で誤魔化しただけだろ?」

モバP「誤魔化したんじゃない、拓海の良い部分を強調しただけだ」

久美「口紅で下唇をふっくらと、切れ長な目をアイラインで縁取って、チークを少々」

夏樹「でも、印象が凄く変わるね」

拓海「んなこと言っても、口は悪いし眼つきは怖えって言われるぞ?」

モバP「口が悪いのは知らんが、への字に曲げても十分可愛いぞ」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:02:03.33 ID:AE957y5f0

モバP「それにその眼力(めぢから)で睨まれたらそりゃ怖いだろうが、微笑まれたらイチコロだ」

夏樹「あーわかる。 なんか強くて優しい感じ、女神みたいな!」

??「ん? 呼びました?」

久美「いや春菜ちゃん、メガ"ネ"じゃなくてメガ"ミ"だから」

上条春菜「そうですか、とりあえずメガネは置いておきますね」コトッ o-o、

拓海「いや誰だよ」

夏樹「まぁまぁ、眼鏡どうぞ」

拓海「いらねぇよ! 何なんだよ、このくだり!?」

モバP「……さて、次は衣装か」チラッ

拓海「オイッ! 無視すんなよっ!?」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:03:53.36 ID:AE957y5f0

モバP「見た目から想像だが、T163、B95 W60 H87ってとこか?」

拓海「ッ! 知らねェ!」

モバP「ウエスト、あと2cm絞ろうな。 胸は痩せるなよ?」

拓海「うっせぇ! 知らねーよ!」

モバP「とりあえず衣装はいくつか見繕っておくから、今日はここまでだな」

夏樹「プロデューサー、てか入居手続きとか何にもしてないんだけど?」

モバP「おっと、忘れるとこだった、この新規入居届に必要事項を記入してくれ」

拓海「…つかさ、アタシ未成年なんだけど、こんな簡単なのでいいのか?」

モバP「ああ、親御さんと学校にはもう連絡しておいたぞ? 明日会って話してくるが、問題なさそうだ」

拓海「はァ!? いつ!?」

モバP「さっき化粧してる時」

夏樹「さすが敏腕プロデューサー」

メガネ久美「仕事に対する行動力は半端無いわね」メガネクイッ

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:06:45.77 ID:AE957y5f0

拓海「は、はは……」

モバP「明日17時に学校、19時に家に伺うからな。 明後日の午前中には引越しするから荷物まとめておけよ?」

夏樹(完全に外堀を埋められたな)

拓海「い、いやだっ! アタシは働かないぞッ!?」

モバP「お? 早速先輩アイドルの振りから練習か? やる気満々だな!」

一同「HAHAHA!」

拓海「アメリカナイズに笑ってんじゃねー!」




こうして向井拓海は不本意ながらも、アイドルとしての第一歩を踏み出した。
ウエストも2cm絞った。

拓海「べ、別にアンタに言われたから絞ったワケじゃねーよ……!」

たくみんはかわいい。



  後編へ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:14:16.15 ID:AE957y5f0


  一年前くらいの話


〜〜 朝 女子寮 共用リビングにて 〜〜

拓海「うーっす」

拓海「って誰もいねーのか」

拓海「うー、暖房もまだあんまし効いてねーな……」

拓海「さむっさむっ! こうなりゃコタツで凌ぐしか……」ゴソゴソ

拓海「……ふぅ」

拓海「やっぱコタツは良いなァ アタシの部屋にも置くかな」

拓海「そうすりゃアイツ(猫)も喜ぶかな?」ニヤニヤ

拓海「ん?」

拓海「足元になんかあるな……なんだこれ?」ゴソゴソ

拓海「給与明細?」





拓海「見ちゃいけないとは思いつつ…… どれどれ?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:15:10.97 ID:AE957y5f0


平成28年12月分  高垣 楓

勤務給与 1,600,000  物販等 1,520,000

レッスン料 ▲300,000  寮費・食費 ▲300,000 積立金 ▲400,000

支払総額 2,120,000 控除額(税等) ▲1,140,000  差引額 980,000

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:16:03.50 ID:AE957y5f0

拓海「楓さんか。 ん?」

拓海「いち、じゅう、ひゃく……」

拓海「んんっ?」

拓海「……」

拓海「えっ? えっ?」

拓海「300!? マジか!?」




拓海「アタシの先月って……」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:16:50.27 ID:AE957y5f0


平成28年12月分  向井 拓海

勤務給与 170,000  物販等 25,000

レッスン料 ▲25,000  寮費・食費 ▲40,000  積立金 ▲20,000
動物飼育費 ▲10,000  駐輪場代 ▲3,000

支払総額 97,000 控除額(税等) ▲30,000  差引額 67,000

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:18:42.60 ID:AE957y5f0

拓海「これが人気の差、ってヤツなのか……」

拓海「っていうかイベント中でもないのにグッズ売り上げヤバすぎだろ!?」

拓海「アタシがイベントやってMAXの時と比べても倍以上だぞ!?」

拓海「すげぇっていうか、凄すぎて若干ヘコむな……」

拓海「マジかよ…… マジかよ……」

 ガチャ!

拓海「!?」サッ

木村夏樹「おはよーっす」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:19:56.31 ID:AE957y5f0

拓海「なんだ夏樹か」

夏樹「なんだ とは酷いな! そっちこそ朝っぱらからヘコんでるじゃん?」

拓海「ん? ああ…いや、なんでもねぇけどサ」

夏樹「なんだよ、珍しく煮え切んないな? よいしょっと……」コタツin

拓海「いや、大したことじゃねーんだけどよぉ、夏樹はさぁ」

夏樹「ん?」

拓海「給料いくら貰ってる?」

夏樹「給料? アイドル活動の?」

拓海「ああ」

夏樹「んー、グッズの売り上げとかで違うけど16〜20くらい?」

拓海「そ、そうか」

夏樹「ああ、そういやジャケットに突っ込んだままだった…… ほら」ゴソゴソ

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:22:12.96 ID:AE957y5f0


平成28年12月分  木村 夏樹

勤務給与 165,000  物販等 30,000

レッスン料 ▲25,000  寮費・食費 ▲40,000  積立金 ▲20,000
防音工事費 ▲40,000  駐輪場代 ▲3,000

支払総額 67,000 控除額(税等) ▲30,000  差引額 37,000

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:24:16.85 ID:AE957y5f0

拓海「防音工事費って?」

夏樹「部屋の防音効かせてもらった工事費の支払いだな」

拓海「そんなことしてんのか?」

夏樹「まぁ稼いだ時に多く払ってるけど、あと20万くらいかな?」

拓海「まじかー」

夏樹「ちなみにこの他に、美世にいじってもらった単車の修繕費が10万くらいあるよ」

拓海「まじかー……」

夏樹「まぁ最悪、寮費はツケが効くしな!」

拓海「なんつーか、ロックだわ……(呆れ)」

夏樹「だろ?」ヘヘッ

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:25:16.88 ID:AE957y5f0

拓海「しっかし、どうやったらもっと稼げるようになるんだろーなァ?」

夏樹「お? どんな心境の変化だ?」

拓海「そういうワケじゃねーけどサ、頂上(テッペン)は思った以上に高いな…… ってな」

夏樹「そうだなあ、シンデレラガールとかになったら凄いんだろうな!」

拓海「シンデレラガール、か……」

 ガチャ

渋谷凛(第三回シンデレラガールズ総選挙一位)「二人ともおはよう 奈緒は起きてるかな?」

夏樹「お、噂をすれば」

拓海「奈緒はまだ見てねーな」

凛「ふーん、じゃあ私もコタツで待たせてもらおうかな」モゾモゾ

夏樹「奈緒とは待ち合わせか?」

凛「うん、レッスン前にちょっと買い物行くんだ。 ところで何か私の噂話をしてたの?」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:26:56.67 ID:AE957y5f0

拓海「あ、あー、まぁ大した話じゃないんだが……」

夏樹「ぶっちゃけ、凛は給料いくらくらい貰ってるのかなーってね」

拓海「おい!」

凛「給料? 私給料は貰ってないんだ」

拓海「は?」

凛「んー、お父さんが税金対策とかで、アイドル活動の売り上げを実家に計上してるんだ」

夏樹「なるほど、花代(意味深)ってね」

凛「だから私自身はお小遣い制で、月3万円だよ」

拓海「そうなのか……」

夏樹「でも税金対策するって事は、それなりの年収ってことだよな」

凛「まぁそうなのかな? ああ、そういえば今日、請求書渡してくれって言われてたんだ」ゴソゴソ

拓海「請求書!?」

凛「うん、活動費用の請求」ピラッ

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:28:55.09 ID:AE957y5f0


平成29年1月度 御請求書
(活動期間 平成28年12月21日〜平成29年1月20日)


芸能活動費 360,000円 (9日 × 40,000円)
現場活動費 450,000円 (6日 × 75,000円)
現場残業代 200,000円 (20時間 × 10,000円)
特別活動費 150,000円 (年末・年始活動費一式)
交通費   別途支給
衣装代   別途支給

レッスン費 ▲240,000円 (16回 × 15,000円)


小計  920,000円
諸経費 138,000円
合計 1,058,000円 (税抜)

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:31:25.35 ID:AE957y5f0

拓海「」

夏樹「すげぇ!」

凛「あとはグッズの売り上げとかでもう少し入ってくるかな」

拓海「まさに桁違いだな……」

夏樹「月100万かー! 夢があるな!」

凛「でも、最近はイベントあまりやってないからね、もっと頑張らないと」

拓海「しかしそう考えると、楓サンのアレって……」

夏樹「ん? 楓さん?」

凛「拓海、楓さんの給料まで知ってるの?」

拓海「え!? あ、いやまあ…… なんだ、その……」

夏樹「楓さんも人気だし凄いんだろうな! いくらくらいだった?」

凛「うん、私も気になる」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:33:34.38 ID:AE957y5f0

拓海「う…… 実は、さっきコタツん中にコイツが落ちててサ」


  〜〜〜 給与明細確認中 〜〜〜


夏樹「いろいろ凄いな、食費30万って……」

凛「………」

拓海「お、おい! たまたま落ちてただけだからな? 誰にも言うなよ!?」

夏樹「しかしイベント期間外でこれだと、イベント中とかどうなるんだろう?」

凛「やっぱ楓さんの人気は凄いね。 私ももっと頑張らないと…… ちょっと奈緒呼んでくる」

拓海(あっ)

夏樹(静かな闘志キタコレ!)

拓海「凛! この事は他言無用だからな!?」

凛「理解(わか)ってる、誰にも言わないよ」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:39:24.32 ID:AE957y5f0

夏樹「行っちまったな」

拓海「スゲー蒼のオーラ出てたな」

夏樹「あとコタツん中、めっちゃいい匂いになってる」パタパタ

拓海「確かに」スンスン

夏樹「これがトップアイドルってヤツなのかな」

拓海「しっかしここまで差があるとはな…… やっぱ少しヘコむぜ」

夏樹「やっぱCD出したりってのがデカいんじゃないか?」

拓海「そうだな…… よし、まずはソロデビュー目指して頑張るか!」

夏樹「お? やる気出てきたか?」

拓海「ああ、このままじゃ終われねェ! 頂上(テッペン)目指してやるぞオラァ!」

拓海「そしてェ……」

夏樹「そして?」

拓海「稼いで稼いで、アイツ(猫)にコタツを買ってやるぜェ!」

夏樹「いや、それくらい今すぐ買ってやれよ……」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:40:26.11 ID:AE957y5f0


その後、拓海と夏樹はソ○マップの撮影会をしたり
フェスを盛り上げたりと、大いに活躍をした。
そして拓海は、今年3月遂にソロ楽曲(炎の華)を発表する運びとなった。

拓海「このまま総選挙も頂上(テッペン)目指して突っ走るぜッ!」



 完

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/29(木) 17:41:23.74 ID:AE957y5f0


以上になります。
月末のお花見ガチャ(予想)で クパッ(!)マン開スマイル・向井拓海 が追加されますように。

ありがとうございました。
17.22 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)