【艦これ】提督「電と朝潮がグレた!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:09:43.90 ID:SdHnsr1b0
大淀「グレた彼女達の行動による被害が各地で増大しているようです。鎮圧に向かった長門が大破してしまいました。その他、金剛4姉妹、大和、武蔵も鎮圧に向かった様なのですが手が出せず……」

提督「なんだと!?そこまでなのか?いくらケッコン済みとはいえ……」

大淀「ええ、それどころか一発で大破してしまっているようで」

提督「何故だ!何が悪かったんだ!?」

雷「司令官よ」

提督「雷!」

雷「司令官、あなた自分の行動を顧みた事あるの!?」

提督「わ、私の行動だと……?私は皆の事を想っていつも仕事を頑張って……」

雷「それがダメなのよ!あなた、電たちと一緒に遊んだりしたの!?」

提督「そ……それは……。しかし私はあの子たちが少しでも楽に暮らせるようにと思って……」

雷「それが間違いなのよ!あの子たちはね、少しくらい苦しくってもいいの。司令官との大切な時間が欲しかったのよ!」

提督「そ、そんな……」

雷「お願い、あの子たちとの時間を作ってあげて」

提督「くっ……しかしこの仕事も止めるわけには……」

雷「あなた!仕事とあの子たち、どっちが大切なのよ!」

提督「そ、それは……お前たちに決まってるじゃないか」

雷「だったら……」

提督「だから仕事をないがしろにするわけには……」

雷「もう!だったらもっと私を頼って!」

提督「雷……しかし……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522721383
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:10:17.05 ID:SdHnsr1b0

朝潮「失礼します!」バーン

電「しますのです!」

提督「朝潮!電!……響?」

響「しゅっしゅっぽっぽっ……」

朝潮「がたんごと〜ん。がたんごと〜ん」

提督「ぐほっ!何この可愛い生物」

大淀「がふっ!」

電「停車しますのです。キキー!」

響「え〜こちら、司令官前ー司令官前ー」

電「よいしょ……お話はお聞きしたのです!」

朝潮「司令官、見損ないました!」

提督「あのー……その前に一ついいか?」

電「なんなのです?」

提督「そ、その可愛い行動はなんだ?」

響「見て分からないかい?」

提督「……電車ごっこか?」

響「そうだよ。私が運転手件車掌さんなんだ」

提督「……死ぬかと思ったぞ……じゃない、なぜ電車ごっこで入ってきたんだ?」

響「うん、いい質問だね。不良といえば盗んだバイクで走りだす……それが世の常だと聞いたよ」

電「でもでも、人の物を盗むのはいけないのです!」

朝潮「それにいくら私有地とはいえ、無免許で屋内を走るのは許されざる行為です。ですので電車ごっこで走り回ってはどうかと提案しました」

提督「おふっ!なんていい子なんや!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:10:46.40 ID:SdHnsr1b0
電「違うのです!電たちはみんな一緒に不良さんになったのです!」

朝潮「はい、この後鎮守府中のガラスをみんなで……」

提督「わ、割って回るというのか!?」

朝潮「いえ、ピカピカに磨いて回ります!」

提督「いい子や……いい子や……」

電「違うのです!電は不良さんになったので、お風呂上りに飲む牛乳をコーヒー牛乳に代えてしまうのです!」

提督「そ、そんな事したら夜眠れなくなってしまうぞ!」

電「ふふふ……それも目的なのです!毎日8時には寝ていましたから、9時まで夜更かししてやるのです!」

提督「だ、駄目だ!そんな事をしては……!電の成長に悪いじゃないか!」

電「ひ、他人に迷惑をかけるよりかはいいと思ったのです」

提督「いい子やで……ほんま……」うるっ

朝潮「わ、私も不良になったので……廊下の右側じゃなくて左側を歩いてしまいますよ!」

提督「なっ……そ、そんな……それは悪い子の行為じゃないか!朝潮、どうしたって言うんだ。今すぐそんな事はやめるんだ!」

朝潮「ふふふ……恐れおののいてるようですね、司令官。しかし、私はもう戻れない悪事を犯してしまったのです。これからあくぎゃくひどうな悪の世界にいっちょくせんです!」

提督「な……何をしたというんだ……」

朝潮「鹿島先生の出された宿題を、名前を書かずに提出しました……」

提督「くっ……なんてことを……」

朝潮「だから……だから……朝潮はもう戻れないのです!信号機だって手を挙げずに渡ってやります!」

電「そ、それどころか信号無視だってやっちゃうのです!」

提督「そ、そんな!ダメだお前たち!やめてくれぇぇ!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:11:17.26 ID:SdHnsr1b0
響「じゃあ私はお風呂に入った時に頭を洗わないよ!」

提督「それは元からだろうが。いっつも私が洗うはめになるんだからな」

響「むぅ……」

雷「じゃあ私は司令官の突撃一番に穴を開けておくわね」

提督「それはらめぇぇ!シャレにならん!……って大淀、何その手があったか!みたいな顔してるんだ!」

雷「大丈夫よ、私はまだ来てないじゃない」

提督「そうだな、だったら安全だ」

大淀「提督……」

提督「はっ!い、今は朝潮たちの問題何とかしなければなっ!それで、お前たちは……あれ?なんだったっけ?」

雷「電たちは入って来る時に見損なったって言ったわよ」

提督「おお、ありがとう。さすが雷だ、ありがとう」なでなで

雷「えへへ〜。もっと頼っていいのよ」

朝潮「むっ」

電「ああっ……そ、そうやって司令官は雷ちゃんばっかりと遊んでいるのです!」

提督「い、いや雷と私は遊んでいるわけでは……」

電「電は知っているのです!夜、雷と二人でプロレスごっこをして遊んでいたのです!」

提督「ぶふーーーっ!!」

雷「あら///」ぽっ

朝潮「大淀さんとも遊んでいるのをみました!」

大淀「まあ///」

提督「ごふっごふっ!そ、それはただの格闘訓練だ!な、雷、大淀!?」

雷「そ、そうよ二人とも。ちょっと大淀さんと一緒に司令官を襲っ……じゃなくて司令官と内緒で寝技の訓練をしていたのよ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:12:03.34 ID:SdHnsr1b0
電「とにかくずるいのですずるいのです〜!」

朝潮「そうです!夜間訓練なら私たちもしたいです!」

提督「えっ……」

大淀「………………て・い・と・く?」

提督「うぉっほぉんっ!ダメだぞ、お前たちにはまだ早いからな。そうだな、もう少し時期を見てよくよく慣らしてから……」

大淀「ごほんっ」

提督「じゃなくて駄目なものは駄目だからな、うん」

電「むー、司令官のいじわるっ!」

朝潮「司令官はケチですっ」

大淀「提督のロリコンッ」

雷「私はロリコンで嬉しいわ」

提督「なんで大淀まで一緒になってそっちに居るんだよ……とにかくだな、また今度時間は作るから……」

電「またって何時なのです?」

提督「それは……」

朝潮「そうやってまた後でまた後でって、ずっと司令官は鎌ってくれないじゃないですか!」

提督「くっ……」

電「寂しいのです!」

雷「あのね、司令官。こうして寂しがってる子は、この子たちだけじゃないのよ。暁も、響も、色んな駆逐艦がいっぱい司令官と遊びたがってるんだから」

提督「そう……だったのか……」

雷「ちなみに如月と夕雲と荒潮が一緒に夜戦したいらしいわ」

提督「なんだとっ!?それは是非是非お願いしたいものだな……」

大淀「提督」

提督「あ、いや、ごほんごほん」

電「…………」うるうる

朝潮「司令官は……しれいかんは、夕雲たちとは遊びたいけど……」うるうる

電「電たちとは嫌なのですね……」

提督「違う!そういう意味じゃない!電たちとももちろん夜戦したいさ!」

大淀「えっと……憲兵隊への電話番号は……」

提督「ごめんなさいしたい……くないですよはい」

朝潮「司令官……やっぱりしたくないんですね」ふえ…

電「うえぇぇんなのですぅぅ!」

朝潮「司令官のバカーー!もう信号を赤で渡ってやります!」ダダダ…

電「電だって、横断歩道の自転車用の部分を歩いてやるのですぅ!」ダダダ…

提督「あっ、待ってくれ!……ああ……どうすれば……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:12:44.51 ID:SdHnsr1b0
雷「大淀さん、嫉妬する気持ちは分かるけど、今のはタイミングが悪いわよ」

大淀「……そうですね反省しています」

雷「それに、いつまでも私たちだけで司令官を占有するのも皆に悪いわよ」

大淀「うぅ〜……分かってはいるんですが……」

雷「このままだと司令官を細切れにして皆に渡さないといけなくなっちゃうかもしれないわよ」

提督「なにそれこわい」

大淀「……そう……ですね……分かりました。ですが提督」

提督「なんだ?」

大淀「私が一番提督の事を愛してますから///それは譲れませんからねっ」

雷「私も一番に司令官を愛してるわっ」

提督「……私もお前たちを……いや、私は皆を一番に愛しているよ」

大淀「もうっ」

響「…………」じー

提督「響、お前もその中に入っているんだぞ?」

響「……スパスィーバ///」

提督「とにかくっ、今すぐに朝潮達を止めに……」

大淀「待ってください」

提督「何故だ?」

大淀「彼女たちは今、提督に反抗しているのです」

提督「そんなのは分かり切っている事だ。だから止めようと……」

大淀「止めて、どうしますか?また次の反抗が始まるだけですよ」

提督「……それは、そうだな」

雷「ようするに、もっと根本的に止めなくちゃダメって事ね」

提督「ならばどうする?」

大淀「彼女たちは自分たちを認めて欲しくて提督に反抗しています」

提督「と言う事は、一度彼女たちの行動を認めればいいのか?」

大淀「はい、その上で提督が反省して彼女達との時間を作ってあげて下さい」

提督「だが……仕事が……」

雷「まだ言ってるの?いい?仕事は私たちに任せなさい。さすがに全部とはいかないけれど、みんなとの時間を作るくらいはやってみせるわ」

提督「雷……」

大淀「はい、私もご協力いたしますよ、提督」

提督「……大淀」

響「私の事も忘れないで欲しいね」

提督「響……」

響「ああ、私は……そうだね、今度膝を貸してくれるだけでいいよ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:13:15.21 ID:SdHnsr1b0

提督「ありがとう、ではさっそく頼らせてもらおう。響、電たちの後を追って状況を逐一伝えて欲しい」

響「了解したよ」バッ

提督「雷は空母や戦艦のみんなと連絡を取ってくれ」

雷「分かったわ」

提督「大淀は書類の決裁を頼む」

大淀「はい」

提督「では頼んだぞ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:13:48.41 ID:SdHnsr1b0
響『電と朝潮を見つけたよ』

提督「よくやった、響。それで二人はどうしてる?」

響『しばらく泣いていたみたいだけど……。あ、今移動を始めたみたいだね』

提督「どこに行くか分かるか」

響『待ってて』

響『朝潮、どこに行くんだい?』

朝潮『ひっく……前門に……うく』

電『そ、そこで信号無視して……ひっく……やるのです……』

提督「くっ……胸が痛い……私は彼女たちをここまで追い詰めていたのか……」

提督「私は彼女たちに謝らなければならない……。よし、全力で彼女たちをバックアップするんだ!傷一つ付けてはならんぞ!雷、聞こえるか?」

雷『聞こえるわ。それで、どうすればいいのかしら?』

提督「これから全ての危険を取り除く。加賀たちは居るか?」

加賀『聞こえているわ』

提督「まずは空母全員に艦載機及び彩雲を飛ばすように指示。索敵を行って、前門に近づく車があったら容赦なく爆撃してかまわん!」

加賀『分かったわ』

提督「聞いた通りだ、国交省に連絡して今すぐ周囲の全信号機を赤にしろ!」

大淀「はっ!」

提督「長門や金剛達全員は前門付近の車道をすべて封鎖せよ!」

金剛『分かったデース。高速戦艦の本領を見るネー』

提督「響、準備が整うまで電たちを引き留められるか?」

響『了解、やってみるよ』

響『朝潮、電、どうせなら電車ごっこで暴走した方がいいんじゃないか?』

電『はっ、そうなのです!響ちゃんの言う通りなのです』

朝潮『あっ、でもロープが……』

響『心配ない、私が取ってこよう……』

提督「よし、うまくいっているようだな」

天龍『大変だ提督!』

提督「どうした天龍、何か問題か!?」

天龍『あいつ等が歩くだろう道に、石ころが落ちてやがるんだ……』

提督「なんだと!?そんな……なんてことだ!もしもこけたら……」

天龍『ああ、怪我しちまうぞ』

提督「くっ……天龍、石をどけられるか……?」

天龍『可能な限りやってやるぜ!おらーお前ら、死ぬ気で石を拾え!』

球磨『任せろクマー』

北上『このハイパー北上様が全力でやっちゃいましょーか』

提督「任せたぞ……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:14:37.27 ID:SdHnsr1b0

古鷹『提督、大変です!』

提督「なんだ、古鷹」

古鷹『横断歩道の線が……かすれて見えづらくなってるんだ!どうしよう、これじゃあ横断歩道を渡れないよ……』

提督「くっ、妖精さんたちを派遣して……いや、熟練家具職人さんたちを派遣する!それで対処は可能か?」

古鷹『分からない、でもやってみるよ』

提督「頼んだ!」

青葉『こちら青葉、撮影班準備完了しました』

提督「歴史的瞬間だぞ!絶対に撮り逃すな!」

青葉『はい』

提督「待て、お前はどんなカメラを使っている?」

青葉『はい?普通のハンディカメラですが……』

提督「バカやろぉ!ええい、今すぐヘリを使って業務用4Kカメラそちらに送る!そちらを使え!声も撮り逃すなよ!」

青葉『は、はいっ』

長門『こちら封鎖完了した!いつでも行けるぞ』

提督「さすが長門だ、ビデオの鑑賞会は明日にしよう」

長門『了解した!ふっ……その時が楽しみだな』

提督「これで大丈夫か……」

龍驤『司令官、大変や!』

提督「なんだ、龍驤」

龍驤『この信号、車両用だけで歩行者用が付いてへん!』

提督「なん……だと……」

龍驤『これじゃああの子ら信号無視でけへんで!』

提督「くっ……今からじゃあ信号機を作り替えるなんて……どうすれば……」

??『話は聞かせてもらったよ』

提督「誰だ、貴様!この回線に割り込んでくるとは……」

??『私が誰か分からないだと!?大っ嫌いだ、バーカ!チクショーメー!』

提督「まさか……閣下ですか!?」

閣下『ああ、その通りだ。君が大変だとビスマルクから連絡が入ってね』

提督「は、お耳汚しをばまことに申し訳ありません」

閣下『いいさ。子供の反抗期というものの辛さはよく分かっている。パパの下着と一緒に洗っちゃやだぁ!とか言われてみろ』

提督「おやめください!ああ、そんな事考えたくもない……」

閣下『君はそうなりたくはないだろう?』

提督「はっ」

閣下『そうならない様にするためにも、協力しようというのだ。……わが軍の技術力を結集して……とは言っても探照灯を急いで改修させただけの間に合わせだがな』

??『我がドイツの科学力は世界一チイイイイ!!』

提督「ありがとうございます。このご恩はどうお返しすればよい物か……」

閣下『なに、ユー……今はローちゃんだったか。彼女のパーパ、大好きっ!っと言う動画とレーベ、マックスの旧スク水生写真を送ってくれるだけでいい』

提督「随分具体的かつ自分の性癖に正直ですね」

閣下『では、よろしく頼んだぞ』

提督「聞かんのかい」

提督「まあ、いい。これでもう大丈夫なはずだ……!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:15:08.57 ID:SdHnsr1b0

響『司令官今行くよ』

朝潮『カタンカタンッカタンカタンッ』

電『しゅっぽ〜なのですっ』

提督「彼女たちの戦いが……今……始まる……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:15:37.58 ID:SdHnsr1b0
響「本当に……やるのかい?」

電「電は……」

朝潮「電、迷ってはいけないわ。私たちは司令官に……司令官に……」

電「司令官に、どうしたかったのです?私たちは……」

朝潮「それは……」

電「電は……分からなくなってしまったのです……こんなことに、何の意味があるのです。司令官に逆らって……悪いことをして……」

電「電は……電は……」

朝潮「……じゃあ電はしなくてもいいわ。……私は一人でもやる」

電「朝潮ちゃん!どうして……」

朝潮「電、私はね。もう戻れないの。あんなひどいことを鹿島先生にしてしまった……きっともう許してくれないわ……」

電「それ……は……」

朝潮「だからね、意味が無くても、私はやるしかないの……。もう、道はないのよ」

電「朝潮ちゃん……」

朝潮「いいのよ、電。貴女まで悪に染まる事はないわ。ホント、バカみたいね。意地を張って反抗して、悪ぶって人を傷つけて……。最悪の気分よ。でも、だからこそ止まらない、止められないの。今まで私がやってきたことを……無意味にすることだけは絶対……やってはいけないと思うの」

電「…………朝潮ちゃん…………」

朝潮「帰って、電。ここから先は私一人で行くわ」

電「……ううん、朝潮ちゃん一人で行かせないのです」

朝潮「電、駄目よ」

電「朝潮ちゃんは辛いときに一緒に居てくれたのです。だったら、本当に辛い今、電は朝潮ちゃんの傍に居るのです」

朝潮「電……ありがとう」

電「ううん、電こそ朝潮ちゃんにありがとうって言わないといけないのです……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:16:04.62 ID:SdHnsr1b0

朝潮「…………」

電「…………」

朝潮「じゃあ、行こう」

電「はい、なのです」

朝潮「信号、赤ね」

電「赤なのです」

朝潮「これを踏み出せば……」

電「はい、本当の不良さんなのです。今までとは比べ物にならないくらい……」

朝潮「…………」ごくり

電「ごめんなさいなのです……」

朝潮「それは、誰に言ったの?」

電「誰、なのでしょうか……分からないのです」

朝潮「……みんな、かしらね……」ぽろっ

電「あれ、朝潮ちゃん、なんで泣いてるのです?」ぽろぽろ

朝潮「電だって……」

電「あはは……変なので……す……」

朝潮「ふふ……ひくっ……」

電「くすくす……すんっ」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:16:37.89 ID:SdHnsr1b0
提督「……朝潮ーー!!電ーー!!」

響「司令官!?」

朝潮「えっ」

電「し、司令官さんがこっちに走って来るのです」

朝潮「に、逃げないと……」

電「でもでも、信号はまだ赤なのです」

朝潮「あうぅぅ〜」

提督「待ってくれ、二人とも!」

電「し、知らないのです!司令官なんて!」

朝潮「そ、そうです。朝潮は……司令官の言う事なんて聞いてあげません」

提督「すまなった。全て、私が悪かった。だからこんなことはやめるんだ」

雷『ちょっと、司令官。反抗させてあげるんじゃなかったの?』

提督「朝潮が、電が泣いている。私はそれだけで、その判断が正しいとは思わない」

雷『だからって……』

提督「すまない、雷」プツッ

提督「朝潮、君はとっても真面目な子だ。そんな子が信号無視だなんて出来るはずがない」

朝潮「そ、そんな事はありません!私だって……悪い子なんです」

提督「だって、出来なかったじゃないか。私の知っている朝潮はそういう子だ。とってもしっかりしていて、自分の中に正義を持っている。そんな君をここまで追い詰めたのは私だ。私なんだ」

朝潮「…………」

提督「電、君もだ。君は優しい子だ。人に迷惑を進んでかけるなんてこと、辛くてたまらないはずだ」

電「電は……電は……」ぐすっ

提督「私は馬鹿だ。大馬鹿だ。こんなに苦しんでいる君たちを放っておいて、仕事に逃げて、それで義務を果たしたつもりになって……」

提督「本当に、すまなかった」ドゲザー

朝潮「し、司令官!頭を上げて下さい!」

電「そうです、悪いのは電たちですのに、そんな事……」

提督「もう一度だけ、チャンスをくれないか?やり直すチャンスを」

電「あう……それは……」

提督「一緒に話そう。一緒に遊ぼう。一緒に笑おう。一緒に悩もう」

朝潮「司令官……」

提督「そして……時に泣いて、喧嘩して、怒って……でもまた仲直りしよう。そうして一緒に生きていこう」

朝潮「司令官……朝潮は、よく分かりません……」

提督「……そう、か……」

朝潮「ですから、一緒に考えてもらえませんか」

提督「……いいのか?」

朝潮「……いいも悪いも……分からないんです」

提督「……そうか……。電は?」

電「電も、分からないのです。ですから……一緒に、考えたいのです」

提督「……そっか。じゃあ、行こう」

響「えー、こちら、響電車は、執務室行き、執務室行きとなっております。ご利用のお方はお早めにお乗りください」

朝潮「くすっ、司令官、一緒に悪になりましょう」

電「なのです!」

提督「……ああ、もちろんだとも」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/04/03(火) 11:22:14.00 ID:SdHnsr1b0
以上、最後まで読んで下さりありがとうございました
こづくり……じゃない子育てって大変ですよね
特に反抗期は大変です
クソババアやクソジジイと言われたら成功だというそうですが、言われたからって喜べという方が無理ですよね

何故かすごくまともな事しか書いていない気がしますが、皆様も良い駆逐ライフを〜
駆逐艦を子育て=光源氏計画(正確には紫の上計画かな?)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 11:44:43.67 ID:vaerjMRh0
ニヤニヤしたwwwwww
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 12:10:03.22 ID:s90Ru8CYO
嘉門達夫の「反抗期」みたいw
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 06:02:45.88 ID:Kk1XIi2io
電車ごっこなんか見せられたらそりゃ轟沈しますわ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 10:07:48.05 ID:v4kPCtZwo
カワイイ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 18:13:05.40 ID:1ogDp2ICo
駆逐ライフ提督乙
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 00:26:56.29 ID:3nldd5uBO
21.45 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)