ヒメコ「鹿島くんかっこええわ〜」ボッスン「鹿島くん?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 19:59:45.86 ID:0FdHS/Ns0
スイッチ『2年の鹿島遊さんの事か』

ヒメコ「A組の中谷さんがなー、鹿島くん鹿島くん毎日言うとんねん」

ヒメコ「そんでアタシも見てみたんやけど……ホンマかっこええわ〜」

ボッスン「そんなかっこいいのかよ?」

スイッチ『あの生徒会の榛葉道流と肩を並べていると言っても過言ではないな』

ボッスン「へー……あの人と同じぐらいか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522753185
2 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:00:44.79 ID:0FdHS/Ns0
ガラガラ

ボッスン「お、誰か来た」

男「スケット団ってここで合ってるか?」

ヒメコ「合ってるでー」

スイッチ『依頼でしたらまずはお名前を』

男「ああ……そうだな」

男「3年の堀政行、演劇部部長だ」

ボッスン「! 演劇部部長……?」
3 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:01:21.87 ID:0FdHS/Ns0
ヒメコ「どないしたんボッスン」

ボッスン「確か演劇部部長って違う人じゃ……」

堀「……北大路の件は本当にすまなかった」ガバッ

ヒメコ「!! そ、そんな土下座なんてせえへんでもええよ」

堀「まさか俺が知らない間にあんな事が起こってるとは全く知らなかった……」

堀「あの一件があってな……あいつには部長を降りてもらって、今は俺が代わりに部長を務めてる」

ボッスン「ああ……成る程な」

スイッチ『俺達はもう気にしてませんから。 顔を上げてください』

堀「……わりいな」
4 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:01:54.78 ID:0FdHS/Ns0
ボッスン「それで依頼ってのは?」

堀「実はな……大道具の色塗りを頼んで欲しいんだ」

ボッスン「色塗り?」

堀「あんな事をやっておいて図々しいとは分かっている……けど人手が足りないんだ。 いいか?」

ボッスン「……当たり前だ!! 困った人を助けるのが俺達スケット団だからな!!」

ボッスン「お前らもいいよな!?」

ヒメコ「当たり前や!!」

スイッチ『勿論』

堀「ありがとな……じゃあ部室まで来てくれ」
5 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:02:24.23 ID:0FdHS/Ns0
堀「そういえばお前ら、鹿島の演技は見たことあるか?」

ボッスン「鹿島……? もしかして鹿島くん?」

スイッチ『彼……いや、彼女は演劇部なんだ』

ボッスン「ええっ!? ちょっと待って、一度に二つも新情報提供しないで!!」

ヒメコ「二つ?」

ボッスン「鹿島くんが演劇部なのと、鹿島くんが女なの!!」

ヒメコ「あー言うてなかったわ。 鹿島くん女子やねん」

堀「まー間違えるのも無理はないな。 スカート履いてなかったら男にしか見えないしな」

ボッスン「そ、そうなのか……」

堀「俺も最初はあいつと会った時は……」
6 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:02:57.04 ID:0FdHS/Ns0
鹿島・入学前

堀『お前、いいヒーローになるぜ!!』

鹿島『本当ですか!!?』











入部後

堀『着替えは更衣室な』

鹿島『はーい』










連れション時

堀『トイレ行こうぜ』

鹿島『はーい』

堀『おい、なんで女子トイ……』

堀『……ってお前女かよ!!!?』
7 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:03:25.28 ID:0FdHS/Ns0
堀「いやーあの時はびっくりしたのなんのって」

ボッスン「待って!! 気づくの遅くない!!?」

ヒメコ「なんでや!!? 鹿島くん、ズボンでも履いてたんか!!?」

堀「いや……よく覚えてねぇな」

ボッスン「覚えてない!!?」

ヒメコ「視界にぐらい入るやろ!!」

堀「……うーん」

堀「……あの時からイケメンだったな」

ヒメコ「あかん、あの人顔しか見てへんわ」

ボッスン「どんだけイケメンなんだよその人」
8 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:04:04.96 ID:0FdHS/Ns0
部室

堀「ここが部室だ」

堀「じゃあ俺がマークしたところに色を塗ってもらえるか?」

ボッスン「おし、任しとけ!!」

スイッチ『おかしいな』

ヒメコ「どないしたんスイッチ」

スイッチ『鹿島くんがどこにも見当たらない』

ボッスン「あ! そういえば!! 俺も見たいのに!!」

堀「ああ、迎えに行ってんだろ」

ボッスン「迎え……?」
9 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:04:30.29 ID:0FdHS/Ns0
堀「実はな、役者の一人が骨折しちゃってな」

堀「その話を同級生にしたらそいつが代理役を引き受けてくれたんだ」

スイッチ『そういう事だったのか』

ボッスン「スイッチ?」

スイッチ『その役者の人が骨折しているのは前から聞いていた』

スイッチ『だから堀先輩が来た時は演劇の代理だと思ってたんが、今ので納得した』

ヒメコ「なぁ、アタシら三人もおるんやから一人が代理やってもう一人が色塗るって事でええんやないの?」

堀「まぁそれも考えたんだけどな……けどもう本人はやる気満々になっちまってるしな」
10 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:05:04.01 ID:0FdHS/Ns0
「部長ーーー!! 只今戻りましたーー!!」

堀「お、帰って来たか」

ボッスン「! こ、この人が……鹿島くん……」

鹿島「あ、スケット団の三人だ!! やっほー!!」

ボッスン「……確かにイケメンだな」

ヒメコ「!! ちょい待ち、鹿島くんが連れて来よるのって……」
















ミチル「さぁて……可愛い女子達の為にも……代理としての役割を果たさなきゃね!!」

ボッスン「えっ!!?」
11 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:05:38.00 ID:0FdHS/Ns0
ボッスン「代理役ってあんただったのか!!?」

ミチル「あれ……どうしてスケット団が?」

堀「ミチル、スケット団には色塗りを頼んでる」

ミチル「ああ成る程ね。 所で堀ちゃん、台本は?」

堀「これだ。 じゃあよろしく頼む」

ミチル「よおし。 じゃあ鹿島くん、よろしくね」

鹿島「はーい」

ヒメコ「しっかし二人ともレベル高いわー。 ボッスンやったら釣り合わんなー」

ボッスン「ちぇっ……そんなん俺でもやるってのに」

スイッチ『まぁボッスンもその気になればイケメン俳優の顔になれるしな』

ボッスン「おーよく分かってるじゃねーかスイッチ」
12 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:06:23.54 ID:0FdHS/Ns0
女「鹿島くーん!!」

鹿島「!」

女「今日……一緒に帰れないの?」

ボッスン「あの子は……」

スイッチ『演劇部じゃない、只の鹿島くんのファンだな』

鹿島「ごめんね……今は一刻を争う時なんだ」

鹿島「また明日……それでも大丈夫かな? 僕の可愛いお姫様」

女「……うん///」

ボッスン「やる前から役になりきってるんだな」

スイッチ『いや、あれは彼女は素で言っている』

ボッスン「えっ」
13 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:06:56.41 ID:0FdHS/Ns0
ボッスン「何、素でお姫様って言ってるの?」

ヒメコ「日常生活でお姫様なんて早々言わへんで」

スイッチ『その振る舞いから、彼女は学園の王子様と呼ばれている』

男「流石だな王子……」

男「すげえな王子……」

スイッチ『男子も呼んでいる』

ヒメコ「男子もかい!!」

ボッスン「かっけえな王子……」

ヒメコ「もう呼んどるんかい!!」
14 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:07:27.61 ID:0FdHS/Ns0
スイッチ『じゃあ俺達は引き続き色塗りだ』

ボッスン「へーい」

ミチル「さぁ……剣を抜け王子。 姫を賭けて勝負だ!!」

鹿島「まさか君と戦う日が来るとは思わなかったよ……だけど僕はもう迷わない!!」

女「キャーーーーー!!!///」

女「かっこいいーーーーー!!!///」

堀「見学は静かにしろー」

堀「……しっかし今日はやけに多いな」

ミチル「そりゃあね、みんなオレを求めてやって来たんだ。 多いのも当然だよ」

堀「……あ?」
15 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:08:12.89 ID:0FdHS/Ns0
堀「いや、違うだろ。 鹿島目的で来たんじゃないのか?」

ミチル「堀ちゃん……これは譲れないよ。 オレは女子達の中で一番でなきゃいけないんだから」

堀「けど主役が似合うのはお前じゃなくて鹿島だぞ」

ヒメコ「……なんか堀先輩、急に熱くなってへん?」

ボッスン「……」

堀「いいか、鹿島は演技だけじゃねえ。 日の輪くぐりもできるしその上バック宙もできるんだ」

ボッスン「それもう完全にミュージカルの人だよね!?」

堀「できるよな鹿島!?」

鹿島「まぁ……できますけど」

ヒメコ「できるんかい!!」

堀「あとはあれだ……ミチル、お前料理できるよな?」

堀「うちの鹿島もその気になればお前並に美味いの作れるぜ。 なぁ鹿島」

鹿島「はい!! 先輩にあげたチョコ、あれ手作りですよ!!」

堀「!!?」

ボッスン「初めて知ったみたいな顔してるけど!!?」
16 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:08:46.09 ID:0FdHS/Ns0
鹿島「あの……そろそろ練習を……」

ミチル「そうだよ。 堀ちゃんが鹿島くん大好きなのはよく知ってるからそうなるのも分かるけど……」

堀「そうだな……悪い、ちょっと熱くなりすぎた」










ボッスン「……ふう、終わったぜ」

堀「おお!! 綺麗じゃねーか!! ありがとな!!」

ヒメコ「なぁ、堀先輩って鹿島くんの事好きなん?」

堀「ああ、顔はな」

ヒメコ「いや、普通に異性として好きとちゃうん?」

堀「いや?」

ヒメコ「ホンマかい……」
17 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:09:18.67 ID:0FdHS/Ns0
スイッチ『ボッスン、見学に来た女子から差し入れだ。 みんなもう食べてる』

ボッスン「お、チョコレート……てゆうか俺らも貰っていいの?」

スイッチ『沢山買いすぎて困ってるそうだ。 先輩もどうぞ』

堀「おう、サンキュー」

パクッ

ボッスン「……!!! ちょっと待て!!!」

ヒメコ「ちょ……そんなに慌ててどないしたん?」

ボッスン「このチョコ……アルコール入ってるぞ!!」
18 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:09:45.50 ID:0FdHS/Ns0
ヒメコ「それがどない……」

ヒメコ「……あ!!!」

ボッスン「まさかもう口に……」チラッ

ミチル「あ〜///」

ボッスン「やっぱり!!!」

スイッチ『ボッスン、彼だけじゃないぞ』

ボッスン「え?」

堀「あ〜///」

ボッスン「あんたもかよ!!!」
19 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:10:11.98 ID:0FdHS/Ns0
堀「鹿島ぁ!!!///」

ミチル「鹿島くぅん!!!///」

鹿島「な、なんですか!?」

堀「お前は学校一のイケメンだぁ!!!///」

ミチル「俺の方がかっこいいよねぇ!!?///」

堀「……」

ミチル「……」

堀・ミチル「は?」
20 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:10:38.76 ID:0FdHS/Ns0
堀「おいミチルゥ!! お前の目は腐ってんのかよぉ!!///」

ミチル「腐ってんのは堀ちゃんの方だろおお!!!///」

ヒメコ「アカン!! あの二人めちゃくちゃ暴走しとる!!」

鹿島「部長!! 私可愛いですか!!?」

堀「ああ!! お前は本当に可愛い後輩だなぁ!!!///」

鹿島「わーい!!」

ボッスン「楽しんでるよね!? 鹿島くん今、この状況絶対楽しんでるよね!?」
21 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:11:14.38 ID:0FdHS/Ns0
鹿島「だって堀先輩、酔ってる時ぐらいしか可愛いって言ってくれないんだもん!!」

スイッチ『気持ちは分かるがこれ以上ほっておくと嫌な予感がする』

堀「ここにいるやつら全員に聞く!!!///」

ミチル「俺と堀ちゃんどっちがカッコいい!!?///」

ボッスン「鹿島くんじゃねーのかよ!!!」

ミチル「間違えた!! 俺と鹿島くん、どっちが可愛い!!?///」

ヒメコ「カッコいいじゃないんかい!!」
22 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:11:49.05 ID:0FdHS/Ns0
堀「鹿島とミチル、どっちがかっこいいか投票しろぉ!!///」

ミチル「必ずどっちかに投票してねぇ!!///」

鹿島「私は堀先輩がカッコいいと思います!!」

堀「てめぇは話聞いてたのかぁ!!///」ドゴォ!!

鹿島「ぐはぁ!!」

ヒメコ「アカン!! 厄介な事になってもうた!!」

ボッスン「今の堀先輩の蹴り、ヒメコ並だな……」

スイッチ『堀先輩はバイオレンスで有名だからな』

ヒメコ「何関心しとんねん!!」
23 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:12:16.77 ID:0FdHS/Ns0
女「どうしよう……どっちかなんて選べないよぉ」

女「でもどっちか選ばないと怒られるかもしれないし……」

部員、見学者共に男女関係なくどんどん投票していった。

堀「さぁスケット団!! 後はお前らだけだぁ!!!///」

ミチル「オレだよなぁ!!?///」

ヒメコ「じゃあ……アタシは鹿島くんで」

スイッチ『じゃあ俺は榛葉さんで』

堀「おぉし!!/// これで票数は同率だぁ!!///」

ミチル「後は藤崎、お前だけだぁ!!///」

ボッスン「ええ!!? 俺!!?」
24 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:12:54.19 ID:0FdHS/Ns0
ヒメコ「ボッスン!!」

スイッチ『ボッスン』

鹿島「藤崎……」

ボッスン「……」

ボッスン(票数は同率一位……どうやったら二人が納得する?)

ボッスン(……!! そうだ!!!)
25 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:13:20.32 ID:0FdHS/Ns0
ボッスン「……俺は!!!」

ミチル「藤崎はぁ!!?///」

ボッスン「俺はぁ!!!」

鹿島「藤崎は……?」













ボッスン「……俺がイケメンだと思う」

ヒメコ「……は?」
26 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:13:52.25 ID:0FdHS/Ns0
ミチル「話聞いてたのかぁ!!?///」

ボッスン「待て!! まずは話を聞いてくれ!!」

ボッスン「もう一度投票をやり直して……あんたら二人の中に俺も入れてくれ」

堀「あぁ!!? てめぇみたいな鹿島にも及ばないモブ顔が張り合えるわけねぇだろ!!///」

ヒメコ「めっちゃ辛辣やんけ!!!」

ボッスン「……」ズーン

鹿島「藤崎が落ち込んでる!!」

スイッチ『ボッスン、何か意図があって言ったんだろう? 早く言わなければ』

ボッスン「そ、そうだな……」
27 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:14:31.69 ID:0FdHS/Ns0
ボッスン「俺が鹿島くんと張り合わないって……?」

ボッスン「じゃあ……この顔を見てもそんな事が言えるか?」

堀「……?」

サッ

ヒメコ「ボッスンが何か取り出しおったで!!」

ボッスン「……」ゴクッ

鹿島「飲んだ!」

スイッチ『一体何を飲んだんだ?』















ボッスン『イケメンになる薬?』

中馬『まだ試作段階でな。 成功なら内面、外見共にイケメンになるんだが……ちょっと飲んでくれるか?』

ボッスン『いや、嫌な予感するからいいです』

中馬『まぁそう言わずに』

ゴクッ

ボッスン『ふもお!!?』

ボワン!!

ボッスン『いきなり飲ませるんじゃねーよチュウさん!!』

中馬『あーどうやら外見だけしか効果出てないな。 失敗か』

中馬『じゃあその試作段階のやつあげるわ』
28 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:15:14.41 ID:0FdHS/Ns0










ボワン!!

ボッスン「……」ニヤッ

ヒメコ「誰やアンタ!!」

ボッスン「いや俺だよ!!?」

スイッチ『もしや今飲んだのはチュウさんからもらったのか?』

ボッスン「おう!! まだ残っててよかったぜ!!」

ミチル「イケメンだ……」

堀「イケメンじゃないか……」

ヒメコ「感動しとる!?」

ボッスン「俺もそっちの土俵に入っていいよな?」

堀「ああいいぜ……認めてやるよ、藤崎」

鹿島「藤崎……まさか堀先輩に気に入ってもらう為に……」ゴゴゴ

ヒメコ「アカーン!! 鹿島くんも変なスイッチ入ってもうたああ!!!」
29 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:15:46.89 ID:0FdHS/Ns0
ヒメコ「ボッスン!! 一体何が目的やねん!!」

ボッスン「落ち着けヒメコ。 いいか、さっきの投票は俺を入れて17票だった」

ボッスン「だったら選択肢を三択にすれば……1番平等なので6票、6票、5票だ」

ボッスン「あの二人は6票にして俺を5票にする」

ヒメコ「そ、そうするとどうなるんや?」

ボッスン「まぁ……ここからは賭けなんだけどな」

ボッスン「元々は比べる対象がお互いに一つしかなかったからどっちかが勝ってどっちかが負ける筈だった」

ボッスン「だけどここで俺が加わって俺が負ける事で……あの二人は勝ったっていう優越感に浸る筈だ」
30 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:16:20.19 ID:0FdHS/Ns0
ヒメコ「じゃあ……それに満足するかせえへんかって事か?」

ボッスン「そういう事だ」

ヒメコ「せやけどみんなそんな上手い具合投票……」

スイッチ『ボッスン、八百長の準備は完璧だ』

ボッスン「よくやったスイッチ」

ヒメコ「早っ!!」

女「わ、私はミチル先輩がかっこいいと思う!!」

女「私は鹿島くん!!」

スイッチ『ヒメコはボッスンもとぎに投票してくれ』

ヒメコ「おっしゃ任しとき!!」

ボッスン「俺ね!! 全然顔違くても俺だからね!!」

ヒメコ「いや、顔がイケメンの時点でボッスンやないやろ」

ボッスン「酷くない!!?」
31 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:16:50.74 ID:0FdHS/Ns0
堀「見ろ藤崎!! やっぱりお前よりうちの鹿島の方がイケメンじゃねえか!!///」

ミチル「やっぱり藤崎よりオレの方がイケメンじゃねえか!!///」

ボッスン「すいません……私、自惚れてました……」

堀「だがその心意気は気に入ったぜ」

ミチル「ああ、またいつでも挑戦しにおいで」

ボッスン「はい……頑張ります!!」

鹿島「藤崎褒められてる……」ムスー

ヒメコ「心配いらへんよ鹿島くん」

スイッチ『そうだ、褒められてるのはボッスンじゃなくてボッスンもどきだからな』

ボッスン「お前ら俺に恨みでもあんの!?」
32 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:17:28.38 ID:0FdHS/Ns0
御子柴「ふぅ……やっと女子から開放されたぜ。 長時間も話もたねぇよ」

御子柴「……っと、こうしてる場合じゃねえ。 鹿島から借りてたノート返さねえとな」

御子柴「確か……今日は部活に顔出すっつってたな」












御子柴「ここだな」

ガチャッ

御子柴「鹿島いるかー? ノート返しに……」

ボッスン「!!!」

御子柴「……スケット団?」
33 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:17:57.04 ID:0FdHS/Ns0
ミチル「君は……2年の御子柴!!」

御子柴「な、なんで生徒会の人が?」

堀「!! ミチル……いい事を思いついた」

ミチル「いい事?」

堀「……決戦票といこうぜ」

ミチル「!!! 成る程ね……」ニヤッ

ボッスン「ま、まさか……」

堀「御子柴!!」

御子柴「な、なんすか?」

堀「鹿島とミチル、どっちがイケメンだと思う?」

ヒメコ「アカーン!!」
34 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:18:26.94 ID:0FdHS/Ns0
御子柴「え、ええと……俺は……」

ミチル「俺だよね?」ズイ

堀「鹿島だろ?」ズイ

御子柴(な、なんだよこれ……すげー顔ちけーよ……こえーよ……)

御子柴「え、えーと……」

ミチル・堀「はっきりしろぉ!!」

御子柴「ひいっ!!!」ビクッ

ヒメコ「どないすんねんボッスン……」

ボッスン「クソ……こうなったら顔芸でイケメン俳優になって……」

鹿島「……堀先輩!!」

堀「なんだ鹿島」

鹿島「私……どっちがかっこいいかなんてどうでもいいです!!」

堀「!!!」
35 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:18:53.09 ID:0FdHS/Ns0
堀「おい鹿島……どういう事だ?」

鹿島「気持ちは嬉しいですけど……私、榛葉先輩よりもかっこよくなりたいとは思ってないし、競うつもりもないです」

鹿島「先輩の中で……一番かっこいいのは私なんですよね?」

堀「……ああ」

鹿島「だったら私……堀先輩の中で一番だったらそれでいいです!!」

堀「……」
36 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:19:28.14 ID:0FdHS/Ns0
ボッスン「……だそうだぜ、先輩」

ボッスン「もう争いなんて不毛なんじゃねえか?」

堀「……悪かった」

ミチル「……オレも悪かったよ」

スイッチ『どうやら解決したようだな』

鹿島「……榛葉さん!! 練習再開しましょう!!」

ミチル「よぉし! やるぞぉ!!///」

ヒメコ「……あれ、まだ微妙に酔ってへん?」

ミチル「鹿島くん、君可愛いね///」

鹿島「ふふ……君には負けるよ」

ボッスン「なんかお互いに口説き始めたけど!!?」

御子柴「……なぁ、俺ノート返してえんだけど」
37 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:20:06.33 ID:0FdHS/Ns0
別の日

椿「本当に何も覚えてないんですね」

ミチル「……うん、全く」

椿「演劇部の部室から私語が聞こえてきたのでやってきたら……」

ミチル「面目ない……」

安形「いやーオレも暴れる二人見たかったなーかっかっかっ!!」

椿「笑い事じゃないですよ」

椿「兎に角……榛葉さん、三年かつ生徒会であるという自覚を忘れないでください」

ミチル「うん、気をつけるよ」

安形「……んで、その怪我はなんだ。 事件か?」

ミチル「ああ、これはちょっとした勘違いだよ」

椿「?」
38 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:20:39.00 ID:0FdHS/Ns0
ボッスン「いやーよく考えてみれば酔いを覚ます為に水とか飲ましてやりぁよかったなー」

ヒメコ「せやわー。 それやわー」

ガラガラ……

堀「ちょっといいか?」

ボッスン「堀先輩!?」

堀「悪いな、何回も」

堀「……というか本当にこの間の俺はやばかったのか?」

ボッスン「ああ、やばかった」

ヒメコ「ホンマに覚えてへえのんか……」

スイッチ『ところでご用件は?』

堀「ああ実はな……俺のあるクセを直してほしくてな……」














39 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:21:15.37 ID:0FdHS/Ns0
数十分前

堀『さてと、部活に……』

女『キャーーーーー!!///』

女『かっこいいーーーーー!!///』

堀(! またあいつは部活サボろうとしやがって……)

堀『……鹿島ぁ!!』ドゴォ!!

ミチル『ぐほぉ!!?』

堀『!!?』













堀「女子の群れがあるとどうしても鹿島だと思って……」

堀「だってよ!! あんなに女子に注目されるなんて鹿島以外にいると思うか!!? いねぇだろ!!?」

ボッスン・ヒメコ「親バカか!!」

終わり
40 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/04/03(火) 20:21:50.56 ID:0FdHS/Ns0
ロマン「最後まで読んでくれてありがとう!! 早乙女浪漫です☆」

ロマン「中馬先生が王子にあげた薬の開発はあれからどうなったのか!? 気になる人は単行本29巻をチェック!!」

ロマン「因みに堀先輩とミチル先輩は偶然にも公式で3年C組かつアルコールが苦手なの!! 凄い偶然ね!!」

ロマン「……さて!! 次回は『ボッスン「超高校級のマジシャン?」(仮)』をお送りするわ!! お楽しみに☆」

本当に終わり
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 21:50:26.30 ID:xaZKktLOO
乙、いいクロスだった
メイン二人は何処へ…
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 02:32:39.44 ID:8uyHZIE1O
>>1のスケダンSSクオリティ高くて好き
彼方のアストラも頼む
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 03:00:56.58 ID:KQy16TB/0
続きはよ!!!。スケットダンス懐かしくて泣きそうだわ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 19:54:41.31 ID:i0JY5ZlX0
スケダン面白かったよな
作者は痛々しかったが
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 20:48:53.11 ID:TybDGq74o
スケダンはギャグ回は本当にヤバい笑えるんだけど
主人公カッケーをやり出すと途端に寒くなるんだよな…設定盛り過ぎだし
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/08(日) 20:08:58.49 ID:5ZwGp0M30
>>45
分かる
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 20:43:06.24 ID:Fkmcp5zQO
スケダンはそれなりには楽しかったなージャガーとかよりは楽しめた
だけど昔やってた花さか天使テンテンくんの方が面白い
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 13:38:36.64 ID:i1c4ZQrJ0
>>45
それは同意
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 10:41:41.92 ID:8SUIJseQ0
アストラの方が面白い
24.06 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)