【モバマス×餓狼伝説】ビリー・カーン「はァ?アイドル?プロデューサー?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:18:43.23 ID:uY+pbdWQ0
【モバマス×龍虎の拳】リョウ・サカザキ「俺がアイドルのプロデューサー?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482154587/
【モバマス×龍虎の拳】リョウ・サカザキ「俺がアイドルのプロデューサー?」【2】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485002165/
【モバマス×龍虎の拳外伝】不破・茜「うおおおおおおおおお!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497522472/

このSSは上記のSSの出来事・設定を引き継いだ続編となります。
モバマスと龍虎の拳〜餓狼伝説シリーズのクロスオーバーです。


※注意

今作は龍虎の拳〜餓狼伝説作間と同様の時間経過がある為、
作中に登場するアイドル達に実際の設定とは異なった年齢設定があります。
ご了承ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522754322
2 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:21:39.58 ID:uY+pbdWQ0


帰依

神仏や高僧などのすぐれた者を信じ,それを拠り所にすること。
尊いものに対して、身も心も投げ出して、奉ること。
3 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:23:59.27 ID:uY+pbdWQ0
サウスタウン
酒場


カランカラン
マスター「いらっしゃい……空いてる席にどうぞ」

???「……ウィスキー、一番つええヤツ持って来い」

マスター「はいはい……」



ゴロツキ「……ギース・ハワードがテリー・ボガードに殺されてからもう半年だな」


ゴロツキ2「……どうやらあの男、今回は本当に死んだらしいな……以前も一回死んだふりをしてた事があったが、今回は確実らしい。ハワードコネクションの慌てっぷりを見てるとな」


???「……」
ピクッ
4 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:26:33.43 ID:uY+pbdWQ0
ゴロツキ3「良い事じゃねぇか!!長年この街を支配していたヤツが死んで、目の上のタンコブが無くなったんだ!ついに俺たちの時代だ!!」
バンバン

???「……」
グビグビ

ゴロツキ4「だけどよ、ギースをやったのはテリー・ボガードだぜ」

ゴロツキ3「関係ねえよ!テリー・ボガードはギースに個人的に恨みがあったから奴を殺しただけで、この街を支配してやろうなんて野心は持ってねえ!」
5 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:29:12.25 ID:uY+pbdWQ0
ゴロツキ2「……それもそうだな。って事は今この街は王のいない街……だったら俺たちにもチャンスはあるってことじゃねえか」

ゴロツキ3「そうだ!ギースの時代は奴の死とともに惨めに終わった!!これからは、俺たちがこの街の王だ!!」
ガタッ

ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオ
ギャハハハハハハハハ
ガシャン

マスター「……最近、ギース・ハワードが死んで、またああいうタチの悪いのがでかい顔をしはじめたんだ。ただ飲んでるだけなら良いんだけど、やつらすぐ暴れるし、店のモノを壊すし……」

???「……」
グイッ

タンッ
6 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:30:31.79 ID:uY+pbdWQ0
???「……」
ガタッ
スタスタ

マスター「あっ、おい、兄ちゃん!」

???「……」
スタスタ

ゴロツキ「……あん?なんだぁ?兄ちゃん」

ゴロツキ2「俺らに何か言いたいことでもあんのか?」

???「……」
スタスタ

ゴロツキ4「……?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:30:54.79 ID:0FdHS/Ns0
続編きたか

前作に引き続き今回も期待
8 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:33:50.50 ID:uY+pbdWQ0
???「……」
ガタガタ
ヒョイ

ゴロツキ4「モップ?俺らが割ったグラスの掃除でもしてくれんのか?」

???「……掃除……?……ああ……そうだな……」

???「薄汚ェゴミは……掃除しねえとな」
スッ

ゴロツキ「……あ?」

ゴロツキ3「んだとォ!!?誰がゴミだってんだ、言ってみやがれ!!」
ガタッ

???「自分で分かってんじゃねェかゴミがよぉ……一丁前に人間の言葉を喋ってんじゃねぇ……!」


ゴロツキ3「野郎!!ぶっ殺してやるぜ!!」
9 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:37:26.71 ID:uY+pbdWQ0




マスター「……」
ガタガタ

???「よォ……さっきの威勢はどうしたんだよ?」
ゲシッ

ゴロツキ3「」

ゴロツキ「が……は……」
ピクピク

ゴロツキ2「ひ、ひい……た、助け……」
ズリズリ

ゴロツキ4「あ……あ……」

???「どこの誰がこの街の王なのかって……聞いてんだよ」
グシャッ

ゴロツキ4「グェッ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:39:53.57 ID:ppvVDV4tO
モウヨッセ
11 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:40:04.31 ID:uY+pbdWQ0
???「オラ……言ってみろよ、この街の王は俺達だってよ」
グイッ

ゴロツキ2「ひ……ひ……」
ジョ〜

???「……汚ェな……ただただこの街を汚す……やっぱりテメェらはゴミだ」
ドグシャ

ゴロツキ2「」

ゴロツキ「や、やっぱり……あ、あんたは……ギースの……」

???「……他のゴミ共にも伝えとけ……例えあの方が死んでも……」

???「この街はギース様のモンなんだよ……永遠になァ!」
ブォン


グシャッ
12 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:42:54.62 ID:uY+pbdWQ0
???「……よォマスター、迷惑掛けたな……」
スタスタ

マスター「ひぃ!」
ビクゥ

???「店の修理代は……」



ビリー「ハワードコネクション、ビリー・カーン宛てに請求書回してくれや」

13 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:44:27.69 ID:uY+pbdWQ0
確かにそのプロデューサー達は存在した・・・

アイドルに全てを捧げたPがいた・・・

復讐に身を焦がすPがいた・・・

広告費など問題ではない

ただ勝者が輝き――

敗者がステージを降りていく

それだけである



餓狼伝説PRODUCE
14 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/03(火) 20:46:20.81 ID:uY+pbdWQ0
とりあえず今日はここまで
今回はほとんど書き溜めとかが無いので更新クッソ遅いかもしれませんが
きなが〜に付き合って頂ければ幸いです。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 21:11:05.42 ID:6XnyVznZ0

まさかの餓狼編!
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 23:20:53.79 ID:EnNJPW5Wo
いったいなんのアイドルだよてめ―――っ!!
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 23:39:54.19 ID:qI2Ai95Uo
アイドルはきみとアンディにまかせる
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 07:34:09.31 ID:3kD0TN3A0
これは期待 乙

ビリーの場合むしろ妹さんが色々と頑張りそうで楽しみ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 08:23:28.04 ID:LRn7MUPo0
クラウザーさんはデスメタルめいた音楽活動してるんだろうか
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 20:23:41.79 ID:2I05M/FJ0
テンテレレンテレン♪テンテンテテン♪(NEOGEOロゴ&シンデレラガールズエンブレム)

〜BGM モーツァルト レクイエム ニ短調 K.626 Dies irae〜
今再び、伝説の漢たち(アイドルたち)が還ってきた!
…なぜ戦うのか(歌うのか)
誰のために戦うのか(輝くのか)
…伝説は繰り返す…!

『餓狼伝説PRODUCE 』

うおおおおおおおおお!前作めっちゃ好きだった!
楽しみが増えたぜエエエ!超期待!
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 22:16:32.25 ID:YK1Xk2sFo
映画でダックのクラブ開店祝いに花束送ったりする一面もあるんだよねビリー
22 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:06:55.24 ID:9q/0onVL0
ギースタワー

リッパー「ビリー、昨晩また暴れたようだな」

ビリー「ああ?俺はただゴミを掃除しただけだ。ギース様の街でゴミを放置しとく訳にゃいかねえだろうが」

リッパー「……ビリー。別にお前のその『掃除』が悪い事とは言わないが、ギース様が去られた今、お前はこのハワードコネクションの取り纏めをやってもらわなければならないんだ。それを自覚しろ」


ビリー「まずそれが間違いだぜ。俺が取り纏めなんて出来る訳がねえだろうが。俺はただの凶器だぜ」
23 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:09:49.47 ID:9q/0onVL0
ビリー「ガラじゃねえし、なによりそんな器じゃねえ。それこそリッパー、アンタがやればいいじゃねえか」

ホッパー「……ビリー、確かにお前の言う通りだ。粗暴で頭の悪いお前よりもリッパーや俺の方がよっぽど社長に向いている。それこそコネクション内部にも経営に長けた人間はいくらでもいる」

ビリー「……クソムカつく言い方だが、そうだろ。だったら俺にやらす必要ねえじゃねえか」

リッパー「……だが、それは一般の会社の場合において、の話だ。場所がこのサウスタウンで、しかも会社がハワードコネクションとあっては、一般論は通用しない」

ホッパー「ハワードコネクションはここサウスタウンから、裏社会も表社会も支配してきた。その影響力は最早合衆国全土……いや、世界に及ぶ」

リッパー「しかしその影響力はギース様あってのものだ。表社会に対しては企業としての影響力を依然として持ち続けているが、裏社会はそうはいかない」


24 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:13:12.15 ID:9q/0onVL0
ビリー「……」

リッパー「嘗てギース様はこのサウスタウンの裏社会を支配した『組織』を力で従えた。時にはギース様自ら邪魔者を消し、そして時には俺やお前、『駒』を使って、だ」

ホッパー「つまり裏社会の連中は損得や利益では無く、力にのみ従う。だからギース様がいなくなった今、ハワードコネクションの裏社会への影響力は急速に失われつつある」

リッパー「だからお前だ、ビリー」

ビリー「ああ?」
25 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:14:15.00 ID:9q/0onVL0
ビリー「……」

リッパー「嘗てギース様はこのサウスタウンの裏社会を支配した『組織』を力で従えた。時にはギース様自ら邪魔者を消し、そして時には俺やお前、『駒』を使って、だ」

ホッパー「つまり裏社会の連中は損得や利益では無く、力にのみ従う。だからギース様がいなくなった今、ハワードコネクションの裏社会への影響力は急速に失われつつある」

リッパー「だからお前だ、ビリー」

ビリー「ああ?」
26 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:15:59.35 ID:9q/0onVL0
謎の連稿
なんかサーバーおかしくなっちゃった
27 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:18:03.39 ID:9q/0onVL0
リッパー「ギース様が去られた事により、今コネクション内で裏社会への影響力を発揮出来るのは『歩く凶器』と呼ばれたビリー、お前しかいない。こればかりはいくら経営手腕に長けようと、頭が切れようとどうにもならん」

ビリー「……要は裏の奴らをビビらせりゃ良いんだろ?だったら、俺が街でゴミ掃除すんのも別に良いじゃねえか」

リッパー「だから別に悪いとは言っていない。ギース様の街を汚されて腹が立つのは俺達も一緒だ」

ビリー「……」
28 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:21:55.75 ID:9q/0onVL0
ホッパー「だが、限度がある。コネクションのトップたらねばならないお前が、毎夜毎夜街を徘徊してゴミ掃除など馬鹿げている。もっと部下を使え。ギース様ならそうしただろう」

リッパー「それにいくらお飾りのトップとはいえ、やはり最低限の経営眼やリーダーシップは必要になってくる」

ビリー「……だからどうしろってんだ」


リッパー「だからビリー、お前には日本に向かってもらいたい」

ビリー「はあ?」
29 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:24:56.54 ID:9q/0onVL0
ビリー「全然意味がわからねェぞ」

リッパー「お前がギース様の部下になるよりもっと前……大体15年くらい前か。ギース様は武道の修行のために日本に飛んでいたことがある」

リッパー「期間は1年くらいだったが……ギース様はそこで無敵の強さを身に付け、帰って来られた」

ビリー「それと経営になんの関係が……」

リッパー「まぁ聞け。ギース様が日本で身に付けたのは武としての強さだけじゃなかった」

リッパー「どうもギース様はそこでアイドルのプロデュースをやっていたらしい」

ビリー・カーン「……はァ?アイドル?……プロデューサー?」
30 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:29:31.46 ID:9q/0onVL0
ビリー「なに言ってんだリッパー」

ホッパー「……まぁそう言いたくなる気持ちもわかる。俺達も最初は信じられなかったからな」

ビリー「ホッパー……お前まで……んな訳わかんねェ事を……」

リッパー「証拠ならある。まずこの記事」
パサッ

ビリー「……『覇我亜怒プロダクション、設立……代表はギース・ハワード氏』」

ビリー「……『アイドルグループReppu、オリコン初登場1位獲得、吹き荒れる烈風、その成功の秘訣をハワード氏に直撃……』」
31 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:31:11.03 ID:9q/0onVL0
ビリー「マジかよ……だ、だが……」

リッパー「まだある。……あれはギース様が日本から帰ってきてから半年ほど経った頃だった……このギースタワーに、二人の日本人の女が訪ねてきた」

ホッパー「二人はそのアイドルグループの元メンバーだと訴えた。しかしギース様は一顧だにせず二人を追い返した」

ビリー「……」

ホッパー「ちょうどその折、敵対勢力によるテロにその日本人が巻き込まれた」

リッパー「するとギース様は身を挺してその二人を守った……飛び交う銃弾の嵐からな」
32 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:34:50.81 ID:9q/0onVL0
ビリー「馬鹿な……ありえねぇ……」

ビリー「大体、ギース様はアイドルの話なんて、一度だってした事ねぇだろ……」


リッパー「ああ、その事件以降、ギース様は一言たりともアイドルの話を口にすることは無かった。だから我々もその件に踏み込む事は出来なかった」

ホッパー「そのまま十数年経ち……そして先日、ギース様が去られた折にギース様のデスクを整理していた時にこれが見つかった」
スッ
33 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:37:32.83 ID:9q/0onVL0
ビリー「……日本行きの航空券?……と、写真か?」

リッパー「ああ……写真には若き日のギース様と、そのプロデュースされていたアイドル達が一緒に写っている」

ホッパー「もしかするとそれはギース様が遺された何らかのメッセージかもしれない……そう考えた俺とリッパーはギース様と日本の関連を洗った。その結果が先ほどのギース様がアイドルをプロデュースしていたという事実だ」

ビリー「……なんで俺には教えなかったんだよ」

リッパー「お前は毎日夜な夜な街で暴れていたからな」
34 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:42:03.88 ID:9q/0onVL0
ビリー「……ちっ」

リッパー「だが、肝心の日本に何が隠されているかは俺達にはわからなかった」

リッパー「だからビリー、お前にはこの件の調査も兼ねて日本に向かってもらいたいんだ」

ビリー「……」

ビリー「わりぃが、他を当たってくれ。俺が日本に行った所で何がわかるわけでもねぇよ」


35 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:48:33.22 ID:9q/0onVL0
ホッパー「……ビリー」

ビリー「……今日はもう帰るわ。じゃあな」
バタン

ホッパー「……無理か」

リッパー「まぁすぐに首を縦に振るとは思ってなかった。説得していくしかない」

リッパー「ギース様が亡くなられて……今一番どうしていいかわからないのは奴だろうからな」
36 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:50:55.04 ID:9q/0onVL0
ビリー「……」
ツカツカ

ビリー(……日本?アイドル?何がどうなってやがる……あのギース様が他人を身を挺して守っただと?他者との絆を嫌うギース様が?)

ビリー(わからねえ……ギース様がそこまでして守るようなモンがあったってのか?)

ドン

チンピラ「いてっ……てめぇ、どこ見て歩いてんだコラ!」

ビリー「……ああ?」
ギロ
37 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:53:59.49 ID:9q/0onVL0
チンピラ「……うっ!?ビ、ビリー・カーン!?」

ビリー「俺ァ今死ぬほどイライラしてんだ……つまんねェ人生だったなお前?」

チンピラ「ひっ……うわああああ!!すいませんでしたああああ」
ダダダダダダダ

ビリー「チッ……イラつくぜ……」

ビリー「なんでこんな事になっちまったんだ……ついこの間までは俺ァ何も考えず、あのお方の命ずるまま邪魔な奴を片っ端からブチのめしてりゃ良かったのに……」


『だけどよ、ギースをやったのはテリー・ボガードだぜ』

ビリー「……そうだ」



ビリー「テリー……奴が……奴さえいなけりゃ……」

ビリー「テリー・ボガード……!」
38 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:56:24.08 ID:9q/0onVL0
サウスタウン



ロック「くっそー、今日もテリーからボールを奪えなかったよ」

テリー「ハッハッハ!まだまだそう簡単に負けてやれないぜ!そうだな、あと十年もすれば俺に勝てるかな?」

ロック「見てろよ、十年と言わずにきっと今に勝って見せるから……」

ロック「……でも、テリー、最近は妙に絡まれるよね……今日だって……」

テリー「……ああ、街の不良たちが最近は嫌に活発だ……」

テリー(ちょうどギースが死んでから……だな)
39 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/04(水) 23:59:12.13 ID:9q/0onVL0
ロック「まぁテリーなら誰が来たって負けやしないけど……ふわあ……」

ロック「んん……なんだか、眠く……」
ウトウト

テリー「ん、今日も一日中運動してたからな……」

ロック「そうだね……テリー、おやすみ……」

テリー「ああ、おやすみ、ロック……」

テリー「……」

ロック「……」
スヤスヤ



テリー「……久しぶりだな、前のKOF以来か?」
40 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:02:11.98 ID:ZSF1j3e30
ツカツカ
ビリー「……よォ。ガキは眠ったかよ」

テリー「ロックが眠るまで待っててくれたのか?良いとこあるじゃないか」

ビリー「ハッ……言ってもギース様の息子だからな。恩人の息子に今から起こる悲劇を見せちまうのは忍びねェだろ」

テリー「……って事は……やる気か?」

ビリー「なに寝ぼけた事言ってやがる。俺とてめェが顔を合わせたならやるこたひとつだろうが」
スッ
41 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:05:32.30 ID:ZSF1j3e30
テリー「……別に俺としちゃあ、お前と必ず闘う理由なんて無いんだけどな」

ビリー「例えてめェに無くてもこっちにゃ大アリだぜ……ギース様の仇がよォ!!」
ビュッ

テリー「うっ」
シュッ

テリー「……やるしか、ないようだな」
スッ

ビリー「ハァッ!ンな事解かりきってただろうが!!今日こそブッ殺してやるぜ!テリィィィ!!」
42 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:09:06.09 ID:ZSF1j3e30
ビリー「ッリャア!」
ビュッ

テリー「ふっ!」
サッ

テリー「パワーウェイブ!」
ドン

ビリー「ちっ!」
ダン

テリー「!」

ビリー「ハッ、Kill you!」
ギュン
43 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:11:37.99 ID:ZSF1j3e30
テリー「見えてるぜ!クラックシューッ!」
ゴッ

ビリー「ぐあっ!チィ!」
ブオン

テリー「……!」
ヒュン

テリー「……粗いな。俺への憎しみばかりが前に出て、いつもの一つ間違えたら喉を貫かれるような『怖さ』が無いぜ」

ビリー「テメエ、余裕ブッこいてんじゃねえ!今すぐ黙らしてやらあ!」

テリー「……ビリー」
44 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:16:38.92 ID:ZSF1j3e30



テリー「……ハァ……ハァ……」

ビリー「ハァ、ハァ……クソッタレが……」
フラ

テリー「……ビリー、ここまでだ……」

ビリー「……るっせえ!ッハァ!」
ビュッ

テリー「……!」
スッ
テリー「バーンナッコォッ!」

ズドッ
45 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:20:45.26 ID:ZSF1j3e30
ビリー「ぐ……は……」
ドッ

テリー「……すまないな」

ビリー「……」

ビリー「……まち……やがれ……」


テリー「……!ビリー、もうやめろ……!」

ビリー「……うるせェ……畜生……」
フラ
46 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:23:42.32 ID:ZSF1j3e30
ビリー「畜生……どうしてだ……どうしてギース様が死んで……テメェはのうのうと生きてやがる……」
ガクガク

テリー「……ビリー」

ビリー「テメェは……テメェが死ぬべきだったんだよ!」
グワ

テリー「!」

ビリー「オオオオオオオオオオオオ!!」

ビリー「ゴォトゥーヘェェェェェル!!」
ドドドドドドドドド
47 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:28:38.18 ID:ZSF1j3e30
テリー「……!」

テリー「パワァー……ゲイザァァァァ!!」
ズドォォォン

ビリー「ウアアアアアアアアアア!!」
ドサァ

テリー「ハァ……ハァ……」

ビリー「ちくしょう……が……」
ガクッ


テリー「……やっぱ大した男だよ、お前は」

48 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:32:54.22 ID:ZSF1j3e30
テリー「……」

『畜生……どうしてだ……どうしてギース様が死んで……テメェはのうのうと生きてやがる……』

『テメェは……テメェが死ぬべきだったんだよ!』

テリー(……それは……自分自身に言ってたのか?)

テリー(お前は死に場所を欲しがってるのか?ビリー……)

テリー「生きてても、死んでも街や人にこれだけの影響を与える……ギース、やっぱりサウスタウンはアンタの街だったんだな……」
49 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 00:34:16.50 ID:ZSF1j3e30
今日はここまで
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 01:44:49.10 ID:XbPZLPeao
乙です
ビリーが出るなら、外伝で出てきた望月双角も出てくるのかな
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 07:56:24.44 ID:+jVK7JjUO
>>20
餓狼2のCMパロやんけ!
スペシャルとかまで色んなバージョンあったよな
このSSの世界だと前作の15〜6年後だから、
三十路の茄子さんとか茜ちゃんとかたくみんがいるわけか…結婚してるかな…
リョウ坂崎はまだ独身だろうけどw
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 08:12:14.01 ID:Qz4KE2nC0

年齢的に言えば悠貴、中の人の同じ年齢の加蓮が年少になるのか
ビリーはテリーの復讐の理由知らないんだっけ?
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 10:37:36.75 ID:fBrL3/kAO
リッパーホッパーご尊顔と在りし日のギース様
https://i.imgur.com/JcKJDNi.jpg
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 10:52:49.26 ID:Rvp7qwvWo
KOFしか知らないから原作の時間軸がよくわからないんだよね
テリーとリョウって同年代だと思ってたけど、15年も前ということはリョウの方がずっと歳上なのか
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 11:55:57.91 ID:O6JD0QoGO
ここまでアイマス要素0
それでも感想盛り上がってるのはやっぱり龍虎と餓狼が人気だったってことなんだろうな
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 13:28:20.95 ID:LE4+Fs31O

このSSシリーズだとリョウはまだ独身だろうどころか独身が確定していると言う……
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 18:16:59.97 ID:GX22pgL0O
テリーはライジングタックルのイカサマ無敵時間が大嫌いでした
58 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 22:59:26.81 ID:ZSF1j3e30
翌日

ビリー「……」
パチ

ビリー(ここは……俺んちか……?)
ガバッ

ビリー「痛ッ……」

リリィ「あ、兄さん、目を覚ましたのね……駄目だよ!まだ寝てなきゃ……」
パタパタ
59 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:02:51.92 ID:ZSF1j3e30
ビリー「リリィ……俺は……どうやって帰ってきたんだ?」

リリィ「昨日の夜遅くに兄さんの会社の人が送ってきてくれて……会社のお酒の席で同僚の人と喧嘩になっちゃったって」

ビリー(……ってことはテリーの野郎、わざわざコネクションに連絡入れやがったのか……ほっときゃいいのに、余計な事しやがって)

リリィ「……もう、兄さん……無理しないで……ただでさえ最近は街の方も治安があんまり良くないみたいだし」



リリィ「もしも兄さんに何かあったら……私……」
ジワ
60 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:05:44.12 ID:ZSF1j3e30
ビリー「す、すまねぇリリィ、昨晩は俺も酒が入ってカッとなっちまったみたいだ……もうこんな無茶はしねえさ」

リリィ「……本当?」
ジッ

ビリー「……ああ」

リリィ「……そうっ!じゃあご褒美に兄さんの好きな卵料理作ってあげるねっ!なにが良い?」
ニコッ

ビリー「ああ、久しぶりにオムレツでも食いてえな……」
61 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:08:22.47 ID:ZSF1j3e30
リリィ「オムレツだね!うん、わかった!それじゃあ材料買ってくるから兄さんは大人しく留守番しててね!」

ビリー「ああ」




ビリー「……なぁ、リリィ」

リリィ「ん?どうしたの?」

ビリー「最近、不自由してる事とかねえか?困ってる事とか」
62 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:12:44.42 ID:ZSF1j3e30
リリィ「うーん……さっきも言ったけど、街の治安が少し悪くなってきてる気がするけど……でも私は不思議と街でからまれたりしないんだよね。怖そうな人に声を掛けられても、大体名前を言うとみんな逃げていくの」

ビリー(そりゃ俺の妹に手なんか出したらどうなるのか、あの街に住んでりゃその辺の犬でも知ってらァな……あのパンツ野郎以外は)


リリィ「だから、いま取り立てて困ってる事と言えば……最近兄さんの帰りが遅い事が多いくらいかな?」

ビリー「……そりゃすまねェな……」

リリィ「……あっ、もしかして私の心配してくれてるの?」

ビリー「あ?ああ……」
63 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:15:19.73 ID:ZSF1j3e30
リリィ「だったらもう心配いらないわ、私だってもう一人前なんだから!」

ビリー「……そうか。だったら良いんだ……」

リリィ「……?変な兄さん。じゃ、行ってくるね」

ビリー「ああ」




リリィ「……ねぇ、兄さん?」

ビリー「なんだ?」



リリィ「……私に隠してること、ない?」
64 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:20:36.35 ID:ZSF1j3e30
ビリー「……」

リリィ「……ううん、やっぱりなんでもない。……無茶、しないでね?」

バタン
パタパタパタ

ビリー「……」


ビリー「そうか……考えてみりゃ、あいつも成長してんだな……」




ビリー「いつまで経っても成長してねェのは、俺の方か……」
65 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:23:01.58 ID:ZSF1j3e30
ギースタワー

ガチャ
ビリー「……よう」

リッパー「ビリー!もう傷は良いのか?」

ビリー「別にどうってこたねェよこんなもん……あの野郎、手加減してやがったみたいだからな……ムカつくぜ」

ホッパー「全く、俺達に窘められたその夜にテリー・ボガードに挑むとは、本当にお前には何を言っても……」
66 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:26:04.57 ID:ZSF1j3e30
ビリー「あー、待て待て。小言はまた聞く。それより今日は昨日の返事に来た」

リッパー「昨日の返事?お前は断ったはずだが……」


ビリー「……まぁ、心境の変化ってやつだ。行ってやるぜ、日本によ」


ホッパー「……!驚いたな」


ビリー「ただ……条件がある。俺がいねェ間は、リリィ……あいつの事を」

リッパー「ああ、わかってる。最高のボディーガードを付けよう」
67 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:32:03.94 ID:ZSF1j3e30



ビリー「……なんだよリッパー、見せたいものって」

リッパー「これは、ギース様がプロデュースしていたReppuというグループのデビューLIVEの時の映像だ」


ビリー「……!」

ビリー(ギース様が……プロデュースしたグループ)


牙のない人に
興味はないの
good-bye boy 悪夢にまで怯えるといいわ


ビリー「……凄ェな」
68 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:36:43.26 ID:ZSF1j3e30
ホッパー「わかるのか?」

ビリー「俺ァこう見えても音楽にゃうるせぇんだぜ?アイドルソングなんざ今まで興味も無かったが、こいつらの音は魂に響いてきやがる」

ビリー「実際に映像見て……これをプロデュースしたのがギース様ってんなら、納得のいく話じゃねェか。百聞は一見に如かずってか」




ビリー(……しかし、この黒髪の女と右端の茶髪の女……どっかで見たことがあるような……)
69 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:40:02.97 ID:ZSF1j3e30
リッパー「で、だ。お前にはこの映像に映ってる金髪の娘……いや、15年前の映像だから今は娘という歳ではないが、この女性に接触してもらう」

ビリー「なんでこの女なんだ?」

リッパー「この女性は今、自らアイドルの事務所を設立している。だからお前はこの事務所に入り、プロデューサーとして活動しながら手紙の線の調査をするんだ」



ビリー「……はァ!?お、俺がアイドルのプロデューサーだとォ!?」
70 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:44:23.45 ID:ZSF1j3e30

リッパー「そうだ。かつてギース様がそうしたようにな。それが、お前の社長として就任する上での修行にもなると判断した」

ビリー「いやいや、ありえねェだろ!確かに俺ァ日本に行くまでは承知したが、ンなことをやるとまでは」

リッパー「大丈夫だ、その間のハワード・コネクションは俺とホッパーで切り盛りする。お前は安心して行ってこい」

ビリー「……オイ、ホッパー!」
71 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:48:17.43 ID:ZSF1j3e30
ホッパー「……ビリー、よく考えろ。これはお前が成長するチャンスなんだ」

ビリー「……成長……」

ビリー「……イヤイヤ、それでもプロデューサーはねェだろ……もう何がなんだか……」



リッパー「よし、確認だ。この女性の名は桐生つかさ……そして事務所は『RUNWAY』だ」
72 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:51:35.04 ID:ZSF1j3e30


リリィ「ただいま……あら?兄さん?いないの?」
パタパタ

リリィ「ん?これ……手紙?」
パサ

リリィへ
仕事で少し家を空ける。
金も置いていくし、お前は何も心配しなくていい。
万が一何かあったら会社に連絡しろ。
ビリー

リリィ「……うそ」
ガクッ



リリィ「そんな……兄さん……!せっかく……一緒に……暮らせてたのに……!」
ジワ


リリィ「兄さん……!」
73 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:57:37.95 ID:ZSF1j3e30
飛行機機内

機内アナウンス『まもなく当機は日本、羽田へと到着します。シートベルトを締め……』

ビリー(……この窓から見えるのが日本、か)

ビリー(かつてギース様がその腕を磨き……そして、アイドルをプロデュースした地……か)

ビリー(それを俺が?大体アイドルのプロデュースなんて何すりゃいいんだよ)

ビリー(……)

ビリー(何もわからねぇ……が……俺も恐らくこのままじゃあいけねェんだろう)

ビリー(何かを変えるため……この国は、その第一歩としては悪くねえのかもな……)



ビリー「……」

ビリー「……いや、それでもアイドルはねぇだろ……」
74 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/05(木) 23:58:25.26 ID:ZSF1j3e30
今日はここまで
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 00:06:05.86 ID:W9xhHhDrO

見覚えか……小さい頃に会ったことあったのかな?
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 00:09:57.31 ID:6TsYbRVO0
おお話が進んだ!おっつおっつばっちし!
つかさ社長、さぞやかしいいオンナになってるやろなぁ
ギースの薫陶を受けた経営理念で辣腕ふるってそう 独身ぽいけどww
ビリーがつかさのもとでどんな娘達を担当するのか楽しみ!ロカビリー、パンク、UKロック…
美玲、なつきち、だりー、恵磨あたりが出てくると嬉しい
リリィは心配が昂じて突撃してきてアイドルになるんじゃないかとヒヤヒヤするわ
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 00:39:44.85 ID:47JPty0H0
ああ、やっぱり前スレの最後のssでキングがボコった少年はやっぱり
ビリーだったか。公式通りならあの数年後に一人で工場潰すレベルの戦闘力に
なるんよな我流喧嘩殺法で。
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 05:21:48.40 ID:2Xfdh5Kjo
乙です
話が動き出したな

社長は社長をやってるんだな。今は33歳か
流石にアイドルは…いや礼子さんや志乃さんを考えたらアリかw
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 07:23:04.09 ID:SMnm1JWKO
この設定だとレナさんや真奈美さんの子供として小学生アイドル達が登場する可能性もある?
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 07:26:20.73 ID:FrWaeh2A0
投下乙です
時間軸の設定も龍虎と餓狼 それにパラレル的なKOFの醍醐味の一つ
この作者がどう動かしてくれるか楽しみだ
81 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/06(金) 23:57:18.87 ID:OIKHIET70
日本
東京
駅前

ビリー「……」

ワイワイガヤガヤ


ビリー(人が多いな……だが……)

エーマジー?
スミマセンスミマセン!カナラズアスマデニハ…
ゴウコンイコーゼ!メンツタリネェンダヨ

ビリー(どいつもこいつも腐った目をしてやがる……ただ多いだけだ、この国の連中は……)

ビリー(……まぁどうでもいいか)


ビリー(なになに……『RUNWAY』は駅から徒歩2分か……随分便利の良いトコに構えてんじゃねェか)
82 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 00:00:52.90 ID:yhw9ik6L0
ビリー「……芸能事務所『RUNWAY』……」

ビリー「……ここか。そこそこでけぇじゃねえか」



ガチャ
ビリー「……邪魔するぜ」


事務員「ひっ、ど、どなたさまでしょうか?」

ビリー「あん?俺は……」

ビリー(……そういやここはサウスタウンじゃねえんだったな)
83 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 00:04:37.60 ID:yhw9ik6L0
ビリー「……すまねえな、俺はこういうモンだ。社長に取り次いでくんねェか?」
スッ

事務員「……ハワードコネクション!?あの、どういったご用件で……」

ビリー「チッ、面倒くせえな、余計な詮索しなくていいんだよ。社長はいんのか?いねェのか?」

事務員「ひいっ、しゃ、社長は今外出中なんです〜!」
ビクビク

ビリー「いねェなら最初からそう言えよ……いつ戻るんだ」
84 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 00:09:08.86 ID:yhw9ik6L0
事務員「ゆ、夕方には戻る予定です……!」

ビリー「そうか。んじゃ、時間つぶしてまた来るぜ」

事務員「は、はい……」

事務員(もう来ないでほしい……)



ビリー(……てっきり社長なら事務所から動かねェモンだと思ってたが……自分からあくせく働くタイプの奴か)
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/07(土) 00:40:24.30 ID:yhw9ik6L0
ビリー「……しょうがねェ、その辺で時間を……ん?」

ワイワイ


ビリー「おい、なんかやってんのか」

通行人「ドラマの撮影やってるみたいなんだけど、エキストラの人がヤバいっぽいよ」

ビリー「ヤバい?」

86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/07(土) 00:41:26.94 ID:yhw9ik6L0
???「はぁーい♪アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆あはん♪バッチリ決まっちゃった☆どぉどぉ?」

エキストラ「……キ、キマってる」




通行人「キマってる」

ビリー「キマってんな」

監督「カットカットォ!おい!そこの変な服の子!ちょっと来い!」
87 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 00:46:10.41 ID:yhw9ik6L0
???「ん?はぁとのコト?やぁん、カントクジキジキに演技指導ー!?よろしくお願いしまぁす☆」

ビリー「……アレで、エキストラ?」

通行人「らしいっすよ」

ビリー「……こんな国にもやべェ奴はいるもんだな……だが……」



ビリー(……ただ、腐った目をして、彷徨ってるだけの連中よりかはなんぼもマシ、か)
88 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 00:49:08.97 ID:yhw9ik6L0
事務所

ガチャ
ビリー「よう、また来たぜ。社長サンは戻ってるか?」

事務員「ヒィ!ほんとにまた来た!しゃ、社長〜!」
パタパタ

女性「……コイツか」
スタスタ

ビリー「……へっ、ようやくツラ拝めたぜ。あの映像は15年前のモンと聞いてたが、良い女じゃねえか」

ビリー「あんたがこの事務所の社長の桐生つかさか」


つかさ「……そうだけど」
89 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 00:56:08.78 ID:yhw9ik6L0
ビリー「名刺は……もう渡してたよな。俺はハワード・コネクションのモンだ」

つかさ「ああ……知ってるよ。ギース・ハワードの右腕……ビリー・カーンだろ?」

ビリー「……なら、話は早ェ、アンタ、俺を……その、プロデューサーとして雇ってくんねェか」

事務員「え、ええええええ!?」

つかさ「……奥の社長室に来な」
クイ

ビリー「……」
90 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 00:57:12.75 ID:yhw9ik6L0
社長室

つかさ「……それで?」

ビリー「は?いや、聞いてただろ。俺をプロデューサーとして雇ってくれって話だよ」

つかさ「いや、聞いたよ。それで?」

ビリー「それでってお前……」
91 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 01:00:31.98 ID:yhw9ik6L0
ビリー(いや、これは日本に来る前の時点で予想してた事だ……思い出せ、こういう時は……)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜



リッパー「……恐らく、いきなりプロデューサーにしろと言ってもあちらは難色を示すだろう。だからこれは社間交流のようなモノだと言うんだ」

ホッパー「向こうも元々ギース様の下で働いていた者の会社だ。だからハワード・コネクションと交流があっても道義的にそうおかしい話ではないだろう」

リッパー「それに、桐生社長はアイドル事務所以外にも幾つも事業を抱えている。だからここでお前を受け入れてくれるならば、ハワード・コネクションは事業提携の準備がある、というあちらにとってのメリットを提示するんだ」

ビリー「……」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

92 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 01:02:16.29 ID:yhw9ik6L0
ビリー「……という訳だ。いきなりの話だが、そっちにとっても悪い話じゃねェハズだ」

つかさ「……」

つかさ「浅いな」

ビリー「……あ?」

つかさ「大方会社のヤツに入れ知恵されて来たんだろうけど、ちょっと利益をチラつかせればこっちが食いついてくると思ってんの?」

ビリー「……」

つかさ「こっちは別に経営に困ってないし、別にギース・ハワードの名前で売ってもいない。安く見られたモンだな」
93 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 01:06:43.76 ID:yhw9ik6L0
ビリー「……断るってのか」

つかさ「こっちが受け入れるかどうかはその人間を見て判断するのが当然だろ。それで、ハワードコネクションなんて言うからわざわざ会ってみれば……とんだチンピラだ」



ビリー「……あ?」

つかさ「これでアイツの右腕だったってんなら……随分と下らない仕事をやってたんだな、アイツ」

ビリー「……おい。元ギース様の部下だったか知らねェが、あの方を侮辱してタダで済むと思ってんのか」

つかさ「部下?違うね、元同僚だ。あたしとアイツは対等な契約関係だった。それを一方的に打ち切ってきたのはアイツの方だ」
94 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 01:12:13.05 ID:yhw9ik6L0
つかさ「ただ……恨み言の一つこそあれ、アイドルの世界にあたしを引き込んだのはアイツだった。その点ではアイツに感謝の気持ちもあった……ついさっきまでは」

ビリー「……」

つかさ「けど、アンタを見たらそんな気も失せたよ。お引き取り願おうか。そして二度とウチの事務所に近づくな」

ビリー「……上等だコラ。てめェがギース様の関係者じゃなかったらこの場でブッ殺してた所だぜ」

つかさ「やっすい脅しだな。アンタがクチを開く度にアタシのアイツに対しての失望が深くなるよ」
95 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 01:14:15.68 ID:yhw9ik6L0
ビリー「……てめェこそそのクチを閉じやがれ。じゃねェと脅しじゃ済まなくなるぜ……!」


つかさ「……アンタ、今三十くらいか?そのくらいの歳でそのザマじゃ、ただただアイツの命令聞くだけで、なんにもアイツから学ばなかったんだな」

ビリー「……!」

つかさ「右腕だって?笑わせんなよ、飼い犬だろ?ただのさ」



ビリー「――――――――」
96 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 01:16:57.92 ID:yhw9ik6L0
ビリー「……」

ビリー「……飼い犬で結構。邪魔したな」
スッ

ビリー「ギース様があの街で何をしてたのか、どれほど偉大なのか……それも知らねェド素人とこれ以上やりあっても時間のムダだな、お互いに」

ビリー「じゃあな。せいぜいこの死んだ街で温ィ事やって良い気になってな」
ガチャ
バタン




つかさ「……」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/07(土) 01:20:24.71 ID:yhw9ik6L0
事務員「……あの〜、社長?さっきの人、鬼みたいな顔して帰っていきましたよ……」

つかさ「……ざけんなよ」

事務員「……社長?」

つかさ「あたし達を捨てて行った先で右腕にしてたのがあんなチンピラだって?本当に、ふざけるのも大概にしろよ……!」
ギリギリ


事務員(こ、こっちも鬼のような顔してる……)
ガタガタ
98 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 01:21:47.93 ID:yhw9ik6L0
今日はここまで
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 01:24:12.90 ID:vrsH/J+qo

まあ事業の方向性まるっきり違うしねぇ……ビリーも頭自体は回ったような気はしたけど
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 01:38:40.68 ID:hRHXWCjno


確かに発言のレベルが高校生くらいだもんな
喧嘩っ早いし、アラサーでこれは不味い
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 01:38:51.25 ID:wzGezVu30
自分のビリーのイメージは正に、忠義の右腕、て感じなんだけど、いざゲームでプレイしてみると甲高いチンピラボイスで暴れ狂ってて、なんというか、こう、困る。
方向性が全く異なるビリー、つかさの双方にとって共に大きな存在として残り続けてるあたり、やはりギース様の器量を感じるな。
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 02:00:30.29 ID:lpSev75Xo
乙です
しゅがはを見ると、同じデレマスアイドルでも年代違って登場する感じなのかな
…40過ぎててエキストラでアレだと、さすがにヤバいと言うレベルじゃねえがw
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 02:25:00.67 ID:aGghHs4S0
ビリーは幼少期からギースが居なくなるまで荒事ばかりやってた
からなぁ。喧嘩のみなら世界でトップ3レベルにこなしてる
ガチ熟練者との事。
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 03:11:11.09 ID:wzGezVu30
確か、完全ノールールの何でもありなら、ジョー、ビリー、山崎がスリートップ、とか言われてたんだっけ。
マリー評だったかな。
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 04:01:23.88 ID:lpSev75Xo
そういやジョーはド演歌好きだったな
演歌を歌うアイドルもいるし、今回の話に絡んできたりしないかな
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 05:47:44.05 ID:Hfa99e6Q0
しゅがはキター!
前シリーズ出演者以外のアイドルは
設定年齢で登場するんじゃないかな
お嬢出てきたら嬉しい
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 06:49:55.61 ID:BPYNoiSGO
???「よろしくお願いします」

対ギース戦
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 11:42:47.81 ID:kBB8xCGA0
妹思いで任務に忠実 冷静で頭もキレる一方で「歩く凶器」と評される程の戦闘力と凶暴な面を持つ 山崎にも通じるこの辺の二面性が光るんだよな
実際3でのリリィ登場とリアルバウトでのビジュアル変更が一気にビリーの人気を押し上げた
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 14:02:49.90 ID:jTVrdq8iO
ビリーは狂暴さがなかったらギースに見出だされる事自体ありえなかったろうからな
サウスタウンの飢えた狼というのをよく表してるキャラだと思うよ
同じサウスタウン生まれのボガード兄弟があれだけ真っ直ぐに育ったことの奇跡と併せて
110 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:21:12.23 ID:APv01GSS0





リッパー『……そうか、それはこっちのミスだな、あっちの社長の人となりまで把握し切れていなかった』


ビリー「もうそんなモンどうでも良いぜ。俺ァ今度あの女と面合わせちまったら今度こそブチキレるかもしれねェ」
111 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:24:20.05 ID:APv01GSS0
リッパー『待て、ビリー。また別の交渉材料を考える、お前は引き続き……』

ビリー「引き続き?引き続きなんだ、あれだけコケにされてまだやるつもりなのか?冗談じゃねェ、だったら別の奴にやらせろ。俺はもう御免だぜ」

リッパー『……ビリー、これはコネクションの為にだな』



ビリー「リッパー。アンタも理解してねェようだから教えといてやる」
112 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:27:31.43 ID:APv01GSS0
ビリー「アンタやホッパーは仲間としちゃ信頼してるし、コネクションだってそりゃそれなりに大事に思ってる。けどな」

ビリー「俺が忠誠を誓ったのは、アンタにでもあの女にでも、コネクションにでも無ェ。あくまでギース・ハワード、あの御方本人に対してだけだ。あの人の命令だったらプロデューサーだろうがやってやるし、ムカつく相手にだって頭下げてやるさ」

リッパー『……』

ビリー「だが今回の件はあの方が直接下した命令じゃねェ。だったら俺は自分を殺してまで従う気は毛頭無ェ。……大体俺がこの世で一番嫌いなモンは、命令される事なんだからよ」

リッパ−『……ビリー、明日また連絡する。一晩頭を冷やして、もう一度考えてくれ』


ビリー「別に答えは変わりゃしねえよ」
ピッ

113 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:30:58.70 ID:APv01GSS0


ツーツー
リッパー「……切れたか」

ホッパー「もう投げ出したか?」

リッパー「投げ出す以前に始まってすらいない。向こうの社長もかなり気が強いらしい。ビリーとやりあったようだ」

ホッパー「……だから言ったんだ。ビリーがギース様以外の命令で誰かの下に付くなんて無理だ」


リッパー「だが、やってもらわなければ。コネクションを守るためにもな……ホッパー、何か妙案は無いか?」
114 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:34:05.26 ID:APv01GSS0
ホッパー「……正攻法では難しいだろうな。あいつは三十にもなって心の中はガキのままだ、一度ヘソを曲げたら意地でも動かないだろう」

リッパー「そうだな」

ホッパー「だから、搦手を使う。幸い、この世にはあいつに命令を出来る人間があと一人だけ残ってる」

リッパー「……確かにな。だが、恨まれるな……」

ホッパー「お互いさまだ。俺達もあいつの尻拭いは今まで大概やってきたからな」
115 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:38:13.24 ID:APv01GSS0
プルルルル
ホッパー「……フロントから電話だ。……俺だ」

ホッパー「……ああ、わかった。こっちに繋いでくれ」
ピッ



ホッパー「……リッパー、手間が省けた。あちらからご連絡だ」

リッパー「可哀想だが仕方ない。彼女にも手伝ってもらおう」
116 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:43:37.14 ID:APv01GSS0
ビリー(……チッ、イラつくぜ。どいつもこいつもよ)
ツカツカ

呼び込み「あっ、そこのお兄さん!おひとりですか!?ウチは一人からでも飲めますよ!どうですか〜?」

ビリー「あぁ!?気安く話しかけんじゃ……」
ギロッ

呼び込み「ひぃっ!」

ビリー(……いや、酒か……そうだな)

ビリー「オイ、てめェから呼び込み掛けてきたってことはちったぁサービスしてくれんだろうな?」

呼び込み「え?も、ももも、もちろんです!!」
117 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:47:35.15 ID:APv01GSS0
居酒屋
ワイワイ

ビリー(……なんだこりゃあ。酒飲み処には違いねえがバーとは明らかに雰囲気が違う)

ビリー(どいつも酒を飲んじゃいるが……さらにがっつりリメシ食ってやがる)

ビリー「おい、ここはバーなのか?レストランなのか?」

店員「えっ、いや、居酒屋ですけど」

ビリー(イザカヤ……どうやら日本独自の店みてェだな)
118 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:51:39.96 ID:APv01GSS0
グビグビ
ビリー「……ふぅ」


ビリー(大人しいモンだな、この国の奴らは)

ビリー(大人数で大声出してる奴らはいるが……暴れてグラス割るような奴はいねえ)

ビリー(どいつもこいつも基本的には大人しく飲んで……ん?)
119 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:53:50.87 ID:APv01GSS0
???「それでさぁ!!それっきり現場からつまみ出されちゃったの!ひどくね?」

店員「は、はぁ」



ビリー「……あいつは」


???「エキストラの癖に目立ちすぎって、わかってるっつーの!わかっててやってんだよこっちは!もうチマチマやってる暇はないっつーの!一発逆転狙わなきゃギリギリなんだよ!」



ビリー(昼間のやべえエキストラの女じゃねえか……)
120 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/07(土) 23:58:10.22 ID:APv01GSS0
???「大体、この店も一人から良いって言うからホイホイ付いてきたのにはぁと以外はカップルとかグループばっかりだし……ん?」
ジッ

ビリー「……!?」

ビリー(ゲッ、目が合っちまった)

???「……」
ツカツカ

ビリー(オイオイオイ、こっちに来るぞ……)
121 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:03:49.32 ID:Yl1rUbJe0
???「お兄さんも御一人様?ちょっと良かったらはぁとの話聞いてくんない?」
ドカッ

ビリー(隣に座りやがった)

ビリー「いやいや……何だよお前は……何だはぁとって……」


心「はぁとははぁとだろ☆アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆さとうしんことしゅがーはぁと☆」


ビリー「クスリでもやってんのかてめェ」

心「辛・辣☆後で覚えてろよ☆」
122 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:07:01.38 ID:Yl1rUbJe0

心「……いや、わかってるよ?周りが引いてんのは……いや、引かれてないし☆」

ビリー「……どうやら完全にキメちまってる訳じゃなさそうだな。なんでそんな痛々しい真似してんだ。コメディアン志望か?」

心「誰が芸人の卵だっつの☆はぁとは〜アイドルになりたいの☆」


ビリー「……最近のアイドルってのはそういうのが流行ってんのか」


心「いや、別に流行ってない……ただ、もう年齢的にギリギリっていうか崖っぷちというか……」
123 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:11:14.03 ID:Yl1rUbJe0
心「っていけね☆ついスウィートじゃないリアル事情匂わせちゃった☆」

ビリー「……つまり、普通にやってもダメだから、そうやってトチ狂った恰好してクスリキメちまった痛々しくて頭のおかしい狂人を演じてるって訳だ」

心「うん、そう……って流石に言い過ぎだろ☆ぶっとばすぞ☆」



ビリー「……なぁ、何でそこまでしてアイドルになりてえんだ。自分がどんな目で見られてんのかは解かってんだろ。だったら……何がお前にそこまでさせる?」

心「ちょっ、マジトーンの話とかやめろよ☆軽くやってくれないとマジではぁと苦しいじゃん☆」
124 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:17:15.95 ID:Yl1rUbJe0
ビリー「……」

心「……単純にさ、楽しいんだよ。メチャカワで、きゅんきゅんのキャピキャピで」

心「だから、やめられないの!どんだけ引かれようが、笑われようが関係ない!このアイドル業界で生き残る為だったらなんでもしちゃう☆……裏工作とかでもさ」

ビリー「……へぇ」

心「……ってオイィ!はぁとに真面目に語らせといてリアクション薄いな☆」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 00:21:19.46 ID:7awTjXYio
ある意味この子も飢えた狼と言え……言ってしまっていいのか?いろんな意味で
126 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:21:20.11 ID:Yl1rUbJe0
心「そういう自分はどうなの?外国人が一人で居酒屋ってどういう状況だっての☆仕事?」

ビリー「……まぁそんなモンだ。もうすぐ国に帰る」


心「へぇ〜……あ、そうだ、なんか芸能事務所のお偉いさんとかにコネとかない?菓子折りもって挨拶いくぞ☆」

ビリー「……ねェよ、んなモン」


心「なんだよ〜使えねーな☆まっ、今日は飲も飲も!……お兄さんのオゴリで♪」


ビリー「図々しいぞてめェ」
127 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:24:57.59 ID:Yl1rUbJe0
心「いや〜、今日ははぁとの愚痴を聞いてくれてありがと♪めっちゃお酒進んだわ☆」

ビリー「……そりゃ良かったな」

ビリー(チッ……一人で飲むハズだったっつーのに……とんでもねェ女に絡まれたもんだぜ)

ビリー(だがまあ……悪くねえ。悪くはねえ気分だ)


ビリー「じゃあな」


心「ちょちょちょちょ!そういやまだお兄さんの名前聞いてなかった☆」
128 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:28:03.57 ID:Yl1rUbJe0
ビリー「あぁ?俺ァもう国に帰るって言ったろ。名前聞いたってもう会う事なんざ無ェよ」

心「ツレないこと言うなよ〜!っていうか人の縁ってのは馬鹿に出来ないんだよ?いつまたバッタリ再会するかわかんないんだし、名前くらい良いだろ☆」

ビリー「……縁、ねえ……俺は別にもうお前に会いたかねえが」

心「傷つくだろ☆良いからはよ教えろ☆」



ビリー「……ビリー。ビリー・カーンだ」
129 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:32:57.75 ID:Yl1rUbJe0
心「はいはい、ビリーさんね……俳優みたいな名前だな♪」

ビリー「ほっとけ……じゃあな、佐藤。せいぜいアイドル目指して頑張れや」
スタスタ

心「おう、当たり前だっての☆……ってオイ!誰が佐藤だよ!いや佐藤だけど!はぁとって呼べよ!オイぃぃ!!」

ギャーギャー




ビリー「……騒がしい女だったぜ」

ビリー(……もう会う事は無ェだろうが)
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 00:37:48.58 ID:UKvIUHbDO
愛は絶対勝つんだよ、 ぜ〜ったい!
131 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/08(日) 00:38:34.57 ID:Yl1rUbJe0
今日はここまで
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 00:44:32.25 ID:7awTjXYio

30になっても〜とホッパーは言ってたがしゅがはさんにあんな絡まれ方してもブチ切れない辺りかなり丸くなってる気はする
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 00:56:20.27 ID:rp8IHS5ko
最初はヤクでもキメてると思ってたからスルー安定だと思ったんじゃね
そもそも大の男が女にキレたらみっともない
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 01:08:50.45 ID:7awTjXYio
ヤクキメてるくらいなら手足の骨を完全に粉砕or殺せばいいだろくらいにしか思わないし普通に実行するのがビリーカーンという男だと思ってます
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 03:06:46.17 ID:VtlfSFYD0
しかしギースを一番慕ってたであろうレナと茄子は
ギースの死後どうなってるのだろう。切ない別れだっただけに
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 06:17:57.52 ID:iXaJiWE6o

もしかしたら自分と似たような物を感じたのかね
思い通りにならなくて、それでもどうすればいいのか分からなくて足掻いてる
それでも目の光は腐ってない
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 06:34:51.59 ID:wgoNfAdJO

大の大人がみっともないとかそういう話すると三十にもなってただのチンピラとあちこちで評されてる時点で問題外だろう
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 22:38:31.10 ID:56MHivLW0
山崎さんは恐らくドラマCDのようにドラゴンプロダクションの社長してそう
139 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:11:02.36 ID:89NgFE230
翌日

ビリー「さて、帰り支度すっか……ん?」
プルルルルルル

ビリー「電話……リッパーからか。そういやまた掛けてくるって言ってたな……」
ピッ

ビリー「もしもし」

ホッパー『ビリーか。俺だ』
140 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:14:30.79 ID:89NgFE230
ビリー「んだよホッパーか。言っとくが俺は何言われようがもうやらねえぞ」

ホッパー『別にどうでもいい。だが、お前に伝えなきゃならない事があるんでな』

ビリー「あ?」



ホッパー『ビリー、お前の妹……リリィ・カーンが日本に向かっている』

ビリー「……ハァ!?」
141 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:21:17.84 ID:89NgFE230
ビリー「なんであいつが日本に!?どういう事だホッパーテメェ!」

ホッパー『作日、彼女から会社に連絡があった。お前の行き先を教えてくれ、とな』

ビリー「それで教えたってのか!?」


ホッパー『もちろん俺達も初めはなんとか隠そうとしたんだが、それこそお前を捜して世界を回りそうな勢いだったので、仕方なく行き先を教えた』

ホッパー『すると彼女は自分の眼で確認すると言い出した。彼女は現在日本行の航空機に乗ってる』
142 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:26:22.21 ID:89NgFE230
ビリー「……てめェ、ホッパー……!話が違うだろうが……!俺がいねえ間はリリィの事は頼むっつっただろうが!」


ホッパー『もちろん今現在も同じ航空機にボディガードは同乗している。……それに、お前はもう任務を投げ出すつもりなんだろう?だったら先に契約を破ったのはお前の方だ』

ビリー「……!」



ホッパー『伝えるだけは伝えてやったが、もう後はお前の好きにしろ。こっちに帰るも、故郷に帰るも、日本に残るもな』

ホッパー『……ああ、ついでに彼女にお前がなんの仕事で日本に行ったのかも聞かれたから、アイドルのプロデューサーをやってると教えてやったな』

ビリー「!?」
143 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:32:37.65 ID:89NgFE230
ホッパー『お前は本当の顔は妹には見せていないんだろう?ただでさえここ最近のお前は妹を心配させていただろうが、日本でしっかりと仕事をしているお前の姿を見せれば安心させてやれるだろうにな』

ビリー「……てめェら、そっちに戻ったら覚えとけよ……!」

ホッパー『お前がしっかり日本で勉強して帰ってきたなら、文句は聞いてやる』
ピッ



ビリー「……クソがあァァァァァァ!!」

ビリー(どうする!?リリィがこっちに向かってるだと!?プロデューサーをやってると聞いて!?)


ビリー(適当に言いくるめて一緒にサウスタウンに……)
144 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:37:48.52 ID:89NgFE230
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜


リリィ『……私に隠してること、ない?』


リリィ『……ううん、やっぱりなんでもない。……無茶、しないでね?』


ホッパー『日本でしっかりと仕事をしているお前の姿を見せれば安心させてやれるだろうにな』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜



ビリー「……」



ビリー「くっ……!やるしか、ねえってのか……!」
145 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:41:11.56 ID:89NgFE230
事務所


つかさ「……」

ビリー「……」

事務員「……」


つかさ「……で?何しに来たんだよ。てか、良くもまぁまた顔出せたな」

146 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:48:45.10 ID:89NgFE230
ビリー「……」
ギリギリ

事務員(ひい〜!凄い眼で睨み付けてる……ていうか本当に何しに戻って来たのこの人……)

ビリー「……」
スゥー
フゥ

ビリー「……まぁ、昨日の事は俺が悪かった。改めて詫びるから、俺をプロデューサーとして雇う件、考え直しちゃくれねえか」

つかさ「……は?お前昨日散々馬鹿にしただろ。温い世界だってさ。それなのにまだプロデューサーやる気なのか?プライドとか無いのか?」
147 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:53:39.20 ID:89NgFE230
ビリー「……それについても、謝る。厳しい世界だってのは……昨日聞いた」


ビリー「それに、まぁ……プライドというか、意地みてえなモンもあるつもりだ。だが……それ以上に大切な……壊したくねえモンがある。だからこうして頭を下げに来た」

つかさ「……へえ。お前みたいなタイプの男はくっだらねえメンツの為だけに生きてると思ってたんだけどな」



つかさ「だけど……それとお前を雇うのは話が別だ。お前みたいな粗暴な奴がアイドルと上手くコミュニケーション取れるとは思えないし、勤まるとは思えない」
148 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/09(月) 23:59:04.29 ID:89NgFE230

ビリー「く……」

事務員(ホッ……良かった……)



つかさ「……だから、テストしてやるよ」

事務員「!?」

ビリー「……テスト?」



つかさ「ああ。……今日1日だけ時間をやる。どこからでも良いから、一人アイドル候補生をスカウトして来い」
149 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/10(火) 00:04:38.66 ID:79Jd0GZl0
ビリー「スカウトだと?」

つかさ「ああ。この短時間で女の子一人説き伏せるのは簡単な事じゃない。コミュニケーション能力が要る」

ビリー「そんなモン出来るワケ……」



ビリー(……いや、待てよ?昨日会ったあの痛い女……アイツなら……デビューのチャンスと言えば簡単に……)
150 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/10(火) 00:09:16.58 ID:79Jd0GZl0
ビリー「……いや、なるほど。やってやろうじゃねえか」

つかさ「……ああ、それと。連れてきた候補生はアタシが面接する。で、ダメそうだったら容赦なく不合格。もちろん連れてきたお前も不合格だ」

ビリー「……なんだとォ!?」


つかさ「いや、当然だろ。誰でも良いんだったらその辺のヤツに適当に声掛けてたら捕まるかもしれないけど、そんなんじゃ意味無いからな」

つかさ「アタシの眼から見ても通用しそうなヤツを明日までに連れてくる。それくらいしてやっと雇うに値するレベルだってんだよ」
151 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/10(火) 00:14:12.21 ID:79Jd0GZl0
ビリー「……」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜


心「はぁーい♪アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆あはん♪バッチリ決まっちゃった☆どぉどぉ?」


心「エキストラの癖に目立ちすぎって、わかってるっつーの!わかっててやってんだよこっちは!もうチマチマやってる暇はないっつーの!一発逆転狙わなきゃギリギリなんだよ!」


心「はぁとははぁとだろ☆アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆さとうしんことしゅがーはぁと☆」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜


ビリー(……無理だな)
152 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/10(火) 00:19:47.01 ID:79Jd0GZl0
ビリー「……オイ、もうちょっとハードルを……」

つかさ「ダメだ。後はもうバックレるも良し、ちゃんとスカウトするも良し。これ以外の条件は受け付けないからな」

事務員(……これなら無理そう。良かった〜……この人怖いんだもん)


ビリー「……」
153 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/10(火) 00:20:39.37 ID:79Jd0GZl0
今日はここまで
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 00:30:19.02 ID:53XKg2Igo

さすが妹とギースが世界の全てと言っても過言ではないだけあるな……でもホッパー後で半殺しの目にあいそう
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 00:44:27.22 ID:7qfVMpEf0
乙。
ビリーとシュガハさんか……なんつーか、ロックだな。
たくみんとか似合ったかもしれないけど、前作で出てるしな。15年前ってことはもう30越えか。
6810プロダクションの面々がどうしたのかとか見たいなぁ。あと師範と茜ちん。
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 01:00:52.79 ID:HfGkFvEF0
多分年取った以外は変わらず無自覚ハーレムなんだろうなリョウ。
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 01:02:14.28 ID:v7mCfQgA0
乙です
リアルバウトのようなスーツで新宿を歩くビリーとか威圧感ヤバそうだなあ
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 01:38:53.19 ID:GGYG+BZ7o
シュガハって子調べたら26歳なのか…確かにギリギリというかアウトというか
ただ昔のアイドルは二十代前半までのイメージだが最近はアラサーでも出来るらしいな
159 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/10(火) 23:42:38.95 ID:79Jd0GZl0
街中

ビリー「オイ。ちょっとお話しねえか、お嬢ちゃん」

女の子「ひ、ひいいいいいい!」
ダダダダダダダ

ビリー「……」



ビリー「……ちょっと荒すぎたか?」
160 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/10(火) 23:48:31.01 ID:79Jd0GZl0


ビリー「……もしもし。ちょっと、そこのお嬢さん」

女の子「……はい?もしかして私……」
クルッ

ビリー「ええ……ちょっと俺の話を聞いちゃくれませんかね」
ニヤニヤ

女の子「ひゃ、ひゃああああああああ!!」
ダダダダダ

ビリー「なんでだコラァ!」

ビリー「……恰好か?まぁ確かに革ジャンじゃあ真面目な話とは思われねえかもな……」



ビリー「……しゃあねえ」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 23:50:47.98 ID:q3Vhs6kfo
ゲーム中の衣装でスカウトしてたのか…
162 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:01:11.76 ID:38ycmOzu0
女の子「……」
スタスタ

ビリー「もしもし。そこのお嬢さん」

女の子「はい?私で……!!?」

ビリー「少しお話したいことがあってそこの喫茶店まで同行してほしいんですが、構いませんね?」
ズイッ


女の子「ひ、ほ、本職!ま、マフィアあああああ!!」
ダダダダダダダ

ビリー「!?ちょっ、待てや!真面目にスーツだろうがァァァァァ!!」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 00:05:31.98 ID:D0SBA2OMo
ワロタw

画像ググったらゲームによって全然顔違うのな
イケメン風なのもあるけどコワモテのやつはマジで怖いからこうなるのもわかる
164 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:06:41.72 ID:38ycmOzu0
ビリー「クッソ……まぁ予想してたとはいえ、全然捕まんねえな……」

ビリー「つうかどいつもこいつも話も聞かねえで逃げやがる……根性なしどもが!」


ビリー「やっぱりその辺の女は駄目だな……もっと気が……というより意思が強そうな女じゃねぇと……」


ビリー(じゃねえと、あの女の面接なんざ通るわきゃねえ……)
165 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:10:51.94 ID:38ycmOzu0



ビリー「……」
ギロッ

通行人「ヒッ」
タタタタ


通行人「えー?マジー?それ最悪じゃない?」

通行人「マジマジ!ほんともう死んだほうがいいっていうかさー」
アハハハハ


ビリー(……やっぱり違ぇんだよな。どいつもこいつも温室育ちっつうか……何不自由なく生きてるって感じがしやがる)
166 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:16:33.31 ID:38ycmOzu0
ビリー(そんなザマであの女の出す試験なんて突破できるワケがねえ……もっとこう、血ヘド吐いてでも喰らいつきそうな、餓えた目をしたヤツはいねえのか……―――)
ドン



女の子「……あ」


ビリー「……ああ?おい、どこ見て歩いてやがる」

女の子「ご、ごめんなさいボーっとしてて……けど、あなただって道の真ん中で突っ立ってるのはどうかと思うよ」
167 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:21:05.93 ID:38ycmOzu0
ビリー「……なんだこのガキ……」

ビリー(……帽子を目深に被って……イモい恰好だなオイ。都会に出てきたばっかりです、みてえな)


ビリー「チッ……田舎モンが。ここはお前みたいなのが来るところじゃねえよ」
ツカツカ

女の子「……!」



女の子「……待ってよ」
168 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:25:43.21 ID:38ycmOzu0

ビリー「……あ?」

女の子「……田舎者じゃ悪いの?アタシだって、アタシだってアイドルになるんだから―――」


ビリー「……!」


ビリー(……コイツの眼は……)

ビリー「……お前」
169 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:33:00.10 ID:38ycmOzu0

女の子「……!」


ピピー
警察「あっ、お前だな!通報があった人身誘拐の海外マフィアというのは!大人しくしろ!」
ダダダダダ

ビリー「あ?」


ビリー「……ハァ!?誰が人さらい……俺が!?」

ビリー「ックソがァァァァ!!」
ダダダダダダダ


警察「待てえ!」
ダダダダ



女の子「……あ」
ポツーン



女の子「……人身売買?……マフィア?」

女の子「……何さ」
170 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:42:04.55 ID:38ycmOzu0
ビリー「ハァ……ハァ……やっと撒いたか……ったく、日本のポリ公しつこすぎんだろ……」


ビリー(……駅前はもう駄目だな。ポリが見張ってやがるし)

ビリー(……っていうかもう夜じゃねえか!どうする……!)

ビリー(……さっきのヤツは……まあまあイイ線行ってたと思うが……)

ビリー「……」



ビリー(ダメだ……もう時間がねえ……)
171 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:50:07.03 ID:38ycmOzu0
ビリー「クソッ……」


???「……アレ?そのバンダナは……」

ビリー「……あ?」
ジロッ

心「おっ、やっぱりビリカンさんじゃーん☆もう再会したな☆」

ビリー「てめェは……佐藤……!」
172 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 00:56:06.30 ID:38ycmOzu0

心「いや、だからはぁとって呼べっつったろ☆何してんのこんなところで?まだ国に帰ってなかったの?」

心「あ、ちなみにはぁとは今日もどこかで飲んだくれ……コホン、ひとり反省会を開こうと思って居酒屋探してたトコ☆もしヒマならまた一緒に飲まない?ビリカンさんのオゴリで☆」

ビリー「いや、聞いてねえしヒマじゃねえし図々しいしなんだお前」

ビリー「あいにく俺ァお前みたいなモンに付き合ってる場合じゃねえ……こちとらマジで深刻な問題が……」
173 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 01:02:13.78 ID:38ycmOzu0
心「お?どしたどした?悩みか?良いよ、聞いてやるぞ☆居酒屋で☆」

ビリー「……」
ジロッ

心「なんだよ☆そんな見つめんなよ☆もしかしてはぁとのコト聖母みたいに感じちゃった?って誰が一児の母だよ☆独身だよ☆」
クネクネ


ビリー(……コイツはダメだ……絶対合格出来ねえ……)

ビリー(……だが……もう時間もねえ……)

ビリー(どうする……!?)
174 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 01:08:45.12 ID:38ycmOzu0


『そうだ!ギースの時代は奴の死とともに惨めに終わった!!これからは、俺たちがこの街の王だ!!』

『ギース様がいなくなった今、ハワードコネクションの裏社会への影響力は急速に失われつつある』

『だからお前だ、ビリー』

『……無茶、しないでね?』

『日本でしっかりと仕事をしているお前の姿を見せれば安心させてやれるだろうにな』




『右腕だって?笑わせんなよ、飼い犬だろ?ただのさ』



ビリー「〜〜〜〜〜〜……」
175 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 01:17:58.38 ID:38ycmOzu0

ビリー「……そうだな。ナメさせちゃいけねえ。なんだってやってやる……」



心「……え?なんて?」

ビリー「……オイ佐藤。お前、アイドルになりたいんだったな?」

心「だからしゅがは……そうだよ☆え?なに?アイドルにしてくれんの!?コネあんの!?」


ビリー「ああ、でっけえチャンスだぜ。お前は確かアイドルになる為だったらなんでも出来るんだよな?」

176 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 01:23:45.20 ID:38ycmOzu0
心「マジでか!!ついにはぁとにもチャンスが!?」


心「……けど、なんでもってなにを?もしかして枕的なヤツ?う〜ん、いやぁ〜そ、それは〜……」

ビリー「違ェよ。ただ……多少は自分を偽ってもらうけどな」

心「……どういうこと?」

ビリー「簡単なこった。俺はお前をアイドルにしてやる代わりにお前は俺をプロデューサーにする。ギブアンドテイクってやつだ」

心「……ちょっとよくわかんないから詳しく聞かせて☆居酒屋で☆」
177 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 01:28:57.30 ID:38ycmOzu0
ビリー「ンなヒマはねえ。ちょっと俺のホテルまでツラ貸してもらうぜ」
ガシッ

心「……え!?ちょ、ちょっと待って、これってやっぱり……!?」

心「ちょっ!だーれーかー!!よーごーさーれーるー!!」

ナンダナンダ
ザワザワザワザワザワ

ビリー「人聞きのわりィこと叫ぶな!トチ狂った女なんざ興味ないから黙ってろ!」ズルズルズル



心「……それはそれでちょっと凹むぞ☆」
178 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 01:30:04.17 ID:38ycmOzu0
今日はここまで
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 05:52:31.57 ID:gX8/Eq4yo

この状況でその台詞は度胸あるな……
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 05:59:44.51 ID:ERa3Rdxuo

田舎娘は青森の子かな
181 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:02:55.29 ID:38ycmOzu0
ホテル


心「……なーんだ、普通にビジホじゃん☆」

ビリー「そう言ってんだろうが」



心「……で?どうしたらいいの?」

ビリー「……案外アッサリしてんな」
182 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:11:01.25 ID:38ycmOzu0
心「まぁよくわかんないけど上手くいけばアイドルになれるんだろ☆ならOK☆」

ビリー「……よし。ならまず俺側の事情を話す。マジで時間がねえから手短にな」

ビリー(もちろん、全部は言えねえがな)





心「……はー、なるほどね〜……国から出てくる妹に働いてる立派な所を見せたくてプロデューサーになりたいと……で、アイドルをスカウトしてくれば雇ってくれる約束を取り付けた……と……」
183 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:15:20.38 ID:38ycmOzu0
ビリー「……まぁそういうこった」

心「まぁ色々ツッコミどころがあるけど……ビリカンさん、今いくつ?」

ビリー「……三十だ」



心「いや〜!きっついわ〜!三十で無職で海外プラプラしてるのはきっついわ〜!そりゃ妹さんも心配で様子見に来るわ〜!」


ビリー「……あ?」
イラッ

心「いや、実際そうでしょ☆」
184 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:20:47.74 ID:38ycmOzu0
ビリー「テメーには言われたくないわ!いいトシこいて……いくつか知らねえが、そんな狂った恰好で狂った言動してるテメーだけには!」
クワッ

心「でもはぁとは二十……ゴニョゴニョ歳だから☆まだ三十代じゃありません〜!」

ビリー「なーにがはぁとだ!なーにがゴニョゴニョ歳だ!世間的に見りゃテメーの方がヤベー奴なんだよ!」


心「そんなことないです〜!三十で無職でバンダナ巻いて異国をうろついてる方がやべー奴です〜!」
185 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:29:44.50 ID:38ycmOzu0
ビリー「てめェこのバンダナバカにしやがったな!?殺すぞ!それに俺ァサウスタウンに帰りゃちゃんと……」

心「ん?」

ビリー「……」

ビリー「……いや、なんでもねえ……」

ビリー(落ち着け俺……もう時間もねえのにアホとアホな言い合いをしてる場合じゃねえ……)
フゥ


ビリー「……まぁ、お互い崖っぷちってこった」

心「……うん。まぁここはお互い似た者同士ってことで☆」



ビリー(ウンザリするぜ……どうしてこうなった……)
186 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:33:29.02 ID:38ycmOzu0
ビリー「……話を戻すぜ」

心「うん。それで、はぁとはその社長の面接を受けて合格すれば晴れてアイドルになれっる☆ってことだよね?」

ビリー「ああ。で、俺はプロデューサーとして雇ってもらえる。winwinだ」



心「よーっし☆そんなら面接にはいつもの1億倍のシュガシュガスウィートで、もう甘すぎて社長がえずく程のしゅがはを……」

ビリー「待てや!」


心「ほえ?」
187 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:37:42.89 ID:38ycmOzu0
ビリー「もしそのノリで面接行ってみろ。120%落ちるぞ。間違いねェ」

心「ええええええええ!?じゃ、じゃあどうしたらいいの!?」

ビリー「……まずお前、いくつだ?」

心「いや、だから……二十ゴニョゴニョ歳」


ビリー「……」
ギロッ

心「ひっ……二十……ろくです……」
188 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:43:10.99 ID:38ycmOzu0
ビリー「二十六か……つってもこの国のアイドル事情なんざ知らねえが、大体アイドルってのはいくつくらいが相場なんだ?」

心「いや、最近は割と平均年齢高くなってきてるからしゅがはくらいの年齢は全然別にイケるし……」



ビリー「……」
ギロッ

心「ひっ……!いやホントなんだって!……ただ……まぁ若いに越したことはないっていうか……デビュー前なら尚更……」
189 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:49:27.37 ID:38ycmOzu0
ビリー「……なるほどな。あとは恰好だな。その服……」

心「おっ、わかるゥ?この服はなんと、はぁとの手作りなんだぞ☆衣装も自作出来てこのセンスとか……やばっ、天才すぎる〜☆」

ビリー「ヘェ、そりゃスゲーな。着替えろ」



心「いや、なんで!?と〜ってもスウィーティーだろぉ!?」
ガビーン
190 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/11(水) 23:56:41.23 ID:38ycmOzu0
ビリー「うるせェ。……どうやらてめえは自分の痛さを客観視出来てねぇみたいだな」

心「ひどくない?」

ビリー「……よし、分かった。俺の記念すべきプロデュース第1号だ……今から明日の朝まで、徹底的にお前の『痛さ』を消し去ってやる!覚悟しやがれ!」



心「え、えええええ!!」

191 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:03:24.93 ID:GYJeeg9A0
翌朝
チュンチュン

ビリー「……よし、こんなもんか……オイ、自己紹介してみろ」


心「……佐藤心、22歳です。大学を出たばかりで、今はデビューを目指して勉強中です。趣味はお裁縫と自分磨きです」

ビリー「おーし、いいぞ上出来だ。ていうかお前もあの痛々しい恰好やめて普通に喋りゃけっこうまともに見えんじゃねえか」

ビリー(……もしかしたら俺はこっちの才能があるのかもしれねえ……)
192 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:09:17.60 ID:GYJeeg9A0
心「……そりゃどーも」

心(一睡もできなかった……スパルタすぎるだろ……)

心「……ていうか服も地味目だし髪もおろしちゃってるしそもそも歳はサバ読んでるし……もうほとんどしゅがは要素なくね?ていうかイイのコレ?バレないの?」

ビリー「いいんだよ。歳もお前が下手打たなきゃバレやしねェ。恰好もそれだったら『年齢よりも大人びている女』で通る」



心「……う〜……でもぉ〜……」

ビリー「お前はいつも通りやって、面接落とされたいのか?普段のお前がどういう評価をされてんのかわかってんだよな?」

ビリー「……それともなんだ?アイドルやるためだったらなんでもやるっつってたのはウソだったのかよ」
193 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:12:19.81 ID:GYJeeg9A0
心「うっ……」

ビリー「……安心しろ。もしこのまま合格してアイドルになって、そんで売れたら後はお前の好きにできるだろうよ」

心「……ほんとぉ?なら頑張るけど……」

ビリー(……まっ、そうなる頃にゃ俺はもう関係無いだろうがな)
194 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:14:57.69 ID:GYJeeg9A0
プルルルルル
ビリー「……電話か」
ピッ

ビリー「俺だ」

リッパー『ビリーか。リッパーだ』

ビリー「……なんだよ。今度はなんの悪い知らせだ」
195 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:18:55.92 ID:GYJeeg9A0
リッパー『嫌われたものだな。……先ほどボディーガードから連絡が入った。もうじきお前の妹……リリィ・カーンが乗った飛行機が日本に着くそうだ』

ビリー「!」

リッパー『恐らく昼頃には事務所の方にやってくるだろう……お前の方の首尾はどうなってる?事務所に潜り込むことは出来たのか?』

ビリー「……それがよ」



リッパー『……なるほどな。テストを出してきたか……だが、もうスカウトは済んでるんだろう?なかなか手際がいいじゃないか。本当は向いてるんじゃないか?』
196 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:21:28.50 ID:GYJeeg9A0
ビリー「……冷静に考えると向きたくもねえよ。それに面接はこれからだ。一応仕込みはしたが、あの女の目を誤魔化せるかどうかは正直五分五分だ」
チラッ


心「あ〜落ち着かない……どうだろ?一回くらいしゅがってもバレないんじゃない?」
ソワソワ

ビリー「……2、3分くらいかもな」

ビリー「だが、もうコイツで行くしかねえ……もし上手くいきゃあリリィが着くまでには潜り込めるはずだが……もし失敗した時は……最悪力づくでなんとかする」

リッパー『……RUNWAYは日本に隠された謎を追うための重要な手がかりだ。極力荒事は避けろよ』
197 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:23:57.35 ID:GYJeeg9A0
ビリー「アンタもホッパーもこっちの苦労も知らねえで無茶ばっかり言いやがる。どうかしてやがるぜ」

リッパー『そうだな。だが、必要なことだ。また結果が出たら連絡しろ。結果次第では、俺たちも準備をしなければならないからな』
ピッ

ビリー「……」


心「あっ、電話終わった?ねぇねぇ聞いてほしいんだけどさぁ☆今からの面接でほ〜んの少し!ほ〜んの少しでいいからはぁとの好きなように」

ビリー「佐藤」

心「はぁい♪」


ビリー「黙ってろ」

心「……」

198 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/12(木) 00:25:36.30 ID:GYJeeg9A0
今日はここまで
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 01:20:19.95 ID:yyPUbheOo


最初から変なキャラでいくより売れてからキャラを出していけって言うのは
まあ正論なアドバイスだよな
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 05:56:03.90 ID:krSJ4EYoo

正論ではあるが誤魔化せる気が全くしないのは何故なんだぜ
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 11:01:50.10 ID:JtbCvj/fo
オイ。ちょっとお話しねえか、お嬢ちゃん

https://i.imgur.com/uDqqqvU.jpg
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 19:06:14.33 ID:6F0sLz5+O
どう見ても危ない人です
本当にありがとうございました
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 20:03:18.90 ID:gBGw4TqcO
素肌革ジャンはマジヤバイ
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:01:37.41 ID:n+nJ8OWYo
◯ゲ屋が潰れる前、禁煙革ジャンが2千円で投げ売りされてたな
買っとけばよかった
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/13(金) 09:09:18.09 ID:HivhcmjDO
誤魔化さないほうがいいパターンもあるにはある。
蘭子とか幸子とか。あと……アベナナさんとか……
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 11:52:47.54 ID:46l/IgHRO
菜々さんは17才
いいね?
207 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/14(土) 23:36:56.40 ID:0ePPkU8j0
事務所

ビリー「……ここだ」

心「お、おお……そんなに大きくないのになんというか……超一流っぽい雰囲気が感じられる……ていうかここ……RUNWAY!?」

ビリー「……知ってんのか?」

心「いやいや、知ってるにきまってるだろ☆今一番勢いがあるプロダクションだし!ていうかビリカンさんそれ知らずにここ受けてたのかよ☆」


ビリー「……色々あんだよこっちにも」
208 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/14(土) 23:41:01.22 ID:0ePPkU8j0
心「いや〜無知ってこわ〜い☆けど、こんなところの面接受けられるなんてすごいことだし♪ビリカンさんもしかしてやり手なんじゃないの☆」

ビリー「うるせェ。今から面接なんだから大人しくしてろよ。……ボロが出りゃ終わりだからな」

心「お、おう☆やってやるよ☆」


心(……けど、アレ?RUNWAYの社長と面接ってことはもしかして……?)
209 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/14(土) 23:51:05.43 ID:0ePPkU8j0
ガチャ
ビリー「……よォ。来たぜ」

事務員「はいはい、どういったご用件で……ってきゃああああ!あ、あなたは!!き、昨日の……!」
ガタガタ

ビリー「……騒がしいんだよ。社長は?まさかいねえなんて言わせねェぞ」

事務員「あひぃ!しゃ、社長〜!こ、怖い人が〜!絶対に来るはずがないと思ってた人があああ!!」
バタバタ


心「……なんかあったの?」

ビリー「知らねえよ」
210 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/14(土) 23:59:46.39 ID:0ePPkU8j0
つかさ「……へぇ。まさかホントに連れてくるなんてな」
ツカツカ

ビリー「ケッ、どうやらさっきの事務員の反応見るに、俺はもう来ねえと踏んでたみたいだが、甘く見るんじゃねえ。オラこの通り……」

心「うおおおおお!やっぱり桐生つかさじゃん!!ガチで本物!はぁとの青春時代を彩った伝説のカリスマが今目の前に!!」
ドドドド
ガシッ

つかさ「!?お、おう……こ、この娘が……?」
タジッ


ビリー(佐藤ォォォォオォォオオオオオオオオオ!!!)
211 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:04:40.94 ID:WfyWP24L0
心「いやぁホントマジでファンです☆特にあのReppuのデビュー時には当時小学生だったはぁとのハートに衝撃を……ん?」
ポン

ビリー「佐藤……ちょっくら……アタマを……冷やそうぜ……」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ
ギリギリギリ

心「ひっ……」
ビクビクゥ

ビリー「……すまねえな社長サン。こいつあんたのファンだったみたいでちょっとのぼせ上がっちまったみたいだ。ホント普段はこんな感じじゃないんだぜ?なぁ?佐藤 心サン?」
ビキビキビキビキ

心「は、はいィ……」
212 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:09:49.18 ID:WfyWP24L0
つかさ「……まぁなんでもいいけど、今から面接だぞ。準備はいいのか?」

ビリー「もう落ち着いたよな……?大丈夫だよなァ?」
プルプルプル
ニッ

心「(眼が全く笑ってない……)は、はい……血の一滴まで冷えましたぁ……」


つかさ「……それならいいけど。奥の社長室だ。入ってこい」
ツカツカ

ビリー「……」
ギロッ

心「……」
プルプル
213 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:17:50.29 ID:WfyWP24L0
社長室

つかさ「……じゃあ、面接を始める。まず自己紹介から」


心「……はい。佐藤心、22歳です。大学を出たばかりで、今はデビューを目指して勉強中です。趣味はお裁縫と自分磨きです」


つかさ「……22歳?」

心「は、はいぃ!よく落ち着いてるって友達に言われますぅ!」
ギクゥ

つかさ「……ふーん」
214 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:23:42.25 ID:WfyWP24L0
ビリー(……年齢聞き直されたくらいでイチイチ動揺すんじゃねぇ……!語尾伸ばすな……!)

イライラ

つかさ「今の大学生くらいの奴らにはどんなアイドルが人気だ?自分の周りの話でもいい」

心「え”っ!?え、ええとぉ……十時愛梨ちゃんとかはもうすっごく人気です!」

つかさ「ふーん……まぁこないだの雑誌の調査でも1位だったもんな」

心「そうですそうです……まさにそのとおり……」
215 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:31:42.12 ID:WfyWP24L0
つかさ「じゃあ、自分自身はこういうアイドルになりたいっていう未来設計はあるか?」

心「……!」
チラッ

ビリー「……」
ギロッ

心「……」


心「……落ち着いてて……可憐な……そう、三船美優さんみたいな感じになりたいです……」
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 00:34:04.06 ID:/idoNsDCo
サバ読みや明らかに自分と違うキャラを推してくのは不味い
それは流石にバレるって
217 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:42:35.34 ID:WfyWP24L0
つかさ「……あー。彼女、なかなか良いよな。気は弱そうだけど意志は強いよあれは」

心「ほんと……同世代の希望の星っていうか……」

つかさ「ん?」

心「……はっ、いや、なんでもないでぇす!」

ビリー「……」

218 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:47:03.39 ID:WfyWP24L0
つかさ「……なるほどね。大体わかった。面接はこれでおしまい、おつかれさん」


心「お、おつかれさまでしたぁ……」
グッタリ

ビリー(……所々危ねぇ場面はあったが、全体的には無難な受け答えが出来てたハズだ……これなら……)


つかさ「さて、結果だが……」
219 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 00:53:02.82 ID:WfyWP24L0
心「……」
ゴクリ

ビリー「……」

事務員「……」
ハラハラ



つかさ「不合格だ。そっちのチンピラは言わずもがな」


ビリー「……ハァ!?」

心「……ええ!?」

事務員(イエッス!!)
ガッツポ
220 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:01:43.66 ID:WfyWP24L0
ビリー「おい待て。理由を聞かせてもらおうじゃねぇか……!」

つかさ「……理由?理由なら……そこのアンタが一番わかってんだろ?」

心「……!」


ビリー「……何が言いてえ」

つかさ「お前らがどんな話し合いをしたか知らないけど……アタシの目を誤魔化せると思ってたんなら……甘く見たな」

ビリー「……!」
221 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:07:22.35 ID:WfyWP24L0
つかさ「そっちのアンタが普段どんな様子か知らないけど、その顔は……嫌な奴と仕事をするか、やりたくない仕事をやらなきゃいけない時……そんな顔だ」

心「……いや……そんなこと……」

つかさ「はっきり言わなきゃわかんないか?……アイドルは嫌々やってる奴なんかが出来る仕事じゃないんだよ」

心「……!」
ダッ
バタン

事務員「あっ……」
222 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:13:06.61 ID:WfyWP24L0
つかさ「ほっとけ。……どこでとっ捕まえたか知らないけど、ここまで連れてきたところまでは褒めといてやる」

ビリー「……」

つかさ「ただ、彼女の望まないような事を無理強いさせようとしてたんなら……やっぱりお前にプロデューサーの資格はない」


ビリー「……」

ビリー(チッ……ンなこたぁ最初っからわかってんだよ……)
223 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:21:04.83 ID:WfyWP24L0
事務員(よかった〜……さっきの女の人は気の毒だったけど……いや、きっとあの人もこの人に脅されて無理やり……)


バタン


つかさ「!」

事務員「ヒッ!」

ビリー「……佐藤……てめェ……その恰好……」


心「はぁ……はぁ……」


事務員(なんかすごい恰好で来たーーーーー!!羽生えてるーーー!!)
ガビーン
224 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:29:17.35 ID:WfyWP24L0
つかさ「……お前」

心「……今のはごめんなさい。面接でウソのはぁとを見せるのは、確かに社長に対しても会社に対しても、そして何よりアイドルに対して失礼だったと思う……」

つかさ(……はぁと?)

心「だから……今からは本当のはぁとを見て!別に不合格でも構わない……それでも……本当のはぁとを見てもらえたら満足だから……!」

心「……ビリカンさん、ごめんね?だけど……」

ビリー「……好きにやれや。もうどっちにしろ終わりだ」

心「……うん☆」
225 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:34:42.78 ID:WfyWP24L0

心「あー、コホン」

心「はぁ〜い♪アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆さとうしんことしゅがーはぁとだよぉ!」
ズン

つかさ「……」

事務員「……!?……??」

226 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:41:23.66 ID:WfyWP24L0
心「身長は166センチ、体重はダイエットちゅうきろぐらむ☆3サイズは上から順にぼんっきゅっぼんっ♪」

心「さっきはちょ〜っとだけ猫被ってたけどぉ☆これがホントのはぁとなの☆どうどう?ちょ〜スウィーティーでしょ♪」

つかさ「……」

事務員(なに……これは……)

ビリー(改めて見てもすげェヤバさだぜ……)
227 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:51:34.65 ID:WfyWP24L0
心「……確かにみんなドン引きしてるのはわかってるよ☆ただでさえはぁとは26歳だし……ちょっぴりイタいかもしれないのはわかってるけど……」

つかさ「……」

ビリー「……」

心「それでもはぁとはこれで勝負をしていきたいの☆30歳になろうと、40歳になろうと、おばあちゃんになってでも構わない!だってこれがはぁとの目指すアイドルの理想だから☆」

つかさ「……!」

ビリー「……」
228 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 01:57:25.17 ID:WfyWP24L0
心「……以上です☆ありがとうございました♪」



つかさ「……」

ビリー「……」

つかさ「……その、しゅがーはぁとってのは……」

心「佐藤=シュガー、心=ハートです☆」

229 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:01:20.67 ID:WfyWP24L0
つかさ「年齢は、26?」

心「はい☆今度はガチです☆」

つかさ「……」

つかさ「……正気か?」

心「正気も正気、大マジだゾ☆」


ビリー(……やっぱり引いてやがるか……まぁそりゃそうか……)
230 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:05:05.08 ID:WfyWP24L0
つかさ「……面白いじゃん」
ニヤリ

心「……え?」

ビリー「なに……!?」


つかさ「その様子ならきっと色んなところで奇異の目で見られただろ。それでもそれを貫こうとする意志と肝の太さがあるんだったら、楽しみじゃん」

つかさ「少なくとも、さっきの面接の時なんかよりずっと面白い。まぁちょっとアクが強すぎる感はあるけどな」
231 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:08:34.86 ID:WfyWP24L0
心「え、ってことは……」

つかさ「ああ、合格だ。もちろんこれから色々乗り越えなきゃいけない課題は盛り沢山だが……しばらくはウチの事務所で面倒見てやるよ」

心「……マジすか」

つかさ「何度も言わせんなよ」

心「――――――――いゃったああああああああああ!!ついに!ついにはぁとがアイドルにぃぃぃぃ!!」
232 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:12:57.20 ID:WfyWP24L0
ビリー(マジかよ……信じられねぇ……)

事務員(……え?ってことは……)

事務員(ああああああああ!!ってことは……この怖い人も……)

つかさ「……ただし。今回の面接の最初の方針……アレはどっち主導だ?カーン、お前か?それとも佐藤、お前が自分で言い出したのか?」

心「……え?」

ビリー「……」
233 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:16:05.48 ID:WfyWP24L0
心(……もしかして、これってビリカンさん大ピンチ!?な、なんとかしないと……)

心「あ、あれははぁとが自分で……」

ビリー「俺の主導だ。……こいつを脅して、無理やり言わせた」

心(いや、男気ーーーー!だけど墓穴だろそれーーーー!!)
ガビーン

事務員(……や、やっぱり脅して無理やり……!……いや、正直演技させた理由はわからないでもないけど……)
234 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:21:28.61 ID:WfyWP24L0
つかさ「……」
ジロッ

ビリー「……」


つかさ「……これでわかっただろ?プロデューサーなんて、誰にでも務まる仕事じゃない。誰よりもアイドルのことを把握して、強みを生かして弱みをカバー出来なきゃいけない。アイドルを生かすも殺すもプロデューサー次第なんだよ」

ビリー「……」

心「……」



つかさ「……だから、プロデューサー見習いとしてお前をイチから鍛えてやる。お前にその気があるなら、だけどな」
235 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:26:24.53 ID:WfyWP24L0
ビリー「……なに?」

心「……!」

事務員「え」


ビリー「……どういうこった?俺ァ……」

つかさ「ああ、今言った通り今のお前がプロデューサーとして通用するとは思えない。けど、アイドルとして通用しそうな奴を連れてくればお前を雇ってやるって言ったのはアタシ自身だからな。だから見習いだ」

236 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:30:46.44 ID:WfyWP24L0
ビリー「……」

心「……いや、良かったじゃんビリカンさん!見習いだけど、それでも定職だよ!それならきっと妹さんも……」

ビリー「佐藤、てめェ余計な事を……!」



つかさ「……妹?」




ピンポーン
237 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:34:39.07 ID:WfyWP24L0
事務員「……」

つかさ「……おい。来客みたいだぞ」

事務員「……はっ。は、はい……応対してきますね……」
パタパタ

ビリー(……もしやこのタイミングは……)


ガチャ
事務員「……社長。なんか金髪のかわいい女の子が……ビリー・カーンはここで働いてますかって……」

238 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:38:24.98 ID:WfyWP24L0
つかさ(……ははぁ。なるほど……)

ビリー「……」

心「え?もしかして、妹さんじゃ……」

つかさ「……通せ」




リリィ「は、初めまして、リリィ・カーンと言います。そこにいるビリー・カーンは私の兄で……いつも兄がお世話になってます……!」
ペコペコ
239 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:44:02.77 ID:WfyWP24L0
つかさ「……あー。いや、なんていうか……」

心(なにこの娘、なかなかスウィーティーだな☆ていうか兄と違いすぎるだろ☆腰低っ)


ビリー「……リリィ。何しにこんなところまで来たんだ。何も心配は要らねえって手紙に書いておいたろ……」

リリィ「……ごめんなさい、兄さん。私、どうしても兄さんのこと心配で……だから会社の人に聞いたら、日本でプロデューサーをやるって聞いたから……いてもたってもいられなくて……!」
ジワ

ビリー「バカ、泣くなよ……ほら、コレ使え」
バサッ
240 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:49:38.24 ID:WfyWP24L0
リリィ「……うん、ありがとう兄さん」
フキフキ

ビリー「……すまねェな。お前には心配ばっかりかけちまう。……謝るのは俺の方だ」

リリィ「ううん……兄さんは、私のために頑張ってくれてるんだもん、兄さんが謝ることなんて何もないよ……」


心(……いや、美しい兄妹愛なんだけど……なんかはぁととの扱いの差があまりにもひどくね?もはや同じ人類として見られてなくね?)


つかさ(……これがあの狂犬じみた男のもう一つの顔か……)
241 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:53:13.16 ID:WfyWP24L0
リリィ「……それで、兄さん、本当にここで……その、アイドルのプロデューサーとして働いてるの……?」

心(あっ……そういえば話の途中だった……ビリカンさん……)

つかさ「……」

ビリー「……」



ビリー「……ああ。確かに今まで全く縁もなかった仕事だし、自分自身向いてるとも思わねえ。けどな」

242 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 02:56:05.55 ID:WfyWP24L0
ビリー「ここでプロデューサーとして働くことで……今の俺には見えてねえ何かが見られるようになる……そう今は考えてる」

つかさ「……」
フッ

心「……!」
パァッ

事務員(終わった……グッバイ私の平穏な生活……)
ガクッ

リリィ「そう……なんだ……」
243 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 03:00:17.55 ID:WfyWP24L0
ビリー「……そういうこった。改めて、よろしく頼むぜ、社長サン……あとついでに佐藤」


つかさ「……ふん。途中で投げ出すなよ」

心「扱い悪いな☆ついでかよ☆」

ビリー「……そういうことだから、リリィ、お前は安心してサウスタウンに……」

リリィ「……」


ビリー「……リリィ?」
244 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 03:03:29.73 ID:WfyWP24L0
リリィ「……あの、社長さん!」

つかさ「……ん?」

リリィ「あの、いきなり押しかけて不躾なお願いだとはわかってます……ですけど……!」

リリィ「どうか……私をこの事務所の所員として、雇ってください!お願いします!」
バッ

心「な」

事務員「……な」

ビリー「……なんだとォおおおおおお!?」
245 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/15(日) 03:04:15.84 ID:WfyWP24L0
今日はここまで
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 03:06:41.60 ID:i0/EP7/9o
乙でした
ブレーキ役かw
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 03:11:06.04 ID:ILeY495Zo

ホッパーさん手を叩いて喜びそうな展開きたこれ
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/15(日) 03:13:41.29 ID:vuXRk4ZOo

ラストでビリカンさんに憑依したナルホド君が見えた
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 21:29:04.76 ID:x1iFHJYfo
リリィ送ったのもブレーキ役込みなんだろうな
250 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 20:23:33.15 ID:0olinMXf0
ビリー「んな、なにを言ってんだリリィ!」

つかさ「……全く。突拍子の無さでは兄貴といい勝負だな」

つかさ「けど、あんたは何ができるんだ?ごくつぶしを雇うほどアタシは寛容じゃないからな」

リリィ「え、えっと……お料理とか……洗濯とか……」

心(家政婦かよ☆)
251 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 20:28:22.01 ID:0olinMXf0

リリィ「うう……で、でも私!なんでもやります!雑用だって、お茶くみだっておトイレの掃除だって!絶対に文句は言いませんから!そうだ、お給料も要りませんから―――――」


つかさ「……」

ビリー(……そうだ、よく考えりゃこの女がハイそうですか、雇いますなんて言うワケがねえ……どうやらこれは大丈夫そうだな)


つかさ「いいよ」

リリィ「……え?」

ビリー「は?」
252 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 20:31:55.60 ID:0olinMXf0

つかさ「さっきなんでもやるって言ったよな?だったらちょうどいい、経理を一人雇いたかったんだ」

ビリー「お、オイオイオイ社長サンよぉ、そんな馬鹿な話ねえだろ。俺の時と大分態度が違うんじゃねェか?」

つかさ「は?そんなの当たり前だろ?人を雇うのにその人となりを見て判断するんだから、お前はNGで彼女はOK。何もおかしくない」

ビリー「……」
イラッ
253 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 20:38:48.24 ID:0olinMXf0
リリィ「……あ、あの、社長さん。私、経理の経験とかはないんですけど……家で家計簿みたいなのは付けてましたけど……」

ビリー「そ、そうだ!そんな素人に会社の経理を任せるってのか!」

つかさ「もちろんしっかりと経理を任せるのはある程度勉強してもらってからになるけどな。一人知り合いにそういうのが得意なのがいてな……彼女に付いて経理を学んでもらうことにする」

リリィ「そ、そこまでして頂けるんですか?あの、本当にありがとうございます!私、頑張ります!」



つかさ(……まぁあっちも忙しそうだからわからないけど……その時ゃアタシが教えりゃいいか)
254 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 20:43:24.47 ID:0olinMXf0
ビリー「ば、バカな……ありえねえ……」
ヨロ

リリィ「……兄さん、私と一緒に働くの、イヤだった?……もしかして、日本に来たのは私と暮らすのが嫌だったから、とか……?」
ジワ

ビリー「!?い、いやいやいやいや!そ、そんなことがあるワケねえだろうが!ただ、俺ァいきなり住む国が変わっちまうとお前が大変だろうと思ってだな……!」
アタフタ

心(ププーッ!めっちゃ慌ててる☆)
クスクス

ビリー(なに笑ってんだ佐藤ォ!)
ギロッ

心「ヒッ」
ビクゥ

255 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 20:46:51.29 ID:0olinMXf0
リリィ「……それなら大丈夫だよ!私、兄さんと一緒にいられるならどこだって、どんな暮らしだって構わないんだから!」


ビリー「そ、そうか……」


心(……しかしこの娘、兄貴の事好き過ぎだろ……)

つかさ(……まぁこの妹が近くにいる限り、こいつも無茶は出来ないだろ。良いストッパーだ)

256 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 20:53:30.34 ID:0olinMXf0
つかさ「……よし。じゃあ改めて、芸能プロダクション『RUNWAY』は正式にお前たちを雇用する。まぁ全員見習いだが、これからの諸君らの成長に期待する」

心「はぁい☆任せて♪」

リリィ「頑張ります!」

ビリー「……」
ゲッソリ

つかさ「……返事がない奴は、解雇でいいんだな?」

ビリー「チッ……へいへい……」

リリィ「もう、兄さん!ダメだよ、ちゃんと返事しないと!」


ビリー「……ヘイ」


心「プププ……」

257 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 21:00:11.20 ID:0olinMXf0



ビリー「……」
プルルルル


リッパー『俺だ。ビリー、報告待っていたぞ。どうだった』


ビリー「どうもこうもねえよ……」






リッパー『……わかった。ビリー、RUNWAYへの潜入成功、ひとまずよくやった』

ビリー「何がよくやっただよ……こんな事になるなんて聞いてねぇぞ俺ァ……」

リッパー『リリィ・カーンの動きに関しては俺たちも予想外だった。だが、お前にとっては悪いことだけでもないんじゃないか?』
258 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 21:07:03.73 ID:0olinMXf0
ビリー「……あ?何があるってんだよ」

リッパー『お前は妹のすぐ傍に居られる』

ビリー「いや、だから……」


リッパー『彼女の身を守る上でこれ以上確実なボディーガードがこの世にいるか?俺は思いつかん』


ビリー「……」

リッパー『……まぁ任務の事はあるが、お前は妹との生活を楽しめ。幸い日本はサウスタウンに比べ平和な国だ、お前が少し我慢すれば妹に裏の顔を見られることはないだろう』
ピッ


ビリー「……ちっ」
259 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 21:14:39.91 ID:0olinMXf0



つかさ「……」
ピッ
プルルルルル



『……もしもし』

つかさ「よっ、久しぶりだな」

『つかさちゃん!久しぶりだね!』

つかさ「ああ、前アメリカで一緒に飯食って以来だな」

260 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 21:18:48.35 ID:0olinMXf0

『あれ?もうそんなに前だったかな?RUNWAY、好調そうだね』

つかさ「ああ、おかげさまでな。そっちは最近どうなの?」

『うん、こっちもおかげさまで。今は総帥がブラジルの方に視察に行ってるから、それの結果次第ではまた忙しくなりそうかな』

つかさ「へぇ〜……ってことは世界にどんどん拡大路線か……こりゃあ有能経理部長が就いたおかげかな?」

『もうっ!おだてても何も出ないよ?』
261 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 21:25:12.26 ID:0olinMXf0
つかさ「ははは……まぁ実はちょっと頼みたい事があってさ」


『……なるほど。うん、今週から私も日本支部の方に戻ってるから、週3日くらいならそっちのお手伝いは出来ると思うよ』

つかさ「ホントか?すっげえ助かる。けど、そっちの仕事は大丈夫か?負担になるようだったら……」

『ううん、大丈夫だよ。ブラジル支部の方が動き出すまではそんなに忙しくもないし、総帥もOKしてくれると思う。とりあえずまたそっちの事務所に挨拶で顔出しに行っていいかな?』

つかさ「ああ、じゃあよろしく頼むな」
ピッ


つかさ「……さて、アイツの加入は吉と出るか凶と出るか。お手並み拝見だな」
262 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/17(火) 21:26:26.63 ID:0olinMXf0
今日はここまで
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 22:07:11.23 ID:1XP//ohTo

あれもしかして経理経験者のアテって極限流関係者……?
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 22:25:04.71 ID:x9y/cQ20o
乙でした
そう言えばこっちの事務所には簿記が得意なアイドルがいたなw

しかしブラジルと聞くと、否が応でもあの娘が出てくる事を期待してしまう
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 01:26:18.63 ID:oxr8ixDA0

ユリかなと思ったが そうか過去作との繋がりも重要なんだよな
SNKサイドもデレマスサイドも誰が新たに登場するか楽しみで仕方ない
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/18(水) 07:11:22.29 ID:/HzQG7yY0
SNKといえばもしMr.BIGも真面目にアイドルプロデューサーやってたら嵐を起こして観客達を吹っ飛ばす敵に向かって挑発するほど信頼に厚いすごい漢(女)なアイドル爆誕しただろうか…
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/18(水) 07:17:19.76 ID:/HzQG7yY0
↑間違えた、KOFだったわ、すまん…
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 11:59:02.61 ID:8MKnJaBDO
妹のためにストリートファイトに身を投じたリョウはビリーと通じる面があるんだよな
269 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:14:10.16 ID:APwLJHRN0
翌朝
ホテル

ガチャ
ビリー「……」

リリィ「あっ、おはよう兄さん」

ビリー「リリィ……わざわざ部屋の前で待ってたのか」

リリィ「ふふ……今日は記念すべき初出勤だから、楽しみで……あっ、ネクタイ曲がってるよ?これじゃ桐生社長に怒られちゃうよ」
キュ

ビリー「あ、ああ」
270 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:23:05.30 ID:APwLJHRN0
ビリー(……こっちは憂鬱にも程があるぜ……勢いでプロデューサーになったはいいものの、あの女どんな無理難題を吹っかけてくるかわかったもんじゃねぇ)

リリィ「ところで兄さん、今日お仕事が終わったら不動産屋さんに行こう?どこか近くでアパートでも探さないと」

ビリー「……やっぱり同じ家に住むのか?」

リリィ「?当然でしょ?」

ビリー「……ああ、そうだな……」
271 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:29:12.05 ID:APwLJHRN0
事務所

ガチャ
心「おっはよぉーっ☆朝から元気にスウィーティー♪言えよ☆」


事務員「ヒッ、お、おはようございます」

つかさ「……おはよう」

リリィ「あ、おはようございます!えっと、す、すうぃーてぃー?」

ビリー「リリィ、言わなくていい。バカが感染るぞ」


心「ちょ、朝から辛辣☆覚えてろよ♪」
272 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:33:13.48 ID:APwLJHRN0
つかさ「……よし、全員来たな。初日からバックレる奴がいるんじゃないかと思って全くヒヤヒヤしたよ」
チラッ

心「……」
チラッ

ビリー「……こっち見んな」
イラッ

事務員(……出来ればサボってほしかった……)
ズーン
273 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:38:23.42 ID:APwLJHRN0
つかさ「さて、じゃあ勤務初日ということで、今日はお前らにウチの状況を話す」


つかさ「まずこの事務所RUNWAYは、ウチの所属のアイドル達が頑張ってくれているおかげで業績好調、非常に安定している」

つかさ「だが、業界的に見れば最大手の美城プロ等と比べればまだまだ……ウチの最終目標は当然業界1だ」



つかさ「そこで諸君らにもRUNWAYを業界1に押し上げるために協力をしてもらいたい、というワケだ」
274 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:42:44.77 ID:APwLJHRN0
ビリー「……ひとつ良いか」

つかさ「……なんだ?」

ビリー「他のプロデューサーやアイドル達はどこにいる?俺がここに来たときに、姿を見た覚えがねえ」

つかさ「……それも順を追って説明する予定だったが、まぁいい」



つかさ「ウチは一人のプロデューサーが一定の成果を挙げた場合、その担当アイドルごとこの本社から離して自分のオフィスを持たせる」


つかさ「だから今こっちの本社事務所の方に務めてるプロデューサーはいない……もちろん報告とか事務仕事でこっちにたまに顔出すことはあるけどな」
275 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:49:12.32 ID:APwLJHRN0
ビリー「……無駄に経費がかかるんじゃねぇか?」

つかさ「もちろん安くはない。だが、いつまでも本社に置いとくとどうしても馴れ合いというか、周りに甘える事を考えてしまう」

つかさ「それだったら、それぞれ疑似的ではあるが独立させて、同じプロダクション内でありながら競争意識を高めさせた方がいい」

つかさ「それぞれのプロデューサー達が挙げた収益は一旦この本社に集めるが、その後挙げた成績に応じてまた再分配する。成績がずっと悪けりゃ当然倒産、つまりこの事務所勤務に逆戻りだ」


つかさ「要はプロデューサー達をそれぞれ支社化させて回してるってことだ。その分権限も与えてる」
276 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/18(水) 23:54:37.53 ID:APwLJHRN0
ビリー「……徹底した競争主義ってことか」

心「うへぇ〜……厳しそう……」

ビリー「面白えじゃねぇか……独立の条件は?」

つかさ「……もう独立の事考えてんのか……まっ、そんくらいやる気がある方が良いけどな」
277 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:03:06.21 ID:hRminbJo0
つかさ「お前は……そうだな、最低限プロデューサーとしての能力を身に着けて、5人……担当アイドル5人抱えられたら考えてやる」

ビリー「……5人だな」

つかさ「……まっ、まずは土台作りからだけどな」


ビリー(……ギース様の事を調べるにしても自由に動けるに越したことはねぇ……何よりこの女とずっと同じ事務所なんざ一日何回血管がキレるかわかったもんじゃねえしな)

ビリー(当面の目標はギース様の事を出来る範囲で探りつつ、どっかでアイドル候補をとっ捕まえる……これで行くべきだな)
278 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:16:33.89 ID:hRminbJo0


つかさ「で、佐藤はまずはレッスンだ。どうやら話を聞く限り我流で今までやってきたそうだが、ちゃんとウチにはトレーナーがいるからな」

心「おお☆ついにはぁともレッスンなんてものを受けられる時が来たか♪頑張りまぁす☆」

つかさ「……ちなみにコイツが自分で仕事を取って来られるようになるまではずっとレッスンだから2人ともそのつもりでな」

心「……プロデューサー、できるだけ早くお仕事取ってきてね☆はぁと(年齢的に)あんまり時間がないから☆」

ビリー「……」
279 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:19:36.46 ID:hRminbJo0
つかさ「……さて、リリィ、アンタは昨日言った通り、経理を学んでもらう」

リリィ「は、はい!がんばります!……それで、先生は……?」

つかさ「ああ……来てもらってる。美波!入ってきてくれ」



ガチャ
美波「失礼します……」
スタスタ
280 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:22:41.19 ID:hRminbJo0
リリィ(わっ……すごく綺麗な人……)

心(……え?美波って……)

ビリー「……」

つかさ「今回リリィの教育係を引き受けてくれた、新田美波さんだ。元アイドルで、今は格闘団体の極限流ってところで経理部長をやってる」


美波「ただいま桐生社長にご紹介に与りました、新田美波です」
ペコ
281 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:25:56.92 ID:hRminbJo0
ビリー「……!極限りゅ――――」

心「ああああああ!!そうだよね!?新田美波って、あの極娘の!5年前に急にアイドル引退した!」
ギャン

ビリー(……声でけえ)

つかさ「……ああ、その新田美波だ。私と美波はデビュー時期が近くてな。事務所は違ったが、まあ仲良くさせてもらってたんだよ」
282 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:30:58.22 ID:hRminbJo0
心「え!?でもなんで急に引退しちゃったの!?結婚したからってウワサだったけどやっぱそうだったの!?」
ズズイ

美波「あ、あははは……いや、結婚とかは別にしてなくて……」
タジッ

つかさ「こら、佐藤。プライベートな事を聞くな、今回はあくまで教育係として、所属も違うのにわざわざ来てもらったんだ」

心「……はぁ〜い……ごめんなさぁ〜い……」



美波「……うん、結婚とかじゃないんだけど……アイドルの時にすごくお世話になった人のお仕事を、今度は私がお手伝いしたいって思ったの。アイドル活動もその時ちょうど節目の10年目だったし、これから先は私がその人の夢を一緒に叶えたいって」
283 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:35:38.71 ID:hRminbJo0


ビリー「……それが、極限流か?」

美波「はい、そうなんです……貴方はもしかして極限流をご存じなんですか?」

ビリー「……まぁ、ちょっとな」



ビリー(……ギース様が時々話してた……もし極限流と闘う事があれば、決して油断するなってな)

ビリー(あのギース様が一目置いてた極限流……その関係者が俺の目の前に急に現れただと?)



ビリー(……この女……何か知っている?)

美波「……?」
284 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 00:36:37.45 ID:hRminbJo0
今日はここまで
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 01:03:49.07 ID:wRox1RuP0
乙。
流石にもうアイドルプロダクションはやってないのか。まあ極限流めっちゃデカくなってたはずだしな。
他のアイドルたちや、師範に影二がなにやってるのかも気になるな。
286 :sage :2018/04/19(木) 01:12:13.97 ID:K9GfUPsa0
斬影拳と公式とは言い難いが龍虎乱舞アレンジして
デッドリーレイヴ編み出してたの見るにギースにとってやっぱり
極限流とボガード兄弟は特別だったんだなあって。
それにしてもサウスタウンを彷彿させる会社体制...
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 01:14:57.96 ID:K9GfUPsa0
ゴメンナサイ。間違がえてageてもうた
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 04:59:02.85 ID:J4/enrFPo
乙でした
リョウは誰かと結婚したりはしてないんだろうか
あの5人+キングの誰かとくっついててもおかしくはないと思えるが
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 06:42:02.00 ID:mqh6W1cMo

前作……は不破師範だから前々作か。それのラストでリョウは結婚はしてないみたいなこと言ってたはず
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 08:16:28.98 ID:J4/enrFPo
>>289
まとめサイトでしか見てなかったんで、ログの方を見てみた。ありがとう
なるほど、プロデューサー業は引退してて、結婚はしてないのか

…結婚はしてない(子供がいないとは言ってない)
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 13:04:21.97 ID:P5sMYpcA0

微妙に格闘における極限流とアイドルグループの極限流とでビリーがアンジャッシュ状態にならないかちょっと懸念ではあるね(つか読んでてちょいちょいややこしくなってくる)
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 14:09:24.95 ID:DLSNlkiM0
美波資格マニアだしあれからなんやかんやで極限流の師範の資格とか持ってそう
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 16:55:24.23 ID:DxS4tWrBO
>>291
格闘団体としての極限流と社長が言っていたから、現在の美波の所属している極限流とビリーの思ってる極限流はイコールで問題ないんじゃないか?
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 22:24:40.29 ID:J4/enrFPo
>>291
アイドルグループは極限drea娘で、プロダクションは6810プロだよ
295 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:18:05.20 ID:hRminbJo0
ビリー(……もしや俺とリリィが日本に来たのを聞きつけて、敵対勢力が送り込んできた刺客……?)
ジロッ

心「ヘイヘイヘイ☆プロデューサー、美波さん見つめてどうしたんだい☆やっぱああいうお色気ムンムンのお姉さんが好きなのかい☆」
ズイズイ

美波「お、お色気って……」
ポッ

心「けどはぁとだってちょっとその気になればこの通りすごいんだぞ☆あはん♪」
クネクネ

ビリー「……」
296 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:24:48.98 ID:hRminbJo0
ビリー(五体に充実する気……素人じゃあねえ)

ビリー(だが、敵意が無さすぎるし何より普段から闘ってるって感じにゃ見えねえ……)

ビリー(……俺の考えすぎか?)



心「おーい☆聞いてんのか☆おーい!放置はやめろって☆やめろ☆やめろよ……寂しいじゃん……ね……」

リリィ「さ、佐藤さん、とってもセクシーですよ!」

心「あ、ありがとうリリィちゃん……でも、しゅがはのコトははぁとってよんでね☆」
297 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:32:23.20 ID:hRminbJo0
美波「あなたがリリィさんだね?経理の経験はないって聞いてますけど、基礎の所からしっかりやっていきますから、心配しないでね」
ニコ

リリィ「は、はい!よろしくお願いしますっ!」
ペコ


美波「よろしくね……それと、ビリーさん……プロデューサーさんと心さんもよろしくお願いしますね」

ビリー(……まぁ警戒しとくに越したことはねぇか)

ビリー「……ああ。よろしく……」


心「よろしくお願いしますぅ☆それと、ちょっと後でL○NE交換しましょ♪」
ガシッ

美波「よ、喜んで」
タジッ
298 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:39:55.13 ID:hRminbJo0
つかさ「さぁ、早速今日から仕事だ。佐藤はレッスン、リリィは美波に着いてOJT」

ビリー「……じゃあ俺は外でスカウトに……」
スッ
ガシッ

つかさ「寝ぼけたこと言ってんな?いくら人を集めても肝心の自分がポンコツだったら一生独立なんかさせねえからな」


つかさ「とりあえずしばらくはお前はアタシに着いてもらう。関係各所に挨拶まわり、業務内容の確認……やらなきゃならない事は山ほどあるからな?」
ニヤリ

ビリー(マジかよ……)
299 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:44:40.02 ID:hRminbJo0
心「しゅがしゅがスウィーティー☆」

トレーナー「佐藤!ふざけてないで真面目にしろ!」



心「いや、あのこれマジでやってるんですけど……」





美波「うん、そうだね……この椅子の分は備品になるから……」

リリィ「えっと……貸借対照表の……資産のところに……」
300 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:48:44.48 ID:hRminbJo0
男性「おお、桐生社長、いつもお世話になっております!」

つかさ「どうも、こいつがお話ししてた新しいプロデューサーです」

ビリー「……」

つかさ「……オラ、挨拶しろ」

ビリー「……どうも」
301 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:53:12.63 ID:hRminbJo0
男性「そ、そちらがお話しされてた……いやあ、大分……その……迫力があるというか……とてもプロデューサーには見えないというか……」

ビリー「あ?」

男性「ひぃっ……」
ビクビクゥ

つかさ「あー、いや、すみません!愛想のないヤツで!ははは!ではまた行くところがあるのでこれで」

ビリー「……」
ジロリ

男性「……」
ビクビク
302 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/19(木) 23:57:50.00 ID:hRminbJo0


つかさ「……おい、カーン。お前なんださっきの態度は!取引先ビビらせてどうするんだよ!」

ビリー「いや、別に何も言ってねえだろ……ちっと睨んだだけだ」

つかさ「だからそれがダメだって言ってんだろ!ふざけんなよ、アタシの会社潰す気か?」

ビリー「チッ……あいつが俺の事をプロデューサーと認めねえなんていうからだよ」
303 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/20(金) 00:01:42.89 ID:LHNb4RCP0
つかさ「いや、そこまで言われてないだろ。しかも事実だろうが!いいか、お前みたいな見習い以下の半人前でも、会社名名乗って人前に出るからには会社の代表なんだよ」

ビリー「……」

つかさ「当然お前の態度は会社の態度、お前の悪評は会社の悪評になるんだよ。わかってんのか?ちゃんと頭に脳ミソ入ってんのか!」
コンコンコン

ビリー「……」
イライラ
304 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/20(金) 00:09:01.94 ID:LHNb4RCP0
ビリー「……ったく、そんな基礎的な事も教えてくれてないのかよ、お前のギースサマは?ええ?」

ビリー「……ギース様の名前を出すんじゃねえ……!」

つかさ「だからそういう事だよ。お前がギース・ハワードの右腕名乗ってアタシの前に現れた以上、お前の無能はアイツの無能になるってんだよ。同じことだ」

ビリー「……!」


つかさ「社会ってのはそういう事。別にアタシの会社じゃなくていい、アイツの……ギースの顔に泥塗りたくないんだったら、ちゃんとやれ。わかったな」
ツカツカ



ビリー「……クソ」
305 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/20(金) 00:13:54.96 ID:LHNb4RCP0
ビリー(……今までは、名前を名乗って舐めた奴らをぶちのめしてりゃそれがギース様の威名になってたが……今度は逆ってか)

ビリー(……ったく、つくづく嫌になるぜ……こりゃあクラウザーの野郎の所に潜入してた時の何十倍も難しい仕事になりそうだ……)


つかさ「おいカーン!ボサッとしてんな、次のトコに早くいくぞ!」

ビリー「はぁ……」
ツカツカ
306 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/20(金) 00:17:55.94 ID:LHNb4RCP0
夕方

ビリー「……」
グッタリ

心「……ちょ〜きつかったんですけど……これ絶対明日筋肉痛ヤバイ」
グッタリ

リリィ「み、みなさんお疲れさまでした……」

つかさ「当面はこんな感じで動いていく。明日も9時半から勤務開始だから、遅刻すんなよ」
307 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/20(金) 00:21:39.64 ID:LHNb4RCP0
つかさ「で、美波はこっちに来られるのが週3日だから、明日は……」

美波「うん、今日教えたところを復習してもらうのと、事務仕事のお手伝いをしてもらってたらいいと思います」

リリィ「わかりました!美波さん、今日はありがとうございました!またよろしくお願いします!」
ペコ

美波「うん、こちらこそまたよろしくお願いしますね、リリィさん♪」
308 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/20(金) 00:25:04.22 ID:LHNb4RCP0
つかさ「美波、この後なんか予定入ってるか?もし何もなければディナー行かね?いい店が出来たんだよ」

美波「そうなの?うん、じゃあご一緒しようかな。色々話したいこともあるしね」

つかさ「よっしゃ、決まりだな。じゃあ解散!」

心「……お、お疲れさまでしたぁ〜……☆」

ビリー「……」




ビリー(これは……地獄だ……)
309 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/20(金) 00:26:08.16 ID:LHNb4RCP0
今日はここまで
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/20(金) 02:14:42.34 ID:MCUIYs6n0

確かに考えてみればギースってサウスタウン全土を統治しつつ
戦闘力最高峰レベルに維持し続けるなんて荒技没年まで
こなせてたんだよな。療養中の修行で新技大量に編み出すし
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/20(金) 06:56:47.54 ID:xw3/V9Euo

務め人は大変だね……
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/20(金) 16:15:07.15 ID:rI3MmJ32O
極限流会計部長ミナミィ(34)

https://i.imgur.com/u9FGcFP.jpg

https://i.imgur.com/nsecrkJ.jpg
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/21(土) 22:26:02.80 ID:2AzZDAO/0
>>310
サウスタウンもの凄い発展してるからね。
竜虎時代は思いっきりスラム街だったのに、後年は地下鉄とか整備されたリトルニューヨークって感じだし。
なんかもう普通に、アメリカの偉人100名とかに選ばれてもおかしくないくらい功績ありそう。
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/21(土) 23:21:07.38 ID:r60Kh9LIO
龍虎のサウスタウンと餓狼のサウスタウンは区画が別
315 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/21(土) 23:23:53.18 ID:59ZW0jcF0
都内
レストラン


美波「……雰囲気の良いお店だね。なんだかリラックスできるような……」


つかさ「だろ?店の坪数に対して席数を絞って、ゆったりできる作りにしてるんだと」
316 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/21(土) 23:30:17.80 ID:59ZW0jcF0
美波「そうなんだ……置いてる小物なんかも可愛いし、何かの参考になりそう」

つかさ「そうだな、ここの経営者はセンスあるわ……っと、美波、いろあえず乾杯しようぜ」

美波「あ、ごめん、そうだね。じゃあ……お疲れさま!乾杯」

つかさ「乾杯!」
チン
317 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/21(土) 23:38:33.14 ID:59ZW0jcF0
つかさ「……美波、今回の件は本当急だったのに引き受けてくれてありがとな」

美波「ううん、いいんだよ。総帥もOKくれたし、今はそんなに忙しくないから」

つかさ「リリィの方はどうだ?ちゃんとやれそう?」


美波「うん、基礎の所はすぐに理解してくれたし、多分すぐ実務レベルまでいってくれると思うよ。……なによりリリィちゃん、とっても頑張り屋さんで教え甲斐がありますし」

つかさ「そっか……まぁあいつはしっかりしてそうだったし大丈夫か」
318 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/21(土) 23:43:09.85 ID:59ZW0jcF0
美波「うん、周りの人にも気を使えるし本当にしっかりしてるよ」

つかさ「……けど、美波……リリィは今いくつだと思う?」

美波「……え?……十六、七くらい、かな……?」


つかさ「二十二だ」



美波「……ええ!?」
319 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/21(土) 23:48:32.12 ID:59ZW0jcF0
美波「あ、いえ、失礼しました……けど……なんていうか、その……」

つかさ「いや、わかるよ。幼く見えるよな。アタシも聞いた時驚いたもん」

美波「……」

つかさ「……で、兄貴はあの通りガラの悪いチンピラだからな。まぁ勝手に想像すんのは趣味じゃねえけど、色々あるんだろうな」

美波「……でも、あのお兄さん……ビリーさん?リリィちゃんの事、すごく大切にしてるみたいだった」
320 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/21(土) 23:57:58.66 ID:59ZW0jcF0
つかさ「……まぁ多分兄貴がすげえ過保護に……っていうかあんまり外に出さないようにしてたんだろうな。だから全然汚れてないし、なんというか……ちょっと世間知らずっぽい感じがある。幼さを感じるのは多分そのせいだと思うけどな」

美波「……確かにリリィちゃん、少し出会った頃のアーニャちゃんと似てるところがある気がする。なんとなくだけど……」


美波(すごく素直で頑張り屋なんだけど……時々寂しそうな眼をする事がある所とか……)



美波「……そういえばお兄さんの方はどうしてプロデューサーになったのかな?」

つかさ「……ああ。それをちょっと話そうと思ってたんだ。実はさ……」
321 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:02:38.57 ID:PmWk7y8h0
美波「……なるほど。あのギース・ハワードさんの部下の……」

つかさ「ああ。実際本人はプロデューサーになりたくてしょうがなくて日本に来たって感じじゃないし、何か別の目的があるのは明白なんだが……まぁ妹のためっていうのはウソじゃないみたいだから一応様子を見る事にした」

美波「……なんだろう?話を聞く限りだとサウスタウンで普通の仕事をしていたようには思えないし……」

つかさ「まぁそういうワケもあったから今回のリリィの教育の件を美波に頼んだんだ。事後になっちまって申し訳ないんだけどさ」

322 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:09:08.92 ID:PmWk7y8h0
つかさ「……もちろんこの話を聞いて、もう関わりたくないってんならそれは大丈夫だ。また別の手を考えるさ」


美波「……ううん、大丈夫。続けさせて?リリィちゃんはもちろんだけど、ビリーさんの目的も少し気になるから」


つかさ「……そっか、サンキュ美波」




美波「……ちなみに今の話、リョウさんに話しても大丈夫かな?もしかしたら何か意見をくれるかもしれないし」

つかさ「……!」
323 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:14:20.86 ID:PmWk7y8h0
美波「……やっぱりダメ、かな?」

つかさ「あ、ああ、いや、全然話してくれていい。アタシもあの人の見解は聞きたいし……それより美波」

美波「?」

つかさ「お前、極限流総帥の事今はリョウさんって呼んでんだな。前は坂崎さんだったのに」
ニヤ


美波「……!」
ハッ
324 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:19:29.05 ID:PmWk7y8h0
美波「……!いや!あの、ちょっとお酒が入っちゃったから!ちゃんと公共の場では『総帥』って……そ、そう!本部に行くと『坂崎さん』って呼ぶと振り返る人がたくさんいたから!べ、便宜上!ね!?」

つかさ「まあTPOは大事だよな。けど別に恥ずかしがることじゃねえじゃん。もうスカウトされてからかれこれ15年の付き合いだろ」

美波「……うう」
カーッ
325 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:26:25.42 ID:PmWk7y8h0
つかさ「……はは、まぁ良い関係が続いてるようで何よりだよ」

美波「……つかさちゃん」

美波(そっか……ハワードさんはこの前亡くなられたんだよね……つかさちゃんは15年前に別れて以来……)

美波「……つかさちゃん。リリィちゃんの事は私に任せて?他にも手伝えそうな事があったら何でも言ってね。協力、したいから」

つかさ「……ああ。本当サンキュな、美波」
326 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:32:51.11 ID:PmWk7y8h0



ビリー「……」
グター

リリィ「……兄さん、大丈夫?疲れてるみたいだし、部屋探しはまた今度にしよっか」

ビリー(ああ……そういやそれもあったな……)

ビリー「いや……大丈夫だ……」
ヨロヨロ

リリィ「ほ、本当に大丈夫……?」
327 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:38:49.27 ID:PmWk7y8h0

リリィ「……あっ、それなら今日はご飯を食べに行こうよ!私、日本初めてだからこっちのお店はすっごく興味があるの!」

ビリー「そ、そうか?それなら今日はそうするか……」

心「はいはいはいはい☆はぁとも行きたいでーっす☆」

ビリー「来なくていいぞ」

心「早っ!冷たいぞ☆そんなこと言わずにさー、決起会的な感じでやろーよー☆」

328 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:46:06.02 ID:PmWk7y8h0
リリィ「兄さん、私もはぁとさんと行きたいな」

ビリー「……まぁお前が良いなら別に」

ビリー(……なんかとんでもねえ呼び方が定着してやがる……)

心「やった☆さっすがリリィちゃん、とってもスウィーティー♪」

リリィ「はい♪」

心「ほら、兄貴の方もはぁとって呼んでいいんだぞ☆ほらほら☆呼んでみ☆つーか呼べ?」

ビリー「……」
イラッ
329 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:53:46.13 ID:PmWk7y8h0
リリィ「えっと、社長と美波さんはもう二人で行っちゃったし、事務員さんは……」

心「事務員さんはさっきダッシュで帰ってたよ……なんか目が虚ろだった☆」

リリィ「そ、そうなんですか……じゃあ今日は3人で行きましょう!」

心「ようし、それならさっそく居酒屋に……」

ビリー「いや、待てや!なんで自然に飲もうとしてんだコラ!」

心「ええー?でもリリィちゃんもう成人してるし飲めるでしょ☆」
330 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:56:10.66 ID:PmWk7y8h0
心「それに海外では居酒屋ってないんでしょ?最近居酒屋ってホント色んな食べ物あるし、もってこいだと思うけどな〜?」

ビリー(……まぁ確かに居酒屋は俺も最初驚いたが……テメーは絶対自分が飲みたいだけだろうが)

リリィ「はぁとさんのオススメのところがあるなら、私はそこに行きたいな!ね、いいでしょ兄さん?」

ビリー「……」
331 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 00:59:46.24 ID:PmWk7y8h0
居酒屋

リリィ「わ……!すごい……こんなにたくさんのメニューが……!レストランみたい!」

心「うんうん☆よろこんでくれて何よりだよ☆お兄さん☆生3つ☆」

店員「あの……失礼ですがそちらのお客様は未成年では……」

ビリー「あ?誰の妹がガキっぽいだとコラ」
ズイ

店員「ヒッ……す、すいません!」
332 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:07:04.90 ID:PmWk7y8h0
心「……いや〜もうホントボロクソ言われたの!真面目にやれ!とか正気か!?とかさ!」
グビグビ

リリィ「そ、そうなんですね……」

ビリー「……案の定一人だけ尋常じゃねえペースじゃねえか……」



心「でも仕方ないよね☆今までちゃんとしたレッスンとか受けたことないし☆これから慣れていけばいいわけだし☆」

リリィ「さすがはぁとさんとっても前向きなんですね!」

心「そうだろそうだろ☆もっとホメて☆」

ビリー「……」
グビ
333 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:13:30.94 ID:PmWk7y8h0
ビリー「……リリィ、お前の方は今日はどうだった?あのセンセイは」

リリィ「うん、始めたばっかりだけど美波さん、とっても優しくわかりやすく教えてくれるから楽しかったよ!」

ビリー「そうか……何か探られたり、怪しかった所とかなかったか?」

リリィ「?何もなかったよ?……美波さんがどうかしたの?」
334 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:18:28.57 ID:PmWk7y8h0
ビリー「……いや、別に何もねぇならいいんだ……ホラ、一応外部の人間だろ?だから一応、な」

リリィ「……それなら美波さんは大丈夫だよ!あの人は本当にあったかい人だって思うもの」

ビリー(……たった一日で大分懐いてるな……いや、まぁリリィは人に懐きやすくはあるが……)




心「プロデューサーまーた難しい顔してんね☆いっつも怒ってるか難しい顔してるかどっちかじゃん☆」

ビリー「半分くらいはテメーのせいだよ」
335 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:20:50.10 ID:PmWk7y8h0
リリィ「……ふぅ、ごちそうさまでした!日本のご飯っておいしいんだね!私、日本食の勉強したくなっちゃった」

ビリー「ああ、いいんじゃねえか」

リリィ「ふふ、もしおいしく作れるようになったら、兄さんにごちそうするから楽しみにしててね!」

ビリー「ああ」
336 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:27:16.46 ID:PmWk7y8h0
ビリー「……で」

心「う〜……ギリギリ……崖っぷち……」
ブツブツ

ビリー「……酔いつぶれてんじゃねえかこいつは……」

リリィ「はぁとさん、ペースがすごかったから……」



ビリー「よし、帰るぞリリィ」
ガタッ

リリィ「え!?は、はぁとさんは!?」

ビリー「放っといたら誰か親切な奴が拾ってくれるだろ」

リリィ「だ、だめだよ兄さん!動けない女の子をそのままにしておくなんて……ちゃんと家まで送ってあげよう?」
337 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:30:49.58 ID:PmWk7y8h0
ビリー(チッ……クソめんどくせえな……だが、確かにそのままこいつ放っておいて何かあったら桐生に何言われるかわかったもんじゃねえか……)

ビリー「……しゃあねえ、コイツは俺が引きずっていくから、リリィ、お前はもうホテルに戻ってろ」

リリィ「えっ、それなら私も一緒に……」

ビリー「いや、これ以上はもう夜も遅くなる。人通りが多いうちにお前はもう帰ってるんだ。良いな?」

リリィ「……うん、わかった。その代わり兄さん、はぁとさんよろしくね?」

ビリー「……ああ。しっかり送り届けてやるよ」




リリィ「……途中で捨てちゃだめだよ?」

ビリー「……捨てねえよ」

338 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:34:05.02 ID:PmWk7y8h0

心「うう〜……飲み過ぎた……気持ち悪い……」

ビリー「ったく……何をそんなにハメを外してんだてめえは……」
ガシッ


心「いやあ……リリィちゃんが良く話を聞いてくれて、随所でヨイショしてくれるからもう気持ちよくなり過ぎちゃって……水みたいにお酒飲んじゃった……」

ビリー「……決めた。もう二度とリリィをお前と一緒には飲ませねえ」

心「いや〜カンベンして……!はぁとを褒めてくれる数少ない天使なんだから……」
339 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:38:17.95 ID:PmWk7y8h0
心「……うぷ!ちょっ、ビリケンさん、一旦ストップ!波が、波が来そう!」
ウッ

ビリー「……はぁ。ちょうど公園だ、そこに便所があるから早く行って来いよ」


ビリー(……ハァ……俺はいったい何やってんだろうな。サウスタウンを離れて、こんな馴染みのねえ国に来て、馴染みのねえ仕事をやらされて、今は酔っ払い女に肩を貸して街を這いずり回ってる)
スッ

ビリー(これが成すべきことを成せず、死ぬべき時に死ねなかった結果だったってんなら……惨めの一言だぜ)
カチッ
カチッ
シュボッ
340 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:41:44.69 ID:PmWk7y8h0
ビリー「……」
フーッ


ジャガジャガジャガ
ギュイイーン
オレノウタヲキケー

ビリー「……なんかうるせえな。ストリートか?……下手な演奏してやがる」

演奏男「……オイ、そこの兄ちゃん。聞こえてるぜ、誰の演奏が下手だって?」



ビリー(あ……?なんだ?)
341 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/22(日) 01:43:49.63 ID:PmWk7y8h0
今日はここまで

>>312
こんな会計部長いたらどんな手使ってでも経理部に異動するわ
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/22(日) 05:15:07.50 ID:JOGBrdj30

リョウはやはりモテルなぁ。有る意味リュウと某東城会4代目を
足して割った感じの御方とも言えるのだろうか
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/22(日) 05:24:08.29 ID:OpW4aITQo
乙でした
最後の男は本当に男?なのか
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/22(日) 05:35:47.93 ID:OpW4aITQo
>>339
今気づいたが、「ビリケンさん」になってるw
酔っ払いすぎだろw
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/22(日) 06:29:34.56 ID:Hm6ZiQEJo
特技が活きる時が…
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/22(日) 09:55:20.91 ID:3dMaUiQA0
乙です
ある作品では「俺がヘビメタキングだー」と叫んでいたビリーさん
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/22(日) 13:28:29.84 ID:V2/Pi84FO

もしここで演奏してたのが八神だったらみたいなことを想像したらゲムドラナイトの次回予告みたいなことになってしまった
348 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/23(月) 23:16:09.93 ID:dJxVzzVJ0
ビリー「なんだてめえは……本当の事言っただけだろが」

演奏男「それが聞き捨てならねえってんだ!この俺の魂のロックンロールをバカにしやがって許さねえ!」

ビリー(……ったく、とんでもねえバカがいやがるんだもんな……どうする?二度と歌えねえ身体にしてやるか?)

ビリー(……だが、俺から手ェ出したとなるとめんどくせえ事になりそうだな……と、くれば……)
349 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/23(月) 23:24:46.93 ID:dJxVzzVJ0
ビリー「よぉ、許さねえとどうなるんだよ?え?」

演奏男「そんなもん決まってんだろうが!」

ビリー(ちょっとでも手ェ出そうとしたらその瞬間蹴り倒してノド踏みつぶしてやる)

演奏男「ホラ」
スッ

ビリー「……あ?」
350 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/23(月) 23:36:14.31 ID:dJxVzzVJ0
演奏男「お前が演奏するんだよ。人の演奏をバカにするくらいなんだから当然お前は俺より上手いんだよな?ああ?」

ビリー「は?ふざけんなよ、なんで俺がそんなことを……」

演奏男「出来もしねえ癖にバカにしやがったのか?はーっ、だったらさっさと消えやがれ負け犬が!」

ビリー「……んだとコラてめえ!マジでブッ殺すぞ!誰が演れねえっつった!」


演奏男「だったら演ってもらおうじゃねえか!俺のギター貸してやるからよ!」
351 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/23(月) 23:45:30.05 ID:dJxVzzVJ0


ビリー「……」

ギャラリー1「お?違うやつが演るみたいだぞ」

ギャラリー2「見た目はなんかパンクっぽいが、どんな演奏するんだろうな」


ビリー(クソが……どいつもこいつもバカにしやがって)
ビィンビィン

ビリー(誰が出来ねえだと?誰が負け犬だと?誰がギース様の顔に泥塗ってるだと?)
352 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/23(月) 23:54:53.09 ID:dJxVzzVJ0
ビリー(言わせねえ……もう二度と言わせねえぞ、んなコト……!)
ギュイン

ビリー「俺はァ!ヘビメタキングだアアアア!!」
ギュイイーン

ギャラリー「!?」

ビリー「てめえらに見せてやる……本物のロックをなァアアアアアア!!」


ビリー「I'm gonna bust you so bad!!」
ギャギャギャギャギャ
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 23:56:34.98 ID:HEOZZSR7o
特技:ギターのソロプレイ
354 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/23(月) 23:59:58.74 ID:dJxVzzVJ0
ウオオオオオオオオオオオオオオオオ

演奏男「ば、バカな……!なんて熱いプレイなんだ……!」

ギャラリー1「と、とんでもねえ瞬間に居合わせちまった……」

ギャラリー2「ああ……ヘビメタキングさんの降臨の瞬間に……」


ビリー「ロックの源泉は怒り……そう、怒りだ!!」
ギャギャギャギャギャ
355 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:04:55.23 ID:SItnrL910
ビリー(まずは……桐生!てめえ、ボロクソ言ってくれやがって……!)

ビリー「ファイヤ!」
ギュイイーン


演奏男「な、なんか熱くねえか!?てか、本当に火が出てないか!?」

ギャラリー1「あれはヘビメタキングさんの演奏の力で、熱を火に具現化してるんだ!」

ギャラリー2「うおお!煉獄の炎を顕現させるなんて地獄の王だぜヘビメタキングさんはー!」
356 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:15:20.31 ID:SItnrL910
ビリー(次に……リッパー、ホッパー!てめえらの企みのせいで俺ァこんな目に!)

ビリー「ファイヤ、ファイヤー!!」
ギャギャギャギャギャギャ

演奏男「す、すげえ!照明道具もないのにあいつの周りに光柱が見える!」

ギャラリー1「あれはヘビメタキングさんの熱い演奏で地球が興奮して潮噴いちまったんだ!」

ギャラリー2「うおお!地球を感じさせちまうなんてヘビメタキングさんはなんてテクニシャンなんだー!」
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 00:17:40.17 ID:+jkef7aRo
ギャラリーがどこかのクラウザーさんの取り巻きみたいになってるw
まあ本場アメリカにいたら日本のロックはぬるいだろうなぁ
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 00:18:10.33 ID:WXgmlfTno
なんかヴォルフガングじゃない方のクラウザーさんになってるw
359 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:19:16.99 ID:SItnrL910
ビリー(そして何より……!一番腹が立つのは……!)

ビリー(ギース様を守れなかったのにのうのうと生き残ってる……この俺自身……!)

ビリー「死ぃぃいねェェェエエエエエエ!!!」
ギュイギュイギュイギュイギュイ
ギュイーーーーン

ビリー「ウラアアアアアアアアアアア!!」
ブォン
グッシャア
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 00:21:20.17 ID:WXgmlfTno
壊したwwww
361 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:23:22.98 ID:SItnrL910
演奏男「うおおおおおおおお!お、俺のギターが地面に叩きつけられて破壊されたー!」

ギャラリー1「いや、アレはギターがヘビメタキングさんのあまりの演奏力に己を恥じて自ら命を絶ったんだ!」

ギャラリー2「うおお!ギターに命を吹き込んだ上に自殺させるなんてもはや神だヘビメタキングさんはー!!」


ウワァァァァァァ……




心「……ふぅ、ごっめ〜んビリカンさんお待たせ☆ちょっとリバースしてきたら大分落ち着いた……あれ?なんか人だかりが……」
362 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:27:17.53 ID:SItnrL910
ウオオオオオオオオオオオオ
ヘビ!メタ!キング!
ヘビ!メタ!キング!



ビリー「GO TO HELL!!」
ビシッ

ウオオオオオオオオオオ
ゴートゥーヘル!
ゴートゥーヘル!
ゴートゥーヘル!

心「……なんだこれ……」
363 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:31:41.57 ID:SItnrL910
警察「コラアアアア!!お前たち騒ぎ過ぎだ!!大人しくしろおお!!」
ピーーー

ヤベエ!
ポリダ!ニゲロ!



ザワザワザワ
心「ちょっ!これヤバイやつだろ!ビリカンさん、こっち!早く逃げよう!」
ガシッ
364 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:35:41.53 ID:SItnrL910
ビリー「見たかコラアアアア!これが本物のロックだアアアアア!!」
ビシッ

心「いいから!そういうのはマジでいいから!!」
ズルズル


ギャーギャー






女の子「……こ、これが本物のロック……」

女の子「か……かっこいい……!」
プルプル
365 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/24(火) 00:36:53.41 ID:SItnrL910
今日はここまで
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 00:49:26.37 ID:WXgmlfTno
乙でした

ロックなアイドルが来ちゃったかあ
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 00:55:59.23 ID:atYWjftC0
ロックというかメタルというか。いや、境界線とかよく分からんのですけど。
ていうか、自分が舞台に上がりなさいよビリカンさん。
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/24(火) 04:02:39.59 ID:m7mBw/xtO
こらビリケン待てや一人の少女が真のロックは警察沙汰上等って勘違いしちゃうだろ
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 07:14:29.02 ID:J0K8ZPdTo

どこのクラウザーさんだアンタはww
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/24(火) 07:20:15.80 ID:AtUAk9l5O
乙!
流石はロンドンマーチ!!
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 07:28:19.43 ID:lP6vEQaA0

やべえ面白い
372 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:03:12.54 ID:UfP6XWjx0
翌日

事務所
社長室



ビリー「……」

つかさ「……」
373 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:07:28.04 ID:UfP6XWjx0
つかさ「……なんで呼ばれたかは……わかってるよな?」

ビリー「……検討もつかねえな」


つかさ「いやいや、昨晩は大活躍だったそうじゃん、ヘビメタキングさん?」

ビリー「知らねえな」

つかさ「ふーん……しらばっくれようってか」
スッ
ポチポチ
374 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:13:10.39 ID:UfP6XWjx0
つかさ「ホラ」
パッ

『今○○公園ヤバイ事になってる!なんかヘビメタキングって人が現れたみたい!』

『うおおおお!ヘビメタキングさん最高!』

『ゴートゥーヘル!ゴートゥーヘル!ゴートゥーヘル!ヘビメタキングさん!!』

『ヘビメタキングさんとかいう歩くロック』


ビリー「……」


つかさ「この通りバズりまくってる。大したもんだ、もうプロデューサー辞めてミュージシャンやれば?」
375 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:19:36.51 ID:UfP6XWjx0
つかさ「ちなみに写真もバッチリだ。最近のスマホのカメラは綺麗に映るな?」

ビリー「……」

つかさ「んで、さっきウチの事務所に警察から注意が入った。まぁ昨日アタシと一緒に結構な数挨拶回ったもんな。お前の顔は割れてる」

ビリー「……」

つかさ「別にアタシもお前のプライベートにまで首突っ込む気はないけどさ、問題起こしたり騒ぎになったりすんのはダメなんだよ」

ビリー「……」

つかさ「もう次はないからな。わかってるだろうけど」
376 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:25:48.64 ID:UfP6XWjx0
ガチャ
バタン
ビリー「……」

心「……お疲れプロデューサー☆やっぱ怒られちゃった?」

ビリー「うるせえよ……しかし昨晩は俺も酒が入って少しどうにかしてた……」

心「まぁストレス溜まってたんだろ☆昨日のアレでちょっとは解消できたんじゃないの」


ビリー「……」



ビリー(俺とした事が……あんな事でまた桐生に小言を言われ……これじゃあいつまで経っても独立できねえ……)
377 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:33:21.24 ID:UfP6XWjx0

リリィ「あ、兄さん……社長さんとのお話終わった?」

ビリー「リリィか……どうした?何かあったか?」

リリィ「うん、今ね……事務所に女の子が来てるの。『ヘビメタキングさんに会いたい』って」



ビリー「……は?」

378 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:44:25.94 ID:UfP6XWjx0
リリィ「ちょっと何言ってるかよくわからなくて……だからとりあえず社長さんに報告しようかと思って」

つかさ「ヘビメタキング宛の客だって?」
ツカツカ

リリィ「あ、社長……そうなんです、女の子なんですけど」

つかさ「ほら見ろカーン、早速ワケわかんないのが来ただろ。こうやってアタシらの貴重な時間が奪われていくんだよ。どこから聞きつけたか知らないけど、お前が撒いた種なんだからお前が対応しろ」


ビリー「チッ……もうその話題は勘弁だぜ……適当に追い払ってやる」


リリィ「え?ヘビメタキングさんって兄さんの事なの?」


心「そっとしておいてあげよう、リリィちゃん……☆」
ポン
379 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:49:49.57 ID:UfP6XWjx0
ビリー「……」
ガチャ

女の子「……あ!ほ、本物のヘビメタキングさんだ!間違いない!」


ビリー(まだガキじゃねえか……コイツ昨日あの場にいたのか……)




ビリー「……おい。お前どうやって俺がこの事務所にいるって嗅ぎ付けた?」

380 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:54:34.36 ID:UfP6XWjx0
女の子「え?えーっと……昨日ヘビメタキングさんが警察の人から女の人と一緒に逃げて行ってるの見て」


女の子「それで女の人すごい恰好してたから調べたらこの事務所が出てきて……もしかしたら同じ事務所のミュージシャンかもと思って」

ビリー(……じゃあ佐藤の恰好のせいじゃねえか……畜生、迂闊だった……!)




ビリー「……とりあえず、帰れ」
381 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/25(水) 23:57:03.13 ID:UfP6XWjx0
女の子「ええ!?ど、どうしてですか!?苦労してやっとここまで来たのに!」

ビリー「いや、こっちは頼んでねえよ……ていうか、なんだ?お前何しにここまで来たんだ?」

女の子「だからそれはヘビメタキングさんに会いに……」


ビリー「俺に会いたかっただけなら、もう目的は果たしたろ。帰れ」

382 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/26(木) 00:00:51.32 ID:AJOKTCrR0
女の子「ああ!ちょ、ちょっと待って!ただ会いに来ただけじゃなくて!」

ビリー「……じゃあサインか?わかった、じゃあそれ持ってとっとと帰……」

女の子「あの!ちょっと聞いてください!」

ビリー「……なんだよ」



女の子「……コホン」
383 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/26(木) 00:06:13.33 ID:AJOKTCrR0
李衣菜「あの、私、多田李衣菜っていいます。音楽が大好きで、普段から色んな音楽聴いてるんですけど、今は特にロックが好きで……で、最近は聴くだけじゃなくて自分で演奏したいって思ってたんです」


李衣菜「それで昨日の夜、ヘビメタキングさんの演奏をたまたま通りかかった時に聴いて……すっごい感動したというか……そう!共感しました!」


李衣菜「だからその……お願いです!私を、ヘビメタキングさんの弟子にしてください!」


ビリー「……はぁ!?」
384 : ◆z4l4K/HkZ2 [saga]:2018/04/26(木) 00:07:55.00 ID:AJOKTCrR0
今日はここまで
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/26(木) 00:23:41.52 ID:DlZ52d+k0
乙。相変わらず苦労人オーラの拭えないビリー。まあ半分くらい自業自得だが。
しかしこうまでビリーが右往左往しているのを見ると、特にコネも伝手の無かったはずなのに恙無くプロデューサーやってたっぽい前作の忍者二人はなんだかんだで凄いんだな。凄い漢だもんな。
145.66 KB Speed:17.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)