【艦これ】暁が如く【極道】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:34:03.21 ID:O3FvFc3V0

時は2XXX年。

日本は極道の嵐に包まれた……――。



街は派手なスーツ姿のパンチパーマの男で溢れかえり、怒声が聞こえない日はない……。


大人の男たちは少しでもいい組に入るのがステータスとなり、妻がそれを自慢する。


子供たちは口をそろえて言う。「将来は、あの組に入るんだ」……と。





そんな中でも必死に商売をする者たちもいる。


しかし、彼らの多くはショバ代やみかじめ料の支払いに苦しめられていた……――。






―――とある商店街


ドンガラガッシャーン‼


団子屋の娘「――きゃあっ!!」ドサッ


団子屋の店主「お、おいっ、大丈夫かっ!」


モブ田組A「おうおうおうおう……。まーだこんな店やってるんか……」


店主「あ、あんたっ! 急に何してくれるんだ!」


モブ田B「あぁんっ!? おうおう、アニキにどんな口きいてやがるんだテメー」ガシッ


店主「ひ、ひぃっ!」


モブ田A「まぁまぁ。――俺たちはモブ田組のもんだ。おう、旦那さん。みかじめ料払ってくれや」


店主「ま、待ってくれっ! 私たちはモブ林組に払ってるんだ! 話ならそっちと付けてくれないか!」


モブ田A「あぁ? そんなの知らねぇわ、両方に払えばいいじゃねぇか。月五万でいいからよ……。なぁ、旦那さん」


店主「そんな……無茶苦茶だ!」


モブ田B「あぁんっ!? アニキっ! やっちまいますか」


モブ田A「まぁ落ち着けや。……娘さん、えらい美人さんだなぁ?」ジュルリ


娘「ひぃっ」


店主「――ッ! む、娘には手を出さないでください!」


モブ田A「じゃあ払えよ。そんぐらいあんだろ?」


店主「ちょ、ちょっと待ってください……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522755242
2 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:34:41.88 ID:O3FvFc3V0

団子屋の妻「あ、あんた……!」


店主「しょうがないだろ……! 店を荒らされたら商売どころじゃない……。みかじめ料を払ってるモブ林組も役立たずだっ」


妻「うっ……!」ヨヨヨ…


店主「――これでいいんだろうっ!? お願いだから帰ってくれっ!」


モブ田A「……なんだ、やっぱりあるじゃねぇか。最初っから素直に払えばいいのによ」


モブ田B「さっすが兄貴ですぜっ!」


モブ田A「おう、旦那さん。また来月来るからよ、ちゃーんと用意しておけよ」


店主「くっ……!!」


娘「お父さんっ……」






もう、まともに商売なんてできないのかもしれない。


逃げようにも、どこで誰が見ているかわからない。


住民たちは、この終わりのない地獄を耐えるしかない。そう、思われていた……――。










――しかしっ!!



「………………ッ!」ブンッ‼


モブ田B「へっ? ――ごふぅっ!?」ドンガラガッシャーン‼


モブ田A「なっ……!! 誰だテメェはっ!?」





不知火「不知火です。……初めまして」





モブ田A「し、不知火……?」


「いいのよ、そんな馬鹿正直に名乗んなくたって」


不知火「そうでしたか……組長」


モブ田A「く、組長……だと?」



3 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:35:30.46 ID:O3FvFc3V0

陽炎「まぁでも、あんた達には名乗っておいた方が良いのかもしれないわね。……私は陽炎よ。覚えなくていいけど」


モブ田A「ど、どういうことだっ!」




陽炎「だってこのシマ……。今日から私たち陽炎組のシマにするから」シレッ




モブ田A「なっ……! く、クソガキが調子乗ってんじゃ――」


不知火「…………」ブンッ

ゴッ‼

モブ田A「ぐふっ……」ガクッ


モブ田A(な、なんだこの力……。こいつらはいったい……)


不知火「………………」ガシッ


モブ田A「お……おい、どっから来たのか知らねぇが……。お、俺たちを……甘く見るんじゃねぇぞ……」


陽炎「……続けなさい」


モブ田A「す、すぐに本部から援軍が来る……! お、お前たちなんて……――」


陽炎「たぶん来ないと思うわよ」


モブ田A「あぁ? 何を言ってやがる……」


陽炎「あんた達の本部とやらには、もう別の組員が行ってるわ。――あぁそうそう、あんた達の本部をそのまま使わせてもらおうと思ってたから、よろしくね」


モブ田A「な、なん……だと?」






―――モブ田組・本部


谷風「――かぁーっ。もう終わりかいっ? 骨がないねぇ」


モブ田C「ひ、ひぃっ! な、なんなんだこいつ等……!」


萩風「あと残ってるのは数人でしょうか……。おとなしく出て行ってくれるとうれしいんですけど」チラッ


モブ田D「わ、わかりましたっ! 出ていきますぅっ!!」ダッシュ‼

ワーワーギャーギャー‼

ニゲロー‼

嵐「――なーんだ、磯風の姉貴を呼ぶまでもなかったなぁ」


舞風「とりあえず踊る?」


野分「馬鹿言ってないで、組長たちがここに来るまでに掃除を済ませないと……――」


4 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:36:10.52 ID:O3FvFc3V0
―――商店街・団子屋


モブ田A「う、嘘だろ……。俺たちがこんなガキに……!」


陽炎「信じる信じないは勝手にすればいいわ」


不知火「組長……。こいつはどうしますか?」グッ


モブ田A「ひぃっ!」


陽炎「この店から盗ったもの取ったら、放っときなさい」


不知火「……組長が言うなら」パッ


モブ田A「ひ、ひぃぃいい!!」ダッシュ


不知火「………………」


陽炎「不満そうね」


不知火「いえ、そういうわけでは」


陽炎「あれでいいのよ。あいつにはスピーカーの役割をやってもらわないと。ここのシマは陽炎組のものになったぞー……ってね」


不知火「……なるほど」


陽炎「――さて。ねぇ、この店の娘よね?」


娘「は、はいっ!」ビクッ


陽炎「コレ、あいつが盗ったやつ。返しとくわ」スッ


娘「えっ……。で、でも……」


陽炎「次から何かあったら、私たち陽炎組に連絡しなさい。すぐに何とかしてあげるから」


娘「は、はい……」


陽炎「……それじゃ。不知火、もう少し掃除して帰るわよ」クルッ


店主「――ま、待ってくださいっ! な、何かお礼を……」


陽炎「お礼? いいわよ、そんなの」


店主「し、しかし、それでは私たちの気が収まりませんっ」


陽炎「そう言われても……。……あ、それじゃ――」


陽炎「この団子、二本貰っていくわね。……ほら、不知火」スッ


不知火「いただきます」


陽炎「これでチャラでいいわ。……それじゃ」パクッ

アラ、オイシイワネ
ソウデスネ

店主「す、救いの神が現れたのか……――」
5 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:37:13.35 ID:O3FvFc3V0



それは突如として、各地でほぼ同時に現れた。





―――モブ間組・本部

ワーワーギャーギャー‼

ドォン‼

モブ間A「――く、組長っ! 大変ですっ!!」


モブ間組長「あぁん? なんの騒ぎだぁッ!」


モブ間A「か、カチコミです……!」


モブ間組長「カチコミだとォ? どこの組の、何人だ」


モブ間A「そ、それが――」


ドカァァン‼


モブ間A「ひっ!」


モブ間組長「……ガキが、一人だと……?」


「………………」ツカツカ


モブ間組長「――おいっ! でてこい!」

ワーワー‼
イキテカエスナッ‼

「………………」


モブ間組長「へっ、俺らの兵力があんなもんだと思ってたのか? 待ち伏せてるとも知らねぇでよ」


「………………」


モブ間組長「なんだぁ? ビビっちまったのか? 今さら後悔しても――!」


「………………」ニヤッ


モブ間組長(こ、こいつ笑っ――)




「…………さぁ――」




「……ステキなパーティしましょ」




――――――

――――

――


6 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:37:50.74 ID:O3FvFc3V0
―――モブ木組・事務所


カツーン…
カツーン…


モブ木A「――あ、あいつが来るっ……。なんなんだよ……! なんなんだよォ、あのガキ共はァ!!」


カチャリ…


モブ木A「――っ!!」



「……今日は何の日?」



モブ木A「た、助け――」


バァンッ…‼





彗星のごとく現れた『艦娘』と呼ばれる極道たちは、元々シマを持っていた極道の組を潰して回り、徐々に……しかし確実に勢力を伸ばしていくのだった。



そして――。



―――モブ山組・事務所


モブ山B「――そうだ、兄貴。聞きました?」

モブ山A「あぁ? なんの話だ」

モブ山B「なんか最近、組が襲われてるらしいんですよ」

モブ山A「はっ、ガキにボコボコにされてるってやつか? おいおい、お前そんなの信じて――」



バァンッ‼



モブ山A「誰だァ? ……って、ガキ?」


暁「が、ガキって失礼ねっ! 暁よっ!」


モブ山B「こ、こいつら、もしかして……っ!」


「突然だけど、この事務所いただくわっ」

「はわわっ! 追い出しちゃうのですー!」


モブ山A「こいつ等なに言って――」


カチャリ…


モブ山A「……えっ?」



「ハラショー」


パァン…――

7 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:39:07.86 ID:O3FvFc3V0



――そしてこれは、構成員たった四人の艦娘という組がのし上がっていく、そんな物語である。








『 暁が如く 』


 第一話
 「いいことっ? 私たち、暁組!」














※注意書き
・著しいキャラ崩壊や、暴力的表現があるかもしれません。
・基本的には駆逐艦以外は出ません。
・アニメのような形式で、12話(最終話1時間SP)でやろうと思います。
・キャラごとの上下関係は、進水日の事は考えず何番艦かで。ですが、基本的には書きやすいようにやります。
・書き溜めなんかありません。


それでは、よろしくお願いします。

8 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:45:09.51 ID:O3FvFc3V0


『艦娘』たちが現れてから数カ月がたったある日の朝。

各地で『艦娘』たちの襲撃があった事件は、あまりにも突然で、しかしわずか数日にして大人しくなったことから、噂程度でしか知らない者たちも居た――。


―――暁組・事務所


チュンチュン…

モブ川A「――あぁんっ!? おいおい、ナメてんじゃねぇぞコラァ!」ガッシャーン


電「はわわっ。い、今すぐお茶淹れてくるのですっ」


雷「ちょっと、静かにしなさいよっ! 組長が起きちゃうじゃない」


モブ川B「はっ、まったく良いご身分だぜぇ。こんな時まで寝てるとはよぉ」


響「雷、私はちょっと出かけてくるよ……」ツカツカ…


雷「はーい、行ってらっしゃい」


雷「――それで、なんで私たちがあんた達の要求を飲まないといけないのかしら?」


モブ川A「ふざけてんじゃあねぇぞ。ここのシマはもともと俺たちとモブ山組が仕切ってたんだ」


雷「ふーん……」


モブ川A「そのモブ山組がどこに消えたのかは知らねぇが、ぽっと出のお前らが突然仕切るだと? 寝言は寝て言うもんだぜお嬢ちゃん」


雷「そう言われてもねぇ……」ウーン…


コソコソ…


モブ川B「……アニキ、なんか噂に聞いてたのとは全然違いますね……」ボソッ


モブ川A「あぁだから言ったろ、大したことないってよ。ただのガキってわけでもないみたいだが、それでも所詮はガキさ」


モブ川B「えぇ、うまい事扱えれば……」


雷「――何をボソボソ話してるのよ?」


モブ川A「あ、あぁなんでもねぇよ。……それで、話の方は理解できたか?」


雷「まぁね。……一つ確認なんだけど、元々この辺りのシマは二つの組で仕切ってたのよね?」


モブ川A「おうよ、そう言ったろ」


雷「そして、あなた達は私たち暁組を見逃す代わりに上納金を払え……ってことよね?」


モブ川A「あぁ」


雷「これがどうにも納得できないのよねぇ……」


モブ川B「あぁん? どういうことだっ」



雷「――だってコレじゃ、暁組があんた達モブ川組より下ってことになるじゃない」

9 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:46:31.93 ID:O3FvFc3V0

モブ川B「おいおい、何も間違ってねぇじゃねぇか。なんだったら組員連れて潰してやってもいいんだぜぇ!」


モブ川A「おい、少し黙ってろ」


モブ川B「へ、へい。すいませんアニキ……」


モブ川A「――なぁ、雷とかいったかお嬢ちゃん」


雷「何かしら?」


モブ川A「身の程はわきまえなくちゃいけねぇよ……。これでも譲歩している方なんだぜ?」


雷「身の程? ――……ごめんなさい、もしかしたら私が意味を間違えてるのかもしれないわ。どういう意味だったかしら」


モブ川A「やっぱりガキだなぁ、お嬢ちゃんよぉ」


モブ川A「新顔は新顔らしく、黙って俺たちに媚びへつらってりゃいいんだよ。……これで理解できたか?」


雷「…………なるほど。理解できたわ」


モブ川A「はっ、そうかそうか。そりゃ――」




雷「――あんた達が、どうしようもない馬鹿ってことがね」




モブ川A「……あぁ?」


モブ川B「――ッ! アニキ、もうやっちまいましょ――!」



ガッシャーン‼



モブ川B「――ぅがっ……!?」


電「はわわっ! つ、つい勢い余って……」


電「急須で頭カチ割っちゃったのですっ」ハワワッ


モブ川A「お、おいっ! ――て、テメェら!!」


雷「あら、動いちゃダメよ」スッ


モブ川A「うっ……」

モブ川A(な、なんだこの鉄の塊は……。イカリ……?)


雷「もう、電ったら。どうせやるなら急須じゃなくて灰皿にしなさいって言ったじゃない」


電「い、電もなるべくならカチ割りたくなかったのです……」


雷「――まぁ、しょうがないわ。……さて、今更だけどようこそ暁組へ。たっぷり可愛がってあげるわね」ニコッ


モブ川A「あ……いや……――」


10 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:47:58.63 ID:O3FvFc3V0

暁組の出来事とほぼ同時刻、また別の場所――。


―――陽炎組・本部

スッ…

野分「――失礼します」


浦風「ん、野分か……。急にどうしたんじゃ?」


野分「浦風の姉御にお伝えするべきが悩んだのですが、すこし表で騒いでる連中が居まして……」


浦風「騒いでる……ねぇ」


野分「はい。いまいち意思の疎通ができないのですが、若頭の名前を出していたもので……」


浦風「不知火姉さんの名前を?」


野分「追い返しますか?」


浦風「うーん……。――いや、通してええよ。ウチが対応するけん」


野分「……わかりました」





モブ藤A「――どーもどーも、アンタが陽炎とかっちゅう組長ですかぁ?」


浦風「……いえ、申し訳ないんやけど組長はいま不在ですけえ、ウチ……浦風が対応させていただきます」


モブ藤A「ほーん……。まぁ、なんでもええんやけど」


浦風「それで、今日はどのような用件でしょう?」


モブ藤A「……おい」


モブ藤B「へい。――それがなぁ浦風さん。あんたんとこの不知火ってやつが、うちの若いもんをボコボコにしてくれたんですわぁ」


浦風「不知火姉さんが……」


モブ藤B「それも無抵抗の若いもんを……。あぁーあ、若いもんの事を思うと涙がでてきますなぁ!」


浦風「それは……大変ご迷惑をおかけしました。今日はウチが頭下げるけん、どうかそれで手打ちにしてくれへんやろか」


モブ藤B「…………」ニヤッ


モブ藤B(アニキ……、やっぱり噂は噂だったみたいですなぁ)


モブ藤A(ああ……。おい、このまま畳みかけちまえ)


モブ藤B(へい)


モブ藤B「いやーいけませんなぁ浦風さん。仮にもこの世界、それだけで済んじゃ警察いらんでしょう……」


浦風「探り合いは結構ですけえ、単刀直入に言っていただけるとありがたいんやけど」


モブ藤B「じゃあ言わせてもらうわ。お宅の不知火、うちらモブ藤組に差し出してもらいましょか」
11 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:49:46.39 ID:O3FvFc3V0

浦風「……不知火姉さんを?」


モブ藤B「おうよ。若いもんが随分痛い目に遭わされたんや。それぐらいしてもらわんとなぁ」


浦風「………………」


モブ藤A「悩んでおりますなぁ。――まぁ、なんでしたら浦風さん。あんたでも別に構いませんよ」


モブ藤B「あっはっはっは。それはいいですねアニキっ!」


野分「…………姉御」


浦風「何もせんでえぇ。……不知火姉さんが起こした火種なら、不知火姉さんが始末付けるのも一つの筋ってもんじゃろなぁ……」


野分「………………」


浦風「――わかりました。後日、不知火の方をそちらに向かわせます。この度は本当に、ご迷惑をおかけしました……」


モブ藤A「はっはっは、物わかりの良い方で助かりますよ」


モブ藤A「……しかし、陽炎組がどんなものかと来てみれば、こんな簡単に仲間を売る組だったとは……。拍子抜けですわ」


モブ藤B「まったくですなぁ、アニキ。これじゃ――」



モブ藤B「――組長の陽炎とかいう奴の度量もその程度なんでしょ」



浦風「――――ッ」ピキッ



浦風「おどりゃあ……。……こっちが下手に出とったら調子に乗りおって……」ゴゴゴゴ…


モブ藤B「……へっ?」ビクッ


浦風「――もうええわ。不知火の姉貴に任せよう思うてたけど、気が変わった。ウチがやったる」ゴゴゴゴ…


モブ藤A「え……あ、あの……」


浦風「流石のウチも、組長を貶されて黙ってるほどお人よしじゃあないんじゃ!」


浦風「――谷風ッ!!」

ササッ

谷風「へいっ!」


浦風「砲持ってこんかい……。こいつらのどてっぱらに穴開けて、〇〇〇〇(ピー)して〇〇〇(ピー)詰めたる!」


谷風「かぁーっ! お任せをっ!」


モブ藤A・B「あ、あぁあああぁ……」ガタガタ…


「……谷風、少し待て」ガシッ


谷風「おぉっ?」


――――CMへ
12 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:50:43.17 ID:O3FvFc3V0

――――CM @

『スクモ戦士・ナガモン』


デレッデレーデレッデレーデレッデレー♪




「きゃああぁーー!」

「わー、逃げろー!」

「う、海から悪の手先、タキュウダーがやってきたぞー!」


タキュウダー「………………」ドゥンッ‼


ドカーン‼
ワーワーギャーギャー‼

ドゴーン‼
ニゲロー‼


タキュウダー「………………」ドゥンッ‼


バゴーン‼
キャーーー‼



「く、くそ……。俺たちの街がタキュウダーなんかにやられてしまうなんて……!」

「そんな……あんまりだわ」

「――ま、待て! みんなアレを見るんだッ!」



デレッデレーデレッデレー♪

「ふははははっ! 待たせたなっ!」デデーン‼




「「「ナ、ナガモンだー!!」」」



ナガモン「私を求める声がする……。私の名を呼ぶ、駆逐艦の声がするッ!!」



駆逐艦「「「ナガモンがんばれー!」」」



ナガモン「――うぉおおおお!!」


ナガモン「ナガモン……パーンチッ!!」


タキュウダー「………………っ」ドォン‼


ザッパァン…‼


駆逐艦「「「ナガモーンっ!!」」」


ナガモン「みんなの声援のお陰で、私は強くなれたっ! これからも応援、よろしく頼むぞっ!」



『スクモ戦士・ナガモン』来シーズン放送予定! みんな、絶対見てくれよな!

13 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 20:53:35.23 ID:O3FvFc3V0

※『スクモ戦士』となっていますが、これはただ私が宿毛湾泊地の提督だからであって、特に深い意味はありません。

 あと、方言も頑張って調べているつもりですが間違ってたらごめんなさい。もしよかったら教えてくれるとうれしいです。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:55:17.18 ID:GoJWWlYe0
次は何年かけて完結させるの?
15 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 21:20:46.96 ID:O3FvFc3V0

――――CM明け


谷風「おぉっ?」


浦風「なんじゃ、邪魔するんか? ……磯風よ」


磯風「いいや、浦風の姉御の邪魔なんかしませんよ」


浦風「ほう……。それじゃ、ウチの納得できる理由があるんじゃろうなぁ?」


モブ藤A・B(た、助けてくれたのか……!? い、今のうちに……)


磯風「姉御。こんなところで撃ったら、せっかくの畳が汚れてしまいます。しかし、姉御の怒りもわかります。ここは、この磯風に任せてくれませんか?」


浦風「………………」ゴゴゴゴ…


磯風「………………」


浦風「――……わかった。磯風に任せる」ハァ…


磯風「ありがとうございます。――浜風」


浜風「ここに」スッ


磯風「あの逃げようとしてる二人を捕まえて縛っておけ」


浜風「もう縛ってあります」


モブ藤A・B「んーー! んーー!!!」


浜風「――どうしましょうか?」


磯風「流石だな。……ちょうど、時津風姉さんの遊び相手が居なかっただろう。部屋に放り込んでおけ」


浜風「はい」

ンーー‼ ンーー‼

ズリズリ…


磯風「谷風」


谷風「へいっ!」


磯風「近隣の堅気の方々に迷惑を掛けなければ、手段は問わない。……モブ藤組を潰して来い」


谷風「かぁーっ! そっちの方が楽しそうだねぇっ! お任せをっ、行ってきます!」


磯風「……野分。後始末もあるだろうから、付いてってやれ。誰か連れていってもかまわん」


野分「はいっ」


磯風「……これでどうでしょうか、姉御」


浦風「ん、ええよ。……ウチもちょっと、不知火姉さんを探しに出かけてくるけえ。まったく、どこで何をやってるんじゃ……」


磯風「ははは……――」
16 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 21:22:30.10 ID:O3FvFc3V0


―――場面は戻り、暁組事務所


ガッシャーン‼

ハワワッ‼


暁「ん……んぅ……」ガバッ


オ、オイナニシヤガル‼

ワーワー


暁「もう……なにかしら……? 騒がしいわね……」フワァ…


ガチャ


雷「――あら、組長。ほらー、騒がしくするから組長起きちゃったじゃないっ!」


電「雷ちゃんもドタバタしてたのです……」


雷「わ、私はしょうがなくよ。しょうがなくっ!」


モブ川A「た、助け……て……」ボロッ



暁「」



暁「ちょ、ちょっとっ! ダメじゃないこんなことしちゃ!」アタフタ


雷「く、組長……」


電「ご、ごめんなさいなのです……」


モブ川A(よ、よかった……! こいつはまとも――)




暁「――レディは、相手を不必要に痛めつけないものよ。……だから、ね」ニコッ




モブ川A「えっ」



雷「……わかったわ、組長」キュッ


電「なのです」ポキポキ



モブ川A「えっ――」






イヤァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア……――




17 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 21:23:23.96 ID:O3FvFc3V0


暁「――あれ? そういえば響は?」


雷「あぁ、響なら早々にモブ川組を潰しに行ってたわ」


電「さすが、響ちゃんは行動が早いのです」


暁「……響だけで大丈夫かしら?」


雷「大丈夫よ。響の事だもの、きっとスマートにしてるに違いないわ――」






――モブ川組・事務所



響「Ураааааааааааааааа!!!!」ドンガラガッシャーン‼



モブ川C「うわぁーっ! な、なんだこいつはっ!」


モブ川D「か、敵わねぇ! 逃げろぉーッ!!」


ワーワーギャーギャー‼

ニゲロー‼



――――――

――――

――





グゥー…


暁「――……お腹すいたわね……」


電「なのです……」グゥー


雷「……それにしても、よかったの? 組長」


暁「えっ? なにがよ」


雷「さっきのやつ、逃がしちゃって」


暁「あぁ、いいのよ。もうこの事務所に来ることもないでしょうし、レディは無駄な労力は使わないものよ」


雷「ふーん、ならいいんだけど」


グゥー…


電「……響ちゃん、遅いのです」


暁「本当ね……。なにかあったのかしら……」


18 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 21:24:18.15 ID:O3FvFc3V0


ガチャ‼


響「――遅くなってすまない。いま帰ったよ」


暁「響っ! 遅かったじゃない、どこで何を……――」ハッ‼


ドササッ‼


雷「こ、これは……!」


電「お、おいしそうなのです……!」


響「帰ってくる途中で、商店街の人たちからみかじめ料をもらってきてたんだ――」




――――――


「――あっ、響ちゃんじゃないかい? ほら、これみかじめ料だよ。持ってきな」オニギリ


響「ハラショー」


「おぉ、響ちゃんじゃねぇか。ほら、みかじめ料のコロッケ、持っていきな」コロッケ


響「ハラショー」


「響ちゃーん。これ、リンゴでよかったら持ってって」リンゴ


響「ハラショー」


「おーい、響ちゃん。これ――」


――――――



グゥー…


電「――わーっ。みかじめ料なのですー!」


暁「もうお腹ペコペコよ。ま、まあ、まだ我慢できたけどっ」


雷「それじゃあ私は食器を用意するわね」


響「ふふっ。さぁ、ありがたくいただこうか――」



アハハハ…‼
ワーイワーイ…



たった四人の弱小事務所・暁組。

しかし、そんな彼女たちがいずれ極道の頂点に立つということは、まだ誰も知らない……――。



 第一話
 「いいことっ? 私たち、暁組!」

お わ り
19 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/03(火) 21:26:46.33 ID:O3FvFc3V0

【次回予告】

デデンデデン♪


初風「――陽炎組、若頭補佐……初風よ」


初風「はぁ……、どうして私たちの組ってこう血の気の多いやつばっかりなのかしらね」


初風「まったく、少しは陽炎の組長や私を見習ってほしいものだわ」


初風「みんなもそう思うでしょ?」


初風「――さて、次回『暁が如く』」


初風「『いいことばかりじゃない? 助け出せ、暁組!』」


初風「……任侠桜に仁義の嵐!」


初風「――えっ、ツチノコ? ……さぁ、なんのことかしら」



デデデンッ♪


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 23:45:30.52 ID:xP8ETLj8O
ちくしょう面白ぇじゃねぇか……乙
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 09:45:05.96 ID:PudPZRVr0
>電「い、電もなるべくならカチ割りたくなかったのです……」
お茶フイタwwwwww
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 14:48:13.54 ID:uMHpCPXfO
舞ってる
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 15:10:49.87 ID:qKN91sf7O
>>22
舞風乙
24 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 18:07:09.32 ID:fHUcux/D0


 第二話
 「いいことばかりじゃない? 助け出せ、暁組」



―――暁組・事務所


ニュースヲオツタエシマス…

暁「――へー、この近くでなにかあったみたいね。ニュースになってるわ」


電「あっ、電も知ってるのです。モブ藤組が襲撃されたとか……。なんでも屋敷ごと潰されたみたいなのです」


暁「ふーん、大変ねぇ……」


雷「って、そんな人事じゃダメよ組長っ」


暁「えっ、どうしてよ?」


響「――この件には陽炎組が関わっているから……。だろう、雷」


雷「えぇ、流石ね響」


暁「むっ……。あ、暁だってわかってたし……」


雷「とにかく、何があったのか知らないけど、陽炎組が動いたんだったら気をつけないといけないわ」


電「い、電も聞いたことあるのです……。艦娘の極道で最大勢力を誇る陽炎組……」


雷「今はまだ大丈夫そうだけど、いずれお互い無視できなくなってくるわ」


暁「……艦娘同士なんだから、仲良くできないかしら」


雷「それは難しいわね、組長。……とりあえず、まず私たちはこの辺りのことをどうにかしないとね」


暁「この辺り? ――あっ、そういえば遊園地が近くにあるって聞いたわっ」


電「わーっ、遊園地行ったことないのですっ」キラキラ


雷「……でも、その遊園地は睦月組のシマだわ」


暁「えっ」


雷「睦月組は、陽炎組に次ぐ勢力を持っている組よ。……まぁ、比較的おとなしいらしいけど」


響「でも、私たちのシマの隣に位置してるから、気をつけなければいけないね」


暁「ま、まぁ、別に遊園地なんていいけど……。子供じゃないし……」


電「えぇー……。残念なのです……」


雷「ほかにも、私たちとシマが近いのは夕雲組。夕雲組も陽炎組や睦月組に肩を並べる勢力よ。ただ、おとなしい睦月組と比べると活発に動いているみたいね」


響「あとは綾波組かな。組長の綾波を一回だけ見たことがあるけど、とてもすごいオーラを放っていたよ」


暁「へぇー、おーら……」ボー…


25 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 18:10:49.71 ID:fHUcux/D0


暁「わ、私はっ? 私のおーらはどうなのよ」


響「………………」


響「――組長も負けず劣らずのオーラさ」フッ


暁「や、やっぱり? ふふん、一人前のレディなら当然よね」


電「組長すごいのですー」


響「……ほかにも、綾波組には『血霧姉妹』と呼ばれる二人の若頭補佐がいると聞くよ」


雷「あとはまぁ、吹雪組かしら。……でも、あまりパッとした話を聞いたこと無いのよね」


雷「――それで、わかったかしら組長? ひとまず、私たちの近くにシマを持ってる組はこれだけあるって事」


暁「わ、わかってるわよ。もう……」


雷「本当はまだまだ居るのよっ。ほかは私たちのシマとは離れるけど、戦闘力は一番と噂もある白露組とか、まるで軍隊とも謳われる朝潮組とか――っ」


暁「わかったって言ってるでしょっ! もう、雷はおせっかいがすぎるのよ」プンプン


雷「はぁ……、大丈夫かしら」


響「――組長」


暁「なによ、響もまだあるのっ?」プンプンッ


響「いや、組長なら当たり前のようにわかってるとは思うけど……。もし私たちのシマを取られたら――」



響「もう、商店街の人からみかじめ料をもらえなくなってしまうな。と思ってね」


暁「」



暁「――それだけは避けなければならないわ……っ!!」ゴゴゴゴ…


響「同感だ」


暁「みんなっ! みかじめ料を渡すわけにはいかないわっ。このシマだけは何があっても絶対に守り抜くわよっ!」


電「おーっ! なのです!」


雷「ふふっ、さすが響ね。私もがんばるわ、おーっ!」








「――ハァ……ハァ……」


「ハァ……こ、ここが暁組か……ッ!」


「恨みはねぇが……。俺はやらなきゃならねぇんだ……ッ!」グッ

26 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 18:13:02.35 ID:fHUcux/D0


暁「……でも、シマを守るって具体的に何すればいいのかしら」


電「パトロールとかです?」


暁「うーん、そんなに何かあるかしら……」


響「………………っ」ピクッ


響「――組長」


暁「なぁに、いい案があるの?」


響「来客みたいだ」


暁「えっ?」


響「それも、望まないほうの――」



バァンッ!!



暁「だ、誰っ?」ビクッ


「暁組組長、暁ッ! その首もらっ――」


響「…………」スッ


「――ったァ!??」クルンッ


ドザァァ!!


「……ッ!? い、いま何が……」


響「どこの誰だか知らないけど、狙う相手を間違えたね。……とりあえず、腕一本もらうよ」ググッ


「ぐっ……!? がぁあああ――ッ!」ミシミシ…


暁「ちょ、ちょっと待ちなさい響っ! ストップよ!」


響「………………」スッ


「クソッ……! クソォ……!!」ボロボロ


暁「え、な、なんで泣いてるのよっ!? 響、痛いようにしてないっ?」


響「いや、もう押さえつけてるだけだよ」


雷「――ちょっとっ? ……って、私がお風呂入ってるときに何があったの?」


電「何がというか、急にこの人が入ってきたのです」


暁「もう……、なんなのよ……」



――――CMへ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 18:14:28.19 ID:rcUcn1/TO
駆逐艦最大派閥の1つがいない……これは……
28 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 18:14:57.79 ID:fHUcux/D0

――――CMA

『MyOUKO-TANMEN・アシガラ 激辛ラーメンリポート編』



羽黒「……ふぅ……。な、なんだか緊張しますね」エヘヘ


羽黒「――へっ? も、もうカメラ回ってるんですかっ!?」


羽黒「あ、あの、えっと! り、リポーターの羽黒ですっ!!」


羽黒「き、今日は、鎮守府内に昨日オープンしました『MyOUKO-TANMEN・アシガラ』に行ってみたいと思いますっ!」


羽黒「――お邪魔しまーす。……わぁ、とても良いにおいがしますねっ」


羽黒「ちょっと、お客さんに話を聞いてみましょう!」


羽黒「お、お食事中すいません。お味のほうはどうですか?」


M高「す、すこし辛い……。いや、すごい辛いですけど……、と、とても――ゴホッゴホッ!」


羽黒「…………べ、別の方にも聞いてみましょう!」


羽黒「すいません、お味はどうですか?」


N智「あ、あぁ! 辛さの中にも美味しさがあって、と、とてもクセになる味だなっ!」ダラダラ…


羽黒「わ、わぁー、そうなんですかー」


羽黒「――そ、それでは、リポーターの私も一口いただきたいと思いますっ」


羽黒「……すー……はー……」


羽黒「い、いただきますっ!」


ズルルッ


羽黒「……あっ、おいし――」


羽黒「――――――――!!!???」



〜〜ただいま、映像をお見せできません〜〜




羽黒「――……ゴホッゴホッ。い、いやー、とても美味しかったですね…………」


羽黒「そ、それでは皆さんも、一度行ってみてくだひゃい……。リポーターの羽黒でした…………」ズーン…




辛さの中に辛さをっ!
  しかし、それがクセになるとの声が殺到っ!
   辛党の方は是非『MyOUKO-TANMEN・アシガラ』へっ!!




足柄「みんなっ! 待ってるわよっ!」

29 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 20:32:42.52 ID:aqn6hBb30

――――CM明け


暁「――で、説明してもらおうかしら?」


モブ橋組長「今回はウチの若いもんが、本当に申し訳ありませんでしたっ」ドゲザッ


モブ橋A「す、すまねぇ。すまねぇ……オヤジっ!」


暁「べ、別に謝らなくてもいいわよっ! どうしてその若いもんがこんなところに来たのかを、私は聞きたいのよ」


モブ橋組長「……いや、非礼に非礼を重ねる気はねぇんですけど、こればかりは身内の話ですんでどうか……」


電「人の事務所襲撃しといて、それはないのですっ!」


雷「そうよっ! どうでもいいけど、扉直してってよねっ!」


モブ橋組長「そ、それはわかってはいるんですけど……」


響「……言わないというのなら、それでもいいさ。でも、その若いもんはウチの組長の命を狙ったんだ。ただで返すわけにはいかない」


モブ橋A「…………お、オヤジ。俺……――」


モブ橋組長「……わかりました、お話ししましょう」


モブ橋A「オヤジ……!!」


モブ橋組長「実は、情けねぇ話……ウチらは命令されてるんです。暁組を潰して来いって」


雷「なんだ、もともとその気はあったってことね」


モブ橋組長「ち、違うんだっ! 俺たちは、暁組に手を出す気はなかったんだ……」


電「どういうことなのです?」


モブ橋組長「俺だってバカじゃねぇ。このあたりのシマを少し歩けばわかる。このシマの人は幸せそうだ……。それを壊すなんて、俺にはできねぇ」


モブ橋組長「ですが、俺たちモブ橋組は小さい組です。どっか、でかい組にくっついてないとすぐに潰されちまう」


暁「その組って?」


モブ橋組長「モブ中組です……。モブ中組に命令されたんじゃ、俺たちは逆らうことができません……」


雷「……でも、手を出す気はないって」


モブ橋組長「あぁ、それでも今回ばかりは従うつもりはなかったッ! しかし……しかし……ッ!」ウゥ…


電「はわわっ。な、泣かないでほしいのです」


モブ橋A「モブ中組のやつらがッ! あいつらがオヤジの息子さんを人質に取ったんだッ! だから……、だから俺は……ッ!!」


モブ橋組長「馬鹿野郎ッ!! そんなみっともねぇ言い訳をするんじゃねぇよッ!」


暁「そんな奴らが……」


雷「これは酷いわ……」

30 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 20:33:55.09 ID:aqn6hBb30


モブ橋組長「すいやせん、恥ずかしい所をお見せしました……。――ですが、コイツがやったことは俺を思っての事だったんです」


モブ橋組長「どうか……! どうか、見逃してくれませんでしょうかっ! もちろん今後一切、暁組に近付かないことを誓いますッ!」


電「で、でもそれじゃ、息子さんはどうするのです……?」


モブ橋組長「俺だって極道の端くれ……。この世界に入ってから、覚悟はできていやす」


モブ橋A「オヤジィ……」ウゥ…


モブ橋組長「言い訳のように聞こえるかもしれませんが、俺はもともとそんな器のある人間じゃございやせん」

モブ橋組長「俺、学がないもんで。この時代、極道に入らなければ妻や息子を食べさせてやることができなかったんです……」

モブ橋組長「それでも目指してたのは、あんた達みたいな極道だ。身内だけでも、笑顔にできるような……そんな……」

モブ橋組長「だけど、そんな都合のいい事なんてあるわけないんだ。力のない俺たちみたいな組は……」

モブ橋組長「――もし、事が終わってまだ命があったら、きっちり足を洗おうと思いやす」


モブ橋組長「だから、だからどうか……!」


モブ橋A「お願いします……っ!」


暁「………………」


雷「………………」


電「………………」



暁「――ねぇ、みんな」


雷「わかったわ」


暁「えっ。ま、まだ何も……」


雷「言わなくたってわかるわよっ。息子さんを取り返しに行こうっていうんでしょ?」グスッ…


モブ橋組長「えっ……?」


電「組長はわかりやすいのですっ」


モブ橋組長「だ、ダメだっ! これは、これは俺たちの問題で……!」


暁「もう私たちも無関係じゃないわっ。息子さんを、一緒に取り返しに行きましょう……!」


モブ橋組長「ほ、本当ですかい……! お、俺は、なんてお礼を言ったら……!!」


暁「そうと決まったら、準備を……。――ってあれ、響は??」キョロキョロ



ガチャ…



響「――ただいま」


暁「ちょ、ちょっと響っ! いったいどこに――」ハッ‼

31 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 20:34:44.25 ID:aqn6hBb30










響「息子さんを取り戻して、ついでにモブ中組を潰してきたよ」



暁「でかしたわ響ッ」グッ‼



モブ橋息子「父ちゃぁーんっ!!」ダッ


モブ橋組長「うぉおお、息子よぉおおっ!!」ガバッ











32 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 20:35:31.39 ID:aqn6hBb30

――

――――

――――――


モブ橋組長「本当に、本当になんてお礼を言っていいか……!」


暁「気にしなくていいのよ。……もし、また何かあったら遠慮なく暁組に来なさい」


モブ橋A「俺はこんな人たちを……! 息子さんをありがとうございましたっ!」ウゥ…


暁「ほら、もう行きなさい。まっとうに生きるのよ」


モブ橋息子「バイバイ! ありがとう、お姉ちゃんたちっ!」








暁「――極道って、いいことばかりじゃないのね。私、みかじめ料の事しか考えてなかったわ」


電「そ、それはそれでどうかと思うのです……」


雷「……って、結局扉壊れたままじゃないっ! あーもうっ!」


響「私が直しておくよ」ハラショー


暁「あの人たちみたいに、私たちにもこれから辛いことがあるのかな……」


電「うーん……、あんまり想像したくないのです」


雷「難しいわね……」


響「………………」トンカントンカン…




暁「――でも、私たち四人で居れば、きっとどんな困難も乗り越えられるに違いないわっ!」ググッ‼


電「はわわっ! そうに違いないのですーっ!」


雷「そうよ、私がいるじゃないっ!」


響「ふふっ、ハラショー」



ワーイワーイ…
トンカントンカン…
アハハハハ‼






 第二話
 「いいことばかりじゃない? 助け出せ、暁組!」


お わ り


33 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/04(水) 20:36:30.81 ID:aqn6hBb30

【次回予告】

デデンデデン♪


皐月「――睦月組、本部長。皐月だよっ」


皐月「ボク達のシマにはね、でっかい遊園地があるんだー!」


皐月「遊びに来る子供たちの笑顔……。やっぱりかわいいよねっ!」


皐月「でもね、そんな笑顔を台無しにするような事件が起こってしまったんだ……」


皐月「――次回『暁が如く』」


皐月「『かん違いの遊園地! 暁組を追い詰めろ!』」


皐月「任侠桜に仁義の嵐っ!」


皐月「……ボクは、みんなを守って見せるよ」



デデデン♪


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 20:44:02.51 ID:pyvUtKBno
馬鹿馬鹿しさと勧善懲悪のバランスがとれてて面白いわ
これからどうなるか期待しときます
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 00:31:08.37 ID:6Gk+H4wVo
どんな世界でも六駆は天使だな
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 01:33:22.28 ID:s1Q/36wSO
>>6
モブ…キ…
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 08:24:34.36 ID:EWENzmAAO
よーし俺はこの艦娘たちの用務員さんとして働こう
38 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/05(木) 19:26:12.54 ID:b33KzN620


 第三話
 「かん違いの遊園地! 暁組を追い詰めろ!」



―――暁組・事務所……ではないある場所


コソコソ…

暁「――……いい、みんな。わかってるわね?」


電「な、なのです……」


雷「えぇ……」


響「ハラショー」


暁「これは遊びじゃあないの。……一瞬たりとも気を抜いちゃダメよ」


電「ぜ、絶対に気は抜かないのです……!」


雷「も、もちろん、私だって!」


響「………………」


暁「――さぁ、行きましょうか……! 遊園地へっ!!」






―――数刻前・暁組・事務所


暁「こ、これは……」


電「チケット……? いったい何のチケットなのです?」


雷「えぇっと、これは……」


響「遊園地のチケットだね」


暁「ゆ、遊園地……っ!」


電「遊園地……なのですっ!?」


響「あぁ、商店街の人がくれたんだ」


暁「……こ、これが…………」キラキラ…


暁「……よしっ! みんな――」


雷「ダメよ、組長」


暁「えっ」


雷「この前も言ったでしょ? この遊園地は睦月組のシマだって……。私たちが行けるわけないわ」


電「はわわ……、遊園地が……」

39 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/05(木) 19:27:22.04 ID:b33KzN620


暁「――で、でもっ、雷だって行きたいでしょっ?」


雷「うっ……。そ、そりゃまぁ……私だって……」ゴニョゴニョ


暁「じゃ、じゃあ……」


電「でも、睦月組の人に見つかっちゃったら怖いのです……」


暁「………………」


響「――それじゃ、偵察に行くのはどうだろう」


暁「て、偵察っ?」


響「そう。睦月組はシマも隣だし、相手の情報を知っておくのは重要だよ」


雷「スパイってことねっ!」


電「スパイなのですー!」


響「うん。……さぁ、どうする組長?」


暁「……決まってるわ。みんなっ、準備するのよっ!」


雷・電「「おーっ!」」


――――――

――――

――




―――暁組・遊園地


電「――次はジェットコースターに乗るのですっ!」キャッキャ


暁「え、えぇっ! さ、さっきも乗ったじゃないっ!」


雷「まぁまぁ、怖かったら無理して乗らなくても……」アハハハ


暁「こ、怖くないしっ!! 何回だって乗ってみせるわよっ!」フンガーッ


響「ふふっ、ハラショー」


アハハハ‼
ワーワー





「き、如月の若頭っ! これを……っ!!」


如月「……水無月? なにをそんなに慌てているの?」


水無月「た、大変なんですよぉ――っ!」


40 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/05(木) 19:29:59.36 ID:b33KzN620

―――睦月組・本部


如月「――組長。本部前に、これが……」


睦月「そ、そんなぁ……! こ、これは本当の事にゃしぃ?」


弥生「由々しき……事態?」


睦月「と、とにかく、組員総出で探さないと……! 皐月っ、連絡をお願いっ!」


皐月「任せてよっ!」


睦月「………………」


如月「……うなだれててもしょうがないわ、組長。さ、私たちも行きましょう?」


睦月「はぅ……――」


――――――

――――

――



暁「――クレープっていうのかしら、これおいしいわね!」


電「みかじめ料の中にはないのですっ」ハムッ


雷「そうねー、事務所でも作れるのかしら……」


響「とても力を感じる……。ハラショー」


暁「さて、次はどこに遊びに……。――偵察しようかしら」


雷「お化け屋敷とかは?」


電「お、お化け屋敷は怖いのです……!」


暁「あら、電怖いの? だらしないわねぇー」ガクガク


電「組長、足震えてるのです……」



「んあ? ……あれぇ、どっかで見たことある顔だなー……?」



暁「あっ……」


電「あ、あれは、睦月組の……!」


「んー……、ちょっと待てよぉ、思いだすから……」


雷「望月……だったかしら?」


望月「――そっか、思い出した。……君ら、暁組だね?」


――――CMへ
41 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/05(木) 19:32:32.82 ID:b33KzN620

――――CMB

『ボーキ戦隊・クウボレンジャー』



ドカーンッ‼

リュウジョーン「あーはっはっはっはっ! この大福製造工場はうちが壊してやったでー! こんなもん食べるから太るんやっ!」


イーッ‼
イーッ‼


リュウジョーン「この調子で、他の工場も……――」



「――待ちなさいっ!!」



リュウジョーン「……出よったな。クウボレンジャーっ!」



赤城「あなた達、悪の軍団タイホーンの思い通りにはさせないわっ!」


赤城「――私の赤は、燃焼の赤……! 赤城レッド!」ドカーン‼


加賀「………………………………加賀ブルー……」ボソッ ドカーン‼


飛龍「き、金曜日はやっぱりカレーよねっ! 飛龍イエロー!」ドカーン‼


蒼龍「目に優しいのはこの私っ! 蒼龍グリーン!」ドカーン‼


翔鶴「ツルのように美しく……! 翔鶴ホワイト!」ドカーン‼


瑞鶴「同じくっ! 瑞鶴ブラック」ドカーン‼



赤城「6人そろって……私たち――っ!」



「「「「「ボーキ戦隊・クウボレンジャー」」」」」ドカーン‼

加賀「………………」




リュウジョーン「クウボレンジャーめ、またもうちらの邪魔をするんかっ!」


赤城「当然よっ! 私たちが居る限り、この街は守ってみせる!」


リュウジョーン「ふはははっ! それじゃ、せいぜい守ってみぃ!」


赤城「――みんな、いくわよっ!」


飛龍・蒼龍・翔鶴・瑞鶴「おーっ!」

加賀「………………」




『ボーキ戦隊・クウボレンジャー』好評放送中っ!

みんなの応援、待ってるぜっ!

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 07:44:16.03 ID:yhRGX4Y3O
やる気あるようでない瑞鶴ブラック
43 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:01:48.35 ID:OnSBADHH0

――――CM明け


望月「――君ら、暁組だね?」


暁「…………み、みんな、作戦Dよ」


電「な、なのです……!」


雷「しょうがないわね……」


響「了解」


望月「ちょっと話を――」


暁「――逃げるわよっ!」クルッ


電「はいなのですー!」ダッシュ


雷「作戦ダッシュねっ!」ダッシュ


響「ハラショー」ダッシュ


ダダダダ…


望月「あー……。追いかけたほうがいいのかなー……。でもなぁ……」


三日月「――もっち、何をボーっとしてるのっ。こんな緊急事態に……」


望月「いやー、いまさぁ暁組の娘達が居たんだよー」


三日月「あ、暁組……ッ!!? ――って、なんで追いかけないのっ!」


望月「えっ? なんで?」


三日月「……でも、そうか……! 今日届いたアレは暁組の宣戦布告……ってことになるのね」


望月「…………いや、それは違うんじゃ――」


三日月「もっちは今すぐ暁組を追いかけてっ! 私は組長に報告と、入口の封鎖と……。――あぁもう、とにかく動かないとっ!」アワアワ…


望月「三日月? だから……」


三日月「ほらっ! 私は行くから、もっちも早く追いかけるっ!」ダッ‼


望月「あー……行っちゃった。……なんか面倒くさいことになりそうだけど、しょうがないかー……」





コソコソ…

暁「――お、追っては来てそう?」

電「それらしき影は見えないのです……」

雷「しかし、動きが早いわね……。もう入口の所に睦月組が居たわ……」

響「どう逃げようか……」


44 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:02:28.62 ID:OnSBADHH0

雷「強行突破……とか?」


暁「ダメよっ。なるべく争いは避けないと……」


電「で、でも……これじゃ私たち……」



「……なーんか、こっちから気配がするぴょん」



響「――近いっ!」

ヒョコッ

卯月「……やっぱり。暁組……見つけたぴょん!」


暁「逃げるわよ!」ダッ‼


卯月「ふふー。逃がさないぴょん!」ダッ‼

ダダダダ…

電「はわわっ! 撒けないのですっ!」


雷「マズいわね……!」


スッ


菊月「見つけたぞ……! 私が捕まえるっ!!」


暁「ま、前からもっ!?」


響「……やるか、組長?」スッ


暁「ダメって言ったでしょっ! ――仕方がないわ、みんな四手に分かれるわよっ!」


電「えっ! で、でも……!」


暁「でも、絶対こっちから手を出しちゃダメだからねっ? わかったっ!?」ハァハァ…


雷「話し合ってる暇はなさそうね……。わかったわ。それじゃ私はあっちにっ!」


電「い、電はあっちにいくのですっ!」


響「なら、私はあっちに」


暁「みんな、後でまた会いましょう……! 行くわよっ!」ダッ‼



卯月「――んんっ! バラバラになっちゃったぴょん!」


菊月「小賢しい真似を……! 若頭補佐っ! 私はあっちをっ!」ダッ‼


卯月「わかったぴょん! 卯月は誰にしようかな……」キョロキョロ


ハワワッ‼


卯月「……あれならすぐ捕まえられそうぴょん!」ダッ‼


45 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:03:21.46 ID:OnSBADHH0


――――――


菊月「待てっ!!」


雷「くっ……、私の方追ってきたわね……!」


――――――


電「はわ、はわわわわ……。あ、慌てすぎて観覧車に逃げ込んでしまったのです……! お、降りたらつかまっちゃうのです……」


卯月「ふっふーん、後は待ってるだけぴょん!」


――――――


暁「――こ、ここなら暗いし、安心かしら……」コソコソ…

ドロドロドロ…

暁「……ちょ、ちょっと慌てて飛び込んじゃったけど……。ここ、どこ……?」キョロキョロ


暁「少し寒いし……、なんか……まるで……お化けが――」


チョイチョイ


暁「…………えっ?」クルッ


バァ‼


暁「――――――っ!!!」



キァアアアアアアアアアアアアアアアアアア…―



文月「――……脅かしたら倒れちゃったのぉ? まぁとりあえず、運ぼっか〜」


――――――

――――

――



―――睦月組・本部


電「――組長! 起きるのです、組長!」


暁「……んぅ、なによ電……」


電「わ、私たち捕まっちゃったのです!」ハワワッ


暁「……ハッ! わ、私……お化けが――っ!」


如月「――あなたが暁組組長の暁ね?」


暁「こ、ここは……!」ギシッ

暁(くっ、縛られてる……)


46 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:03:54.41 ID:OnSBADHH0

如月「ここは、私たちの本部だわ」


睦月「――あなたが暁ねっ!」ガシッ‼


暁「ぐっ……」


電「――っ! く、組長を放すのですっ!」ジタバタ‼


如月「組長! 少し落ち着いて!」



睦月「さぁ、捕まえたんだからっ! 早く爆弾の在りかを言うにゃしぃ!」



電「ば、爆弾っ?? ま、待ってなのです! 私たち、爆弾なんてしらないのですっ!」


睦月「そんな嘘が……!」


暁「ほ、本当よっ! 爆弾なんて私たちは知らないわっ! た、ただスパイをしてただけよっ!」


皐月「いや、スパイって……」


如月「とにかくっ! 組長落ち着いて……!」


睦月「で、でも……!」


ガララッ


長月「組長! 暁組の雷を捕らえました!」

菊月「捕らえたのは私だ」

長月「あぁわかった! どっちでもいい」


雷「ふ、二人とも! 無事だったのね」

電「い、雷ちゃん!」


長月「でも組長……。本当かわかりませんが、爆弾のことは知らないようで……」

菊月「嘘に決まってる」

雷「ほ、本当に知らないったらっ!」


睦月「――そ、それじゃあこれはっ!? この手紙と爆弾の見覚えはっ?」


暁「知らないわ! あ、暁たちは……。スパイ……というか、その……本当は遊びに来ただけで……」ゴニョゴニョ


睦月「そ、そんな……」ガクッ


如月「組長……」


電「あ、あの、私たちは怒られると思って逃げちゃっただけなのです……。逃げないから縄を解いてほしいのです」


睦月「……わかったにゃしぃ」


皐月「えっ……。組長、いいの?」


睦月「うん……。解いてあげて……」

47 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:04:47.19 ID:OnSBADHH0

――――――


暁「――ふぅ。……それで、爆弾ってどういうことなの?」


睦月「今日、本部の前にこの手紙と火薬の無い爆弾が置いてあったにゃしぃ……」


電「えぇっと……。『今日、遊園地に火薬のついた爆弾を五つ設置する。止めたければ止めてみるがいい。しかし、乗客を逃がそうとしたりする動きを見せたのなら、即座に爆破する。覚悟しておくことだ』……って書いてあるのです」


如月「ごめんなさいね。それ、名前が書いてないでしょう? だから三日月から報告を聞いて、この手紙の差出人はあなた達だと勘違いしてしまったのよ」


暁「な、なるほど……」


皐月「いま捜索にでてる組員に、爆弾を探すように伝えるよ」


睦月「うん、お願い……」


雷「なんか、ごめんなさい。私たちのせいで複雑になってしまったのね」


如月「まぁ、こうなったことはしょうがないわ。また一からね……」


睦月「……暁組のみなさんは、早くこの遊園地から逃げてほしいにゃしぃ」


暁「ま、待ってよ。こんなの……ほっとけないわ」


睦月「うっ……うぅ……」


如月「組長……」


睦月「グスッ……、睦月は……組長失格にゃしぃ……! 遊園地に来た人たちを守りたいのに……、睦月には……なにも……」ボロボロ…


弥生「組長のせいじゃないよ……これは……」


睦月「――だ、だから、暁組の皆さんだけでも――」


暁「――――ッ!」


パンッ‼


如月「あ、あなたっ! 組長になにを……っ!」


暁「――しっかりしなさいよっ!! 組長なんでしょうっ!?」


睦月「あ、暁ちゃん……」


暁「他の組員を見てみなさいよっ! 諦めてる人が一人でもいるのっ!? 組長が最初に諦めてどうするのよっ!!」


睦月「で、でも……」


暁「でももだってもないわっ! ……いい? アナタは、最後まで堂々としてないといけないの。……じゃないと、組員は誰に付いていけばいいのかわからないわ……そうでしょう?」


睦月「………………うん」


暁「――じゃあ立ちなさいっ! しっかりと、どんな結果も受け止める。その覚悟をもちなさいっ!」



48 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:05:57.37 ID:OnSBADHH0


睦月「グスッ……。わかったにゃしぃ、睦月……泣かない!」


暁「そうじゃなくっちゃ!」


暁「――さぁ雷、電っ! 私たちも爆弾を探しに行くわよっ!」


雷「わかったわっ! 私に任せてっ」


電「電がみつけてみせるのですっ!」


如月「ふふっ、私たちも負けてられないわね」


弥生「必ず……見つける……」


睦月「み、みんな……!」


ガララッ


響「――お邪魔するよ」


暁「ひ、響っ! なんでここが……」


響「様子を窺ってたんだけど、どうやら風向きが変わったみたいだったからね」


電「これからみんなで、この遊園地に設置された爆弾を探しに行くところなのですっ!」


雷「えぇっ! 響も……って、響……それ、なに持ってるの?」


響「ん、あぁこれかい? これは――」


















響「逃げてる途中で爆弾を五つも見つけてね。ついでだから全部解除しておいたんだ」


暁「でかしたわ響ッ!」グッ‼




睦月「こ、これっ! 手紙と一緒に置いてあった爆弾と一緒にゃしぃ!」


如月「五つある……。これで全部だわ!」


ワーワー‼

ヤッター‼

ワーイワーイ‼


49 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:07:36.63 ID:OnSBADHH0


――

――――

――――――


睦月「――本当に、感謝してもしきれないにゃあ!」ガバッ‼


暁「わわっ! ……騒がせちゃったしね、気にしなくていいのよ」


如月「いいえ、あなた達はこの遊園地を救ってくれたの。……気持ちは素直に受け取ってほしいわ」


電「……でも、結局この爆弾を置いたのっていったい……――」


ガララッ‼


「おうおうおうおうっ!! 邪魔するぜぇ!」


睦月「あっ、あなた達はっ!!」


モブ辺A「覚えてるかぁ? このモブ辺組をよぉ!!」


雷「誰なの?」

如月「もともとこの辺りを仕切っていた組よ。……今回の爆弾騒動はこいつらの仕業だったのね」


モブ辺A「がっはっはっは! お前たちはどうせ俺たちの顔なんて覚えちゃいねぇよなぁ? そのおかげで悠々と爆弾を設置することが出来たぜぇ」


睦月「あなた達ッ……! 絶対に許さないにゃしぃ……!」


モブ辺A「おいおい。そんな口を聞いていいのかなぁ? このボタン……押しちまうぜ?」スッ


モブ辺B「………………あ、アニキ」


モブ辺A「あぁ? 今いい所なんだから――」


モブ辺B「い、いや、アレってウチの爆弾じゃないですか?」


モブ辺A「あぁん? ……いち、にぃ、さん、しぃ、ご……。五つあるじゃねぇか」


モブ辺B「………………」


モブ辺A「………………」


モブ辺A「――あっ、じゃあ俺たち帰るんで」

ガシッ‼

皐月「……まぁまぁ。せっかくなんだから、少しゆっくりしていきなよ。ねぇ、みんな」

弥生「………………」ポキポキ
卯月「それがいいぴょん」ゴキッ
水無月「そうそう……」
文月「やっちゃって、いいよねぇ」
長月「久々に本気になったよ」
菊月「悪いが……」
三日月「睦月組の誇りを」

望月「……あーあ。知ーらない」


イヤァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア…――

50 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:08:25.23 ID:OnSBADHH0

――

――――

――――――


暁「――それじゃあ、暁たちは帰るわね」


如月「うん……。改めてお礼を言わせて、本当にありがとう」


雷「いいのよ。困ったときはお互いさまでしょ」


睦月「お互いさま……かぁ」


睦月「――今度はちゃんと遊びに来てねっ! チケットなんかいらないよっ。暁組ならいつでも歓迎にゃあ!」


電「わぁー! 本当なのですっ!?」


響「ハラショー」


如月「もちろんよ」フフッ


雷「よかったわね、組長っ!」


暁「ま、まぁ……そうねっ!」


睦月「暁ちゃんっ! なにか、困ったことがあったらいつでも言ってほしいにゃしぃ。睦月組は、どんなときも暁組の味方だからねっ!」


暁「……えぇ! それじゃあね!」




――――――


暁「……なんか、大変な一日だったわね」


電「まったくなのです」


雷「でも、なんだかんだ楽しかったんじゃない?」


暁「……そうかもね」


電「――それにしても、組長が睦月さんを説得したのはかっこよかったのですっ!」


響「……へぇ、どんな感じだったんだい?」


雷「そっか。響はいなかったもんね。えぇっとねぇ――」


暁「も、もうっ! 恥ずかしいから止めなさいよぉーー!」






 第三話
 「かん違いの遊園地! 暁組を追い詰めろ!」


お わ り


51 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/06(金) 22:09:13.42 ID:OnSBADHH0

【次回予告】

デデンデデン♪


霰「朝潮組……若中、霰です」


霰「朝潮組は……とても、良い所……です」


霰「本当です……。みんな……良い人です……」


霰「陽炎組は……ちょっと怖いです……」


霰「……次回『暁が如く』……」


霰「『よもや激突……? 陽炎組 対 朝潮組』」


霰「……任侠桜に、仁義の嵐……」


霰「――え……? 私に改二です……か……? ……ほんとに?」




デデデン♪
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 22:34:45.71 ID:92xZVhXo0
おつ
そして霰ちゃんおめ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 01:10:43.38 ID:NrgvIc2CO
おつ
かわいい
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 08:49:57.21 ID:JWAnLRvE0
いくらでもみかじめ払いたくなる
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 15:11:07.41 ID:XCBhBb/go
島風組とかいう最精鋭だけで構成された組
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 17:20:36.51 ID:tb/BHugD0
暁ちゃんの器のでかさと響のチートっぷりよ
57 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/07(土) 19:17:40.11 ID:R/AEFjLD0


 第四話
 「よもや激突……? 陽炎組 対 朝潮組」



―――陽炎組・本部


陽炎「――黒潮。最近どうかしら」


黒潮「へっ? 急にどうしたんや、組長」


陽炎「別に、ただの世間話よ」


黒潮「ほーん? まぁ、うちが任されてる財務管理の事なら、全然問題はないで。うちらには、なにより雪風がおるからなぁ」


陽炎「そう、それはよかったわ」


黒潮「ただ……あえて言うなら、不知火姉さんにもう少し大人しくするよう言ってもらえへんやろか」


黒潮「あの人は周りの被害を考えへんから……。堅気の方々に渡す金も馬鹿にならんで」ハァ…


陽炎「…………言っておくわ」アハハ…


陽炎「――あぁ、そうそう。睦月組の話って知ってる?」


黒潮「あー、あのもともとあの辺りを仕切ってた組が、遊園地で手に入る金惜しさに爆弾しかけて、返り討ちにされたっちゅう話やったっけ?」


陽炎「そう。……ただ、あの事件。暁組が関わっているらしいわ」


黒潮「へっ? 暁組が爆弾しかけたってことかいな?」


陽炎「あぁ違う違う。暁組と睦月組が協力体制にあったってことよ」


黒潮「なるほど……。それはまぁ……」


陽炎「何か動きがあるみたいね……。暁組はたった四人の組って聞いてるけど、その力は正直未知数だわ。気を付けないとね」


黒潮「まぁ大丈夫やろ。暁組のシマとうちらのシマは離れてるし……」


陽炎「そういう油断が――」


ドタバタドタバタッ‼

バンッ‼


時津風「くみちょーっ!!」ウワーン‼


陽炎「と、時津風……? どうしたのよ?」


時津風「さっき起きたらさーっ! 私のオモチャが居なくなってたんだよぉー!」ウワーン‼


陽炎「なんだ、そんなこと……」


黒潮「それなら、また何人か連れてきてもらえばええやん」


時津風「でもさー。……こんな手紙が置いてあったんだー」


58 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/07(土) 19:18:39.12 ID:R/AEFjLD0


黒潮「ほほう? なになに……『拝啓 陽炎組さま。お前たちのオモチャは預かった。返してほしくば明日の正午、○○の倉庫まで来い』だと。また微妙な場所を指定するもんやなぁ。うちと朝潮組の境やないか」


陽炎「それもあるけど……。ってことは、私たちに気付かれずにこの本部の中に入ったってこと?」


黒潮「……だったら、下のもんが手を抜いてたってことやろか」


陽炎「それでも考えづらいわね。……ふふっ、おもしろい事してくれるじゃない」


黒潮「ちょっ、組長が行くんかっ? 別に浦風とかに行かせれば……」


陽炎「別にいいわ、体動かしたいと思ってたとこだし。……時津風も一緒に行きましょうか」


時津風「うんっ! いくー!」


黒潮「はぁ……。まぁ、せいぜい気を付けてな」


陽炎「わかってるわ。……明日の、正午ね……――」






―――その翌日 朝潮組・事務所


朝潮「ねぇ……。私たちは、このシマの方々を助けることができたと思う?」


大潮「またセンチメンタルですねー、朝潮組長! 最近は落ち着いてるじゃないですかー」


満潮「そうですよっ! 最近は組の残党も出なくなったし!」


荒潮「うふふふ……、心配性ですねぇ」


朝潮「モブ田組と、モブ本組の度を越えたショバ代とみかじめ料。それに苦しめられてる人々は、見るに堪えなかった……」



――――――


朝潮「…………こ、これは……」


「もうダメだ……。金なんかねぇし、逃げようとしたらそれこそ殺されちまう……」

「こんなとこ、客も来るわけがねぇ。あいつらはゆっくりと俺たちが苦しむのを楽しんでやがるんだ」

「うわーん! うわーん!」


朝潮「…………ッ!!」



―――モブ本組・事務所

トントンガチャ‼

朝潮「失礼っ!」


モブ本A「……あぁ? 何の用だ」


朝潮「これはあんまりではないですかっ!? あなた達には、苦しんでる人々が見えないのですか!」


モブ本A「はっ! おいおい、お前になんの関係があるってんだ」

59 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/07(土) 19:19:51.33 ID:R/AEFjLD0


モブ本A「お嬢ちゃん、教えといてやる。……この世は弱肉強食さ。あいつらが弱いのがいけないのさ。あっはっはっは!!」


朝潮「…………っ!」グッ‼


モブ本A「――おい、誰か早く追い出せ」


モブ本B「へいっ!」


朝潮「――だったら、私が代わります」


モブ本A「あぁ……?」


ドゴォン‼


朝雲「さぁーって、出番よね。山雲、準備できてる?」


山雲「朝雲姉はせっかちさんね〜。爆雷、投げま〜す」ポイッ


カンッ…

モブ本A「なっ……――っ!!」

ドカーン‼


――――――

――――

――



朝潮「――あれから少しは……」


ドタバタドタバタッ


霞「組長ッ! 大変ですっ!」


朝潮「か、霞? いったいなにが?」


霞「住民からの電話で、〇〇の倉庫で何やら怪しい動きがある……と!」


朝潮「――っ! また組の残党がなにかを……っ? すぐに向かうわ!」





―――〇〇の倉庫


陽炎「……そろそろ時間ね。さて、どうなるかしら」

時津風「がるるー!」


バタバタ‼


朝潮「――ここねっ、この倉庫――……って、あ、あなたは陽炎組の……!?」


陽炎「そんな…………嘘でしょ。まさか、朝潮組――?」


―――CMへ

60 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/07(土) 20:37:46.98 ID:R/AEFjLD0

―――CMC

『パスタの国から』


アーアーーアアアアアー♪
アーアーーアアアアアー♪



イタリア「る、るーるるる……。るーるるるる……」



アーアーーアアアアアー♪



リベッチオ「パスタが無ければ暮らせないよっ!!」



アーアーーアアアアアー♪



ザラ「ここでの生活に……金はいりません」


ザラ「小麦粉と水…………、なんなら後は卵を使って……パスタを作ればいいんです」


ザラ「どうしても食べたいなら、マカロニも作ればいい」



アーアーーアアアアアー♪



ポーラ「それでもやっぱり……私はお酒が飲みたいわけでありぃ〜……」


ポーラ「こっそり家を抜け出してはぁ〜……地中海をみながら、お酒におぼれるのでしたぁ〜……」



アーアーーアアアアアー♪




ルイージ「……あむっ……」クルクル


ローマ「………………」


アクィラ「すいません、あの――」


ローマ「子供が、まだパスタ食べてるでしょうがっ!」パリィン‼



――――――

――――

――



『パスタの国から』
 地中海テレビ系列にて放送中。



61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 02:20:06.19 ID:VfeBa0q/O
おつです

ええいCMはいい
朝潮ちゃんを映せ朝潮ちゃんの天使ぶりを!
62 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/08(日) 23:53:54.55 ID:3eDzoXUE0

――――CM明け


朝潮「――あなたは、陽炎組の……っ!?」


陽炎「嘘でしょ……。まさか、朝潮組……?」




コソコソッ


モブ本A「へっへっへ……。どうやらうまくいったみたいだなぁ、モブ田組よぉ」


モブ田A「あぁ、作戦成功だ。うまくぶつけることができたみてぇだ」


モブ田A「くくっ……! 陽炎め……。どうせ何もできねぇとでも思って逃がしたのかもしれねぇが、俺はタダじゃ転ばねぇ男だぜ」


モブ田A「お前たちが使ってる本部は、もともと俺たちの本部なんだってことを忘れるんじゃねぇぞ。いざという時の隠し扉ってもんがあんのさ」ククッ…


モブ本A「しかし、陽炎組を連れてくるとは……。なかなかやるじゃねぇか」


モブ田A「そっちこそ。朝潮組をうまく誘導したな」


モブ本A「あいつらは馬鹿正直なもんでな。適当に電話入れてやりゃこの通りよ」


モブ田A「ふふっ……! こうなっちまえば、あいつらも争わずにはいられないはずだ……」


モブ本A「弱り切ったところを、俺たちが潰すって算段だな。ふざけたやつらだが、そうなれば俺たちも負けやしねぇ――」




陽炎「……参ったわね。……正直、まだ朝潮組とはぶつかりたくなかったんだけど……」


朝潮「……同感です」


陽炎「でも、そうも言ってられないわよねぇ? こうして出会ってしまったんだもの」


朝潮「……えぇ。幸い、ここなら大きな被害は出ないでしょうし」



陽炎「……時津風。……やるわよ」

時津風「がるるー……!」



朝潮「みんな、覚悟はできた?」

大潮「テンションアゲアゲですっ!」ガチャッ

満潮「えぇっ、いつでも」

荒潮「仕方ないわねぇ〜……」




モブ田A「ははっ! いよいよやり合うみたいだぜっ!」

モブ本A「へっへっ! 本当、馬鹿な奴らだっ!」



初風「――見ーつけた」



63 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/08(日) 23:54:53.11 ID:3eDzoXUE0

モブ田A「――なっ!? て、テメェは……!?」


ザザッ

初風「……組長。組長の読み通り、居ましたよ。今から連れて戻ります」



ザザッ

陽炎「――あら、それはよかった。お願いね」スッ


朝潮「……見つかりましたか?」


陽炎「みたいだわ。悪いわね、猿芝居につき合わさせちゃって」


朝潮「いえ、かまいません。それよりも、陽炎さんが居てよかったです」


大潮「はぁ〜っ! なかなかスリリングでしたねっ」


満潮「別に、そうでもないわ」


ズリズリ…

初風「――お待たせしました」


モブ田A「こ、この野郎っ! この縄を解きやがれっ!」ジタバタ


モブ本A「お、おいッ! これはどういうことだッ!!」


荒潮「うふふふふ。あなた達が、なにも知らなかったってだけよぉ」


モブ本A「なんだとっ!?」


陽炎「もともと、私たちと朝潮組は同盟関係にあるってことよ。……まぁ、知らなくても不思議じゃないわ。誰にも言ってないもの」


モブ田A「くそったれめ……!」


陽炎「あら、久しぶりね。とっくに逃げたものだと思ってたけど、その根性は見直したわ」


モブ田A「いつから気付いてやがった」


陽炎「最初っからよ。だいたい、色々と不自然だし」


時津風「――ねぇねぇくみちょー。こいつ、私のオモチャにしていいの?」


モブ田A「ひっ……」


陽炎「まだダメよ。……とりあえず、私たちの本部にどうやって忍び込んだのか、詳しく聞かないとね」


モブ田A「お、俺が喋ると――」

陽炎「アンタは喋るわ。……いずれ、喋りたくなる。そういうものよ」


モブ田A「…………っ」ゾクッ‼


陽炎「――朝潮。もしそっちが良ければ、この二人は陽炎組が預かるけど……。それでいいかしら?」


朝潮「はい、お願いします」

64 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/09(月) 00:17:11.42 ID:Hrdufd1q0


朝潮「……しかし、危ない所だったのかもしれません」


陽炎「あぁ、同盟関係に無かったらってこと? 正直、それでも私は朝潮組に手をだそうだなんて思ってないけどね」


朝潮「それはありがたいのですが……。もし、この場に居たのが陽炎組じゃなくて、白露組だったらと思うと……。少し、自分は軽率だったのかもしれません」


陽炎「……たしかに、ね。……まぁ、白露組はあの若頭が居る限り、こんな安い罠に引っかかるなんてことないでしょうけど」


朝潮「わ、私はその安い罠にかかってしまったのですが……」ウツムキ


陽炎「あははっ、そうだったわね」


陽炎「――でも、それが朝潮の良い所だと思うわ。恥じることはないわよ。……それに」


朝潮「……それに?」


陽炎「そんなあなたを支える組員が居るでしょう? ……それでいいのよ、自分の道を貫きなさい」



大潮「アゲアゲですねっ!」

満潮「ふんっ……」

荒潮「うふふふふっ」



朝潮「――……はいっ!」



陽炎「ふふっ……。それじゃ、私たちは引き上げるわね」


朝潮「わかりました。……陽炎さん、お達者で」




朝潮「――それじゃ、私たちも帰りましょうか」


朝潮「私たちのシマへっ!」


大潮「おーっ!」

満潮「はいはい……!」フフッ

荒潮「はぁ〜い!」


アハハ‼

アゲアゲデス‼



――――――

――――

――





 第四話
 「よもや激突……? 陽炎組 対 朝潮組」


お わ り
65 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/09(月) 00:18:19.18 ID:Hrdufd1q0

【次回予告】

デデンデデン♪


若葉「若葉だ」


若葉「………………」


若葉「………………」


若葉「………………」


若葉「次回『暁が如く』」


若葉「『くう腹の秋月組/謎多き初春組』」


若葉「任侠桜に仁義の嵐」


若葉「……だが、悪くない」



デデデン♪
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 00:21:24.54 ID:lq2/jYE/0
おつ
次回予告の体を為してないwwww
…だが、悪くない
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 00:33:50.36 ID:8hueBom50
しかしスレタイの元ネタと思われる龍が如く要素皆無やな。
まぁ陽炎が「トイレェェーッツ!!」とか叫んでたり
夕立が配電盤引っこぬくのは絵的に可哀想ではあるが
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 10:20:35.79 ID:oQ7Hf1fgo
夕立ならやりそうな気がする
69 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 00:37:25.52 ID:tq7CcYBD0


 第五話
 「くう腹の秋月組/謎多き初春組」


―――暁組・事務所


ブーン…‼
アハハ‼


暁「……んぅ。……なによ、朝から騒がしいわね……」ムニャムニャ


ガチャ


電「はわわっ! 飛んでるのですー!」


雷「で、でも、操作が難しいわね……。――って、組長っ!?」


電「あ、危ないのですっ!」


暁「えっ……?」


ブーン‼
ガンッ‼


暁「――んがっ! ……な、なにかぶつかった?」


雷「ご、ごめんね組長」

電「あー、組長が急に扉開けるからなのです」


暁「私は悪くないでしょっ!? ……これ、なによ?」


雷「ドローンっていうんだって。なんでも、今度にやるお祭りの景品なんだとか。一個くれたの」


暁「どろーん……? ふーん……」


雷「組長もやってみる?」


暁「ま、まぁ……。それじゃ、ちょっとだけ……――」




――――――

ブーン…‼

暁「――む、難しいわね……」カチャカチャ


電「天井にぶつかっちゃうのです!」


電「あぁっ、ほら! 壁に行っちゃうわ!」


暁「わ、わかってるわよっ! え、えぇっと、こっちのレバーが高さで……」エート…


ガチャ


響「――ただいま」


暁「ひ、響っ! 危ないっ――」

70 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 00:38:01.56 ID:tq7CcYBD0


響「…………」パシッ


暁「あっ……」


電「組長とは大違いなのです」ボソッ


暁「わ、私だって寝起きじゃなきゃ――!」


響「邪魔をしてすまないね。……ただ組長。ちょっと問題があったんだ……」


暁「えっ、問題……?」


響「うん。口で言うより、見てもらった方が早いかもしれない――」




―――暁組のシマ・公園


秋月「――うぅ……」

照月「はぅ……」

涼月「………………」

初月「くっ……」



暁「こ、この人たちは……?」


響「シマの人たちの通報があってね。どうやら秋月組らしいんだけど、みんなここで倒れていたんだ」


電「あ、あの、大丈夫なのです?」


雷「ど、どうしましょう。救急車でも呼ばなきゃっ?」


秋月「ご…………を……」


暁「えっ? なんて言ったの?」



秋月「――ご、ご飯を……下さい……」ギュルルル…

照月「うぅ…………」グルルル…

涼月「………………」グゥー…

初月「くぅ…………」グゥ…



暁「……ご、ご飯……――?」




―――暁組・事務所


秋月「――助けていただいてっ! 本当にありがとうございますっ!!」ドゲザァ

照月「とっても、おいしかったですっ!」

涼月「この御恩は忘れません……!」

初月「すまない、助かった……」


71 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 00:38:30.83 ID:tq7CcYBD0


暁「すごい食べっぷりだったわね……」


電「みかじめ料が無くなっちゃったのです……」


秋月「す、すいません……。もう何日も水しか飲んでなかったもので……!」


雷「しかし、あんた達どうしてあんなところに?」


秋月「え、えぇっと、その……。――あ、これドローンですね」


暁「ドローンがどうしたのよ」


秋月「い、いえ、実は……。私たち秋月組は日々射撃訓練を一生懸命やっていたんです」


秋月「そして、ある時このドローンを見つけて。射撃訓練に良いんじゃないか……って話になったんですけど……」


電「けど……?」


秋月「き、気付いたらお金なくなっちゃって……。そしたらもう、あれよあれよという間に土地も取られちゃって……」


秋月「今日までなんとか水だけで生きてたんですけど、ついにあの公園で倒れちゃったんです」エヘヘ…


暁「バカなの?」

電「バカなのです」

雷「バカね」

響「ハラショー」



秋月「――と、とにかくっ! この御恩はわすれませんっ! ……忘れないのですが……その……」


暁「なに、どうしたのよ?」


初月「僕たち、行くところが無いんだ……」

涼月「な、なので、その……ご迷惑だとは思うのですけど……」

照月「――どうかっ、私たちを置いてはくれませんかっ?」


暁「えぇっ!? そ、そう言われても……」


雷「まぁ、下の部屋なら開いてるわ」


電「でも……みかじめ料が……なのです」


秋月「わ、私たち、一生懸命働きますからっ!」


ブーン…


響「…………っ! 組長っ、窓の外を見て!」


暁「……あ、あれって……!?」


電「ど、ドローンの大群なのです……!」


雷「どういうことよっ!?」

72 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 00:39:00.43 ID:tq7CcYBD0


モブ山A「――はっはっは!! 観念しやがれ暁組め……!」


モブ山B「さすがアニキっ! すごい執念っす!」


モブ山A「長かったぜぇ……。お前らに事務所を追い出されてから、復讐することだけを考えてやってきたんだっ!」


モブ山A「この、ドローン爆弾で……事務所ごと吹っ飛ばしてやる!!」


モブ山B「しかし、あの秋月組とかいうとこが馬鹿で助かりましたねっ!」


モブ山A「あぁ、自分たちの金とドローンが盗られてることに気付かねぇで、さらには土地までくれたんだからなぁ」


モブ山B「ははっ、いい気味ですぜ!」



響「――……どうやらあのドローン、爆弾が付いてるみたいだ。組長、ここは引こう」


暁「ば、爆弾ッ? みんなっ、逃げるわよッ!」


電「はわわっ! だ、大事な物は……!」


雷「そんなの今はいいわっ! いいから行くわよ!」


暁「――ほらっ! 秋月達も早くっ!」


秋月「…………みんな、屋上へ!」


照月「うんっ!」

涼月「はいっ!」

初月「あぁ!」


電「え、皆さん、逃げないのですっ?」


秋月「ここは秋月組にお任せを! 練習の成果、示す時ですっ!」



―――暁組・事務所・屋上



秋月「――いい、みんなっ。……一機も地上に落としちゃダメよ」


照月「任せてっ!」

涼月「近づかせるわけにはいきません」

初月「了解っ!」


秋月「さぁ、始めましょう。――撃ち方、始めっ!!」


バババババッ‼


チュドーンッ‼

モブ山A「――あっはっはっはっ!! 全部ぶっ壊れちまえっ!」


モブ山B「……あ、あれ、アニキ……。なんかおかしくないですか?」


73 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 00:40:11.47 ID:tq7CcYBD0

チュドーンッ‼

モブ山A「な……っ! ドローンが空中で……っ!?」


モブ山B「そ、そんな……!」





秋月「――止めっ!」


秋月「……全部、撃ち落とせたでしょうか……」


暁「す、すごいじゃないっ! よくやってくれたわ!」


電「すごいのですー!」


雷「……あれ、響。ドローンに爆雷なんか付けて、何してるの?」


響「あぁいや、向こうのドローンがこっちに届くなら、こちらのも……って思ってね」ブーン…


雷「わぁ、操作上手じゃない、響」




モブ山A「そ、そんな……嘘だろ……」


モブ山B「全部、撃ち落とされちまった……」

ブーン…

モブ山A「――ってあれ、一機帰って来る……?」


モブ山B「いや、アレはウチのじゃないですよ」


モブ山A「じゃあアレはなんだよ」

ポトッ

モブ山B「ん、なんか落とし――」

ドッカーン‼


――――――

――――

――




暁「――しょうがないわね、わかったわ。下の部屋に置いてあげる」

秋月「わ、わぁっ! ほ、本当ですかっ!」

暁「ただしっ! ちゃんとシマの人たちの手伝いをして、自分でみかじめ料をもらうのよっ。わかった?」


秋月「はいっ! ありがとうございますっ!」

照月「やったぁー!」

涼月「精一杯、がんばりますね」

初月「あぁ、本当によかった――」


――――『くう腹の秋月組』終わり。CMへ

74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 00:50:14.35 ID:HfGkFvEF0
夕立は壊し屋。時雨は谷村スタイル。白露はダンサースタイル。
村雨はスラッガースタイルってイメージはちょっとある
75 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 01:03:07.10 ID:tq7CcYBD0

――――CMD

『グリーンリーフ探偵事務所』



「はぁ……。提督はいま、どこで何をしているのかしら……」


「べ、べつに、司令官のことなんて気になってないし……!」


「提督さん提督さん提督さん提督さん提督さん提督さん――」


「北上さん、ケガとかしてないかしら……」


「ポーラが酒瓶を持ってどこかへ……っ!?」




青葉「――青葉ですっ! そんなあなたのお悩み、解決しますっ!」


青葉「安心丁寧、明朗会計っ! 今ならお得なアフターサービスまでっ!」




―――お客様の声


「提督の居場所が常にわかるようになりましたっ。とても満足してます」

「ま、まぁ、便利だと思うわ」

「提督さん提督さん提督さん提督さん提督さん――」

「はぁあああああああ、北上さんの写真がぁああああ」

「妹をすぐ見つけることができるので、とても助かっています!」



青葉「お客様満足度No.1! この機会にみなさんもどうしょうかっ?」


青葉「まずは無料相談窓口までお気軽にお電話をっ!」


青葉「グリーンリーフ探偵事務所でした!」



76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 08:55:02.97 ID:ZF2jWmfSO
地獄絵図
77 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 21:14:57.98 ID:tq7CcYBD0
 『謎多き初春組』


―――どこかの倉庫


モブ村A「――……ぐっ!」ガバッ‼


モブ村A「……あ、あれ、どこだここ? 縛られてるし……、俺なんでこんなところに……」キョロキョロ


モブ村A「た、たしか、俺は……」


モブ村A「――そ、そうだ……。事務所に居たところを急に襲われて……!」


モブ村A「クソッ! つかまっちまったのか……、逃げないと」ジタバタ


モブ木A「――諦めな。そんなんで解けるんだったら、誰も苦労してねぇよ」


モブ村A「えっ? だ、誰だあんたは……?」


モブ木B「おうおう、ここに居るのは天下のモブ木組のアニキだぜぇ。気安い口きいてんじゃねぇぞっ!」


モブ木C「そうだそうだっ!」


モブ村A(俺と同じく縛られてるやつに威張られても……)


モブ木A「はっはっは……。まぁまぁ、そんな畏まんなくたっていいぜ。……で、お前は?」


モブ村A「お、俺はモブ村組のもんだ……。ここがどこだかわかるのか?」


モブ木A「はっ、わかるわけねぇだろ。俺だってお前と同じで、気付いたらここに居たんだからよぉ」


モブ木B「あぁん? てめぇアニキに変なこと聞いてんじゃねぇぞコラァ!」


モブ木C「そうだそうだっ!」


モブ村A(なんだこいつら……)


モブ木A「――ま、こんなことしてくれたのが、何処のどいつだか知らねぇが……。へへっ、後悔させてやるぜ……」


モブ木B「ひゅー! さっすが、こんな状況でも怯まない男だぜっ!」


モブ木C「さすがさすがっ!」


モブ村A「と、とはいっても……どうするっていうんだ?」


モブ木A「ふんっ、これだからひよっこは……。――まぁ見てな。俺がちょっと言葉を荒げたら、誰だって許しを請うってもんだ」


モブ木B「フーフーっ! そこに痺れる憧れるゥ!」


モブ木C「ふーふーっ!」


ガララッ‼


カツーン…
カツーン…


モブ木A「――へっ、さっそく来たみたいだぜ……。……見てなッ!」

78 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 21:15:26.17 ID:tq7CcYBD0

カツーン…
カツーン…


モブ木A「おうおうおうおうッ!! いい度胸じゃねぇかあぁんっ!? 俺をどこの誰だか知ってんのかあぁんっ!?」


カツーン…
カツーン…


モブ木A「天下のモブ木組だぜぇ……! お前たちなんかなァ、バラッバラにして犬の餌にしてやるぜあぁんっ!?」


「………………」カチャリ


モブ村A(なんだ……? 暗くてよく見えないが、子供にも見える……――?)


モブ木A「ハッ! おう、いい度胸じゃねぇか! はっはっはっ、撃てるもんなら撃ってみやがれあぁんっ!?」


「…………今日は何の日?」


モブ木A「あぁんっ!? 知るかバカ野郎ッ!! いいから大人しく――」バァンッ‼

ドサッ…


モブ木B「えっ」

モブ木C「えっ」

モブ村A「えっ」


カツーン…
カツーン…


カチャリ…

モブ木B「ひっ……!」


「…………今日は何の日?」


モブ木B「え、えぇっと、今日はですねーっ!! 確か○月の○日だったかと――」バァンッ‼

ドサッ…


モブ木C「えっ」

モブ村A「えっ」


カツーン…
カツーン…


カチャリ…

モブ木C「あ、あぁあああ……」


「…………今日は何の日?」


モブ木C「あ、あのぉ……えっとぉ――」バァンッ‼

ドサッ…


モブ村A「えっ」


モブ村A(えぇえええええええ…………ッ!!?)


79 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 21:17:06.54 ID:tq7CcYBD0


カツーン…
カツーン…


モブ村A(ま、マズいマズいマズいマズいッ!! な、なんなんだこのクレイジー野郎は……!!)


モブ村A(『今日は何の日?』だとっ!!? 答えはなんだっ? 二番目のやつが言った、ただの日にちじゃダメなのか……? で、でもそれじゃ何の日なんだッ!!?)


カチャリ…


「…………今日は何の日?」


モブ村A(は、早く言わないと殺される……! な、なにかいい答えは……、なにか……――)




モブ村A「――ぼ、ボクの命日〜。……な、なんちゃって……」アハハ…


「………………」ニヤッ



モブ村A(わ、笑った……! 助かっ――)




「 当・た・り 」カチャ



モブ村A(あっ、俺死んだ……)





キィイイイイ…


初春「――待つのじゃ、子日っ!!」ピカー‼


モブ村A(な、なんだ……? 俺は死んだのか……? あれは……神か……)


子日「………………」スッ


初春「……そこのお前」


モブ村A「は……はい……」


初春「生きたいか?」


モブ村A「い、生きたいです……!」


初春「……ならば、わらわのためにその命、使うと誓えるか?」


モブ村A「はい……っ! 誓います……っ!!」


初春「そうか……。――初霜っ!」


初霜「初霜、ここに……」


初春「この者を『昇華の間』へと連れていくのじゃ……。生きることの喜び。同志と共に分かち合おうぞ」


80 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 21:18:02.09 ID:tq7CcYBD0


初霜「ふふっ、ではこちらに……」


モブ村A「い、いいんですか……。私なんかが……」


初霜「私たちはね、一人でも多く救えるなら、それで満足なのよ」ウフフ…


モブ村A「うっ……ぐすっ……! ありがとうございます、ありがとうございますっ!」


初春「はっはっは……。精進するのじゃぞ」



キィイイイイ…

バタンッ



初春「………………さて、もういいぞ」

ガバッ

モブ木A「――ふぃー! いやぁー、子日の姉御っ! 今日の演技も極まってましたねぇー!」


モブ木B「何回やっても鳥肌が立っちまいやすぜっ!」


モブ木C「子日の姉御っ! 最高っす!」


子日「…………あ、あの、組長。子日、もう辞めたい……」ズーン…


初春「何を言っておるのじゃ! まだ今日のノルマが残っておるのじゃぞっ!」


モブ木A「そうっすよっ! 最高だったじゃないっすか!」


子日「で、でも……」


初春「子日……。これも我が初春組を大きくしていくためじゃ。わらわのために、もう少し頑張ってくれんか?」ガシッ


子日「…………はい」


初春「ふっ、それでこそ子日じゃ」

シュタッ

若葉「組長。準備できました」


初春「うむっ! よし、それじゃ引き続き頼むぞっ!」


モブ木A・B・C「はい、組長!」キラキラ


子日「…………はぁ……」


――――――

――――

――


 第五話
「くう腹の秋月組/謎多き初春組」


お わ り

81 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/10(火) 21:19:03.12 ID:tq7CcYBD0

【次回予告】

デデンデデン♪


白雪「――吹雪組、若頭を務めております、白雪です」


白雪「雨には雨の戦い方がある……。とは言いますが、今回ばかりはそれも難しい……」


白雪「雨は雨でも白露組。あの若頭・時雨を筆頭に『血濡れの村雨』『狂犬夕立』……どれも強敵ぞろい」


白雪「隣にシマを持ってしまったが不運。私たち吹雪組の運命は……?」


白雪「次回『暁が如く』」


白雪「『キケン、近寄るなっ! 武闘派集団白露組』」


白雪「組長……、どうかご決断を」



デデデン♪


82 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [sage]:2018/04/10(火) 21:24:37.83 ID:tq7CcYBD0

しまった。

白雪「次回『暁が如く』」

白雪「『キケン、近寄るなっ! 武闘派集団白露組』」

白雪「任侠桜に仁義の嵐!」 ←New

白雪「組長……、どうかご決断を」


で、最後お願いします。
83 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:37:25.56 ID:cjwHVKvl0


 第六話
 「キケン、近寄るなっ! 武闘派集団白露組」


―――暁組・事務所


暁「――お祭り?」


雷「えぇ、この前言わなかったかしら?」


電「今度、このあたりの商店街でお祭りがあるのですっ!」


響「ハラショー」


暁「……そういえば、ドローンがお祭りの景品だとかなんとか言ってた気がするわ」


雷「だから、私たちも何か手伝いをしないとね」


暁「えっ? て、手伝いって言っても、何をやるのよ?」


電「お手伝いはお手伝いなのです」


暁「えぇー……、ちょっと面倒くさいかも……」


響「……そうか。残念だね」


暁「えっ?」


響「……手伝えば、みかじめ料でお好み焼きやたこ焼き、焼きそばとか貰えるかもしれないのに――」



暁「――みんなっ! 暁組の勢力を上げて手伝うわよッ!」



「「「おーっ!」」」




トントンガチャッ‼


秋月「――み、みなさんっ!」ガバッ‼


暁「秋月? そんな慌ててどうしたのよ」


秋月「そ、それが……。私たちが見回りをしてたら……その、見つけてしまって……」


暁「見つけた……? 見つけたって……なにを?」


秋月「そ、それがですね……――」



――――――

――――

――



84 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:38:04.85 ID:cjwHVKvl0


場面は変わり、白露組の近くのシマ――。




―――モブ口組・本部


モブ口組長「――白露組だァ? はんっ、だから何だってんだよ」


モブ口A「し、しかし組長! あいつらの事を甘く見ない方が良いですよっ! あいつらのせいで、近くにシマを持ってた組のやつらは……――」


モブ口組長「ガタガタうるせぇっ! お前、いつからそんなビビりになっちまったんだ、えぇっ?」バンッ


モブ口A「――っ! く、組長……!!」


モブ口組長「おいおい、よく考えてもみろよ。近くにシマを持っていたやつらがやられただぁ? それがどうした」


モブ口A「えっ?」


モブ口組長「俺たちだって、あの程度のシマを奪おうと思えば出来たんだよ。ただ、少し面倒だっただけだ」


モブ口組長「むしろ好都合じゃねぇか。その白露組を潰せば、全部のシマが俺たちのものになるってことだしなァ……。くく、はっはっはっ!!」


モブ口A「………………っ!」


モブ口A(組長はわかってない……! 確かに、モブ口組はこの辺りでは一番の規模を持ってはいる……。そこらの組になら負けるはずはない)


モブ口A(――だがっ! 『あいつら』はそんなもんじゃない……! 俺は……この目で……――)



―――うふふふっ。いい感じ、いい感じ……。



モブ口A(――今でも、目を閉じれば聞こえてくる……。あの悪魔の声が……!)


山風「――はぁ……、……なんで私がこんなこと……」ボソッ


モブ口A「…………えっ?」


山風「…………なに?」


モブ口A「な、なにって……。お前は……!」


春雨「もう、山風。口を慎みなさい」


山風「………………」ムー


モブ口組長「……へぇ、テメェらが噂の白露組か?」


春雨「はい、どうやら知っていただけているようですね」


モブ口A(いつの間に本部の中にっ!? 組長を逃がさないと……!)


スッ


モブ口A「――ッ!!?」


85 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:39:17.79 ID:cjwHVKvl0

海風「――ゆっくり動いてください。変なマネはしないように」


モブ口A「……わ、わかった」


モブ口組長「……で? お前たちは俺たちと戦争でもしようってのか? こんなとこまで土足で入ってきやがって……。礼儀のなってねぇガキ共だぜ」


春雨「戦争……というと、少し違うかもしれません」


モブ口組長「へぇ? それじゃなんだってんだ?」


春雨「戦争というのは、ある程度実力が拮抗してないとできないでしょう? だから、これは違うかと」


モブ口組長「言いたいことがわかんねぇな。……同盟でも組みたいってか?」


春雨「寝言を言うには、随分と目が開いているようですが」


モブ口組長「…………ッ!」ブチッ


春雨「――ここは狩場です。今から約十分後、ここにハンターが来ます」


モブ口A「狩場? ハンター? なにふざけたことを……!」


春雨「どう思おうがあなた達の自由です。――私たちは、あなた達が逃げないように監視させていただきます」


モブ口組長「ハッ! 逃げ出すのはそっちの方だろッ!! ――出て来いッ!!」


バタバタッ
ワーワー‼


モブ口組長「お前ら……、生きて帰れると思うなよ」


春雨「――江風、涼風」


江風「はいよっ!」

涼風「がってんだ!」


モブ口B「なっ……!」


ドゴッ‼
ギャーッ‼


モブ口A「だ、ダメだッ! お前たち、手を出すんじゃないっ!」


春雨「そうです。ここに居る私たちには争いの意思はありません」


春雨「――あぁ、もう時間が無くなってしまいますね……。それでは、私たちはこれで」


モブ口組長「誰が逃がすか――」

カチャリ…

山風「――動かないで……」


モブ口組長「――ッ!」


春雨「山風。……村雨姉さんに怒られますよ」


86 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:40:00.55 ID:cjwHVKvl0

山風「………………」ムー


モブ口A(……村雨? それって……もしかして……)


春雨「――あなた達に逃げ道などありません。……生き残る道はただ一つ」




春雨「 立ち向かうこと 」




春雨「それでは、がんばってくださいね」ニコッ


――――――

――――

――



モブ口組長「お前ら……、武器は持ったか?」


ガチャガチャ…


モブ口A「く、組長。やはり、逃げたほうが……!」


モブ口組長「ここまで馬鹿にされて、逃げられるわけがねぇだろ……! ハンターだかなんだか知らねぇが、ぶちのめしてやる……!」




「お邪魔しま〜す」




モブ口A「…………っ」


モブ口A(この声……。やっぱり、村雨っていうのは……!!)


ガララッ


村雨「あらあら、いい感じね……。春雨はいい仕事をしてくれるわ」


村雨「――うふふふっ。それじゃ、始めましょうか……」ニコッ


モブ口組長「――やっちまえっ!!」


村雨「 村雨……狩り、だーい好き 」



ドォン‼ドォン‼
ギャアアアア‼
ウワァアアアア‼
ドゴォン‼


――――――

――――

――


―――CMへ

87 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:40:44.88 ID:cjwHVKvl0

―――CME

『ヒエーハウス・COnGO弐番屋』


デデデデン♪

榛名「――霧島、聞いて!」


霧島「榛名、急にどうしたの?」


榛名「なんとですね! あの、ヒエーハウスが鎮守府にオープンするんですっ!」


霧島「そ、そんな……! 艦隊の頭脳と言われる私が、そんな大事なことを見逃していたなんて!」


榛名「今すぐにでもチェックしないといけませんねっ!」



金剛「――その心配は無いネー! 榛名、霧島!」



榛名・霧島「「金剛お姉さまっ!?」」


金剛「今度openするヒエーハウスのために、ちゃーんとクーポンを確保したデース!」


榛名「さすがお姉さま!」


金剛「さらに! Openしてから一週間は、ドリンク一杯無料のサービスもやってるのネー!」


霧島「すごい情報ですねっ!」


金剛「サァ! 準備はOK?」


榛名・霧島「「はいっ!」」


金剛「――Hey! そこのキミも、一緒に行くデース!」





あのヒエーハウスCOnGO弐番屋がついにオープン!

 その新感覚の味を、あなたの自身でぜひ味わってみてはっ?

  場所は『甘味処・間宮』のすぐそば!



比叡「気合! 入れて! 待ちますっ!」


比叡「――皆さんっ! ぜひ来てくださいねー!」



88 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:41:42.43 ID:cjwHVKvl0

―――CM明け


―――白露組・本部


「――ねぇ、時雨?」


時雨「はい、組長」


白露「白露組はまだ一番じゃないの?」


時雨「はい、まだです。いま、みんな頑張っている最中ですから」


白露「ふーん……。いつ一番になれるの?」


時雨「大丈夫ですよ。そう遠くない未来に……必ず」


ガララッ


村雨「――はいはーい! 村雨、いま戻りましたー」


時雨「あぁ遅かったね。また遊んでたのかな?」


村雨「そうかも。いい感じに……ね」


時雨「――五月雨」


五月雨「は、はいぃっ!」


時雨「村雨にタオルを。そのままじゃ畳が汚れちゃうよ」


村雨「えっ?」ボタボタ…


五月雨「も、持ってきますっ! ――あっ」ガッ


ドンガラガッシャーン‼


村雨「もう、大丈夫? ……ちょうどいいから、村雨ちょっとお風呂に入ってこようかな」


時雨「そうするといいよ」


村雨「――あら、夕立は?」


時雨「夕立なら、もう行っちゃったよ」


村雨「えぇっ? まだ止めておく予定じゃなかったの?」


時雨「まぁ、いいんじゃないかな。春雨たちに様子を見に行ってもらってるし」


村雨「村雨も行きたかったなー……」


時雨「お風呂に入ってからでも、きっと間に合うさ。何しろ相手は――」



時雨「――あの吹雪組だからね」



89 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:42:41.35 ID:cjwHVKvl0

村雨「残ってればいいけど……」


時雨「それでも艦娘さ。人間とは違う……」


ガララッ‼


時雨「――あれ、夕立?」


夕立「………………」ムスーッ


村雨「もう終わった……ってわけじゃなさそうね。なにがあったの?」


夕立「…………居なかったっぽい」ムスー


村雨「居なかったって……」


時雨「ふふっ。へぇ……なるほどね――」








―――暁組・シマの空き家


暁「――それで、これを見つけたってわけね」


秋月「はい……」


「あ、あのごめんなさいっ! 撃たないでくださいっ!」ヒーッ‼


初月「どうしようか?」カチャ


暁「砲は下ろしていいわ」スッ


雷「あなた達、吹雪組よね? ……どうしてこんなところに?」


吹雪「あ、あのっ! 私たちのシマが、し、白露組に狙われてるって情報が入って……」


電「えっ! あ、あの白露組なのですっ?」


白雪「……えぇ。ですので、早々にシマを引き上げてきてしまったのです」


吹雪「苦肉の策だったんですが……。幸い、白露組は堅気の人たちには興味が無いみたいなので……。お別れを言う暇は、ありませんでしたけど……」


響「それで、何故ここに?」


叢雲「ここが暁組のシマだって知らなかったのよっ!」


磯波「ほ、本当です! 私たち、逃げるのに一生懸命で……」


浦波「ほとぼりが冷めたら、こっそり出て行こうと……してたんですけど」


初月「そこを、僕たちが見つけたってところか」


吹雪「はい……」

90 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:43:36.48 ID:cjwHVKvl0


吹雪「――お、おねがいですっ! 本当に悪気はなかったんです! 見逃してもらえれば、すぐ居なくなりますから!」


暁「……別にいいけど。あなた達、行くところはあるの?」


吹雪「あ、いや……。はぁ……」ガックシ…


雷「……どうするの、組長?」


電「ちょっと、可愛そうなのです……」


暁「…………そうね。私に一つ、良い案があるわ」


雷「案……?」


暁「――吹雪組のみんな、あなた達が良ければこのシマに居てもいいわよ」


吹雪「ほ、本当ですかっ!?」グワッ‼


暁「ただしっ! ……条件として、吹雪組にはある仕事をしてもらうわ」


吹雪「し、仕事……ですか? そ、その仕事っていったい……?」


暁「……それは――」


――――――

――――

――




ワーワー‼
ドンチャンドンチャン♪
アハハハッ‼



吹雪「――綿あめー! 綿あめはいかかですかー!」


白雪「甘くて、おいしいですよー!」


初雪「なんでこんなことに……」ズーン…


深雪「まぁまぁ、初雪の姉貴! 綿あめでも食べて……」


叢雲「はいっ、お釣りよ! ――って、なに見てるのよっ」


暁「うんうん。よく仕事してるわねっ!」


雷「いいじゃない!」


電「なのです!」


叢雲「ふん、組長命令よ。あんたの言うことを聞いてるわけじゃないわ」


磯波「だ、ダメですよ叢雲姉さん……。お客さんもいますし……」



91 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:44:21.91 ID:cjwHVKvl0


雷「――お祭り、手伝ってもらえてよかったわね」


暁「ふふんっ。やっぱりレディは頭を使わなきゃね」


電「お祭りって、賑やかで楽しいのですー!」



「射的ー! 射的はいかがですかー!」



暁「あっ、射的もやってるみたいね!」



秋月「秋月の射的屋ですよー! いかかですかー!」


照月「照月の射的もどうですかー!」


涼月「涼月も、射的やってます……!」


初月「少しぐらい譲り合おうよ姉さん……」ハァ…



暁「あははっ、相変わらずね」


響「――それじゃ、射的やろうかな」


秋月「はい、どうぞー!」


響「………………」スッ


パパパパッ‼


秋月「ちょっ! ひ、響さんストップストップっ!!」



電「わぁー! 響ちゃんすごいのです!」


雷「あはは、容赦ないわね」


暁「――さてっ! 私たちも、何か手伝えることがないか聞いてみましょうか」


雷「そうねっ」


電「なのです!」


響「ハラショー」ドッサリ


秋月「け、景品が……」


暁「――それじゃ、みかじめ料獲得のため、みんな張り切っていくわよっ!」


「「「おーっ!」」」



 第六話
 「キケン、近寄るなっ! 武闘派集団白露組」

お わ り
92 :ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz [saga]:2018/04/18(水) 22:45:35.63 ID:cjwHVKvl0

【次回予告】

デデンデデン♪


春風「神風組、若頭補佐……春風です」


春風「最近、他の組の動きが激しくなっているみたいですね」


春風「私たちはただ、静かに暮らせればそれでいいのですけれど……」


春風「はたして、『風』はどこへ吹くのか」


春風「次回『暁が如く』」


春風「『けんもほろろ、神風組/陽炎組の収入源』」


春風「任侠桜に仁義の嵐……ですね」


春風「風が嵐にならないことを祈りましょう……」



デデデン♪


93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 00:57:38.99 ID:tLbas8hE0
おつ、吹雪型はみんないい子だなぁ
そしてやった!次は神風型か!
110.78 KB Speed:5.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)