僧侶「勇者様は勇者様です」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 21:36:38.42 ID:66S2KmHM0
過去スレ

狐神「お主はお人好しじゃのう」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447422430/
狐神「おぬしはお人好しじゃのう」 其ノ貮
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474192815/

の続きとなっています。
全て書き終わってから立てるつもりでしたが、モチベーション維持のために始めることとしました。
そのため例によって不定期にゆっくりと更新されていきます。
前回は一年間かかってしまいましたが、今回はなるべく早く終われるようにはしたいです。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523190998
2 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 21:42:43.70 ID:66S2KmHM0
《はじまり》


──遥か昔、まだ世界が混沌としていた頃の話……

──死を振りまく厄災、魔王の恐怖に怯える日々が続いていた……

──しかしその暗黒の日々に終止符を打つ者たちが現れた……

──絶対神様のご加護によって聖なる力を手にした一行……

──勇者とその仲間達、彼ら八人によって邪悪は打倒され、永劫の平和が訪れたのであった……
3 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 21:47:04.61 ID:66S2KmHM0





勇者「……だそうだけど」

僧侶「初代勇者の英雄譚の一節ですよね。それがどうかしましたか?」

勇者「永劫に平和なら、何でこんな事をしているんだろうなって」

僧侶「仕方がないですよ。勇者一族の大事な勤めの一つなんですから」

僧侶「根も葉もない噂だったとしても、魔王の名がそこにあるなならば貴方が行かなくてはならないのです」

僧侶「そうすることで人々は安心することが出来ますから」

勇者「それにしたって最近多くないかな。“魔王軍の残党が現れた”って噂」

僧侶「確かに頻繁に有りすぎる気がしますね……」

勇者「騒ぎになるのを見て面白がっている愉快犯がいるかもしれないね」
4 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 21:51:57.90 ID:66S2KmHM0
僧侶「そうだとしたら許せませんね」

勇者「僕も面倒だしね」

勇者「さて、ここが目的地か」

僧侶「私は教会に挨拶に行って来ますね」

勇者「僕はその辺うろついているかな」

僧侶「あまりに遠くには行かないでくださいよ」

勇者「もう僕が教会に行かないことに対しては怒らないんだね」

僧侶「その事は半ば諦めています……ですが、貴方にもいずれ正しい信仰の心が芽生えると信じています」

僧侶「何故ならば貴方は絶対神様に選ばれし勇者の血統なのですから」

勇者「はいはい」
5 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 21:57:19.30 ID:66S2KmHM0
僧侶「はあ……貴方はもう少し大人になるべきですね」

勇者「善処はしているよ」

僧侶「……まあいいです。さっきも言いましたが遠くには行かないでくださいね」

勇者「そこまで子供扱いしなくても良いじゃん……」

勇者「じゃあ後でね」

僧侶「はい、それでは」

勇者「…………」

勇者(特に理由はないのだけれども、昔から教会で祈る気分にはなれない)

勇者(得体の知れない胡散臭さを感じてしまうのだ)

勇者(こんな気持ちで形式だけの祈りをしても逆に失礼な気がして最近は教会に入ることも少なくなった)
6 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:05:06.00 ID:66S2KmHM0
王都郊外の町の子供「あ、勇者様だ!」

勇者「こんにちは」

王都郊外の町の子供「こんにちは!」

王都郊外の町の子供「ねえ、腰にあるのがあの勇者の剣?」

勇者「そうだよ。お仕事で来ているから一応持ってきたんだ」

王都郊外の町の子供「えっ、悪い怪物がこの辺にいるってこと!?」

勇者「うーん、どうだろう。いないと思うんだけど、本当に現れたとしても僕達がいるから大丈夫だよ」

王都郊外の町の子供「だよね! 勇者様がいれば安心だもんね!」

勇者「うん、そうだね」

勇者(実際は父さん達抜きでの実戦経験はあまり無いから、僕らだけで対処できるかわからないけど……)
7 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:11:06.32 ID:66S2KmHM0
勇者(まあ今回もただの噂だと思うけどね)


その時、何かが崩れる音とと悲鳴が勇者の耳に届いた。


王都郊外の町の子供「な、何の音……!?」

勇者(……噂だと良かったんだけど……)

勇者「君は直ぐにお家へ帰りなさい。危ないから今の音がした方に行ったら駄目だよ」

王都郊外の町の子供「う、うん……!」

勇者(音がした方角はあっちだ)

勇者(急がないと……!)
8 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:13:01.15 ID:66S2KmHM0





勇者は町外れの墓地に着いた。


勇者(これは……ゾンビ……!?)

勇者(墓地の遺体がゾンビになっている……!)

ゾンビA「ウウウ……」

勇者(どうしよう……ゾンビとは言ってもついさっきまで安らかに眠る遺体だったんだよね……)

勇者(剣で斬ってしまっても良いんだろうか……)

ゾンビB「グウウウウ……」

ゾンビC「ガアアアッ!」

勇者「うわっ!」
9 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:19:34.60 ID:66S2KmHM0
勇者(そんな事言ってられないか……!)

勇者「後でちゃんと埋葬し直しますので!」


勇者が剣を一閃するだけでゾンビ達はまとめて真っ二つになった。


勇者(相変わらず、流石は伝説の剣って感じだな……)

勇者(持っているだけで安心できる)

ゾンビD「オオオッ!」

ゾンビE「ガウッ!」

勇者(って、キリがないな! 結構広い墓地だからどんどんゾンビが湧いて出てきちゃうのか!)

僧侶「勇者様、退いてください!」

勇者「僧侶!」
10 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:26:02.52 ID:66S2KmHM0


僧侶が呪文を唱えると、たちまちゾンビたちが動きを止めて倒れ出した。


勇者「僧侶って回復以外も出来たんだね」

僧侶「こういう相手の場合限定ですけれどもね」

ゾンビF「ウウウウ……」

僧侶「……!」

僧侶(大丈夫……平気よ……平気……)

僧侶(落ち着いて私……)

僧侶「……ふう……」

勇者「それよりも僧侶、どんどんゾンビが湧いて出てきちゃうんだけど……」

僧侶「……これはどこかにゾンビを生成する魔法陣がありますね。それを探し出して破壊しないと駄目です」
11 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:39:37.30 ID:66S2KmHM0
勇者「魔法陣か……」

勇者「あの下が怪しいかもしれない」

僧侶「墓地のシンボルの石像が崩されていますね……。酷いことを……」

勇者「瓦礫を退かさないと……」

僧侶「勇者様!? 勇者の剣で瓦礫を叩かないで下さい!」

勇者「いやでも、この剣を持っていないとただの非力な人になっちゃうから……」

僧侶「身に着けるだけで効力があるのをお忘れになったのですか!? 手で瓦礫を退かせるとか、他にもやりようがあるでしょう!」

勇者「そ、そうだね……」

僧侶「ゾンビの方は私が引き受けますので、なるべく早くお願いします……! その、あまり対峙していたくないので……」

勇者「わかった、任せて……!」
12 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:45:32.59 ID:66S2KmHM0
勇者「よっと……!」

勇者(やっぱりこの剣は凄いなあ……僕でもこんな大きな瓦礫を持ち上げられるなんて)

勇者(でもこの剣無しでは僕は本当に無能だから、絶対に失くさないようにしないと……)

勇者(さて、これが魔法陣か……)


勇者は魔法陣の描かれた石畳を踏みつけて壊した。


勇者「魔法陣は壊したよ!」

僧侶「まだ他にもあるはずです! 探し出して同じように破壊してください!」

勇者「わかった!」


それから勇者は六つの魔法陣を発見し、その都度破壊した。

勇者「ゾンビの数が増えなくなった……今ので最後だったみたいだ!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/08(日) 22:53:59.35 ID:BHKPBdw10
剣の勇者
14 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 22:54:03.06 ID:66S2KmHM0
僧侶「わかりました。残りを一掃します……!」


僧侶の術で残ったゾンビが全て動かなくなった。


僧侶「……この後埋葬し直さなくてはなりませんね」

勇者「そうだね」

勇者「うーん……」

僧侶「どうかしましたか?」

勇者「いや、少し変だなあって」

僧侶「変、とは」

勇者「いや、この魔方陣なんだけどね。見つけられたくなかったもっと上手く隠す方法がなかったのかな」

僧侶「確かにそれはそうですね」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/08(日) 23:00:49.81 ID:rxDTDsnd0
テスト
16 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:01:24.21 ID:66S2KmHM0
勇者「まるでここは本命じゃないみたいな、そんな感じがする」

僧侶「本命とは?」

勇者「わからないよ。そんな気がするってだけ」

勇者「さて、教会に報告しに行こうよ」

僧侶「そうですね」

王都郊外の町の神官「ゆ、勇者様! ここにおられましたか!」

勇者「どうしたんですか、そんなに慌てて……」

王都郊外の町の神官「一大事です……! 早く王都へお戻りになってください……!」

勇者「……王都で何が……?」
17 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:08:59.16 ID:66S2KmHM0





──王都中心部


勇者「こ、これは……」

僧侶「私達の街が……!」

王都の聖騎士A「きょ、強力な人外が突然大量に現れて……我々では手も足も出ず……」

王都の聖騎士A「あの方々も応戦されていましたが……」

勇者「……! 家を見てくる……!」

僧侶「私も……!」

勇者「…………」

勇者(一体何が……)

勇者(父さん……! 母さん……!)
18 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:21:35.51 ID:66S2KmHM0

勇者は両親が住む実家へと駆け出した。


勇者「はあ……はあ……家はもうすぐだ……」

勇者(……着いた……!)

勇者「二人共無事!?」

勇者「…………母さん…………?」

勇者「そんな……母さん……」

勇者「返事をして、母さん……!」

勇者の父「……お、お前か……」

勇者「父さん!!」

勇者「すぐに術師を呼んで来る!」
19 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:23:47.99 ID:66S2KmHM0
勇者の父「いや……無駄だ……」

勇者(……! 内臓が……!)

勇者の父「よく……聞け息子よ……」

勇者「…………」

勇者の父「敵を……見誤るな……」

勇者の父「自分で考えて……信じた道を……」

勇者の父「…………」

勇者「父さん……!」

勇者「くっ……」

勇者「…………」
20 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:24:59.69 ID:66S2KmHM0
勇者「僕の……せいだ……」

勇者「さっきの町での事は囮だったんだ……」

勇者「僕が勇者の剣を持って行ってしまっていたから父さんは……」

勇者「うううっ……」
21 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:26:43.12 ID:66S2KmHM0





白髪の国王「……そなたらの家族の事は、誠に残念であった」

勇者「…………」

僧侶「…………」

白髪の国王「勇者の血筋がいる区画であるからと安心していたが、それは大きな間違いであった」

白髪の国王「そなたらがいるからこそ、厳重な警戒態勢をしくべきであったのだ……」

勇者「……いえ、国王様がお気に病むことではございません」

白髪の国王「……そなたの父、そして僧侶の父は共に稀代の強力な力の持ち主であった」

白髪の国王「“奴ら”はそなたらの父の事を恐れて、今回の様な強襲に出たのであろう」

勇者「奴ら……ですか?」
22 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:27:29.48 ID:66S2KmHM0
白髪の国王「うむ……信じたくはないが、信憑性の高い情報が入った」

白髪の国王「そなたらの家族を殺めた者達は魔王軍の残党……新生魔王軍を名乗る集団であるということがわかった」

勇者「魔王……軍……」

白髪の国王「うむ……」

白髪の国王「もしかすると、これは大いなる厄災の始まりなのかもしれない……」

勇者「…………」

白髪の国王「……今のそなたにこのような事を言うのは心苦しいのだが、聞いてくれ」

勇者「……はい」

白髪の国王「そなたには勇者一族の当主として、共に戦う仲間を探す旅に出て欲しいのだ」

勇者「仲間……」
23 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:29:00.20 ID:66S2KmHM0
白髪の国王「そうだ。初代勇者が七人の仲間と共に千年前の大戦を戦ったという話は知っているな」

勇者「はい。魔法使い、剣士、僧侶、弓使い、格闘家、戦士、アサシンの七人と様々な困難に立ち向かったと聞いています」

白髪の国王「その通りだ」

白髪の国王「勇者の剣を持つことが可能な直系の者の元には、七人の選ばれし仲間が集うという……」

白髪の国王「そしてその仲間達には、伝承の通り強力な力が宿るとされている」

勇者「初めて耳にしました」

白髪の国王「次期当主が二十の歳を迎える時に口伝される事になっている……」

白髪の国王「本来ならばもう直ぐそなたの父から語られるはずの事だった」

勇者「そうでしたか……」

白髪の国王「僧侶の父は、勇者の父の“仲間”として選ばれていた」
24 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:29:53.51 ID:66S2KmHM0
白髪の国王「仲間として選ばれた者の身体にはその証が刻まれる……」

白髪の国王「そなたにはその証が現れる者を大陸中を旅して探し出して欲しいのだ」

白髪の国王「そなたの父が倒れた事によって国民は不安にかられている……」

白髪の国王「そなたには現当主として彼らを照らす次の灯火になって欲しい」

勇者「……しかし、仲間を探すとは言ってもこの広い大陸でどうやって……」

白髪の国王「初代勇者の仲間達の子孫に証が刻まれることが多いらしいのだが、例外もあるようでな……」

白髪の国王「しかし安心せよ。どういう理屈かは私にはわからないが、必ず彼らとは出会うようになっているらしい」

白髪の国王「何万里離れていようとも、勇者が仲間を求め続ければ必ずその者と出会うと私は聞いた」

勇者「なるほど……」

勇者「この話、承りました」
25 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:30:42.03 ID:66S2KmHM0
勇者「勇者一族の当主として、必ず仲間を引き連れて戻って参ります」

白髪の国王「おお勇者よ。頼もしい言葉だ」

白髪の国王「万全の準備で旅に出られるように計らおう」

勇者「ありがとうございます」

僧侶「……一つ、よろしいでしょうか」

勇者「僧侶……?」

僧侶「その旅、私も同行させて頂きたいのです」

勇者「なっ……」

白髪の国王「……僧侶よ。この旅は勇者の仲間を探すための旅なのだ」

白髪の国王「残念ながら関係のない者があまり多く同行すると、その道を困難にすると伝えられている」
26 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:31:11.45 ID:66S2KmHM0
僧侶「国王様、私の手の甲をご覧下さい」

白髪の国王「む……その紋章は……!」

僧侶「はい。昨晩、突然現れました」

勇者「まさか……つまり……」

白髪の国王「そなたが勇者の一人目の仲間であるという事か……」

僧侶「はい」

白髪の国王「ならば同行を断る理由はない。そなたの分も準備を進めよう」

僧侶「ありがとうございます」

勇者「…………」
27 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:33:38.12 ID:66S2KmHM0





勇者「まさか僧侶が仲間として選ばれるなんてね」

勇者「でもお互い初代勇者パーティーの末裔なわけだし、不思議な事でも無いのかな」

僧侶「…………」

僧侶「勇者様は、普段と変わりないんですね」

勇者「……別にそういう訳じゃないよ……」

勇者「まだロクに親孝行出来ていないのになって、後悔と悲しさで一杯だけど……」

勇者「もう起きてしまったって事は事実なんだ。起きてしまったことは何をしたって変わらない」

勇者「今から変えられるのは未来だけだと思うんだ」

僧侶「こんなに取り乱している私が異常なんでしょうか」
28 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:36:45.34 ID:66S2KmHM0
勇者「……いや、きっと変なのは僕の方だと思う」

勇者「昔から良くあるんだ……心が煮えたぎるはずの場面で妙に落ち着いてしまう事が」

勇者「まるで同じような場面に幾千と立ち会って来たみたいな、そんな気分になることがね」

僧侶「…………」

僧侶「……ちなみに勇者様が今回の旅に出ようと決意したのは何故ですか?」

僧侶「王の御前だったからですか? 勇者の末裔であるという事から湧く義務感からでしょうか?」

勇者「その二つは当然あるとして……」

勇者「その理由もよくわからないんだよね」

勇者「ただ、僕の中の何かがそう促したんだ」

僧侶「……自分の事なのに何もわからないんですね」
29 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:38:14.39 ID:66S2KmHM0
勇者「まだまだ子供だからね」

僧侶「……私は勇者様よりもずっと子供かもしれません」

僧侶「今の私の原動力はただ一つ、復讐心だけです」

僧侶「お父さんとお母さんを殺した奴を探し出して殺してやりたい。それだけなんです」

勇者「それは当然の感情だと思うけどな」

勇者「僧侶が言うには少し物騒な台詞だけど」

勇者「復讐が良いことなのか悪いことなのかは語れないけど、そう思う事自体は咎められる事では無いと思うよ」

勇者「ただし、ちょっと気になることがあるから、僧侶もこの言葉を覚えておいて欲しい」

僧侶「気になること……?」

勇者「うん。父さんが息絶える間際に僕に言った言葉なんだけど、きっと僕だけに向けられた言葉ではないと思うんだ」
30 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:38:41.45 ID:66S2KmHM0
勇者「『敵を見誤るな』って」

勇者「この言葉の意味は今はわからないけれど、最期に力を振り絞って言う程のことだから……」

僧侶「……わかりました、覚えておきます」

僧侶「でも、今の私にとっての敵は明確です」

僧侶「憎き人外達……奴らが私達の家族を殺めたという事実は変わらないです」

勇者「…………」

勇者「まだ少し早いけど今日はもう休もう」

僧侶「そうですね……まだ色々と疲れているみたいですし」

僧侶「それではまた明日」

勇者「うん……」
31 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:39:28.69 ID:66S2KmHM0




???「こんばんは」

勇者「こんばんは。貴方は?」

???「僕かい? 僕は■■だよ」

勇者「■■……? 一体誰だろう……」

???「今は分からないかもね。でもいずれ分かってくるかもしれない」

勇者「いずれ?」

???「うん。これは僕の失敗のせいでね。ごめんね」

勇者「失敗? 何が何やら……」

???「それもいずれ分かるようになると思う」
32 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:40:13.42 ID:66S2KmHM0
勇者「そっか。それじゃあその時まで待つかな」

???「本当はそうならない方が良いんだけど」

???「こんなつもりだったんだ……慣れないことをしたばっかりに……」

勇者「うーん、やっぱりよく分からないな」

???「ごめんね。まだ君が理解するには早すぎるみたいだ」

勇者「という事は、いずれは何か分かるってこと?」

???「うん。その時は遠くない未来にきっと」

???「……そろそろ時間だね」

???「またね……という言葉が適切かは分からないけれども、とりあえず言っておくね」

勇者「うん、それじゃあまた」
33 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:41:30.73 ID:66S2KmHM0




勇者「……変な夢……」

勇者「そうだ、僧侶の所に行かないと」

僧侶「──勇者様、入っても良いですか」

勇者「あ、ちょうどいい所に。大丈夫だよ」

僧侶「失礼します」

勇者「うん。何か用事かな」

僧侶「はい。これから始まる旅について少し見通しを持ったほうが良いと思いまして」

勇者「僕も丁度そう思っていた所」

僧侶「その……国王様が仰っていた話では紋様が現れる素質のある者とは自然に出会えるという事でしたが……」
34 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:42:14.71 ID:66S2KmHM0
僧侶「闇雲に探すよりはある程度当たりをつけた方が良いと思うのですが」

勇者「そうだね」

勇者「そうなると、まずは自分達みたいな初代の勇者パーティーの末裔を尋ねるのが得策かもしれない」

僧侶「王国内ですと初代魔法使い様の末裔が居ますが……」

僧侶「現当主及び次期当主が不在だと聞いています」

勇者「ええ、そうなの?」

僧侶「詳しいことは不明らしいのですが皇国の方に赴いているとの事です」

勇者「皇国に……」

僧侶「ですので皇国には行く必要があるでしょうね」

僧侶「勿論少し後回しにはなりますが」
35 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:43:12.90 ID:66S2KmHM0
勇者「うーん、それじゃあ仕方がないから北側から行くかな」

僧侶「北側……北方連邦国と自治区ですか……!?」

勇者「だ、駄目かな?」

僧侶「……いずれは行かねばならない事は分かっていますが……しかしよりによってその二国からとは」

勇者「反教会勢力が幅を利かせている国だもんね」

僧侶「はい……」

勇者「でもそれなら尚更早く行ったほうが良いんじゃないかな」

勇者「もし仮に僕達のパーティーが聖職者でいっぱいになったとしたら、それこそ行きにくいよ」

僧侶「た、確かにそうですが……」

勇者「それに北側は寒さが厳しくなるからね。冬になる前には周っておきたいかな」
36 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:44:30.28 ID:66S2KmHM0
僧侶「……その通りですね。勇者様の案でいきましょう」

勇者「よし、そうと決まれば早速出発しよう」

僧侶「も、もうですか?」

勇者「装備も用意していただいたし、留まっている理由もないしね」

僧侶「……わかりました。国王様にご挨拶をしてから出発しましょう」

勇者「そうだね」

勇者「不謹慎かもしれないけれど、少し楽しみだな。色々な国を巡る旅っていうのは」

僧侶「不謹慎と言うよりも呑気過ぎるのでは……」

僧侶「これも天からの試練だと考え、真剣に取り組むべきだと思います」

勇者「勿論、ふざけている訳じゃないよ」

僧侶「それなら良いのですが……お互い気をつけていきましょうね」

勇者「うん、改めてよろしくね」
37 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/08(日) 23:45:53.23 ID:66S2KmHM0

《ランク》


S2 九尾
S3 氷の退魔師 長髪の陰陽師

A1 赤顔の天狗 共和国首都の聖騎士長
A2 辻斬り 肥えた大神官(悪魔堕ち) レライエ
A3 西人街の聖騎士長 お祓い師(式神) 赤毛の術師

B1 狼男 赤鬼青鬼 
B2 お祓い師 勇者
B3 フードの侍 小柄な祓師

C1 マタギの老人 下級悪魔 エルフの弓兵
C2 トロール
C3 河童 商人風の盗賊 

D1 若い道具師 ゴブリン 僧侶
D2 狐神 青女房
D3 化け狸 黒髪の修道女 天邪鬼 泣いている幽霊 蝙蝠の悪魔 ゾンビ


※あくまで参考値で、条件などによって上下します。
※前作からランクの細かい修正があります。特に赤鬼青鬼などは“ダンジョンの力をプラスしてAランクだった”ので、素の力のBランクに落としました。
38 : ◆8F4j1XSZNk [sage saga]:2018/04/08(日) 23:47:18.04 ID:66S2KmHM0
以上が序章です。
前回は地の文なしに挑戦しましたが状況が伝わりにくい気がしたので今回は簡単に挟んでいきます。
週イチでは更新したいです。前回もそう言っていた気がします。
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/09(月) 00:01:32.04 ID:+0WVuWic0
おお!
ずっと待ってた
毎週楽しみにしとく
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 00:10:58.52 ID:Ue+fOZ2A0

これは過去作とつながってるの?
41 : ◆8F4j1XSZNk [sage saga]:2018/04/09(月) 00:16:29.71 ID:Hjhm6ptX0
>>40
繋がっています。
開始時は《青女房》編と大体同じ頃です。
42 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 19:56:05.48 ID:pBu2wJkV0
《極寒の地》


──王国と北方連邦国の国境付近


僧侶「そろそろ国境の関所のようですよ」

勇者「案外早かったね。勇者の冒険譚ではこの辺まで来るのにも一苦労二苦労した描写があったけど」

僧侶「今はこのように鉄道が大陸中に張り巡らされていますからね」

僧侶「よほどの辺境に行かないのであれば数日、長くても数週間で大抵の場所へ行けるのでは無いのでしょうか」

勇者「転移魔法でも使えればもっと早いんだろうけど」

僧侶「そんな超上級魔法がポンポンと使われるような世の中は、それはそれで困りますよ」

勇者「さて、ちゃんと入国できるかな」

僧侶「大丈夫……なはずです」
43 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:06:29.97 ID:pBu2wJkV0
僧侶「別に敵対国だというわけでは無いので……」

勇者「良好な関係でもないけどね」

僧侶「そうですけれども……」


北方連邦国は大陸北西に位置する連邦国家で教会を持たない国の一つ。

寒さが厳しく土地も肥沃とは言え無いが、そこに住む人々は屈強な肉体と精神を持っていることで知られている。

実際、長い歴史の中で北の大地の民が他国の侵略を許したという記録は殆ど存在しない。

そのお国柄のせいもあってか、彼らは教会権力からの干渉を一切受け付けていない。


勇者「そういえば修道服じゃない僧侶は久々に見たかも」

僧侶「北方連邦国に修道服で行くわけにはいきませんからね。しばらくは仕方がないです」

僧侶「さて、駅についたら荷物をまとめて関所に向かいましょう」
44 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:24:08.26 ID:pBu2wJkV0
勇者「入国審査が終わったら食事にしようよ。少しお腹が空いちゃったから」

僧侶「そうですね。私も何か食べておきたいです」

勇者「よーし何にするかなあ」

僧侶「あまり贅沢はいけませんよ。これも修行の一環なのですから」

勇者「はいはい分かっているってば」

僧侶「はあ、まったく……」
45 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:26:17.69 ID:pBu2wJkV0





連邦国関所の衛兵A「身分証を提示しろ」

勇者「はい、これです」

連邦国関所の衛兵A「……王国騎士団からの使者か」

勇者(本来は騎士団には属していないんだけど、北方連邦国には教会がないからそういう事にしてあるんだよね……)

勇者(しかし流石は北方の民……筋骨隆々、腕が丸太のようだ……)

連邦国関所の衛兵A「となると、貴様らが初代勇者と僧侶の末裔か」

連邦国関所の衛兵A「話は聞いている」

勇者「そうでしたか……!」

連邦国関所の衛兵A「残念だがここを通すわけにはいかない」
46 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:32:55.03 ID:pBu2wJkV0
勇者「って、え……!?」

僧侶「……どういうことですか」

連邦国関所の衛兵A「王国から勇者の末裔らが来た場合、現在は国内に入れてはならないという命令が下ってる」

僧侶「何故ですか!? 私達が貴方がたの国に不利益になる事をするとでも思っているのですか?」

連邦国関所の衛兵A「理由は私が知るはずなど無いだろう。ただ命令に従っているに過ぎない」

僧侶「今がどういう状況なのかわかっているのですか!」

連邦国関所の衛兵A「私の知った話では無いと言っているだろう」

連邦国関所の衛兵A「これ以上ここで騒ぐのならば、正当な理由を以て貴様らを処罰する」

僧侶「な……!」

勇者「僧侶、やめよう」
47 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:35:05.35 ID:pBu2wJkV0
僧侶「ですが……!」

勇者「もしここが駄目だったら別の場所を巡ってからでも良いんだから」

僧侶「それは……」

勇者「お騒がせしました。失礼します」

僧侶「…………」

連邦国関所の衛兵A「…………」

連邦国関所の衛兵A「貴様ら、宿は取っているのか」

勇者「関所の向こうで取るつもりだったのですが」

連邦国関所の衛兵A「そうか……」

連邦国関所の衛兵A「この地は王都住まいのエリートには少し寒いだろう」
48 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:36:57.49 ID:pBu2wJkV0
連邦国関所の衛兵A「ここを通す事は出来ないが、関所の外の宿ぐらいは紹介してやろう」

僧侶「え……」

勇者「そうですか! ありがとうございます」

勇者「ちょうど宿をどうするか思案していた所だから助かったね、僧侶」

僧侶「そ、そうですね……」

僧侶「ありがとうございます」

連邦国関所の衛兵A「……仕事の一環だ」

連邦国関所の衛兵A「変に目をつけられる前に立ち去ったほうが良いだろう」

勇者「うん、そうさせてもらうね」

連邦国関所の衛兵A「フン……」
49 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:37:37.98 ID:pBu2wJkV0





──関所近くの宿屋


勇者「さて、初手から結構な難易度になりそうだね」

僧侶「先ほど勇者様が仰っていた通り、ここは一旦諦めて帝国などから探し始めるのも有りだとは思いますが」

勇者「最悪はそうするつもりだけど……」

僧侶「どうかしたのですか?」

勇者「うん。結局あの関所は越えなくちゃならないかもしれない」

勇者「連邦国に居るような気がするんだ、僕達の仲間が」

僧侶「なんとなく、ですか?」

勇者「なんとなくだね。国王陛下は自然に出会えると仰っていたけど、こういう事なのかもしれない」

勇者「距離とか場所とかは分からないけど、その仲間に出会うには先へ進まなくちゃいけないって気がするんだ」
50 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:39:51.29 ID:pBu2wJkV0
僧侶「しかしそうは言いましても……」

勇者「まあ正攻法では行け無さそうだよね」

僧侶「北方連邦国はなぜ私達を国へ招き入れたく無いのでしょうか」

勇者「さっきこの宿の主人と話していた時に小耳に挟んだんだけど……」

勇者「どうやら最近の魔王軍出没騒動は王国の自作自演なんじゃないか、という噂が流れているみたいなんだ」

僧侶「なっ、そんなことは……!」

勇者「勿論僕だってありえないと思うよ」

勇者「しかし魔王は千年前に打倒され、ここ百年は彼らの目立った動きも見られない」

勇者「そんな状態だから、最悪の可能性の方を考える方が難しいと思うんだ」

僧侶「……と言うよりはむしろ、その可能性を考えたくないんじゃないかと思います」
51 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:43:53.48 ID:pBu2wJkV0
勇者「そうかもしれないね」

勇者「しばらくはずっと人間同士の小競り合いばかりだったんだから、今回のも何らかの策略だと疑ってしまうよね」

勇者「実際に最近共和国が皇国にちょっかいを掛けていて、周辺では緊張状態が続いているみたいだし」

僧侶「我々はただ絶対神様の名の元に集っているだけだと言うのに……」

勇者「その代表者が王国民である時点で、彼らにとっては王国の兵力としてカウントされるんじゃないかな」

勇者「国と国の垣根を越えて協力し合うには、もっと危機的状況になってからじゃないと無理かもしれないね」

僧侶「そうなる前に解決しなければならないというのに……」

勇者「真偽が定かでは無いとしても各国は対策を始めているはず」

勇者「千年前と違って人間も扱える力や技術が大きく進歩したから、僕達が必ずしも必要な存在であるというわけでは無いんだ」

勇者「だから今後の事も視野に入れてあまり波風は立てないほうがいいかもね」
52 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:47:11.96 ID:pBu2wJkV0
僧侶「そう……ですね……」

勇者「さっき言った予感のこともあるし、せっかく来たのだからしばらくは粘ってみるけど」

勇者「どちらにしても今日はもうどうしようも無いし、食事を取って寝ようか」

僧侶「あ、私が下から貰ってきますよ」

勇者「いや僕も手伝うよ」

僧侶「いえ大丈夫です。勇者様はここで待っていてください」

勇者「そう? じゃあお願いするかな」

僧侶「はい。それでは行って来ますね」
53 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:49:41.24 ID:pBu2wJkV0





勇者「……結局三日粘ってみたけど」

僧侶「入国できませんね」

勇者「仮に何か起こっても自分達だけで解決する自信があるのかもしれない」

勇者「明日も行って駄目だったら別の場所に行くことも検討しようかな」

勇者「自治区の方とか」

僧侶「あちらの方が更に入国しにくそうですけれどもね……」

勇者「まあ、確かに」

僧侶「それでも私達は行かないとならないのですけれどもね」

僧侶「さて、そろそろ食事を頂いて来ますね」
54 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:52:08.03 ID:pBu2wJkV0
勇者「うん、お願い。一応僕は自治区に行くことになった時用のルートを考えておくよ」

僧侶「お願いします」

勇者(……密入国という手もあるけれども、やっぱり今は王国が不利になるような行動は控えるべきかな……)

勇者(さて、ここから自治区の方に向かうとすると少し戻ってから乗り継いで……)

勇者(自治区までは鉄道は伸びていないから途中で馬を買う必要があるかも……)

勇者(お金は十分に持っているから問題ないけど、僧侶は乗馬出来たっけな)

勇者(出来ないなら僕の馬に乗せる事にになるかな)

勇者「あとそれと……」

僧侶「勇者様、お待たせしました」

僧侶「はい、こちらが勇者様の分です」
55 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:54:01.81 ID:pBu2wJkV0
勇者「ありがとう」

勇者「ちょっと聞いておきたいんだけど、僧侶は馬に乗れる?」

僧侶「馬ですか? 得意とは言えませんね……」

勇者「自治区に行くとなるとそれなりの距離を馬で移動することになると思うから、厳しそうなら言ってね」

僧侶「なるほど、わかりました」

僧侶「折角のスープが冷めてしまっては勿体無いのでひとまず食べましょうか」

勇者「そうだね、それじゃあ……」

僧侶「……神よ、今日も無事過ごせた事に感謝いたします」

勇者「ん」

僧侶「ちゃんとお祈りしましょう」
56 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:58:03.96 ID:pBu2wJkV0
勇者「……ほら冷めると勿体無いでしょう」

僧侶「はあ……勇者様は相変わらず……」

勇者(ん……? このスープ……)

僧侶「美味しそうな香り……」

勇者(まさか……!)

勇者「僧侶! 飲んじゃ駄目だ!」

僧侶「えっ……?」

勇者「中に何か薬が混ぜられている!」

僧侶「それって……!?」

勇者「うん、僕も少し飲んでしまった……」
57 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 20:59:41.60 ID:pBu2wJkV0
勇者「症状が出る前にここを離れたほうが良さそうだ」

僧侶「は、はい……!」

勇者「食事に薬が混ぜられていたということは宿の主人は信用できない……」

勇者「窓から飛び降りるしか無いか……」

勇者(しかし僧侶にはこの高さは厳しいかもしれない……)

勇者(勇者の剣の力を使って僧侶を抱えて降りるのが一番良い方法かな)

勇者「よし、僧侶……」


覆面の男「動くな」


勇者「なっ……!?」


覆面の男が今にも意識を失いそうな僧侶を抱えて、その首筋に刃物を押し付けている。
58 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 21:02:41.30 ID:pBu2wJkV0

僧侶「うう……」

勇者「僧侶に何をした!!」

覆面の男「安心しろ。さっきのスープに入っていたのは睡眠薬だ」

覆面の男「命に関わるような事はない」

勇者「僧侶を離せ……!」

覆面の男「言う通りにすれば危害は加えない」

勇者(少しだけだけどスープを飲んでしまったせいか、体がだるい……)

勇者(このままだと……)

覆面の男「大人しくしていろ。その剣に手をかけた瞬間、このナイフが女の首を貫くぞ」

勇者「くっ……!」
59 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 21:03:36.04 ID:pBu2wJkV0
覆面の男「よし、素直なのは良いことだ」

勇者「…………!?」

勇者(消え……!?)

勇者「ぐえっ…………!?」


覆面の男の拳が勇者の鳩尾にめり込んだ。


勇者「ごはっ……!」

覆面の男「安心しろ、殺しはしないと言っただろう」

覆面の男「……場合によっては、だがな……」


覆面の男に薬を飲まされた勇者の意識は徐々に遠のいていった。
60 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 21:06:51.29 ID:pBu2wJkV0





???「おお、勇者よ。死んでしまうとは情けない」

勇者「あれ、君はこの間の夢の■■……」

勇者「……って、僕死んじゃったんですか!?」

???「いや冗談だよ。死んじゃったら僕とは会えないからね」

勇者「なんだ驚かせないでよ」

勇者「そういえば僧侶は……!?」

???「命は取らないって言っていたから大丈夫だとは思うよ」

勇者「それはそうだけど……」

???「さっき僧侶を助けたいって思ったよね」
61 : ◆8F4j1XSZNk [saga]:2018/04/16(月) 21:10:00.04 ID:pBu2wJkV0
勇者「当たり前じゃないか。僧侶は大切な仲間だ」

???「そして君はその剣の力を使おうとした」

???「そうすると、こうやって僕と会える事も増えてくるだろうね」

勇者「剣を使うと君と……?」

???「うん。それは君にとってはあまり良い事では無いかもしれない……」

???「今の君にとってはね……」

勇者「それって一体……」
62 : ◆8F4j1XSZNk [sage saga]:2018/04/16(月) 21:11:19.80 ID:pBu2wJkV0
また来週。
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 18:43:53.88 ID:GUCdYbufO
サモンナイト3ぽいな
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/18(水) 21:59:51.26 ID:rfaBtN2ZO
新しいのが始まってたのか、乙ー
35.67 KB Speed:5.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)