【安価】「いつか勇者のように」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 12:24:38.72 ID:rjZHwXfL0
男「俺にも……」

男「無理だよなー。確実に」

男「だってもう勇者いるしなぁ」

【3代目勇者 バジー、王都より出発!】

男「バジーか。どんな奴なんだろう。 はぁ……なりたいな」

男「いつか勇者のように」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523676278
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 12:27:25.08 ID:rjZHwXfL0
男「偽物でもいい。俺も勇者のように生きたい」

男「旅に出よう」

男の
名前
容姿
特徴
その他
>>3->>5
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 12:29:12.20 ID:7ZX5N34Qo
名前 ツナ
中肉中背
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 12:29:46.48 ID:gQF8auMlO
武器は持ってないが料理道具が多い
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 12:30:12.33 ID:0u5H/TDoO
可もなく不可もない普通な感じ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 12:30:19.88 ID:Ncxwleuz0
容姿

FFTの見習い戦士みたいな格好
身の回りは動きやすさ重視で金の短髪
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 12:41:23.73 ID:rjZHwXfL0
ツナ「ただ漠然とした理由で飛び出したけど、これからどうしよう」

ツナ「勇者といえば、魔王の討伐だけど。断言できるね。絶対に無理だ」

ツナ「勇者でさえ旅で成長しながら魔王を目指すんだ。俺もまずは地道にいこう」

行動>>9
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 12:56:58.88 ID:ACkk8Vt/O
勇者と戦う
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 12:58:56.30 ID:2EPGrDiDO
まずは先立つ物を稼ぐ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 13:21:56.26 ID:rjZHwXfL0
酒場

ツナ「稼ぐといえばここだな。マスター、何か仕事はあるかい?」

マスター「この店の裏にある森の魔物を退治してくれ」

ツナ「それあんたの個人的なお願いだろ?」

マスター「報酬は用意してあるから、頼んだ」

ツナ(少し勇者っぽいか? 頑張ろう!)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 13:23:07.51 ID:rjZHwXfL0


ツナ「どこに魔物がいるんだろうか。そもそもロクな武器も持たずに倒せるのか?」

イベント>>12
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 13:24:25.25 ID:7ZX5N34Qo
スライムに襲われる満身創痍の女騎士を助けるイベント
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 15:03:32.20 ID:rjZHwXfL0
女騎士「くっ……」

スライム「むにゅむにゅ」

ツナ「傷だらけの女の人が襲われているな」

女騎士「手負いでなければ貴様など!」

ツナ「なにか武器になる物は……あった!」

女騎士「だ、誰だ?!」

ツナ「うおおおおッ」グジュッ

女騎士「無理だ!そんな包丁じゃあこいつは切れない!」

スライム「むにゅ……!」グググッ

ツナ「何だ、この野郎!」

女騎士「お前も取り込まれるぞ……! 逃げろッ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 15:53:34.04 ID:rjZHwXfL0
僧侶「おーい、大丈夫か?!」

女騎士「来てくれたか! だがどう見ても大丈夫じゃないだろ……!」

僧侶「悪い悪い。そこのお前も今助けるぞ」

ツナ「あ、ああ」

僧侶「……フゥゥ」スーッ

女騎士「……」

ツナ「な、何だ?!」

僧侶「……セイハーッ!!」ブゥオォォン

ツナ「うおおおお?!」

女騎士「ぐぅ……」

スライム「ぶぐうぅぅ」ブゥオォォン

ツナ「……正拳突き? 一撃でスライムを吹き飛ばすなんて」

僧侶「ふぅ。これ疲れるんだよなぁ。さて、行くか」

女騎士「……」

僧侶「気を失ってるのか。仕方ねぇ、担いで行くか」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 15:56:39.41 ID:rjZHwXfL0
ツナ「……はっ。何だったんだろう、あの人達は」

ツナ「でも都合よくスライムは霧散したし、お金はもらえるな」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 15:59:31.81 ID:rjZHwXfL0
酒場

マスター「おお、どうだった?」

ツナ「スライムですよね? 霧散したのでもう大丈夫だと思います」

マスター「すごいな! よし、これは報酬だ。受け取ってくれ」

ツナ(倒したの俺じゃないけど、いいのかな?)

ツナ「まあいいか! ありがとうございます」

次の行動orイベント>>17
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 16:09:24.93 ID:ldfPUsbfo
ボロボロで栄養失調状態の魔物混じり幼女を拾う
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 18:14:24.35 ID:rjZHwXfL0


ツナ「さあて、剣も買ったし宿でも……ん?」

ツナ「ねえ、君」

幼女「……」

ツナ「おーい」

幼女「ひ……」

ツナ「迷子……? いや、それにしても。何か訳ありかな?」

幼女の
名前
特徴
容姿
その他
>>19->>21
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 18:16:40.58 ID:Q1lCe+Eu0
名前:奈々(なな)
特徴:楽天家
容姿:髪は薄紫のセミロング。
    一部はポニーテール
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 18:19:00.28 ID:bpwfZk6m0
名前エリス
特徴かなりオドオドしてる
容姿白髪・白い肌でかなり華奢な体格
その他不思議な輝きを放つ宝石がついているペンダントをつけている
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 18:20:37.57 ID:jvie/JsDO
名前サーカ
特徴内気で引っ込み思案な性格
容姿黒髪おかっぱ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 19:56:09.93 ID:rjZHwXfL0
エリス「……っ!」ヨロヨロ

ツナ「フラフラじゃないか。……ほら、水とパン」

エリス「え……?」

ツナ「食べたら服と風呂もいるな……」

エリス「その……」ゴクゴク

ツナ「ん?」

エリス「あひはほ……ごあ……」モグモグ

ツナ「礼ならいいよ。食べるのもゆっくりどうぞ。後でもっといいもの食べようね」

エリス「んぐ……おいし……」モグモグ

行動orイベント>>23
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 20:01:20.80 ID:jvie/JsDO
どうしてボロボロだったのか聞いてみる
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 20:29:34.01 ID:rjZHwXfL0
ツナ「なあ、どうしてこんなところに? ご両親は?」

エリス「う……」

ツナ「う?」

エリス「うぅ……ぇぐ……」ウルウル

ツナ「お、おい」

エリス「わから……ない……よぉ」ウルウル

ツナ「そ、そうか。よしよし」

エリス「んん……」

ツナ(混乱しているのか? よほど辛い思いをしたんだろうな)

イベントor行動>>25
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 20:33:42.35 ID:U7Ugtv900
とりあえず何か食べ物を買って、一緒に自宅に戻る
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 21:11:45.95 ID:rjZHwXfL0
自宅

ツナ「風呂の準備が出来たよ」

エリス「えと……その……」

ツナ「ん? 何でも言ってよ」

エリス「ありひゃ……ありがとうございますっ」

ツナ「ははは、本当にお礼はいいって。そうだ、聞いてなかったけど君の名前は? 俺はツナっていうんだけど」

エリス「エリスはエリスです……」

ツナ「エリスか。いい名前だね。さあ、綺麗になってきな」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 21:20:18.92 ID:rjZHwXfL0
エリス「はふぅ……。あの、お風呂上がりました」

ツナ「綺麗になったな。でも俺のシャツだとブカブカだったな」

エリス「い、いえ、その……これがいいです」

ツナ「まあ今は我慢してくれな。さあ、ご飯食べよう」

エリス「うわぁぁ……!!」

ツナ(かなりお腹空いてるよな、この反応)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 21:34:04.96 ID:rjZHwXfL0
エリス「……」スヤスヤ

ツナ「食べたらすぐ寝たな。無理もないか」

ツナ「俺も今日はもう寝て、明日からまたどうするか考えよう」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 21:39:38.26 ID:rjZHwXfL0
翌朝

ツナ「ん……おはよう」

エリス「お、おはようございますっ」

ツナ「どうしたの、そんなに隅っこで」

エリス「いや……その……」

ツナ「自分の家だと思ってよ。さあ、朝ご飯食べようか」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 21:52:24.34 ID:rjZHwXfL0
ツナ(ここにエリスを置いていく訳にもいかないからなぁ。連れて行くにしてもなぁ)

ツナ「エリス、ちょっといいかな?」

エリス「は、はいっ」

ツナ「しばらくこの家にいない? 他に行くところが無ければ」

エリス「……いいんですか?」

ツナ「うん。俺はその辺で稼いでくるから、エリスは留守番してて」

エリス「あの……」

ツナ「ん?」

エリス「なにかお手伝い……とか」

ツナ「うーん、まずは栄養蓄えて、健康になって欲しいかな。動けるようになったらまた頼むよ」

エリス「はい!」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 21:59:03.42 ID:rjZHwXfL0


ツナ「稼ぐってもどうするかなぁ」

ツナ「酒場にはもう何もなさそうだし」

行動orイベント>>32
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 22:03:54.37 ID:Q1lCe+Eu0
街の開発と称して募金
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 22:14:17.69 ID:rjZHwXfL0


ツナ「街の開発費の募金をお願いしまーす」

ツナ「皆さんの街は皆さんで大きくしましょう」

「あんなのいた?」

「知らねーよ」

ツナ「お願いしまーす」

「はい、これ」

ツナ「……ありがとうございます」

ツナ(貰ったら、それはそれで騙してることになるよな……)

ツナ「お願いしまーす」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 22:23:17.22 ID:rjZHwXfL0
数週間後

ツナ「よし、出発だ!」

エリス「お兄ちゃん、戸締りしてきたよ!」

ツナ「ありがとう、エリス」

ツナ(募金と酒場の小間使いで生活を繋げて、やっと旅に……!)

ツナ(エリスのこと何も聞かなかったけど、少し懐いてくれた程度でも良しとするか)

ツナ「本当にいいのか?」

エリス「う、うん。……どうして?」

ツナ「特に深い意味はないけど、辛い旅かもしれないから」

エリス「他に行く場所無いから。そ、それに、お兄ちゃんと一緒がいい……かなーって……」

ツナ「そうか。じゃあ改めて出発だ!」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/14(土) 22:24:57.41 ID:rjZHwXfL0


ツナ「この辺りから、のどかな雰囲気になってくるな」

エリス「きもちー」

ツナ「いい風だな」

イベントor行動>>36
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/14(土) 22:27:20.49 ID:3d8uREfb0
この前の女騎士が今度はゴブリンの集団に襲われている
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 09:19:43.72 ID:+oePKJNt0
ゴブA「オ前、オンナ! 連レテ帰ルト褒メラレル!」

ゴブB「グヘヘへ! 弱イ、弱イ!」

女騎士「剣さえあれば……」

ゴブC「捕マエタ!」ガシッ

女騎士「離せ……!」

ツナ「あぁ……」

エリス「…………」ガタガタ

行動orイベント>>38

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 09:59:06.83 ID:95ZeP/440
助ける
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 10:34:23.34 ID:+oePKJNt0
ツナ「エリス、そこにいろよ」

エリス「……うん」ブルブル

ツナ「うおおおッ!」ザシュッ

ゴブB「アガッ?!」バタリ

ゴブA「何ダ、オ前!」

ゴブC「殺ス!」ブンッ

ツナ「おっと」

女騎士「ま、またお前か。すまない」

ツナ「そんなことより、出来れば戦ってくれ!」

女騎士「あ、ああ」

ゴブC「オンナァ!」ブンッ

ツナ「よそ見してる場合かよッ」グサッ

ゴブA「逃ゲロォォォ!」ダダダッ

女騎士「待て……!」

ツナ「待つのはお前だろ。やめておけ」

女騎士「そうだな……。ありがとう」

ツナ「なぜ毎回こんな状況になっている?」

女騎士「戦闘になって、前線に突っ込んでるんだ。気がつけば自分でもわからないところまで進んでいた」

ツナ「……狂戦士めいてるな」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 10:44:14.10 ID:+oePKJNt0
女騎士「助かったよ、これは礼だ。受け取ってくれ」

ツナ(貰えるものは貰っておこう)

女騎士「少しだが、今持っている全部だ」

ツナ「い、いや、それでもかなりの金額だろ?!」

女騎士「2度も救われたんだ。これぐらい当然だろう」

ツナ「そこまで言われるとな。受け取るよ」

女騎士「では私は仲間の元に戻る。じゃあな」

ツナ「ああ、気をつけろよ」

エリス「……お兄ちゃん! あ、あの人だれ?」

ツナ「知らない。よく襲われてる人だな」

エリス「何それ……?」

ツナ「さあなー。進もうか」

エリス「うん!」

イベントor行動>>>>41
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 10:57:28.04 ID:esRAjERi0
胡散臭い旅商人に出会う
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 11:03:53.37 ID:+oePKJNt0
ツナ「馬車だな。エリス、危ないからこっち側来て」

エリス「うん」

旅商人「おや、こんにちは」

ツナ「こんちには」

旅商人「その荷物からして、旅人ですかな?」

ツナ「そうですが、何か?」

旅商人「いやぁ、私旅する商人でしてねぇ。そうだ、これも何かのご縁だ! 見ていってはくれませんかねぇ?」

ツナ「……まあ、見るだけなら」

商品>>43->>45
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 11:04:46.70 ID:xZNA2b0K0
黄金のティアラ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 11:15:49.70 ID:aHzb41oDO
軽くて頑丈な短剣
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 11:20:25.33 ID:T2wj6Rx30
子供用の軽い防具
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 14:14:53.09 ID:+oePKJNt0
旅商人「これとこれなんか、そこのお嬢ちゃんにぴったりでしょう?」

ツナ「まだこの子に剣を持たせるつもりはないから」

旅商人「でも、もしものことがありますからねぇ」

ツナ「慣れてない武器をこんな幼い子が持っても自衛にはならないので」

旅商人「立派な考えをお持ちのようですね。では、こちらの防具はいかがで?」

ツナ「これは悪くないな……」

旅商人「お安くしますよ」

旅商人「そうだ。この短剣、お客さん自身が持つというのはいかがですか? というのも、この剣には噂があってですね……」

ツナ「噂?」

短剣の噂>>47
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/04/15(日) 14:28:26.03 ID:Ri6HYxi70
この剣は呪怨の怨霊佐伯伽耶子を退治する為に作られた剣何だ、
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 14:30:48.47 ID:yT8r+txR0
持つものに幸運が訪れる
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 14:42:36.88 ID:+oePKJNt0
旅商人「この剣は呪怨の怨霊佐伯伽耶子を退治する為に作られたらしいのですがね」

ツナ「……?」

エリス「……?」

ツナ「よくわからないし、いいや」

旅商人「そうですか。……では防具のみでこのお値段になります」

ツナ「わかった」

旅商人「では、たしかに。ありがとうございました」

ツナ「ああ」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 14:51:56.83 ID:+oePKJNt0
ツナ「どうだ?」

エリス「あんまり重くないかな……?」

ツナ「そろそろ次の行き先だと思うんだが……」


都市or小さい村>>51
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 14:55:19.30 ID:yT8r+txR0
小さい村(牧畜が盛ん)
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/04/15(日) 15:02:39.63 ID:Ri6HYxi70
小さい村
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 15:10:03.66 ID:+oePKJNt0
ツナ「見えてきたな」

エリス「うわぁぁ……! お兄ちゃん、あれ!」

ツナ「羊だな。たくさんいるようだが」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 15:19:30.10 ID:+oePKJNt0


ツナ「こんにちは!」

村人「やあ、旅人ですか?」

ツナ「ええ、まあ」

エリス「こ、こん……」

村人「おや。こんにちは」

エリス「……うぅ」スッ

村人「隠れてしまった。怖がらせてしまったかな?」

ツナ「この子は人見知りなもんで。ところで、どこか一晩泊まれる場所はありませんか?」

村人「それなら>>55の家がいいな。ほら、あそこの」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/04/15(日) 15:20:47.64 ID:Ri6HYxi70
女騎士さんの実家がこの村に
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 15:25:39.80 ID:aHzb41oDO
老夫婦
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 16:25:44.48 ID:+oePKJNt0
女騎士の実家

ツナ「女騎士といえば、あの人しか思い浮かばないな」

エリス「襲われてた人?」

ツナ「ああ。……いや、まさかな」

女騎士母「はーい! どちら様ですか?」


今さら女騎士の
名前
容姿
特徴
>>58->>60から選ぶ
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 16:48:18.71 ID:aHzb41oDO
名前 ライナ
容姿 赤毛のポニーテール特徴真面目だが天然ボケな面もある
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 16:52:57.91 ID:PTf8/nFs0
名前パーシャ
容姿金髪のショートの長身
特徴童話に影響されて騎士になったが、本当は魔法職の方が適性がある
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 17:02:28.61 ID:rC5qO6dh0
名前:ブリジット
容姿:ブロンドのロングヘア。
    太くて長いポニーテール
特徴:明るく元気なセクシー姉さん
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 18:32:42.82 ID:+oePKJNt0
ツナ「こんにちは。旅の者なのですが、一晩泊めてもらえませんか?」

女騎士母「ええ、もちろん。……あら、可愛いお嬢さんね」

エリス「……うぅ」スッ

ツナ「すみません、人見知りなんです」

女騎士母「うふふ、いいのよ。ちょうど娘の部屋が空いてるから、そこを使ってくださいな」

ツナ「娘さん、ですか?」

女騎士母「自慢のね。もう空き部屋でベッドくらいしかないけどね」

ツナ「そうですか。……あの、娘さんは騎士ですか?」

女騎士母「よく知ってるわね! やっぱり有名人なのかしら? 立ち話も何だから入って」

ツナ「お邪魔します」

エリス「……します」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 19:30:02.97 ID:+oePKJNt0
女騎士母「うちの娘……パーシャは昔から騎士になりたい!って言っててね」

ツナ(パーシャって名前なんだ)

エリス「……お、女の騎士さん……?」

ツナ「パーシャさん、あなたと同じ髪色で長身じゃありませんか?」

女騎士母「そうそう、どこかで見たのかしら?」

ツナ「ええ、まあ。今は旅の途中ですか?」

女騎士母「もちろんよ! まさかあの勇者と一緒に旅に出るとは思わなかったわ」

ツナ「ゆ、勇者?!」ガタンッ

エリス「……お、お兄ちゃんと一緒だね」

ツナ「俺は目指してるだけなんだがな。……そうか、勇者とか」

女騎士母「……? あなた、勇者を目指しているって……?」

ツナ「憧れているんです、どうしようもなく」

女騎士母「そう。きっとなれるわ。パーシャだって女なのに騎士になれたんだし」

ツナ「ありがとうございます」

女騎士母「そうだ、お部屋に案内しなくちゃね」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 20:17:12.93 ID:+oePKJNt0
部屋

女騎士母「じゃあ、ご飯が出来たら呼ぶわね」バタン

ツナ「はい、ありがとうございます」

エリス「……ふぅ。あ! 窓から羊さんが見えるよ!」

ツナ「そうだなー」

エリス「……お兄ちゃん?」

ツナ「いやぁ、あの女騎士が勇者とか一緒にねぇ」

エリス「……?」

ツナ「俺も勇者になるぞーーーッ!!!」

エリス「うわわ?! びっくりしたぁ」

ツナ「ごめんごめん」

行動orイベント>>64
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 20:50:40.08 ID:FdeGphP1O
武器屋を探そう
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 20:57:09.59 ID:+oePKJNt0
女騎士母「あら、どこか行くの?」

ツナ「はい。この辺りに武器屋はありますか?」

女騎士母「うーん、ないわね。刃物なら……あ、そうだ。今頃、家から出てまっすぐ行った所にある広場に旅商人が来てるって話よ」

ツナ「わかりました。ありがとうございます」

エリス「……いってきます」ササッ

女騎士母「ふふ、行ってらっしゃい」ニコッ
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 21:20:42.10 ID:+oePKJNt0
広場

旅商人「いらっしゃーい」

ツナ「あ、あんたはさっきの!」

旅商人「……? ああ、兄弟だな。そっくりなんだよ」

ツナ「へぇ」

旅商人「さあさ、見て行ってくれ! 色んなものあるぜ」

商品>>67->>69
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 21:26:23.02 ID:13UOYqxv0
ブーメラン
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 21:28:44.10 ID:S8dUPDcY0
ボウガン
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 21:36:08.20 ID:aHzb41oDO
ショートソード
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 22:15:26.69 ID:+oePKJNt0
旅商人「これなんかどうだい? 南方のジャングルの木で作ったブーメランだよ」

ツナ「俺には使えんな」チラッ

エリス「……」ブンブンッ

ツナ「うん、やめておこう」

旅商人「あんた、剣士だろ? こっちはどうだ?」

ツナ「少し短くないか? それに古くて刃も消耗している」

旅商人「そうだよ。二刀流で、これは利き手と逆の手で使うんだ」

ツナ「そうなのか?」

旅商人「これも南方で手に入れたものだな。向こうの戦士達はそうやって戦っていたんだぜ」

ツナ(二刀流か……)

旅商人「……だがまあ、どうにか研磨しないと使えないけどな」

ツナ「そうだよな。ボウガン……も無理だな」

エリス「……うぅ」グゥゥ

ツナ「ん? ああ、悪い。お腹空いたな。帰ろう」

旅商人「またどうぞー」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 22:18:40.98 ID:+oePKJNt0
女騎士の実家

女騎士母「おかえりなさい! ご飯ちょうど出来たわよ」

エリス「……お兄ちゃんっ」

ツナ「ああ。じゃあいただこう」

女騎士母「手洗ってきてねー」

エリス「……うん!」

72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 22:29:59.92 ID:+oePKJNt0
ツナ「美味しかったな」

エリス「うん!」

女騎士母「はい、ホットミルク」

エリス「……ん、おいしい」ゴクゴク

ツナ「ご馳走様でした。片付け手伝いますよ」

女騎士母「いいのいいの。旅人さんは早く休んで」

ツナ「……何から何まで、すみません」

エリス「……」コクコク

女騎士母「ほら、あの子もう眠たいみたいだしね」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 22:32:31.49 ID:+oePKJNt0
翌朝

ツナ「いやあ、いい人だったな」

エリス「エリス、あの人好き!」

ツナ「また行こうな。今度はお土産でも持って」

エリス「うん!」

次の行き先
都市orイベント>>74
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 22:34:59.09 ID:dXq1JIQi0
迷いの森に迷い込む
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 22:42:07.31 ID:+oePKJNt0
迷いの森

ツナ「んー、迷ったか?」

エリス「この木の傷、さっきも見たよ」

ツナ「そうだとしたら、まずいな」

行動orイベント>>76
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 22:42:57.10 ID:aHzb41oDO
妖精が話しかけてくる
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/15(日) 23:00:47.16 ID:+oePKJNt0
妖精「あなた達、何してるの?」

ツナ「……妖精?」

妖精「そうだけど文句ある?」

ツナ(妖精ってみんなこう尖ってるのか? とは言えないな)

ツナ「いいや。ないけど。それより、この森から抜けたいんだ」

エリス「……」ジーッ

妖精「な、何よ?! 人の顔ジロジロ見てさぁ!」

エリス「ひっ……」サッ

妖精「……驚かせちゃった。大人気なかったわ」

ツナ「なあそれより」

妖精「ここから出る方法って言った? そうね、教えてあげるわ」

妖精「この森から出る条件は>>78よ!」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 23:22:10.32 ID:2H7Kwl7J0
泉の精霊が出す課題に合格すれば出られる
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/16(月) 20:07:46.46 ID:sBOGepNp0
迷いの泉

泉の精霊「あなた達は迷いびとですね」

ツナ「課題をこなせば、ここから出られると聞きました!」

泉の精霊「その通りです」

ツナ「早速課題を教えてください」

妖精「はぁ……」

エリス「……?」

泉の精霊「では教えましょう。この子と戦って勝つ、それが課題です。出て来なさい!」

出て来たもの>>80
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 20:08:42.43 ID:Rl2NVDVu0
龍のような水の妖怪
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/16(月) 20:30:51.37 ID:sBOGepNp0
水妖怪「グシャァァァッ」

ツナ「なんだ、こいつ……!」

エリス「うわぁ?!……うぅ」

妖精「……いつ見ても悪趣味ね」

泉の精霊「さあ、倒しなさい!」

ツナ「く……やるしかないか!」

行動>>82
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/16(月) 20:36:53.30 ID:7e6iBWDb0
奴隷スレの人か
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 20:48:14.99 ID:FQJLzCfzo
安価下なら包丁で捌くように戦う
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/16(月) 21:08:49.30 ID:sBOGepNp0
ツナ「この包丁で首元から……!」グシャッ

ツナ「おお、ふつうに削げるな!」

水妖怪「クゴゴゴッ」

妖精「へえ、やるわね」

水妖怪「クジャァァッ」ドバッ

妖精「ぎゃあ?! なんであたしにベトベト液をかけてるのよ!」ヌメヌメ

ツナ「うおおおおおッ!」ザクザクッ

ツナ「なんだか他に気を取られているらしいな。これで三枚おろしだ!!」ザクッ
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/16(月) 21:12:08.72 ID:sBOGepNp0
草原

ツナ「……ここは?」

エリス「森は……?」

妖精「さっきの竜を倒したから出られたのよ」ヌメヌメ

ツナ「何でそんなにベトベトなんだ?」

妖精「そんなの今はどうだっていいわ。問題はね」

エリス「……?」

妖精「どうしてあたしまで森から出てるのかってことよ!!」

ツナ「戻れよ」

妖精「それができないから言ってるんじゃないの!」

ツナ「……。い、行こうエリス」

エリス「う、うん。お兄ちゃん!」

妖精「ま、待ってよー!」ヌメヌメ

次の行き先>>86
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 21:22:07.57 ID:Pe/ZBpTO0
港町
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/17(火) 00:27:08.32 ID:iPgTkRlu0
港町

ザワザワ……

ツナ「賑やかな町だなぁ」

村人「やあ、見ない顔だね。あんた達も勇者目当てかい?」

ツナ「勇者……?」

村人「そうさ! ちょうどこの村にあの勇者御一行が来てるんだ!」

ツナ「それは本当ですか?」

村人「この先にいるから確かめるといい」

ツナ「はい!」

今さら勇者の

名前
容姿
特徴
その他>>88->>90
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/17(火) 00:28:39.49 ID:iPgTkRlu0
名前は【バジー】でした

容姿
特徴
その他>>89->>91
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 00:48:16.85 ID:T20+PnbDO
容姿眼帯を着けた少年

特徴中二病
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 00:51:54.05 ID:vb9/zBoj0
容姿 金髪の優男
特徴 絵に書いたような好青年
その他 実は男装した女性
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 04:22:44.53 ID:AhdsgEr60
容姿: 武将髭が生えており見た目は少し怖い
特徴: 危険な旅を考慮して仲間を持たないがとても気さく
その他: 王都で強さを認められ勇者になった実力派
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 04:29:35.77 ID:RKoIBV2K0
すまん勇者御一行だったな...
上の設定の仲間を持たないという部分はなかったことにしてくれ...
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/17(火) 21:00:32.66 ID:iPgTkRlu0
バジー「それで良い。……いつまでかかる?」

村長「明日までに」

パーシャ「決まりだな」

僧侶「本当に操縦できんのかー?」

付与魔術師「……」コク

パーシャ「では宿に戻ろう、バジー」

バジー「ああ。ほどほどに休息をとらないとな」

僧侶「右目に宿した龍が〜ってか?」

バジー「取り返しがつかなくなる前に戻るぞ」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/17(火) 21:12:57.18 ID:iPgTkRlu0
ツナ「あれが勇者か……」

エリス「……あの人」

ツナ「ああ、パーシャだな」

パーシャ「……ん? おーい!」

バジー「急にどうした? 知り合いか?」

僧侶「あー、どこかで見かけたな」

ツナ「はじめまして、勇者バジー」

バジー「俺のファンか。……やめておけ。俺の魔力に毒されるぞ?」

ツナ「……?」

妖精「こいつ頭おかしいんじゃないの?」コソコソ

ツナ「おい、勇者に向かってその言い方はないだろ!」コソコソ

僧侶「悪いな、根はいい奴なんだけどな。勇者に選ばれるくらいにはよ」コソコソ

パーシャ「まさかこんなところで会えるとはな。3度目になるかな」

ツナ「そうだな。ところで……」

バジー「もういいか? 行くぞ」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/17(火) 21:17:38.00 ID:iPgTkRlu0
妖精「なにあれ。感じ悪いなー」

ツナ(いやお前もかなり……)

エリス「……妖精さん」

妖精「ん、なに?」

エリス「あ、あの……」

妖精「……ん?」

エリス「うぅ……おなまえ」

妖精「名前?」

エリス「う、うん!」

妖精
名前
容姿
特徴
その他>>96->>98
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 21:27:29.26 ID:Wmreosreo
名前ミユリル
容姿30cm位、水色の髪
特徴いつも背中の羽根で飛んでる
そこまで強くないが魔法(水、氷系)が使える
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 21:49:44.30 ID:ZCSkiU+xO
名前:イリーナ
容姿:透き通るような白い長髪、胸はそこそこで全体的に細身、女性にしてはほんの少し高めの身長、収納可能な蝶のような羽根を持っている
特徴:回復攻撃バランス良く魔法が使える
気は強いがかなりの寂しがり屋で甘えん坊なツンデレ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 00:18:51.89 ID:V4mE+xG60
>>96
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 21:40:55.27 ID:XpDJTFwjo
難しかったら再安価出してもいいのよ
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/19(木) 22:54:08.27 ID:ugaYINax0
ミユリル「あたしはミユリル。あんたはエリスであってる?」

エリス「……な、何でわかるの?」

ツナ「そういえばさっき俺が呼んだからな」

ミユリル「そうよ。で、この状況だとあんたも名乗るのが筋じゃないの?」

ツナ「そんなこともないと思うがな……。ツナだ」

ミユリル「ちゃんと言ってくれるのね……!」

エリス「ミユリル……ミユリル……」

ミユリル「な、何よ?! そんなに珍しい? あたしの名前」

エリス「っ……!? ち、違うの。大切なお名前だから間違えないように……」

ミユリル「……! べ、別に覚えなくたっていいわよ。何度だって聞いてくれていいからっ」

ツナ(それはそれでどうかと思うけどな……)

ツナ「その辺にしてそろそろ行こう」

イベントor行動>>101
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 23:36:10.62 ID:Z4fAztAj0
どこに行くかの相談
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/20(金) 23:51:51.69 ID:bNG1eOut0
ツナ「どこか行きたいところはあるか? 港町なだけあって面白そうなものもあるぞ」

エリス「うーん……」

ミユリル「船! 大きいの見たいわ!」

ツナ「埠頭なら向こうだぞ。客船が来てるかもな」

ミユリル「何そのあたしだけ行くみたいな言い方は」

ツナ「……?」

ミユリル「何とぼけてるのよ! 一緒に行くの!」

32.76 KB Speed:15.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)