このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

オール安価でまどか☆マギカ 23

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

130 : ◆xjSC8AOvWI [saga]:2018/04/20(金) 20:21:24.47 ID:k0ul8Q6o0


 ――暫くティータイムを楽しんでゆっくりしてから、隣の席の人が戻ってきてマミさんが席を立つ。


マミ「じゃあ、私はもうそろそろ行くわね。よかったら、またお菓子を交換出来たら楽しいわね」

桐野「そうだね……。オレもまたなんか作ってくるよ」


 …………教室の外に向かうマミさんのほうに視線を移すと、入口のほうにキリカの姿が見えた気がした。

 けど、マミさんが廊下に出る頃にはいつのまにかいなくなっていた。


桐野(通りがかっただけか……?)



―――
廊下


 ……廊下に出た後、食らいつくような視線にマミは足を止める。


マミ「……桐野君に用事?」

キリカ「…………いや、べつに」

マミ「?? ?」


 そして、マミは自らの胸元を隠すように手を置いた。


マミ「その……なんというのかしらね。舐め回すような視線を感じたからつい」

キリカ「べ――別にそういう目で見てないよ! 物色してたわけでもあるまいし!」

マミ「まあ、そうよね……」


―――
453.88 KB Speed:10.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)