【モバマス・大槻唯SS】《楽しい日々》

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆h2R5lxXxbk [saga]:2018/04/16(月) 00:25:45.34 ID:rr9pDwNT0
大槻唯は小さなボックス部屋で歌っていた。

彼女は笑顔だった。

手元にあるタブレットに数字を入力して、流行りの曲を呼び出す。

イントロが流れると唯はマイクを唇に近づけ、歌った。

喉が乾いて烏龍茶を飲んだ。

カラオケを楽しんだ。

別れ際、唯の友達は言った。

「唯は歌が上手くて羨ましいよ」

唯は得意げに笑った。

自負していることを褒められるのは嬉しいことだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523805945
2 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2018/04/16(月) 00:26:31.34 ID:rr9pDwNT0
唯が事務所に着いたのは夕方だった。

空はオレンジ色に染まっている。

黒い雲が流れている。

まもなく明るい色は影を潜めた。

事務所の前の電灯が明滅を繰り返していた。
3 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2018/04/16(月) 00:27:24.65 ID:rr9pDwNT0
唯はボイスレッスンを受けた。

自信があった。

だがベテラントレーナーの青木聖はなかなかOKを出さなかった。気難しそうな表情を浮かべている。

「駄目だ。もう一度だ」

そう繰り返すばかりでもやもやした。

唯は喉がかすれる感覚を抱いた。咳をする。低音が上手く出せない。

聖は溜息をついた。

「大槻。お前、ここに来る前にカラオケにでも行ってきたのか?」

唯は謝った。ごめんなさいと頭を下げた。

聖は溜息をついて、頭を振った。

「甘えるなよ。プロとしての意識を持て」

唯は下を向いた。

レッスンが終わった帰り道、彼女の足取りは重かった。
4 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2018/04/16(月) 00:28:15.98 ID:rr9pDwNT0
駅に着くと学生がたくさんいた。

駅前の塾から出てきた者もいる。

勉強をしていたのだろう。唯は売店で棒付きの飴を買った。

包み紙を捨ててひと舐めする。

パイン味の飴だった。

別の味にすればよかったかなと思った。

飴の溶けた唾液は今の気分には甘すぎた。

彼女はゴミ箱の中に飴を捨てた。

乾いた咳が出た。
5 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:29:08.11 ID:rr9pDwNT0
車内は混んでいた。

唯は自動ドアの前辺りに立った。

隣には学ランを着た高校生が英単語帳に目を落としていた。

集中している。

赤いシートを使って意味の部分を隠していた。

唯はこっそりと単語帳に目を向けた。

意味がわかる単語はほとんどない。

楽しくないなと思った。

電車が到着するまでの時間が長く感じた。
6 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:29:41.30 ID:rr9pDwNT0
家に帰ると唯はうがいをした。

喉がヒリヒリする。

腫れている感覚がある。

咳をすると痛んだ。

倦怠感もあった。

制服姿のままベッドに倒れこむと目を閉じた。

しばらくすると階下から母の呼ぶ声が聞こえた。

夕飯はどうするのか、と言った気がする。

唯は答えずにそのまま眠りに落ちた。

うるさいと思った。

もう動きたくなかった。
7 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:30:30.37 ID:rr9pDwNT0
唯は風邪を引いていた。

寒気がした。

母に揺すられ目を覚ました。

手早くシャワーを浴びて布団に潜り込んだ。

夜に計った時は37.6℃。

次の日の朝には38.4℃にあがった。

母は心配した。

優しかった。

うっとおしかった。

唯は学校とレッスンを休んだ。

トレーナーが呆れる姿を想像して泣きそうになった。

プロ失格だという言葉が頭の中で反芻された。
8 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:31:23.37 ID:rr9pDwNT0
夜になると唯は嘔吐した。

昼間から何も食べていなかった。

スポーツドリンクで薄まった胃液がバケツの中に溜まった。

酸味のある匂いがこもった。

唯は死ぬのではないかと思った。

それでも気分は落ち着いた。

薬を飲み、眠ると、次の日の朝には熱が下がっていた。
9 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:31:57.40 ID:rr9pDwNT0
夕方、梅の入ったおかゆを食べているとプロデューサーと相川千夏がお見舞いに来た。

「元気そうね」と千夏は微笑んだ。

「心配したぞ」とプロデューサーはホッとしたような表情を浮かべた。

大袈裟だよと唯は笑った。

千夏は紅茶を置いていってくれた。

寝る前に砂糖を大匙2杯入れて飲むと身体が温まった。

夜は浅い眠りと覚醒を繰り返した。

昼間に充分寝ていたからだ。

暗い部屋の中で唯は天井を見つめた。

あー、と小さく声を出してみた。

次は上手く歌えるだろうかと思った。
10 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:32:29.06 ID:rr9pDwNT0
風邪を引いてから4日。

唯の体調は回復した。

制服に着替えて外に出ると朝日が眩しく感じた。

顔が綻んだ。

棒付きのキャンディを咥えると学校に向かった。

駅で友人と会い、心配したと声をかけられると幸せを感じた。

放課後にはレッスンがある。

そのことを考えると少しだけ気持ちが沈んだ。
11 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:33:01.43 ID:rr9pDwNT0
放課後、レッスンが始まるまで時間があった。

唯は事務所の一階にあるカフェでオレンジジュースを飲んでいた。

スマートフォンをいじり、時間を潰していた。

「大槻さん。こんにちは」

声をかけてきたのは青木慶だった。

事務所ではルーキートレーナーと呼ばれている。

唯はほっとした。

青木4姉妹はみな似ていた。
12 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:33:41.27 ID:rr9pDwNT0
「こんちはー☆ 慶ちゃん♪」

「もう。『トレーナーさん』ですよ?」

「あはは。仕事中じゃないからいいじゃん☆ 慶ちゃんって歳も近いし、話しやすいんだもん☆」

唯は慶としばらく話した。他愛もない話だった。

唯は聞いた。

「慶ちゃんのおねーさんたちってさ。家で怖くないの?」

慶は苦笑した。

「怖いです。特に上2人は」

「麗さんと聖さんだよね」

「ええ。昔はよくプロレス技をかけられたりしたんですよ」

「プロレス技かぁ」

唯は男兄弟みたいだと笑った。

慶は「血気盛ん過ぎるんですよ」と顔をしかめた。

その様子がおかしくて唯はさらに笑った。
13 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:34:19.06 ID:rr9pDwNT0
「お姉さん達と仲悪いの?」

「いえ、仲は悪くありませんよ。特別、嫌いなわけでもありません。姉達には嫌な面もありますけど…尊敬できる部分もありますから」

「ふーん。変なの」

「姉妹とか家族ってそういうものなんじゃないかと思います。複雑なんです」

唯は「わかる」と微笑んだ。

母に看病されていたことを思い出した。
14 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:34:46.00 ID:rr9pDwNT0
慶と別れると唯はボイスレッスンを受けに行った。

レッスンルームのドアを開けて挨拶をすると、聖が書類を眺めていた。

唯をいちべつすると「身体はもう大丈夫なのか?」と短く聞いてくる。

唯は緊張したが「大丈夫です」と答えた。

聖は立ち上がった。

「そうか。始めるぞ」
15 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:35:48.77 ID:rr9pDwNT0
レッスン中、唯は叱られた。

一生懸命に歌っても叱られた。

レッスンは1時間。

厳しく、辛く、楽しくない。

唯は聖の言う通りに歌った。

レッスンが終わると唯はほっとした。

聖は「今日はよかったぞ」と言った。

視線は手元の記録用紙に落としたままだった。

無表情だった。

唯はきょとんとして、頭を下げ、部屋を出る。

帰り道、足取りは軽かった。
16 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2018/04/16(月) 00:48:35.86 ID:rr9pDwNT0
レッスンが終わった後、待合室で唯はプロデューサーと会った。

「お疲れ様」と声をかけられた。

「もしかして唯のこと張ってたの? 嫌〜、ストーカー☆」

「違うっつの。身体は平気か?」

「もちろん☆」

唯は笑顔を見せた。

彼女はいつでも笑顔だった。

「ねぇ。プロデューサーちゃん」

「何?」

「ゆいね。毎日楽しいよ☆」

「…いきなりなんだよ。昨日までダウンしてたくせに」

「えへへ☆」

唯は悪戯っぽい笑みを浮かべた。

明日もまた頑張ろうと思った。

辛いことや嫌なことがあるかもしれない。

それでも日々は楽しいことで満ちているのだから。

終わり
17 : ◆hAKnaa5i0. :2018/04/16(月) 00:56:53.69 ID:rr9pDwNT0
以上です。
お読みいただきありがとうございました。

1レス目の名前が違うのは打ち間違いです。
8.18 KB Speed:2.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)