八幡「やはりYutaの描くラブコメはまちがっている」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 01:14:50.26 ID:B2KEKdAqO
とんとんと病室をノックする音がする。

「はーい。起きてまちゅよ…。」

そう言うとドアから姉であるめぐりと恋人の沙和子が病室に入ってくる。

「八幡怪我は大丈夫?」

沙和子が心配そうに見つめてくる。

「大丈夫だ。それより犬は大丈夫たったか?」

その俺の言葉に姉のめぐりは答える。

「犬は大丈夫だったよ。しかしその場には犬の飼い主がいたらしくて、犬を連れてその場から逃げたらしいよ…。」

姉の言葉に俺は驚いた。

「まじかよ。そんな奴がいるのかよ!」

俺はそう言うとある程度の大きな声で言った。

「運転手と目撃者がいたらしくて、犬の飼い主が証拠隠滅の疑いで警察からは任意の事情聴取されたらしいよ…。」

「まじかよ。そんなら犬を助けて自分が馬鹿を見たな。」

俺は自虐的にそう言うと沙和子は心配そうに声を掛けてきた。

「八幡は怪我を治す事だけに専念して、私も出来るだけ見舞いにこれるようにするから…。」

沙和子がそう言うと感極まった俺は中学生の沙和子に抱きついた。正直な所胸の感触に俺はドキドキしていた。

そして俺は沙和子の唇にそっと顔を近付けて目を瞑った。沙和子の唇の感触を感じる事が出来た。

その様子を見てめぐりは二人を暖かい気持ちで静かに見守っていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523808890
2 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 01:18:34.49 ID:B2KEKdAqO
とんとんと病室をノックする音がした。

誰かが来たのだろうか?

すると鶴見先生と娘の留美が病室に入って来た。

「八幡、久しぶり…。見舞いに来たよ…。」

留実は八幡にそう言って来たので俺はお礼を言おうと思った。
3 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 01:19:56.16 ID:B2KEKdAqO
「わざわざお見舞いありがとうございます。」

俺はお礼を言うと、鶴見親子に感謝の気持ちを伝えた。

「鶴見先生が警察や救急に連絡して呼んでくれたそうですね。助かりました…。」

「事故を目撃したら、助けるのは当たり前でしょう。ましてや八幡君なら尚更よ…。」

俺は鶴見先生の言葉に感動を覚えた。
4 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 01:25:27.17 ID:B2KEKdAqO
「事故の事だけど…。警察に事情を聞かれたから飛び出した犬を助けようとして、事故が起きた事を伝えたわよ。警察は私と運転手の証言により犬の飼い主を探したみたい…。」

「結局、犬の飼い主はどうなった?」

俺はもっとも気になった部分を質問した。
5 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 01:33:24.68 ID:B2KEKdAqO
「犬の飼い主は見つかって、証拠隠滅の疑いで事情聴取を受けた見たいよ。犬の飼い主は由比ヶ浜結衣っていうんだけど、総武高校の新入生だったわ。なに食わぬ顔で入学式に参加していたみたい…。」

「それじゃあ、犬を連れてその場から逃げた上で、なに食わぬ顔で入学式に出てたって事かよ…。しかも二週間も経過したけど謝罪に来る様子が全く無い…。信じられないぜ。」

俺の言葉に鶴見先生は驚いたみたいだった。

「私が学校に八幡君の事故の事は報告しておいたから。事故車の運転手は雪ノ下家の運転手だったから、近い内に雪ノ下家の人が来ると思うわ…。」

「分かりました。」

俺は了解の返事をした。返事をしながら、俺は留美の頭を優しく撫でた。

留実は幸せそうに目を細めた…。
6 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 01:48:48.38 ID:B2KEKdAqO
今回はここまで! 誤字脱字は胸糞悪いストーリーを和らげる為にわざとやっているので、見つけても指摘せずに心の中で笑ってください
7 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 23:02:23.56 ID:00MK1ToQO
コンコンとノックして、二人の人物が入って来た。

「どちら様ですか?」

俺はそう言うと、二人の女性の内、若い方の女性が話し掛けて来た。

「川上コーポレーションから来ました川上陽乃と申します。こちらは母親の川上紅葉です。妹の雪ノ下雪乃が迷惑を掛けてしまい申し訳ありませんでした。」

そう言うと二人は八幡に対して頭を下げて来た。
8 :佐藤勇太 [saga]:2018/04/16(月) 23:15:13.10 ID:00MK1ToQO
「あれ。そう言えば名字が違いますね?」

「うん。両親は離婚したので母と私は母の旧姓の川上を名乗ったんだけどね…。事故の時は妹の雪乃が乗っていたんだけど、当初は父親と雪乃が事故を学校側に口止め等の証拠を隠蔽しようとしたんだけど、結局目撃者がいたから断念したみたい。」

「雪ノ下家は対処しようとしないみたいだけど、代わりに川上家で治療費や入院費を全額負担するわ。他に何か要望はある?」

陽乃さんや紅葉さんに聞かれたので俺はこう答えた。

「これで結構ですが、お願いがあります。俺は犬の飼い主でもある由比ヶ浜結衣とその家族が許せないです。犬を助けたのに証拠を隠滅する為にその場から逃げて入学式になに食わぬ顔で参加するそれがどうしても許せないんです…。勿論、両親と姉もその事に対しては切れてます。雪ノ下家は許すつもりはありませんが、お二人は誠意を見せてくれたのでお二人は許します。由比ヶ浜家に対して慰謝料や損害賠償請求を一緒にやりませんか?そちらがよろしければ父が弁護士なのでちょうど良いと思います。」

俺はそう言うと二人は頷いた。

「そうだね。是非とも参加させて貰います。此れからも此れを縁に仲良くさせて頂きたいので、ご両親に宜しくお伝え下さい…。」

陽乃さんはそう言うと、俺はこう答える。

「分かりました。両親には伝えておきます。」

陽乃さんはさらにこう答えた。

「実は、川上コーポレーションには顧問弁護士がいないので八幡君のお父様にお願いしたいので伝えて頂けませんか?」

紅葉さんに言われたのでこう答えた。

「伝えるだけは伝えておきます。両親や姉と損害賠償請求と合わせて話し合って下さい…。」

紅葉さんは返答する。

「分かりました。今日は貴重な時間を取って頂き感謝します。八幡君のご両親と話し合いをさせて頂く事にします。今日は此れで失礼します。」

二人はそう言うとそのまま病室を後にして退出していったのだった。
5.45 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)