【はがない】小鳩「あ……あんちゃ〜ん……」 黒猫「あら、迷子かしら?」【俺妹】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/27(金) 00:54:08.12 ID:ClZZPcLs0
桐乃「ちょっと!早くしないとくろネクのイベントはじまっちゃうわよ!!」

黒猫「分かっているわ」

京介「どうかしたのか?」

黒猫「いいえ。ちょっと用を思い出しただけよ。悪いけど先に行っててちょうだい」

京介「用事なら俺も手伝あいててて!!!!」

桐乃「あんたはこっち!行かなくて良いから!!」

黒猫(さてと)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524758047
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:00:49.32 ID:ClZZPcLs0
小鳩「あんちゃん……どこー……」

黒猫「あなた、迷子なの?」

小鳩「ふぇ……?」クルッ

黒猫「!!」

黒猫(なんて事……。この子、完全にレイシス・ヴィ・フェリシティ・煌じゃない……!)

小鳩「あっ……夜魔の女王……」

黒猫「そういうあなたは真祖の吸血鬼じゃない。こんな所で何をしているの?」

小鳩「クックックッ……我はしばし半身と離れこの場へと1人で召喚の……」

黒猫「つまり迷子ね」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:07:11.80 ID:ClZZPcLs0
黒猫「その格好から察するにあなたもクロネク目当てで間違いなさそうだけれど」

小鳩「まったく……我が半身はどこで何をしているというのだ……」

館内放送『まもなく3階イベント会場にて──」

黒猫「どうやら時間のようね」

小鳩「ああ……」

黒猫「選びなさい。迷子センターへ行ってイベントには途中から参加するか」

黒猫「私達とイベントへ向かって終わってから探すか」

小鳩「でもあんちゃんが……」

黒猫「……そうね。心配をかけるのはオススメしないわ。ついて行ってあげるから迷子センターへ行きましょう」

小鳩「ええの……?」

黒猫「私は付き添いみたいなものだから気にしないでちょうだい」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:15:12.92 ID:ClZZPcLs0
ヴイィィィィ!!

小鳩「はぁ……クロネク……」

黒猫「……ねぇ、あなたのカバンさっきから震えてない?」

小鳩「ん……?あっ、そうじゃ!うち、あんちゃんに携帯電話こうてもろたんじゃった!」

黒猫「あなた……」

小鳩「もしもしあんちゃん!?」

小鷹「小鳩!やっと出たか!いまどこに──」

星奈「小鳩ちゃーん!!どこ!?どこへ行っちゃったの!?やっぱりおトイレも一緒に行けばよか──」

小鷹「だあー!ちょっと黙ってろ!小鳩、今どこにいる!?」

小鳩「今?えーっと、えーっと……壁があるところ……」

黒猫「ちょっとかしなさい」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:19:52.06 ID:ClZZPcLs0
黒猫「もしもし」

小鷹「小鳩、今どこにいるんだ!?」

黒猫「ちょっと落ち着きなさい。あなたが慌ててどうするの」

小鷹「お、おお、そうだな……ってか小鳩、その口調どうしたんだ急に」

黒猫「残念ながら私は小鳩ではないわ」

小鷹「……いや、その声は小鳩だろ?」

黒猫「そんなに似てるかしら?」

黒猫「まあ良いわ。この子はあなたの妹で今からクロネクのイベントに参加する予定だった。それで間違い無いわね?」

小鷹「えっ?あ、まぁそうだけど」

黒猫「この子は私が責任を持って目的地まで送り届けるからあなたも会場へ向かいなさい。いいわね?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:25:09.10 ID:ClZZPcLs0
黒猫「さてと。そういう訳だからついて来てくれるわね?」

小鳩「うん!」

黒猫(とは言え……この子をアレ(桐乃)と会わせるのは危険ね)

桐乃「遅い!いつまで待たせんのよ!」

黒猫「あなた……先に行ったはずじゃ……」

京介「そうなんだよ。手伝うって言った時は無理やり引っ張ったくせに今度は待つとか言い出してよ」

桐乃「あんたがデリカシー無さすぎなのよ!しね!」

黒猫「話が見えてこないのだけれど」

桐乃「だからぁ……用事ってトイレだったんでしょ?」

黒猫「気を使って悪いけど、全然違うわ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:32:43.57 ID:ClZZPcLs0
桐乃「はあ!?じゃあ何の用事が…………」

小鳩「…………っ」

桐乃「ちょっ……あ、あんたの後ろにレイシス・ヴィ・フェリシティ・煌ちゃんがいるよいに見えるんだけど……」

黒猫「はぁ……」

桐乃「えっ……」

黒猫「この子は小鳩。さっき見つけた迷子よ」

京介「すっげーな。このアニメよく知らない俺でもすぐに分かったぞ」

桐乃「嘘でしょあんたこれ……」

カシャカシャカシャカシャ

小鳩「ひっ……」

京介「こら!許可なく写メ連写すんじゃねー!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:38:09.85 ID:ClZZPcLs0
桐乃「ヤバい……完全に本物じゃん……」

京介「分かったから。早くイベント行くんだろ」

桐乃「いやいや、こんなのもうイベントなんてどうでも良いって」

小鳩「あんちゃん……」

桐乃「あんちゃん?」

黒猫「イベント会場でこの子のお兄さんと待ち合わせしているのよ」

桐乃「いっ…………妹皇たんキターーーー!!」

小鳩「この人こわい……」

黒猫「安心して。かなり頭がおかしいだけで害は無いはずよ」

桐乃「はぁー……これが皇たんの生の匂い……クンカクンカ」

黒猫「前言撤回するわ。害もありそうね」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:42:14.66 ID:ClZZPcLs0
桐乃「こーばとちゃんっ♪」

小鳩「やっ!」

桐乃「ヤバッ……めっちゃきょひられてるし♪」

京介「なんで嬉しそうなんだよ」

桐乃「ってかあんた小鳩ちゃんにひっつき過ぎ!代わりなさいよ!」

黒猫「仕方ないでしょ。この子と私は闇の契約で結ばれているのだから」

小鳩「我と夜魔の女王は闇のシンパシーで繋がっているのだ……」

桐乃「なにそれ私も繋がりたい!小鳩ちゃんと繋がりたい!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:46:43.32 ID:ClZZPcLs0
黒猫「会場には来たけどあなたのお兄さんは……」

桐乃「はぁ。小鳩ちゃん、このまま私の妹にならない?」

小鳩「やっ!」

桐乃「えへへ」

小鷹「小鳩ー!」

小鳩「あっ!あんちゃーん!!」

桐乃「あーあ……」

星奈「小鳩ちゃあーん!!」

小鳩「やっ!!」

星奈「やーだぁ♪めっちゃ拒否られてるしぃ♪」

桐乃「…………」

星奈「ん…………」

桐乃「ふふっ……私もシンパシーってのを感じちゃったわ」

星奈「どうやら同士のようね」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 01:52:38.70 ID:ClZZPcLs0
小鷹「どうもすみませんでした」

黒猫「別に構わないわ。気にしないでちょうだい」

小鷹「ほら、小鳩も」

小鳩「……ありがと」

黒猫「ふふっ、どういたしまして」

京介「お互い妹を持つ兄として気持ちはよく分かるっていうか、俺もシンパシーってやつを」

小鳩「クックックッ、今日は一緒にお風呂に入る事を許可するぞ。我が半身よ」

小鷹「なんだそんなに寂しかったのか?」

小鳩「さ、さみしくなかったもん!ねぇ、あんちゃん、今日だけ……」

小鷹「わかったわかった」

小鳩「寝る時も一緒でええ……?」

小鷹「好きにしていいから。ほら、いくぞ」

小鳩「だからうちあんちゃんが大好きなんじゃ♪」


京介「…………シンパシー感じなかったな」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/27(金) 01:53:47.89 ID:ClZZPcLs0
ペロッ……これは小鳩ちゃん!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/27(金) 02:14:33.60 ID:EM3B1Uixo
次回予告(今回の担当:死に掛け神)

どうもー!駄文メーカーにして、
本作の作者、死に掛け神ですっ!
八幡が大罪のバハムートと呼ばれ由比ヶ浜ることになった理由と、空白の一ヶ月(少しも明かされてないとは言ってない。)の出来事が遂に明らかに!
そして遂に動き出す黒幕!
行け!八幡!お前はもっと強くなれる!
何故なら俺がそういう展開がすきだから!
次回!
「八幡が『大罪のバハムート』と呼ばれる理由」

見てくれると嬉しいな!

八幡「メタ発言とネタバレ止めろ!」



あとがき。

葉山
への復讐の第一回目が終わりました。

葉山にはまだまだ地獄を見せるので

まだまだ終わりません!
今回も読んで下さってありがとうございました!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/27(金) 04:21:50.48 ID:/V8TfISfo
やっ! がかわいい
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/27(金) 20:59:57.82 ID:wr222SC6O
珍しいクロスだ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/27(金) 23:35:07.34 ID:z1EMoOhRO
大分前にあったな
それは更に中二病も混じってたな

んで、続きまだぁ?
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/28(土) 13:25:35.03 ID:Xv9WCEw/o
次回予告はなんやねん
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/28(土) 14:17:29.55 ID:huwKdSynO
ただのコピペやろ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 02:49:36.38 ID:EEpDviRL0
小鳩「そわそわ……そわそわ……」

小鷹「どーした?分かりやすくそわそわ言って」

小鳩「こ、今宵は明るいうちから出掛けても構わぬ……」

小鷹「どこか行きたい所でもあるのか?」

小鳩「デパート……」

小鷹「デパートって、もうクロネクのイベントはやってないぞ?」

小鳩「クックックッ……我の探し物がそこにあるとガイアの夜明けが言っているのだ」

小鷹「ガイアの夜明けって……まぁ小鳩が自分から出掛けたいって言うのも珍しいし行くか」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 02:56:06.07 ID:EEpDviRL0
小鷹「で?デパートに来たけど何を買うんだ?」

小鳩「うーん……」キョロキョロ

小鷹「何を探してるんだいったい」

小鳩「古より惹かれ合う我らはここに来れば必ず……」

六花「なに!?イベントは先週!?」

勇太「お前、ちゃんと日付を確認してなかったのかよ」

六花「くっ……!これはきっと敵の罠。この建物内に時空の歪みが発生している」

勇太「言ってろ」


小鷹「やっぱ人気あるんだな。クロネクって」

小鷹「小鳩ー、もういいかー?イベントはもう終わっ」

小鳩「うぅー……もうちょっと」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 03:01:12.31 ID:EEpDviRL0
黒猫「あら、あなた達……」

小鳩「!」

小鷹「あ、確かこの前の」

小鳩「クックックッ、やはりこの場に現れたな。我が同胞よ」

黒猫「今日は妙にこのデパートへと足が進むと思ったら……そう、あなたの仕業だったのね」

小鷹「ああ、そう言うことか」

黒猫「さて、それじゃあ私は行くわ」

小鳩「えっ!ちょっと……あっ、あんちゃん……」

小鷹「さっそくそんな目で助けを求めるなよ」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 03:06:42.55 ID:EEpDviRL0
小鷹「あー、ちょっと待ってくれ」

黒猫「まだ何か用?私は4時からタイムセールの卵1パック99円を買わなくてはいけないのだけれど」

小鷹「さっき言ってたデパートに足が進む理由はそれだったのか……まあ何でもいい」

小鷹「小鳩と携帯のアドレス交換してやってくれないか?」

黒猫「アドレスを?」

小鳩「あ、あんちゃん、アドレスやのうてプロトコルコードやもん!」

小鷹「プロテインコールだかなんだかしらないけど、頼む!」

黒猫「別にそれくらい構わないけれど……私なんかとアドレス交換してもつまらないわよ?」

小鳩「つまらん事ないもん!き、貴様は我が同胞なのだからな!」

黒猫「別に減るもんじゃないし、好きになさい」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 03:13:39.35 ID:EEpDviRL0
黒猫「それじゃ」

小鳩「あんちゃん……」

小鷹「だから、その顔はずるいだろ……」


小鷹「おーい」

黒猫「まだ何か用?」

小鷹「いやー、この前の小鳩を助けてくれたお礼にさ、飯でも一緒にどうかなって」

小鳩「うん!うん!」

黒猫「別にそこまで感謝されるようなことはしてないわ」

黒猫「それに私は買い物を終わらせたら妹達に夕飯を作ってあげなくてはいけないの」

小鷹「そうなのか。それじゃあ仕方ないな」

小鳩「…………」

小鷹「小鳩」

小鳩「やーぁ……」

小鷹「わがまま言わないで。ほら、ちゃんとお礼言って」

小鳩「…………ありがと」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/29(日) 03:20:41.61 ID:EEpDviRL0
我輩、ねる!
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/29(日) 04:39:26.65 ID:Cswe6evg0
おうまた明日な
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/29(日) 11:49:43.62 ID:SfUR5YdEO
小鳩ちゃん(^ω^)ペロペロ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/29(日) 13:09:05.49 ID:oOmRfESSO
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 13:48:21.91 ID:EEpDviRL0
小鷹「足止めして悪かったな。本当にありがとう」

小鳩「……」

小鷹「そんなに拗ねなくても良いだろ?アドレスだって教えてもらったんだからさ」

小鳩「別に、拗ねちょらんもん……」

小鷹「よーし、じゃあ今日は小鳩の好きなもの食べに連れて行ってやるぞ!何食べたい?」

小鳩「我は吸血鬼の真祖ゆえ生き血しか飲まぬ……」プイッ

小鷹「小鳩、いいかげんに」

黒猫「あなたも大変ね。妹を持つ身として心中お察しするわ」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 13:58:00.67 ID:EEpDviRL0
黒猫「あなたはそんなに私と食事を共にしたいのかしら?」

小鳩「…………」

黒猫「ハッキリと言いなさいな。あなたそれでもレイシス・ヴィ・フェリシティ・煌なの?」

小鳩「我は……夜魔の女王と食事を取りたいと……おもっちょるけど……」

黒猫「そう。だったらうちにいらっしゃい」

小鳩「ええの……?」

黒猫「妹達を放っておく事はできないけれど、あなたがうちにくるなら食事くらいは出してあげるわ」

小鳩「いく!いきたい!」

小鷹「いやいや、ほとんど初対面でさすがにそんな訳には……」

小鳩「あんちゃん!」

黒猫「別に1人や2人増えるくらいなんて事ないわ。気にしないでちょうだい」

小鳩「クックックッ、今宵は楽しい宴となりそうではないか。我が半身よ」

小鷹「お前、妹達と仲良くできるのか?」

小鳩「ふぇ……」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 14:03:50.04 ID:EEpDviRL0
小鷹「なんか……見た目とは違ってめちゃくちゃ和食っぽい食材を買うんだな」

黒猫「あいにく贅沢が出来るほど生活が豊かではないの」

小鷹「オタクは金がかかるからな」

小鳩「?」

黒猫「人間に必要な栄養素を補うにはこの程度で十分のはずよ」

小鷹「でも野菜や魚ばっかりで妹さん達は嫌がらないのか?」

黒猫「ええ。特に下の子は何の文句も言わず美味しそうに食べてくれているわ」

小鷹「だってさ。小鳩もご馳走になるんだから出されたものは美味しくいただくんだぞ?」

小鳩「わ、わかっておる……」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 14:12:09.94 ID:EEpDviRL0
黒猫「ただいま」

日向「ルリ姉おかえりー。お腹すいたー」

珠希「姉さま、おかえりなさいです」

黒猫「いい子にしてた?」

珠希「はいー♪……ところで姉さま、そちらの人はどちらさまですか?」

黒猫「この人は──」

日向「うわあああああ!ルリ姉が不良男子連れて来たー!!なになに?新しい彼氏?高坂くんは!?」

黒猫「うるさい。この人は友人のお兄さんよ」

小鷹「ども……」

日向「友人のお兄さんって高坂くんの事でしょ?」

黒猫「だから──」

珠希「あー……!姉さまの連れて来た人の後ろに誰か隠れています」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 16:42:26.06 ID:EEpDviRL0
小鷹「ほら小鳩。あいさつは?」

小鳩「は……はじめまして……」

日向「うわぁ!何この人!お人形さんみたい!」

小鳩「うぅ……」

珠希「はじめまして♪」

日向「いやー、ルリ姉見てるとイタいし恥ずかしいからやめて欲しいって思うけど、これだけ可愛いと何でもありだね!」

黒猫「フフッ……どうやらお仕置きが必要なのかしら?」

日向「げっ……」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 16:45:36.23 ID:EEpDviRL0
黒猫「適当に座ってちょうだい」

小鳩「おおー……あんちゃん、畳!」

日向「畳がどうかしたの?」

小鷹「うちはフローリングばっかだから珍しいんだよな」

日向「へー……でも友達の家に行けば結構ないですか?」

小鷹・小鳩「…………」

日向「?」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 16:53:03.08 ID:EEpDviRL0
日向「はいはーい!自己紹介、私は日向でーす!」

珠希「妹の珠希です♪」

小鷹「俺は羽瀬川小鷹。んでこっちが妹の……」

小鳩「クックックッ、我が名はレイシス・ヴィ・フェリシティ・煌……吸血いたたた!あんちゃん、なにすると!!」

小鷹「ちゃんとやれ」

小鳩「うぅー……小鳩、です……」

日向「小鷹くんと小鳩ちゃんね!で、ルリ姉は高坂くんと小鷹くんどっちを狙ってるの!?」

小鷹「狙う?」

黒猫「フッ……フフフ、日向、少し大切な話があるから向こうの部屋まで来てもらいましょうか」

日向「や、やだなぁ、冗談だってば。あ、あれ?ルリ姉、顔怖いよ?ちょっ……いたいいたいいたい!」

黒猫「ごめんなさいね。教育が終わったらすぐ戻るわ」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 16:58:58.67 ID:EEpDviRL0
小鷹「なんか色々と大変なんだな……」

小鳩「さ、さすが我が同胞。人間など軽くひ、ひ、一捻りに決まっている」

小鷹「なんでお前までビビってるんだよ。それより困ったな……」

珠希「♪」ニコニコ

小鷹「どうすりゃ良いんだ……この状況」

珠希「おにぃちゃん、おにぃちゃん♪」

小鷹「……えっ?俺か?」

珠希「おにぃちゃんはどうして髪の毛の色が黒と金色なんですか?」

小鷹「ああ、これは生まれつきなんだ」

珠希「そうなんですか……とーってもきれいでかわいいです♪」ニコニコ

小鷹「この子、天使か」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 17:04:01.87 ID:EEpDviRL0
小鳩「こ、こらぁ!あんちゃんはうちだけのあんちゃんで」

珠希「じぃー……っ」

小鳩「な、なん……」

珠希「おめめの色が違うのはどうしてですか?」

小鳩「クックックッ、これは生まれつきこういう色なのだ」

珠希「そうなんですか。すごくきれいです」

小鳩「あっ……ありがと…………じゃなくて、あんちゃんの事」

珠希「おねぇちゃん♪」

小鳩「お、お姉ちゃん!?あっ……」

珠希「どうかしましたか?おねぇちゃん?」

小鳩「あ、あんちゃん……」

小鷹「小鳩……分かるぞ、その気持ち」


小鷹・小鳩「天使……!」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/29(日) 17:04:35.45 ID:EEpDviRL0
小鳩ちゃんも珠希ちゃんも天使ばっかり
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/29(日) 19:07:14.11 ID:nzj1NEkN0
肉:普通に男子人気ある
理科:技術力高評価
幸村:普通に友達作る
マリア:心配してくれる姉がいる
小鳩:最初からリア充
小鷹:ちゃんと見てくれる人からは高評価
ガチで非リア充なの夜空だけという悲劇
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/29(日) 23:47:39.45 ID:dONEVQY6o
夜空には友ちゃんがいるだろ!
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/30(月) 07:54:52.60 ID:r8olBCW5o
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/05/15(火) 02:22:47.59 ID:xvtIGtDd0
黒猫「あら、すっかり仲良くなったようね」

珠希「はいー♪」

小鷹「ほんとによく出来た妹さんだな」

黒猫「とうぜんよ。誰の妹だとおもっているの?」

小鷹「妹といえば……日向ちゃん、だっけ?どこ行ったんだ?」

黒猫「フフッ……あの人間なら魔界送りにしてあげたわ」

小鳩「魔界送り……」

珠希「今月はもう8回目の魔界送りです」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/05/15(火) 02:29:26.49 ID:xvtIGtDd0
黒猫「それじゃあ私は夕飯の支度をしてくるから」

小鷹「だったら俺も手伝うよ。世話になりっぱなしってのもアレだし」

黒猫「気にしなくてもいいわ。それに……あなた、料理ができそうには見えないもの」

小鷹「言ってくれんじゃねーか。こう見えても毎日料理してるんだぜ?」

黒猫「あら、そうなの?」

小鳩「あんちゃんの料理は世界一美味しいんじゃ!」

黒猫「ふーん……その、答え辛い事なら答えなくても構わないのだけれど……あなたたちの親御さんは?」

小鷹「母親は早くに亡くなって、親父は……どこで何を発掘してるんだか。最後にあったのは正月だっけ」

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 03:43:49.74 ID:KG4Y8ahX0
きたか…!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/05/15(火) 11:49:46.64 ID:xvtIGtDd0
小鷹「つーわけで手伝うよ」

黒猫「まあそこまで言うなら……」

小鷹「小鳩、しっかり珠希ちゃんの面倒見てるんだぞー」

小鳩「え?ええ!?あ、あんちゃん、うち1人にせんといて……」

小鷹「いや、珠希ちゃんがいるんだから1人ではないだろ」

黒猫「まったく……珠希、しっかり面倒みてあげねちょうだい」

珠希「はぁーい♪おねぇちゃん、一緒にメルル見ましょう♪」

小鷹「小鳩……どっちがお姉ちゃんか分からないぞ……」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/05/15(火) 12:00:21.50 ID:xvtIGtDd0
黒猫「味噌汁はこんな感じね。焼き魚は……」

小鷹「……」

黒猫「なぁに?さっきから邪悪な視線を感じるのだけれど」

小鷹「邪悪って……俺はただ、すげー手馴れてるなって」

黒猫「言ったでしょ?料理を作るのは日課なの。当然よ」

小鷹「それにしてもすげーよ。正直尊敬するレベルだ!」

黒猫「……あ、あっそう。でもあなただって自信があるからこの戦場へやってきたんでしょ?」

小鷹「もちろんだ。俺は小鳩が大好きな唐揚げを作るぞ」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/05/15(火) 12:03:23.65 ID:xvtIGtDd0
黒猫「ほんと、兄さんは妹が大好きなシスコンなのね」

小鷹「え?そりゃあ妹なんだから好きなのは当たり前だろ?」

黒猫「そういう事を当たり前のように言うからシスコンと言われてしまうのよ」

珠希「わぁーい♪おにいちゃんは妹が好きなんですよね♪」

黒猫「珠希、こっちにきてはダメよ。まだ火炎龍と戦っているのだから」

珠希「でもおねぇちゃんが来たいって言ってました」

小鳩「あんちゃーん……」

小鷹「お前が駄々こねてどうするんだよ……」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/05/15(火) 12:12:55.38 ID:xvtIGtDd0
珠希「それよりもおにいちゃん!さっき妹が大好きなって言ってましたよね?」

小鷹「まあ」

小鳩「あんちゃん……♪うちも大好きじゃ」

珠希「はーい♪珠希もおにいちゃんの妹ですから、おにいちゃんは珠希の事大好きですか?」

小鷹「あ、ああ、そうだな。珠希ちゃんは妹みたいなものだし大好きだよ」

小鳩「あんちゃん!?」

珠希「えーっと、姉さまもおにいちゃんを兄さんって呼んでるから妹ですよね?」

黒猫「そ、そうなる……のかしら?」

珠希「じゃあじゃあ、おにいちゃんは姉さまの事も大好きですか?」キラキラ

小鷹「も、もちろんだ!俺は黒猫の事、大好きだぞ!」

黒猫「な……っ」

珠希「みんな大好きでうれしいです♪」


日向「ゔぉ〜い!!もう1人妹はいるんですけど〜!!ルリ姉出してよ〜!!」

黒猫「し、仕方ないわね。あの愚かなる人の子に課した封印を解くために一時戦線離脱させてもらうわ」ダッ

小鷹「じゃあ俺は料理を終わらせるか」


黒猫「くっ……あの程度の事で感情を揺さぶられるだなんて……まだまだ鍛錬が必要なようね」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/15(火) 12:14:22.90 ID:xvtIGtDd0
クライアントのみなさんが一斉にお仕事をたくさんくれたおかげで
私は納期に殺されてしまいそうです。
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 13:55:58.93 ID:Ux20t68zO
おつ
カラダニキヲツケテネ!
23.79 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)