[安価] 理樹「浮気しまくった結果wwwww」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/04(金) 23:52:08.63 ID:29OKYUNx0
理樹「皆のアプローチが激しかったから全員におっけー出した訳だよ」

理樹「だって仕方ないじゃん?二木さんとか振ったらそのまま心中しちゃいそうな勢いでだったんだよ?」

恭介「それは分からなくも無いが…その結果がこれだよ!」

小毬「あのね〜理樹くんは私を選んでくれたんだよ?」

鈴「いーやアタシだ。こればっかりは小毬ちゃんにも譲れない」

来ヶ谷「少年は私を選んでくれる筈…大丈夫だ…」ブツブツ

西園「直枝さんは私を選びました…美鳥もしっかりと聞いたはずです」キッパリ

葉留佳「ふーん…理樹君は私以外の子を選ぶ気なのかな?」

佳奈多「選ばなかったらコロシテヤルカラ…」

佐々美「別にわたくしは一番じゃなくても構わなくってよ?最後にこのわたくしの元に来れば構いませんわよ」

沙耶「なによ!アタシが一番に決まってるわよ!そうでしょ、理樹君!!」

理樹「」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525445528
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/04(金) 23:56:19.35 ID:YQgw3etko
ふむふむ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/04(金) 23:59:50.66 ID:29OKYUNx0
謙吾「理樹…こればっかりは擁護しきれんぞ、好意を知りながら選ばないのは男として最低の行為だ」

真人「俺は恋愛のことはよく分かんねーけどよ…これはダメなんじゃねえか?理樹」

恭介「因みに能美はどこに行った?姿が見えないが…」

理樹「…クドは僕の部屋で料理してる…もう既に新婚さん気取りだよ…」ゲッソリ

佳奈多「直枝。あなたは誰を選ぶ気なの?」

理樹「ふ、二木さん…」

佳奈多「ええ、貴方の事は私が一番分かってるわ。貴方は優しいから断りなんて中々出来ないわよね。でも大丈夫よ、私が代わりに言ってあげる。一番は二木佳奈多ですってね。他の子たちは残念だけど…諦めて貰えません?」ニコッ

理樹(うわぁ…邪悪な笑みだ…)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 00:19:29.64 ID:/iYwDZPT0
鈴「それは聞き捨てならないな…理樹と小さい頃から一緒にいたのはアタシだ。だから理樹の事を一番良く分かってるのはアタシに決まってる」

葉留佳「それにお姉ちゃんは理樹君に酷いこと言ったりしましたよネ、それなのに選んでもらおうとか都合が良すぎるとは思わないんですか?」ジロッ

謙吾(く、空気が…これは立ち去るのが正解か…)コソッ

小毬「それなら私が一番理樹君を労ってあげたりしてたよぉ…ね?謙吾君?」

小毬「……ウンッテイッテクレルヨネ」ボソッ

謙吾「ひぃっ…も、勿論だ…神北が一番だった…」ブルブル

来ヶ谷「理樹君…」

理樹「ど、どうしたの?来ヶ谷さん?」

来ヶ谷「私は…恋を知らなかった。聞いた事はあっても全くその様なものを感じたことはなかった…でも君と出会ったおかげで変われたんだ。私は本当に幸せものだと思う…」

来ヶ谷「…告白して、君がそれを承諾した時は本当に嬉しかった。あの場で消えてもいいとさえ思えたんだ。でもそれなのに…君はそれを嘘だと言うのか?」ダキッ

理樹「く、来ヶ谷さん!?」

来ヶ谷「私は君の為なら何でもしてやれる。ヒモになってもいい。その分君に幸せを貰えるから…でも、今私を捨てるのだけは…それだけは…止めてほしいんだ」ポロポロ


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 00:27:48.77 ID:/iYwDZPT0
理樹(来ヶ谷さん…僕はやっぱり君を選んだ方が…)

西園「……来ヶ谷さん。三文芝居はやめて貰えませんか?直枝さんは純朴なのですから信じてしまわれると困ります」ジトー

来ヶ谷「…そうか、やはりバレてしまうものか」

理樹「ええっ!?今の嘘だったの?」

来ヶ谷「なに、少々演技が大げさだっただけだ。発言自体は嘘偽りない本心だよ」

西園「直枝さんは私と共に過ごすんです。貴方ではないですよ」

沙耶「いーや私よ!なにせ共に冒険した仲なのだからね!当然よ!」

佐々美「それならわたくしだって違う世界とは言え共に同棲した経験がありますわよ!」

理樹(どうしよ…話の収拾つかなくなってきたよ…)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 06:19:26.70 ID:/iYwDZPT0
しばらくして…

理樹「とりあえず皆が好き勝手言った後帰ったけど…」

理樹「正直決められないよ…誰か1人を選んだら間違いなく大騒ぎになる…」

恭介「それはお前が最初に決めなかったからではないのか?」

恭介「例え傷付くとわかっていても…それでもお前はあの場に至る前に決めなければいけなかったんだ。今回の件はお前の責任だ」

理樹「分かってるよ…」

……

>>7「フフフ…理樹君は渡さない…」

安価いきます
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/05(土) 06:20:38.43 ID:YcFgGpPD0
ささみ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 06:20:43.90 ID:/iYwDZPT0
ちなみに安価を取るのはどのキャラがどんな行動を取るかについてです。



理樹が全裸になる 等
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 06:23:23.74 ID:/iYwDZPT0
佐々美「フフフ…直枝理樹は私のものですわ…他の誰にも渡すものですか」

佐々美「そうと決まればなにをしましょう?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/05(土) 06:25:22.66 ID:6xJp6snA0
理樹と交換日記
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 06:28:27.44 ID:/iYwDZPT0
理樹「とりあえずトイレ行って来るよ…さっきからお腹痛いし」ガチャっ

真人「ああ…まあお前も頑張れよ…」

理樹「さて、トイレトイレ…」

パタン

理樹「ふう…スッキリしたよ、あれ?あそこにいるのは笹瀬川さん?どうしたんだろ…」

佐々美「……」

理樹「どうしたの?笹瀬川さん?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 06:37:41.86 ID:/iYwDZPT0
佐々美「ふっふっふ…直枝理樹?貴方にこれを授けますわ。受け取りなさい?」

理樹「いいけど…何これ?ノート?」

佐々美「ち、違いますわ!これは交換日記ですわよ?貴方とわたくしだけの日記にしましょう?」

理樹「うん!それならいいよ!」

理樹(笹瀬川さん…やっぱりこの人はまともだ…)ジーーン

佐々美「直枝理樹?この交換日記には貴方の全てを書き込んでいただけるかしら?当然わたくしの事も包み隠さず書きますわ」

佐々美「朝起きる時間は勿論、おトイレに行った回数、顔を洗った回数、それに1日のあらゆる行動を分単位で書いて差し上げます。あっ、でも…貴方を想った回数は数え切れないせいで正確に書けないかもしれませんわ…///そこは許してくださいまし…」

理樹(うん、やっぱりまともじゃなかったよ…)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 06:50:42.40 ID:/iYwDZPT0
佐々美「とにかく!!このノートには全てを包み隠さず書く必要がありますわよ!わたくしがそうするのですから貴方もそうして下さい!」ズイッ

理樹「わ、わかったよ!?だからそんな詰め寄らないで…」ドキドキ

佐々美「あら…貴方顔が赤いですわね…ひょっとして今近づいたことに照れたんですの?」

理樹「し、仕方ないじゃん…自分で思ってる以上に笹瀬川さんは美人なんだから…もっと自覚してほしいな///」

佐々美「うにゃ!?そ、そんな恥ずかしいことよく言えますわね!?セクハラですわよ!?」

佐々美「……でもそんな風に思ってくれてるのは嬉しいですわ…」ピトッ

理樹「だ、ダメだよ…僕たちはまだ付き合ってる訳じゃないのにこんなこと…」

佐々美「へぇ…『まだ』ですの?なら今からなればいいじゃないですか、その気になればいつでもわたくしを伴侶にする事もできますわよ?」

理樹「そんなこと言われても…」

ズゴオオオオオ

理樹「っっ!?」

佐々美「!!!危ないですわ!!」バシィッ

笹瀬川さんは飛んできた物体を素手でキャッチした。飛んできてたのは…えぇっ!?硬球!?これってまさか…

鈴「チッ…真 ライジングニャットボールを完璧にざざぜがわざざみの頭に放ったというのに…一筋縄ではいかんな…」

14 :saga :2018/05/05(土) 07:21:48.50 ID:/iYwDZPT0
佐々美「さ さ せ が わ さ さ み ですわ!!!ふぅん…棗さん?これはどう言うつもりですか?直枝理樹に当たったらどうするつもりだったんですか?」

鈴「大丈夫だ。下手くそなお前と違ってアタシはコントロールもいい。現にきっちりとお前の頭に飛んで行っただろ」

理樹「鈴!ダメじゃないか!もし当たってたら死んでたかもしれないんだよ!?」

鈴「……理樹が言うなら気をつける」

鈴「でもささみ…次に理樹を誘惑してるとこを見たら…理樹の居ないところではどうなるか分からないぞ」

佐々美「あら…随分と舐められたものですわね。むしろご自分身を心配した方がいいのでは?貴方がこうしてる間にも他の方はあの手この手で直枝理樹を振り向かせようとしているのですわよ?そんなことしてる暇ないのではなくって?」

鈴「別にアタシはそんなことしなくても平気だ……理樹、アタシの気持ちは分かってるだろ?」

理樹「うん…鈴の気持ちは痛い程伝わってるよ…」

鈴「アタシが理樹の事を好きなのは理樹も知ってる。だから後は理樹がアタシを選ぶだけだ。他の人と違ってアタシ達には特別な絆がある…だからアタシは対抗馬を闇討ちする」キッパリ

理樹(それなりにいいこと言ってたのに最後で台無しだよ!!)

佐々美「随分と余裕ですわね…既に正妻気取りとは笑わせてくれますわ。そんなこと言ってるから幼馴染は負けフラグだなんて言われるんですの」

鈴「う、うっさい!食らえ!真 ライジングニャットボール!!」ビシュッ

佐々美「あ、危ないですわ!?…またやりましたわね…もう許しませんわ!貴方の頭をサヨナラホームランにして差し上げますわ!!」つ金属バット

鈴「や、やばし!ここは一時撤退だ!」ダッ

佐々美「待ちなさい!!後悔させてやりますわ!」ダッ

理樹「行っちゃった……何だかんだ仲がいいと思うんだけどなぁ…あの二人は」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 07:24:11.86 ID:/iYwDZPT0
ご自分身ってなんやねん。正しくは「ご自分の身」ですね笑笑
安価下です。書いてほしいキャラとシチュを書き込んでいって下さい!何時間かしたら再開します
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/05(土) 07:57:15.42 ID:jW+v+5fAo
佳奈多 理樹を連れて駆け落ちする
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/05(土) 10:55:46.76 ID:CiOSdrX5o
デジャビュ……ですねこれは
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 14:43:23.98 ID:/iYwDZPT0
再開します!佳奈多の話を書きます
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 14:53:35.23 ID:/iYwDZPT0
理樹「さて…早く部屋に戻らなくちゃな、何人かヤバい人もいるし…」

佳奈多「あら?それは一体誰のことなのかしら?」

理樹「ひいっ!?いつの間に…」

理樹(こ、この人はダメだ…多分一を争うレベルでヤバい人だよ…)

佳奈多「さっきからいたわよ。……あの泥棒猫達といちゃつくのはさぞかし楽しかったでしょうね」

理樹「ご、ごめん!そんなつもりじゃなかったんだ…」

佳奈多「まあいいわ、どの道貴方は私の物になるの。だからほんの少し我慢しなさい」バヂィ!!

理樹「っーー!?」ドサッ

理樹(か、からだが…うごはない…にゃにさへたんだ…?)

佳奈多「…安心なさい、起きたら全部終わってるわ」ニコッ



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/05(土) 15:15:48.52 ID:6MO10Fa4O
………

理樹「は、はれ…?ここはどこ…?」

佳奈多「やっと起きたのね…ここは新幹線の中よ?それも地方行きの中、逃げようとしたって無駄なんだから」

理樹「な、何でこんな事を…」

佳奈多「そんなの貴方を独占するために決まってるでしょう?文字通り誰の邪魔も入らない場所へ行くの」

理樹「ダメだよ!早く学校に戻らなきゃ…いくらなんでも無茶だって!」ガタッ

理樹「うぐっ!頭が痛い…」ズキズキ

理樹(多分さっき食らったスタンガンのショックが残ってるのかも…)

佳奈多「ほら、もう手遅れなんだから動かないで。降りる時は私がおぶってあげるわよ、さっきもそうして運んだし」

理樹「…よく不審がられなかったねそれ…」

佳奈多「逆なら怪しまれたかもだけど…とりあえず体調不良で眠っているだけだと言い訳しといたわ。軽い方とは言え男の貴方を運ぶのは大変だったのよ?」ハァ…

理樹「なんで僕が責められてるのさ…でも一度降りるしかなさそうだね…」

そうして僕は佳奈多さんに支えられるようにして降りた。意外にも佳奈多さんは優しく接してくれてビックリした。
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/06(日) 21:00:02.46 ID:g1ZOr0HO0
理樹「ところでこんな田舎にしかも夜遅くなんて…泊まるアテはあるの?」

佳奈多「もちろんよ、つい昨日両親に頼んで安いアパートを借りたの。だから安心して生活できるわね。」ニコッ

理樹(親公認!?)

佳奈多「と、言うわけで貴方は逃げられないんだから大人しく私に着いてくるしかないわよ?なにせ携帯も財布も持たないまま来たんだもの」

理樹「……その気になれば……佳奈多さんから奪うことだって出来るかもしれないよ?」ズイッ

佳奈多「あら?直枝のくせにそんなこと言うなんて珍しいじゃない。…でも残念、そんなこと言われても怖くないわ、だって直枝だもの、凄んだって怖くないわよ」

佳奈多「それに…貴方はそんなことしないでしょ?もしやるならさっきまでの背中を向けて歩いてた時にやったはずよ、そんな脅し効かないんだから」

理樹「はぁ…僕はやっばり舐められてるんだな…」

佳奈多「それは違うわよ、それだけ貴方を信用してるってことよ」

理樹「そうかなぁ…あっ、あのアパート?」

佳奈多「ええ、そうよ。とりあえず今日は遅いから入ったらすぐに寝ましょう?」

理樹「今気づいたけど荷物が殆どないよ…」

佳奈多「大丈夫よ、一応私の貯金があるから。これでもあの親戚達からかなり貰ってるのよ?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/06(日) 21:18:39.17 ID:g1ZOr0HO0
理樹「……貯金?」

その時、理樹の中では鈴と共に過ごしたあの逃亡生活のことが思い出されていた。お金がなくなっていき、段々と追い詰められていっていたあの日々を…

理樹「…佳奈多さん。それはダメだ、今は良くてもすぐに限界が来る、だから戻らなきゃ!」グィッ

佳奈多「嫌よ。そんな事は私だって知ってる。でもその上で直枝を独占する為にここまで来たの、だから引き下がれないわ!」

佳奈多「だからこの手を離しなさい…」バタバタ

理樹「ダメだ!!佳奈多さんが来るまで引っ張り続けるよ!」グイーー

佳奈多「いや!私は貴方の指図なんて受けないわ!」バシッバシッ

理樹「こ、この…大人しくしてよ!」パチン!

佳奈多「っっ!!」

理樹(あっ…!?勢い余って佳奈多さんの顔に…)

理樹「佳奈多さん。ごめ…」

佳奈多「ぁっ…」

佳奈多「ぁぁ…嫌だ…ぶたないでください、お願いします!お願いします!」ガタガタ

理樹「か、佳奈多さん!落ち着いて!」ユサユサ

佳奈多「全部私が悪かったんです!認めますから!だからお願いします!!ごめんなさい!!ごめんなさい!!!」ポロポロ

理樹「佳奈多さん!!!」ギュウーー

佳奈多「!!!……なおえ、だよね?」

理樹「とりあえず部屋に入ろう、佳奈多さん!捕まってて!」

佳奈多「あっ…おんぶ…」

こうして、部屋に入った二人だった


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/08(火) 01:09:15.31 ID:WbU/63oRO
……

理樹「ごめん…佳奈多さんのことも考えずにこんな事…」

佳奈多「ううん。私こそごめん…でもおかしな話よね、もう何年も昔の話なのに未だに思い出しちゃうなんて…」

理樹「佳奈多さん…」

佳奈多「今考えたらあの日々は酷いものだったわね、普段は家の人にいびられて学校では妹を虐めて…それを助けようとした貴方にもたくさん暴言を吐いて…思い出すだけで最悪だわ」

佳奈多「だからこそ…それらから救い出してくれた貴方のことが好きになってしまったの、それこそ貴方のためなら何でもできる、今回の件だってそうだったわ…」

理樹「僕は…佳奈多さんの思っている程の人じゃないよ、こんな事言うのもなんだけど別に佳奈多さんに限った話じゃないんだ。僕はただお節介なだけさ」

佳奈多「ふふっ…そうね、直枝はお節介だものね…それもとんでもないレベルよ」

佳奈多「はぁ…そんな貴方を好きになったとは言えそのせいでライバルが増えてしまったのは歯がゆいものね…」

理樹「そうかな…て言うか佳奈多さんはもう大丈夫そうだね、と言うわけでとりあえず寝ようか、お風呂は明日の朝入ることにするよ」ゴロン

佳奈多「……あのねぇ、せっかくいい雰囲気だったんだからもっと余韻に浸らせなさいよ…まあいいわ、私はお風呂入るから…覗いたらいくら貴方でも許さないからね!」

理樹「そんな事しないよ…じゃあおやすみ」

理樹「zzz」

佳奈多「早いわね…そんなに疲れてたのかしら…」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/08(火) 01:17:51.14 ID:WbU/63oRO
お風呂上がり

佳奈多「はぁ…結局何も起きなかった…って私は何考えてるのよ!?そんな事微塵も考えてないし!!」ブンブン

理樹「グゥ…」

佳奈多「…相変わらず可愛らしい顔してるわね…女子顔負けじゃないかしら?」

佳奈多「……はっ!?つい見入ってしまったわ…決して直枝にキスしようとなんてしてないわよ!ホントよ!」ドキドキ

佳奈多「って誰に言い訳してるのかしら私は…」

佳奈多「でも…おやすみなさい、直枝。貴方には私が付いてるから…安心して頂戴…」ナデナデ

理樹(やばいトイレ行こうと思ってたのに今起きたら色々まずい…)

理樹(でも…佳奈多さんがここまでしてくれるのは嬉しいな…正直この人を選んでもいいかもと思ってしまう…)

理樹(でもダメだ…僕はまだ全員の告白を受けたままなんだ。こんなにすぐ決めていい筈がない…)ウーンウーン

理樹「」スャア…

翌日

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/08(火) 05:28:51.69 ID:WbU/63oRO
理樹「んぅ…もう朝かな…」

佳奈多「もう8時よ、私はもうとっくに起きて朝食の準備をしてあると言うのに…」

理樹「いやなんで朝食作れてるのさ!?」

佳奈多「何言ってるの?ちゃんと薄切りパンを持ってきてるしそれをオーブンで焼けば立派な朝食よ?」

理樹「そ、そうだよね…」(手作り食べたかった…)

佳奈多「食べ終えたら外に出かけるから…早くしなさいよね?」

理樹「うん、分かったよ」

ピーンポーン

理樹「あれ?誰だろう?こんな時間から…」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/08(火) 06:51:46.00 ID:OhfpbcZ20
そろそろ佳奈多編は終了します。次のキャラの要望があれば書き込んで下さい
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 07:19:14.46 ID:CLwtHHtj0
西園さんが科学部部隊の支援を受けて理樹を拉致
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 20:58:52.81 ID:zdFt4Jbxo
小毬が毒入り菓子をみんなに配る
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/11(金) 01:20:12.48 ID:H/y7vLg50
佳奈多「……チッ…」

佳奈多「出なくていいわよ、どうせ何かの勧誘でしょ?」

ピーンポーンピーンポーンピーンポーン

理樹「いや連打してるよ!?明らかに違うでしょ!?」

ガチャガチャガチャガチャ

理樹「か、佳奈多さん!?これまずいんじゃないかな!?」

空いてないな…いないのか?

いや…そんな事はない、まあ見ていろ

ちょ、ちょっとま…

ドカッッ、ガンッ!!

理樹「鍵が壊れた!?…ってええっ!?来ヶ谷さん!?」

来ヶ谷「……ほぅ…なにやら楽しげじゃあないか理樹君、佳奈多君?」ビキビキ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/11(金) 01:35:26.32 ID:H/y7vLg50
理樹「ヒッ…!」ビクッ

理樹(く、来ヶ谷さん…雰囲気が怖い…)

佳奈多「あら、誰かと思えば…随分と乱暴な入り方ね、礼儀と言うものを知らないのかしら?」

来ヶ谷「ふん…そんな事は問題じゃない。今私が案じているのは少年がどこぞの誘拐魔に手篭めにされていないかと言う事だけだ。まあそんな事は少年に限ってありえないがね」

佳奈多「それは貴方の主観でしょ?て言うか貴方に対しては確かにそうかも知れませんね?その無駄に大きな胸を持ってしても振り向いて貰えないなんて…可哀想」プッ

来ヶ谷「………君は少々勝手が過ぎたようだな……その気になれば君を再起不能にする事だって可能なんだぞ?」スッ…

佳奈多「……やって見なさいよ…でもそれで私が大怪我したら直枝はどっちの味方になってくれるでしょうね?そんな事をするような暴力女なんてまともに相手してもらえる訳がないでしょう?それで良ければどうぞ私を攻撃してみなさい?」ニヤァ…

恭介「いい加減にしろ!お前達はやり過ぎだ!!」

理樹「恭介!?居たの!?」

恭介「…来ヶ谷の壊した鍵を直してた…弁償代は高いからな…」

理樹(情けない…)

恭介「お前たち…理樹の前でそんな不毛な争いをして申し訳ないと思わないのか…?理樹がそんな姿を望むと思ってるのか?」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/11(金) 06:09:37.12 ID:VawFtBIDO


来ヶ谷「…最初に…佳奈多君が少年を連れ去った時…私は柄にもなく焦ってしまっていたんだ…」

来ヶ谷「このまま少年が戻って来なかったらどうしようって…そうではなくても佳奈多君に押し切られて既成事実を作られやしないかと…」

佳奈多「…作ってないわ…」

佳奈多「私は結局そんな事はできなかった…ここまでのアクションをしたのにも関わらず、情けないわ…」

来ヶ谷「……ハハハッ、それは良かったよ…でももうこんな真似はしないでくれ、こんなシリアスな展開はおねーさんの柄に合わない」

恭介「お互い和解したようで何よりだ。表現の仕方はともかく、理樹の事が好きな事に変わりはないんだ。だから理樹を困らせないでやってくれ…いくら強くなったとは言っても理樹だって苦労してるんだからな…」

佳奈多「ちなみになんでこの場所が分かったの?誰にも気付かれないように来たのに…」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 09:49:43.88 ID:rQZMnvno0
再会します。見ていてくれたら嬉しいです笑笑
33 :saga :2018/05/13(日) 10:09:03.87 ID:rQZMnvno0
来ヶ谷「ん?それは勿論少年の服やバッグにGPSをつけてるからだが?」

理樹「」

佳奈多「あ、あなたねぇ!直枝のプライバシーの事も考えなさいよ!!」

恭介(二木…お前が言うのか…)

来ヶ谷「別に不思議な事は何もなかろう。少年がもし危ない人間に連れ去られたりした際に即駆けつけられるじゃないか。現にこうして危ない人間が現れてる事だしな」ニヤニヤ

理樹「そ、それはそうだけど…とにかくダメ!全部外してよ!」

来ヶ谷「むぅ…せっかく普段の少年の行動パターンが分かってきたとこ…いや、何でもない」

理樹「なんか不穏な話が聞こえたような…」

恭介「さぁ、一応解決した事だし学園に戻るぞ。二木ももうこんな事はするなよ」

佳奈多「はいはい分かりましたよ、でも直枝?最後に一ついいかしら?」

理樹「うん?何かな?」

佳奈多「別に今は他の子たちにいい顔するのは許してあげる。でも……」

佳奈多「最後は必ず私の元に来なさい、来なかったら……」

佳奈多「貴方もろとも…シンデヤルカラ…」ボソッ

理樹「」ゾクゥ!!

理樹(寒気がした。光の無くなった目でそんな事を言う佳奈多さんに対して僕は恐怖を感じた)

来ヶ谷「……それは聞き捨てならないな…君が死ぬのもダメだが少年を巻き込もうとするなら…私もそれ相応の事をしなければな」ギロッ

理樹「二人とも…」

理樹(多分、この件は終わっていないんだと思う。寮に戻っても、元の学校生活に戻っても解決しない、僕がきちんと選び切らない限り…終わりはない)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 10:11:20.07 ID:rQZMnvno0
とりあえず佳奈多編は終了です。つぎは西園さんの話を書きます!どうも展開が似てしまいそうなストーリーですけどなるべく被らないように書きますw
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 10:17:17.85 ID:rQZMnvno0
理樹の部屋

謙吾「大丈夫だったか?理樹」

理樹「な、なんとかね…」

真人「ったく…二木の野郎理樹に対して手荒な事しやがって…ただじゃおかねぇ」イライラ

理樹「真人!?そんな怒らなくて大丈夫だよ、佳奈多さんも改心したし…」

謙吾(多分してないと思うが…)

謙吾「まあいい…理樹はもう外に出る用事はないのか?」

理樹「あぁ…一応本を返しに西園さんの部屋に行く予定だよ?」

真人「西園か…あいつならそこまで危険じゃなさそうだな」

理樹「そうだよね!多分西園さんなら平気だよ!じゃあ行って来るよ!」バタン

謙吾(むぅ…どうも嫌な予感がするな…俺が付いて行った方が良かっただろうか…)
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 17:16:18.98 ID:AgOjPi+YO
理樹「ふぅ…女子寮までこの本持ってくのも疲れるなぁ…」

科学部A「あ!そこにいるのは直枝理樹!覚悟!!」バシュゥ!

理樹「ぐぇっ!」バタッ

科学部B「気絶したか…可哀想だがそのまま連れていけ、今西園女史を怒らせたらNYP値がとんでもないことになってしまう…」

科学部A「ええ…早く連れていかなければ…」

西園「あら?まだ私の部屋に連れてこられていないのですか?雑談する余裕はあるようですが……」

科学部A B「ひぃっ!す、すみません!直ぐに運びます!」ダッ

西園「……直枝さん?この科学部達と私のNYPの力の前では絶対に逃れられません……ウフフフフフフフフ……」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 17:39:38.00 ID:AgOjPi+YO
西園ルーム

理樹「……はっ!」

理樹(あ、あれ?なんでだろう…特に縛られたりしてる訳じゃないのに動けない…)

西園「おはようございます、直枝さん、具合はいかがですか?」

理樹「に、西園さん…これをやったのはもしかして…」

西園「ええ、私が科学部の人達にやらせました…貴方を捕まえるのに私が行くと警戒してしまいますから…」

西園「……しかし、一度捕らえてしまえばもう逃げることは不可能です。直枝さん?なぜ貴方が今動けないのか分かりますか?」

理樹「な、なんで…」

西園「ふふふ…鈴木さん?説明を」

マッド鈴木「はい…この西園氏が装着している道具を見てくれ」スッ

理樹「それは…腕輪?あれ、そういえば僕の左腕にもついてる…」

マッド鈴木「これはNYPを使える者が使うと同じく腕輪をした人間の動きを操ることが出来るんだ。力の強い者が使えば脳に負荷を与えて拷問、さらには洗脳まで可能だ」

理樹「そんな危ない物なんで作ったのさ!?」

マッド鈴木「私はむしろ廃棄しようとしたんだ!!それを西園氏に利用された…」

回想

マッド鈴木「こんな危ない物は使えん…廃棄しなければ」

西園「あら…素晴らしい発明ではないですか、何故棄てるのですか?それなら私に下さい…」

マッド鈴木「こんな物使ってしまってはダメだ!!人を意のままに操ってしまうのだぞ!!」

西園「……渡してくださらないと言うならば…実力行使ですかね」スチャッ

マッド鈴木「……っ!!私を脅すのか?生憎私はそんな事には屈しな」バシュゥッ!!

西園「……次は耳に当てます…その次は目に…確実に当てて差し上げます」スチャッ

マッド鈴木「うぅ…くそっ…」

………

理樹「そ、そんな事が…」

西園「いらない事を話しすぎていますが…まあ許してあげます」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 17:50:11.05 ID:AgOjPi+YO
マッド鈴木「でも…明らかに異常なんだ…」

マッド鈴木「いくらこの腕輪が人を操るといっても精々数分、それも指一本も動かさなくするなんてあり得ない話だ」

マッド鈴木「だから西園氏のNYP値を計測したんだ。そしたら…メーターを振り切ってしまった」

理樹「そ、それってどのぐらいの物なの…」

マッド鈴木「やろうと思えば今すぐにでもこの場の全員を跡形もなく葬りされてしまうレベル…そう、かの有名なフォース使い、ダー◯ベイダーと互角に争える程の力だ」

西園「鈴木さん?喋りすぎです、一度静かに」グィィ

マッド鈴木「うぐっ!ムグゥ…」

理樹「!?!?西園さん!やめてあげて!」

西園「…はい、流石にやりすぎました…」スッ

マッド鈴木「げ、ゲホッゲホッ……」ゼエゼエ

西園「と言う訳です、だから直枝さん?決して逃げようだなんて思わない方が賢明ですよ?」ニコッ


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 17:56:18.80 ID:AgOjPi+YO
理樹「……西園さんは何が目的なの?」

西園「それは勿論直枝さんを私のものにする事です。こうして意のままに貴方を動かせるのですから…ほら、立ち上がってこちらに」スッ

理樹(!?足がいきなり動き出して……西園さんの方に…)

西園「ふふふ…そこで止まって下さい、ちなみに喋ることは許可しませんよ?」

理樹「……っ」ぴたっ

西園「では、>>40をする事を命じます、ふふっ?どんなことでもさせてあげますよ?」ニッコリ
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/05/13(日) 17:58:21.52 ID:M0WHHdKp0
私にキスして、私だけを生涯の伴侶にすると誓いなさい
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 19:34:14.52 ID:rQZMnvno0
西園「そうですね…やはり直枝さんを私のものにしてしまうのが一番ですね///さあ、私に永遠の愛を誓って下さい。誓いの印としてキスもお願いします///」

理樹「………はい………西園さん………」スッ

西園(ああ…遂にこの時が来たのですね…このままずっと共に過ごしてそうして卒業後に結婚して…)

ねえ?こんなやり方で満足なの?お姉ちゃん

西園「……っ!!美鳥…貴方の出番はありません…大人しくして下さい…」

美鳥(ダメだよお姉ちゃん!こんな愛のない命令をしたって満たされないよ!)

西園「所詮貴方は私の裏の人格に過ぎません…出過ぎた真似をしないで下さい……!」

美鳥(……理樹君はこんな形でお姉ちゃんと結ばれたって嬉しくなんて無いはずだよ…このまま永遠に理樹君を洗脳し続けてしまうの?)

西園「そ、それは…」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 19:36:22.92 ID:rQZMnvno0
設定を説明すると美鳥は美魚の中にいる別人格みたいなものです。ついでにこの世界は夏休みが終わった後の現実世界です
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/13(日) 19:40:56.63 ID:93fqm/X/o
現実世界でも能力持ってきててワロタ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 19:47:06.93 ID:rQZMnvno0
美鳥(多分理樹君は私と同じく心の中から外の世界を見てる…こうして無理やり一緒になったって…理樹君は嫌がるに決まってるよ)

西園「でも…でも…私にはこれしかできない…」ポロッ

西園「私は……他の人のように愛想がある訳でもない…魅了させるような容姿がある訳でもない…そんな私が直枝さんを繋ぎ止めるには…こうするしかないんです……」ポロポロ

科学部A「おい!B!数値がどんどん下がっていってるぞ!」

科学部B「……恐らく精神的に不安定になったからか…あの腕輪も効果が完全に無くなっているな…」

美鳥(そんな事ないよ…ほら、顔を上げて?大事な人が目の前にいるよ?)

西園「……グスッ、な、なおえさん?私から…逃げないのですか?あんなに酷いことをした私から…」

理樹「西園さん!」ギュッ

西園「な、直枝さん!?なんで…」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 19:47:41.73 ID:rQZMnvno0
>>43まあそこはお許し下さいw
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 19:56:43.63 ID:rQZMnvno0
理樹「僕がいけないんだ…軽い気持ちでみんなにいい顔をしようとしたから……だから余計に傷つける人を増やしてしまったんだ」

西園「そんな事ないです、私が身勝手な理由で貴方に対して迷惑をかけてしまったんです…本当に…すみません…」グスグス

理樹「ううん、西園さんは悪くないよ…でも、西園さんの気持ちには…まだ応えられない」

理樹「僕はまだ殆どの女の子達に告白されっぱなしでまともに返事をしてないから……けじめを付けなきゃいけないと思うんだ。だから全てが終わったら…改めて決めようと思う、こんな情けない僕だけど…許してくれるかな?」

西園「うふふっ、直枝さんは随分と女性泣かせな人ですね…何人の女性がこんなことになるのでしょうか…」ニコッ

理樹「うぐっ、、そう言われるとなにも言い返せないかも…」

西園「ふふふっ、でもそんな所も含めて直枝さんを好きになってしまったのですから…惚れた弱みというものです」クスッ

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 20:12:07.04 ID:AgOjPi+YO
そうして僕は部屋を後にした。NYPの力はどうやら病んでしまった事によって増幅された結果らしい、再び計り直してみたら本来の力に戻っていた。ただし…

マッド鈴木「一度でも凄まじい力を解放した訳だからな。これからも感情が高ぶったりした時はこれだけの力になる可能性もあるだろう」

なんて不穏な話をしていた。まあ無いと思うけど…まあ暫くは西園さんもおとなしくなるだろう、ところで西園さんの独り言は誰に話してたのかとおもったけど…

理樹「……そうか……ちゃんとこの世界にも居てくれてたんだな…良かった……美鳥」ニコッ

西園ルーム

西園「なんとも恥ずかしい所を見せてしまったものです…馬鹿にしてますか?美鳥?」

美鳥(……まあ普段のお姉ちゃんとは思えなかったけど…正直気持ちは分かっちゃったんだ…理樹君は素敵な人だから自分の物にしたいっていうのは…)

美鳥(私はあの世界で実体を得ることができてほんの少しだけあの人と一緒に居れたけど…幸せだった。それこそお姉ちゃんには今も嫉妬してるよ?)

美鳥(でもだからこそ、お姉ちゃんには間違って欲しくない。あのまま一緒になっても絶対に上手くいかなかったと思う。そんな事をしないでもっとグイグイアピールするべきだよ!)

西園「えぇ…分かってます。これからはもっと積極的に行きますよ?だから美鳥も安心して見ていて欲しいです」ニコッ

美鳥(分かればよろしい!お姉ちゃんには私の分まで頑張ってほしいからねー、だからこれからも頑張るんだよ!)

……その後、理樹に対して結構距離が近くなった美魚であった…

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/13(日) 20:15:44.26 ID:AgOjPi+YO
これにて西園編も終了です。NYPについては美鳥同様現実のものとして見てください笑。次は小毬編に行きます!希望のキャラがいたらお願いします、それでは
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/13(日) 23:45:44.76 ID:0Cm9ia06o
はるちん真っ向勝負でデート誘う
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/13(日) 23:53:12.26 ID:Nj+c738to
それがいいな
はるちんなら真正面から向かってくるだろうし
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/14(月) 20:45:30.36 ID:jGO/KMu50
佳奈多「直枝?ちょっと手伝って欲しい事があるのだけど」グイグイ

来ヶ谷「おお、ちょうどいい所に来たな。これから私の部屋でお茶会でもしないかい?当然二人きりだ」

西園「直枝さん?これから二人で本屋にでも行きませんか?」

理樹「み、みんな…いっぺんに言われても困るよ…」

ワイワイガヤガヤ

小毬「……っっ…」ギリィッ

小毬「えへへへへへへ…みんなダメだよぉ〜?理樹君を困らせたら…だから……」

小毬「私があのお邪魔虫たちを追い払ってあげなくちゃね……ねぇ?理樹君?」ニヤァ…

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/14(月) 20:55:15.70 ID:jGO/KMu50
恭介「ほぅ…理樹の部屋でお茶会か…最近ギスギスしてたし久しぶりに楽しめそうじゃないか。よし、放課後に集まるようみんなに伝えておこう」スタスタ

小毬「うん!お願いするよ〜」ニコッ

小毬「うふふっ…みんなには私の心を込めた『隠し味』を入れてあげるよ…」ニヤァ

小毬「そうだなぁ…>>55の効果にしようっと」

安価です。どんな効果の毒を入れるかについてです
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/14(月) 20:55:59.51 ID:U2Nkm51w0
ksk
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/14(月) 21:20:55.87 ID:qS1OpQhxO
理樹に向かって暴言を吐いてしまう
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/14(月) 21:27:54.28 ID:ZXdZDqiVo
筋肉の魅力に目覚める
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 02:08:01.86 ID:eCSww2Udo
うわ微妙
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/15(火) 06:37:59.66 ID:iYVjtirU0
寝落ちしましたすみませんm(_ _)m今夜に>>54>>55の両方とも書きます。ではまた
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 07:23:11.40 ID:NHhCuNlnO
ん?
安価は>>55のみだから>>54を書く必要はないのでは?
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/15(火) 18:10:39.53 ID:iYVjtirU0
予定が空いたので要望がある両方とも書こうと思ったからです。>>55を先に書くので興味なければ飛ばしてもらって結構です笑
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/15(火) 23:52:12.63 ID:iYVjtirU0
小毬「筋肉の虜になる薬…この薬さえ使えばみんなは筋肉の事だけをかんがえるようになって理樹君を忘れるはず…」

小毬「うふふふふふっ…?待っててね理樹君…」ニヤァ

放課後

真人「いやぁ最近色々とあったからこういうのは久しぶりだな!」

謙吾「ああ!今日は食うぞ〜」ワクワク

鈴「お前ら食い意地張りすぎじゃ!」

笹瀬川「直枝理樹?良ければ食べさせてあげてもよろしくってよ?」

佳奈多「何言ってるの?それは私の役目でしょ?」

西園「ここは私が行きましょう。直枝さんもその方がよろしいかと」

理樹「み、みんな!?そんないっぺんにお菓子を渡されても困るよ!?」


ワイワイガヤガヤ

小毬「……」ビキビキ

小毬(まあいいもん…じきに薬の効果が出てくる筈だし…)

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 23:55:19.98 ID:GpGAf4bUO
つまり真人がモテモテに…
それはそれで面白そう
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/16(水) 23:26:32.50 ID:8b0/FbFv0
真人ならセーフでしょ
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/17(木) 00:16:08.14 ID:SDUnDUgx0
来ヶ谷(むっ?何だろう…普段と違う味がする…気のせいか?)パクッ

佳奈多(あれ…?何か変な感じ…頭にもやが掛かるというか…)ボーッ

クド「わふーー!!筋肉最高なのです!!!」バンッ!!

全員「」ビクゥッ!!

理樹「ど、どうしたのクド!?」

クド「何故か分からないけど今すぐに筋肉にくっつきたいのです!おや?よく考えたらこんな所にいい筋肉が!!」ガシッ

真人「お、おい!?どうしたんだいきなり!?」

来ヶ谷「…たしかにそうだな…正直真人君の筋肉を見てると変な気になってしまうよ///」ハァハァ

葉留佳(な、なんで…なんで私はここまで筋肉の事を考えてるの…怖い、怖いよ!?)

佳奈多「あら?こんな所にいい筋肉があるわね…ちょっと触らせなさい?」ニギニギ

佳奈多「予想通りの筋肉ね!強い男は嫌いじゃないわよ///」ポッ

真人「お、お前らどうしたんだよ…理樹の事は…」アセアセ

理樹「……ふんっ!!」グッ

理樹の筋肉「」ふにゃっ

理樹「……うぅ…自信なくすよ…やっぱりこんなひ弱な男はモテなんてしないよ…」ズーン

小毬「理樹君!!とりあえず出よう!」グイッ

理樹「あっ、ちょっと待ってよ!?引っ張らないでー」ダッ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/17(木) 05:58:51.13 ID:+aTMLpirO
屋上

小毬「ふぅ…ここならだいじょーぶだよね?」

理樹「ど、どうしたのさ…急に外に出て…」

小毬「理樹君?さっき私があえて目の前に置いたお菓子は美味しかった?」

理樹「それは美味しかったけど……っっ!?」

理樹(それは一瞬の事だった。自分の視界がぼやけて、僕はそのまま固いコンクリートの床に転がった。体が思うように動かない、全身が痺れていた。)

理樹「あ、あえ…………なんへ……」

小毬「ごめんね理樹君……薬の量が多かったせいで呂律も回らなくなっちゃって…でも心配しないで?すぐ終わるから…」スルスル

理樹「な、なに……お…」


65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/18(金) 21:00:53.01 ID:4Bwfk+Vs0
小毬「そんなの決まってるじゃん…既成事実を作っちゃうんだよ?」ニコッ

理樹「!?」

小毬「だって仕方ないよね?理樹君じゃ他の子たちをフることなんてできないし何よりも先を越されたらおしまいだもの」

理樹「でも……そんなこと…」

理樹(万が一子供ができたら…)

小毬「えへへ…理樹君の考えてる事はお見通しだよ?……子供は産むから…いざとなったら学校辞めてでも育てるつもりだよ?」

小毬「私は例え理樹君から選ばれなくても…何かしらの形で理樹君との愛の結晶を残したいんだよ?だからこんな事するの」

理樹「そんなの……ダメに決まってるよ…」

小毬「……分かってる。でももう既にこうするって決めたの、だから覚悟を決めてね?理樹君?」ズイッ

理樹(ま、まずい!ヤられる…)



66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/18(金) 21:15:21.85 ID:4Bwfk+Vs0
謙吾「そこまでだ!!神北!理樹から離れろ!」バンッ!

理樹「け、謙吾!?」

鈴「あたしもいるぞ。理樹」

鈴「……小毬ちゃん…まさか小毬ちゃんがこんな事するとは…」

小毬「……そうだよ…私はそういう人なんだよ…薬を使って、それで理樹君をモノにしようとした最低な女の子…ふふっ、こんな子が選ばれる訳ないよね…」

鈴「いや?べつにあたしは小毬ちゃんの事を貶してる訳じゃないぞ??」

謙吾、理樹「えぇっ!?」

鈴「正直あたしは今まで理樹の事が好きとは思ってたが何かをした訳じゃなかった。でも最近いろんなのがアプローチしててそれで分かったんだ」

鈴「すなわち……恋は戦争であると!!」ドーーン

小毬「そうだよーー!鈴ちゃん!分かってくれたんだね!」

鈴「あぁ、勿論だ。でも流石に理樹に苦しい思いをさせるのはかわいそうだからな…あと皆にへんな薬を盛るのもナシだ!さすがにひどいぞ!!」プンプン

謙吾「そ、そうだぞ神北……さすがにそれはやりす」

鈴「やるならざざみだけにしろ!!あいつにだけは理樹を渡したくないからな!死なない程度に薬を盛って欲しい!」

笹瀬川「な、なぜ私にだけそんな辛辣なんですの!?そんなに私が憎くって!?」

謙吾「うぉっ!いたのか…」

沙耶「あたしたちもいるわよ!!まったく…小毬ちゃんたら手荒な真似をして…次やったらただじゃおかないんだから!」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 02:37:02.96 ID:ajqy/TWD0
すみません、書く気はやまやまなのですが今物凄く忙しい状態なので中々進みません。今週の金曜日まで殆ど更新できないので金曜日までお待ち下さい
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/21(月) 07:04:45.71 ID:+TR36Dcpo
更新が途絶えるパターン
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/25(金) 23:55:39.85 ID:cwqkqbZ20
遅れて大変申し訳ありませんでした!やっと用事が片付いたのでまた更新します!
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/26(土) 00:01:50.80 ID:5X+A4UG60
小毬「うん…みんなほんとうにごめんね、あたしもうこんな事しないから…だから許してもらえるかな?」

沙耶「はぁ…まあ仕方ないわねぇ…今回だけは許してあげるわ、こな私に感謝しなさい!」オーッホッホッ

鈴「お前ざざみみたいになってるぞ」

理樹「あはは…まあこれにて一件落着かな?とりあえず僕は疲れたから部屋に戻るよ…」

鈴「あーー…理樹、今は戻らない方がいいぞ…」

理樹「え?なんで…ってそうだ!薬が…」



71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/26(土) 00:08:41.42 ID:5X+A4UG60
佳奈多「さぁ!みんなで筋肉旋風を巻き起こすのよ!まずは腕立て30回!」

クド「いーーっち…にぃーーっ…も、もおだめなのです…」ベチャッ

葉留佳(おかしい……何かがおかしいよ……)クラクラ

来ヶ谷「ふう…中々疲れるものだな…」

葉留佳「ってもう終わったの!?」

理樹(うわぁ…これは…)

葉留佳「あっ…理樹君!そんなトコにいたの!?ちょっとこれはおかしいですよ!?」

小毬「じ、実はね…」

事情を話す

葉留佳「そんな事したんですか…小毬ちゃんも侮れませんねぇ」ビクビク

小毬「でもそろそろ効果が切れるころ…」

佳奈多「さぁいっちに!いっちに…ってあれ?私は…」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 09:42:43.13 ID:7VdqS7o5o
まだかな?
41.93 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)