安部菜々「ガラスの靴は」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :0820 [saga]:2018/05/15(火) 00:02:15.16 ID:FmIK8Trv0
こんばんは。

アイドルマスターシンデレラガールズのSSになります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526310134
2 : ◆CS7uVfQgX. [saga]:2018/05/15(火) 00:03:15.61 ID:FmIK8Trv0
事務所の屋上・夜

菜々「……」ボーッ

ガチャ

菜々「?」クルッ

モバP(以下P表記)「こんなところにいたんですか菜々さん」

菜々「プロデューサーさん…」

P「どうしたんですかこんな時間に、こんな場所で。冷えますよ」

菜々「いえ…ちょっと、夜空が見たくなって」

P「そうですか」

菜々「はい」

P「……」

菜々「……」
3 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:03:54.13 ID:FmIK8Trv0
P「お隣、いいですか?」

菜々「はい。もちろん」

P「失礼します」

菜々「失礼されます」

P「なんですかそれ」ハハ

菜々「なんでしょうね」クスクス
4 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:04:34.13 ID:FmIK8Trv0
P「俺のジャケットで悪いですけど。どうぞ」スッ

菜々「いっ、いえ!お構いなく」

P「大切なアイドルなんですから構いますよ。何を言ってるんですか」

菜々「…えへへ。じゃあ、お言葉に甘えて」

P「はい。甘えてください」
5 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:05:25.11 ID:FmIK8Trv0
P「星と月。どちらがお目当てでした?」

菜々「はい?」

P「いえ。夜空を見に来た、と言っていたので」

菜々「…どちらでしょう」

P「決めてなかったんですか」ハハ

菜々「なんとなく。一人になりたかっただけかもしれません」

P「…そうですか。本当に失礼しちゃいましたね。すみません」ペコリ

菜々「…とか言って。この場を離れる気もないんですね」クスクス

P「はい。今は菜々さんと一緒にいたい気分なので」

菜々「…ズルいですね。プロデューサーさんは」

菜々「そんなこと言われたら、もう、一人になりたい、なんて言えないじゃないですか」
6 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:06:02.46 ID:FmIK8Trv0
P「あ、そういえば」

菜々「はい?」

P「下でココアと紅茶買ってきたんでした。どっちがいいですか?」

菜々「じゃあ、紅茶をいただきます」

P「どうぞ」

菜々「ありがとうございます」

P「……」カシュ

菜々「……」ゴク

P「…ちょっと冷めちゃってますね」

菜々「そうですか?温かいですよ」

P「菜々さんがいいなら良かったですけど」

菜々(あなたが買ってきてくれた。その気持ちが温かい、なんて乙女すぎですかね)
7 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:06:35.93 ID:FmIK8Trv0
P「…さ、そろそろ戻りましょうか」

菜々「……」

P「菜々さん?」

菜々「プロデューサーさん」

P「…はい」

菜々「ナナは、夢でも見てるんでしょうか?」

P「……」

菜々「ずっと憧れ続けたアイドルになれて、そして、そして…」
8 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:07:10.66 ID:FmIK8Trv0
P「安部菜々さん」

P「あなたが、ガラスの靴を手にしたこの瞬間を、心から嬉しく思います」

P「第7第シンデレラガール。本当におめでとうございます」
9 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:07:45.82 ID:FmIK8Trv0
菜々「!! プロデューサーさんっ」ダキッ

菜々「ナナっ、やりました!ついに…ついにっ…」ボロボロ

P「はい」ギュッ

菜々「ぷろでゅーさぁさん、ナナ、ナナっ」ギューッ

P「はい。頑張りましたね」

菜々「やった…やったよっ…」

――――――――
――――
―― 
10 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:08:44.37 ID:FmIK8Trv0
P「落ち着きましたか?」

菜々「はい、見苦しいところをお見せしました」

P「いえいえ」

菜々「シャツも、濡らしてしまってすみません」

P「俺の胸なんかでよかったら、いつでも貸しますよ」

菜々「…プロデューサーさんは優しいですね」

P「普通ですよ」

菜々「普通なんかじゃないですよ。ナナにガラスの靴を用意してくれちゃう魔法使いさんです」

P「それはナナさんが自力で手に入れたものです。俺はせいぜい舞踏会へ導くカボチャの馬車を手配した程度ですよ」

菜々「カボチャの馬車…」

P「はい。その程度です」

菜々「…じゃあ、そんなプロデューサーさんに用意してほしいものがあるんですけど、お願い聞いてくれますか?」

P「はい。シンデレラの願いとあらば」

菜々「今すぐじゃなくていいんですけど、いつか、いつか…」















菜々「ナナとプロデューサーさん用の、ガラスの指輪を…!」
11 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:09:57.20 ID:FmIK8Trv0
短いですがこれにて完結です。

日をまたいでしまったのが心残りです…
12 : ◆EvbvEj89F6 [saga]:2018/05/15(火) 00:12:29.92 ID:FmIK8Trv0
安部菜々さん。

貴女が努力を続け、ガラスの靴を手に入れたことを、心の底から祝福致します。

第7代シンデレラガール、本当におめでとう!!!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 02:29:28.12 ID:UKjvfWV+O
イロモノ可愛いと思ってたけどまさか一位だもんなー
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 03:44:54.51 ID:2qmZmFXhO
そりゃそうだろ。ウサミンはどのアイドルより下積み時代長いし。
平成最後のシンデレラガールとしても相応しいもんよ。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 09:53:11.63 ID:5MunQg5FO
??「よう言うた!それでこそ七代目シンデレラガールや!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 12:22:01.16 ID:CBVcstxDo


アイマスそんなに詳しくないけどウサミンの設定知って応援してた
苦労してたら報われて欲しいってなるよ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/15(火) 12:33:31.77 ID:m05ZmGM1O
途中で心折れても仕方ないレベルなのに地下アイドルをやりながらメイドのバイトしてたとかすごいよな
5.81 KB Speed:2.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)