アスカ「強くてニューゲーム」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :>>1 :2018/05/16(水) 18:02:24.19 ID:mEI1LUBF0
アスカ「…………ん……」

アスカ「……いたい……っ?」ムクッ

アスカ「……?ここ、どこよ?」

アスカ(あたしは、確か……弐号機の中に居たはず)

アスカ「……?あ!ここ、あたしがドイツに居た時に使っていた部屋じゃない!」

アスカ「けどなんでこんな所に?」

アスカ(えーっと、確か……弐号機に乗って、戦自と戦って……)

アスカ(その後量産機と……っ)ゾクッ

アスカ「……あたし、死んじゃった?」

アスカ(となるとここは天国?でも、なんでこの部屋なのよ……)

アスカ(ん……?)

アスカ「今日は6月21日?って……この日、確か……」

アスカ「第三の使徒が襲来した前日、よね」

アスカ「……この卓上時計が間違ってる可能性は……無いわね、ネットワークを利用してた気がするわ」

アスカ「……使徒、エヴァ」

アスカ「っ!そうよ!弐号機!……ママっ!」


プロローグ『アスカの補完計画』



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526461343
2 :>>1 :2018/05/16(水) 18:03:28.54 ID:mEI1LUBF0
新世紀エヴァンゲリオンにて、旧劇のラスト、サードインパクトが起きた時点でアスカが過去に戻った状況です。
劇中描かれなかった部分は漫画などからの想像になっております。また、日常の様子は現実の2015年の日本をイメージしております。
旧アニメのストーリーのを軸として進行します。
稚拙な文ですが、お楽しみいただけたら幸いです。
3 :>>1 :2018/05/16(水) 18:05:00.72 ID:mEI1LUBF0
アスカ「ママ……」

弐号機『……』

アスカ(ドイツ支部のまんまの配置ね……やっぱりここはドイツ??)

アスカ「……これ、夢じゃないの?」

アスカ「なら、あたしは生き返ったの?どうしてここにいるの?……サードインパクトのせい?」

アスカ「……ママ、教えてよ……」

弐号機『……』

アスカ「……そうよね、話せるわけないわよね、だってこれエヴァだし…」

加持「……アスカ?こんな所でどうしたんだ?今日は休みだろ」

アスカ「……!加持……さん……?」

加持「なんだ、そんなに驚いて……」

アスカ「え、いや、えっと……か、加持さんこそなんでこんな所にいるのよ!」

加持「ん……俺は、まぁ、仕事だよ」

アスカ「そ、そう……」

加持「じゃ、またな、アスカ」

アスカ「う、うん……」

アスカ(どういうこと?加持さんが生きてる……?)

アスカ(……やっぱり…)
4 :>>1 :2018/05/16(水) 18:06:25.18 ID:mEI1LUBF0
-その日の夜、アスカの部屋-
アスカ「……タイムループ」スマホポチポチ

アスカ「これが有力かしら……後、バタフライエフェクトって言うのがあるらしいわね」

アスカ「蝶の羽ばたきは世界を変える……か。あたしがすべきことは今まで通り振る舞うか、敢えて未来を変えてみせるか……」

アスカ「って何なのよもう!訳わかんない!」

アスカ「……確か後3時間ね。日本で第三使徒が確認されるの」

アスカ(使徒のデータ……あんなもの見せられたところで、って感じよね。同じような使徒なんてほとんど居ないじゃない)

アスカ「……シンジ……ミサト……ファースト……」

アスカ「考えても無駄ね。あたしが居なくても勝てたんだし、今回も何事もなく勝てるでしょ……」

アスカ「……寝よっと」
5 :>>1 :2018/05/16(水) 18:07:29.27 ID:mEI1LUBF0
ドイツ支部員1「第三使徒、殲滅されたそうね」

ドイツ支部員2「らしいな。データは届いてるのか?」

ドイツ支部員3「既に弐号機パイロットには渡してあるさ」

ドイツ支部員1「さっすが!仕事早いわね〜」

アスカ「……」

アスカ「同じような資料ね。まぁ細部までは覚えてないけどさ」

アスカ「……そう言えばもうそろそろね、シンクロテスト」

アスカ「……エヴァ。使徒。……ママ」

アスカ「はぁ、分かんないことだらけね」
6 :>>1 :2018/05/16(水) 18:10:06.72 ID:mEI1LUBF0
ドイツ支部員1『アスカ、準備はいい?』

アスカ「えぇ、オッケーよ」

ドイツ支部員1『弐号機シンクロテスト、開始』

アスカ(…………懐かしい匂い……)

アスカ「……ママ」ボソッ

ドイツ支部員2『なっ!?弐号機シンクロ率……70%をオーバーしています!』

ドイツ支部員3『有り得るのか!?』

アスカ(ママがあたしと居てくれる……)

ドイツ支部員2『なっ、弐号機シンクロ率上昇、80、90、100……ひゃ、132.5%です!』

アスカ「……今じゃない、か」

ドイツ支部員2『!?に、弐号機シンクロ率低下……50%に落ち着きました』

ドイツ支部員3『どうなっているんだ、こんなことが……』

ドイツ支部員1『アスカ……』

弐号機『……』ググッ

加持(132.5…信じ難い数値だな。……碇司令に伝えておくか)
7 :>>1 :2018/05/16(水) 18:13:22.45 ID:mEI1LUBF0
アスカ「ダメね、あまり高いシンクロ率を出すと驚かれてしまうわね」

アスカ「……あの感じ、分かる。ママが居てくれる。一緒に居てくれる……」

アスカ「……私、ママと一緒に戦うわ……この先も、ずっと……」


時は経ち、第四使徒および第五使徒もミサトとシンジ、そしてレイ達によって撃破された。
多少の誤差はあっても、恐らく前回と変わってはいない。


-弐号機格納庫-
アスカ「……いよいよ明日ね。」

アスカ「海上に第六使徒のあいつがいるわ。」

アスカ「口内にあるコア。口に飛び込んで無理やり叩き割ってやるわ」

アスカ「まっ、あたしにかかれば余裕よね!」

アスカ「それじゃ、おやすみ、ママ」

アスカ「また、明日ね…」

弐号機『……』
8 :>>1 :2018/05/16(水) 18:14:41.34 ID:mEI1LUBF0
-2015年9月20日、太平洋艦隊上-
アスカ「騒がしいわね。……あいつらが来たのか」

アスカ「やっほー、ミサト。元気〜?」

ミサト「あら、アスカ。おっきくなったわね〜、そうそう、今日はサードチルドレンがいるわよ!」

アスカ「ふーん、サードチルドレンが……」

トウジ「なんや、えらいべっぴんさんやぞ」コソコソ

ケンスケ「この人がセカンドチルドレンなのかな」コソコソ

シンジ「多分そうだよ」コソコソ

アスカ「なーにコソコソしてるのよ。それより、サードチルドレンは何方?」

シンジ「あ、えっと、僕、だけど……」

アスカ「そう。あたしは惣流・アスカ・ラングレー。弐号機のパイロットよ。宜しくね」

シンジ「あ、うん、えっと、僕は碇シンジで、初号機のパイロットだよ。宜しく」

アスカ「それじゃ、あたし弐号機の所に居るから」

ミサト「あら、もう行っちゃうの?残念だわ」

アスカ「じゃ、まったね〜、ミサト」

ミサト「えぇ、またね〜」

ミサト(アスカ……何だか変わったわね)

アスカ(さて、使徒に備えなきゃね)
9 :>>1 :2018/05/16(水) 18:15:35.29 ID:mEI1LUBF0
アスカ「……三馬鹿はあたしのこと覚えてないらしいわね」

アスカ「ミサトはあたしのことを知ってたってことは……やっぱり過去に飛んでるのね」

アスカ「……ママ……」

アスカ「らしくないわよ、アスカ。それにもうじきあの魚みたいな使徒がやってくるわ」

アスカ「口の中飛び込んでコアにナイフを突き刺す……多分これで殺れるはず」

アスカ「きっと上手くいくわ、アスカ……そうよね、ママ?」

弐号機『……』

アスカ「……」

ゴオォォン!

アスカ(……!!来た!)

アスカ「行くわよ、アスカ!」
10 :>>1 :2018/05/16(水) 18:17:26.37 ID:mEI1LUBF0
ミサト「使徒!?まずいわね、艦長の所へ向かうわよ!」

シンジ「み、ミサトさん!あれ!」

ミサト「な、弐号機!?」

ミサト「……とにかく急ぐわよ!皆!」

シンジ、トウジ、ケンスケ「はい!」

ーーー

弐号機『……』

アスカ「……弐号機、ミッション開始」

艦長『今すぐそれを止めろ!』

ミサト『お言葉ですが、あれはどー見ても使徒ですわ!』

艦長『えーい!』

ミサト『うるさいわね〜、アスカ、やっちゃいなさーい!』

アスカ「分かってるわよ!残り62秒でケリを付ける!」

弐号機『……!!』グワッ

艦隊員『弐号機着艦します!衝撃、来ます!』

弐号機『……!』ドォォン!!

アスカ「さぁ来なさい!」

使徒『……!!』ガブッ

ミサト『弐号機が飲まれた!?』

アスカ「この……中に……」ジャキン!

ミサト『ナイフを装備?……まさか!』

アスカ「どぉりゃぁぁぁぁぁあ!!!」

弐号機『ウオォォォォォン』カッ

使徒『……!!!』

ドォォォォ……
11 :>>1 :2018/05/16(水) 18:18:29.59 ID:mEI1LUBF0
リツコ「海上で使徒と遭遇、ね」

ミサト「えぇ、不幸だったけれど、コアのみが潰れただけの綺麗なサンプルは持ち帰ったわよ」

リツコ「……もっと面白いデータが取れてるわよ。戦闘時、弐号機のシンクロ率が150%を超えたわ」

ミサト「な、150%を!?」

リツコ「えぇ、一瞬ね。コアにナイフを突き刺す瞬間だけよ」

ミサト「……コア」

ミサト(そう言えばアスカ、迷うことなく口の中に突っ込んでいったけれど……何故あそこにコアがあるとわかったの?)

ミサト「……」

リツコ「……ふぅ。それで、確か一緒に暮らすことになったのよね。あなたとアスカ……つまりサードとセカントのチルドレンが」

ミサト「アスカがあんなお願いしてくるなんて、びっくりだわ」

アスカ(べ、別にシンジと暮らしたいんじゃなくて、前回と変わらないようにしてるだけだってんの!)

アスカ(……って、あたし誰に言い訳してんのよ…)
12 :>>1 :2018/05/16(水) 18:19:29.27 ID:mEI1LUBF0
アスカ「あれからあたしは極力『惣流アスカ』として振舞った」

アスカ「……不思議な感じがするわ。心が冷めきってるというか……」

アスカ「……」

アスカ「第七使徒は手こずることなく倒せた。簡単な話、武器を二つ使って同時にコアに突き立てるだけ」

アスカ「その後は大体前回と同じ。マグマを潜って、捕獲に失敗。その後来たやつはライフルで1発だったわ」

アスカ「そして次が」

アスカ「天より飛来する最大の使徒、ってわけね」

アスカ「……なーんちゃって、ま、余裕よ余裕!」
13 :>>1 :2018/05/16(水) 18:20:28.09 ID:mEI1LUBF0
アスカ「……余裕じゃなかったんですけど……」

ループ.3回目

アスカ「まさか、シンジが受け止められずそのままNERVがバーンって消えちゃうとは」

アスカ「……うーん……悩ましいわね」

アスカ「それ以外の奴は楽に勝てたのになー」

アスカ「ま、当然よね。何せあたしは全部分かってるんだし!悩む必要ないって感じー?」

アスカ「それにしても、負けたらこの部屋に戻ってくるのかしら?」

アスカ「……………………気持ち悪い」

プロローグ『アスカの補完計画』 -了-
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/16(水) 18:20:59.89 ID:13HZPNcQ0
量産機にやられて過去に戻ったって言うならアスカの精神は一番やばい状態だったはずなのに冷静すぎない?
15 :>>1 :2018/05/16(水) 18:21:05.90 ID:mEI1LUBF0
テレテレレテテレレレッレレレッレレー
次回予告
過去に戻ったアスカ。
弐号機に眠りしアスカの母。
自らの手で未来を掴もうとする少女に、現実は残酷なまでに重くのしかかる。
果たしてアスカはこのループから抜け出せるのか?

次回、第一話『魂のかたち、こころの壁』

この次も、サービスサービスゥ!
16 :>>1 :2018/05/16(水) 18:21:50.30 ID:mEI1LUBF0
とりあえずここまで投下です

読んでくれたら嬉しい

アスカは超可愛いので、みんな旧劇も見てね
17 :>>1 :2018/05/16(水) 18:23:53.80 ID:mEI1LUBF0
>>14
正確にはちょっとズレてますからね

このアスカが量産機に負けたアスカなのかは分からない、的な感じです
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/16(水) 18:30:22.98 ID:9QILKCDg0

アスカがループは珍しい、シンジをどう育てるかがミソかね
エタらないことを願う
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/16(水) 18:36:16.12 ID:ZeIJCcZJ0
アスカが活躍するとシンジが成長しないから詰むのか
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/16(水) 19:19:38.65 ID:+e1j9rA9o
八幡「入学式の日に犬が飛んできたから蹴り返した話」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526039029/
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/16(水) 20:27:23.27 ID:IZnce12h0
実はアスカ視点で碇シンジ育成計画なのではww
期待
22 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:03:17.01 ID:mEI1LUBF0
アスカ「……無理」

アスカ「無理無理!何なのよ!無理に決まってるじゃんこんなの!」

アスカ「降ってくるやつ全然止めないじゃないバカシンジ!!」

アスカ「というかその前の使徒にもあいつ1回負けてるんですけど!バカシンジとミサトは何やってんのよ〜!!」

アスカ「はぁ……でもそうね、今回で10回目だし……」

アスカ「そろそろまともに解決策を考えないとよね〜」

第一話『魂のかたち、こころの壁』
23 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:04:48.07 ID:mEI1LUBF0
とりあえずコテ付けておきますね
名前はそのうち考えるかも知れません

更新方法なんですが、溜めたものを投下か、溜めたものを投下した後もゆっくり書いていくか

どっちがいいですかね

とりあえず第一話、ちょこっと落としていきます
24 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:05:38.43 ID:mEI1LUBF0
アスカ「解決策ねぇ……というか問題なのは、毎回あいつが落ちてくる位置とミサトの指定する位置の両方がバラバラってことよ!」

アスカ「そして、毎回あたしでもファーストでもなく、バカシンジの近くに落ちるんだもんね」

アスカ「これぞ『バタフライエフェクト』の影響ってわけね」

アスカ「……となるとやっぱ、シンジをどう動かすかよね」

アスカ「バカシンジを強くしないことには、あの目玉おばけは突破出来ない、か」

アスカ「とりあえずまとめてみるわ!」

ノート『
第五使徒←たまにバカシンジがミスる

第六使徒←あたし単独でやれる

第七使徒←単独でやれるけどシンジが成長しない?

第八使徒←マグマのやつ

第九使徒←パレットあれば余裕

第十使徒←バカシンジが止めなきゃいけない


アスカ「……あぁ、あのコア2つあるやつをあたしが瞬[ピーーー]るから悪いのか」

アスカ「つまり、あいつを倒す過程でバカシンジを強くしなきゃってわけね!」

アスカ「その後のマグマのやつも、今となっては一人で処理できるけど、確かはじめはあいつに借り作っちゃったしな〜」
25 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:07:12.11 ID:mEI1LUBF0
アスカ「んー、とりあえずはバカシンジを強くするために、あいつに訓練を課さなきゃってわけよね!」

アスカ「そうね……とりあえずそれをするなら一緒に暮らした方が楽ね」

アスカ「……別に1人が寂しい訳じゃないけど、ほら、そっちの方が都合がいいし?」

アスカ「……」

アスカ「兎にも角にも、あいつにもっと自信を持って貰わなきゃ困るわ!」

アスカ「うーん、とりあえず厳しく行かなきゃよねぇ……」

アスカ「……そうね、エヴァの操縦で必要なことをとりあえずまとめてやるわ!」

アスカ「あくまでも、あたしが使徒に負けないために、ね!」
26 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:08:10.24 ID:mEI1LUBF0
時は経ち、アスカ来日当日

アスカ「そろそろシンジたちが着く頃ね」

アスカ「それじゃあママ、またね!」

弐号機『……』ピクッ

ーーーー

アスカ「ミサト〜!元気だった〜?」

ミサト「あらアスカ!おっきくなったわね〜」

アスカ「ふっふーん!そ、れ、で、誰がサードチルドレンなのよ!」

シンジ「あ、えっと、僕、だけど……」

アスカ「そ。あたしは惣流・アスカ・ラングレー。弐号機専属パイロット、セカンドチルドレンよ!アスカでいいわ」

シンジ「あ、僕は碇シンジ。えっと、初号機のパイロットで……」

アスカ「知ってる知ってる。それじゃ、宜しくね?」

シンジ「あぁ、うん!宜しく…」

トウジ「うひょー、えらいべっぴんさんやぞ」コソコソ

ケンスケ「あぁ、碇のやつ羨ましいぃ〜」コソコソ

アスカ「それじゃあ、シンジは借りるわよ、ミサト!」

ミサト「え!?ど、どこ行くの?」

アスカ「あたしの弐号機を見せてやるのよ!それじゃ、まったね〜」

アスカ「さ、行くわよ、シンジ!」グイッ

シンジ「あ、ちょっと!じゃ、じゃあまた後で!」

ミサト「元気ねぇ〜。気を付けてよ〜」
27 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:09:11.78 ID:mEI1LUBF0
アスカ「じゃっじゃーん!どう?これがあたしの弐号機よ!」

シンジ「へぇ…弐号機は赤いんだね」

アスカ「ま、それ以外にも違いはあるけど……それは置いといて、よ」

シンジ「?」

アスカ「あんたの戦闘映像を見せてもらったわ!」

シンジ「へ!?み、見たんだ……何だか恥ずかしいな…」

アスカ「とりあえず、よく倒したわね、とだけ言ってあげるわ!けど、戦い方が全然ダメね!」

シンジ「えぇっ!?……アスカはそんなに強いの?」

アスカ「えぇもちろ…っ!」ゴオォォン!

シンジ「うわぁ!な、何の音!?……!あれ、使徒!!」

アスカ「……いいわ、見せてあげるわ、サードチルドレン!」

シンジ「え?え?」

アスカ「あたしの戦いっぷりを見とけってことよ!行くわよ、弐号機!」

シンジ「あ、ちょ、アスカ!」

シンジ「……み、ミサトさんのとこに行かなきゃ!」

28 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:10:40.18 ID:mEI1LUBF0
アスカ「さーて、こっからは余裕ねー」

アスカ「もう何回もやってるし、シンジに見せつけるためってだけだもんね」

アスカ「ママ、最初から全力で行くわ!あたしの力を見せつけてやるのよ!」

弐号機『…………』カッ

弐号機『グォォォォン!!』ググッ

アスカ「弐号機!発進!!」

ーーーー

シンジ「アスカ、凄いね……一瞬で使徒を倒しちゃった……」

アスカ「ふっふーん、どんなもんよ!……いいこと、バカシンジ!」

シンジ「バっ……!?」

アスカ「あんた、そのままじゃ死ぬわよ。大切なものを守れずに」

シンジ「……!」

アスカ「あたしが教えてあげるわ。エヴァの戦い方って奴をね!」

シンジ「え、えっと、うん……ありがとう」

アスカ(とりあえずはこんな感じでいいかしら?今までと違ってシンジの面倒見なきゃいけないなんて、面倒臭いわね!全く!)
29 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/16(水) 21:13:26.13 ID:mEI1LUBF0
とりあえず、ここまでです

ではまた書き溜めてきます
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/16(水) 21:52:57.41 ID:zEEIzNzuO
俺……憑かれてるのかな……アスカがムスカに見えたんだ……
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/16(水) 21:55:09.55 ID:f4UYxoi9o
そこまで強いわけじゃないのね
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/17(木) 10:26:34.39 ID:Z/AMkpC7O
マジレスすると人類補完計画あるなら成長しようがしまいがマダオやらユイがあの手この手でシンジ追い込もうとしてくるから一人で止められるかって話になるよな、どちらかといえば追い込む材料にされたアスカの方が成長しないとまた初号機覚醒からの補完計画発動待ったなしだわ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/17(木) 18:24:26.92 ID:r9qbhEdwO
マダオって割とガチでまるでダメなおっさんだから困る
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/17(木) 18:36:25.12 ID:+B5QNpnEO
>>33
マダオについて銀魂ラジオ聴いてこい
杉田阪口が息子がマダオになりたいらしいけど、どうしたらいいかについてマダオの素晴らしさ語ってるから
マダオになることは光栄なことなんだと言ってるから
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/17(木) 19:06:37.86 ID:BV//7RLA0
アホカ
36 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 20:30:32.61 ID:kX4fGjY50
>>1です
30分ほどしたら投下していきますね
とりあえず先に風呂入ってきます
37 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 20:57:22.38 ID:kX4fGjY50
リツコ「お疲れ様、ミサト」

ミサト「ほんっと大変だったわ…まさか海で使徒と遭遇するとはね」

リツコ「輸送中の弐号機を狙った、と考えられるわ」

ミサト「傍迷惑なやつね。それより、どうだった、今回の使徒のサンプルは?」

リツコ「あまり解析は進んでないわね…。それより、弐号機のシンクロ率の方が気になるわ」

ミサト「?何%だったの?」

リツコ「172.3よ」

ミサト「……え?」

リツコ「瞬間最高シンクロ率は172.3%。それ以外の間も150%を超えるシンクロ率だったわよ」

ミサト「……それ、冗談じゃないわよね?」

リツコ「当たり前でしょ。……調査が必要だわね」

ミサト「けど、そんなこと……ありえるの?」

リツコ「論理的には可能、とMAGIは回答しているわ」

ミサト「……常軌を逸してる、わね」
38 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 20:59:14.61 ID:kX4fGjY50
加持「いやぁ、波乱に満ちた船旅でしたよ」

ゲンドウ「あぁ……」

加持「これのせいですかね?」

ゲンドウ「恐らくな」

加持「……これは」

ゲンドウ「あぁ、最初の人類、アダムだよ」

加持「……それと、弐号機の件ですが」

ゲンドウ「……あのシンクロ率。弐号機に目覚められる訳には行かないのだがな。……明日、シンクロテストを執り行う」

加持「そうですか。では……」

ゲンドウ「あぁ、下がりたまえ」

加持(アスカ……一体どうなっているんだ?)
39 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 20:59:55.52 ID:kX4fGjY50
アスカ(そんなこんなでミサトん家に転がりこんだわけだけど……)

アスカ「鍛えるとは言ったものの、何しようかしら」

アスカ「…とりあえず、やれることはやらなきゃよね」

アスカ「ということで、バカシンジには自分の戦闘を見て改良すべき点を見つけてもらうことにしたわ!」

シンジ「う、うん。分かったよアスカ」

アスカ「それじゃ、第三使徒の時のは見ても参考にならないだろうし、第四と第五使徒の方、ちゃんとやっとくのよー」

シンジ「あ、アスカ、どこか出かけるの?」

アスカ「なんか、日本に来たから一応シンクロテストと身体検査?をするらしいわ。それじゃ、行ってくるわねー」

アスカ(ま、この日に検査が入るのは毎回同じね)
40 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 21:00:49.95 ID:kX4fGjY50
リツコ「それじゃ、シンクロテスト始めるわよ」

アスカ『はーい』

マヤ「シンクロ率62.3%…かなり高い値ですが……」

リツコ(テストの結果自体はドイツの時と同じようなものね。時々シンクロ率が異様に高くなるだけ、かしら)

リツコ「アスカ、シンクロ率がかなり低いわよ。余計なことを考えないで」

アスカ『あれ?そう?……うーん』

マヤ「……!センパイ、これ…!」

リツコ「シンクロ率79.4%……やはり、そうなのかしら……」

リツコ「オッケーよ、アスカ。テストの結果は後で伝えるわ。昼食を挟んで身体検査ね」

アスカ『はいはーい』
41 :?>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 21:02:53.46 ID:kX4fGjY50
ゲンドウ「弐号機パイロットの身体検査の結果は?」

リツコ「異常はありませんでしたわ。遺伝子データも、100%アスカ本人であると考えて間違いありません」

リツコ「シンクロ率のMAGIによる誤差も認められませんでしたわ」

ゲンドウ「そうか……弐号機パイロットの『パターン』は?」

リツコ「その点もご安心ください。使徒ではありません。パターン青の痕跡も見つかっておりませんわ」

ゲンドウ「先の使徒による汚染でもない、と」

リツコ「えぇ。ただ……このシンクロ率は……」

ゲンドウ「あぁ……。恐らく弐号機パイロットはある程度シンクロ率を自由に定められるのだろう」

リツコ「もしそうだとするなら……。……アスカの処遇については?」

ゲンドウ「現状は要観察、だ。全時間監視の目を複数用意しておけ」

リツコ「かしこまりましたわ。では失礼」

ゲンドウ「……」

冬月「難儀なものだな」

ゲンドウ「あぁ……駒に過ぎない存在の覚醒……それは防がねばならん」

冬月「エヴァ弐号機の覚醒、か」

ゲンドウ「……」

冬月(……ユイ君の覚醒が行われさえすれば良い、というものでもないわけか)
42 :?>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 21:04:14.18 ID:kX4fGjY50
-初号機格納庫-
アスカ「……」コツコツ

アスカ「初号機……」

初号機『……』

アスカ「……ねぇ、もしかしてあなたは……」

アスカ「ーーーーーーなの?」

初号機『…………』

アスカ「……」

アスカ「なーんてね」コツコツ

諜報員「弐号機パイロット、初号機格納庫を離れます」

ゲンドウ『何か喋っていたか?』

諜報員「口元は少し動いていましたが、声までは確認出来ておりません」

ゲンドウ『そうか。……引き続き頼む』
43 :?>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 21:06:02.06 ID:kX4fGjY50
アスカ「たーだまー」

シンジ「あ、おかえり、アスカ」

アスカ「ん?この匂い……」

シンジ「えっと、晩御飯、作ってみたんだけど……」

アスカ「あら!やるじゃない!……っと、自分の戦闘データは見たの?」

シンジ「うん。えっと、どっちもあんまり上手く銃を使えて無かったなーって」

アスカ「……まさか、それだけなわけないでしょうね?」

シンジ「あ、あと!えっと、第四使徒の時、ナイフを突き立てて仕留めるまでに時間がかかったせいで危険だった、とか」

アスカ「まぁ、そうね。……今後は自分の動きをより意識しながら訓練してみるといいわ。多少マシになるでしょうよ」

アスカ「ま、とりあえずご飯食べましょ!何作ったの?」

シンジ「えーっと、お味噌汁と肉じゃが、野菜のソテーだよ」

アスカ「へぇ……見た目は悪くないわね。それじゃ、手、洗ってくるわー」

シンジ「うん」

シンジ(なんだろう。始めて一緒に暮らしてるのに、懐かしい感じがする……)

シンジ「良いな、こういうのも」
44 :?>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 21:08:47.05 ID:kX4fGjY50
アスカ「いっただっきまーす!」

シンジ「いただきます」

アスカ「あれ?そういやミサトは?」

シンジ「この間の使徒のことの後始末で、今日は帰れないって電話あったんだ」

アスカ「あっそう。ミサトも大変ねー。ん、この肉じゃがなかなか悪くないじゃない」

シンジ「あはは、ありがとう」

ーーーー

アスカ「それじゃ、おやすみ。いい、部屋覗いたら許さないから!」

シンジ「わ、分かってるよ!おやすみ」

アスカ「ふんっ」ガラガラピシャ!

アスカ「……」パラパラ

アスカ「……『バカシンジ観察日記』、一日目」

アスカ「……こんなところかしら」

アスカ「……それにしても、なーんであたしだけループしてんのかしら」

アスカ「……もしかして、バカシンジ達もループしてたりするのかなぁ?」

アスカ「……そりゃないか。もしそうなら流石に目玉おばけは受け止められるわよね」

アスカ「……エヴァの秘密、か。弐号機の中にいるママ…」

アスカ(……碇司令の目的が分からないことには、迂闊なことは出来ない、か)

アスカ「……それじゃ、おやすみ、ママ」
45 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/17(木) 21:10:07.99 ID:kX4fGjY50
なんか名前欄に『?』が付いてますね
気にしないでください

ここで一旦投下終了です

見て下さってる方、ありがとうございます
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/17(木) 21:40:42.89 ID:O7bGSi6MO
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/17(木) 22:29:25.48 ID:UixGTZf3o
乙乙
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/18(金) 02:52:28.72 ID:3mTWa4EFO

覚醒で思ったんだが弐号機ってキョウコの魂というか心の一部しか入ってないけど初号機みたいに覚醒するんかな?
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/05/18(金) 03:46:05.03 ID:mkgFDlEGo
多分、覚醒はしないと思うけど、SSでそこまで細かい事を言うのも野暮かなと。エヴァSSは最近はもうほとんどないし、とりあえず期待
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/18(金) 04:11:45.29 ID:eOmmtZnh0
確かにエヴァSSは珍しいからねぇ
難解というか明らかでない設定のほうが多い作品だし、まあ素直に楽しみにしよう
51 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:40:26.10 ID:Bg3nOdaWO
使徒戦投下していきます
52 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:41:53.19 ID:Bg3nOdaWO
-時は経ち、第七使徒襲来-
ミサト「準備はいいわね、シンジ君、アスカ」

アスカ『もちろんオッケーよ、いつでも来なさい!』

シンジ『僕も準備出来てます』

ミサト「良いわね、敵が水中から出てきたところを狙い撃ち。アスカは近接戦闘で、シンジ君はアスカの援護射撃をお願い」

ミサト「それでは…エヴァ初号機及び弐号機、発進!」

ーーーー

-弐号機プラグ内-
アスカ「バカシンジ!」

シンジ『わっ、えっと、どうしたのアスカ?』

アスカ「あたしが使徒に近付くまでの間は援護射撃をして。その後は一旦射撃を止めて、やつの出方次第ではあんたもこっちに来なさい」

シンジ『…二人で攻め込むってことだね。了解だよ』

アスカ(ふぅ、あの訓練でバカシンジも多少なりとも強くなったでしょうよ)

アスカ(まずは1回目のように真っ二つに切断する。これ自体は楽勝ね。その後は二つに分かれて動いてくるから…)

アスカ(バカシンジの動きに合わせて同じタイミングでコアを貫く。これで出来なかったら1回目のようになるわね)

アスカ「行くわよっ!」

シンジ『了解!』
53 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:42:42.91 ID:Bg3nOdaWO
使徒『……!!』ザバッ

弐号機『……!』グォンッ

初号機『……』パパパパパパ

シンジ『なんだあれ……コアが二つ?』

アスカ「行けるわっ!ママ……っ!」

弐号機『ウオォォォン』カッ

弐号機『ウォォ』バキン

使徒『……!?』ズシャァァァ

シンジ『凄い、使徒を一発で……!』

ミサト『アスカ!ナーイス!』

アスカ「ふっふーん!楽勝ね!」

アスカ(ま、まだ続くんだけど…)
54 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:43:54.26 ID:Bg3nOdaWO
使徒『……』ピクッ

シンジ『……!アスカ、まだ動いてる!!』

アスカ「!!」

使徒『……!』

使徒・甲『……』
使徒・乙『……』

弐号機『……!』バッ

アスカ「分裂した!?…くっ、バカシンジ!援護射撃再開!右側の方!!」

シンジ『わ、分かった!』パパパパパパ

ミサト『そんなのありぃ!?くっ、アスカ、シンジ君、落ち着いてコアを狙って!』

アスカ「分かってるわよ!ふんっっ!」

アスカ(ま、これも無駄なんだけど、必要な演出よね)

使徒・乙『……!』

アスカ「なにこれ、効いてない!」

シンジ『こっちもだ!』
55 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:44:52.06 ID:Bg3nOdaWO
アスカ「ぐっ、バカシンジ!一旦下がって!!体勢を立て直すわ!」

シンジ『え!?わ、分かった!』

ミサト『二番から八番までの弾幕張って!!』

アスカ「……ふぅ。シンジ、ちょっといいかしら」

シンジ『えっと、何?』

アスカ「あの使徒、二体同時に攻撃してみたらどうなるのかなって」

シンジ『同時に?』

アスカ「そ。あんたもソニックグレイヴ使いなさい。あんたに合わせてあたしがコアを狙うわ」

シンジ『つまり、二人で同時にあいつを攻撃するってこと?で、できるかな……』

アスカ「出来る出来ないじゃないわ。やるのよ。分かったわね」

シンジ『……うん。分かった』

アスカ「行くわよ!」

アスカ(ここで無理なら…爆雷頼り、ね)
56 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:47:25.71 ID:Bg3nOdaWO
アスカ「ATフィールド、全開!」

シンジ『フィールド全開!』

アスカ「一瞬でケリを付けてやるわ!」

弐号機『ウォン!』シュバッ

シンジ『ぐっ、うおぉぉ!!』

アスカ「シンジ!右肩を切り落とすわよ!3秒前!2、1…」

アスカ・シンジ「『ここだぁぁ!!!』」ズシュッ

使徒・甲『……!!』ブシュゥ
使徒・乙『……!!』ブシュゥ

シンジ『すごいよアスカ、効いてる!』

アスカ「やっぱりね……シンジ、次はタイミングを合わせてコアを狙うわ!」

使徒・甲『!!』バッ

シンジ『うおっ!くぅっ』ギリギリ

アスカ「シンジ!くっ…」

アスカ(どうする……あの動きが出来ない以上、同タイミングでコアを破壊なんてほぼ不可能……)

使徒・乙『!』ババッ

アスカ「……ちっ、邪魔しないで!」

使徒・乙『!?』ドンッ

アスカ「シンジ!さっさとそいつから離れなさいよ!」

シンジ『わ、分かってるよ……』グググ

ミサト『アスカ!シンジ君と使徒を引き離して!』

アスカ「分かったわよ!全くも〜!」

シンジ『わっ!あ、ありがとうアスカ』

ミサト『二人とも一旦下がって!…悔しいけどN2爆雷を使うわ!』

アスカ「んなっ!?……仕方ないわね、分かったわ!」

アスカ(あーあ、残念だわ)

シンジ『ぼ、僕のせいで……』

アスカ「何ぼさっとしてんのよ!……あと、あんただけの責任じゃないわ、あんたの司令塔であるあたしにも問題があるわよ!」

アスカ「分かったら返事!あとさっさと撤退!!」

シンジ『えぇっ!?アスカが司令塔なの!?わ、わかったわかった!戻るよ!』
57 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:48:24.07 ID:Bg3nOdaWO
マヤ「その後、N2爆雷にて使徒を攻撃。使徒表層部分の42.3%程を焼却。動き出すまであと5日ほどだと思われます」

ゲンドウ「パイロット。君たちの仕事はなにか分かっているか?」

アスカ「エヴァに乗って使徒を倒すことです」

ゲンドウ「……そうだ。ならば次は必ず倒せ」

アスカ「分かってます」

冬月「では、期待している」

アスカ「……」

アスカ「はぁーあ、司令も面倒くさいわねー」

シンジ「う、うん……」

ミサト「まぁまぁ、碇司令なりの激励なのよ」

リツコ「あら、ミサト。こんなところにいていいのかしら」

ミサト「リツコ……どういうこと?」

リツコ「今回のN2爆雷……多方面から大量に始末書が届いてるわよ」

ミサト「うっ」

リツコ「さて、頑張ってらっしゃい」

ミサト「分かってるわよ!」
58 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:50:34.68 ID:Bg3nOdaWO
ミサト「はぁ〜……ただいま〜」

アスカ「あらおかえり、ミサト」

ミサト「?何してんのあんた達…」

シンジ「あ、アスカがあたしの動きについて来いって……」

アスカ「使徒を倒すためにね!それで訓練してたんだけど、シンちゃんったら躓いて転んじゃってさ。あたしはそれを見て笑ってたところよ」

シンジ「酷い……」

ミサト「すごいわ!丁度新しい作戦が決まったから報告しに来たのよ」

アスカ「で、その内容が?」

ミサト「音楽に合わせて同時攻撃を行ってもらうわ」

シンジ「音楽……?」

アスカ(やっぱりこの作戦なのね)

ミサト「ここに詳細が書いた紙を置いておくから、このCD使って練習しといて。じゃ、もっかいNERV行ってくるわねー」

アスカ「あぁ、まだ終わってなかったのね。たく、あたし達に助けられてるんだから文句言うなっての」

ミサト「ほんっとそれよ!あーもう、やだわー」

シンジ「あはは……それじゃ、頑張ってください」

ミサト「はーい……じゃ、いってきまーす」
59 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:51:40.64 ID:Bg3nOdaWO
-翌日-
ミサト「それじゃ、確認するわよ。ミュージック、スタート!」

アスカ「行くわよシンジ!」

シンジ「うん!」

ミサト「!」

ミサト(たった一日でこのクオリティ。アスカはともかく、シンジ君まで……)

シンジ「あっ!うわっ!?」

アスカ「ちょっ!?きゃぁっ!」

シンジ「いたた……」

アスカ「あんた!また最後のとこミスったわね!」

シンジ「ご、ごめん…」

ミサト「良く動けてるわ。今日早速作戦を実行出来る?」

アスカ「あったりまえよ!」

シンジ「は、はい、多分……行けます」

ミサト「よし!5時間後、1500より作戦を実行します。それまで二人のユニゾンを高めておいて。いいわね?」

アスカ「任せなさい!」
シンジ「はい!」
60 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:53:09.50 ID:Bg3nOdaWO
ミサト「リツコ、エヴァ二機の状態は?」

リツコ「両機B型装備で冷却中。いつでも出せるわよ」

ミサト「オッケー、時間には出せるわね」

ミサト「マヤ、敵の状態は?」

マヤ「現在表層を修復中です。やはり攻め込むなら今がチャンスかと」

ミサト「行けるわね」

ミサト(頼んだわよ……アスカ、シンジ君)

ーーーー

ミサト『それではこれより、作戦を開始します。エヴァ両機は発進とともにケーブルを切り離して』

アスカ「分かってるわよ!」

シンジ『行けます!』

ミサト『よし……エヴァ初号機及び弐号機、発進!』

ーーアニメの戦闘シーンーー

アスカ「……」

シンジ『あ、あの、アスカ……?』

アスカ「あんた結局、着地は出来ないのね」ハァ

シンジ『うぅ……ごめん……』

アスカ「ま、良いわ。使徒には勝てたしね」

シンジ『あ、ありがとう……』

ミサト『二人とも、お疲れ様。良くやってくれたわね。今日はどこか外食にでも行きましょう』

アスカ「あれ、ミサト、始末書の処理出来たの?」

リツコ『あら、仕事放棄?報告しなくちゃいけないかしら』

ミサト『わ、分かったわよ!やるから!!』

アスカ(相変わらず着地は出来ないなんて…何でこんなことだけ出来ないのかしら、ほんっと不思議ね)
61 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 12:53:58.12 ID:Bg3nOdaWO
昼休みの間に投下できて良かったです
ではまた夜に、来れたら来ますね
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/18(金) 13:22:26.09 ID:2Px/VE7bo


アスカの当たりがソフトだと安心して見れるな
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/18(金) 16:04:18.37 ID:G10l8/r00

楽しみにしてる
64 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 23:25:28.17 ID:Cc5nRp3O0
書いていきます
65 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 23:26:35.39 ID:Cc5nRp3O0
アスカ「……第七使徒は突破、と」

アスカ「そう言えば、不思議な事があるのよね」

アスカ「絶対第八使徒は捕獲出来ない、とか。第十使徒の降る位置がシンジの近く、とか」

アスカ「バタフライエフェクトの影響がまるで出ないのよね〜」

アスカ「ま、固定されてるってなら楽だけどねー。ま、もしかしたらそれを揺らがせるほどの影響ある行為をしなくちゃなのかもだけど」

アスカ「さて、次の使徒戦はまぁいいわね」

アスカ「いつも通り、あたしが潜ってミスって処理する」

アスカ「ま、最初から[ピーーー]気で行けば、案外余裕なのよね」

アスカ「さて、それじゃ寝ますか」
66 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/18(金) 23:28:12.36 ID:Cc5nRp3O0
ゼーレ1『碇。弐号機パイロットのデータは取れたのか』

ゲンドウ「先日お送りしたものが全てです」

ゼーレ2『しかし、弐号機パイロットのシンクロ率の高さ、使徒への的確な対応……まるでシナリオを知っているかのようだ』

ゲンドウ「現在も弐号機パイロットには厳しい監視を付けております。が、今のところ目について怪しい行為は一つもありません」

ゼーレ3『我々としては、シナリオ通り事を運んでくれさえすれば構わないのだがね』

ゼーレ1『あぁ。期待しているぞ、碇』

ゲンドウ「えぇ。ゼーレのシナリオ通りに」

冬月「面倒な老人達だな」

ゲンドウ「あぁ。だが我々とて弐号機パイロットに対して疑念を抱いているのは事実だ」

冬月「……難儀なものだな」
67 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/18(金) 23:29:09.03 ID:Cc5nRp3O0
リツコ「……」

リツコ(アスカのシンクロ率の高さ、第六使徒戦での使徒を知り尽くしたかのような動き)

リツコ(優れたパイロットだとは聞いていたけれど、初めての実戦であそこまでの成果を出せる?)

リツコ「MAGIは回答を保留、ねぇ」

マヤ「あ、センパイ!どうしたんですか?」

リツコ「あぁ、マヤ。…弐号機パイロット、アスカの件について調べていたところよ」

マヤ「アスカの……。やはり、あのシンクロ率の高さは不思議ですよね」

リツコ「不思議、なんてものじゃないわ。普通に考えたらありえない事よ」

マヤ「けれど、助かってるんじゃないですか?アスカが強いということは、良い事に思えますが…」

リツコ「そうね、彼女が味方なら、ね。そこが問題なのよ。あのアスカは確かにアスカなのだけれど…」

マヤ「……難しい問題、ですね」
68 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/18(金) 23:29:59.19 ID:Cc5nRp3O0
ヒカリ「アスカ、おはよう」

アスカ「おはよ」

ヒカリ「あれ、碇君は?」

アスカ「あのバカ、風邪引いてさ〜、そのせいであたしのお昼ご飯コンビニ弁当なのよ!」

ヒカリ「え、そうなの?碇君大丈夫なのかな」

アスカ「さぁ…ま、帰りになんか買って行ってあげるか」

ヒカリ「ふふ、そうね。じゃあ私も何かお見舞いの品を持っていこうかな」

アスカ「いいっていいって、そんな大層なものでもないし。ただの風邪よ」

ヒカリ「そう?いつも助けてもらってるからさ…ほら、エヴァで」

アスカ「あぁ、まぁ、そう言えばそうなのかしら?」

ヒカリ「ふふ、アスカもいつもありがとう。私達を守ってくれて」

アスカ「ん……。……なんか、ちょっと恥ずかしいわね」

ヒカリ「あ、けど、あんまり大勢で押しかけるのも良くないかな」

アスカ「さぁ、どうかしら?にしても、何買おうかしら…」

ヒカリ「そうだ、お粥とか作ってあげたらどう?喜ぶと思うよ」

アスカ「え!?お、お粥?え、えーっと、そうねぇ……」

ヒカリ「……アスカ、教えてあげようか、美味しいお粥の作り方」

アスカ「!あ、えーっと、そうね、念の為教えて貰っておくわ!」

ヒカリ「ふふ、じゃあ、放課後うちに寄ってから帰りなよ」

アスカ「うん。……その、ありがと、ヒカリ」

ヒカリ「いいのよ、どういたしまして」
69 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/18(金) 23:31:07.28 ID:Cc5nRp3O0
シンジ「うーん……んん……」

シンジ「……喉、乾いたな……」ガラガラ

アスカ「あら、起きたのシンジ」

シンジ「あ、アスカ。帰ってたんだね、おかえゴホッゴホッ」

シンジ「ご、ごめん……」ケホケホ

アスカ「ったくもー、どうしたの?」

シンジ「喉、乾いて……」

アスカ「はいはい。……ほい、お茶」

シンジ「ありがとう……」ゴクゴク

アスカ「あとこれ、お粥。食べなさい」

シンジ「え!?あ、アスカが作ってくれたの?」

アスカ「な、なによ、文句あんの!?」

シンジ「いや、えっと、ありがとう……嬉しいよ」

アスカ「ふん!さっさと食べなさいよね!」

シンジ「うん……あ、美味しい!」

アスカ「ほんと!?……って、当然でしょ!このアスカ様が作ってるんだから!」

シンジ「あはは、ありがとう、アスカ」

アスカ「……さっさと風邪、治しなさいよね」

アスカ(にしても、このタイミングで体調を崩すなんて……初めてね)
70 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/18(金) 23:32:39.06 ID:Cc5nRp3O0
saga必要なところで入れない無能っぷりを晒してしまった……申し訳ない
『最初から殺る気で』
です
71 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/18(金) 23:34:38.40 ID:Cc5nRp3O0
あ、あと投下はここまでです

一応必要な描写なので日常も少しは挟んでいます
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 01:04:49.15 ID:EJd79wpS0

戦闘も好きだけど日常描写が特に好きな身としては実に嬉しい展開!
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 01:13:24.54 ID:Rge+seCt0

毎日ある程度投下してくれるから楽しみに待ってられるよ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 11:31:45.37 ID:2kRjn5DaO
75 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/19(土) 18:30:38.31 ID:wdxEP4BcO
お待たせしました
本日の投下です
76 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/19(土) 18:31:32.36 ID:wdxEP4BcO
アスカ「じゃあそれ、ちゃんと食べなさいよ。あたしはお風呂入ってくるから」

シンジ「あぁ、うん、分かった……ありがとうね」

アスカ「そんなに何度もお礼言わなくていいわよ!さっさと治しなさいよね!」ガラガラピシャッ

アスカ「ふぅ……」

アスカ「バカシンジの風邪、原因はユニゾンの練習よね」

アスカ「出来るまで寝ずにやったし、体力無さそうなあいつにはキツかったのかも」チャプン

アスカ「難しいところね。バカシンジに体調崩されることなく…ってのは難しいかな」チャプチャプ

アスカ「まぁ、いっか。次の使徒もその次の使徒も余裕だしね」
77 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/19(土) 18:32:15.49 ID:wdxEP4BcO
アスカ「そう言えば、第十使徒の後……」バシャバシャ

アスカ「第十一は多分リツコがやってくれるわよね…というかそこに関してはあたし攻略方法分かんないし」

アスカ「第十二使徒……影のやつ、どうやって倒すのよ……」

アスカ「エヴァ二機による同時ATフィールドの展開で一瞬だけ干渉できるとかリツコが言ってたわね」

アスカ「てことは、エヴァ三機で同時展開すればもう少し干渉できるのかしら?」

アスカ「……」

アスカ(一回目の倒し方はちょっとリスクが多い気もするけど……どうなのかしら)チャプ

アスカ「あたしのATフィールドも強力になってるはずだし、なんとか勝てたりしないかなぁ」

アスカ「……その次の第十三使徒は……鈴原と三号機、よね」

アスカ「あいつを助けるためにも、エントリープラグを引っこ抜かなくちゃよね…なら、事前にバカシンジに伝えておいた方が良いか」

アスカ「ふぅ……その後のヤツらは、正直現段階じゃ倒し方がもう分かんないわ…」

アスカ「まぁ、前の時は倒してるんだし、何とかなるでしょ」
78 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/19(土) 18:33:32.77 ID:wdxEP4BcO
加持「よ、葛城。どうしたんだ?」

ミサト「ねぇ、加持君……アスカのシンクロ率が急上昇したのはいつなの?」

加持「なんだ、そんな真面目な話」

ミサト「答えて、加持君」

加持「……第三使徒襲来の前日からだ。アスカの様子が変わったのは」

ミサト「エヴァって何なの?碇司令やリツコは何を考えてるの?」

加持「らしくないな、俺を頼るなんて」

ミサト「……」

加持「少なくとも俺は、葛城、お前の味方のつもりさ」

ミサト「そう……」

ミサト(アスカのシンクロ率…どう考えても異常だわ。だけれど……)
79 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/19(土) 18:34:14.35 ID:wdxEP4BcO
リツコ「レイ、体調はどう?」

レイ「はい、問題ありません」

リツコ「そう、良かったわ。それじゃ、今日の注射、やるわね」

レイ「お願いします」

リツコ「……そうだわ、レイ。貴女、アスカとは何か話したりしてる?」

レイ「アスカ…セカンドチルドレンですか?あまり話はしていません」

リツコ「あら、そうなの?同じパイロットなんだし、少しくらい世間話してみたら?」

レイ「そうですか……」

リツコ「……はい、終わったわよ。今日はもう大丈夫ね、帰っていいわ」

レイ「分かりました。ありがとうございます」

レイ(セカンドの人……何か話をする必要は感じないけれど……)パシュッ

リツコ(…………綾波レイ、か)

リツコ「……はぁ、嫌な女ね」
80 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/19(土) 18:35:06.85 ID:wdxEP4BcO
-数日後-
シンジ「修学旅行、行けないってさ…」

アスカ「そんなに落ち込むこと?あたし達にはここで使徒と戦うって使命があるんだし、当然でしょ!」

シンジ「だけどさ……」

アスカ「ったくもー、明日は朝からシンクロテストなんだから、しっかり備えときなさいよね!」

シンジ「アスカは、行きたくないの?修学旅行」

アスカ「あのね、バカシンジ。行きたくても行けないのなら仕方ないことなの。あたし達がここで戦うことをやめたら」

アスカ「ヒカリとか三馬鹿の残りが修学旅行に行けないってことも有り得るんだからさ」

シンジ「それは……そうだね」

アスカ「分かったなら準備して寝なさいよ。それじゃ、おやすみ」

シンジ「うん、おやすみ」

シンジ(アスカは、凄いな……)
81 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/19(土) 18:36:15.87 ID:wdxEP4BcO
レイ「……」パシュッ

アスカ「ん、ファースト」

レイ「セカンドの人、もう来てたのね」

アスカ「まーね。シンクロテストって聞いてたし、別に予定もなかったからさー」

レイ「そう……」

アスカ「……」

レイ「……」

アスカ「ねぇ、ファースト……いや、えーっと……レイ」

レイ「?なに、どうかしたの?」

アスカ「その、さ。セカンドの人って呼び方、やめなさいよ。あたしもレイって呼ぶから、あんたもアスカって呼びなさい」

レイ「そう……。……分かったわ、アスカ。」

アスカ「ん。…それでさ、調子はどうよ?」

レイ「それは、今日のシンクロテストに関して?」

アスカ「んー、まぁそんな感じかなぁ?」

レイ「それなら、問題ないわ。いつも通りよ」

アスカ「あっそ。それならいいのよ。……あ、修学旅行、あんたも行けなかったんでしょ?そこについてはどうなのよ」

レイ「どう……分からないわ。ただ……少し残念、な気がする」

アスカ「はっきりしないわねぇ……。ま、いいわ。それじゃ、行きましょ」

レイ「えぇ」

レイ(この感じ……不思議、なんだか少し良い感じがする……)
82 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ [saga]:2018/05/19(土) 18:37:40.80 ID:wdxEP4BcO
リツコ「弐号機のプラグ深度、0.2下げてみて」

マヤ「はい、分かりました」

リツコ「……恐ろしい程にシンクロ率が保たれてるわね。完璧だわ」

ミサト「流石ねぇ……」

リツコ「……弐号機のプラグ深度、今度は最大まで上げてみてくれない?」

マヤ「上げるんですか?分かりました、試してみます」

リツコ(取れる限りのデータは取らないとね。分からないことを放置する訳にはいかないもの)

アスカ(なんか、色々とやられてるわね……ま、そりゃそうか。無駄なんだけどね)

ゲンドウ「やはりテスト時にはシンクロ率に極端な高さはない、か」

冬月「だが実戦となると急激にシンクロ率が上昇している……やはり謎だな」

ゲンドウ「あぁ……」

日向「!浅間山より入電、火口で未確認物体を発見のこと!」

ミサト「!シンクロテスト中断!」

リツコ「データをMAGIに転送して!」

マヤ「パターン分析結果、MAGIは回答を保留、使徒の可能性もあります!」

ミサト「了解したわ。浅間山へ向かうわよ!」
83 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/19(土) 18:39:11.84 ID:wdxEP4BcO
とりあえずここまでです

今回の話は原作マグマダイバーの前半部分だと思って下さい
84 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/19(土) 18:39:50.19 ID:wdxEP4BcO
あと、コメントをくれている方々、ありがとうございます
励みになります
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 19:36:53.16 ID:uY+2ey9Do
おつおつ
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 20:45:12.83 ID:OPbzl3AKO
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/20(日) 00:35:42.85 ID:ebRv50gQ0
乙!
88 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/20(日) 20:58:02.17 ID:dxThumW40
今日の投下です
89 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/20(日) 20:58:35.40 ID:dxThumW40
アスカ「浅間山、何回来ても暑いわねぇ……」

アスカ「あとこの格好も。何回見てもダサいわ……ごめんねママ、ちょっと我慢してね」

ミサト『アスカ、準備はいいわね?』

アスカ「オッケーよ」

ミサト『シンジ君も備えておいてよ』

シンジ『はい、分かってます』

ミサト『無人探査機の調査によると、パターン青、つまり使徒だったわ』

ミサト『今回の使徒はまだ孵化していないと思われるわ。アスカ、無理しすぎないでね。捕獲が不可能だと判断したら即座に殲滅に移行して!』

アスカ「はいはい、分かってるわよ!」

アスカ「行くわっ!」ドボンッ
90 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/20(日) 20:59:49.34 ID:dxThumW40
アスカ「あっついわねぇ……」

アスカ「ま、まだまだ下がるわけだけど」

ミサト『アスカ、大丈夫?』

アスカ「問題ないわよー、もっと下げてもいいくらいだわ」

ミサト『そう、気を付けてね』

ミサト(まだなのかしら……一体どこまで……)

日向『葛城さん、これ以上は…』

ミサト『……降ろして、まだ行けるわ』

日向『今回は人が乗ってるんですよ!?』

アスカ「平気よ!いいからもっと下げて!」

日向『!は、はい、分かりました』

アスカ(そろそろ来るわよ……)

アスカ「……来た!」
91 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/20(日) 21:00:31.39 ID:dxThumW40
サンダルフォン『……』

アスカ(とりあえずキャッチャーに入れて…)

アスカ「捕獲出来たわ!上げて!」

ミサト『よし!』

リツコ『上手く済んで良かったわね。緊張、していたのでしょう?』

ミサト『まぁね。一歩間違えたらあの時の繰り返しだもの』

アスカ(ま、上手くは行かないけどね)

サンダルフォン『……!!』ググッ

日向『!目標からエネルギー反応!』

青葉『まずい、目標孵化します!』

ミサト『なんですって!?アスカ、キャッチャーを破棄して!』

アスカ「分かってるわよ!……さて、こっからが本番ね!」

アスカ「行くわよっ、ママっ!」
92 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/20(日) 21:01:07.59 ID:dxThumW40
弐号機『……!』ググッ

マヤ『弐号機、プログナイフを装備!』

サンダルフォン『……!』バッ

アスカ「ATフィールド、全開」

弐号機『……!!!』カッ

サンダルフォン『!?』キィィィィン

マヤ『弐号機シンクロ率上昇!なにこれ……200%を超えていますっ!!』

アスカ「はぁぁぁぁ!!!!」

サンダルフォン『!?!?』バキバキッ

アスカ「くらえっ!」

弐号機『!』ザクッ!

サンダルフォン『……!』ブシュゥゥ
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 21:01:37.87 ID:dxThumW40
ミサト『無理矢理ナイフを突き立てた?なんてパワーなの……』

サンダルフォン『……』ググッ

アスカ「これで終わりよ!」パキンッ

マヤ『弐号機のATフィールド変質!目標のフィールドを中和しています!』

アスカ「どぉりゃぁぁぁぁぁ!!!」

弐号機『!!!』

サンダルフォン『?!』バラバラバラ

マヤ『目標、消滅!』

ミサト『凄い……はっ、弐号機回収、急いで!』

アスカ「ふぅ、流石にちょっと疲れたわね……」

リツコ(こんなに高いシンクロ率……はじめてね)
94 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/20(日) 21:02:15.24 ID:dxThumW40
-温泉-
アスカ「ふぅ、疲れたわねぇ」

ミサト「お疲れ様、ゆっくり休みましょう」

アスカ「そうねぇ…」

ミサト「……ねぇ、アスカ」

アスカ「なーに?」

ミサト「アスカ、シンクロ率高いでしょ?その、コツ、とかあるの?」

アスカ「何よそれ、変な事聞くのね」

ミサト「あー、まぁ、ね?シンジ君達の役に立てるかと思っててね」

アスカ「ふーん。コツ、なんてないわよ」

ミサト「そうなの?」

アスカ「……強いて言うなら、自分の全てをさらけ出すこと、ね」

ミサト「自分の全てを?」

アスカ「そうよ。心の中を、全部、エヴァに晒すのよ」

ミサト「……心の中を、か。あたしには難しいわね」
95 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/20(日) 21:03:05.06 ID:dxThumW40
以上です

原作9話?あたりまで進みましたかね
この話としてはまだ1話の途中ですが

では、読んでいただいてる方、ありがとうございます
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/21(月) 00:30:06.03 ID:NV9j4KYfo
おつおつ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/21(月) 05:50:52.56 ID:c7OGZZudo
乙ー
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/21(月) 07:45:19.58 ID:Ne0PTu7u0
乙ー
99 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/21(月) 19:34:07.83 ID:ACNQWGhA0
アスカ「第八使徒の殲滅は完了、と」

アスカ「残す使徒はあと何体なんだっけ……いまいち覚えてないのよね」

アスカ「第十五……いや、十六は居たわね。うーん」

アスカ「とりあえず九体か十体くらいかしら?」

アスカ「うーん……」ムムム

シンジ「アスカー、お風呂湧いたよー」

アスカ「はいはい、入るわよー」

ーーーー

アスカ「ふぅ」チャプン

アスカ「次の使徒は対策しなくてもいいかな、勝てるだろうし。問題はその次の使徒よね〜、バカシンジがちゃーんと止めてくれないと困るし…」

アスカ「何故か毎回バカシンジの近くに落ちてくるし……けど、そう考えると割と近い位置にエヴァを配置してるミサトもやるわね」

アスカ「はぁ〜あ、今回は上手くいくかな〜……」ブクブク

アスカ「それはそうと、停電って明日よね。ん〜面倒くさいなぁ……」

アスカ「そうだ!学校サボって最初からNERVに居よーっと♪ま、多少怒られるかもしれないけどいーよね」

アスカ「ふーんふん、じゃあとりあえずはこんな感じかな〜」
100 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/21(月) 19:34:35.73 ID:ACNQWGhA0
あ、予告無く投下してしまった……
投下始めます
101 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/21(月) 19:35:28.45 ID:ACNQWGhA0
-翌日、弐号機格納庫-
アスカ「やっほー、ママ」

アスカ「実はさ、今日学校サボってるんだよね〜」

アスカ「ま、あたしは大学出てるし本当は中学も行かなくていいんだけどねぇ」

アスカ「んー、それにしても暇ねぇ……」

アスカ「……」ウトウト

アスカ「……」グーグー

ミサト「アスカ!何やってんの!?」カツカツ

アスカ「んん……?……あれ、ミサトいたんだ〜、やっほー」

ミサト「やっほー、じゃないわよっ!学校はどうしたのよ?」

アスカ「……えーっと、面倒くさいからサボったわよ」

ミサト「め、面倒くさいから!?駄目よちゃんと行かなきゃ」

アスカ「……いーじゃん、あたしは大学出てる訳だし?それに何より、こうしてパイロットがすぐに出動出来る方が安心でしょ?」

ミサト「全くもう……あんまり施設内を勝手にウロウロされると困るのよ。……あなたの安全面的にね」

アスカ「そんなに気にしなくても、死にゃしないわよ」

ミサト「そういう問題じゃなくてーーー!?」バチッ

アスカ「!停電!!」

ミサト「なんですって!?まずいわねっ、アスカはここでじっとしていて!何時でも弐号機に乗れるようにしていて!」

アスカ「はーい」

ミサト「くっ!」タッタッタ

ミサト(一体どうなっているの!?)
102 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/21(月) 19:36:02.75 ID:ACNQWGhA0
アスカ「うーん、やっぱり暇ねぇ」

アスカ「そう言えば、ここにいた場合使徒確認からの連絡ってどうなるのかしら」

アスカ「うーむ…………!」

アスカ(足音?複数人居るわね……隠れるか)コソコソ

ゲンドウ「弐号機パイロット!」

アスカ(あれ、碇司令だったのね)

アスカ「はーい、何ですか?」ピョコ

ゲンドウ「使徒だ。出撃準備をしたまえ」

アスカ「使徒!?了解しました」

アスカ(何だか嫌な感じね……)

ーーーー

アスカ「わぉ、こうして見るとあの使徒って大きいのね。いつも下から見てたから分かんなかったわ」

アスカ「ま、楽勝よ」カチャッ

アスカ「パレットライフル、一斉射撃!!」パパパパパパパ

マトリエル『!?』パパパパパパパ

マトリエル『……』ドシンッ

アスカ「……弱っ」
103 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/21(月) 19:36:36.71 ID:ACNQWGhA0
ゲンドウ「ご苦労であった」

諜報員A「では」パシュッ

冬月「NERVの停電、それと当時に使徒の出現…」

ゲンドウ「そこまではある程度予測の範囲内だ。だが」

冬月「弐号機パイロットのことか?確かに、このタイミングに居合わせるのは不自然すぎるな」

ゲンドウ「だが、現時点では我々の味方でいるのも事実だ。ゼーレの老人よりかは余程危険だが、まだ手元に置いておこう」

冬月「……碇、仮に弐号機が覚醒するようなことがあれば……」

ゲンドウ「その可能性はきわめて低い。初号機の何分の一というレベルだろう。だが……」

冬月「覚醒してからでは遅いのだぞ」

ゲンドウ「分かっている。それまでには処分するつもりだ」

冬月「……まさに、道具だな」
104 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/21(月) 19:37:05.81 ID:ACNQWGhA0
ゼーレ1『NERVの全電力の停電、か』

ゼーレ3『一体どういうつもりだね碇』

ゲンドウ「今回の件については現在、総力を上げて捜査をしています」

ゼーレ8『どうだか。信用に値しないな』

ゼーレ7『だがここでその事を取り上げて責め立てるのもまた無意味だ』

ゼーレ5『いかにも。シナリオに影響が無ければ良い。だが、弐号機とそのパイロットの件についてはどうするつもりだ』

ゲンドウ「……弐号機パイロットは現在NERVの一員として使徒戦に尽力していますが」

ゼーレ2『そんな建前には興味はないのだよ』

ゼーレ1『左様。だが、現段階では問題がないのも事実だ。……碇、わかっているな?』

ゲンドウ「はい。ゼーレのシナリオ通りに。」

ゼーレを『……期待しているぞ』ブチッ

ゲンドウ「……」

冬月「面倒な老人共だな」
105 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/21(月) 19:39:03.94 ID:ACNQWGhA0
少し短めですが以上です

では
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 19:45:01.68 ID:hVIKyiT+0
アスカの服に盗聴器付けるけどな普通
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/21(月) 21:01:39.53 ID:NV9j4KYfo
おつの
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/22(火) 08:23:18.14 ID:kaxmgb4w0
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/05/22(火) 17:45:50.53 ID:eePEIU3XO
私が飛鳥のパンツになって情報を仕入れよう盗聴やお薬手帳飲んでないか
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/22(火) 20:12:00.92 ID:1ZQIQrXA0
シネ
111 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:00:35.72 ID:n2Pk9pus0
投稿していきますね
112 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:01:15.35 ID:n2Pk9pus0
アスカ「とうとう明日ね……」

アスカ「今回止められなかったらどうしようもないわねぇ」

アスカ「……ま、何とかなるわよね、多分」

-翌日-
ミサト「つまり、降ってくる使徒を受け止めてもらうわ」

シンジ「受け止める!?」

アスカ「そんなの出来るの?」

ミサト「やるのよ!奇跡は起こすのよ」

アスカ(ま、やるけどさ〜)

ミサト「それじゃ、三人とも、配置について」

シンジ「うぅ、できるかな……」

アスカ「もし失敗したら、終わりだからね〜。ま、頑張りなさい」

シンジ「うぅ……」
113 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:01:52.62 ID:n2Pk9pus0
《サハクィエル『……!』バッ

アスカ「来たわっ」

ミサト『三人とも!スタート!』

アスカ「うおぉぉぉ」

シンジ『はぁぁぁ』

レイ『行きます……っ!』

アスカ(行くわよ……)

アスカ「ママっ!!」

弐号機『!!』グワッ

シンジ『うおぉぉ』

日向『使徒、進路変更!再計算、B-24地点と思われます!』

ミサト『まずい!』

アスカ「こっちじゃ間に合わない!バカシンジ!行きなさい!」

シンジ『……!分かったっ!!』

ミサト『走行補助152番から163番!』

シンジ『うぉぉぉ』

アスカ「……!」

アスカ(バカシンジ、あれなら間に合うっ!)
114 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:02:37.77 ID:n2Pk9pus0
シンジ『ATフィールド、全開っ!』キィィィン

サハクィエル『……!!』キィィィン

ミサト『受け止めた……っ!アスカ、レイ!急いで!』

アスカ「分かってるわっ!レイ、フィールド全開っ!」キィィィ

レイ『分かってるわ』キィィィ

サハクィエル『……!?……』ググ

零号機『……』ヒュバッ

弐号機『!!』ザクッ

サハクィエル『!?!?』シュゥゥゥ

サハクィエル『』ドォォォン…

日向『目標沈黙!』

ミサト『やったわっ!』》

諜報員A「……以上が第十使徒戦の様子です」

冬月「碇…」

ゲンドウ「あぁ、間違いない」

ゲンドウ「弐号機パイロットは気付いている。エヴァの中に、自らの母の魂が眠っているとな」

冬月「どう処理するつもりだ?」

ゲンドウ「……まだ必要ない。使える内は使っておく。自らの手駒を無策に切り落とす必要は無い」
115 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:03:39.24 ID:n2Pk9pus0
アスカ「10回目にしてようやく、あいつを突破出来たわね。正確には2回目の突破だけど」

アスカ「それで、つぎはリツコね。まぁ大丈夫でしょ」

アスカ「となると、やっぱり気になるのはその次の『影』よね……勝てるか怪しいわ……」

アスカ「もし、勝てなかったらどうなるんだろ…?」

アスカ「また、最初からやり直しかなぁ?嫌だな……」

アスカ「……頭痛いわね」

諜報員A「……」

諜報員A(現在の命令は弐号機パイロットの保護を最優先、か。やはり彼女がポイントなのだな…)

諜報員A(いや、俺が今そんなことをかんがえる必要も無い、か)

諜報員A(……ゼーレとは何なのだ…?)
116 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:06:01.35 ID:n2Pk9pus0
ゼーレ1『未だ我々は弐号機パイロットの情報を掴めていない』

ゼーレ4『あぁ。碇も同じような事を言ってはいるが、あいつの事だ。信用は足りんな』

ゼーレ6『最近はより護衛が増している。付け入る隙がまるでないぞ』

ゼーレ2『当然といえば当然だがな。奴らの切り札の可能性すら考えられる』

ゼーレ1『今のところ我らがシナリオに影響はない……だが』

ゼーレ1『もし神の定めし運命に逆らおうというのなら、その時は分かっているのだろうな、碇……』

ーーーー

ミサト「いやぁ、上手くいってよかったわ……って、あれ?」

ミサト(加地君?あんな所で何してるのかしら……。……!)

ミサト(……)

加地「……」スッ

ミサト「加地リョウジ。……ここで何しているの?」カチャッ

ーーーー

アスカ「はっくしょん!」

アスカ「……?」
117 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:10:08.19 ID:n2Pk9pus0
アスカ「そう言えば、何故あたしだけループしてるのかしら」

アスカ(確か、サードインパクトが起きて……それで……)

アスカ「人類が溶けて一つになる、だったかしら?それが起こらなかったのはどうしてかしら」

アスカ「不思議ねぇ……」

アスカ「……いや、待って」

アスカ「あの時あたしは、確か……」

アスカ「『碇シンジを拒絶した』……?」

アスカ「補完計画があいつを軸として行われたとしたなら……!!」

アスカ「あたしが、あたしの心の壁が、碇シンジという存在を受け入れるのを拒絶したから」

アスカ「あたしの魂は心の壁によって隔てられて、一つになることなくこうして漂っているのだとしたら……」

アスカ?「あたしという存在が、ループをやめる方法って……サードインパクトを起こさないこと?」

アスカ「元々起こすつもりはなかったけれど……でも、その後は1つになるのを拒絶した気はしないんだけど……」

アスカ「なんだか、自分がよくわからなくなって来たわ……」
118 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/22(火) 22:10:49.16 ID:n2Pk9pus0
以上です。
そろそろ第一話も終わりそうな感じです
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/22(火) 23:22:06.81 ID:4uca8eTDo

中身朧気だけど思い出しながら楽しんでる
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/22(火) 23:29:54.03 ID:kaxmgb4w0
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 17:26:07.15 ID:b1tlhd1D0
122 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:50:18.79 ID:0PIDb6OX0
なかなかアプローチが難しい……
とりあえず、ある程度書き上がったので投下します
123 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:50:49.09 ID:0PIDb6OX0
アスカ「結局第十一使徒はリツコが処理してたわ。流石ね」

アスカ「……そして、いよいよ明日が第十二使徒の襲来な訳だけど……」

アスカ「はぁ、結局倒し方がまだ分かんないままなのよねぇ……」

アスカ?「まぁ、なるようにしかならないわよね……」

アスカ「バカシンジが出てきた方法、ちゃんと聞いとけば良かった……ま、聞いても『わからない』って言いそうだけど」

アスカ「……それにしても、流石に気付くものなのね。最近色んな人があたしの周りに居るわね……尾行というかなんというか」

アスカ「疑われるのは今までのと同じだけど、ここまで来たのは初めてだし、分かんないことも多くなってきそうね……」

アスカ「ふわぁ〜あ。眠たいしもう寝よっかな」
124 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:51:24.36 ID:0PIDb6OX0
-翌日-
ミサト「目標は?」

マヤ「現在第二防衛ラインへ到達。依然パターンオレンジ。使徒とは判別できません」

ミサト「さて、どうしたものかしら……」

ミサト「アスカ!シンジ君!レイ!目標との戦闘は極力避けて、街の外へと誘導して!」

アスカ『戦闘は避けろって、どういうことよ?』

ミサト「目標は依然使徒とは判別出来ません。街の中で無理に戦闘を行う必要は無いわ」

ミサト「可能ならそのまま街の外へ連れ出す、つまり帰ってもらうわ」

ミサト「……もっとも、そんなことがあるとは思えないけどね」

アスカ『ふーん……まぁ、分かったわ』

シンジ『分かりました!』

レイ『了解』
125 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:52:49.38 ID:0PIDb6OX0
アスカ「……」

アスカ(外へ誘導っつったって、そんなの無理に決まってるでしょ……)

アスカ(あいつ、使徒だし……)

アスカ(近付けば影に飲み込まれる…どうすれば……)

シンジ『……』

シンジ(よし、ここは威嚇射撃で……)

アスカ「……っ!だめっ」

シンジ『えっ?』パァンッ

レリエル『…』フッ

ミサト『消えたっ!?』

マヤ『!パターン青出現!!初号機の足元です!』

シンジ『な、なんだよこれ!?』

アスカ「バカシンジ!さっさと抜け出しなさい!」ダッ
126 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:53:36.09 ID:0PIDb6OX0
シンジ『な、なんだよこれ!』パンパァンッ

レリエル『……』スッスッ

ミサト『ダメ、シンジ君!逃げなさい!』

シンジ『そんなこと言ったって、こんなのどうしようもないよ!』

アスカ「くっ……」

アスカ(お願い、ママ……力を貸して!)

弐号機『……!』カッ

アスカ「ATフィールド、全開っっ!!!」

弐号機『ウォォォォ』バリバリッ

冬月『これは……っ』

ゲンドウ『……』

アスカ「はぁぁぁぁ!!!」

レリエル『!?』ギィィ

アスカ「バカシンジ!掴まって!早く!!」

シンジ『アスカ!?っ、うん!』グッ

アスカ「くぅ……どぉりゃぁぁ」

シンジ『うわぁっ!?』

弐号機『…!?』ガタンッ

シンジ『!?アスカっ!?』

アスカ「なっ、何よこれっ!?」

レリエル『……』ズズズズ

アスカ「ダメ、飲み込まれ……っ」

シンジ『アスカ!アスカ!?アスカぁっ!!』
127 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:54:34.18 ID:0PIDb6OX0
-ディラックの海-
アスカ「……どこよここ」

アスカ「……真っ白ね……」

アスカ「バカシンジはこんな所に何時間も居たのよね……」

アスカ「……確か、生命維持モードにしとくんだっけ……」

アスカ「……通信は出来ない、か。むむむ…………ATフィールド、全開っっ!」

弐号機『!!』キィィィ

アスカ「くぅぅ……ダメかぁ」

弐号機『……』シュゥゥ

アスカ「……ママ……」

アスカ「……モードチェンジ、生命維持モード」

アスカ「……」

アスカ「…………」

アスカ「…………ママ……」
128 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:55:54.84 ID:0PIDb6OX0
アスカ「……?ここ、どこ……?」

アスカ「……!あんた、誰?」

???「あたしは、アスカ」

アスカ「はぁ?アスカはあたしよ!」

???「いいえ、あたしはアスカ。あたしもあんたもアスカなのよ」

アスカ「……何よそれ」

???「いや、少し違うか」

アスカ「?」

アスカ「あんたとあたしは同じアスカだけど同じアスカじゃない。アスカの魂が二つに裂かれて、その片方があんたになった」

???「は、はぁ?何言ってんのよ」

アスカ?「あんたとあたしとは、同じアスカの心を持った、別の存在」

アスカ?「ど、どういうことなのよ……」

アスカ?「……直に分かるわよ」

アスカ?「さて、それじゃあそろそろ時間だし、ここから出ましょうか」

アスカ?「何言ってんのよ!ちょっと!待ちなさいよ!!」
129 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:56:38.28 ID:0PIDb6OX0
レリエル『!?!?』バキンッ

弐号機『ウォォォォ』ドォォン

シンジ『アスカっ!?』

弐号機『ウォォォォ……』

レリエル『……』バシャァァァァ

ミサト『なに、あれ……』

リツコ『エヴァ弐号機……』

日向『目標……沈黙……』

ミサト『……はっ、回収班急いで!』

ーーーー

アスカ「……?」

ミサト「アスカ!大丈夫?」

シンジ「アスカ……?」

アスカ「んっ……何か、夢を見てた気がする。けど……忘れたわ」

アスカ「重要な夢だったはずなんだけどなぁ……」

シンジ「……ふふっ……良かった、無事で……」

アスカ「ちょっと、何笑ってんのよ!」

シンジ「だ、だって、アスカが変な事言うから……」

アスカ「なんですって!?」

シンジ「わっ、や、やめてよっ!?」

ミサト「はぁ、全く……良かったわ」

弐号機『……』


弐号機『』ギロッ


130 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/23(水) 22:57:47.19 ID:0PIDb6OX0
以上です

レリエル突破、ですね。
原作では多分第十七話くらいです。違うかも

読んでくださってる方、ありがとうございます
ではでは
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 23:17:20.25 ID:nN8WEegp0
おつー
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/05/24(木) 06:56:02.72 ID:gtvQB4YmO
チャゲも出してあげてくださいアスカばかりです
133 :>> ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/24(木) 23:48:45.00 ID:FvP59+/d0
遅くなりました、投下します
134 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/24(木) 23:49:33.40 ID:FvP59+/d0
アスカ「弐号機の中で、確かに誰かと会った気がするんだけど……」

アスカ「ママ……じゃなかったとは思うんだけど、ならあれは、誰だったんだろ……」

アスカ「そういえば、明日だっけ。四号機の起動実験。失敗するとわかってはいるけど、止めようがないわね……。悔しいけど」

アスカ「S2機関の無駄遣いね」

ーーーー

ー翌日・通学路ー
アスカ「おはよ、ヒカリ」

ヒカリ「あら、アスカ。おはよう。碇君は?」

アスカ「なんか、鈴原たちと勉強するんだと。変なこともあるものねえ」

ヒカリ「鈴原と?そ、そっか……」

アスカ「……ねえ、ヒカリって、どこが好きなの?」

ヒカリ「……え?何の話?」

アスカ「鈴原のどこがいいのか聞いてんのよ」

ヒカリ「え、え、な、何のことよ……」
135 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/24(木) 23:50:12.64 ID:FvP59+/d0
ーネルフー
青葉「手がかりは静止衛星からの映像のみです。後は形跡も残ってません」

青葉「エヴァ四号機並びに半径49キロいないの関連研究施設はすべて消滅しました」

青葉「タイムスケジュールから推察して、ドイツで修復したS2機関の搭載実験中のことだと思われます」

マヤ「予想する原因は材質の強度不足から設計初期段階のミスまで32,768通り。妨害工作の線も考えられます」

日向「でも爆発ではなく消滅なんでしょ……つまり消えたと」

ミサト「よくわからないものを無理に使うからね」

マヤ「復元中のS2機関は残り一つですね、これが最後のものです」

リツコ「この失敗は調べ尽くさないとね。成功してないとはいえ数少ないデータの一つだわ」

日向「しかし、米国は情報はないと主張を続けていますが……」

リツコ「つまらないプライドね」
136 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/24(木) 23:50:58.13 ID:FvP59+/d0

ミサト「これでせっかくのS2機関もパーね」

リツコ「ええ。無駄なことにならないように活かさなければならないわね」

ミサト「それで、残った参号機は?」

リツコ「空輸されてこちらで引き取ることになったわ」

ミサト「勝手に作っておいて、都合が悪くなると押しつけ?」

リツコ「仕方ないことではあるわ。あんなことがあれば、誰でも怖じ気づくわよ」

ミサト「虫のいい話だわ」

リツコ「まあそうね」

ミサト「それで、参号機の起動実験には、ダミーとやらを使うの?」

リツコ「……。それは今から決めるわ」

リツコ「碇司令と話し合ってね」
137 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/24(木) 23:51:50.22 ID:FvP59+/d0
リツコ「試作されたダミープラグです。レイのパーソナルが埋め込まれていますわ」

リツコ「ただ、人の心……魂まではデジタル化出来ませんので、あくまでも擬似的なものに過ぎません。人のまねをするだけの機械ですわ」

ゲンドウ「信号パターンをエヴァに送り込む。そこにパイロットがいるとエヴァが思い込み、シンクロすればそれでよい」

ゲンドウ「初号機と弐号機にデータを入れておけ」

リツコ「しかし、まだ問題が残りますわ」

ゲンドウ「エヴァが動けばそれでいい。それで、参号機のパイロットは?」

リツコ「現在の候補のなかから、一人、生理学的に持ち上げれば可能な子供がいます」

ゲンドウ「君に一任しよう。レイ、上がって良いぞ。食事にしよう」

レイ「はい」

リツコ「……」
138 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/24(木) 23:52:47.77 ID:FvP59+/d0
アスカ「てなわけで、チャンスは明日の朝!なんとしてでもお弁当を渡すのよ!」

ヒカリ「う、うん……」

アスカ(明後日は起動実験だもんね)

アスカ「シンジ!相田!あんたたちは邪魔をしないようにするだけでいいわ」

シンジ「う、うん」

ケンスケ「けど、びっくりだよ。トウジのことが好きで、しかもお弁当を渡そうなんて……」

ヒカリ「うう……恥ずかしい……」

アスカ「よし!それじゃ、解散!あ、シンジは残りなさい。エヴァのことで話があるわ」

シンジ「え?うん、わかった」

ーーーー

シンジ「参号機のパイロットがトウジ!?」

アスカ「そうよ。間違いないわ」

シンジ「そ、それで……?」

アスカ「四号機の消滅、知ってるわよね?S2機関は参号機にも搭載予定だったらしいの」

シンジ「そんな……それじゃあ!」

アスカ「何かあったら、最優先であいつを助け出すわ。わかったわね?」

シンジ「それで……。うん、わかった。ありがとう、アスカ……」
139 :>>1 ◆ugX4wEMSNQ :2018/05/24(木) 23:53:26.01 ID:FvP59+/d0
以上です

おやすみなさい。。。
75.02 KB Speed:16.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)