男「僕の彼女の冷泉麻子ちゃんが最強すぎて辛い」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/17(木) 20:08:49.49 ID:CN40r9hVO
麻子「なんで西住さんと浮気したんだ」

男「だって麻子は性的興奮を覚えると毒の息を吐くんだもん...」

麻子「しょうがないだろ体質なんだから....」

男「確かに麻子のことは好きだけど...俺も男の子だからさ...」

麻子「........」抱き

男「どうした抱きついて....あぁぁぁぁぁぁぁ」

麻子「私は肌が接触した相手から血を吸う能力も持っているんだ...さぁやめて欲しければもう浮気しないと誓え」

男「わ、わかった!誓うから!やめて!」

麻子「よし....いいだろう」

男「たまには反撃だ!つねってやる」つねり

麻子「残念ながら私は身体を空気のようにして物理攻撃を無効化する能力がついている」

男「くそぅ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526555329
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/17(木) 20:20:28.01 ID:CN40r9hVO
翌日

男「よーし今日はみほとデートだ」

みほ「こんにちは」

男「あ、うん あれ?待ち合わせって公園じゃなかった?」

みほ「早く男君に会いてくて...[ピーーー]...」

男「え?いまなんかめっちゃ不穏なことば聞こえましたけど?」

みほ「き、気のせいだよ!」

男「まぁいいや それじゃあ行こうか」

みほ「じゃあ早速ホテル行こ....//」

男「え!?ああ、うん(今日はやけに積極的だな...)」

ホテル

男「なんか今日雰囲気違うね」

みほ「それはそうだ 私は西住さんじゃなくて冷泉麻子だからなぁ!!」

男「!?」

麻子「これが私の他人の顔を写し取ってその人間に成り代わる術だ...声真似も似てただろ?」

麻子「さぁ覚悟は出来てるだろうな?」

みほ「そんなに力んでいては喉に仕込んだ槍の穂先が吐けないよ?ねぇ麻子さん?」

麻子「なぜ!? さっき顔を写す時 確かに仕込み槍で殺したはず!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/17(木) 20:31:10.14 ID:CN40r9hVO
みほ「私の能力の一つなんだ」

みほ「じゃあ麻子さんには動けなくなってもらおうかな」

麻子「糸!?」ペッペッ

みほ「もう...汚いなぁ その痰も能力なの?」

麻子「ああ...私は痰を飛ばしたり蜘蛛の巣状にして相手を捕らえたりできるのさ」

みほ「じゃあこれならどうかな!急速旋風かまいたち!!」

麻子「なら!!」壁に潜り

みほ「こうなったらカマイタチでホテルの壁を....」

男「やめなさい」塩かけ

みほ「うぅ....塩はらめぇ...とけちゃうよぅ」ドロドロ

男「知ってる とりあえずほら場所変えよう ホテル壊すと怒られるしこないだ図書館ぶっ壊して怒られたの忘れた?」

麻子「う...わかった」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/17(木) 23:45:59.76 ID:QbUKEVKX0
バジリスクじゃねーか
2.77 KB Speed:1.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)